総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 干部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 干部」 [部首索引


【干】干3+0=総画数3 U+5E72 [カン/ほ・す、ひ・る] [二十干]
①他の領域に入り込む、侵(おか)す、犯(おか)す
②求める、欲しいものを得ようとする
③相手の攻撃を防ぐ、くい止める、盾(たて)となる、盾
④「欄干(らんかん)」、長い横木を渡した手摺(てすり)
⑤物事の主要なまた重要な部分、同繁”幹”
⑥「十干(じっかん)」、「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」を指し、古来、順序や順位などを表す数詞として用いられた{十干}
⑦ほ・す、ひ・る、乾く、日差しに当たって水分が蒸発する、同繁”乾”
⑧かん、ほす、部首名
⑨別”于”
【仠】人2+干3=総画数5 U+4EE0 [カン、ガン/] [イ人亻二十干仠]
①長い
②防ぐ、くい止める、同”扞””捍””㪋”
【𠙻】凵2+干3=総画数5 U+2067B [オウ/] 【王𠰶】[二十干凵山𠙻]
①天下を統治する者、またその一族、「三つの横棒はそれぞれ天人地を表しそれらを纏め治める者」の意
②国を治める者、秦代以降は国の統治者を「皇帝」と呼び皇帝によって与えられた領土を治める者を「王」とした
③一族・一類に君臨する者
【刊】刀2+干3=総画数5 U+520A [カン/] [二十干リ刂刊]
①版木や石などに文字を刻む
②誤りや不要な部分を削り取る、削って修正する
③出版する
【𠣍】勹2+干3=総画数5 U+208CD [カン、ガン/] 【翰𦒋𨍚𨎰】[ノ𠃌勹二十干𠣍]
①キンケイ(錦鶏)、キジ科の鳥
②羽軸(うじく、羽の芯)が堅くしっかりした羽、筆に用いる鳥の羽
③筆で書いた文書
④高く飛ぶ
⑤白い、白い馬
【厈】厂2+干3=総画数5 U+5388 [カン、ガン/] [雁厂二十干厈]
①高く切り立った崖、水面から切り立った岸
【奸】女3+干3=総画数6 U+5978 [カン/] [女二十干奸]
①正義や道義に反する、道理に背く
②悪事を行なう、悪人
③姦通する
④繁”姦”
【屽】山3+干3=総画数6 U+5C7D [カン、ガン/] [山二十干屽]
①山名、陝西省、同”𡷛”
②同”岸”
【𡵃】山3+干3=総画数6 U+21D43 [カン/] [山二十干𡵃]
①「𡵃𡽋(かんろく)」、同「干禄」、人名、未詳、「【伸蒙子:序】惟其所列六人之名,書干祿爲𡵃𡽋」
【𢁗】巾3+干3=総画数6 U+22057 [カン/] [巾二十干𢁗]
①布製の袋
②車の周りに垂らした目隠し用の布
【幵】干3+干3=総画数6 U+5E75 [ケン/] 【𢆛】[ノ丿ナチ千二十干2幵]
①平ら、並び立っているものや枝分かれしたものの先が揃っている
②「䍐幵」、古代中国の部族名
【𢇛】广3+干3=総画数6 U+221DB [セキ/] [广二十干𢇛]
①山名
②【康熙字典】に「《正字通》㡰字之譌」とあり
【忓】心3+干3=総画数6 U+5FD3 [カン/] [ハI|丨忄二十干忓]
①かき乱す
②犯す、上の命令などを守らずに背く
【扞】手3+干3=総画数6 U+625E [カン、ガン/] [手オ才扌二十干扞]
①防ぐ、くい止める、同”仠””捍””㪋”
②弓籠手(ゆごて)、弾いた弓の弦が当たって傷付かないように腕に着ける防具、同”捍”
③(麺打ちのように)丸い棒を圧(お)し転がすようにして平らに延(の)ばす、同”擀”
【攼】攴4+干3=総画数7 U+653C [カン、ガン/] [二十干ノ一𠂉メ又攵攼]
①求める、欲しいものを得ようとする
②防ぐ、くい止める、同”扞””捍””㪋”
【旰】日4+干3=総画数7 U+65F0 [カン、ガン/] [日二十干旰]
①日暮れ
②「旰旰」、陽が燦々と光り輝くさま
【旱】日4+干3=総画数7 U+65F1 [カン、ガン/ひでり] [日二十干旱]
①長い間雨が降らず干上がる
②陸、陸地、「水がないところ」の意
【肝】月(肉)4+干3=総画数7 U+809D [カン/きも] [月二十干肝]
①五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、人の肉体を掌(つかさど)ると考えられた臓器
②心、大切なもの
③[日]きも、度胸、臆することない心
【杆】木4+干3=総画数7 U+6746 [カン/] 【桿】[木二十干杆]
①長い木の棒、棹(さお)
【汗】水3+干3=総画数6 U+6C57 [カン、ガン/あせ] [シ氵二十干汗]
①体温を調節するなどのために体表から分泌される液体、物の表面に付着する水滴、またそれが出る
②蒙古(もうこ)・鮮卑(せんぴ)・柔然(じゅうぜん)など中国北方民族の長の称号、「成吉思汗(ジンギスカン、モンゴル帝国の初代皇帝)」
③別”汙”
【㶣】火4+干3=総画数7 U+3DA3 [セン/] 【烎】[二十干火㶣]
①【說文解字】に「小熱也」とあり
【犴】犬3+干3=総画数6 U+72B4 [ガン/] [ノ2犭二十干犴]
①中国北方に産する野犬、小形で口や鼻が黒くキツネ(狐)に似ているという、同”豻”
②拘置所、地方の牢屋、中央の堅固な牢を「獄」
【玕】玉4+干3=総画数7 U+7395 [カン/] 【𤥚】[王二十干玕]
①「琅玕(ろうかん)」(1)珠(たま、真珠)に似た美しい石(2)美しい緑色の竹
【𤮻】甘5+干3=総画数8 U+24BBB [シ/むね、うま・い] 【旨㫖𣅌𠤔𣅀𠩊𠮛】[二十干十2廿甘𤮻]
①むね、意図していること、意向
②天子や上位者の指示や命令、またその考えや意向
③うま・い、美味、食べ物がおいしい
【癷】癶5+干3=総画数8 U+7677 [音未詳/] [フ、丶ノ2癶二十干癷]
①義未詳
【𤽂】白5+干3=総画数8 U+24F42 [カン、ガン/] 【皔】[白二十干𤽂]
①白いさま
【皯】皮5+干3=総画数8 U+76AF [カン/] 【𤿊䵟𩈅】[フ乛ノ丿又皮二十干皯]
①顔の色が黒ずむ
【𤿊】皮5+干3=総画数8 U+24FCA [カン/] 【皯䵟𩈅】[二十干フ乛ノ丿又皮𤿊]
①顔の色が黒ずむ
【盰】目5+干3=総画数8 U+76F0 [カン/] [目二十干盰]
①白眼(しろめ、眼の白い部分)が多いさま
②目を大きく開いて見る
【矸】石5+干3=総画数8 U+77F8 [カン/] [石二十干矸]
①くすみや混じりものがない白い石
②丹砂(たんさ)、朱色の砂
【秆】禾5+干3=総画数8 U+79C6 [カン/] 【稈】[ノ木禾二十干秆]
①穀物や竹のようなイネ科などの植物にみられる中空(茎の内部が空洞になっているもの)の茎、一般に節があるものを指す
【𥤱】穴5+干3=総画数8 U+25931 [カン/] [ウ宀ハ八穴二十干𥤱]
①義未詳、【漢語大字典】に「同”𥤱”」とあり
【竿】竹6+干3=総画数9 U+7AFF [カン/さお] [竹二十干竿]
①竹の棒
②長い竹筒
③竹簡(ちくかん)、文書を書くための竹製の札(ふだ)
【𥾍】糸6+干3=総画数9 U+25F8D [カン/] 【衦】[糸二十干𥾍]
①衣服や布の皺を摩(さす)り伸ばす
【䍐】网5+干3=総画数8 U+4350 [カン/] 【罕䍑𦉻𦋁𦋃𢆔】[四罒二十干䍐]
①鳥を捕るための長い柄の付いた小さな網
②旌旗(せいき)
③稀(まれ)な
【䍑】网6+干3=総画数9 U+4351 [カン/] 【罕䍐𦉻𦋁𦋃𢆔】[冂メ2网二十干䍑]
①鳥を捕るための長い柄の付いた小さな網
②旌旗(せいき)
③稀(まれ)な
【罕】网4+干3=総画数7 U+7F55 [カン/] 【䍐䍑𦉻𦋁𦋃𢆔】[ワ冖ハ八ノ丿L乚儿㓁二十干罕]
①鳥を捕るための長い柄の付いた小さな網
②旌旗(せいき)
③稀(まれ)な
【𦉻】网6+干3=総画数9 U+2627B [カン/] 【罕䍐䍑𦋁𦋃𢆔】[冂メ2网ヌ又2二十干𦉻]
①鳥を捕るための長い柄の付いた小さな網
②旌旗(せいき)
③稀(まれ)な
【臿】臼6+干3=総画数9 U+81FF [ソウ、ショウ/] 【𦥛𠚏】[二十干千ノEヨ臼臿]
①穀物を搗いて殻を取る、「臼などの器に穀物を入れ、そこに杵を挿し入れる」の意
②(土に差し込んで掘り起こす)鍬や鋤の類
【芉】艸3+干3=総画数6 U+8289 [カン/] [サ十2艹艹二十干芉]
①ハトムギ(鳩麦)またジュズダマ(数珠珠)、漢名「薏苡(よくい)」、イネ科ジュズダマ属の草
②別”芋”
【虷】虫6+干3=総画数9 U+8677 [カン、ガン/] [中虫二十干虷]
①ボウフラ(孑孓)、カ(蚊)の幼虫
②虫が物を食う、虫食い
③(虫食いのように)少しずつ侵す
【衎】行6+干3=総画数9 U+884E [カン/] [ノ丿2イ彳二丁亍行二十干衎]
①愉快な
②安らかで落ち着いたさま
【衦】衣5+干3=総画数8 U+8866 [カン/] 【𥾍】[ネ衣衤二十干衦]
①衣服や布の皺を摩(さす)り伸ばす
【訐】言7+干3=総画数10 U+8A10 [ケツ、コチ/] 【讦】[言二十干訐]
①人の秘密や欠点を暴く、またそれを突いて責める
【讦】言2+干3=総画数5 U+8BA6 [ケツ、コチ/] 【訐】[、丶レ讠二十干讦]
①人の秘密や欠点を暴く、またそれを突いて責める
【豻】豸7+干3=総画数10 U+8C7B [カン、ガン/] 【貋】[ノ234、丶豸二十干豻]
①中国北方に産する野犬、小形で口や鼻が黒くキツネ(狐)に似ているという、同”犴”
【赶】走7+干3=総画数10 U+8D76 [ケン/] [二十干土⺊上止龰走赶]
①動物が尾を立てて走る、疾走する
②急ぐ
③追い掛ける
④繁”趕”
【軒】車7+干3=総画数10 U+8ED2 [ケン、コン/のき] 【轩𨍓𩋱】[車二十干軒]
①重心を後寄りにして前部が持ち上がるようにした車、大夫以上の高位の人が乗る車、重心を前寄りにして後部が持ち上がる車を「輊」
②屋根の建物から外に張り出した部分、またその反り上がった先端
③反り上がる、高揚する
【轩】車4+干3=総画数7 U+8F69 [ケン、コン/のき] 【軒𨍓𩋱】[ナ二十キ车二十干轩]
①重心を後寄りにして前部が持ち上がるようにした車、大夫以上の高位の人が乗る車、重心を前寄りにして後部が持ち上がる車を「輊」
②屋根の建物から外に張り出した部分、またその反り上がった先端
③反り上がる、高揚する
【迀】辵4+干3=総画数7 U+8FC0 [カン/] [二十干え辶辶迀]
①追い求める
②別”迂”
【邗】邑3+干3=総画数6 U+9097 [カン、ガン/] [二十干ろ3I|丨邑阝邗]
①現江蘇省にあった国名
【酐】酉7+干3=総画数10 U+9150 [コウ/] [西酉二十干酐]
①酸味や苦味のある酒
【釬】金8+干3=総画数11 U+91EC [カン、ガン/] 【銲】[金二十干釬]
①腕に当てる防具、籠手(こて)、弓籠手(ゆごて)
②半田(はんだ、金属を接合する金属)、半田付けする、同”焊”
【閈】門8+干3=総画数11 U+9588 [カン、ガン/] 【闬】[門二十干閈]
①村里の出入り口に当たる門、同”閭”
②周りが壁や垣などで囲われた村里
【闬】門3+干3=総画数6 U+95EC [カン、ガン/] 【閈】[I|丨、丶门二十干闬]
①村里の出入り口に当たる門、同”閭”
②周りが壁や垣などで囲われた村里
【䧲】隹8+干3=総画数11 U+49F2 [カン/] 【鳱𩾝𩿫】[二十干ノ2隹䧲]
①「䧲䧿(かんじゃく)」、カササギ(鵲)、カラス科カササギ属の鳥
②「䧲鴡(かんたん)」、同「䳚鴡」「鶡鴠(かつたん)」、同「獨舂」「寒號蟲」、鳥名、未詳、昼夜を問わず鳴き夏には毛がふさふさとしているが冬になると毛が抜け落ちるという、「【方言:第八】䳚鴠,(中略)或謂之獨舂。(中略)自關而西秦隴之內謂之鶡鴠。」「【本草綱目:禽之二:寒號蟲】郭璞云︰,夜鳴求旦之鳥。夏月毛盛,冬月裸體,晝夜鳴叫,故曰寒號,曰旦。古刑有城旦舂,謂晝夜舂米也。故又有城旦、獨舂之名。」
【𩈅】面9+干3=総画数12 U+29205 [カン/] 【皯𤿊䵟】[一ノ口囗目面二十干𩈅]
①顔の色が黒ずむ
【靬】革9+干3=総画数12 U+976C [カン、ケン/] 【𩎒】[十2廿口3革二十干靬]
①生皮を干す、干した革
②「犂靬、犁靬、犂鞬、犁鞬(れいけん)」、中国西方にあったという古国名
【𩎒】韋9+干3=総画数12 U+29392 [カン、ケン/] 【靬】[ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋二十干𩎒]
①生皮を干す、干した革
②「犂靬、犁靬、犂鞬、犁鞬(れいけん)」、中国西方にあったという古国名
【頇】頁9+干3=総画数12 U+9807 [カン/] 【顸】[二十干一目自𦣻貝頁頇]
①「顢頇(まんかん)」、ぼうっとしているさま、ぼけっとしているさま
【顸】頁6+干3=総画数9 U+9878 [カン/] 【頇】[二十干一ノ冂人贝页顸]
①「颟顸(まんかん)」、ぼうっとしているさま、ぼけっとしているさま
【飦】食9+干3=総画数12 U+98E6 [カン、ケン、セン/] [人一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿二十干飦]
①乾燥させた飯
②粥
【馯】馬10+干3=総画数13 U+99AF [カン、ガン/] [馬二十干馯]
①荒々しく手に負えない馬、同”駻”
②青黒い馬
【骭】骨10+干3=総画数13 U+9AAD [カン、コン/] [冂2「冎ワ冖月骨二十干骭]
①脛骨
②肋骨
【鳱】鳥11+干3=総画数14 U+9CF1 [カン/] 【𩾝𩿫䧲】[二十干鳥鳱]
①「鳱鵲(かんじゃく)」、カササギ(鵲)、カラス科カササギ属の鳥
②「鳱鴡(かんたん)」、同「䳚鴡」「鶡鴠(かつたん)」、同「獨舂」「寒號蟲」、鳥名、未詳、昼夜を問わず鳴き夏には毛がふさふさとしているが冬になると毛が抜け落ちるという、「【方言:第八】䳚鴠,(中略)或謂之獨舂。(中略)自關而西秦隴之內謂之鶡鴠。」「【本草綱目:禽之二:寒號蟲】郭璞云︰,夜鳴求旦之鳥。夏月毛盛,冬月裸體,晝夜鳴叫,故曰寒號,曰旦。古刑有城旦舂,謂晝夜舂米也。故又有城旦、獨舂之名。」
【𩾝】鳥11+干3=総画数14 U+29F9D [カン/] 【鳱𩿫䧲】[二十干鳥𩾝]
①「𩾝鵲(かんじゃく)」、カササギ(鵲)、カラス科カササギ属の鳥
②「𩾝鴡(かんたん)」、同「䳚鴡」「鶡鴠(かつたん)」、同「獨舂」「寒號蟲」、鳥名、未詳、昼夜を問わず鳴き夏には毛がふさふさとしているが冬になると毛が抜け落ちるという、「【方言:第八】䳚鴠,(中略)或謂之獨舂。(中略)自關而西秦隴之內謂之鶡鴠。」「【本草綱目:禽之二:寒號蟲】郭璞云︰,夜鳴求旦之鳥。夏月毛盛,冬月裸體,晝夜鳴叫,故曰寒號,曰旦。古刑有城旦舂,謂晝夜舂米也。故又有城旦、獨舂之名。」
【䵟】黑12+干3=総画数15 U+4D5F [カン/] 【皯𤿊𩈅】[口ソ土、丶4灬黒黑二十干䵟]
①顔の色が黒ずむ
【鼾】鼻14+干3=総画数17 U+9F3E [カン、ガン/いびき] [自田一ノ丿I|丨丌ナ十2廾鼻二十干鼾]
①睡眠中の大きな鼻息の音

【平】干3+2=総画数5 U+5E73 [ヒョウ、ヘイ、ビョウ/たい・ら、ひら] 【𠀒𤔁𠀭】[二十干ハソ平]
①起伏や凹凸がない、高さが揃っている
②普段通り、何時もと変わらずあるべき状態にある
③乱れがなく穏やかなさま
④均一な、等しい、斉(ひと)しい
【伻】人2+平5=総画数7 U+4F3B [ホウ、ヒョウ/] [イ人亻二ハ二十干平伻]
①使者、従者
【匉】勹2+平5=総画数7 U+5309 [ホウ、ヒョウ/] [ノ𠃌勹二十干ハソ平匉]
①「匉訇(ほうこう)」、大きな声や音
【呯】口3+平5=総画数8 U+546F [ヘイ、ビョウ/] [口二十干ハソ平呯]
①「呯呯」、【康熙字典】に「《五音集韻》聲也」とあり
【坪】土3+平5=総画数8 U+576A [ヘイ、ビョウ/つぼ] 【𡊞】[土二十干ハソ平坪]
①平坦な土地
②[日]つぼ、土地の面積の単位{各種単位}
【𡊞】土3+平5=総画数8 U+2129E [ヘイ、ビョウ/] 【坪】[二十干ハソ平土𡊞]
①平坦な土地
【岼】山3+平5=総画数8 U+5CBC [/ゆり] [山二十干ハソ平岼]
①[日]地名、京都府福知山市、京都府綾部市
②[日]姓用字
【怦】心3+平5=総画数8 U+6026 [ホウ、ヒョウ/] [ハI|丨忄二十干ハソ平怦]
①気が急(せ)く、苛々する
【抨】手3+平5=総画数8 U+62A8 [ホウ、ヒョウ/] [オ才扌二十干ハソ平抨]
①弾(はじ)く
②指弾する、過ちや誤りを厳しく指摘し責める
【胓】月(肉)4+平5=総画数9 U+80D3 [ヘイ、ビョウ/] [月二十干ハソ平胓]
①(牛や羊の)脂
②肥える、腹が膨れる
【枰】木4+平5=総画数9 U+67B0 [ヘイ、ビョウ/] [木二十干ハソ平枰]
①碁や将棋などで使う四角で表面が平らな盤(ばん)、平らな板
②「枰仲(へいちゅう)」、木名、未詳
【泙】水3+平5=総画数8 U+6CD9 [ホウ、ヒョウ、ヘイ、ビョウ/] [シ氵干ハ八平泙]
①水が飛び散る音
②谷
【𤖳】片4+平5=総画数9 U+245B3 [ホウ、ビョウ/] [片二十干ハソ平𤖳]
①木を引き裂く音
【玶】玉4+平5=総画数9 U+73B6 [ヘイ、ビョウ/] [王二十干ハソ平玶]
①玉(ぎょく)名、未詳
【𤵣】疒5+平5=総画数10 U+24D63 [ヘイ、ビョウ/や・む、やまい] 【病𤖉】[病疒二十干ハソ平𤵣]
①体調や精神状態が正常でなくなる
②不調なさま、普段の或いは正常な状態でないさま
③体や心を痛める、憂える、苦しむ
【砰】石5+平5=総画数10 U+7830 [ホウ、ヒョウ/] 【硑𨺀】[石二十干ハソ平砰]
①「ごつん」「どすん」などの重いものがぶつかり合う音の形容
【秤】禾5+平5=総画数10 U+79E4 [ショウ/はかり] [ノ木禾二十干ハソ平秤]
①重さが分かっていてるものと釣り合いをとることで重さを量る道具
【䍈】缶6+平5=総画数11 U+4348 [ヘイ、ビョウ/] 【缾𦉇】[ノ一𠂉二十干山缶二十干ハソ平䍈]
①水などを入れる瓶(かめ、首が窄んで細長く胴が膨らんでいる容器)
【𦐜】羽6+平5=総画数11 U+2641C [スイ/みどり] 【翠翆】[羽羽二十干ハソ平𦐜]
①青みを帯びた緑色
②「翡翠(ひすい)」(1)カワセミ(川蝉、翡翠)、カワセミ科カワセミ属の鳥、また同科同属の鳥の総称、頭から背にかけて美しい青色をしている、雄を「翡」、雌を「翠」(2)美しく光沢のある青緑色、またそのような色をしたもの(3)光沢のある青緑色をした「玉(ぎょく)」と呼ばれる宝石、「硬玉(こうぎょく)」
【苹】艸3+平5=総画数8 U+82F9 [ヘイ、ビョウ、ヒン、ビン/] 【𦭃】[サ十2艹艹二十干ハソ平苹]
①ウキクサ(浮草)、ウキクサ科の草、また水面に浮かぶ草の総称、同”萍””蘋{ウキクサ}
②デンジソウ(田字草)、デンジソウ科デンジソウ属の水草、同”蘋”{デンジソウ}
③ヤマハハコ(山母子)、キク科ヤマハハコ属の草、またヤマハハコ属の草の総称、同「藾蕭(らいしょう)」「藾蒿(らいこう)」{ヤマハハコ}
④「苹果(へいか)」、同「蘋果(ひんか)」、リンゴ(林檎)、バラ科リンゴ属の木の総称、またその果実{リンゴ}
⑤繁”蘋”
【評】言7+平5=総画数12 U+8A55 [ヒョウ、ヘイ、ビョウ/] 【评】[言二十干ハソ平評]
①論じて価値や程度などを均(ひと)しく定める、理に適(かな)った或いは公平な判定を下す
【评】言2+平5=総画数7 U+8BC4 [ヒョウ、ヘイ、ビョウ/] 【評】[、丶レ讠二十干ハソ平评]
①論じて価値や程度などを均(ひと)しく定める、理に適(かな)った或いは公平な判定を下す
【軯】車7+平5=総画数12 U+8EEF [ホウ、ヒョウ/] [車二十干ハソ平軯]
①轟くような音
②鐘や鼓の大きな音
③雷鳴の音
【閛】門8+平5=総画数13 U+959B [ホウ、ヒョウ/] 【䦕】[門二十干ハソ平閛]
①門の扉を閉める音
②(門が閉ざされて)外が見えなくなるさま
【𨸶】阜3+平5=総画数8 U+28E36 [/なる] [ろ阜ハ干平𨸶]
①地名、人名用字
【𩑳】頁9+平5=総画数14 U+29473 [ケン/] [二十干ハソ平一目自𦣻貝頁𩑳]
①「𩑳顩(けんげん)」、頬(ほお)が痩(こ)け顎(あご)が突き出ているさま、顔が醜いさま
【駍】馬10+平5=総画数15 U+99CD [ホウ、ヒョウ/] [馬二十干ハソ平駍]
①馬車の轟くような音
【鮃】魚11+平5=総画数16 U+9B83 [ヘイ、ビョウ/ひらめ] 【鲆】[ク𠂊田、丶4灬魚二十干ハソ平鮃]
①ヒラメ(鮃、比目魚)、ヒラメ科の魚、目が左に寄っているもの
②ヒラメやカレイ(鰈)の類
【鲆】魚8+平5=総画数13 U+9C86 [ヘイ、ビョウ/ひらめ] 【鮃】[ノフク𠂊田一鱼二十干ハソ平鲆]
①ヒラメ(鮃、比目魚)、ヒラメ科の魚、目が左に寄っているもの
②ヒラメやカレイ(鰈)の類

【𢆉】干3+2=総画数5 U+22189 [ジン、ニン/] [ソ丷一䒑二十干𢆉]
①探る
【𠰥】口3+𢆉5=総画数8 U+20C25 [ジャク、ニャク、ジャ、ニャ/わか・い、も・し、も・しくは] 【若𠭀𦱡𦱢𦱶𧁇𣞆𡻦𡧻𥉧】[ソ丷一䒑二十干𢆉ナ𠂇口右𠰥]
①わか・い、生え出たばかりのように柔らかくしなやかなさま、生まれて間もないさま、未熟なさま
②順(したが)う、逆らわずに従う、同”順”
③も・し、仮に、或いは、もし~なら
④も・しくは、~か或いは~
⑤~のような、~の如く
⑥汝(なんじ)、君、おまえ
【㚔】大3+𢆉5=総画数8 U+3694 [ジョウ、ニョウ/] 【𢆎】[大ソ丷一䒑二十干𢆉㚔]
①幸い、思い掛けない幸い、同”幸”
②未詳、【康熙字典:大部:五:㚔】に「《說文》所以驚人也。一曰俗以盜不止爲㚔。或曰怙終也。又曰:犯罪不止也。」とあり
【𨚜】邑3+𢆉5=総画数8 U+2869C [音未詳/] [ソ丷一䒑二十干𢆉ろ3I|丨邑阝𨚜]
①義未詳、【龍龕手鑑】に「邦(𨛁)」の俗字とあり

【年】干3+3=総画数6 U+5E74 [デン、ネン/とし] 【秊䄭𠦅𠫺】[午年]
①穀物が稔る
②農作物の次の収穫期までの期間、四季(二十四節気)を一巡する期間、year
③誕生からその誕生日を通り過ぎた回数、age
【哖】口3+年6=総画数9 U+54D6 [ネン/] [口午年哖]
①「噍吧哖」、地名、台湾台南市玉井
【姩】女3+年6=総画数9 U+59E9 [ネン/] [女午年姩]
①美しい女性
②女性名用字
【脌】月(肉)4+年6=総画数10 U+810C [音未詳/] [月午年脌]
①義未詳
【鵇】鳥11+年6=総画数17 U+9D47 [/とき、つき] [午年鳥鵇]
①[日]トキ(朱鷺、鴇)、トキ科の鳥
②[日]つき、トキの古名

【幵】干3+3=総画数6 U+5E75 [ケン/] 【𢆛】[ノ丿ナチ千二十干2幵]
①平ら、並び立っているものや枝分かれしたものの先が揃っている
②「䍐幵」、古代中国の部族名
【𠛬】刀2+幵6=総画数8 U+206EC [ケイ、ギョウ/] 【刑㓝𠛜𠜚】[ノ丿ナチ千二十干2幵リ刂𠛬]
①罰する、処罰する、罰を加える
②型(かた)、基本や標準になる形、同”型”
【姸】女3+幵6=総画数9 U+59F8 [ケン、ゲン/] 【妍】[女ノ丿ナチ千二十干2幵姸]
①磨かれたようにほっそりとして美しい
②「嫶妍(しょうけん)」、憂い悲しみのあまり痩(や)せ細る
【𢏗】弓3+幵6=総画数9 U+223D7 [ゲイ、ゲ/] 【羿𦐧𢏖𢏘】[ノ丿ナチ千二十干2幵弓𢏗]
①唐代の神話上の人物、別名「大羿(たいげい)」、弓の名手とされ、帝夋(ていしゅん)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(じょうが、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
② 夏代の有𥨪(ゆうきゅう)国の国主、別名「后羿(こうげい)」「夷羿(いげい)」、後に家臣の寒浞(かんさく)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ほうぼう)に討たれたともいう
【𢏘】弓3+幵6=総画数9 U+223D8 [ゲイ、ゲ/] 【羿𦐧𢏖𢏗】[ノ丿ナチ千二十干2幵弓𢏘]
①唐代の神話上の人物、別名「大羿(たいげい)」、弓の名手とされ、帝夋(ていしゅん)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(じょうが、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
② 夏代の有𥨪(ゆうきゅう)国の国主、別名「后羿(こうげい)」「夷羿(いげい)」、後に家臣の寒浞(かんさく)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ほうぼう)に討たれたともいう
【栞】木4+幵6=総画数10 U+681E [カン/しおり] 【𣓁】[ノ丿ナチ千二十干2幵木栞]
①林の中を行く時に帰り道の目印とするために折ったり傷付けたりした枝
②手引き、迷わないように案内してくれるもの
③「日」しおり、読み掛けの本の読み進んだところに目印として挟む札や紐など
【𣥭】止4+幵6=総画数10 U+2396D [セン/いくさ、たたか・う、おのの・く、そよ・ぐ] 【戦戰𡃣𢧐战𣥎𣥟】[⺊上止ノ丿ナチ千二十干2幵𣥭]
①いくさ、たたか・う、戈(ほこ)などの武器を持って闘い合う、互いに向き合って競う
②おのの・く、恐怖や寒さに震える
③そよ・ぐ、風に吹かれ震えるような音を立てて揺れ動く
【汧】水3+幵6=総画数9 U+6C67 [ケン/] [シ氵ノ丿ナチ千二十干2幵汧]
①池などから水が流れ出ないさま
【烎】火4+幵6=総画数10 U+70CE [セン/] 【㶣】[ノ丿ナチ千二十干2幵火烎]
①【說文解字】に「小熱也」とあり
【硏】石5+幵6=総画数11 U+784F [ケン、ゲン/みが・く、と・ぐ] 【研】[石ノ丿ナチ千二十干2幵硏]
①(石を使って)磨く、擦(こす)って表面を平らにする
②硯(すずり)、硯で墨を磨(す)る
③技術や学問に磨きをかける、またより深く究める
【筓】竹6+幵6=総画数12 U+7B53 [ケイ、ケ/こうがい] 【笄𠚙】[竹ノ丿ナチ千二十干2幵筓]
①髪に刺して整えた髪や冠などを固定するための道具、それに飾りを付けたものが簪(かんざし){髪飾}
②女子の成年、古く女子が十五歳になると髪を結い笄(こうがい)を刺したことから
③[日]髪を巻き上げる棒状の道具
④[日]日本刀の鞘に差し込む短い箆状の道具
【𦐧】羽6+幵6=総画数12 U+26427 [ゲイ、ゲ/] 【羿𢏖𢏗𢏘】[羽羽ノ丿ナチ千二十干2幵𦐧]
①唐代の神話上の人物、別名「大羿(たいげい)」、弓の名手とされ、帝夋(ていしゅん)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(じょうが、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
② 夏代の有𥨪(ゆうきゅう)国の国主、別名「后羿(こうげい)」「夷羿(いげい)」、後に家臣の寒浞(かんさく)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ほうぼう)に討たれたともいう
【蚈】虫6+幵6=総画数12 U+8688 [ケン/] [中虫ノ丿ナチ千二十干2幵蚈]
①ヤスデ(馬陸)、ヤスデ綱の節足動物
②ホタル(蛍)
【詽】言7+幵6=総画数13 U+8A7D [ケン/] 【訮𧥪】[言ノ丿ナチ千二十干2幵詽]
①大声で言い争う
【豣】豕7+幵6=総画数13 U+8C63 [ケン/] 【豜𧱚𧲀𧲨猏】[一ノ34彡く𧰨豕ノ丿ナチ千二十干2幵豣]
①三歳のブタ(豚)、十分に生長した大きなブタ(豚)、一歳は「豵」、二歳は「豝」
【趼】足7+幵6=総画数13 U+8DBC [ケン、ゲン/] [口⺊上止龰足ノ丿ナチ千二十干2幵趼]
①獣の蹄の裏が平らなさま
②胼胝(たこ)また肉刺(まめ)
【郉】邑3+幵6=総画数9 U+90C9 [ケイ、ギョウ/] 【邢】[ノ丿ナチ千二十干2幵ろ3I|丨邑阝郉]
①周朝の諸侯国名、現河北省付近
【銒】金8+幵6=総画数14 U+9292 [ケイ、ギョウ/] 【鈃钘𨨵】[金ノ丿ナチ千二十干2幵銒]
①首が細長く胴が膨らみ釣鐘のように下が広がっている酒壺、同”𦈨”
②祭礼の際に羹(あつもの、野菜などを煮込んだスープ)を盛る三本足で蓋付きの器、小形の鼎(かなえ)、同”鉶”
【𨴚】門8+幵6=総画数14 U+28D1A [ジャク、ニャク/] [ノ丿ナチ千二十干2幵門𨴚]
①義未詳
【𩒖】頁9+幵6=総画数15 U+29496 [ケン、ゲン/] [ノ丿ナチ千二十干2幵一目自𦣻貝頁𩒖]
①「頨𩒖」、【康熙字典】に「《集韻》狡也」とあり
【麉】鹿11+幵6=総画数17 U+9E89 [ケン/] 【𪊑】[ノ丿ナチ千二十干2幵广コヒ七𠤎匕2比鹿麉]
①並はずれて力の強いシカ(鹿)
【䵤】黑12+幵6=総画数18 U+4D64 [ケン/] 【䵡𪐡】[ノ丿ナチ千二十干2幵口ソ土、丶4灬黒黑䵤]
①黒色、黒い、同”黔”
②皮膚の黒い皴(しわ)、皹(ひび、あかぎれ)

【并】干3+3=総画数6 U+5E76 [ヘイ、ヒョウ/] 【幷𢆙】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并]
①併(あわ)せる、二つのものを一つにする
②並べる
③繁”並””併”
【併】人2+并6=総画数8 U+4F75 [ヘイ、ヒョウ/あわ・せる、しか・し] 【倂傡】[イ人亻ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并併]
①あわ・せる、幾つかのものを一緒にする
②並ぶ、並べる、同”並”
③[日]しか・し、~ではあるけれども
④簡”并”
【𠛼】刀2+并6=総画数8 U+206FC [ケイ、ギョウ/] [ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并リ刂𠛼]
①罰する、処罰する、罰を加える、同”㓝(刑)”、「【宋本広韻:下平聲:靑:𠛼】說文曰罰辠也」
【㔙】力2+并6=総画数8 U+3519 [ホウ、ヒョウ/] 【奟𠡮】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并カ力㔙]
①力が強い
【𪠆】厂2+并6=総画数8 U+2A806 [音未詳/] [雁厂ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𪠆]
①義未詳
【垪】土3+并6=総画数9 U+57AA [/は] [土ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并垪]
①[日]「垪和(はが)」、地名(岡山県久米郡)また姓
【姘】女3+并6=総画数9 U+59D8 [ヘイ、ヒョウ/] [女ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并姘]
①姦通する、結婚している者が他の異性と肉体関係を持つ
②古”嬪”
【屏】尸3+并6=総画数9 U+5C4F [ヘイ、ビョウ/] 【屛幈】[コノ丿尸ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并屏]
①壁や衝立などで遮る、仕切りや囲いを設け内側を隠す
②斥ける、斥けて中に入れない
【帡】巾3+并6=総画数9 U+5E21 [ヘイ、ビョウ/] 【帲】[巾ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并帡]
①上から垂らすように張る幕、目隠し用のカーテン
②「帡幪(へいもう)」、全体を覆う幕、周りに張る幕(「帲」)と上を覆う幕(「幪」)
【庰】广3+并6=総画数9 U+5EB0 [ヘイ、ヒョウ/] [广ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并庰]
①中が見えないように周りを囲った塀(へい)
②厠(かわや)
③隠す、しまう
【𢏳】弓3+并6=総画数9 U+223F3 [ホウ、ヒョウ/] [弓ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𢏳]
①弦(つる)をぴんと張る、強く弾く
【恲】心3+并6=総画数9 U+6072 [ホウ、ヒョウ/] [ハI|丨忄ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并恲]
①感情が高ぶる
【拼】手3+并6=総画数9 U+62FC [ホウ、ヒョウ/] [オ才扌ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并拼]
①結び付ける、繋(つな)ぎ合わせる
②身を賭(と)する、身を犠牲にして励む
【𢼶】攴4+并6=総画数10 U+22F36 [ハン、ヘン/] 【斒𣁊】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并ノ一𠂉メ又攵𢼶]
①色が交じり合って斑(まだら)になっているさま
【𣁊】文4+并6=総画数10 U+2304A [ハン、ヘン/] 【斒𢼶】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并文𣁊]
①色が交じり合って斑(まだら)になっているさま
【胼】月(肉)4+并6=総画数10 U+80FC [ヘン、ベン/] 【腁】[月ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并胼]
①手足の表皮が厚く硬くなったもの
②「胼胝(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【栟】木4+并6=総画数10 U+681F [ヘイ、ヒョウ/] [木ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并栟]
①「栟櫚(へいろ)」、同「棕櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称{シュロ}
【𤝴】犬3+并6=総画数9 U+24774 [ケン、ゲン/] 【𤜵】[ノ2犭ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𤝴]
①狂犬
②虎などの獣を追い払う(勇猛な)犬
【瓶】瓦5+并6=総画数11 U+74F6 [ビン、ヘイ、ビョウ/かめ] 【甁𤬮𤭅𪋋】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并一レ、丶乙⺄瓦瓶]
①口が小さく首が窄んで胴が膨らんでいる容器、一般に「甕」よりも小さいもの{器}
【𤭅】瓦4+并6=総画数10 U+24B45 [ビン、ヘイ、ビョウ/かめ] 【瓶甁𤬮𪋋】[一レ、丶乙⺄瓦ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𤭅]
①口が小さく首が窄んで胴が膨らんでいる容器、一般に「甕」よりも小さいもの{器}
【皏】白5+并6=総画数11 U+768F [ホウ、ヒョウ/] [白ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并皏]
①薄い白色
【硑】石5+并6=総画数11 U+7851 [ホウ、ヒョウ/] 【砰𨺀】[石ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并硑]
①「ごつん」「どすん」などの重いものがぶつかり合う音の形容
【𥞩】禾5+并6=総画数11 U+257A9 [カ、ワ/ひび] [ノ木禾ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𥞩]
①【康熙字典】に「《字彙補》棺頭」とあり
②[日]ひび、人名用字、但し確認できず
【䈂】竹6+并6=総画数12 U+4202 [ヘイ、ビョウ/] [竹ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并䈂]
①竹名、未詳
②笄(こうがい)、髪に刺して整えた髪や冠などを固定するための道具
【絣】糸6+并6=総画数12 U+7D63 [ホウ、ヒョウ/かすり] [糸ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并絣]
①縄や弦をぴんと張る
②墨を含ませた縄をぴんと張り弾くようにして直線を引く、同”𢆸””𦴏”
③途切れずに続く、途切れないように繋いでいく
④縫い合わせる、同”絽”
⑤[日]かすり(絣、飛白)、部分的に染め分けた糸(染め分けた境目がかすれたようになる)、またその糸で織った織物
【缾】缶6+并6=総画数12 U+7F3E [ヘイ、ビョウ/] 【𦉇䍈】[ノ一𠂉二十干山缶ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并缾]
①水などを入れる瓶(かめ、首が窄んで細長く胴が膨らんでいる容器)
【聠】耳6+并6=総画数12 U+8060 [ヘイ、ヒョウ/] [耳ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并聠]
①耳を閉じる
【艵】色6+并6=総画数12 U+8275 [ヘイ、ヒョウ/] [ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并刀クL乚巴色艵]
①薄い青色
【蛢】虫6+并6=総画数12 U+86E2 [ヘイ/] [中虫ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并蛢]
①「蟥蛢」、コガネムシ(黄金虫)、コガネムシ科の昆虫
【𧚭】衣5+并6=総画数11 U+276AD [ヘイ、ヒョウ/] [ネ衣衤ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𧚭]
①急ぐさま
【誁】言7+并6=総画数13 U+8A81 [ヘイ、ヒョウ/] [言ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并誁]
①説く
②助言する
【賆】貝7+并6=総画数13 U+8CC6 [ヘン、ベン/] [目ハ貝ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并賆]
①増える
【𧻓】走7+并6=総画数13 U+27ED3 [ホウ、ヒョウ/] 【𧼲】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并土⺊上止龰走𧻓]
①走る、散るように走り逃げる、同”迸”
【跰】足7+并6=総画数13 U+8DF0 [ヘン、ベン、ホウ、ヒョウ/] [口⺊上止龰足ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并跰]
①散らすように走って逃げるさま
②「跰𨇤(へんせん)」、(病で)よろめくように歩くさま、足元が覚束ないさま
③「跰䟡(へんち)」、同「胼胝(へんち、たこ)」、足にできる胼胝(たこ)
【軿】車7+并6=総画数13 U+8EFF [ヘイ、ビョウ/] 【輧𨍍】[車ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并軿]
①四方に帷(とばり)を垂らした主に婦人の乗る車
【迸】辵4+并6=総画数10 U+8FF8 [ホウ、ヒョウ/ほとばし・る、とばし・る] 【逬𨔧】[ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并え辶辶迸]
①散らすように走り逃げる
②勢いよく(水などが)吹き出る
【郱】邑3+并6=総画数9 U+90F1 [ヘイ、ビョウ/] [ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并ろ3I|丨邑阝郱]
①古地名、現山東省臨朐県の東南
【鉼】金8+并6=総画数14 U+927C [ヘイ、ヒョウ/] [金ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并鉼]
①金属の延板また延棒
②金属製の鍋や釜の類
③金属製の瓶(びん、かめ)の類
【䦕】門8+并6=総画数14 U+4995 [ホウ、ヒョウ/] 【閛】[門ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并䦕]
①門の扉を閉める音
②(門が閉ざされて)外が見えなくなるさま
【𩊖】革9+并6=総画数15 U+29296 [ヘイ、ヒョウ/] [十2廿口3革ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𩊖]
①革製の帯
【頩】頁9+并6=総画数15 U+9829 [ヘイ、ヒョウ/] [ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并一目自𦣻貝頁頩]
①(怒りなどで)顔色を変える
②顔に艶があって美しい
【餅】食9+并6=総画数15 U+9905 [ヘイ、ヒョウ/もち] 【餠饼】[人一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并餅]
①小麦粉や米粉など(日本では糯米)に水を加えて捏ね焼いたり蒸したりした丸く平らな食べ物
②丸く平らな食べ物、丸く平らなもの
【饼】食3+并6=総画数9 U+997C [ヘイ、ヒョウ/もち] 【餅餠】[ノフクレ饣ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并饼]
①小麦粉や米粉など(日本では糯米)に水を加えて捏ね焼いたり蒸したりした丸く平らな食べ物
②丸く平らな食べ物、丸く平らなもの
【駢】馬10+并6=総画数16 U+99E2 [ヘン、ベン/] 【骈騈】[馬ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并駢]
①二頭立ての馬車
②対(つい)にする、対になる、並べる、並んでいる
【骈】馬3+并6=総画数9 U+9A88 [ヘン、ベン/] 【駢騈】[フ𠃌L2𢎘一马ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并骈]
①二頭立ての馬車
②対(つい)にする、対になる、並べる、並んでいる
【鮩】魚11+并6=総画数17 U+9BA9 [ヘイ、ビョウ/] 【𩹁】[ク𠂊田、丶4灬魚ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并鮩]
①カワヒラ、別名「白魚(はくぎょ、パイユ)」、コイ科カワヒラ属の魚の総称、或いはカワヒラの類、同”鮊”
【鵧】鳥11+并6=総画数17 U+9D67 [ヘイ、ハイ/] [ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并鳥鵧]
①「鵧鷑」、小形で黒い鳥
【𪋋】鹿11+并6=総画数17 U+2A2CB [ビン、ヘイ、ビョウ/かめ] 【瓶甁𤬮𤭅】[广コヒ七𠤎匕2比鹿ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并𪋋]
①口が小さく首が窄んで胴が膨らんでいる容器、一般に「甕」よりも小さいもの{器}
【䴵】麥11+并6=総画数17 U+4D35 [ヘイ、ヒョウ/] [十木人𠆢2來タ夕又3麥ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并䴵]
①小麦粉などに水を加えて捏ね饂飩(うどん)や蕎麦(そば)などのような細長い紐状にした食べ物
②小麦粉や米粉などで作った丸く平らな食べ物、同”餅”

【𢆍】干3+4=総画数7 U+2218D [/] [二十干千日田申𢆍]
①俗”臿”
【𠜕】刀2+𢆍7=総画数9 U+20715 [ソウ、ショウ/] 【𠝞】[二十干千日田申𢆍リ刂𠜕]
①刃物でものを切る音
【挿】手3+𢆍7=総画数10 U+633F [ソウ、ショウ/さ・す] 【插揷】[オ才扌二十干千日田申𢆍挿]
①穴などに鋭いものを刺し入れる
②狭いところや空いているところに刺し込む
【㰱】欠4+𢆍7=総画数11 U+3C31 [ソウ、ショウ/] 【歃𣣨𣣮】[二十干千日田申𢆍ノフ乛人欠㰱]
①(口に流し入れるような飲み方ではなく)尖らせた口を飲み物の中に入れるようにして啜(すす)る、舐めるように啜る、古代会盟の際に皿に注いだ生贄の血を啜る作法

【幷】干3+5=総画数8 U+5E77 [ヘイ、ヒョウ/] 【并𢆙】[ノ丿2一ナ二十干3并幷]
①併(あわ)せる、二つのものを一つにする
②並べる
【倂】人2+幷8=総画数10 U+5002 [ヘイ、ヒョウ/あわ・せる、しか・し] 【併傡】[イ人亻ノ丿2一ナ二十干3并幷倂]
①あわ・せる、幾つかのものを一緒にする
②並ぶ、並べる、同”並”
③[日]しか・し、~ではあるけれども
【屛】尸3+幷8=総画数11 U+5C5B [ヘイ、ビョウ/] 【屏幈】[コノ丿尸ノ丿2一ナ二十干3并幷屏屛]
①壁や衝立などで遮る、仕切りや囲いを設け内側を隠す
②斥ける、斥けて中に入れない
【帲】巾3+幷8=総画数11 U+5E32 [ヘイ、ビョウ/] 【帡】[巾ノ丿2一ナ二十干3并幷帲]
①上から垂らすように張る幕、目隠し用のカーテン
②「帲幪(へいもう)」、全体を覆う幕、周りに張る幕(「帲」)と上を覆う幕(「幪」)
【腁】月(肉)4+幷8=総画数12 U+8141 [ヘン、ベン/] 【胼】[月ノ丿2一ナ二十干3并幷腁]
①手足の表皮が厚く硬くなったもの
②「腁胝(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【洴】水3+幷8=総画数11 U+6D34 [ヘイ、ビョウ/] [シ氵ノ丿2一ナ二十干3并幷洴]
①水の音
【甁】瓦5+幷8=総画数13 U+7501 [ビン、ヘイ、ビョウ/かめ] 【瓶𤬮𤭅𪋋】[ノ丿2一ナ二十干3并幷一レ、丶乙⺄瓦甁]
①口が小さく首が窄んで胴が膨らんでいる容器、一般に「甕」よりも小さいもの{器}
【𤲒】田5+幷8=総画数13 U+24C92 [ヘイ、ビョウ/] 【𤳊】[田ノ丿2一ナ二十干3并幷𤲒]
①ガマ(蒲)の茎などを編んで作った籠
【荓】艸3+幷8=総画数11 U+8353 [ヘイ、ビョウ/] 【𦰝】[サ十2艹艹ノ丿2一ナ二十干3并幷荓]
①ネジアヤメ(捩菖蒲)、別名「茘草(れいそう)」「馬帚(ばしゅう)」、アヤメ科アヤメ属の草{ネジアヤメ}
【輧】車7+幷8=総画数15 U+8F27 [ヘイ、ビョウ/] 【軿𨍍】[車ノ丿2一ナ二十干3并幷輧]
①四方に帷(とばり)を垂らした主に婦人の乗る車
【逬】辵4+幷8=総画数12 U+902C [ホウ、ヒョウ/ほとばし・る、とばし・る] 【迸𨔧】[ノ丿2一ナ二十干3并幷え辶辶逬]
①散らすように走り逃げる
②勢いよく(水などが)吹き出る
【餠】食9+幷8=総画数17 U+9920 [ヘイ、ヒョウ/もち] 【餅饼】[人一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ノ丿2一ナ二十干3并幷餠]
①小麦粉や米粉など(日本では糯米)に水を加えて捏ね焼いたり蒸したりした丸く平らな食べ物
②丸く平らな食べ物、丸く平らなもの
【騈】馬10+幷8=総画数18 U+9A08 [ヘン、ベン/] 【駢骈】[馬ノ丿2一ナ二十干3并幷騈]
①二頭立ての馬車
②対(つい)にする、対になる、並べる、並んでいる
【骿】骨10+幷8=総画数18 U+9ABF [ヘン、ベン/] [冂2「冎ワ冖月骨ノ丿2一ナ二十干3并幷骿]
①肋骨(ろっこつ、あばらぼね)

【幸】干3+5=総画数8 U+5E78 [コウ、ギョウ/さいわ・い、しあわ・せ、さち] 【𠂷𡴘】[土ソ丷一䒑二十干𢆉幸]
①凶事を免れて運が良いさま、同”倖”
②(思い掛けない)喜ばしいことや良いこと、またそれが起きること、またその状態
③願う、希望する
④天子の寵愛を受ける、「寵愛を受けられるのは幸い」の意
⑤天子が他の地を訪れること、「天子にのお出ましいただくのは幸い」の意
【倖】人2+幸8=総画数10 U+5016 [コウ、ギョウ/] [イ人亻土ソ丷一䒑二十干𢆉幸倖]
①思い掛けない幸せ、幸運、同”幸”
②「僥倖(ぎょうこう)」(1)思い掛けない幸せ、分不相応な幸運(2)飽くことなく利益や幸せを求めること
③「佞倖(ねいこう)」、主君に諂(へつら)い阿(おもね)ること、主君の機嫌を取って気に入られようとすること、またそのような人、「飽くことなく自分の幸いを得ようとする」の意
【㓑】冫2+幸8=総画数10 U+34D1 [コウ、ギョウ/] [ン冫土ソ丷一䒑二十干𢆉幸㓑]
①「㓑冷」、寒い、冷たい
【啈】口3+幸8=総画数11 U+5548 [コウ、キョウ/] 【𠵃】[口土ソ丷一䒑二十干𢆉幸啈]
①ごまかす、騙す
②睨み付けて叱る
【圉】囗3+幸8=総画数11 U+5709 [ギョ、ゴ/] 【𡇻】[口囗土ソ丷一䒑二十干𢆉幸圉]
①罪人を閉じ込めるところ、牢獄
②馬を飼育する、調教する
③防ぎ止める
【婞】女3+幸8=総画数11 U+5A5E [コウ、ギョウ/] 【𡟡】[女土ソ丷一䒑二十干𢆉幸婞]
①強情な、頑(かたくな)で他人のいうことには耳を貸さない、同”很”
②激しく腹を立てる、いらいらして怒る、同”悻”
【悻】心3+幸8=総画数11 U+60BB [コウ、ギョウ/] [ハI|丨忄土ソ丷一䒑二十干𢆉幸悻]
①激しく腹を立てる、いらいらして怒る
【𢽞】攴4+幸8=総画数12 U+22F5E [タツ、タチ/] 【撻𢹗挞𢺂𨘈𢾴𪯎】[土ソ丷一䒑二十干𢆉幸ト卜⺊又攴𢽞]
①鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同”韃”
②鞭打って励ます
【𪯎】攴4+幸8=総画数12 U+2ABCE [タツ、タチ/] 【撻𢹗挞𢺂𨘈𢾴𢽞】[土ソ丷一䒑二十干𢆉幸ノ一𠂉メ又攵𪯎]
①鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同”韃”
②鞭打って励ます
【涬】水3+幸8=総画数11 U+6DAC [ケイ、ギョウ/] 【𣷟】[シ氵土ソ丷一䒑二十干𢆉幸涬]
①「溟涬(めいけい)」、混沌としているさま、水が果てしなく広がっているさま
②引く、引っ張る
【瓡】瓜5+幸8=総画数13 U+74E1 [シュウ/] [土ソ丷一䒑二十干𢆉幸爪ム厶瓜瓡]
①古県名、現山東省北部
【𤲜】田5+幸8=総画数13 U+24C9C [ヒツ、ヒチ/] 【畢𤲃毕】[田土ソ丷一䒑二十干𢆉幸𤲜]
①鳥などを捕らえるための長い柄の付いた網、一網打尽にする
②全て、悉(ことごと)く
③全て終わる、全て終える、尽きる、~し尽くす
④二十八宿西方白虎の一つ{二十八宿}
【緈】糸6+幸8=総画数14 U+7DC8 [コウ、ギョウ/] 【𦁑】[糸土ソ丷一䒑二十干𢆉幸緈]
①糸を繋ぐ
【睪】网5+幸8=総画数13 U+776A [エキ、ヤク/] 【𥇡𥇝】[四罒土ソ丷一䒑二十干𢆉幸睪]
①(罪人を)こっそりと見張る
【䛭】言7+幸8=総画数15 U+46ED [キョウ、コウ/] 【𧨫】[言土ソ丷一䒑二十干𢆉幸䛭]
①睨み付けて叱る、大声で叱責する
【逹】辵4+幸8=総画数12 U+9039 [タツ、ダチ、タチ/] 【達𨔶𨔬𨖫𨔂】[土ソ丷一䒑二十干𢆉幸え辶辶逹]
①道が滞(とどこお)ることなく通じる
②目的とするところまで行き着く、また届く
③目標としたことを成し遂げる
④物事の奥深くまで通じる、また理解する

【𢆎】干3+5=総画数8 U+2218E [ジョウ、ニョウ/] 【㚔】[大ソ丷火𡗜二十干𢆎]
①幸い、思い掛けない幸い、同”幸”
②未詳、【康熙字典:大部:五:㚔】に「《說文》所以驚人也。一曰俗以盜不止爲㚔。或曰怙終也。又曰:犯罪不止也。」とあり
【𨂛】足7+𢆎8=総画数15 U+2809B [タツ、タチ/] 【躂跶𨂧𨂨】[口上止龰足大ソ丷火𡗜二十干𢆎𨂛]
①躓(つまづ)く、躓いてよろける
②「蹓𨂛(りゅうたつ)」、辺りをぶらぶらと歩く

【幹】干3+10=総画数13 U+5E79 [カン/みき] 【龫𠧄】[十日早2𠦝人倝二十干幹]
①草木の枝葉を支えている太い部分
②物事の全体を支えている中心的な部分、物事の主要なまた重要な部分、同簡”干”
③中心となって働く、主要なまた重要な仕事を担う
【𠿨】口3+幹13=総画数16 U+20FE8 [音未詳/] [口十日早2𠦝人倝二十干幹𠿨]
①「海哩𠿨」、明代に冬至の日に国王から家臣に下賜された七種の甘味の内の一つ、詳細不詳
【擀】手3+幹13=総画数16 U+64C0 [カン/] [オ才扌十日早2𠦝人倝二十干幹擀]
①手で平らに圧(お)し延(の)ばす、(麺打ちのように)丸い棒を圧し転がすようにして平らに延ばす、同”扞”
【檊】木4+幹13=総画数17 U+6A8A [カン/] [木十日早2𠦝人倝二十干幹檊]
①クワ科の木
【澣】水3+幹13=総画数16 U+6FA3 [カン、ガン/] 【𤃬】[シ氵十日早2𠦝人倝二十干幹澣]
①濯(すす)いで汚れを洗い落とす、水を掛け流して洗う、同”浣”
②(唐宋代の役人には十日に一日、湯水を注ぎ身体を清めるための休日が与えられたことから)十日間、旬、「上澣」「中澣」「下澣」は「上旬」「中旬」「下旬」の意
【簳】竹6+幹13=総画数19 U+7C33 [カン/] [竹十日早2𠦝人倝二十干幹簳]
①矢柄(やがら)、矢の棒の部分{弓箭}
②矢柄に用いられる細い竹
【𦼮】艸3+幹13=総画数16 U+26F2E [カン/] 【𦾮𧁀】[サ十2艹艹十日早2𠦝人倝二十干幹𦼮]
①稲や粟などの穀物の茎



漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 干部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です