総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 攴部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 攴部」 [部首索引


【攴】攴4+0=総画数4 U+6534 [ボク、ホク/] [ト卜⺊ヌ又攴]
◆軽く叩(たた)く
◆ぼくにょう、ぼくづくり、とまた、部首名
【𠓠】入2+攴4=総画数6 U+204E0 [ヘン、ベン/] 【𠓥】[入ト卜⺊ヌ又攴𠓠]
◆鞭(むち)、馬や罪人を打つ(革製の)紐状のもの、同”鞭”
◆鞭打つ、叱ったり励ましたりして前に進ませる、同”鞭”
【𠓥】入2+攴5=総画数7 U+204E5 [ヘン、ベン/] 【𠓠】[入一ト⺊卜⺊又攴𠓥]
◆鞭(むち)、馬や罪人を打つ(革製の)紐状のもの、同”鞭”
◆鞭打つ、叱ったり励ましたりして前に進ませる、同”鞭”
【𡰵】尸3+攴4=総画数7 U+21C35 [ゲキ、ケキ、ギャク/] 【屐𡰸】[コノ丿尸ト卜⺊ヌ又攴𡰵]
◆裏に歯の付いた木製の履物、下駄(げた)や木製のサンダルの類{履物}
◆履物
【𡵨】山3+攴4=総画数7 U+21D68 [キ、ギ/] 【岐㞿㟚】[山ト卜⺊ヌ又攴𡵨]
◆本道から枝分かれした道、同”歧”、「岐路(きろ)」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同”歧”
【𢁵】巾3+攴4=総画数7 U+22075 [フツ、ホチ/] 【帗】[巾ト⺊卜⺊又攴𢁵]
◆祭礼の際に舞う時に手に持つ五色の絹布を垂らした舞具、これを持った舞を帗舞(ふつぶ)という
◆幅が一幅(時代によって異なるが約二尺二寸、一尺は時代によって異なり約23cm~30cm程)の布、古く帗舞の際に用いる舞具の絹布の幅であったという、同”帴”、「【說文解字注:巾部:帗】一幅巾也幅布帛廣也一幅巾者巾廣二尺二寸其長當亦同也此與鄭注周禮帗舞義絕殊」
【𢇮】广3+攴4=総画数7 U+221EE [キ/] 【庋】[广ト卜⺊ヌ又攴𢇮]
◆食物をしまう戸棚
◆しまう
【𢪊】手3+攴4=総画数7 U+22A8A [ホク/] [才扌ト卜⺊ヌ又攴𢪊]
◆撃つ、叩(たた)く、同”攴”
【𣏽】木4+攴4=総画数8 U+233FD [バイ、マイ、メ/] 【枚】[木ト卜⺊ヌ又攴𣏽]
◆杖(つえ)などに使う程度の太さの(枝よりも太い)木の幹(みき)、木の棒
◆馬を打つ鞭(むち)
◆馬が声を立てないようにするために口に咥(くわ)えさせる木の棒
◆「個(大珠九枚)」「人(縛人者數千枚)」「本(槍二十枚)」などと同じ物を数える語、同”个””個””箇”
◆[日]平たい物を数える語
◆「𣏽挙(まいきょ)」、一つ一つと数え上げる
【𣲏】水3+攴4=総画数7 U+23C8F [ユウ、ユ/] 【㳊】[シ氵ト卜⺊ヌ又攴𣲏]
◆水がどこまでもゆったりと流れ行くさま、ゆったりとしたさま、同”𠈹””攸”
【𤆝】火4+攴4=総画数8 U+2419D [ボク、ホク/] 【炇】[火ト卜⺊ヌ又攴𤆝]
◆火が激しく燃えるさま
【𤕝】爻4+攴4=総画数8 U+2455D [コウ、キョウ、ハク、ホク/] 【𢼂𢺽】[メ㐅乂2爻ト卜⺊ヌ又攴𤕝]
◆教える、同”教”
◆手足の指の関節を鳴らす、またその音、同”𥭖”
【𤘴】牛4+攴4=総画数8 U+24634 [ボウ、モク/まき] 【牧】[牛ト卜⺊ヌ又攴𤘴]
◆家畜を飼(か)う、家畜を養(やしな)い育てる
◆人を養い育てる、人格や学識を研き高める、修養する
◆人民を養い治(おさ)める
◆家畜を放し飼いにするところ、都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地を「郊」といい、その外の地、「【爾雅:釋地】邑外謂之郊郊外謂之牧牧外謂之野野外謂之林林外謂之坰」
◆地方の長官
【㺳】玉4+攴4=総画数8 U+3EB3 [バイ、マイ/] 【玫】[王ト卜⺊ヌ又攴㺳]
◆「㺳瑰(まいかい)」◇赤い珠(たま)、また珠に似た美しい石、別名「火齊珠(かせいじゅ)」◇バラ科バラ属の木、ハマナシ(浜梨)の一品種或いは変種{マイカイ}◇ハマナシ(浜梨)、バラ科バラ属の木{ハマナシ}
【𤼧】癶5+攴4=総画数9 U+24F27 [ハツ、バチ/] 【癹𤼯】[フ、丶ノ2癶ト卜⺊ヌ又攴𤼧]
◆足で草を踏み付ける、踏み付けて除草する
【𥄎】目5+攴4=総画数9 U+2510E [ケツ、ケチ/] 【𡕥】[目ト卜⺊ヌ又攴𥄎]
◆目を小さく動かす、ちらっと(横目で)見る、同”䀗”
◆目を上に向ける、目を背(そむ)ける、視線を逸(そ)らす、「【說文解字注:目部:䀺】舉目使人也・・・籍遂拔劍斬首頭然則眴同𡕥也」
【𦤺】至6+攴4=総画数10 U+2693A [チ/いた・す] 【致𦤶𦥀𦤹】[一ム厶𠫔土至ト卜⺊ヌ又攴𦤺]
◆相手方まで持って行って届ける、「送致」
◆招き寄せる、こちらまで来させる、「招致」
◆~に至る、~に至らしめる、「致死」
◆~という結果に行く着く、~になる、「一致」
◆趣(おもむき)、気持ちが行く着くところ、「筆致」
◆官職を辞する
◆肌理(きめ)が細かい、目がぎっしりと詰まっている、同”緻”
【𦨗】舟6+攴4=総画数10 U+26A17 [ハン、バン/] 【般】[舟ト卜⺊ヌ又攴𦨗]
◆巡る、一巡りする、一巡りして戻って来る、元に戻る
◆(一巡り見渡した辺りの)様子、~のような、種類
◆運搬する、物を別の場所へ運ぶ、同”搬”
【𧣀】角7+攴4=総画数11 U+278C0 [カク/] [ク𠂊用角ト卜⺊ヌ又攴𧣀]
◆角(つの)で突き刺す、同”捔”
【䜴】豆7+攴4=総画数11 U+4734 [シュウ/] [一口ソ丷一䒑豆ト卜⺊ヌ又攴䜴]
◆勇ましい
【𨈙】身7+攴4=総画数11 U+28219 [シ/] 【肢胑𨈛𨈪𩨵】[身ト卜⺊ヌ又攴𨈙]
◆腕や足、「四肢(しし、両腕と両足)」
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”支””枝”
【軙】車7+攴4=総画数11 U+8ED9 [チン、ジン/] 【𨊴】[車ト卜⺊ヌ又攴軙]
◆順に並べる、列を作る、同”陳”
【鈙】金8+攴4=総画数12 U+9219 [キン、ゴン/] 【鈫】[金ト卜⺊ヌ又攴鈙]
◆(さっと)手で押さえる、取り押さえる、押さえて動けないようにする、同”捦””擒””㩒””扲”
【𨦷】金8+攴7=総画数15 U+289B7 [チョウ、ジョウ/] 【鋚】[イ亻I|丨ト卜⺊ヌ又攴金𨦷]
◆馬銜(はみ)の両端に取り付ける金具或いは金属製の飾り
【𩉲】革9+攴4=総画数13 U+29272 [コ、ク/つづみ] 【鼓鼔皷皼𡔷𪔐𣫊𪔨𩉩𩉨𩊉𩌀】[十2廿口3革ト卜⺊ヌ又攴𩉲]
◆円筒形の胴の両側を革などを張って塞(ふさ)いだ打楽器{打楽器}
◆(鼓などを)打つ、また叩(たた)いて音を出す
◆音を出して合図する、また奮(ふる)い立たせる
【𪔿】鼠13+攴4=総画数17 U+2A53F [ホク/] 【𪕂】[ノEヨ臼レ2、丶4鼠ト卜⺊ヌ又攴𪔿]
◆「𪖈𪔿(ほくほく)」、ネズミ(鼠)の類
【𪗡】齒15+攴4=総画数19 U+2A5E1 [コウ、キョウ、ゴウ、ギョウ/] 【齩】[上止人4凵歯齒ト卜⺊ヌ又攴𪗡]
◆齧(かじ)る、上下の歯で物を挟(はさ)み強く咬(か)む、同”齧””䶧”
【攵】攴4+0=総画数4 U+6535 [/] [ノ丿一𠂉メヌ又攵]
◆ぼくにょう、ぼくづくり、部首名、「攴」が旁になった時の字形
【呚】口3+攵4=総画数7 U+545A [カ/] [口ノ丿一𠂉メヌ又攵呚]
◆息を弾ませる
【坆】土3+攵4=総画数7 U+5746 [フン、ブン、ホン、ボン/] 【墳𡏶坟𡼝】[土ノ丿一𠂉メヌ又攵坆]
◆土を丸く盛り上げて造った墓、ほぼ平らか比較的低い土盛りものものは「墓」
◆土を高く盛り上げたところ、堤防
◆丸く盛り上がった土
◆「三坆(さんぷん)」、伏羲・神農・黄帝の書、但し異説あり
注解:いずれも「丸く盛り上がったさま(賁)」をいう
【孜】子3+攵4=総画数7 U+5B5C [シ/] [子ノ丿一𠂉メヌ又攵孜]
◆怠けることなく一生懸命に励む
【𢎿】弓3+攵4=総画数7 U+223BF [未詳/] [弓ノ丿一𠂉メヌ又攵𢎿]
◆未詳
【𢚐】心4+攵7=総画数11 U+22690 [ユウ/] 【悠𢟅】[ノ丿2イ彳I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵心𢚐]
◆遥(はる)か遠いさま、どこまでも(いつまでも)続くさま
◆ゆったりとしたさま、長閑(のどか)なさま
【𢪛】手3+攵4=総画数7 U+22A9B [未詳/] [才扌ノ丿一𠂉メヌ又攵𢪛]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢪛】武粉反𢪛拭也」「【中華字海:扌部:𢪛】同”牧”同”捫”」
【枚】木4+攵4=総画数8 U+679A [バイ、マイ、メ/] 【𣏽】[木ノ丿一𠂉メヌ又攵枚]
◆杖(つえ)などに使う程度の太さの(枝よりも太い)木の幹(みき)、木の棒
◆馬を打つ鞭(むち)
◆馬が声を立てないようにするために口に咥(くわ)えさせる木の棒
◆「個(大珠九枚)」「人(縛人者數千枚)」「本(槍二十枚)」などと同じ物を数える語、同”个””個””箇”
◆[日]平たい物を数える語
◆「枚挙(まいきょ)」、一つ一つと数え上げる
【㳊】水3+攵4=総画数7 U+3CCA [ユウ、ユ/] 【𣲏】[シ氵ノ丿一𠂉メヌ又攵㳊]
◆水がどこまでもゆったりと流れ行くさま、ゆったりとしたさま、同”𠈹””攸”
【炇】火4+攵4=総画数8 U+7087 [ボク、ホク/] 【𤆝】[火ノ丿一𠂉メヌ又攵炇]
◆火が激しく燃えるさま
【牧】牛4+攵4=総画数8 U+7267 [ボウ、モク/まき] 【𤘴】[牛牜ノ丿一𠂉メヌ又攵牧]
◆家畜を飼(か)う、家畜を養(やしな)い育てる
◆人を養い育てる、人格や学識を研き高める、修養する
◆人民を養い治(おさ)める
◆家畜を放し飼いにするところ、都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地を「郊」といい、その外の地、「【爾雅:釋地】邑外謂之郊郊外謂之牧牧外謂之野野外謂之林林外謂之坰」
◆地方の長官
【玫】玉4+攵4=総画数8 U+73AB [バイ、マイ/] 【㺳】[王ノ丿一𠂉メヌ又攵玫]
◆「玫瑰(まいかい)」◇赤い珠(たま)、また珠に似た美しい石、別名「火齊珠(かせいじゅ)」◇バラ科バラ属の木、ハマナシ(浜梨)の一品種或いは変種{マイカイ}◇ハマナシ(浜梨)、バラ科バラ属の木{ハマナシ}
【𤯛】生5+攵4=総画数9 U+24BDB [セイ、ショウ/] 【笙】[生ノ丿一𠂉メヌ又攵𤯛]
◆長短十数本の竹筒を円状に組み下から息を吹き込んで鳴らす管楽器{管楽器}
◆細いさま
【畋】田5+攵4=総画数9 U+754B [テン、デン/] [田ノ丿一𠂉メヌ又攵畋]
◆田畑を平らにする、耕作できるようにする
◆狩りをする
【𥎪】矢5+攵4=総画数9 U+253AA [シン/] 【矧矤𥎧𥎯】[ノ大天矢ノ丿一𠂉メヌ又攵𥎪]
◆況(いわ)んや、ましてや、尚更
◆歯茎
【𥘦】示5+攵4=総画数9 U+25626 [シャ/ゆる・す] 【赦𢼜𢼗𢽀𤆅】[二小𡭕示ノ丿一𠂉メヌ又攵𥘦]
◆そのままにしておく、捨て置く、同”舎”
◆寛大に処遇する、同”宥”
◆過ちを見逃(みのが)す、罪を犯したことは認められるが(情状を酌んで)罪を問わない、また減免する
【䍩】羊6+攵4=総画数10 U+4369 [ヨウ/やしな・う] 【養养𩛬𢼝𢽁】[羊ノ丿一𠂉メヌ又攵䍩]
◆人・家畜・植物などが育つために必要なものを与える、また与えて大きく立派に育てる
◆人が立派に育つために必要なことを教える、また教え導く
【致】至6+攵4=総画数10 U+81F4 [チ/いた・す] 【𦤺𦤶𦥀𦤹】[一ム厶𠫔土至ノ丿一𠂉メヌ又攵致]
◆相手方まで持って行って届ける、「送致」
◆招き寄せる、こちらまで来させる、「招致」
◆~に至る、~に至らしめる、「致死」
◆~という結果に行く着く、~になる、「一致」
◆趣(おもむき)、気持ちが行く着くところ、「筆致」
◆官職を辞する
◆肌理(きめ)が細かい、目がぎっしりと詰まっている、同繁”緻”
【䖍】虍6+攵4=総画数10 U+458D [ケン、ゲン/] 【虔】[⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿一𠂉メヌ又攵䖍]
◆しっかりとしている、固く揺るぎがない、心が固く揺るがない
【䚺】言7+攵4=総画数11 U+46BA [ヨウ/うたい、うた・う] 【謡謠谣】[言ノ丿一𠂉メヌ又攵䚺]
◆即興で歌う、楽器などの伴奏なしに歌う、同”䚻”、楽器などの伴奏に合わせて歌うのは「歌」
◆子どもや一般の人が節を付けて口遊(くちずさ)む歌
◆根も葉もない噂話
【败】貝4+攵4=総画数8 U+8D25 [ハイ、ヘ、ベ/やぶ・れる] 【敗贁𣀕𤖐】[冂人贝ノ丿一𠂉メヌ又攵败]
◆(争いなどに)破れる、負ける
◆うまくいかない、駄目になる
◆損なわれる、壊れる、萎える、衰える
◆肉が腐る、「腐敗(ふはい)」、魚は「餒」
【赦】赤7+攵4=総画数11 U+8D66 [シャ/ゆる・す] 【𢼜𥘦𢼗𢽀𤆅】[土亠ノ丿I|丨ハ亦赤ノ丿一𠂉メヌ又攵赦]
◆そのままにしておく、捨て置く、同”舎”
◆寛大に処遇する、同”宥”
◆過ちを見逃(みのが)す、罪を犯したことは認められるが(情状を酌んで)罪を問わない、また減免する
【𨈡】身7+攵4=総画数11 U+28221 [シャ、ジャ、ヤ、エキ、ヤク/い・る] 【射䠶𨉛𡬤𢎤】[身ノ丿一𠂉メヌ又攵𨈡]
◆弓を引き絞って番(つが)えた矢を放つ、敵や的(まと)に向かって矢や弾(たま)などを放つ
◆弓から放たれた矢が目標に向かって一直線に高速に飛んで行く、目標に当てる
◆的に当たる、まっすぐに飛んできたものが当たる
【𨊴】車7+攵4=総画数11 U+282B4 [チン、ジン/] 【軙】[車ノ丿一𠂉メヌ又攵𨊴]
◆順に並べる、列を作る、同”陳”
【𩉩】革9+攵4=総画数13 U+29269 [コ、ク/つづみ] 【鼓鼔皷皼𡔷𪔐𣫊𪔨𩉲𩉨𩊉𩌀】[十2廿口3革ノ丿一𠂉メヌ又攵𩉩]
◆円筒形の胴の両側を革などを張って塞(ふさ)いだ打楽器{打楽器}
◆(鼓などを)打つ、また叩(たた)いて音を出す
◆音を出して合図する、また奮(ふる)い立たせる
【駇】馬10+攵4=総画数14 U+99C7 [/] [馬ノ丿一𠂉メヌ又攵駇]
◆一説では「馼」の異体字とするが不明
【䰻】魚11+攵4=総画数15 U+4C3B [ギョ、ゴ/] [ク𠂊田、丶4灬魚ノ丿一𠂉メヌ又攵䰻]
◆魚を捕る、同”漁”
【𪌑】麥11+攵4=総画数15 U+2A311 [ゴウ/] 【𪍮𪌠】[十木人2从來タ夕ヌ又3麥ノ丿一𠂉メヌ又攵𪌑]
◆熱を加えて水分を飛ばす、汁気がなくなるまで熱する、同”煎””熬”
【𪐫】黑12+攵4=総画数16 U+2A42B [コク/くろ、くろ・い] 【黑黒𪐗】[口ソ土、丶4灬黑ノ一𠂉メ又攵𪐫]
◆煙突の中に溜(た)まる煤(すす)の色
◆光りがなく暗い、暗闇
◆善悪の悪、善は「白」
【𪖖】鼻14+攵4=総画数18 U+2A596 [キュウ、グ/] 【鼽𪖒𪖓】[目目自田一ノ丿I|丨丌ナ十2廾鼻鼻鼻ノ丿一𠂉メヌ又攵𪖖]
◆(鼻水や鼻血で)鼻孔が塞がる
【收】攴4+3=総画数7 U+6536 [シュウ、ス/おさ・める、おさ・まる] 【収𠬧】[レLI|丨丩ノ丿一𠂉メヌ又攵收]
◆あちこちから取り集めて一カ所に纏(まと)める
◆収穫したものを一カ所に集める、また役所がその一部を取り立てて公庫(政府の倉庫など)に入れる
◆罪人を捕(とら)らえる、捕らえて檻などに入れる
◆一つに纏める、一カ所に集める
◆手の中に入れる、受け入れる、受け取る
【𦀏】糸6+收6=総画数12 U+2600F [未詳/] [糸レLI|丨丩ノ丿一𠂉メヌ又攵收𦀏]
◆未詳、「【中華字海:糸部:𦀏】同”収”」
【攸】攴4+3=総画数7 U+6538 [ユウ、ユ/] 【𢻺】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸]
◆遥(はる)か遠いさま、どこまでも(いつまでも)続いているさま、同”悠”
◆ゆったりとしたさま、悠々(ゆうゆう)としたさま、同”悠”
◆~ところ(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、結果を表す語と動きを表す語との間に置く語、同”𠧴””逌”
【𠤼】匚2+攸7=総画数9 U+2093C [チョウ、ジョウ/] 【𠥑】[匚イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸𠤼]
◆田畑の雑草を取り除く農具、同”莜”
【峳】山3+攸7=総画数10 U+5CF3 [ユウ、ユ/] [山イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸峳]
◆「峳峳(ゆうゆう)」、馬のような姿で目は羊に似て四本の角があり牛のような尾を持つという伝説上の獣の名
【悠】心4+攸7=総画数11 U+60A0 [ユウ/] 【𢚐𢟅】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸心悠]
◆遥(はる)か遠いさま、どこまでも(いつまでも)続くさま
◆ゆったりとしたさま、長閑(のどか)なさま
【脩】月(肉)4+攸7=総画数11 U+8129 [シュウ、ス、シュ/] [イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸月脩]
◆干し肉、細長く切った干し肉
◆先生への謝礼、「謝礼として干し肉を持参した」ことから
◆同”修”
【條】木4+攸7=総画数11 U+689D [チョウ、ジョウ/] 【条】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸木ノヌ又夊夂木条條]
◆細長い小枝
◆細長いもの、筋(すじ)状のもの
◆道筋
◆細かく分けて(一行にして)記述した文章、項目
【浟】水3+攸7=総画数10 U+6D5F [ユウ、ユ、テキ、ジャク/] [シ氵イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸浟]
◆水がゆったりと流れるさま
【焂】火4+攸7=総画数11 U+7102 [シュク/] [イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸火焂]
◆火が揺れ動くさま
【𥁮】皿5+攸7=総画数12 U+2506E [チョウ、ジョウ/] [イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸皿𥁮]
◆田畑の雑草を取り除く農具、同”莜”
【䀺】目5+攸7=総画数12 U+403A [チュウ、トウ/] 【𠌪】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸目䀺]
◆目を伏せるさま、瞼(まぶた)が目を覆うさま、まっすぐ前を見ないさま、同”眣””䀞””𥃧”、「【說文解字:目部:䀺】眣也」「【字彙補:午集:目部:𠌪】湯勞切音韜目重瞼也」
【𠌪】目5+攸7=総画数12 U+2032A [チュウ、トウ/] 【䀺】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸目𠌪]
◆目を伏せるさま、瞼(まぶた)が目を覆うさま、まっすぐ前を見ないさま、同”眣””䀞””𥃧”、「【說文解字:目部:䀺】眣也」「【字彙補:午集:目部:𠌪】湯勞切音韜目重瞼也」
【筱】竹6+攸7=総画数13 U+7B71 [ショウ/しの] 【篠筿】[竹イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸筱]
◆幹が細い竹の一種、細いが堅く強いため矢柄(やがら)に利用される{弓箭}
【絛】糸6+攸7=総画数13 U+7D5B [ジョウ、トウ/] 【绦縧】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸糸絛]
◆糸や紐を編んで長くした紐、組紐、特に平打(ひらうち、平たく編んだ紐)
◆「絛虫(じょうちゅう)」、サナダムシ(真田虫、条虫)、体内に寄生する条虫類の総称
【翛】羽6+攸7=総画数13 U+7FDB [ショウ/] 【𦐻】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸羽羽翛]
◆鳥がさっと飛ぶさま
◆あっという間に、さっと、同”倏””儵”
◆「翛翛(しょうしょう)」、鳥の羽が傷(いた)み破れるさま
◆「翛然(しょうぜん)」、思いのままに、自由に
【𦐻】羽6+攸7=総画数13 U+2643B [ショウ/] 【翛】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸羽羽𦐻]
◆鳥がさっと飛ぶさま
◆あっという間に、さっと、同”倏””儵”
◆「𦐻𦐻(しょうしょう)」、鳥の羽が傷(いた)み破れるさま
◆「𦐻然(しょうぜん)」、思いのままに、自由に
【莜】艸3+攸7=総画数10 U+839C [チョウ、ジョウ/] [サ十2艹艹イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸莜]
◆田畑の雑草を取り除く農具
◆「莜麦」、ハダカエンバク、イネ科の穀物
【𧇐】虍6+攸9=総画数15 U+271D0 [シュク/] 【虪】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿L乚儿2虎𧇐]
◆黒い虎
【跾】足7+攸7=総画数14 U+8DFE [シュク、スク、チュウ/] 【𨁀𢿅】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸口上止龰足跾]
◆さっと走る、疾走する、同”𢞣”
◆足の病
【𨁀】足7+攸7=総画数14 U+28040 [シュク、スク、チュウ/] 【跾𢿅】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸口上止龰足𨁀]
◆さっと走る、疾走する、同”𢞣”
◆足の病
【鋚】金8+攸7=総画数15 U+92DA [チョウ、ジョウ/] 【𨦷】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸金鋚]
◆馬銜(はみ)の両端に取り付ける金具或いは金属製の飾り
【䩦】革9+攸7=総画数16 U+4A66 [チョウ、ジョウ/] 【鞗𠌙】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸十2廿口3革䩦]
◆手綱(たづな)、牛馬を操(あやつ)るための革製の綱、同”轡””繮””韁”
【鞗】革9+攸7=総画数16 U+9797 [チョウ、ジョウ/] 【𠌙䩦】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸十2廿口3革鞗]
◆手綱(たづな)、牛馬を操(あやつ)るための革製の綱、同”轡””繮””韁”
【𩛢】食9+攸7=総画数16 U+296E2 [シュウ/] 【𩝧𩜔】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸人𠆢、丶ヨレノ艮良食𩛢]
◆米を蒸(ふか)した飯、この飯を再び蒸すことを「餾」という、同”饙”
【䱔】魚11+攸7=総画数18 U+4C54 [チョウ、ジョウ/] 【鰷鲦】[ク𠂊田、丶4灬魚イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸䱔]
◆カワイワシ、学名Hemiculter leucisculus、ウグイ(鯎、石斑魚)やアユ(鮎、香魚、年魚)などに似た小形でやや細身のコイ科カワイワシ属の淡水魚、同”鮂”、同「白鰷(はくじょう)」「白鱎(はくきょう)」「黑鰦(こくし)」
【鯈】魚11+攸7=総画数18 U+9BC8 [チョウ、ジョウ/] [イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸ク𠂊田、丶4灬魚鯈]
◆「白鯈(はくじょう)」、カワイワシ、学名Hemiculter leucisculus、ウグイ(鯎、石斑魚)やアユ(鮎、香魚、年魚)などに似た小形でやや細身のコイ科カワイワシ属の淡水魚、同”鮂”、同「白鰷」「白鱎(はくきょう)」「黑鰦(こくし)」
【改】攴4+3=総画数7 U+6539 [カイ/あらた・める、あらた・めて] [コ匚L乚己ノ丿一𠂉メヌ又攵改]
◆新しくなる、新しくする
◆変わる、変える
◆変えて新たにやり直す、よりよい状態また正しい状態に変える、誤りや過ちを正してやり直す
◆新たにもう一度
【𥦄】穴5+改7=総画数12 U+25984 [キュウ、ク/きわ・める] 【究䆒𡫄𥨇𥧖𥨶𥨓𥦵】[ウ宀ハ八穴コ匚L乚己ノ丿一𠂉メヌ又攵改𥦄]
◆極める、奥深い穴の突き当たりまで行く、極まる、突き当たりまで行き着く
◆窮(きわ)める、(奥深い穴の)隅々まで調べ尽くす
◆とどのつまり、結局
【攺】攴4+3=総画数7 U+653A [イ/] 【𢻰㱼】[コ匚L乚己巳ノ丿一𠂉メヌ又攵攺]
◆「㱾攺」、大きな剛卯(ごうぼう)、厄除けの呪文を書いた四角また六角の佩に付ける飾り
【𢚓】心4+攺7=総画数11 U+22693 [ビン、ミン/] 【愍㥸𢞰】[コ匚L乚己巳ノ丿一𠂉メヌ又攵攺心𢚓]
◆哀れに思い心を痛める
◆心配して心が痛む
【放】攴4+4=総画数8 U+653E [ホウ/はな・す、ほう・る] [亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵放]
◆はな・す、縄(束縛、拘束)を解(と)く、また解いて自由にする、逃がす
◆ほう・る、投げる、投げ出す、投げ捨てる、投げ捨ててそのままにする
◆四方に広がる、大きくまた遠くへ広げる
◆縛られることがなく気儘なさま
【倣】人2+放8=総画数10 U+5023 [ホウ/なら・う] [イ亻亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵放倣]
◆似ている、元になるものに似せる、また真似る、また見習う
【𣷫】水3+放8=総画数11 U+23DEB [未詳/] [シ氵亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵放𣷫]
◆未詳
【𥓴】石5+放8=総画数13 U+254F4 [未詳/] [石亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵放𥓴]
◆未詳、【中華字海:石部:𥓴】”䃚”的讹字」
【𢻻】攴4+4=総画数8 U+22EFB [ケイ、ケ/] 【𢼄】[ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸ト卜⺊ヌ又攴𢻻]
◆閉じていた戸を押し開く、押し広げる、同”啓”
【𦜹】月(肉)4+𢻻8=総画数12 U+26739 [ケイ、ケ/] 【䏿𦜑】[ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸ト卜⺊ヌ又攴𢻻月𦜹]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”腨””腓”
【𢾥】目5+𢻻8=総画数13 U+22FA5 [ケイ、ケ/] 【䁈䁉】[ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸ト卜⺊ヌ又攴𢻻目𢾥]
◆ちらっと見る、「【說文解字:目部:䁈】省視也」
◆窺(うかが)う、「【玉篇:卷四:目部第四十八:䁈】口戾切窺也」
【𢼄】攴4+4=総画数8 U+22F04 [ケイ、ケ/] 【𢻻】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄]
◆閉じていた戸を押し開く、押し広げる、同”啓”
【啓】口3+𢼄8=総画数11 U+5553 [ケイ、ケ/ひら・く] 【啔𠶳啟唘𠷠】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄口啓]
◆閉じていた戸や門を押し開く、押し広げる、覆っていたものを取り払って明け放つ、同”启”
◆開(ひら)ける、明(あ)ける、明るくなる、同”启”
◆覆われていて見えなかったところを開(ひら)いて見せる、知らなかったところを教え示す
◆跪(ひざまず)いて申し上げる、謹んで申し上げる
【晵】日4+𢼄8=総画数12 U+6675 [ケイ、ケ/] [、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄日晵]
◆雨が止んで雲が取れる、晴れる
【䏿】月(肉)4+𢼄8=総画数12 U+43FF [ケイ、ケ/] 【𦜹𦜑】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄月䏿]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”腨””腓”
【棨】木4+𢼄8=総画数12 U+68E8 [ケイ、カイ/] [、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄木棨]
◆木製の通行手形
◆王公が通行する際に道を空けるために先に進む兵が持つ儀仗用の戟(げき、長い柄の先に刃を付けた武器)
【䁈】目5+𢼄8=総画数13 U+4048 [ケイ、ケ/] 【䁉𢾥】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄目䁈]
◆ちらっと見る、「【說文解字:目部:䁈】省視也」
◆窺(うかが)う、「【玉篇:卷四:目部第四十八:䁈】口戾切窺也」
【綮】糸6+𢼄8=総画数14 U+7DAE [ケイ、キョウ、ケ/] [、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄糸綮]
◆美しい絹織物
◆戟(げき、槍の一種)の鞘
【肇】聿6+𢼄8=総画数14 U+8087 [チョウ、ジョウ/] 【肈】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄ヨ二十聿肇]
◆物事の始まり、始める
◆正しく整える、(端を)同じように揃える
【𦜑】肉6+𢼄8=総画数14 U+26711 [ケイ、ケ/] 【䏿𦜹】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄冂内人2仌肉𦜑]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”腨””腓”
【㪅】攴4+5=総画数9 U+3A85 [コウ、キョウ/さら・に、ふ・ける] 【更】[一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅]
◆さら・に、その上に、一段と
◆ふ・ける、一段と時(年・時刻・季節・年齢など)が過ぎる、時を重ねる、経験を積む
◆改まる、代える
【𠊳】人2+㪅9=総画数11 U+202B3 [ビン、ヘン、ベン/たよ・り] 【便】[イ亻一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𠊳]
◆知らせ
◆遮るものや難しいことがない、容易な、簡単な
◆都合が良い
◆糞尿
【𠶺】口3+㪅9=総画数12 U+20DBA [コウ、キョウ/] 【哽】[口一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𠶺]
◆咽(のど)に物が閊える
◆声や言葉が詰まる
【𢯬】手3+㪅9=総画数12 U+22BEC [コウ、キョウ/] 【挭】[才扌一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𢯬]
◆掻き乱す
【𤯳】生5+㪅9=総画数14 U+24BF3 [ソ、ス/よみがえ・る] 【甦】[生一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𤯳]
◆黄泉(よみ、死者の世界)から帰って来る
【𩋸】革9+㪅9=総画数18 U+292F8 [ゴウ、ギョウ、ヘン/] 【鞕𩋹】[十2廿口3革一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𩋸]
◆硬(かた)い、堅(かた)い、同”𩋆”
◆ものが閊(つか)える、詰まる、同”鯁””哽”、「【名醫類案:卷一】・・・大便鞕頭汗出不得・・・」
◆鞭(むち)、鞭打つ、同”鞭”
【𩤳】馬10+㪅9=総画数19 U+29933 [未詳/] [馬一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𩤳]
◆未詳、「【字彙補:亥集:馬部:𩤳】見石鼓文楊愼云恐當作駢」「【漢語大字典:馬部:𩤳】同”馭”」
【𩩹】骨10+㪅9=総画数19 U+29A79 [コウ、キョウ/] 【骾】[冂2「冎ワ冖月骨一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𩩹]
◆骨などの異物が咽喉に閊(つか)える
◆硬骨(こうこつ)、意志が固くみだりに人に従わない
【𩹐】魚11+㪅9=総画数20 U+29E50 [コウ、キョウ/] 【鯁鲠】[ク𠂊田、丶4灬魚一冂人内丙ト卜⺊ヌ又攴㪅𩹐]
◆魚の骨
◆魚の骨が咽喉に刺さる、また閊(つか)える
◆真っ直(まっす)ぐなさま、真っ直ぐで(意志が固く)みだりに人に従わない
【政】攴4+5=総画数9 U+653F [セイ、ショウ/まつりごと] [一上止正ノ丿一𠂉メヌ又攵政]
◆正す、(特に国家の)秩序を公正に保つための事務
◆規律正しく行うための決まり
【晸】日4+政9=総画数13 U+6678 [テイ、チョウ/] [日一上止正ノ丿一𠂉メヌ又攵政晸]
◆太陽が昇り始めるさま
【𥪛】立5+政9=総画数14 U+25A9B [シュ、ジュ/] [一上止正ノ丿一𠂉メヌ又攵政立𥪛]
◆まっすぐに立つ、しっかりと立てる、同”豎””竪”
【敂】攴4+5=総画数9 U+6542 [コウ、ク/] 【𢼒】[ノ𠃌勹口句ノ丿一𠂉メヌ又攵敂]
◆こつこつ・とんとんと短く軽く繰り返し叩(たた)く、同”叩”
【𠄹】二2+敂9=総画数11 U+20139 [キョク、コク、キ、コ/] 【亟䓧𦱩𦯃】[二ノ𠃌勹口句ノ丿一𠂉メヌ又攵敂𠄹]
◆急いで、すみやかに
◆間をおかずに、屡々(しばしば)、度々(たびたび)
【𣕌】木4+敂9=総画数13 U+2354C [ク、コウ/] 【枸𣕉𣙱】[木ノ𠃌勹口句ノ丿一𠂉メヌ又攵敂𣕌]
◆木や枝が曲がる、まっすぐにならない
◆「𣕌杞(クコ)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる、同「枸檵(くけい)」{クコ}
◆「𣕌橘(くきつ、カラタチ)」、ミカン科ミカン属の木、同「枳(し、カラタチ)」「臭橘(しゅうきつ)」{カラタチ}
◆「𣕌櫞(くえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
◆「𣕌榾、𣕌骨(くこつ)」、ヤバネヒイラギモチ(矢羽根柊黐、矢羽柊黐)、モチノキ科モチノキ属の木{ヤバネヒイラギモチ}
◆「枳𣕌(しく)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木、同「䅩䅓」「枳椇(しぐ)」{シナケンポナシ}
【敃】攴4+5=総画数9 U+6543 [ビン、ミン/] [コレ民ノ丿一𠂉メヌ又攵敃]
◆勇猛なさま、横暴なさま、同”暋”
◆一心に勉(つと)める、ひたすら励(はげ)む、同”暋”
◆入り乱れる、同”紛”
【愍】心4+敃9=総画数13 U+610D [ビン、ミン/] 【𢚓㥸𢞰】[コレ民ノ丿一𠂉メヌ又攵敃心愍]
◆哀れに思い心を痛める
◆心配して心が痛む
【𢰞】手3+敃9=総画数12 U+22C1E [ビン、ミン/] 【㨉抿捪】[コレ民ノ丿一𠂉メヌ又攵敃手𢰞]
◆手で撫(な)でる
◆拭(ぬぐ)う、擦るようにして払う、同”抆”
【暋】日4+敃9=総画数13 U+668B [ビン、ミン/] 【敯𢾞𢽹】[コレ民ノ丿一𠂉メヌ又攵敃日暋]
◆勇猛なさま、横暴なさま、同”敃”
◆一心に勉(つと)める、ひたすら励(はげ)む、同”敃”
◆悶(もだ)える、思いが心に鬱積して苦しむ
【睯】目5+敃9=総画数14 U+776F [コン/] [コレ民ノ丿一𠂉メヌ又攵敃目睯]
◆悶える
【敄】攴4+5=総画数9 U+6544 [ブ、ム、ボウ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄]
◆務(つと)める、成すべきことにひたすら力を注(そそ)ぐ、同”務”
◆強(し)いて、押して、無理にでも、同”務”
【𠊮】人2+敄9=総画数11 U+202AE [ボウ、モ、ム/] 【𠍢】[イ亻マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄𠊮]
◆度量が狭いさま、度量が狭く物惜しみするさま、同「鄙吝」
【𠝸】刀2+敄9=総画数11 U+20778 [ブ、ム/つと・め、つと・める] 【務𥍦务】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄刀𠝸]
◆成すべきこと、ひたすら力を注(そそ)ぐべきこと
◆努(つと)める、成すべきことにひたすら力を尽くす、同”敄”
◆強(し)いて、押して、無理にでも
【務】力2+敄9=総画数11 U+52D9 [ブ、ム/つと・め、つと・める] 【𠝸𥍦务】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄ノヌ又夊夂カ力务務]
◆成すべきこと、ひたすら力を注(そそ)ぐべきこと
◆努(つと)める、成すべきことにひたすら力を尽くす、同”敄”
◆強(し)いて、押して、無理にでも
【堥】土3+敄9=総画数12 U+5825 [ボウ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄土堥]
◆「堥敦」、小さな土山
◆「黃堥」、黄色い土器、薬の調合などに用いる
【婺】女3+敄9=総画数12 U+5A7A [ブ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄女婺]
◆「婺女」、別名「女」「女宿」「須女」、玄武七宿の第三宿
◆古州名
◆従順でない
【嵍】山3+敄9=総画数12 U+5D4D [ボウ、モウ、ブ、ム/] 【𡻒𡺱𥓺】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄山嵍]
◆小高い山、また丘
◆「巏嵍(けんぼう)」、山名、河北省邢台(けいたい)市隆堯(りゅうぎょう)県、但し確認できなかった
【愗】心4+敄9=総画数13 U+6117 [ボウ、ム/] 【𢝽𢝠】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄心愗]
◆「怐愗(こうぼう)」、愚かなさま、無知なさま
【𢝽】心3+敄9=総画数12 U+2277D [ボウ、ム/] 【愗𢝠】[ハI|丨忄イ亻マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄𢝽]
◆「怐𢝽(こうぼう)」、愚かなさま、無知なさま
【暓】日4+敄9=総画数13 U+6693 [ボウ、モ/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄日暓]
◆目が眩(くら)む
【㮘】木4+敄9=総画数13 U+3B98 [ボウ、モウ/] 【枆】[木マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄㮘]
◆果樹名、未詳、冬に実が成るという、「冬桃(とうとう)」、「【玉篇:卷十二:木部第一百五十七:㮘】莫刀切冬桃也枆同上」「【康熙字典:辰集中:木部:枆】桃之冬熟者亦作旄」「【爾雅:釋木】旄冬桃」
【楘】木4+敄9=総画数13 U+6958 [ボク、モク/] 【𣖶𨎸𨍎𥠪】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄木楘]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする帯、同”鞪”
【𤋄】火4+敄9=総画数13 U+242C4 [未詳/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄火𤋄]
◆未詳、「【康熙字典:巳集中:火部:𤋄】《玉篇》武遇切音務義闕〇按𤋄當卽熃字」
【瞀】目5+敄9=総画数14 U+7780 [ボウ、モウ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄目瞀]
◆伏し目がちに見る
◆目が眩(くら)む、目がぼんやりする、ぼんやりしてよく見えない
◆心が乱れる、煩う
◆知識が身に付いていない、智慧がない
【𥓺】石5+敄9=総画数14 U+254FA [ボウ、モウ、ブ、ム/] 【嵍𡻒𡺱】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄石𥓺]
◆小高い山、また丘
◆「巏𥓺(けんぼう)」、山名、河北省邢台(けいたい)市隆堯(りゅうぎょう)県、但し確認できなかった
【𥠪】禾5+敄9=総画数14 U+2582A [ボク、モク/] 【楘𣖶𨎸𨍎】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄ノ木禾𥠪]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする帯、同”鞪”
【䋷】糸6+敄9=総画数15 U+42F7 [ボウ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄糸䋷]
◆生糸で織った厚手で目の粗い織物
【䓮】艸3+敄9=総画数12 U+44EE [ボウ/] [サ十2艹艹マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄䓮]
◆細い葉の草が叢(むら)がり生えるさま
【蝥】虫6+敄9=総画数15 U+8765 [ボウ、モウ/] 【蟊䖥𧎻𧍟𧓿𧔨𧕑𧎄𧐘】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄中虫蝥]
◆ネキリムシ(根切虫)、農作物などの根や茎などを食い荒らす害虫の総称、同”蛑”、茎の髄(ずい)を食い荒らす害虫は「螟」、葉を食い荒らす害虫は「蟘」、節や茎を食い荒らす害虫は「蠈」、「【爾雅注疏:釋蟲】食苗心螟食葉蟘食節賊食根蟊」
◆ハンミョウ(斑蝥)、スパニッシュフライ、ツチハンミョウ科ミドリゲンセイ属の昆虫
◆「蝥𧕾(ぼうせつ)」、小形のセミ(蝉)の一種
◆「蝃蝥(せつぼう)」、クモ(蜘蛛)、クモ目の節足動物
【𧎄】虫6+敄9=総画数15 U+27384 [ボウ、モウ/] 【蟊䖥蝥𧎻𧍟𧓿𧔨𧕑𧐘】[中虫マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄𧎄]
◆ネキリムシ(根切虫)、農作物などの根や茎などを食い荒らす害虫の総称、同”蛑”、茎の髄(ずい)を食い荒らす害虫は「螟」、葉を食い荒らす害虫は「蟘」、節や茎を食い荒らす害虫は「蠈」、「【爾雅注疏:釋蟲】食苗心螟食葉蟘食節賊食根蟊」
◆ハンミョウ(斑𧎄)、スパニッシュフライ、ツチハンミョウ科ミドリゲンセイ属の昆虫
◆「𧎄𧕾(ぼうせつ)」、小形のセミ(蝉)の一種
◆「蝃𧎄(せつぼう)」、クモ(蜘蛛)、クモ目の節足動物
【𨂣】足7+敄9=総画数16 U+280A3 [ブ、ム/] 【𨄝】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄口上止龰足𨂣]
◆「䠆𨂣(ちょうぶ)」、両膝と爪先を地に着け踵(かかと)を浮かせ、膝から上は直立させる姿勢での礼、拝礼の作法り一つ、同「長跪(ちょうき)」、「【方言:第七】䠆𨂣(音務)隑企(欺䜴切〇音未詳前後作反此作切疑有誤)立也東齊海岱北燕之郊跪謂之䠆𨂣(《注》今東郡人亦呼長跽爲䠆𨂣)」
【𨍎】車7+敄9=総画数16 U+2834E [ボク、モク/] 【楘𣖶𨎸𥠪】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄車𨍎]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする帯、同”鞪”
【𨡭】酉7+敄9=総画数16 U+2886D [ボ、モ/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄西酉𨡭]
◆「𨡭䤅(ぼと)」、ニレ(楡、ニレ科ニレ属の木)の熟した実(始めは乳緑色をしているが熟すと乳白色になる)を乾かし砕いて醤(ひしお、濃い液状またペースト状の調味料や食品)にしたもの、収穫が早くても遅くても良いものが作れないという、ちなみにニレ(楡)の緑色の若い実は蒸してじっくりと醸(かも)すと旨(うま)い酒になるという、「【齊民要術:種榆白楊第四十六】崔寔曰二月榆莢成及青收乾以為旨蓄(旨美也・・・司部收青莢小蒸曝之至冬以釀酒滑香宜養老・・・)色變白將落可作𨡭䤅隨節早晏勿失其適」
【鍪】金8+敄9=総画数17 U+936A [ボウ、ム/] 【䥐】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄金鍪]
◆口が窄まった取っ手付きの釜{食器}
◆鉄兜の一種
【霚】雨8+敄9=総画数17 U+971A [ブ、ム/きり] 【霧雾】[雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄霚]
◆地表付近で空気中の水蒸気が凝結し無数の小さな水滴となって浮かんでいるもの、気象学上では視程が1km以下のもの、1km以上10km未満のものは「靄(もや)」、同”雺”{霧}
◆霞(かす)んでいるさま、見通しが悪いさま
◆薄暗いさま、薄暗くぼんやりしているさま、同”霿””雺”
【鞪】革9+敄9=総画数18 U+97AA [ボク、モク/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄十2廿口3革鞪]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする革帯、同”楘”
【騖】馬10+敄9=総画数19 U+9A16 [ブ、ム/] 【骛】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄馬騖]
◆縦横に疾駆する、まっすぐに疾駆するのは「騁」
◆力の限りに務める
【骛】馬3+敄9=総画数12 U+9A9B [ブ、ム/] 【騖】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄フ𠃌L2𢎘一马騖骛]
◆縦横に疾駆する、まっすぐに疾駆するのは「騁」
◆力の限りに務める
【𩭾】髟10+敄9=総画数19 U+29B7E [ボウ、モウ/] 【髦髳𩫷𨱞𨱨𨱢】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄𩭾]
◆眉の辺りまで垂らした髪、またそのような子供の髪型
◆馬などの鬣(たてがみ)
◆毛の中で一本だけ長く伸びた毛
【鶩】鳥11+敄9=総画数20 U+9DA9 [ブ、ム、ボク、モク/あひる] 【䳱鹜𨾣】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄鳥鶩]
◆アヒル(家鴨、鶩)、マガモ(真鴨)を家禽化した種を指す、カモ科マガモ属の鳥、「舒鳧(しょふ)」
【鹜】鳥5+敄9=総画数14 U+9E5C [ブ、ム、ボク、モク/あひる] 【鶩䳱𨾣】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄ノフ𠃌、丶一鸟鶩鹜]
◆アヒル(家鴨、鶩)、マガモ(真鴨)を家禽化した種を指す、カモ科マガモ属の鳥、「舒鳧(しょふ)」
【𪍓】麥11+敄9=総画数20 U+2A353 [ボウ、ム/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ丿一𠂉メヌ又攵敄十木人𠆢2來タ夕ヌ又3麥𪍓]
◆大麦、春に種蒔きする麦
【故】攴4+5=総画数9 U+6545 [コ、ク/ゆえ] [十口古ノ丿一𠂉メヌ又攵十口ノ丿一𠂉メヌ又攵故]
◆古い、以前の、以前からの、旧知の
◆以前にあった事柄
◆死ぬ、「以前には生存していたが今はいない」の意
◆理由、原因、事情
◆~の理由で、~が原因で、~という事情があって
【做】人2+故9=総画数11 U+505A [サ、サク/な・す] [イ亻十口ノ丿一𠂉メヌ又攵故做]
◆働(はたらく)く、力や手を加える、為(な)す、同”作”
◆作る、力や手を加えたり頭を使ったりしてものを作る、同”作”
◆[日]見做す(みな・す)、他のものと同じであると判断する
【𥄎】目部
【敇】攴4+6=総画数10 U+6547 [サク、シャク/] [木冂巾朿ノ丿一𠂉メヌ又攵敇]
◆鞭、馬を鞭打つ
【𥰡】竹6+敇10=総画数16 U+25C21 [サク、シャク/] [竹木冂巾朿ノ丿一𠂉メヌ又攵敇𥰡]
◆触れ合う、ぶつかり合う、「【北墅抱瓮錄:朝鮮牡丹】朝鮮牡丹卽本草當歸又名文無弱枝嫩葉不勝風日中心抽細莖花生莖末一條十餘朶麗𥰡下垂狀似小囊俗呼荷包牡丹亦草花中之艶品也」
【蓛】艸3+敇10=総画数13 U+84DB [ショク/] 【䔩】[サ十2艹艹木冂巾朿ノ丿一𠂉メヌ又攵敇蓛]
◆弱った馬に与える穀物を混ぜた飼葉(かいば)
【效】攴4+6=総画数10 U+6548 [コウ、ギョウ/き・く] 【効】[亠ハメ乂父交ノ丿一𠂉メヌ又攵效]
◆き・く、優れた働き、またそれによって良い結果が現れる
◆似る、真似る、見習う、同”傚”
◆(力を)尽くす
【傚】人2+效10=総画数12 U+509A [コウ、ギョウ/] 【俲】[イ亻亠ハメ乂父交ノ丿一𠂉メヌ又攵效傚]
◆倣う、真似る
【𠙟】几2+效10=総画数12 U+2065F [セイ、ショウ/すぐ・れる、まさ・る、か・つ] 【勝𠢧𠅫𢾶𡕲】[亠ハメ乂父交ノ丿一𠂉メヌ又攵效几/几𠘨𠙟]
◆責任や任務によく耐える、また耐えることができる
◆克(か)つ、克服する、(困難に耐え)乗り越え成し遂げる
◆~を上回る、~より優(すぐ)れる、優れている
◆相手を上回る、相手を倒す、逆は「負」
【滧】水3+效10=総画数13 U+6EE7 [コウ、ギョウ/] [シ氵亠ハメ乂父交ノ丿一𠂉メヌ又攵效滧]
◆枝分かれして細くなった支流
【敉】攴4+6=総画数10 U+6549 [ビ、ミ/] 【侎】[米ノ丿一𠂉メヌ又攵敉]
◆鎮(しず)め宥(なだ)める、優しく労(いた)わり落ち着かせる、同”𢘺”
【𢄞】巾3+敉10=総画数13 U+2211E [ヘイ、ベ/] [米ノ丿一𠂉メヌ又攵敉巾𢄞]
◆神に供える絹布、同”幣”
【𦷥】艸3+敉10=総画数13 U+26DE5 [ヘイ、ヘ/おお・う] 【蔽𦽗𦿔𦿝𢅷】[サ十2艹艹米ノ丿一𠂉メヌ又攵敉𦷥]
◆上から被(かぶ)せて全体を覆(おお)う、周りから見えないように覆(おお)って隠す
◆遮(さえぎ)る、阻(はば)む
◆全体を一つにまとめる
【𧷍】貝7+敉10=総画数17 U+27DCD [ヘイ/] [米ノ丿一𠂉メヌ又攵敉目ハ貝𧷍]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷三:貝部第四:𧷍𧸁】二俗毗祭反正作弊困惡也」
【𩄧】雨8+敉10=総画数18 U+29127 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩅤𩃝𩃂䨘】[雨米ノ丿一𠂉メヌ又攵敉𩄧]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう{霰}
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【敏】攴4+6=総画数10 U+654F [ビン、ミン/さと・い] 【敏勄】[ノ丿一𠂉母毋毎ノ丿一𠂉メヌ又攵敏]
◆さと・い、聡明な、賢い
◆動作や反応が素早い
【繁】糸6+敏10=総画数16 U+7E41 [ハン、ボン/しげ・る] 【繁】[ノ丿一𠂉母毋毎ノ丿一𠂉メヌ又攵敏糸繁]
◆夥(おびただ)しい数の美しい飾り紐が垂れているさま、またそれが揺れながら絡み合うさま
◆数が多いさま、賑やかなさま、華やかなさま、盛んなさま、勢いや活力があるさま
【𢼜】攴4+6=総画数10 U+22F1C [シャ/ゆる・す] 【赦𥘦𢼗𢽀𤆅】[亠ノ丿I|丨ハ亦ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼜]
◆そのままにしておく、捨て置く、同”舎”
◆寛大に処遇する、同”宥”
◆過ちを見逃(みのが)す、罪を犯したことは認められるが(情状を酌んで)罪を問わない、また減免する
【𧏅】虫6+𢼜10=総画数16 U+273C5 [セキ、シャク/] 【螫𧐭】[亠ノ丿I|丨ハ亦ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼜中虫𧏅]
◆毒虫に刺される、毒蛇などに噛まれる、毒虫などに刺されたり噛まれたりして赤く腫れる
◆虫や小動物の毒
【𣁋】攴4+6=総画数10 U+2304B [ビ、ミ/] [山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ丿一𠂉メヌ又攵𣁋]
◆微か、同”微”
【媺】女3+𣁋10=総画数13 U+5ABA [ビ、ミ/] 【嬍𡠾】[女山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ丿一𠂉メヌ又攵𣁋媺]
◆美しい、善(よ)い、優れている、同”美”
【微】彳3+𣁋10=総画数13 U+5FAE [ビ、ミ/かす・か] 【㣲】[ノ丿2イ彳山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ丿一𠂉メヌ又攵𣁋微]
◆非常に小さい、はっきり見えないほど小さい、また少ない
◆小さくて目立たない
◆身分が低い、「身分が低く目立たない」の意
◆目立たないようにこっそりと、密かに
◆僅(わず)かに
◆10の-6乗{数字}
【溦】水3+𣁋10=総画数13 U+6EA6 [ビ/] [シ氵山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ丿一𠂉メヌ又攵𣁋溦]
◆霧のように細かい雨、同”㵟””霺”
【𦵨】艸3+𣁋10=総画数13 U+26D68 [ビ、ミ/ぜんまい] 【薇】[サ十2艹艹山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ丿一𠂉メヌ又攵𣁋𦵨]
◆ゼンマイ(薇)、ゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物{ゼンマイ}
◆イブキノエンドウ(伊吹野豌豆)、マメ科ソラマメ属の草、別名「カラスノエンドウ(烏野豌豆)」{イブキノエンドウ}
◆「薔𦵨(バラ、しょうび)」、バラ科の植物の総称、別名「「蘠靡、蘠蘼(しょうび)」{バラ}
◆「紫𦵨(しび)」、サルスベリ(猿滑り, 百日紅, 紫薇花)、ミソハギ科サルスベリ属の木、また同属の木の総称{サルスベリ}
【㪍】攴4+7=総画数11 U+3A8D [ボツ/] [十ワ冖子孛ノ丿一𠂉メヌ又攵㪍]
◆勢いよく大きくなるさま、短時間で物事が盛り上がるさま、同”勃”
【𢠜】心4+㪍11=総画数15 U+2281C [ハイ、バイ、ホツ、ボツ/もと・る] 【悖愂𢟥𢚦】[十ワ冖子孛ノ丿一𠂉メヌ又攵㪍心𢠜]
◆道理に背く、逆らう
◆混乱する、惑う
◆勢いがよいさま、同”勃”
【㴾】水3+㪍11=総画数14 U+3D3E [ホツ、ボチ、ボツ/] 【渤】[シ氵十ワ冖子孛ノ丿一𠂉メヌ又攵㪍㴾]
◆水が盛り上がるように湧き出るさま、同”浡”
◆「㴾海(ぼっかい)」、海名、遼東半島と山東半島に囲まれた海
◆「㴾海(ぼっかい)」、古国名、中国東北部から朝鮮半島北部にかけて存在した国
【𤍗】火4+㪍11=総画数15 U+24357 [ホツ、ボチ/] 【㶿𤊹𤏮𤊀】[火十ワ冖子孛ノ丿一𠂉メヌ又攵㪍𤍗]
◆煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𦸦】艸3+㪍11=総画数14 U+26E26 [ホツ、ボチ/] 【葧】[サ十2艹艹十ワ冖子孛ノ丿一𠂉メヌ又攵㪍𦸦]
◆蕊(しべ)、雄しべと雌しべの総称
【啟】攴4+7=総画数11 U+555F [ケイ、ケ/ひら・く] 【啓啔𠶳唘𠷠】[、丶一コノ丿尸户戶戸ロ启ノ丿一𠂉メヌ又攵啟]
◆閉じていた戸や門を押し開く、押し広げる、覆っていたものを取り払って明け放つ、同”启”
◆開(ひら)ける、明(あ)ける、明るくなる、同”启”
◆覆われていて見えなかったところを開(ひら)いて見せる、知らなかったところを教え示す
◆跪(ひざまず)いて申し上げる、謹んで申し上げる
【闙】門8+啟11=総画数19 U+95D9 [ケイ、ケ/] [門、丶一コノ丿尸户戶戸ロ启ノ丿一𠂉メヌ又攵啟闙]
◆閉じていた門を押し開く
【敍】攴4+7=総画数11 U+654D [ショ、ジョ/] 【叙敘】[人𠆢一亼二小余ト卜⺊ヌ又攴敍]
◆順序、順序に従う
◆考えや思いを順々と述べる
◆順位に従って位(くらい)を授ける
◆書物の端書き、同”序”
【潊】水3+敍11=総画数14 U+6F4A [ショ、ジョ/] 【漵溆】[シ氵人𠆢一亼二小余ト卜⺊ヌ又攴敍潊]
◆水辺
◆川名、湖南省を流れる川
◆「潊浦(じょほ)」、地名、湖南省
【敎】攴4+7=総画数11 U+654E [コウ、キョウ/おし・える、おそ・わる] 【教𢻍𧧿𢼅𠭂𡥉】[メナ子ノ丿一𠂉メヌ又攵教敎]
◆上位者が下位者に知識・道徳・技術などを伝え導く、道を指し示し導く
◆神仏の説く道
◆~に~させる
【漖】水3+敎11=総画数14 U+6F16 [コウ、キョウ/] [シ氵メナ子ノ丿一𠂉メヌ又攵教敎漖]
◆川名
【救】攴4+7=総画数11 U+6551 [キュウ、ク/すく・う] [十ンく水氺、丶求ノ丿一𠂉メヌ又攵救]
◆籠や畚(もっこ)などに土を掬(すく)って入れる
【慦】心4+救11=総画数15 U+6166 [キュウ、ク/] [十ンく水氺、丶求ノ丿一𠂉メヌ又攵救心慦]
◆悦ぶ
◆謹む
【敔】攴4+7=総画数11 U+6554 [ギョ、ゴ/] 【𢻊𢾵】[五口吾ノ丿一𠂉メヌ又攵敔]
◆虎が伏せた形に作った打楽器の名、背中に鋸(のこぎり)の刃状(或いは櫛の歯状)の突起があり、演奏の最後に、これを「籈(けん)」と呼ばれる棒で叩き擦(こす)ることで音を出す、演奏の始まりに鳴らすのは「柷」、「【爾雅注疏:釋樂】所以鼓柷謂之止(《注》柷如漆桶方二尺四寸深一尺八寸中有椎柄連底挏之令左右撃止者其椎名)所以鼓敔謂之籈(《注》敔如伏虎背上有二十七鉏鋙刻以木長尺櫟之籈者其名)」{打楽器}
【䢩】辵3+敔11=総画数14 U+48A9 [ギョ、ゴ/] [五口吾ノ丿一𠂉メヌ又攵敔え辶辶䢩]
◆未詳、「【中華字海:辶部:䢩】同”篽”、禁篽(古代供帝王专用的猎场)」「【漢語大字典:辵部:䢩】同”御(禦)”。禁止;抵挡。」
【敕】攴4+7=総画数11 U+6555 [チョク、チキ/みことのり] 【勅】[木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕]
◆天子の(通常は必要に応じて出される)誡告や指示の言葉
◆戒める
【𡏴】土3+敕11=総画数14 U+213F4 [ギン、ゴン/] 【垠𡋳㙬𡊷】[木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕土𡏴]
◆土地の境界
◆岸(きし)、水面よりも高い陸地
【嫩】女3+敕11=総画数14 U+5AE9 [ゼン、ネン/] 【媆嫰】[女木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕嫩]
◆(生まれたばかりで)柔らかく弱々しい
◆小さくて可愛らしい
【慗】心4+敕11=総画数15 U+6157 [チョク/] [木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕心慗]
◆従う
【𢳯】手3+敕11=総画数14 U+22CEF [ソウ、ショウ/] 【摗】[才扌木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕𢳯]
◆両腕で掻き集めて抱え込む
◆馬銜(はみ)を揺らしながら疾駆するさま、同”駷”
【𣙙】木4+敕11=総画数15 U+23659 [ソク/] 【樕㯈】[木2木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕𣙙]
◆「樸𣙙(ぼくそく)」、カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【潄】水3+敕11=総画数14 U+6F44 [ソウ、ス/すす・ぐ] 【漱】[シ氵木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕潄]
◆嗽(うがい)をする、口に含んだ水を揺り動かしながらごぼごぼと口の中を洗う、同”嗽”
◆洗う、濯(すす)いで汚れを洗い落とす、同”澣”
【瘷】疒5+敕11=総画数16 U+7637 [サク/] [ン冫广疒木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕瘷]
◆「瘮瘷」、寒気がするさま
【𦌉】网5+敕11=総画数16 U+26309 [ソ、ス/] 【𦌊】[四罒木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕𦌉]
◆「䍡𦌉(ろくす)」、同「簏簌(ろくそう)」、垂れ下がるさま、「簪(かんざし)の飾りが揺れる動くさま」「紐の先に付けた玉(ぎょく)などが揺れてぶつかり合って澄んだ音がするさま」などを指す
【䔩】艸3+敕11=総画数14 U+4529 [ショク/] 【蓛】[サ十2艹艹木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕䔩]
◆弱った馬に与える穀物を混ぜた飼葉(かいば)
【𧫣】言7+敕11=総画数18 U+27AE3 [ソク/] [木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕言𧫣]
◆速い、古”速”
◆急がせる、同”誎”
【遫】辵3+敕11=総画数14 U+906B [チョク/] [木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕え辶辶遫]
◆従う
【𨫾】金8+敕11=総画数19 U+28AFE [ソウ、ス、シュ/] 【鏉𨱒】[金木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕𨫾]
◆鋭いさま、鋭くよく切れるさま
◆金属に模様を彫(ほ)る、同”𢑶””鎪”
◆鉄の表面にできた錆(さび)
【𩐎】韭9+敕11=総画数20 U+2940E [セイ、サイ/] 【齏齑韲𩐐䪠䪡𩐋𩐒𩐇𩐈𩐆𠬘䪢䪣𩐊𦦏】[木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕一6三2非7韭𩐎]
◆食材を細く切って酢に漬けたもの
◆調理した食べ物に韮(にら)や生姜(しょうが)などの香味野菜を細かく切ったものを和(あ)えたもの、和え物
【𩺾】魚11+敕11=総画数22 U+29EBE [リン/] 【𩻜𩻿】[木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕ク𠂊田、丶4灬魚𩺾]
◆魚名、未詳、「【說文解字:魚部:𩻜】魚也」「【廣韻:上平聲:眞第十七:㷠:𩻜】魚名」
【鷘】鳥11+敕11=総画数22 U+9DD8 [チョク、チキ/] 【鶒䳵𪅍𪄠𪆵𪀸𪀦𪉅𪄪】[木口束ノ丿一𠂉メヌ又攵敕鳥鷘]
◆「鸂鷘(けいちょく)」、オシドリ(鴛鴦)よりもやや大型で雌雄の仲睦まじいという紫がかった色の水鳥
【敖】攴4+7=総画数11 U+6556 [ゴウ/] 【𢾕𢾍】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖]
◆当てもなく気儘(きまま)に歩き回る
◆喧(かまびす)しい
◆思い上がって相手を侮(あなど)り軽んずる、同”傲”
【傲】人2+敖11=総画数13 U+50B2 [ゴウ/おご・る] [イ亻士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖傲]
◆(他を顧みることなく)思うがままに行動する、思い上がる、思い上がって相手を侮(あなど)り軽んずる、同”敖”
【𠞪】刀2+敖11=総画数13 U+207AA [コウ、ゴウ/] 【𠢕】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖刀𠞪]
◆強く勇ましい、並外れて力がある、またそのような人、同”豪”
【𠢕】力2+敖11=総画数13 U+20895 [コウ、ゴウ/] 【𠞪】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖カ力𠢕]
◆強く勇ましい、並外れて力がある、またそのような人、同”豪”
【厫】厂2+敖11=総画数13 U+53AB [ゴウ/] 【廒𠪭】[厂士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖厫]
◆(糧食などを貯蔵する)倉庫
【嗸】口3+敖10=総画数13 U+55F8 [ゴウ/] 【嗷】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖口嗸]
◆わいわいがやがやと大声で喚(わめ)く
【嗷】口3+敖11=総画数14 U+55F7 [ゴウ/] 【嗸】[口士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖嗷]
◆わいわいがやがやと大声で喚(わめ)く
【㜜】女3+敖10=総画数13 U+371C [ゴウ/] 【嫯】[女士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖㜜]
◆相手を軽んじる、思い上がる、驕(おご)る
【嫯】女3+敖10=総画数13 U+5AEF [ゴウ/] 【㜜】[女土カ力ノ丿一𠂉メヌ又攵敖嫯]
◆相手を軽んじる、思い上がる、驕(おご)る
【㟼】山3+敖10=総画数13 U+37FC [ゴウ/] 【嶅㠂𥂢】[山士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖㟼]
◆山に小石が多いさま
◆山が高いさま
【㠂】山3+敖10=総画数13 U+3802 [ゴウ/] 【嶅㟼𥂢】[山士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖㠂]
◆山に小石が多いさま
◆山が高いさま
【嶅】山3+敖10=総画数13 U+5D85 [ゴウ/] 【㠂㟼𥂢】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖山嶅]
◆山に小石が多いさま
◆山が高いさま
【廒】广3+敖11=総画数14 U+5ED2 [ゴウ/] 【厫𠪭】[广士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖廒]
◆(糧食などを貯蔵する)倉庫
【𢕟】彳3+敖11=総画数14 U+2255F [ゴウ/] [ノ丿2イ彳士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖𢕟]
◆「𢕟𢓨(ごうえつ)」、獣名、姿は牛のようで体は白く蓑を被っているかのように毛で覆われているという、同「獓𤝱」
【㥿】心4+敖10=総画数14 U+397F [ゴウ/] 【慠𢢡】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖心㥿]
◆思い上がる、威張る、驕る、同”傲”
【慠】心3+敖11=総画数14 U+6160 [ゴウ/] 【㥿𢢡】[ハI|丨忄士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖慠]
◆思い上がる、威張る、驕る、同”傲”
【摮】手4+敖11=総画数15 U+646E [ゴウ、ギョウ/] [士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖手摮]
◆殴る、叩(たた)く
【滶】水3+敖11=総画数14 U+6EF6 [ゴウ/] 【𣿗】[シ氵士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖滶]
◆「滶水(ごうすい)」、河南省平頂山市魯山県を源とする川名
【熬】火4+敖11=総画数15 U+71AC [ゴウ/い・る] 【𤎅𤏺】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖、丶4灬熬]
◆強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
◆じっくりと煮込む
◆焦(こが)れるような苦しみに耐える
【𤎅】火4+敖11=総画数15 U+24385 [ゴウ/い・る] 【熬𤏺】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖火𤎅]
◆強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
◆じっくりと煮込む
◆焦(こが)れるような苦しみに耐える
【獒】犬4+敖11=総画数15 U+7352 [ゴウ/] 【𤢝】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖大犬獒]
◆番犬として飼われる大形の猛犬
【獓】犬3+敖11=総画数14 U+7353 [ゴウ/] [ノ2犭士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖獓]
◆「獓𤝱(ごうえつ)」、獣名、姿は牛のようで体は白く蓑を被っているかのように毛で覆われているという、同「𢕟𢓨」
【璈】玉4+敖11=総画数15 U+7488 [ゴウ/] [王士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖璈]
◆楽器の名
【𥂢】皿5+敖11=総画数16 U+250A2 [ゴウ/] 【嶅㠂㟼】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖皿𥂢]
◆山に小石が多いさま
◆山が高いさま
【磝】石5+敖11=総画数16 U+78DD [ゴウ、ギョウ、キョウ/] [石士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖磝]
◆山に小石が多いさま、石が多くごつごつしているさま
【聱】耳6+敖11=総画数17 U+8071 [ゴウ/] [士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖耳聱]
◆人の言うことを聞き入れない
【蔜】艸3+敖11=総画数14 U+851C [ゴウ/] [サ十2艹艹士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖蔜]
◆ハコベ(繁縷)、ナデシコ科ハコベ属の草の総称
【螯】虫6+敖11=総画数17 U+87AF [ゴウ/] 【𧏌𧒥𧑃】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖中虫螯]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ
◆「蛼螯(しゃごう)」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝の総称、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉(ぎょく)に次ぐものといわれる、別名「硨磲、車渠(しゃきょ、しゃこ)」
【𧑃】虫6+敖11=総画数17 U+27443 [ゴウ/] 【螯𧏌𧒥】[中虫士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖𧑃]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ
◆「蛼𧑃(しゃごう)」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝の総称、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉(ぎょく)に次ぐものといわれる、別名「硨磲、車渠(しゃきょ、しゃこ)」
【謷】言7+敖11=総画数18 U+8B37 [ゴウ、ギョウ/] 【謸】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖言謷]
◆強情で人の言うことを聞き入れない
◆中傷する
◆泣き声
【謸】言7+敖11=総画数18 U+8B38 [ゴウ、ギョウ/] 【謷】[言士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖謸]
◆強情で人の言うことを聞き入れない
◆中傷する
◆泣き声
【赘】貝4+敖10=総画数14 U+8D58 [セイ、セ、ゼイ/] 【贅𧸟𧸆𧸞𧷌】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖冂人贝赘]
◆余分なもの、不必要なもの、「贅肉(ぜいにく)」
◆(余計なものを)継ぎ足す、付け足す、「贅述(ぜいしゅつ、余計なことをくどくどと話す)」
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起、「余計なもの」であることから、「贅疣(ぜいゆう)」
◆借金のかた(抵当・担保)に物や人を預ける、「証文以外に余分な保証を付け足す」ことから
◆娘の嫁入りの際に息子も一緒に養子として出す、「贅壻、贅婿(ぜいせい、入り婿)」
【贅】貝7+敖11=総画数18 U+8D05 [セイ、セ、ゼイ/] 【赘𧸟𧸆𧸞𧷌】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖目ハ貝土亠亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖目ハ貝贅]
◆余分なもの、不必要なもの、「贅肉(ぜいにく)」
◆(余計なものを)継ぎ足す、付け足す、「贅述(ぜいしゅつ、余計なことをくどくどと話す)」
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起、「余計なもの」であることから、「贅疣(ぜいゆう)」
◆借金のかた(抵当・担保)に物や人を預ける、「証文以外に余分な保証を付け足す」ことから
◆娘の嫁入りの際に息子も一緒に養子として出す、「贅壻、贅婿(ぜいせい、入り婿)」
【𨄨】足7+敖11=総画数18 U+28128 [ゴウ/] 【𨅚】[口上止龰足士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖𨄨]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ、同”螯”、またそのハサミのある二本の脚、「鉗脚(かんきゃく)」という
【𨅚】足7+敖11=総画数18 U+2815A [ゴウ/] 【𨄨】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖口上止龰足𨅚]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ、同”螯”、またそのハサミのある二本の脚、「鉗脚(かんきゃく)」という
【遨】辵4+敖11=総画数15 U+9068 [ゴウ/] 【𨗯】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖え辶辶遨]
◆ぶらぶらと気儘(きまま)に歩き回る
【鏊】金8+敖11=総画数19 U+93CA [ゴウ/] [士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖金鏊]
◆餅を焼く底が平らな鍋
【隞】阜3+敖11=総画数14 U+969E [ゴウ/] [ろ3I|丨阜阝士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖隞]
◆古地名、商朝の首都、「敖」とも「囂」とも、現河南省とも現山東省ともいわれる
【䫨】頁9+敖11=総画数20 U+4AE8 [ゴウ/] 【𩕀𩓁𩕣】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖百目自𦣻貝頁䫨]
◆頭が高いさま、「【廣韻:下平聲:豪第六:敖:䫨】髙頭也」
【𩕀】頁9+敖11=総画数20 U+29540 [ゴウ/] 【䫨𩓁𩕣】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖百目自𦣻貝頁𩕀]
◆頭が高いさま、「【廣韻:下平聲:豪第六:敖:䫨】髙頭也」
【骜】馬3+敖10=総画数13 U+9A9C [ゴウ/] 【驁䮯】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖フ𠃌L2𢎘一马骜]
◆駿馬(しゅんめ)、大きく堂々とした馬
◆なかなか言うことを聞かない馬
◆尊大なさま、高慢なさま
【䮯】馬10+敖11=総画数21 U+4BAF [ゴウ/] 【驁骜】[馬士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖䮯]
◆駿馬(しゅんめ)、大きく堂々とした馬
◆なかなか言うことを聞かない馬
◆尊大なさま、高慢なさま
【驁】馬10+敖11=総画数21 U+9A41 [ゴウ/] 【骜䮯】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖馬驁]
◆駿馬(しゅんめ)、大きく堂々とした馬
◆なかなか言うことを聞かない馬
◆尊大なさま、高慢なさま
【𩪋】骨10+敖11=総画数21 U+29A8B [ゴウ/] 【𩪨𩪕】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖冂2「冎ワ冖月骨𩪋]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ、同”螯”
【𩪕】骨10+敖11=総画数21 U+29A95 [ゴウ/] 【𩪋𩪨】[冂2「冎ワ冖月骨士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖𩪕]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ、同”螯”
【𩱏】鬲10+敖11=総画数21 U+29C4F [ゴウ/] 【䵅𪍾】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖一口冂ソハ八儿一I|丨T丅鬲𩱏]
◆熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”熬”
【鰲】魚11+敖11=総画数22 U+9C32 [ゴウ/] 【鼇𪓾𪓴𪓶𩼡鳌】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖ク𠂊田、丶4灬魚鰲]
◆東海中にあって仙人が住む蓬莱(ほうらい)の山を背負うという大海亀
【鳌】魚8+敖11=総画数19 U+9CCC [ゴウ/] 【鼇𪓾𪓴𪓶鰲𩼡】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖ノフク𠂊田一鱼鳌]
◆東海中にあって仙人が住む蓬莱(ほうらい)の山を背負うという大海亀
【鷔】鳥11+敖11=総画数22 U+9DD4 [ゴウ/] [士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖鳥鷔]
◆嘴が赤く白い不吉といわれる鳥
【䵅】麥11+敖11=総画数22 U+4D45 [ゴウ/] 【𪍾𩱏】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖十木人𠆢2來タ夕ヌ又3麥䵅]
◆熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”熬”
【𪍮】麥11+敖11=総画数22 U+2A36E [ゴウ/] 【𪌑𪌠】[十木人2从來タ夕ヌ又3麥士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖𪍮]
◆熱を加えて水分を飛ばす、汁気がなくなるまで熱する、同”煎””熬”
【鼇】黽13+敖11=総画数24 U+9F07 [ゴウ/] 【𪓾𪓴𪓶鰲𩼡鳌】[士土亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敖匚コL乚Eヨ黽鼇]
◆東海中にあって仙人が住む蓬莱(ほうらい)の山を背負うという大海亀
【敗】攴4+7=総画数11 U+6557 [ハイ、ヘ、ベ/やぶ・れる] 【败贁𣀕𤖐】[目ハ貝ノ丿一𠂉メヌ又攵敗]
◆(争いなどに)破れる、負ける
◆うまくいかない、駄目になる
◆損なわれる、壊れる、萎える、衰える
◆肉が腐る、「腐敗(ふはい)」、魚は「餒」
【𠼚】口3+敗11=総画数14 U+20F1A [ハイ、バイ/うた] 【唄呗㗑𠼕𡁭】[口目ハ貝ノ丿一𠂉メヌ又攵敗𠼚]
◆仏の功徳(くどく)を褒(ほ)め称(たた)える言葉、声明(しょうみょう)、またそれを抑揚をつけて唱(とな)える
◆[日]歌、民謡や俗謡
【𥨇】穴5+敗11=総画数16 U+25A07 [キュウ、ク/きわ・める] 【究䆒𡫄𥧖𥨶𥨓𥦵𥦄】[ウ宀ハ八穴目ハ貝ノ丿一𠂉メヌ又攵敗𥨇]
◆極める、奥深い穴の突き当たりまで行く、極まる、突き当たりまで行き着く
◆窮(きわ)める、(奥深い穴の)隅々まで調べ尽くす
◆とどのつまり、結局
【闝】門8+敗11=総画数19 U+95DD [ヒョウ/] [門目ハ貝ノ丿一𠂉メヌ又攵敗闝]
◆娼婦に溺れる
【敘】攴4+7=総画数11 U+6558 [ショ、ジョ/] 【叙敍】[人𠆢一亼二小余ノ丿一𠂉メヌ又攵敘]
◆順序、順序に従う
◆考えや思いを順々と述べる
◆順位に従って位(くらい)を授ける
◆書物の端書き、同”序”
【漵】水3+敘11=総画数14 U+6F35 [ショ、ジョ/] 【溆潊】[シ氵人𠆢一亼二小余ノ丿一𠂉メヌ又攵敘漵]
◆水辺
◆川名、湖南省を流れる川
◆「漵浦(じょほ)」、地名、湖南省
【教】攴4+7=総画数11 U+6559 [コウ、キョウ/おし・える、おそ・わる] 【敎𢻍𧧿𢼅𠭂𡥉】[土ノ耂子孝ノ丿一𠂉メヌ又攵教]
◆上位者が下位者に知識・道徳・技術などを伝え導く、道を指し示し導く
◆神仏の説く道
◆~に~させる
【嘋】口3+教11=総画数14 U+560B [コウ、キョウ/] [口土ノ耂子孝ノ丿一𠂉メヌ又攵教嘋]
◆獣がいきり立って吼える、吼え合い争う
【䃝】石5+教11=総画数16 U+40DD [コウ、キョウ/] [石土ノ耂子孝ノ丿一𠂉メヌ又攵教䃝]
◆石が多く凸凹しているいるさま、同”礉”
【𥲯】竹6+教11=総画数17 U+25CAF [コウ、キョウ/] 【珓】[竹土ノ耂子孝ノ丿一𠂉メヌ又攵教𥲯]
◆「杯𥲯(はいこう)」、同「𥲯杯(こうはい)」、吉凶を占う三日月形や貝殻形の竹製或いは木製の器具、二つ一組で手に持ち投げ落とした時の表裏や位置関係で吉凶を占う、同”筊”
【敛】攴4+7=総画数11 U+655B [レン/] 【斂】[人𠆢一亼二ツ佥ノ丿一𠂉メヌ又攵敛]
◆集める、散らばっているものを一か所に集める
◆一か所に集めて束ねる、一つに纏(まと)める
◆収める、中に入れる
【潋】水3+敛11=総画数14 U+6F4B [レン/] 【瀲】[シ氵人𠆢一亼二ツ佥ノ丿一𠂉メヌ又攵敛瀲潋]
◆波打際(なみうちぎわ)
◆「潋滟(れんえん)」、波にゆったりと浮かんで漂うさま、水が満ち溢れるさま
【蔹】艸3+敛11=総画数14 U+8539 [レン/] 【蘞蘝】[サ十2艹艹人𠆢一亼二ツ佥ノ丿一𠂉メヌ又攵敛蘞蔹]
◆「白蔹(ビャクレン)」、カガミグサ(鏡草)、ブドウ科ノブドウ属の蔓性の草、根は生薬、同「白薟」{カガミグサ}
【敏】攴4+7=総画数11 U+FA41 [ビン、ミン/さと・い] 【敏勄】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏]
◆さと・い、聡明な、賢い
◆動作や反応が素早い
【慜】心4+敏11=総画数15 U+615C [ビン、ミン/] [ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏心慜]
◆頭の働きが早く聡明なさま
【繁】糸6+敏11=総画数17 U+FA59 [ハン、ボン/しげ・る] 【繁】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏糸繁繁]
◆夥(おびただ)しい数の美しい飾り紐が垂れているさま、またそれが揺れながら絡み合うさま
◆数が多いさま、賑やかなさま、華やかなさま、盛んなさま、勢いや活力があるさま
【鰵】魚11+敏11=総画数22 U+9C35 [ビン、ミン/] 【鳘】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏ク𠂊田、丶4灬魚鰵]
◆ホンニベ(ニベ科ホンニベ属の海水魚)
【鳘】魚8+敏11=総画数19 U+9CD8 [ビン、ミン/] 【鰵】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏ノフク𠂊田一鱼鰵鳘]
◆ホンニベ(ニベ科ホンニベ属の海水魚)
【㪔】攴4+8=総画数12 U+3A94 [サン/] 【𢽳𢻾】[木2林ト卜⺊ヌ又攴㪔]
◆分け離す、固まっていたり纏(まと)まっていたりしたものをばらばらにする、同”散”
◆(麻の皮を)剥(は)ぐ、剥いでばらばらにする
【𢴻】手3+㪔12=総画数15 U+22D3B [サツ、サチ、サン/ま・く] 【撒】[才扌木2林ト卜⺊ヌ又攴㪔𢴻]
◆ばらばらと放り散らす、散らすように投げる、播(ま)くように散らす、同”散”
【敝】攴4+8=総画数12 U+655D [ヘイ、ベ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝]
◆破れたり擦(す)り切れたりする、ぼろぼろになる、同”弊”㡀”
◆疲れて体力や気力がなくなる、疲れてぐったりする、同”弊”
◆(自分に関する語に冠して)拙(つたな)い、粗末な、同”弊”
【𠍯】人2+敝12=総画数14 U+2036F [ヘツ、ベチ/] [イ亻ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𠍯]
◆「𠍯𠋱(へつしつ)」、衣裳がひらひらと舞うさま、同「徶㣯(へつせつ)」「媥姺(へんせん)」
【𠢪】力2+敝12=総画数14 U+208AA [ヘツ、ベチ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝カ力𠢪]
◆未詳
【𡚁】大3+敝12=総画数15 U+21681 [ヘイ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝大𡚁]
◆疲れて体力や気力がなくなる、疲れてぐったりする、ぐったりして倒れる、同”弊”
【嫳】女3+敝12=総画数15 U+5AF3 [ヘツ、ベツ/] 【𡡹】[女ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝嫳]
◆せっかちで怒りっぽい
◆軽薄な
【𡡹】女3+敝12=総画数15 U+21879 [ヘツ、ベツ/] 【嫳】[女ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𡡹]
◆せっかちで怒りっぽい
◆軽薄な
【幣】巾3+敝12=総画数15 U+5E63 [ヘイ、ベ/ぬさ、しで] 【幤币】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝巾幣]
◆神に供える絹布
◆君主や賓客への贈物
◆財宝、通貨、古く絹布は高価で通貨と同じ役を果たしていたことから
◆[日]ぬさ、紙垂(かみしで、紙などで作った垂)を棒に結わえた祭祀用の用具
【弊】廾3+敝12=総画数15 U+5F0A [ヘイ、ベ/] 【㢢】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝一ノ丿ナ十2廾弊]
◆疲れて体力や気力がなくなる、疲れてぐったりする、同”敝”
◆ぴんと張り詰めていたものが弛(たる)む、弛んで解(ほつ)れぼろぼろになる
◆破れたり擦(す)り切れたりする、ぼろぼろになる、同”敝””㡀”
◆(自分に関する語に冠して)拙(つたな)い、粗末な、同”敝”
【彆】弓3+敝12=総画数15 U+5F46 [ヘツ、ヘチ/] 【𢏨㢼𥏟𡚂𡙼】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝弓彆]
◆弓の両端(弦を掛ける所)の外側に反(そ)っている部分
◆「彆扭(へつじゅう)」、同「别扭」◇素直でない、ひねくれている◇意見が合わない
【徶】彳3+敝12=総画数15 U+5FB6 [ヘツ、ベチ/] [ノ丿2イ彳ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝徶]
◆「徶㣯(へつせつ)」、衣裳がひらひらと舞うさま、同「𠍯𠋱(へつしつ)」「媥姺(へんせん)」
【憋】心4+敝12=総画数16 U+618B [ヘツ、ヘチ/] 【𢠳】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝心憋]
◆腹立たしく苛々(いらいら)する
◆心に思いが鬱積(うっせき)する、思いを吐き出せずに苦しむ、気が滅入(めい)る、同”𤺓”
◆「憋懯(へつふ)」、性急なさま、忙(せわ)しく落ち着きがないさま、せっかちなさま、同「憋怤」
【𢠳】心3+敝12=総画数15 U+22833 [ヘツ、ヘチ/] 【憋】[ハI|丨忄ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𢠳]
◆腹立たしく苛々(いらいら)する
◆心に思いが鬱積(うっせき)する、思いを吐き出せずに苦しむ、気が滅入(めい)る、同”𤺓”
◆「𢠳懯(へつふ)」、同「𢠳怤」、性急なさま、忙(せわ)しく落ち着きがないさま、せっかちなさま
【撆】手4+敝12=総画数16 U+6486 [ヘツ、ヘチ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝手撆]
◆さっと払(はら)う、同”撇”
【撇】手3+敝12=総画数15 U+6487 [ヘツ、ヘチ、ヘイ/] [才扌ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝撇]
◆さっと払(はら)う、同”撆”
◆さっと払って放(ほう)る、また他に追いやる、同”拂(払)”
◆筆画の一つ、”ノ”字のように右上から左下にはらう書き方、”衣”の五画目のように短いはらいを「啄(たく)」といい現代中国では「撇」という、ちなみに三画目のように長いはらいを「掠(りゃく)」といい現代中国では「彎」という、{永字八法}
【暼】日4+敝12=総画数16 U+66BC [ヘツ、ヘチ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝日暼]
◆「暼暼(へつへつ)」、太陽があっという間に沈んでしまうさま
【𣘮】木4+敝12=総画数16 U+2362E [ヘツ、ベチ/] [木ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𣘮]
◆印(しるし)、目印(めじるし)、標識、同”標””摽”
【𣰉】毛4+敝11=総画数15 U+23C09 [ショウ/] 【氅】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝毛𣰉]
◆水鳥の羽毛、ダウン(down)
◆水鳥の羽毛を使ったゆったりとした外套
【潎】水3+敝12=総画数15 U+6F4E [ヘイ、ヘ、ヘツ、ヘチ/] 【𣽠】[シ氵ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝潎]
◆魚が水中を泳ぐさま
◆「潎洌(へいれつ)」、水がすっと滑るように流れるさま
【獘】犬3+敝12=総画数15 U+7358 [ヘイ、ベ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝大犬獘]
◆疲れてぼろぼろになる、ぼろぼろになって使いものにならなくなる、同”弊”
◆ぐったりして倒れる、死ぬ、同”斃”
【獙】犬3+敝12=総画数15 U+7359 [ヘイ/] [ノ2犭ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝獙]
◆「獙獙(へいへい)」、姑逢山(詳細未詳)に住むという姿はキツネ(狐)に似て翼を持ちガン(雁)のような声で鳴く獣の名
【𤺓】疒5+敝12=総画数17 U+24E93 [ヘツ、ヘチ/] 【𤷗】[ン冫广疒ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𤺓]
◆はち切れんばかりに脹(ふく)れる、脹れて裂(さ)ける
◆心に思いが鬱積(うっせき)する、思いを吐き出せずに苦しむ、同”憋”
【瞥】目5+敝12=総画数17 U+77A5 [ヘツ、ヘチ、ベツ/] 【𧢍𥋗】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝目瞥]
◆ちらりと見る、対象物を一瞬だけ見てさっと視線を他に移す、同”覕”
【𥋗】目5+敝12=総画数17 U+252D7 [ヘツ、ヘチ、ベツ/] 【瞥𧢍】[目ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𥋗]
◆ちらりと見る、対象物を一瞬だけ見てさっと視線を他に移す、同”覕”
【𥢭】禾5+敝12=総画数17 U+258AD [ヘツ、ベチ/] 【𥞻𥟬】[ノ木禾ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𥢭]
◆イネ(稲)やアワ(粟)などの香り
【蔽】艸3+敝12=総画数15 U+853D [ヘイ、ヘ/おお・う] 【𦽗𦿔𦿝𢅷𦷥】[サ十2艹艹ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝蔽]
◆上から被(かぶ)せて全体を覆(おお)う、周りから見えないように覆(おお)って隠す
◆遮(さえぎ)る、阻(はば)む
◆全体を一つにまとめる
【蟞】虫6+敝12=総画数18 U+87DE [ヘツ、ベチ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝中虫蟞]
◆「蟞蜉」、アリの一種
◆「蟞蚨」、チョウ(蝶)
【𧒀】虫6+敝12=総画数18 U+27480 [ヘツ、ベチ/] 【𧌽】[中虫ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𧒀]
◆「𧒀蛦(へつい)」、キンケイ(錦鶏、錦雞、金鶏、金雞)、キジ科キンケイ属の鳥、また同属の鳥の称、別名「鷩雉(へいち)」「赤雉(せきち)」「山雞(さんけい)」「鵔鸃(しゅんぎ)」
【襒】衣5+敝12=総画数17 U+8952 [ヘツ、ベチ/] [ネ衤ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝襒]
◆(君主や賓客などが座る席の)塵などの汚れを払い除(の)ける
【𧝬】衣6+敝12=総画数18 U+2776C [ヘイ、ベ、ヘツ、ベチ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝亠ノ丿2レ𧘇衣𧝬]
◆張り詰めていたものが緩(ゆる)む、緩んでぼろぼろになる、同”弊”
【𧢍】見7+敝12=総画数19 U+2788D [ヘツ、ヘチ、ベツ/] 【瞥𥋗】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝目見𧢍]
◆ちらりと見る、対象物を一瞬だけ見てさっと視線を他に移す、同”覕”
【𧸁】貝7+敝12=総画数19 U+27E01 [ヘイ、ベ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝目ハ貝𧸁]
◆絹布、財宝、通貨、同”幣”、古く絹布は高価で通貨と同じ役を果たしていたことから
【䠥】足7+敝12=総画数19 U+4825 [ヘツ、ベチ、ベツ/] 【蹩】[口上止龰足ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝䠥]
◆足が不自由なさま
◆「䠥𨇨(べつしゃ)」◇蹌踉(よろ)めくように歩くさま、体を左右に揺らしながらが歩くさま◇あれこれと心を配り力を尽くすさま、同「踶跂(ちき)」、「【莊子集解:馬蹄】及至聖人蹩躠為仁踶跂為義而天下始疑矣」「【莊子集解:外篇】李云蹩躠踶跂皆用心為仁義之貌」
【蹩】足7+敝12=総画数19 U+8E69 [ヘツ、ベチ、ベツ/] 【䠥】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝口上止龰足蹩]
◆足が不自由なさま
◆「蹩躠(べつしゃ)」◇蹌踉(よろ)めくように歩くさま、体を左右に揺らしながらが歩くさま◇あれこれと心を配り力を尽くすさま、同「踶跂(ちき)」、「【莊子集解:馬蹄】及至聖人蹩躠為仁踶跂為義而天下始疑矣」「【莊子集解:外篇】李云蹩躠踶跂皆用心為仁義之貌」
【鄨】邑7+敝12=総画数19 U+9128 [ヘイ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝口L乚巴邑鄨]
◆古地名また古川名、現貴州省内
【䥕】金8+敝12=総画数20 U+4955 [ヘツ、ヘチ/] 【鐅】[金ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝䥕]
◆鍬や鋤などの農具の刃
◆浅く広口の鍋
【鐅】金8+敝12=総画数20 U+9405 [ヘツ、ヘチ/] 【䥕】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝金鐅]
◆鍬や鋤などの農具の刃
◆浅く広口の鍋
【䨆】隹8+敝12=総画数20 U+4A06 [ヘイ、ベ、ヘツ、ヘチ/] 【鷩】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝ノ2隹䨆]
◆キンケイ(錦鶏、錦雞、金鶏、金雞)、キジ科キンケイ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鷩雉(へいち)」「赤雉(せきち)」「山雞(さんけい)」「鵔鸃(しゅんぎ)」
◆「䨆𨾪(へつふ)」、伝説上の鳥名、三つの頭と翼を持ち、六つの目と足を持つというニワトリ(鶏)やキジ(雉)などに似るという、同「䳤𩿧」「𪁺𩿧(しょうふ)」、「【山海經:南山經】有鳥焉其狀如雞而三首六目六足三翼其名曰𪁺𩿧(𪁺𩿧急性敞孚二音)食之無臥」「【廣雅:卷九:釋池】鷩𩿧」「【玉篇:卷二十四:鳥部第三百九十:䳤】䳤𩿧」
【𩡡】香9+敝12=総画数21 U+29861 [ヘツ、ヘチ/] 【䭱𩡟𩡈𩠿𩡀𩡅】[ノ木禾日香ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝𩡡]
◆ほのかな香り
【𩦉】馬10+敝12=総画数22 U+29989 [ベツ/] [ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝馬𩦉]
◆馬名、「【康熙字典:方部:六:旄】《傅毅洛神賦》昆山美玉濤海明珠金銀璆琳翠𩦉貂旄」
【鱉】魚11+敝12=総画数23 U+9C49 [ヘツ、ヘチ、ベツ/すっぽん] 【鼈龞𪔀鳖】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝ク𠂊田、丶4灬魚鱉]
◆スッポン(鼈)、スッポン科のカメ(亀)、また同科のカメの総称
【鳖】魚8+敝12=総画数20 U+9CD6 [ヘツ、ヘチ、ベツ/すっぽん] 【鼈龞𪔀鱉】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝ノフク𠂊田一鱼鳖]
◆スッポン(鼈)、スッポン科のカメ(亀)、また同科のカメの総称
【鷩】鳥11+敝12=総画数23 U+9DE9 [ヘイ、ベ、ヘツ、ヘチ/] 【䨆】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝鳥鷩]
◆キンケイ(錦鶏、錦雞、金鶏、金雞)、キジ科キンケイ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鷩雉(へいち)」「赤雉(せきち)」「山雞(さんけい)」「鵔鸃(しゅんぎ)」
◆「鷩𩿧(へつふ)」、伝説上の鳥名、三つの頭と翼を持ち、六つの目と足を持つというニワトリ(鶏)やキジ(雉)などに似るという、同「䳤𩿧」「𪁺𩿧(しょうふ)」、「【山海經:南山經】有鳥焉其狀如雞而三首六目六足三翼其名曰𪁺𩿧(𪁺𩿧急性敞孚二音)食之無臥」「【廣雅:卷九:釋池】鷩𩿧」「【玉篇:卷二十四:鳥部第三百九十:䳤】䳤𩿧」
【鼈】黽13+敝12=総画数25 U+9F08 [ヘツ、ヘチ、ベツ/すっぽん] 【龞𪔀鱉鳖】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝匚コL乚Eヨ黽鼈]
◆スッポン(鼈)、スッポン科のカメ(亀)、また同科のカメの総称
◆「鼈蠊」「地鼈」「土鼈」、ゴキブリ(蜚蠊)、ゴキブリ科の虫
【龞】龜16+敝12=総画数28 U+9F9E [ヘツ、ヘチ、ベツ/すっぽん] 【鼈𪔀鱉鳖】[ソハ小2冂㡀ノ丿一𠂉メヌ又攵敝ク[コL乚ヨメ2亀龜龞]
◆スッポン(鼈)、スッポン科のカメ(亀)、また同科のカメの総称
【敞】攴4+8=総画数12 U+655E [ショウ/] [ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞]
◆周りに遮るものがなく大きく開(ひら)けている、広々としていている
◆遮るものがなく周りを見渡せる高台
【僘】人2+敞12=総画数14 U+50D8 [ショウ/] [イ亻ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞僘]
◆周りに遮るものがなく大きく開(ひら)けている、広々としていている、同”敞”
【厰】厂2+敞12=総画数14 U+53B0 [ショウ/] 【廠𢉒】[厂ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞厰]
◆屋根だけで壁のない建物、必要最小限の仕切り壁しかない建物、家畜小屋や作業小屋
【幤】巾3+敞12=総画数15 U+5E64 [ヘイ、ベ/ぬさ、しで] 【幣币】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞巾幤]
◆神に供える絹布
◆君主や賓客への贈物
◆財宝、通貨、古く絹布は高価で通貨と同じ役を果たしていたことから
◆[日]ぬさ、紙垂(かみしで、紙などで作った垂)を棒に結わえた祭祀用の用具
【廠】广3+敞12=総画数15 U+5EE0 [ショウ/] 【𢉒厰】[广ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞廠]
◆屋根だけで壁のない建物、必要最小限の仕切り壁しかない建物、家畜小屋や作業小屋
◆簡”厂”
【㢢】廾3+敞12=総画数15 U+38A2 [ヘイ、ベ/] 【弊】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞一ノ丿ナ十2廾㢢]
◆疲れて体力や気力がなくなる、疲れてぐったりする、同”敝”
◆ぴんと張り詰めていたものが弛(たる)む、弛んで解(ほつ)れぼろぼろになる
◆破れたり擦(す)り切れたりする、ぼろぼろになる、同”敝””㡀”
◆(自分に関する語に冠して)拙(つたな)い、粗末な、同”敝”
【𢠵】心3+敞12=総画数15 U+22835 [トウ、ショウ/] [ハI|丨忄ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞𢠵]
◆気が抜けてぼうっとする、ぼんやりする、同”戃””惝”
◆「𢠵怳(しょうこう)」、驚くさま、驚いて頭が空っぽになるさま
【𢢌】心4+敞12=総画数16 U+2288C [チョウ/] [ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞心𢢌]
◆「𢢌懯(ちょうふ)」、慌ただしいさま、せっかちなさま
注解:「憋懯(へつふ)」の誤りと思われるが、「【字彙補:卯集:心部:𢢌】徹帳切音悵𢢌懯急速貌」に従い音を「チョウ」とし別字とした
【氅】毛4+敞12=総画数16 U+6C05 [ショウ/] 【𣰉】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞毛氅]
◆水鳥の羽毛、ダウン(down)
◆水鳥の羽毛を使ったゆったりとした外套
【𤏮】火4+敞12=総画数16 U+243EE [ホツ、ボチ/] 【㶿𤊹𤍗𤊀】[火ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞𤏮]
◆煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𧝟】衣6+敞12=総画数18 U+2775F [ショウ/] [ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞亠ノ丿2レ𧘇衣𧝟]
◆水鳥の羽毛を使ったゆったりとした外套、同”氅”
【𩞥】食8+敞12=総画数20 U+297A5 [ショウ/かれい] 【餉饷𩜋𥹝】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞𩞥]
◆乾燥させた携帯用食糧
◆野良仕事など外で働く人や出兵などで遠出する人が食べる食糧、またそれらの人に食べ物を贈(おく)る
◆食事
【𪅶】鳥11+敞12=総画数23 U+2A176 [ショウ/] [ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞鳥𪅶]
◆水鳥の羽毛、ダウン(down)、同”氅”
【𪛆】龜16+敞12=総画数28 U+2A6C6 [カン、ガン/] [ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ丿一𠂉メヌ又攵敞クコL乚ヨ2メ亀龜𪛆]
◆未詳、”龞”の異体字か?
【敢】攴4+8=総画数12 U+6562 [カン/あ・えて] 【𠭖𣪏𢽤】[エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢]
◆あ・えて、(不安や周りからの反対などの)押し止めようとするものを撥(は)ね除(の)けて思うところをする、思い切って
【㒈】人2+敢12=総画数14 U+3488 [カン/] [イ亻エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢㒈]
◆逞しい
【𠣽】勹2+敢12=総画数14 U+208FD [キュウ、ク/] 【𠣿匓𠣹䬨】[ノ𠃌勹エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𠣽]
◆(祭礼などで出される)もうこれ以上は要(い)らないというほどのご馳走、また供え物
【𠪚】厂2+敢12=総画数14 U+20A9A [ギン、ゴン/] 【𠪘𠪬𠪔】[厂エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𠪚]
◆山が高く険しいさま
【噉】口3+敢12=総画数15 U+5649 [タン、ダン/] [口エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢噉]
◆食べる、もりもりと食べる、同”啖”
【𡑒】土3+敢12=総画数15 U+21452 [カン/] [土エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𡑒]
◆地名用字
【憨】心4+敢12=総画数16 U+61A8 [カン/] 【𠐣】[エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢心憨]
◆愚かな
◆痴呆、悪意のない愚かさ
【撖】手3+敢12=総画数15 U+6496 [カン、ガン/] [才扌エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢撖]
◆姓用字
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:撖】口㩜切挂也曰危也」
【橄】木4+敢12=総画数16 U+6A44 [カン/] [木エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢橄]
◆「橄欖(カンラン)」、カンラン科カンラン属の木の総称
【澉】水3+敢12=総画数15 U+6F89 [カン/] [シ氵エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢澉]
◆味が薄い
【㺖】犬3+敢12=総画数15 U+3E96 [カン/] [ノ2犭エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢㺖]
◆子犬が吠えるさま
【瞰】目5+敢12=総画数17 U+77B0 [カン/] [目エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢瞰]
◆高い所から見下ろす、また見渡す、また様子を窺う
【䆻】穴5+敢12=総画数17 U+41BB [キョウ/] 【竅𥨄𥦂窍𥤾】[ウ宀ハ八穴エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢䆻]
◆孔(あな)、奥深い穴
◆体の耳・目・鼻・口などの孔、「七竅(しちきょう、耳・目・鼻・口の孔)」
◆穿(うが)つ、孔をあける
【𧗐】血6+敢12=総画数18 U+275D0 [カン/] 【䘓𧗀𧗛】[皿血エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𧗐]
◆羊の血を使った羹(あつもの)
【譀】言7+敢12=総画数19 U+8B40 [カン、ゴン/] 【𧫫𧧴】[言エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢譀]
◆誇る、話は大きく派手だが中身がないさま、同”誇””䜕”
◆「譀䜕(かんかい)」、大声で言い争うさま
【豃】谷7+敢12=総画数19 U+8C43 [カン/] [ハ八人𠆢口谷エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢豃]
◆地が裂けたように深く大きな谷
【阚】門3+敢11=総画数14 U+961A [カン/] 【闞】[I|丨、丶门エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢阚]
◆望む、(門の上から)遠くを見る
◆虎が吼える声、(虎が吼えるように)怒鳴る
【闞】門8+敢12=総画数20 U+95DE [カン/] 【阚】[門エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢闞]
◆望む、(門の上から)遠くを見る
◆虎が吼える声、(虎が吼えるように)怒鳴る
【饏】食9+敢12=総画数21 U+994F [タン、ダン/] [エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢人𠆢、丶ヨレノ艮良食饏]
◆味がない
【鬫】鬥10+敢12=総画数22 U+9B2B [カン、コン/] [I|丨王2玨鬥エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢鬫]
◆虎などの獣の怒鳴るように吼える声
【𪉿】鹵11+敢12=総画数23 U+2A27F [カン/] [ト⺊卜口囗ノ丿メ、丶4𠂭鹵エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𪉿]
◆塩味が強く苦(にが)い
【𪒠】黑12+敢12=総画数24 U+2A4A0 [アン、エン/] [口ソ土、丶4灬黑エ工耳ノ丿一𠂉メヌ又攵敢𪒠]
◆暗然とするさま、深く落ち込むさま、同”黯”
【散】攴4+8=総画数12 U+6563 [サン/ち・る、ち・らす、ち・らかる、ち・らばる] 【𢿱𢿨𢿺𣀙𢻎𣪚㪚】[十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散]
◆分け離す、固まっていたり纏(まと)まっていたりしたものをばらばらにする、同”㪔”
◆束縛する力がなくなってばらばらになる、ばらばらになってあちこちに広がる
◆あちこちに撒(ま)く、蒔(ま)く、ばらまく、同”撒”
◆ばらばらで纏まりがない、取留(とりと)めがない
◆固まっていない粉状のもの
【𠎭】人2+散12=総画数14 U+203AD [未詳/] [イ亻十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𠎭]
◆未詳
【𠾎】口3+散12=総画数15 U+20F8E [未詳/] [口十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𠾎]
◆未詳
【𢄻】巾3+散12=総画数15 U+2213B [サン/] 【繖𦇕】[巾十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𢄻]
◆雨や日差しを避けるための傘、綾絹(あやぎぬ)を張った傘、同”傘”
【撒】手3+散12=総画数15 U+6492 [サツ、サチ、サン/ま・く] 【𢴻】[才扌十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散撒]
◆ばらばらと放り散らす、散らすように投げる、播(ま)くように散らす、同”散”
【𦠐】月(肉)4+散12=総画数16 U+26810 [サン、ソン/] 【𦙱𦙽𦝓】[月十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𦠐]
◆ヒツジ(羊)や豕(いのこ)などの脂肪
【橵】木4+散12=総画数16 U+6A75 [サン/] [木十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散橵]
◆[韓]屋根の瓦や土を受けるために垂木の上に敷く板、野地板(のじいた)
【潵】水3+散12=総画数15 U+6F75 [サン/] [シ氵十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散潵]
◆水が飛び散る
【𤩀】玉4+散12=総画数16 U+24A40 [サン/] 【珊𤤪】[王十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𤩀]
◆「𤩀瑚(さんご)」、サンゴ虫(花虫綱に属する海生動物)の骨格、一部は宝石として珍重される
◆「珊珊(さんさん)」、佩玉(はいぎょく)の触れ合う音
【䃟】石5+散12=総画数17 U+40DF [未詳/] [石十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散䃟]
◆未詳、「【康熙字典:酉集中:走部:𧽾】《周秦石刻釋音》𧽾薛氏作散卽䃟字」、「【六藝之一錄:卷二十六:石鼓文考】𧽾薛氏作散卽䃟字」を引いたもの、但し「【古文苑:卷一:周宣王】澫澫又𩵮其斿𧽾𧽾(澫鄭本云即漫以萬通作曼漫漫水之濔茫處也又通作有籀文省下同見詛椘文𩵮今作鯊魚名所加反斿今作游下同𧽾薛作散字鄭云𧽾即𨅖字相千反)」は「即𨅖字」とする
【䉈】竹6+散12=総画数18 U+4248 [サン/] 【𥷭】[竹十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散䉈]
◆「䈓䉈」、竹名、枝が桃色をしているという
【糤】米6+散12=総画数18 U+7CE4 [サン/] 【饊馓𩟴】[米十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散糤]
◆米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物
【繖】糸6+散12=総画数18 U+7E56 [サン/] 【𦇕𢄻】[糸十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散繖]
◆雨や日差しを避けるための傘、綾絹(あやぎぬ)を張った傘、同”傘”
【𦺻】艸3+散12=総画数15 U+26EBB [サン/] [サ十2艹艹十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𦺻]
◆草名
【𧝠】衣5+散12=総画数17 U+27760 [未詳/] [ネ衤十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𧝠]
◆未詳
【𧽾】走7+散12=総画数19 U+27F7E [サン/] 【𧾬】[十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散土上止龰走𧽾]
◆魚の泳ぐさま、未詳、「【古文苑:卷一:周宣王】澫澫又𩵮其斿𧽾𧽾(澫鄭本云即漫以萬通作曼漫漫水之濔茫處也又通作有籀文省下同見詛椘文𩵮今作鯊魚名所加反斿今作游下同𧽾薛作散字鄭云𧽾即𨅖字相千反)」
【𨅖】足7+散12=総画数19 U+28156 [サン/] 【跚𨀢】[口上止龰足十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𨅖]
◆「蹣𨅖、𨃟𨅖(ばんさん)」、やっとのことで歩くさま、よたよたと歩くさま、体を揺らしながら歩くさま、「【龍龕手鑑:卷四:足部第十二:𨅊𨅖跚】三俗{⿰𧾷⿵冂米}正跚今蘇干反蹣跚行貌也」
【鏾】金8+散12=総画数20 U+93FE [サン、セン/] [金十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散鏾]
◆弩(機械仕掛けの大形の弓)
◆弩の引き金を弛める
【霰】雨8+散12=総画数20 U+9730 [サン、セン/あられ] 【䨷𩆥𩄧𩅤𩃝𩃂䨘】[雨十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散霰]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう{霰}
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【饊】食8+散12=総画数20 U+994A [サン/] 【馓𩟴糤】[人𠆢、丶ヨレノ艮良食十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散饊]
◆米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物
【馓】食3+散12=総画数15 U+9993 [サン/] 【饊𩟴糤】[ノフクレ饣十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散饊馓]
◆米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物
【敦】攴4+8=総画数12 U+6566 [トン、タイ/] 【㪟𢼪𣀦𠧈𠧉】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦]
◆手厚い、誠実で心がこもっている、丁寧な
◆強く促(うなが)す、急き立てる
◆食物を盛る蓋付き足付きの器、蓋と器を合わせるとほぼ球形になり、蓋には逆さまにして器として使えるように足が付く、主に祭礼の際に収穫した黍稷(しょしょく、キビ、イネ科キビ属の植物)を盛る容器としも使われた{食器}
◆「敦煌(とんこう)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【噋】口3+敦12=総画数15 U+564B [トン、ドン/] [口亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦噋]
◆重々しいさま、同”啍””㗥”
◆「噋噋(とんとん)」、ゆったりとして重々しいさま、またその音
【墩】土3+敦12=総画数15 U+58A9 [トン/] 【𡔋墪】[土亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦墩]
◆土盛り、平らなところに土を丸く盛り上げた所
◆ものの土台になるような厚みのある石や木、「墩台(とんたい)、礎石、土台石」「橋墩(きょうとん)、橋脚」「樹墩(しゅとん)、切り株」
【墪】土3+敦12=総画数15 U+58AA [トン/] 【墩𡔋】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦土墪]
◆土盛り、平らなところに土を丸く盛り上げた所
◆ものの土台になるような厚みのある石や木、「墩台(とんたい)、礎石、土台石」「橋墩(きょうとん)、橋脚」「樹墩(しゅとん)、切り株」
【憝】心4+敦12=総画数16 U+619D [タイ、ダイ/] 【𢥲𢥦憞】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦心憝]
◆恨みを抱く、深く恨む、同”譈”
◆悪(あく)、悪人
【憞】心3+敦12=総画数15 U+619E [タイ、ダイ/] 【憝𢥲𢥦】[ハI|丨忄亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦憞]
◆恨みを抱く、深く恨む、同”譈”
◆悪(あく)、悪人
【撉】手4+敦12=総画数16 U+6489 [トン/] [亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦手撉]
◆手で叩(たた)く
【撴】手3+敦12=総画数15 U+64B4 [トン/] [才扌亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦撴]
◆突き固める
【暾】日4+敦12=総画数16 U+66BE [トン/] 【𣌘】[日亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦暾]
◆将(まさ)に太陽が昇り始めるさま、同”旽”
【㬿】月4+敦12=総画数16 U+3B3F [トン、ドン/] 【朜】[月亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦㬿]
◆月の光
【橔】木4+敦12=総画数16 U+6A54 [タイ、トン/] [木亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦橔]
◆棺の上を覆うもの
◆枯れる
【潡】水3+敦12=総画数15 U+6F61 [トン、ドン/] [シ氵亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦潡]
◆大水
【燉】火4+敦12=総画数16 U+71C9 [トン、ドン/] [火亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦燉]
◆とろ火でじっくりと煮込む、同簡”炖”
◆火が赤々と燃えるさま、同”炖”
◆「燉煌(とんこう)」、同「敦煌」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【犜】牛4+敦12=総画数16 U+729C [トン/] [牛牜亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦犜]
◆牛
【獤】犬3+敦12=総画数15 U+7364 [トン/] [ノ2犭亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦獤]
◆テン(貂、イタチ科テン属の哺乳類の総称)の皮革
【𥂦】皿5+敦12=総画数17 U+250A6 [トン/] [亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦皿𥂦]
◆盆(ぼん)よりも小さく皿(さら)よりも深い器、手に持って飲食ができる大きさのもの、同”盂”、血盟(けつめい、皿に注いだ生贄の血を互いに啜って同盟の証とすること)の際に使われる器を指すという、「【集韻:卷二:平聲二:灰第十五:𥂦】歃血器」
【䃦】石5+敦12=総画数17 U+40E6 [トン/] 【礅】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦石䃦]
◆礎(いしずえ)や台座などのために切り揃えられた大きな石
【礅】石5+敦12=総画数17 U+7905 [トン/] 【䃦】[石亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦礅]
◆礎(いしずえ)や台座などのために切り揃えられた大きな石
【𧑒】虫6+敦12=総画数18 U+27452 [トン/] [中虫亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦𧑒]
◆「𧑒𧍪(とんぐ)」、別名「青蚨(せいふ)」「𧍡蠋(そくしょく)」"蚨"参照
【譈】言7+敦12=総画数19 U+8B48 [タイ、ダイ/] [言亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦譈]
◆恨みを抱く、深く恨む、同”憝”
【蹾】足7+敦12=総画数19 U+8E7E [トン/] [口上止龰足亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦蹾]
◆どすんと体全体で踏む、また腰を下ろす
【鐓】金8+敦12=総画数20 U+9413 [タイ、ダイ/] 【镦𨰮𨰯】[金亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦鐓]
◆石突(いしづき)の一種、戟(げき)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せる筒形で底が平らなキャップ、同”錞”、筒形で先が細まっているものは「鐏」{刀剣槍}
◆上から落として土(地面)などを突き固める重(おも)し、同”鐜”
◆圧を掛けて金属を成形する、常温での成形を「冷鐓(日本では冷間プレス成形)」、高温での成形を「熱鐓(日本では熱間プレス成形)」
【鐜】金8+敦12=総画数20 U+941C [タイ、ダイ/] 【𨰩】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦金鐜]
◆石突(いしづき)、戟(げき)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せるキャップ、同”鐓”、「【龍龕手鑑:卷一:金部第一:鐜】俗鐓正徒對反矛下銅也」
◆上から落として土(地面)を突き固める重(おも)し、胴突き(どうづき)の重し、同”鐓”
【镦】金5+敦12=総画数17 U+9566 [タイ、ダイ/] 【鐓𨰮𨰯】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦镦]
◆石突(いしづき)の一種、戟(げき)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せる筒形で底が平らなキャップ、同”錞”、筒形で先が細まっているものは「鐏」{刀剣槍}
◆上から落として土(地面)などを突き固める重(おも)し、同”鐜”
◆圧を掛けて金属を成形する、常温での成形を「冷鐓(日本では冷間プレス成形)」、高温での成形を「熱鐓(日本では熱間プレス成形)」
【驐】馬10+敦12=総画数22 U+9A50 [トン/] [馬亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦驐]
◆馬などの家畜を去勢する
【鷻】鳥11+敦12=総画数23 U+9DFB [トン、タン/] 【𪈶𪆝𪈷𪆃】[鳥亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦鷻]
◆ワシ(鷲)、タカ科の鳥のうちの大形の鳥、同”雕”
【𪆃】鳥11+敦12=総画数23 U+2A183 [トン、タン/] 【鷻𪈶𪆝𪈷】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦鳥𪆃]
◆ワシ(鷲)、タカ科の鳥のうちの大形の鳥、同”雕”
【𪆝】鳥11+敦12=総画数23 U+2A19D [トン、タン/] 【鷻𪈶𪈷𪆃】[亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦鳥𪆝]
◆ワシ(鷲)、タカ科の鳥のうちの大形の鳥、同”雕”
【敬】攴4+8=総画数12 U+656C [ケイ、キョウ/うやま・う] 【𣀖𢿩】[サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬]
◆心から大切に思う、心から慕う、この敬う気持ちを「敬」といい、それを態度や行動で示すことを「恭」という
【儆】人2+敬12=総画数14 U+5106 [ケイ、キョウ/] [イ亻サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬儆]
◆憂いがないように備(そな)える、警戒する
【㢣】廾3+敬12=総画数15 U+38A3 [ケイ、ギョウ/] 【擎】[サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬一ノ丿ナ十2廾㢣]
◆両手を高く持ち上げる、下から両手で支える
【𢐧】弓3+敬12=総画数15 U+22427 [ケイ、ギョウ/] [サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬弓𢐧]
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具、同”檠”
【憼】心4+敬12=総画数16 U+61BC [ケイ、キョウ/] [サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬心憼]
◆敬う
◆憂いがないように備える、戒(いまし)める
【擎】手4+敬12=総画数16 U+64CE [ケイ、ギョウ/] 【㢣】[サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬手擎]
◆両手を高く持ち上げる、下から両手で支える
【擏】手3+敬12=総画数15 U+64CF [ケイ、ギョウ/] [才扌サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬擏]
◆弓の歪みを直す道具
◆同”儆”
◆俗”擎”
【曔】日4+敬12=総画数16 U+66D4 [ケイ、キョウ/] [日サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬曔]
◆明るい
◆乾く
【㯳】木4+敬12=総画数16 U+3BF3 [ケイ、ギョウ/] 【檠】[木サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬㯳]
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆燭台(しょくだい)
【檠】木4+敬12=総画数16 U+6AA0 [ケイ、ギョウ/] 【㯳】[サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬木檠]
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆燭台(しょくだい)
【璥】玉4+敬12=総画数16 U+74A5 [ケイ、キョウ/] [王サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬璥]
◆玉(ぎょく)の名
【蟼】虫6+敬12=総画数18 U+87FC [ケイ、キョウ/] [サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬中虫蟼]
◆ヒキガエル(蟾蜍)の一種
【警】言7+敬12=総画数19 U+8B66 [ケイ、キョウ/いまし・める] [サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬言警]
◆防ぎ守るために注意し用心する
◆いまし・める、過ちなどを指摘し注意する
【驚】馬10+敬12=総画数22 U+9A5A [ケイ、キョウ/おどろ・く] [サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬馬驚]
◆(馬が)ぎょっとする、不意のことに慌てる、また怯える、同簡”惊”
【𩼃】魚11+敬12=総画数23 U+29F03 [ケイ、ギョウ、ゲイ/くじら] 【鯨䲔鲸】[ク𠂊田、丶4灬魚サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ丿一𠂉メヌ又攵敬𩼃]
◆クジラ(鯨)、クジラ目の水棲哺乳動物の総称、特に雄を指す、雌は「鯢」
【𢽠】攴4+8=総画数12 U+22F60 [チョウ/しるし、しる・す] 【徴徵𧗲𢾷𢿁𢽡】[山一ノ土士王壬ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽠]
◆(埋もれていた人物を)召し出す、召し寄せる、取り立てる
◆求める、要求する
◆(それまで隠れていたり目に付かないところにあったものが)表に現れる
◆事が起こることを予想させる出来事、兆(きざ)し、予兆
◆古代五音(ごいん、宮・商・角・徴・羽)の一つ、「ソ」に当たる音{音階}
【嬍】女3+𢽠12=総画数15 U+5B0D [ビ、ミ/] 【媺𡠾】[女山一ノ土士王壬ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽠嬍]
◆美しい、善(よ)い、優れている、同”美”
【徵】彳3+𢽠12=総画数15 U+5FB5 [チョウ/しるし、しる・す] 【徴𧗲𢽠𢾷𢿁𢽡】[ノ丿2イ彳山一ノ土士王壬ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽠徵]
◆(埋もれていた人物を)召し出す、召し寄せる、取り立てる
◆求める、要求する
◆(それまで隠れていたり目に付かないところにあったものが)表に現れる
◆事が起こることを予想させる出来事、兆(きざ)し、予兆
◆古代五音(ごいん、宮・商・角・徴・羽)の一つ、「ソ」に当たる音{音階}
◆簡”征”
【澂】水3+𢽠12=総画数15 U+6F82 [チョウ、ジョウ/] [シ氵山一ノ土士王壬ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽠澂]
◆澄む、泥などの汚れが下に沈み水が濁りも泡も波もなく透き通る、同”澄””瀓”
◆「澂江(ちょうこう)」、地名、雲南省
【𢽬】攴4+8=総画数12 U+22F6C [チン、ジン/] 【敶】[木日田東ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽬]
◆順に並べる、陳列する、同”陳”
【𤡳】犬3+𢽬12=総画数15 U+24873 [シン/] 【𤡄𤟸𤡋】[ノ2犭木日田東ノ丿一𠂉メヌ又攵𢽬𤡳]
◆「𤡳猭」、延々と並び連なるさま
【敫】攴4+9=総画数13 U+656B [キョウ/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫]
◆光や音が四方に広がるさま
【儌】人2+敫13=総画数15 U+510C [キョウ/] [イ亻日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫儌]
◆飽くことなく欲しがる、分不相応なことを求める、同”徼””僥”
◆「儌倖(ぎょうこう)」、同「僥倖(ぎょうこう)」◇思い掛けない幸せ、分不相応な幸運◇飽くことなく利益や幸せを求めること
【噭】口3+敫13=総画数16 U+566D [キョウ/] [口日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫噭]
◆高く鋭く響き渡るような声で叫ぶ
【墽】土3+敫13=総画数16 U+58BD [キョウ/] 【𡒋】[土日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫墽]
◆土が堅く痩せた土地、同”墝”
【嬓】女3+敫13=総画数16 U+5B13 [キョウ/] [女日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫嬓]
◆女性名用字
【𡽄】山3+敫13=総画数16 U+21F44 [ギョウ/] [山日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫𡽄]
◆山が高いさま、同”嶤(嶢)”
【𢅎】巾3+敫13=総画数16 U+2214E [コウ、キョウ/] [巾日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫𢅎]
◆脚絆(きゃはん)、旅に出る時などに脛に巻く布
【徼】彳3+敫13=総画数16 U+5FBC [キョウ/] [ノ丿2イ彳日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫徼]
◆見回る
◆遮(さえぎ)る、防ぎ止める
◆待ち受ける、同”邀”
◆飽くことなく欲しがる、分不相応なことを求める、同”儌””僥”
◆一部分だけを盗む、~のふりをする
【㦘】心4+敫13=総画数17 U+3998 [キョウ、ケキ、キャク/] 【憿】[日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫心㦘]
◆思い掛けない幸せ、幸運、同”僥”
◆激しい、同”激”
【憿】心3+敫13=総画数16 U+61BF [キョウ、ケキ、キャク/] 【㦘】[ハI|丨忄日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫憿]
◆思い掛けない幸せ、幸運、同”僥”
◆激しい、同”激”
【撽】手3+敫13=総画数16 U+64BD [キョウ、ケキ、キャク、ヨウ/] 【𢶡𢵿】[才扌日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫撽]
◆横から叩(たた)く、鞭・棒・手などで叩(たた)く
◆待ち受ける、同”邀”
【𢶡】手4+敫13=総画数17 U+22DA1 [キョウ、ケキ、キャク、ヨウ/] 【撽𢵿】[日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫手𢶡]
◆横から叩(たた)く、鞭・棒・手などで叩(たた)く
◆待ち受ける、同”邀”
【曒】日4+敫13=総画数17 U+66D2 [コウ、キョウ/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫曒]
◆月や星などの光が白く澄み切っているさま
【檄】木4+敫13=総画数17 U+6A84 [ケキ、ギャク、ゲキ/] [木日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫檄]
◆兵を招集するための文書
◆敵の罪科を訴え味方を鼓舞する文書
【激】水3+敫13=総画数16 U+6FC0 [ケキ、キャク、ゲキ/はげ・しい] [シ氵日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫激]
◆水が岩などに当たりしぶきとなって高く飛び散るさま
◆勢いが強いさま、猛烈なさま
◆強く人の心を揺さぶるさま
【燩】火4+敫13=総画数17 U+71E9 [カク/] [火日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫燩]
◆火に当てて乾かす
◆乾燥する
【獥】犬3+敫13=総画数16 U+7365 [ケキ、ゲキ/] [ノ2犭日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫獥]
◆オオカミ(狼)の子
【璬】玉4+敫13=総画数17 U+74AC [コウ、キョウ/] [王日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫璬]
◆帯に掛けて垂らす玉(ぎょく)製の飾り
【皦】白5+敫13=総画数18 U+76A6 [キョウ/] [日白日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫皦]
◆(宝石や星が)白く明るく輝くさま
◆白く澄み切っているさま
【礉】石5+敫13=総画数18 U+7909 [カク、ギャク、コウ、キョウ/] [石日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫礉]
◆石が多く凸凹しているいるさま
◆厳しい、苛烈な
【竅】穴5+敫13=総画数18 U+7AC5 [キョウ/] 【䆻𥨄𥦂窍𥤾】[ウ宀ハ八穴日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫竅]
◆孔(あな)、奥深い穴
◆体の耳・目・鼻・口などの孔、「七竅(しちきょう、耳・目・鼻・口の孔)」
◆穿(うが)つ、孔をあける
【繳】糸6+敫13=総画数19 U+7E73 [キョウ、シャク/] 【缴】[糸日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫繳]
◆射た鳥に絡まるように矢に結んだ紐
◆納入する、納めさせる
【缴】糸3+敫13=総画数16 U+7F34 [キョウ、シャク/] 【繳】[くレ幺一纟日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫缴]
◆射た鳥に絡まるように矢に結んだ紐
◆納入する、納めさせる
【𦅾】糸6+敫13=総画数19 U+2617E [シャク/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫糸𦅾]
◆鳥に絡まるように矢に結ぶ紐
◆(糸や紐などが)絡み付く
【薂】艸3+敫13=総画数16 U+8582 [ケキ、ギャク/] [サ十2艹艹日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫薂]
◆ハス(蓮)の実{ハス}
【𧝳】衣5+敫13=総画数18 U+27773 [カク/] [ネ衤日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫𧝳]
◆首周りの襟の中に入れる芯
【覈】襾6+敫13=総画数19 U+8988 [カク、ギャク/] 【𩅢】[西覀襾日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫覈]
◆(覆われて見えないものを)調べて明らかにする
【䚫】角7+敫13=総画数20 U+46AB [コウ、キョウ、ケキ、ギャク/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫ク𠂊用角䚫]
◆握り手の部分を角(つの)で飾った杖や鞭
【譤】言7+敫13=総画数20 U+8B64 [ケキ、キャク/] [言日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫譤]
◆他人の秘密をを暴く
◆嘘を言って騙す
【譥】言7+敫13=総画数20 U+8B65 [キョウ/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫言譥]
◆大声を上げる
【𧾐】走7+敫13=総画数20 U+27F90 [キョウ/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫土上止龰走𧾐]
◆見回る、巡(めぐ)る、同”徼”
◆細い道、小道(こみち)、「【字彙:酉集:走部:𧾐】古弔切音教偃也小道也」
【躈】足7+敫13=総画数20 U+8E88 [キョウ/] [口上止龰足日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫躈]
◆馬の口或いは肛門
【邀】辵4+敫13=総画数17 U+9080 [ヨウ/] 【𨖟】[日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫え辶辶邀]
◆招いた客を途中まで出て迎える
◆待ち受ける、「邀撃(ようげき)、相手を待ち受けて撃つ」
◆求める、「邀請(ようせい)、来てくれるよう請う、招く」
【𩅢】雨8+敫13=総画数21 U+29162 [カク、ギャク/] 【覈】[雨日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫𩅢]
◆(覆われて見えないものを)調べて明らかにする
【鸄】鳥11+敫13=総画数24 U+9E04 [ケキ、キャク、キョウ/] [日白亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敫鳥鸄]
◆鳥名、姿はカラス(烏)に似て体は青白いという、同「鶶鷵(とうと)」「鶄𪅖(せいしょう)」、「【爾雅注疏:釋鳥】鸄鶶鷵(《注》似烏蒼白色)」「【欽定續通志:昆蟲草木畧:禽類】鶄𪅖(音精舂)一名青翰一名青莊出藪澤似鷺而大青色鸄(古厯反)一名鶶鷵(玉篇作唐屠)見爾雅郭璞云似烏蒼白色」
【数】攴4+9=総画数13 U+6570 [スウ、ス、シュ、サク/かず、かぞ・える] 【數𢿙𢿘】[米女娄ノ丿一𠂉メヌ又攵数]
◆かず、同種のものの多少を表す語
◆かぞ・える、一つ二つと計算する
◆細かい、煩わしい
◆細かいことを取り上げて責める
◆しばしば、同じことを何度も
【擞】手3+数13=総画数16 U+64DE [ソウ、ス/] 【擻】[才扌米女娄ノ丿一𠂉メヌ又攵数擞]
◆振るい落とす
◆「抖擞(とうそう)」、揺(ゆす)する、振(ふ)るう、奮(ふる)う、奮い立つ
【䉤】竹6+数13=総画数19 U+4264 [ソウ、ス、シュ/] 【籔】[竹米女娄ノ丿一𠂉メヌ又攵数䉤]
◆容量の単位、一籔=十六斗、同”𥯴”
◆米を研(と)いだり蒸したりするための笊(ざる)、同”䉛””𥯩””𥯴””𠤰”
◆「窶籔(音未詳)」、物を頭に載せて運ぶための竹を環状に編んだもの
【薮】艸3+数13=総画数16 U+85AE [ソウ、ス/やぶ] 【藪】[サ十2艹艹米女娄ノ丿一𠂉メヌ又攵数薮]
◆覆い尽くすように草木が生い茂った湿地や水辺、草木が生い茂った場所
◆人や物事が集まるところ、(草木が生い茂った場所に鳥獣が集まることから)
【𢾍】攴4+9=総画数13 U+22F8D [ゴウ/] 【敖𢾕】[凵山2出亠万方ト卜⺊ヌ又攴𢾍]
◆当てもなく気儘(きまま)に歩き回る
◆喧(かまびす)しい
◆思い上がって相手を侮(あなど)り軽んずる、同”傲”
【𩪨】骨10+𢾍13=総画数23 U+29AA8 [ゴウ/] 【𩪋𩪕】[凵山2出亠万方ト卜⺊ヌ又攴𢾍冂2「冎ワ冖月骨𩪨]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ、同”螯”
【𢾕】攴4+9=総画数13 U+22F95 [ゴウ/] 【敖𢾍】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕]
◆当てもなく気儘(きまま)に歩き回る
◆喧(かまびす)しい
◆思い上がって相手を侮(あなど)り軽んずる、同”傲”
【𠪭】厂2+𢾕13=総画数15 U+20AAD [ゴウ/] 【廒厫】[厂凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕𠪭]
◆(糧食などを貯蔵する)倉庫
【𢢡】心4+𢾕13=総画数17 U+228A1 [ゴウ/] 【慠㥿】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕心𢢡]
◆思い上がる、威張る、驕る、同”傲”
【𣿗】水3+𢾕13=総画数16 U+23FD7 [ゴウ/] 【滶】[シ氵凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕𣿗]
◆「𣿗水(ごうすい)」、河南省平頂山市魯山県を源とする川名
【𤏺】火4+𢾕13=総画数17 U+243FA [ゴウ/い・る] 【熬𤎅】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕、丶4灬𤏺]
◆強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
◆じっくりと煮込む
◆焦(こが)れるような苦しみに耐える
【𤢝】犬4+𢾕13=総画数17 U+2489D [ゴウ/] 【獒】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕大犬𤢝]
◆番犬として飼われる大形の猛犬
【𧒥】虫6+𢾕13=総画数19 U+274A5 [ゴウ/] 【螯𧏌𧑃】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕中虫𧒥]
◆カニ(蟹)の脚の先のハサミ
◆「蛼𧒥(しゃごう)」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝の総称、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉(ぎょく)に次ぐものといわれる、別名「硨磲、車渠(しゃきょ、しゃこ)」
【𧸞】貝7+𢾕13=総画数20 U+27E1E [セイ、セ、ゼイ/] 【贅赘𧸟𧸆𧷌】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕目ハ貝𧸞]
◆余分なもの、不必要なもの、「贅肉(ぜいにく)」
◆(余計なものを)継ぎ足す、付け足す、「贅述(ぜいしゅつ、余計なことをくどくどと話す)」
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起、「余計なもの」であることから、「贅疣(ぜいゆう)」
◆借金のかた(抵当・担保)に物や人を預ける、「証文以外に余分な保証を付け足す」ことから
◆娘の嫁入りの際に息子も一緒に養子として出す、「贅壻、贅婿(ぜいせい、入り婿)」
【𧸟】貝7+𢾕13=総画数20 U+27E1F [セイ、セ、ゼイ/] 【贅赘𧸆𧸞𧷌】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕目ハ貝𧸟]
◆余分なもの、不必要なもの、「贅肉(ぜいにく)」
◆(余計なものを)継ぎ足す、付け足す、「贅述(ぜいしゅつ、余計なことをくどくどと話す)」
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起、「余計なもの」であることから、「贅疣(ぜいゆう)」
◆借金のかた(抵当・担保)に物や人を預ける、「証文以外に余分な保証を付け足す」ことから
◆娘の嫁入りの際に息子も一緒に養子として出す、「贅壻、贅婿(ぜいせい、入り婿)」
【𨗯】辵3+𢾕13=総画数16 U+285EF [ゴウ/] 【遨】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕え辶辶𨗯]
◆ぶらぶらと気儘(きまま)に歩き回る
【𩼡】魚11+𢾕13=総画数24 U+29F21 [ゴウ/] 【鼇𪓾𪓴𪓶鰲鳌】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕ク𠂊田、丶4灬魚𩼡]
◆東海中にあって仙人が住む蓬莱(ほうらい)の山を背負うという大海亀
【𪍾】麥11+𢾕13=総画数24 U+2A37E [ゴウ/] 【䵅𩱏】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕十木人2从來タ夕ヌ又3麥𪍾]
◆熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”熬”
【𪓾】黽13+𢾕13=総画数26 U+2A4FE [ゴウ/] 【鼇𪓴𪓶鰲𩼡鳌】[凵山2出亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾕匚コL乚Eヨ黽𪓾]
◆東海中にあって仙人が住む蓬莱(ほうらい)の山を背負うという大海亀
【𢾰】攴4+10=総画数14 U+22FB0 [キ、ケ/] 【徽𡽪】[山ノ糸系ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾰]
◆三本の紐を撚り合わせた紐、太い紐
◆素晴らしい、美しい、善い
◆幟(のぼり)、目印になるもの
【徽】彳3+𢾰14=総画数17 U+5FBD [キ、ケ/] 【𡽪𢾰】[ノ丿2イ彳山ノ糸系ノ丿一𠂉メヌ又攵𢾰徽]
◆三本の紐を撚り合わせた紐、太い紐
◆素晴らしい、美しい、善い
◆幟(のぼり)、目印になるもの
【敵】攴4+11=総画数15 U+6575 [テキ、ジャク/かたき] 【敌𢿪𠢗】[亠ソ立冂十口古啇ノ丿一𠂉メヌ又攵敵]
◆仇(かたき)、恨み憎む相手、利害が一致しない相手
◆正面から相対する相手、対等の力量を持った相手、相当する
【𢸑】手3+敵15=総画数18 U+22E11 [テキ、タク、チャク/つ・む、つま・む] 【摘𢸈】[才扌亠ソ立冂十口古啇ノ丿一𠂉メヌ又攵敵𢸑]
◆指や箸などの先で掴(つか)む
◆指や箸などの先で掴み取る、また掴んで千切(ちぎ)り取る
◆一部分(或いは必要な部分)を選び取る
【𧁱】艸3+敵15=総画数18 U+27071 [テキ、ジャク/おぎ] 【荻蔐藡】[サ十2艹艹亠ソ立冂十口古啇ノ丿一𠂉メヌ又攵敵𧁱]
◆オギ(荻)、イネ科ススキ属の草{オギ}
【敷】攴4+11=総画数15 U+6577 [フ/し・く] 【𢾾𢾭】[十田由、丶亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敷]
◆一面に並べる、平らに広げる、延(の)べる
◆広く漏れなく行き渡る、また行き渡らせる、同”布”
◆細部にまで亘って述べる
【懯】心4+敷15=総画数19 U+61EF [フ/] [十田由、丶亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敷心懯]
◆「憋懯(へつふ)」、性急なさま、忙(せわ)しく落ち着きがないさま、せっかちなさま、同「憋怤」
【㩤】手3+敷15=総画数18 U+3A64 [フ/] [才扌十田由、丶亠万方ノ丿一𠂉メヌ又攵敷㩤]
◆敷く、平らに広げる、押し広げる
【數】攴4+11=総画数15 U+6578 [スウ、ス、シュ、サク/かず、かぞ・える] 【数𢿙𢿘】[口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數]
◆かず、同種のものの多少を表す語
◆かぞ・える、一つ二つと計算する
◆細かい、煩わしい
◆細かいことを取り上げて責める
◆しばしば、同じことを何度も
【𡂡】口3+數15=総画数18 U+210A1 [シュ、ス/] [口口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數𡂡]
◆犬に指示する(あることをさせる)時の掛け声、嗾(けしか)ける、同”嗾”
【擻】手3+數15=総画数18 U+64FB [ソウ、ス/] 【擞】[才扌口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數擻]
◆振るい落とす
◆「抖擻(とうそう)」、揺(ゆす)する、振(ふ)るう、奮(ふる)う、奮い立つ
【櫢】木4+數15=総画数19 U+6AE2 [ソウ、ス/] [木口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數櫢]
◆「櫢檽」、木が盛んに茂るさま
【𤻺】疒5+數15=総画数20 U+24EFA [ソウ、シュ/や・せる、こ・ける] 【瘦痩𤶯𤷺𤸃𤶟𤶌𤸂𤹶𤺁𤻯】[ン冫广疒口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數𤻺]
◆瘠(や)せる、体が細くなる
◆細る
◆土地の地味(ちみ)が衰える
【籔】竹6+數15=総画数21 U+7C54 [ソウ、ス、シュ/] 【䉤】[竹口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數籔]
◆容量の単位、一籔=十六斗、同”𥯴”
◆米を研(と)いだり蒸したりするための笊(ざる)、同”䉛””𥯩””𥯴””𠤰”
◆「窶籔(音未詳)」、物を頭に載せて運ぶための竹を環状に編んだもの
【𦇆】糸6+數15=総画数21 U+261C6 [未詳/] [口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數糸/くレ幺一纟𦇆]
◆未詳
【藪】艸3+數15=総画数18 U+85EA [ソウ、ス/やぶ] 【薮】[サ十2艹艹口2十口丨中女婁ノ丿一𠂉メヌ又攵數藪]
◆覆い尽くすように草木が生い茂った湿地や水辺、草木が生い茂った場所
◆人や物事が集まるところ、(草木が生い茂った場所に鳥獣が集まることから)
【敻】攴4+11=総画数15 U+657B [ケイ、キョウ、ケン/] 【夐𢿌𡕳𡕷𡕱𤔫】[ク𠂊冂人𠔿ハ八目ノ丿一𠂉メヌ又攵夐敻]
◆遥か遠いさま、遠く離れているさま
◆求める、あれこれ手を尽くして手に入れようとする
【矎】目5+敻15=総画数20 U+77CE [ケン/] [目ク𠂊冂人𠔿ハ八目ノ丿一𠂉メヌ又攵夐敻矎]
◆じっと見詰める
【藑】艸3+敻15=総画数18 U+85D1 [ケイ、ギョウ/] 【𧁰𧃜】[サ十2艹艹ク𠂊冂人𠔿ハ八目ノ丿一𠂉メヌ又攵夐敻藑]
◆「藑茅(けいぼう)」、ヒルガオ(昼顔)、ヒルガオ科ヒルガオ属の蔓性多年草、またヒルガオ科ヒルガオ属の蔓性の草の一種、同”葍”
【觼】角7+敻15=総画数22 U+89FC [ケツ、ケチ/] [ク𠂊用角ク𠂊冂人𠔿ハ八目ノ丿一𠂉メヌ又攵夐敻觼]
◆帯などを留める角(つの)製の輪の内側に棒が渡してあるθ状の留具
【讂】言7+敻15=総画数22 U+8B82 [ケン、コン/] [言ク𠂊冂人𠔿ハ八目ノ丿一𠂉メヌ又攵夐敻讂]
◆噂話、風聞
【𢿌】攴4+11=総画数15 U+22FCC [ケイ、キョウ、ケン/] 【夐敻𡕳𡕷𡕱𤔫】[ク𠂊冂人𠔿ハ八目ト卜⺊ヌ又攴𥄎𢿌]
◆遥か遠いさま、遠く離れているさま
◆求める、あれこれ手を尽くして手に入れようとする
【𧁰】艸3+𢿌15=総画数18 U+27070 [ケイ、ギョウ/] 【藑𧃜】[サ十2艹艹ク𠂊冂人𠔿ハ八目ト卜⺊ヌ又攴𢿌𧁰]
◆「藑茅(けいぼう)」、ヒルガオ(昼顔)、ヒルガオ科ヒルガオ属の蔓性多年草、またヒルガオ科ヒルガオ属の蔓性の草の一種、同”葍”
【𢿐】攴4+11=総画数15 U+22FD0 [レイ、ライ/] 【盭𥃍𥃁𥃊𥃎𥃏】[くム厶幺土ソ丷一䒑二十干𢆉幸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢿐]
◆もとる、捩(ね)じ曲がる、道義や道理に従わない、背く、同”戾”
◆緑色、萌黄色、同”綟”
【盭】皿5+𢿐15=総画数20 U+76ED [レイ、ライ/] 【𥃍𥃁𥃊𥃎𥃏𢿐】[くム厶幺土ソ丷一䒑二十干𢆉幸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢿐皿盭]
◆もとる、捩(ね)じ曲がる、道義や道理に従わない、背く、同”戾”
◆緑色、萌黄色、同”綟”
【𢿘】攴4+11=総画数15 U+22FD8 [スウ、ス、シュ、サク/かず、かぞ・える] 【数數𢿙】[口2十口丨中女婁ト卜⺊ヌ又攴𢿘]
◆かず、同種のものの多少を表す語
◆かぞ・える、一つ二つと計算する
◆細かい、煩わしい
◆細かいことを取り上げて責める
◆しばしば、同じことを何度も
【𧔅】虫6+𢿘15=総画数21 U+27505 [ソウ、ス/] [中虫口2十口丨中女婁ト卜⺊ヌ又攴𢿘𧔅]
◆未詳
【𢿨】攴4+12=総画数16 U+22FE8 [サン/ち・る、ち・らす、ち・らかる、ち・らばる] 【散𢿱𢿺𣀙𢻎𣪚㪚】[ト卜⺊ヌ又攴木2林月𢿨]
◆分け離す、固まっていたり纏(まと)まっていたりしたものをばらばらにする、同”㪔”
◆束縛する力がなくなってばらばらになる、ばらばらになってあちこちに広がる
◆あちこちに撒(ま)く、蒔(ま)く、ばらまく、同”撒”
◆ばらばらで纏まりがない、取留(とりと)めがない
◆固まっていない粉状のもの
【𧾬】走7+𢿨16=総画数23 U+27FAC [サン/] 【𧽾】[ト卜⺊ヌ又攴木2林月𢿨土上止龰走𧾬]
◆魚の泳ぐさま、未詳、「【古文苑:卷一:周宣王】澫澫又𩵮其斿𧽾𧽾(澫鄭本云即漫以萬通作曼漫漫水之濔茫處也又通作有籀文省下同見詛椘文𩵮今作鯊魚名所加反斿今作游下同𧽾薛作散字鄭云𧽾即𨅖字相千反)」
【䨷】雨8+𢿨16=総画数24 U+4A37 [サン、セン/あられ] 【霰𩆥𩄧𩅤𩃝𩃂䨘】[雨ト卜⺊ヌ又攴木2林月𢿨䨷]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう{霰}
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【𩟴】食8+𢿨16=総画数24 U+297F4 [サン/] 【饊馓糤】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ト卜⺊ヌ又攴木2林月𢿨𩟴]
◆米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物
【𢿱】攴4+12=総画数16 U+22FF1 [サン/ち・る、ち・らす、ち・らかる、ち・らばる] 【散𢿨𢿺𣀙𢻎𣪚㪚】[木2林月ノ丿一𠂉メヌ又攵𢿱]
◆分け離す、固まっていたり纏(まと)まっていたりしたものをばらばらにする、同”㪔”
◆束縛する力がなくなってばらばらになる、ばらばらになってあちこちに広がる
◆あちこちに撒(ま)く、蒔(ま)く、ばらまく、同”撒”
◆ばらばらで纏まりがない、取留(とりと)めがない
◆固まっていない粉状のもの
【𦇕】糸6+𢿱16=総画数22 U+261D5 [サン/] 【繖𢄻】[糸木2林月ノ丿一𠂉メヌ又攵𢿱𦇕]
◆雨や日差しを避けるための傘、綾絹(あやぎぬ)を張った傘、同”傘”
【斂】攴4+13=総画数17 U+6582 [レン/] 【敛】[人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂]
◆集める、散らばっているものを一か所に集める
◆一か所に集めて束ねる、一つに纏(まと)める
◆収める、中に入れる
【𢅸】巾3+斂17=総画数20 U+22178 [レン/] 【籢籨匳】[人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂巾𢅸]
◆鏡などの化粧道具など身の回りの小物を入れる小さな箱
【𣟺】木4+斂17=総画数21 U+237FA [レン/] [木人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂𣟺]
◆「㭺𣟺(えんれん)」、木名、未詳、「【康熙字典:辰集:木部:𣟺】《集韻》《類篇》𠀤力驗切音殮㭺𣟺木也葉可爲飮」
【瀲】水3+斂17=総画数20 U+7032 [レン/] 【潋】[シ氵人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂瀲]
◆波打際(なみうちぎわ)
◆「瀲灩(れんえん)」、波にゆったりと浮かんで漂うさま、水が満ち溢れるさま
【𤒥】火4+斂17=総画数21 U+244A5 [レン、エン/] 【𤒦𤒡】[人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂火𤒥]
◆火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔””爓”
【𤒦】火4+斂17=総画数21 U+244A6 [レン、エン/] 【𤒥𤒡】[火人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂𤒦]
◆火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔””爓”
【籢】竹6+斂17=総画数23 U+7C62 [レン/] 【籨匳𢅸】[竹人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂籢]
◆鏡などの化粧道具など身の回りの小物を入れる小さな箱
【蘞】艸3+斂17=総画数20 U+861E [レン/] 【蔹蘝】[サ十2艹艹人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ丿一𠂉メヌ又攵斂蘞]
◆「白蘞(ビャクレン)」、カガミグサ(鏡草)、ブドウ科ノブドウ属の蔓性の草、根は生薬、同「白薟」{カガミグサ}
【𣀦】攴4+16=総画数20 U+23026 [トン、タイ/] 【敦㪟𢼪𠧈𠧉】[亠口日曰𠯭亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧ト卜⺊ヌ又攴𣀦]
◆手厚い、誠実で心がこもっている、丁寧な
◆強く促(うなが)す、急き立てる
◆食物を盛る蓋付き足付きの器、蓋と器を合わせるとほぼ球形になり、蓋には逆さまにして器として使えるように足が付く、主に祭礼の際に収穫した黍稷(しょしょく、キビ、イネ科キビ属の植物)を盛る容器としも使われた{食器}
◆「𣀦煌(とんこう)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【𣌘】日4+𣀦20=総画数24 U+23318 [トン/] 【暾】[日亠口日曰𠯭亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧ト卜⺊ヌ又攴𣀦𣌘]
◆将(まさ)に太陽が昇り始めるさま、同”旽”
【𨰮】金8+𣀦20=総画数28 U+28C2E [タイ、ダイ/] 【鐓镦𨰯】[金亠口日曰𠯭亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧ト卜⺊ヌ又攴𣀦𨰮]
◆石突(いしづき)の一種、戟(げき)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せる筒形で底が平らなキャップ、同”錞”、筒形で先が細まっているものは「鐏」{刀剣槍}
◆上から落として土(地面)などを突き固める重(おも)し、同”鐜”
◆圧を掛けて金属を成形する、常温での成形を「冷鐓(日本では冷間プレス成形)」、高温での成形を「熱鐓(日本では熱間プレス成形)」
【𨰯】金8+𣀦20=総画数28 U+28C2F [タイ、ダイ/] 【鐓镦𨰮】[亠口日曰𠯭亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧ト卜⺊ヌ又攴𣀦金𨰯]
◆石突(いしづき)の一種、戟(げき)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せる筒形で底が平らなキャップ、同”錞”、筒形で先が細まっているものは「鐏」{刀剣槍}
◆上から落として土(地面)などを突き固める重(おも)し、同”鐜”
◆圧を掛けて金属を成形する、常温での成形を「冷鐓(日本では冷間プレス成形)」、高温での成形を「熱鐓(日本では熱間プレス成形)」
【𪈷】鳥11+𣀦20=総画数31 U+2A237 [トン、タン/] 【鷻𪈶𪆝𪆃】[亠口日曰𠯭亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧ト卜⺊ヌ又攴𣀦鳥𪈷]
◆ワシ(鷲)、タカ科の鳥のうちの大形の鳥、同”雕”


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 攴部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です