総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「己部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 己部」 [部首索引


【己】己3+0=総画数3 U+5DF1 [キ、コ/おのれ、つちのと] 【𢀒】[コ匚L乚己]
◆おのれ、自分
◆つちのと、十干(ジッカン)の六番目 {十干}
◆[日]おのれ、相手を罵って言う言葉
◆おのれ、き、つちのと、部首名
漢字林(非部首部別)
【已】己3+0=総画数3 U+5DF2 [イ/や・む、すで・に] [コ匚L乚己已]
◆や・む、止(や)む、止める、止(と)まる、「不得已(ブゥドゥイィ、止む得ない、止む得ずに~)」
◆(職を)退く、去る、辞(や)める
◆終わる、終える
◆既(すで)に、「已然(イゼン)」
◆(基準となる時・ところ・出来事など)から~、より~、よりも~、「已上(イジョウ、以上)」「已下(イカ、以下)」「已往(イオウ、以前)」「已後(イゴ、以後)」、同「以」「㠯」
◆「已甚(イジン)」、度が過ぎる
漢字林(非部首部別)
【巳】己3+0=総画数3 U+5DF3 [シ、ジ/み] [コ匚L乚己巳]
◆み、十二支の六番目 {十二支}、動物では蛇を当てる、時刻では午前十時を中心とした二時間
漢字林(非部首部別)
【巴】己3+1=総画数4 U+5DF4 [ハ、ヘ/ともえ] [L乚巴]
◆古国名、古族名、現四川省東部 {四川省}
◆腹這い(はらばい)になる
◆ぴったりと付く、へばりつく、張り付く
◆[日]ともえ、鞆絵(ともえ)、鞆(とも、弓の弦が直接腕に当たることを防ぐために手首近くに巻く革製の帯)を図案化した形
注解:ヘビ(蛇)が体をくねらせものを食べるさまを象った字、「【說文解字:巴部:巴】蟲也或曰食象蛇象形…」
漢字林(非部首部別)
【𢀳】己3+1=総画数4 U+22033 [未詳/] [ヨココ匚L乚己巳𢀳]
◆未詳、「【中華字海:乙部:𢀳】同”巴”」
【㠯】己3+2=総画数5 U+382F [イ/] [コ2㠯]
◆同「以」
◆同「已」
漢字林(非部首部別)
【𢀴】己3+2=総画数5 U+22034 [アク、ヤク/] 【𠂬𠂘𠨗𠨳】[ノ丿2𠂆コ匚L乚己巳𢀴]
◆木の節(ふし)、同「厄」「枙」
【导】寸部
【异】廾部
【𠮯】口部
【𡵒】山部
【𢀵】己3+3=総画数6 U+22035 [未詳/] [コ匚L乚己2𢀵]
◆未詳
【㰝】欠部
【巵】己3+4=総画数7 U+5DF5 [シ/さかずき] 【卮】[ノ丿2𠂆一𠂋L乚巴巵]
◆大きな(四升が入る)酒杯、多くは円筒形で取っ手が付く
◆「侑巵(ユウシ)」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡(いまし)めにしたという、同「攲器、𢼨器(キキ)」、「【文子:卷上:守弱】…五帝有戒之器命曰侑巵其沖即正其盈即覆…」
漢字林(非部首部別)
【改】攴部
【攺】攴部
【𣢇】欠部
【巶】己3+5=総画数8 U+5DF6 [ショウ、ジョウ/] 【佋】[刀口召コ匚L乚己巳巶]
◆人の間に立って関係を繋ぎ合わせる、人を引き合わせて間を取り持つ、同「紹」
◆始祖の宗廟の左側に建てられる廟、始祖を中央として次の代から左右左右の順に並ぶ、同「昭」、右側は「穆」
【𢀷】己3+5=総画数8 U+22037 [キン、コン/] 【卺巹𢀿𨚡𧯢𢀾𧯷】[フ乛亅了水氶コ匚L乚己巳𢀷]
◆瓢(ひさご)を二つに割って作った結婚式で用いる酒杯、新郎新婦がそれぞれ片方を取り酒を飲む
【𢀸】己3+5=総画数8 U+22038 [未詳/] [ト卜⺊タ夕歺コ匚L乚己巳𢀸]
◆未詳
注解:「【字彙:申集:艸部:{⿲艹(⿰歺匕)开}】{⿲艹𢀸廾}本字説文从{⿰歺匕}在茻中一其中所以薦之者會意六書正譌俗作{⿲艹𢀸廾}非」とあり、「死」の俗字か?
【巷】己3+6=総画数9 U+5DF7 [コウ、ゴウ/ちまた] 【䢽䣈𨛜𨞔𨞠𨙵𨜕】[十2艹一龷ハ八共コ匚L乚己巳巷]
◆小路、路地、街道(他の町や村に通じる道、大通り)から外れた道
◆その両側に並ぶ家、家が建ち並んでいるところ、町(まち)
◆[日]世間(せけん)、世の中
漢字林(非部首部別)
【巹】己3+6=総画数9 U+5DF9 [キン、コン/] 【卺𢀷𢀿𨚡𧯢𢀾𧯷】[フ乛亅了水氶一丞コ匚L乚己巹]
◆瓢(ひさご)を二つに割って作った結婚式で用いる酒杯、新郎新婦がそれぞれ片方を取り酒を飲む
【巺】己3+6=総画数9 U+5DFA [ソン/たつみ] 【㢲𢌴𢁅】[コ匚L乚己巳2一ハ巺]
◆食材を吟味し調(ととの)えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「巽」、「【說文解字注:丌部:巺】具也(孔子說易曰巺入也巺乃愻之假借字愻順也順故善入許云具也者巺之本義也)」
漢字林(非部首部別)
【巻】己3+6=総画数9 U+5DFB [ケン、カン/ま・く] 【卷𠨟𨤖𩁫】[ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹フ𠃌卩L乚㔾コ匚L乚己巳卷巻]
◆膝を曲げる
◆ま・く、ぐるぐると渦状に回す、周りをぐるぐると囲む、転がすようにして筒状に丸める
◆書物、巻物になっていたことから
◆一つの書物が幾つかの巻物(まきもの)や冊子(サッシ)や篇(ヘン、首尾が完結した文章)に分かれている時にその数を数える語
漢字林(非部首部別)
【𢀹】己3+6=総画数9 U+22039 [チン、ジン/] 【朕𣍹𦨶𦩎𦩗】[ノコ2㠯𠂤コ匚L乚己巳𢀹]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(シコウテイ、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同「眹」
【𢀺】己3+6=総画数9 U+2203A [未詳/] [二人大夫凵コ匚L乚己巳𢀺]
◆未詳、「【揚子雲集:卷四:蜀都賦】其竹則鍾龍䇣𥯑野篠紛𢀺」「【漢語大字典:己部:𢀺】”鬯”的讹字」
【𢀻】己3+6=総画数9 U+2203B [未詳/] [ソ丷一䒑ハ八二人大天关コ匚L乚己𢀻]
◆未詳、「【中華字海:己部:𢀻】同”卷”。见日本《常用汉字表》」
【巸】己3+7=総画数10 U+5DF8 [イ/] 【𦣤𣢮】[匚I|丨コ口臣𦣞𦣝コ匚L乚己巳巸巸]
◆大きく広がるさま、広く行き渡るさま、同「熙」
◆楽しいさま、満ち足り喜ぶさま、同「熙」
漢字林(非部首部別)
【巼】己3+7=総画数10 U+5DFC [パッ/] [L乚巴口ヒ七𠤎匕叱巼]
◆[韓]地名用字
【𢀽】己3+7=総画数10 U+2203D [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ] 【起𧺫𨑔𨑓𨑖𡆡】[コ匚L乚己ノ丿3彡⺊上止龰辵𢀽]
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
【𢀾】己3+7=総画数10 U+2203E [キン、コン/] 【卺巹𢀷𢀿𨚡𧯢𧯷】[フ乛亅了水氶手承コ匚L乚己巳𢀾]
◆瓢(ひさご)を二つに割って作った結婚式で用いる酒杯、新郎新婦がそれぞれ片方を取り酒を飲む
【𢀿】己3+7=総画数10 U+2203F [キン、コン/] 【卺巹𢀷𨚡𧯢𢀾𧯷】[フ乛亅了水氶一丞L乚巴𢀿]
◆瓢(ひさご)を二つに割って作った結婚式で用いる酒杯、新郎新婦がそれぞれ片方を取り酒を飲む
【㠱】己3+8=総画数11 U+3831 [キ/] [コ匚L乚己甘目ハ八其㠱]
◆「㠱踞(キキョ)」、腰を下ろし両足を前へ投げ出すようにして座る、膝を曲げることはあっても足は組まない座り方、同「踑踞」「箕踞」 {姿勢(座る)}
◆周代(前11世紀~前256年)の国名、現河南省開封市杞県付近、同「杞」「𠶵」
【𢁂】己3+8=総画数11 U+22042 [キ/] [甘目ハ八其コ匚L乚己巳𢁂]
◆癇癪(カンシャク)持ち、「【康熙字典:寅集中:己部:𢁂】《類篇》疾恚也」
【𢁃】己3+8=総画数11 U+22043 [セイ、サイ/] 【躋跻䠁𤼥】[山2人コ匚L乚己巳𢁃]
◆登る、道や階段や梯子(はしご)などの足場を伝いながら登る、同「登」
【𢁄】己3+8=総画数11 U+22044 [ギ/] 【𠤗𠤜𥎲𠤑𠤕】[ノ大天矢コ匚L乚己巳𢁄]
◆もしかしたらと惑(まど)いどちらとも決め兼ねる、推定や疑問を表す語、同「疑」、「【說文解字:𠤎部:𠤗】未定也」
【巽】己3+9=総画数12 U+5DFD [ソン/たつみ] 【𢁌𢁉顨𢍳】[コ匚L乚己巳2十2艹一龷ハ八共巽]
◆八卦(ハッカ、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ、風を表し、文王(後天)八卦では、方角は東南、動物は鶏(ケイ、ニワトリ)を当てる {卦}
◆食材を吟味し整えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「㢲」
注解:本字の「己己」の部分は本来「巳巳」
漢字林(非部首部別)
【𢁅】己3+9=総画数12 U+22045 [ソン/たつみ] 【㢲巺𢌴】[コ匚L乚己巳2ノ丿ナチノ丿十千2𠦅𢁅]
◆食材を吟味し調(ととの)えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「巽」、「【說文解字注:丌部:巺】具也(孔子說易曰巺入也巺乃愻之假借字愻順也順故善入許云具也者巺之本義也)」
【𢁆】己3+9=総画数12 U+22046 [未詳/] [亠立ワ冖巾帝コ匚L乚己𢁆]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𢁇】己3+9=総画数12 U+22047 [未詳/] [フ乛亅了水氶手承L乚巴𢁇]
◆未詳
【𢁈】己3+9=総画数12 U+22048 [未詳/] [コ匚L乚己巳日一⺊上止龰𤴓是𢁈]
◆未詳
【𢁉】己3+9=総画数12 U+22049 [ソン/たつみ] 【巽𢁌顨𢍳】[コ匚L乚己巳2十2艹一龷ハ八共巽𢁉]
◆八卦(ハッカ、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ、風を表し、文王(後天)八卦では、方角は東南、動物は鶏(ケイ、ニワトリ)を当てる {卦}
◆食材を吟味し整えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「㢲」
【𢁌】己3+12=総画数15 U+2204C [ソン/たつみ] 【巽𢁉顨𢍳】[コ匚L乚己巳2一ノ丿ナ十2廾二开一ハ八𢁌]
◆八卦(ハッカ、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ、風を表し、文王(後天)八卦では、方角は東南、動物は鶏(ケイ、ニワトリ)を当てる {卦}
◆食材を吟味し整えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「㢲」
【𢁐】己3+15=総画数18 U+22050 [未詳/] [田2畕3畾コ匚L乚己巳𢁐]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲二:諄第十八:寅𡓵㝙𡩪𢁐】夷眞切說文髕也正月陽氣動去黃泉欲上出陰尚強象宀不達髕寅於下也古作𡓵㝙𡩪𢁐」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 己部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です