総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 亠部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 亠部」 [部首索引


亠2+0=総画数2 U+4EA0 [トウ、ズ/]
◆なべぶた、部首名
亠2+八2=総画数4 U+516D [リク、ロク/む、むい、むっ・つ、む・つ]
◆数の名、六番目の数 {数字}
◆工尺譜(コウセキフ、コウシャクフ、楽譜の表記法の一つ)で「ソ」の音を表す {音階}
亠2+卜2=総画数4 U+535E [ヘン、ベン/]
◆法、筋(すじ)、筋道、決まり
◆せっかちなさま
◆頭に被(かぶ)る冠(かんむり)や帽子、同「弁」
𠫓亠2+厶2=総画数4 U+20AD3 [トツ、ドチ/] 𡿮
◆思い掛けずに(思いもよらない形で)現れるさま
◆逆子(さかご)、思い掛けずに逆子が生まれる、「【說文解字:𠫓部:𠫓】不順忽出也从到子易曰突如其來如不孝子突出不容於内也…」
注解:「𠫓」は「子」を天地逆にした形で、通常は頭から生まれ出る子が「逆さになって(足の方から)生まれるさま」を象った字、「𡿮」の「巛」は頭髪で、「上にあるべき頭髪が下にあるさま」を象ったもの
亠2+巾3=総画数5 U+5E02 [シ、ジ/いち]
◆人が多く集まり物品などを売買・交換する、またその場所
◆人が多く集まる所
◆「町」よりも大きな行政区画
注解:本字は「亠巾」で「一巾」の「巿」とは別字
𢌮亠2+廾3=総画数5 U+2232E [ロウ、ル/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:廾部第三十二:𢌮】音弄」「【字彙補:寅集:廾部:𢌮】與弄同」
𣅀亠2+日4=総画数6 U+23140 [シ/むね、うま・い] 旨㫖𣅌𠤔𤮻𠩊𠮛
◆むね、意図していること、意向
◆天子や上位者の指示や命令、またその考えや意向
◆うま・い、美味、食べ物がおいしい
𣅂亠2+日4=総画数6 U+23142 [シャ、ショ、ソ/か・つ] 且𠀇𠀃
◆~と同時に、その上に、更に
◆ひとまず、取り敢えず、間に合わせに
◆将(まさ)に~せんとす、今にも~しようとする
𣫭亠3+毋4=総画数7 U+23AED [バイ、マイ/ごと] 每毎𡴋𡴕
◆草が次々に生え出る
◆同じようなこと(同じようなもの)が繰り返されること、またその一つ一つ、各々(おのおの)
◆同じように繰り返される時は何時(いつ)も~、また常に~
𣱵亠2+水4=総画数6 U+23C75 [エイ、ヨウ/なが・い] 永𠘷
◆川の水が途切れずに延々(エンエン)と流れるさま
◆時(とき)が延々と続く、途切れずに長く続く、久(ひさ)しい
亠2+1=総画数3 U+4EA1 [ボウ、モウ/ほろ・ぶ、ほろ・びる、ほろ・ぼす、な・い] 兦亾
◆(そこにいた人が)逃げる、姿を消す、「逃亡(トウボウ)」
◆(それまで生きていた人が)死ぬ、「死亡(シボウ)」
◆(それまでそこにあったものが衰え弱り小さくなって最後には)無くなる、滅(ほろ)びる、「滅亡(メツボウ)」
𠕃亡3+冂2=総画数5 U+20543 [ボウ、モウ/] 网𦉳𠕀𦉯𦉽𦉸𠔿𠕈𦊀𦉮䍏罒𦉰㓁罓
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕らえる道具、同「網」
亡3+勹2=総画数5 U+5304 [カイ/] 匃𠣏𠣣
◆乞(こ)う、他人に物を乞う、他人に願い頼む、同「丐」
◆与える、恵(めぐ)む、同「丐」
𠨑亡3+卩2=総画数5 U+20A11 [ゴウ、ギョウ/] 卬𠨐
◆我(われ)、自分を指す語、同「余」「予」「吾」
◆仰(あお)ぐ、仰ぎ見る、同「仰」
◆高い
◆高まるさま、高く上がるさま、同「昂」
亡3+口3=総画数6 U+5402 [ボウ、モウ/]
◆「いな」「いや」「no」という承知できないと答える時の言葉
亡3+女3=総画数6 U+5984 [ボウ、モウ/みだ・りに] 𡚶
◆馬鹿げた、いい加減な、根拠のない、非現実的な
◆みだ・り、みだ・りに、やたらに、手当たり次第に、考えもなしに
𡦽亡3+宀3=総画数6 U+219BD [モウ、ボウ/] 罔㒺𠕏𣥙𡧏
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕(と)らえる道具、同「网」「網」
◆身動きができないように網を被(かぶ)せる、同「網」
◆(網が被せられているように)ぼんやりするさま、よく見えないさま、無知なさま
◆根拠のない話で(事実を隠して)人を騙(だま)す、「事実を網で覆い隠す」の意、同「誷」
◆~でない、~しない、not、no、同「不」
𡵀亡3+山3=総画数6 U+21D40 [ボウ、モウ/] 𥐞
◆「𡵀碭(ボウトウ)」、山名、河南省商丘(ショウキュウ)市永城(エイジョウ)市、同「芒碭」「𥐞碭」
亡3+巛3=総画数6 U+5DDF [コウ/] 𡿫㠩𡿬
◆水が荒涼(コウリョウ、荒れ果ててもの寂しいさま、何もないさま)と広がっているさま、何もなくただどこまでも広がっているさま、同「𣺬」「荒」
𡿫亡3+巛3=総画数6 U+21FEB [コウ/] 巟㠩𡿬
◆水が荒涼(コウリョウ、荒れ果ててもの寂しいさま、何もないさま)と広がっているさま、何もなくただどこまでも広がっているさま、同「𣺬」「荒」
𢇜亡3+广3=総画数6 U+221DC [ブ、ム/] 廡𢋰𢋑𢌋庑
◆本堂(幾つかの建物群の中で最も重要な建物で北側に建ち南側には広い庭などがある)から伸び前庭を囲むように走る回廊
◆回廊に沿って建てられた建物、外部からの侵入などを防ぐための壁の役割を担う建物で一般的には道路に面した側には窓がない
◆ものを覆うほどに伸び放題の雑草、同「蕪」
亡3+心4=総画数7 U+5FD8 [ボウ、モウ/わす・れる]
◆知っていたこと・覚えていたこと・為すべきことを思い出せない、失念する
亡3+心3=総画数6 U+5FD9 [ボウ、モウ/せわ・しい、いそが・しい] 𢗅
◆せわ・しい、急(せ)かされて心にゆとりがない、同「慌」
◆いそが・しい、すべきことが多く他のことに手が回らない
𢻬亡3+攴4=総画数7 U+22EEC [フ、ブ/な・でる] 撫𢸮𢺌抚𢻲
◆手を滑らすようにして軽く摩(さす)る
◆摩るようにして愛(いと)おしむ、「愛撫(アイブ)」
◆摩るようにして優しく労(いた)わる、「慰撫(イブ)」
◆物の上に手を置く、手で軽く押える
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「拊」
◆手本をなぞって書く・描く、手本とするものに倣(なら)って書く・描く、同「摸」
𣅖亡3+日4=総画数7 U+23156 [ソウ、ゾウ/] 皂皁
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同「梍」「橡」 {コナラ} {クヌギ}
◆「𣅖莢(サイカチ)」、マメ科サイカチ属の木 {サイカチ}
◆黒い、黒色、早い時間(日の出前の薄暗い頃)には視るもの全て黒く見えることから
◆下僕、下級の役人、多く黒い服を着ていたことから
◆馬小屋、飼葉桶、下僕が厩の番をしていたことから
◆石鹸、洗剤、どんぐりの実などを原料としたことから
亡3+月(肉)4=総画数7 U+8093 [コウ/] 𦘻
◆心臓と横隔膜に挟まれた部分、体の内の奥まっていて手(鍼、治療用の針)も届かず見定めることもできず治療ができないところ
◆「膏肓(コウコウ)」、手の施(ほどこ)しようがないさま、「【春秋左傳正義:成公:成公十年】醫至曰疾不可爲也在肓之上膏之下攻之不可達之不及藥不至焉不可為也(《注》達針)」
亡3+木4=総画数7 U+6757 [ボウ、モウ/]
◆屋根を支える太い梁(はり)
亡3+木4=総画数7 U+6767 [ボウ、モウ/] 𣙷
◆「杧果(ボウカ)」、マンゴーmango、ウルシ科マンゴー属の果樹、また同属の木の総称、同「芒果」、別名「菴羅(アンラ)」「菴摩羅(アンマラ)」 {マンゴー}
亡3+水3=総画数6 U+6C52 [ボウ、モウ/]
◆ぼんやりしてはっきりしないさま、ぼんやりするさま、同「茫」
◆水が果てしなく広がっているさま、同「茫」「漭」
◆慌てる、慌て急ぐさま、同「慌」
亡3+牛4=総画数7 U+7264 [モウ/]
◆牡牛
𤣴亡3+玉4=総画数7 U+248F4 [未詳/]
◆未詳
注解:「𡔞」の訛字か?
亡3+田5=総画数8 U+753F [モウ、ミョウ/] 𤰡
◆他国から流れて来て居着(いつ)いた農夫、同「氓」
◆野良仕事をする人、農夫、百姓
◆卑しい人、無知な人
𤰡亡3+田5=総画数8 U+24C21 [モウ、ミョウ/]
◆他国から流れて来て居着(いつ)いた農夫、同「氓」
◆野良仕事をする人、農夫、百姓
◆卑しい人、無知な人
𥁃亡3+皿5=総画数8 U+25043 [ボウ、モウ/]
◆「𥁃浪(ボウロウ)」、同「孟浪(モウロウ)」◇はっきりしないさま、あやふやなさま◇当てがないさま、当てもなく行動するさま、「【類篇:皿部:𥁃】莫浪切𥁃浪不精要皃」
亡3+目5=総画数8 U+76F2 [モウ、ミョウ/めくら、めしい]
◆(視力が失われて)目が見えない、またそのような人、同「盳」「𥇋」「朚」「𤷐」
◆物事をはっきりと理解・判断できない、道理に暗い
◆しっかりと考える(吟味する)ことなしに、「盲信(モウシン)」
◆[日]管状(筒状)のものの一方が塞(ふさ)がっているさま
亡3+目5=総画数8 U+76F3 [ボウ、モウ、ミョウ/]
◆「盳洋(ボウヨウ)」、遠くを見るさま、仰(あお)ぎ見るさま、同「望羊」
◆(視力が失われて)目が見えない、同「盲」
𥐞亡3+石5=総画数8 U+2541E [ボウ、モウ/] 𡵀
◆「𥐞碭(ボウトウ)」、山名、河南省商丘(ショウキュウ)市永城(エイジョウ)市、同「芒碭」「𥐞碭」
𥝕亡3+禾5=総画数8 U+25755 [ボウ、モウ/のぎ、すすき] 芒𦬆䅒𪌁
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同「茫」
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草 {ススキ}
𥤩亡3+穴5=総画数8 U+25929 [ボウ、モウ/]
◆「𥤩䆡(ボウロウ)」、中に何もなくがらんとしているさま、ぽっかりと空いているさま、同「䆲䆡」
亡3+竹6=総画数9 U+7B00 [ボウ、モウ/]
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛、同「芒」
◆姓用字
亡3+网5=総画数8 U+7F54 [モウ、ボウ/] 㒺𠕏𣥙𡧏𡦽
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕(と)らえる道具、同「网」「網」
◆身動きができないように網を被(かぶ)せる、同「網」
◆(網が被せられているように)ぼんやりするさま、よく見えないさま、無知なさま
◆根拠のない話で(事実を隠して)人を騙(だま)す、「事実を網で覆い隠す」の意、同「誷」
◆~でない、~しない、not、no、同「不」
𦉸亡3+网6=総画数9 U+26278 [ボウ、モウ/] 网𦉳𠕀𦉯𦉽𠔿𠕃𠕈𦊀𦉮䍏罒𦉰㓁罓
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕らえる道具、同「網」
𦉽亡3+网6=総画数9 U+2627D [ボウ、モウ/] 网𦉳𠕀𦉯𦉸𠔿𠕃𠕈𦊀𦉮䍏罒𦉰㓁罓
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕らえる道具、同「網」
𦊀亡3+网4=総画数7 U+26280 [ボウ、モウ/] 网𦉳𠕀𦉯𦉽𦉸𠔿𠕃𠕈𦉮䍏罒𦉰㓁罓
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕らえる道具、同「網」
𦐀亡3+羽6=総画数9 U+26400 [ブ、ム/まい、ま・う] 𦏶
◆舞(ま)う、舞(まい)、同「舞」「儛」、「【玉篇:二十六:羽部第四百九:𦐀】亡縷切今作舞」
𦘻亡3+肉6=総画数9 U+2663B [コウ/]
◆心臓と横隔膜に挟まれた部分、体の内の奥まっていて手(鍼、治療用の針)も届かず見定めることもできず治療ができないところ
◆「膏肓(コウコウ)」、手の施(ほどこ)しようがないさま、「【春秋左傳正義:成公:成公十年】醫至曰疾不可爲也在肓之上膏之下攻之不可達之不及藥不至焉不可為也(《注》達針)」
𦫋亡3+艮6=総画数9 U+26ACB [モウ、ミョウ/] 氓𣱅䇇
◆他国から流れて来て居着(いつ)いた一般の人、同「甿」
◆庶民、平民
亡3+艸3=総画数6 U+8292 [ボウ、モウ/のぎ、すすき] 𦬆𥝕䅒𪌁
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同「茫」
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草 {ススキ}
亡3+虫6=総画数9 U+459F [モウ、ミョウ、ボウ/あぶ] 虻䗈
◆アブ(虻)、ハエ目アブ科の昆虫の総称、同「蝱」
亡3+虫6=総画数9 U+867B [モウ、ミョウ、ボウ/あぶ] 䖟䗈
◆アブ(虻)、ハエ目アブ科の昆虫の総称、同「蝱」
亡3+血6=総画数9 U+8841 [コウ/] 𧖬𧖭
◆血、血液
𨑑亡3+辵3=総画数6 U+28451 [フ、ブ/] 𨑟
◆慰撫(いぶ)する、労(いた)わる
◆逃亡する
亡3+邑3=総画数6 U+9099 [ボウ、モウ/]
◆「邙山」、山名、河南省
亡3+金8=総画数11 U+91EF [ボウ、モウ/] 鋩铓𨦵
◆切っ先(きっさき)、刀や剣の刃の先端
𨳑亡3+門8=総画数11 U+28CD1 [未詳/] 𨸁
◆未詳、「【莊子翼:胠篋第十】…雞狗之音相聞𨳑罟之所布…」「【字彙補:戌集:門部:𨳑】他頂切音挺門上關」
𨸁亡3+門3=総画数6 U+28E01 [未詳/] 𨳑
◆未詳、「【莊子翼:胠篋第十】…雞狗之音相聞𨳑罟之所布…」「【字彙補:戌集:門部:𨳑】他頂切音挺門上關」
𩱿亡3+鬼10=総画数13 U+29C7F [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𩲉亡3+鬼10=総画数13 U+29C89 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𪌁亡3+麥11=総画数14 U+2A301 [ボウ、モウ/のぎ、すすき] 芒𦬆𥝕䅒
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同「茫」
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草 {ススキ}
亠2+2=総画数4 U+4EA2 [コウ/たか・ぶる]
◆咽喉(インコウ、のど)、喉首(のどくび)
◆たか・ぶる、高く飛び出る、高揚する、驕り高ぶる
◆二十八宿東方青龍の第二宿 {二十八宿}
亢4+人2=総画数6 U+4F09 [コウ/]
◆まっすぐなさま、まっすぐに立つさま、同「抗」
◆正面から対する、相対する、同「抗」
◆正面から相対する相手、「伉儷(コウレイ、夫婦)」
亢4+力2=総画数6 U+52A5 [コウ、キョウ/]
◆力が強いさま、またその人
亢4+匚2=総画数6 U+531F [コウ/]
◆下から暖気を送って温かくできる寝床や座席、別名「炕牀、炕床(コウショウ)」
亢4+口3=総画数7 U+542D [コウ、ゴウ/]
◆喉(コウ、のど)、咽(イン、口の奥から食道の入口までの部分)の途中から分かれて気管に通じる部分、喉笛(のどぶえ)
◆声、声を出す、喉頭(コウトウ、喉の入り口近く)に声帯があることから
亢4+囗3=総画数7 U+56E5 [コウ/]
◆しまう、隠す
亢4+土3=総画数7 U+5751 [コウ、キョウ/] 𡊬𡌖
◆底深い穴、或いは奥深い穴、同「阬」
◆陥(おとしい)れる、穴に入れる
亢4+女3=総画数7 U+5994 [コウ、キョウ/]
◆美しい女性
𡵻亢4+山3=総画数7 U+21D7B [コウ/]
◆山間の深い谷、「【御定駢字類編:卷一百四:數目門:九】九𡵻(陸賈新語隘於山阪之阻隔於九𡵻之隄什扵嵬崔之山頓於窅㝠之溪)」
◆人名用字、「【水東日記:卷五】…趙抃之子予偶記抃之子𡵻㞦…」「【天中記:卷四十四:酒】…蜀先生遣{⿰氵畨}𡵻持聘𡵻飲一斗…」
亢4+心3=総画数7 U+5FFC [コウ/]
◆感情(悲しみ・怒り・喜びなど)が高ぶる、意気が高ぶる
◆「忼慨(コウガイ)」、高まる、気分が高ぶる、意気が高揚する、同「慷慨」「慷愾」
亢4+手3=総画数7 U+6297 [コウ/あらが・う]
◆まっすぐなさま、まっすぐに立つさま、同「伉」
◆正面から対する、相対する、同「伉」
◆あらが・う、向かって来るものを正面から防ぎ止める、拒(こば)む
◆「拮抗(キッコウ)」、力の差が殆(ほとん)どなく優劣つけ難いさま、互いが譲らず勝敗・優劣が決まらないさま、同「頡頏(ケッコウ)」
𣃚亢4+方4=総画数8 U+230DA [コウ、ゴウ/]
◆方舟(はこぶね)、二艘(そう、船の数の単位)の舟を並べ互いに繋ぎ合わせた舟(船首が二つあるような形の舟)、同「航」
◆船で川や海を渡る、同「航」「杭」
亢4+月(肉)4=総画数8 U+80AE [コウ、ゴウ/]
◆咽(イン、のど、口の奥から食道の入口までの部分)、また喉(コウ、のど、咽の途中から分かれて気管に通じる部分)、また咽喉(インコウ、のど、咽と喉の総称)
◆「肮脏(コウソウ)」、汚(けが)れているさま、汚(きたな)いさま、同「骯髒」
◆繁「骯」
亢4+木4=総画数8 U+676D [コウ、ゴウ/くい]
◆船で川や海を渡る、同「航」「斻」、「【楚辭:惜誦】昔余夢登天兮魂中道而無杭(杭度也詩曰一葦杭之魂一作䰟杭一作航…)」
◆浙江省杭州(コウシュウ)市の略称 {浙江省}
◆地中に打ち込んで直立させた棒、「【康熙字典:辰集中:木部:杭】《禮記註引士喪禮下篇》陳器曰杭木葬者杭木在上茵在下」
亢4+欠4=総画数8 U+3C20 [コウ/]
◆「欴㰠(ロウコウ)」、貪るさま
亢4+水3=総画数7 U+6C86 [コウ、ゴウ/] 𣳞
◆水が果てしなく広がっているさま、「沆瀁(コウヨウ)」「沆茫(コウボウ)」「漭沆(ボウコウ)」
◆「沆瀣(コウカイ)」、夜半に空気中に立ち籠める靄(もや)や霧(きり)、地表付近で空気中の水蒸気が凝結し無数の小さな水滴となって浮かんでいるもの、靄は霧よりも薄い(遠くまで見える)
亢4+火4=総画数8 U+7095 [コウ/] 𤇛𤊚𤌁
◆火に当てる、また火に当てて水気を飛ばす、乾かす
◆火に翳(かざ)して焼く、同「炙」
◆「炕牀、炕床(コウショウ)」、下から暖気を送って温かくできるようにした寝床や座席、同「匟」
亢4+牛4=総画数8 U+7268 [コウ/]
◆牡牛
亢4+犬3=総画数7 U+72BA [コウ/]
◆大きく逞しいイヌ(犬)
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類
亢4+瓦5=総画数9 U+3F1A [コウ/]
◆大きな甕(かめ)、同「罁」
亢4+田5=総画数9 U+3F58 [コウ/]
◆境界、同「𤰢」
◆東西に通る畦道(あぜみち、田畑を区切るために土を盛り上げた小道)、同「陌」
◆塩分を含む湖沼の水辺の湿地、同「䴚」「奋」
亢4+石5=総画数9 U+780A [コウ/]
◆「砊礚(コウカイ)」、辺りに響き渡る雷の大きな音の形容
亢4+禾5=総画数9 U+79D4 [コウ、キョウ/うるち] 粳稉𥠛
◆粘り気の少ない米、一般的な米、またその米が採れる稲、同「粇」、粘りがあるものは「糯」
亢4+竹6=総画数10 U+7B10 [コウ、ゴウ/]
◆穀物などを干すために竹竿を段状に架けた棚
◆竹竿
◆衣桁
亢4+米6=総画数10 U+7C87 [コウ、キョウ/]
◆穀物の実を覆う殻(から)、籾殻(もみがら)、実を除いて残る殻、籾糠(もみぬか)、同「糠」
◆粳米(うるちまい)、粘り気の少ない米、一般的な米、またその米が採れる稲、同「粳」
亢4+糸6=総画数10 U+42C1 [コウ、キョウ/] 綆绠
◆井戸の釣瓶(つるべ)に繋ぐ縄
𦐄亢4+羽6=総画数10 U+26404 [コウ、ゴウ/] 䲳𨾒
◆鳥が下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶ、同「頏」、上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶのは「翓」
◆「翓𦐄(ケッコウ)」、鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「頡頏」
亢4+舟6=総画数10 U+822A [コウ、ゴウ/]
◆方舟(はこぶね)、二艘(そう、船の数の単位)の舟を並べ互いに繋ぎ合わせた舟(船首が二つあるような形の舟)、同「斻」「舫」
◆船が並んで進むさま、同「𦨵」
◆舟、船
◆船で川や海を渡る(広く乗り物に乗って川や海を渡ることをいう)、同「斻」「杭」
亢4+艸3=総画数7 U+82C0 [コウ、ゴウ/]
◆草名、未詳
亢4+虫6=総画数10 U+86A2 [コウ、ゴウ/]
◆大きな貝、同「魧」、小さな貝は「𧐐」
◆カイコ(蚕)の一種、ヨモギ(蓬)の葉を食べるという
亢4+行6=総画数10 U+4615 [コウ、ゴウ/] 𧘃
◆「䘕衏(コウエン)」、客を接待し喜ばせる女性、売春婦、またその店、同「䘕院」
𧲪亢4+豸7=総画数11 U+27CAA [カク、ガク、バク、ミャク/] 貈𧴏
◆タヌキ(狸)、イヌ科タヌキ属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称、同「狢」「貉」
◆古代の現中朝国境付近に住んでいた民族の名、同「貊」
亢4+貝7=総画数11 U+8CA5 [コウ、ゴウ/]
◆大きな貝、同「蚢」「魧」
亢4+車7=総画数11 U+4849 [コウ/]
◆車の付いた輿(こし)
◆車が通った所
亢4+辵4=総画数8 U+8FD2 [コウ、ゴウ/]
◆獣や車の通った跡
◆獣や車の通った道
亢4+邑3=総画数7 U+909F [コウ/]
◆「邟城」、古地名、現河南省
◆「餘邟」、古地名、現浙江省杭州市余杭
𨟼亢4+酉7=総画数11 U+287FC [コウ/] 䴚𪉡𪉛
◆塩分を含む湖沼の水辺の湿地、同「㽘」「奋」
亢4+金8=総画数12 U+9227 [コウ/]
◆スカンジウムScandium(Sc)、元素名、旧「鉰」「錹」「鏮」 {スカンジウム}
亢4+金5=総画数9 U+94AA [コウ/]
◆スカンジウムScandium(Sc)、元素名、旧「鉰」「錹」「鏮」 {スカンジウム}
亢4+門8=総画数12 U+958C [コウ/]
◆高く大きな門
◆高く大きなさま
◆「閌閬(コウロウ)」◇高く大きな門◇建物の中の広い空間
亢4+門3=総画数7 U+95F6 [コウ/]
◆高く大きな門
◆高く大きなさま
◆「闶阆(コウロウ)」◇高く大きな門◇建物の中の広い空間
亢4+阜3=総画数7 U+962C [コウ、キョウ/]
◆底深い穴、或いは奥深い穴、同「坑」
𨾒亢4+隹8=総画数12 U+28F92 [コウ、ゴウ/] 𦐄䲳
◆鳥が下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶ、同「頏」、上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶのは「翓」
◆「翓𨾒(ケッコウ)」、鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「頡頏」
亢4+頁9=総画数13 U+980F [コウ、ゴウ/]
◆鳥が下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶ、同「𦐄」、上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶのは「頡」
◆「頡頏(ケッコウ)」◇鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「翓𦐄」◇力や能力などの差が殆(ほとん)どなく優劣・甲乙付け難い(つけがたい)さま、同「拮抗 (キッコウ)」
◆(人の)首、咽喉(インコウ、のど)、咽(イン、口の奥から食道の入口までの部分)と喉(コウ、咽の途中から分かれ気管までの部分)の総称
亢4+頁6=総画数10 U+9883 [コウ、ゴウ/]
◆鳥が下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶ、同「𦐄」、上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶのは「頡」
◆「颉颃(ケッコウ)」◇鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「翓𦐄」◇力や能力などの差が殆(ほとん)どなく優劣・甲乙付け難い(つけがたい)さま、同「拮抗 (キッコウ)」
◆(人の)首、咽喉(インコウ、のど)、咽(イン、口の奥から食道の入口までの部分)と喉(コウ、咽の途中から分かれ気管までの部分)の総称
亢4+骨10=総画数14 U+9AAF [コウ、ゴウ/] 𩨺
◆「骯髒(コウソウ)」◇体格が立派でどっしりと(がっしりと)しているさま、「【廣韻:上聲:蕩第三十七:駔:髒】骯髒體盤」◇未詳、「【字彙:戌集:骨部:骯】下黨切杭上聲骯髒倖直貌」◇汚(けが)れているさま、汚(きたな)いさま、同「肮脏」
◆簡「肮」
亢4+高10=総画数14 U+9ADA [キョウ/]
◆高い
亢4+魚11=総画数15 U+9B67 [コウ、ゴウ/] 𩵸
◆大きな貝、車輪ほどもある大きさだという、同「貥」「蚢」、「【爾雅注疏:釋魚】貝居陸贆在水者蜬(…)大者魧(《注》書大傳曰大貝如車渠車渠謂車輞卽魧屬)小者鰿」
◆魚の脂肪
◆魚名、未詳、「【中華古今注:卷下:白魚】赤尾曰魟一曰魧或曰魟雄又曰魧魚子好羣浮水上者曰白萍」
亢4+鳥11=総画数15 U+4CB3 [コウ、ゴウ/] 𦐄𨾒
◆鳥が下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶ、同「頏」、上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶのは「翓」
◆「翓䲳(ケッコウ)」、鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「頡頏」
亢4+鹵11=総画数15 U+4D1A [コウ/] 𪉡𪉛𨟼
◆塩分を含む湖沼の水辺の湿地、同「㽘」「奋」
◆「豆子䴚(ズシコウ)」、地名、現山東省浜州(ヒンシュウ)市恵民(ケイミン)県 {山東省}
八部
𠫓厶部
亠2+4=総画数6 U+342A [未詳/]
◆未詳、「【春秋明志錄:卷十:昭公】宋華合比出奔衛…伊戾譛太子痤皆坎用牲埋書而伊戾有向戍桞有華㐪皆為之徴…」
𠜇㐪6+刀2=総画数8 U+20707 [未詳/]
◆未詳、「【中文大辭典:刀部:𠜇】刻之俗字」
亠2+4=総画数6 U+342B [キョウ、ク、クウ/] 凶㓙𣧑
◆不幸な、不運な、不吉な、よくない、忌(い)まわしい、逆は「吉」、同「兇」
◆農作物のできが悪い
◆酷(ひど)い、酷(むご)い、厳(きび)しい
◆懼(おそ)れる、不安や恐れに怯(おび)える、同「兇」「恟」
𠒋㐫6+儿2=総画数8 U+2048B [キョウ、ク/]
◆不幸な、不運な、不吉な、よくない、同「凶」
◆懼(おそ)れる、不安や恐れに怯(おび)える、同「凶」「恟」
㐫6+土3=総画数9 U+57B4 [ノウ/]
◆小さな山、丘
◆脳
㐫6+心3=総画数9 U+607C [ドウ、ノウ/なや・む] 悩惱𢚰𢙉
◆なや・む、迷い苦しむ、心が乱れる
㐫6+月(肉)4=総画数10 U+8111 [ドウ、ノウ/] 脳腦𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
𦚾㐫6+月(肉)4=総画数10 U+266BE [キョウ、ク/むね、むな] 胸胷𦙞𦙄𦚍𦛄
◆体の前の首の下から腹の上までの部分 {人体(胴部)}
◆内心(ナイシン)、心中(シンチュウ)、「胸の内」の意
𦛄㐫6+肉6=総画数12 U+266C4 [キョウ、ク/むね、むな] 胸胷𦙞𦙄𦚾𦚍
◆体の前の首の下から腹の上までの部分 {人体(胴部)}
◆内心(ナイシン)、心中(シンチュウ)、「胸の内」の意
𨠯㐫6+酉7=総画数13 U+2882F [ク/] 酗䣴𨠮
◆酒に酔って正体(ショウタイ)を失う(眠ってしまう、朦朧とする、意味不明の言動をする、怒り出すなど)、同「䣱」「醟」
亠2+4=総画数6 U+4EA4 [コウ、キョウ/か・わす、まじ・わる、ま・ざる]
◆形や状態などが"+""X"字形(交差する)ような形になるさま、違う方向から進んできたものが一点で出会うさま、交叉(コウサ)するさま、同「䢒」
◆互いに行き来し合う、付き合う
◆互いに遣(や)り取りする
交6+人2=総画数8 U+4F7C [コウ、キョウ/]
◆美しいさま、愛らしいさま、同「姣」「𤕢」
𠙇交6+几2=総画数8 U+20647 [ヤ/よ、よる] 夜亱𡖍𠙑
◆日没から日の出までの間、陽が沈んで暗い時間帯、日中は「昼」
交6+力2=総画数8 U+52B9 [コウ、ギョウ/き・く]
◆致(いた)す、力を尽くす、力を発揮する
◆致す(力を尽くす、力を発揮する)ことによって結果・成果が現れる(得られる)
◆他に致す(作用する)ことによって現れる(得られる)結果・成果、「效果、効果(コウカ)」
◆倣(なら)う、見習う、「效法(コウホウ)」、同「傚」
交6+口3=総画数9 U+54AC [コウ、キョウ/か・む] 𠸀
◆上下の歯で物を挟(はさ)む
◆物をしっかりと挟む
交6+女3=総画数9 U+59E3 [コウ、キョウ、ギョウ/]
◆美しいさま、愛らしいさま、同「𤕢」「佼」
交6+宀3=総画数9 U+3754 [ヨウ/] 宎𡧮窔𥤹穾
◆東南の角にある部屋
◆奥まった、奥深い
交6+山3=総画数9 U+5CE7 [コウ、キョウ/]
◆地名用字
交6+心3=総画数9 U+6054 [コウ、ギョウ、キョウ/]
◆快い
◆聡明な
◆悪賢い、如才がない
交6+手3=総画数9 U+630D [コウ、キョウ/]
◆あれとこれとを突き合わる、また照合する、また比較する、同「校」
交6+攴4=総画数10 U+6548 [コウ、ギョウ/き・く]
◆致(いた)す、力を尽くす、力を発揮する
◆致す(力を尽くす、力を発揮する)ことによって結果・成果が現れる(得られる)
◆他に致す(作用する)ことによって現れる(得られる)結果・成果、「效果、効果(コウカ)」
◆倣(なら)う、見習う、「效法(コウホウ)」、同「傚」
交6+日4=総画数10 U+6648 [キョウ/]
◆(月や太陽が)白く輝くさま、同「皎」
交6+月(肉)4=総画数10 U+3B35 [コウ、ギョウ/]
◆脛(すね)の骨
◆足の甲、「【字彙:未集:肉部:㬵】足跗也」
注解:本字(U+3B35)の偏は「にくづき」で「つき」の「「胶」(U+80F6)」とは別字 {漢字「月」}
交6+月4=総画数10 U+80F6 [コウ、キョウ/]
◆(太陽と月の軌道が)交差する、交(まじ)わる、「【字彙補:辰集:月部:㬵】與日月交道之交同韻會小補引方言云日運為躔月運為胶○與从肉者不同」
◆繁「膠」
注解:本字(U+80F6)の偏は「つき」で「にくづき」の「「㬵」(U+3B35)」とは別字
交6+木4=総画数10 U+6821 [コウ、キョウ、ギョウ/]
◆木製の枷(かせ)、罪人の首・手・足などに嵌(は)めて自由を奪う刑具
◆(陣地の周囲に張り巡らせる、或いは狩猟の際に獲物を追い込む)格子状に組んだ柵(さく)
◆武官の位階名、「校尉(コウイ、部隊の長、時代によって異なるが比較的下位の位階)」
◆あれとこれとを突き合わる、また照合する、また比較する、同「挍」
◆「校正(コウセイ)」◇馬に関する事柄を管掌(カンショウ、担当)する役人、同「校人(コウジン)」、「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷二十八:成公十六年盡十八年】弁糾御戎校正屬焉(《注》…校正主馬官…)」◇写本を原本と突き合わせ誤りを正すこと
◆やり返す、言い返す、「【論語注疏:卷八:泰伯】…犯而不挍(《注》」包曰挍報也言見侵犯不報)」
◆教え学(まな)ぶところ、「学校(ガッコウ)」、夏代(前21世紀~前17世紀)の称、殷代(約前17世紀~約前11世紀)では「序」、周代(前11世紀~前3世紀)では「庠」
交6+水3=総画数9 U+6D28 [コウ、ギョウ/]
◆古川名、現河北省石家荘(セッカソウ)市井陘(セイケイ)県を源とする川 {河北省}
◆古県名、現安徽省蚌埠(ホウフ)市固鎮(コチン)県 {安徽省}
交6+火4=総画数10 U+70C4 [コウ、キョウ、ヨウ/] 𤉧𤎦
◆木を組み燃やして天や神を祭る儀式
交6+犬3=総画数9 U+72E1 [コウ、キョウ/ずる・い、こす・い]
◆小形の犬
◆すばしこい(すばしっこい)、素早い
◆(悪さをする犬を追おうとすると)するりと身を躱(かわ)してうまく逃げる、(不都合なことを)身を躱して避ける、(不都合なことに行き当たらないように)うまく立ち回る、うまく言い逃(のが)れる
交6+玉4=総画数10 U+73D3 [コウ、キョウ/] 𥲯
◆「杯珓(ハイコウ)」、同「珓杯(コウハイ)」、吉凶を占う三日月形や貝殻形の竹製或いは木製の器具、二つ一組で手に持ち投げ落とした時の表裏や位置関係で吉凶を占う、同「筊」
交6+瓜5=総画数11 U+3F0E [ボク/]
◆小形の実が成るウリ科の植物
𤶀交6+疒5=総画数11 U+24D80 [コウ、キョウ/] 㽱㽲
◆腹部の急な激しい痛み、「【廣韻:上聲:巧第三十一:絞:㽱】腹中急痛俗作㽲」
交6+白5=総画数11 U+768E [キョウ、コウ/]
◆(月のように)明るく白いさま、白く輝くさま、同「皦」
◆明るくすっきりと澄んでいるさま、白く清らかなさま、同「皦」「曒」「𣎣」「暞」「𡙎」
◆真っ白なさま
◆「皎然(キョウゼン)」◇明るく澄んでいるさま◇明白なさま、明らかなさま、同「皦如(キョウジョ)」
𥅟交6+目5=総画数11 U+2515F [コウ、キョウ/]
◆「𥄸𥅟(ボウコウ)」、(顔を正面に向けずに)横目・下目・上目などで見るさま、「【集韻:卷:上聲下:巧第三十一:𥅟】𥄸𥅟邪視」
交6+石5=総画数11 U+40AD [コウ、キョウ/]
◆「䂭磝(コウゴウ)」、古城名、未詳、【正字通】は同「碻磝」とする 「碻」参照、「【廣韻(重修廣韻):下平聲:肴第五:敲:䂭】䂭磝城名今濟州是也出音譜[†「【龍龕手鑑:卷四:石部第九:䂭】口交反磝礉䂭戌名」「【廣韻:下平聲:肴第五:敲:䂭】䂭磝戍名今濟州是也出音譜」は「戌名」「戍名」]」「【正字通:午集下:石部:䂭】舊註音敲正韻䂭磝城名䂭作碻」
交6+穴5=総画数11 U+7A94 [ヨウ/] 㝔宎𡧮𥤹穾
◆東南の角にある部屋
◆奥まった、奥深い
交6+竹6=総画数12 U+7B4A [コウ、キョウ/]
◆竹を縒(よ)って作った縄、同「笮」
◆小形の簫(ショウ、竹製の縦笛)、同「笅」「䉰」
◆「杯筊(ハイコウ)」、吉凶を占う三日月形や貝殻形の竹製或いは木製の器具、二つ一組で手に持ち投げ落とした時の表裏や位置関係で吉凶を占う、同「筊杯(コウハイ)」、同「珓」
交6+糸6=総画数12 U+7D5E [コウ、キョウ/しぼ・る、し・める]
◆紐(ひも)などを交差させてその両端を引く、堅(かた)く縛(しば)る、強く締め付ける
◆周りから強く押え付ける
交6+糸3=総画数9 U+7EDE [コウ、キョウ/しぼ・る、し・める]
◆紐(ひも)などを交差させてその両端を引く、堅(かた)く縛(しば)る、強く締め付ける
◆周りから強く押え付ける
交6+艸3=総画数9 U+832D [コウ、キョウ/] 𦽨𦺏
◆牛馬の飼料とする干し草
◆竹やアシ(葦)などの葉を編んで作った綱(つな、ロープrope)
◆「茭白(コウハク)」、マコモ(真菰)、イネ科マコモ属の草、実はワイルドライスwild rice、肥大した根元はマコモタケ(真菰筍)と呼ばれ食用とする他、葉は筵(むしろ)などに用いられる {マコモ}
◆草名、未詳、イノンド(セリ科イノンド属)やウイキョウ(茴香、セリ科ウイキョウ属)などのセリ科の草で白花の種と思われる、同「牛蘄(ギュウキ)」「馬蘄(バキ)」「懷羊(カイヨウ)」、「【爾雅注疏:釋草】藱懷羊(《疏》似芹可食菜也而葉細鋭一名茭一名牛蘄一名馬蘄子入薬用本草注云生水澤中苗似鬼鍼{⿱艹黍}菜等花青白色子黄黑色似防風子是也)」 {イノンド}
交8+虍6=総画数14 U+8660 [コウ、キョウ/]
◆虎の吼(ほ)える声
交6+虫6=総画数12 U+86DF [コウ、キョウ/みずち]
◆みずち、姿はヘビ(蛇)に似て首は長く四足で角(つの)があるという龍の一種
交6+衣5=総画数11 U+4628 [コウ、キョウ/]
◆「䘨𧘈(コウリョウ)」◇股下が二つに分かれた短い袴(はかま)状或いはズボンjupon[仏]状の衣裳、「【方言:第四】大𫋾謂之倒頓(今雹𫋾也)小𫋾謂之䘨𧘈(今𧝜袴也皎了)」◇漁師が穿(は)く服、「【康熙字典:申集下:衣部:𧘈】《皮日休詩》䘨𧘈漁人服」
𧠭交6+見7=総画数13 U+2782D [カク、コウ、キョウ/おぼ・える、さ・める] 覺覚觉斍𡕚覐𧠔𧠷
◆目を醒(さ)ます、眠りから醒める、正常な認識や判断ができない状態から抜け出る
◆迷いや暗がりから抜け出る、明るみに出る
◆辺りの状況が意識・認識できるようになる、迷いがなくなる、悟(さと)る
◆[日]記憶する
𧠷交6+見7=総画数13 U+27837 [カク、コウ、キョウ/おぼ・える、さ・める] 覺覚觉斍𡕚覐𧠔𧠭
◆目を醒(さ)ます、眠りから醒める、正常な認識や判断ができない状態から抜け出る
◆迷いや暗がりから抜け出る、明るみに出る
◆辺りの状況が意識・認識できるようになる、迷いがなくなる、悟(さと)る
◆[日]記憶する
交6+言7=総画数13 U+8A68 [コウ、キョウ/]
◆大声を出す、大声で呼ぶ、大声で叫ぶ、同「誟」
◆声高(こわだか)に自慢する
交6+貝7=総画数13 U+8CCB [キョウ、コウ/]
◆(月のように)明るく白いさま、白く輝くさま、同「皦」
◆明るくすっきりと澄んでいるさま、白く清らかなさま、同「皦」「曒」「𣎣」「暞」「𡙎」
◆真っ白なさま
◆「賋然(キョウゼン)」◇明るく澄んでいるさま◇明白なさま、明らかなさま、同「皦如(キョウジョ)」
𧻨交6+走7=総画数13 U+27EE8 [コウ、キョウ/] 䢒𨓩
◆形や状態などが"+""X"字形(交差する)ような形になるさま、違う方向から進んできたものが一点で出会うさま、交叉(コウサ)するさま、同「交」
◆「䢒逪(コウサク)」、交錯(コウサク)する、入り乱れる、同「交錯」
交6+足7=総画数13 U+8DE4 [コウ、キョウ/]
◆足が絡(から)む、足を絡ませて転ぶ
◆脛(すね、膝から足首までの部分)の足首近くの細くなった部分、同「骹」
交6+車7=総画数13 U+8F03 [コウ、キョウ、カク/くら・べる] 较䡈𨊿
◆車台(車の人が乗る部分)の両側の手摺(てすり)、「【後漢書:卷三十九:輿服志:輿服上】鳥旟七斿五仞齊較(鄭玄曰較者車高檻木也)…金薄繆龍為輿倚較(…俗文曰車箱爲較)」 {馬車}
◆角(つの)を突き合わせる、競(きそ)う
◆突き合わせて比べる
◆凡(おおよ)そ、やや、割合に
◆明らか
交6+車4=総画数10 U+8F83 [コウ、キョウ、カク/くら・べる] 較䡈𨊿
◆車台(車の人が乗る部分)の両側の手摺(てすり)、「【後漢書:卷三十九:輿服志:輿服上】鳥旟七斿五仞齊較(鄭玄曰較者車高檻木也)…金薄繆龍為輿倚較(…俗文曰車箱爲較)」 {馬車}
◆角(つの)を突き合わせる、競(きそ)う
◆突き合わせて比べる
◆凡(おおよ)そ、やや、割合に
◆明らか
交6+辵3=総画数9 U+4892 [コウ、キョウ/] 𨓩𧻨
◆形や状態などが"+""X"字形(交差する)ような形になるさま、違う方向から進んできたものが一点で出会うさま、交叉(コウサ)するさま、同「交」
◆「䢒逪(コウサク)」、交錯(コウサク)する、入り乱れる、同「交錯」
交6+邑3=総画数9 U+90CA [コウ、キョウ/]
◆都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地で都から百里以内の地、五十里までを「近郊」、百里までを「遠郊」といった、また「郊」の外を「野」、その外を「林」、その外を「冂」といった、「【說文解字: 冂部:冂】邑外謂之郊郊外謂之野野外謂之林林外謂之冂」
◆町や村落の外の一定の地域
◆天地に感謝する祭礼、またその場所、冬至に南郊で天を、夏至に北郊で地を祭(まつ)った
交6+金8=総画数14 U+9278 [コウ、キョウ/]
◆二枚の刃を交差させて物を挟むようにして切る道具
◆挟んで切る
交6+金5=総画数11 U+94F0 [コウ、キョウ/]
◆二枚の刃を交差させて物を挟むようにして切る道具
◆挟んで切る
𩊔交6+革9=総画数15 U+29294 [コウ、キョウ/]
◆革製の袋、口が一つで多く背負うなどする比較的大きい袋、同「囊」
◆サメ(鮫)の皮
𩐟交6+音9=総画数15 U+2941F [ハク、ホク/] 𥭖
◆手足の指の関節が鳴る、また鳴らす、またその音、同「肑」「𤕝」
交6+頁9=総画数15 U+981D [コウ、キョウ/]
◆(顔が長い・鼻が高い・目が窪んでいるなど)顔の体裁がよくないさま
交6+食9=総画数15 U+9903 [コウ、キョウ、ギョウ/]
◆「餃子(ギョウザ)」「餃餌、餃兒(ギョウジ)」、小麦粉に水などを加え捏(こ)ね、延ばして餡(あん)を包み込んだ食べ物、一般には周りを摘(つ)まむようにして閉じ、半月の形に仕上げたもの
交6+食3=総画数9 U+997A [コウ、キョウ、ギョウ/]
◆「餃子(ギョウザ)」「餃餌、餃兒(ギョウジ)」、小麦粉に水などを加え捏(こ)ね、延ばして餡(あん)を包み込んだ食べ物、一般には周りを摘(つ)まむようにして閉じ、半月の形に仕上げたもの
交6+馬10=総画数16 U+99EE [ハク、ホク/]
◆一角・二尾で馬に似た想像上の猛獣、トラ(虎)やヒョウ(豹)を食うという
◆駁(ぶち)、毛色が斑(まだら)な馬、同「駁」
◆他の意見に対しその異を説く、反論する、同「駁」、「【論衡:卷十四:譴告篇】…以善駮惡以惡懼善告人之理勸厲爲善之道也…」
交6+骨10=総画数16 U+9AB9 [コウ、キョウ/] 𩨟
◆脛(すね、膝から足首までの部分)、また脛骨の足首近くの細くなった部分、同「跤」「𨃤」「踍」
◆ものの先端(他と接合する部分)の細くなったところ
◆音が出るように工夫した鏃(やじり、矢の先端部分)、鏑(かぶら)、鏑矢(かぶらや)、鳴鏑(メイテキ、なりかぶら)、同「髐」「髇」
交6+魚11=総画数17 U+9BAB [コウ、キョウ/さめ] 鲛𩵲
◆サメ(鮫)、鰓孔(サイコウ、えらあな)が側面にある板鰓亜綱の魚類の総称、鰓孔が腹部にあるものはエイ類
◆「鮫人(コウジン)」、伝説上の人魚(にんぎょ)、南海の海中に棲み、布を織(お)り、流した涙は真珠になるという、「【博物志:卷二】南海外有鮫人水居如魚不廢織績其眠能泣珠」
◆「馬鮫(バコウ)」、サワラ(鰆)、サバ科サワラ属の海水魚、また同属の魚の総称
交6+魚8=総画数14 U+9C9B [コウ、キョウ/さめ] 鮫𩵲
◆サメ(鮫)、鰓孔(サイコウ、えらあな)が側面にある板鰓亜綱の魚類の総称、鰓孔が腹部にあるものはエイ類
◆「鲛人(コウジン)」、伝説上の人魚(にんぎょ)、南海の海中に棲み、布を織(お)り、流した涙は真珠になるという、「【博物志:卷二】南海外有鮫人水居如魚不廢織績其眠能泣珠」
◆「馬鲛(バコウ)」、サワラ(鰆)、サバ科サワラ属の海水魚、また同属の魚の総称
交6+鳥5=総画数11 U+4D14 [コウ、キョウ/] 鵁𪁉
◆「䴔䴖(コウセイ)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、別名「池鷺(チロ)」
交6+鳥11=総画数17 U+9D41 [コウ、キョウ/] 䴔𪁉
◆「鵁鶄(コウセイ)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、別名「池鷺(チロ)」
𪁉交6+鳥11=総画数17 U+2A049 [コウ、キョウ/] 鵁䴔
◆「𪁉𪂴(コウセイ)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、別名「池鷺(チロ)」
𪏁交6+黃12=総画数18 U+2A3C1 [チン/]
◆赤黄色、同「𪏂」、「【龍龕手鑑:卷一:黃部第四十六:𪏁】直亷反赤黃色也」
交6+齒15=総画数21 U+9F69 [コウ、キョウ、ゴウ、ギョウ/] 𪗡
◆齧(かじ)る、上下の歯で物を挟(はさ)み強く咬(か)む、同「齧」「䶧」
亠2+4=総画数6 U+4EA5 [カイ、ガイ/い] 𢁳
◆十二支の十二番目、動物ではイノシシ(猪)、時間は午後十時を中心とした二時間、方角は北北西を当てる {十二支}
亥6+人2=総画数8 U+4F85 [カイ、ガイ/]
◆詰まる、「【莊子集解:雜篇】…侅溺於馮氣若負重行而上也可謂苦矣(釋文…飲食至咽爲侅…馮氣猶盛氣案貪欲既多侅塞沈溺於盛氣如負重上行其苦甚矣)」
◆非常な、特殊な、「奇侅(キカイ)」、同「賅」
亥6+刀2=総画数8 U+523B [コク/きざ・む] 𠛳
◆(刀で)切り込みを入れる、彫(ほ)り込む
◆印(しるし)をつける、目印を彫る
◆(水時計や日時計の)目盛り、時間の区切り目[†古く一刻は一日の百分の一、後に一時間の四分の一]
◆傷付ける、痛(いた)める
◆酷(むご)い、酷(ひど)い
𠛳亥6+刀2=総画数8 U+206F3 [コク/きざ・む]
◆(刀で)切り込みを入れる、彫(ほ)り込む
◆印(しるし)をつける、目印を彫る
◆(水時計や日時計の)目盛り、時間の区切り目[†古く一刻は一日の百分の一、後に一時間の四分の一]
◆傷付ける、痛(いた)める
◆酷(むご)い、酷(ひど)い
亥6+力2=総画数8 U+52BE [カイ、ガイ/] 𠜨
◆罪を究明(キュウメイ)する、罪状(ザイジョウ)を明らかにする
亥6+口3=総画数9 U+54B3 [カイ、ガイ/せき、しわぶき]
◆生まれて三カ月ほどを過ぎて働きかけに反応し始める頃の幼子(おさなご)が笑うさま、同「孩」
◆せき、しわぶき、咽喉(インコウ、のど)に息が詰まり吐き出してしまうこと
亥6+土3=総画数9 U+5793 [カイ、ガイ/]
◆辺境(ヘンキョウ)の地、最果(さいは)ての地、州(シュウ、領土、支配地)の外を「殥(イン)」、その外を「紘(コウ)」、更にその外を「垓(ガイ)」という、同「畡」「陔」、「【淮南鴻烈解:卷第四:墬形訓】…九州之外乃有八{⿰歹夤}殥亦方千里…八殥之外而有八紘…八紘之外乃有八極…」「【說文解字注:土部:垓】兼晐八極地也(晐各本作垓今正…八到所至謂之八極淮南書曰八紘之外乃有八極非此義也兼備八極之地謂之垓)」
◆数の単位名、(中数、万進法)1垓=10,000京(ケイ)=100,000,000兆(チョウ) {数字}、古くは(下数、十進法)1垓=10京=100兆 {数字}
亥6+大3=総画数9 U+5952 [カイ/]
◆大きいさま
亥6+女3=総画数9 U+59DF [カイ、ガイ/]
◆数(下数、十進法)の単位名、1姟=10京(ケイ)=100兆(チョウ)=1,000億(オク)=10,000万(マン)、同「垓」
亥6+子3=総画数9 U+5B69 [カイ、ガイ/]
◆生まれて三カ月ほどを過ぎて働きかけに反応し始める頃の幼子(おさなご)
◆幼子が笑うさま、同「咳」
◆幼い、幼い子、(成年前の)児童
𡱍亥6+尸3=総画数9 U+21C4D [カイ、ガイ/]
◆(毛や肉がなくなって)骨だけになった死人の体、同「骸」
亥6+山3=総画数9 U+5CD0 [カイ/]
◆禿山(はげやま)、草木の生えていない山、同「屺」、草木が生い茂る山を「岵」、「【爾雅注疏:卷七:釋山】多草木岵無草木峐(《疏》峐當作屺…)」
亥6+手3=総画数9 U+39E1 [ガイ/]
◆揺り動かす
亥6+日4=総画数10 U+6650 [カイ/]
◆陽の光が一面を覆(おお)う
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「賅」「該」、「【說文解字注:土部:垓】兼晐八極地也(晐各本作垓今正…八到所至謂之八極淮南書曰八紘之外乃有八極非此義也兼備八極之地謂之垓)」
亥6+月(肉)4=総画数10 U+80F2 [カイ/]
◆頬(ほお、ほほ)の下部、上顎(うわあご)、同「𦠄」「䪱」
◆足の親指の毛が生えている辺りの肉、牛などの蹄(ひづめ)、同「骸」
◆軍中での取り決め、戦略、同「該」
◆ヒドロキシルアミンhydroxylamine、有機化合物、「羥胺(チャワン)」
亥6+木4=総画数10 U+6838 [カク、ギャク/]
◆内果皮(ナイカヒ)、モモ(桃)やウメ(梅)などの果実の内部の種(たね)を包んでいる堅い殻、或いは種、同「覈」「𣝗」
◆物事の心(しん、中心、核心、本質、真実)、同「覈」
◆調べて(堅い核を穿ち剥いで)物事の本質・真実を明らかにする、同「覈」
亥6+欠4=総画数10 U+6B2C [カイ、ガイ/]
◆(「ごほごほ」「げほげほ」という)重い咳(せき)、咳をする、「咳嗽(カイソウ)」、同「咳」「𤸺」、軽い咳を「謦」
◆「謦欬(ケイカイ、ケイガイ)」◇咳をする、咳払いをする◇談笑(ダンショウ)する
亥6+殳4=総画数10 U+3C7E [カイ、ガイ/]
◆「㱾攺(カイイ)」、大きな剛卯(ゴウボウ)、厄除けの呪文を彫り込んだ四角柱の護身用のお守り、柱の中央に孔をあけ紐(ひも)を通して身に着(つ)ける、「【前漢書(漢書):卷九十九中:王莽傳】…正月剛卯金刀之利皆不得行(服虔日剛卯以正月卯日作佩之長三寸廣一寸四方或用玉或用金或用桃著革帶佩之…晉灼曰剛卯長一寸廣五分四方當中央徙穿作孔以采絲茸其底如冠纓頭蕤刻其上面作両行書文曰正日剛卯既央靈殳四方赤青白黃四色…)[†漢代の1寸は2.31cm]」
亥6+气4=総画数10 U+6C26 [カイ/]
◆ヘリウムHelium(He)、元素名、旧「氜」 {ヘリウム}
亥6+火4=総画数10 U+70D7 [カイ/] 𤈪𤉫
◆明々(あかあか)と燃え盛るさま、同「熾」
亥6+田5=総画数11 U+7561 [カイ、ガイ/]
◆辺境(ヘンキョウ)の地、最果(さいは)ての地、同「垓」
亥6+疒5=総画数11 U+75CE [カイ、ケ/]
◆一日おきに高熱を発する病気、「痎瘧(カイギャク)」
亥6+石5=総画数11 U+784B [ガイ、ゲ/]
◆行(ゆ)く手を妨(さまた)げる、阻(はば)む、同「礙」
𥞨亥6+禾5=総画数11 U+257A8 [未詳/]
◆未詳
𥩲亥6+立5=総画数11 U+25A72 [カイ、ガイ/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:立部第二十四:𥩲】胡改反堅𥩲神人也」「【五音集韻:卷七:海第十二:𥩲】堅𥩲聖人」「【字彙:午集:立部:𥩲】下蓋切音害竪𥩲神人也一曰神名」
亥6+糸6=総画数12 U+7D6F [カイ/]
◆束ねる
亥6+艸3=総画数9 U+8344 [カイ、ガイ/]
◆草の根
亥6+言7=総画数13 U+8A72 [カイ、ガイ/]
◆軍中での取り決め、戦略、同「胲」
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「賅」「晐」
◆備わる、兼ね備わる、全てが揃(そろ)っている、漏れなく含む
◆(前述・前段を受けて)その~(人・物・事など)、それに当たる~、それに当て嵌(は)まる~
◆それが当然である
亥6+言2=総画数8 U+8BE5 [カイ、ガイ/]
◆軍中での取り決め、戦略、同「胲」
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「賅」「晐」
◆備わる、兼ね備わる、全てが揃(そろ)っている、漏れなく含む
◆(前述・前段を受けて)その~(人・物・事など)、それに当たる~、それに当て嵌(は)まる~
◆それが当然である
亥6+豕7=総画数13 U+8C65 [ガイ、カイ/]
◆蹄が四本ともに白い豕(いのこ、ブタ豚またイノシシ猪)
亥6+貝7=総画数13 U+8CC5 [カイ、ガイ/] 赅賌
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「晐」「該」
◆非常な、特殊な、「奇賅(キカイ)」、同「侅」
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:咍第十六:賅】貨也」
亥6+貝7=総画数13 U+8CCC [カイ、ガイ/] 賅赅
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「晐」「該」
◆非常な、特殊な、「奇賌(キカイ)」、同「侅」
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:咍第十六:賅】貨也」
亥6+貝4=総画数10 U+8D45 [カイ、ガイ/] 賅賌
◆隅々まで行き渡る、全体をカバーcoverする、同「晐」「該」
◆非常な、特殊な、「奇赅(キカイ)」、同「侅」
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:咍第十六:賅】貨也」
亥6+身7=総画数13 U+4839 [カイ、ガイ/むくろ] 骸䯐
◆(毛や肉がなくなって)骨だけになった死人の体、同「𡱍」
◆骨、骨格
◆体、身体
◆脛骨(ケイコツ) {人体(下肢)}
◆足の親指の毛が生えている辺りの肉、同「胲」
亥6+車7=総画数13 U+8F06 [カイ/] 𨌕
◆(道が悪く)行(ゆ)く手を阻(はば)まれるさま、身動きできないさま
𨒨亥6+辵3=総画数9 U+284A8 [カイ、ガイ/]
◆走る、「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒨】戶愛切走也」
亥6+邑3=総画数9 U+90C2 [ガイ、カイ/]
◆古地名、現河南省開封市の東から河南省商丘市の西一帯
亥6+門8=総画数14 U+95A1 [ガイ、ゲ/] 阂𨴢𨵏
◆門や扉を閉ざす
◆遮(さえぎ)る、妨(さまた)げる、阻(はば)む
亥6+門3=総画数9 U+9602 [ガイ、ゲ/] 閡𨴢𨵏
◆門や扉を閉ざす
◆遮(さえぎ)る、妨(さまた)げる、阻(はば)む
亥6+阜3=総画数9 U+9654 [カイ、ガイ/]
◆階段、段、「三陔(サンカイ、三段)」
◆積み重なったものの層、階層、階次(カイジ、階級、等級)
◆境界、境目(さかいめ)
◆辺境(ヘンキョウ)の地、最果(さいは)ての地、同「垓」
亥6+頁9=総画数15 U+9826 [カイ、ガイ/]
◆下頜(カコウ)、下巴(カハ)、口を開閉する際に上下に動く部分、日本でいう下顎(したあご)、同「頷」「顋」 {人体(頭部)}
亥6+頁6=総画数12 U+988F [カイ、ガイ/]
◆下頜(カコウ)、下巴(カハ)、口を開閉する際に上下に動く部分、日本でいう下顎(したあご)、同「頷」「顋」 {人体(頭部)}
亥6+食8=総画数14 U+4B35 [カイ/]
◆飴(あめ)
◆しゃっくり、げっぷ
◆饐(す)える、飯などの食物が傷む、同「饐」
亥6+馬10=総画数16 U+99ED [カイ、ガイ、ゲ/]
◆(不意のことに馬が)驚(おどろ)く、ぎょっとする、びっくりする、同「駴」
亥6+馬3=総画数9 U+9A87 [カイ、ガイ、ゲ/]
◆(不意のことに馬が)驚(おどろ)く、ぎょっとする、びっくりする、同「駴」
亥6+骨10=総画数16 U+9AB8 [カイ、ガイ/むくろ] 䯐䠹
◆(毛や肉がなくなって)骨だけになった死人の体、同「𡱍」
◆骨、骨格
◆体、身体
◆脛骨(ケイコツ) {人体(下肢)}
◆足の親指の毛が生えている辺りの肉、同「胲」
亠2+4=総画数6 U+4EA6 [エキ、ヤク/また] 𠅃𡗕𢂯
◆また、~もまた~、ある物事と別の同様な物事を指す語、「【論語注疏:學而】子曰學而時習之不亦說乎(《注》馬曰子者男子之通稱謂孔子也王曰時者學者以時誦習之誦習以時學無廢業所以爲說懌)[†学び、時には同じことを学び直す、(これも)また悦ばしいことではないだろうか、「說懌」は「悦ばしい、善い」の意]」
◆腋(エキ、わき)、腋の下、腕の付け根の窪(くぼ)んだところ、同「腋」
亦6+人2=総画数8 U+344A [エキ、ヤク/]
◆「食㑊」、食べる量は十分だが次第に痩せるという病気の名
亦6+又2=総画数8 U+53D8 [ヘン/か・える、か・わる] 變𠮓𦇥𣀵𢻝変𢒛𢒟𢒭㣐𢒪𢒦
◆これまでとは違ったものになる、また改まる、これまでとは違ったものにする、また改める、まだ元の様子が分かる程度の変化・全体の中の一部だけの変化を指し、全く別のものに変化するのは「化」
◆これまでと違う、いつもと違う、おかしい、またその状態、またそのような出来事
亦5+夂3=総画数8 U+5909 [ヘン/か・える、か・わる] 變𠮓𦇥𣀵𢻝变𢒛𢒟𢒭㣐𢒪𢒦
◆これまでとは違ったものになる、また改まる、これまでとは違ったものにする、また改める、まだ元の様子が分かる程度の変化・全体の中の一部だけの変化を指し、全く別のものに変化するのは「化」
◆これまでと違う、いつもと違う、おかしい、またその状態、またそのような出来事
注解:日本や韓国独自の字形、中国では使われていないようである
亦6+大3=総画数9 U+5955 [エキ、ヤク/]
◆大きい、大きいさま
◆美しいさま、容姿が美しいさま、同「僷」
◆同じことが繰り返される、また積み重なる、次へ次へと繋(つな)がって行く、同「累」
◆囲碁などの方形の盤(ボードboard)を使うゲームgame、(賭けて)囲碁を打つ、同「弈」
亦6+女3=総画数9 U+5A08 [レン/] 孌𡢛𡤣㜻𡤨
◆美しい、愛らしい
◆慕(した)う、恋い慕う
亦6+子3=総画数9 U+5B6A [レン/] 孿㝈
◆双生児、双子(ふたご)
亦6+山3=総画数9 U+5CE6 [ラン/]
◆山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
◆頂(いただき)が尖った小さな山、「【說文解字:山部:巒】山小而銳」
亦6+巾3=総画数9 U+5E1F [エキ、ヤク/]
◆上を覆うように張る幕、天幕(テンマク)、周りに垂らす幕は「帷」
亦6+廾3=総画数9 U+5F08 [エキ、ヤク/] 𢌸𢌾
◆囲碁などの方形の盤(ボードboard)を使うゲームgame、(賭けて)囲碁を打つ、同「奕」
◆「博弈(バクエキ)」◇二人で対局する囲碁などのゲームをする◇金品を賭(か)けるゲーム、賭博(トバク)
亦6+弓3=総画数9 U+5F2F [ワン、エン/]
◆弓に矢を番(つが)えて引く
◆弓なりに曲がる
亦6+心4=総画数10 U+604B [レン/こい、こい・しい、こ・う] 戀𤕈
◆思いを断ち切れないさま、「恋恋(レンレン)」「恋慕(レンボ、思い慕う気持ちを断ち切れないさま)」
◆異性に対して抱く愛情、また愛情を抱く
亦6+手4=総画数10 U+631B [レン/つ・る]
◆断ち切れずに繋(つな)がる、繋がりが断ち切れない
◆繋いで引っ張る、引っ張られる
◆つ・る、筋(すじ)が縮んで一緒に肉も縮むような感じになる、互いに繋がっていて片方を引くと一方も一緒に引っ張られる、「痙攣(ケイレン)」
𢼜亦6+攴4=総画数10 U+22F1C [シャ/ゆる・す] 赦𥘦𢼗𢽀𤆅
◆そのままにしておく、捨て置く、同「舎」
◆寛大に処遇する、同「宥」
◆過ちを見逃(みのが)す、罪を犯したことは認められるが(情状を酌んで)罪を問わない、また減免する
亦6+木4=総画数10 U+683E [ラン/] 欒𣡵
◆モクゲンジ、ムクロジ科モクゲンジ属の木、また同属の木の総称 {モクゲンジ}
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする"U"字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる、同「栱」、方形の木材は「櫨」 {建物}
◆双生児、同「孿」
亦6+水3=総画数9 U+6D02 [エキ、ヤク/]
◆液、液体、同「液」
◆姓用字
亦6+石5=総画数11 U+785B [/]
◆「跡」「迹」などと同様の意味で用いられるようであるが詳細は不明
亦6+肉6=総画数12 U+8114 [レン/] 臠𦟪𦣐
◆肉の塊を小さく切り分けたもの、細切り肉、こま切れ肉
𦮰亦6+艸3=総画数9 U+26BB0 [未詳/]
◆未詳、「【太師誠意伯劉文成公集:卷之六:海寧應氏墓菴記】…躋勿顛以𦮰以提其墓…」「【中華字海:艹部:𦮰】同"赤"」
亦6+虫6=総画数12 U+86EE [バン、メン/] 蠻𧖖
◆南方の異民族を指す語、「南蠻(ナンバン)」、東は「夷、東夷」、西は「戎、西戎」、北は「狄、北狄」
◆自国(民族)以外の国(民族)を卑(いや)しめて呼ぶ語
◆文明が開けていないさま、粗野なさま、洗練されていないさま
◆「蛮蛮(バンバン)」、伝説上の鳥名、姿はカモ(鴨)に似て一つ目で片翼、二羽が一緒になって初めて飛ぶことができるという、同「𪈿𪈿」、別名「鶼鶼(ケンケン)」「比翼鳥(ヒヨクチョウ)」、「【山海經:西山經】有鳥焉其狀如鳬而一翼一目相得乃飛名曰蠻蠻(比翼鳥也色青赤不比不能飛爾雅作鶼鶼鳥也)見則天下大水」
𧊤亦6+虫6=総画数12 U+272A4 [エキ、ヤク/]
◆「蜥𧊤(セキエキ)」、トカゲ(蜥蜴)、トカゲ亜目の爬虫類の総称、またトカゲに似た両生類の称
亦6+足7=総画数13 U+8DE1 [セキ、シャク/あと]
◆歩いた所、歩いた所に残る足の印(しるし)
◆物や出来事があった所に残る痕跡、同「迹」「蹟」
◆簡「迹」
𨀶亦6+足7=総画数13 U+28036 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:酉集:足部:𨀶】■■切音旡義闕」「【康熙字典:酉集備考:足部:𨀶】《搜眞玉鏡》同旡」
亦6+辵4=総画数10 U+8FF9 [セキ、シャク/あと] 𨒏𨒪𨖊
◆歩いた所に残る足跡、物や出来事があった所に残る痕跡、同「跡」「蹟」
◆跡を辿る
◆繁「跡」
亦6+金8=総画数14 U+92AE [ラン/]
◆天子の馬車の軛(くびき、牛馬の首に掛ける"へ"字状の馬具)に立てるように取り付ける金属製の飾り、鈴のようにな音が出るように作る、同「鸞」 {楽器(鈴)}
◆天子、天子の乗る馬車
亦6+鳥11=総画数17 U+9D49 [ラン/] 鸞鸾
◆想像上の瑞鳥(ズイチョウ、現れるとめでたいことがあるといわれる鳥)の名、「鳳凰(ホウオウ)」の別名、或いは「鳳凰(ホウオウ)」から生まれる瑞鳥とも、「【小學紺珠:卷十:五鳯】赤者鳯 黃者鵷鶵 青者鸞 紫者鸑鷟 白者鵠」「【淮南鴻烈解:墬形訓】…羽嘉生飛龍(飛龍羽嘉飛蟲之先飛龍有翼)飛龍生鳳皇鳳皇生鸞鳥鸞鳥生庶鳥…」
◆天子の馬車の軛(くびき、牛馬の首に掛ける"へ"字状の馬具)に立てるように取り付ける金属製の飾り、鈴のような音が出るように作る、同「鑾」 {楽器(鈴)}
亦6+鳥5=総画数11 U+9E3E [ラン/] 鸞鵉
◆想像上の瑞鳥(ズイチョウ、現れるとめでたいことがあるといわれる鳥)の名、「鳳凰(ホウオウ)」の別名、或いは「鳳凰(ホウオウ)」から生まれる瑞鳥とも、「【小學紺珠:卷十:五鳯】赤者鳯 黃者鵷鶵 青者鸞 紫者鸑鷟 白者鵠」「【淮南鴻烈解:墬形訓】…羽嘉生飛龍(飛龍羽嘉飛蟲之先飛龍有翼)飛龍生鳳皇鳳皇生鸞鳥鸞鳥生庶鳥…」
◆天子の馬車の軛(くびき、牛馬の首に掛ける"へ"字状の馬具)に立てるように取り付ける金属製の飾り、鈴のような音が出るように作る、同「鑾」 {楽器(鈴)}
亠2+4=総画数6 U+4EA7 [サン、セン/うぶ、う・む、う・まれる] 産產𨹞
◆子を生む
◆生まれ
◆新たに(新たなものを)生み出す、作り出す、また生み出されたもの、「生産(セイサン)」
◆土地や財物
◆音孔が三つの籥(ヤク、縦笛)、籥よりも太く短いという、同「簅」
产6+彡3=総画数9 U+5F65 [ゲン/ひこ] 彦𢒊
◆容貌や才学に秀でた人(特に男子)を指す語、美男子
产6+彡3=総画数9 U+5F66 [ゲン/ひこ] 彥𢒊
◆容貌や才学に秀でた人(特に男子)を指す語、美男子
产6+水3=総画数9 U+6D50 [サン、セン/]
◆川名、「浐水(サンスイ)」、南陵縣藍田谷(現陝西省藍田(ランデン)県)を源とする {陝西省}
◆涙が流れ出るさま
产6+生5=総画数11 U+7522 [サン、セン/うぶ、う・む、う・まれる] 産产𨹞
◆子を生む
◆生まれ
◆新たに(新たなものを)生み出す、作り出す、また生み出されたもの、「生産(セイサン)」
◆土地や財物
◆音孔が三つの籥(ヤク、縦笛)、籥よりも太く短いという、同「簅」
产6+生5=総画数11 U+7523 [サン、セン/うぶ、う・む、う・まれる] 產产𨹞
◆子を生む
◆生まれ
◆新たに(新たなものを)生み出す、作り出す、また生み出されたもの、「生産(セイサン)」
◆土地や財物
◆音孔が三つの籥(ヤク、縦笛)、籥よりも太く短いという、同「簅」
𧧑产6+言7=総画数13 U+279D1 [ゲン/]
◆傷つき悲しみ悩み苦しむ人に労(いた)わりや慰めの言葉を掛ける、遺族を訪ねて労わりや慰めの言葉を掛ける、弔問(チョウモン)する、同「諺」「唁」
◆粗野なさま、洗練されていないさま
◆「𠯘𧧑(ハンゲン)」、言葉や態度がぶっきらぼうなさま、礼を失(しっ)するようなところがあるさま、「【論語注疏:先進】柴也愚(…)參也魯(…)師也辟(…)由也喭(…)(…《注》鄭曰子路之行失於畔喭○正義曰舊注作𠯘喭字書𠯘喭失容也言子路性行剛彊常𠯘喭失於禮容也今本𠯘作畔王弼云剛猛也…)[†「由」は孔門十哲の一人「仲由」を指し、字を「子路」という]」
产6+金5=総画数11 U+94F2 [サン、セン/] 鏟𨩱𨪑𨲨𩮲
◆凸凹した石・土や木を削って平らにする、またその鉄製・金属製の道具
◆鉄製・金属製の刃を取り付けたシャベルshovel状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同「鍬」 {農具(鋤鍬類)}
𠅃亠2+4=総画数6 U+20143 [エキ、ヤク/また] 亦𡗕𢂯
◆また、~もまた~、ある物事と別の同様な物事を指す語、「【論語注疏:學而】子曰學而時習之不亦說乎(《注》馬曰子者男子之通稱謂孔子也王曰時者學者以時誦習之誦習以時學無廢業所以爲說懌)[†学び、時には同じことを学び直す、(これも)また悦ばしいことではないだろうか、「說懌」は「悦ばしい、善い」の意]」
◆腋(エキ、わき)、腋の下、腕の付け根の窪(くぼ)んだところ、同「腋」
𠅃6+十2=総画数8 U+5352 [ソツ、ソチ、シュツ/お・わる、お・える、つい・に、にわか・に] 䘚卆𠥾
◆下級の兵士、歩兵、上官に付き従い身の回りの世話をする兵
◆終わる、尽きる
◆大夫(タイフ、君主を補佐する重臣)の死、高位の人の死、同「𣨛」、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆終(つい)に、最後に
◆俄(にわか)に、急に、突然に
𣅀日部
𣱵水部
亠2+5=総画数7 U+342C [未詳/]
◆流れる、水が流れる、「【說文解字:沝部:𣹭】水行也从沝㐬㐬突忽也」「【字彙補:子集:亠部:㐬】與𫟎同見漢隷釋○又甫鳩切音𥰛集韻流也」
㐬7+手3=総画数10 U+39E7 [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 梳𣐌𣓜𤴜𣙳
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:木部:櫛】梳比之總名也(比讀若毗疏者為梳密者為比)」
◆櫛で髪の毛を整える
㐬7+方4=総画数11 U+65C8 [リュウ、ル/]
◆旗の縁(ふち)に付けた房状の飾り、旗脚(はたあし)、吹流し(ふきながし)、「風を受けて水が流れるようにはためく」の意
◆組紐に幾つかの珠(たま)を通し冕(ベン、正装用の冠)の前後に垂らす飾り、何本かの「旒」を垂らしたものの総称を「璪(ソウ)」「玉藻(ギョクソウ)」という {服飾(冕冠)}
㐬7+木4=総画数11 U+68B3 [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 𣐌𣓜𤴜𣙳㧧
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:木部:櫛】梳比之總名也(比讀若毗疏者為梳密者為比)」
◆櫛で髪の毛を整える
㐬7+毛4=総画数11 U+3C99 [ソ、ショ/]
◆毛織の敷物、絨毯(ジュウタン)の類、「【龍龕手鑑:卷一:毛部第二十二:𣰎㲙𣭴𣭵㲣毺】六俗毹正霜俱反氍毹也」「【字彙:辰集:毛部:㲙】所葅音蔬毛席」
◆未詳、「【寶刻叢編:卷十八:唐{⿰毛貝}㲙驛記】」
㐬7+水3=総画数10 U+6D41 [リュウ、ル/なが・れる] 流㳅𣳛𣴑𣹭𣹳𣻤𡵰
◆水などの液体やそこに浮かんだもの・水中にあるものが淀まずに移動する
◆罰として遠くへ移動させる
◆(川の流れのように)淀まずに伝わって行く
◆分かれて逸(そ)れる
◆本筋から枝分かれしたもの(「派」)が途切れずに繋がって行く
◆大本(おおもと)からどのように枝分かれしたかを示す系統
◆所属する派(ハ、本流から枝分かれした流れ)、階層や等級
㐬7+水3=総画数10 U+F9CA [リュウ、ル/なが・れる] 流㳅𣳛𣴑𣹭𣹳𣻤𡵰
◆水などの液体やそこに浮かんだもの・水中にあるものが淀まずに移動する
◆罰として遠くへ移動させる
◆(川の流れのように)淀まずに伝わって行く
◆分かれて逸(そ)れる
◆本筋から枝分かれしたもの(「派」)が途切れずに繋がって行く
◆大本(おおもと)からどのように枝分かれしたかを示す系統
◆所属する派(ハ、本流から枝分かれした流れ)、階層や等級
㐬7+玉4=総画数11 U+7409 [リュウ、ル/] 𤤭
◆「琉璃(ルリ)」、同「瑠璃」、濃く深みのある紺色の宝石の名
◆「琉球(リュウキュウ)」◇古国名、「琉球国」と称した◇「琉球諸島(沖縄県)」の別称
㐬7+疋5=総画数12 U+758F [ソ、ショ/] 䟽𨘖
◆塞(ふさ)がっているところに隙間を作って流れをよくする、間(あいだ)を空けて通りをよくする
◆(通じやすいように)箇条に分けて述べた文書、分かりやすい注釈・解説
注解:本字は「疎」と同音同義字だが「隙間がある」の意では「疎」を、「間が空いて流れがよい」の意では「疏」を用いることが多い
𥆨㐬7+目5=総画数12 U+251A8 [ボウ、ム/] 䀮𥆆𥉂𥆰𥇫𥇀𥆈
◆目が眩(くら)む、目が眩んで目の前がぼんやりする
◆目が見えない、またその人、同「矇」
㐬7+石5=総画数12 U+786B [リュウ、ル/]
◆ 「硫黄(リュウオウ、イオウ、Sulfur、S)」、元素名 {硫黄}
㐬7+石5=総画数12 U+F9CE [リュウ、ル/]
◆ 「硫黄(リュウオウ、イオウ、Sulfur、S)」、元素名 {硫黄}
𥹷㐬7+米6=総画数13 U+25E77 [リュウ、ル/]
◆「粰𥹷(フウリュウ)」、米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物、同「饊」
𦀠㐬7+糸6=総画数13 U+26020 [リュウ、ル/]
◆旗の縁(ふち)に付けた房状の飾り、動きがなければ垂れているが動いたり風を受けたりすれば水が流れるように揺らめく」の意、同「旒」
㐬7+舟6=総画数13 U+8248 [未詳/]
◆未詳
㐬7+虫6=総画数13 U+45BB [ユウ、ユ/]
◆蛇の毒
◆「蜉䖻(フユウ)」、同「蜉蝣(フユウ、カゲロウ)」
㐬7+衣5=総画数12 U+88D7 [リュウ、ル/]
◆婦人の衣服の前衿(まええり)の装飾、同「䘽」、「【爾雅注疏:釋器】衣裗謂之䘽(《注》衣褸也齊人謂之攣或曰袿衣之飾)」「【輶軒使者絕代語釋別國方言:四】褸謂之袩(即衣衽也)(案爾雅衣裗謂之䘽郭注云衣縷也疏云方言縷謂之衽又謂之袩彼注云即衣衿也縷與褸衿與襟字本通用)」
𧨆㐬7+言7=総画数14 U+27A06 [ブ、ム、コウ/]
◆騙そうとして無かったことを有(あ)ったかのように言う、人を陥(おとしい)れようとして事実ではないこと言い加える、同「誣」
◆寝言(ねごと)、つじつまの合わない話、戯言(たわごと)、同「詤」
㐬7+足7=総画数14 U+47FD [ソ、ショ/] 疏𨘖
◆塞(ふさ)がっているところに隙間を作って流れをよくする、間(あいだ)を空けて通りをよくする
◆(通じやすいように)箇条に分けて述べた文書、分かりやすい注釈・解説
注解:本字は「疎」と同音同義字だが「隙間がある」の意では「疎」を、「間が空いて流れがよい」の意では「疏」を用いることが多い
㐬7+酉7=総画数14 U+917C [カイ/]
◆味噌や醤油に似た調味料、同「醢」
㐬7+金8=総画数15 U+92F6 [リュウ、ル/]
◆スルホニウムsulfonium
㐬7+金5=総画数12 U+950D [リュウ、ル/]
◆スルホニウムsulfonium
㐬7+魚11=総画数18 U+9BCD [ボウ、モウ/] 䲛𩶡𩶶
◆「䱍鯍」、チョウザメ(蝶鮫)などのサメ類
㐬7+鹿11=総画数18 U+9E8D [リュウ、ル/]
◆シカ(鹿)の類
亠2+5=総画数7 U+4EA8 [コウ、キョウ、ホウ、ヒョウ/]
◆通じる、滞(とどこお)りなく通じる
◆煮る、同「烹」
亨7+口3=総画数10 U+54FC [コウ、キョウ/]
◆鼻から音を出す、鼻で「ふん」というような音を発する、鼻で歌う
◆「嗆哼(ショウコウ)」、愚かで臆病なさま
◆「哼唷(コウヨ、ハンヨゥ)」、「えぃ」「よいしょ」などの力を入れる時の掛け声
亨7+心3=総画数10 U+6099 [コウ、キョウ/]
◆「憉悙(ホウコウ)」、自らを堅く信じる、揺るぎない自信を持つ、自らを誇りに思う、自負する、「矜持、矜恃(キョウジ)」「自矜(ジキョウ)」、「【毛詩稽古編:蕩之什上:蕩】憉悙注云自彊也意皆同鄭」「【廣韻:下平聲:庚第十二:脝:悙】憉悙自強」「【集韻:卷四:平聲四:庚第十二:悙】憉悙自矜健皃」
◆「倀悙、䛫惇(チョウコウ)」、軽(かる)はずみなさま、大雑把(おおざっぱ)なさま
亨7+月(肉)4=総画数11 U+811D [コウ、キョウ/]
◆「膨脝(ボウコウ)」、腹が膨れるさま
亨7+木4=総画数11 U+6888 [ホウ、ヒョウ/]
◆木製の弩(ド、機械仕掛けの大型の弓)
亨7+水3=総画数10 U+6DA5 [コウ、キョウ/]
◆人名用字
亨7+火4=総画数11 U+70F9 [ホウ、ヒョウ/] 𨢶
◆(食材を)煮る、(茶などを)煮出す
◆油で炒(いた)めた食材に味を調えさっと掻(か)き混ぜる調理法
◆「烹飪(ホウジン)」、食材に火を通し調理する
𤈽亨7+火4=総画数11 U+2423D [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:火部:𤈽】同"烹"」
𨠺亨7+酉7=総画数14 U+2883A [未詳/]
◆未詳
亠2+5=総画数7 U+4EA9 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔𠭇㽗畮畞𤱑
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
𠭇亩7+又2=総画数9 U+20B47 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
廾部
𠑽儿部
𣫭毋部
亠2+6=総画数8 U+342D [リン/] 𢈺
◆米などの穀物を収蔵する円形の倉庫、方形は「倉」、同「廩」
㐭8+口3=総画数11 U+555A [ヒ、ト、ズ/] 𠴿
◆収穫した穀物を(円形の)倉(くら)に収(おさ)める、またその倉、同「嗇」
𢈺㐭8+广3=総画数11 U+2223A [リン/]
◆米などの穀物を収蔵する円形の倉庫、方形は「倉」、同「廩」
㐭8+示5=総画数13 U+7980 [ヒン、リン/]
◆役人が(給与として)穀物を賜(たまわ)る、役人に支給される穀物(扶持米フチマイ)、「稟給(ヒンキュウ)」「稟食(ヒンショク)」
◆授(さず)かる、受ける、「天禀(テンビン、天から授かったもの)」「禀命、稟令(ヒンメイ、ヒンレイ、命を受けること)」
◆目上の人に告(つ)げる、伝える、知らせる、「稟告(ヒンコク)」
◆[日]米蔵(こめぐら)、同「廩」
㐭8+禾5=総画数13 U+7A1F [ヒン、リン/]
◆役人が(給与として)穀物を賜(たまわ)る、役人に支給される穀物(扶持米フチマイ)、「稟給(ヒンキュウ)」「稟食(ヒンショク)」
◆授(さず)かる、受ける、「天禀(テンビン、天から授かったもの)」「禀命、稟令(ヒンメイ、ヒンレイ、命を受けること)」
◆目上の人に告(つ)げる、伝える、知らせる、「稟告(ヒンコク)」
◆[日]米蔵(こめぐら)、同「廩」
亠2+6=総画数8 U+4EAB [キョウ、コウ/う・ける] 亯𠅷𠅖𠆀𠅠
◆(神や目上の人から)授かる、受ける、素直に受け入れる
◆(神に供物を)奉(ささ)げる、(目上の人に馳走を)差し上げる、心からもてなす
𠩭享8+厂2=総画数10 U+20A6D [未詳/]
◆未詳、「【集韻:巻二:平聲二:十八:淳𠩭𤂸】漬也或作𠩭古作𧭺」
享8+口3=総画数11 U+554D [シュン、トン、ドン、タイ/] 𡃥
◆重々しいさま
◆「啍啍(シュンシュン)」、ゆっくりと丁寧(テイネイ)に話すさま、同「諄諄(ジュンジュン)」
◆「啍啍(トントン)」、ゆったりとして重々しいさま、大きな車がゆっくりと進むさま、またその音
◆戯言(たわごと)、冗談
享8+土3=総画数11 U+57FB [シュン/] 𡓑𡓣
◆弓の的(まと)、弓の的を置く(或いは弓の的とする)盛り土(もりつち)、安土(あずち)
◆「埻端(シュンタン)」、古国名、崑崙(コンロン、現中国西部にあったとされる山、崑崙虛、崑崙山、崑崙丘)の東南の砂漠にあったという、「【山海經:海內東經】國在流沙中者埻端(音敦)璽㬇(音喚或作繭㬉)在崑崙墟東南一曰海內之郡不為郡縣在流沙中」「【玉篇:卷二:土部第九:{⿰土𩫖}】古獲切{⿰土𩫖}端國名」「【集韻:卷十:入聲下:陌第二十:𡓣埻】𡓣端國名隷作埻」
享8+山3=総画数11 U+5D1E [カク/] 䧐𡾘
◆「崞山」、山名、山西省
享8+弓3=総画数11 U+5F34 [チョウ/]
◆模様を彫り込んだ弓、天子の弓
享8+心3=総画数11 U+60C7 [トン、シュン、ジュン/] 㥫𢤈
◆誠実で心がこもっているさま、手厚いさま
享8+手3=総画数11 U+3A03 [キョウ/]
◆棒で撞く
享8+攴4=総画数12 U+6566 [トン、タイ/] 𣀦
◆手厚い、誠実で心がこもっている、同「㪟」
◆強く促(うなが)す、急き立てる
◆食物を盛る半球状の器、半球状の蓋(ふた)と合わせるとほぼ球形になる、主に祭礼の際に収穫したキビ(黍、イネ科キビ属の植物)などの穀物を盛る容器として使われた {食器}
◆「敦煌(トンコウ)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現甘粛省敦煌市付近 {甘粛省}
享8+月4=総画数12 U+671C [トン/] 㬿
◆月の光
享8+木4=総画数12 U+6901 [カク/] 槨𣠐
◆棺(ひつぎ)を納めるための木製の外箱、外棺、石製は「𥕖」
享8+水3=総画数11 U+6DF3 [シュン、ジュン/] 𤂸𣹾湻
◆(濾されて滲み出てきた水のように)雑(まじ)り気がないさま、豊かで深みがあるさま、同「醇」
◆自然のままで飾り気がないさま、純朴なさま
◆純真で誠実なさま、篤実(とくじつ)なさま
享8+火4=総画数12 U+711E [トン、シュン、ジュン/] 𤑴
◆明るい、火が赤々と燃えるさま
◆吉凶を占うために亀の甲を焼く(亀卜、きぼく)ための火
◆「焞焞」、弱い光が輝くさま、盛大なさま
享8+牛4=総画数12 U+7289 [シュン、ジュン/] 𤜃
◆唇の周りが黒く体が黄色の牛
◆七尺あるという大きな牛
𤭞享8+瓦5=総画数13 U+24B5E [トン/] 𤮩
◆甌瓿(オウホウ、首は細く口が広がり胴が膨らんだ容器、瓶或いは甕の比較的小さいもの)に似た容器、「【廣韻:上平聲:魂第二十三:敦:𤭞】器似甌瓿」
𥇜享8+目5=総画数13 U+251DC [シュン/] 𥌲
◆目が虚ろなさま
◆目を見張るさま
享8+禾5=総画数13 U+7A15 [シュン/] 𥤁
◆穀物の藁を束ねたもの
◆「草稕」、酒屋の店先に掲げて目印とした藁を編んだもの
享8+立5=総画数13 U+41CF [タイ、ツイ/]
◆樹木の果実が垂れ下がるさま
◆「磊䇏(ライタイ)」◇石が積み重なり合っているさま◇無造作なさま、乱雑なさま、「【通雅:卷四十九】呉方言有之凡事物煩積而無條理曰磊䇏」
享8+糸6=総画数14 U+7DA7 [シュン/]
◆布の幅
◆長さの規準・標準、「【管子:卷十:君臣上】…丈尺一綧制(…綧古准字准節律度量也謂丈尺各有准限也)」
享8+虫6=総画数14 U+8733 [トン/]
◆「螴蜳」、不安なさま、不安定なさま
享8+言7=総画数15 U+8AC4 [シュン、ジュン/] 谆𧩽𧭫𧭺
◆丁寧(テイネイ)に詳しく教え諭(さと)す
◆丁寧なさま、懇(ねんご)ろなさま、懇切なさま
享8+言2=総画数10 U+8C06 [シュン、ジュン/] 諄𧩽𧭫𧭺
◆丁寧(テイネイ)に詳しく教え諭(さと)す
◆丁寧なさま、懇(ねんご)ろなさま、懇切なさま
享8+邑3=総画数11 U+90ED [カク/くるわ] 墎𨞥𨟍𩫩𩫏𩫖𨽏
◆(日本の城下町に当たる)都市を二重に囲む高い壁のうちの外側の壁、外城(ガイジョウ)、またその壁で囲まれた市街、同「廓」「郛」、内側の壁を「城」という
◆壁や塀などで周りが囲まれているところ、同「廓」
◆中心から外方向に広げる、同「拡」
◆「郭公(カッコウ)」、カッコウ科カッコウ属の鳥、別名「大杜鵑(タイトケン)」「布穀鳥(フコクチョウ、ふふどり)」「鳲鳩(シキュウ)」「鴶鵴(カツキク)」「擊穀(ゲキコク)」「桑鳩(ソウキュウ)」
享8+酉7=総画数15 U+9187 [シュン、ジュン/] 醕𨣳𨣶䣩䣨
◆水で薄めていない酒、濃厚な酒
◆雑(まじ)り気がなく豊かで深みがあるさま、またその酒
享8+金8=総画数16 U+931E [タイ、ダイ、シュン、ジュン/] 𨯢
◆石突(いしづき)の一種、戟(ゲキ)や槍(やり)の柄(え)の端に被(かぶ)せる筒形で底が平らなキャップcap、同「鐓」 {刀剣槍}
◆「錞釪、錞于(ジュンウ)」、壺を逆さまにしたような形の青銅製の楽器で、上部は膨らみ吊り紐を付ける取っ手を兼ねた飾りが付く、鐘(ショウ、かね)のように吊るし叩いて鳴らすが、下部が広がる「鐘」に対し「錞」は上部が膨らんでいる
享8+阜3=総画数11 U+49D0 [カク/] 崞𡾘
◆「䧐山」、山名、山西省
𨿡享8+隹8=総画数16 U+28FE1 [シュン、ジュン/うずら] 鶉鹑𪆾𪂎𩁛㝇
◆ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雄を「鶛」、雌を「痺」
◆「𨿡火(ジュンカ)」、獅子宮(シシキュウ)、黄道十二宮の第五
享8+革9=総画数17 U+979F [カク/] 鞹𩎏
◆毛を取り去った動物の革
享8+韋9=総画数17 U+97D5 [未詳/]
◆未詳、「【管子:卷十三:白心第三十八】韕乎其圜也(韕復貌謂遇圎則為圜也)韕韕乎莫得其門(雖復圎轉終不見其門也)」
享8+魚11=総画数19 U+9BD9 [シュン、ジュン/]
◆ウツボ(鱓)、ウツボ科ウツボ属の魚の総称
◆「蝮鯙(フクシュン)」、ウツボ科アラシウツボ属の魚の総称、別名「蛇鱔(シャセン)」
◆「尾鯙(ビシュン)」、ウツボ科キカイウツボ属の魚の総称、別名「尾鱔(ビセン)」
享8+鳥11=総画数19 U+9D89 [シュン、ジュン/うずら] 鹑𪆾𪂎𨿡𩁛㝇
◆ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雄を「鶛」、雌を「痺」
◆「鶉火(ジュンカ)」、獅子宮(シシキュウ)、黄道十二宮の第五
享8+鳥5=総画数13 U+9E51 [シュン、ジュン/うずら] 鶉𪆾𪂎𨿡𩁛㝇
◆ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雄を「鶛」、雌を「痺」
◆「鹑火(ジュンカ)」、獅子宮(シシキュウ)、黄道十二宮の第五
𪂎享8+鳥11=総画数19 U+2A08E [シュン、ジュン/うずら] 鶉鹑𪆾𨿡𩁛㝇
◆ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雄を「鶛」、雌を「痺」
◆「𪂎火(ジュンカ)」、獅子宮(シシキュウ)、黄道十二宮の第五
享8+黃12=総画数20 U+4D4D [トン/] 𪏆
◆黄色
◆鲁哀公(前494年~前468年在位)の子の名、別名「孺子𪏆」
𪏆享8+黃12=総画数20 U+2A3C6 [トン/]
◆黄色
◆鲁哀公(前494年~前468年在位)の子の名、別名「孺子𪏆」
亠2+6=総画数8 U+4EAC [ケイ、キョウ/みやこ] 𢂋𡬱𦣿
◆高台(たかだい)、小高い丘
◆(多く高台に宮城があったことから)首都、王宮や中央政府の所在地、都(みやこ)、同「亰」
◆一兆の一万倍 {数字}、古くは千万(一万の千倍で「下数」と呼ばれる十進法での数) {数字}
京8+人2=総画数10 U+501E [ケイ、ギョウ、リョウ、ロウ/]
◆強い、力が強い、屈強な、同「勍」「彊」
◆(つてを頼って)捜(さが)し求める、同「索」
京8+冫2=総画数10 U+51C9 [リョウ/すず・しい、すず・む]
◆ひんやりする、気温が低い、やや冷たい、やや寒い
◆もの寂(さび)しい
◆対応が冷たい、情(ジョウ)が薄い、思い遣(や)りが欠ける
◆五胡十六国時代の国名、中国西北部を領した「前涼(320年~376年)」「後涼(386年~403年)」「西涼(400年~421年)」「北涼(397年~439年)」「南涼(397年~414年)」があった{晋(東晋)代}
京8+刀2=総画数10 U+5260 [ケイ、ギョウ/]
◆墨刑(ボッケイ)、罪人の顔に罰を受けたことを示す印を彫り込む刑、同「黥」
◆奪う、奪い取る、同「㔀」
京8+力2=総画数10 U+52CD [ケイ、ギョウ/] 𠡽
◆強い、力が強い、屈強な、同「倞」「彊」
京8+女3=総画数11 U+5A5B [ケイ、キョウ/]
◆女性名用字
𡬱京8+寸3=総画数11 U+21B31 [ケイ、キョウ/みやこ] 京𢂋𦣿
◆高台(たかだい)、小高い丘
◆(多く高台に宮城があったことから)首都、王宮や中央政府の所在地、都(みやこ)、同「亰」
◆一兆の一万倍 {数字}、古くは千万(一万の千倍で「下数」と呼ばれる十進法での数) {数字}
京9+尢3=総画数12 U+5C31 [シュウ、ジュ/つ・く、つ・いて] 𡯶𡰔𡰜𡰗
◆つ・く、近くまで行く、近くに付いて従う
◆物事に取り掛かるための位置につく、「就任」「就職」「就寝」など
◆成る、成し遂げる
◆[日]つ・いて、~に関して、即ち
𢈴京8+广3=総画数11 U+22234 [ケイ、キョウ/]
◆大きな方形の倉
京8+弓3=総画数11 U+5F36 [キョウ、ゴウ/] 𢐻摾
◆鳥獣が通る道に網を仕掛ける、またその仕掛け、[†「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:弶摾】其亮切字林施罟於道一曰以弓罥鳥獸或作摾」とある、「罥」を参照]
◆弓や網で鳥獣を捕(とら)える、同「𢐷」
京8+心3=総画数11 U+60CA [リョウ/]
◆残念で心が痛む、悲しむ、同「悢」
◆驚く、不意のことにぎょっとする、びっくりする、同繁「驚」
◆怖(おじ)ける、畏(おそ)れる
京8+手3=総画数11 U+63A0 [リャク、ラク/かす・める、かす・れる] 𢱊
◆さっと触れて一瞬に通り過ぎる
◆さっと払(はら)う、さっと撫(な)でる
◆鞭(むち)打つ、鞭で叩(たた)く、同「拷」
◆さっと奪い取る、同「略」
◆永字八法の一つ、右上から左下にはらう書き方、現代中国では「彎」 {永字八法}
𣄴京8+无4=総画数12 U+23134 [リョウ/] 𣄵𣄶𣄷𠅽𡮎
◆薄情な言葉、心無い言葉、「【說文解字:旡部:𣄴】事有不善言𣄴也爾雅𣄴薄也」
𣄵京8+无4=総画数12 U+23135 [リョウ/] 𣄴𣄶𣄷𠅽𡮎
◆薄情な言葉、心無い言葉、「【說文解字:旡部:𣄴】事有不善言𣄴也爾雅𣄴薄也」
京8+日4=総画数12 U+666F [ケイ、キョウ、エイ、ヨウ/かげ]
◆光(ひかり)、光が当たることでできる影、光と影
◆光と影があることで見える姿形(すがたかたち)や様子(ようす)・状態、「景色(ケイショク、けしき)」「風景(フウケイ)」
◆大きいさま、立派なさま、尊(とうと)いさま、「景福(ケイフク、大きな幸い)」「景行(ケイコウ◇立派な行為◇尊び仰あおぐ)」「景仰(ケイギョウ、尊び仰あおぐ)」
京8+日4=総画数12 U+667E [リョウ/]
◆日光や風に当てる、日光や風に当てて乾(かわ)かす、「晾晒(リョウサイ)」
京8+木4=総画数12 U+690B [リョウ、ロウ/むく]
◆ミズキ(水木、ミズキ科ミズキ属の木)の類、未詳、「【玉篇:卷十二:木部第一百五十七:棶】力才切椋也」「【農政全書:卷五十四:木部:椋子樹】本草有椋子木舊不載所出州土今密縣山野中亦有之其樹有大者木則堅重材堪爲車輞初生作科條狀類荊條對生枝叉葉似柿葉而薄小兩葉相當對生開白花結子細圓如牛李子大如豌豆生青熟黒味甘鹹性平無毒葉味苦」
◆「椋鳥(ムクドリ)」、ムクドリ科の鳥の称
◆[日]ムク(椋)、ムクノキ(椋木)、アサ科ムクノキ属の木 {ムクノキ}
𣨣京8+歹4=総画数12 U+23A23 [キョウ、コウ/]
◆倒れる、斃(たお)れる、死ぬ、同「僵」「殭」
京8+水3=総画数11 U+6DBC [リョウ/すず・しい、すず・む]
◆ひんやりする、気温が低い、やや冷たい、やや寒い
◆もの寂(さび)しい
◆対応が冷たい、情(ジョウ)が薄い、思い遣(や)りが欠ける
◆五胡十六国時代の国名、中国西北部を領した「前涼(320年~376年)」「後涼(386年~403年)」「西涼(400年~421年)」「北涼(397年~439年)」「南涼(397年~414年)」があった{晋(東晋)代}
京8+犬3=総画数11 U+7304 [ケイ、キョウ/]
◆「黄猄」、小形のシカ(鹿)の一種
京8+玉4=総画数12 U+743C [ケイ、ギョウ/] 瓊𤪞
◆美しい玉(ギョク、宝石)、同「瓗」「璚」「𤦱」
◆美しいさま、美しく光り輝くさま
◆「琼州(ケイシュウ)」、古地名、現海南省海口(カイコウ)市付近 {海南省}
京8+目5=総画数13 U+4041 [リョウ、ロウ/] 𥈘
◆斜視、両眼の視線が見ようとしている方に向かない症状、同「䀶」「㾗」「𥇉」
京8+禾5=総画数13 U+7A24 [リャク、ラク/]
◆掠(かす)める、さっと触れて一瞬に通り過ぎる、同「掠」、「【夜譚隨錄:卷三:董如彪(テキスト版)】歷數稥稤,卒至一破廟前,有夜叉甚伙,皆拱立廟側。」
京8+糸6=総画数14 U+7DA1 [リョウ、ロウ/]
◆冠を被る時に髪を包むようにして巻くための黒く長い絹布、同「纚」
京8+羽6=総画数14 U+7FDE [キョウ、コウ/]
◆「翞翞」、カササギ(鵲)が飛んで行くさま
𧌬京8+虫6=総画数14 U+2732C [リャク、ラク/] 𧎾𧐑
◆「蟝𧌬(キョリャク)」、同「螶𧐋」、カゲロウ(蜉蝣)、カゲロウ目の昆虫の総称
𧤀京8+角7=総画数15 U+27900 [ソウ、ショウ、ジョウ/] 䚘𧢴𧤚
◆動物の角(つの)が長いさま
京8+言7=総画数15 U+8AD2 [リョウ、ロウ/まこと]
◆真実(シンジツ)、誠(まこと)
◆確かなさま、嘘偽り(うそいつわり)がないさま
◆信じる、確かであるとして受け入れる
◆「諒闇、諒陰(リョウアン)」、喪中(モチュウ)に起居(キキョ)する部屋、また喪に服(ふく)すこと
京8+言2=総画数10 U+8C05 [リョウ、ロウ/まこと]
◆真実(シンジツ)、誠(まこと)
◆確かなさま、嘘偽り(うそいつわり)がないさま
◆信じる、確かであるとして受け入れる
◆「谅闇、谅阴(リョウアン)」、喪中(モチュウ)に起居(キキョ)する部屋、また喪に服(ふく)すこと
京8+車7=総画数15 U+8F2C [リョウ、ロウ/]
◆「轀輬(オンリョウ)」、横になって休めるように作った車、窓が開閉できるように作り、閉めれば「温かく」開ければ「涼しい」ことから「轀輬」となったという、後に、棺(ひつぎ)を載せる車
京8+車4=総画数12 U+8F8C [リョウ、ロウ/]
◆「辒辌(オンリョウ)」、横になって休めるように作った車、窓が開閉できるように作り、閉めれば「温かく」開ければ「涼しい」ことから「轀輬」となったという、後に、棺(ひつぎ)を載せる車
京8+酉7=総画数15 U+48FC [リョウ/]
◆天子の食事の際に出される六種の飲み物の一つ、「六飲(リクイン)」と呼ばれ水・漿(ショウ)・醴(レイ)・䣼(リョウ)・𨢒(イ)・酏(イ)で、漿人(ショウジン、水や飲み物を管掌する人、またその官職名)が担当した、水以外はいずれもスープsoupの類だが未詳、「【周禮注疏:天官冢宰】漿人掌共王之六飲水漿醴涼醫酏入于酒府(王之六飲亦酒正當奉之醴醴淸也鄭司農云涼以水和酒也玄謂涼今寒粥若糗飯雜水也酒正不辨水涼者無厚薄之齊…)」「【周禮詳解:卷六】漿人掌共王之六飲…(…有酒人又有漿人者酒與漿之造釀異法故異職…漿人之為六飲則異於此大槩煮酏而為之故分為二職也…」
京8+金8=総画数16 U+9344 [リョウ/] 𨱉
◆打楽器の一種、未詳
𨱉京8+金5=総画数13 U+28C49 [リョウ/]
◆打楽器の一種、未詳
京8+魚11=総画数19 U+9BE8 [ケイ、ギョウ、ゲイ/くじら] 䲔𩼃鲸
◆クジラ(鯨)、クジラ目の水棲哺乳動物の総称、特に雄を指す、雌は「鯢」
京8+魚8=総画数16 U+9CB8 [ケイ、ギョウ、ゲイ/くじら] 鯨䲔𩼃
◆クジラ(鯨)、クジラ目の水棲哺乳動物の総称、特に雄を指す、雌は「鯢」
京8+鳥11=総画数19 U+9D81 [ケイ、キョウ/]
◆「羌鶁」、南方の鳥名
京8+鹿11=総画数19 U+9E96 [ケイ、キョウ/]
◆シカ(鹿)よりも小形で黒いシカ
京8+黑12=総画数20 U+9EE5 [ゲイ、ケイ、ギョウ/] 䵞𪐛
◆墨刑(ボッケイ)、罪人の顔に罰を受けたことを示す印を彫り込む刑、同「剠」
十部
夕部
月(肉)部
𢂋巾部
夂部
亠2+7=総画数9 U+4EAD [テイ、ジョウ、チン/] 𠅘
◆秦代(前221年~前207年)・漢代(前202年~220年)に置かれた駅(エキ、日本でいう宿場しゅくば)、宿駅(シュクエキ)、十里ごとに「亭」を置き、十亭ごとに「鄕」を置いた
◆停(とど)まる、同「停」
◆屋根と柱だけで壁がない休息用の小さな建物、東屋(あずまや)、休憩所
亭9+人2=総画数11 U+505C [テイ、ジョウ、チョウ/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める]
◆連続・継続する動きや流れ(道程・工程・時間・年月など)の途中で一旦(イッタン、少しの間、一時的に)同じ場所や状態に留(とど)まる、同「亭」
◆止(とど)まる、止(と)まる
亭9+女3=総画数12 U+5A77 [テイ、ジョウ/]
◆「娉婷」、淑やかで美しいさま
亭9+山3=総画数12 U+5D49 [テイ、ジョウ/]
◆「嵉山(テイザン)」、山名、山西省 {山西省}
亭9+手3=総画数12 U+63E8 [トウ、ジョウ/]
◆突く、撞く
𢾊亭9+攴4=総画数13 U+22F8A [トウ、ジョウ/] 𢾛𢿧𣪿𣪼㲂
◆撞(つ)く、突く
𢾛亭9+攴4=総画数13 U+22F9B [トウ、ジョウ/] 𢾊𢿧𣪿𣪼㲂
◆撞(つ)く、突く
亭9+木4=総画数13 U+695F [テイ、ジョウ/]
◆マメナシ(豆梨、バラ科ナシ属)の類、或いは野生のナシ(梨)
亭9+水3=総画数12 U+6E1F [テイ、ジョウ/]
◆水が留(とど)まったまま流れない、流れずに溜(た)まる
◆停(と)まる、留(とど)まる、同「停」
亭9+目5=総画数14 U+404E [トウ、ジョウ/]
◆瞠(みは)る、直視する、視線を逸(そ)らさずに見る、目を見開きしっかりと見る、同「瞠」
◆目脂(めやに)
亭9+石5=総画数14 U+78A0 [テイ、チョウ/]
◆石造りの東屋(あずまや、屋根と柱だけで壁がない小さな建物)
◆船が流されないように綱で繋ぎ水底に沈める石製の重り、同「矴(碇)」、「【龍龕手鑑:卷四:石部第九:碠碇磸】三俗矴正丁定反石矴也」
𦂃亭9+糸6=総画数15 U+26083 [テイ、チョウ/]
◆綬(ジュ)、官位を表す色糸で編んだ組紐(くみひも)
亭9+耳6=総画数15 U+8064 [テイ、ジョウ/]
◆耳垂(みみだ)れ、耳の中で炎症が起きて膿が出る病気
亭9+艸3=総画数12 U+8476 [テイ、ジョウ/]
◆「葶藶(テイレキ)」、イヌナズナ(犬薺)、アブラナ科の草、種を生薬として用いる {イヌナズナ}
亭9+虫6=総画数15 U+874F [テイ、ジョウ/]
◆「蜻蝏」、トンボ(蜻蛉)
◆「䗒蝏」、マテガイ(馬蛤貝)また細長い二枚貝の一種
亭9+言7=総画数16 U+8AEA [テイ/]
◆「調諪(チョウテイ)」、同「調停」
𩐴亭9+音9=総画数18 U+29434 [テイ、ジョウ/]
◆未詳、「【字彙補:戌集:音部:𩐴】同寧切音亭義未詳」
亠2+7=総画数9 U+4EAE [リョウ、ロウ/すけ] 𠅙
◆明るい、明るく澄んでいる、はっきりしている、明瞭なさま
◆[日]すけ、律令制の官位名
亮9+口3=総画数12 U+55A8 [リョウ、ロウ/]
◆声や音が響き渡るさま、またそのような声や音
◆泣き尽くして声が嗄(か)れるさま、同「哴」
𢝋亮9+心3=総画数12 U+2274B [リョウ、ロウ/]
◆(思い通りにならず)残念に思う、残念で心が痛む、同「悢」、「【龍龕手鑑:卷一:心部第四:𢝋】音亮憀𢝋也」「【正字通:卯集上:心部:𢝋】同悢从悢為正」
亮9+水3=総画数12 U+6E78 [リョウ/]
◆水が勢いよく流れるさま
亮9+火4=総画数13 U+7177 [カ、リョウ/]
◆同「火」、太平天国(1851年~1864年)が定めた漢字の一つ
亠2+7=総画数9 U+4EAF [キョウ、コウ/う・ける] 享𠅷𠅖𠆀𠅠
◆(神や目上の人から)授かる、受ける、素直に受け入れる
◆(神に供物を)奉(ささ)げる、(目上の人に馳走を)差し上げる、心からもてなす
亯9+心3=総画数12 U+396B [トン、シュン、ジュン/] 惇𢤈
◆誠実で心がこもっているさま、手厚いさま
亯9+攴4=総画数13 U+3A9F [トン、タイ/]
◆手厚い、誠実で心がこもっている、同「敦」、「【范太史集:卷三十二:皇帝回大遼賀正旦書】…永惟㪟睦苐切感悰…」「【弔伐錄:錄上:宋主遣報謝使副回書】…大軍南來自抵京邑㪟講舊好許約盟…」「【字彙補:卯集拾遺:攴部補字:㪟】與敦同見後漢書〇案亯乃古享字故敦醇諸字亦有从亯寫者」
亯9+水3=総画数12 U+6E7B [シュン、ジュン/] 淳𤂸𣹾
◆(濾されて滲み出てきた水のように)雑(まじ)り気がないさま、豊かで深みがあるさま、同「醇」
◆自然のままで飾り気がないさま、純朴なさま
◆純真で誠実なさま、篤実(とくじつ)なさま
亯9+竹6=総画数15 U+421E [トク/]
◆厚いさま、厚みがあるさま、手厚いさま、心が籠(こ)もっているさま、情けが深いさま、同「篤」、「【字彙:未集:竹部:䈞】冬毒切音篤厚也六書正譌从亯竹聲燕亯厚之道也會意俗用篤」
𦎧亯9+羊7=総画数16 U+263A7 [シュン、ジュン/] 𦎫𠆆
◆とろ火でじっくりと煮込む、柔らかくなるまで煮込む
𦎫亯9+羊6=総画数15 U+263AB [シュン、ジュン/] 𦎧𠆆
◆とろ火でじっくりと煮込む、柔らかくなるまで煮込む
𦤘亯9+自6=総画数15 U+26918 [ヨウ、ユウ/] 𠆒
◆良いものを選び用いる、同「庸」、「【說文解字:亯部:𦤘】用也从亯从自自知臭香所食也」
𦴒亯9+艸3=総画数12 U+26D12 [未詳/]
◆未詳、「【廣雅:卷一:釋詁】昶(丑丈)𨔶聖明泰𦴒疏{⿱亯了}(呼行)徹通也」「【字彙補:申集:艸部:𦴒】即享字見韻寳」
亯9+酉7=総画数16 U+9195 [シュン、ジュン/] 醇𨣳𨣶䣩䣨
◆水で薄めていない酒、濃厚な酒
◆雑(まじ)り気がなく豊かで深みがあるさま、またその酒
𩋻亯9+革9=総画数18 U+292FB [未詳/]
◆未詳
亠2+7=総画数9 U+4EB0 [ケイ、キョウ/]
◆京(キョウ)、都(みやこ)、同「京」
𠡽亰9+力2=総画数11 U+2087D [ケイ、ギョウ/]
◆強い、力が強い、屈強な、同「倞」「彊」
𢱊亰9+手3=総画数12 U+22C4A [リャク、ラク/かす・める、かす・れる]
◆さっと触れて一瞬に通り過ぎる
◆さっと払(はら)う、さっと撫(な)でる
◆鞭(むち)打つ、鞭で叩(たた)く、同「拷」
◆さっと奪い取る、同「略」
◆永字八法の一つ、右上から左下にはらう書き方、現代中国では「彎」 {永字八法}
𣄶亰9+无4=総画数13 U+23136 [リョウ/] 𣄴𣄵𣄷𠅽𡮎
◆薄情な言葉、心無い言葉、「【說文解字:旡部:𣄴】事有不善言𣄴也爾雅𣄴薄也」
𣄷亰9+无4=総画数13 U+23137 [リョウ/] 𣄴𣄵𣄶𠅽𡮎
◆薄情な言葉、心無い言葉、「【說文解字:旡部:𣄴】事有不善言𣄴也爾雅𣄴薄也」
亰9+日4=総画数13 U+3B0C [ケイ、キョウ、エイ、ヨウ/かげ]
◆光(ひかり)、光が当たることでできる影、光と影
◆光と影があることで見える姿形(すがたかたち)や様子(ようす)・状態、「景色(ケイショク、けしき)」「風景(フウケイ)」
◆大きいさま、立派なさま、尊(とうと)いさま、「景福(ケイフク、大きな幸い)」「景行(ケイコウ◇立派な行為◇尊び仰あおぐ)」「景仰(ケイギョウ、尊び仰あおぐ)」
𥈘亰9+目5=総画数14 U+25218 [リョウ、ロウ/]
◆斜視、両眼の視線が見ようとしている方に向かない症状、同「䀶」「㾗」「𥇉」
𦂠亰9+糸6=総画数15 U+260A0 [ケイ、キョウ/]
◆未詳、「【康熙字典:未集中:糸部:𦂠】《篇韻》音京冠系也」
𧤚亰9+角7=総画数16 U+2791A [ソウ、ショウ、ジョウ/] 䚘𧢴𧤀
◆動物の角(つの)が長いさま
𨍡亰9+車7=総画数16 U+28361 [未詳/]
◆未詳
注解:「輬」の異体字か?
亠2+7=総画数9 U+4EB2 [シン/おや、した・しい、した・しむ、ちか・しい] 親𢾉媇𧠸𧠍𢈥
◆身近にいる、近しい
◆関係が近い、関係が深い
◆父母
◆血縁・婚姻関係にある人
◆深く付き合う、気兼ねなく接することができる、気の置けない
◆自ら、自分で
𠋆亲9+人2=総画数11 U+202C6 [シン/]
◆施(ほどこ)す、(僧侶に)金品を施す、布施(フシ、フセ)、同「襯」「嚫」
◆際立(きわだ)たせる、引き立たせる、同「襯托(シンタク)」
亲9+女3=総画数12 U+5A87 [シン/おや、した・しい、した・しむ、ちか・しい] 親亲𢾉𧠸𧠍𢈥
◆身近にいる、近しい
◆関係が近い、関係が深い
◆父母
◆血縁・婚姻関係にある人
◆深く付き合う、気兼ねなく接することができる、気の置けない
◆自ら、自分で
𡩁亲9+宀3=総画数12 U+21A41 [シン/] 寴𡪔
◆近い、近づく、近しい、親(した)しい、「寴𡫁(シンセキ)」、同「親」
◆屋内が空っぽなさま
𢾉亲9+攴4=総画数13 U+22F89 [シン/おや、した・しい、した・しむ、ちか・しい] 親亲媇𧠸𧠍𢈥
◆身近にいる、近しい
◆関係が近い、関係が深い
◆父母
◆血縁・婚姻関係にある人
◆深く付き合う、気兼ねなく接することができる、気の置けない
◆自ら、自分で
亲9+斤4=総画数13 U+65B0 [シン/あたら・しい、あら・た、にい] 𣂺
◆切ったばかりの木、切ったばかりで何の手も加えられていない木
◆それまでにはなかった形状・状態・様子・性質になるさま、それまではなかったものが初めて現れるさま
◆改(あらた)まる、改める、形状・状態・様子・性質などが変わる(変える)
◆改まって(或いは始まって)間もないさま
亲9+木4=総画数13 U+6987 [シン/]
◆遺体を納(おさ)める棺(カン、ひつぎ)、この棺を納める外箱を「椁(カク、槨)」という
◆アオギリ(青桐、梧桐)、アオギリ科アオギリ属の木、また同科同属の木の称 {アオギリ}
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木、同「椴」「藽」「蕣」「葮」 {ムクゲ}
𤗟亲9+片4=総画数13 U+245DF [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:片部:𤗟】同"新"」
亲9+見7=総画数16 U+89AA [シン/おや、した・しい、した・しむ、ちか・しい] 亲𢾉媇𧠸𧠍𢈥
◆身近にいる、近しい
◆関係が近い、関係が深い
◆父母
◆血縁・婚姻関係にある人
◆深く付き合う、気兼ねなく接することができる、気の置けない
◆自ら、自分で
儿部
大部
衣部
衣部
𠅖亠2+8=総画数10 U+20156 [キョウ、コウ/う・ける] 享亯𠅷𠆀𠅠
◆(神や目上の人から)授かる、受ける、素直に受け入れる
◆(神に供物を)奉(ささ)げる、(目上の人に馳走を)差し上げる、心からもてなす
𣹾𠅖10+水3=総画数13 U+23E7E [シュン、ジュン/] 淳𤂸湻
◆(濾されて滲み出てきた水のように)雑(まじ)り気がないさま、豊かで深みがあるさま、同「醇」
◆自然のままで飾り気がないさま、純朴なさま
◆純真で誠実なさま、篤実(とくじつ)なさま
毛部
火部
牛部
禸部
衣部
𡕨夂部
𧙃衣部
𧙏衣部
衣部
亠2+11=総画数13 U+342E [ショウ、ソウ、ジョウ/] 襄𧞻𡣿
◆上(あ)げる、高くする
◆助ける、手を貸す
◆(手を貸して)成し遂げさせる
◆馬車、また馬車を牽(ひ)く馬
㐮13+土3=総画数16 U+58CC [ジョウ、ニョウ/]
◆柔らかい土、耕(たがや)して柔らかくした土
◆土地、大地
◆作物が豊かに実る、同「穰」
㐮13+女3=総画数16 U+5B22 [ジョウ、ニョウ/]
◆母、母親、同「娘」
◆娘、若い未婚の女性、少女、同「娘」
◆[日]未婚の女性に対する敬称
㐮13+禾5=総画数18 U+7A63 [ジョウ、ニョウ/]
◆イネ科などの穀物の内部が空洞になっている茎、またその茎の堅い表皮を剥(は)いだもの
◆穀物(作物)が豊かに実る、同「壤」
◆豊かなさま
◆10の28乗、中数(万進法)で1穰=10,000秭(シ) {数字}
㐮13+言7=総画数20 U+8B72 [ジョウ、ニョウ/ゆず・る] 讓𧮨让𦦬
◆自ら退(しりぞ)き他人を先にする
◆位・場所・立場などから自ら退き空いたところを人に進める、対価を求めずに人に渡す
◆控え目に(他人の先に出ることがないように)振る舞う
◆きつく責(せ)める、咎(とが)める
㐮13+酉7=総画数20 U+91B8 [ジョウ、ニョウ/かも・す] 釀酿
◆発酵作用を利用して酒・酢・醤(ひしお)などを造る、特に酒を造る
◆混じり合い変化(発酵)し次第に別のものが生まれる
𩦪㐮13+馬10=総画数23 U+299AA [ショウ、ソウ、ジョウ/] 驤骧
◆馬が首を立てて疾走(シッソウ)する
◆ぐっと上に挙(あが)げる
◆右後足が白い馬
亠2+11=総画数13 U+4EB6 [タン/]
◆倉に穀物がたくさん入っているさま
◆誠(まこと)、誠実なさま、嘘偽(うそいつわ)りないさま
◆ただ、但し
亶13+人2=総画数15 U+5103 [セン、ゼン、タン、ダン/]
◆なかなか前に進まないさま、同「邅」
◆「儃佪(タンカイ)」、うろうろと歩き回るばかりでなかなか前に進まないさま
◆「儃儃(タンタン)」、のんびりとしているさま
𠘐亶13+冫2=総画数15 U+20610 [未詳/]
◆未詳
亶13+刀2=総画数15 U+350A [タン、セン/]
◆攻撃する、討ち滅ぼす
◆斬る、割く
亶13+力2=総画数15 U+52EF [タン/]
◆力が尽(つ)きる、力を出し尽くす
𠿞亶13+口3=総画数16 U+20FDE [セン、ゼン/]
◆音写字(他言語の音・呪文・掛け声・鳴き声・口やものから発せられる音などを表す字)、「【道法會元:卷一百五十九:三十六字祕呪】{⿰口曇}𡂉啼嚟啺嚂喤{⿰口⿳𠂊田日}吔𠿨𠷯𠿨{⿰口菩}喏嚄𡂻𠿞咃{⿰口朋}{⿰口鑑}咮㘆吜{⿰口乚}{⿰口覆}唓{⿰口仙}{⿰口聞}{⿰口閔}{⿰口狂}噯噂{⿰口勝}{⿰口翼}{⿰口品}𠸩急急如律令敕」(道教の呪文、唱え祈る際の言葉)
亶13+土3=総画数16 U+58C7 [タン、ダン/]
◆周(まわ)りよりも一段と高く土を盛り上を平らにしたところ、祭祀(サイシ)や天子と諸侯の会見・会盟などを執(と)り行う際に上る台
◆周りよりも一段と高く上が平らなところ
◆同簡「坛」
亶13+女3=総画数16 U+5B17 [セン、ゼン/]
◆移り変わる、入れ替わる
◆位を譲る、伝え与える、同「禅」
𢅒亶13+巾3=総画数16 U+22152 [タン、ダン/]
◆衣服をはだけて肌(肩などの肌の一部)を露(あら)わにする、片肌脱ぐ、同「袒」
◆「𢅒㡈(タンベン)」、略式の喪服の一種
亶13+彳3=総画数16 U+38F6 [タン、テン/]
◆走る
◆(道や体が悪かったり荷が重かったり悩んだりして)なかなか進めないさま、同「邅」
亶13+心3=総画数16 U+61BB [タン、ダン/]
◆感情の起伏がなくゆったりとしているさま、同「坦」
亶13+手3=総画数16 U+64C5 [セン、ゼン/]
◆専(もっぱ)らにする、一人でする、一人で自分の思い通りにする、同「專」
亶13+月(肉)4=総画数17 U+81BB [セン、タン、ダン/]
◆生臭い、(羊などの)体臭や肉・脂の臭い、同「羶」
◆肌を露(あら)わにする
亶13+木4=総画数17 U+6A80 [タン、ダン/まゆみ] 𣞀
◆「白檀(ビャクダン)」、ビャクダン科ビャクダン属の木、芳香があり、香木(コウボク)として、また仏像・仏具の材料などにも利用される、別名「檀香(ダンコウ)」
◆「栴檀(センダン(センダン)」、センダン科センダン属の木、芳香があり香木として利用される {センダン}
◆「白檀」「栴檀」「紫檀(シタン、マメ科ツルサイカチ属)」「青檀(セイタン、アサ科セイタン属)」「黒檀(コクタン、カキノキ科カキノキ属)」など芳香を放つ木、同「𩠽」
◆[日]マユミ(檀)、ニシキギ科ニシキギ属の木 {マユミ}
亶13+毛4=総画数17 U+6C08 [セン/] 氊毡
◆羊毛などの動物の毛を湿らせ熱や圧力などを加え布状(シートsheet状)にしたもの、フェルトfelt、「毛氈(モウセン)」、同「𩯤」
◆[日]「氈鹿(カモシカ)」、カモシカ(羚羊)、ウシ科の哺乳類
亶13+毛4=総画数17 U+6C0A [セン/] 氈毡
◆羊毛などの動物の毛を湿らせ熱や圧力などを加え布状(シートsheet状)にしたもの、フェルトfelt、「毛氈(モウセン)」、同「𩯤」
亶13+水3=総画数16 U+6FB6 [セン、ゼン/]
◆水面が(波もなく)穏(おだ)やかなさま、また静かなさま、同「湉」
◆「澶湉(センテン)」、川の水が静かに流れるさま
◆「澶淵(センエン)」、古地名、「澶州(センシュウ)」、1004年に宋(ソウ、北宋、960年~1127年)と遼(リョウ、大遼、916年~1125年)が講和の盟約を結んだ地、現河南省濮陽(ボクヨウ)市濮陽県 {宋(北宋)代}
亶13+玉4=総画数17 U+74AE [タン/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)名
𤺺亶13+疒5=総画数18 U+24EBA [タン/]
◆病(や)む、疲れ切る、弱り果てる、同「癉」
◆病(やまい)、病気
亶13+皮5=総画数18 U+76BD [ショウ、テン/] 𤿘𤿝
◆皮膚の表面の薄い膜
◆手で擦って薄皮を取る
◆顔にできる皮膚病
亶13+目5=総画数18 U+4074 [セン、ゼン、ネン/] 𥊳
◆未詳、「【說文解字:目部:䁴】視而止也」「【廣韻:上聲:獮第二十八:𦗢:䁴】說文曰視而不止」
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:𤣗第二十八:䁴】視面色變也」
亶13+石5=総画数18 U+40EA [タン、ダン/]
◆壇(ダン)、周(まわ)りよりも一段と高く石を積み上を平らにしたところ、同「壇」
亶13+示4=総画数17 U+4120 [セン、ゼン/]
◆天子のみに執(と)り行うことが許された祭礼で、祭壇を築き天神(テンシン、テンジン)を祭る儀式、またその祭礼を執(と)り行う、またその祭礼を執(と)り行う特権、同「禪」
◆天子が位(くらい)や天子のみに許される特権を他に譲(ゆず)る、同「禪」
𥼷亶13+米6=総画数19 U+25F37 [セン/] 饘𢐹
◆濃くとろみのある粥(かゆ)、同「䭈」「䊕」、薄いものは「粥」
亶13+糸6=総画数19 U+7E75 [タン、ダン、テン、デン/]
◆裏地の付いていない単衣(ひとえ)の衣服
◆腰に巻く幅広の帯
◆紫色
◆纏(まと)い付く
亶13+羊6=総画数19 U+7FB6 [セン/] 𦏭𦏫䍹𦎞羴𦏬𠆞
◆生臭(なまぐさ)い、ヒツジ(羊)の体臭や肉・脂の臭(くさ)い、同「膻」
𦒜亶13+羽6=総画数19 U+2649C [エン/] 𩙼
◆「𦒜翧」、羽を大きく広げて飛ぶさま
亶13+虫6=総画数19 U+87FA [セン、ゼン/]
◆「蜿蟺(エンセン)」、ミミズ(蚯蚓)、環形動物門貧毛綱の動物の総称
◆「蟺蜂(センホウ)」、ツチバチ(土蜂)、ツチバチ科のハチ(蜂)の総称
亶13+衣5=総画数18 U+8962 [タン、ダン/]
◆衣服をはだけて肌を露(あら)わにする
◆「襢衣(タンイ)」、王后の礼服の一つで白無地のもの、同「𧝑衣」
亶13+言7=総画数20 U+8B60 [タン/]
◆欺(あざむ)く、人を惑(まど)わし騙(だま)す、またそのような話、「【方言:卷十】眠娗(…)脉蜴(…)賜施(…)茭媞(…)譠謾(…)㦒忚(…)皆欺謾之語也楚郢以南東揚之郊通語也」
◆「䛣譠(ヘイタン)」、未詳、「【集韻:卷四:平聲四:尤第不決:䛣】䛣譠不決」
𧾍亶13+走7=総画数20 U+27F8D [テン、デン/] 邅𨗍
◆(道や体が悪かったり荷が重かったり悩んだりして)なかなか進めないさま
◆向きを変える、方向を変える
亶13+身7=総画数20 U+4840 [セン/]
◆裸、何も身に着けていないさま
◆体が揺れ動く
亶13+辵4=総画数17 U+9085 [テン、デン/] 𨗍𧾍
◆(道や体が悪かったり荷が重かったり悩んだりして)なかなか進めないさま
◆向きを変える、方向を変える
𨭖亶13+金8=総画数21 U+28B56 [セン/]
◆攻撃する、討ち滅ぼす
◆斬る、割く
◆鞭、鞭打つ
𩁉亶13+隹8=総画数21 U+29049 [セン/] 鸇鹯𪇮𪄐𪄃
◆サシバ(鸇、差羽、タカ科サシバ属)やハイタカ(鷂、タカ科オオタカ属)などのタカ科の鳥
𩉊亶13+面9=総画数22 U+2924A [テン、ベン、メン/] 靦䩄𧡻𨡁𡆎
◆面目(メンボク)、人に合わせる顔、顔付き、顔に表れる表情、同「腼」
◆面目(メンボク、人に合わせる顔)がない、恥じる、恥じている顔付き、同「姡」「覥」
◆恥じる様子もない顔付き、厚かましい顔付き
◆「𩉊覥(ベンテン)」、恥じらうさま、同「腼腆」、同「婖」、「【康熙字典:丑集下:女部:婖】…又他點切音忝女靦覥貌」
𩍕亶13+革9=総画数22 U+29355 [タツ、タチ/]
◆鞣革(なめしがわ)、革(毛や脂を取り平らに延ばして乾かした皮)を柔らかくしたもの、同「靼」
亶13+頁9=総画数22 U+986B [セン/]
◆(ぶるぶると)震(ふる)える、鼻をぴくぴくさせる
◆(頭や体が)揺れ動く
亶13+頁6=総画数19 U+98A4 [セン/]
◆(ぶるぶると)震(ふる)える、鼻をぴくぴくさせる
◆(頭や体が)揺れ動く
𩙼亶13+飛9=総画数22 U+2967C [エン/] 𦒜
◆「𩙼翧」、羽を大きく広げて飛ぶさま
亶13+食9=総画数22 U+9958 [セン/] 𥼷𢐹
◆濃くとろみのある粥(かゆ)、同「䭈」「䊕」、薄いものは「粥」
亶13+馬10=総画数23 U+9A59 [タン、テン/]
◆馬車の荷が重くなかなか進めないさま
◆白毛で背が黒い馬
𩯤亶13+髟10=総画数23 U+29BE4 [セン/]
◆羊毛などの動物の毛を湿らせ熱や圧力などを加え布状(シートsheet状)にしたもの、フェルトfelt、同「氈」
亶13+魚11=総画数24 U+9C63 [テン/] 鳣𩽱𧖞𩼼𩽦䱳
◆チョウザメ(蝶鮫)、チョウザメ科チョウザメ属の魚の総称、或いはチョウザメ(蝶鮫)やヘラチョウザメ(箆蝶鮫)の類
亶13+魚8=総画数21 U+9CE3 [テン/] 鱣𩽱𧖞𩼼𩽦䱳
◆チョウザメ(蝶鮫)、チョウザメ科チョウザメ属の魚の総称、或いはチョウザメ(蝶鮫)やヘラチョウザメ(箆蝶鮫)の類
亶13+鳥11=総画数24 U+9E07 [セン/] 鹯𩁉𪇮𪄐𪄃
◆サシバ(鸇、差羽、タカ科サシバ属)やハイタカ(鷂、タカ科オオタカ属)などのタカ科の鳥
亶13+鳥5=総画数18 U+9E6F [セン/] 鸇𩁉𪇮𪄐𪄃
◆サシバ(鸇、差羽、タカ科サシバ属)やハイタカ(鷂、タカ科オオタカ属)などのタカ科の鳥
𪙵亶13+齒15=総画数28 U+2A675 [サ、シャ、ク、グ/] 䶥𪙁
◆上下の歯が噛(か)み合わない、歯が牙(きば、肉食系動物などに見られる尖った歯)のようにぎざぎざしている
亠2+11=総画数13 U+4EB7 [レン/かど] 廉㢘𠪊𤎉𠔳𠪕𢋯
◆建物の外と内を区切る境目、外(あちら、向こう側)と内(こちら、手前側)との区切り・境目
◆建物や部屋の角(かど)また隅(すみ)、「向こう側と手前側の区切り・境目となるところ」の意
◆けじめ、「守るべきことかどうかの区切り・境目」の意
◆自らをしっかりと戒(いまし)めけじめを守る
◆無闇(むやみ)に利益を追い求めない、度を越した欲がない
◆[日]かど、限定的な或いは特定の事柄・理由
𠠟亷16+刀2=総画数18 U+2081F [レン/]
◆鎌(かま)、草などを刈る道具、同「鎌」
◆未詳、「【集韻《欽定四庫全書》:卷四:平聲四:二十四:劆】輕剌也」
亷13+水3=総画数16 U+6FD3 [レン/]
◆大きな川が途切れ、そこから分かれ流れる小さな川、同「溓」
◆「濓江(レンコウ)」、江西省を流れる川、贛江(カンコウ、江西省を流れる川)の支流
𧒲亷13+虫6=総画数19 U+274B2 [レン/]
◆「蜚𧒲、飛𧒲(ヒレン、ゴキブリ)」、別名「蟑螂(ショウロウ)」、ゴキブリ目の昆虫の総称
𧸜亷13+貝7=総画数20 U+27E1C [レン、タン、デン/] 𧸖
◆安く仕入れたものを高値で(仕入値の倍で)売る、またそれによって多くの利益を得る、同「賺」、「【說文新附攷(鄭珍):貝部:𧸖】重買也錯也…(知同謹按買當作賣…重賣者賣物得價倍於常値重讀如字猶買物出多資謂之重資重價今人猶謂市利多得爲𧸖銭…)」
亷13+金8=総画数21 U+4965 [レン/かま] 鎌鐮镰
◆三日月形の刃に柄が付いた草を刈る道具、一般には"Γ"字形をしており引っ掛けて引き切るもの、またそのような形の武器、「鐮刀(レントウ)」、同「劆」
◆稜(リョウ)、二つの面が合わさってできる線状の角(かど)
示部
禾部
衣部
隹部
𦝠月部
豕部
𦟀月部
𠆆亠2+13=総画数15 U+20186 [シュン、ジュン/] 𦎧𦎫
◆とろ火でじっくりと煮込む、柔らかくなるまで煮込む
𡓑𠆆16+土3=総画数19 U+214D1 [シュン/] 埻𡓣
◆弓の的(まと)、弓の的を置く(或いは弓の的とする)盛り土(もりつち)、安土(あずち)
◆「𡓑端(シュンタン)」、古国名、崑崙(コンロン、現中国西部にあったとされる山、崑崙虛、崑崙山、崑崙丘)の東南の砂漠にあったという、「【山海經:海內東經】國在流沙中者埻端(音敦)璽㬇(音喚或作繭㬉)在崑崙墟東南一曰海內之郡不為郡縣在流沙中」「【玉篇:卷二:土部第九:{⿰土𩫖}】古獲切{⿰土𩫖}端國名」「【集韻:卷十:入聲下:陌第二十:𡓣埻】𡓣端國名隷作埻」
𧭫𠆆15+言7=総画数22 U+27B6B [シュン、ジュン/] 諄谆𧩽𧭺
◆丁寧(テイネイ)に詳しく教え諭(さと)す
◆丁寧なさま、懇(ねんご)ろなさま、懇切なさま
𨣳𠆆15+酉7=総画数22 U+288F3 [シュン、ジュン/] 醇醕𨣶䣩䣨
◆水で薄めていない酒、濃厚な酒
◆雑(まじ)り気がなく豊かで深みがあるさま、またその酒
女部
衣部
𦎧羊部
𡦡子部
立部
𧝑衣部
羊部
韭部
貝部
亠2+20=総画数22 U+4EB9 [ビ、ミ、ボン、モン/]
◆「亹亹(ビビ)」◇絶えることなく続くさま、同「娓娓」◇ひたすら勉(つと)めるさま、飽(あ)くことなく努(つと)めるさま、同「斖斖」
◆両岸が突き出て川幅が狭(せば)まっているところ
◆「浩亹(コウボン)」、漢代(カン、西漢、前漢、前202年~9年)に金城郡(キンジョウ、現甘粛省蘭州ランシュウ市から青海省東部にかけての地)に置かれた県の名、同「浩𤅣」 {甘粛省}
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:魂第二十三:亹𤅣】山絶水也…」
𤅣亹21+水3=総画数24 U+24163 [ボン、モン/]
◆「浩𤅣(コウボン)」、漢代(カン、西漢、前漢、前202年~9年)に金城郡(キンジョウ、現甘粛省蘭州ランシュウ市から青海省東部にかけての地)に置かれた県の名、同「浩亹」 {甘粛省}
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:魂第二十三:亹𤅣】山絶水也…」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 亠部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です