総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 立部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 立部」 [部首索引


立5+0=総画数5 U+7ACB [リュウ、リツ/た・つ] 𡗓
◆地(チ、地面、土台、基盤)に足を着け垂直にする、また垂直になる、地から上に向かって伸ばす、また伸びる
◆しっかりとした土台を築いてその上にものを作り上げて行く、また積み上げて行く、また建てる
◆しっかりとした土台の上に身を置く、また居(い)る
◆直(ただ)ちに、すぐさま
◆たつ、たつへん、部首名
立5+人2=総画数7 U+4F4D [イ/くらい]
◆順に並ぶ時に立つべき場所、並べて置く時の置くべき場所、並んでいるものの中での置かれている場所、「位置(イチ)」
◆階級の中の級(キュウ、順位)、席次(セキジ)、またその級に就(つ)くこと
◆「即位(ソクイ)」◇天子の座(ザ)に就くこと◇席に着(つ)くこと
◆所(ところ)、場所
𠖃立5+冖2=総画数7 U+20583 [未詳/]
◆未詳
立5+厂2=総画数7 U+3547 [ロウ/]
◆石の音、石が崩れ落ちる音、「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:㕇】盧合反石崩墮落也」
立5+口3=総画数8 U+5485 [トウ、ツ、ホウ、フ/]
◆唾(つばき、つば)する、「ぺっ」と唾を吐く、受け入れない、聞き入れない、同「㕻」「㖣」「㰴」「哣」「㰯」「𡃠」
立5+土3=総画数8 U+5783 [ラー/]
◆「垃圾(ラーチイ)」、塵(ごみ)、塵芥(ちりあくた)
立5+女3=総画数8 U+59BE [ショウ/めかけ、わらわ]
◆(身分の高い人の)身の回りの世話をする女、女の給仕、本来は「䇂女」で「罪に問われ罰を受けた女や奴隷の女」の意で、これらの女を召使や側女などとした
◆正妻以外の妻
◆わらわ、女性の自分を謙(へりくだ)った自称
立5+尸3=総画数8 U+3790 [キョ、コ/い・る、お・る] 居𢨶㝒
◆座る、腰を据(す)える、腰を落ち着ける、またその場所
◆長く腰を落ち着けて住む、住まい
◆一定の場所を占める、存在する
◆貯(たくわ)える、得たものを置いておく
立5+山3=総画数8 U+5CA6 [リュウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま
𢓔立5+彳3=総画数8 U+224D4 [ソウ/]
◆行くさま、未詳、「【玉篇:卷十:彳部第一百十九:𢓔】蘇合切行皃」
𢨶立5+戸4=総画数9 U+22A36 [キョ、コ/い・る、お・る] 居㞐㝒
◆座る、腰を据(す)える、腰を落ち着ける、またその場所
◆長く腰を落ち着けて住む、住まい
◆一定の場所を占める、存在する
◆貯(たくわ)える、得たものを置いておく
立5+手3=総画数8 U+62C9 [ロウ、ラツ/ひし・ぐ、ひしゃ・げる]
◆折る、圧(へ)し折る
◆引く、引っ張る、引き延ばす
◆[日]ひし・ぐ、ひしゃ・げる、押し潰(つぶ)す、押し潰されて形が変わる
立5+支4=総画数9 U+6531 [キ/]
◆戸棚
◆(棚などに)載せる
立5+日4=総画数9 U+6631 [ヨク、イキ/]
◆太陽や月が明るく光るさま、「【太玄經:太玄告】…日以昱乎晝月以昱乎夜(昱明也)」
立5+月(肉)4=総画数9 U+43E0 [キュウ、コウ/]
◆肉入りの羹(あつもの、スープsoup)、「䏠𦠿(キュウソウ)」
𦚎立5+月(肉)4=総画数9 U+2668E [未詳/]
◆未詳、「【晚晴簃詩匯:卷一百十六:阮雲臺閣學師重摹石鼓歌用東坡韻】…其𦚎孔庶羉■■亦有鱮鯉橐{䝴-貝+果}楊柳…」「【字彙補:未集:肉部:𦚎】石鼓文與䏠同見金薤琳瑯本」
𦚏立5+月(肉)4=総画数9 U+2668F [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:肉部第四:𦚏】俗涉江反」「【字彙補:未集:肉部:𦚏】陟江切音椿見金鏡」
立5+木4=総画数9 U+67C6 [ロウ/]
◆木を折る、木が折れる
◆木の柵
立5+歹4=総画数9 U+3C5E [ギュウ、ゴウ/] 𣧉
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:緝第二十六:㱞𣧉】危也」
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:合第二十七:㱞】朽折也」
立5+水3=総画数8 U+6CE3 [キュウ、コウ/な・く] 𣲔
◆(嘆き・悲しみ・苦しみ・喜びなどの感情の高揚に伴って)声を出さずに(或いは細く微かな声を出しながら)涙を流す、声を張り上げて泣くのは「哭」、「【康熙字典:丑集上:口部:哭】…《徐鍇曰》哭聲繁故从二口大聲曰哭細聲有涕曰泣…」
◆涙(なみだ)
立5+石5=総画数10 U+782C [リュウ、ロウ/]
◆「砬礘(リュウキュウ)」、石がぶつかり合う音
◆解毒の効果があるとされる石薬(セキヤク、鉱物質の薬)
立5+立5=総画数10 U+7ADD [ヘイ/なら・ぶ、な・み] 並𠀤
◆二つの同じものが隣り合って同じ方向を向く、また同じ方向を向いて立つ
◆~と同様に、~と同時に
◆皆と同じ、程度が普通
立5+竹6=総画数11 U+7B20 [リュウ/]
◆雨や日光を防ぐため頭に被る鍔(つば)の広い帽子
立5+米6=総画数11 U+7C92 [リュウ/つぶ] 𩚷
◆穀物の種子、(特に米粒を指す)
◆小さく丸みを帯びたもの、またそれを数える語
立5+羽6=総画数11 U+7FCA [ヨク、イキ/]
◆翼を大きく羽撃(はばた)かせて飛ぶさま、同「翋」
◆(鳥の翼のように左右にあって)両脇から支え助ける、同「翼」「輔」
◆「翊翊(ヨクヨク)」、主君の手となり足となり尽くすさま、「【群書治要:卷二:尚書】今命爾予翊作股肱心膂今命汝為我輔翊股肱心體之臣言委任之也」
◆「左馮翊(サヒョウヨク)」、漢代(前202年~220年頃)から三国時代(220年頃~265年頃)に首都長安(チョウアン、現陝西省西安セイアン市)を中心に置かれた三つの行政区の一つ、京兆尹(ケイチヨウイン)・右扶風(ユウフフウ)と合わせ「三輔(サンポ)」と呼ばれた {陝西省}
立5+羽6=総画数11 U+7FCB [ロウ/] 𦒆
◆翼を大きく翻(ひるがえ)しながら飛ぶさま、同「翊」
◆「翋𦑶(ロウトウ)」、多くの鳥が付かず離れず飛ぶさま、「【御定歷代賦彙:卷三十二】翋𦑶若離若合者相與騰躍乎」
立5+羽6=総画数11 U+7FCC [ヨク、イキ/]
◆明日(あした)
◆(日・月・年・季節・時期などの)次(つぎ)、次の
立5+艸3=総画数8 U+82D9 [リュウ/]
◆養豚場などの柵
◆「白苙(ビャクリュウ)」、同「𦬖薋(キュウシ)」「白芷(ビャクシ)」、ヨロイグサ(鎧草)、セリ科シシウド属の草、またその根を乾燥させた生薬の名、「【康熙字典:申集上:艸部:苙】《博雅》白苙𦬖薋也」 {ヨロイグサ}
立5+走7=総画数12 U+8D87 [シツ/]
◆走るさま、未詳、「【玉篇:卷十:走部第一百二十六:趇】私立切走皃」
立5+身7=総画数12 U+4834 [シン/]
◆まっすぐに立つ、姿勢を正す、同「竧」
立5+金8=総画数13 U+925D [リュウ/]
◆「蘇鉝(ソリュウ)」、古代の食器の名
◆リバモリウムLivermorium(Lv)、元素名、 {リバモリウム}
立5+門8=総画数13 U+959A [セン/]
◆門まで出て立って待ち人を待つ
立5+雨8=総画数13 U+96F4 [リュウ、チュウ/]
◆大雨、大雨が降るさま、「雴霫(リュウシュウ)」
立5+青8=総画数13 U+9756 [セイ、ジョウ/やす・んずる]
◆安(やす)らかなさま、何事もなく穏やかなさま
◆動きや乱れなどを鎮(しず)める、治(おさ)める
立5+青8=総画数13 U+FA1C [セイ、ジョウ/やす・んずる]
◆安(やす)らかなさま、何事もなく穏やかなさま
◆動きや乱れなどを鎮(しず)める、治(おさ)める
𩊌立5+革9=総画数14 U+2928C [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:革部:𩊌】同"琫"」
立5+風9=総画数14 U+4B03 [ソウ、サツ/] 颯飒
◆風がさっと吹くさま、またその音
◆動作や動きが素早いさま
◆風で物が「さらさら」「かさかさ」と音を立てるさま
◆衰える
立5+風9=総画数14 U+98AF [ソウ、サツ/] 飒䬃
◆風がさっと吹くさま、またその音
◆動作や動きが素早いさま
◆風で物が「さらさら」「かさかさ」と音を立てるさま
◆衰える
立5+風4=総画数9 U+98D2 [ソウ、サツ/] 颯䬃
◆風がさっと吹くさま、またその音
◆動作や動きが素早いさま
◆風で物が「さらさら」「かさかさ」と音を立てるさま
◆衰える
𩚷立5+食8=総画数13 U+296B7 [リュウ/つぶ]
◆穀物の種子、(特に米粒を指す)
◆小さく丸みを帯びたもの、またそれを数える語
立5+鳥11=総画数16 U+9D17 [リュウ/]
◆カワセミ(川蝉、翡翠)、カワセミ科カワセミ属の鳥、また同科同属の鳥の称、同「魚狗」「天狗」
立5+齒15=総画数20 U+4D98 [リュウ/]
◆食べ物を噛(か)み砕く音、乾燥した食べ物を噛(か)み砕く「ぽりぽり」「ぼりぼり」というような音
◆「䶘𪙷(リュウロウ)」、固いものを噛(か)み砕く音
立5+1=総画数6 U+41C2 [ケン/]
◆過ち、法を犯す、同「愆」
𠱫䇂6+口3=総画数9 U+20C6B [ゲツ、ゲチ/] 㖖𠲗𠱪𠲩𥥖𥩭𥩮
◆互いに怒鳴り声で責め合い反論し合う、「【說文解字注:口部:𠱫】語相訶歫也(歫今之拒字訶歫者訶而拒之)从口䇂(音愆)䇂惡聲也口䇂以口拒惡聲也…)」
𠲗䇂6+口3=総画数9 U+20C97 [ゲツ、ゲチ/] 𠱫㖖𠱪𠲩𥥖𥩭𥩮
◆互いに怒鳴り声で責め合い反論し合う、「【說文解字注:口部:𠱫】語相訶歫也(歫今之拒字訶歫者訶而拒之)从口䇂(音愆)䇂惡聲也口䇂以口拒惡聲也…)」
口部
日部
立5+4=総画数9 U+7AD2 [キ、ギ/く・し]
◆普通(平常、一般)とは違うさま、珍しいさま、思い掛けないさま、想像或いは予想できないさま、「奇異(キイ)」
◆2で割り切れない数、割り切れるものは「偶」
◆「數竒(スウキ、数竒)」、割り切れない運命(ウンメイ)、幸・不幸の巡り合わせが悪いこと
𠋣竒9+人2=総画数11 U+202E3 [イ/]
◆寄り掛かる、凭(もた)れ掛る
◆依(よ)る、拠(よ)りどころにする、他のものに依存する
◆片方に傾く、偏(かたよ)る
◆「徙倚(シイ)」、思いのままにあちこち歩き回る、同「彷徉(ホウヨウ)」
竒9+山3=総画数12 U+5D5C [キ/さき] 崎﨑𡼋𡼭㟢
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇(キク)」、同「陭䧢」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
竒9+山3=総画数12 U+FA11 [キ/さき] 崎𡼋𡼭㟢嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇(キク)」、同「陭䧢」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
𢰤竒9+手3=総画数12 U+22C24 [キ/]
◆片方の足を後ろに引っ張る
◆引く、引き止める
◆傾ける、傾く
𣣱竒9+欠4=総画数13 U+238F1 [キ、イ/そばだ・てる]
◆本来の正しい位置や在り方と違う、ずれる、同「𥀴」「㿲」「𤿯」
◆傾(かたむ)く、偏(かたよ)る、同「攲」
◆「ああ」という感嘆の声
𤦺竒9+玉4=総画数13 U+249BA [キ、ギ/]
◆大変珍しい玉(ギョク、宝石)、大変美しい玉
◆大変珍しいさま、大変貴重なさま、「琦珍(キチン)」
𥔎竒9+石5=総画数14 U+2550E [キ/]
◆陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「崎」「埼」
◆高く切り立つさま、「碕岸(キガン)」「碕嶺(キレイ)」
◆「𥔎礒(キギ)」、ごつごつとした石や岩が高く折り重なるさま
𥯽竒9+竹6=総画数15 U+25BFD [カ/]
◆矢柄(やがら)、矢の柄(え、棒状の部分)、また竹製の矢 {弓箭}
𦂶竒9+糸6=総画数15 U+260B6 [キ/] 綺绮
◆細糸で模様を織り出した絹織物
◆美しい、優美な
𨪆竒9+金8=総画数17 U+28A86 [キ、ギ/] 錡锜
◆ものを削ったり穴を開けたりする鑿(のみ)、ものを挽(ひ)き切る鋸(のこぎり)
◆三本の足が付いた釜、「【方言:第五】鍑(釜屬也音富)北燕朝鮮洌水之間或謂之錪(音腆)或謂之鉼(音餅)江淮陳楚之間謂之錡(或曰三脚釜也音技)或謂之鏤吳揚之間謂之鬲(音曆)」
◆弩(ド、大弓)を架ける台
𥩞立5+4=総画数9 U+25A5E [フ、ブ/] 𠹪
◆力が満ち溢(あふ)れているさま、元気で力強いさま、同「䞤」
𦵑𥩞9+艸3=総画数12 U+26D51 [ク/]
◆「𦵑蒻(クジャク、コンニャク)」、サトイモ科コンニャク属の草 {コンニャク}
◆「𦵑酱(クショウ、キンマ)」、コショウ科コショウ属の蔓性の草、食用とする他、生薬としても利用される {キンマ}
𦚏月(肉)部
立5+5=総画数10 U+7AD8 [ク/]
◆(建物が)堂々として立派なさま
◆腕の良い職人
𠹪竘10+口3=総画数13 U+20E6A [フ、ブ/] 𥩞
◆力が満ち溢(あふ)れているさま、元気で力強いさま、同「䞤」
竘10+艸3=総画数13 U+849F [ク/] 𦵑
◆「蒟蒻(クジャク、コンニャク)」、サトイモ科コンニャク属の草 {コンニャク}
◆「蒟酱(クショウ、キンマ)」、コショウ科コショウ属の蔓性の草、食用とする他、生薬としても利用される {キンマ}
立5+5=総画数10 U+7ADB [レイ、リョウ/]
◆「竛𥪁(レイヘイ)」◇独(ひと)り、独りぼっち、同「伶俜」◇落ちぶれるさま、うらぶれるさま、衰(おとろ)え細るさま、同「伶俜」◇よろめきながら(よろよろと)行くさま、同「竛竮」「彾𢓳」、「【晚晴簃詩匯:卷一百四十二:老馬吟和何賡卿閣學瘦馬吟韻】…三刻溝難踰竛𥪁移跬步…」
◆「竛竮(レイヘイ)」、同「跉𨂲」◇独(ひと)り行くさま、同「彾㣔(レイテイ)」◇よろめきながら(よろよろと)行くさま、同「竛𥪁」「彾𢓳」、「【晚晴簃詩匯:卷一百四十二:老馬吟和何賡卿閣學瘦馬吟韻】…三刻溝難踰竛𥪁移跬步…」
竛10+雨8=総画数18 U+4A27 [イン、オン/] 𩃬𩄈霠𩃛霒𩂇
◆雲が空を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
𪋚竛10+鹿11=総画数21 U+2A2DA [レイ、リョウ/] 羚𦏰𦏪麢𪋦𪋓𪋳𪋪𪋶䴫
◆「𪋚羊(レイヨウ、カモシカ)」、ニホンカモシカなどを含むウシ科に属する哺乳類の総称
立5+5=総画数10 U+7ADC [リョウ、リュウ、ロウ/たつ] 龍㡣𢄫𢅛𥫈𥫆𥪢𥪖𥪐𥪑𦱉𦱸𠊋𠉒𢀀龙
◆角(つの)と鬚(ひげ)を持ち体は細長く鱗(うろこ)があり、春分に天に昇り秋分に淵(ふち)に潜むという想像上の動物
◆天子・君主・皇帝を指す語、「龍飛(リュウヒ、天子の即位)」「龍体(リュウタイ、天子のお体)」
◆ひときわ優れたものを指す語
◆十二章紋の一つ {服飾(十二章紋)}
◆背が高く(八尺以上の)大きな馬、駿馬(シュンメ)
𠺠竜10+口3=総画数13 U+20EA0 [ロウ、ル/] 嚨咙
◆喉(コウ、のど)、咽(イン、口の奥から食道の入口までの部分)の途中から分かれて気管に通じる部分、喉笛(のどぶえ)
𢲣竜10+手3=総画数13 U+22CA3 [ロン/]
◆[喃]未詳
竜10+木4=総画数14 U+69DE [ロウ、ル/] 櫳栊
◆木などを柵(さく)状に組んだ囲(かこ)い、獣(けもの)を閉じ込めるための檻(おり)
竜10+水3=総画数13 U+6EDD [ロウ/たき] 瀧泷
◆水の流れが速いさま、急流、早瀬(はやせ)
◆[日]高い所から川のように流れ落ちる水
𥉩竜10+目5=総画数15 U+25269 [未詳/]
◆[喃]未詳
𥉫竜10+目5=総画数15 U+2526B [未詳/]
◆[喃]未詳
竜10+竹6=総画数16 U+7BED [ロウ、ル/かご、こ・める、こ・もる] 籠笼𦌼
◆竹を編んで作った入れ物(盆状・桶状・笊状・筒状のものなど)の総称、またそれに入れる
◆箙(えびら)、矢を入れて背負う竹製筒状(箱形・筒形・袋形など)の容器
◆中に入(い)れる、閉じ込める、中に入(はい)る
𧯇竜10+谷7=総画数17 U+27BC7 [ロウ、ル/]
◆深い谷がうねうねとどこまでも続いているさま、同「谾」
◆山深いさま
𨻫竜10+阜3=総画数13 U+28EEB [リョウ、リュウ、ロウ/] 隴陇𨼨
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同「壠」
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同「壠」、「波状に起伏する畝の形と体をくねらせる龍の姿が似ている」ことから{⿰阝龍}となったようである
◆甘粛(カンシュク)省の別称 {甘粛省}
◆陝西省と甘粛省との境にある山の名、またそれに連なる山脈の名、別名「六盤山(リクバンサン)」、「山並みが龍の背のような形に連なる」ことから
立5+5=総画数10 U+7ADD [ヘイ/なら・ぶ、な・み] 並𠀤
◆二つの同じものが隣り合って同じ方向を向く、また同じ方向を向いて立つ
◆~と同様に、~と同時に
◆皆と同じ、程度が普通
竝10+人2=総画数12 U+50A1 [ヘイ、ヒョウ/] 𠊧
◆揃って、並んで、揃って~する、並んで~する、同「俱」
竝10+日4=総画数14 U+669C [ホ、フ/あまね・く]
◆太陽の光が遠近にかかわらずどこにも一様に降り注ぐさま
◆偏りがないさま、一様にどこまでも行き渡るさま
注解:別「𤾕」
𣺄竝10+水3=総画数13 U+23E84 [未詳/]
◆未詳
𤾕竝10+白5=総画数15 U+24F95 [テイ、タイ/か・える、か・わる] 替𤽽㬱
◆廃(すた)る、衰(おとろ)える、用を成(な)さなくなる、「衰替(スイタイ)」
◆それまでのもの(今あるもの)や廃れたもの(衰えたもの、用を成さないもの)を別のものに代(か)える、「交替(コウタイ)」
注解:別「暜」
𧪻竝10+言7=総画数17 U+27ABB [ホ、フ/] 譜𧫭諩𧨌谱
◆同系統の事柄を順序立てて書き綴った記録、「年譜」「家譜」「棋譜」など
◆音階や歌詞を記したもの、「音譜」「楽譜」
𨃱竝10+足7=総画数17 U+280F1 [ハン、バン/] 𨂝
◆徒(かち、徒歩)で水を渡る、同「踫」「湴」
◆「𨂝𨂞(ハンタン)」、うまく進めないさま、うまく動けないさま、「【通俗編:卷三十四:狀貌:槃㨏】又槃㨏宛轉也㨏音炭按俗有槃㨏不動語或作𨂝{⿱足竝}詳後卷」「【漢語大字典:足部:𨂞】不能行…清毛奇齡《越語肯綮録》:"俗以不能行者為𨂝𨂞。所謂𨂝𨂞不動、是也。"」「【漢語大詞典:足部:𨂝】[𨂝𨂞]爬行。清顾张思《土风录》巻六:"今俗呼手足平行者曰𨂝𨂞、音如爿癱。"」
𩮗竝10+髟10=総画数20 U+29B97 [ホウ/] 䰃𩬬
◆髪が乱れるさま、「䰃鬤(ホウジョウ)」
◆出会う、偶然出会う、出会(でくわ)す、同「碰」
𣐽木部
𥩥立5+5=総画数10 U+25A65 [デイ、ナイ/]
◆泥(どろ)、泥濘(デイネイ、ぬかるみ)、同「泥」「埿」「淖」
𡎿𥩥10+土3=総画数13 U+213BF [デイ、ナイ/]
◆雨水を溜(た)めるために中央部を窪(くぼ)ませた丘、同「屔」、「【集韻:卷二:平聲:齊第十二:屔𡎿】說文反頂受水丘或作𡎿俗作𥩥非是」
立5+6=総画数11 U+7ADF [ケイ、キョウ/]
◆極まる、尽きる、それ以上先がないところまで行き着く
◆終わる、~し終わる、同「傹」
◆終(つい)に、終には、結局、結局のところ
◆境(さかい)、境界、他の所有者の土地と接するところ、同「境」
竟11+人2=総画数13 U+50B9 [ケイ、キョウ/]
◆終わる、~し終わる、同「竟」
竟11+土3=総画数14 U+5883 [ケイ、キョウ/さかい]
◆他の所有者の土地と接するところ、区切り、同「竟」「疆」
◆(限られた、特定の)ところ、場所、地域
◆状態、状況、様子
竟11+手3=総画数14 U+646C [ヨウ、オウ/]
◆撃つ、打ち当てる
竟11+木4=総画数15 U+6A08 [キョウ/]
◆鑿(のみ、木に穴を掘る道具)の柄
竟11+水3=総画数14 U+6EF0 [キョウ/]
◆米を磨(と)いで水を切る
竟11+犬3=総画数14 U+734D [ケイ、キョウ/] 𧴈
◆想像上の獣の名、姿はトラ(虎)やヒョウ(豹)に似るが小形で、生まれるとすぐに生んだ母獣を食べるという
◆「梟獍、𤡔獍(キョウケイ)」、(梟フクロウも獍ケイもどちらも親を食うといわれることから)親不孝な人、恩知らずな人
竟11+玉4=総画数15 U+7484 [エイ、ケイ、キョウ/]
◆玉(たま)の美しく輝くさま、同「璟」
竟11+米6=総画数17 U+7CE1 [キョウ/]
◆穀物の粉に水などを加えて練ったペーストpaste状の食品
𧫙竟11+言7=総画数18 U+27AD9 [ケイ、ギョウ/] 𧫘𨐼
◆自らの意見を強く言い張り、相手の主張を退けようとする、互いに自分の主張を言い合う、言い争う、同「競」、「【正字通:酉集上:言部:𧫘】同誩説文誩𧫘𠀤渠慶切誩競言也从二言讀若競𧫘彊語也一曰逐也…」「【玉篇:卷九:言部第九十:𧫙】渠竟切强争也逐也古文競」「【字彙補:酉集:辛部:𨐼】與競同字㝈二言為競」
𧴈竟11+豸7=総画数18 U+27D08 [ケイ、キョウ/]
◆想像上の獣の名、姿はトラ(虎)やヒョウ(豹)に似るが小形で、生まれるとすぐに生んだ母獣を食べるという
◆「梟𧴈、𤡔𧴈(キョウケイ)」、(梟フクロウも獍ケイもどちらも親を食うといわれることから)親不孝な人、恩知らずな人
竟11+金8=総画数19 U+93E1 [ケイ、キョウ/かがみ]
◆光の反射を利用して像を映(うつ)し出す、またその道具、古くは盆に水を張り鏡として使ったが、後には石や金属の表面を平らに磨いて鏡とした、同「鑑」 {鏡}
◆(像を、姿を、有様を)映し出す
◆澄み切っているさま、奥まで見通せるさま
◆レンズ(lens)、(ガラスのような)透明な物質を片面或いは両面を球状にして入射した光を屈折させるもの
竟11+金5=総画数16 U+955C [ケイ、キョウ/かがみ]
◆光の反射を利用して像を映(うつ)し出す、またその道具、古くは盆に水を張り鏡として使ったが、後には石や金属の表面を平らに磨いて鏡とした、同「鑑」 {鏡}
◆(像を、姿を、有様を)映し出す
◆澄み切っているさま、奥まで見通せるさま
◆レンズ(lens)、(ガラスのような)透明な物質を片面或いは両面を球状にして入射した光を屈折させるもの
竟11+食8=総画数19 U+4B57 [エイ、ヨウ/] 䭘䭊䬬
◆腹いっぱい食べる
◆餌
立5+6=総画数11 U+7AE0 [ショウ/]
◆楽曲・詩文・法令などの一纏(ひとまと)まりごとに設ける区切り
◆織物や刺繍などの紋様
◆明らか、明らかにする、はっきりと分かる
◆(はっきりと分かるようにする)印鑑やバッジなど
章11+人2=総画数13 U+50BD [ショウ/]
◆「傽偟(ショウコウ)」、驚き恐れるさま、驚き慌てるさま、同「慞惶」
𡈠章11+囗3=総画数14 U+21220 [ショウ/]
◆未詳
章11+土3=総画数14 U+5887 [ショウ/]
◆塞ぐ、行く手を遮(さえぎ)る
章11+女3=総画数14 U+5ADC [ショウ/]
◆舅(しゅうと)、夫の父
章11+山3=総画数14 U+5D82 [ショウ/]
◆山が衝立(ついたて)のように切り立って行く手を遮(さえぎ)るさま、山が高く険しいさま
章11+巾3=総画数14 U+5E5B [ショウ/]
◆慶弔(ケイチョウ)の言葉を記した布帛(フハク、白い布)、礼物(レイモツ、レイブツ)としてこれを贈る、「幛子(ショウシ)」
◆帷(とばり)、目隠しや仕切りなどのために垂らす布、「【通典:卷一百二十二:禮八十二:同牢】將夕尚寢設皇帝御幄…席重茵施屏幛…」
章11+广3=総画数14 U+3893 [ショウ/]
◆塞ぐ、行く手を遮(さえぎ)る
章11+彡3=総画数14 U+5F70 [ショウ/あきら・か]
◆くっきりとして鮮やかなさま、はっきりとしていて目立つさま
◆はっきりと示す、誰の目にも明らかにする
𢕔章11+彳3=総画数14 U+22554 [ショウ/]
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:陽第十:𢕔】𢕔徨行不正」「【集韻:卷四:平聲四:尤第十八:徟】徟𢕔行皃」「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:𢕔】𢕔徨行遽皃」
章11+心3=総画数14 U+615E [ショウ/]
◆「傽偟(ショウコウ)」、同「傽偟」、驚き恐れるさま、驚き慌てるさま
章11+日4=総画数15 U+66B2 [ショウ/]
◆太陽が昇る、陽が昇り辺りが明るくなる、明るくなってはっきりする
章11+木4=総画数15 U+6A1F [ショウ/くす、くすのき]
◆クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木、別名「櫲樟、豫樟、豫章(ヨショウ)」 {クスノキ}
◆「樟脳(ショウノウ)」、古くクスノキの枝や葉などを蒸留することで得らた結晶、薬用・防虫・防腐などとして利用される
章11+水3=総画数14 U+6F33 [ショウ/]
◆川名、山西省を源とする、「漳水(ショウスイ)」「漳河(ショウガ)」 {山西省}
◆「漳州(ショウシュウ)」、市名、福建省 {福建省}
章11+犬3=総画数14 U+7350 [ショウ/]
◆「牙獐(ガショウ、キバノロ)」、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同「麞」「麕」
章11+玉4=総画数15 U+748B [ショウ/]
◆刀の形に似た圭(ケイ、手に持つ板状の礼器) {礼器(璋・笏)}
𤨼章11+玉5=総画数16 U+24A3C [未詳/]
◆未詳
注解:「璋」の訛字か?
章11+疒5=総画数16 U+7634 [ショウ/]
◆熱帯の山林で高温多湿が原因で発症する病気
章11+目5=総画数16 U+7795 [ショウ/]
◆目が濁る、白内障
章11+艸3=総画数14 U+8501 [ショウ/]
◆「蔁柳」、ヤマゴボウ(山牛蒡)、ヤマゴボウ科の草
章11+虫6=総画数17 U+87D1 [ショウ/]
◆「蟑螂(ショウロウ)」、ゴキブリ(蜚蠊)、ゴキブリ目の昆虫
章11+辵4=総画数15 U+9067 [ショウ/]
◆誰の目にも明らかな、はっきりと目立つ、同「彰」
章11+邑3=総画数14 U+9123 [ショウ/]
◆周代(シュウ、西周、前11世紀~前771年)の古国名、諸侯国紀(キ)国の附庸国(フヨウコク、他国の支配下にある国)、現山東省泰安(タイアン)市東平(トウヘイ)県付近 {山東省}
章11+金8=総画数19 U+93F1 [/しょう]
◆[日]人名用字
章11+阜3=総画数14 U+969C [ショウ/さわ・る]
◆間が仕切られている、仕切る
◆仕切られていて向こう側へ行けない、仕切って行く手を遮(さえぎ)る、妨げる
◆仕切って遮(さえぎ)るもの、壁や塀・障子や衝立など
◆差し支(つか)える
𩅈章11+雨8=総画数19 U+29148 [未詳/]
◆未詳、「【古三墳:傳】川雲流𩅈(聖人以防備水患)」「【漢語大字典:雨部:𩅈】同"瘴"」
𩌬章11+革9=総画数20 U+2932C [ショウ/]
◆鞍の飾り
𩕆章11+頁9=総画数20 U+29546 [コウ/] 𩕉
◆肥っているさま
騿章11+馬10=総画数21 U+9A3F [ショウ/]
◆馬名
章11+魚11=総画数22 U+9C46 [ショウ/]
◆タコ(蛸、鮹、鱆、章魚)、タコ目の海産軟体動物
章11+鹿11=総画数22 U+9E9E [ショウ/] 𪋀
◆キバノロ(牙獐)、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同「獐」「麕」、牡(おす)は「麌(ゴ)」、牝(めす)は「麜(リツ)」、子は「麆(ソ)」、「【爾雅注疏:釋獸第十八】麕牡麌(…)牝麜其子麆」
羽部
豕部
立5+7=総画数12 U+7AE5 [トウ、ズウ、ドウ/わらべ、わらわ] 𥫍𥪽𥪿
◆男の奴隷(ドレイ)や召使(めしつかい)
◆幼い子ども、未成年(十五歳未満)の子ども、成人(十五歳で元服し成人となる)する前の男子
◆幼いさま、「童昏(ドウコン、幼く知恵がないさま)」「童牛(ドウギュウ、幼いウシ、角のないウシ)」「童山(ドウサン、禿山はげやま、草木の生えていない山)」
童12+人2=総画数14 U+50EE [トウ、ドウ/]
◆未成年の男子、元服していない男子
◆若くて無知なさま、愚かなさま
◆男の召し使い、同「偅」
◆「僮族(トウゾク)」、チワン族(中国南東部広西チワン族自治区周辺からベトナム北部にかけて居住する民族)の旧称、現在は「壯族、壮族(ソウゾク)」 {広西チワン族自治区}
𠟍童12+刀2=総画数14 U+207CD [シュウ、シュ/] 𠝤
◆刺す
童12+力2=総画数14 U+52ED [トウ、ズウ/]
◆動く、同「動」
◆未詳、「【集韻:卷一:平聲:一:勭】成人也」
童12+口3=総画数15 U+5647 [トウ、ドウ/]
◆際限なく飲み食いする
童12+土3=総画数15 U+58A5 [トウ、ツウ、タン/]
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「疃」「畽」
◆「䵺墥(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「䵺疃」「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
𡦜童12+子3=総画数15 U+2199C [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:寅集:子部:𡦜】徒冬切音童見篇韻」
𡰒童12+尢3=総画数15 U+21C12 [ショウ、ジュ/] 尰𡰁𡰕
◆足が浮腫(むく)む、足が浮腫む病気、脚気(カッケ)、同「瘇」「𩩳」
𡰕童12+尢4=総画数16 U+21C15 [ショウ、ジュ/] 尰𡰁𡰒
◆足が浮腫(むく)む、足が浮腫む病気、脚気(カッケ)、同「瘇」「𩩳」
童12+巾3=総画数15 U+5E62 [トウ、ドウ/]
◆傘蓋(サンガイ、傘、日傘)や幟(のぼり)などを支える長い棒
◆長い柄の先に取り付け垂らした円筒形の(或いは細長い)幟(のぼり)、軍隊の旗印や儀仗用の幟などに使われる、同「𣄢」
◆「経幢(キョトウ)」、仏号(ブツゴウ、仏の名前)や経文などを記した布製の円筒形の飾り
◆「石幢(セキトウ)」、仏号や経文などを彫り込んだ石柱
◆「幢幡(トウバン)」、仏堂(ブツドウ)に立てる円筒形の飾り、或いは細長い幟、同「𣄢旛」
童12+彳3=総画数15 U+5FB8 [ショウ、シュ/]
◆ぴったりと後に付くさま、また付いて行くさま、同「踵」「㣫」
◆「徿徸(ロウショウ)」、体を揺らしながら蹌踉(ろうそう、よろよろ)と歩くさま、同「躘蹱」
童12+心3=総画数15 U+61A7 [シュウ、シュ、ドウ/あこが・れる]
◆(心が)揺れ動く、(気持ちが)定まらない、「憧憧(ショウショウ、ドウドウ)」
◆「憧憬(ショウケイ、ドウケイ)」、遠く離れたものにあれこれと思いを巡(めぐ)らす
◆愚かなさま
童12+手3=総画数15 U+649E [トウ、ドウ/つ・く]
◆(鐘などを棒状のもので)突く、まっすぐに突く、同「𢭩」「𨀵」
◆ぶつける、ぶつかる
𣄛童12+方4=総画数16 U+2311B [トウ、ドウ/] 𣄢
◆長い棒の先に吊(つ)る円筒形の或いは細長い幟(のぼり)の一種、軍隊の旗印や儀仗用の幟などに使われる、同「幢」
◆「𣄛旛(トウバン)」、同「幢幡」、仏堂(ブツドウ)に立てる円筒形の飾り、或いは細長い幟
童12+日4=総画数16 U+66C8 [トウ、ズウ/]
◆陽の光が差し始めて少しずつ明るくなるさま
𣊹童12+日4=総画数16 U+232B9 [リョウ、ロウ/]
◆量(リョウ)、量(はか)る、同「量」、「【龍龕手鑑:卷四:日部第六:𣊹】音良度也穪也」
童12+月4=総画数16 U+6723 [トウ、ズウ、ドウ/]
◆月が昇り始めたばかりで薄暗いさま、ぼんやりしてはっきりしないさま
注解:本字(U+6723)の偏は「つき」で「にくづき」の「膧」(U+81A7)とは別字 {漢字「月」}
童12+月(肉)4=総画数16 U+81A7 [トウ、ドウ/]
◆肥(こ)えているさま、太っているさま
◆「膧腔(トウコウ)」、尻の骨、同「𩪘𩩝」
注解:本字(U+81A7)の偏は「にくづき」で「つき」の「朣」(U+6723)とは別字 {漢字「月」}
童12+木4=総画数16 U+6A66 [トウ、ズウ、ドウ/]
◆キワタ(木棉、アオイ科キワタ属の木)、或いはパンヤノキ(パンヤの木、アオイ科セイバ属の木)、或いはそれらの一種、古くから綿(わた)として利用された
◆長い木の棒、棹(さお)
𣦟童12+止4=総画数16 U+2399F [ショウ、シュ/かかと、きびす、くびす] 踵歱
◆かかと、きびす、くびす、足(足首から爪先までの部分)の裏(地に着く面)の後方の部分、同「跟」 {人体(下肢)}
◆ぴったりと後に付いて行く、すぐ後に続く、同「跟」
◆後から後から~、引きも切らず~、「接踵(セッショウ)」
童12+毛4=総画数16 U+6C03 [トウ、ズウ/]
◆「氃氋(トウモウ)」、毛皮や毛織物の毛が抜け散るさま
童12+水3=総画数15 U+6F7C [トウ、ズウ、ドウ/]
◆「潼潼(ドウドウ)」、飛沫などが高く飛び散るさま
◆「潼関(トウカン)」、陝西省東部の地名、また関所名
童12+火4=総画数16 U+71D1 [トウ、ズウ/]
◆熱気が立ち籠(こ)めるさま、或いは立ち昇るさま、同「烔」
童12+牛4=総画数16 U+729D [トウ、ドウ/] 𤙓
◆角のない小牛
童12+犬3=総画数15 U+735E [トウ、ズウ/]
◆「獞族(トウゾク)」、チワン族(中国南東部広西チワン族自治区周辺からベトナム北部にかけて居住する民族)の旧称、現在は「壯族、壮族(ソウゾク)」 {広西チワン族自治区}
童12+田5=総画数17 U+7583 [タン/] 𤲫𤱝
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「畽」「墥」
◆シカ(鹿)の足跡、また通った跡、「【玉篇:卷二:田部第十三:疃】吐管切鹿跡也」
◆「䵺疃(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「䵺墥」「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
𤺄童12+疒5=総画数17 U+24E84 [ショウ、ジュ/]
◆足が浮腫(むく)む、足が浮腫む病気、脚気(カッケ)、同「瘇」「尰」「𩩳」
◆傷が膿(う)む、化膿(カノウ)する、同「痌」
童12+目5=総画数17 U+77B3 [トウ、ズウ、ドウ/ひとみ]
◆目玉の中央の円(まる)い虹彩(コウサイ)に囲まれた黒い部分、「瞳子(ドウシ)」
◆「瞳矇(ドウモウ)」、ぼんやりしているさま、ものをよく見極められないさま
童12+矛5=総画数17 U+408C [ショウ/] 𥍽
◆短い矛
童12+禾5=総画数17 U+7A5C [トウ、ズウ、ショウ、シュ/]
◆早蒔き(はやまき、比較的早い時期に種播きや苗の植え付けをするもの)で遅く成熟する(成熟するのに時間がかかる)種類の作物、遅蒔き(おそまき)で早く成熟するものは「稑」
◆種を播(ま)く、苗を植え付ける、同「種」
𥳘童12+竹6=総画数18 U+25CD8 [トウ、ツウ/]
◆竹製の器
◆竹名、未詳
𦅅童12+糸6=総画数18 U+26145 [チョウ、ジュウ/]
◆重なる、積み重なる、何層にも繰り返す、同「重」
◆未詳、「【廣韻:去聲:用第三:重:緟】繒縷」
罿童12+网5=総画数17 U+7F7F [ショウ、シュ/] 𦌜
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「繴」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」
𦌜童12+网6=総画数18 U+2631C [ショウ、シュ/] 罿
◆二本の棒の間に網を張り、鳥獣が掛かると包み込む(覆い被さる)ように工夫した仕掛け網、同「繴」「罬」「罦」、「【爾雅注疏:卷五:釋器】繴謂之罿罿罬也罬謂之罦罦覆車也(《注》今之翻車也有兩轅中施罥以捕鳥展轉相解廣異語)」
童12+舟6=総画数18 U+825F [ショウ、シュ/]
◆「艨艟(モウショウ)」、敵船に突き当たるために船長を長くし船幅を狭くした軍船
童12+艸3=総画数15 U+856B [トウ、ツウ/]
◆「薡蕫(テイトウ)」、草名、葉はガマ(蒲)に似て細長いという、莚(むしろ)などの敷物や履物(はきもの)の底などに利用されるアサ科・イネ科・イグサ科・ガマ科・カヤツリグサ科などの草のようである、同「蘱」、「【爾雅注疏:釋草】蘱薡蕫(《疏》蘱一名薡蕫狀似蒲而細可爲屩亦可綯以爲索)」 {ガマ}
◆「蕫蓈(トウロウ)」◇実の成(な)らない穀物◇チカラシバ(力芝、狼尾草)、イネ科チカラシバ属の草、また同属の草の称 {チカラシバ}
𧑆童12+虫6=総画数18 U+27446 [ショウ、シュウ/]
◆バッタ(飛蝗)やイナゴ(蝗)などのバッタ科の昆虫の総称、同「蝩」
𧘂童12+行6=総画数18 U+27602 [ショウ、シュ/つ・く] 衝𢖜
◆街を突き抜けるように通る道路、交通のための主要な通り
◆大きな通りが集まっている所、要所、要点
◆突き進んでぶつかる、突き当たる
𧝎童12+衣5=総画数17 U+2774E [ショウ/]
◆「𧝎褣(ショウヨウ)」、膝よりも下(或いは足元)まである丈の長い単衣(ひとえ)の服、日本の着物のような衣服、深衣、裾袍、同「襜褕(センユ)」、「【方言:第四】襜褕江淮南楚謂之𧝎褣(裳凶反)」
𧬤童12+言7=総画数19 U+27B24 [シュウ/]
◆「李周𧬤」、人名
童12+足7=総画数19 U+8E71 [ショウ、シュ/]
◆「躘蹱(ロウショウ)」、体を揺らしながら蹌踉(そうろう、よろよろ)と歩くさま、同「徿徸」
童12+車7=総画数19 U+4874 [ショウ/]
◆突き進み自らぶつかって敵陣を崩す兵車
童12+金8=総画数20 U+9418 [ショウ、シュウ/かね]
◆叩いて鳴らす青銅製の打楽器、側面から見た場合に口は弧を成す、音律に合わせて大きさを変え組にしたものを「編鐘(ヘンショウ)」といい、単独で使う大形のものを「特鐘(トクショウ)」という、同「鍾」 {楽器(打楽器)} {楽器(打楽器)}
◆時を知らせるために鳴らす音、時計
◆簡「钟」
𨶻童12+門8=総画数20 U+28DBB [未詳/]
◆未詳、「【蜀中廣記:卷一百二】危樓倚天門如𨶻星辰宮」
𩕉童12+頁9=総画数21 U+29549 [コウ/] 𩕆
◆肥っているさま
童12+食8=総画数20 U+4B5A [トウ、ドウ/]
◆際限なく飲み食いする
童12+馬10=総画数22 U+4BB5 [トウ、ドウ/] 𩦍
◆小馬
𩦍童12+馬10=総画数22 U+2998D [トウ、ドウ/]
◆小馬
𩪘童12+骨10=総画数22 U+29A98 [トウ、ドウ/]
◆「𩪘𩩝(トウコウ)」、尻の骨、同「膧腔」
𩻡童12+魚11=総画数23 U+29EE1 [トウ、ズウ/] 鮦鲖
◆タイワンドジョウ(台湾鰌、台湾泥鰌)、タイワンドジョウ科の淡水魚名、またタイワンドジョウ科の魚の総称、同「鱧」、大形の種を「鰹」、小形の種を「鮵」
童12+鳥11=総画数23 U+4D00 [トウ、ドウ/]
◆「鸏䴀」、長く黄色い嘴をした大形の水鳥
𠶷口部
𥪖立5+7=総画数12 U+25A96 [リョウ、リュウ、ロウ/たつ] 龍㡣𢄫𢅛𥫈𥫆𥪢竜𥪐𥪑𦱉𦱸𠊋𠉒𢀀龙
◆角(つの)と鬚(ひげ)を持ち体は細長く鱗(うろこ)があり、春分に天に昇り秋分に淵(ふち)に潜むという想像上の動物
◆天子・君主・皇帝を指す語、「龍飛(リュウヒ、天子の即位)」「龍体(リュウタイ、天子のお体)」
◆ひときわ優れたものを指す語
◆十二章紋の一つ {服飾(十二章紋)}
◆背が高く(八尺以上の)大きな馬、駿馬(シュンメ)
𩆇𥪖13+雨8=総画数21 U+29187 [ロウ、ル/] 靇𩆈
◆「𩆇𩆇(ロウロウ)」、雷の轟く音の形容
𩦳𥪖12+馬10=総画数22 U+299B3 [ホウ、ボウ/] 䮾𩧑𩧪
◆大きくどっしりとしているさま、またそのような馬
立5+9=総画数14 U+7AEA [シュ、ジュ/たて]
◆まっすぐに立つ、しっかりと立てる、同「豎」
◆童僕(ドウボク)、幼い召使、小者(こもの)、身分の低い者、同「豎」
◆簡「竖」
注解:「竪」は「豎」の俗字
竪14+人2=総画数16 U+3498 [未詳/]
◆「㒘沽」、村名、「【天下郡國利病書:第二千八百零七册】峩横村浮荣村峩玉村㒘沽村浩不吼村那富峒蓬峩村」
𧞀竪14+衣5=総画数19 U+27780 [シュ、ジュ/] 𧞫
◆単衣(ひとえ)の筒袖(つつそで、袂がない袖)の上衣(うわぎ、上半身に着る服)、「【方言:第四】複𧝄江湘之間謂之𧞫(音豎)或謂之筩褹(今筩袖之𧝄也褹即袂字耳)」
立5+9=総画数14 U+7AED [ケツ、ゲチ、ゴチ/つ・く、つ・くす]
◆尽(つ)きる、出(で)尽くす、出(だ)し尽くす
◆(手では持ち上げられないような重いもの大きなものを)背負い挙(あ)げる、「【說文解字注:立部:竭】負舉也(凡手不能舉者負而舉之…)」
𢷒竭14+手3=総画数17 U+22DD2 [ケツ、ゲチ/]
◆担(かつ)ぎ上げる、荷を肩に載(の)せて立つ
立5+9=総画数14 U+7AEF [タン/は、はし、はた] 𥪄
◆物事の始まり、最初、「端緒(タンショ、タンチョ)」、同「耑」
◆始め(始まり)か終わりのどちらか片方、「一端(イッタン)」「両端(リョウタン)」
◆まっすぐなさま、先が(縁へりが)まっすぐに揃うさま、折り目(おりめ)正しいさま
◆きちんとしているさま、均斉(キンセイ)がとれているさま、「端正(タンセイ)」
𥵣端14+竹6=総画数20 U+25D63 [タン/]
◆「𥴴𥵣(コウタン)」、竹名、枝が桃色をしているという、同「䈓𥷭(カツサン)」、「【廣雅:卷十:釋草】䈓𥷭(素但)𥴴(鉤)𥵣(端)桃支也」
𧞖端14+衣5=総画数19 U+27796 [タン/]
◆未詳、「【說文解字注:衣部:褍】衣正幅(凡衣及裳不衺殺之幅曰褍左傳端委杜注禮衣端正無殺故曰端周禮士有玄端素端鄭云端者取其正也按褍者正幅之名非衣名巾部㡏下曰正褍裂)」「【廣韻:上平聲:桓第二十六:端:褍】衣長也又衣正幅也」「【漢字源:衣部:褍】衣服で、胴体を包む部分。また、長く垂れた衣」
注解:【說文解字注】の「玄端」「素端」はいずれも礼服で、正方形の布(「端正」)を用いるという、「無殺」は「その布を捨てるところ(余すところ)なく使う」の意で、「褍者正幅之名非衣名」とあることから「褍」は「礼服などに仕立てる正方形の布の名」かと思われる
立5+13=総画数18 U+41D4 [ラ/]
◆萎(な)える、弱って体に力が入らない、またそのような病気、同「痿」
𢺆䇔19+手3=総画数22 U+22E86 [ラ/] 𢺑
◆未詳、「【廣韻:去聲:過第三十九:䇔:𢺑】撃物之名」
𨰊䇔18+金8=総画数26 U+28C0A [ラ/] 𨰠𨭞
◆「銼𨰊(サラ)」、小形の釜、同「銼鏍」
貝部
貝部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 立部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です