総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です メールはこちらからどうぞ
K'sBookshelf】 [Flower in Season]

2019年-
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年


表紙を飾った花です。
これらの花は、[花の名前小辞典]・[花の図鑑]でもご覧いただけます。
季節の記述は、南関東が基になっております。


Sep/13/2020


タマスダレ【玉簾, 珠簾】」です。純白の六弁花、花弁の基部は黄色や黄緑になります。蕊は黄色、棒状の葉は緑色、大変美しい花です。「ゼフィランサス【Zephyranthes】」とも呼ばれますが、「ゼフィランサス」は属名です。また、「レイン・リリー【rain lily】」とも呼ばれますが、ヒガンバナ科ハブランサス属の一部も同じ名で呼ばれます。

Aug/30/2020


センニンソウ【仙人草】」です。純白の美しい花ですが、この花に見えるのは萼(がく)で、花冠(かかん、花びら全体)を支える役を担います。中央にあるのは蕊(しべ)です。それでは、花はどこ?・・・そうなんです、花はないのでそうです。意外ですね。萼が散り、実が熟すると、白いヒゲのようなものが目立ち始めます。これを仙人の髭に見立て、「仙人草」と名付けられたそうです。可愛らしい花ですが、有毒ですので、みだりに触ったりしないでくださいね。

Aug/16/2020


ムクゲ【木槿, 槿】」です。7月中旬ごろから咲いています。厳しい夏の間、優しい色あいで、とても繊細な感じのする花が、目を楽しませてくれます。樹高は2-3m程、花は10cm前後で、花色は白・薄紫・ピンク・赤紫など、一重や八重と、品種も大変豊富です。また、花や枝・根・実などは薬用に用いられているとのことで、美しさだけではないのですね。

Aug/2/2020


サルスベリ【猿滑り, 百日紅, 紫薇花】」です。樹高は2-4m程、花穂全体は10-30cm程、花一つは3cm程でしょうか。どこからどこまでが一つの花なのか、分かりにくいのですが、中央の蕊(しべ)から赤い柄を伸ばし、その先に花びらが付きます。花びらの縁(ふち)がフリルのようで、可愛らしいですね。樹肌はつるつるしていて、「木登りの上手な猿も滑る」ことからの名です。

Jul/19/2020


ナス【茄子】」の花です。濃い紫色からピンクや白など、品種によってやや違いがあります。大好きな夏野菜の一つです。薄切りにして水に晒し、アクを抜いて、しぼってよく水気を切り、鰹節を振り、醤油を垂らしていただきます。何とも言えません。

Jul/5/2020


ヤブカンゾウ【藪萱草】」です。良く目立つオレンジ色の花が群生しているところなどは、それは見事ですね。八重咲きで、花びらはかなり不規則な形をしており、縁に皺が寄ります。花も葉も根も生薬として利用されるそうです。良く似た花で「ノカンゾウ【野萱草】」がありますが、こちらは一重です。

Jun/21/2020


ツユクサ【露草】」です。みごとな青色の花です。これほど鮮やかな青い花はあまり見ません。これから暫くは咲き続けますので、是非お楽しみください。二弁花のように見えますが、実は三弁花です。蘂(しべ)の下の方に伸びる白い花弁が三枚目の花弁です。

Jun/7/2020


少し前から「セイヨウキンシバイ【西洋金糸梅】」が咲き始めています。「ヒペリカム・カリシナム【Hypericum calycinum】」の名の方が一般的かも知れません。本当に美しい豪華な感じのする花ですね。丁度梅雨が始まろうかという時期に咲き始めます。今年も、間違いなく、もうすぐ梅雨です。

May/24/2020


ブタナ【豚菜】」です。花径は3-4cm程、「タンポポ【蒲公英】」の花に似ていることから、「タンポポモドキ【蒲公英擬】」とも呼ばれます。ただ、「タンポポ【蒲公英】」よりも背は高く、50-70cm程にもなり、茎もまっすぐではなく、やや曲がります。また、その長い茎が分枝して、その先に花を咲かせることもあります。要注意外来生物リスト(詳細は環境省の「要注意外来生物リスト」をご覧ください)に指定されているそうですが、可愛らしい花だけに、ちょっと残念ですね。

May/10/2020


ニワゼキショウ【庭石菖】」です。花径は1.5cm程、草丈は20-25cm程です。端正な六弁花で、白花もあります。

Apr/26/2020


アメリカヤマボウシ【亜米利加山法師】」です。「ハナミズキ【花水木】」の方が馴染みがあるかもしれません。街路樹としても多く見掛けます。花のように見えるのは「」で、花の基部から生え出る葉の一種で、蕾を保護する役目をします。この苞の中央にある黄褐色の部分に、黄緑色の花を咲かせます。秋には、真っ赤な実を付けますよ。

Apr/12/2020


ノゲシ【野芥子】」です。葉には刺々しい「鋸歯(きょし)」がありますが、幾らか柔らかく、触っても痛いということはありません。よく似た「オニノゲシ【鬼野芥子】」は、ノゲシ(野芥子)に比べて、花はよく似ているものの、葉はやや荒々しく、棘(とげ)が硬く、触ると痛いです。ノゲシ(野芥子)は、春から夏にかけて咲くことから「ハルノノゲシ(春の野芥子)」とも呼ばれます。これに対して、秋に咲く「アキノノゲシ【秋の野芥子】」は花が薄黄色です。

Mar/29/2020


「ソメイヨシノ【染井吉野】」です。春といえば、「サクラ」ですね。中でも「ソメイヨシノ」が多いようです。今年は例年になく早く咲き始めて、近くの公園では早くも散り始めています。ただ残念なのは、新型コロナウィルスの影響で、花見も自粛モード、人出も少ないようです。

Mar/15/2020


「ホトケノザ【仏の座】」です。例年なら咲き始めは2月中旬頃ですが、今年は気温が高いせいでしょうか、日当たりの良いところでは、1月末頃から咲いています。丸い葉が仏様の座る円座に似ていることから、この名があります。同じ「ホトケノザ」の名を持つ植物に「コオニタビラコ【小鬼田平子】」があります。

Mar/1/2020


房咲き種の「スイセン【水仙】」です。白い部分が花弁(花びら)で、この花弁全体を花冠といい、内側の黄色い部分は副花冠(ふくかかん)、或いは単に「副冠」といいます。「スイセン」の学名は Narcissus tazetta で、Narcissus(ナルキッソス)はギリシア神話に出て来る美青年の名前です。「ナルシシズム narcissism」は、この美青年の名から生まれました。

Feb/16/2020


庭の「ヤブツバキ【藪椿】」です。「ツバキ【椿】」という名のほうが一般的かもしれません。小形ですが、可愛いピンク色の花で、今が盛りです。一カ月ほど前から咲き始めました。暖冬のせいか、いつもの年よりも早かったような気がします。

Feb/2/2020


「パンジー【pansy】」です。近くの公園の花壇に咲いています。寒さに強い上に、花色が豊富で、この季節には大変貴重な花ですね。花は5cm程で草丈は20cm前後でしょうか。これよりも小型の「ビオラ【viola】」という花があります。花の形はそっくりで、草丈も幾らか小さい程度ですが、花の大きさは半分程の2-3cmです。

Jan/19/2020


ヒナギク【雛菊】です。本来の花期は春夏だそうですが、この時期にも花壇などで見掛けます。「デイジー【daisy】」という名前のほうが、良く知られているかもしれません。花色も形も大きさも種類が多く、それぞれが、いずれも可愛らしい花です。

Dec/22/2019


「ヒメツルソバ【姫蔓蕎麦】」です。この花は、花期が長く、春頃から咲き始め、まだまだ元気です。濃いピンク色から白色の、金平糖のような形をした花が可愛らしいですね。とても繁殖力が旺盛で、地面を這うように広がります。葉には暗褐色の模様が入り、秋には見事に紅葉します。派手さはありませんが、ほぼ一年中楽しめる花です。

Dec/8/2019


「キク【菊】」です。めっきりと花の種類が少なくなる季節になりましたが、この程度はへいちゃらと、「キク」はとても元気。寒い季節に元気がもらえる花です。

Nov/24/2019


「ヒイラギ【柊, 疼木】」です。濃い緑色の葉と小さく白い四弁花が印象的です。葉には鋭い鋸歯(葉の縁のギザギザ)があり、この鋸歯で傷を追うと疼(うず)くことから「疼木」という漢字が当てられています。以前は、このトゲトゲが魔除けになるということから、家の入口の外側に飾られました。

Nov/3/2019


「ツワブキ【石蕗】」です。花径が5cm程の鮮やかな黄色の花です。葉はハート形で、「フキ(蕗)」に似ていて、「艶(つや)」があり、そこから「ツヤ」「フキ」、「ツワブキ」、になったといわれます。若い葉柄は食用になり、根は腫物・湿疹などの薬用になるそうです。

Oct/20/2019


「キンモクセイ【金木犀】」が咲き始めました。甘い香りが届いてきます。一つ一つの花径は5mm程ですが、密集して咲きますので、よく目立ちます。「キンモクセイ」はオレンジ色の花で、他にクリーム色の「ウスギモクセイ【薄黄木犀】」や白花の「ギンモクセイ【銀木犀】」があります。香りは「キンモクセイ」が一番強いように思います、気のせいでしょうか、・・・。

Oct/6/2019


「アキノノゲシ【秋の野芥子】」です。花径は2cm程、草丈は1-1.5m程にもなります。優しい淡黄色の花で、とても可愛らしいです。寒さが厳しくなり始める頃まで、まだ暫く楽しむことができます。ただ、繁殖力が旺盛で、嫌われることもあるかもしれません。

Sep/22/2019


「タマスダレ【玉簾, 珠簾】」です。純白の六弁花、花径は5cm程、花弁の基部は黄色と黄緑、蕊(しべ)は黄色、棒状の葉は緑色、端正で大変美しい花です。以前から「玉簾」の名の由来を知りたいと思っているのですが、諸説あって、どうもよく分かりません。ただ、由来は知らなくとも、十分に楽しむことはできますから、宿題としておくことにしましょう。

Sep/8/2019


「マメアサガオ【豆朝顔】」です。英名も「pitted morningglory」、「小さな」「アサガオ」、名前の通り、1cm程の小さな花です。夏の終わりごろから秋にかけて、フェンスや他の植物に絡みつきながら、幾つもの白い花を咲かせます。小さいですが、とても端整な五角形をしています。繁殖力が旺盛なようで、或いは厄介者かもしれませんが、何ともいとおしい感じがします。夕方には花が萎んでしまいますので、是非日中にご覧ください。

Aug/25/2019


「マルバアサガオ【丸葉朝顔】」です。葉がハート形であることから「マルバ」の名が付きました。茎は茶褐色、花は5cm程、園芸種の「アサガオ【朝顔】」に比べてやや小ぶりです。写真のような深い青紫色の他に、赤紫色や紅色などもあります。白花もあるそうですが未見で、是非見てみたいですね。赤紫色の花や葉は「マルバアサガオ【丸葉朝顔】」をご覧ください。

Aug/11/2019


「オオアレチノギク【大荒地野菊】」です。1.5-2m程にもなる背の高い植物ですが、花は小さく5mm程です。直立した茎の先から放射状に花柄が伸び、その先に花を咲かせます。花は白い頭状花、初めの頃は、いつ咲くか、いつ咲くか、・・・と、咲くのを待っていたことがありました。が、これ以上は咲きません。今でも苦笑いしてしまう(情けない、でも良い)思い出です。よく似た「アレチノギク【荒地野菊】」があります。背丈で区別するのが分かりやすいと思います。こちらは草丈が50cm程です。

Jul/28/2019


「ミソハギ【溝萩, 禊萩】」です。直立する茎に沿って濃いピンクの花を咲かせます。草丈は50cm、或いはもう少し高くなります。花は1cm程。盂蘭盆会(うらぼんえ、7月13日~15日、多少違う場合があります)に仏前に供えられる花ということから、ショウリョウバナ【精霊花】・ボンバナ【盆花】などの別名があります。今が見頃です。

Jul/14/2019


「ノウゼンカズラ【凌霄花】」です。蔓性で、木やフェンスなどに絡みつきながら上に上に伸び、7-8cm程の濃いオレンジ色の花をいっぱいに咲かせます。夏の花、という感じですね。これから暑い夏にかけて、長い間楽しめます。

Jun/30/2019


「ヒルザキツキミソウ【昼咲月見草】」です。ピンクと白のお椀型の可愛らしい花です。花径は5cm前後で、草丈は30-40cmでしょうか。「ツキミソウ【月見草】」など、アカバナ科マツヨイグサ属の多くは、夕方から花を開き、朝には凋(しぼ)んでしまいますが、この「ヒルザキツキミソウ」は、名前の通り日中に花を開かせます。

Jun/16/2019


セイヨウアジサイ【西洋紫陽花】」です。今盛りです。花に見える部分は「装飾花」と呼ばれ、「萼(がく)」に当たります。花はその中央にある蕾のような部分です。日本原産の「ガクアジサイ【額紫陽花】」「ヤマアジサイ【山紫陽花】」などを基に、ヨーロッパなどで作り出された品種の総称です。華やかですね。

May/26/2019


「アカカタバミ【赤酢漿草, 赤傍食, 赤片喰】」です。暫く前から咲き始め、これから暫くは次から次へと咲き続けます。五弁の可愛らしい花です。ただ、はびこり始めると、なかなか駆除できないほど、繁殖力は旺盛です。「アカカタバミ」は葉が赤褐色で、葉が緑のものは「カタバミ【酢漿草, 傍食, 片喰】」、同じ緑でも茎が立ち上がるものは「オッタチカタバミ【おっ立ち酢漿草, おっ立ち立傍食, おっ立ち立片喰】」です。

May/12/2019


「キバナフジ【黄花藤】」です。別名を「キングサリ【金鎖】」といい、この方が一般的かもしれません。鮮やかな黄色の花で、今が盛りです。「フジ【藤】」と同じマメ科に属します。

Apr/28/2019


「ノミノツヅリ【蚤の綴り】」です。ノミ(蚤)という名の通り、3-5mm程の大変小さな花です。でも、真っ白で、美しい形の五弁花、・・・とても可愛らしい。近くの道端に咲いています。

Apr/14/2019


「セイヨウアブラナ【西洋油菜】」です。「ナノハナ【菜の花】」の方が一般的でしょうか。通常は、「アブラナ」の花を「ナノハナ」と呼びます。「アブラナ」は、油(あぶら)が採れることから「油」「菜」という名になり、その「アブラナ」の種から採れる油を「菜」「種」「油」、その花を「菜」の「花」ということになりました。黄色い花は春に似合いますね。

Mar/31/2019


「ソメイヨシノ【染井吉野】」が咲き始めました。近くの多摩川沿いの土手では、2.5kmにわたって、このサクラが並び咲きます。今はまだ咲き始めですが、満開ともなると、それは圧巻です。来週が楽しみです。

Mar/17/2019


「アセビ【馬酔木】」です。可愛らしいスズランのような花を咲かせます。白花やピンクなどもあります。花も葉も枝も有毒で、漢名の「馬酔木」は、「馬」がこれを食べると痺れて「酔」ったようにふらつくということからの名だそうです。

Mar/3/2019


「ノボロギク【野襤褸菊】」が咲いていました。きれいな黄色の花で、なんとも可愛らしいですね。この花には、忘れられない思い出があります。花の写真を撮り始めた頃(20年以上前のことです)、この花を見つけましたが、もう少し待って、花がしっかり開いてから撮ることにしようと、その時は素通りしました。暫くして撮りに行ったところ、すっかり綿毛になっていました!! 花は、もうこれ以上開かない・・・!! そのことが、今でも忘れられません。この花を見る度に、思い出しては、苦笑いしてしまいます。

Feb/17/2019


暫く前から「スイセン【水仙】」が咲き始めています。可愛らしい花ですね。黄色い椀状の部分を、副花冠(ふくかかん)、或いは副冠(ふくかん)といいます。また、このような花の付き方を、房咲き(ふさざき)と呼びます。

Feb/3/2019


近くの「ウメ【梅】」が満開です。今年は幾らか気温が高いせいか、少し早いような気がします。とても良い香りが漂っています。そういえば、近くでは八重咲の種が殆どです。華やかで、見ごたえもありますから、人気なのでしょう。ただ、五弁の清楚な種も、捨てがたいのですが、・・・。まだ暫くは寒さが続きますが、「遠からず春」を感じさせてくれますね。

Jan/20/2019


「フユシラズ【冬知らず】」です。秋から冬にかけて、花径2cm程のオレンジ色の花です。寒い季節には貴重な花ですね。「ヒメキンセンカ【姫金盞花】Calendula arvensis」の園芸種ともいわれますが、よく分かりません。ご存知でしたら、是非ご教授ください。

Jan/6/2019


「トウネズミモチ【唐鼠黐】】」の実です。春の終わりごろから初夏にかけて、白い小さな花を咲かせます。秋になると、豆のような形の実が成り、始めは緑色ですが、次第にくすんできて、この季節には真っ黒になります。この黒い実が、鼠の糞に似ていることからの名のだそうです。



総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です メールはこちらからどうぞ