総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 缶部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 缶部」 [部首索引


【缶】缶6+0=総画数6 U+7F36【𦈢缻𦈪】 [カン、フウ、フ/] ①酒・水・薬などを入れる胴が膨らんで口が小さい素焼の器、円筒状の器は「罐」②土器製の打楽器名③[日]かん、円筒状の容器、同”罐”④ほとぎ、部首名[ノ一𠂉二十干山缶]
【𠙈】几2+6=総画数8 U+20648【風风凮凬𠙊凨𠂡𠙗飌】 [ホウ、フウ、フ/かぜ、かざ] ①大気の流れや揺らぎ②(風に乗って)どこからともなく届いて来る話や様子③(風のように自然に広まる)一般的な習慣や傾向④譬える、似たもの⑤かぜ、部首名[机几風𠘨ノ一𠂉二十干山缶𠙈]
【㓡】刀2+6=総画数8 U+34E1【𠛺】 [フ、ブ/] ①刀の手で握る部分[ノ一𠂉二十干山缶リ刂㓡]
【匋】勹2+6=総画数8 U+530B [トウ、ドウ、ヨウ/] ①陶器、陶器を焼く窯(かま)、同”陶”[ノフ𠃌ワ勹ノ一𠂉二十干山缶匋]
【𠤸】匚2+6=総画数8 U+20938 [ヨウ/] ①鼓(つづみ)[[匚ノ一𠂉二十干山缶𠤸]
【厒】厂2+6=総画数8 U+5392【𠩂】 [キョウ、コウ/] ①山が両側に迫っている川、谷、谷川[雁厂ノ一𠂉二十干山缶厒]
【𡧰】宀3+6=総画数9 U+219F0【宲𡧖𢉹𢉣𢉔】 [ホウ、ホ/] ①蓄(たくわ)える、十分な蓄え、同”実”②珍しく貴重なもの、大切にしまっておくもの、同”宝”[ウ宀ノ一𠂉二十干山缶𡧰]
【𢈊】广3+6=総画数9 U+2220A [/] ①【康熙字典】に「《集韻》同𢩋」とあるが未詳[麻广ノ一𠂉二十干山缶𢈊]
【𤈒】火4+6=総画数10 U+24212【缹】 [ホウ、フ/] ①食材を入れた器を火にかけて柔らかくなるまで火を通す[火ノ一𠂉二十干山缶𤈒]
【珤】玉4+6=総画数10 U+73E4【宝寶寳𡪓𡫷寚𡩧𤥖㻄𤥯𤨷𠋾𠍙】 [ホ、ホウ/たから] ①大切にしまっておくもの、珍しく貴重なもの、高価なもの、「宝石」「宝物」「財宝」「家宝」②秘蔵する、大切にする、珍重する③玉(ぎょく)製の品物、玉(ぎょく)製の印章④大切なもの、尊重すべきもの、「宝典」「宝物」「重宝」[王ノ一𠂉二十干山缶珤]
【窑】穴5+6=総画数11 U+7A91【窯𥧳𥨭𥧟窰𥥲䆙】 [ヨウ/かま] ①陶器や煉瓦を焼く土などで囲った穴[ウ宀ハ八穴ノ一𠂉二十干山缶窑]
【䘖】行6+6=総画数12 U+4616 [音未詳/] ①義未詳、【中華字海】に「同”御”」とあり[ノ丿2イ彳二丁亍行ノ一𠂉二十干山缶䘖]
【𩛊】食8+6=総画数14 U+296CA【飽𩜿𩝰𩞛𩛴䭋𩛕𩝒𩝓𩛒𩝩飹饱𩛁𩜕】 [ホウ、ヒョウ/あ・きる、あ・く、あ・くまで] ①十分に食べたり飲んだりして腹がいっぱいになる、満腹になる②満ち足りる、満足する③十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる④あ・くまで、満足するまで[人、丶ヨレノ艮良食ノ一𠂉二十干山缶𩛊]
【𩛕】食8+6=総画数14 U+296D5【飽𩜿𩝰𩞛𩛴䭋𩛊𩝒𩝓𩛒𩝩飹饱𩛁𩜕】 [ホウ、ヒョウ/あ・きる、あ・く、あ・くまで] ①十分に食べたり飲んだりして腹がいっぱいになる、満腹になる②満ち足りる、満足する③十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる④あ・くまで、満足するまで[ノ一𠂉二十干山缶人、丶ヨレノ艮良食𩛕]

【𦈢】缶6+0=総画数6 U+26222【缶缻𦈪】 [カン、フウ、フ/] ①酒・水・薬などを入れる胴が膨らんで口が小さい素焼の器、円筒状の器は「罐」②土器製の打楽器名③[日]かん、円筒状の容器、同”罐”[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢]
【𠛺】刀2+6=総画数8 U+206FA【㓡】 [フ、ブ/] ①刀の手で握る部分[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢刀𠛺]
【卸】卩2+6=総画数8 U+5378【缷䣃】 [シャ/おろ・す、おろし] ①馬から馬具などを外して下ろす、鎧などを脱いで下ろす、重いものを下ろして解放する②[日]おろ・す、おろし、商品を流通上の川上から川下へ売り渡す[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢I|丨フ𠃌卩卸]
【欫】欠4+6=総画数10 U+6B2B [ケキ、キャク/] ①口笛の音[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢ノフ乛人欠欫]
【𤥖】玉4+7=総画数11 U+24956【宝寶寳𡪓𡫷寚𡩧珤㻄𤥯𤨷𠋾𠍙】 [ホ、ホウ/たから] ①大切にしまっておくもの、珍しく貴重なもの、高価なもの、「宝石」「宝物」「財宝」「家宝」②秘蔵する、大切にする、珍重する③玉(ぎょく)製の品物、玉(ぎょく)製の印章④大切なもの、尊重すべきもの、「宝典」「宝物」「重宝」[王ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢𤥖]
【衘】行6+7=総画数13 U+8858 [カン、ゲン、ギョ、ゴ/] ①口に咥(くわ)える、同”銜”、「【太平廣記・東方朔】有龍衘火。」②御(ぎょ)す、意のままに操る、同”御”[ノ丿2イ彳二丁亍行ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢衘]
【䣃】邑3+7=総画数10 U+48C3【卸缷】 [シャ/おろ・す、おろし] ①馬から馬具などを外して下ろす、鎧などを脱いで下ろす、重いものを下ろして解放する②[日]おろ・す、おろし、商品を流通上の川上から川下へ売り渡す[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢ろ3I|丨邑阝䣃]
【𩛒】食8+6=総画数14 U+296D2【飽𩜿𩝰𩞛𩛴䭋𩛕𩛊𩝒𩝓𩝩飹饱𩛁𩜕】 [ホウ、ヒョウ/あ・きる、あ・く、あ・くまで] ①十分に食べたり飲んだりして腹がいっぱいになる、満腹になる②満ち足りる、満足する③十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる④あ・くまで、満足するまで[ノ一𠂉二十干一上止正缶𦈢人、丶ヨレノ艮良食𩛒]

【䍃】缶6+4=総画数10 U+4343 [ヨウ、ユウ、ユ/] ①首が細長く胴が膨らんでいる容器、瓮(もたい)[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃]
【傜】人2+10=総画数12 U+509C [ヨウ/] ①人民を徴用し無償で労働させる、同”徭”[イ人亻タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃傜]
【嗂】口3+10=総画数13 U+55C2 [ヨウ/] ①喜ぶ、楽しむ[口タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃嗂]
【𡏟】土3+10=総画数13 U+213DF [ヨウ/] ①地名用字[土タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃𡏟]
【媱】女3+10=総画数13 U+5AB1 [ヨウ/] ①肩を揺らしながら舞うように行くさま②美しい③戯れる[女タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃媱]
【徭】彳3+10=総画数13 U+5FAD [ヨウ/] ①人民を徴用し無償で労働させる、同”傜”[ノ丿2イ彳タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃徭]
【愮】心3+10=総画数13 U+612E [ヨウ/] ①心配事や悩みを胸の内に抱えるさま、憂いで心が揺れ動く、惑う[ハI|丨心忄タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃愮]
【搖】手3+10=総画数13 U+6416【揺摇㨱摿𢭊𢳘𢭌】 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] ①上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす[オ才手扌タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃搖]
【摇】手3+10=総画数13 U+6447【揺搖㨱摿𢭊𢳘𢭌】 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] ①上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす[オ才手扌タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃摇]
【暚】日4+10=総画数14 U+669A [ヨウ/] ①陽が明るく光る、明るい[日タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃暚]
【榣】木4+10=総画数14 U+69A3 [ヨウ/] ①木が揺れ動く[木タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃榣]
【滛】水3+10=総画数13 U+6EDB【淫】 [イン/みだ・ら] ①異性との関係がだらしない、またその行為②物事に浸る、また溺れる、また耽る③恣にする④度を越す[シ水氵タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃滛]
【熎】火4+10=総画数14 U+718E [ヨウ/] ①燃やした後に残る燃え残りや灰、同”燼”[火タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃熎]
【猺】犬3+10=総画数13 U+733A [ヨウ/] ①「獏猺(ばくよう)」、獣の名、イヌ(狗)の一種という②「黄猺(こうよう)」、キエリテン(黄襟貂)、イタチ科テン属の動物③「青猺(せいよう)」、ハクビシン(白鼻心)、ジャコウネコ科ハクビシン属の動物[ノ2犬犭タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃猺]
【瑤】玉4+10=総画数14 U+7464【瑶𤪅】 [ヨウ/] ①大変に美しい石、美しさは玉(ぎょく)に次ぐという②美しい、優美な、素晴らしい③中国南部広西チワン族自治区・湖南省・広東省・タイ北部などに住む少数民族の名、「瑶族、ヤオ族」④「瑤琨(ようこん)」、玉(ぎょく)に次ぐ美しい石[王タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃瑤]
【䁘】目5+10=総画数15 U+4058 [ヨウ/] ①遠くを見る[目タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃䁘]
【磘】石5+10=総画数15 U+78D8 [ヨウ/] ①「灰磘」、地名、台湾台北縣中和市[石タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃磘]
【窰】穴5+10=総画数15 U+7AB0【窯𥧳𥨭𥧟窑𥥲䆙】 [ヨウ/かま] ①陶器や煉瓦を焼く土などで囲った穴[ウ宀ハ八穴タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃窰]
【䔄】艸3+10=総画数13 U+4504【𦾾】 [ヨウ/] ①草名②ガマ(蒲)の葉[サ十2草艹艹タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃䔄]
【𧡷】見7+10=総画数17 U+27877 [ヨウ/] ①隅々まで見渡す②二人が互いに見合う、同”覞”[目見タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃𧡷]
【謠】言7+10=総画数17 U+8B20【謡谣䚺】 [ヨウ/うたい、うた・う] ①即興で歌う、楽器などの伴奏なしに歌う、同”䚻”、楽器などの伴奏に合わせて歌うのは「歌」②子どもや一般の人が節を付けて口遊(くちずさ)む歌③根も葉もない噂話[言タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃謠]
【谣】言2+10=総画数12 U+8C23【謡謠䚺】 [ヨウ/うたい、うた・う] ①即興で歌う、楽器などの伴奏なしに歌う、同”䚻”、楽器などの伴奏に合わせて歌うのは「歌」②子どもや一般の人が節を付けて口遊(くちずさ)む歌③根も葉もない噂話[、丶レ讠タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃謡謠谣]
【䠛】足7+10=総画数17 U+481B [ヨウ/] ①飛び跳ねる[口ト卜⺊上止龰足タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃䠛]
【𨍳】車7+10=総画数17 U+28373 [ヨウ/] ①二頭(また一頭)立ての立って乗る小さい車、同”軺”[車タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃𨍳]
【遙】辵4+10=総画数14 U+9059【遥𨖈䢣𨔠𨓧𨔚𨗽】 [ヨウ/はる・か] ①どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま②ゆらゆらと動く、ぶらぶらする③「逍遥(しょうよう)」(1)思いのままにあちこち歩き回る(2)思いのままにゆったりとしたさま[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃え辶辶遙]
【鎐】金8+10=総画数18 U+9390 [ヨウ、ソク/] ①酒器[金タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃鎐]
【𩀘】隹8+10=総画数18 U+29018【鷂鹞】 [ヨウ/はいたか] ①ハイタカ(鷂)、タカ科オオタカ属の鳥②タカ科チュウヒ属の鳥の総称[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃ノ2隹𩀘]
【䬙】風9+10=総画数19 U+4B19【颻飖】 [ヨウ/] ①風で物が揺れ動くさま[机几𠘨ノ中虫風タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃䬙]
【颻】風9+10=総画数19 U+98BB【飖䬙】 [ヨウ/] ①風で物が揺れ動くさま[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃机几𠘨ノ中虫風颻]
【飖】風4+10=総画数14 U+98D6【颻䬙】 [ヨウ/] ①風で物が揺れ動くさま[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃机几風𠘨メ风颻飖]
【鰩】魚11+10=総画数21 U+9C29【鳐】 [ヨウ/えい] ①トビエイ目或いはガンギエイ目の魚類②「文鰩」、トビウオのような翼を持った魚、同”魰”[ク𠂊田、丶4火灬魚タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃鰩]
【鳐】魚8+10=総画数18 U+9CD0【鰩】 [ヨウ/えい] ①トビエイ目或いはガンギエイ目の魚類②「文鰩」、トビウオのような翼を持った魚、同”魰”[ノフク𠂊田一鱼タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃鳐]
【鷂】鳥11+10=総画数21 U+9DC2【鹞𩀘】 [ヨウ/はいたか] ①ハイタカ(鷂)、タカ科オオタカ属の鳥②タカ科チュウヒ属の鳥の総称[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃鳥鷂]
【鹞】鳥5+10=総画数15 U+9E5E【鷂𩀘】 [ヨウ/はいたか] ①ハイタカ(鷂)、タカ科オオタカ属の鳥②タカ科チュウヒ属の鳥の総称[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃ノフ𠃌、丶一鸟鷂鹞]

【缺】缶6+4=総画数10 U+7F3A【𦈫缼】 [ケツ/] ①(器が)欠ける、割れる、損なう、本来の形や状態ではなくなる②足りない、そこにあるべきものがない③日本では「缺」の代りに「欠」を用いる[ノ一𠂉二十干山缶ユ人大夬缺]
【蒛】艸3+10=総画数13 U+849B [ケツ/] ①「蒛葐(けつぼん)」、ラズベリー(Raspberry)などのバラ科キイチゴ属の木[サ十2草艹艹ノ一𠂉二十干山缶ユ人大夬缺蒛]
【𨶏】門8+10=総画数18 U+28D8F【闕阙𨸊𨴸𨵗𨶔𨶕𨷂】 [ケツ、コチ/] ①門の両側に建てた櫓③宮城(きゅうじょう)の門、宮城、天子が住む所③途切れる、間が空く、欠ける、「門は城に出入りするために設ける城壁の切れ目」の意[門ノ一𠂉二十干山缶ユ人大夬缺𨶏]
【𨸊】門3+10=総画数13 U+28E0A【闕阙𨶏𨴸𨵗𨶔𨶕𨷂】 [ケツ、コチ/] ①門の両側に建てた櫓③宮城(きゅうじょう)の門、宮城、天子が住む所③途切れる、間が空く、欠ける、「門は城に出入りするために設ける城壁の切れ目」の意[I|丨、丶门ノ一𠂉二十干山缶ユ人大夬缺𨸊]

【罅】缶6+11=総画数17 U+7F45 [カ/ひび] ①土器を焼いた時にできる割れ目②裂ける[ノ一𠂉二十干山缶ト卜フノ丿2七虎虍ソ乎虖罅]
【嚹】口3+17=総画数20 U+56B9 [ロウ/] ①語気詞[口ノ一𠂉二十干山缶ト卜ノ虍ソ乎虖罅嚹]

【罌】缶6+14=総画数20 U+7F4C【罂𦉍甖甇𤫡𦉦𧶹】 [オウ/] ①首が細く口が広がり胴が膨らんでいる陶製の瓶(かめ)或いは甕(かめ){器}、(首の長さはまちまちのようである)[目ハ貝2賏ノ一𠂉二十干山缶罌]
【𤫡】玉4+20=総画数24 U+24AE1【罌罂𦉍甖甇𦉦𧶹】 [オウ/] ①首が細く口が広がり胴が膨らんでいる陶製の瓶(かめ)或いは甕(かめ){器}、(首の長さはまちまちのようである)[王目ハ貝2賏ノ一𠂉二十干山缶罌𤫡]

【罍】缶6+15=総画数21 U+7F4D【𦉩𤴊𥃇】 [ライ/] ①口が窄まり肩の部分が膨らんだ酒を入れる大きな壺{酒器}[田2畕3畾ノ一𠂉二十干山缶罍]
【𤫥】玉4+21=総画数25 U+24AE5【瓃𤫤】 [ライ/] ①玉器の名、「畾」は「雷」の意で雷雲の彫り物をした玉器という、雷雲は「不窮」の象徴[王田2畕3畾ノ一𠂉二十干山缶罍𤫥]



漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 缶部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です