総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「漢字林(非部首部別) 車部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 車部」 [部首索引


車7+0=総画数7 U+8ECA [シャ/くるま] 车𠦴𨏖
◆二つの輪リン(車輪)の中心に軸(ジク、車軸)を通し、その上に人や物を乗せるための台(車台)を設(しつら)えたもの {乗物(馬車)}
◆輪状・円状のものが軸を中心として回転するもの {乗物(車輪)}
◆くるま、くるまへん、部首名
筆順
車7+人2=総画数9 U+4FE5 [シャ/くるま]
◆象棋ションシー(中国将棋)の紅方の駒(帥・仕・相・俥・傌・炮・兵)の一つ、黒方の駒の名は「將・士・象・車・馬・砲・卒」
◆「大俥タイシャ」、船の機関士に対する尊称
◆[日]人力車
筆順
𠜒車7+刀2=総画数9 U+20712 [リツ、リチ/] 𠞉𠟫𠜥
◆削る、削り取る
𠜥車7+刀2=総画数9 U+20725 [リツ、リチ/] 𠞉𠟫𠜒
◆削る、削り取る
𠣞車7+勹2=総画数9 U+208DE [クン、グン/いくさ] 軍军𡗺𠖉𡨏𠣦𦉼𡗽
◆兵車で周りを取り囲む
◆戦(いくさ)用の兵車
◆戦うために編成された集団による戦い
◆戦うために集められ訓練された兵士
◆兵士数を基にした隊の規模の単位、周朝(西周、前11世紀~前771年)では12,500人を単位とした「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)(人数や呼称は時代や国によって異なる)
◆戦のために兵士が駐屯チュウトンする
車7+厂2=総画数9 U+5399 [シャ/]
◆姓用字
車7+口3=総画数10 U+5513 [シャ/]
◆「唓嗻シャシャ」◇甚(はなは)だしいさま、抜きん出ているさま◇廟門ビョウモンの東西一対の鬼、廟を守るものとされ、東側が「唓」、西側が「嗻」
◆音写字(音オンを表す漢字)「【道法會元:卷一百五十九:三十六字祕呪】{⿰口曇}𡂉啼嚟啺嚂喤{⿰口⿳𠂊田日}吔𠿨𠷯𠿨{⿰口菩}喏嚄𡂻𠿞咃{⿰口朋}{⿰口鑑}咮㘆吜{⿰口乚}{⿰口覆}唓{⿰口仙}{⿰口聞}{⿰口閔}{⿰口狂}噯噂{⿰口勝}{⿰口翼}{⿰口品}𠸩急急如律令敕(道教の呪文、唱え祈る際の言葉)
車7+广3=総画数10 U+5EAB [コ、ク/くら]
◆兵車ヘイシャ(軍事用の車両)を保管する建物、「兵庫ヘイコ」
◆物を貯蔵・保管する建物または部屋、「府庫フコ」「倉庫ソウコ」
筆順
車7+手3=総画数10 U+6359 [エイ、エ、エツ、エチ/] 拽𡲝
◆(車などに)綱を掛け踵(かかと)で踏ん張りながら後退(あとずさ、あとしざ)りに引っ張る
筆順
車7+斤4=総画数11 U+65AC [サン、セン、ザン/き・る]
◆(罪人を)切り殺す、裂(さ)き殺す
◆刃物で切る、裂く
◆断(た)つ、断ち切る
◆絶(た)える、同「絶」「【孟子注疏:卷八上:離婁章句下】孟子曰君子之澤五世而斬小人之澤五世而斬…」
筆順
𣒞車7+木4=総画数11 U+2349E [未詳/]
◆未詳「【中華字海:木部:𣒞】同"枯"」
𣫂車12+殳4=総画数16 U+23AC2 [コク/こしき] 轂毂𨍔
◆車軸を通し輻フク(スポークspoke)を支える車輪の中心にある円筒形の部品、車輪の外側に突き出た部分を「軹端シタン」、内側に突き出た部分を「賢端ケンタン」という「【周禮:冬官考工記第六】五分其轂之長去一以為賢去三以為軹」 {乗物(車輪)}
◆「𣫂轆コクロク」、車輪、ゴロゴロと転がる、同「軲轆、軲轤コロ」
𤥭車7+玉4=総画数11 U+2496D [シャ/]
◆「𤥭磲シャキョ・シャコ」、同「硨磲」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐものといわれる、別名「蛼螯シャゴウ」
車7+石5=総画数12 U+7868 [シャ/] 砗𨋓
◆「硨磲・車渠シャキョ・シャコ」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐものといわれる、別名「蛼螯シャゴウ」
筆順
車7+艸3=総画数10 U+8397 [シャ/]
◆「莗葥シャセン」、同「車前シャゼン」、オオバコ(大葉子・車前)、オオバコ科オオバコ属の草 {オオバコ}
車7+虫6=総画数13 U+86FC [シャ/]
◆「蛼螯シャゴウ」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐものといわれる、別名「硨磲・車渠シャキョ・シャコ」
筆順
車7+車7=総画数14 U+485B [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:酉集補遺:車部:䡛】《篇海類編》夷益切音亦車也」「【漢語大字典:車部:䡛】"𨋙"的讹字。《改併四聲篇海·車部》引《川篇》:"䡛、羊刃切。車也。"按:《廣韻》《集韻》《龍龕手鑑》等均作"𨋙"、作"䡛"误。」
車7+辵3=総画数10 U+9023 [レン/つら・なる、つら・ねる、つ・れ、つ・れる]
◆途切れずに続く、次々に間を置かずに続く、また繋(つな)がる
◆結び付く、関わり合いを持つ
◆一緒に行動する
◆続々と、次々に、間を置かずに
筆順
車7+門8=総画数15 U+95B3 [セン/] 闡𨴁𨴝阐
◆(門を)開く、大きく開(あ)け広げる
◆(開け広げて)明らかにする
車7+阜3=総画数10 U+9663 [チン、ジン/]
◆戦いのために兵や兵車を配置したところ、同「塦」
◆戦いのための軍勢の隊形、また隊列
◆合戦、戦い
◆盛衰・進退・増減などの寄せては引くような波状の動き
◆「一陣イチジン」◇軍勢の先頭の隊、軍勢の中の一つの隊◇一頻り(ひとしきり)、(勢いの強まる状態が長くはない時間続くこと)
筆順
𩒷車7+頁9=総画数16 U+294B7 [シャ/]
◆下顎
𪋀車7+鹿11=総画数18 U+2A2C0 [ショウ/]
◆キバノロ(牙獐)、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同「獐」「麕」、牡(おす)は「麌ゴ」、牝(めす)は「麜リツ」、子は「麆ソ」「【爾雅注疏:釋獸第十八】麕牡麌(…)牝麜其子麆」
𪚿車7+龜12=総画数19 U+2A6BF [未詳/]
◆未詳「【字彙補:亥集:龜部:𪚧】音義與龜同𪚿同上」
車4+0=総画数4 U+8F66 [シャ/くるま] 車𠦴𨏖
◆二つの輪リン(車輪)の中心に軸(ジク、車軸)を通し、その上に人や物を乗せるための台(車台)を設(しつら)えたもの {乗物(馬車)}
◆輪状・円状のものが軸を中心として回転するもの {乗物(車輪)}
◆くるま、くるまへん、部首名
车4+人2=総画数6 U+4F21 [シャ/くるま]
◆象棋ションシー(中国将棋)の紅方の駒(帥・仕・相・俥・傌・炮・兵)の一つ、黒方の駒の名は「將・士・象・車・馬・砲・卒」
◆「大伡タイシャ」、船の機関士に対する尊称
◆[日]人力車
车4+冖2=総画数6 U+519B [クン、グン/いくさ] 軍𡗺𠖉𡨏𠣞𠣦𦉼𡗽
◆兵車で周りを取り囲む
◆戦(いくさ)用の兵車
◆戦うために編成された集団による戦い
◆戦うために集められ訓練された兵士
◆兵士数を基にした隊の規模の単位、周朝(西周、前11世紀~前771年)では12,500人を単位とした「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)(人数や呼称は時代や国によって異なる)
◆戦のために兵士が駐屯チュウトンする
车4+厂2=総画数6 U+538D [シャ/]
◆姓用字
车4+广3=総画数7 U+5E93 [コ、ク/くら]
◆兵車ヘイシャ(軍事用の車両)を保管する建物、「兵库ヘイコ」
◆物を貯蔵・保管する建物または部屋、「府库フコ」「仓库ソウコ」
车4+斤4=総画数8 U+65A9 [サン、セン、ザン/き・る]
◆(罪人を)切り殺す、裂(さ)き殺す
◆刃物で切る、裂く
◆断(た)つ、断ち切る
◆絶(た)える、同「絶」「【孟子注疏:卷八上:離婁章句下】孟子曰君子之澤五世而斬小人之澤五世而斬…」
车4+石5=総画数9 U+7817 [シャ/] 硨𨋓
◆「砗磲・車渠シャキョ・シャコ」、シャゴウガイ(車螯貝)、シャコガイ亜科のカキ(牡蠣)に似た二枚貝、食用とされる他、殻は装飾品などに加工され玉ギョク(美しく高貴な石)に次ぐものといわれる、別名「蛼螯シャゴウ」
车4+辵3=総画数7 U+8FDE [レン/つら・なる、つら・ねる、つ・れ、つ・れる]
◆途切れずに続く、次々に間を置かずに続く、また繋(つな)がる
◆結び付く、関わり合いを持つ
◆一緒に行動する
◆続々と、次々に、間を置かずに
车4+阜3=総画数7 U+9635 [チン、ジン/]
◆戦いのために兵や兵車を配置したところ、同「塦」
◆戦いのための軍勢の隊形、また隊列
◆合戦、戦い
◆盛衰・進退・増減などの寄せては引くような波状の動き
◆「一阵イチジン」◇軍勢の先頭の隊、軍勢の中の一つの隊◇一頻り(ひとしきり)、(勢いの強まる状態が長くはない時間続くこと)
車7+1=総画数8 U+8ECB [アツ、エチ/きし・る]
◆車輪で物を轢き潰す、またその音
◆物が擦れ合って出る音
筆順
𢮊軋8+手3=総画数11 U+22B8A [アツ、エチ/]
◆手や指で押さえる、押し付ける、同「捺」
軋8+金8=総画数16 U+9337 [ガ/]
◆ガドリニウムGadolinium(Gd)の旧名、現「釓」
冖部
車7+2=総画数9 U+8ECC [キ/] 䡄轨𨑍𧗝
◆二つの車輪の間隔
◆二本の轍(わだち)、筋状に続く二本の車輪の跡
◆回転しながら動く車や天体の通る道筋
◆一定の道筋、則るべき道筋、規範
筆順
軌9+匚2=総画数11 U+532D [キ/]
◆蓋(ふた)付きの小箱、同「匣」
𣷾軌9+水3=総画数12 U+23DFE [キ/]
◆尽(つ)きる、出(で)尽くす、水が枯(か)れる、同「厬」「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十二:厬】音軌厬泉又盡也或作𣷾」
車7+2=総画数9 U+8ECD [クン、グン/いくさ] 军𡗺𠖉𡨏𠣞𠣦𦉼𡗽
◆兵車で周りを取り囲む
◆戦(いくさ)用の兵車
◆戦うために編成された集団による戦い
◆戦うために集められ訓練された兵士
◆兵士数を基にした隊の規模の単位、周朝(西周、前11世紀~前771年)では12,500人を単位とした「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)(人数や呼称は時代や国によって異なる)
◆戦のために兵士が駐屯チュウトンする
筆順
軍9+人2=総画数11 U+346E [コン、ゴン/]
◆姓用字「【古今姓氏書辯證:卷七:二十一欣:㑮】晉張方有將敦偉夜撃破劉沈軍」
軍9+口3=総画数12 U+5597 [グン、ゴン/] 𠲰
◆口を大きく開けるさま、大きく開いた口から歯が覗(のぞ)くさま、「口を大きく開きがつがつと食べる、下品な、醜い」の意
軍9+土3=総画数12 U+581A [コン、ゴン/] 𡍦
◆土の塊
𡍦軍9+土3=総画数12 U+21366 [コン、ゴン/]
◆土の塊
軍9+女3=総画数12 U+5A88 [キ、コン、ゴン/]
◆女性名用字
軍9+巾3=総画数12 U+3853 [コン/] 𢃚
◆下半身に穿(は)く内衣ナイイや肌着、股引(ももひき)などのズボンjupon[仏]下の類、同「褌」「𢃭」「𢃓」
軍9+心3=総画数12 U+60F2 [ウン/]
◆誠実なさま、心がこもっているさま
筆順
軍9+手3=総画数12 U+63EE [キ/ふる・う] 挥𢰄𨍂
◆(手や旗を)右に左に振る、振り回す、同「㩣」
◆(手や旗を)振って指図(さしず)する、指示する、合図する、「指揮シキ」、同「撝」
◆(ぱっと)手を振って拭い落とす、また撒(ま)き散らす、発散する、「発揮ハッキ」
筆順
𣄈軍9+方4=総画数13 U+23108 [コン、カイ、ケ/]
◆目印(めじるし)のために立てる幟(のぼり)、同「幑」
◆旗が揺れ動くさま「【廣韻:上平聲:微第八:揮:㫎】動旗」
軍9+日4=総画数13 U+6688 [ウン/かさ、ぼか・す、ぼ・ける]
◆太陽や月などの回りにできるぼんやりした光の輪、「日暈ニチウン(ひがさ、太陽の周りにできる光の輪)」「月暈ゲツウン(つきがさ、月の周りにできる光の輪)」
◆[日]「暈繝・繧繝うんげん」、同系色の色を濃い色から淡い色へ、淡い色から濃い色へ、繰り返し並べて濃淡の境目を暈(ぼか)した模様、そのような模様の織物
◆目が回る、ぼうっとする、ぼんやりする
筆順
軍9+日4=総画数13 U+6689 [キ/]
◆太陽の明々とした光、太陽が光り輝(かがや)く、同「輝」「煇」
◆明るい光が辺りに満ちる、光が明るく辺りを照らす
筆順
軍9+月(肉)4=総画数13 U+816A [ウン/] 𣍯
◆膜マク「【玉篇:卷七:肉部第八十一:腪】于郡切膜」
◆「胚腪ハイウン」◇胚ハイを包む膜◇未詳「【玉皇十七慈光燈儀:信禮無上大羅天無能勝光玉皇天尊】…肧腪天地…」
軍9+木4=総画数13 U+694E [キ、ケ/]
◆犂(すき)の上部の二頭の牛に牽かせるための横木
◆壁などに取り付けた衣服を掛けるフック
軍9+水3=総画数12 U+6E3E [コン、ゴン/すべ・て]
◆水がごぼごぼと湧(わ)き出る、またその音
◆水がごぼごぼと混じり合う、入り混じって濁る、同「溷」
◆入り混じって見分けがつかなくなる、はっきりしなくなる、同「混」「溷」
◆全(すべ)て、すっかり
筆順
軍9+火4=総画数13 U+7147 [キ、ケ/] 𤑱
◆明々と光り輝(かがや)くさま、火が赤々と燃え盛るさま
◆赤い、赤色
筆順
𤟤軍9+犬3=総画数12 U+247E4 [キ/]
◆「山𤟤サンキ」、獣名、姿は犬に顔は人に似て、人を見ると笑い(笑ったような顔つきになり)、動きは風のように素早く、この獣が現(あらわ)れると大風が吹くという「【山海經:北山經】又北二百里獄法之山…有獸焉其状如犬而人靣善投見人則笑其名山𤟤(音暉)其行如風(言疾)見則天下大風」
軍9+玉4=総画数13 U+743F [コン、ゴン、グン/] 𤦳珲
◆玉ギョク(美しく高貴な石)の名
◆「璦琿アイグン」、古地名、後「愛輝アイキ」、現黒竜江省黒河市 {黒竜江省}
筆順
軍9+疒5=総画数14 U+7612 [ゴン/]
◆無知な、愚かな
軍9+皮5=総画数14 U+76B8 [クン/ひび、あかぎれ] 皹皲
◆寒さなどが原因で皮膚がひび割れる、またそのひび割れ、同「皻」「𤿚」
筆順
軍9+皮5=総画数14 U+76B9 [クン/ひび、あかぎれ] 皸皲
◆寒さなどが原因で皮膚がひび割れる、またそのひび割れ、同「皻」「𤿚」
筆順
軍9+目5=総画数14 U+7774 [コン/]
◆目玉が大きくて突き出ているさま
軍9+示4=総画数13 U+7988 [キ/]
◆祭礼名、未詳
軍9+糸6=総画数15 U+7DF7 [コン、ウン/] 𦈉
◆緯イ(よこいと)、布の横方向の糸
◆束ねた羽を数える語、百本の羽の束を一緷「【爾雅注疏:釋器】羽本謂之翮(《註》鳥羽根也一羽謂之箴十羽謂之糸縳百羽謂之緷)」
軍9+羽6=総画数15 U+7FEC [キ、ケ/] 翚𦑩
◆大きな翼を羽撃(はばた)かせて飛ぶさま
◆キンケイ(錦鶏)などの色鮮やかな五色の羽色をしたキジ(雉)
筆順
𦑩軍9+羽6=総画数15 U+26469 [キ、ケ/] 翬翚
◆大きな翼を羽撃(はばた)かせて飛ぶさま
◆キンケイ(錦鶏)などの色鮮やかな五色の羽色をしたキジ(雉)
軍9+艸3=総画数12 U+8477 [クン/]
◆ニラ(韮)・ネギ(葱)・ニンニク(大蒜)などの辛(から)みや刺激性の匂(にお)いがする野菜
◆魚や肉などの生臭いもの、また生臭い料理
◆「葷粥クンイク」、古代の中国北方に居住していた民族の名、同「獯鬻」、【廣韻】は西周代(前1046年~前771年)に「獫狁ケンイン」、漢代(前202年~220年)に「匈奴キョウド」と呼ばれた民族の夏代(前21世紀~前17世紀)の名とする、同「葷粥」「【廣韻:上平聲:文第二十:薰:獯】北方胡名夏曰獯鬻周曰獫狁漢曰匈奴」
筆順
軍9+衣5=総画数14 U+890C [コン/ふんどし] 裈裩
◆下半身に穿(は)く内衣ナイイや肌着、股引(ももひき)などのズボンjupon[仏]下の類、「犢襣褌、犢鼻褌トクビコン」、同「㡓」「𢃭」「𧛤」「𢃓」
◆[日]ふんどし、腰から股間部を巻いて覆う長い布
筆順
𧡡軍9+見7=総画数16 U+27861 [ウン/]
◆未詳「【說文解字注:見部:䚋】外博衆視也(舊視上有多字今依廣韵刪衆多之視所視者衆也貟物數也𧶀物數紛𧶀亂也{⿰貟見}同音而義近博大通也外大通而多所視也)」「【漢語大字典:見部:䚋】【中華字海:見部:䚋】眼花(「眼花」は「目がちかちかする」の意)
軍9+言7=総画数16 U+8AE2 [ゴン、コン/] 𧮘诨
◆面白(おもしろ)おかしいことを言う、冗談を言って人を笑わせる、「謉諢カイコン(面白おかしい冗談)」、同「顐」
筆順
𧳰軍9+豸7=総画数16 U+27CF0 [未詳/]
◆未詳
軍9+貝7=総画数16 U+8CF1 [ウン/]
◆「賱賰ウンシュン」、富(と)んでいるさま、豊かなさま
筆順
軍9+辵3=総画数12 U+904B [ウン/はこ・ぶ] 𨔪
◆場所や位置を移し変える、移動する、移転する、「運行ウンコウ」
◆止(とど)まることなく位置や状況などが移り変わる、止(と)まらないように次へ次へと場所や位置を変える、「運動ウンドウ」
◆次へ次へと位置を変えて一巡イチジュン(ひとめぐ・り)する
◆巡(めぐ)り合せ、定(さだ)め、「命運メイウン(運命)」
◆簡「运」
筆順
軍9+邑3=総画数12 U+9106 [ウン/]
◆春秋時代(前770年~前5世紀)の魯国(前11世紀~前256年)西邑東郡廩丘リンキュウ縣にあった古地名、現山東省菏澤市付近 {山東省}
◆「鄆城ウンジョウ」、県名、山東省菏澤市
筆順
軍9+金8=総画数17 U+9355 [グン/]
◆「鍕𨨲グンジ」、同「軍持」「澡罐」、僧が携帯する水を入れる容器、注ぎ口のある壺
軍9+革9=総画数18 U+4A75 [ウン/] 韗𩎨𩏅𩋫
◆革を鼓に加工する職人
軍9+韋9=総画数18 U+97D7 [ウン/] 𩎨𩏅䩵𩋫
◆革を鼓に加工する職人
軍9+頁9=総画数18 U+9850 [コン、ゴン/]
◆面白(おもしろ)おかしいことを言う、冗談を言って人を笑わせ楽しませる、同「諢」
◆「𩔂顐トンコン」「𩒱顐コンコン」、頭が禿(は)げているさま、頭に髪がないさま
軍9+食9=総画数18 U+992B [ウン、コン、ゴン/]
◆野外で働く人に食べ物を届ける、遠出をする人に食べ物を贈る、また携帯用の食べ物(弁当)
◆「餫飩コントン」、ワンタン(雲呑・餛飩)、小麦粉に水などを加え捏(こ)ね、丸めた食べ物、またそれを延ばして餡アンを包み込んだ食べ物
𩠫軍9+首10=総画数19 U+2982B [トン/とみ・に] 頓顿
◆動作を止めて短時間(「さっと」よりも長く「ずっと」よりも短い時間)同じ状態を続ける、また留(とど)まる、「とんと突く」「とんと踏む」のような状態
◆どっしりと落ち着ける
◆休憩所や宿、休憩所や宿で食事を摂る、「一時(いっとき)腰を落ち着ける」の意
◆「𩠫首トンシュ」、額(ひたい)で地をとんと叩(たた)くようにしてお辞儀をする {姿勢(拝礼)}
◆とみ・に、急に、俄かに、「突然に」よりもゆっくりと「徐々に」よりも急速に
軍9+馬10=総画数19 U+4B9D [コン、ゴン/] 𩧰
◆獣名、姿は麢羊レイヨウ(カモシカ羚羊、ウシ科カモシカ属の哺乳類)に似て、四つの角(つの)があり尾はウマ(馬)のようで距キョ(蹴爪けづめ、足首付近から後ろ向きに突き出た鋭い突起)があるという「【山海經:北山經】北次三經之首曰太行之山(…)其首曰歸山…有獸焉其状如麢羊而四角馬尾而有距其名曰䮝善還(還旋旋儛也䮝音暉)其鳴自䚯有鳥焉」
◆「䮝騱コンケイ」、野生の馬の名、但し【正字通】は「驒」を「䮝」に誤ったもので「䮝騱」とするのは誤りとする「【龍龕手鑑:卷二:馬部第十:䮝】音暉獸名又音魂䮝騱野馬也」「【正字通:亥集上:馬部:䮝】…〇匈孥驒騱非作䮝騱説文驒騱野馬舊註䮝騱誤」
軍9+魚11=総画数20 U+9BF6 [コン、ゴン/] 𩽼
◆ソウギョ(草魚)、コイ科ソウギョ亜科の淡水魚、同「鯇」
軍9+鳥11=総画数20 U+9DA4 [コン、ウン/]
◆「鶤鶏コンケイ」◇大形のニワトリ(鶏)の名◇「鳳凰ホウオウ(想像上の瑞鳥ズイチョウ)」の別名
筆順
𪏕軍10+黃11=総画数21 U+2A3D5 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:黄部第四十六:𪏕】隨函云合作輝字又俗尺善反」
軍9+鼠13=総画数22 U+9F32 [コン、ゴン/]
◆獣名、未詳、貂ショウ(テン、イタチ科テン属)や豽ドツ(サル猴の類)と並んでその毛皮は大変良質だという「【後漢書:卷一百二十:烏桓鮮卑列傳】又有貂豽鼲子皮毛柔蝡(豽音女滑反鼲音胡昆反貂鼲並䑕屬豽猴屬也)故天下以為名裘…」「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:鼲】胡昆古䰟二切䑕名可以爲裘也」
軍9+齒15=総画数24 U+9F73 [グン、コン、イン、ウン/]
◆歯が抜け落ちる、歯がない、同「𪙣」「𪘩」
車4+2=総画数6 U+8F68 [キ/] 軌䡄𨑍𧗝
◆二つの車輪の間隔
◆二本の轍(わだち)、筋状に続く二本の車輪の跡
◆回転しながら動く車や天体の通る道筋
◆一定の道筋、則るべき道筋、規範
轨6+匚2=総画数8 U+5326 [キ/]
◆蓋(ふた)付きの小箱、同「匣」
𨊠車7+2=総画数9 U+282A0 [ハン、ボン/]
◆軾(ショク、車の前部に渡した手摺)を覆う板、車を牽(ひ)く馬が蹴上げる石や泥などを避けるための板であったようである {乗物(馬車)}
𨊠9+竹6=総画数15 U+7BC4 [ハン、ボン/のり]
◆目的の形に造るための竹製の型かた、土製は「型」、金属製は「鎔」、木製は「模」、同簡「范」、同「笵」
◆枠(わく)、枠で限られたところ、またその内側、「範圍・範囲ハンイ」
◆型の通りにする、手本、決(きま)り
筆順
𨊢車7+2=総画数9 U+282A2 [エイ、エ/] 軎𨊥𨊪
◆車軸の両端部に被(かぶ)せる円筒状の部品、ここに轄カツ(車輪脱落防止用の楔)を打ち込んで車軸を固定し車輪の脱落を防ぐ、同「轊」、「軎」は軹端シタンの輨カンと一体になっていることがある {乗物(車輪)}
𡞤𨊢9+女3=総画数12 U+217A4 [セン/] 嫥𡞍
◆専一センイツ、ただそれだけ、ただひたすら、同「専」「【玉篇:卷三:女部第三十五:嫥】之緣切專一也又可愛之皃」
𣷼𨊢9+水3=総画数12 U+23DFC [タン、ダン/] 漙𣶣
◆玉のような露(つゆ)がびっしりと付いているさま、同「𩃘」
車7+3=総画数10 U+8ECE [エイ、エ/] 𨊥𨊪𨊢
◆車軸の両端部に被(かぶ)せる円筒状の部品、ここに轄カツ(車輪脱落防止用の楔)を打ち込んで車軸を固定し車輪の脱落を防ぐ、同「轊」、「軎」は軹端シタンの輨カンと一体になっていることがある {乗物(車輪)}
軎10+殳4=総画数14 U+6BC4 [ケキ、キャク、ケイ、ケ/] 𣪠
◆ぶつかる、ぶつかり合う、同「轚」
◆(手を横に振るようにして)さっと払う、さっと擦(こす)るように払う「【周禮注疏:冬官考工記】和弓𣪠摩(和猶調也𣪠拂也將用弓必先調之拂之摩之)」「【周禮注疏:冬官考工記】《疏》注釋曰引大射云大射正以袂順左右隈者左手橫執之時上隈向右下隈向左而上再下一拂去塵乃授與君大射雖不言調亦調可知也」
◆家畜を繋(つな)いで飼(か)う「【前漢書:卷五:景帝紀】請宣布天下…郡國或磽陿無所農桑𣪠畜(師古曰…𣪠謂謂食養之…)」
車7+3=総画数10 U+8ED2 [ケン、コン/のき] 轩𨍓𩋱
◆重心を後寄りにして前部が持ち上がるようにした車、大夫タイフ以上の高位の人が乗る車、重心を前寄りにして後部が持ち上がる車を「輊」
◆屋根の建物から外に張り出した部分、またその先端の反(そ)り上がった部分 {建物}
◆反り上がる、高揚する
筆順
𠻃軒10+口3=総画数13 U+20EC3 [未詳/]
◆音写字(音オンを表す漢字)「【懺法大觀:卷二:金光神咒】…𠻃嘙咭唎 噓哼咥嗶…」
軒10+手3=総画数13 U+641F [ケン、コン/]
◆未詳「【正字通:卯集中:手部:搟】摲字之譌」「【康熙字典:卯集中:手部:搟】《註》搟舉手擬之也」
軒10+艸3=総画数13 U+84D2 [ケン、コン/]
◆「蓒芋ケンウ」、草名、未詳「【玉篇:卷十三:艸部第一百六十二:蓒】虛言切蓒子蕕草也生水中」「【遼史:卷三十八:志第八:地理志二:東京道】…濼水多蓒芋之草…(「濼ラク水」は山東省済南市を源とする川)
斤部
斤部
車7+4=総画数11 U+8ED7 [シュ、ズ/] 𨐅
◆未詳「【字彙:酉集:車部:軗】尚朱切音殳車竿」
筆順
𡐊軗11+土3=総画数14 U+2140A [ケキ、キャク/] 墼𡒼𡑼
◆粘土を(焼かずに)乾燥させ煉瓦状に固めたもの、日干しレンガ、泥レンガ
軗11+手4=総画数15 U+6483 [ケキ、キャク、ゲキ/う・つ] 擊击
◆(軽く繰り返すのではなく一挙に)強く打つ、また撲(なぐ)る、また叩(たた)く
◆相手に激しく突き掛かる
◆敵を攻める、また滅ぼす
筆順
𤮈軗11+瓦5=総画数16 U+24B88 [ケイ、ケ、ケツ、ケチ/] 㼤𤮛
◆一斗入りの大きな瓶(かめ、口が小さく胴が膨らんでいる容器)「【集韻:卷九:入聲上:㞕第十六:㼤】器受一斗北燕謂瓶為㼤」
軗11+糸6=総画数17 U+7E4B [ケイ、ゲ/つな・ぐ、かか・る]
◆切れている糸を(途切れているものを)結んで離れないようにする、結び付ける、同「系」
◆掛(か)かる、ぶら下がる
筆順
車7+4=総画数11 U+8EDF [ゼン、ネン、ナン/やわ・らか、やわ・らかい]
◆柔(やわ)らかい、柔らかく変形し易(やす)い、硬(かた)くない、同「輭」
筆順
軟11+女3=総画数14 U+371B [ドン、ノン/わか・い] 嫩嫰
◆柔らかいさま、柔らかくしなやかなさま、弱々しいさま、小さくて愛らしいさま、同「媆」
𤡋軟11+犬3=総画数14 U+2484B [シン/] 𤡻𤡳𤡃𤡄𤟸
◆「𤡻猭シンテン」、(びっしりと生い茂った竹林が)途切れずに続いているさま「【文選:卷十七:音楽上:洞簫賦】處幽隱而奧庰兮密漠泊以𤡻猭(…𤡻猭相連延貌…)(【文選】は《欽定四庫全書》《摛藻堂四庫全書薈要》本などや【六臣註文選】など多数あるが各本で「𤡻」の字形がかなり異なる、全て異体字とした)
軟11+竹6=総画数17 U+7C10 [デン、ネン/]
◆「恭簐弓(音未詳)」、未詳「【字彙補:未集:竹部:簐】乃典切年上聲魏人呼釣曰簐弓」
車4+4=総画数8 U+8F6C [テン/ころ・がる、ころ・がす、ころ・げる、ころ・ぶ、うたた] 轉転
◆(車輪が回るように)ごろりと回る、ぐるりと回る、「回転カイテン」
◆(車輪が接地する位置を変えながら転がり進んで行くように次へ次へと)位置や方向を変える、また変える、「移転イテン」
◆次へ次へと運ばれて行く、次へ次へと移って行く、「転移テンイ」
◆変化する、移り変わる
转8+口3=総画数11 U+556D [テン/さえず・る]
◆鳥が玉(たま)を転(ころ)がしているかのように(高く澄んだ声で)鳴く、また歌っているかのように鳴く
𨊴車7+4=総画数11 U+282B4 [チン、ジン/]
◆(車が)順に並ぶ、一列に並ぶ、列をなす、同「陳」
𨊴11+人2=総画数13 U+50CC [ヨウ/]
◆未詳「【集韻:卷四:平聲四:蒸第十六:僌】理也」
筆順
𣦔𨊴11+止4=総画数15 U+23994 [セイ、ショウ/ととの・える、ととの・う] 整𢿫𠢦𠢫𢿋愸𢝗
◆きちんとした状態や形にする、歪(ゆが)みや曲がりや乱れや偏(かたよ)りがないようにする、過不足がないように(凸凹がないように)する
◆あるべき(本来の)状態や形にする、定めに従った状態や形にする
𤡄𨊴11+犬3=総画数14 U+24844 [シン/] 𤡻𤡳𤡃𤡋𤟸
◆「𤡻猭シンテン」、(びっしりと生い茂った竹林が)途切れずに続いているさま「【文選:卷十七:音楽上:洞簫賦】處幽隱而奧庰兮密漠泊以𤡻猭(…𤡻猭相連延貌…)(【文選】は《欽定四庫全書》《摛藻堂四庫全書薈要》本などや【六臣註文選】など多数あるが各本で「𤡻」の字形がかなり異なる、全て異体字とした)
車7+5=総画数12 U+8EE8 [レイ、リョウ/] 䡼䡿
◆車台(車の人が乗る部分)の周りの手摺(てすり、横木・縦木だけのものや縦横に柵状・格子状に組んだもの)の横木、同「轛」「【楚辭:卷八:九辯】…倚結軨兮長太息(伏車重軾而涕泣也一無長字補曰軨音零車轖間横木)涕潺湲兮下霑軾…」「【周禮注疏:冬官考工記】参分軹圍去一以為轛圍(《注》…鄭司農云轛讀如繫綴之綴謂車輿軨立者也立者為轛橫者為軹書轛或作軨…)」 {乗物(馬車)}
◆車輪の轊エイ(車軸の両端部に被かぶせる円筒状の部品)につける飾り、「飛軨ヒレイ」 {乗物(車輪)}
◆狩り用の車、獵車リョウシャ
軨12+竹6=総画数18 U+4256 [レイ、リョウ/]
◆竹製の籠(かご)、同「笭」「𥵝」
車7+5=総画数12 U+8EEB [シン/] 轸𨋏𨋎
◆車台床下の四周の木、或いは床板を支える横木、一説に車台後部の横木、同「𨏤」「【周禮注疏:冬官考工記】…車軫四尺謂之一等…(此所謂兵車也軫興後橫木…)」「【周禮注疏:冬官考工記】…軹崇三尺有三寸也加軫與轐焉四尺也…(…鄭司農云軹𨊥也轐讀爲輈僕之僕謂伏免也玄謂軹轂末也此軫與轐并七寸…)」 {乗物(馬車)}
◆転(ころ)がる、車輪が回る、同「𨏤」
◆弦楽器の弦の張り具合(音程)を調整するための糸巻き(ペグpeg)
◆心を痛める、憂(うれ)える
◆二十八宿南方朱雀スザクの一つ {二十八宿}
筆順
𡑁軫12+土3=総画数15 U+21441 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:土部:𡑁】同"尘"」
𤺋軫12+疒5=総画数17 U+24E8B [シン、チン/]
◆皮膚にできる小さな腫物(はれもの)や吹出物(ふきでもの)の総称、「湿疹シッシン」「汗疹カンシン(あせも)」「痲疹・麻疹マシン(はしか)」など、同「疿」
◆病気、病(やまい)、病(や)む
筆順
車7+5=総画数12 U+8EEC [ハン、ホン、ボン/]
◆雨風を防ぐために車を覆(おお)う簾(すだれ、竹や藁を並べ紐で編んだもの)、またそのような覆いのある車
軬12+手3=総画数15 U+64AA [ホン、ボン/]
◆車箱の覆いや囲い
車7+6=総画数13 U+8F02 [キョク、コク/]
◆人や荷を載(の)せる大きな馬車また牛車
◆二本の棒に土などを運ぶための籠や台を取り付けたもの、前後二人でこれを担(かつ)ぎ上げて運ぶ、同「䡞」「梮」
輂13+木4=総画数17 U+6A8B [キョク、コク/] 𣞶𣡴
◆人などを乗せる台や箱などの下に二本の棒を渡し担(かつ)ぎ上げて運ぶ乗り物、山道などで人を運ぶ簡便な輿(こし)、同「橋」「【康熙字典:辰集中:木部:橋】註橋一作𣞶直轅車也」「【會稽三賦(テキスト版)】陸行乘車水行乘舟泥行乘橇山行乘𣞶」
筆順
𣿢輂13+水3=総画数16 U+23FE2 [未詳/]
◆「𣿢布」、布の名
車7+6=総画数13 U+8F03 [コウ、キョウ、カク/くら・べる] 较䡈𨊿
◆車台(車の人が乗る部分)の両側の手摺(てすり)「【後漢書:卷三十九:輿服志:輿服上】鳥旟七斿五仞齊較(鄭玄曰較者車高檻木也)…金薄繆龍為輿倚較(…俗文曰車箱爲較)」 {乗物(馬車)}
◆角(つの)を突き合わせる、競(きそ)う
◆突き合わせて比べる
◆凡(おおよ)そ、やや、割合に
◆明らか
筆順
𦽨較13+艸3=総画数16 U+26F68 [コウ、キョウ/] 茭𦺏
◆牛馬の飼料とする干し草
◆タケ(竹)やアシ(葦)などの葉を編んで作った綱(つな、ロープrope)
◆「𦽨白コウハク」、マコモ(真菰)、イネ科マコモ属の草、実はワイルドライスwild rice、肥大した茎元(株元)は真菰筍(まこもたけ)と呼ばれ食用とする他、葉は筵(むしろ)などに用いられる {マコモ}
◆草名、未詳、イノンド(セリ科イノンド属)やウイキョウ(茴香、セリ科ウイキョウ属)などのセリ科の草で白花の種と思われる、同「牛蘄ギュウキ」「馬蘄バキ」「懷羊カイヨウ」「【爾雅注疏:釋草】藱懷羊(《疏》似芹可食菜也而葉細鋭一名茭一名牛蘄一名馬蘄子入薬用本草注云生水澤中苗似鬼鍼{⿱艹黍}菜等花青白色子黄黑色似防風子是也)」 {イノンド}
車7+6=総画数13 U+8F05 [ロ、ル/]
◆轅エン(ながえ)や輈チュウの先端に渡した横木、これに牛馬を繋(つな)いで車を牽(ひ)かせる、同「衡」「𨍇」 {乗物(馬車)}
◆天子や諸侯が乗る(大きな)車、「輅車ラクシャ」、同「𨎲」「路」
筆順
輅13+竹6=総画数19 U+7C35 [ロ、ル/]
◆細いが堅く強い篠竹(しのだけ)の類で、箭杆センカン(矢柄・矢幹(やがら))に用いられるタケ(竹)の名、「箘簵キンロ」 {武器(弓箭)}
車7+6=総画数13 U+8F09 [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載载𤱱𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始)(「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人)
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
筆順
載13+人2=総画数15 U+510E [サイ/]
◆荷物などを車や船などに載(の)せる、積む、積載セキサイする「【治臺必告錄 :卷二:覆趙尚書言臺灣兵事書】…然如械鬭娼賭私儎違禁貨物皆所不免…」
車4+6=総画数10 U+8F7D [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載載𤱱𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始)(「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人)
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
载10+人2=総画数12 U+50A4 [サイ/]
◆荷物などを車や船などに載(の)せる、積む、積載セキサイする「【治臺必告錄 :卷二:覆趙尚書言臺灣兵事書】…然如械鬭娼賭私儎違禁貨物皆所不免…」
𣪠殳部
𨋰車7+6=総画数13 U+282F0 [シ/]
◆黒みがかった赤い色の漆(うるし)、またその漆塗りの車「【周禮注疏:卷二十七:春官宗伯第三】駹車雚蔽然{⿰衤𡨕}髤飾(…𨋰讀為桼垸之桼直謂髤桼也…)」
𩐑𨋰13+韭9=総画数22 U+29411 [セイ、サイ/] 齏齑韲𩐐𩐓䪠䪡𩐋𩐒𩐇𩐈𩐆𠬘䪢䪣𩐊𦦏
◆食材を細く切って酢に漬けたもの
◆調理した食べ物にニラ(韮)やショウガ(生姜・生薑・薑)などの香味野菜を細かく切ったものを和(あ)えたもの、和え物
車7+7=総画数14 U+485B [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:酉集補遺:車部:䡛】《篇海類編》夷益切音亦車也」「【漢語大字典:車部:䡛】"𨋙"的讹字。《改併四聲篇海·車部》引《川篇》:"䡛、羊刃切。車也。"按:《廣韻》《集韻》《龍龕手鑑》等均作"𨋙"、作"䡛"误。」
𢷦䡛14+手3=総画数17 U+22DE6 [未詳/]
◆未詳
車7+7=総画数14 U+8F15 [ケイ、キョウ/かる・い、かろ・やか] 軽轻𨌷𨓷
◆重くない、重くなく素早く動ける(車)、重くなく扱い易い(車)
◆積載量が少ない、重さや程度が少ない
◆重みがない、どっしりとしていない
◆重要ではない
筆順
𢷰輕14+手3=総画数17 U+22DF0 [未詳/]
◆未詳
𣱮輕14+气4=総画数18 U+23C6E [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:气部:𣱮】化学元素"氫"的旧译」
𨆪輕14+足7=総画数21 U+281AA [ケイ、キョウ/]
◆片足で行くさま「【龍龕手鑑:卷四:足部第十二:𨆪】苦定反一足跳行也」
輕14+金8=総画数22 U+944B [ケイ、キョウ/]
◆金(キン、金属)の音
◆未詳「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷五十二:昭公二十六年】…苑子刜林雍斷其足鑋而乘於他車以歸(《注》正義曰旣斷其足而云鑋知鑋是一足行也說文鑋金聲也蓋擊金爲聲亦名鑋)」「【正字通:戌集上:金部:鑋】…鑋𨆪同音故云讀若非鑋卽𨆪也俗本左傳杜預註𨆪譌作鑋…諸家謬説移訓附鑋註足部𨆪與鑋不知从金與从足音通義別也…」
𨮫輕14+金8=総画数22 U+28BAB [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷八:去聲下:徑第四十六:鑋】說文金聲也或書作𨮫」
◆人名用字「【小腆紀年:卷第一:甲申】…萬安王采𨮫…(明代の人、姓は朱シュ、名は采𨮫(音未詳))
車7+8=総画数15 U+485E [キョク、コク/] 𨍯𨋧
◆直轅チョクエン(車などに牛馬を繋ぐためのまっすぐな轅、比較的大きな車に用いる)に衡コウ(轅の先端に取り付ける横棒)を固定するために巻き付ける革帯、同「𨏉」
◆二本の棒に土などを運ぶための籠や台を取り付けたもの、前後二人でこれを担(かつ)ぎ上げて運ぶ、同「梮」「挶」
𣞹䡞15+木4=総画数19 U+237B9 [未詳/]
◆未詳
車7+8=総画数15 U+8F19 [チョウ/] 輒辄
◆車台(車の人が乗る部分)の左右両側の板、同「輢」 {乗物(馬車)}
◆すなわち、~する時は何時(いつ)も~、何時でも~
筆順
𧁍輙15+艸3=総画数18 U+2704D [ソウ/] 𨎮𨐉
◆車の華やかな模様を施(ほどこ)した革製の飾り「【周禮注疏:春官宗伯】薻車薻蔽鹿淺𧜀革飾故書薻作𧁍杜子春𧁍讀爲華藻之藻直謂華藻也」
車7+8=総画数15 U+8F1A [サン、ゼン/]
◆人が横になれるように作った車、寝台車、霊柩車、臥車(ガシャ)、同「轏」
𨏖輚15+車7=総画数22 U+283D6 [シャ/くるま] 車车𠦴
◆二つの輪リン(車輪)の中心に軸(ジク、車軸)を通し、その上に人や物を乗せるための台(車台)を設(しつら)えたもの {乗物(馬車)}
◆輪状・円状のものが軸を中心として回転するもの {乗物(車輪)}
車7+8=総画数15 U+8F26 [レン/こし]
◆人が(二人で)引いて進める車、特に天子などが乗る車
◆車を引く、車に乗せて(載せて)運ぶ、同「𨘪」
筆順
輦15+手3=総画数18 U+6506 [レン/]
◆追い出す、追い払う
◆追い掛ける
𣞶輦15+木4=総画数19 U+237B6 [キョク、コク/] 檋𣡴
◆人などを乗せる台や箱などの下に二本の棒を渡し担(かつ)ぎ上げて運ぶ乗り物、山道などで人を運ぶ簡便な輿(こし)、同「橋」「【康熙字典:辰集中:木部:橋】註橋一作𣞶直轅車也」「【會稽三賦(テキスト版)】陸行乘車水行乘舟泥行乘橇山行乘𣞶」
𥗇輦15+石5=総画数20 U+255C7 [デン、ネン、テン/ひ・く] 碾𥗷𥑊
◆石臼(いしうす)、穀物などを平らに押し展(の)ばし磨り潰(すりつぶ)す道具
◆石臼を回して穀物などを磨り潰す、磨り潰して粉にする、同「輾」
𨘪輦15+辵3=総画数18 U+2862A [レン/]
◆車を引く、車に乗せて(載せて)運ぶ、同「輦」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨘧𨘪】二俗力展反正作輦」
輦15+邑3=総画数18 U+913B [ラン、レン/]
◆古地名
車7+8=総画数15 U+8F29 [ハイ、ヘ/ともがら、やから] 辈軰
◆車の数の単位、1輩=100輌
◆車列、車が列を成すさま、「輩出ハイシュツ(列を成して次々に現れ出るさま)」
◆ともがら、やから、同等・同類・同属・同世代などの同じグループgroupに属する人、「同輩ドウハイ(同じ世代・地位の人)」「先輩センパイ(年上の人、先に勤め学び始めた人)」
筆順
𠓽輩15+入2=総画数17 U+204FD [ショウ、ジョウ/]
◆馬車などの乗り物、またそれに乗る「【字彙補:子集:入部:𠓽】牀情切音乘車乘也」
車7+8=総画数15 U+8F2A [リン/わ]
◆回りながら車の移動を容易にするための円形で中央部が空いている部品、丸太を輪切りにしたようなものは「輇」 {乗物(車輪)}
◆円形で中央部が空いている形、またそのような形のもの
◆くるくると回る、同じことを繰り返す、循環する、またそのようなもの
◆南北の広がり、東西は「広」
◆[日]花を数える語、中央から輪状に広がることから
筆順
𥶡輪15+竹6=総画数21 U+25DA1 [/たが]
◆[日]姓用字
◆[日]箍たが、緩(ゆる)んだり外(はず)れたりしないように固定するための輪状のもの、割った竹を縄状・帯状に編み輪状にしたものや帯状の金属を輪状にしたものがあり、木の板などを組んで作る樽(たる)や桶(おけ)などの外側に嵌(は)めて固定するなどに使う
筆順
車4+8=総画数12 U+8F87 [レン/こし]
◆人が(二人で)引いて進める車、特に天子などが乗る車
◆車を引く、車に乗せて(載せて)運ぶ、同「𨘪」
辇12+手3=総画数15 U+64B5 [レン/]
◆追い出す、追い払う
◆追い掛ける
車7+9=総画数16 U+8F38 [シュ、ス、ユ/]
◆ものを(車に乗せて)別の場所に運ぶ、ものを送る、またその品物
◆(勝負に)敗(やぶ)れる、敗(ま)ける
筆順
輸16+水3=総画数19 U+702D [未詳/]
◆未詳
車7+9=総画数16 U+8F3B [フク/や]
◆輪(わ、車輪の外周部)を支えるために轂(こしき、車輪の中央部の部品)から放射状に取り付ける木、スポークspoke {乗物(車輪)}
筆順
𨏟輻16+車7=総画数23 U+283DF [フク、ブク/] 𨌥
◆兵車に設けた弩ド(機械仕掛けの弓)などを入れる革製の箱、古くは使者の乗る車に設け玉製器を収納したという「【文選:卷三:東京賦】𨌥(伏)弩重旃朱旄青屋(…善曰說文日𨌥車闌間皮筐以安其弩也徐廣車服志日輕車置弩於軾上載以屬車然置弩於𨌥日𨌥弩)」「【說文解字注:玨部:𨌥】車笭閒皮匧也…从車玨(…古者人臣出使奉圭璧璋琮諸玉車笭閒皮篋所用盛之此其字之所由从車玨會意也…)」「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:𨌥𨏟】說文車笭間皮篋古者使奉玉以盛之」「【正字通:酉集下:車部:𨏟】𨏬字之譌舊註同𨌥誤」
車7+10=総画数17 U+8F3E [テン、デン、ネン/]
◆車輪で物を轢(ひ)く、轢き潰(つぶ)す、轢き展(の)ばす
◆碾臼(ひきうす)、碾臼を回して穀物などを平らに押し展(の)ばし磨(す)り潰す、同「碾」
◆転がる、回転する
筆順
𨏲輾17+車7=総画数24 U+283F2 [ラク/] 𨏒
◆車輪が転がる「ごろごろ」「がらがら」という音
輿車7+10=総画数17 U+8F3F [ヨ/こし] 舆轝𨏮
◆車台の上の人が乗る箱形の部分 {乗物(馬車)}
◆人を乗せそれを何人かで担(かつ)ぐ乗り物、またそれを担ぐ
◆大地、領土、「人が乗っているところ」の意
◆多くの(一般の)人
筆順
𤫌輿17+玉4=総画数21 U+24ACC [ヨ/] 璵玙𤪐
◆「𤫌璠ヨハン」「璠𤫌ハンヨ」、魯国(前11世紀~前256年)の大変美しい玉ギョク(美しく高貴な石)の名
𨏮輿17+車7=総画数24 U+283EE [ヨ/こし] 輿舆轝
◆車台の上の人が乗る箱形の部分 {乗物(馬車)}
◆人を乗せそれを何人かで担(かつ)ぐ乗り物、またそれを担ぐ
◆大地、領土、「人が乗っているところ」の意
◆多くの(一般の)人
𨍩車7+10=総画数17 U+28369 [ホウ、ビョウ/] 𨎧𨏰
◆車の(兵車の)力強く勇壮なさま、またその音、同「輣」「彭」
𨏰𨍩17+車7=総画数24 U+283F0 [ホウ、ビョウ/] 𨎧𨍩
◆車の(兵車の)力強く勇壮なさま、またその音、同「輣」「彭」
𨍮車7+10=総画数17 U+2836E [レキ、リャク/ひ・く] 𨏬
◆車が転がる「【玉篇:車部第二百八十二】轉也」
◆車で轢(ひ)く、同「轢」
𨏬𨍮17+車7=総画数24 U+283EC [レキ、リャク/ひ・く]
◆車輪が転がる、回転する、同「轣」
◆轢(ひ)く、車輪が人や物の上を踏み付けるように転がって行く、同「轢」
車7+11=総画数18 U+8F49 [テン/ころ・がる、ころ・がす、ころ・げる、ころ・ぶ、うたた] 转転
◆(車輪が回るように)ごろりと回る、ぐるりと回る、「回転カイテン」
◆(車輪が接地する位置を変えながら転がり進んで行くように次へ次へと)位置や方向を変える、また変える、「移転イテン」
◆次へ次へと運ばれて行く、次へ次へと移って行く、「転移テンイ」
◆変化する、移り変わる
筆順
轉18+口3=総画数21 U+56C0 [テン/さえず・る]
◆鳥が玉(たま)を転(ころ)がしているかのように(高く澄んだ声で)鳴く、また歌っているかのように鳴く
筆順
車7+14=総画数21 U+8F5F [コウ、ゴウ/とどろ・く] 軣𨋌轰
◆多くの車が行き来する時の「ごろごろ」「がらがら」という地を揺るがすような大きな音
◆音が地を揺るがすように大きく激しいさま、大きな音が鳴り響くさま、大きな音が広く響き渡るさま
筆順
𨏿轟21+車7=総画数28 U+283FF [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:車部:𨏿】克合切音搕義未詳」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 車部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です