総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「文部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 文部」 [部首索引


文4+0=総画数4 U+6587 [ブン、モン/あや、ふみ]
◆紋様や図形、「天文(テンブン、テンモン)」
◆多くの人にとって共通の意味を持つ紋様や図形、「文字(モジ、モンジ)」、古くは象形文字(ものの形を象った字、「宀」「子」もその一つ)や指事文字(形のないものを表す字、「一」「二」「上」「下」など)を「文」といい、それら(「字」を例にとれば「宀」「子」)を組み合わせたものを「字」といった、後には「文」「字」の区別はなくなり「字」が用いられる、「【說文解字:序】…倉頡之初作書蓋依類象形故謂之文其後形聲相益即謂之字…」
◆言葉を字で書き表したもの、「文章(ブンショウ)」「文書(ブンショ、モンジョ)」
◆力に依(よ)らず穏やかで洗練されているもの、またそのさま、「文明(ブンメイ、美しく洗練されているさま、知識や教養があるさま)」、勇ましく猛々(たけだけ)しいのは「武」
◆ぶん、ぶんにょう、部首名
漢字林(非部首部別)
乙部
刀部
齊部
𣁁文4+2=総画数6 U+23041 [未詳/]
◆未詳
文4+3=総画数7 U+3AAF [キョ、コ/あ・げる、あ・がる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って] 擧𦦙舉挙举
◆(ものを手で頭よりも上に)持ち上げる、手を高く上げる、「挙手(キョシュ)」
◆(問題点などを)取り上げる
◆(人などを)取り立てる、「推挙(スイキョ)」
◆事を起こす、行(おこな)う
◆(国や場所を)占領する
◆行い、行為
◆全て、悉(ことごと)く、残らずに、「挙国(キョコク、国を挙げて、国民全て)」
口部
寸部
彡部
文4+3=総画数7 U+6588 [カク、ガク/まな・ぶ] 學学𢻯𡕕
◆(教えを受けながら、見て倣いながら)知識や技術などを身に付ける、習得する、またその内容、知識や技術などを授(さず)けることを「教」
◆教えを受け知識や技術などを習得するために設けられた場所
◆知識や技術などを習得した人、また習得しようと修練している人
漢字林(非部首部別)
𣁃文4+3=総画数7 U+23043 [未詳/]
◆未詳、「【中華大字典:文部:𣁃】學俗字」
齊部
日部
日部
𣁄文4+4=総画数8 U+23044 [未詳/]
◆未詳
𣁇文4+5=総画数9 U+23047 [未詳/]
◆未詳
𣁈文4+5=総画数9 U+23048 [未詳/]
◆未詳
𥄐目部
文4+6=総画数10 U+3AB0 [サイ、セ/] 齋斎𥚪斋夈
◆神を迎えるために食事や身なりや行動を控(ひか)えめにして心身を慎(つつし)み清める、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事、同「𩝦」
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
文4+6=総画数10 U+658A [セイ、ザイ、サイ、セ/ひと・しい、ととの・う] 齊斉齐亝𠫼𡕓
◆(穀物の穂が)凸凹(でこぼこ)せずに平らに揃っている
◆多くのものが凸凹せずに揃っている、偏(かたよ)らずに整(ととの)っている
◆長さや重さなどが揃っている、等(ひと)しい
◆ちょうどよい具合に整える、きちんと揃える
◆周代の国名、前11世紀~前379年、別名「姜齊(ショウセイ)」 {春秋時代}
◆南北朝時代の王朝名、479年~502年、別名「南齊(ナンセイ)」 {南北朝時代}
◆南北朝時代の王朝名、550年~577年、別名「北齊(ホクセイ)」 {南北朝時代}
漢字林(非部首部別)
文4+6=総画数10 U+658B [サイ、セ/] 齋斎𥚪㪰夈
◆神を迎えるために食事や身なりや行動を控(ひか)えめにして心身を慎(つつし)み清める、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事、同「𩝦」
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
虫部
𠳵口部
𣁊文4+6=総画数10 U+2304A [ハン、ヘン/]
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、「斕斒(ランパン)」
𣁍文4+6=総画数10 U+2304D [トウ/] 𤓾
◆人名用字
文4+7=総画数11 U+658D [カク、コウ、キョウ/おぼ・える、さ・める] 覺覚觉𡕚覐𧠔𧠭𧠷
◆目を醒(さ)ます、眠りから醒める、正常な認識や判断ができない状態から抜け出る
◆迷いや暗がりから抜け出る、明るみに出る
◆辺りの状況が意識・認識できるようになる、迷いがなくなる、悟(さと)る
◆[日]記憶する
齊部
文4+7=総画数11 U+658F [未詳/]
◆未詳
𣁎文4+7=総画数11 U+2304E [ヨ/ほま・れ、ほ・める] 譽誉
◆ほま・れ、よい評判
◆ほ・める、褒(ほ)める、褒(ほ)め称(たた)える
𣁏文4+7=総画数11 U+2304F [ショ、ジョ/] 敍叙敘
◆次第(シダイ)、順序、同「序」
◆序列(ジョレツ)、位階に従った順序
◆考えや思いを順序だてて述べる
◆書物の端書(はしが)き、同「序」
𣁑文4+7=総画数11 U+23051 [未詳/]
◆未詳
𣁓文4+7=総画数11 U+23053 [未詳/]
◆未詳
𧴻貝部
文4+8=総画数12 U+658C [ヒン/]
◆文(ブン、紋様や文章など表面に現れ目に見えるもの)と質(しつ、外からは見えない中身、内容)が共に優れているさま、文と質が調和しているさま、同「彬」「份」、「文質斌斌(ブンシツヒンピン)」
漢字林(非部首部別)
文4+8=総画数12 U+6590 [ヒ/]
◆複雑に入り組んだ紋様、紋様が美しいさま
◆文章の表現や構成が巧みなさま
漢字林(非部首部別)
文4+8=総画数12 U+6591 [ハン、ヘン/まだら、ぶち、むら]
◆地色に他の色が点状や縞状に散らばっているさま
◆「斑鳩(ハンキュウ)」、ハト科キジバト属の小形のハト(鳩)、同「鵓鳩(ボツキュウ)」「鳻鳩(ハンキュウ)」、「山斑鳩(サンハンキュウ、キジバト)」「歐斑鳩(オウハンキュウ、コキジバト)」「灰斑鳩(ハイハンキュウ、シラコバト)」「火斑鳩(カハンキュウ、ベニバト)」
漢字林(非部首部別)
𣁕文4+8=総画数12 U+23055 [未詳/]
◆未詳
𣁙文4+8=総画数12 U+23059 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:卯集:文部:𣁙】音義同錦」
文4+9=総画数13 U+6592 [ハン、ヘン/] 𣁊
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、「斕斒(ランパン)」
𣁗文4+9=総画数13 U+23057 [タン/] 𢾋
◆「𣁗𢿜(タンバン)」、無地で縫い取りや模様がないさま、同「縵」
𩢌馬部
貝部
鳥部
鳥部
齊部
𣁜文4+11=総画数15 U+2305C [バン、マン/] 𢿜𢿕
◆「𢾋𣁜(タンバン)」、無地で縫い取りや模様がないさま、同「縵」
𣁝文4+11=総画数15 U+2305D [サイ/いろど・る]
◆色の取り合わせが良いさま、また美しいさま、華やかで美しい模様、同「綵」
◆色合い、色の取り合わせ、様子、姿、同「采」
◆それに合った色を選び組み合わせて模様を描く、また華やかに飾る
𣁞文4+11=総画数15 U+2305E [ゼツ、ネチ/] 爇𤑔𦶟
◆焼く、燃やす、熱する、同「焫」
文4+12=総画数16 U+6593 [ラン/]
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、「斕斒(ランパン)」
虫部
虫部
𣁣文4+12=総画数16 U+23063 [リン/]
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、同「斕」、「【玉篇:卷五:文部第六十四:斕】力寒切斕斒𣁣同上」
鼠部
𣁦文4+14=総画数18 U+23066 [ハン、バン/]
◆未詳、「【儼山集:卷六十九:墓志銘:敕封太安人趙氏墓誌銘】…深之女弟歸副使君逮事太安人習聞太安人之風久中書舍人𣁦與共事館閣每泣向深曰太母之歿非舅孰宜銘且父命也…」「【字彙補:卯集:文部:𣁦】並瞞切音槃義闕」
文4+15=総画数19 U+6594 [ユ/]
◆容量の単位、1斔=6斛4斗=64斗、同「鍾」
文4+17=総画数21 U+6595 [ラン/]
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、「斕斒(ランパン)」
𣁪文4+17=総画数21 U+2306A [未詳/]
◆未詳
文4+19=総画数23 U+6596 [ビ、ミ/]
◆「斖斖(ビビ)」、ひたすら勉(つと)めるさま、飽(あ)くことなく努(つと)めるさま、同「亹亹」
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:文部第十四:𣁫{⿳文𦥯且}】二俗斖正音尾斖微也文才美貌也又進也」
𣁫文4+19=総画数23 U+2306B [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:文部第十四:𣁫{⿳文𦥯且}】二俗斖正音尾斖微也文才美貌也又進也」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 文部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です