総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 月部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 月部」 [部首索引


月4+0=総画数4 U+6708 [ゲツ、ゴチ、ガツ/つき]
◆地球の衛星の名、太陰(タイイン)、「日」を「太陽」というのに対して月を「太陰」という
◆一年をほぼ十二等分した期間、新月(月が見えなくなる日)から次の新月までの期間
◆七曜の一つ
◆十二章紋の一つ {服飾(十二章紋)}
◆つきへん、部首名
注解:本来の「月」は二本の横画の右側が離れている字形、現在の字形のように横画が左右の縦画に付いているものは「肉月(にくづき)」と呼び、横棒ではなく「⺀」となる字形は「舟月(ふなづき)」と呼ぶ {漢字「月」}
月4+人2=総画数6 U+4EF4 [ゴツ/]
◆地名
月4+刀2=総画数6 U+5216 [ゲツ/] 跀𧿁𧿊
◆罪人の足を切り落とす刑罰、軍法に定める中程度の罪に対する刑罰、軽い順に「聅(耳を矢で射る刑)」「刖(足を切り落とす刑)」「剄(首を切る刑)」
◆切り落とす刑罰の総称、「月」は本来「肉」のことでここでは「体」の意
𡕙月3+夂4=総画数7 U+21559 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:夂部:𡕙】同"冬"」
𡧓月4+宀3=総画数7 U+219D3 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:宀部:𡧓】【中華字海:宀部:𡧓】同"肯"」
月4+山3=総画数7 U+5C84 [ゲツ、ガツ/]
◆山名
𢎀月4+弋3=総画数7 U+22380 [ヨク、イキ/]
◆鎖骨
月4+手3=総画数7 U+6288 [ゲツ、ゴチ/]
◆折る、折れる
◆揺(ゆ)れる、揺れ動く
月4+日4=総画数8 U+660E [メイ、ミョウ、ミン/あか・るい、あ・ける、あか・るむ、あ・かす、あ・かり、あか、あき・らか]
◆(太陽や月の)光が差す、光が当たる、光を当てる
◆光が当たってはっきりと見える(分かる)、誰の目にもはっきりとしている、はっきりとさせる
◆隠されたところ(陰になるところ)がない、濁りや汚(けが)れがない、隠すところ(人の目に触れさせたくないところ)がない
◆新しく(次の)一日・一月・一年が始まる
◆王朝名、1368年~1644年 {明代}
月4+月4=総画数8 U+670B [ホウ、ボウ/とも]
◆同じ道を志(こころざ)す、同じ師に学ぶ、同じ目的を持って集まる、またそのような人、同門の人、「友」は同じ思いや考えを持つ人、「【論語注疏:卷一】正義曰鄭𤣥注大司徒云同師曰朋同志曰友」
月4+木4=総画数8 U+6782 [ゲツ、ガチ、ゴツ/]
◆木の皮を剥ぐ
月4+歹4=総画数8 U+3C5A [サン、ザン、ゲツ/] 𣧻𦚛
◆禽獣(キンジュウ、鳥や獣)の食べ残し、同「䏼」
𣧚月4+歹4=総画数8 U+239DA [ショク、ジキ/]
◆未詳、「【字彙補:辰集:歹部:𣧚】乘力切音食義闕」
𣱙月4+气4=総画数8 U+23C59 [イン、オン/かげ、かげ・る] 陰阴𨼖阥𨹉𨹩隂𨻔𨽙𨽭侌𠆭𠊺𤽎
◆物に遮(さえぎ)られて光(日光)が届かない、日光が届かずに暗い、またそのようなところ、日光が当たるところは「陽」
◆山の北側、川の南側、日光が当たらない側、逆は「陽」
◆人の目に触れない側、裏側、内面、隠れて見えない側、逆は「陽」
◆隠す、見えないようにする
◆人(女性)の生殖器
◆日時計の影、時間、「光陰(コウイン)」
月4+玉4=総画数8 U+73A5 [ゲツ、ゴチ/]
◆伝説上の神秘的な真珠
𤯝月4+生5=総画数9 U+24BDD [未詳/]
◆未詳
注解:「【子夏易傳:卷三:周易上經噬嗑傳第三】无妄元亨利貞其匪正有𤯝不利有攸往…」「【後漢紀:卷十:孝明皇帝紀下】…朕以眇年奉承宗祖不能聿修洪業以致災𤯝思惟厥咎在予一人…」「【欽定續通志(續通志):卷一百四十:刑考:赦宥】…初設為𤯝災也…」等「眚」と同義の「過(あやま)ち、災(わざわ)い」の意
月4+目5=総画数9 U+7700 [メイ、ミョウ/]
◆はっきりと見える
𦊈月4+网5=総画数9 U+26288 [コウ/がえん・ずる] 肯𦙡肻𦚋
◆骨に付いている肉、同「𣍟」
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する、頷(うなず)く、「肯定(コウテイ)」「首肯(シュコウ)」
𦊌月4+网4=総画数8 U+2628C [ケン/] 罥𦊰𦋀𦌄䍗
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「羂」「繴」「罿」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」「【徐文長文集:卷之十五:啓諸南明待郎】…辟如雉兎觸𦊰於籠牢盻盻焉不知伏處而待命」
◆絡(から)まる、絡まり付く、同「羂」
月4+羊6=総画数10 U+7F98 [/]
◆牡の羊
𦍤月4+羊6=総画数10 U+26364 [ショウ、ゾウ/か・ける]
◆翼を大きく広げて空高く飛ぶ、また飛び回る
◆詳しい、詳細な
◆回顧する
月4+耳6=総画数10 U+43B3 [ゲツ/]
◆耳がないさま
月4+舌6=総画数10 U+445A [テン、デン/] 甜甛
◆甘い、甘い味、同「𩚵」
月4+虫6=総画数10 U+868F [エツ、エチ、オチ/]
◆「蟛蚏(ホウエツ)」、小形のカニ(蟹)、海辺に棲むという、同「蟛𧑅」、「【中華古今注:卷下:蟛蚎】小蟹也生海邊塗中食土一名長𡖖其有一螯大者名爲擁劒一名執火」
𧘯月4+衣6=総画数10 U+2762F [エイ/] 裔𧘉𧘊𧚞𧛨𠆘𧛲
◆衣服の裾(すそ、衣服の下の部分)、衣服の下の端
◆(飛地ではなく地続きで)遠く離れた所、辺縁の地
◆血筋が繋がった後代の子孫
𧟩月4+襾6=総画数10 U+277E9 [タン、ドン/] 覃𧟹𪉷𪉲𪉫𪉞𪉙
◆奥深く広いさま、深く入り込むさま、深長なさま
◆延び広がるさま、遠くにまで及ぶさま
𧦗月4+言7=総画数11 U+27997 [ヨウ/] 䚻𧦇
◆即興で歌う、楽器などの伴奏なしに歌う、同「謠」、楽器などの伴奏に合わせて歌うのは「歌」
月4+豕7=総画数11 U+8C5A [トン、ドン/ぶた] 豘𧰭㹠𤜨𠭣𧱔𦜼
◆イノシシ(猪、イノシシ科の哺乳類)を(小形化し)家畜化した動物、同「𧱴」「𧱯」
𧲩月4+豸7=総画数11 U+27CA9 [未詳/]
◆未詳
月4+足7=総画数11 U+8DC0 [ゲツ/] 刖𧿁𧿊
◆罪人の足を切り落とす刑罰、軍法に定める中程度の罪に対する刑罰、軽い順に「聅(耳を矢で射る刑)」「刖(足を切り落とす刑)」「剄(首を切る刑)」
◆切り落とす刑罰の総称、「月」は本来「肉」のことでここでは「体」の意
月4+辵3=総画数7 U+8FCC [トツ/]
◆狡賢いさま
月4+里7=総画数11 U+491A [リ/]
◆スモモ(李)、バラ科サクラ属の果樹、またその果実、同「李」 {スモモ}
月4+金8=総画数12 U+9205 [ゲツ、ゴチ/]
◆兵器の名、一説に「鉞(まさかり)」、「【正字通:戌集上:金部:鈅】舊註音月兵器一説戉鉞通俗作鈅」
月4+金5=総画数9 U+94A5 [ヤク/かぎ]
◆扉や戸を閉じて開かないようにする、錠(ジョウ、中国では「鎖」)をおろす、
◆閂(かんぬき、閉じた門扉が開かないようにするために扉の内側に渡す横棒)に設けた穴と地上部に設けた穴に渡す縦棒、閂を固定するための縦棒、同「𨷲」
◆扉や戸を閉じて開かないようにするための道具(中国では「鎖」、日本では「錠前」)
◆「钥匙(ヤクシ)」、同「籥」
◆鍵となるところ、枢要なところ、重要なところ
𨱠月4+長7=総画数11 U+28C60 [未詳/]
◆未詳
月4+門8=総画数12 U+9592 [カン、ケン/あいだ、あい、ま] 間间𨳢
◆両側からぴったりと閉じられずに開いているところ、(空間・時間・物事・関係などが)連続せずに途切れているところ、開いたり途切れたりして何もないところ、隙(すき)、閑(ひま)
◆(空間・時間・物事・関係などの間を)開ける、隙を作る
◆家の柱と柱の距離、部屋、部屋数を数える語
◆[日]建物などの長さの単位、1間=6尺≒1.8m
注解:「閉じられた門から月や日の光が差し込む、その小さな隙間」の意
月4+阜3=総画数7 U+9634 [イン、オン/かげ、かげ・る] 陰𨼖阥𨹉𨹩隂𨻔𨽙𨽭𣱙侌𠆭𠊺𤽎
◆物に遮(さえぎ)られて光(日光)が届かない、日光が届かずに暗い、またそのようなところ、日光が当たるところは「陽」
◆山の北側、川の南側、日光が当たらない側、逆は「陽」
◆人の目に触れない側、裏側、内面、隠れて見えない側、逆は「陽」
◆隠す、見えないようにする
◆人(女性)の生殖器
◆日時計の影、時間、「光陰(コウイン)」
𨻔月10+阜3=総画数13 U+28ED4 [イン、オン/かげ、かげ・る] 陰阴𨼖阥𨹉𨹩隂𨽙𨽭𣱙侌𠆭𠊺𤽎
◆物に遮(さえぎ)られて光(日光)が届かない、日光が届かずに暗い、またそのようなところ、日光が当たるところは「陽」
◆山の北側、川の南側、日光が当たらない側、逆は「陽」
◆人の目に触れない側、裏側、内面、隠れて見えない側、逆は「陽」
◆隠す、見えないようにする
◆人(女性)の生殖器
◆日時計の影、時間、「光陰(コウイン)」
𩂪月4+雨8=総画数12 U+290AA [未詳/]
◆未詳、字形も「雨月」や「雨䏌」などの混乱が見られる
月4+革9=総画数13 U+4A57 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:革部第十:䩗䩻】二俗步罵反」「【古音叢目:卷五:十三職:䩗】韓詩如烏斯䩗翅也毛作革」「【字彙補:戌集:革部:䩗】步罵切音𤝡見篇韻」
𩲞月4+鬼10=総画数14 U+29C9E [キ/おに] 鬼𩳉𩳹𩲡𩲚𩴿𣆠𤱲𢇼
◆人の死後(肉体は滅びても)滅びず彷徨(さまよ)うとされる霊魂
◆(姿は見えないが)人に災いを齎(もたら)すもの
◆(鬼のように)恐ろしい、無慈悲な、並外れた
◆人の死後の世界
𩿊月4+鳥11=総画数15 U+29FCA [カン/]
◆「𩿊兜(カントウ)」、「共工(キョウコウ)」「鯀(コン)」「三苗(サンビョウ)」と共に四罪(シザイ、四人の悪神)と呼ばれ舜(シュン)帝がこれを平定したとされる、同「驩兜」「鴅兜」、「【康熙字典:亥集中:鳥部:𩿊】《字彙補》𩿊兜與驩頭同○按《古文尙書》驩頭作鴅{⿰口⿱口又}疑此爲𩿊字之譌」
𪗇月4+齊14=総画数18 U+2A5C7 [セイ、ザイ/]
◆臍(へそ)、腹の真ん中の窪んでいる所
月(肉)4+2=総画数6 U+43CC [キツ、コチ/]
◆小刻みに動く、揺れ動く、振(ふ)れる、「【玉篇:卷七:肉部第八十一:䏌】呼乞切振眸也」
䏌6+人2=総画数8 U+4F7E [イツ、イチ/] 𢔍
◆古代の舞踊で並びの人数の単位、縦横同数で「八佾」は一列八人で八列の六十四人
䏌6+尸3=総画数9 U+3795 [セツ、セチ/くず]
◆砕かれて細かくなったもの
◆細々(こまごま)した、瑣末(サマツ)な
◆細かいことに拘(こだわ)らない、潔(いさぎよ)い
◆「不㞕(フセツ)」◇細かいこと(ところ)までしっかりと見ない、しっかりと見る価値がない、重視しない、軽視する◇細かいことだが無視はできない、潔(いさぎよ)しとしない
䏌6+水3=総画数9 U+6D15 [イン/]
◆細々とした水の流れ
月(肉)4+2=総画数6 U+43CD [エン/]
◆小さな虫、ボウフラ(孑孓)
𠱝䏍6+口3=総画数9 U+20C5D [ケツ/]
◆怒(おこ)る
䏍6+女3=総画数9 U+59E2 [ケン、エン/]
◆しなやかで美しいさま、繊細で優美なさま
䏍6+水3=総画数9 U+3CD9 [ケン/]
◆細々とした水の流れ
◆細々としたさま、小さいさま
◆清(きよ)い、穢(けが)れがない、同「潔」
◆(幾つもの中から良いものを)選ぶ、選び出す、「左思【魏都賦(テキスト版)】量寸旬,涓吉日」
𤞣䏍6+犬4=総画数10 U+247A3 [エン/] 猒𤟶𤡜
◆十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる、同「飽」「厭」
◆満足する、満ち足りる
䏍6+玉4=総画数10 U+3EC6 [ケン、ゲン/]
◆佩玉(ハイギョク)、腰に掛けて垂らす玉(ギョク、高貴な石)を連ねた飾り {服飾(佩)}
◆「㻆㻆(ケンケン)」、垂らした佩玉が揺れるさま
𦊰䏍6+网4=総画数10 U+262B0 [ケン/] 罥𦋀𦊌𦌄䍗
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「羂」「繴」「罿」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」「【徐文長文集:卷之十五:啓諸南明待郎】…辟如雉兎觸𦊰於籠牢盻盻焉不知伏處而待命」
◆絡(から)まる、絡まり付く、同「羂」
𧨜䏍6+言7=総画数13 U+27A1C [未詳/]
◆未詳、「【墨子閒詁:經上】{⿰言肙}(畢云字書無此字詥讓案孟子睊睊胥讒孫奭音義云睊,一作{⿰言肙}{⿰言肙}睊狷並同聲假借字)作嗛也(洪云字書無{⿰言肙}字當與涓字同義說文涓小流也故此云作嗛也嗛即慊字案{⿰言肙}當為獧之借字字又作狷論語云狷者有所不為也…)」
𩢺䏍6+馬10=総画数16 U+298BA [ケン/]
◆青黒い毛色の馬
䏍6+鳥11=総画数17 U+4CCC [ケン/] 鵑鹃𨿔
◆「杜䳌(トケン)」◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科カッコウ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鳲鳩(シキュウ)」「鴶鵴(カツキク)」「布穀(フコク)」◇[日]ホトトギス(杜鵑)、カッコウ科カッコウ属の鳥◇ツツジ(躑躅)、ツツジ科ツツジ属の花木 {ツツジ}
刀部
月4+2=総画数6 U+6709 [ユウ、ウ/あ・る]
◆在(あ)る、居(い)る、一定の範囲や場所に存在する、「有力(ユウリョク、力がある)」「稀有(ケウ、稀にある、稀にしかない)」
◆持っている、備わっている、「所有(ショユウ)」「固有(コユウ、本来持っている、それだけに特に備わっている)」
◆起こる、生じる、「有事(ユウジ、事がある、事が起こる)」
◆ある状態になってそれが引き続いている、「保有(ホユウ)」
◆或る~、不特定の人や物事を指す
有6+人2=総画数8 U+4F91 [ユウ、ウ/]
◆相手の厚意(コウイ)に報(むく)いる、同「酭」
◆食事や酒などを勧(すす)める、同「酭」
◆(二人が)共に力を合わせる、同「姷」
有6+口3=総画数9 U+54CA [イク、オク/]
◆吐(は)く、吐き出す
◆「おぅ」「うぅ」というような呻(うめ)くような吐き出すような声
有6+囗3=総画数9 U+56FF [ユウ、ウ/] 𡈹
◆周りを垣や柵や木などで囲って鳥獣や家畜などを放し飼いにするところ、同「苑」、「苑囿(エンユウ)」
◆周りが囲まれている(区切られている)さま、またそのようなところ
◆(見識などが)枠(わく、囲い)の内に限られて、その外にまで広がらないさま、「【正字通:丑集上:囗部:囿】識不通廣曰囿」
有6+女3=総画数9 U+59F7 [ユウ、ウ/]
◆(二人が)共に力を合わせる、同「侑」
有6+宀3=総画数9 U+5BA5 [ユウ、ウ/なだ・める]
◆心が広いさま、寛大なさま、寛容なさま
◆寛大な気持ちで罪を許す、寛大に処遇する、大目に見る、「宥恕(ユウジョ)」
◆広い心で説き落ち着かせる
有6+山3=総画数9 U+5CDF [ユウ/]
◆山
𢈓有6+广3=総画数9 U+22213 [ユウ、ウ/]
◆未詳、「【字彙補:寅集:广部:𢈓】以授切音右義闕」
有6+心3=総画数9 U+3922 [イク/]
◆未詳、「【玉篇:卷八:心部第八十七:㤢】於六切心動也」
有6+心4=総画数10 U+392B [トク/]
◆県名、未詳、「【龍龕手鑑:卷一:心部第四:{⿱工𢗭}{⿸ナ𠂇目⿱心}㤫】三俗惪古{⿰⿳十罒心}音徳下一縣名也[†「𢛳」「惪」「𢜖」に未詳ながら「縣名」とある]」
𦛒有6+月(肉)4=総画数10 U+266D2 [シン、ジン/]
◆腎臓(ジンゾウ)、五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、同「腎」「𦜜」、「【龍龕手鑑:卷四:肉部第四:𦛒𦚠】二俗𦜜」
有6+木4=総画数10 U+682F [ユウ、イク/]
◆「栯李(イクリ)」、同「郁李」、ニワウメ(庭梅)、バラ科スモモ属の木 {ニワウメ}
有6+水3=総画数9 U+6D27 [イ/]
◆古川名、「洧水(イスイ)」、現河南省鄭州(テイシュウ)市登封(トウホウ)市を源とした川 {河南省}
有6+火4=総画数10 U+70E0 [カイ、エ/]
◆火が明るく光る
有6+玉4=総画数10 U+73DB [キュウ/]
◆欠点(傷や汚点など)がある宝石
有6+疒5=総画数11 U+75CF [イ/]
◆殴打(オウダ)・打撲(ダボク)によって裂(さ)け出血する傷、皮下出血や腫(は)れなど軽い傷を「疻」、「【說文解字注:疒部:疻】疻痏(逗)毆傷也(…疻者與痏人之罪鈞惡不直也應劭曰以杖手毆擊人剝其皮膚起靑黑而無創瘢者律謂疻痏按此應注譌脫急就篇顔注云毆人皮膚腫起曰疻毆傷曰痏…)」
◆「疻痏(シイ)」◇殴打・打撲による皮下出血などの軽度の傷と出血する重度の傷◇罪の軽重、罰・量刑の軽重
有6+皿5=総画数11 U+4001 [ユウ、ウ/] 𥁓
◆小さな碗(ワン)、飲み物や食べ物を盛る口の広がった深みのある容器
𥑿有6+石5=総画数11 U+2547F [未詳/]
◆石名
有6+糸6=総画数12 U+7D60 [カイ/]
◆弦(つる)を引き絞る
◆縄を解く
有6+艸3=総画数9 U+44B4 [ユウ、ウ/]
◆草名
有6+虫6=総画数12 U+86D5 [カイ、エ/]
◆人や動物の消化器官に寄生する虫、カイチュウ(蛔虫、回虫、カイチュウ目カイチュウ科の寄生虫)の類、同「蛔」
◆「土蛕(トカイ)」、毒虫、未詳、「【廣韻(宋本廣韻):上聲:賄第十四:賄:蛕】土蛕毒蟲」
有6+言7=総画数13 U+8A74 [ワイ、エ/]
◆人を呼ぶ、呼ぶ声
有6+貝7=総画数13 U+8CC4 [カイ、ケ、ワイ/まかな・う] 贿𧶅
◆財貨、金品
◆金品を贈る
◆「賄賂(ワイロ)」、(自らの利益になるように便宜を図って貰おうという)不正な意図をもって他人に金品を贈る
◆[日]食事の支度をする、食事や生活を切り盛りする
贿有6+貝4=総画数10 U+8D3F [カイ、ケ、ワイ/まかな・う] 賄𧶅
◆財貨、金品
◆金品を贈る
◆「贿赂(ワイロ)」、(自らの利益になるように便宜を図って貰おうという)不正な意図をもって他人に金品を贈る
◆[日]食事の支度をする、食事や生活を切り盛りする
有6+辵4=総画数10 U+8FF6 [ユウ/]
◆行くさま
有6+邑3=総画数9 U+90C1 [イク/]
◆彩(いろど)りや香りが豊かなさま、同「㦽」「𢒰」「彧」
◆盛んなさま、(草木が)盛んに生い茂るさま、同「彧」
◆「馥郁(フクイク)」、豊かな香りが立ち昇り漂うさま
◆籠(こ)もる、(豊かな香りが辺りに)立ち籠(こ)める、同繁「鬱」
𨚺有6+邑7=総画数13 U+286BA [未詳/]
◆未詳
𨚼有6+邑7=総画数13 U+286BC [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:酉集備考:邑部:𨚼】五音篇海同都」「【中華大字典:邑部:𨚼】同"郁"見[五音篇海]」
有6+酉7=総画数13 U+916D [ユウ、ウ/]
◆相手の厚意(コウイ)に報(むく)いる、同「侑」
◆食事や酒などを勧(すす)める、同「侑」
有6+金8=総画数14 U+92AA [ユウ/]
◆ユウロピウムEuropium(Eu)、元素名 {ユウロピウム}
有6+金5=総画数11 U+94D5 [ユウ/]
◆ユウロピウムEuropium(Eu)、元素名 {ユウロピウム}
𨴜有6+門8=総画数14 U+28D1C [トウ、ツ/]
◆闘(たたか)う、互いに向き合って競(きそ)い合う、同「鬪」、「【龍龕手鑑:卷一:門部第八:𨴜𫔡】舊藏作枯二俗𨷖正𩰖今都豆反𩰖競也又姓」
有6+阜3=総画数9 U+964F [タ、ダ/]
◆ウリ(瓜)類の果実
有6+雨8=総画数14 U+4A16 [セイ、サイ/は・れる] 霽霁𩄄𩃟
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
𩰑有6+鬥10=総画数16 U+29C11 [トウ、ツ/たたか・う] 鬪鬬鬭𩰚𩰖𩰒鬦闘𨶜𨷖𨷵閗
◆互いに向き合って戦う、また争う、また競う
有6+魚11=総画数17 U+9BAA [イ/まぐろ、しび]
◆チョウザメ(蝶鮫)やヘラチョウザメ(箆蝶鮫)の類
◆マグロ(鮪)、しび(鮪)、サバ科マグロ属の海水魚の総称
有6+魚8=総画数14 U+9C94 [イ/まぐろ、しび]
◆チョウザメ(蝶鮫)やヘラチョウザメ(箆蝶鮫)の類
◆マグロ(鮪)、しび(鮪)、サバ科マグロ属の海水魚の総称
有6+鳥11=総画数17 U+4CD1 [ユウ、ウ/]
◆鳥名、キジ(雉)に似ているという、一説によれば「ハッカン(白鷴)」を指すという
有6+龍16=総画数22 U+9F93 [ロウ、ル/] 𪚞
◆馬の頭に着ける革紐製の用具、これに手綱や銜を取り付ける、「轡(くつわ)」「頭絡(トウラク)」
𪚞有6+龍16=総画数22 U+2A69E [ロウ、ル/]
◆馬の頭に着ける革紐製の用具、これに手綱や銜を取り付ける、「轡(くつわ)」「頭絡(トウラク)」
月(肉)4+2=総画数6 U+808B [ロク/あばら]
◆心臓や肺などの胸部の内臓を取り囲むように並んだ骨、「肋骨(ロッコツ、あばらぼね)」 {人体(胴部)}
◆「肋脦(ロクトク)」、(身なりが)だらしないさま、きちんとしていないさま、「【集韻:卷十:入聲下:徳第二十五:脦】肋脦不正容止也」
◆「雞肋(ケイロク)」◇ニワトリ(鶏)の肋骨(ロッコツ、あばらぼね)◇あまり役には立たないが捨ててしまうには惜しいかと思うもの(「鶏の肋骨は食べるところはないが、かといって捨ててしまうのは何となくもったいない」の意)、「【三國志:魏志:武帝紀】二十四年春…夏侯淵與劉備戰於陽平…(九州春秋曰時王欲還出令曰雞肋官屬不知所謂主簿楊修便自嚴裝人驚問修何以知之修曰夫雞肋棄之如可惜食之無所得以比漢中知王欲還也)」
肋6+竹6=総画数12 U+7B4B [キン、コン/すじ]
◆動物の肉(皮膚と骨を繋いで一定の形や位置を保つ役割を担う組織、筋肉と脂肪とからなる)を構成する伸縮性のある強靱な線状の組織、「【集韻:卷二:平聲:欣第二十一:筋竻腱𦞬肋】說文肉之力也从竹竹物之多筋者又姓古作竻或作腱𦞬亦省俗作䈥非是」
◆線状のもの、線状に繋がっているもの、細く長いもの、またそのような形
◆[日]血の繋がり、血統、「血筋(ちすじ)」
◆[日]物事の道理、物事を行う手順、「筋道(すじみち)」
肋6+艸3=総画数9 U+8355 [キン、コン/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:草部第六:荕】音斤骨也荕肉之力也又姓」
月(肉)4+2=総画数6 U+808C [キ/はだ] 𩨒
◆皮膚や肉や筋肉など人や動物の骨を除いた部分、「肌肉(キニク、筋肉)」「肌膚(キフ、肉と皮膚)」「肌骨(キコツ、肉と骨、骨身)」
◆肉の表面、皮膚
◆[日]はだ、ものの表面
𥬾肌6+竹6=総画数12 U+25B3E [チク/] 筑𥬑𥬶
◆琴に似た細長い弦楽器、細くなった首を持って抱え竹片を弦に打ち当てて音を出す
◆古川名、現陝西省付近を流れていた川、同「𣽆」
◆築く、同「築」
月(肉)4+2=総画数6 U+808E [コウ、ワイ、エ/] 𣍟𦘫𠕔
◆骨に付いている肉、同「肯」
◆吐(は)く
肎6+艸3=総画数9 U+44BF [リョウ/]
◆脂(あぶら)、腸の間の脂
月(肉)4+3=総画数7 U+8091 [テキ、ジャク、ハク、ホク/]
◆両脇腹
◆下腹部、下腹(したばら)が肥えているさま
◆手足の指の関節が鳴る、また鳴らす、またその音、同「𥭖(𩐟)」
𥭖肑7+竹6=総画数13 U+25B56 [ハク、ホク/] 𩐟
◆手足の指の関節が鳴る、また鳴らす、またその音、同「肑」「𤕝」
月(肉)4+3=総画数7 U+8096 [ショウ/に・る、あやか・る]
◆(子が親などに)似る、(姿形が)似ている、「不肖(フショウ、親に似ない、親に似ず至らない、親に似ず愚か、私の謙譲語)」
◆元になるものに似せる、「肖像(ショウゾウ)」
◆小さい
◆[日]あやか・る、あるものに似せる、あるものと同じようになる
肖7+人2=総画数9 U+4FCF [ショウ/]
◆姿かたちが似る、同「肖」
◆良(よ)い、善(よ)い
◆(女性の)姿かたちが良いさま、また美しいさま、また素晴らしいさま、「俊俏(シュンショウ)」
肖7+刀2=総画数9 U+524A [サク、ショウ/けず・る、そ・ぐ]
◆不要なところ(不要なもの)を切り取る、はみ出したり出っ張ったりしているところを切り取る
◆薄く切り取る、少しずつ切り落とす
◆次第に細くなる、また減る、また減らす
◆刀の鞘(さや、刀身を納める筒状のもの)
肖7+口3=総画数10 U+54E8 [ソウ、ショウ/]
◆(容器や人などの)口が窄(すぼ)まっている
◆口を窄めて口笛を吹く
◆見張る、見張り番、「いざという時に口笛を吹いて知らせる」の意
𡌔肖7+土3=総画数10 U+21314 [ショウ/]
◆未詳、「【管子:卷二十四:輕重戊】…一樹而百乘息其下者以其不𡌔也…[†「【鐵琴銅劍樓藏書目錄:卷十四:法家類:管子二十四卷】輕重戊第八十四以其不捎也捎不作𡌔(王曰捎當爲俏俏與肖同)」]」
肖7+女3=総画数10 U+5A0B [ソウ、ショウ/] 𡡏
◆少しずつ侵(おか)す
◆姉
𡜽肖7+女3=総画数10 U+2173D [未詳/]
◆未詳
肖7+宀3=総画数10 U+5BB5 [ショウ/よい] 𣆺
◆日が暮れて辺りがすっかり暗くなる頃
◆日暮れから深夜までの間
◆小さい、同「肖」
◆細糸で模様を織り出した絹織物、同「綃」
𡯩肖7+尢3=総画数10 U+21BE9 [ショウ/] 痟𢈭
◆鈍(にぶ)く重苦しい痛み、凝(こ)った痛み、酸痛(サンツウ)
◆頭や首のきりきりとした痛み
肖7+尸3=総画数10 U+5C51 [セツ、セチ/くず]
◆砕かれて細かくなったもの
◆細々(こまごま)した、瑣末(サマツ)な
◆細かいことに拘(こだわ)らない、潔(いさぎよ)い
◆「不屑(フセツ)」◇細かいこと(ところ)までしっかりと見ない、しっかりと見る価値がない、重視しない、軽視する◇細かいことだが無視はできない、潔(いさぎよ)しとしない
肖7+山3=総画数10 U+5CED [ショウ/] 𡹺
◆山が高く聳(そび)え立つさま、険(けわ)しいさま
◆厳(きび)しいさま、甚(はなは)だしいさま
◆「峬峭(ホショウ)」、(山の、山並みの)姿が素晴らしいさま、姿かたちが美しいさま、同「俊俏(シュンショウ)」
肖7+巾3=総画数10 U+5E29 [ショウ/]
◆「帩頭(ショウトウ)」、結わえた髪を包むようにして巻く長い布、同「幧頭(ショウトウ)」「絡頭(ラクトウ)」「帞頭(バクトウ)」、同「幧」「帞」「幓」「𢂺」「㡑」
𢈭肖7+广3=総画数10 U+2222D [ショウ/] 痟𡯩
◆鈍(にぶ)く重苦しい痛み、凝(こ)った痛み、酸痛(サンツウ)
◆頭や首のきりきりとした痛み
肖7+弓3=総画数10 U+5F30 [ソウ、ショウ/]
◆弓の両端の部分 {弓箭}
𢓮肖7+彳3=総画数10 U+224EE [ショウ/]
◆未詳、「【玉篇:卷十:彳部第一百十九:𢓮】相焦切行皃」
肖7+心3=総画数10 U+6084 [ショウ/] 𢖹
◆心細いさま、心配で心穏やかでないさま
◆物淋(ものさび)しいさま
◆消え入りそうな声や音、声や音が小さく微かで静かなさま、「悄悄(ショウショウ)」
肖7+手3=総画数10 U+634E [ソウ、ショウ/]
◆ものの表面をさっと掠(かす)める
◆さっと払う、さっと払うように打つ
◆ものの表面を払うように削(そ)ぎ切る、掠め取る
𣆺肖7+日4=総画数11 U+231BA [ショウ/よい]
◆日が暮れて辺りがすっかり暗くなる頃
◆日暮れから深夜までの間
◆小さい、同「肖」
◆細糸で模様を織り出した絹織物、同「綃」
肖7+木4=総画数11 U+68A2 [ソウ、ショウ/こずえ]
◆細い枝、枝の先の細い部分
◆物事の先端の細い部分、物事や時間などの末端、先端に向かって次第に細り尖(とが)る形
◆船の舵(かじ)、舵棒
◆手に持ち舞い踊るための竹竿(たけざお)状の舞具、同「箾」
肖7+气4=総画数11 U+3CB5 [ショウ/] 霄䨭
◆空、天空
◆宵(よい)、夜
◆雪や霰などが融け始め水を含んだような状態であるさま
肖7+水3=総画数10 U+6D88 [ショウ/き・える、け・す]
◆減る、少しずつ小さくなる、また少なくなる、また細くなる、またそのようにする
◆次第に小さく(細く)なってやがて姿が見えなくなる、なくなる、後に何も残らない、またそのようにする
◆(次の予定までの)時間を過ごす、また時間を減らす、(空いた)時間を潰(つぶ)す
◆「消極(しょうきょく)」、積極的に事を成そうとする意欲が次第に先細る、積極的に賛意・賛同の意思を示さない
肖7+火4=総画数11 U+7107 [ショウ/]
◆火に当てて乾(かわ)かす、火で熱する
◆金属を溶(と)かす、溶ける、同「銷」
肖7+玉4=総画数11 U+7411 [サ/]
◆「青琑(セイサ)」◇門の青い鎖(くさり)◇皇宮(コウキュウ、コウグウ)の門、宮門の鎖が青く塗られていたことからという、同「青璅」「青瑣」、「【龍龕手鑑:卷四:玉部第八:琑璔𤪸】三俗{⿰王(⿳巛日小)}通瑣𤨏璅三正璅今蘇果反青璅骨璅也」
◆細かい、細々している、同「瑣」、「【忠肅集:臨湘縣閱武亭記】…吾方志逺大彼細務瑣琑焉…」「【漢語大字典:王部:琑】同"瑣"」
肖7+疒5=総画数12 U+75DF [ショウ/] 𢈭𡯩
◆鈍(にぶ)く重苦しい痛み、凝(こ)った痛み、酸痛(サンツウ)
◆頭や首のきりきりとした痛み
𤿨肖7+皮5=総画数12 U+24FE8 [ソウ、ショウ/]
◆鞘(さや)、刀身を納(おさ)める筒状の革袋、同「鞘」
肖7+目5=総画数12 U+7744 [ソウ、ショウ/]
◆ちらっと見る
肖7+矛5=総画数12 U+77DF [サク/]
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「槊」 {刀剣槍}
肖7+石5=総画数12 U+785D [ショウ/]
◆「硝石(ショウセキ)」、白色また白濁色の硝酸カリウムKNO3の鉱石
◆「硭硝(ボウショウ)」、硫酸ナトリウムNa2SO4の10水和物
肖7+禾5=総画数12 U+7A0D [ソウ、ショウ/やや]
◆穀物の穂先
◆小さい
◆漸(ようや)く、徐々に、少しずつ
◆少し、ちょっと、足りない(全くない)ことはないが十分ではない
肖7+竹6=総画数13 U+7B72 [ソウ、ショウ/]
◆飯を入れる竹製の箱
◆「筲箕(ショウキ)」、米を研(と)ぐ笊(ざる)
◆中国戦国時代の楚国の容量の単位 {各種単位}
肖7+糸6=総画数13 U+7D83 [ショウ/] 绡𦂚
◆生糸(きいと)、繭から紡(つむ)ぎ出した糸を撚り合わせて糸にしたもの、煮たり晒(さら)したりする前の糸
◆細糸で模様を織り出した絹織物
肖7+糸3=総画数10 U+7EE1 [ショウ/] 綃𦂚
◆生糸(きいと)、繭から紡(つむ)ぎ出した糸を撚り合わせて糸にしたもの、煮たり晒(さら)したりする前の糸
◆細糸で模様を織り出した絹織物
肖7+舟6=総画数13 U+8244 [ソウ、ショウ/]
◆艫(とも)、船尾
◆哨戒艇
肖7+艸3=総画数10 U+83A6 [ソウ、ショウ/] 𦷟
◆雑草、草が乱雑に生い茂るさま
◆草の根
肖7+虫6=総画数13 U+86F8 [ショウ/たこ]
◆タコ(蛸、鮹、鱆、章魚)、タコ目の海産軟体動物
◆「蜱蛸(ヒショウ)」、カマキリ(蟷螂)の卵鞘(ランショウ、多くの卵が塊になっているもの)、同「螵蛸(ヒョウショウ)」
◆「蠨蛸(ショウショウ)」、アシナガグモ(足長蜘蛛)、アシナガグモ科アシナガグモ属のクモ(蜘蛛)の総称
肖7+衣5=総画数12 U+462F [ソウ、ショウ/]
◆衣服の衽(おくみ、着物の左右の幅にゆとりをもたせるため前身頃に縫い足した部分)、同「衽」「袩」「褸」 {服飾(衣服)}
肖7+言7=総画数14 U+8A9A [ショウ、ジョウ/]
◆声を荒げる、声を荒げて責める、同「譙」
肖7+言2=総画数9 U+8BEE [ショウ、ジョウ/]
◆声を荒げる、声を荒げて責める、同「譙」
◆口汚く
𧳍肖7+豸7=総画数14 U+27CCD [ショウ/]
◆「山𧳍(サンショウ)」、山中に棲むという妖怪の名、小児の姿で一本足だという、同「山魈」、「【字彙:酉集:豸部:𧳍】先彫切音消山𧳍妖精」「【正字通:酉集中:豸部:𧳍】俗字山𧳍本作魈改从豸非」
肖7+走7=総画数14 U+8D99 [チョウ、ジョウ/]
◆足早(あしばや、「歩」よりは速く「走」よりは遅い速さ)に行く、「【說文解字注:走部:趙】趍趙也」
◆小さい、少し
◆戦国時代(前475年~前221年)に現山西省から河北省南部一帯を領した古国名、前403年~前221年
◆東晋十六国時代(五胡十六国時代、304年~439年)に現山西省・河北省一帯を領した国名、戦国時代の国名と同じであるため、前趙(304年~329年)と後趙(319年~351年)に呼び分ける、 {晋(東晋)代}
◆鍬(シャベルshovel状の農具、日本でいう「鋤」)や鋤(振り下ろして土など掘り起こす農具、日本でいう「鍬」)などを土に突き刺す、また突き入れて掘り返す、土を掻き混ぜる、耕(たがや)す、同「㨄」「𠠄」
肖7+足7=総画数14 U+8E03 [ショウ/]
◆跳ねる
肖7+車7=総画数14 U+8F0E [ショウ/]
◆(鹿の皮で飾り立てた)戦争用の車
肖7+辵4=総画数11 U+900D [ショウ/]
◆「逍遥(ショウヨウ)」、思いのままにあちこち歩き回る
𨛍肖7+邑3=総画数10 U+286CD [ショウ/]
◆所有地からの収穫が足りないほどではないが十分ではない
𨡀肖7+酉7=総画数14 U+28840 [イン/]
◆食後に酒で口を漱(すす)ぐ、同「酳」
肖7+金8=総画数15 U+92B7 [ショウ/]
◆金属を熱して溶(と)かす、溶ける、同「焇」
◆次第に小さくなる、次第に小さくなって消(き)える、同「消」
◆少しずつ減る
肖7+金5=総画数12 U+9500 [ショウ/]
◆金属を熱して溶(と)かす、溶ける、同「焇」
◆次第に小さくなる、次第に小さくなって消(き)える、同「消」
◆少しずつ減る
肖7+阜3=総画数10 U+9657 [ショウ/]
◆山や崖などが壁のように切り立っているさま、険(けわ)しいさま、同「陖」
肖7+雨8=総画数15 U+9704 [ショウ/] 䨭㲵
◆空、天空
◆宵(よい)、夜
◆雪や霰などが融け始め水を含んだような状態であるさま
肖7+革9=総画数16 U+9798 [ソウ、ショウ/さや]
◆細い革紐(かわひも)、「鞭鞘(ベンショウ、鞭の先の細い革紐)」
◆さや、刀身を納(おさ)める筒状の革袋、また金属製・木製などの筒、同「韒」「鞞」「削」 {刀剣槍}
肖7+韋9=総画数16 U+97D2 [ソウ、ショウ/] 𤿨
◆鞘(さや)、刀身を納(おさ)める筒状の革袋、同「鞘」
肖7+風9=総画数16 U+98B5 [ソウ、ショウ/]
◆風の音
𩛱肖7+食8=総画数15 U+296F1 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:食部:𩛱】同"潲"」
𩠦肖7+首9=総画数16 U+29826 [ケイ、ケ/] 𩠜䭬䭫𩠥𩠨
◆「𩠦首(ケイシュ)」、同「稽首」、跪(ひざまず)き、膝の前で手を揃えて地に着け、頭をその手に乗せ、その状態を保つ礼、九拝(拝礼の作法)の内で最も丁寧なもの {姿勢(拝礼)}
𩡈肖7+香9=総画数16 U+29848 [ヘツ、ヘチ/] 䭱𩡡𩡟𩠿𩡀𩡅
◆ほのかな香り
𩩓肖7+骨10=総画数17 U+29A53 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:骨部:𩩓】同"䯚"。字见《五经文字》」「【中文大辭典:骨部:𩩓】與𩨴同[五經文字]𩨴亦作𩩓」
肖7+髟10=総画数17 U+9AFE [ソウ、ショウ/]
◆頭の上また後ろで束ねて垂らした髪また髪形
◆旌旗に垂れるように付けた羽飾り
肖7+鬼10=総画数17 U+9B48 [ショウ/]
◆「山魈(サンショウ)」◇マンドリルmandrill、オナガザル科マンドリル属の霊長類、また同属の霊長類の総称◇山中に棲むという妖怪の名、小児の姿で一本足だという、「【康熙字典:亥集上:鬼部:魈】《抱朴子登涉篇》山精形如小兒獨足向後夜喜犯人名曰魈呼其名則不能犯也」、但し「【抱朴子:内篇:卷十七:登涉】山中山精之形如小兒而獨足走向後喜來犯人」に「名曰魈」は見当たらなかった
肖7+魚11=総画数18 U+9BB9 [ソウ、ショウ/たこ]
◆ヤガラ(矢柄)、ヤガラ科ヤガラ属の魚、また同科同属の魚の総称、体が矢柄(やがら)のように馬鞭(バベン、むち)のように煙管(きせる)のように細長い、同「馬鞭魚(バベンギョ、マヘンギョ)」「煙管魚(エンカンギョ)」、「【證類本草:卷二十:鮹魚】味甘平無毒主五野鶏痔下血瘀血在腹似馬鞭尾有兩歧如鞭鞘故名之出江湖」
◆タコ(蛸、鮹、鱆、章魚)、タコ目の海産軟体動物
𪁎肖7+鳥11=総画数18 U+2A04E [ショウ/]
◆鳥名
𪌯肖7+麥11=総画数18 U+2A32F [ソツ、セツ、セチ/] 𪍛𪌔
◆ムギ(麦)を碾(ひ)いて篩(ふるい)に掛けた際に篩に残る粗(あら)い麦粉、コメ(米)は「糏」
𪑊肖7+黑12=総画数19 U+2A44A [ショウ/]
◆「𪑊䵴(ショウソウ)」、顔の黒子(ほくろ)
月(肉)4+3=総画数7 U+8098 [チュウ/ひじ]
◆上臂(ジョウヒ、日本でいう上腕)と前臂(ゼンヒ、日本でいう前腕)を繋ぐ関節の部分 {人体(上肢)}
𤶡肘7+疒5=総画数12 U+24DA1 [チュウ、チュ/]
◆腹部或いは下腹部の病気、腹が膨れる病気
月(肉)4+3=総画数7 U+8099 [エン/]
◆小さな虫、ボウフラ(孑孓)
肙7+刀2=総画数9 U+5248 [エン/] 𠜟𠛭
◆小さくて深い穴
◆穿(ほじく)り出す
肙7+土3=総画数10 U+57CD [ケン、ゲン/]
◆労役囚が入る泥土で造った牢
◆女の罪人を入れる牢
肙7+女3=総画数10 U+5A1F [ケン、エン/]
◆しなやかで美しいさま、繊細で優美なさま
肙7+弓3=総画数10 U+5F32 [ケン、エン/]
◆角弓(つのゆみ)、角(つの)を嵌(は)め込んで飾った弓
◆弓の弦
肙7+心3=総画数10 U+6081 [ケン、エン/] 𢞈𢛋
◆憂える、あれこれと思いが巡り悩む、同「㾓」
◆苛々(いらいら)する、気が急(せ)く、「【說文解字注:心部:悁】忿也({⿰忄䏍}之言獧也獧急也澤陂曰中心{⿰忄䏍}{⿰忄䏍}傳曰{⿰忄䏍}{⿰忄䏍}猶悒悒也)…」「【康熙字典:卯集上:心部:悁】《集韻》《韻會》規掾切𠀤音絹躁急也」
肙7+手3=総画数10 U+6350 [エン/]
◆棄(す)てる、放り出す
◆投げ打つ、差し出す
◆損(そこ)なう、減らす
◆「棄捐(キエン)」、捨て去る、見捨てる
◆「捐身(エンシン)」、身を捨てる、身を削り尽くす、同「献身」
◆「捐助(エンジョ)」、金品を差し出して助ける、寄付する、「義捐(ギエン)」、同「援助」
◆「捐官(エンカン)」、金品を納めて(貯えを差し出して、減らして)官職を得る
◆「捐税(エンゼイ)」、(貯えを割いて納める)税金
◆「捐瘠(エンセキ)」、体の肉が削(そ)げ落ちる、痩(や)せ細る
肙7+木4=総画数11 U+688B [ケン、エン/]
◆木製の丸い小さな器、椀(ワン)、同「鋗」
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:先第一:梋】椀謂之梋一曰車環」
𣪓肙7+殳4=総画数11 U+23A93 [未詳/]
◆未詳
肙7+水3=総画数10 U+6D93 [ケン/]
◆細々とした水の流れ
◆細々としたさま、小さいさま
◆清(きよ)い、穢(けが)れがない、同「潔」
◆(幾つもの中から良いものを)選ぶ、選び出す、「左思【魏都賦(テキスト版)】量寸旬,涓吉日」
肙7+火4=総画数11 U+7106 [ケン、ケツ/]
◆光が明るく鮮やかなさま
◆煙(けむ)るさま
◆燃え始めるさま
肙7+犬3=総画数10 U+72F7 [ケン/] 𢔮
◆信念や意志が堅固で自分の意に添わないことはしないさま、度量や見識が狭小で自分の意に添わないことはしないさま、「狷介(ケンカイ)」、同「獧」
◆(度量や見識が狭小で)せっかちなさま、気が短いさま、同「獧」
肙7+玉4=総画数11 U+7404 [ケン、ゲン/]
◆佩玉(ハイギョク)、腰に掛けて垂らす玉(ギョク、高貴な石)を連ねた飾り {服飾(佩)}
◆「琄琄(ケンケン)」、垂らした佩玉が揺れるさま
肙7+瓦5=総画数12 U+74F9 [ケン/]
◆底に注(つ)ぎ口用の孔を開けた大きな酒壺
肙7+疒5=総画数12 U+3F93 [エン/]
◆関節が疼(うず)く、「ずきずき」「ひりひり」と痛む
◆憂える、あれこれと思いが巡り悩む、同「悁」
肙7+目5=総画数12 U+774A [ケン/]
◆横目で見る
◆「睊睊(ケンケン)」、ちらっと横目で見るさま
𪿠肙7+石5=総画数12 U+2AFE0 [未詳/]
◆未詳
肙7+禾5=総画数12 U+414C [ケン/] 𪌭
◆ムギ(麦)の中空の茎、麦藁(むぎわら)、同「𧆇」
肙7+糸6=総画数13 U+7D79 [ケン/きぬ]
◆蚕の繭から紡いで作った生糸で織った織物
◆鳥獣を捕る網
肙7+糸3=総画数10 U+7EE2 [ケン/きぬ]
◆蚕の繭から紡いで作った生糸で織った織物
◆鳥獣を捕る網
肙7+网5=総画数12 U+7F65 [ケン/] 𦊰𦋀𦊌𦌄䍗
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「羂」「繴」「罿」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」「【徐文長文集:卷之十五:啓諸南明待郎】…辟如雉兎觸𦊰於籠牢盻盻焉不知伏處而待命」
◆絡(から)まる、絡まり付く、同「羂」
𦋀肙7+网4=総画数11 U+262C0 [ケン/] 罥𦊰𦊌𦌄䍗
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「羂」「繴」「罿」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」「【徐文長文集:卷之十五:啓諸南明待郎】…辟如雉兎觸𦊰於籠牢盻盻焉不知伏處而待命」
◆絡(から)まる、絡まり付く、同「羂」
𦐽肙7+羽6=総画数13 U+2643D [ケン/] 𦑉𦑰
◆素早(すばや)いさま、身のこなしが軽いさま、同「翾」、「【正字通:未集中:羽部:𦐽】呼淵切音喧小飛也」「【正字通:未集中:羽部:𦑰】俗翾字翾別作𦐽譌从員作𦑰舊註音環飛也與𦐽翾義同」
肙7+虫6=総画数13 U+870E [エン、ケン、ゲン/]
◆体を曲げ伸ばしながら進むさま
◆ボウフラ(孑孓)、カ科の幼虫
肙7+衣5=総画数12 U+88D0 [ケン/]
◆衣服が小さく窮屈なさま
𨌉肙7+車7=総画数14 U+28309 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:銑第二十七:𨊼𩉥𨌉】車弓也或从革从䏍」
𨛡肙7+邑3=総画数10 U+286E1 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:酉集:邑部:𨛡】有軍切音云國名○俗作{⿰䏍阝}」「【漢語大字典:邑部:𨛡】【中華字海:邑部:𨛡】同"鄖"」
肙7+金8=総画数15 U+92D7 [ケン/]
◆小さな盆(ボン、底が平らで深みのある丸い容器)、同「梋」
◆弦(つる、吊り下げるための"∩"字状の取っ手)付きの小鍋(なべ)
◆玉(ギョク、美しい石)がぶつかり合う音
肙7+阜3=総画数10 U+49CE [未詳/]
◆未詳
𨿔肙7+隹8=総画数15 U+28FD4 [ケン/] 鵑䳌鹃
◆「杜𨿔(トケン)」◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科カッコウ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鳲鳩(シキュウ)」「鴶鵴(カツキク)」「布穀(フコク)」◇[日]ホトトギス(杜鵑)、カッコウ科カッコウ属の鳥◇ツツジ(躑躅)、ツツジ科ツツジ属の花木 {ツツジ}
肙7+革9=総画数16 U+9799 [ケン、ゲン/]
◆革紐(かわひも)、軛(アク、ヤク、くびき、牛馬の項うなじに掛ける"へ"字状の馬具)や勒(ロク、馬などの家畜の頭部に着ける革紐製の用具、頭絡トウラク)などに繋(つな)ぐ革紐(かわひも)、同「䩙」「𩉥」
◆細い革紐(かわひも)を房状に垂らした鞘(さや、刀身を納める筒状の革袋)飾り、同「䩙」、「【龍龕手鑑:卷四:革部第十:鞙䩙】胡大反䪎刀鞘也」
◆「鞙鞙(ケンケン)」、垂らした革紐が(また革紐に付けた玉飾りが)揺れるさま
肙7+食8=総画数15 U+4B3C [エン/] 𩝤
◆飽食する、これ以上食べられないほど食べる
肙7+馬10=総画数17 U+99FD [ケン/] 𩢺
◆青黒い毛色の馬
𩩐肙7+骨10=総画数17 U+29A50 [未詳/]
◆未詳、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷十七:車攻】徒御不驚大庖不盈(《傳》…一曰乾豆二曰賓客三日充君之庖故自左膘而射之達于右腢為上殺射右耳本次之射左髀達于右𩩐為下殺…)」
注解:「下殺」は「第三之殺」を指し、「【春秋公羊傳注疏:卷四:桓公】三曰充君之庖(《注》充備也庖廚也三者第三之殺也自左膘射之達于右䯚中腸𦝩汚泡死遅以充君之庖…)」の「䯚」の訛字と思われる
𩷫肙7+魚11=総画数18 U+29DEB [未詳/]
◆未詳
肙7+鳥11=総画数18 U+9D51 [ケン/] 䳌鹃𨿔
◆「杜鵑(トケン)」◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科カッコウ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鳲鳩(シキュウ)」「鴶鵴(カツキク)」「布穀(フコク)」◇[日]ホトトギス(杜鵑)、カッコウ科カッコウ属の鳥◇ツツジ(躑躅)、ツツジ科ツツジ属の花木 {ツツジ}
肙7+鳥5=総画数12 U+9E43 [ケン/] 鵑䳌𨿔
◆「杜鹃(トケン)」◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科カッコウ属の鳥、また同属の鳥の称、同「鳲鳩(シキュウ)」「鴶鵴(カツキク)」「布穀(フコク)」◇[日]ホトトギス(杜鵑)、カッコウ科カッコウ属の鳥◇ツツジ(躑躅)、ツツジ科ツツジ属の花木 {ツツジ}
𪌭肙7+麥11=総画数18 U+2A32D [ケン/]
◆ムギ(麦)の中空の茎、麦藁(むぎわら)、同「𧆇」
月(肉)4+3=総画数7 U+809C [ユウ、ユ、シン/]
◆祭礼の次の日に引き続いて行われる祭礼
◆船が進み行くさま
𧠿肜7+見7=総画数14 U+2783F [チン/] 𧡬䚀䚁𥉨𥉎𧡆
◆こっそりと頭を出して外を窺(うかが)う
𦘴月(肉)4+3=総画数7 U+26634 [ト、ツ/] 𦙅
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「胍𦘴(コト)」「𦘴胍(トコ)」
𥭬𦘴7+竹6=総画数13 U+25B6C [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:未集:竹部:𥭬】扶微切音肥竹名」「【中華字海:竹部:𥭬】"䈈"」
月(肉)4+4=総画数8 U+43D4 [ジュウ、ニュウ/]
◆肉を食う
◆肘(ひじ)、上臂(ジョウヒ、日本でいう上腕)と前臂(ゼンヒ、日本でいう前腕)を繋ぐ関節の部分 {人体(上肢)}
◆柔らかく良質な肉、よく肥えたおいしい肉、同「腬」
◆鼻血、鼻からの出血、同「衄」
𦱙䏔8+艸3=総画数11 U+26C59 [ジュウ、ニュウ/] 莥𦶆
◆タンキリマメ(痰切豆、マメ科タンキリマメ属の草)の種子 {タンキリマメ}
月(肉)4+4=総画数8 U+43D9 [タン、ダン/]
◆肉汁のどろどろとした澱(おり、沈殿物)
𥁺䏙8+皿5=総画数13 U+2507A [タン/] 醓𥂘𥁭𧖺𨡍
◆肉に塩・麹・酒などを加えて発酵させたもの、肉醤、特に汁状のもの
𧖺䏙8+血6=総画数14 U+275BA [タン/] 醓𥂘𥁺𥁭𨡍
◆肉に塩・麹・酒などを加えて発酵させたもの、肉醤、特に汁状のもの
冂部
日部
月4+4=総画数8 U+670B [ホウ、ボウ/とも]
◆同じ道を志(こころざ)す、同じ師に学ぶ、同じ目的を持って集まる、またそのような人、同門の人、「友」は同じ思いや考えを持つ人、「【論語注疏:卷一】正義曰鄭𤣥注大司徒云同師曰朋同志曰友」
朋8+人2=総画数10 U+5017 [ホウ、ボウ/]
◆朋(とも)、同門の人、同じ目的を持って集まった人、同「朋」
◆委(ゆだ)ねる、体を預ける
◆傍で支え助ける、同「輔」
𠜳朋8+刀2=総画数10 U+20733 [ホウ/]
◆叩(たた)き切る、(刃物などを振り下ろすようにして、或いは叩き付けるようにして堅いものを)ずばっと切る、またすぱっと削(そ)ぐ、またぐさっと差し込む、同「𣂤」「斫」
𠡮朋8+力2=総画数10 U+2086E [ホウ、ヒョウ/] 奟㔙
◆大きな力、力が強いさま
朋8+土3=総画数11 U+580B [ホウ/あずち] 𡐐𡊤
◆死者を土中に葬(ほうむ)る、土葬する、同「塴」「𥦜」「窆」
◆水の量や流れを調整するための堰(せき、土盛り)
◆あずち、弓の的(まと)を置くための盛り土(もりつち)、安土(あずち)、同「垜」
朋8+大3=総画数11 U+595F [ホウ、ヒョウ/] 𠡮㔙
◆大きな力、力が強いさま
朋8+山3=総画数11 U+5D29 [ホウ/くず・れる] 𡷌𡹔𨻱𨹹
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
𡹔朋8+山3=総画数11 U+21E54 [ホウ/くず・れる] 崩𡷌𨻱𨹹
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
朋8+弓3=総画数11 U+5F38 [ホウ、ビョウ/]
◆弓が強靱(キョウジン)なさま
◆弓が一杯に引き絞られたさま、張り詰める、漲る、満ちる
◆弓の弦
◆「弸彋(ホウコウ)」◇弓を一杯に引き絞る音、「【廣韻:下平聲:耕第十三:宏:彋】弸彋開張也」◇帷帳(イチョウ、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす幕)が翻(ひるがえ)るさま、またその音、「【廣韻:下平聲:庚第十二:橫:彋】弸彋帷帳起皃」
朋8+手3=総画数11 U+63A4 [ヒョウ/]
◆矢筒(やづつ、矢を入れる筒状の容器)の蓋
𣂤朋8+斤4=総画数12 U+230A4 [ホウ/]
◆叩(たた)き切る、(刃物などを振り下ろすようにして、或いは叩き付けるようにして堅いものを)ずばっと切る、またすぱっと削(そ)ぐ、またぐさっと差し込む、同「𠜳」「斸」
𦜳朋8+月4=総画数12 U+26733 [セイ、ショウ/あきら・か] 晶𣇵
◆きらきらと光る
◆汚(けが)れがなく澄み切った光、またそうした光を放つもの
◆「水晶」の略称
朋8+木4=総画数12 U+68DA [ホウ、ビョウ、ボウ/たな]
◆竹や木を組んで上を覆った建物
◆粗末な小屋、掘建て(ほったて)小屋
◆棒や板を横に並べて架け渡した橋や道、同「桟」「閣」
◆[日]物を載せるために横に渡した板、またそのような形のもの
朋8+水3=総画数11 U+6DDC [ヒョウ、ビョウ、ホウ/] 𣳷𣻫
◆徒歩で川を渡る、同「馮」
◆「淜滂(ヒョウホウ)」、風が(激しく)物に当たる音の形容、(勢いよく涌き上がる)水の音の形容
朋8+火4=総画数12 U+7129 [ヒョウ、ビョウ/]
◆未詳、「【成化丁亥重刊改併五音類聚四聲篇海:卷第十三:火部第八:焩】音憑火㒵」
𤊏朋8+火4=総画数12 U+2428F [未詳/]
◆未詳
朋8+疋5=総画数13 U+3F70 [ショ、ソ/] 𤴙𤱐
◆木や竹を網状に組んだものを嵌(は)め込んだ窓、格子窓
朋8+疒5=総画数13 U+75ED [ホウ/]
◆血崩(ケッポウ)、女性の陰道から大量に出血する病気
𥂀朋8+皿5=総画数13 U+25080 [未詳/]
◆未詳
朋8+石5=総画数13 U+787C [ホウ、ヒョウ/]
◆ホウ素(硼素、Boron、B)、元素名 {ホウ素}
朋8+禾5=総画数13 U+7A1D [ホウ、ボウ/]
◆穀物がびっしりと生えているさま
◆穀物が整然と並んで生えているさま
𥦜朋8+穴5=総画数13 U+2599C [ホウ/]
◆死者を土中に葬(ほうむ)る、土葬する、同「𠳫」「堋」
朋8+糸6=総画数14 U+7DB3 [ホウ、ヒョウ/] 繃绷𦇜
◆紐や帯や布を解(ほど)けないようにしっかりと(ぴったりと)巻き付ける
◆小児を背負うための細長い帯、負い紐(おぶいひも)、同「䙖」「襁」
朋8+糸3=総画数11 U+7EF7 [ホウ、ヒョウ/] 繃綳𦇜
◆紐や帯や布を解(ほど)けないようにしっかりと(ぴったりと)巻き付ける
◆小児を背負うための細長い帯、負い紐(おぶいひも)、同「䙖」「襁」
朋8+艸3=総画数11 U+8420 [ハン、モウ、ミョウ、ホウ、ボウ/も・える、も・ゆ、きざ・し、きざ・す]
◆姓用字、「【中華字海:艹部:萠】音攀〗姓」
◆[日]同「萌」
朋8+衣5=総画数13 U+4640 [ホウ、ヒョウ/] 䙖𧚸
◆小児を背負うための細長い帯、負い紐(おぶいひも)、同「繃」「襁」、「【龍龕手鑑:卷一:衣部第十:䙖】正比爭反束兒衣也與繃同」
朋8+車7=総画数15 U+8F23 [ホウ、ビョウ/]
◆兵車、戎車(ジュウシャ)、軍隊が使う(戦闘用の)車
◆物見櫓(ものみやぐら)のある背の高い兵車、同「𨋊」
◆車の(兵車の)力強く勇壮な音、同「𨎧」
朋8+金8=総画数16 U+930B [ホウ、ビョウ/]
◆兵器
◆未詳、【龍龕手鑑:卷一:金部第一:錋】徒口反酒器也或作鍮今作鐙」
𨹹朋8+阜3=総画数11 U+28E79 [ホウ/くず・れる] 崩𡷌𡹔𨻱
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
朋8+髟10=総画数18 U+9B05 [ホウ、ボウ/]
◆髪がぼさぼさと(もさもさと)しているさま、「鬅鬆(ホウショウ)」
◆「鬅鬙(ホウソウ)」◇髪がばらばらと乱れるさま◇(草木が)ぼうぼうとしているさま、入り乱れているさま、「【晚晴簃詩匯:卷六十九:柏巖山】…老樹鬱鬅鬙…」
朋8+鳥11=総画数19 U+9D6C [ホウ、ボウ/おおとり] 鹏𩿾
◆鯤(コン、北方の大海に棲むという伝説上の大魚)が姿を変えたとされる並外れて大きな鳥、「【莊子:内篇:逍遙遊】北冥有魚其名爲鯤鯤之大不知其幾千里也化而為鳥其名爲鵬」
朋8+鳥5=総画数13 U+9E4F [ホウ、ボウ/おおとり] 鵬𩿾
◆鯤(コン、北方の大海に棲むという伝説上の大魚)が姿を変えたとされる並外れて大きな鳥、「【莊子:内篇:逍遙遊】北冥有魚其名爲鯤鯤之大不知其幾千里也化而為鳥其名爲鵬」
月(舟)4+4=総画数8 U+670D [フク、ブク/] 𣍞𦨕𦨋𦨈𦨊
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
注解:いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
服8+木4=総画数12 U+68F4 [フク、ブク/]
◆木名、崑崙(コンロン、中国西方域にあったという山)に産するという
服8+竹6=総画数14 U+7B99 [フク、ブク/えびら]
◆矢を入れて背負う筒状(箱型・籠型・袋型など、竹製・革製など)の容器
服8+艸3=総画数11 U+83D4 [フク、ブク/] 𦻉
◆「蘆菔(ロフク)」、ダイコン(大根)、アブラナ科ダイコン属の野菜、別名「蘆萉(ロヒ)」「蘿蔔(ラフク)」 {ダイコン}
𧌘服8+虫6=総画数14 U+27318 [ヒ/]
◆「𧌘𧔥」、同「蜰𧔥」、旱(ひでり)の前に現れるという六足四翼のヘビ(蛇)の名
𧟱服8+襾6=総画数14 U+277F1 [ハク、ビャク/] 𧟵
◆不快で見苦しい、みっともない
◆農夫に対する蔑称、身分の低い者に対する蔑称
𧟵服8+襾6=総画数14 U+277F5 [ハク、ビャク/] 𧟱
◆不快で見苦しい、みっともない
◆農夫に対する蔑称、身分の低い者に対する蔑称
服8+鳥11=総画数19 U+9D69 [フク、ブク/] 𪂖𪀢
◆鳥名、不詳、姿はフクロウ(梟、フクロウ科の鳥)に似て夜になると不気味な声で鳴くという、「【爾雅翼:釋鳥四:鵩】似鴞不祥鳥夜為惡聲者…[†「鴞」はフクロウ科の鳥]」
𪂖服8+鳥11=総画数19 U+2A096 [フク、ブク/] 鵩𪀢
◆鳥名、不詳、姿はフクロウ(梟、フクロウ科の鳥)に似て夜になると不気味な声で鳴くという、「【爾雅翼:釋鳥四:鵩】似鴞不祥鳥夜為惡聲者…[†「鴞」はフクロウ科の鳥]」
月(肉)4+4=総画数8 U+80A1 [コ、ク/また、もも] 𦙶
◆腰から"Λ"字状に分かれ部分、大腿(ダイタイ、腰の下から膝までの部分)、両大腿に挟まれる部分(内側)を「胯」 {人体(下肢)}
◆二つに枝分かれしたもの、"Λ"字状に分かれたもの
◆幾つかに分かれたもの、役割毎に分けた係・担当、幾つかに別れた集団
◆「股肱(ココウ)」、天子や君主の足(股)となり腕(肱)となり尽くしてくれる人
◆直角不等辺三角形の直角を挟む二つの辺の長い方、短い方を「勾(コウ)」、斜辺を「弦(ケン、ゲン)」
◆株(かぶ)、「股市(クゥシ)、株式市場」
𦜴股8+月(肉)4=総画数12 U+26734 [トン、ドン/] 𦟓
◆「勝𦜴(ショウトン)」、人名、未詳、同「勝臀」、「【康熙字典:未集補遺:肉部:𦟓】《戰國策》勝臀人名《注》臀元作𦟓字書無之」
月(肉)4+4=総画数8 U+80A5 [ヒ、ビ/こ・える、こえ、こ・やす] 𦘺
◆脂肪を多く含んだ肉が付いている、脂肪を多く含んだ肉が付いて太っている、肉付きが良い
◆土がたっぷりと養分を含んでいる、地味(ちみ)が良い
◆地味(ちみ)を良くするために与える養分
◆たっぷりと貯(たくわ)えがあるさま、豊(ゆた)かなさま、ゆとりがあるさま
肥8+人2=総画数10 U+4FF7 [ヒ、ビ/]
◆道理に背く
𡝞肥8+女3=総画数11 U+2175E [ヒ、ハイ、ヘ/] 妃𡝑
◆天子の正妻、同「后」
◆后(きさき、正妻)の次の位の妻
◆皇太子の正妻
◆女神(ジョシン、めがみ)、女性の神
肥8+水3=総画数11 U+6DDD [ヒ、ビ/]
◆「淝水(ヒスイ)」、安徽省から流れ出る川
𤷂肥8+疒5=総画数13 U+24DC2 [ヒ/]
◆小さな吹出物(ふきでもの)ができる病気、発疹(ホッシン、ハッシン)、汗疹(あせも)
◆中風(チュウブウ)
肥8+竹6=総画数14 U+4208 [ヒ、ビ/]
◆竹名、未詳、「【竹譜(李衎):卷六】{⿱竹𢈔}(音與)竹 元竹實中 太極竹長百丈 䉁竹 䈈竹 笗竹 簡竹 胥竹 觀系竹 𥳉竹 {薎-艹+竹}籋(音彌)竹[†「胥竹」は「䈝竹」かと思われる]」
◆竹を組んだ柵や垣根、同「笆」
肥8+艸3=総画数11 U+8409 [ヒ、ビ/]
◆アサ(麻)の実また種子、同「蕡」
◆「蘆萉(ロヒ)」、ダイコン(大根)、アブラナ科ダイコン属の野菜、別名「蘆菔(ロフク)」「蘿蔔(ラフク)」 {ダイコン}
肥8+虫6=総画数14 U+8730 [ヒ、ビ/] 𧌳
◆トコジラミ(床虱)、トコジラミ科トコジラミ属の昆虫、別名「南京虫(なんきんむし)」、漢名「臭蟲(シュウチュウ)」
◆「蠦蜰(リョヒ)」、ゴキブリ(蜚蠊)、ゴキブリ目の昆虫の総称、同「蜚」、別名「蟑螂(ショウロウ)」
◆「蜰𧔥(ヒイ)」、六足で四つの翼を持つというヘビ(蛇)の名、このヘビが現れると必ず旱(ひでり)になるという、「【山海經:西山經】鳥獸莫居有蛇焉名曰肥𧔥六足四翼見則天下大旱」
𧌳肥8+虫6=総画数14 U+27333 [ヒ、ビ/]
◆トコジラミ(床虱)、トコジラミ科トコジラミ属の昆虫、別名「南京虫(なんきんむし)」、漢名「臭蟲(シュウチュウ)」
◆「蠦𧌳(リョヒ)」、ゴキブリ(蜚蠊)、ゴキブリ目の昆虫の総称、同「蜚」、別名「蟑螂(ショウロウ)」
◆「𧌳𧔥(ヒイ)」、六足で四つの翼を持つというヘビ(蛇)の名、このヘビが現れると必ず旱(ひでり)になるという、「【山海經:西山經】鳥獸莫居有蛇焉名曰肥𧔥六足四翼見則天下大旱」
月(肉)4+4=総画数8 U+80A9 [ケン/かた] 𦚑𦙪𢩌𡱎
◆首の付け根から腕の付け根までの部分、四足の動物の場合は両前足の付け根の間の部分 {人体(上肢)}
◆責任や任務などを担(にな)う、またそれによく耐える、「【爾雅注疏:釋詁】犯奢果毅剋捷功肩堪勝也(…《疏》皆謂得勝也舎人曰肩強之勝也…)」
肩8+手3=総画数11 U+63AE [ケン/]
◆肩に担(かつ)ぐ、また担いで運ぶ
◆「掮客」、売買の仲介をする人
𣓖肩8+木4=総画数12 U+234D6 [ケイ、ケ/]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、同「枓」「欂」、"U"字形の木材(栱)と組み合わせた部材を「枓栱(斗栱、トキョウ)」という {建物}
肩8+犬3=総画数11 U+730F [ケン/] 豣豜𧱚𧱸𧲀𧲨
◆三歳のブタ(豚)、十分に生長した大きなブタ(豚)、一歳は「豵」、二歳は「豝」
肩8+艸3=総画数11 U+83FA [ケン/]
◆タチアオイ(立葵)、アオイ科の草
𧡌肩8+見7=総画数15 U+2784C [カン、ケン/] 𧢞
◆反抗するような目付きで見る、「【說文解字注:覞部:𧢞】很視也(很者不聽從也)」
𧱚肩8+豕7=総画数15 U+27C5A [ケン/] 豣豜猏𧱸𧲀𧲨
◆三歳のブタ(豚)、十分に生長した大きなブタ(豚)、一歳は「豵」、二歳は「豝」
𨿱肩8+隹8=総画数16 U+28FF1 [ケン/]
◆「鶗𨿱(テイケン)」、ハイタカ(鷂)、タカ科オオタカ属の鳥
肩8+頁9=総画数17 U+9845 [ケン/]
◆首が長いさま
◆髪が少ないさま
肩8+鳥11=総画数19 U+9D73 [ケン/] 𨿱
◆「鶗鵳(テイケン)」、ハイタカ(鷂)、タカ科オオタカ属の鳥
月(肉)4+4=総画数8 U+80AB [シュン、ジュン、トン、ドン/] 𦙛
◆誠実で懇(ねんご)ろなさま、心配りが隅々まで行き届いているさま、「肫肫(ジュンジュン)」「肫懇(ジュンコン)」
◆食用にするニワトリ(鶏)・ガチョウ(鵝鳥)・カモ(鴨)などの鳥の胃袋、同「胗」
◆頬(ほお、ほほ)、頬骨(キョウコツ、ほおぼね、ほほぼね)
◆小さいイノシシ(猪)またブタ(豚、家畜化されたイノシシ)
◆「䐊肫(コントン)」、ワンタン(雲呑、餛飩)、小麦粉に水などを加え捏(こ)ね、丸めた食べ物、またそれを延ばして餡(あん)を包み込んだ食べ物、同「餛飩」「䊐𥸵」
𤊯肫8+火4=総画数12 U+242AF [トン、ドン/] 𦜯
◆肉を煮る、肉を調理する、「【集韻:卷五:上聲上:混第二十一:𤊯】烹肉也」
月(肉)4+4=総画数8 U+80AC [ユウ、ウ/いぼ]
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起、同「疣」「𪐤」
𤷊肬8+疒5=総画数13 U+24DCA [ユウ、ウ/いぼ]
◆皮膚の表面にできる小さな肉の突起、同「肬」「𪐤」
◆ものの表面の小さな突起
月(肉)4+4=総画数8 U+80AF [コウ/がえん・ずる] 𦙡肻𦚋𦊈
◆骨に付いている肉、同「𣍟」
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する、頷(うなず)く、「肯定(コウテイ)」「首肯(シュコウ)」
肯8+口3=総画数11 U+5543 [コン/] 𠳁𡆟
◆齧(かじ)る、歯で噛(か)む
𡞚肯8+女3=総画数11 U+2179A [コウ/]
◆幼児(ようじ、おさなご)
肯8+手3=総画数11 U+63AF [コウ/]
◆強く押え付ける
◆強く迫る
肯8+衣5=総画数13 U+8903 [コウ/]
◆身頃(みごろ)と袖の継ぎ目
𨌳肯8+車7=総画数15 U+28333 [コウ、キョウ/] 𨍵𨎁䡠
◆車が堅く頑丈なさま、またしなやかで強いさま、同「䡰」
肯8+金8=総画数16 U+9339 [コウ/]
◆スカンジウムScandium(Sc)の旧名、現「鈧」
月(肉)4+4=総画数8 U+80B2 [イク/そだ・てる、はぐく・む] 𦝑𩛭
◆(生まれたばかりの子「𠫓」に)栄養や知識などを与えて成長させる、養分を与えて生長させる
◆古「毓」
育8+人2=総画数10 U+4FFC [イク/]
◆養い育てる、同「鬻」
育8+口3=総画数11 U+5537 [ヨ/]
◆「喔唷(オヨ、オヨゥ)」、軽い驚きや痛みを感じた時の「おぅ」「うぉ」などの音を表す語
◆「哼唷(コウヨ、ハンヨゥ)」、「えぃ」「よいしょ」などの力を入れる時の掛け声
◆煩(うるさ)い声、喧(やかま)しい音、耳に障(さわ)る声や音、同「喅」
育8+土3=総画数11 U+5809 [イク、ヨク/]
◆肥沃な土地
育8+女3=総画数11 U+36E9 [チュウ、チク、ジク/]
◆心が揺れ動くさま、心穏やかでないさま、「【廣韻:下平聲:尤第十八:抽:妯】詩曰憂心且妯妯動也悼也」
◆「㛩娌(チュウリ)」、夫の兄弟の妻、夫の兄弟の妻同士が互いに呼び合う語、「【爾雅注疏:釋親】長婦謂稚婦為娣婦娣婦謂長婦為姒婦(《注》今相呼先後或云妯娌)」
𦝑育8+月(肉)4=総画数12 U+26751 [イク/そだ・てる、はぐく・む] 育𩛭
◆(生まれたばかりの子「𠫓」に)栄養や知識などを与えて成長させる、養分を与えて生長させる
◆古「毓」
育8+木4=総画数12 U+68DB [イク/] 𣚥
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:棛𣚥】覆欄也」
育8+水3=総画数11 U+6DEF [イク/]
◆「淯水(イクスイ)」、河南省を源とする川の名
育8+火4=総画数12 U+7134 [イク/]
◆明るく輝(かがや)く
◆盛んに燃え立つ炎(ほのお)、火焔(カエン)
𥺞育8+米6=総画数14 U+25E9E [シュク、イク/かゆ] 粥𢐫𥼫
◆米などの穀物を多めの水で柔らかく炊いたもの或いは煮たもの、同「鬻」
◆鬻(ひさ)ぐ、(生活をするためにものを)売る、同「鬻」
𦱀育8+艸3=総画数11 U+26C40 [イク/]
◆草名、未詳
育8+虫6=総画数14 U+871F [イク/]
◆「蝮蜟(フクイク)」、脱皮する前のセミ(蝉)
𨌯育8+車7=総画数15 U+2832F [イク/]
◆車の箱の前の御者が座る所、同「輍」
育8+辵4=総画数12 U+9033 [イク/]
◆行く
育8+金8=総画数16 U+9325 [イク/]
◆「鎢錥(ウイク)」、小さな釜
𨟝育17+阜3=総画数20 U+287DD [イク/]
◆「馥𨟝(フクイク)」、豊かな香りが立ち昇り漂うさま、同「馥郁」
𩛭育8+食8=総画数16 U+296ED [イク/そだ・てる、はぐく・む] 育𦝑
◆(生まれたばかりの子「𠫓」に)栄養や知識などを与えて成長させる、養分を与えて生長させる
◆古「毓」
𩩣育8+骨10=総画数18 U+29A63 [ヨウ/]
◆肩の骨、同「𩨴」、「【龍龕手鑑:卷四:骨部第十四:𩩣】或作𩨴今以沼反肩骨」「【康熙字典:亥集上:骨部:𩩣】《字彙補》音鷕肩骨也〇按卽䯚字之譌」
月(肉)4+4=総画数8 U+80B4 [コウ、ギョウ/さかな] 餚𦙩𦘬
◆魚肉などを調理した食べ物、穀類以外の食べ物
◆[日]飲酒の時に供される食べ物
肴8+人2=総画数10 U+5004 [コウ、ギョウ/]
◆棘(とげ)などが刺さる
◆痛みで大きな声を出す、またその声
肴8+山3=総画数11 U+5D24 [コウ、ゴウ、ギョウ/] 㠙𡵔
◆「崤山(コウサン、コウザン)」、山名、河南省洛陽(ラクヨウ)市洛寧(ラクネイ)県西部と陝西省西安(セイアン)市東部の境 {河南省}
肴8+木4=総画数12 U+3B81 [コウ、ギョウ/]
◆「㮁桃(コウトウ)」、クチナシ(梔子)、アカネ科クチナシ属の木、またその実、また実を乾燥させた生薬の名 {クチナシ}
肴8+殳4=総画数12 U+6BBD [コウ、ギョウ/]
◆混じり合わさる、入り混じる、同「淆」
◆穀類以外の食べ物、肉や野菜などのおかず、同「肴」
◆骨付き肉
◆「殽山(コウサン、コウザン)」、山名、河南省洛陽(ラクヨウ)市洛寧(ラクネイ)県西部と陝西省西安(セイアン)市東部の境、同「崤山」 {河南省}
◆倣(なら)う、見習う、同「效」
◆効果、他に作用することによって現れる(得られる)結果、同「效」
肴8+水3=総画数11 U+6DC6 [コウ、ギョウ/]
◆混じり合わさる、入り混じる、「混淆(コンコウ)」
肴8+言7=総画数15 U+8AB5 [コウ、ギョウ/]
◆言葉に敬意や慎みが欠けている、またそのような言葉
肴8+邑3=総画数11 U+90E9 [コウ、オウ/]
◆「郩山」、同「崤山」、山名、河南省西部
◆古地名
肴8+食9=総画数17 U+991A [コウ、ギョウ/さかな] 肴𦙩𦘬
◆魚肉などを調理した食べ物、穀類以外の食べ物
◆[日]飲酒の時に供される食べ物
月(肉)4+4=総画数8 U+80B6 [ヒ、ビ/]
◆牛の胃袋、反芻動物の胃袋、鳥の胃袋は「胵」
◆厚い、手厚い
𦱔肶8+艸3=総画数11 U+26C54 [ヒ、ビ/] 蓖𦶃萞𦯛
◆「𦱔麻(ヒマ)」、トウゴマ(唐胡麻)、トウダイグサ科トウゴマ属の草 {トウゴマ}
𦙃月(肉)4+4=総画数8 U+26643 [ショ、ソ/]
◆肉類・魚類などに塩などを加え発酵させた食品、同「醢」
◆古代の下級の役人、「胥吏(ショリ)」、同「偦」
◆互いに、お互いに
◆皆(みな)、全て
◆待つ、待ち受ける
◆見る、注意深く見る
𢯇𦙃8+手3=総画数11 U+22BC7 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢯇】伊入反𢯇{讓-吅}也進也又相居反取水具也」「【字彙補:卯集:手部:𢯇】同揖〇唐葉公碑又作■」
𣷢𦙃8+水3=総画数11 U+23DE2 [ショ、ソ/]
◆原酒を濾(こ)す、濾して濁りが亡くなった酒、清酒
◆露(つゆ、水滴)、露が滴(したた)るさま、「【詩經集傳:卷三:綢繆三章章六句】有杕(音第)之杜其葉湑湑(上聲)…蓼(音六)彼蕭斯零露湑(上聲)」
𥚝𦙃8+示5=総画数13 U+2569D [ショ、ソ/] 𥚩
◆神前に供える精白した米、同「糈」
𥟮𦙃8+禾5=総画数13 U+257EE [ショ、ソ/]
◆晩生・晩稲(おくて)、遅い時期に成熟・収穫する種、早稲(わせ)は「穛」、「【字彙:午集:禾部:稰】私呂切音醑熟穫曰稰卽今晩稻…」
𥮪𦙃8+竹6=総画数14 U+25BAA [ショ、ソ、シュウ、ジュウ/]
◆未詳、「【字彙補:未集:竹部:𥮪】心趨切音胥竹也○又從輯切音集覆也」
𥺳𦙃8+米6=総画数14 U+25EB3 [ショ、ソ/] 糈𥹼𥻯𥺸𩝔𩠋
◆精白した米、神前に供える精白した米
◆食糧
𦂝𦙃8+糸6=総画数14 U+2609D [シュウ/] 緝缉
◆麻(あさ)や繭(まゆ)などの繊維を撚(よ)って糸にする、「緝績(シュウセキ)」
◆衣服などの縁(へり)を縫(ぬ)う、また縫い合わせる
◆寄せ集める、寄せ集まる
◆「𦂝熙(シュウキ)」、(人徳ジントクが)光り輝(かがや)くさま、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷二十三:大雅:文王】穆穆文王於緝熙敬止…(《箋》…能敬其光明之德…)」
𦲭𦙃8+艸3=総画数11 U+26CAD [未詳/]
◆未詳、「【戰國策:卷第二十:趙三】…君之所以事王者色也𦲭(一作蓇)之所以事王者知也…」「【龍龕手鑑:卷二:草部第八:𦲭】七入反𦲭累修補也又子入反茨也又音習」
𧤉𦙃8+角7=総画数15 U+27909 [シュウ/] 𧤏𧥄
◆角(つの)のあるウシ(牛)・ヒツジ(羊)などの動物が多く集まるさま
𧩑𦙃8+言7=総画数15 U+27A51 [ショ、ソ/] 諝谞𧫐
◆見知ったことを的確に理解し判定・判断する能力があるさま、同「㥠」
◆謀(はか)る、計画し策(サク、手段や方法)を練(ね)る、「詐諝(サショ、悪だくみ)」
𨡠𦙃8+酉7=総画数15 U+28860 [ショ、ソ/] 醑𨢺
◆酒を漉(こ)す、濾して澄んだ美酒
𦙌月(肉)4+4=総画数8 U+2664C [イン/]
◆跡継ぎ、血筋を受け継いだ子孫、同「胤」、「【懺法大觀:伏聞】東嶽上卿茅公大祖系本天潢之𦙌…」
◆未詳、「【天下名山記:遊自雲峰適深居過普濟清遠樓記】…將軍何充常詣聽講有何𦙌讀書之室故…」
𠉥𦙌8+人2=総画数10 U+20265 [イン/たね] 胤𦙍㣧𤗅𦞩
◆血筋、血統
◆跡継ぎ、血筋を受け継いだ子孫
𦙌8+彳3=総画数11 U+38E7 [イン/たね] 胤𦙍𠉥𤗅𦞩
◆血筋、血統
◆跡継ぎ、血筋を受け継いだ子孫
𨡦𦙌8+酉7=総画数15 U+28866 [イン/] 酳𨢂
◆食後に酒で口を漱(すす)ぐ、同「𨡀」
◆少しだけ(口を湿らせる程度)酒を飲む、同「𨟴」
𦙚月(肉)4+4=総画数8 U+2665A [サク/ついたち] 朔𣍮𦚿
◆太陽と月の位置が同じになること、またその日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
𣓞𦙚8+木4=総画数12 U+234DE [サク/] 槊𣔒
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「㮶」「鎙」「矟」 {刀剣槍}
◆「棊𣓞(キサク)」、盤(ボードboard)を使うゲームgameの一種、バックギャモンbackgammon、或いはそれに似たボードゲームboard game、「棋」はその駒、「槊」はその盤
𣔒𦙚8+木4=総画数12 U+23512 [サク/] 槊𣓞
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「㮶」「鎙」「矟」 {刀剣槍}
◆「棋𣔒(キサク)」、盤(ボードboard)を使うゲームgameの一種、バックギャモンbackgammon、或いはそれに似たボードゲームboard game、「棋」はその駒、「槊」はその盤
注解:「扌」になるフォントがありますが、本来は「木」です
𧟳𦙚8+襾6=総画数14 U+277F3 [ハ、ヘ、ハク、ヒャク/] 霸覇𧟶𩄤𧈉
◆武力で支配する、また権力を握る
◆支配下にある(或いは同盟関係にある)諸侯の長(チョウ)、首領(シュリョウ)
◆新月の後に初めて見える細い月、同「𣍸」
◆月の太陽の光が当たらない(薄っすらと見える)部分、同「魄」、「死霸(死魄、シハク、新月、次第に「魄」の部分が小さくなっていくことから「死魄」)」「生霸(生魄、セイハク、満月、次第に「魄」の部分が大きくなっていくことから「生魄」)」、「【前漢書(漢書):卷二十一上:律歷志】死霸朔也生霸望也」
𧟶𦙚8+襾6=総画数14 U+277F6 [ハ、ヘ、ハク、ヒャク/] 霸覇𧟳𩄤𧈉
◆武力で支配する、また権力を握る
◆支配下にある(或いは同盟関係にある)諸侯の長(チョウ)、首領(シュリョウ)
◆新月の後に初めて見える細い月、同「𣍸」
◆月の太陽の光が当たらない(薄っすらと見える)部分、同「魄」、「死霸(死魄、シハク、新月、次第に「魄」の部分が小さくなっていくことから「死魄」)」「生霸(生魄、セイハク、満月、次第に「魄」の部分が大きくなっていくことから「生魄」)」、「【前漢書(漢書):卷二十一上:律歷志】死霸朔也生霸望也」
𦙟月(肉)4+4=総画数8 U+2665F [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 臍𦜝𦜢脐𪗌𦠃䐡𦠕𠬐
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「𦙟帯(サイタイ)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
𠉸𦙟8+人2=総画数10 U+20278 [未詳/]
◆未詳
𦜢𦙟8+月(肉)4=総画数12 U+26722 [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 臍𦜝脐𪗌𦠃䐡𦠕𦙟𠬐
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「𦜢帯(サイタイ)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
月(肉)4+5=総画数9 U+43E3 [ショ、ソ/]
◆腐った肉などに湧(わ)くウジ(蛆、ハエの幼虫)、同「蛆」
𦳎䏣9+艸3=総画数12 U+26CCE [ソ、ショ/] 菹葅𦵔𦯓𦼬𥂯𦿘𧂚𧀽𧄗𧗎𧗘𥶎𥷟
◆野菜などの塩また酢の漬物
◆肉の塩漬
◆罪人を切り塩漬けにする古代の刑罰の一つ
◆水草の生い茂る湿地
月(肉)4+5=総画数9 U+80C3 [イ/] 𦞅𦛂𦝩
◆食道と腸の間にある消化器官 {人体(内臓)}
◆星名、二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
胃9+口3=総画数12 U+559F [キ/] 𠿥𠷝
◆(ほっとしたり苦しみ歎いたりなどして)大きく息を吐き出す、大きな溜息をつく、同「嘳」「㕟」「欳」「𠣠」
胃9+土3=総画数12 U+3655 [カイ、ケ/かたまり、くれ] 塊块
◆かたまり、土の固まり、元はばらばらなものが固まって一つになったもの、ばらばらなものが纏(まと)まって一つになったもの
◆周りとはちがってそこだけ、一つだけ、一人だけ
胃9+女3=総画数12 U+5AA6 [イ/]
◆妹
◆伝説上の怪物の名
胃9+心3=総画数12 U+395C [イ/]
◆「㥜恲(イホウ)」、気持ちや感情が高ぶる、高揚する
◆「怫㥜(フツイ)」、不満や不信が心中に鬱積(ウッセキ)して心中穏やかでないさま
𢯮胃9+手3=総画数12 U+22BEE [オツ/]
◆投げる
𦝩胃9+月(肉)4=総画数13 U+26769 [イ/] 胃𦞅𦛂
◆食道と腸の間にある消化器官 {人体(内臓)}
◆星名、二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
胃9+水3=総画数12 U+6E2D [イ/]
◆川名、甘粛(カンシュク)省を源とし陝西省東部で黄河に注ぐ、「渭水(イスイ)」「渭河(イガ)」 {甘粛省}
胃9+火4=総画数13 U+715F [イ/]
◆明るく光るさま
胃9+犬3=総画数12 U+732C [イ/] 蝟𧒞𧳪
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類の総称、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「彙」
胃9+禾5=総画数14 U+7A29 [キ/]
◆穀物の長く伸びた穂
胃9+糸6=総画数15 U+7DED [イ/]
◆絹織物
𦳢胃9+艸3=総画数12 U+26CE2 [イ/]
◆草名、未詳
◆草木が叢(むら)がり茂るさま、同「𦴗」、「【集韻:卷七:去聲上:未第八:𢍚𣓑𦳢】說文艸木𢍚孛之皃或作𣓑𦳢」
胃9+虫6=総画数15 U+875F [イ/] 𧒞猬𧳪
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類の総称、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「彙」
胃9+言7=総画数16 U+8B02 [イ/い・う、いわ・れ、いい] 谓𧬴
◆言う、話す、告げる
◆~は~と言う、~と呼ぶ、~と称する
◆~は~と言われている
◆~と言われている訳(わけ)、理由
胃9+言2=総画数11 U+8C13 [イ/い・う、いわ・れ、いい] 謂𧬴
◆言う、話す、告げる
◆~は~と言う、~と呼ぶ、~と称する
◆~は~と言われている
◆~と言われている訳(わけ)、理由
𧳪胃9+豸7=総画数16 U+27CEA [イ/] 蝟𧒞猬
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類の総称、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「彙」
胃9+風9=総画数18 U+4B11 [イ/] 𩙊
◆大風(おおかぜ)、強く烈(はげ)しい風
𩤸胃9+馬10=総画数19 U+29938 [エイ、エ/] 𩨅
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称、同「衞」
𩨅胃9+馬3=総画数12 U+29A05 [エイ、エ/] 𩤸
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称、同「衞」
月(肉)4+5=総画数9 U+80C4 [チュウ/]
◆血筋を受け継ぐ跡継ぎ、また子孫、同「胤」「裔」
注解:別「冑」
胄9+禾5=総画数14 U+4162 [シュウ/]
◆穀物の実
胄9+米6=総画数15 U+4298 [シュウ/]
◆穀物の実
月(肉)4+5=総画数9 U+80CA [ク、グ/] 𠣪
◆干し肉の曲ったもの、まっすぐなものは「脡」
◆「臨胊(リンク)」、県名、山東省濰坊(イホウ)市 {山東省}
注解:本字(U+80CA)の偏は「にくづき」で「つき」の「朐(U+6710)」とは別字 {漢字「月」}
胊9+艸3=総画数12 U+844B [ク、グ/] 𦶔𦮿
◆草名、未詳、同「艼藀(テイケイ)」、「【爾雅:釋草】葋艼熒未詳」
月(肉)4+5=総画数9 U+80CC [ハイ、ヘ/そむ・く、せい、せ]
◆体の後ろ側の肩から腰までの部分、腹の反対側、裏側、「自分からは見えない部分」をいう {人体(全身)}
◆荷や仕事などを担(にな)う、負(お)う
◆相手が見えない方を向く、相手が見えなくなる方に行く、(相手に背を見せて)離れて行く、気持ちが離れる
◆指示や命令や期待・予想などに反する
◆(書かれたものを見ずに)暗唱する
◆(背骨や屋根の棟のように)高みが連なっている所
◆[日]せい、せ、身長、高さ
背9+人2=総画数11 U+505D [ハイ、バイ/]
◆背(そむ)ける、背(せ)を向ける、背(そむ)く、同「背」
背9+手3=総画数12 U+63F9 [ハイ、ヘ/]
◆背負(せお)う
𤊷背9+火4=総画数13 U+242B7 [ハイ、バイ/] 𤉮
◆焙(あぶ)る、火に当てて水分を飛ばす、同「焙」「煏」
背9+示4=総画数13 U+7999 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:补遗:礻部:禙】音义待考」
背9+糸6=総画数15 U+42F3 [ハイ、ヘ/]
◆(女性用の)袖なしの厚手の上衣(うわぎ、上半身に着る服)、同「褙」
背9+衣5=総画数14 U+8919 [ハイ、ヘ/]
◆(女性用の)袖なしの厚手の上衣(うわぎ、上半身に着る服)、同「䋳」
◆「裱褙(ヒョウハイ)」、書画などの表装の一つで作品の裏面(背)に平らな厚手の布や紙などを貼り付けたもの、別名「褙裱(ハイヒョウ)」
◆「袼褙(カクハイ)」、紙などの台紙に何層にも布を貼り付けたもの、靴底などに用いるという
背9+邑3=総画数12 U+9101 [ハイ、バイ/]
◆周代の前11世紀頃の諸侯国名、在現河南省淇縣の北から湯陰縣の南にかけての地
月(肉)4+5=総画数9 U+80D9 [ソ、ゾ/ひもろぎ] 𦙐
◆ひもろぎ、祭祀の際に神に供(そな)える肉、また供物(クモツ)
◆恵みを授ける、受けた厚意や恵みに報いる
胙9+艸3=総画数12 U+8444 [ソ、ゾ/]
◆草の敷物
月(肉)4+5=総画数9 U+80DE [ホウ、ヒョウ/] 𦚽
◆胎児を包む薄い皮膜、「胞衣(ホウイ、えな)」
◆同じ父母から生まれた子、実の兄弟姉妹、同じ国で生まれた人、「同胞(ドウホウ、同じ母親から生まれた兄弟、同郷・同国の人)」「胞兄(ホウケイ、同じ母親から生まれた兄)」
◆薄い膜で包む、また包まれたもの、「細胞(サイボウ)」
胞9+衣6=総画数15 U+891C [/えな]
◆胞衣(えな)
月(肉)4+5=総画数9 U+80E1 [コ、グ、ゴ/えびす]
◆顎(あご)や頬(ほお、ほほ)や咽(のど)の辺りから垂れ下がった肉、肉垂(ニクスイ)、同「㗅」「𩑶」「𠴱」
◆顎(あご、口の下)に伸びる毛、同繁「鬍」
◆「胡子(コシ)」◇顎鬚(あごひげ)◇頭髪を除く顔の毛の総称、同「胡須、鬍鬚(コシュ)」 {毛(頭部)}
◆戎(えびす)、中国北方や西方の異民族、外国の
◆器物の頸(くび、首の正面側)や咽喉(インコウ、のど)に当たるところ、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:胡𩑶𠴱】…一曰戈戟內柄處…」「【正字通:未集下:肉部:胡】…鋒之曲而㫄出者曰胡戈頸也…」
◆何、何ぞ、どうして
◆「胡同(コドウ)」、都の大通りから外れた路地、脇路(わきみち)、抜け道(ぬけみち)、同「衚衕」、同繁「衚」
胡9+口3=総画数12 U+35C5 [コ、グ/]
◆顎(あご)や頬(ほお、ほほ)や咽(のど)の辺りから垂れ下がった肉、肉垂(ニクスイ)、同「胡」「𩑶」「𠴱」
◆「㖤㗅(カンコ)」◇声を荒げて怒るさま◇何を言わんとしているのかよく分からないさま
胡9+女3=総画数12 U+5AA9 [コ、グ/] 𡛚
◆女性名用字、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:媩𡛚】女字」
胡9+木4=総画数13 U+695C [コ/くるみ]
◆「楜椒(コショウ)」、コショウ科コショウ属の植物、またその実、同「胡椒」 {コショウ}
◆[日]クルミ(胡桃)、クルミ科クルミ属の木、またその実 {クルミ}
胡9+水3=総画数12 U+6E56 [コ、グ、ゴ/みずうみ]
◆幾つかの川の水が注ぎ込んで多くの水が溜(た)まったところ、陸地に囲まれた海のように広い水溜まり(みずたまり)、「海」は陸地を囲うように広がる広大な水溜まり、「池」は水路を引いて水を溜めた水溜め(みずため)
胡9+火4=総画数13 U+7173 [コ、ゴ/]
◆焦(こ)げる、火に焼けて黒く焦げる
胡9+犬3=総画数12 U+7322 [コ、グ、ゴ/]
◆「猢猻」、アカゲザル(赤毛猿)、オナガザル科マカク属のサル(猿)
胡9+玉4=総画数13 U+745A [コ、ゴ/] 𤤈
◆「珊瑚(サンゴ)」、サンゴ虫(花虫綱に属する海生動物)の骨格、一部は宝石として珍重される
◆祭礼の際にキビ(黍)やアワ(粟)などの穀物を盛り供える器、「瑚璉(コレン)」、同「璉」「鍸」「鈷」
胡9+疒5=総画数14 U+3FB0 [コ、ゴ/つ] 𤵡
◆咽喉(インコウ、のど)の病気、同「㾤」
◆「㾰𤻙(コカク)」、咽喉にものが詰まる、咽喉に腫れ物などができて嚥下(エンカ、ものをのみ下す)できない、またそのような病気
胡9+竹6=総画数15 U+7BB6 [コ、ゴ/] 𥬏
◆「箶簏(コロク)」、胡簶(やなぐい)、矢を入れて背負う道具
◆竹名、未詳、「【類篇:竹部:箶𥬏】洪孤切竹名或作𥬏」
胡9+米6=総画数15 U+7CCA [コ、ゴ/のり]
◆どろっとした濃い粥(かゆ)、同「𪏻」「𩱍」
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同「𪏻」「𩰯」
◆米粉などを煮詰めて作った粘着剤
◆(ものの上に薬や糊などを)塗る、塗り込む
◆ものに貼り付ける、貼り合わせる
◆「糊塗(コト)」、はっきりしないさま、ぼんやりしてよく分からないさま
胡9+艸3=総画数12 U+846B [コ、ゴ/にんにく]
◆ニンニク(葫)、ヒガンバナ科ネギ属の草 {ニンニク}
◆「葫蘆(コロ)」、ヒョウタン(瓢箪)、ウリ科ユウガオ属の蔓性の草、同「瓠」「瓢」「匏」 {ヒョウタン} {ユウガオ}
胡9+虫6=総画数15 U+8774 [コ、グ/]
◆「蝴蝶(コチョウ)」、チョウ(蝶)、チョウ目のうちガ(蛾)を除いた虫の称、同「胡蝶」
胡9+行6=総画数15 U+885A [コ、グ、ゴ/]
◆「衚衕(コドウ)」、都の大通りから外れた路地、脇路(わきみち)、抜け道(ぬけみち)、同「胡同」、同簡「胡」
𧛞胡9+衣5=総画数14 U+276DE [コ、ゴ/] 𧛫
◆衣服の袖(そで)
𧛫胡9+衣6=総画数15 U+276EB [コ、ゴ/] 𧛞
◆衣服の袖(そで)
胡9+酉7=総画数16 U+9190 [コ、ゴ、グ/] 𨡷𨠂𨠀
◆「醍醐(ダイゴ)」◇酥(ソ、牛や羊などの乳に熱を加え攪拌カクハンし冷ますと表面に浮いてくるもの、「酥」参照)を煮詰めることによって分離し浮いてくるもの、最上の乳脂肪食品◇仏教の最上の教え
𨡷胡9+酉7=総画数16 U+28877 [コ、ゴ、グ/] 醐𨠂𨠀
◆「醍𨡷(ダイゴ)」◇酥(ソ、牛や羊などの乳に熱を加え攪拌カクハンし冷ますと表面に浮いてくるもの、「酥」参照)を煮詰めることによって分離し浮いてくるもの、最上の乳脂肪食品◇仏教の最上の教え
胡9+金8=総画数17 U+9378 [コ、ゴ/]
◆祭礼の際にキビ(黍)やアワ(粟)などの穀物を盛り供える器、同「鈷」「瑚」「璉」
𩀉胡9+隹8=総画数17 U+29009 [コ、ゴ/]
◆「鶟𩀉(トツゴ)」、姿はキジ(雉)に似て頭が白く体が青い鳥
胡9+食9=総画数18 U+4B4C [コ、ゴ/] 餬䭍𩚩䭅𩞵
◆薄い粥(かゆ)
◆薄い粥を啜(すす)る、「困窮した生活」「遠慮しながら食事をする食客」の意でも用いられる
◆米粉などを煮詰めて作った糊
胡9+食9=総画数18 U+992C [コ、ゴ/] 䭌䭍𩚩䭅𩞵
◆薄い粥(かゆ)
◆薄い粥を啜(すす)る、「困窮した生活」「遠慮しながら食事をする食客」の意でも用いられる
◆米粉などを煮詰めて作った糊
胡9+髟10=総画数19 U+9B0D [コ、グ/]
◆口の下に伸びる毛、同簡「胡」、同「𣬣」 {毛(頭部)}
◆「鬍鬚(コシュ)」◇口の下から喉頸(のどくび)にかけての毛◇頭髪を除く顔の毛の総称、同「胡須」「胡子(コシ)」
胡9+魚11=総画数20 U+9C17 [コ、ゴ/]
◆「鰗鮧(コイ)」、フグ(河豚)、フグ科の魚の総称
胡9+鳥11=総画数20 U+9D98 [コ、グ、ゴ/]
◆「鵜鶘、鴺鶘(テイコ)」、ペリカンpelican、ペリカン科の水鳥
胡9+鳥11=総画数20 U+9DA6 [コ、ゴ/] 𩀉
◆「鶟鶦(トツゴ)」、姿はキジ(雉)に似て頭が白く体が青い鳥
胡9+鳥5=総画数14 U+9E55 [コ、グ、ゴ/]
◆「鹈鹕、鴺鹕(テイコ)」、ペリカンpelican、ペリカン科の水鳥
𪍒胡9+麥11=総画数20 U+2A352 [コ、ゴ/] 𪏻𪐉𪏹𪏳
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同「糊」
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同「糊」「黏」
𪐉胡9+黍12=総画数21 U+2A409 [コ、ゴ/] 𪏻𪍒𪏹𪏳
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同「糊」
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同「糊」「黏」
𪕮胡9+鼠13=総画数22 U+2A56E [コ、ゴ/] 𪕉𪕾
◆「獑𪕮(ゼンコ)」、テナガザル(手長猿)の一種
月(肉)4+5=総画数9 U+80E4 [イン/たね] 𦙍𠉥㣧𤗅𦞩
◆血筋、血統
◆跡継ぎ、血筋を受け継いだ子孫
胤9+水3=総画数12 U+6E5A [イン、オン/]
◆川名
𨢂胤9+酉7=総画数16 U+28882 [イン/] 酳𨡦
◆食後に酒で口を漱(すす)ぐ、同「𨡀」
◆少しだけ(口を湿らせる程度)酒を飲む、同「𨟴」
月(肉)4+5=総画数9 U+80E5 [ショ、ソ/] 𦙃
◆肉類・魚類などに塩などを加え発酵させた食品、同「醢」
◆古代の下級の役人、「胥吏(ショリ)」、同「偦」
◆互いに、お互いに
◆皆(みな)、全て
◆待つ、待ち受ける
◆見る、注意深く見る
胥9+人2=総画数11 U+5066 [ショ、ソ/]
◆古代の下級の役人、盗賊を捕(と)らえる役を担(にな)う、同「胥」、「【說文解字注:手部:搏】(…士師注胥讀爲宿偦之偦偦謂司搏盜賊也…)」
胥9+士3=総画数12 U+58FB [セイ、サイ/むこ] 𦖜𡎎聟
◆娘(むすめ、女子)の夫、同「婿」「𦕓」
◆妻の夫に対する呼称
婿胥9+女3=総画数12 U+5A7F [セイ、サイ/むこ] 𡠸
◆娘(むすめ、自分の女の子供)の夫、同「壻」「𦕓」
胥9+心3=総画数12 U+3960 [ショ、ソ/] 𢝒
◆見知ったことを的確に理解し判定・判断する能力があるさま、またそのような人、同「諝」
胥9+手3=総画数12 U+63DF [ショ、ソ/] 𢪵
◆梁(やな)などを組んで魚を捕る
胥9+木4=総画数13 U+6948 [ショ、ソ/]
◆「楈枒(ショヤ)」、ココヤシ(ココ椰子、ヤシ科ココヤシ属の木)、またヤシ(椰子、ヤシ科の木) {ヤシ}
胥9+水3=総画数12 U+6E51 [ショ、ソ/] 𣷢
◆原酒を濾(こ)す、濾して濁りが亡くなった酒、清酒
◆露(つゆ、水滴)、露が滴(したた)るさま、「【詩經集傳:卷三:綢繆三章章六句】有杕(音第)之杜其葉湑湑(上聲)…蓼(音六)彼蕭斯零露湑(上聲)」
𥚩胥9+示5=総画数14 U+256A9 [ショ、ソ/] 𥚝
◆神前に供える精白した米、同「糈」
胥9+禾5=総画数14 U+7A30 [ショ、ソ/] 𥟮
◆晩生・晩稲(おくて)、遅い時期に成熟・収穫する種、早稲(わせ)は「穛」、「【字彙:午集:禾部:稰】私呂切音醑熟穫曰稰卽今晩稻…」
胥9+竹6=総画数15 U+421D [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷一:平聲:魚第九:䈝】竹名一曰箕屬」
胥9+米6=総画数15 U+7CC8 [ショ、ソ/] 𥹼𥺳𥻯𥺸𩝔𩠋
◆精白した米、神前に供える精白した米
◆食糧
胥9+糸6=総画数15 U+7E03 [ショ、ソ/]
◆「祖縃(ソショ)」、人名、北周(557年~581年)代の人という 、「【周書:卷二十二:列傳第十四】祖縃宋同州別駕宋安郡守」
胥9+虫6=総画数15 U+8751 [ショ、ソ/]
◆カニ(蟹)の塩辛
◆「蜙蝑(ショウショ)」、イナゴ(蝗)・バッタ(飛蝗)・キリギリス(螽斯)などバッタ目の昆虫の総称、別名「蜤螽(シシュウ)」
胥9+言7=総画数16 U+8ADD [ショ、ソ/] 谞𧫐𧩑
◆見知ったことを的確に理解し判定・判断する能力があるさま、同「㥠」
◆謀(はか)る、計画し策(サク、手段や方法)を練(ね)る、「詐諝(サショ、悪だくみ)」
胥9+言2=総画数11 U+8C1E [ショ、ソ/] 諝𧫐𧩑
◆見知ったことを的確に理解し判定・判断する能力があるさま、同「㥠」
◆謀(はか)る、計画し策(サク、手段や方法)を練(ね)る、「詐諝(サショ、悪だくみ)」
胥9+酉7=総画数16 U+9191 [ショ、ソ/] 𨢺𨡠
◆酒を漉(こ)す、濾して澄んだ美酒
𩝔胥9+食8=総画数17 U+29754 [ショ、ソ/] 糈𥹼𥺳𥻯𥺸𩠋
◆精白した米、神前に供える精白した米
◆食糧
𩠋胥9+食3=総画数12 U+2980B [ショ、ソ/] 糈𥹼𥺳𥻯𥺸𩝔
◆精白した米、神前に供える精白した米
◆食糧
月(肉)4+5=総画数9 U+8109 [バク、ミャク/] 脈衇𧖴䘑𧖹
◆動物などの体内の血が通る細く長い管(くだ)、植物などの水や養分が通る細く長い管、「動脈(ドウミャク)」「葉脈(ヨウミャク)」
◆血液が血管を流れる際の規則的な動き、「脈拍、脈搏(ミャクハク)」
◆血の繋(つな)がり、血統、「血脈(ケツミャク)」
◆細く長く途切れることなく繋がっているもの、「山脈(サンミャク)」「水脈(スイミャク)」
𩥔脉10+馬10=総画数20 U+29954 [バク、ミャク/]
◆牡のウマ(馬)と牝のロバ(驢馬)との間に生まれる動物の名、「騰𩥔(とうばく)」、父母が逆のものは「騾馬(ラバ)」、「【古今注:鳥獸第四】驢爲牡馬爲牝則生騾馬爲牡驢爲牝則生𩥔」
脉9+鳥11=総画数20 U+4CEE [バク、ミャク/] 𪃻𪅚
◆鳥が驚いたように見るさま
𦚏月(肉)4+5=総画数9 U+2668F [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:肉部第四:𦚏】俗涉江反」「【字彙補:未集:肉部:𦚏】陟江切音椿見金鏡」
𦚏9+水3=総画数12 U+6E47 [キュウ、コウ/]
◆肉を煮込んだ羹(あつもの、スープsoup)
月4+6=総画数10 U+6714 [サク/ついたち] 𦙚𣍮𦚿
◆太陽と月の位置が同じになること、またその日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
朔10+口3=総画数13 U+55CD [サク/]
◆口を窄ませて啜(すす)る、少しずつ飲む
朔10+土3=総画数13 U+5851 [ソ、ス/]
◆粘土などで物の形を作る、またそれで作った像(ゾウ)、「塑像(ソゾウ)」
◆軟らかく容易に変形させることができ、且つ大きな力を加えるなどをしなければそのままの状態を保つことができる性質のもの、「塑性(ソセイ)」
朔10+心4=総画数14 U+612C [ソ、ス、サク/]
◆訴(うった)える、告げる、同「訴」
◆驚き慄(おのの)くさま、同「虩」
朔10+手3=総画数13 U+6420 [サク/]
◆突き刺す、刺し入れる
朔10+木4=総画数14 U+3BB6 [サク/]
◆柵(さく)、同「柵」
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「槊」「矟」 {刀剣槍}
朔10+木4=総画数14 U+69CA [サク/] 𣓞𣔒
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「㮶」「鎙」「矟」 {刀剣槍}
◆「棊槊(キサク)」、盤(ボードboard)を使うゲームgameの一種、バックギャモンbackgammon、或いはそれに似たボードゲームboard game、「棋」はその駒、「槊」はその盤
朔10+水3=総画数13 U+6EAF [ソ、ス/さかのぼ・る]
◆水や時間・物事などの本来の流れとは逆方向に流れて行く、上流に向かって行く、同「泝」「遡」、流れと同じ方向に行くのは「沿」
朔10+艸3=総画数13 U+84B4 [サク/]
◆「蒴藋(サクダク、ソクズ)」、レンプクソウ科ニワトコ属の草 {ソクズ}
◆「蒴果(サクカ)」、果実が熟し乾燥し縦に裂けて種子を放出するもの、アサガオ、ホウセンカ、ケシなどがある
𧪜朔10+言7=総画数17 U+27A9C [ソ/] 𧩝𧫋
◆訴える、同「訴」「愬」
𧫋朔10+言7=総画数17 U+27ACB [ソ/] 𧪜𧩝
◆訴える、同「訴」「愬」
朔10+辵4=総画数14 U+9061 [ソ、ス/さかのぼ・る]
◆水や時間・物事などの本来の流れとは逆方向に進む、上流に向かって進む、同「溯」
◆源(みなもと、流れや物事の始まるところ)に向かって行く
◆訴(うった)える、告げる、同「愬」「訴」
朔10+金8=総画数18 U+9399 [サク/]
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同「槊」「矟」 {刀剣槍}
月(舟)4+6=総画数10 U+6715 [チン、ジン/] 𣍹𦨶𦩎𦩗𢀹
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(シコウテイ、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同「眹」
朕10+木4=総画数14 U+3BB3 [チン、ジン/] 栚𣒁㯢
◆蔟(まぶし、蚕を飼うための平たい籠)を架ける横木
◆木名、別名「山礬」「山矾」、ハイノキ科の木
月4+6=総画数10 U+6717 [ロウ/ほが・らか] 朗朖
◆明るい、明るく澄み渡っている、同「朤」
◆明るく元気がよい、声が明るく澄んでいる
朗10+土3=総画数13 U+365F [ロウ/]
◆岸辺の低い土地、同「塱」
朗10+土3=総画数13 U+5871 [ロウ/]
◆岸辺の低い土地、同「㙟」
◆「元塱」、地名、広東省
朗10+木3=総画数13 U+3BBE [ロウ/]
◆「㮾梨(ロウリ)」、地名、湖南省長沙(チョウサ)市長沙県 {湖南省}
𤨡朗10+玉4=総画数14 U+24A21 [未詳/]
◆未詳
朗10+艸3=総画数13 U+84E2 [ロウ/]
◆「南蓢」、地名、広東省中山市
◆「草蓢」、地名、広東省珠海市
月4+6=総画数10 U+80F6 [コウ、キョウ/]
◆(太陽と月の軌道が)交差する、交(まじ)わる、「【字彙補:辰集:月部:㬵】與日月交道之交同韻會小補引方言云日運為躔月運為胶○與从肉者不同」
◆繁「膠」
注解:本字(U+80F6)の偏は「つき」で「にくづき」の「「㬵」(U+3B35)」とは別字
𥰹胶10+竹6=総画数16 U+25C39 [コウ、キョウ/] 䉰𥳴
◆竹を縒(よ)って作った縄、同「筊」
◆小形の簫(ショウ、竹製の縦笛)、同「筊」
◆筍(たけのこ)
月(肉)4+6=総画数10 U+80F7 [キョウ、ク/むね、むな] 胸𦙞𦙄𦚾𦚍𦛄
◆体の前の首の下から腹の上までの部分 {人体(胴部)}
◆内心(ナイシン)、心中(シンチュウ)、「胸の内」の意
𣺷胷10+水3=総画数13 U+23EB7 [未詳/]
◆未詳、「【亭林文集:卷之三:答原一公肅兩甥書】…已而山嶽崩頹江湖沸𣺷…」
月(肉)4+6=総画数10 U+80FD [ドウ、ノウ、ノ、ダイ、ナイ/よ・くする、あた・う] 䏻𦝕
◆よ・くする、あた・う、できる、十分に或いは上手にできる、事や任を全(まっと)うする技量や力量がある、「能力」「才能」
◆他に働きかける、またその力やエネルギー、「能動」
能10+人2=総画数12 U+3477 [タイ/わざ・と] 態态
◆心中の思いや考えなどが表に(体の動きになって)現れ出る、またその様子、「態度(タイド)」、「【說文解字注:心部:態】意態也(…意態者有是意因有是狀故曰意態…)」
◆様子、容姿や立ち振る舞いの様子、物事の有様(ありさま)
◆[日]わざ・と、故意に、ことさらに
能10+心4=総画数14 U+614B [タイ/わざ・と] 态㑷
◆心中の思いや考えなどが表に(体の動きになって)現れ出る、またその様子、「態度(タイド)」、「【說文解字注:心部:態】意態也(…意態者有是意因有是狀故曰意態…)」
◆様子、容姿や立ち振る舞いの様子、物事の有様(ありさま)
◆[日]わざ・と、故意に、ことさらに
能10+火4=総画数14 U+718A [ユウ、ウ/くま] 㷱𪏛𤠗
◆クマ(熊)、クマ科の哺乳類
能10+火4=総画数14 U+718B [ダイ、ナイ/]
◆火が盛んに燃えるさま
𤌶能10+火4=総画数14 U+24336 [未詳/]
◆未詳
𤠗能10+犬4=総画数14 U+24817 [ユウ、ウ/くま] 熊㷱𪏛
◆クマ(熊)、クマ科の哺乳類
𥀍能10+皮5=総画数15 U+2500D [ヒ/ひぐま] 羆𦌲罴𥀧𥀡𥀦
◆ヒグマ(羆)、クマ科クマ属の哺乳類、クマ(熊)の中では最も大形の種
能10+网5=総画数15 U+7F77 [ハイ、ベ、ヒ、ビ/まか・る] 𦋼𧟽罢
◆(有能な人が網(网)にかかり)力が出ない、疲れる
◆(力を発揮できずに)途中で止(や)める、停(と)まる
◆役目や拘束を解(と)く、職や罪を免(めん)ずる
◆[日]まか・る、退く
𦋼能10+网6=総画数16 U+262FC [ハイ、ベ、ヒ、ビ/まか・る] 罷𧟽罢
◆(有能な人が網(网)にかかり)力が出ない、疲れる
◆(力を発揮できずに)途中で止(や)める、停(と)まる
◆役目や拘束を解(と)く、職や罪を免(めん)ずる
◆[日]まか・る、退く
𦑴能10+羽6=総画数16 U+26474 [ダイ、ナイ/] 螚䘅
◆虫名、人などを刺すアブ(虻)やカ(蚊)の類
能10+虫6=総画数16 U+879A [ダイ、ナイ/] 䘅𦑴
◆虫名、人などを刺すアブ(虻)やカ(蚊)の類
能10+衣5=総画数15 U+8926 [ダイ、ナイ/]
◆「褦襶(ダイタイ)」、不釣り合いなさま、無分別なさま、日傘
𧟽能10+襾6=総画数16 U+277FD [ハイ、ベ、ヒ、ビ/まか・る] 罷𦋼罢
◆(有能な人が網(网)にかかり)力が出ない、疲れる
◆(力を発揮できずに)途中で止(や)める、停(と)まる
◆役目や拘束を解(と)く、職や罪を免(めん)ずる
◆[日]まか・る、退く
𪏛能10+黃12=総画数22 U+2A3DB [ユウ、ウ/くま] 熊㷱𤠗
◆クマ(熊)、クマ科の哺乳類
月(肉)4+6=総画数10 U+8105 [キョウ、コウ/おど・す、おど・かす、おび・える、おびや・かす] 脋𦚰䏮胁
◆脇(わき)、胸の両側面の部分、上腕を垂らしたときに体の側面と合わさる部分、同「脇」「䏩」 {人体(胴部)}
◆両側からぐっと押え付ける、力で押え付けて迫る、また恐れさせる、威嚇(イカク)する、同「愶」、「脅迫(キョウハク)」
◆(威嚇するように両肩を)聳(そび)やかす
◆怯(おび)える、懼(おそ)れる、同「愶」
脅10+口3=総画数13 U+55CB [キョウ、コウ/] 𡀺
◆吸う
◆息を殺す
◆怒鳴って脅す、威嚇する
脅10+心3=総画数13 U+6136 [キョウ、コウ/]
◆脅(おど)す、力で押え付けて迫る、また恐れさせる、威嚇(イカク)する、同「脅」「恊」
◆脅(おび)える、懼(おそ)れる、同「脅」
脅10+手3=総画数13 U+641A [ロウ/]
◆折る、曲げて折る
𣣲脅10+欠4=総画数14 U+238F2 [キョウ、コウ/] 𣤥𣢩
◆息を殺す、同「嗋」
脅10+火4=総画数14 U+7181 [キョウ、コウ/]
◆火で炙る
月(肉)4+6=総画数10 U+8108 [バク、ミャク/] 衇𧖴脉䘑𧖹
◆動物などの体内の血が通る細く長い管(くだ)、植物などの水や養分が通る細く長い管、「動脈(ドウミャク)」「葉脈(ヨウミャク)」
◆血液が血管を流れる際の規則的な動き、「脈拍、脈搏(ミャクハク)」
◆血の繋(つな)がり、血統、「血脈(ケツミャク)」
◆細く長く途切れることなく繋がっているもの、「山脈(サンミャク)」「水脈(スイミャク)」
脈10+雨8=総画数18 U+9722 [バク、ミャク/] 霡䨫
◆霧のように細かい雨、「【說文解字注:雨部:霢】霢霂小雨也(如人沐頭惟及其上枝而根不濡也按霢霂者溟蒙之轉語)[†「溟蒙」は「溟濛、細かい雨が降りしきり辺りがぼんやりするさま」]」
𪃻脈10+鳥11=総画数21 U+2A0FB [バク、ミャク/] 䳮𪅚
◆鳥が驚いたように見るさま
月(肉)4+6=総画数10 U+810A [セキ、シャク/せ、せい] 𦠗𦟝
◆背骨(せぼね)、椎骨(ツイコツ)が連なり首から腰に至る骨、背の中央を小高く盛り上がりながら連なっている骨、「頸椎(ケイツイ)」「胸椎(キョウツイ)」「腰椎(ヨウツイ)」「仙椎(センツイ)」「尾椎(ビツイ)」から成る、同「呂」 {人体(胴部)}
◆背骨が小高く盛り上がっているところ、背骨や屋根の棟のように高みが連なっているところ
脊10+土3=総画数13 U+5849 [セキ、ジャク/]
◆痩せた土地
◆山の背
脊10+山3=総画数13 U+5D74 [セキ、シャク/]
◆山の尾根
脊10+月(肉)4=総画数14 U+818C [セキ、ジャク/] 𦢕
◆体が痩(や)せ細る、痩せ衰える、肉が削げ落ち骨が露(あらわ)になる、同「瘠」
𣦒脊10+止4=総画数14 U+23992 [未詳/]
◆未詳
脊10+疒5=総画数15 U+7620 [セキ、ジャク/や・せる] 𤻣𤹠
◆痩(や)せ細る、肉が削げ落ち骨が露(あらわ)になる、同「痩」「膌」
◆地味(ちみ、作物などを育てるための土壌の質)が衰え土地が痩せる、同「痩」
◆露骨なさま、思いやりがなく自分の意が剥(む)き出しなさま、薄情なさま
𥕂脊10+石5=総画数15 U+25542 [セキ、ジャク/]
◆石が多く痩(や)せた土地、「【天台林公輔先生文集(テキスト版):荅徐始豊先生書】…磽𥕂者終不獲…」
脊10+足7=総画数17 U+8E50 [セキ、シャク/] 𨇋
◆小刻みにそろそろと歩く、抜き足差し足で歩く
𩮦脊10+髟10=総画数20 U+29BA6 [未詳/]
◆未詳
脊10+鬼10=総画数20 U+4C2A [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𩴎脊10+鬼10=総画数20 U+29D0E [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𩺀脊10+魚11=総画数21 U+29E80 [セキ、シャク/] 𩼿
◆フナ(鮒、鯽)、コイ科フナ属の淡水魚の総称、同「鯽」
脊10+鳥11=総画数21 U+9DBA [セキ、シャク/]
◆「鶺鴒(セキレイ)」、セキレイ科の鳥、また同科の鳥の称、同「䳭鴒」「䴇鳥(レイチョウ)」「𪄉𪆫、雝渠(ヨウキョ)」
脊10+鳥5=総画数15 U+9E61 [セキ、シャク/]
◆「鹡鸰(セキレイ)」、セキレイ科の鳥、また同科の鳥の称、同「䳭鴒」「䴇鳥(レイチョウ)」「𪄉𪆫、雝渠(ヨウキョ)」
月(肉)4+7=総画数11 U+43FB [ドウ、ノウ、ノ、ダイ、ナイ/よ・くする、あた・う] 能𦝕
◆よ・くする、あた・う、できる、十分に或いは上手にできる、事や任を全(まっと)うする技量や力量がある、「能力」「才能」
◆他に働きかける、またその力やエネルギー、「能動」
䏻11+火4=総画数15 U+3DF1 [ユウ、ウ/くま] 熊𪏛𤠗
◆クマ(熊)、クマ科の哺乳類
月4+7=総画数11 U+6719 [メイ、ミョウ、ミン/] 𣇱
◆明るい、(太陽や月の)光が差す、光が当たる、光を当てる、同「明」
◆明らか、光が当たってはっきりと見える(分かる)、誰の目にもはっきりとしている、同「明」
𥂗朙11+皿5=総画数16 U+25097 [メイ、ミョウ/ちか・う、ちか・い] 盟𥁰𧖽𧖸𢄾
◆はっきりと誓う、堅く約束する、古く犠牲(ギセイ、いけにえ)の血を皿に注いで互いにそれを啜(すす)ることで約束を違えないことの証(あかし)とした
𦹩朙11+艸3=総画数14 U+26E69 [モウ、ミョウ、ホウ、ボウ/も・える、も・ゆ、きざ・し、きざ・す]
◆植物の芽(め)
◆植物の芽が出る、芽生(めば)える、それまで何もなかったところが膨らみ、やがて枝や葉などになるものが生れ出る
◆きざ・し、兆(きざ)し、物事が起こる兆し
◆民(たみ)、庶民、平民、同「氓」
月4+7=総画数11 U+671B [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 𥩿朢𦣠𢾘𣍢
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
𥊛望11+目5=総画数16 U+2529B [未詳/]
◆[喃]未詳
𧫢望11+言7=総画数18 U+27AE2 [ボウ、モウ/] 𧭅𧨉
◆責(せ)める、未詳、同「𧩆」、「【說文解字注:言部:𧭅】責望也(太元𡨥{⿰言𦣠}其戸范曰{⿰言𦣠}責也按朢之古文作𦣠故𧭅之古文亦作{⿰言𦣠})[†「太元」は「太玄」、「𡨥{⿰言𦣠}」は「𡨥𧩆」を指すものと思われる]」「【玉篇:卷九:言部第九十:𧫢】勿放切相責也」
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:𧭅𧨉】…一曰欺也」
𪚤望11+龍16=総画数27 U+2A6A4 [未詳/]
◆[喃]未詳
月(肉)4+7=総画数11 U+8118 [カン/]
◆胃の内部の空間、「【正字通:未集下:肉部:脘】臍上五寸爲上脘臍上四寸卽胃之幕爲中脘臍上二寸當胃下口爲下脘」
◆牛や羊などの胃の干し肉
𦸌脘11+艸3=総画数14 U+26E0C [カン、ゲン/] 莞萖𦯵𦼍
◆フトイ(太藺、カヤツリグサ科フトイ属の草)やイ(藺、イグサ科イグサ属の草)などのカヤツリグサ科やイグサ科の丸く中空の茎を持つ草、またその茎を編んで作った莚(むしろ) {フトイ} {イ}
◆穏やかに微笑(ほほえ)むさま、「莞爾(カンジ)」
月(肉)4+7=総画数11 U+8123 [シュン、ジュン、シン/] 𦟢
◆唇(くちびる)、口の上下にある辺縁部、同「唇」 {人体(頭部)}
脣11+水3=総画数14 U+6F18 [シュン、ジュン/] 浱滣
◆岸辺(きしべ)、水(川・海・湖・池など)と地面の境目の水面よりも高くなっているところ(地面が現れているところ)
脣11+石5=総画数16 U+78ED [ギャク、シャク、ギン、ゴン/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:石部第九:磭】魚約反磑也」「【廣韻(重修廣韻):上聲:軫第十六:釿:磭】大脣」
𩕁脣11+頁9=総画数20 U+29541 [シュン、ジュン/]
◆唇(くちびる)、「【漢語大字典:頁部:𩕁】【中華字海:頁部:𩕁】同"脣"」
月(肉)4+7=総画数11 U+8129 [シュウ、シュ、ス/] 𠋛
◆干し肉、細切りの干し肉
◆先生への謝礼、「束脩(ソクシュウ)」、「謝礼として干し肉を持参した」ことから
◆同「修」
脩11+木4=総画数15 U+6A07 [シュウ/]
◆木名、未詳
脩11+水3=総画数14 U+6EEB [シュウ、ス、シュ/]
◆米の磨(と)ぎ汁、米や野菜などの食材や食器を洗った後の汚れた水
◆小便、小便をする
𤛛脩11+牛4=総画数15 U+246DB [シュウ、シュ、ス/]
◆尾がない牛、「【淮南鴻烈解:卷之二十三:說山訓】𨱙屯犂牛旣𢱃以𤛛決鼻而羈(𨱙屯醜牛貌犂牛不純色犐無角𤛛無尾決鼻羈頭而牽)」
𥉈脩11+目5=総画数16 U+25248 [テキ、チャク/] 𥊕𥈌𥉉𠊹
◆がっかりして目を下に向ける、同「眣」、「【說文解字:目部:𥉈】失意視也」
𥊕脩11+目5=総画数16 U+25295 [テキ、チャク/] 𥉈𥈌𥉉𠊹
◆がっかりして目を下に向ける、同「眣」、「【說文解字:目部:𥉈】失意視也」
𦃬脩11+糸6=総画数17 U+260EC [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:糸部:𦃬】同"絛"」
脩11+艸3=総画数14 U+84E8 [チョウ、ジョウ/]
◆ギシギシ(羊蹄)、羊蹄(ヨウテイ)、タデ科スイバ属の草、同「蓧」「苖」 {ギシギシ}
◆古県名、現河北省衡水(コウスイ)市景(ケイ)県 {河北省}
脩11+金8=総画数19 U+93C5 [シュウ、シュ/]
◆鋳造する前の状態の鉄や銅の塊、同「鋌」
豕部
月4+7=総画数11 U+F929 [ロウ/ほが・らか] 朗朖
◆明るい、明るく澄み渡っている、同「朤」
◆明るく元気がよい、声が明るく澄んでいる
朗11+木4=総画数15 U+6A03 [ロウ/]
◆果樹名、未詳、実はウメ(梅)・アンズ(杏)に似て、種はモモ(桃)に似るという、「【本草綱目:卷二十九:果部:樃梅】《集解》時珍曰樃梅出均州太和山…樃木梅實杏形桃核…)」
力部
月(舟)4+8=総画数12 U+671D [チョウ、ジョウ/あさ、あした] 𦩻𣎍
◆太陽が地平より上に出て日光が射し始める頃、日の出の頃、同「旦」
◆日の出から昼前までの時間、日の出から日の入りまでの時間
◆天子・君主に謁見する、春の謁見式、秋は「覲」
◆天子・君主が政を行う所
◆一人の或いは同系の天子・君主が継続して統治した期間
◆向く、向かう、~に向かって
𠎫朝12+人2=総画数14 U+203AB [未詳/]
◆未詳
朝12+口3=総画数15 U+5632 [トウ、チョウ/あざけ・る] 謿
◆あざけ・る、言葉で人を馬鹿にする、からかう、「嘲笑(チョウショウ、笑って馬鹿にする、馬鹿にして笑う)」
◆朝に鳥が(水鳥や山鳥などを除く林野に棲む鳥が)鳴く声、夜に鳥が(水鳥が)鳴く声を「㖡」、「【禽經】林鳥朝嘲(林鳥朝之將翔也聚而噍啁)水鳥夜㖡山鳥巖棲(山巖之鳥多不巢)」
◆鳥の(「ちゅちゅ」「ちっちっ」などのような)短い音を繰り返しながら鳴く声、「嘲哳(トウタツ)」
𡡲朝12+女3=総画数15 U+21872 [未詳/]
◆未詳
𡼼朝12+山3=総画数15 U+21F3C [チョウ、ジョウ/]
◆「𡼼漯(チョウトウ)」、未詳、「【金石文字記:卷六】析里橋郙閣頌 醳(釋)散關之𡼼漯(濕)」
朝12+广3=総画数15 U+5EDF [ビョウ、ミョウ/] 庿𢉱庙
◆祖先の霊を祀る建物、御霊屋(みたまや)
◆政(まつりごと)を行う宮城(キュウジョウ)正面の建物、正殿、その後ろは寝殿
𢢅朝12+心3=総画数15 U+22885 [未詳/]
◆未詳
𢴿朝12+手3=総画数15 U+22D3F [チョウ、ジョウ、トウ/]
◆(「揺」よりも)大きく揺り動かす、振る、振り回す
◆回る、向きを変える
◆落とす、振り落とす
◆減る、なくなる
𣛨朝12+木4=総画数16 U+236E8 [未詳/]
◆未詳
朝12+水3=総画数15 U+6F6E [チョウ、ジョウ/しお、うしお] 𣶃
◆昼間(或いは朝)の太陽や月の引力によって生じる海水の定期的な満ち引き、夜(或いは夕)は「汐」
◆規則的に満ちたり引いたりすること、またそのような動きをするもの
◆世の中の移り変わり、またその傾向
◆海水、湿り気
𦺓朝12+艸3=総画数15 U+26E93 [チョウ/]
◆姓用字
謿朝12+言7=総画数19 U+8B3F [トウ、チョウ/あざけ・る]
◆あざけ・る、言葉で人を馬鹿にする、からかう、「嘲笑(チョウショウ、笑って馬鹿にする、馬鹿にして笑う)」
◆朝に鳥が(水鳥や山鳥などを除く林野に棲む鳥が)鳴く声、夜に鳥が(水鳥が)鳴く声を「㖡」、「【禽經】林鳥朝嘲(林鳥朝之將翔也聚而噍啁)水鳥夜㖡山鳥巖棲(山巖之鳥多不巢)」
◆鳥の(「ちゅちゅ」「ちっちっ」などのような)短い音を繰り返しながら鳴く声、「嘲哳(トウタツ)」
𨗛朝12+辵3=総画数15 U+285DB [未詳/]
◆未詳
𪆘朝12+鳥11=総画数23 U+2A198 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:鳥部:𪆘】[山𪁱𪆘]鸟名。《敦煌變文集・百鳥名》;"白鶴身為宰相、山𪁱𪆘直諫忠臣。"」「【中華字海:鳥部:𪆘】"鸪"的讹字。字见《敦煌変文集・百鸟名》。」
月4+8=総画数12 U+671F [キ、ゴ、コ/] 𠔸
◆予定されている(約束されている)時(とき、時期、時間)、「時期(ジキ)」「期間(キカン、二つの時の間、始めの時から終わりの時までの間)」
◆決められた時(時期、時間)に会う
◆時(時期、時間)が一巡すること、一年(例えば収穫から次の収穫まで)、また一カ月(朔日から次の朔日まで)、同「稘」「朞」
𠎞期12+人2=総画数14 U+2039E [キ、コ/]
◆悪鬼や疫病などの厄(やく)を追い払うために被(かぶ)る二つ目の面(めん)、同「𠐾」、目が四つのものを「方相(ホウソウ)」という、「【康熙字典:子集中:人部:倛】《韓愈曰》四目方相兩目爲倛」
月(肉)4+8=総画数12 U+813E [ヒ、ビ/] 腗𦜉𦜠𠧃
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ヒゾウ)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿(ダイタイ)部、脚の膝から上の部分、同「髀」「䏶」
脾12+竹6=総画数18 U+7C32 [未詳/]
◆未詳
𦜳月4+8=総画数12 U+26733 [セイ、ショウ/あきら・か] 晶𣇵
◆きらきらと光る
◆汚(けが)れがなく澄み切った光、またそうした光を放つもの
◆「水晶」の略称
𦜳12+月4=総画数16 U+6724 [ロウ/] 𣊧
◆明るい、明るく澄み渡っている、同「朗」
月(肉)4+9=総画数13 U+4411 [チョウ/] 𦜫𦜪𦜈
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同「𦣀」
◆肉を細く切る、細切り肉
𦼶䐑13+艸3=総画数16 U+26F36 [/] 䕈𦺯𤗽
◆草名、未詳
◆履物の藁製の中敷、また藁製の中敷を敷いた履物、同「屧」
月(肉)4+9=総画数13 U+8171 [ケン、コン/]
◆随意筋(ズイイキン、自分の意志で動かすことができる筋肉、骨格筋など)の両端にあり筋肉が骨に繋がる部分の組織、「【集韻:卷二:平聲:元第二十二:腱𦞬䇟】博雅膂腱肉也一曰{⿰𥭊力}之大者或作𦞬䇟」
𥴤腱13+竹6=総画数19 U+25D24 [ケン、ゲン/]
◆未詳、「【廣韻:上平聲:元第二十二:𥴤:𥴤】筋鳴也巨言切」
𦝠月4+9=総画数13 U+26760 [ラ/] 𦟀𣎆
◆毛が細く短い獣、一説に同「騾」とし「ラバ(騾馬)」、「【康熙字典:未集下:肉部:九:𦝠】《正譌》象形獸之淺毛者若虎豹貔象之屬」「【漢語大字典:月部:𦝠】同"驘(騾)"」
𡑤𦝠13+土3=総画数16 U+21464 [ラ/] 𧝹
◆裸(はだか)、衣服をはだけて肌を露(あら)わにする
𦝠13+女3=総画数16 U+5B34 [エイ、ヨウ/] 𡣍𡢔
◆あり余る、溢(あふ)れる
◆利益を得る、儲(もう)ける、勝負に勝つ、同「贏」
◆姓用字、帝舜(シュン)と帝禹(ウ)に仕えた伯益(ハクエキ、伯翳ハクエイ)がその功により「嬴」姓を賜(たま)ったとされる、後に秦国(シン、前905年頃~前207年頃)を建てた秦氏はこの「嬴」の一族と称して「嬴」姓を名乗った
𥢵𦝠13+禾5=総画数18 U+258B5 [ラ/] 𥡜
◆収穫した穀物を(束ねて)積み上げる
𦝠13+立5=総画数18 U+41D4 [ラ/]
◆萎(な)える、弱って体に力が入らない、またそのような病気、同「痿」
𦝠13+羊6=総画数19 U+7FB8 [ルイ/] 𦏞𦣉
◆痩(や)せる、弱る、疲れる、同「𤼘」
𦝠13+虫6=総画数19 U+8803 [ラ/] 𧕳
◆「蜾蠃(カラ)」、ジガバチ(似我蜂)、 ハチ亜目(細腰亜目)スズメバチ上科ツチバチ科(別名ジガバチ科)のハチ(蜂)の総称、腰の部分が細く地中に巣を作る、別名「細腰蜂(サイヨウホウ)」、同「蜾臝」
◆「蚹蠃(フラ)」、カタツムリ(蝸牛)、貝を背負う陸棲の虫の総称、別名「螔蝓(イユ)」
𧝹𦝠13+衣6=総画数19 U+27779 [ラ/] 𡑤
◆裸(はだか)、衣服をはだけて肌を露(あら)わにする
𦝠13+貝7=総画数20 U+8D0F [エイ、ヨウ/]
◆余る、あり余る
◆売買して得た利益、儲(もう)け
◆勝負に勝つ
𦝠13+貝4=総画数17 U+8D62 [エイ、ヨウ/]
◆余る、あり余る
◆売買して得た利益、儲(もう)け
◆勝負に勝つ
𨭞𦝠13+金8=総画数21 U+28B5E [ラ/] 𨰠𨰊
◆「銼𨭞(サラ)」、小形の釜、同「銼鏍」
𦝠13+馬10=総画数23 U+9A58 [ラ/] 騾䯁𩧣骡𩦻
◆ラバ(騾馬)、牡のロバ(驢馬)と牝のウマ(馬)から生まれるウマ科ウマ属の動物の名、中国では「騾子」ともいう、「【古今注:鳥獸第四】驢爲牡馬爲牝則生騾馬爲牡驢爲牝則生𩥔」
𩼊𦝠13+魚11=総画数24 U+29F0A [ラ/]
◆獣名、体は魚のようで鳥のような翼があるという、「【龍龕手鑑:卷一:羸部第五十九:𩼊】落戈反魚身鳥翼獸也」
𦝠13+鳥11=総画数24 U+9E01 [ラ/]
◆「果鸁、過鸁(カラ)」、ミソサザイ(鷦鷯)、ミソサザイ科ミソサザイ属の鳥、同「巧婦鳥(コウフチョウ)」「桑飛(ソウヒ)」
◆「須鸁(シュラ)」、カイツブリ(鳰)、カイツブリ科カイツブリ属の水鳥、また同科同属の鳥の称、同「鷿鷈(ヘキテイ)」
𦞅月(肉)4+9=総画数13 U+26785 [イ/] 胃𦛂𦝩
◆食道と腸の間にある消化器官 {人体(内臓)}
◆星名、二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
𠿥𦞅13+口3=総画数16 U+20FE5 [キ/] 喟𠷝
◆(ほっとしたり苦しみ歎いたりなどして)大きく息を吐き出す、大きな溜息をつく、同「嘳」「㕟」「欳」「𠣠」
𧒞𦞅13+虫6=総画数19 U+2749E [イ/] 蝟猬𧳪
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類の総称、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「彙」
𧬴𦞅13+言7=総画数20 U+27B34 [イ/い・う、いわ・れ、いい] 謂谓
◆言う、話す、告げる
◆~は~と言う、~と呼ぶ、~と称する
◆~は~と言われている
◆~と言われている訳(わけ)、理由
𩙊𦞅13+風9=総画数22 U+2964A [イ/]
◆大風(おおかぜ)、強く烈(はげ)しい風
月(肉)3+10=総画数13 U+441B [トウ/]
◆皮膚が伸び弛(たる)む、「【通雅:卷四十九:諺原】耳埀曰耷皮寛曰㿴(俱音荅)」
◆「𥀰䐛(ロウトウ)」、皮膚が張りを失い伸び弛(たる)むさま、「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:𥀰】𥀰㿴皮瘦寛皃」
䐛10+月(肉)3=総画数13 U+441B [トウ/]
◆皮膚が伸び弛(たる)む、「【通雅:卷四十九:諺原】耳埀曰耷皮寛曰㿴(俱音荅)」
◆「𥀰䐛(ロウトウ)」、皮膚が張りを失い伸び弛(たる)むさま、「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:𥀰】𥀰㿴皮瘦寛皃」
月4+10=総画数14 U+6722 [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 望𥩿𦣠𢾘𣍢
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
𧭅朢14+言7=総画数21 U+27B45 [ボウ、モウ/] 𧫢𧨉
◆責(せ)める、未詳、同「𧩆」、「【說文解字注:言部:𧭅】責望也(太元𡨥{⿰言𦣠}其戸范曰{⿰言𦣠}責也按朢之古文作𦣠故𧭅之古文亦作{⿰言𦣠})[†「太元」は「太玄」、「𡨥{⿰言𦣠}」は「𡨥𧩆」を指すものと思われる]」「【玉篇:卷九:言部第九十:𧫢】勿放切相責也」
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:𧭅𧨉】…一曰欺也」
𦞽月(肉)4+10=総画数14 U+267BD [イ、セキ、シャク/]
◆胃(い)、食道と腸の間にある消化器官、同「胃」
𣝗𦞽14+木4=総画数18 U+23757 [カク、ギャク/]
◆果実の核(かく)、或いは種(たね)、同「核」、「【集韻:卷九:入聲上:沒第十一:𣝗核】果中實或作核」
𦟀月4+10=総画数14 U+267C0 [ラ/] 𦝠𣎆
◆毛が細く短い獣、一説に同「騾」とし「ラバ(騾馬)」、「【康熙字典:未集下:肉部:九:𦝠】《正譌》象形獸之淺毛者若虎豹貔象之屬」「【漢語大字典:月部:𦝠】同"驘(騾)"」
𡣍𦟀14+女3=総画数17 U+218CD [エイ、ヨウ/] 嬴𡢔
◆あり余る、溢(あふ)れる
◆利益を得る、儲(もう)ける、勝負に勝つ、同「贏」
◆姓用字、帝舜(シュン)と帝禹(ウ)に仕えた伯益(ハクエキ、伯翳ハクエイ)がその功により「嬴」姓を賜(たま)ったとされる、後に秦国(シン、前905年頃~前207年頃)を建てた秦氏はこの「嬴」の一族と称して「嬴」姓を名乗った
𦏞𦟀14+羊6=総画数20 U+263DE [ルイ/] 羸𦣉
◆痩(や)せる、弱る、疲れる、同「𤼘」
水部
月(肉)4+11=総画数15 U+819A [フ/はだ] 𦢚肤
◆肌(はだ)、皮、ものの表面を覆(おお)う薄い膜状のもの、同「膚」
◆表面的な、深みがなく薄っぺらな
◆大きく広がる
◆(中身がぎっしりと詰まっていて)良い、優(すぐ)れている、美しい
◆薄切りの(豚)肉
◆古代の長さの単位、一膚=四本の指をぴったりと付けて平らにした時の幅、指一本の幅を一寸といった
𦢚膚15+月(肉)4=総画数19 U+2689A [フ/はだ] 膚肤
◆肌(はだ)、皮、ものの表面を覆(おお)う薄い膜状のもの、同「膚」
◆表面的な、深みがなく薄っぺらな
◆大きく広がる
◆(中身がぎっしりと詰まっていて)良い、優(すぐ)れている、美しい
◆薄切りの(豚)肉
◆古代の長さの単位、一膚=四本の指をぴったりと付けて平らにした時の幅、指一本の幅を一寸といった
月(肉)4+11=総画数15 U+819D [シツ、シチ/ひざ] 𦡀𦞃𦜔厀𦡩
◆足の大腿(ダイタイ、腰の下から膝までの部分)と小腿(ショウタイ、膝から足首までの部分)を繋ぐ関節の部分 {人体(下肢)}
𧀬膝15+艸3=総画数18 U+2702C [シツ、シチ/] 𦸝
◆「䒜𧀬(ギュウシツ)」、牛膝(ゴシツ、イノコヅチ)、ヒユ科イノコヅチ属の草、また同属の植物の称、同属のヒナタイノコヅチ(日向牛膝、日向猪子槌)の乾燥させた根茎は生薬として利用される、「【廣韻:入聲:質第五:悉:𧀬】牛𧀬又作𦸝本草作膝」 {ヒナタイノコヅチ}
月(肉)4+11=総画数15 U+81A0 [コウ、キョウ/にかわ] 𦠧
◆動物の皮や角をよく煮詰めて作った接着剤
◆樹液などで粘りのあるもの
◆くっつける、くっつけて固める、くっついて動かない
◆簡「胶」
𠐋膠15+人2=総画数17 U+2040B [リョウ/]
◆「𠐋𠈭(リョウロウ)」、肥(こ)えていて粗野なさま、「【方言:第二】…陳宋之間曰𠐋(𠐋𠈭麤大皃)江淮之間曰泡(泡肥洪張皃)秦晉或曰䑋…」
膠15+广3=総画数18 U+5EEB [リョウ/]
◆(室内・屋内に)何もなく虚(うつ)ろなさま、空虚なさま、同「寥」
𦟝月(肉)4+11=総画数15 U+267DD [セキ、シャク/せ、せい] 脊𦠗
◆背骨(せぼね)、椎骨(ツイコツ)が連なり首から腰に至る骨、背の中央を小高く盛り上がりながら連なっている骨、「頸椎(ケイツイ)」「胸椎(キョウツイ)」「腰椎(ヨウツイ)」「仙椎(センツイ)」「尾椎(ビツイ)」から成る、同「呂」 {人体(胴部)}
◆背骨が小高く盛り上がっているところ、背骨や屋根の棟のように高みが連なっているところ
𦢕𦟝15+月(肉)4=総画数19 U+26895 [セキ、ジャク/]
◆体が痩(や)せ細る、痩せ衰える、肉が削げ落ち骨が露(あらわ)になる、同「瘠」
𨇋𦟝15+足7=総画数22 U+281CB [セキ、シャク/]
◆小刻みにそろそろと歩く、抜き足差し足で歩く
𩼿𦟝15+魚11=総画数26 U+29F3F [セキ、シャク/] 𩺀
◆フナ(鮒、鯽)、コイ科フナ属の淡水魚の総称、同「鯽」
糸部
馬部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 月部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です