総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「支部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 支部」 [部首索引


【支】支4+0=総画数4 U+652F [シ/ささ・える、つか・える] [十ヌ又支]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同「枝」「肢」「𢺶」
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる
◆ささ・える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同「𢺶」
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す(支出する、支払う)、同「𢺶」
◆[日]つか・える、閊(つか)える、差し障(さしさわ)る
◆し、しにょう、部首名
漢字林(非部首部別)
【攰】支4+2=総画数6 U+6530 [キ/] [十ヌ又支カ力攰]
◆疲れが極まる、疲れ果てる
【𢺵】支4+2=総画数6 U+22EB5 [キ/] [ヒ七𠤎匕十ヌ又支𢺵]
◆傾く、頭が傾く
【𢺶】支4+3=総画数7 U+22EB6 [シ/] 【𠦙𣏃】[十ヌ又支巾𢺶]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同「支」
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる、同「支」
◆支える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同「支」
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す、支出する、支払う、同「支」
【𨙸】邑部
【㩺】支4+4=総画数8 U+3A7A [未詳/] [ヒ七𠤎匕2比十ヌ又支㩺]
◆未詳、「【康熙字典:支部:四:㩺】《正字通》牌字之譌」「【集韻:卷一:平聲一:五】㩺𤿎方言南楚之間器破而未離謂之㩺」
【𢺷】支4+4=総画数8 U+22EB7 [キ、ギ/] [一十巾市巿十ヌ又支𢺷]
◆寄生木(やどりぎ)、他の樹木に寄生して生育する木、同「㩽」
【𢺸】支4+4=総画数8 U+22EB8 [未詳/] [十ヌ又支2𢺸]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𢺺】支4+4=総画数8 U+22EBA [チィァ、チャ/] [十又支ハ八刀分𢺺]
◆[喃]、分ける、「𢺺𢩿(チャゼイ、分ける)」
【𢺽】支4+4=総画数8 U+22EBD [コウ、キョウ、ハク、ホク/] 【𤕝𢼂】[メ㐅乂2爻十ヌ又支𢺽]
◆教え、教える、同「教」
◆手足の指の関節が鳴る、また鳴らす、またその音、同「𩐟」、「【集韻:卷九:入聲上:覺第四:𥭖𩐟𤕝】說文手足指節鳴也或作𩐟𤕝通作肑肑豕腴」
【攱】支4+5=総画数9 U+6531 [キ/] [立十ヌ又支攱]
◆戸棚
◆(棚などに)載せる
【𢺾】支4+5=総画数9 U+22EBE [テイ、タイ/] 【㪆𢼕𢻽】[ノレ氏一氐十ヌ又支𢺾]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:薺第十一:㪆】博雅隠也」「【集韻:卷二:平聲二:模第十一:㪭】㪆㪭欺也」
【㩻】支4+6=総画数10 U+3A7B [キ/] [ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危十ヌ又支㩻]
◆傾く、傾いて不安定なさま、傾いていて危(あや)ういさま
◆疲れが極まる、疲れが積み重なり痩せ細る、同「𤿡」
【𢻃】支4+6=総画数10 U+22EC3 [シ、ジ/] [上小尗十ヌ又支𢻃]
◆豆を蒸した後発酵させた調味料また食品、同「豉」
【𢻄】支4+6=総画数10 U+22EC4 [コ、ク/] 【辜𢪿𦍬𢩍𡱨𡲞𤿛𨑀】[一コノ丿尸戸戶ノ丿L乚儿十ヌ又支𢻄]
◆罪、重い罪
◆処罰する、(罪人や生贄を)切り裂く
◆「辜負(コフ)」、人の好意や期待などに背く、また無にする
【𢻆】支4+6=総画数10 U+22EC6 [未詳/] [人𠆢一亼口𠮛合十又支𢻆]
◆未詳、「【廣韻:上平聲:支第五:腄:㩾】𢻆㩾不齊」(注.【字彙:卯集:支部:㩾】「【正字通:卯集下:支部:㩾】」「【類篇:支部:㩾】」はいずれも「{⿰今支}㩾不齊」とする)
【𢼮】支4+6=総画数10 U+22F2E [キ/] 【𢼨】[ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼮]
◆「𢼮器(キキ)」、同「攲器」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𦧉】舌部
【㩽】支4+7=総画数11 U+3A7D [キ、ギ/] [木口束十ヌ又支㩽]
◆寄生木(やどりぎ)、他の樹木に寄生して生育する木、同「𢺷」
【𢻊】支4+7=総画数11 U+22ECA [ギョ、ゴ/] 【敔𢾵】[十又支ユ𫝀五口吾𢻊]
◆虎が伏せた形に作った打楽器の名、背中に鋸(のこぎり)の刃状(或いは櫛の歯状)の突起があり、演奏の最後に、これを「籈(ケン)」と呼ばれる棒で叩き擦(こす)ることで音を出す、演奏の始まりに鳴らすのは「柷」、「【爾雅注疏:釋樂】所以鼓柷謂之止(《注》柷如漆桶方二尺四寸深一尺八寸中有椎柄連底挏之令左右撃止者其椎名)所以鼓敔謂之籈(《注》敔如伏虎背上有二十七鉏鋙刻以木長尺櫟之籈者其名)」 {打楽器}
【𢻌】支4+7=総画数11 U+22ECC [キ、ギ/] 【𨙸𨙾】[口日L乚巴邑十又支𢻌]
◆地名、未詳、「【漢書:志:郊祀志:郊祀志下】大王建國於𨙸梁・・・文武興於酆鎬・・・由此言之則𨙸梁酆鎬之間周舊居也固宜有宗廟壇場祭祠之臧」
【𢻍】支4+7=総画数11 U+22ECD [コウ、キョウ/おし・える、おそ・わる] 【教敎𧧿𢼅】[ヌ又2ヨ十ヌ又支𢻍]
◆自分の持つ知識・技術などをそれを持たない他の人に授(さず)ける、また見習わせる、またその内容、教えを受け見て倣い習得することを「学」
◆神仏の説く道、道を示し導く
◆領主の指示や命令
◆~をして~せしむ、~をして~をさせる
【𨙾】邑部
【㩾】支4+8=総画数12 U+3A7E [スイ、ズイ/] [ノ丿十千十2土垂十又支㩾]
◆未詳、「【集韻:卷一:平聲一:支第五:㩾】垂也」
◆未詳、「【廣韻:上平聲:支第五:腄:㩾】𢻆㩾不齊」(注.【字彙:卯集:支部:㩾】「【正字通:卯集下:支部:㩾】」「【類篇:支部:㩾】」はいずれも「{⿰今支}㩾不齊」とする)
【䧴】隹部
【攲】支4+8=総画数12 U+6532 [キ/] [大一亅丁口可奇十ヌ又支攲]
◆傾く、斜めになる、同「敧」
◆寄り掛かる、凭(もた)れ掛る
◆「攲器(キキ)」、同「𢼨器」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𢻎】支4+8=総画数12 U+22ECE [サン/ち・る、ち・らす、ち・らかる、ち・らばる] 【散𢿱𢿨𢿺𣀙𣪚㪚】[十2艹一龷月十又支𢻎]
◆分け離す、固まっていたり纏(まと)まっていたりしたものをばらばらにする、同「㪔」
◆束縛する力がなくなってばらばらになる、ばらばらになってあちこちに広がる
◆あちこちに撒(ま)く、蒔(ま)く、ばらまく、同「撒」
◆ばらばらで纏まりがない、取留(とりと)めがない
◆固まっていない粉状のもの
【𢻒】支4+8=総画数12 U+22ED2 [トウ、チョウ/] 【摚】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚十又支𢻒]
◆手や棒などを当てぐいと押す、突っ張る、同「撑」
◆突っ張り支える、同「撑」
【頍】頁部
【𢻗】支4+9=総画数13 U+22ED7 [未詳/] [二十干ノ丿千ノEヨ臼臿十ヌ又支𢻗]
◆挿(さ)し込む、突き入れる、同「臿」
【𢻘】支4+9=総画数13 U+22ED8 [ショク、ジキ/] [广土2圭十又支𢻘]
◆未詳
【䰙】鬲部
【鬾】鬼部
【𢻛】支4+10=総画数14 U+22EDB [ロ/] [ト卜ト卜口占口囗心ノ丿必㘠𠧸十ヌ又支𢻛]
◆未詳、「【字彙補:卯集:支部:𢻛】與魯同」
【鳷】鳥部
【𢻝】支4+11=総画数15 U+22EDD [ヘン/か・える、か・わる] 【變𠮓𦇥𣀵変变𢒛𢒟𢒭㣐𢒪𢒦】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴ノ丿⺄九、丶丸埶十ヌ又支𢻝]
◆これまでとは違ったものになる、また改まる、これまでとは違ったものにする、また改める、まだ元の様子が分かる程度の変化・全体の中の一部だけの変化を指し、全く別のものに変化するのは「化」
◆これまでと違う、いつもと違う、おかしい、またその状態、またそのような出来事
【𢻞】支4+11=総画数15 U+22EDE [未詳/] [日白一ノ丿L乚儿兀土十又支𢻞]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:支部第十五:𢻞】音散」「【字彙補:卯集:支部:𢻞】同𢻦・・・𢻦同散」
【攳】支4+12=総画数16 U+6533 [シン、ジン/] [十ヌ又支ヨエ工口十、丶寸吋尋攳]
◆長い、枝が長く伸びるさま
【𢻥】支4+13=総画数17 U+22EE5 [ソウ/あやつ・る、みさお] 【操𢿾𣀉】[口2吅3品木喿十ヌ又支𢻥]
◆手に握り持つ、しっかりと持つ
◆みさお、守るべきものをしっかりと持つ、またしっかりと守る、またその行いや心掛け
◆あやつ・る、人や動物・言葉や心・道具や楽器などを自分の(手で)思い通りに動かす、また働かせる
◆思い通りに動かせるように訓練する
【𢻦】支4+13=総画数17 U+22EE6 [未詳/] [木2林冂タ夕十又支𢻦]
◆未詳、「【字彙補:卯集:支部:𢻦】同散」
【𢻧】支4+13=総画数17 U+22EE7 [ショク、ソク/] 【斀𣀈】[四罒ノ𠃌勹中虫蜀十ヌ又支𢻧]
◆宮刑、生殖器を切除する古代の刑罰
【𢻩】支4+14=総画数18 U+22EE9 [未詳/] [日白ノ丿十千十2土垂十又支𢻩]
◆未詳、「【康熙字典:卯集下:支部:𢻩】《篇韻》古文施字○按施字古文無此《篇韻》誤」
【𢻪】支4+16=総画数20 U+22EEA [キ/] 【𣀬】[口4大、丶器器十ヌ又支𢻪]
◆傾く、傾いて不安定なさま
◆「攲器(キキ)」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𨤺】里部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 支部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です