総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 韋部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 韋部」 [部首索引


韋9+0=総画数9 U+97CB [イ/] 韦𣍄𡙝𡚈𥐄𥐅
◆鞣(なめ)した動物の革、生皮は「皮」、動物の皮を剥(は)いで平らに延ばし乾かしたりしたものは「革」
◆周(まわ)り、周りを囲(かこ)む、同「圍」
◆違(ちが)う、違(たが)える、同「違」
◆なめしがわ、部首名
韋9+人2=総画数11 U+5049 [イ/えら・い]
◆並外れて大きいさま、大きくて立派なさま
◆「奇偉(キイ)」、ひときわ大きいさま、また大きくて立派なさま
𠥎韋9+匚2=総画数11 U+2094E [イ/とばり] 帷𠥛
◆目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす布、上部を覆い被(かぶ)せるように張る布は「幕」、同「幃」、「【說文解字:巾部:幕】帷在上曰幕覆食案亦曰幕」
韋9+口3=総画数12 U+55A1 [イ/]
◆呼び声
◆小児が大きな声で泣くさま
韋9+囗3=総画数12 U+570D [イ、エ/かこ・む、かこ・う] 囲围
◆四周を取り巻く
◆外から中に入らないように或いは中から外に出ないように周(まわ)りに設けられた区切り
◆長さの単位、両手を広げた長さ、一抱(ひとかか)え
韋9+土3=総画数12 U+3654 [イ、カン、ガン/]
◆「朱謀㙔(シュボウイ)」、明代の人、1564年~1624年、《邃古記》《水經注箋(水経注箋)》などを著した
◆俗「韓」、「【康熙字典:丑集補遺:土部:㙔】《五音集韻》俗韓字…」
韋9+女3=総画数12 U+5A81 [イ/]
◆美しい盛りであるさま
韋9+巾3=総画数12 U+5E43 [イ/]
◆帷(とばり)、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす布、上部を覆う布は「幕」、「【說文解字:巾部:幕】帷在上曰幕」
◆香袋(こうぶくろ)、香(コウ)を入れる携帯できる程度の小さな袋
韋9+彳3=総画数12 U+5FAB [イ/]
◆歩くさま
韋9+心3=総画数12 U+6107 [イ/]
◆恨む
◆是(ぜ)とする、理に適っている、良しとして認める、同「韙」
𢯷韋9+手3=総画数12 U+22BF7 [イ/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢯷】音韋选也」「【正字通:卯集中:手部:𢯷】烏鬼切音委逆追也同文舉要𢯷與揮同」「【集韻:卷五:上聲上:尾第七:𢯷】」逆追也」
𢾁韋9+攴4=総画数13 U+22F81 [イ/] 𢾝𣪡
◆従(したが)わない、背(そむ)く
𢾝韋9+攴4=総画数13 U+22F9D [イ/] 𢾁𣪡
◆従(したが)わない、背(そむ)く
韋9+日4=総画数13 U+6690 [イ/]
◆日光、陽の光が盛んに照るさま
韋9+木4=総画数13 U+6932 [イ、キ/]
◆木名、しなやかで鞣革(なめしがわ、「韋」)のように曲げやすいという
◆壁などに取り付けた衣服を掛けるフック
𣪡韋9+殳4=総画数13 U+23AA1 [イ/] 𢾁𢾝
◆従(したが)わない、背(そむ)く
韋9+水3=総画数12 U+6E4B [イ/]
◆水が渦巻く
韋9+火4=総画数13 U+7152 [イ/]
◆火が赤々と燃え盛るさま、明るく光り輝(かがや)くさま
韋9+玉4=総画数13 U+744B [イ/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)名
◆珍しい、大変貴重な
◆大変美しい
𤸆韋9+疒5=総画数14 U+24E06 [イ/]
◆萎(な)える、弱って体に力が入らない、またそのような病気、同「痿」
𥀊韋9+皮5=総画数14 U+2500A [イ/]
◆鞣(なめ)した動物の革、同「韋」
韋9+示5=総画数14 U+7995 [イ/]
◆滅多に見ることができないほど美しい
韋9+禾5=総画数14 U+7A26 [イ/] 𥟏
◆穀物が盛んに育つさま
𥯤韋9+竹6=総画数15 U+25BE4 [イ/]
◆アシ(葦)、イネ科ヨシ属の草
◆竹名、未詳
韋9+糸6=総画数15 U+7DEF [イ/よこいと]
◆よこいと、布の横方向の糸、縦糸は「経」
◆東西の方向に延びる線状のもの、南北は「経」
◆「讖緯(シンイ)」、主に漢代(前202年~220年)に広まった予言などについて述べた書
韋9+羊6=総画数15 U+4377 [イ/]
◆「䍷䍷」、(ヒツジが)追い立てられて一斉に駆けるさま
韋9+艸3=総画数12 U+8466 [イ/あし、よし]
◆アシ(葦)、イネ科ヨシ属の草、花穂(カスイ、イネ・ムギなどのように穂状になっている花)の十分に発育していない若いものは「葭」「蘆」 {アシ} {花穂}
注解:「あし」の読みが「悪し」に通じるため「よし(良し)」とも読む
韋9+行6=総画数15 U+885B [エイ、エ/] 衞䘙卫
◆建物の周りを見回(みまわ)る、周りを巡(めぐ)る
◆見回って近づくものから中を守る、外からの侵入を防ぐ、外敵から国境を防ぎ守る、「防衛(ボウエイ)」
◆諸侯国名、前11世紀~前209年、周朝によって河北省南部・河南省北部一帯に封ぜられた {河北省}
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称、衞国に多いことからとも、衛玠(エイカイ、286年~312年、西晋時代の人)が好んで乗ったことからともいわれる、「【爾雅翼:釋獸:驢】驢似馬而長耳…一名為衛或曰晉衛玠好乘之故以為名…」
韋9+衣5=総画数14 U+8918 [キ/]
◆王后(オウコウ、王の正妻)の正装用の衣服、祭礼の際に着用する最上級の服でキジ(雉)などの絵が描かれる、「褘衣(キイ)」「翟衣(テキイ)」「褘翟(キテキ)」
◆腰から下に垂らす膝の下まで届く前垂(まえだ)れ、前掛け、跪拝(キハイ、膝から上は直立させ両膝を地に着ける拝礼)の際に膝の下に敷く、「蔽膝(ヘイシツ)」、同「袚」
韋9+言7=総画数16 U+8AF1 [キ/いみな]
◆死者の生前の名
◆死者を生前の名で呼ぶことを忌(い)み憚(はばか)る、死者に対しては諡(おくりな、死者に贈る名)で呼ぶことが礼であったため
◆忌(い)む、憚(はばか)る、避ける
韋9+辵3=総画数12 U+9055 [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 𨔻𨕸违
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
韋9+邑3=総画数12 U+90FC [イ/]
◆殷国(約前17世紀~約前11世紀)の首都名
韋9+金8=総画数17 U+934F [イ/]
◆土を掘り返す鍬或いは鋤の類
韋9+門8=総画数17 U+95C8 [イ/] 𨵾闱
◆宮中の小門、「閨」よりも大きな門
◆后妃(コウヒ)また宮中の婦女子の居室
◆科挙(カキョ、官吏登用試験)の試験会場
𩋾韋9+革9=総画数18 U+292FE [イ/]
◆美しく華やかなさま、同「韡」
◆靴、同「鞾」
韋9+風9=総画数18 U+98B9 [イ/] 𩘚𠑒𩙃
◆大風(おおかぜ)、風が強いさま
𩘚韋9+風9=総画数18 U+2961A [イ/] 颹𠑒𩙃
◆大風(おおかぜ)、風が強いさま
𩳷韋9+鬼10=総画数19 U+29CF7 [イ/]
◆鬼(おに)、「【字彙:亥集:鬼部:𩳷】于鬼切音偉鬼也」
韋4+0=総画数4 U+97E6 [イ/] 韋𣍄𡙝𡚈𥐄𥐅
◆鞣(なめ)した動物の革、生皮は「皮」、動物の皮を剥(は)いで平らに延ばし乾かしたりしたものは「革」
◆周(まわ)り、周りを囲(かこ)む、同「圍」
◆違(ちが)う、違(たが)える、同「違」
◆なめしがわ、部首名
韦4+人2=総画数6 U+4F1F [イ/えら・い]
◆並外れて大きいさま、大きくて立派なさま
◆「奇伟(キイ)」、ひときわ大きいさま、また大きくて立派なさま
韦4+囗3=総画数7 U+56F4 [イ、エ/かこ・む、かこ・う] 囲圍
◆四周を取り巻く
◆外から中に入らないように或いは中から外に出ないように周(まわ)りに設けられた区切り
◆長さの単位、両手を広げた長さ、一抱(ひとかか)え
韦4+巾3=総画数7 U+5E0F [イ/]
◆帷(とばり)、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす布、上部を覆う布は「幕」、「【說文解字:巾部:幕】帷在上曰幕」
◆香袋(こうぶくろ)、香(コウ)を入れる携帯できる程度の小さな袋
韦4+火4=総画数8 U+709C [イ/]
◆火が赤々と燃え盛るさま、明るく光り輝(かがや)くさま
韦4+玉4=総画数8 U+73AE [イ/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)名
◆珍しい、大変貴重な
◆大変美しい
韦4+示4=総画数8 U+794E [イ/]
◆滅多に見ることができないほど美しい
韦4+糸3=総画数7 U+7EAC [イ/よこいと]
◆よこいと、布の横方向の糸、縦糸は「経」
◆東西の方向に延びる線状のもの、南北は「経」
◆「谶纬(シンイ)」、主に漢代(前202年~220年)に広まった予言などについて述べた書
韦4+艸3=総画数7 U+82C7 [イ/あし、よし]
◆アシ(葦)、イネ科ヨシ属の草、花穂(カスイ、イネ・ムギなどのように穂状になっている花)の十分に発育していない若いものは「葭」「蘆」 {アシ} {花穂}
注解:「あし」の読みが「悪し」に通じるため「よし(良し)」とも読む
韦4+衣5=総画数9 U+8886 [キ/]
◆王后(オウコウ、王の正妻)の正装用の衣服、祭礼の際に着用する最上級の服でキジ(雉)などの絵が描かれる、「褘衣(キイ)」「翟衣(テキイ)」「褘翟(キテキ)」
◆腰から下に垂らす膝の下まで届く前垂(まえだ)れ、前掛け、跪拝(キハイ、膝から上は直立させ両膝を地に着ける拝礼)の際に膝の下に敷く、「蔽膝(ヘイシツ)」、同「袚」
韦4+言2=総画数6 U+8BB3 [キ/いみな]
◆死者の生前の名
◆死者を生前の名で呼ぶことを忌(い)み憚(はばか)る、死者に対しては諡(おくりな、死者に贈る名)で呼ぶことが礼であったため
◆忌(い)む、憚(はばか)る、避ける
韦4+辵3=総画数7 U+8FDD [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 違𨔻𨕸
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
韦4+門3=総画数7 U+95F1 [イ/] 闈𨵾
◆宮中の小門、「閨」よりも大きな門
◆后妃(コウヒ)また宮中の婦女子の居室
◆科挙(カキョ、官吏登用試験)の試験会場
𩘚風部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 韋部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です