総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「文部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 文部」 [部首索引


【文】文4+0=総画数4 U+6587 [ブン、モン/あや、ふみ] [文]
◆さまざまな色の糸で縫い取られた模様や図形
◆多くの人にとって共通の意味を持つ模様や図形、(幾つかの「文」が組み合わさって一つの意味を持つものは「字」)
◆言葉を書き綴ったもの
◆力に依らず穏やかで洗練されているさま、(勇ましく猛々しいのは「武」)
◆ぶん、ぶんにょう、部首名
漢字林(非部首部別)
【㐎】乙部
【刘】刀部
【𣁁】文4+2=総画数6 U+23041 [未詳/] [人文𣁁]
◆未詳
【㪯】文4+3=総画数7 U+3AAF [キョ、コ/あ・げる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って] 【挙举擧舉𦦙𡥳𠃥𥸦𠔖𣁄𠦮𡴃】[文二十2キ㪯]
◆手でものを頭よりも上に持ち上げる、手を高く上げる
◆(問題点などを)取り上げる、(人などを)取り立てる
◆事を起こす、実行する、行動する
◆悉く、残らずに
【吝】口部
【彣】彡部
【斈】文4+3=総画数7 U+6588 [カク、ガク/まな・ぶ] 【学學𢻯𡕕】[文子斈]
◆手解(てほど)きを受けそれを倣うことによって知識や技術などを身に付ける、習得する、またそのために設けられた場所
◆知識や技術などを習得した人
漢字林(非部首部別)
【𣁄】文4+4=総画数8 U+23044 [キョ、コ/あ・げる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って] 【挙举擧舉𦦙𡥳𠃥𥸦𠔖㪯𠦮𡴃】[文牛𣁄]
◆手でものを頭よりも上に持ち上げる、手を高く上げる
◆(問題点などを)取り上げる、(人などを)取り立てる
◆事を起こす、実行する、行動する
◆悉く、残らずに
【𣁇】文4+5=総画数9 U+23047 [未詳/] [文一上止正𣁇]
◆未詳
【𣁈】文4+5=総画数9 U+23048 [未詳/] [文ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包𣁈]
◆未詳
【㪰】文4+6=総画数10 U+3AB0 [サイ、セ/] 【齋斎斋夈𥚪𠫱𠫸】[文米㪰]
◆全ての準備を整えこれを神に示す、齊(ととの)え示す
◆神を迎えるために食事などを控(ひか)えめにして心身を戒(いまし)め清める、物忌(ものいみ)、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
【斊】文4+6=総画数10 U+658A [セイ、ザイ、サイ、セ/ひと・しい、ととの・う] 【齊斉齐亝𠫼𡕓】[文耳斊]
◆(穀物の穂が)凸凹(でこぼこ)せずに平らに揃(そろ)っている
◆多くのものが凸凹せずに揃っている、偏(かたよ)らずに整(ととの)っている
◆長さや重さなどが揃っている、等(ひと)しい
◆ちょうどよい具合に整える、きちんと揃える
◆周代の国名、別名「姜齊(しょうせい)」、前11世紀~前379年
◆南北朝時代の王朝名、別名「南齊(なんせい)」、479年~502年{中国歴代王朝版図}
◆南北朝時代の王朝名、別名「北齊(ほくせい)」、550年~577年{中国歴代王朝版図}
漢字林(非部首部別)
【斋】文4+6=総画数10 U+658B [サイ、セ/] 【齋斎㪰夈𥚪𠫱𠫸】[文一冂I|丨2𦉫𦓐而斋]
◆全ての準備を整えこれを神に示す、齊(ととの)え示す
◆神を迎えるために食事などを控(ひか)えめにして心身を戒(いまし)め清める、物忌(ものいみ)、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
【𠳵】口部
【𣁊】文4+6=総画数10 U+2304A [ハン、ヘン/] 【斒𢼶】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并文𣁊]
◆色が交じり合って斑(まだら)になっているさま
【斍】文4+7=総画数11 U+658D [カク、コウ、キョウ/おぼ・える、さめ・る] 【覚覺觉覐𧠭𧠷】[文目見斍]
◆目を醒ます
◆目が醒めて辺りの状況が意識できるようになる、認識する、知る
◆眠りや迷いから抜け出る、悟る、記憶する
◆明るみに出る
【斏】文4+7=総画数11 U+658F [未詳/] [文、丶ヨレノ艮良斏]
◆未詳
【斌】文4+8=総画数12 U+658C [ヒン/] [文二一、丶弋⺊上止武斌]
◆文章が巧みでその上内容も優れているさま、外面と内面が共に優れているさま、同”彬”
漢字林(非部首部別)
【斐】文4+8=総画数12 U+6590 [ヒ/] [一6三2非文斐]
◆複雑に入り組んだ紋様、紋様が美しいさま
◆文章の表現や構成が巧みなさま
漢字林(非部首部別)
【斑】文4+8=総画数12 U+6591 [ハン、ヘン/まだら、ぶち、むら] [王2文斑]
◆地色に他の色が点状や縞状に散らばっているさま
漢字林(非部首部別)
【𣁕】文4+8=総画数12 U+23055 [未詳/] [文3𣁕]
◆未詳
【斒】文4+9=総画数13 U+6592 [ハン、ヘン/] 【𢼶𣁊】[文、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁斒]
◆色が交じり合って斑(まだら)になっているさま
【𣁗】文4+9=総画数13 U+23057 [タン/] 【𢾋】[山厂火炭文𣁗]
◆「𣁗𢿜(たんばん)」、無地で縫い取りや模様がないさま、同”縵”
【𣁜】文4+11=総画数15 U+2305C [バン、マン/] 【𢿜𢿕】[日曰四罒ヌ又曼文𣁜]
◆「𢾋𣁜(たんばん)」、無地で縫い取りや模様がないさま、同”縵”
【𣁞】文4+11=総画数15 U+2305E [ゼツ、ネチ/] 【爇𤑔𦶟】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶文𣁞]
◆焼く、燃やす、同”焫”
【斓】文4+12=総画数16 U+6593 [ラン、レン/] 【斕𢿻】[文I|丨、丶门木口束ソ柬阑斕斓]
◆色が交じり合って斑になっているさま、斑模様がで美しいさま
【斔】文4+15=総画数19 U+6594 [ユ/] 【螤】[文口丨中虫蚉ノEヨ臼𦥑人臾斔]
◆戦国時代斉国の容量の単位、一斔は六斛四斗(=64斗)、同”鐘”
【斕】文4+17=総画数21 U+6595 [ラン、レン/] 【斓𢿻】[文門木口束ソ柬闌斕]
◆色が交じり合って斑になっているさま、斑模様がで美しいさま
【斖】文4+19=総画数23 U+6596 [ビ、ミ、ボン、モン/] 【亹】[文ノEヨ臼𦥑冂口同二Tワ冖目且冝舋斖]
◆両岸が川に突き出て狭まっている所
◆「斖斖」、一心に励み飽くことがないさま


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 文部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です