総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 癶部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 癶部」 [部首索引


【癶】癶5+0=総画数5 U+7676 [ハツ、ハチ/] [フ、丶ノ2癶]
◆両足を左右に開く
◆はつがしら、部首名
【𥙊】示5+癶5=総画数10 U+2564A [セイ、サイ/まつり、まつ・る] 【祭】[フ、丶ノ2癶二小𡭕示𥙊]
◆神や祖先・死者などをそれに関係する人たちが集まって悼み慰めるための儀式、またその儀式を行う
◆[日]大勢の人が集まって行う行事
【癸】癶5+4=総画数9 U+7678 [キ/みずのと] 【𤼩】[フ、丶ノ2癶一二人大天癸]
◆みずのと、十干(じっかん)の十番目{十干}
【𠊾】人2+癸9=総画数11 U+202BE [キ、ギ/] 【𠋳】[イ亻フ、丶ノ2癶一二人大天癸𠊾]
◆左右を(周りを)見る、「【說文解字:人部:𠊾】左右兩視」
【戣】戈4+癸9=総画数13 U+6223 [キ、ギ/] [フ、丶ノ2癶一二人大天癸一、丶弋ノ丿戈戣]
◆戟(げき、長い柄の先に矛や戈を付けた武器)の一種、東廂(とうしょう、東側の建物)の階段の前で守備する兵士が持つ武器、「【尚書正義:尚書正義九】一人冕執劉立于東堂一人冕執鉞立于西堂(《傳》冕皆大夫也劉鉞屬立於東西廂之前堂)一人冕執戣立于東垂一人冕執瞿立于西垂(《傳》戣瞿皆戟屬立于東西下之階)」{四合院}
【揆】手3+癸9=総画数12 U+63C6 [キ、ギ/] 【𢲕】[オ才扌フ、丶ノ2癶一二人大天癸揆]
◆推し量る、見積もる
◆(全体を推し量って立てた)方法や計画
【暌】日4+癸9=総画数13 U+668C [ケイ、ケ/] [日フ、丶ノ2癶一二人大天癸暌]
◆離れる、互いに離れ離れになる、背く、同”睽”
【𣉉】日4+癸9=総画数13 U+23249 [シュウ、シュ/お・わる、つい・に] 【終终𣧩𣊂𣈩𤽬𤽘𠔾𡦿𢍐𠂂】[日フ、丶ノ2癶一二人大天癸𣉉]
◆尽きる、極まる、これから先はないところまで行き着く
◆最後、最後に
◆(高貴な)人の死、一般の人は「死」
【𦝢】月(肉)4+癸9=総画数13 U+26762 [キ、ギ/] [月フ、丶ノ2癶一二人大天癸𦝢]
◆「啳𦝢、䑏𦝢(けんき)」、顔の形が醜いさま、「【淮南鴻烈解:卷第十九:脩務訓】啳𦝢哆噅籧蒢戚施雖粉白黛黑弗能爲美者嫫母仳倠也(啳讀權衡之權急氣言之𦝢讀𧅄哆讀大口之哆噅讀楚𨘏氏之𨘏蒢戚施僂皆醜嫫母仳倠吉之醜女・・・)」
【楑】木4+癸9=総画数13 U+6951 [キ、ギ/] [木フ、丶ノ2癶一二人大天癸楑]
◆木名
◆「柊楑」、槌(つち)
【湀】水3+癸9=総画数12 U+6E40 [キ/] [シ氵フ、丶ノ2癶一二人大天癸湀]
◆泉から水が涌(わ)き出す
◆水が流れる
◆「湀辟」、水が深い所
【猤】犬3+癸9=総画数12 U+7324 [キ、ギ/] [ノ2犭フ、丶ノ2癶一二人大天癸猤]
◆勇ましく猛々しいさま
【𤬉】瓜5+癸9=総画数14 U+24B09 [ケイ/] 【藈】[フ、丶ノ2癶一二人大天癸爪ム厶瓜𤬉]
◆「𤬉茹(けいこ)」、カラスウリ(烏瓜)、ウリ科カラスウリ属の草{カラスウリ}
【睽】目5+癸9=総画数14 U+777D [ケイ、ケ/] [目フ、丶ノ2癶一二人大天癸睽]
◆目を背ける、視線を外す
◆離れる、背(そむ)く
◆「睽睽(けいけい)」、目を見開いて見るさま
【聧】耳6+癸9=総画数15 U+8067 [ケイ/] [耳フ、丶ノ2癶一二人大天癸聧]
◆耳が悪く声や音が全く聞こえない、”聾”よりも重症の状態
【葵】艸3+癸9=総画数12 U+8475 [キ、ギ/あおい] 【𦷡𦮙】[サ十2艹艹フ、丶ノ2癶一二人大天癸葵]
◆アオイ(葵)、アオイ科・フウロソウ科テンジクアオイ属・ウマノスズクサ科カンアオイ属などの植物の総称{アオイ}
◆「冬葵(フユアオイ)」、アオイ科ゼニアオイ属の草{フユアオイ}
◆「天竺葵(テンジクアオイ)」、フウロソウ科テンジクアオイ属の草{テンジクアオイ}
◆「向日葵(ヒマワリ)」、キク科ヒマワリ属の草{ヒマワリ}
◆「双葉葵(フタバアオイ)」、ウマノスズクサ科カンアオイ属の草、徳川家の家紋はこの葉をデザインしたもの{フタバアオイ}
【䙆】衣5+癸9=総画数14 U+4646 [ケイ、ケ/] [ネ衤フ、丶ノ2癶一二人大天癸䙆]
◆衣服の裾に入れた切れ目(スリット)
【𧡫】見7+癸9=総画数16 U+2786B [ケイ、ケ、キ/] [フ、丶ノ2癶一二人大天癸目見𧡫]
◆視る、未詳、同”瞡”、「【集韻:卷七:去聲上:至第六:𧡫瞡】視也亦作瞡」
◆視る、未詳、「【正字通:酉集上:見部:𧡫】丘{⿰亻𡗓}切音匱視也與睽通」
【䠏】足7+癸9=総画数16 U+480F [キ/] [口上止龰足フ、丶ノ2癶一二人大天癸䠏]
◆足
◆脛の肉
◆脛が曲がる
【鄈】邑3+癸9=総画数12 U+9108 [キ、ギ/] [フ、丶ノ2癶一二人大天癸ろ3I|丨邑阝鄈]
◆古地名、現山西省臨汾市付近
【鍨】金8+癸9=総画数17 U+9368 [キ、ギ/] [金フ、丶ノ2癶一二人大天癸鍨]
◆長い刃と斧が付いた槍のような武器
◆同”戣”
【闋】門8+癸9=総画数17 U+95CB [ケツ、ケチ/] 【𨶫𨶋阕】[門フ、丶ノ2癶一二人大天癸闋]
◆(それまで開けていた門を)閉じる、(それまで続いていた物事が)終わる、最後まで行き着いて止まる
◆空(から)になる、何もなくなる
◆歌曲や詩歌を数える語、「【禮記:郊特牲】樂三闋」
【阕】門3+癸9=総画数12 U+9615 [ケツ、ケチ/] 【闋𨶫𨶋】[I|丨、丶门フ、丶ノ2癶一二人大天癸阕]
◆(それまで開けていた門を)閉じる、(それまで続いていた物事が)終わる、最後まで行き着いて止まる
◆空(から)になる、何もなくなる
◆歌曲や詩歌を数える語、「【禮記:郊特牲】樂三闋」
【𩀁】隹8+癸9=総画数17 U+29001 [キ、ギ/] 【𪆴䳫】[フ、丶ノ2癶一二人大天癸ノ2隹𩀁]
◆「𩀁鳩(ききゅう)」、小形のハト(鳩、ハト科の鳥)、「【方言:第八】鳩・・・其小者謂之𪅨鳩(今■鳩也)或謂䳫鳩(音葵)」「【本草綱目:禽之三:斑鳩】《釋名》斑隹(音錐)錦鳩(范汪方)鵓鳩(左傳注)祝鳩(・・・者其小而無斑者曰隹曰𪆴音葵・・・)」
【騤】馬10+癸9=総画数19 U+9A24 [キ、ギ/] 【骙】[馬フ、丶ノ2癶一二人大天癸騤]
◆馬が力強く堂々と進むさま
【骙】馬3+癸9=総画数12 U+9A99 [キ、ギ/] 【騤】[フ𠃌L2𢎘一马フ、丶ノ2癶一二人大天癸骙]
◆馬が力強く堂々と進むさま
【䳫】鳥11+癸9=総画数20 U+4CEB [キ、ギ/] 【𪆴𩀁】[フ、丶ノ2癶一二人大天癸鳥䳫]
◆「䳫鳩(ききゅう)」、小形のハト(鳩、ハト科の鳥)、「【方言:第八】鳩・・・其小者謂之𪅨鳩(今■鳩也)或謂䳫鳩(音葵)」「【本草綱目:禽之三:斑鳩】《釋名》斑隹(音錐)錦鳩(范汪方)鵓鳩(左傳注)祝鳩(・・・者其小而無斑者曰隹曰𪆴音葵・・・)」
【癹】癶5+4=総画数9 U+7679 [ハツ、バチ/] 【𤼧𤼯】[フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹]
◆足で草を踏み付ける、踏み付けて除草する
【𠷑】口3+癹9=総画数12 U+20DD1 [ハツ、ハチ/] 【㗶】[口フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹𠷑]
◆妄言(ぼうげん、もうげん)、戯言(たわごと)、作り話
【𣸍】水3+癹9=総画数12 U+23E0D [ハツ、ハチ/] 【潑泼溌】[シ氵フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹𣸍]
◆水を勢いよく辺りに撒き散らす、水を飛び散らかす
◆力などが勢いよく発散される、元気なさま
【𨡩】酉7+癹9=総画数16 U+28869 [ハツ、ハチ/] 【醗醱酦】[西酉フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹𨡩]
◆酒を再び醸す
【𨨻】金8+癹9=総画数17 U+28A3B [ハツ、ハチ/] 【鏺】[金フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹𨨻]
◆草刈りなどに使う長い木の柄を付けた両刃の鎌
◆草を刈る
【𩸿】魚11+癹9=総画数20 U+29E3F [ハツ、ハチ/] 【鱍】[ク𠂊田、丶4灬魚ク刀几ヌ又殳癹𩸿]
◆魚が盛んに尾を揺らしながら泳ぐさま、同”鮁”
【発】癶5+4=総画数9 U+767A [ハツ、ホツ、ホチ/た・つ、あば・く] 【發𤼲彂𤼦】[フ、丶ノ2癶二ノ丿L乚儿発]
◆矢を放つ、外(離れて行く方向)に向かって勢いよく飛び出る
◆動いていなかったものが勢いよく動き出す、物事が動き出す、物事が始まる、行動を起こす
◆隠れていたものが突然に現れ出る
◆隠れていたものが表に現れ出る、現れてぱっと大きく広がる
◆広く公(おおやけ)にする
【廃】广3+発9=総画数12 U+5EC3 [ハイ、ホ/すた・る] 【廢废】[广フ、丶ノ2癶二ノ丿L乚儿発廃]
◆建物が傾き倒れる
◆すた・る、使えなくなる、使われなくなる、役に立たなくなる
◆それまでしていたことを止める、使うことを止める
【溌】水3+発9=総画数12 U+6E8C [ハツ、ハチ/] 【潑泼𣸍】[シ氵フ、丶ノ2癶二ノ丿L乚儿発溌]
◆水を勢いよく辺りに撒き散らす、水を飛び散らかす
◆力などが勢いよく発散される、元気なさま
【醗】酉7+発9=総画数16 U+9197 [ハツ、ハチ/] 【醱酦𨡩】[西酉フ、丶ノ2癶二ノ丿L乚儿発醗]
◆酒を再び醸す
【𤼩】癶5+5=総画数10 U+24F29 [キ/みずのと] 【癸】[フ、丶ノ2癶ノ大天矢𤼩]
◆みずのと、十干(じっかん)の十番目{十干}
【𠋳】人2+𤼩10=総画数12 U+202F3 [キ、ギ/] 【𠊾】[イ亻フ、丶ノ2癶ノ大天矢𤼩𠋳]
◆左右を(周りを)見る、「【說文解字:人部:𠊾】左右兩視」
【𢲕】手3+𤼩10=総画数13 U+22C95 [キ、ギ/] 【揆】[オ才扌フ、丶ノ2癶ノ大天矢𤼩𢲕]
◆推し量る、見積もる
◆(全体を推し量って立てた)方法や計画
【𦷡】艸3+𤼩10=総画数13 U+26DE1 [キ、ギ/あおい] 【葵𦮙】[サ十2艹艹フ、丶ノ2癶ノ大天矢𤼩𦷡]
◆アオイ(葵)、アオイ科・フウロソウ科テンジクアオイ属・ウマノスズクサ科カンアオイ属などの植物の総称{アオイ}
◆「冬𦷡(フユアオイ)」、アオイ科ゼニアオイ属の草{フユアオイ}
◆「天竺𦷡(テンジクアオイ)」、フウロソウ科テンジクアオイ属の草{テンジクアオイ}
◆「向日𦷡(ヒマワリ)」、キク科ヒマワリ属の草{ヒマワリ}
◆「双葉𦷡(フタバアオイ)」、ウマノスズクサ科カンアオイ属の草、徳川家の家紋はこの葉をデザインしたもの{フタバアオイ}
【𥙊】示部
【登】癶5+7=総画数12 U+767B [トウ、ト/のぼ・る] 【𤼪𤼷𤼼𧰍】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登]
◆高いところに上がる、同”升”、一般に道や階段や梯子(はしご)などの足場を伝いながら上がることをいい、足場がなく浮くように上がるのは「昇」
◆高いところに乗る、上に乗る
◆高い地位に就く、高い地位に引き上げる
◆書類に載(の)せる、記載する、同”載”
◆穀物が実る、また熟す、同”升”
【僜】人2+登12=総画数14 U+50DC [トウ、ドウ、チョウ/] [イ亻フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登僜]
◆疲れて酔ったようによろよろと(ふらふらと)歩くさま
【凳】几2+登12=総画数14 U+51F3 [トウ、トン/] 【櫈】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登几凳]
◆背凭(せもた)れや肘掛(ひじかけ)のない腰掛け、同”橙”
【噔】口3+登12=総画数15 U+5654 [トウ/] [口フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登噔]
◆「ドン」「ドシン」という重いものがぶつかる時の音を表す語
【墱】土3+登12=総画数15 U+58B1 [トウ/] [土フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登墱]
◆階段状になっている坂道、同”磴”
◆建物に通じる階段
◆分水するための細い水路
【嬁】女3+登12=総画数15 U+5B01 [トウ/] [女フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登嬁]
◆女性が美しいさま
【𡪺】宀3+登12=総画数15 U+21ABA [トウ、チョウ/] 【䆸】[ウ宀フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𡪺]
◆「𡪺𥥈(とうこう)」、広くがらんとした部屋や洞穴などの空間に音が響くさま
【嶝】山3+登12=総画数15 U+5D9D [トウ/] [山フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登嶝]
◆見上げるような急な山道、同”隥”
【㡠】巾3+登12=総画数15 U+3860 [テイ、チョウ/] 【幀帧㡧𢅃】[巾フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登㡠]
◆書画の皺(しわ)や弛(たる)みをぴんと伸ばす
◆書画を裏打ち(うらうち、裏面に布・紙などを貼り付け皺や弛みを防ぐこと)する、また裏打ちした書画、画幅(がふく)、同”𢂰”
◆表装(裏打ち)した書画を数える語
【憕】心3+登12=総画数15 U+6195 [トウ、ジョウ、チョウ/] [ハI|丨忄フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登憕]
◆心安らかな、平静な
◆「憕𢘌」、思いが遂げられずに気が抜けるさま
【撜】手3+登12=総画数15 U+649C [ショウ、ジョウ/] [オ才扌フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登撜]
◆手を貸して救(すく)う、救い出す、(溺れた者などを)救い上げる、同”拯”
【膯】月(肉)4+登12=総画数16 U+81AF [トウ/] 【𦡪】[月フノ一口ソ丷一䒑豆登膯]
◆飽(あ)く、腹がいっぱいになる、満ち足りる
【橙】木4+登12=総画数16 U+6A59 [トウ、ジョウ/だいだい] [木フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登橙]
◆キンクネンボ、ミカン科ミカン属の木、またその果実、別名「アマダイダイ(甘橙)」「オレンジ(orange)」「スイート・オレンジ(sweet orange)」{キンクネンボ}
◆「苦橙(くとう)」、ダイダイ(橙)、ミカン科ミカン属の木、またその果実、別名「ビター・オレンジ(bitter orange)」{ダイダイ}
◆オレンジ色
◆背凭(せもた)れや肘掛(ひじかけ)のない腰掛け、同”櫈(凳)”
【𣩟】歹4+登12=総画数16 U+23A5F [トウ/] [一タ夕歹フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𣩟]
◆「㱥𣩟(りょうとう)」、病気で苦しんでいるさま
【㲪】毛4+登12=総画数16 U+3CAA [トウ/] 【𣰆】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登毛㲪]
◆「毾㲪(とうとう)」、細く柔らかい毛を使った織物、毛布や絨毯の類
【𣰆】毛4+登12=総画数16 U+23C06 [トウ/] 【㲪】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登毛𣰆]
◆「㲩𣰆(とうとう)」、細く柔らかい毛を使った織物、毛布や絨毯の類
【澄】水3+登12=総画数15 U+6F84 [チョウ、ジョウ/す・む] [シ氵フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登澄]
◆泥などの汚れが下に沈み水が濁りも泡も波もなく透き通る、同”澂””瀓”
【燈】火4+登12=総画数16 U+71C8 [トウ/ともしび、あかし、あかり、ひ] 【𧺄】[火フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登燈]
◆高く掲げ暗闇を照らす明かり、据え置いて使う照明具
◆簡”灯”、本来”灯”には「明かり(燈)」の意はなく「火、烈火」の意だったが古くから”燈”の俗用字として用いられ今に至っている
【璒】玉4+登12=総画数16 U+7492 [トウ/] [王フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登璒]
◆玉(ぎょく)に似た美しい石
【瞪】目5+登12=総画数17 U+77AA [トウ、ジョウ/] [目フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登瞪]
◆じっと見る、視線を一点に注(そそ)いでじっと見る、同”瞠”
【磴】石5+登12=総画数17 U+78F4 [トウ/] [石フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登磴]
◆急で険しい石だらけの山道
◆石段、同”隥”
◆石橋、石の橋
【䆸】穴5+登12=総画数17 U+41B8 [トウ、チョウ/] 【𡪺】[ウ宀ハ八穴フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登䆸]
◆「䆸𥥈(とうこう)」、広くがらんとした部屋や洞穴などの空間に音が響くさま
【竳】立5+登12=総画数17 U+7AF3 [トウ/] [立フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登竳]
◆「竳竳」、まっすぐに立つさま
【簦】竹6+登12=総画数18 U+7C26 [トウ/] [竹フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登簦]
◆柄のある傘、ないものは「笠」
【艠】舟6+登12=総画数18 U+8260 [/いかだ] [舟フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登艠]
◆[日]筏
【䔲】艸3+登12=総画数15 U+4532 [トウ、ジョウ/] [サ十2艹艹フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登䔲]
◆「菳䔲(きんとう)」、草名、未詳
◆「苦䔲(ことう)」、草名、未詳、ダイダイ(橙)の漢名が「苦橙」であることからダイダイのことか?
【䗳】虫6+登12=総画数18 U+45F3 [/ひおむし、ひとりむし、ひむし] [中虫フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登䗳]
◆[日]燈火に集まる蛾(が)の類、{和製漢字の辞典:虫部:䗳}参照
【覴】見7+登12=総画数19 U+89B4 [トウ/] [フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登目見覴]
◆視線を逸(そ)らさずにじっと見続ける
【證】言7+登12=総画数19 U+8B49 [ショウ/] 【证䥌𨭧𨨾𦷘𦹨𧁅𧁆】[言フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登證]
◆正当であること(事実であること)を根拠を示して明らかにする、また上申する、同”証”
◆正当であること(事実であること)を示すための根拠となるもの、証(あかし)、証拠、同”証”
◆[仏教用語]悟(さと)る、はっきりと理解する、同”証”
注解:”證”と”証”は本来別字だが、現在は”證”の意で”証”が使われる、そのため”證”の簡体字は”证”となる
【𧰐】豆7+登12=総画数19 U+27C10 [トウ/] [フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登2𧰐]
◆祭礼用の供物を盛る蓋付き脚付きの器、同”豋”{食器}
【蹬】足7+登12=総画数19 U+8E6C [トウ、ドウ/] [口上止龰足フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登蹬]
◆足で踏む、同”踏””履”
◆道を履(ふ)む、同”履”
◆「蹭蹬(そうとう)」◇道が悪い(険しい、歩きにくい、道がない)さま、道が悪く思い通りに進めないさま◇(障害となる物事に突き当たって)それまで通りに行かなくなるさま、思い通りにならないさま、同「𨇽䟶(らさ)」
【𨎤】車7+登12=総画数19 U+283A4 [トウ/] [車フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𨎤]
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:隥第四十八:𨎤】車羽」
【邆】辵3+登12=総画数15 U+9086 [トウ、ドウ/] [フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登え辶辶邆]
◆「邆賧詔」、唐代現中国南部に大きな勢力を誇っていた六つの王国の一つ
【鄧】邑3+登12=総画数15 U+9127 [トウ、ドウ/] 【邓】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登ろ3I|丨邑阝鄧]
◆古国名、現河南省
【鐙】金8+登12=総画数20 U+9419 [トウ/あぶみ] 【镫𨭕】[金フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登鐙]
◆あぶみ、鞍から両側に吊るし騎手が足を載せるための馬具
◆食物を盛る蓋付き脚付きの素焼きの器、同”豆”{食器}
◆明かりを灯(とも)すために油と灯心を入れる皿状の容器
【镫】金5+登12=総画数17 U+956B [トウ/あぶみ] 【鐙𨭕】[ノ丿一𠂉二レモ钅フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登镫]
◆あぶみ、鞍から両側に吊るし騎手が足を載せるための馬具
◆食物を盛る蓋付き脚付きの素焼きの器、同”豆”{食器}
◆明かりを灯(とも)すために油と灯心を入れる皿状の容器
【隥】阜3+登12=総画数15 U+96A5 [トウ/] [ろ3I|丨阜阝フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登隥]
◆見上げるような急な坂道、同”嶝”
◆石段、同”磴”
【霯】雨8+登12=総画数20 U+972F [トウ、ドウ/] [雨フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登霯]
◆大雨
【𩍐】革9+登12=総画数21 U+29350 [トウ/] [十2廿口3革フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𩍐]
◆鐙(あぶみ)、鞍から両側に吊るし騎手が足を載せるための馬具、同”鐙”、「【樊山政書(テキスト版):卷二十】截𩍐留靴」
【𩏠】韋9+登12=総画数21 U+293E0 [チョウ/] [ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𩏠]
◆未詳、「【廣韻:去聲:映第四十三:倀:𩏠】張皮也」
【𩘼】風9+登12=総画数21 U+2963C [テイ、チョウ/] [几𠘨ノ中虫風フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登𩘼]
◆「𩘼𩖢(ていこう)」、風の音、「【集韻:卷四:平聲四:耕第十三:𩘼】𩘼𩖢風聲」
【𩙄】風9+登12=総画数21 U+29644 [リュウ、ル/] 【䬟𩙗𩗌𩙔】[フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登几𠘨ノ中虫風𩙄]
◆上空を吹き渡る風、またその音、同”飂””飅”、「【集韻:卷四:平聲四:尤第十八:飂飀䬟】說文高風也或从留从劉通作翏」
◆「𩙄𩙄(りゅうりゅう)」、風の吹くさま、同「飂飂」
◆「䬀𩙄(ゆうりゅう)」、同「䬀𩖴」「餘風(よふう、余風)」「緒風(しょふう)」◇季節の名残(なごり)の風、前の季節の気配を残した風、またその音◇風が止んだ後に残る微かな風、またその音、「【集韻:卷六:上聲下:有第四十四:䬀】緒風謂之䬀𩖴」
【䮴】馬10+登12=総画数22 U+4BB4 [トウ/] [馬フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登䮴]
◆馬が歩こうとするが倒れてしまう
◆「䮚䮴」、馬が餌を食べて病気に罹る、(脚気のような病気か?)
【鼟】鼓13+登12=総画数25 U+9F1F [トウ/] [士一口ソ丷一䒑豆壴十ヌ又支鼓フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登鼟]
◆「トントン」などの鼓の音の形容
【發】癶5+7=総画数12 U+767C [ハツ、ホツ、ホチ/た・つ、あば・く] 【発𤼲彂𤼦】[フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發]
◆矢を放つ、外(離れて行く方向)に向かって勢いよく飛び出る
◆動いていなかったものが勢いよく動き出す、物事が動き出す、物事が始まる、行動を起こす
◆隠れていたものが突然に現れ出る
◆隠れていたものが表に現れ出る、現れてぱっと大きく広がる
◆広く公(おおやけ)にする
◆簡"发"
【㗶】口3+發12=総画数15 U+35F6 [ハツ、ハチ/] 【𠷑】[口フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發㗶]
◆妄言(ぼうげん、もうげん)、戯言(たわごと)、作り話
【墢】土3+發12=総画数15 U+58A2 [ハツ、ボチ/] [土フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發墢]
◆鍬や鋤などで土を掘り起こす、同”坺”
【廢】广3+發12=総画数15 U+5EE2 [ハイ、ホ/すた・る] 【廃废】[广フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發廢]
◆建物が傾き倒れる
◆すた・る、使えなくなる、使われなくなる、役に立たなくなる
◆それまでしていたことを止める、使うことを止める
【撥】手3+發12=総画数15 U+64A5 [ハツ、ハチ、バチ/は・ねる] 【拨】[オ才扌フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發撥]
◆は・ねる、ぱっと飛ぶ、ぱっと飛び散る、勢いよく弾(はじ)けるような動きを指す
◆弦楽器などを弾く、またその道具
◆弓をいっぱいに引き絞る、今にも溢れ出そうなほどに力が漲る
◆乱れを治める、草を刈り土を均(なら)す
【橃】木4+發12=総画数16 U+6A43 [ハツ、ボチ/] [木フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發橃]
◆外洋を航行できる大型の船、同”𦪑”
◆木名、未詳、ユズ(柚子)に似ているという
◆未詳、「【類篇:木部:橃】放吠切屋棟頭」
【潑】水3+發12=総画数15 U+6F51 [ハツ、ハチ/] 【泼溌𣸍】[シ氵フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發潑]
◆水を勢いよく辺りに撒き散らす、水を飛び散らかす
◆力などが勢いよく発散される、元気なさま
【癈】疒5+發12=総画数17 U+7648 [ハイ、ホ/] [ン冫广疒フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發癈]
◆重い病気を患い回復する見込みがない
◆廃(すた)る
【𥳊】竹6+發12=総画数18 U+25CCA [ハイ/] 【䉬】[竹フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發𥳊]
◆竹製の粗末な莚
【𦪑】舟6+發12=総画数18 U+26A91 [ハツ、ボチ/] [舟フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發𦪑]
◆外洋を航行できる大型の船、同”橃”
◆竹や木を組んだ筏(いかだ)、「【通俗文(服虔)】𦪑扶月反(・・・)謂編竹木浮於河以運物者也」
【蕟】艸3+發12=総画数15 U+855F [ハイ/] 【䕠】[サ十2艹艹フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發蕟]
◆粗末な竹製の敷物
【襏】衣5+發12=総画数17 U+894F [ハツ、ハチ/] 【袯】[ネ衤フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發襏]
◆「襏襫(はつせき)」、背中に羽織って雨雪を防ぐ藁(わら)などで作った雨具、蓑(みの)、多く農作業をする際に着るという
【蹳】足7+發12=総画数19 U+8E73 [ハツ、ハチ/] [口上止龰足フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發蹳]
◆足で蹴飛ばす
【醱】酉7+發12=総画数19 U+91B1 [ハツ、ハチ/] 【醗酦𨡩】[西酉フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發醗醱]
◆酒を再び醸す
【鏺】金8+發12=総画数20 U+93FA [ハツ、ハチ/] 【𨨻】[金フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發鏺]
◆草刈りなどに使う長い木の柄を付けた両刃の鎌
◆草を刈る
【𩞽】食8+發12=総画数20 U+297BD [ハク/] 【餺馎䭦𩟛䬪】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發𩞽]
◆「𩞽飥(はくたく、ほうとう)」◇小麦粉などに水を加えて捏(こ)ねて平たく延ばしたもの、またそれを細く切った平打ち饂飩(うどん)の類◇[日]うどんに野菜などを加えて煮る郷土料理
【驋】馬10+發12=総画数22 U+9A4B [ハツ、ハチ/] [馬フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發驋]
◆馬が怒ったように走る
◆馬が首を揺らすさま
【𩯌】髟10+發12=総画数22 U+29BCC [ハツ、ハチ/] [「Eム厶長镸ノ丿3彡髟フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳二ノ丿L乚儿發𩯌]
◆「𩯌𩯳(はつさん)」、鬢(ひん、びん、顔の両側の耳際の髪)が多いさま
【鱍】魚11+發12=総画数23 U+9C4D [ハツ、ハチ/] 【𩸿】[ク𠂊田、丶4灬魚フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發鱍]
◆魚が盛んに尾を揺らしながら泳ぐさま、同”鮁”
【凳】几部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 癶部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です