総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 鹿部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 鹿部」 [部首索引


鹿鹿11+0=総画数11 U+9E7F [ロク/しか、か] 𢉖𢊩
◆シカ(鹿)、シカ科の哺乳類の総称
◆権力またその地位
◆穀物などを貯蔵するための方形の倉庫、円形は「囷」
◆しか、しかへん、部首名
鹿11+土3=総画数14 U+5875 [チン、ジン/ちり、ごみ]
◆ちり、風などによって宙に舞い上がる細かい土や砂など、「塵埃(ジンアイ)」、同「埃」「𪋻」「𡒲」「𦧄」「𡐪」
◆ものに纏わり付く穢(けが)れ、汚(よご)れ、穢れた、不浄(フジョウ)な
◆さまざまな柵(しがらみ、纏わり付いて行いや考えを妨げようとするものやこと)から逃(のが)れられない世、俗世、世俗
◆10の-9乗 {数字}
◆[日]ごみ、役に立たないもの、使わなくなって捨てるもの
鹿11+土3=総画数14 U+5876 [ロク/]
◆「塶口城」、梁国にあった城の名
鹿11+广3=総画数14 U+5ED8 [ロク/]
◆穀物などを貯蔵するための方形の倉庫、同「鹿」
鹿11+手3=総画数14 U+645D [ロク/] 𢮑
◆揺らす
◆水中のものを網で掬ったり釣ったりして取る、不正な手段で物を取る、同「撈」
𢿇鹿11+攴4=総画数15 U+22FC7 [ロク/] 𥀔𪊙
◆獣の皮に紋(もん、模様や凹凸)があるさま
鹿11+月(肉)4=総画数15 U+8194 [ロク/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:膔】腹鳴」
◆肥(こ)える、「【【山堂肆考:卷二百十八:毛蟲:冨脂】俗云熊羆冨脂至春膔…」
鹿11+木4=総画数15 U+6A1A [ロク/]
◆「樚櫨(ロクロ)」、井戸の釣瓶(つるべ)を上げ下げするための回転する円筒状(丸い棒状、或いは滑車状)の装置、同「轆轤」
◆「樚木(ロクボク)」、別名「醉魚草(スイギョソウ)」、トウフジウツギ (唐藤空木)、ゴマノハグサ科フジウツギ属の木 {トウフジウツギ}
鹿11+水3=総画数14 U+6F09 [ロク/こ・す、す・く] 𣼟
◆浚(さら)う、掬(すく)い取る
◆濾(こ)す、液体を網・布・紙などの目の細かいものに通す、またそうしてその目よりも大きいものと小さいものとに分ける、同「淥」
◆[日]す・く、抄(す)く、紙を抄く
鹿11+火4=総画数15 U+719D [ロク/]
◆煉(ね)る、火で熱し鍛(きた)える、強火で熱を加える
鹿11+瓦5=総画数16 U+3F3E [ロク/]
◆土を捏ね型に入れ焼き固めた板状の瓦、敷瓦(しきがわら)
𥀔鹿11+皮5=総画数16 U+25014 [ロク/] 𢿇𪊙
◆獣の皮に紋(もん、模様や凹凸)があるさま
𥉶鹿11+目5=総画数16 U+25276 [ロク/]
◆「𥌮𥉶(レキロク)」、目が明るく澄んでいるさま
鹿11+石5=総画数16 U+40D9 [ロク/]
◆「䃙碡(ロクドク)」、田畑の土を解(ほぐ)し同時に平らに均(なら)すための農具、円柱形の石(或いは木)に軸を通し、これを転がして平らに均す、同「磟碡」「碌碡」
鹿11+竹6=総画数17 U+7C0F [ロク/]
◆竹を編んで作った背の高い方形の箱
◆「簏簌(ロクソウ)」、同「䍡𦌊(ロクス)」、垂れ下がるさま、「簪(かんざし)の飾りが揺れる動くさま」「紐の先に付けた玉(ギョク、大変美しい石)などが揺れてぶつかり合って澄んだ音がするさま」などを指す
◆「箶簏、胡簏(コロク)」、矢を入れる筒(つつ)状の道具、やなぐい(胡簶、胡籙)、背負うなどする、同「箶簶、胡簶」「箶𩌫、胡𩌫」「䩴䩮」「胡祿」
𦄐鹿11+糸6=総画数17 U+26110 [コン/]
◆束ねる、束ね縛(しば)る、同「稛」
鹿11+网5=総画数16 U+4361 [ロク/] 𦌏
◆魚を捕る小さな網
◆「䍡𦌊(ロクス)」、同「簏簌(ロクソウ)」、垂れ下がるさま、「簪(かんざし)の飾りが揺れる動くさま」「紐の先に付けた玉(ギョク、大変美しい石)などが揺れてぶつかり合って澄んだ音がするさま」などを指す
𦌏鹿11+网6=総画数17 U+2630F [ロク/]
◆魚を捕る小さな網
◆「𦌏𦌊(ロクス)」、同「簏簌(ロクソウ)」、垂れ下がるさま、「簪(かんざし)の飾りが揺れる動くさま」「紐の先に付けた玉(ギョク、大変美しい石)などが揺れてぶつかり合って澄んだ音がするさま」などを指す
𦪇鹿11+舟6=総画数17 U+26A87 [ロク/]
◆「䑦𦪇、𦩷𦪇(コウロク)」、大型の船、また船の名、同「𦩷𦪇」、「【通雅:卷三十四】艑艖淺船也䑦𦪇大艑也」
鹿11+艸3=総画数14 U+850D [ロク/]
◆「蔍蹄草(ロクテイソウ)」、イチヤクソウ(一薬草)、ツツジ科イチヤクソウ属の草、また同属の草の称 {イチヤクソウ}
◆「蔍葱(ロクソウ)」、カンゾウ(萱草)、ススキノキ科ワスレグサ属の草、またその近縁種の総称、「【本草綱目:草之五:隰草類下:萱草】釋名心憂(說文)療愁(綱目)丹棘(古今注)鹿葱(嘉祐)鹿劍(土宿)妓女(吳普)宜男(…其苗烹食氣味如葱而鹿食九種解毒之草萱乃其一故又名鹿葱…」 {カンゾウ}
◆粗(あら)いさま、同「麤」
鹿11+虫6=総画数17 U+87B0 [ロク/] 𧐳
◆「螇螰(ケイロク)」、ニイニイゼミ(蟪蛄、セミ科ニイニイゼミ属)、またニイニイゼミなどの小形のセミ(蝉)の一種、別名「蟪蛄(ケイコ)」「蛥蚗(セツケツ)」「蝭蟧(テイリョウ)」「蜓蚞(テイボク)」
𧜫鹿11+衣6=総画数17 U+2772B [ヒョウ/] 𧞧𧞱𪊬𪊘
◆重ね着をする際に最も上(外側)に羽織(はお)る衣服、上着(うわぎ)、外衣(ガイイ)、同「表」
𧽥鹿11+走7=総画数18 U+27F65 [ロク/]
◆「𧽥趗(ロクソク)」、歩幅が狭く忙(せわ)しく歩くさま
◆「𧽥趚(ロクソク)」、走る音
鹿11+足7=総画数18 U+8E57 [ロク/]
◆歩くさま
鹿11+車7=総画数18 U+8F46 [ロク、ロ/]
◆糸や綱などを巻き取る或いは巻き上げる道具、円形また円筒形で回転するもの
◆「轆轤(ロクロ)」、井戸の釣瓶(つるべ)を上げ下げするための回転する円筒状(丸い棒状、或いは滑車状)の装置、同「𨏔轤」「樚櫨」
◆「轣轆(レキロク)」◇車輪などの回転する「ごろごろ」「がらがら」という音◇糸車、糸繰車(いとくりぐるま)、紡(つむ)ぎ出した糸を撚(よ)って巻き取る道具、同「繀車(サイシャ)」、「【方言:第五】繀車(蘇對反)趙魏之間謂之轣轆車東齊海岱之間謂之道軌」◇筋状に続く二本の車輪の跡、二本の轍(わだち)
鹿11+車4=総画数15 U+8F98 [ロク、ロ/]
◆糸や綱などを巻き取る或いは巻き上げる道具、円形また円筒形で回転するもの
◆「辘轳(ロクロ)」、井戸の釣瓶(つるべ)を上げ下げするための回転する円筒状(丸い棒状、或いは滑車状)の装置、同「𨏔轤」「樚櫨」
◆「轣辘(レキロク)」◇車輪などの回転する「ごろごろ」「がらがら」という音◇糸車、糸繰車(いとくりぐるま)、紡(つむ)ぎ出した糸を撚(よ)って巻き取る道具、同「繀車(サイシャ)」、「【方言:第五】繀車(蘇對反)趙魏之間謂之轣轆車東齊海岱之間謂之道軌」◇筋状に続く二本の車輪の跡、二本の轍(わだち)
𨐀鹿21+車7=総画数28 U+28400 [レキ、リャク/] 轣𨏽
◆「𨐀轆(レキロク)」◇車輪などの回転する「ごろごろ」「がらがら」という音◇糸車、糸繰車(いとくりぐるま)、紡(つむ)ぎ出した糸を撚(よ)って巻き取る道具、同「繀車(サイシャ)」、「【方言:第五】繀車(蘇對反)趙魏之間謂之轣轆車東齊海岱之間謂之道軌」◇筋状に続く二本の車輪の跡、二本の轍(わだち)
鹿11+邑3=総画数14 U+911C [フ/] 𨞻
◆左馮翊サヒョウヨク縣に置かれた古州名、また県名、現陝西省延安エンアン市富フ県、前756年この地に秦(前221年~前207年)の文公(?~前716年)が五帝(東・南・西・北・中央の五方の神)を祭るために建立(コンリュウ)した祭場の名を「鄜畤(フジ)」という {陝西省}
𨢷鹿11+酉7=総画数18 U+288B7 [未詳/]
◆酒を漉(こ)す、「【玉篇:卷十九:水部第二百八十五:𤃭】子小切𨢷酒也」
鹿11+金8=総画数19 U+93D5 [ロク、オウ/]
◆釜の名
◆「鉅鏕」、古県名、現河北省
鹿11+金8=総画数19 U+93D6 [オウ/]
◆甕形で蓋の付いた保温用の銅製の容器、同「鐭」「䥝」
◆激しい戦い、惨(むご)たらしい戦い、またその戦いで敵を皆殺しにする、同「㩠」
𩌫鹿11+革9=総画数20 U+2932B [ロク/]
◆「箶𩌫、胡𩌫(コロク)」、矢を入れる筒(つつ)状の道具、やなぐい(胡簶、胡籙)、背負うなどする、同「䩴䩮」「箶簏、胡簏」「箶簶、胡簶」「胡祿」、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:簶䩮𩌫】胡簶箭室」
𩞇鹿11+食9=総画数20 U+29787 [バ、マ/] 𢌑
◆米麦などの穀物を柔らかく煮込んだ粥(かゆ)、濃いスープsoup状の粥、同「糜」「𩞁」
鹿11+馬10=総画数21 U+9A3C [ロク/]
◆「騼䮷(ロクドク)」◇野生馬の一種◇旗(はた)の名、「【金史:卷四十一:志第二十二:儀衛上】…騼䮷旗…」
𩺮鹿11+魚11=総画数22 U+29EAE [ロク/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:鱳𩺮】說文魚名出樂浪潘國」「【正字通:亥集中:魚部:𩺮】力竹切音六鹿頭魚一名潛鹿通雅日潛鹿魚頭似鹿王元美潛鹿鹿頭魚此據吳都賦沈虎潛鹿註皆魚身而頭似鹿也…」
𪋩鹿11+黍12=総画数23 U+2A2E9 [ビ、ミ/] 𪎭
◆粳黍(うるちきび)、キビ(黍、イネ科キビ属の草)の粘り気がない種、同「穄」「稷」、粘り気があるキビを「黍」
𪛓鹿11+龠17=総画数28 U+2A6D3 [ロク、カク/]
◆角(カク)、五音(ゴイン、宮・商・角・徴・羽)の一つ、同「觮」「角」 {音楽(音階)}
鹿11+2=総画数13 U+9E80 [ユウ、ユ/] 𪊯𪊛𪋎
◆牝鹿(めすじか)、シカ(鹿)の母性、シカの父性は「𪋂(ボウ)」
𤏶麀13+火4=総画数17 U+243F6 [オウ/] 爊𤓏𤒣
◆食材を火を埋めた灰の中に入れて火を通す、同「煨」
𤒣麀17+火4=総画数21 U+244A3 [オウ/] 爊𤏶𤓏
◆食材を火を埋めた灰の中に入れて火を通す、同「煨」
麀13+金8=総画数21 U+495D [オウ/] 𨰅
◆甕形で蓋の付いた保温用の銅製の容器、同「鐭」「鏖」
鹿11+2=総画数13 U+9E81 [ソ、ス/] 麤𪋙麄𪋨
◆ばらばらなさま、間(あいだ)が空いているさま
◆粗(あら)い、粗雑な、大雑把(おおざっぱ)な
𥼡麁12+米6=総画数18 U+25F21 [ソ、ス/] 𥼗
◆脱穀したままで精白していない米、十分に磨(みが)かれていない米、同「粗」
𥼗麁13+米6=総画数19 U+25F17 [ソ、ス/] 𥼡
◆脱穀したままで精白していない米、十分に磨(みが)かれていない米、同「粗」
土部
鹿11+4=総画数15 U+4D21 [レイ、ライ、リ/うるわ・しい、うら・らか] 麗𪋘婯𡡜丽𠀙𠀞𠧥
◆形が整い立派で美しい
◆(鹿の角のように)ペアpair(対)になって並ぶ
◆連なる
◆[日]うら・らか、晴れて穏やかなさま
𠐚䴡15+人2=総画数17 U+2041A [レイ、ライ/] 儷俪㒧𠌯
◆並ぶ
◆二つが一組になる、一対の
◆連れ合う、連れ合い、夫婦
𤂢䴡15+水3=総画数18 U+240A2 [サ、シャ、サイ、セ/] 灑𣶇
◆水を流し掛ける、水を上から注ぐ、水を掛けて汚れや穢れなどを洗い流す、また清める、同「洒」
◆こだわりがないさま、さっぱりしているさま、同「洒」
◆簡「洒」
𨘶䴡15+辵3=総画数18 U+28636 [リ/] 邐逦𨓦
◆「𨘶迤、𨘶迆(リイ)」「迤𨘶(イリ)」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々(エンエン)と続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤、逶迤、㣦彵(イイ)」「逶迱、逶蛇、委蛇(イイ、イタ)」、「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
𪇾䴡15+鳥11=総画数26 U+2A1FE [リ/] 鸝𪈹鹂𪈳𪅗𪅌
◆「黄𪇾(コウリ)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称、同「鸝黄、鵹黄(リコウ)」「黄鶯(コウオウ)」
鹿11+4=総画数15 U+9E83 [ホウ、ビョウ/]
◆獣名、未詳、一説にキバノロ(牙獐、シカ科キバノロ属、麞)の類、或いはシフゾウ(四不像、シカ科シフゾウ属、麋)に似るが角(つの)がないという、「【說文解字注:鹿部:{⿱鹿火}】麞屬(鉉本作麠屬鍇本作麋屬今依韵會本{⿱鹿火}者麞屬也麞者麋屬也韋昭曰楚人謂麋爲{⿱鹿火}葢麃似麋而無角…)」
◆「麃麃(ヒョウヒョウ)」、盛んなさま、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷七:國風:清人】…清人在消駟介麃麃(…麃麃武貌…)」「【前漢書(漢書):卷三十六:楚元王傳】…詩又云雨雪麃麃見晛聿消(…麃麃盛也…)」
麃15+人2=総画数17 U+5126 [ヒョウ/]
◆「儦儦(ヒョウヒョウ)」◇多くの人◇多くの人が行くさま、同「𢖐𢖐」
𡂘麃15+口3=総画数18 U+21098 [ホウ、ビョウ/ほ・える] 咆𠿙
◆猛獣が怒ったようにまた威嚇するように吼える
𢖐麃15+彳3=総画数18 U+22590 [ヒョウ/]
◆「𢖐𢖐(ヒョウヒョウ)」、多くの人が行くさま、同「儦儦」
麃15+手3=総画数18 U+3A60 [オウ、ホウ、ヒョウ/]
◆激しい戦い、惨(むご)たらしい戦い、またその戦いで敵を皆殺しにする、同「鏖」
◆掻(か)き寄せる、掻き集める、古「捊」
𣋳麃15+日4=総画数19 U+232F3 [ホウ、ボウ、ホク、ボク/] 𣋴
◆(屋外に出して)日光や風雨などに曝(さら)す、同「曝」
麃15+月(肉)4=総画数19 U+81D5 [ヒョウ/]
◆肥(こ)えているさま、肉付きがよいさま、同「膘」
麃15+水3=総画数18 U+700C [ヒョウ/]
◆「瀌瀌(ヒョウヒョウ)」、雨や雪が盛んに降るさま
麃15+火4=総画数19 U+720A [オウ/] 𤏶𤓏𤒣
◆食材を火を埋めた灰の中に入れて火を通す、同「煨」
麃15+牛4=総画数19 U+72A5 [ヒョウ/]
◆未詳、「【說文解字:牛部:犥】牛黃白色」
◆ウシ(牛)の毛に艶(つや)のないさま、またそのような牛
麃15+白5=総画数20 U+76AB [ヒョウ/]
◆白色
◆鳥の毛が変色する、艶(つや)を失う
麃15+禾5=総画数20 U+7A6E [ヒョウ/]
◆田畑を耕(たがや)しながら除草する、同「𦔩」「耘」
◆「穮䅦(ヒョウボウ)」、穀物の実が成らない、稔(みの)らない
𦔩麃15+耒6=総画数21 U+26529 [ヒョウ/] 𦔗
◆田畑を耕(たがや)しながら除草する、同「穮」「耩」
麃15+艸3=総画数18 U+85E8 [ヒョウ、ビョウ/] 𦳤
◆莚(むしろ)や草鞋(わらじ)などに利用されるカヤツリグサ科などの茎の細い植物、同「苞」
◆「藨草(ヒョウソウ)」、サンカクイ(三角藺)、カヤツリグサ科ホタルイ属の草、またホタルイ属の草の称 {サンカクイ}
◆イチゴ(苺)、またイチゴの類、未詳
◆「藨藿(ヒョウカク)」、タンキリマメ(痰切豆)、マメ科タンキリマメ属の草、同「鹿藿(ロクカク)」 {タンキリマメ}
𧞧麃15+衣5=総画数20 U+277A7 [ヒョウ/] 𧞱𧜫𪊬𪊘
◆重ね着をする際に最も上(外側)に羽織(はお)る衣服、上着(うわぎ)、外衣(ガイイ)、同「表」
𧞯麃15+衣6=総画数21 U+277AF [ホウ、ボウ/]
◆衣服の前襟(まええり、和服の前身頃まえみごろに当たる部分)、また懐(ふところ、前襟を合わせたところ)、同「𧝘」 {服飾(衣服)}
𧥍麃15+角7=総画数22 U+2794D [ヒョウ/]
◆馬銜(はみ、牛馬の口に咥えさせる木製また金属製の棒)が外れないように馬銜の両端に取り付ける部品、同「鑣」
𨞻麃15+邑3=総画数18 U+287BB [フ/]
◆左馮翊サヒョウヨク縣に置かれた古州名、また県名、現陝西省延安エンアン市富フ県、前756年この地に秦(前221年~前207年)の文公(?~前716年)が五帝(東・南・西・北・中央の五方の神)を祭るために建立(コンリュウ)した祭場の名を「鄜畤(フジ)」という {陝西省}
麃15+金8=総画数23 U+9463 [ヒョウ/] 镳𨯄𨮄
◆馬銜(はみ、牛馬の口に咥えさせる木製また金属製の棒)が外れないように馬銜の両端に取り付ける金具、同「钀」「䮽」「𧥍」「𩍶」
◆投げつけて人を殺傷する短い剣(つるぎ)状の武器、クナイ(先の尖った鏨のような形状の手裏剣の一種、棒手裏剣)のような武器、同「鏢」
麃15+金5=総画数20 U+9573 [ヒョウ/] 鑣𨯄𨮄
◆馬銜(はみ、牛馬の口に咥えさせる木製また金属製の棒)が外れないように馬銜の両端に取り付ける金具、同「钀」「䮽」「𧥍」「𩍶」
◆投げつけて人を殺傷する短い剣(つるぎ)状の武器、クナイ(先の尖った鏨のような形状の手裏剣の一種、棒手裏剣)のような武器、同「鏢」
𩍶麃15+革9=総画数24 U+29376 [ヒョウ/]
◆馬銜(はみ、牛馬の口に咥えさせる木製また金属製の棒)が外れないように馬銜の両端に取り付ける革製の部品、同「鑣」
𩙒麃15+風9=総画数24 U+29652 [ヒョウ、ビョウ/]
◆風に舞う、風の吹くままに漂う、同「飄」
◆「䬌䬌(ヒョウヒョウ)」、同「䬌䬌」、風の吹くさま
麃15+馬10=総画数25 U+4BBD [ヒョウ/]
◆馬銜(はみ、牛馬の口に咥えさせる木製また金属製の棒)が外れないように馬銜の両端に取り付ける金具、同「鑣」
𪊘鹿11+4=総画数15 U+2A298 [ヒョウ/] 𧞧𧞱𧜫𪊬
◆重ね着をする際に最も上(外側)に羽織(はお)る衣服、上着(うわぎ)、外衣(ガイイ)、同「表」
𧞱𪊘15+衣5=総画数20 U+277B1 [ヒョウ/] 𧞧𧜫𪊬𪊘
◆重ね着をする際に最も上(外側)に羽織(はお)る衣服、上着(うわぎ)、外衣(ガイイ)、同「表」
鹿11+5=総画数16 U+9E87 [キン、コン/] 麕𪊽𪊦麏
◆キバノロ(牙獐)、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同「獐」、牡(おす)は「麌(ゴ)」、牝(めす)は「麜(リツ)」、子は「麆(ソ)」、「【爾雅注疏:釋獸第十八】麕牡麌(…)牝麜其子麆」
◆群れる、キバノロはよく群れをつくることから
𡈳麇16+囗3=総画数19 U+21233 [キン、コン/]
◆縛(しば)る、束ね縛る、同「𡈢」「裍」「綑」「梱」
𢥄麇16+心3=総画数19 U+22944 [ハイ/] 𢥐
◆未詳、「【集韻:卷七:去聲上:未第八:𢥐𢥄】用力極也或从手」
麇16+手3=総画数19 U+6508 [クン/]
◆取る、採取する、収集する、同「捃」
鹿11+6=総画数17 U+9E8B [ビ、ミ/]
◆シフゾウ(四不像)、シカ科シフゾウ属のシカ、頭部はシカ・蹄はウシ・尾はロバ・頸はラクダに似ていることに因む、牡は「麔(キュウ)」、牝は「麎(シン)」、子は「䴠(オウ)」
◆眉(まゆ)、眉毛(まゆげ)、同「眉」
𢥐麋17+心3=総画数20 U+22950 [ハイ/] 𢥄
◆未詳、「【集韻:卷七:去聲上:未第八:𢥐𢥄】用力極也或从手」
麋17+手3=総画数20 U+6517 [ビ、ミ/]
◆ヒシ(菱)、ヒシ科ヒシ属の水草、また同科同属の草の称 {ヒシ}
麋17+艸3=総画数20 U+862A [ビ、ミ/] 𧃧
◆「蘪蕪(ビブ)」、センキュウ(川芎、セリ科ハマゼリ属の草)の苗、同「蘄茝(キシ)」、或いはその根茎を乾燥させた生薬の名、同「蘼蕪」 {センキュウ}
𨣿麋17+酉7=総画数24 U+288FF [ビ、ミ/] 醾釄醿
◆濾していない酒
◆繰り返し醸して造った濃厚な酒
𦄐糸部
鹿11+8=総画数19 U+9E93 [ロク/ふもと] 𪋤㯟
◆(木が生えている)山裾(やますそ)
◆山林を管理する役人
𨟤麓19+邑3=総画数22 U+287E4 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:酉集:邑部:𨟤】風無切音夫與鄜同」
鹿11+8=総画数19 U+9E95 [キン、コン/] 𪊽𪊦麇麏
◆キバノロ(牙獐)、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同「獐」、牡(おす)は「麌(ゴ)」、牝(めす)は「麜(リツ)」、子は「麆(ソ)」、「【爾雅注疏:釋獸第十八】麕牡麌(…)牝麜其子麆」
◆群れる、キバノロはよく群れをつくることから
麕19+手3=総画数22 U+651F [クン/]
◆取る、採取する、収集する、同「捃」
鹿11+8=総画数19 U+9E97 [レイ、ライ、リ/うるわ・しい、うら・らか] 𪋘䴡婯𡡜丽𠀙𠀞𠧥
◆形が整い立派で美しい
◆(鹿の角のように)ペアpair(対)になって並ぶ
◆連なる
◆[日]うら・らか、晴れて穏やかなさま
麗19+人2=総画数21 U+5137 [レイ、ライ/] 俪𠐚㒧𠌯
◆並ぶ
◆二つが一組になる、一対の
◆連れ合う、連れ合い、夫婦
𠠫麗19+刀2=総画数21 U+2082B [リ、レイ、ライ/] 劙蠫𠠞𧏇𠠂
◆すぱっと切る、真っ二つ(まっぷたつ)に割(さ)く、同「𠠍」
麗19+口3=総画数22 U+56C7 [レイ、ライ/]
◆梵語の音(オン、おと)や声(こえ)などを表す音写字、呪文などに使われる語
𡔉麗19+土3=総画数22 U+21509 [リ、レイ/]
◆地中で草木の種の根が生える、また根が生え芽が出る
麗19+女3=総画数22 U+5B4B [リ、レイ、ライ/] 㛤𡠈
◆古代西方にあった国名、またその国主の姓、「孋戎(リジュウ、西方にある孋という国)」「孋姬(りき、孋の国の姫)」
◆二人がペアpair(対)になって並ぶさま、同「儷」
麗19+广3=総画数22 U+5EF2 [リ/]
◆「廲廔」、美しい飾りを施した明り取りの窓
麗19+彡3=総画数22 U+5F72 [チ/]
◆龍(リュウ)に似た想像上の動物の名、同「螭」、「【史記:卷三十二:齊太公世家第二】西伯將出獵卜之曰所獲非龍非彲(《集解》徐廣曰勑知反《索隠》餘本亦作螭字)非虎非羆所獲霸王之輔…」
麗19+手3=総画数22 U+6526 [レイ、ライ/]
◆折る、捩(ね)じ折る
◆断ち切る、切り裂く、同「撕」
◆打つ、ぴしゃりと叩(たた)く、同「擽」
𣀷麗19+攴4=総画数23 U+23037 [レイ、ライ/]
◆数、数える、計算する
麗19+日4=総画数23 U+66EC [サイ、セ/さら・す、さらし]
◆日光に当てる、日光に当てて乾かす
◆(暗がりに、陰になって見えないところに)光を当てる
麗19+木4=総画数23 U+6B10 [レイ、ライ、リ/]
◆建物の屋根を支えるために横に渡す梁(はり)や棟木(むなぎ) {建物}
◆「欐佹(リキ)」、上のものを下から支える柱、支柱 (「欐桅」の誤りか?「桅」には「柱」の意がある)
麗19+水3=総画数22 U+7051 [サ、シャ、サイ、セ/] 𤂢𣶇
◆水を流し掛ける、水を上から注ぐ、水を掛けて汚れや穢れなどを洗い流す、また清める、同「洒」
◆こだわりがないさま、さっぱりしているさま、同「洒」
◆簡「洒」
麗19+目5=総画数24 U+77D6 [シ/] 𥊂
◆遠くを望む、遠くを様子を見る
◆ものを捜(さが)したり調べたりするように注意深く見る、同「䚕」
麗19+禾5=総画数24 U+7A72 [レイ、ライ/]
◆穀物の苗
◆五穀(ゴコク)の苗がきちんと並べて植えられているさま
麗19+竹6=総画数25 U+7C6D [シ、サイ、セ/]
◆篩(ふるい)、網(あみ)目を通して大きいものと小さいものを選(え、よ)り分ける籠(かご)状また笊(ざる)状の道具、同「簁」「簛」「篩」
麗19+糸6=総画数25 U+7E9A [リ、シ/]
◆冠を被る時に髪を包むようにして巻くための黒く長い絹布
◆長く連なるさま
𦌿麗19+网5=総画数24 U+2633F [シ/]
◆竹製の笊(ざる)などで酒を漉(こ)す、同「釃」
麗19+艸3=総画数22 U+457B [リ、レイ/] 𡔉
◆地中で草木の種の根が生える、また根が生え芽が出る
𧕯麗19+虫6=総画数25 U+2756F [レイ/]
◆「䗅𧕯(チョウレイ)」、ゲジ(蚰蜒)、通称「ゲジゲジ」、ゲジ科の虫の総称
麗19+衣5=総画数24 U+8979 [シ/]
◆「襳襹(センシ)」、同「襂襹(シンシ)」、ふわふわした羽毛製の衣裳
麗19+見7=総画数26 U+4695 [レイ、ライ、リ/] 𧢮
◆ものを捜(さが)したり調べたりするように注意深く見るさま
麗19+足7=総画数26 U+8EA7 [シ/]
◆草履(ぞうり)やスリッパslippers・サンダルsandalの類、足の先を突っ掛けるようにして履(は)く履物(はきもの)、同「𩎉」「蹝」「𩌦」「屣」
◆履物を突っ掛けるようにして履く、またそれを履いて歩くさま、また舞うさま、同「𩎉」
𨏽麗19+車7=総画数26 U+283FD [レキ、リャク/] 轣𨐀
◆「𨏽轆(レキロク)」◇車輪などの回転する「ごろごろ」「がらがら」という音◇糸車、糸繰車(いとくりぐるま)、紡(つむ)ぎ出した糸を撚(よ)って巻き取る道具、同「繀車(サイシャ)」、「【方言:第五】繀車(蘇對反)趙魏之間謂之轣轆車東齊海岱之間謂之道軌」◇筋状に続く二本の車輪の跡、二本の轍(わだち)
麗19+辵4=総画数23 U+9090 [リ/] 𨘶逦𨓦
◆「邐迤、邐迆(リイ)」「迤邐(イリ)」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々(エンエン)と続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤、逶迤、㣦彵(イイ)」「逶迱、逶蛇、委蛇(イイ、イタ)」、「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
麗19+邑3=総画数22 U+9148 [リ、レキ、リャク/] 𨟫郦
◆春秋時代(前770年~前5世紀)の魯ロ国(前11世紀~前256年)にあったという古地名 {春秋時代}
◆古県名、 現河南省南陽ナンヨウ市内郷ナイキョウ県、「【說文解字注:邑部:酈】南陽縣(南陽郡酈二志同秦二世二年沛公攻析酈皆下之則是秦所置縣今河南南陽府内鄉縣縣東北有故酈縣城)」 {河南省}
麗19+酉7=総画数26 U+91C3 [シ/]
◆竹製の笊(ざる)などで酒を漉(こ)す、藁(わら)などの場合は「湑」
◆水の流れを分ける
𩎉麗19+革9=総画数28 U+29389 [シ/]
◆革製の草履(ぞうり)やスリッパslippers・サンダルsandalの類、足の先を突っ掛けるようにして履(は)く履物、同「躧」
◆履物を突っ掛けるようにして履く、またそれを履いて歩くさま、また舞うさま、同「躧」
麗19+馬10=総画数29 U+9A6A [レイ、ライ、リ/]
◆濃い純黒毛の馬
◆二頭立ての馬車、馬車を牽(ひ)くために二頭の馬が並ぶさま
◆古代西方にあった国名、またその国主の姓、同「孋」
◆「盗驪(トウレイ)」、馬名、周第五代穆王(ボクオウ、前992?年~前922?年)の所有する八駿(ハッシュン、八頭の駿馬シュンメ)の内の一頭、「【穆天子傳:卷之一】天子之駿…赤驥(世所謂騏驥)盜驪(標馬細頸驪黒色也)白義踰輪山子渠黃華騮(色如華而赤今名馬標赤者爲棗騮棗騮赤也)綠耳(綠耳曰北唐之君來見以一騮馬是生綠耳…八駿皆因其毛色以爲名號…)」
麗19+魚11=総画数30 U+9C7A [レイ、ライ/]
◆「鰻鱺(バンレイ)」、ウナギ(鰻)、ウナギ目の魚の総称
◆「海鱺(カイレイ)」、スギ(須義)、スズキ目スギ科スギ属の魚、体長2m程にもなる大形の魚
麗19+鳥11=総画数30 U+9E1D [リ/] 𪇾𪈹鹂𪈳𪅗𪅌
◆「黄鸝(コウリ)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称、同「鸝黄、鵹黄(リコウ)」「黄鶯(コウオウ)」
𪈳麗19+鳥11=総画数30 U+2A233 [リ/] 鸝𪇾𪈹鹂𪅗𪅌
◆「黄𪈳(コウリ)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称、同「鸝黄、鵹黄(リコウ)」「黄鶯(コウオウ)」
𪋘鹿11+10=総画数21 U+2A2D8 [レイ、ライ、リ/うるわ・しい、うら・らか] 麗䴡婯𡡜丽𠀙𠀞𠧥
◆形が整い立派で美しい
◆(鹿の角のように)ペアpair(対)になって並ぶ
◆連なる
◆[日]うら・らか、晴れて穏やかなさま
𧢮𪋘21+見7=総画数28 U+278AE [レイ、ライ、リ/]
◆ものを捜(さが)したり調べたりするように注意深く見るさま
𨟫𪋘21+邑3=総画数24 U+287EB [リ、レキ、リャク/] 酈郦
◆春秋時代(前770年~前5世紀)の魯ロ国(前11世紀~前256年)にあったという古地名 {春秋時代}
◆古県名、 現河南省南陽ナンヨウ市内郷ナイキョウ県、「【說文解字注:邑部:酈】南陽縣(南陽郡酈二志同秦二世二年沛公攻析酈皆下之則是秦所置縣今河南南陽府内鄉縣縣東北有故酈縣城)」 {河南省}
𪈹𪋘13+鳥11=総画数24 U+2A239 [リ/] 鸝𪇾鹂𪈳𪅗𪅌
◆「黄鸝(コウリ)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称、同「鸝黄、鵹黄(リコウ)」「黄鶯(コウオウ)」
鹿11+22=総画数33 U+9EA4 [ソ、ス/] 𪋙麁麄𪋨
◆ばらばらなさま、間(あいだ)が空いているさま
◆粗(あら)い、粗雑な、大雑把(おおざっぱ)な
𡔙麤33+土3=総画数36 U+21519 [チン、ジン/] 𪋻𡔚
◆鹿が塵(ちり)を巻き上げながら暴れる、また一目散に駆けて行く
◆塵(ちり)、風などによって宙に舞い上がった細かい土や砂など、同「塵」
𧆓麤33+艸3=総画数36 U+27193 [ソ、ス/]
◆草鞋(わらじ)


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 鹿部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です