総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「漢字林(非部首部別) 巛部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 巛部」 [部首索引


巛3+0=総画数3 U+5DDB [セン/]
◆川(かわ)、本同「川」
◆かわ、まがりがわ、部首名
筆順
𠚴巛3+刀2=総画数5 U+206B4 [シュウ、ス/す] 州𠄓𠃕𠂗𠛏𣧓
◆川の中にできた陸地、同「洲」
◆大きな陸地、大陸
◆行政区画の単位、「州(領土、支配地)」の外を「殥イン」、その外を「紘コウ」、更にその外を「垓ガイ」という
𠮰巛3+口3=総画数6 U+20BB0 [未詳/]
◆未詳「【字彙:丑集:口部:𠮰】匹錦切音品竝也」「【正字通:丑集上:口部:𠮰】同𡿯省…」「【康熙字典:丑集上:口部:𠮰】…○按字彙本篇海正字通本同文舉要今兩存之」
巛3+子3=総画数6 U+373D [シ/こ、ね] 子𡿹𠙭𢀈𢀇𢀉
◆母親から産まれるもの、古くは男女を問わず「子」といったが、現代中国では男の子(息子)を指す
◆新しく産まれる(生まれる)ものの元となるもの、植物の種や実、動物の卵など
◆元となるものから産まれる(生み出される)もの、利息リソク
◆小さいものや道具など指す語、「匣子コウシ(小箱)」「椅子イス」「帽子ボウシ」
◆~人、~する人、「仙子センシ(仙人、仙女)」「舟子シュウシ(ふなびと、舟を操る人)」
◆男性、男性に対する敬称・美称、あなた
◆学徳に優(すぐ)れた人に対する敬称、「孔子コウシ」「孟子モウシ」「老子ロウシ」、いずれも「子」は先生の意
◆五等の爵位(公・侯・伯・子・男)の第四位
◆農暦11月(新暦で11月下旬~1月上旬頃)、陽気ヨウキ(万物が動き出そうとする気)の頃「【說文解字:子部:子】十一月陽气動萬物滋入以爲偁象形凡子之屬皆从子…」
◆十二支の一番目、時刻では夜の十二時を中心とした二時間、方角では北、動物ではネズミ(鼠)
𡿭巛3+巛3=総画数6 U+21FED [コン/] 𡿦
◆坤コン(ひつじさる)、八卦ハッカ(乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤)の一つ、「坤」を表す「☷(U+2637)」を象ったもの、同「坤」
巛3+廴3=総画数6 U+5EF5 [シュン、ジュン/めぐ・る] 巡𡿽𨑾
◆各所を見に行く、見て回る
◆順に見て回る、一回り(ひとまわり)する
◆「廵守・廵狩ジュンシュ」、天子が諸国・各地を視察シサツして回ること
◆「逡廵・逡循・逡遁シュンジュン」◇後退(あとずさ)りする、尻込(しりご)みする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま(「躊躇チュウチョ(少し進んでは立ち止まり少し進んでは立ち止まるさま)」とは別義)
𣧄巛3+歹4=総画数7 U+239C4 [ギツ、ゴチ/]
◆川が流れるさま
𣬡巛3+毛4=総画数7 U+23B21 [キ/さしまね・く] 麾𪎜𪎮
◆戦(いくさ)で指揮する大将(指揮者)の旗印はたじるし、同「戯」
◆(旗を振って、手で指し示して)合図する、指図(さしず)する、呼び寄せる
◆「𣬡下キカ」、旗(指揮者)の下にある家来また兵士
𣲂巛3+水4=総画数7 U+23C82 [スイ/]
◆未詳「【玉篇:卷十九:水部第二百八十五:𣲂】初委切北方也」
◆「朱常𣲂シュジョウスイ」、人名、明朝(1368年~1644年)の皇室一族の一人という「【臺灣鄭氏始末:卷一】…殺樊山王朱常𣲂及石應璉等」「【小腆紀年:卷第十二:明鎮國將軍常𣲂】…常𣲂樊山王翊𨥌之次子…」
巛3+火4=総画数7 U+707D [サイ/わざわ・い] 𡿧𤉣灾烖𤈮
◆大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など天が齎(もたら)す禍(わざわい)
◆人に困難や不幸を齎す出来事
筆順
巛3+田5=総画数8 U+753E [①シ②サイ/] 𠚋𠙾𠙹𠚀

◆酒を入れる容器
◆野生のキジ(雉)の一種、東方に棲むという、同「鶅」
◆山東省莱蕪市を源とする川の名、同「淄」 {山東省}

◆災(わざわ)い、同「菑」
◆ステロイドsteroid
𤰝巛3+田5=総画数8 U+24C1D [シン/]
◆田畑の間の水路、用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「畎」「𤰕」「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
𧥥巛3+言7=総画数10 U+27965 [クン、キン/] 𧥿𣵧
◆同「訓」
◆人名用字
𧴲巛3+貝7=総画数10 U+27D32 [サ/] 𧴪
◆小さな貝「【說文解字注:貝部:𧴪】貝聲也从小貝(聚小貝則多聲故其字從小貝引伸爲細碎之偁今俗瑣㞕字當作此…)」
◆小さいさま、細かいさま、細々(こまごま)したさま、同「瑣」「屑」
𨊩巛3+車8=総画数11 U+282A9 [リン/]
◆巡(めぐ)る、見て回る、同「巡」「【廣川書跋:卷四:】𦒱其詞寴(音親)𨊩(音鄰)」「【集韻:卷二:平聲:諄第十八:廵𨊩】說文視行皃或作𨊩古通作徇」
巛3+辵3=総画数6 U+5DE1 [シュン、ジュン/めぐ・る] 廵𡿽𨑾
◆各所を見に行く、見て回る
◆順に見て回る、一回り(ひとまわり)する
◆「巡守・巡狩ジュンシュ」、天子が諸国・各地を視察シサツして回ること
◆「逡巡・逡循・逡遁シュンジュン」◇後退(あとずさ)りする、尻込(しりご)みする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま(「躊躇チュウチョ(少し進んでは立ち止まり少し進んでは立ち止まるさま)」とは別義)
筆順
巛3+邑7=総画数10 U+9095 [ヨウ、ユ/] 𡿷
◆川や堀などで囲まれた邑(むら)・町や都市・城
◆周りを塞(ふさ)ぐ、同「壅」
◆和(なご)やかなさま、心地よいさま、同「雍」
◆唐代(618年~907年)から宋(南宋)代(1127年~1279年)に置かれた古州名、「邕州ヨウシュウ」、現広西チワン族自治区南寧ナンネイ市一帯の地、現在も南寧市の簡称として「邕」が用いられる {広西壮族自治区}
𨳖巛3+門8=総画数11 U+28CD6 [シュク/] 閦𨴖𨴟𨴧𨴳𨴠
◆門の中(内側)に多くの人が集まっているさま、ものがたくさん集まっているさま、ものが多いさま、同「衆」
𩚓巛3+食9=総画数12 U+29693 [トウ/] 䬭𩜻𩝵䬢
◆貪(むさぼ)る、あるものを余すところなく欲しがる、また必要以上に貯め込む、同「饕」
𩾣巛3+鳥11=総画数14 U+29FA3 [キョウ/]
◆フクロウ(梟)、フクロウ科の鳥、別名「不孝鳥フコウチョウ(ふこうどり)」、同「梟」「【龍龕手鑑:卷二:鳥部第九:鴵𩾣𩾒𩿋𩾓鷍】六俗梟正古堯反不孝鳥也食父母也」
巛2+0=総画数2 U+5DDC [カイ、ケ/]
◆田畑の間に通した用水路、幅と深さが共に「𡿨」の二倍(二尋、両手を広げた長さの二倍)の水路、同「澮」「洫」
筆順
𤰕巜2+田5=総画数7 U+24C15 [ケン/]
◆田畑の間に通した用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「𤰝」、「洫」参照「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
巛3+0=総画数3 U+5DDD [セン/かわ]
◆水の流れる道、同「巛」
◆四川省の略称 {四川省}
◆かわ、さんぼんがわ、部首名
筆順
𠄓川3+亅1=総画数4 U+20113 [シュウ、ス/す] 州𠃕𠂗𠛏𠚴𣧓
◆川の中にできた陸地、同「洲」
◆大きな陸地、大陸
◆行政区画の単位、「州(領土、支配地)」の外を「殥イン」、その外を「紘コウ」、更にその外を「垓ガイ」という
𠆯川3+人2=総画数5 U+201AF [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:人部:𠆯】晉姜鼎作字(「晉姜鼎」は中国春秋時代前期に作られたとされる鼎(かなえ)の名、「晉姜」はその鼎の製作を命じた人物で晉国王である文侯(ブンコウ)の夫人、その銘文に「𠆯」があり「作」の義であるという)
川3+土3=総画数6 U+5733 [シン/]
◆田畑の間の水路、用水路、同「甽」「畎」
◆「深圳シンシン・シンセン」、地名、広東省 {広東省}
川3+大3=総画数6 U+593C [コウ/]
◆窪(くぼ)地、多く地名に用いられる、「大夼タイコウ(山東省煙台市萊陽市)」「墙夼ショウコウ(山東省濰坊市諸城市)」
𡵅川3+山3=総画数6 U+21D45 [/ほき]
◆[日]姓用字、「𡵅本(ほきもと)」
◆[日]地名用字、「小𡵅(こぼき、岡山県美作市中川)」
𢎵川3+弓3=総画数6 U+223B5 [コ/]
◆未詳「【字彙補:寅集:弓部:𢎵】懐徒切音弧見篇韻序」
𣅕川3+日4=総画数7 U+23155 [イツ、イチ/] 𡿯
◆水が流れる
𦘶川3+月(肉)4=総画数7 U+26636 [クン/]
◆羊肉の羹(あつもの、肉や野菜などの具を煮込んだ吸物すいもの)、同「臐」「【集韻:卷七:去聲上:焮第二十四:臐𦘶】羊𦞦也」
川3+木4=総画数7 U+674A [シュン、ジュン/]
◆鋤や鍬などの柄に利用する木
川3+气4=総画数7 U+6C1A [セン/]
◆三重水素、水素(Hydrogen、H)の同位体の一つ
川3+水3=総画数6 U+6C4C [セン/]
◆川
◆古川名、未詳
川3+玉4=総画数7 U+7394 [セン/]
◆玉ギョク(美しく高貴な石)製の環状の飾り、腕輪(うでわ、ブレスレットbracelet)、同「釧」
川3+田5=総画数8 U+753D [シン/] 𤰝
◆田畑の間の水路、用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「畎」「𤰕」「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
𤽃川3+白5=総画数8 U+24F43 [バイ、マイ/]
◆布の縁へり
川3+糸6=総画数9 U+7D03 [シュン、ジュン/] 𥾖
◆断面が丸くなるように編んだ紐(ひも)、丸組紐まるくみひも、断面が扁平ヘンペイになるように編んだ平組紐(ひらくみひも)を「絛」
◆(道や道理・規則や先例などに)従う、同「順」「循」
𧈶川3+虫6=総画数9 U+27236 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:虫部:𧈶】"甽"的讹字」
川3+言7=総画数10 U+8A13 [クン、キン/おし・える]
◆分かりやすく説明し教える、順を追って教え悟らせる
◆上位者の下位者に対する教えや指示
◆字句の意味や読み
◆[日]漢字の日本での読み
筆順
川3+言2=総画数5 U+8BAD [クン、キン/おし・える]
◆分かりやすく説明し教える、順を追って教え悟らせる
◆上位者の下位者に対する教えや指示
◆字句の意味や読み
◆[日]漢字の日本での読み
川3+車7=総画数10 U+4845 [チュン、シュン、ジュン/]
◆柩(ひつぎ)を載せるための車、また輿(こし)、手摺(てすり)に龍が描かれたものは大夫タイフ以上の人の柩を載せるという、同「輴」
◆柩を墓穴に下ろすための滑車
◆車の手摺(てすり)の横木・縦木・板(「轛」「輢」「軨」)などを纏(まと)め束ねるもの、どのようなものかは未詳「【說文解字注:車部:䡅】車約䡅也(…依許意葢謂轛輢軨等皆有物纏束之謂之約䡅以赤畫之謂之夏䡅…)」
川3+金8=総画数11 U+91E7 [セン/くしろ]
◆腕や脚(あし)に着(つ)ける環状の飾り、「臂釧ヒセン(腕輪)」「脚釧キャクセン(脚輪)」 {服飾(腕輪)}
筆順
川3+金5=総画数8 U+948F [セン/くしろ]
◆腕や脚(あし)に着(つ)ける環状の飾り、「臂釧ヒセン(腕輪)」「脚釧キャクセン(脚輪)」 {服飾(腕輪)}
川3+頁9=総画数12 U+9806 [シュン、ジュン/したが・う] 顺㥧
◆川や風の流れに逆(さから)らわずに進む
◆道筋(みちすじ、道や道理や規則など)に沿(そ)って進む、道理や規則に沿う、従(したが)う
◆従うべき道筋や道理、また基準や規則
◆逆らわずに従う
筆順
川3+頁6=総画数9 U+987A [シュン、ジュン/したが・う] 順㥧
◆川や風の流れに逆(さから)らわずに進む
◆道筋(みちすじ、道や道理や規則など)に沿(そ)って進む、道理や規則に沿う、従(したが)う
◆従うべき道筋や道理、また基準や規則
◆逆らわずに従う
川3+馬10=総画数13 U+99B4 [シュン、ジュン/な・れ、な・らす、な・れる]
◆人の指示に従うように(馬を)訓練する、訓練によって従うようになる
◆従順な
◆慣れる
筆順
川3+馬3=総画数6 U+9A6F [シュン、ジュン/な・れ、な・らす、な・れる] 馴駲
◆人の指示に従うように(馬を)訓練する、訓練によって従うようになる
◆従順な
◆慣れる
𩵙川3+魚11=総画数14 U+29D59 [未詳/]
◆未詳
子部
巛3+3=総画数6 U+3829 [コウ/] 巟𡿫𡿬
◆水が荒涼コウリョウ(荒れ果ててもの寂しいさま、何もないさま)と広がっているさま、何もなくただどこまでも広がっているさま、同「𣺬」「荒」
㠩6+巾4=総画数10 U+3843 [コウ、ボウ、モウ/] 㡛㡆𢂩𢂾
◆生糸(きいと)を練(ね)る職人、練糸レンシ(ねりいと、生糸を草木などの灰を溶かしたアルカリ性の灰汁あくで煮て柔らかく白くすること)職人「【周禮:卷第十一:冬官考工記第六】㡛氏湅絲以涚水漚其絲七日去地尺暴之(故書涗作湄鄭司農云湄水温水也玄謂涗水以灰所泲水也…)」
◆もの覆(おお)う布、同「幪」
𥞙㠩6+禾5=総画数11 U+25799 [コウ/] 𥡃𥠸𥡍𦱐
◆穀物が稔(みの)らない、穀物のできが悪い、同「荒」
㠩6+言7=総画数13 U+8A64 [コウ/] 𧧢𧧮謊谎
◆寝言(ねごと)、つじつまの合わない話、戯言(たわごと)
𩶡㠩6+魚11=総画数17 U+29DA1 [ボウ、ム/] 䲛𩶶鯍
◆「䱭𩶡コウボウ」、魚名、未詳、チョウザメ(蝶鮫、チョウザメ科の魚)などのサメ類か?「【史記:卷百一十七:司馬相如列傳第五十七】䱎䲛螹離(《集解》…郭璞曰䱎䲛鮪也音亘瞢螹離未聞)」「【漢書(前漢書):卷五十七上:司馬相如傳第二十七上】䱴䲛漸離(李竒曰周洛曰鮪蜀曰䱴䲛出鞏山穴中三月遡河上能度龍門之限則得為龍矣漸離未聞…)」
巛3+3=総画数6 U+5DDE [シュウ、ス/す] 𠄓𠃕𠂗𠛏𠚴𣧓
◆川の中にできた陸地、同「洲」
◆大きな陸地、大陸
◆行政区画の単位、「州(領土、支配地)」の外を「殥イン」、その外を「紘コウ」、更にその外を「垓ガイ」という
筆順
州6+口3=総画数9 U+3584 [シュウ、シュク/]
◆ニワトリ(鶏)を呼ぶ(呼び寄せる)声、「喌喌シュウシュウ・シュクシュク」、同「𠱙」
𢫧州6+手3=総画数9 U+22AE7 [シュウ、ス/]
◆手に持つ、手にしっかりと握(にぎ)る、同「搊」
州6+木4=総画数10 U+6826 [シュウ、ジュ/]
◆木名
州6+水3=総画数9 U+6D32 [シュウ、ス/す]
◆周りを水に囲まれた陸地、人や動物が日常的に生活できる程の大きなものを指す、「洲」よりも小さいものを「陼」、「陼」よりも小さいものを「沚」、「沚」よりも小さいものを「坻」という
◆大陸
筆順
州6+糸6=総画数12 U+7D52 [シュウ、ジュ/]
◆純白でしなやかな輝くように美しい薄絹、同「紈」
州6+言7=総画数13 U+8A76 [シュウ、ジュ、シュ/]
◆相手の問いに答える、返答する、相手の言葉に言葉で応える、同「酬」
◆人に災いが降りかかるようにと神に祈る、呪う
州6+酉7=総画数13 U+916C [シュウ、ジュ/むく・い、むく・いる] 酧𨠩
◆来訪のお礼として主人が客に酒を勧める、手厚く報いる、客が主人に返杯するのは「酢」
◆相手の行為に対し相応の金品や行為をもって返礼する、互いに返礼のやり取りをする
◆ある行為が齎(もたら)す結果を身に受ける
筆順
𨠩州6+酉7=総画数13 U+28829 [シュウ、ジュ/むく・い、むく・いる] 酬酧
◆来訪のお礼として主人が客に酒を勧める、手厚く報いる、客が主人に返杯するのは「酢」
◆相手の行為に対し相応の金品や行為をもって返礼する、互いに返礼のやり取りをする
◆ある行為が齎(もたら)す結果を身に受ける
州6+金8=総画数14 U+9282 [シュウ、シュ、ス/]
◆未詳「【康熙字典:戌集上:金部:銂】《五音集韻》職流切音周金刀」
州6+馬10=総画数16 U+99F2 [未詳/]
◆未詳「【兩宋名賢小集:卷三百十三:寄吴鈐幹】…唐夢龍駲灔澦舟行…」「【皇明文衡:卷之十:論:民政論】…鹿豕猿猱餒則食飽則奔迸跳躑而不可制欲駲之且不能…」
筆順
巛3+3=総画数6 U+5DDF [コウ/] 𡿫㠩𡿬
◆水が荒涼コウリョウ(荒れ果ててもの寂しいさま、何もないさま)と広がっているさま、何もなくただどこまでも広がっているさま、同「𣺬」「荒」
筆順
𡧬巟6+宀3=総画数9 U+219EC [コウ/] 𡧽宺
◆中に何もないさま、空虚なさま
◆「𡧬㝗コウロウ」、部屋に何もなくがらんとしているさま、空虚なさま、同「㝩㝗」「䆲䆡」「【龍龕手鑑:卷一:宀部第三十一:㝗】音朗𡧽㝗空虛也」
注解:本字(U+219EC)は「宀㠩」で、フォントによっては「𡧽」(U+219FD)と同形になることがある
𡧽巟6+宀3=総画数9 U+219FD [コウ/] 宺𡧬
◆中に何もないさま、空虚なさま
◆「𡧽㝗コウロウ」、部屋に何もなくがらんとしているさま、空虚なさま、同「㝩㝗」「䆲䆡」「【龍龕手鑑:卷一:宀部第三十一:㝗】音朗𡧽㝗空虛也」
巟6+巾3=総画数9 U+3846 [コウ、ボウ、モウ/] 㡃㡛𢂩𢂾
◆生糸(きいと)を練(ね)る職人、練糸レンシ(ねりいと、生糸を草木などの灰を溶かしたアルカリ性の灰汁あくで煮て柔らかく白くすること)職人「【周禮:卷第十一:冬官考工記第六】㡛氏湅絲以涚水漚其絲七日去地尺暴之(故書涗作湄鄭司農云湄水温水也玄謂涗水以灰所泲水也…)」
◆もの覆(おお)う布、同「幪」
𢂠巟6+巾3=総画数9 U+220A0 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷三:平聲三:唐第十一:㠵𢂠】博雅㠵幞帳也」
𢂩巟6+巾3=総画数9 U+220A9 [コウ、ボウ、モウ/] 㡃㡛㡆𢂾
◆生糸(きいと)を練(ね)る職人、練糸レンシ(ねりいと、生糸を草木などの灰を溶かしたアルカリ性の灰汁あくで煮て柔らかく白くすること)職人「【周禮:卷第十一:冬官考工記第六】㡛氏湅絲以涚水漚其絲七日去地尺暴之(故書涗作湄鄭司農云湄水温水也玄謂涗水以灰所泲水也…)」
◆もの覆(おお)う布、同「幪」
巟6+心3=総画数9 U+393A [コウ/あわ・てる、あわただ・しい]
◆あわ・てる、頭が混乱して狼狽(うろた)える
◆あわただ・しい、忙(せわ)しく落ち着けない、すべきことが多く忙しい、同「忙」
◆ぼんやりする
巟6+目5=総画数11 U+402E [ボウ、ム/] 𥆨𥆆𥉂𥆰𥇫𥇀𥆈
◆目が眩(くら)む、目が眩んで目の前がぼんやりする
◆目が見えない、またその人、同「矇」
巟6+艸3=総画数9 U+8352 [コウ/あら・い、あ・らす、あ・れる、すさ・む、すさ・ぶ] 𦮋𫟎𠃤𠯚
◆雑草が伸び放題なさま、人の手が入っておらず耕作や居住に向かないさま、またそのような地
◆廃(すた)れる、長い間人の手が加えられた様子がないさま
◆(人の手が及ばす)作物のできが悪い、作物が稔(みの)らない、同「𥡃」
◆凶作、不作
◆手が行き届いていない(考えが及んでいない、吟味されていない)さま、中身がないさま、虚(うつ)ろなさま
◆何もなくただ広大なさま、遥(はる)か遠く人の手が及ばないさま
筆順
𦮋巟6+艸3=総画数9 U+26B8B [コウ/あら・い、あ・らす、あ・れる、すさ・む、すさ・ぶ] 荒𫟎𠃤𠯚
◆雑草が伸び放題なさま、人の手が入っておらず耕作や居住に向かないさま、またそのような地
◆廃(すた)れる、長い間人の手が加えられた様子がないさま
◆(人の手が及ばす)作物のできが悪い、作物が稔(みの)らない、同「𥡃」
◆凶作、不作
◆手が行き届いていない(考えが及んでいない、吟味されていない)さま、中身がないさま、虚(うつ)ろなさま
◆何もなくただ広大なさま、遥(はる)か遠く人の手が及ばないさま
𧧢巟6+言7=総画数13 U+279E2 [コウ/] 詤𧧮謊谎
◆寝言(ねごと)、つじつまの合わない話、戯言(たわごと)
𧧮巟6+言7=総画数13 U+279EE [コウ/] 詤𧧢謊谎
◆寝言(ねごと)、つじつまの合わない話、戯言(たわごと)
𩶶巟6+魚11=総画数17 U+29DB6 [ボウ、ム/] 䲛𩶡鯍
◆「䱴𩶶コウボウ」、魚名、未詳、チョウザメ(蝶鮫、チョウザメ科の魚)などのサメ類か?「【史記:卷百一十七:司馬相如列傳第五十七】䱎䲛螹離(《集解》…郭璞曰䱎䲛鮪也音亘瞢螹離未聞)」「【漢書(前漢書):卷五十七上:司馬相如傳第二十七上】䱴䲛漸離(李竒曰周洛曰鮪蜀曰䱴䲛出鞏山穴中三月遡河上能度龍門之限則得為龍矣漸離未聞…)」
𡿩巛3+3=総画数6 U+21FE9 [レツ、レチ/] 𡿪
◆未詳「【說文解字:川部:𡿪】水流𡿪𡿪也」
𠜊𡿩6+刀2=総画数8 U+2070A [レツ、レチ/つら・なる] 列𠛱
◆横方向の並び、横方向に順序に従って(重ならないように)並ぶ、同「排」、縦方向の列を「行」
◆ずらりと人が居並ぶ
◆裂(さ)く、二つに切り割(さ)く、同「裂」「𠜺」
𡿪巛3+3=総画数6 U+21FEA [レツ、レチ/] 𡿩
◆未詳「【說文解字:川部:𡿪】水流𡿪𡿪也」
𠛱𡿪6+刀2=総画数8 U+206F1 [レツ、レチ/つら・なる] 列𠜊
◆横方向の並び、横方向に順序に従って(重ならないように)並ぶ、同「排」、縦方向の列を「行」
◆ずらりと人が居並ぶ
◆裂(さ)く、二つに切り割(さ)く、同「裂」「𠜺」
𡿪6+手3=総画数9 U+62F6 [サツ、サチ/] 𢭓
◆隙間がない程までに近づく、また近くに寄せる、同「𢹵」「𥔨」
◆「挨拶アイサツ」◇ぎっしりと詰まって押し合い圧(へ)し合いするさま◇[日]人と付き合う際の礼儀としての言葉
◆「拶指サッシ」、指の間に円柱形の木の棒を挟(はさ)んで縛る刑、またその棒、本来は「桚指」、「拶指」は俗用
筆順
𡿪6+木4=総画数10 U+685A [サツ、サチ/]
◆指の間に円柱形の木の棒を挟(はさ)んで縛る刑、またその棒、「桚指サッシ」、俗「拶指」「【清稗類鈔(テキスト版):兵刑類:五刑】…桚指,用之於婦人,以圓木五根為之,各長七寸,徑圓各四分五釐」
𣴖𡿪6+水3=総画数9 U+23D16 [サツ/]
◆水しぶき、飛沫、水しぶきが降りかかる、水しぶきが飛び散る、同「濺」
𥍧𡿪6+矛5=総画数11 U+25367 [ケキ、キャク/]
◆矛(ほこ)の類、両刃の剣(つるぎ)で、柄(え)を取り付けられるようにしたもの
𨀨𡿪6+足7=総画数13 U+28028 [サツ/]
◆「蹙𨀨」、行くさま
𡿫巛3+3=総画数6 U+21FEB [コウ/] 巟㠩𡿬
◆水が荒涼コウリョウ(荒れ果ててもの寂しいさま、何もないさま)と広がっているさま、何もなくただどこまでも広がっているさま、同「𣺬」「荒」
𢂪𡿫6+巾3=総画数9 U+220AA [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:巾部:𢂪】與𢂾同」
亠部
巛3+4=総画数7 U+5DE0 [ケイ、キョウ/] 𢀖坙𡿱
◆水脈、地中を流れる川、「一(大地)」の下に「巛(川)」が流れているさまを象ったもの
◆細く長く脈々と続いているもの、同「経」「陘」
筆順
巠7+人2=総画数9 U+4FD3 [ケイ、キョウ、ギョウ/] 𠇹
◆まっすぐなさま、まっすぐに伸びる(伸びている)さま、同「徑」
◆傾斜が急なさま、同「𠆻」
巠7+刀2=総画数9 U+5244 [ケイ、キョウ/]
◆刀で首を切る刑罰、軍法に定める最も重い罪に対する刑罰、軽い順に「聅チツ(耳を矢で射る刑)」「刖ゲツ(足を切り落とす刑)」「剄ケイ(首を切る刑)」
筆順
巠7+力2=総画数9 U+52C1 [ケイ、キョウ/] 劲𠡍
◆堅(かた)く強いさま、強靭キョウジンなさま
筆順
巠7+女3=総画数10 U+5A19 [ケイ、ギョウ/]
◆すらりとした長身の女性
◆「娙娥ケイガ」、漢(前202年~220年)の武帝ブテイ(前156年~前87年)が設けた女官ニョカン(帝の側室)の位階の名、以降歴代・諸国でも用いられたとされ、「婕妤・倢伃ショウヨ」の下位で「傛華ヨウカ」よりも上位であったという「【漢書(前漢書):卷九十七上:外戚列傳第六十七上】至武帝制倢伃娙娥傛華充依各有爵位(師古曰倢言接幸於上也伃美稱也娙娥皆美貌也…)」「【玉篇:卷三:女部第三十五:娙】…武帝所幸邢夫人号娙娥」
𡷨巠7+山3=総画数10 U+21DE8 [ケン、ケイ、ギョウ/] 𡹑
◆山道、山の細道、同「蹊」
◆山並が途切れて深く落ち窪んだ所、谷、同「陘」
巠7+弓3=総画数10 U+5F33 [ケイ/]
◆ラジアンradian、弧度、正円で半径と同じ長さの弧の両端と中心を結ぶ角度、57度17分45秒
巠7+彳3=総画数10 U+5F91 [ケイ、キョウ/みち、こみち、わたり] 径𢔉
◆まっすぐに通じている近道、細い道、歩道、車の通れない狭い道
◆円周と円の中心を結ぶ直線
◆まっすぐに、直(ただ)ちに
筆順
𢙼巠7+心3=総画数10 U+2267C [ケイ、ギョウ/]
◆激しく腹を立てる、いらいらして怒る、同「悻」
巠7+手3=総画数10 U+6333 [ケン/]
◆撞(つ)く、棒状のもので突く
◆牽(ひ)く、引っ張る、同「牽」
𣇁巠7+日4=総画数11 U+231C1 [キュウ、コウ/] 㬤𣉓
◆陽に曝(さら)す、陽に当てる
巠7+月(肉)4=総画数11 U+811B [ケイ、ギョウ/すね、はぎ] 胫𦙾
◆小腿ショウタイ(膝から足首までの部分)の前側の部分、同「踁」 {人体(下肢)}
筆順
巠7+木4=総画数11 U+6871 [ケイ、キョウ/] 𣐕
◆寝台の近くに置く小さな長方形のテーブルtable
◆木名、未詳、スギ(杉)に似て堅(かた)いという
◆「朱桱シュケイ」、人名、1386年~1415年、明朝(1368年~1644年)の始祖朱元璋シュゲンショウ(洪武帝コウブテイ、1328年~1398年)の第二十三子、唐トウ(現河南省南陽市)に封ぜられ、諡(おくりな)は「唐定王トウテイオウ」 {河南省}
巠7+歹4=総画数11 U+6B8C [ケツ/]
◆死ぬ
巠7+气4=総画数11 U+6C2B [セイ、シン/]
◆水素(Hydrogen、H)、元素名 {水素}
巠7+水3=総画数10 U+6D87 [ケイ、キョウ/]
◆川名、寧夏回族自治区を源とし甘粛省を経て陝西省西安市付近で渭河に注ぐ、「涇河ケイガ」「涇水ケイスイ」 {寧夏回族自治区}
巠7+火4=総画数11 U+70F4 [ケイ、キョウ、テン/]
◆焼け焦(こ)げる、焼け焦げた臭い
◆炭化水素(hydrocarbon)、炭素(碳、Carbon、C)と水素(氫、Hydrogen、H)から成る化合物の総称
◆「炔烴ケツテン」、アルキンalkyne、CnH2n-2、アセチレンacetylene系炭化水素
◆「烷烴カンテン」、アルカンalkane、CnH2n+2、メタン系炭化水素
◆「烯烴キテン」、アルケンalkene、CnH2n、エチレン系炭化水素
巠7+牛4=総画数11 U+727C [コウ、キョウ/]
◆牛の脛(すね、膝から足首までの部分)の骨
◆人名用字、「宋牼ソウコウ(戦国時代前5世紀~前221年の人、宋子ソウシ・宋銒ソウケイとも呼ばれる)」
𤭓巠7+瓦5=総画数12 U+24B53 [ケイ、ギョウ/] 𦈨𦈵㼛
◆首が細長く胴が膨らみ釣鐘のように下が広がっている酒壺、同「鈃」
巠7+疒5=総画数12 U+75D9 [ケイ、ギョウ/]
◆筋肉が収縮を繰り返す、引き攣(つ)る、引き付ける
筆順
巠7+目5=総画数12 U+4034 [ゴウ、ギョウ/]
◆まっすぐ見る、視線を一点に注(そそ)いで見る
◆ぼんやりしてはっきり見えない
巠7+石5=総画数12 U+785C [コウ、キョウ/]
◆石を叩(たた)いたときの(石のように堅いものを叩いたような)音、同「硻」
◆「硜硜コウコウ」◇堅(かた)いさま、石が(石のように)堅いさま「【鹽鐵論:卷第二:論儒第十一】…今硜硜然守一道…」◇小人ショウジン、人としての器(うつわ)が小さいさま、堅(かた)く融通ユウヅウが利(き)かないさま
𥥻巠7+穴5=総画数12 U+2597B [ケイ、キョウ/]
◆瓶の中が空っぽなさま
◆尽きる、全てが外に出て中が空(から)になる、同「罄」
巠7+糸6=総画数13 U+7D93 [ケイ、キョウ、キン/たていと、へ・る、た・つ] 経经𦀰𦀇𤔕坕𤔊
◆たていと、布の縦方向の糸、横は「緯」
◆南北の方向、東西は「緯」
◆筋道、筋が通っている
◆筋が通っていて変わることがない、常に
◆どんな場合も変わることがない方向や方法、道理
◆筋道に従って治める、管理する
◆へ・る、ある場所を通る
◆た・つ、時が通り過ぎる
筆順
𦈵巠7+缶6=総画数13 U+26235 [ケイ、ギョウ/] 𦈨𤭓㼛
◆首が細長く胴が膨らみ釣鐘のように下が広がっている酒壺、同「鈃」
巠7+羊6=総画数13 U+7FA5 [キョウ、コウ、ケイ/] 羟𦎥
◆羊名
巠7+艸3=総画数10 U+8396 [コウ、ギョウ、ケイ/くき] 茎𦮨
◆草本の葉や花などを支える木の幹に当たる部分
◆(草の茎のように)細長く伸びたもの、またそれを数える語
筆順
巠7+虫6=総画数13 U+86F5 [ケイ、キョウ/]
◆「虰蛵テイケイ」、トンボ(蜻蛉・蜻蜓)、トンボ目の昆虫、別名「蜻蛉セイレイ」「蜻蜓セイテイ」「【爾雅注疏:釋蟲】虰蛵負勞(《疏》)即蜻蛉六足四翼蟲也一名虰蛵一名負勞江東呼狐棃方言云蜻蛉謂之蝍蛉淮南人又呼䗧{⿰虫尸}字林云一名桑根陶注本草云一名蜻蜓是也…」
巠7+言7=総画数14 U+8A99 [コウ、キョウ/]
◆話がしっかりしていて揺るぎがない
◆粗い
𧯬巠7+豆7=総画数14 U+27BEC [ケイ、キョウ/くび] 頸颈頚𩒍𩒤
◆頭と胴体の間にあって頭を支える部分、特にその正面側、後ろ側(背側)は「項」 {人体(頭部)}
◆瓶ビン(かめ)などの細く窄(すぼ)まった部分
巠7+赤7=総画数14 U+4793 [テイ、チョウ/] 赬赪𧹙𧹚
◆赤い、赤色、縓セン(ピンクpink色)より濃く纁クン(濃く深みのある赤)より明るいという、同「頳」「緽」「【爾雅注疏:釋器】一染謂之縓(《注》今之紅也)再染謂之赬(《注》染赤)三染謂之纁(《注》纁絳也)」
巠7+足7=総画数14 U+8E01 [ケイ、ギョウ、コウ、キョウ/]
◆小腿ショウタイ(膝から足首までの部分)の前側の部分、同「脛」 {人体(下肢)}
◆「踁踁コウコウ」、小人ショウジン、人としての器(うつわ)が小さいさま、堅(かた)く融通ユウヅウが利(き)かないさま、同「硜硜」
巠7+車7=総画数14 U+8F15 [ケイ、キョウ/かる・い、かろ・やか] 軽轻𨌷𨓷
◆重くない、重くなく素早く動ける(車)、重くなく扱い易い(車)
◆積載量が少ない、重さや程度が少ない
◆重みがない、どっしりとしていない
◆重要ではない
筆順
巠7+辵4=総画数11 U+9015 [ケイ、キョウ/]
◆まっすぐに通じている近道、細い道、歩道、車の通れない狭い道、同「徑」
筆順
巠7+金8=総画数15 U+92DE [ケイ、ギョウ/] 𨧑
◆筒状の保温器、水筒
◆首が細長く胴が膨らみ釣鐘のように下が広がっている酒壺、同「鈃」
巠7+阜3=総画数10 U+9658 [ケイ、ギョウ/] 𨹢𨺄𨺾陉
◆山並が途切れて深い崖になっているところ、険しいところ
◆竈(かまど)の鍋釜を置くところの周りに器などのものが置けるようにしたところ、竈の神を祀る際には神体などを置くという、「竈陘ソウケイ」「【康熙字典:戌集中:阜部:陘】《疏》竈陘謂竈邊承器之物以土爲之」「【獨斷:卷上】」祀竈之禮在廟門外之東先席于門奧西東設主于竈陘也」
𨿋巠7+隹8=総画数15 U+28FCB [ケイ、キョウ/]
◆鳥名、未詳「【爾雅注疏:釋鳥】輿鵛鷋(《注》未詳)」
𩈡巠7+面9=総画数16 U+29221 [ケイ、キョウ/]
◆「𩈉𩈡タンケイ」、頑固で低劣なさま、強情で諭(さと)しても聞き入れないさま
巠7+音9=総画数16 U+4AAB [コウ/] 𩐺
◆「六䪫リクコウ」、嚳コク(五帝の一人)代の楽曲名「【禮記注疏(禮記正義):卷十六:月令】止聲色毋或進(《疏》…鄭云五英謂顓頊樂名云六莖者帝嚳樂名…)」
巠7+頁9=総画数16 U+9838 [ケイ、キョウ/くび] 颈頚𩒍𩒤𧯬
◆頭と胴体の間にあって頭を支える部分、特にその正面側、後ろ側(背側)は「項」 {人体(頭部)}
◆瓶ビン(かめ)などの細く窄(すぼ)まった部分
筆順
𩩋巠7+骨10=総画数17 U+29A4B [ケイ、ギョウ/]
◆脛骨(ケイコツ)、小腿ショウタイ(膝から足首までの部分)の後ろ側の骨 {人体(下肢)}
𩷏巠7+魚11=総画数18 U+29DCF [ケイ、キョウ/]
◆コイ科の淡水魚名
巠7+鳥11=総画数18 U+9D5B [ケイ、キョウ/] 𨿋
◆鳥名、未詳「【爾雅注疏:釋鳥】輿鵛鷋(《注》未詳)」
火部
𡿮巛3+4=総画数7 U+21FEE [トツ、ドチ/] 𠫓
◆思い掛けずに(思いもよらない形で)現れるさま
◆逆子(さかご)、思い掛けずに逆子が生まれる「【說文解字:𠫓部:𠫓】不順忽出也从到子易曰突如其來如不孝子突出不容於内也…」
注解:「𠫓」は「子」を天地逆にした形で、通常は頭から生まれ出る子が「逆さになって(足の方から)生まれるさま」を象った字、「𡿮」の「巛」は頭髪で、「上にあるべき頭髪が下にあるさま」を象ったもの
𩷮𡿮7+魚11=総画数18 U+29DEE [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:亥集備考:魚部:𩷮】《五音篇海》武登切〇按卽𩶶字之譌」
𡿯巛3+4=総画数7 U+21FEF [イツ、イチ/] 𣅕
◆水が流れる
𩒳𡿯7+頁9=総画数16 U+294B3 [カイ、ケ、バイ、マイ/]
◆未詳「【說文解字注:頁部:𩒳】昧前也(前當作歬昧當作眛眛於當歬論語所謂正牆面而立也)」「【字源:頁部:𩒳】…"𡿯"形为甲骨文跪坐之人以手洗面洗发之形的省讹、…在皿上加水旁、又在右侧加頁旁、以示洗面头发之义。」
田部
𡿱巛3+5=総画数8 U+21FF1 [ケイ、キョウ/] 巠𢀖坙
◆水脈、地中を流れる川、「一(大地)」の下に「巛(川)」が流れているさまを象ったもの
◆細く長く脈々と続いているもの、同「経」「陘」
𢔉𡿱8+彳3=総画数11 U+22509 [ケイ、キョウ/みち、こみち、わたり] 径徑
◆まっすぐに通じている近道、細い道、歩道、車の通れない狭い道
◆円周と円の中心を結ぶ直線
◆まっすぐに、直(ただ)ちに
𣶖𡿱8+水3=総画数11 U+23D96 [シツ、シュウ/しめ・る] 湿𣺯濕𤂽𤃁溼𦒣
◆僅かに水分(液体)を含んでいるさま、水気を帯びる、水気を含んでいるが水が滲み出るほどではない状態を指す
𡿺巛3+6=総画数9 U+21FFA [ドウ、ノウ/]
◆漢字の構成部分、「惱」「腦」などの一部を構成する、「巛」は「頭髪」、「囟」は「頭蓋トウガイ・ズガイ」、「㐅」はその接合部分を表す
筆順
𡿺9+匕2=総画数11 U+5318 [ドウ、ノウ/] 脳腦脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶𡍗𦭣𩩀
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
𡿺9+土3=総画数12 U+5816 [ノウ/]
◆小さな山、丘
◆脳
𡿺9+女3=総画数12 U+36F4 [ドウ、ノウ/] 𡜪𡜣𡛛𡝲𡢆𡢋𡡟
◆恨(うら)む、思い通りにならずに返す返す(かえすがえす)も残念に思う
𡿺9+心3=総画数12 U+60F1 [ドウ、ノウ/なや・む] 悩𢚰恼𢙉
◆なや・む、迷い苦しむ、心が乱れる
筆順
𡿺9+月(肉)4=総画数13 U+8166 [ドウ、ノウ/] 脳脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
筆順
𤊲𡿺9+火4=総画数13 U+242B2 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷六:上聲下:皓第三十二:𤊲𤎠𤇱】熱皃」
𡿺9+犬3=総画数12 U+3E81 [ドウ、ノウ/] 𤠏𤝾𧳦𧴙𧳺
◆雌(めす)のタヌキ(狸、イヌ科タヌキ属)、或いは雌のタヌキの子「【爾雅注疏:釋獸】貈子貆(《疏》字林云貈似狐善睡其子名貆郭云其雌者名𧴙…)」
𡿺9+玉4=総画数13 U+7459 [ドウ、ノウ/] 𤤼
◆「瑪瑙メノウ」、玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐ美しい石
筆順
𡿺9+石5=総画数14 U+78AF [ドウ、ノウ/] 𥒤𥓱𥒢𥖋
◆「碼碯・瑪瑙メノウ」、玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐ美しい石
筆順
𧳦𡿺9+豸7=総画数16 U+27CE6 [ドウ、ノウ/] 㺁𤠏𤝾𧴙𧳺
◆雌(めす)のタヌキ(狸、イヌ科タヌキ属)、或いは雌のタヌキの子「【爾雅注疏:釋獸】貈子貆(《疏》字林云貈似狐善睡其子名貆郭云其雌者名𧴙…)」
邑部
𧴲貝部
巛3+8=総画数11 U+5DE2 [ソウ、ジョウ/す] 巣𤔥
◆木の上に作られた栖(す、鳥の巣)、動物の凹状・穴状の住処(すみか)、またそれを造る
◆(他からは見えにくい、探しにくい)特に悪人などの住処、隠れ家(が)
◆「巢菜ソウサイ」、スズメノエンドウ(雀野豌豆)、マメ科ソラマメ属の草、別名「苕菜チョウサイ」 {スズメノエンドウ}
筆順
𡡊巢11+女3=総画数14 U+2184A [ソウ、ジョウ/]
◆女性名用字「【路史:卷三十:國名記:雜國上】…名女字姣嬥妖妙嫖姚婹𡠿嬋姢嫽嬈嫸㜣奵𡡊嬛嬗{⿰女奕}娩…」
𦟳巢11+月(肉)4=総画数15 U+267F3 [ギャク/]
◆金を出し合って飲食物を整え会食する、同「醵」「【龍龕手鑑:卷四:肉部第四:𦟳】俗{⿰月𠁅}正其虐反與醵同合錢飲酒也」
𥕘巢11+石5=総画数16 U+25558 [ソウ、ジョウ/]
◆附フ國(古国名、四川省北西部・青海省南東部・チベット自治区東部一帯を領した)付近に住む民族の石積みの住宅・倉庫兼用の建物「【方輿勝覽:卷五十五:雅州】事要郡名通化 汶山…風俗夷俗耐饑寒(圖經)疊石為𥕘(…如浮圖數重門內以梯上下貨藏于上人居其中畜圂于下高二三丈者謂之籠雞後漢書謂之邛籠十餘丈者謂之碉亦有板屋土屋者自汶州以東皆有屋宇不立碉𥕘豹嶺以西皆織毛毯蓋屋如穹廬)(「汶山ブンザン」「汶州ブンシュウ」は四川省北部の阿垻藏族羌族自治州・綿陽市一帯)「【集韻:卷三:平聲:爻第五:𥕘】附國之民壘石為巢而居曰𥕘」{四川省}
𧑀巢11+虫6=総画数17 U+27440 [未詳/]
◆「𧑀蛣(音未詳)」、未詳「【棗林雜俎:中集:禽魚異名】…𧑀蛣腹中有蟹…」「【斯未信齋雜錄(テキスト版):退思錄】…鸚鵝螺,中有蟹,出而復歸,當是𧑀蛣腹蟹之類…」
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:䖝部第二:𧑀】音畧渠𧑀朝生暮死虫也(「渠𧑀」は「蟝𧎾キョリャク(カゲロウ目の昆虫)」と思われるが「𧑀」は「𧎾」の異体字か誤字か未詳)
𧘀巢11+行6=総画数17 U+27600 [未詳/]
◆未詳「【正字通:申集下:行部:𧘀】衟字之譌石鼓文本作𡭑」「【康熙字典:申集下:行部:𧘀】《石鼓文》𧘄字之譌」「【中華字海:彳部:𧘀】"衢(道)"的讹字」
𪍨巢11+麥11=総画数22 U+2A368 [サ/]
◆コムギ(小麦)を碾(ひ)いて篩(ふるい)に掛けた際に篩に残る粗(あら)い麦粉、同「𪍛」「【玉篇:卷十五:麥部第一百九十二:䵀】先果切麤麥屑」「【爾雅翼:釋草:麥】…小麥屑皮謂之麩小麥屑之覈謂之䵀…」
巛3+8=総画数11 U+5DE3 [ソウ、ジョウ/す] 巢𤔥
◆木の上に作られた栖(す、鳥の巣)、動物の凹状・穴状の住処(すみか)、またそれを造る
◆(他からは見えにくい、探しにくい)特に悪人などの住処、隠れ家(が)
◆「巣菜ソウサイ」、スズメノエンドウ(雀野豌豆)、マメ科ソラマメ属の草、別名「苕菜チョウサイ」 {スズメノエンドウ}
筆順
巣11+人2=総画数13 U+347F [ショウ、ジョウ/]
◆「㑿㑿ショウショウ」、長いさま
◆未詳「【康熙字典:子集中:人部:㑿】…《柳宗元梓人傳》傭*㑿宇而處焉(「【全唐文:卷五百九十二:梓人傳】…願傭*隟宇而處焉…」]は「隟{⿰阝巢}」)
巣11+刀2=総画数13 U+527F [ソウ、ショウ/] 𠞰𠟾𠟿劋𠟯𠟘
◆さっと薙(な)ぎ払うように一斉に捕らえる、根絶やしにする
◆さっと掠(かす)め取る
◆盗用する、他人の説の一部を抜き取って自分の説として述べる
筆順
𠞰巣11+刀2=総画数13 U+207B0 [ソウ、ショウ/] 剿𠟾𠟿劋𠟯𠟘
◆さっと薙(な)ぎ払うように一斉に捕らえる、根絶やしにする
◆さっと掠(かす)め取る
◆盗用する、他人の説の一部を抜き取って自分の説として述べる
巣11+力2=総画数13 U+52E6 [ソウ、ショウ/] 𠢶𣩓
◆さっと薙(な)ぎ払うように一斉に捕らえる、根絶やしにする、同「剿」
◆さっと掠め取る、同「剿」
◆力を尽くして働く、精一杯働き疲れる、苦労する
筆順
𠻥巣11+口3=総画数14 U+20EE5 [ソウ、ジョウ/]
◆大勢の声、多くの入り混じった声「【集韻:卷八:去聲下:效第三十六:𠻥】眾聲」
𡻝巣11+山3=総画数14 U+21EDD [ソウ、ショウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、「嶚𡻝リョウソウ」「【晚晴簃詩匯:卷七十九:由文德關過相見坡至華巖洞小憩】…怯岡巒𡻝三峯離立殊顤顟…」
巣11+手3=総画数14 U+6477 [ソウ、ショウ/]
◆撃(う)つ、同「㩰」「【集韻:卷六:上聲下:小第三十:摷㩰】說文拘撃也」
◆掬(すく)い取る、掬い上げる、同「抄」「鈔」
巣11+木4=総画数15 U+6A14 [ソウ、ジョウ/]
◆木や高く組んだ櫓の上に作った粗末な見張り小屋
◆掬(すく)うようにして魚を捕る笊(ざる)のような形の漁具、同「罺」
筆順
𣩓巣11+歹4=総画数15 U+23A53 [ソウ、ショウ/] 勦𠢶
◆さっと薙(な)ぎ払うように一斉に捕らえる、根絶やしにする、同「剿」
◆さっと掠め取る、同「剿」
◆力を尽くして働く、精一杯働き疲れる、苦労する
巣11+水3=総画数14 U+6F05 [ソウ、ショウ/]
◆湖名、「漅湖・巢湖ソウコ」、安徽省合肥市 {安徽省}
𤍒巣11+火4=総画数15 U+24352 [ソウ、ショウ/]
◆炙(あぶ)る、焼く、同「𤑗」
巣11+犬3=総画数14 U+3E90 [ソウ、ショウ/] 𤜶
◆中国南西部の少数民族の名
巣11+玉4=総画数15 U+7485 [サ/]
◆玉ギョク(美しく高貴な石)に似た美しい石
◆小さい、細かい、同「瑣」
◆環(わ)状の部品を繋(つな)いで紐(ひも)状にした鎖(くさり)、「鐵璅、鉄璅(テッサ、金属製の環を繋いだもの、チェーンchain)」、同「瑣」「鎖」
◆「青琑セイサ」◇門の青い鎖(くさり)◇皇宮コウキュウ・コウグウの門、宮門の鎖が青く塗られていたことからという、同「青璅」「青瑣」「【龍龕手鑑:卷四:玉部第八:琑璔𤪸】三俗{⿰王(⿳巛日小)}通瑣𤨏璅三正璅今蘇果反青璅骨璅也」
𥊌巣11+目5=総画数16 U+2528C [ショウ/]
◆皺
巣11+穴5=総画数16 U+7ABC [ソウ、ショウ/]
◆(木の上の)真ん中が丸く窪(くぼ)んだ鳥の巣、同「巣」
巣11+糸6=総画数17 U+7E45 [ソウ/] 缫𦃨𦃐
◆繭(まゆ)から糸を引き出す、糸を繰(く)る、同「繰」
◆色鮮やかな模様、色とりどりの糸を使って織り上げた模様、また編み上げた模様、同「藻」
◆色とりどりの糸を使って撚(よ)り上げた紐(ひも)、組紐、同「藻」 {服飾(冕冠)}
巣11+糸3=総画数14 U+7F2B [ソウ/] 繅𦃨𦃐
◆繭(まゆ)から糸を引き出す、糸を繰(く)る、同「繰」
◆色鮮やかな模様、色とりどりの糸を使って織り上げた模様、また編み上げた模様、同「藻」
◆色とりどりの糸を使って撚(よ)り上げた紐(ひも)、組紐、同「藻」 {服飾(冕冠)}
巣11+网5=総画数16 U+7F7A [ソウ、ショウ/] 𦌆
◆掬(すく)うようにして魚を捕る笊(ざる)のような形の漁具
𦗔巣11+耳6=総画数17 U+265D4 [ソウ、ショウ/]
◆耳鳴りがする
◆耳元でざわざわと音がする
巣11+言7=総画数18 U+4708 [ソウ、ショウ/] 𧭄
◆他人の説の一部を抜き取って自分の説とする、一部分をさっと掠め取る
巣11+車7=総画数18 U+8F48 [ソウ、ジョウ/] 𨏋
◆車に高く建てた見張り用の台
巣11+邑3=総画数14 U+911B [ソウ、ジョウ/]
◆南陽ナンヨウ棗陽ソウヨウにあった古郷ゴウ(地方の町や村)名、現河南省南陽市・湖北省襄陽市付近 {河南省} {湖北省}
巣11+金8=総画数19 U+93C1 [サ/くさり、とざ・す] 鎖锁鎻𩪑
◆金属製の環(わ)を繋(つな)いで紐(ひも)状にしたもの、チェーンchain
◆(鎖で門や扉や戸などを)開かないように閉じる、閉ざす、またその機器(日本では「錠前じょうまえ」と呼ばれる「錠ジョウ」と「鍵かぎ」のセット)
◆閉じ込める、閉じ籠(こも)る
巣11+阜3=総画数14 U+969F [ケキ、キャク、ゲキ/ひま、すき] 隙𨻶𨻩
◆壁や塀などの内と外・こちらとむこうを隔(へだ)てているものに空(あ)いた孔(あな)や裂(さ)け目、「空隙クウゲキ」「間隙カンゲキ」、同「䧍」「𧯈」「𡭴」
◆ものとものとの間(あいだ)、所(ところ、場所・位置など)と所の間、時(とき、時間・時期・機会など)と時の間、事(こと、動作・現象・状態など形のないもの)と事の間、人と人・国と国などの間隔カンカク、またそこが空く、また間(ま、あいだ)が生じる
◆(隙が生じて、亀裂が生じて)人と人・国と国などの関係が悪くなる
𩪑巣11+骨10=総画数21 U+29A91 [サ/くさり、とざ・す] 鎖锁鎻鏁
◆金属製の環(わ)を繋(つな)いで紐(ひも)状にしたもの、チェーンchain
◆(鎖で門や扉や戸などを)開かないように閉じる、閉ざす、またその機器(日本では「錠前じょうまえ」と呼ばれる「錠ジョウ」と「鍵かぎ」のセット)
◆閉じ込める、閉じ籠(こも)る
巣11+魚11=総画数22 U+4C83 [ソウ/]
◆魚名、姿はコイ(鯉)に似てニワトリ(鶏)のような足があるという「【山海經:北山經】…䲃魚(音藻)其狀如鯉而雞足…」
𡿿巛3+8=総画数11 U+21FFF [コク、ワク/]
◆水が流れるさま
𡿿13+戈4=総画数17 U+39BD [イク/]
◆彩(いろど)りが豊かなさま、同「彧」「𢒰」「郁」
巛3+12=総画数15 U+5DE4 [リョウ/] 𢀂
◆髪の毛、頭髪と鬚(ひげ)、鬣(たてがみ)
◆鼠の毛
筆順
巤15+人2=総画数17 U+5120 [リョウ/]
◆背が高く堂々としているさま、「儠儠リョウリョウ」
◆「儠傝リョウトウ」、心配りが欠けているさま、きちんとしていないさま、同「傝𠎷トウソウ」「邋遢ロウトウ」「【明語林:卷十】張三(原缺)不修邊幅人謂之儠傝」
◆「儠𠎷リョウソウ」、未詳「【康熙字典:子集中:人部:儠】…儠𠎷惡貌也」
𠠗巤15+刀2=総画数17 U+20817 [リョウ/] 𠠌
◆断(た)つ、切る、(一部を)切り取る「【廣雅:卷一:釋詁】𠠗(力涉)㓷(牛二)斷也」「【龍龕手鑑:卷一:刀部第九:{⿺(𢴫-扌)刂}{⿺(𦡳-月)刂}】良渉反削也擇也」「【玉篇:卷十七:刀部第二百六十六:{(𠠌-龱+𠔿)}】力涉切減削」「【正字通:子集下:刀部:{⿰(𩯓-髟)刂}】俗裂字」
巤15+手3=総画数18 U+64F8 [リョウ、ロウ/] 𢴫
◆手に持つ、手に取る「【儀禮:卷第八:聘禮】降筵北面以柶兼諸觶尚擸坐啐醴」「【新方言:釋言】說丈擸理持也今謂理須髮為擸俗誤書掠非也」
◆折る、圧(へ)し折る、またその音、「擸𢶍リョウソウ」
巤15+月(肉)4=総画数19 U+81D8 [ロウ/] 𦡳
◆冬至を過ぎて行われるその年最後の祭礼、その年に収穫・収獲したものを供え八百万(やおろず)の神に感謝する祭り、同「蜡」「䄍」
◆陰暦の十二月、同「臈」
◆冬になって作る肉や魚の干物また燻製、同「腊」
◆仏門に入ってからの年数、修練を積んだ年数
◆簡「腊」
筆順
㯿巤15+木4=総画数19 U+3BFF [ヨウ、リョウ/]
◆柶シ(酒などを掬すくうための匙さじ)の柄(え)の先端部分(取っ手部分、手で掴つかむ部分)「【三禮圖集注:卷十三:鉶柶】醴有柶用角為之鉶有柶用木為之舊圗云柶長尺㯿博三寸(㯿音葉本又作二寸其醴柶宜為二寸)曲柄長六寸…」
◆「㯿欇リョウショウ」、蔓(つる)性木本植物の名、未詳、別名「虎櫐コルイ」「【爾雅注疏:釋木】欇虎櫐(…《疏》欇一名虎櫐郭云今虎豆纒蔓林樹而生莢有刺今江東呼爲㯿欇或曰葛類也子如菉豆而葉大)」
巤15+毛4=総画数19 U+3CB1 [リョウ/] 𣰫
◆毛が長いさま、髪(かみ)や鬚(ひげ)が長いさま、「㲱㲱リョウリョウ」、同「鬣」
𣰫巤15+毛4=総画数19 U+23C2B [リョウ/]
◆毛が長いさま、髪(かみ)や鬚(ひげ)が長いさま、「㲱㲱リョウリョウ」、同「鬣」
巤15+火4=総画数19 U+7209 [ロウ、リョウ/] 𤎞
◆火が燃えるさま
◆火の燃える音
巤15+牛4=総画数19 U+72A3 [リョウ/]
◆牡牛(おすうし)
◆ヤクyak(チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)と牡牛の交雑種
巤15+犬3=総画数18 U+7375 [リョウ/かり] 猟獵𤢪𡗇
◆犬を放って禽獣を追い掛け捜し出し捕える、狩りをする、同「猎」、「猟」は日本での「狩」と同義、但し「狩」は本来「冬の狩り」を指す、春の狩りを「蒐シュウ」「獀ソウ」、夏を「猫ビョウ」、秋を「獮セン」
◆(獲物を)追い掛け捜し求める、漁(あさ)る
◆簡「猎」
筆順
巤18+犬3=総画数21 U+F9A7 [リョウ/かり] 猟獵𤢪𡗇
◆犬を放って禽獣を追い掛け捜し出し捕える、狩りをする、「猟」は日本での「狩」と同義、但し「狩」は本来「冬の狩り」を指す、春の狩りを「蒐シュウ」「獀ソウ」、夏を「猫ビョウ」、秋を「獮セン」
◆(獲物を)追い掛け捜し求める、漁(あさ)る
𥀰巤15+皮5=総画数20 U+25030 [ロウ/] 𥀥
◆「𥀰㿴ロウトウ」、皮膚が張りを失い伸び弛(たる)むさま「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:𥀰】𥀰㿴皮瘦寛皃」
巤15+石5=総画数20 U+40F3 [ロウ、リョウ/]
◆石が墜(お)ちるさま
◆「䃳𥓐、䃳崨リョウショウ」、山が延々と連なっているさま
𦒦巤15+羽6=総画数21 U+264A6 [ロウ/] 𦒩
◆「𦒦𦑶ロウトウ」、鳥が翼を大きく羽撃(はばた)かせて飛び立つさま、同「𪇹䳴」「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:𦒦】𦒦𦑲飛初起皃」
𦒩巤15+羽6=総画数21 U+264A9 [ロウ/] 𦒦
◆「𦒩𦑲ロウトウ」、鳥が翼を大きく羽撃(はばた)かせて飛び立つさま、同「𪇹䳴」「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:𦒦】𦒦𦑲飛初起皃」
巤15+虫6=総画数21 U+881F [ロウ/] 蝋䗶
◆動植物などから精製する油性の物質、特にミツバチ蜜蜂の蜜から精製した蜜蝋を指す、ワックスwax
◆簡「蜡」
𧞪巤15+衣5=総画数20 U+277AA [ロウ/]
◆「䙣𧞪ソウロウ」、衣服が破(やぶ)れたり擦(す)り切れたり古くなる、またそのような衣服、同「䙣𧙀」「【集韻:卷十:入聲下:盇第二十八:𧞪】𧞪䙣衣敝」「【正字通:申集中:衣部:𧞪】同𧙀…」
巤15+豕7=総画数22 U+4753 [リョウ/]
◆豕(猪や豚)の首筋の長くふさふさとした毛
◆鬣(たてがみ)、同「鬣」
巤15+足7=総画数22 U+8E90 [リョウ/] 𨆍
◆踏み越えて行く、乗り越えて行く
◆前の人の跡を踏みながら行く、前任者を飛び越えて行く
巤15+辵4=総画数19 U+908B [リョウ、ロウ/]
◆折る、折れ曲がる、同「搚」
◆旗がひらひらと揺れ動くさま
◆「邋遢ロウトウ」◇ゆらゆらと行くさま、のんびりと行くさま、同「𧰂」「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:遢】吐盍切穩行皃」◇心配りが欠けているさま、きちんとしていないさま「【字彙:酉集:辵部:遢】託甲切音塔穩行貌又邋遢不謹事」
巤15+金8=総画数23 U+945E [ロウ/] 镴𨭛
◆錫(すず)と鉛の合金、金属の溶接に使われるはんだ
筆順
巤15+金5=総画数20 U+9574 [ロウ/] 鑞𨭛
◆錫(すず)と鉛の合金、金属の溶接に使われるはんだ
巤15+革9=総画数24 U+4A89 [リョウ、ラク/]
◆頭絡トウラク(馬などの頭部に着ける革紐製の用具、これに手綱や銜などを繋ぐ)の額(ひたい)の部分の金属製の飾り、同「靻」
巤15+髟10=総画数25 U+9B23 [リョウ/たてがみ] 鬛𩮻𩯓𩮓𩮊
◆ウマ(馬)やイノシシ(猪)などの項(うなじ、首の背側)の長くふさふさとした毛、「鬣鬣リョウリョウ(髪が長くふさふさしているさま)」、同「髦」
◆魚などの顎(あご)から伸びる鬚(ひげ)状のもの、顎鬚(あごひげ)
筆順
巤15+魚11=総画数26 U+9C72 [リョウ/]
◆オイカワ、コイ科オイカワ属の淡水魚
◆[日]「鱲子(からすみ)」、ボラ(鯔)などの卵巣を塩漬けし乾燥させたもの
𪇹巤15+鳥11=総画数26 U+2A1F9 [ロウ/]
◆「𪇹䳴ロウトウ」、鳥が翼を大きく羽撃(はばた)かせて飛び立つさま、同「𦒦𦑶」「【廣韻:入聲:合第二十七:拉:𪇹】𪇹䳴初飛皃」
𪙷巤15+齒15=総画数30 U+2A677 [ロウ/]
◆物を齧(かじ)る音
◆「䶘𪙷リュウロウ」、固いものを噛(か)み砕く音


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 巛部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です