K'sBookshelf 辞典・用語 漢字林(非部首部別) 方部
総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 方部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 方部」 [部首索引


【方】方4+0=総画数4 U+65B9 [ホウ/かた] 【𤙗】[亠万方]
◆四角、四角い
◆まっすぐな、正しい
◆前後・左右・上下などの向き、向かう先、向かう側
◆(中心となる場所から見て)向こうにある土地
◆あるところに向かう手立て、何かを行うための手段
◆たった今
◆ほう、ほうへん、かたへん、部首名
【仿】人2+方4=総画数6 U+4EFF [ホウ、ボウ/] 【㑂】[イ亻亠万方仿]
◆倣(なら)う、似せる、真似る、同”倣”、「模仿(もほう)」
◆「仿佛(ほうふつ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「彷彿」「㧍拂」「眆䀟」「髣髴」「髣𩭬」
【𠛍】刀2+方4=総画数6 U+206CD [セツ、ゼチ/た・つ] 【截𢧵𠃲】[亠万方リ刂𠛍]
◆断(た)ち切る、切り離す、同”擮”
◆(こちらと向こうとの間を行き来できないように)阻(はば)む、遮(さえぎ)る
◆はっきりと区切る
【𡇅】囗3+方4=総画数7 U+211C5 [コク/くに] 【国國囶𡇏𡇕囻𡇎𡆻𡆿𡈑㕵𢦾𤦂𢧌䆐】[口囗亠万方𡇅]
◆主権者の支配が及ぶ範囲、土地や人や政治体制などを含む概念で古くは君主から与えられた領地、「王(権力者)の勢力が及ぶ範囲(囗)」の意
【坊】土3+方4=総画数7 U+574A [ホウ、ボウ/] [土亠万方坊]
◆市街を区切る道、またその区画
◆堤防、同”防”
◆店舗
◆別邸、同”房”
◆僧
【妨】女3+方4=総画数7 U+59A8 [ホウ、ボウ/さまた・げる] [女亠万方妨]
◆行(ゆ)く手を阻(はば)む、遮(さえぎ)る
◆差し支(つ)える、支障や問題になるものがある、「不妨(ふほう、差し支えない、~しても問題ない)」
【㝑】宀3+方4=総画数7 U+3751 [ホウ、ボウ/つくり] 【旁㫄𣃟𣃙】[ウ宀亠万方㝑]
◆(中心となるものの、主となるものの)右や左に(或いは両側に)ぴったりと寄り付いているさま
◆すぐ傍(そば)、傍(かたわ)ら、脇(わき)、同”傍”
◆(左右に、四方に)伸びる、広がる
【𢎷】弓3+方4=総画数7 U+223B7 [ホウ、ボウ/] 【𢐊】[弓亠万方𢎷]
◆未詳、「【玉篇:卷十七:弓部第二百五十八:𢐊】平忙切弦急」
【彷】彳3+方4=総画数7 U+5F77 [ホウ、ボウ/] [ノ丿2イ彳亠万方彷]
◆あてもなく歩き回る、「彷徨(ほうこう)」「彷徉(ほうよう)」
◆「彷彿(ほうふつ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「㧍拂」「眆䀟」「髣髴」「髣𩭬」
【㤃】心3+方4=総画数7 U+3903 [ホウ、ボウ/] [ハI|丨忄亠万方㤃]
◆嫌(きら)う、嫌って避ける
【房】戸4+方4=総画数8 U+623F [ホウ、ボウ/ふさ] [、丶一コノ丿尸户戶戸亠万方房]
◆堂(大広間、正室)の両側の部屋、部屋、小部屋
◆寝室
◆比較的小さな家
◆ふさ、多くの袋状・玉状のものが連なったもの或いは固まっているもの、[日]袋状で垂れるもの、[日]糸や紐の端の部分で縒(よ)らずにおいた所
◆二十八宿東方青龍の一つ{二十八宿}
【㧍】手3+方4=総画数7 U+39CD [ホウ/] [オ才扌亠万方㧍]
◆「㧍拂(ほうふつ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「彷彿」「眆䀟」「髣髴」「髣𩭬」
◆未詳、「【集韻:卷四:平聲四:搒㧍】相牽也」
【放】攴4+方4=総画数8 U+653E [ホウ/はな・す、ほう・る] [亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵放]
◆はな・す、縄(束縛、拘束)を解(と)く、また解いて自由にする、逃がす
◆ほう・る、投げる、投げ出す、投げ捨てる、投げ捨ててそのままにする
◆四方に広がる、大きくまた遠くへ広げる
◆縛られることがなく気儘なさま
【昉】日4+方4=総画数8 U+6609 [ホウ/] 【昘】[日亠万方昉]
◆太陽が昇り始める、光が満ち明るくなる
◆物事の始まり
【昘】日4+方4=総画数8 U+6618 [ホウ/] 【昉】[日亠万方昘]
◆太陽が昇り始める、光が満ち明るくなる
◆物事の始まり
【肪】月(肉)4+方4=総画数8 U+80AA [ホウ、ボウ/] [月亠万方肪]
◆肉の脂、(特に)腹部の脂
【枋】木4+方4=総画数8 U+678B [ホウ、ヘイ、ヒョウ/] [木亠万方枋]
◆断面が方形の木材、角材
◆物を掬(すく)う杓子(しゃくし)や匙(さじ)などの柄、同”柄”
◆「蘇枋(すおう、すほう)」、マメ科ジャケツイバラ属の木{スオウ}
【𣬵】毛4+方4=総画数8 U+23B35 [ボウ、モウ/] 【旄𣭅】[亠万方毛𣬵]
◆ヤク(yak、チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)の尾で作った旗の先に付ける飾り、またその飾りの付いた旗
◆ヤク(yak)、チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類、「犛牛、旄牛、牦牛(ぼうぎゅう)」
◆年老いた人、年老いて動作や判断が鈍(にぶ)いさま、同”耄”
【汸】水3+方4=総画数7 U+6C78 [ホウ/] [シ氵亠万方汸]
◆「汸水(ほうすい)」、川名、未詳、同「淓水」、「【山海經:南山經】又東三百五十里曰箕尾之山其尾踆于東海多沙石汸水出焉而南流注于淯其中多白玉」、淯水(いくすい)は河南省を源とする川の名
◆「汸汸(ほうほう)」、水が海のように限りなく広がっているさま
【牥】牛4+方4=総画数8 U+7265 [ホウ/] [牛牜亠万方牥]
◆ラクダ(駱駝)の一種
◆訓練されていない牛
【瓬】瓦5+方4=総画数9 U+74EC [ホウ/] 【旊】[亠万方一レ、丶乙⺄瓦瓬]
◆粘土
◆粘土で陶器を作る、またその職人
【眆】目5+方4=総画数9 U+7706 [ホウ/] [目亠万方眆]
◆倣(なら)う、似せる、真似る、同”倣”
◆はっきり見えないさま
◆未詳、「【類篇:目部:眆眪】目明也」
◆「眆䀟(ほうふつ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「彷彿」「㧍拂」「髣髴」「髣𩭬」
【祊】示5+方4=総画数9 U+794A [ホウ、ヒョウ/] 【𥛱】[二小𡭕示亠万方祊]
◆廟(びょう)の門内で行われる祭祀、二説あり「正式の祭礼が終わった後に廟を出て改めて行う祭祀」或いは「正式の祭礼の翌日に門の内で行われる祭祀」
【紡】糸6+方4=総画数10 U+7D21 [ボウ、ホウ/つむ・ぐ] 【纺】[糸亠万方紡]
◆麻や繭などから繊維を取り出し撚り合わせて糸にする
【纺】糸3+方4=総画数7 U+7EBA [ボウ、ホウ/つむ・ぐ] 【紡】[くレ幺一纟亠万方纺]
◆麻や繭などから繊維を取り出し撚り合わせて糸にする
【𦥤】臼6+方4=総画数10 U+26964 [コン/ひつじさる] 【坤𠔜𠔧𡘩】[ノEヨ臼𦥑I|丨𦥔亠万方𦥤]
◆八卦(はっか、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ、「地、大地」「南西、未申(ひつじさる)」を表す、同”𡿦””𡿭”{卦}
【舫】舟6+方4=総画数10 U+822B [ホウ/もや・う] [舟亠万方舫]
◆もや・う、二艘(そう、船の数の単位)の舟を並べて繋ぐ
◆舟、船
◆筏(いかだ)、「【爾雅:釋言】舫泭也(《注》水中𥴖筏)」
【芳】艸3+方4=総画数7 U+82B3 [ホウ/かんば・しい、かぐわ・しい、こう・ばしい] [サ十2艹艹亠万方芳]
◆草花の良い香り
◆素晴らしい、美しい
【蚄】虫6+方4=総画数10 U+8684 [ホウ/] [中虫亠万方蚄]
◆「虸蚄(しほう)」、ヨトウガ(夜盗蛾)やアワヨトウ(粟盗蛾)などのヤガ科の虫、幼虫はヨトウムシ(夜盗虫)と呼ばれ農作物などの植物を食い荒らす害虫
【訪】言7+方4=総画数11 U+8A2A [ホウ/たず・ねる、おとず・れる] 【访𧪃】[言亠万方訪]
◆あちこちに出向いて問う、尋(たず)ねる
◆(尋ねるめに)出向く
◆[日]やって来る
【访】言2+方4=総画数6 U+8BBF [ホウ/たず・ねる、おとず・れる] 【訪𧪃】[、丶レ讠亠万方访]
◆あちこちに出向いて問う、尋(たず)ねる
◆(尋ねるめに)出向く
◆[日]やって来る
【趽】足7+方4=総画数11 U+8DBD [ホウ/] [口⺊上止龰足亠万方趽]
◆脛また足が曲がる
【邡】邑3+方4=総画数7 U+90A1 [ホウ/] [亠万方ろ3I|丨邑阝邡]
◆「𨙩邡(じゅうほう)」、広漢にあった県
【鈁】金8+方4=総画数12 U+9201 [ホウ/] 【钫】[金亠万方鈁]
◆酒などを入れる方形で胴が膨らんでいる壺
◆フランシウム(Francium、Fr)、元素名{フランシウム}
【钫】金5+方4=総画数9 U+94AB [ホウ/] 【鈁】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠万方钫]
◆酒などを入れる方形で胴が膨らんでいる壺
◆フランシウム(Francium、Fr)、元素名{フランシウム}
【閍】門8+方4=総画数12 U+958D [ホウ、ヒョウ/] [門亠万方閍]
◆宮中の建物や建物に通じる通路の門
◆廟(びょう)の門
【防】阜3+方4=総画数7 U+9632 [ホウ、ボウ/ふせ・ぐ] [ろ3I|丨阜阝亠万方防]
◆災害や危険などに備える
◆守る
◆遮る、川の水が溢れ出ないように堤を作る
【𨾔】隹8+方4=総画数12 U+28F94 [ホウ、ボウ/] 【鴋𪁢䲱】[亠万方ノ2隹𨾔]
◆水のある所を好み人や車が近づいても飛び去らずに大きな声で鳴くという鳥、「水田や沢を守ろうとしているかのようだ」とのことから別名を「護田鳥」、同”鶭”
◆「鷝𨾔(ひつほう)」、顔が白く体が青い鳥
【雱】雨8+方4=総画数12 U+96F1 [ホウ/] 【䨦𣃪】[雨亠万方雱]
◆雨や雪が一面に降るさま、雨や雪が激しく降るさま、同”霶”
【髣】髟10+方4=総画数14 U+9AE3 [ホウ/] 【𩭔𩬝】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟亠万方髣]
◆「髣髴、髣𩭬(ほうふつ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「彷彿」「㧍拂」「眆䀟」
【𩲌】鬼10+方4=総画数14 U+29C8C [ホウ/] [亠万方田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼𩲌]
◆星名
【魴】魚11+方4=総画数15 U+9B74 [ホウ/] 【鲂】[ク𠂊田、丶4灬魚亠万方魴]
◆トガリヒラウオ、コイ科Megalobrama属の淡水魚、また同属の魚の総称、別名「団頭魴(だんとうほう)」「武昌魚(ぶしょうぎょ)」
◆「ホウボウ(竹麦魚、魴鮄)」、ホウボウ科・キホウボウ科・セミホウボウ科の海水魚、また同科の魚の総称
◆「海魴(かいほう)」、マトウダイ(馬頭鯛)、マトウダイ目マトウダイ科マトウダイ属の魚、また同目同科同属の魚の総称
◆「紅魴(こうほう)」、アカエイ(赤鱏、赤鱝)、アカエイ科アカエイ属の魚、また同科同属の魚の総称
◆「烏魴(おほう)」、シマガツオ(島鰹、縞鰹)、シマガツオ科シマガツオ属の魚、また同科同属の魚の総称
【鲂】魚8+方4=総画数12 U+9C82 [ホウ/] 【魴】[ノフク𠂊田一鱼亠万方鲂]
◆トガリヒラウオ、コイ科Megalobrama属の淡水魚、また同属の魚の総称、別名「团头鲂(だんとうほう)」「武昌鱼(ぶしょうぎょ)」
◆「ホウボウ(竹麦魚、鲂鮄)」、ホウボウ科・キホウボウ科・セミホウボウ科の海水魚、また同科の魚の総称
◆「海鲂(かいほう)」、マトウダイ(馬頭鯛)、マトウダイ目マトウダイ科マトウダイ属の魚、また同目同科同属の魚の総称
◆「紅鲂(こうほう)」、アカエイ(赤鱏、赤鱝)、アカエイ科アカエイ属の魚、また同科同属の魚の総称
◆「烏鲂(おほう)」、シマガツオ(島鰹、縞鰹)、シマガツオ科シマガツオ属の魚、また同科同属の魚の総称
【䲱】鳥11+方4=総画数15 U+4CB1 [ホウ、ボウ/] 【鴋𪁢𨾔】[鳥亠万方䲱]
◆水のある所を好み人や車が近づいても飛び去らずに大きな声で鳴くという鳥、「水田や沢を守ろうとしているかのようだ」とのことから別名を「護田鳥」、同”鶭”
◆「鷝䲱(ひつほう)」、顔が白く体が青い鳥
【鴋】鳥11+方4=総画数15 U+9D0B [ホウ、ボウ/] 【𪁢䲱𨾔】[亠万方鳥鴋]
◆水のある所を好み人や車が近づいても飛び去らずに大きな声で鳴くという鳥、「水田や沢を守ろうとしているかのようだ」とのことから別名を「護田鳥」、同”鶭”
◆「鷝鴋(ひつほう)」、顔が白く体が青い鳥
【㫄】方4+4=総画数8 U+3AC4 [ホウ、ボウ/つくり] 【旁𣃟𣃙㝑】[二ノ𠃌勹亠万方㫄]
◆(中心となるものの、主となるものの)右や左に(或いは両側に)ぴったりと寄り付いているさま
◆すぐ傍(そば)、傍(かたわ)ら、脇(わき)、同”傍”
◆(左右に、四方に)伸びる、広がる
【𢔚】彳3+㫄8=総画数11 U+2251A [ホウ、ボウ/] 【徬】[ノ丿2イ彳二ノ𠃌勹亠万方㫄𢔚]
◆傍(そば)、傍(かたわ)ら、すぐ近く、同”傍””旁”
◆すぐ傍に付き添(そ)う、ぴったりと寄り添う、同”傍””旁”
◆「𢔚徨(ほうこう)」、あてもなく歩き回る、同「彷徨」
【𢮔】手3+㫄8=総画数11 U+22B94 [ホウ、ビョウ/] 【搒挷】[オ才扌二ノ𠃌勹亠万方㫄𢮔]
◆櫓(ろ)や櫂(かい)で舟を漕(こ)ぐ、舟を漕ぐ棒を「榜」
◆棒で罪人を打ち叩く、罪人を打ち叩く棒を「榜」
【㮄】木4+㫄8=総画数12 U+3B84 [ホウ、ヒョウ/] 【榜】[木二ノ𠃌勹亠万方㫄㮄]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”牓”
◆衆人(しゅうじん、多くの一般の人)に告示・告知するための立て札
◆弓や弩(ど、大形の弓)の狂いや歪みを整えるための当て木、弓矯(ゆだめ)
◆舟を漕(こ)ぐための櫓(ろ)や櫂(かい)、これを使って舟を漕ぐことを「搒」
◆罪人を打ち叩く棒、これを使って叩くことを「搒」
【𣶢】水3+㫄8=総画数11 U+23DA2 [ホウ、ボウ/] 【滂𣹿】[シ氵二ノ𠃌勹亠万方㫄𣶢]
◆水が勢いよく涌(わ)き出るさま
◆雨が激しく降るさま、同”霶”
◆「淜𣶢(ひょうほう)」、風が(激しく)物に当たる音の形容、(勢いよく涌き上がる)水の音の形容
【𤗒】片4+㫄8=総画数12 U+245D2 [ホウ/] 【牓】[片二ノ𠃌勹亠万方㫄𤗒]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”榜”
【𦱘】艸3+㫄8=総画数11 U+26C58 [ホウ、ボウ/] 【蒡𦾭】[サ十2艹艹二ノ𠃌勹亠万方㫄𦱘]
◆「牛𦱘(ゴボウ)」、キク科の草
【𧩂】言7+㫄8=総画数15 U+27A42 [ホウ、ボウ/そし・る] 【謗谤】[言二ノ𠃌勹亠万方㫄𧩂]
◆人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、悪口を言い広める
◆辱(はずかし)める、人の名誉を傷付ける
【放】攴部
【於】方4+4=総画数8 U+65BC [オ、ウ、ヨ/お・いて、お・ける] 【扵】[亠万方人𠆢、丶2⺀仒於]
◆~(場所)で(at)、~(場合)に(on、in)
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同”烏””𥾪””𤚶””𣱏””𤕘”、「【集韻:卷二:平聲二:模第十一:烏於𡗃𥾪】汪胡切說文孝鳥也孔子曰鳥𥃳呼也取其助氣故以為烏呼古作於𡗃𥾪亦姓」
◆簡"于"
【乻】乙1+於8=総画数9 U+4E7B [オル、ヌル/] [亠万方人𠆢、丶2⺀仒於乙乻]
◆[韓]地名
【唹】口3+於8=総画数11 U+5539 [ヨ、オ/] [口亠万方人𠆢、丶2⺀仒於唹]
◆笑うさま
【𡌧】土3+於8=総画数11 U+21327 [ヨ、オ/] [土方人𠆢、丶2⺀仒於𡌧]
◆水の底に溜まった沈殿物
【𢛨】心3+於8=総画数11 U+226E8 [ヨ、オ/] [ハI|丨忄亠万方人𠆢、丶2⺀仒於𢛨]
◆未詳、「【禪宗永嘉集:三乘漸次第七(CBETA 中華電子佛典協會)】順情則嬉怡生愛。違意則𢛨𢥃懷瞋。」
【𢮁】手3+於8=総画数11 U+22B81 [ヨ、オ/] [オ才扌亠万方人𠆢、丶2⺀仒於𢮁]
◆撃つ
【棜】木4+於8=総画数12 U+68DC [オ、ヨ/] [木亠万方人𠆢、丶2⺀仒於棜]
◆祭祀用の供物を載せる長方形の箱形の台
【淤】水3+於8=総画数11 U+6DE4 [ヨ、オ/] [シ氵亠万方人𠆢、丶2⺀仒於淤]
◆水の底に沈殿物が溜まって流れない
◆水の底の沈殿物
【瘀】疒5+於8=総画数13 U+7600 [ヨ、オ/] [ン冫广疒亠万方人𠆢、丶2⺀仒於瘀]
◆血液が溜る病気
【箊】竹6+於8=総画数14 U+7B8A [オ/] [竹亠万方人𠆢、丶2⺀仒於箊]
◆「箖箊(りんお)」、葉が薄く幅広の竹名
【菸】艸3+於8=総画数11 U+83F8 [エン/] [サ十2艹艹亠万方人𠆢、丶2⺀仒於菸]
◆萎(な)える、萎(しお)れる、水分を失って弱る
◆臭(くさ)い、(腐った)不快な臭(にお)いが籠(こも)る、同”𣨙”
【𨔆】辵3+於8=総画数11 U+28506 [グ、グウ/あ・う] 【遇𠓱】[亠万方人𠆢、丶2⺀仒於え辶辶𨔆]
◆期せずして(予め示し合せることなく)出会う、偶然出会(でくわ)す、巡(めぐ)り合う、「遭遇(そうぐう)」
◆巡(めぐ)り合せ、機会、「境遇(きょうぐう)」
◆相手との親疎・上下などの関係に相応(ふさわ)しい接し方をする、「待遇(たいぐう)」
【閼】門8+於8=総画数16 U+95BC [アツ、アチ、エン/] 【阏】[門亠万方人𠆢、丶2⺀仒於閼]
◆遮(さえぎ)る、塞(ふさ)いで止める
【阏】門3+於8=総画数11 U+960F [アツ、アチ、エン/] 【閼】[I|丨、丶门亠万方人𠆢、丶2⺀仒於阏]
◆遮(さえぎ)る、塞(ふさ)いで止める
【𩜏】食8+於8=総画数16 U+2970F [ヨ、オ/] [人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿亠万方人𠆢、丶2⺀仒於𩜏]
◆労(ねぎら)いの席に出される有り余るほどの酒食
【鯲】魚11+於8=総画数19 U+9BF2 [/どじょう] [ク𠂊田、丶4灬魚亠万方人𠆢、丶2⺀仒於鯲]
◆[日]ドジョウ(泥鰌)、ドジョウ科の淡水魚
【施】方4+5=総画数9 U+65BD [シ、セ/ほどこ・す] 【𢒃𠤒𠇜】[亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施]
◆広げる
◆(金品などを)広く恵む、与える
◆種や肥料などを広く撒く
◆考えを押し広げて実行に移す
◆旗が広がり翻る
【崺】山3+施9=総画数12 U+5D3A [イ/] [山亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施崺]
◆「峛崺」、山が曲がりくねりながら延々と続いているさま、起伏のある山道
【揓】手3+施9=総画数12 U+63D3 [シ/] [オ才扌亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施揓]
◆手で握(にぎ)る、手で握って持つ、同”𢴨”
【暆】日4+施9=総画数13 U+6686 [イ/] [日亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施暆]
◆「暆暆」、太陽がゆっくり進むさま
【椸】木4+施9=総画数13 U+6938 [イ/] 【𥠥𤖌𤕴𤕮】[木亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施椸]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具、同”箷””䈕”
◆榻(とう、体を横たえたり座ったりするための細長い台)の傍に置く小さく低い机(き、つくえ、テーブル)、同”箷””桯”
【湤】水3+施9=総画数12 U+6E64 [シ、セ/] [シ氵亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施湤]
◆川名
【𤖌】爿4+施9=総画数13 U+2458C [イ/] 【椸𥠥𤕴𤕮】[Lノ「爿亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𤖌]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具、同”箷””䈕”
◆榻(とう、体を横たえたり座ったりするための細長い台)の傍に置く小さく低い机(き、つくえ、テーブル)、同”箷””桯”
【𤟽】犬3+施9=総画数12 U+247FD [シ、セ/] 【鍦鉇𥍸𥍢】[ノ2犭亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𤟽]
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)、同”釶””鉈”
【𥍸】矛5+施9=総画数14 U+25378 [シ、セ/] 【鍦鉇𥍢𤟽】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𥍸]
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)、同”釶””鉈”
【𥠥】禾5+施9=総画数14 U+25825 [イ/] 【椸𤖌𤕴𤕮】[ノ木禾亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𥠥]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具、同”箷””䈕”
◆榻(とう、体を横たえたり座ったりするための細長い台)の傍に置く小さく低い机(き、つくえ、テーブル)、同”箷””桯”
【箷】竹6+施9=総画数15 U+7BB7 [シ/] [竹亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施箷]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具、同”椸””䈕”
◆榻(とう、体を横たえたり座ったりするための細長い台)の傍に置く小さく低い机(き、つくえ、テーブル)、同”椸””桯”
◆竹名、未詳
【𦂛】糸6+施9=総画数15 U+2609B [シ/] 【䌳𦇲䌤𦁥】[糸亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𦂛]
◆経糸(たていと)緯糸(よこいと)の太さが不揃いで品質的に劣る絹布
◆布を縫い合わせる、衣服を縫う、同”襧”
【葹】艸3+施9=総画数12 U+8479 [シ、セ/] [サ十2艹艹亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施葹]
◆オナモミ(葈耳)、キク科の草
【䗐】虫6+施9=総画数15 U+45D0 [シ、セ/] [亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施中虫䗐]
◆「蛄䗐(こし)」、米などの穀類に湧(わ)くコクゾウムシ(穀象虫)の類
【𧛖】衣5+施9=総画数14 U+276D6 [イ/] 【袘衪】[ネ衤亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𧛖]
◆袖口、袖
◆腰から下に穿くズボンやスカートなどの縁(へり)
【𧩹】言7+施9=総画数16 U+27A79 [イ、シ、セ/] 【𧦩】[言亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𧩹]
◆得意気(とくいげ)なさま、得意になって人の言うことを聞き入れないさま、浅はかなさま、同”詑”
【䞄】貝7+施9=総画数16 U+4784 [ヒョウ/] [亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施目ハ貝䞄]
◆分け与える
【𨡪】酉7+施9=総画数16 U+2886A [イ/] 【酏】[西酉亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施𨡪]
◆キビ(黍)で作った酒
◆薄い粥、濃いものは「饘」
【鍦】金8+施9=総画数17 U+9366 [シ、セ/] 【鉇𥍸𥍢𤟽】[金亠万方ノ丿一𠂉せ也㐌施鍦]
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)、同”釶””鉈”
【斿】方4+5=総画数9 U+65BF [ユウ、ユ、リュウ、ル/] [亠万方ノ丿一𠂉子斿]
◆旒旗(りゅうき、縁に房状の飾りがある旗)、旒旗の先の房飾り
◆(旗が)ゆらゆらと揺らめくさま、あちこちと当てもなく遊ぶさま、「游」
【游】水3+斿9=総画数12 U+6E38 [ユウ、ユ/] 【𣽩】[シ氵亠万方ノ丿一𠂉子斿游]
◆ゆらゆらと水に浮かぶさま
◆ひらひらと風に揺らめくさま
◆気儘にまた自由にあちこち歩き回る、あちこちへ出かけて楽しむ、同”遊”
【蝣】虫6+斿9=総画数15 U+8763 [ユウ、ユ/] 【𧌕】[中虫亠万方ノ丿一𠂉子斿蝣]
◆「蜉蝣(ふゆう、カゲロウ)」、カゲロウ目の昆虫の総称
【遊】辵3+斿9=総画数12 U+904A [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 【逰𨒰𨓎】[亠万方ノ丿一𠂉子斿え辶辶遊]
◆定住する所を持たずに気儘にまた自由にあちこち歩き回る、あちこちへ出かけて楽しむ
◆家(定住する所)を離れて他に行く
◆これといって目的や役目がないさま
【旁】方4+6=総画数10 U+65C1 [ホウ、ボウ/つくり] 【㫄𣃟𣃙㝑】[立ワ冖亠万方2旁]
◆(中心となるものの、主となるものの)右や左に(或いは両側に)ぴったりと寄り付いているさま
◆すぐ傍(そば)、傍(かたわ)ら、脇(わき)、同”傍”
◆(左右に、四方に)伸びる、広がる
◆つくり、漢字の右側の部分、「漢」の場合は「氵」を「へん(扁)」、「𦰩」を「つくり(旁)」という
【傍】人2+旁10=総画数12 U+508D [ホウ、ボウ/かたわ・ら、そば] 【𠊓】[イ亻立ワ冖亠万方2旁傍]
◆もののすぐ近くのところ、側(そば)、同”徬””旁”
◆すぐ傍に付き添(そ)う、ぴったりと寄り添う、同”徬””旁”
◆漢字の右側の部分、同”旁”、左は「扁」「偏」
【嗙】口3+旁10=総画数13 U+55D9 [ホウ、ボウ/] [口立ワ冖亠万方2旁嗙]
◆「嗙喩」、蔡(周代(前11世紀~前221年)の国名)の舞曲名、またそれを歌う声
◆叱る、(この義は《說文解字》の「謌(歌う)聲」を《說文解字注(段玉裁)》が「訶(叱る)聲」としたことから誤ったものか?)
【塝】土3+旁10=総画数13 U+585D [ホウ、ボウ/] [土立ワ冖亠万方2旁塝]
◆田畑の畦(あぜ)や用水路などの境目
【嫎】女3+旁10=総画数13 U+5ACE [ホウ、ボウ/] [女立ワ冖亠万方2旁嫎]
◆女性名用字
【嵭】山3+旁10=総画数13 U+5D6D [ホウ/] [山立ワ冖亠万方2旁嵭]
◆山が崩れ落ちる
【𢄎】巾3+旁10=総画数13 U+2210E [ホウ、ボウ/] [巾立ワ冖亠万方2旁𢄎]
◆書き留めるための帳面、ノート(note)
【𢐊】弓3+旁10=総画数13 U+2240A [ホウ、ボウ/] 【𢎷】[弓立ワ冖亠万方2旁𢐊]
◆未詳、「【玉篇:卷十七:弓部第二百五十八:𢐊】平忙切弦急」
【徬】彳3+旁10=総画数13 U+5FAC [ホウ、ボウ/] 【𢔚】[ノ丿2イ彳立ワ冖亠万方2旁徬]
◆傍(そば)、傍(かたわ)ら、すぐ近く、同”傍””旁”
◆すぐ傍に付き添(そ)う、ぴったりと寄り添う、同”傍””旁”
◆「徬徨(ほうこう)」、あてもなく歩き回る、同「彷徨」
【㥬】心3+旁10=総画数13 U+396C [ホウ、ボウ/] [ハI|丨忄立ワ冖亠万方2旁㥬]
◆「㥬惶(ぼうこう)」、恐れるさま
【搒】手3+旁10=総画数13 U+6412 [ホウ、ビョウ/] 【𢮔挷】[オ才扌立ワ冖亠万方2旁搒]
◆櫓(ろ)や櫂(かい)で舟を漕(こ)ぐ、舟を漕ぐ棒を「榜」
◆棒で罪人を打ち叩く、罪人を打ち叩く棒を「榜」
【膀】月(肉)4+旁10=総画数14 U+8180 [ホウ、ボウ/] 【𦜶】[月立ワ冖亠万方2旁膀]
◆左右の肩、肩の腕に近い部分
◆体の中心から左右対称に伸びる骨、翼(つばさ)
◆「膀胱(ぼうこう)」、尿を一時溜めておく袋状の器官
【榜】木4+旁10=総画数14 U+699C [ホウ、ヒョウ/] 【㮄】[木立ワ冖亠万方2旁榜]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”牓”
◆衆人(しゅうじん、多くの一般の人)に告示・告知するための立て札
◆弓や弩(ど、大形の弓)の狂いや歪みを整えるための当て木、弓矯(ゆだめ)
◆舟を漕(こ)ぐための櫓(ろ)や櫂(かい)、これを使って舟を漕ぐことを「搒」
◆罪人を打ち叩く棒、これを使って叩くことを「搒」
【𣯊】毛4+旁10=総画数14 U+23BCA [ホウ/] 【𣮧𣯟】[立ワ冖亠万方2旁毛𣯊]
◆「𣮧毼」、敷物などに使う厚手の毛織物
【𣯟】毛4+旁10=総画数14 U+23BDF [ホウ/] 【𣮧𣯊】[立ワ冖亠万方2旁毛𣯟]
◆「𣮧毼」、敷物などに使う厚手の毛織物
【滂】水3+旁10=総画数13 U+6EC2 [ホウ、ボウ/] 【𣶢𣹿】[シ氵立ワ冖亠万方2旁滂]
◆水が勢いよく涌(わ)き出るさま
◆雨が激しく降るさま、同”霶”
◆「淜滂(ひょうほう)」、風が(激しく)物に当たる音の形容、(勢いよく涌き上がる)水の音の形容
【牓】片4+旁10=総画数14 U+7253 [ホウ/] 【𤗒】[片立ワ冖亠万方2旁牓]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”榜”
【𤚰】牛4+旁10=総画数14 U+246B0 [ホウ、ボウ/] [牛立ワ冖亠万方2旁𤚰]
◆背の部分が白い牛、毛色が斑(まだら)な牛、同”㸹”
【𤧭】玉4+旁10=総画数14 U+249ED [ホウ、ボウ/] [王立ワ冖亠万方2旁𤧭]
◆「𤧭瑭」、玉(ぎょく)名
【𤹔】疒5+旁10=総画数15 U+24E54 [未詳/] [ン冫广疒立ワ冖亠万方2旁𤹔]
◆未詳
【㿶】皮5+旁10=総画数15 U+3FF6 [ホウ、ボウ/] 【幇幫帮幚鞤䩷】[亠万方旁フ乛ノ丿ヌ又皮㿶]
◆両側また周りから支え助ける
◆履物の両脇の足を固定するための紐また帯などを通す所
【磅】石5+旁10=総画数15 U+78C5 [ホウ、ボウ/] [石立ワ冖亠万方2旁磅]
◆「ぽん」というような石が落ちる音の形容
◆「磅礴(ほうはく)」、平らに広がる、広く覆われる、隅々まで満ちる
◆台秤
◆ポンド(pound)、重量の単位、イギリスの通貨の単位
【䄘】示4+旁10=総画数14 U+4118 [ホウ、ボウ/] [ネ礻立ワ冖亠万方2旁䄘]
◆「䄘䄓」、祭礼名
【䅭】禾5+旁10=総画数15 U+416D [ホウ、ボウ/] [ノ木禾立ワ冖亠万方2旁䅭]
◆「䅭䅣」、キビ(黍)の一種で粘りがない種
【篣】竹6+旁10=総画数16 U+7BE3 [ホウ、ボウ/] [竹立ワ冖亠万方2旁篣]
◆箕(み)の一種
◆竹製の籠
◆鞭打つ
【𥻭】米6+旁10=総画数16 U+25EED [ホウ、ボウ/] [米立ワ冖亠万方2旁𥻭]
◆「𥻭䊗」、同「䅭䅣」、ウルチキビ(粳黍)、キビの(黍)一種で粘りがない種
【縍】糸6+旁10=総画数16 U+7E0D [ホウ/] [糸立ワ冖亠万方2旁縍]
◆履物の両脇、足を固定するための紐また帯などを通す所、同”幇”
◆荒縄
【耪】耒6+旁10=総画数16 U+802A [ホウ、ボウ/] [ノ三二木未耒立ワ冖亠万方2旁耪]
◆耕す
【艕】舟6+旁10=総画数16 U+8255 [ホウ、ボウ/] [舟立ワ冖亠万方2旁艕]
◆二艘の船を並べて繋ぐ
【蒡】艸3+旁10=総画数13 U+84A1 [ホウ、ボウ/] 【𦾭𦱘】[サ十2艹艹立ワ冖亠万方2旁蒡]
◆「牛蒡(ゴボウ)」、キク科の草
【螃】虫6+旁10=総画数16 U+8783 [ホウ、ボウ/] [中虫立ワ冖亠万方2旁螃]
◆「螃蟹(ほうかい)」、カニ(蟹)の俗称
◆「螃蜞(ほうき)」、同「蟛蜞」、イワガニ(岩蟹)やベンケイガニ(弁慶蟹)などの小形のカニ(蟹)
【覫】見7+旁10=総画数17 U+89AB [ホウ、ボウ/] [立ワ冖亠万方2旁目見覫]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:蕩第三十七:覫】視物皃」「【字彙:酉集:見部:覫】匹朗切滂視物也」
【謗】言7+旁10=総画数17 U+8B17 [ホウ、ボウ/そし・る] 【谤𧩂】[言立ワ冖亠万方2旁謗]
◆人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、悪口を言い広める
◆辱(はずかし)める、人の名誉を傷付ける
【谤】言2+旁10=総画数12 U+8C24 [ホウ、ボウ/そし・る] 【謗𧩂】[、丶レ讠立ワ冖亠万方2旁谤]
◆人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、悪口を言い広める
◆辱(はずかし)める、人の名誉を傷付ける
【䠙】足7+旁10=総画数17 U+4819 [ホウ、ボウ/] [口⺊上止龰足立ワ冖亠万方2旁䠙]
◆「踉䠙(ろうぼう)」、よろよろしながら急いで行こうとするさま、進もうとするが思うように進まないさま
【𨍩】車7+旁10=総画数17 U+28369 [ホウ、ビョウ/] 【𨎧𨏰】[車立ワ冖亠万方2旁𨍩]
◆車の(兵車の)力強く勇壮なさま、またその音、同”輣””彭”
【鎊】金8+旁10=総画数18 U+938A [ホウ、ボウ/] 【镑】[金立ワ冖亠万方2旁鎊]
◆削る
◆ポンド(pound)、英の通貨の単位
【镑】金5+旁10=総画数15 U+9551 [ホウ、ボウ/] 【鎊】[ノ丿一𠂉二レモ钅立ワ冖亠万方2旁镑]
◆削る
◆ポンド(pound)、英の通貨の単位
【䧛】阜3+旁10=総画数13 U+49DB [ホウ、ボウ/] [ろ3I|丨阜阝立ワ冖亠万方2旁䧛]
◆傍(そば)、傍(かたわ)ら、すぐ近く、同”傍””徬””旁”
◆車の(兵車の)力強く勇壮なさま、またその音、同”𨍩(𨎧)”
【䨦】雨8+旁10=総画数18 U+4A26 [ホウ/] 【雱𣃪】[雨立ワ冖亠万方2旁䨦]
◆雨や雪が一面に降るさま、雨や雪が激しく降るさま、同”霶”
【䩷】革9+旁10=総画数19 U+4A77 [ホウ、ボウ/] 【幇幫帮幚鞤㿶】[十2廿口3革立ワ冖亠万方2旁䩷]
◆両側また周りから支え助ける
◆履物の両脇の足を固定するための紐また帯などを通す所
【騯】馬10+旁10=総画数20 U+9A2F [ホウ、ビョウ/] [馬立ワ冖亠万方2旁騯]
◆「騯騯」、馬が堂々と勇壮に進むさま
【髈】骨10+旁10=総画数20 U+9AC8 [ホウ、ボウ/] [冂2「冎ワ冖月骨立ワ冖亠万方2旁髈]
◆肩、体の中心から左右対称に伸びる骨、同”膀”
◆股(また)、大腿部
【鰟】魚11+旁10=総画数21 U+9C1F [ホウ、ボウ/] 【鳑𩷸𩺹】[ク𠂊田、丶4灬魚立ワ冖亠万方2旁鰟]
◆「鰟鮍(ほうひ)」、コイ科タナゴ亜科のタナゴ属・バラタナゴ属に属する淡水魚の総称、同「鰟魮」
【鳑】魚8+旁10=総画数18 U+9CD1 [ホウ、ボウ/] 【鰟𩷸𩺹】[ノフク𠂊田一鱼立ワ冖亠万方2旁鳑]
◆「鳑鲏(ほうひ)」、コイ科タナゴ亜科のタナゴ属・バラタナゴ属に属する淡水魚の総称、同「鰟魮」
【旃】方4+6=総画数10 U+65C3 [セン/] 【𣃯𣃼㫋旜】[亠万方ノ丿一𠂉冂⺆、丶一丹旃]
◆旗竿の先が(”f”の頭のような形に)曲がった赤い無地の布製の旗、合図や目印として使う、「【爾雅注疏:釋天】錯革鳥曰旟・・・因章曰旃(《注》以帛練爲旒因其文章不復畫之周禮云通帛爲旃)」
◆動物の毛を集めて熱や圧力などを加え布状(シート状)にしたもの、フェルト(felt)、同”氈”
◆これ、ここに、同”之””焉”
◆「旃那(センナ)」、マメ科センナ属の植物の総称{センナ}
◆「栴檀(センダン)」、センダン科センダン属の木、また同科同属の木の総称{センダン}
【㮵】木4+旃10=総画数14 U+3BB5 [セン/] 【栴枬】[木亠万方ノ丿一𠂉冂⺆、丶一丹旃㮵]
◆「㮵檀(センダン)」、センダン科センダン属の木
【𩔣】頁9+旃10=総画数19 U+29523 [セン/] 【𩕇】[亠万方ノ丿一𠂉冂⺆、丶一丹旃一目自𦣻貝頁𩔣]
◆額(ひたい)
【𪄟】鳥11+旃10=総画数21 U+2A11F [未詳/] 【𪇥】[鳥亠万方ノ丿一𠂉冂⺆、丶一丹旃𪄟]
◆未詳、「【戰國策:宋衛策:宋衛】宋康王之時有雀生𪇥(續云新序爵生鸇通鑑作𪇥)於城之陬」
【旅】方4+6=総画数10 U+65C5 [リョ、ロ/たび] 【𣃨挔𢬜𣥏𣥐】[亠万方ノ丿一𠂉ノ丿2レ𧘇イ旅]
◆(何人かと一緒に列をなして)遠くへ出掛ける
◆五百人(但し時代に依り変動がある)を単位とする軍隊の編成
◆列をなす
◆山や川の神を祭る
【膂】月(肉)4+旅10=総画数14 U+8182 [リョ、ロ/] 【膐】[亠万方ノ丿一𠂉ノ丿2レ𧘇イ旅月膂]
◆背骨
◆「膂力」、体力や腕力があるさま
【𥰠】竹6+旅10=総画数16 U+25C20 [リョ/] 【𥲬】[竹亠万方ノ丿一𠂉ノ丿2レ𧘇イ旅𥰠]
◆飯を入れる竹製の円筒状の籠、同”筥”
【膐】肉6+旅10=総画数16 U+8190 [リョ、ロ/] 【膂】[亠万方ノ丿一𠂉ノ丿2レ𧘇イ旅内人2仌肉膐]
◆背骨
◆「膐力」、体力や腕力があるさま
【旉】方4+7=総画数11 U+65C9 [フ/] [十用、丶甫亠万方旉]
◆敷く、平らに敷き詰める、同”敷”
◆広く漏れなく行き渡る、また行き渡らせる、同”布”
【𩺹】魚11+旉11=総画数22 U+29EB9 [ホウ、ボウ/] 【鰟鳑𩷸】[ク𠂊田、丶4灬魚十用、丶甫亠万方旉𩺹]
◆「𩺹鮍(ほうひ)」、コイ科タナゴ亜科のタナゴ属・バラタナゴ属に属する淡水魚の総称
【旋】方4+7=総画数11 U+65CB [セン、ゼン/] [亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋]
◆ぐるぐると回る、回転する、渦巻く
◆出掛けて戻って来る、人の間に立ち行き来して仲を取り持つ
◆間もなく
【嫙】女3+旋11=総画数14 U+5AD9 [セン、ゼン/] [女亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋嫙]
◆美しい、可愛い
【𢳄】手3+旋11=総画数14 U+22CC4 [セン/] [オ才扌亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋𢳄]
◆長い縄や綱を繋いで引く
【暶】日4+旋11=総画数15 U+66B6 [セン、ゼン/] [日亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋暶]
◆明るい
◆美しいさま
【𣎓】月4+旋11=総画数15 U+23393 [セン、ゼン/] 【𦛔】[月亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋𣎓]
◆小さい、短い
◆ぐるぐると回る
【漩】水3+旋11=総画数14 U+6F29 [セン、ゼン/] [シ氵亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋漩]
◆水が渦巻く、ぐるぐると旋回する、同”㳬””旋”
【璇】玉4+旋11=総画数15 U+7487 [セン、ゼン/] [王亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋璇]
◆(赤く)美しい玉(ぎょく)、同”琁””瓊”
◆美しいさま、同”瓊”
◆北斗七星の第二星
◆「璇璣(せんき)」、天球儀、渾天儀(こんてんぎ)、地球を中心に置いて天体の方向や軌道を示した球状の器具
【縼】糸6+旋11=総画数17 U+7E3C [セン/] 【𦀢】[糸亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋縼]
◆動き回れるような長い縄や綱で牛を繋ぐ
【蔙】艸3+旋11=総画数14 U+8519 [セン/] [サ十2艹艹亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋蔙]
◆「蔙蕧花(せんぷくか)」、オグルマ・ホソバオグルマの花、生薬として用いる
【䗠】虫6+旋11=総画数17 U+45E0 [セン、ゼン/] 【𧐗】[亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋中虫䗠]
◆「𧍻䗠」、小さいが極め強い毒を持つ虫
【𧐗】虫6+旋11=総画数17 U+27417 [セン、ゼン/] 【䗠】[中虫亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋𧐗]
◆「𧍲𧐗」、小さいが極め強い毒を持つ虫
【鏇】金8+旋11=総画数19 U+93C7 [セン、ゼン/] 【镟】[金亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋鏇]
◆湯の中に入れて回しながら酒を温める容器
◆物を載せ回転するようにしたもの
【镟】金5+旋11=総画数16 U+955F [セン、ゼン/] 【鏇】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋镟]
◆湯の中に入れて回しながら酒を温める容器
◆物を載せ回転するようにしたもの
【族】方4+7=総画数11 U+65CF [ソク、ゾク/やから] [亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族]
◆矢尻、同”鏃”
◆一か所に多くの人が集まる
◆同じ祖先を持つ者の集合体
◆考えや思想・言語・性質・居住地など同じ種類に属する集団
【嗾】口3+族11=総画数14 U+55FE [ソウ、ス/けしか・ける] 【𠻛𠻣】[口亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族嗾]
◆犬を急(せ)き立てて獲物を獲(と)らせる、またその掛け声
◆煽り立ててある事をさせる、唆(そそのか)す
【𡻬】山3+族11=総画数14 U+21EEC [ソク、ゾク/] [山亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族𡻬]
◆多くの木が一か所に集まって生えるさま
【𢳇】手3+族11=総画数14 U+22CC7 [ソク、ゾク/] [オ才扌亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族𢳇]
◆五本の指先を一カ所に寄せる、指先を寄せて(筆を)しっかりと掴(つか)む、同”𢳈”
◆突き刺す、同”捔”
【𢳈】手4+族11=総画数15 U+22CC8 [ソク、ゾク/] [亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族手𢳈]
◆五本の指先を一カ所に寄せる、指先を寄せて(筆を)しっかりと掴(つか)む、同”𢳇”
【瘯】疒5+族11=総画数16 U+762F [ソク/] [ン冫广疒亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族瘯]
◆白癬菌などによる皮膚病の一種
【䃚】石5+族11=総画数16 U+40DA [シュク/] [石亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族䃚]
◆「碌䃚」、石が多くごろごろしているさま
◆鏃(やじり)に用いる青い石
【簇】竹6+族11=総画数17 U+7C07 [ソク、ゾク、ソウ、ス/] [竹亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族簇]
◆叢(むら)がり生える
◆篠竹(しのだけ)
【蔟】艸3+族11=総画数14 U+851F [ソク、ゾク、ソウ、ス/まぶし] [サ十2艹艹亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族蔟]
◆蚕に繭を作らせるための道具
◆集まる、群れる
【𨄕】足7+族11=総画数18 U+28115 [ソク、ゾク/] [口⺊上止龰足亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族𨄕]
◆「𨄕𨄕」、足が曲がるさま
【鏃】金8+族11=総画数19 U+93C3 [ソク、ゾク/やじり] 【镞】[金亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族鏃]
◆やじり、矢の先端の鋭く尖った部分、矢柄(やがら)の先端に取り付ける鋭く尖らせた部品{弓箭}
◆鋭く尖っているさま
【镞】金5+族11=総画数16 U+955E [ソク、ゾク/やじり] 【鏃】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族镞]
◆やじり、矢の先端の鋭く尖った部分、矢柄(やがら)の先端に取り付ける鋭く尖らせた部品{弓箭}
◆鋭く尖っているさま
【𩀥】隹8+族11=総画数19 U+29025 [サク、ザク/] 【鷟】[亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族ノ2隹𩀥]
◆「𩁓𩀥(がくさく)」◇想像上の神鳥の名、「鳳凰(ほうおう)」の別名、「【國語:周語上】周之興也鸑鷟鳴於岐山(三君云鸑鷟鸞鳳之別名也・・・)」◇五神鳥(鳯・鵷鶵 ・鸞・鸑鷟 ・鵠)の一つ、「【小學紺珠:卷十:五鳯】赤者鳯 黃者鵷鶵 青者鸞 紫者鸑鷟 白者鵠」◇鳥名、姿はカモ(鴨)に似て首が長く目が赤いという、同「鸀鳿(しょくぎょく)」、「【本草綱目:禽之一:鸀鳿】《釋名》鸑鷟(時珍曰鸀鳿名義未詳案許慎説文云鸑鷟鳳属也又江中有鸑鷟似鳬而大赤目據此則鸀鳿乃鸑鷟聲轉蓋此鳥有文彩如鳳毛故得同名耳)」
【鷟】鳥11+族11=総画数22 U+9DDF [サク、ザク/] 【𩀥】[亠万方ノ丿一𠂉ノ大天矢族鳥鷟]
◆「鸑鷟(がくさく)」◇想像上の神鳥の名、「鳳凰(ほうおう)」の別名、「【國語:周語上】周之興也鸑鷟鳴於岐山(三君云鸑鷟鸞鳳之別名也・・・)」◇五神鳥(鳯・鵷鶵 ・鸞・鸑鷟 ・鵠)の一つ、「【小學紺珠:卷十:五鳯】赤者鳯 黃者鵷鶵 青者鸞 紫者鸑鷟 白者鵠」◇鳥名、姿はカモ(鴨)に似て首が長く目が赤いという、同「鸀鳿(しょくぎょく)」、「【本草綱目:禽之一:鸀鳿】《釋名》鸑鷟(時珍曰鸀鳿名義未詳案許慎説文云鸑鷟鳳属也又江中有鸑鷟似鳬而大赤目據此則鸀鳿乃鸑鷟聲轉蓋此鳥有文彩如鳳毛故得同名耳)」
【旑】方4+8=総画数12 U+65D1 [イ/] 【旖㫊】[亠万方大丁口可奇旑]
◆「旑旎(いじ)」、旗が風に靡くさま、嫋(たお)やかで美しいさま
【𣚂】木4+旑12=総画数16 U+23682 [イ/] 【檹】[木亠万方大丁口可奇旑𣚂]
◆「𣚂椸(いい)」、木の枝が長く伸びているさま、また伸びて揺らめくさま
【旒】方4+9=総画数13 U+65D2 [リュウ、ル/] 【旈㐬】[亠万方ノ丿一𠂉亠ム厶𠫓ノ丿I|丨L乚𠫝㐬旒]
◆旗の縁(ふち)に付けた房状の飾り、旗脚(はたあし)、吹流し(ふきながし)、「風を受けて水が流れるようにはためく」の意
◆組紐に幾つかの珠(たま)を通し冕(べん、正装用の冠)の前後に垂らす飾り、何本かの「旒」を垂らしたものの総称を「璪(そう)」「玉藻(ぎょくそう)」という{冕冠}
【𣽩】水3+旒13=総画数16 U+23F69 [ユウ、ユ/] 【游】[シ氵亠万方ノ丿一𠂉亠ム厶𠫓ノ丿I|丨L乚𠫝㐬旒𣽩]
◆ゆらゆらと水に浮かぶさま
◆ひらひらと風に揺らめくさま
◆気儘にまた自由にあちこち歩き回る、あちこちへ出かけて楽しむ、同”遊”
【旖】方4+10=総画数14 U+65D6 [イ/] 【旑㫊】[亠万方ノ丿一𠂉大丁口可奇旖]
◆「旖旎(いじ)」、旗が風に靡くさま、嫋(たお)やかで美しいさま
【𢷔】手3+旖14=総画数17 U+22DD4 [イ/] [オ才扌亠万方ノ丿一𠂉大丁口可奇旖𢷔]
◆傾く、傾ける
【檹】木4+旖14=総画数18 U+6AB9 [イ/] 【𣚂】[木亠万方ノ丿一𠂉大丁口可奇旖檹]
◆「檹椸(いい)」、木の枝が長く伸びているさま、また伸びて揺らめくさま
【旗】方4+10=総画数14 U+65D7 [キ、ギ/はた] [亠万方ノ丿一𠂉甘目ハ八其旗]
◆布や紙などで四角形・長方形などに作り目印とするものの総称
◆清代の蒙古族の軍の編成単位、現内蒙古自治区の行政単位
【籏】竹6+旗14=総画数20 U+7C4F [/はた] [竹亠万方ノ丿一𠂉甘目ハ八其旗籏]
◆地名・人名用字
【𪇥】鳥11+旗14=総画数25 U+2A1E5 [未詳/] 【𪄟】[鳥亠万方ノ丿一𠂉甘目ハ八其旗𪇥]
◆未詳、「【戰國策:宋衛策:宋衛】宋康王之時有雀生𪇥(續云新序爵生鸇通鑑作𪇥)於城之陬」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 方部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です