総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「支部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 支部」 [部首索引


【支】支4+0=総画数4 U+652F [シ/ささ・える、つか・える] [十ヌ又支]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”枝””肢””𢺶”
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる
◆ささ・える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同”𢺶”
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す(支出する、支払う)、同”𢺶”
◆[日]つか・える、閊(つか)える、差し障(さしさわ)る
◆し、しにょう、部首名
漢字林(非部首部別)
【攰】支4+2=総画数6 U+6530 [キ/] [十ヌ又支カ力攰]
◆疲れが極まる、疲れ果てる
【𢺵】支4+2=総画数6 U+22EB5 [キ/] [ヒ七𠤎匕十ヌ又支𢺵]
◆傾く、頭が傾く
【𢺶】支4+3=総画数7 U+22EB6 [シ/] 【𠦙𣏃】[十ヌ又支巾𢺶]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”支”
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる、同”支”
◆支える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同”支”
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す、支出する、支払う、同”支”
【𨙸】邑部
【㩺】支4+4=総画数8 U+3A7A [未詳/] [ヒ七𠤎匕2比十ヌ又支㩺]
◆未詳、「【康熙字典:支部:四:㩺】《正字通》牌字之譌」「【集韻:卷一:平聲一:五】㩺𤿎方言南楚之間器破而未離謂之㩺」
【𢺷】支4+4=総画数8 U+22EB7 [キ、ギ/] [一十巾亠巾市巿十ヌ又支𢺷]
◆寄生木(やどりぎ)、他の樹木に寄生して生育する木、同”㩽”
【𢺸】支4+4=総画数8 U+22EB8 [未詳/] [十ヌ又支2𢺸]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𢺽】支4+4=総画数8 U+22EBD [コウ、キョウ、ハク、ホク/] 【𤕝𢼂】[メ㐅乂2爻十ヌ又支𢺽]
◆教える、同”教”
◆手足の指の関節を鳴らす、またその音、同”𥭖”
【攱】支4+5=総画数9 U+6531 [キ/] [立十ヌ又支攱]
◆戸棚
◆(棚などに)載せる
【𢺾】支4+5=総画数9 U+22EBE [テイ、タイ/] 【㪆𢼕𢻽】[ノレ氏一氐十ヌ又支𢺾]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:薺第十一:㪆】博雅隠也」「【集韻:卷二:平聲二:模第十一:㪭】㪆㪭欺也」
【㩻】支4+6=総画数10 U+3A7B [キ/] [ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危十ヌ又支㩻]
◆傾く、傾いて不安定なさま、、傾いていて危(あや)ういさま
◆疲れが極まる、疲れが積み重なり痩せ細る、同”𤿡”
【𢻃】支4+6=総画数10 U+22EC3 [シ、ジ/] [上小尗十ヌ又支𢻃]
◆豆を蒸した後発酵させた調味料また食品、同”豉”
【𢻄】支4+6=総画数10 U+22EC4 [コ、ク/] 【辜𢪿𦍬𢩍𡱨𡲞𤿛𨑀】[一コノ丿尸戸戶ノ丿L乚儿十ヌ又支𢻄]
◆罪、重い罪
◆処罰する、(罪人や生贄を)切り裂く
◆「辜負(こふ)」、人の好意や期待などに背く、また無にする
【𢼮】支4+6=総画数10 U+22F2E [キ/] 【𢼨】[ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼮]
◆「𢼮器(きき)」、同「攲器」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𦧉】舌部
【㩽】支4+7=総画数11 U+3A7D [キ、ギ/] [木口束十ヌ又支㩽]
◆寄生木(やどりぎ)、他の樹木に寄生して生育する木、同”𢺷”
【𢻌】支4+7=総画数11 U+22ECC [キ、ギ/] 【𨙸𨙾】[口日L乚巴邑十又支𢻌]
◆地名、未詳、「【漢書:志:郊祀志:郊祀志下】大王建國於𨙸梁・・・文武興於酆鎬・・・由此言之則𨙸梁酆鎬之間周舊居也固宜有宗廟壇場祭祠之臧」
【𢻍】支4+7=総画数11 U+22ECD [コウ、キョウ/おし・える、おそ・わる] 【教敎𧧿𢼅𠭂𡥉】[ヌ又2ヨ十ヌ又支𢻍]
◆上位者が下位者に知識・道徳・技術などを伝え導く、道を指し示し導く
◆神仏の説く道
◆~に~させる
【𨙾】邑部
【䧴】隹部
【攲】支4+8=総画数12 U+6532 [キ/] [大丁口可奇十ヌ又支攲]
◆傾く、斜めになる、同”敧”
◆寄り掛かる、凭(もた)れ掛る
◆「攲器(きき)」、同「𢼨器」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𢻒】支4+8=総画数12 U+22ED2 [トウ、チョウ/] 【摚】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚十又支𢻒]
◆手や棒などを当てぐいと押す、突っ張る、同”撑”
◆突っ張り支える、同”撑”
【頍】頁部
【𢻗】支4+9=総画数13 U+22ED7 [未詳/] [二十干ノ丿十千ノEヨ臼臿十ヌ又支𢻗]
◆挿(さ)し込む、突き入れる、同”臿”
【𢻘】支4+9=総画数13 U+22ED8 [ショク、ジキ/] [广土2圭十又支𢻘]
◆未詳
【鬾】鬼部
【𢻛】支4+10=総画数14 U+22EDB [ロ/] [ト⺊卜ト⺊卜口占口囗心ノ丿必㘠𠧸十ヌ又支𢻛]
◆未詳、「【字彙補:卯集:支部:𢻛】與魯同」
【鳷】鳥部
【𢻝】支4+11=総画数15 U+22EDD [ヘン/か・える、か・わる] 【變𠮓𦇥𣀵変变𢒛𢒟𢒭㣐𢒪𢒦】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴ノ丿⺄九、丶丸埶十ヌ又支𢻝]
◆これまでとは違ったものになる、また改まる、これまでとは違ったものにする、また改める、まだ元の様子が分かる程度の変化・全体の中の一部だけの変化を指し、全く別のものに変化するのは「化」
◆これまでと違う、いつもと違う、おかしい、またその状態、またそのような出来事
【攳】支4+12=総画数16 U+6533 [シン、ジン/] [十ヌ又支ヨエ工口十、丶寸尋攳]
◆長い、枝が長く伸びるさま
【𢻥】支4+13=総画数17 U+22EE5 [ソウ/あやつ・る、みさお] 【操𢿾𣀉】[口2吅3品木喿十ヌ又支𢻥]
◆手に握り持つ、しっかりと持つ
◆みさお、守るべきものをしっかりと持つ、またしっかりと守る、またその行いや心掛け
◆あやつ・る、人や動物・言葉や心・道具や楽器などを自分の(手で)思い通りに動かす、また働かせる
◆思い通りに動かせるように訓練する
【𢻧】支4+13=総画数17 U+22EE7 [ショク、ソク/] 【斀𣀈】[四罒ノ𠃌勹口丨中虫蜀十ヌ又支𢻧]
◆宮刑、生殖器を切除する古代の刑罰
【𢻪】支4+16=総画数20 U+22EEA [キ/] 【𣀬】[口4大、丶器器十ヌ又支𢻪]
◆傾く、傾いて不安定なさま
◆「攲器(きき)」、底が尖った(或いは丸い)器で二本の紐で吊ったもの、「空(から)なら傾き、水を半分程入れれば正立し、満たせば倒れる」ことから、常に傍に置いて「中庸を旨とする」という誡めにしたという
【𨤺】里部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 支部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です