総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 頁部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 頁部」 [部首索引


【頁】頁9+0=総画数9 U+9801 [ケツ、ゲチ/ページ] 【页𩑋】[一目自𦣻貝頁]
◆人の頭と首の部分
◆書物の紙一枚の片面
◆おおがい、いちのかい、部首名
【㑯】人2+頁9=総画数11 U+346F [ショ/] 【㑔】[イ亻一目自𦣻貝頁㑯]
◆姓、未詳
【㖽】口3+頁9=総画数12 U+35BD [サク、シャク/さいな・む] 【嘖啧】[口一目自𦣻貝頁㖽]
◆大声で叫(さけ)ぶ、大声で言い合う、わいわいと大声で騒ぐ、同「謮」
◆鳥が騒がしく鳴く
◆[日]さいな・む、責める、苛(いじ)める
【㛲】女3+頁9=総画数12 U+36F2 [ハツ、ホチ/かみ] 【髮髪𩬇𩬕𩬃𨱳𩠖𩠙𩠕𩑱𡞝𩑛𤕥】[女一目自𦣻貝頁㛲]
◆人の頭部の毛
◆(山に生える草木が頭に生える髪に似ていることから)草木
【𡯺】尢3+頁9=総画数12 U+21BFA [タイ/] 【尵】[一ノ丿ナL乚尢一目自𦣻貝頁𡯺]
◆「𡯥𡯺(カイタイ)」、力が入らないさま、力が入らず座り込むさま、同「虺隤」「虺頽」
【崸】山3+頁9=総画数12 U+5D38 [トン/] [山一目自𦣻貝頁崸]
◆山名、未詳
【幁】巾3+頁9=総画数12 U+5E41 [シュ/] [巾一目自𦣻貝頁幁]
◆髪を束ねる布
【㥧】心3+頁9=総画数12 U+3967 [シュン、ジュン/したが・う] 【順顺𠈼】[ハI|丨忄一目自𦣻貝頁㥧]
◆従うべき道筋や道理、また基準や規則
◆道筋(道や道理や規則など)に沿って進む、道理や規則に沿う
◆川や風の流れに逆らわずに進む、逆らわずに従う
【𢝊】心4+頁9=総画数13 U+2274A [ユウ、ウ/う・い、う・さ、うれ・える] 【憂㥑𢚧𢟜𢞘𠮕𩕂𠪍𨗫】[一目自𦣻貝頁心𢝊]
◆心配する、あれこれと思いが巡り悩む、心が揺れ動く、同「忧」
◆(特に親の)喪(も、死者を追悼するために家に籠って慎む、その一定の期間)、「【商書:說命上】王宅憂亮陰三祀」
【暊】日4+頁9=総画数13 U+668A [フ/] [日一目自𦣻貝頁暊]
◆明るい
【䐓】月(肉)4+頁9=総画数13 U+4413 [ジュウ、ニュウ/] 【脜】[月一目自𦣻貝頁䐓]
◆顔つきが穏和なさま
【湏】水3+頁9=総画数12 U+6E4F [カイ、ケ/] [シ氵一目自𦣻貝頁湏]
◆水で顔を洗う、同「沬」「頮」
◆川の水が波を立てずに流れるさま、同「浼」「潣」
【煩】火4+頁9=総画数13 U+7169 [ハン、ボン/わずら・う、わずら・わしい、うるさ・い] 【烦】[火一目自𦣻貝頁煩]
◆あれこれ多くの物や事が入り乱れるさま
◆あれこれ多くの物や事が身に降りかかる、またそれで頭を痛める、また苛々(いらいら)する、また思い悩む、「煩悶(ハンモン)」
◆繁多(ハンタ)な、こまごまとして面倒な
【碩】石5+頁9=総画数14 U+78A9 [セキ、ジャク/] 【硕】[石一目自𦣻貝頁碩]
◆頭が石のように堅(かた)い
◆頭が大きい、大きな頭に知識がぎっしりと詰まっている、「碩学(せきがく、学問・知識が広く深いさま)」
【𥪙】立5+頁9=総画数14 U+25A99 [シュ、ス/] 【䇓𩓣】[立一目自𦣻貝頁𥪙]
◆立って(人を)待つ、待ち受ける、待ち望む、同「須」「𥪥」
【䋶】糸6+頁9=総画数15 U+42F6 [シュ/] [糸一目自𦣻貝頁䋶]
◆蜀錦(ショッキン、蜀の美しい織物)の名、「【揚子雲集(揚雄):蜀都賦】爾乃其人自造竒錦紌繏𦃄䋶縿緣盧中」
◆(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同「𦄼」
【𦫤】色6+頁9=総画数15 U+26AE4 [ガン、ゲン/かお、かんばせ] 【顔顏颜𩕝𩠪𦫨𦫞】[刀ク日L乚巴色一目自𦣻貝頁𦫤]
◆額(ひたい)
◆頭の前面、前に向いている面、またその容貌や表情
◆様子、情景、彩(あや)、彩(いろど)り
【蝢】虫6+頁9=総画数15 U+8762 [ケツ、ケチ/] [中虫一目自𦣻貝頁蝢]
◆「肹蝢」、古国名
【𨂠】足7+頁9=総画数16 U+280A0 [リ/は・く、くつ] 【履𡳐𡲟𩕎𨇐𢔃】[口上止龰足一目自𦣻貝頁𨂠]
◆くつ、靴(長靴)や鞋(短靴)などの足に纏うものの総称、古くは木底や革底の履物に中敷きや刺繍などの飾りを施したものを指し、藁などで作っただけの粗末な履物(㞜)と区別した {履物}
◆は・く、足に纏う
◆足で踏む、歩む
◆(人としての)道を踏み行く、人として守るべきことを守る
【𨇐】足7+頁15=総画数22 U+281D0 [リ/は・く、くつ] 【履𡳐𡲟𩕎𨂠𢔃】[舟一目自𦣻貝頁口上止龰足𨇐]
◆くつ、靴(長靴)や鞋(短靴)などの足に纏うものの総称、古くは木底や革底の履物に中敷きや刺繍などの飾りを施したものを指し、藁などで作っただけの粗末な履物(㞜)と区別した {履物}
◆は・く、足に纏う
◆足で踏む、歩む
◆(人としての)道を踏み行く、人として守るべきことを守る
【𨲙】長7+頁9=総画数16 U+28C99 [テイ、タイ/] [「Eム厶長镸一目自𦣻貝頁𨲙]
◆髪を剃(そ)る、毛を剃る、【龍龕手鑑:卷四:頁部第十五:𩓂𨲙】音剃二同」
【𨵪】門8+頁9=総画数17 U+28D6A [ケツ、ゲチ/] [門一目自𦣻貝頁𨵪]
◆門の音、未詳、「【龍龕手鑑:卷一:門部第八:𨵪】胡結反門聲也」
【𩔊】頁9+頁9=総画数18 U+2950A [セン、ゼン/] [一目自𦣻貝頁2𩔊]
◆必要な物を選び揃(そろ)える、同「撰」「僎」
【䭭】首9+頁9=総画数18 U+4B6D [シュウ、シュ/] 【𩠬】[ソ丷一䒑目自𦣻首一目自𦣻貝頁䭭]
◆初産(ショサン、ういざん)の子、最初に生まれた子
【䯪】高10+頁9=総画数19 U+4BEA [コウ/] [亠口冂口冋2高一目自𦣻貝頁䯪]
◆「䯪𩑤」、頭が大きいさま
【䰅】髟10+頁9=総画数19 U+4C05 [シュ、ス/ひげ] 【鬚䰑】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟一目自𦣻貝頁䰅]
◆下顎の毛、口の下から喉頸の部分の毛 「髭」「髯」参照
◆ひげのように細く柔らかく長いもの、同「須」
【龥】龠17+頁9=総画数26 U+9FA5 [ユ/] 【籲𥸤】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠一目自𦣻貝頁龥]
◆呼ぶ、呼び掛ける、訴える、「【尚書正義:盤庚上】率𥸤衆慼出矢言(《傳》𥸤和也率和衆憂之人出正直之言)」「【說文解字注:頁部:𥸤】・・・商書率籲衆戚出矢言某氏曰籲和也率和衆憂之人出正直之言按和之訓未知何出葢謂籲同龠龠以和衆聲也夫下文自我王來至底綏四方皆民不欲徙之言姚氏鼐之說是也籲衆戚出矢言正謂不欲徙之民相𧦝急出誓言・・・」
【页】頁6+0=総画数6 U+9875 [ケツ、ゲチ/ページ] 【頁𩑋】[一ノ冂人贝页]
◆人の頭と首の部分
◆書物の紙一枚の片面
◆おおがい、いちのかい、部首名
【㑔】人2+页6=総画数8 U+3454 [ショ/] 【㑯】[イ亻一ノ冂人贝页㑔]
◆姓、未詳
【烦】火4+页6=総画数10 U+70E6 [ハン、ボン/わずら・う、わずら・わしい、うるさ・い] 【煩】[火一ノ冂人贝页烦]
◆あれこれ多くの物や事が入り乱れるさま
◆あれこれ多くの物や事が身に降りかかる、またそれで頭を痛める、また苛々(いらいら)する、また思い悩む、「煩悶(ハンモン)」
◆繁多(ハンタ)な、こまごまとして面倒な
【硕】石5+页6=総画数11 U+7855 [セキ、ジャク/] 【碩】[石一ノ冂人贝页硕]
◆頭が石のように堅(かた)い
◆頭が大きい、大きな頭に知識がぎっしりと詰まっている、「碩学(せきがく、学問・知識が広く深いさま)」
【頂】頁9+2=総画数11 U+9802 [テイ、チョウ/いただき、いただ・く] 【顶𩠑𧵜𩒆𩕢𩕩】[一亅丁一目自𦣻貝頁頂]
◆頭の天辺(てっぺん、「頂辺」とも書く)、立っているものの最も高いところ、「頂上(チョウジョウ)」
◆頭に載(の)せる、頭でものを受ける、上が平らで脚が付いているもの(”T”字状のもの)の上に載せる
◆ものの先を当てる、また当ててぐいと押す、また当たる、また突き当たる
◆(突っ支い棒や支柱などのように)ものの先を押し当て支える
◆替(か)わる、取って代わる
◆[日]いただ・く、「貰う」「食べる」などの謙譲語、「頂戴します」
【嵿】山3+頂11=総画数14 U+5D7F [テイ、チョウ/] [山一亅丁一目自𦣻貝頁頂嵿]
◆山名
◆山の頂(いただき)
【㴿】水3+頂11=総画数14 U+3D3F [テイ、チョウ/] [シ氵一亅丁一目自𦣻貝頁頂㴿]
◆「㴿濘(テイネイ)」、水がごぼごぼと湧き出るさま、同「濎濘」
【頃】頁9+2=総画数11 U+9803 [ケイ、キョウ/ころ] 【顷】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃]
◆頭を傾(かたむ)ける、頭を傾(かし)げる、同「傾」
◆傾く、斜めになる、片方に(一方に)偏(かたよ)る、同「傾」
◆僅(わず)かな時間、「頃刻(ケイコク、僅かな間、片時)」
◆過去の凡そ(およそ、おおよそ)の時、「頃年(ケイネン、近頃)」
◆(田畑の)面積の単位、一頃=百畝 {各種単位}
【傾】人2+頃11=総画数13 U+50BE [ケイ、キョウ/かたむ・く] 【倾𩑭】[イ亻ヒ七𠤎匕化一目自𦣻貝頁頃傾]
◆斜めになる、片方に(一方に)偏(かたよ)る
◆斜めにする、(器などの中身を出すように)横にし(出切らないようであれば)更に逆さにする
◆(直立しているものが傾き)崩れる、倒れる
【廎】广3+頃11=総画数14 U+5ECE [ケイ、キョウ/] 【庼𢊼】[广ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃廎]
◆傾く、「【管城碩記:卷二十一】漢樊敏碑傾作廎」
◆重要な行事などに使われる(大切な客を持て成すための)小さな(独立した)建物、同「䯧」、「【集韻:卷八:去聲下:勁第四十五:䯧廎】傾夐切瓜屋也或作廎」「【說文解字:高部:䯧】小堂也」
【㯋】木4+頃11=総画数15 U+3BCB [エイ、ヨウ/] [ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃木㯋]
◆椅子に座った時に足を載せる台
◆長方形の小箱
【潁】水4+頃11=総画数15 U+6F41 [エイ、ヨウ/] 【颍𣻯】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃水潁]
◆「潁水(エイスイ)」「潁河(エイガ)」、河南省登封市付近を源とする川、安徽省に至って淮河(イガ、中国第三の大河)に注ぐ
【𣻯】水4+頃11=総画数15 U+23EEF [エイ、ヨウ/] 【潁颍】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃水/ンく水氺/シ氵𣻯]
◆「𣻯水(エイスイ)」「潁河(エイガ)」、河南省登封市付近を源とする川、安徽省に至って淮河(イガ、中国第三の大河)に注ぐ
【熲】火4+頃11=総画数15 U+71B2 [ケイ、キョウ/] 【颎】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃火熲]
◆火が明るく輝(かがや)く、きらきらと光る
【穎】禾5+頃11=総画数16 U+7A4E [エイ、ヨウ/] 【颖頴颕𩒠】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃ノ木禾穎]
◆穀物の穂(ほ)、また穂先
◆尖ったものの先端
◆(多くのものの中からそこだけが)抜きん出る、秀(ひい)でる
【䔛】艸3+頃11=総画数14 U+451B [ケイ、キョウ/] 【苘】[サ十2艹艹艹ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃䔛]
◆イチビ(苘麻)、アオイ科イチビ属の草、また同属の草の称、茎の皮から麻に似た白っぽい繊維を作る、「苘麻(けいま、イチビ)」、同「檾」 {イチビ}
【蹞】足7+頃11=総画数18 U+8E5E [キ/] 【跬𨆆𨇪䞨】[口上止龰足ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃蹞]
◆半歩、片方の足で進む距離(三尺、日本でいう一歩分の距離)、右足・左足と進んで一歩(いっぽ、六尺、日本では二歩分に当たる)、「【類篇:足部:跬蹞𨇪】・・・司馬法凡人一舉足曰跬跬三尺也兩舉足曰步法六尺也・・・」
◆近いさま、僅(わず)かなさま、「跬譽(キヨ、ちょっとした一時の栄誉)」
【𨻺】阜3+頃11=総画数14 U+28EFA [ケイ、キョウ/] [ろ3I|丨阜阝ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃𨻺]
◆片方に(一方に)傾(かたむ)く、斜めになる、同「傾」「仄」
◆傾斜が急で危(あや)うい
【顷】頁6+2=総画数8 U+9877 [ケイ、キョウ/ころ] 【頃】[ヒ七𠤎匕一ノ冂人贝页顷]
◆頭を傾(かたむ)ける、頭を傾(かし)げる、同「傾」
◆傾く、斜めになる、片方に(一方に)偏(かたよ)る、同「傾」
◆僅(わず)かな時間、「頃刻(ケイコク、僅かな間、片時)」
◆過去の凡そ(およそ、おおよそ)の時、「頃年(ケイネン、近頃)」
◆(田畑の)面積の単位、一頃=百畝 {各種単位}
【倾】人2+顷8=総画数10 U+503E [ケイ、キョウ/かたむ・く] 【傾𩑭】[イ亻ヒ七𠤎匕一ノ冂人贝页顷倾]
◆斜めになる、片方に(一方に)偏(かたよ)る
◆斜めにする、(器などの中身を出すように)横にし(出切らないようであれば)更に逆さにする
◆(直立しているものが傾き)崩れる、倒れる
【庼】广3+顷8=総画数11 U+5EBC [ケイ、キョウ/] 【廎𢊼】[广ヒ七𠤎匕一ノ冂人贝页顷庼]
◆傾く、「【管城碩記:卷二十一】漢樊敏碑傾作廎」
◆重要な行事などに使われる(大切な客を持て成すための)小さな(独立した)建物、同「䯧」、「【集韻:卷八:去聲下:勁第四十五:䯧廎】傾夐切瓜屋也或作廎」「【說文解字:高部:䯧】小堂也」
【項】頁9+3=総画数12 U+9805 [コウ、ゴウ/うなじ、うな] 【项】[エ工一目自𦣻貝頁項]
◆うなじ、頸(くび、頭と胴の間にあって頭を支える部分)の後ろ側(背側)、同「脖」、前側は「頸」 {人体(頭部)}
◆基準を定めて区分したその一つ一つ、「項目(コウモク)」
【𡼔】山3+項12=総画数15 U+21F14 [ゴウ/] 【㟅𡹕】[山エ工一目自𦣻貝頁項𡼔]
◆「崆𡼔(コウゴウ)」、岩山が高く聳(そび)え立っているさま
【𢠷】心3+項12=総画数15 U+22837 [コウ、ゴウ/] [ハI|丨忄エ工一目自𦣻貝頁項𢠷]
◆「勜𢠷(オウコウ)」、力強いさま
【𢴦】手3+項12=総画数15 U+22D26 [コウ/] [才扌エ工一目自𦣻貝頁項𢴦]
◆荷を担(かつ)ぐ、重いものを肩に載(の)せる
【澒】水3+項12=総画数15 U+6F92 [コウ、グ/] [シ氵エ工一目自𦣻貝頁項澒]
◆水銀(Hydrargyrum、Hg)の旧名、現「汞」
◆「澒溶」、水が深く大きく広がっているさま
【須】頁9+3=総画数12 U+9808 [シュ、ス/すべか・らく] [ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須]
◆顎(あご)や口周りなどの顔の毛、特に顎鬚(あごひげ)、「胡須(コシュ、あごひげ)」、同「鬚」
◆ひげのように細いさま、「須臾(シュユ、ちょっとの間)」
◆ひげのように細く柔らかく長いもの、同「鬚」、「花須(カシュ、花の蕊)」
◆(人を)待つ、待ち受ける、待ち望む、同「䇓」
◆是非とも思うようになって欲しいと思う、またそう思いながら待つ、同「需」
◆すべか・らく、是非とも~しなければならない、「必須(ヒッス)」
◆[越]「須慮(シュリョ)」、船、「【越絕書:吳內傳】越人謂船為須慮」
◆簡「须」
【嬃】女3+須12=総画数15 U+5B03 [シュ、ス/] 【媭】[ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須女嬃]
◆姉
◆女性名用字
【𢊼】广3+須12=総画数15 U+222BC [ケイ、キョウ/] 【廎庼】[广ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須𢊼]
◆傾く、「【管城碩記:卷二十一】漢樊敏碑傾作廎」
◆重要な行事などに使われる(大切な客を持て成すための)小さな(独立した)建物、同「䯧」、「【集韻:卷八:去聲下:勁第四十五:䯧廎】傾夐切瓜屋也或作廎」「【說文解字:高部:䯧】小堂也」
【澃】水4+須12=総画数16 U+6F83 [ケイ/] [ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須水澃]
◆澄んだ水
【盨】皿5+須12=総画数17 U+76E8 [ショ、ソ/] [ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須皿盨]
◆食物を盛る取っ手付き蓋付きの方形の器、蓋には器として使えるように足が付く {食器}
【䇓】立5+須12=総画数17 U+41D3 [シュ、ス/] 【𩓣𥪙】[ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須立䇓]
◆立って(人を)待つ、待ち受ける、待ち望む、同「須」「𥪥」
【𦄼】糸6+須12=総画数18 U+2613C [シュ、ス/] 【𦅓𦅨】[糸ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須𦄼]
◆(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同「綇」
【𦅓】糸6+須12=総画数18 U+26153 [シュ、ス/] 【𦄼𦅨】[ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須糸𦅓]
◆(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同「綇」
【蕦】艸3+須12=総画数15 U+8566 [シュ、ス/] [サ十2艹艹艹ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須蕦]
◆スイバ(酸葉)、タデ科ギシギシ属の草、同「酸模(サンボ)」「薞蕪(ソンブ)」、「【爾雅注疏:釋草】須(蕦)薞蕪(注薞蕪似羊蹄葉細味酢可食)」 {スイバ}
【𨬗】金8+須12=総画数20 U+28B17 [シュ、ス/] [金ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須𨬗]
◆戸締り用の鎖を留める金具、錠前、同「鑐」
【鬚】髟10+須12=総画数22 U+9B1A [シュ、ス/ひげ] 【䰅䰑】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟ノ丿3彡一目自𦣻貝頁須鬚]
◆下顎の毛、口の下から喉頸の部分の毛 「髭」「髯」参照
◆ひげのように細く柔らかく長いもの、同「須」
◆簡「须」
【须】頁6+3=総画数9 U+987B [シュ、ス/] [ノ丿3彡一ノ冂人贝页须]
◆繁「須」
◆繁「鬚」
【媭】女3+须9=総画数12 U+5AAD [シュ、ス/] 【嬃】[ノ丿3彡一ノ冂人贝页須须女嬃媭]
◆姉
◆女性名用字
【頍】頁9+4=総画数13 U+980D [キ/] 【𩓗】[十ヌ又支一目自𦣻貝頁頍]
◆頭を挙げる
◆冠を固定するための帯また紐、顎(あご)のところで結わえる
【𨆆】足7+頍13=総画数20 U+28186 [キ/] 【跬蹞𨇪䞨】[口上止龰足十ヌ又支一目自𦣻貝頁頍𨆆]
◆半歩、片方の足で進む距離(三尺、日本でいう一歩分の距離)、右足・左足と進んで一歩(いっぽ、六尺、日本では二歩分に当たる)、「【類篇:足部:跬蹞𨇪】・・・司馬法凡人一舉足曰跬跬三尺也兩舉足曰步法六尺也・・・」
◆近いさま、僅(わず)かなさま、「跬譽(キヨ、ちょっとした一時の栄誉)」
【預】頁9+4=総画数13 U+9810 [ヨ/あず・ける、あず・かる] 【预𩕓】[マ龴フ乛亅𠄐予一目自𦣻貝頁預]
◆予(あらかじ)め、前もって、同「予」「豫」
◆関(かか)わる、関与(カンヨ)する、同「与」「豫」
◆[日]事前に金や物や人を渡しておく(或いは受け取っておく)、後でそのまま引き取る(或いは引き渡す)、或いは渡しておいたものの代わりにそれに見合うものを後で受け取る(或いは受け渡す)
【澦】水3+預13=総画数16 U+6FA6 [ヨ/] 【滪】[シ氵マ龴フ乛亅𠄐予一目自𦣻貝頁預澦]
◆「灩澦堆(エンヨタイ)」、長江の瞿塘峡にあった巨岩の名、四川省
【蕷】艸3+預13=総画数16 U+8577 [ヨ/] 【蓣】[サ十2艹艹艹マ龴フ乛亅𠄐予一目自𦣻貝頁預蕷]
◆「薯蕷(ショヨ)」、ナガイモ(長芋)、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の草 {ナガイモ}
【頒】頁9+4=総画数13 U+9812 [ハン、ヘン、フン、ブン/わけ・る、わか・つ] 【颁】[ハ八刀分一目自𦣻貝頁頒]
◆(多くの人に)分け与える、分賜(ブンシ)する、分配する、配布する、同「攽」
◆多くの人に広める、広く行き亘(わた)らせる
◆頭が大きいさま
◆鬢(ビン)、顔の側面の耳際の髪
【𥂾】皿5+頒13=総画数18 U+250BE [ショ/] [ハ八刀分一目自𦣻貝頁頒皿𥂾]
◆(杯などを載せる)受け皿
【頓】頁9+4=総画数13 U+9813 [トン/とみ・に] 【顿𩠫】[ノ丿一凵山L乚𡳾屯一目自𦣻貝頁頓]
◆動作を止めて短時間(「さっと」よりも長く「ずっと」よりも短い時間)同じ状態を続ける、また留(とど)まる、「とんと突く」「とんと踏む」のような状態
◆どっしりと落ち着ける
◆休憩所や宿、休憩所や宿で食事を摂る、「一時(いっとき)腰を落ち着ける」の意
◆「頓首(トンシュ)」、額(ひたい)で地をとんと叩(たた)くようにしてお辞儀をする {姿勢(拝礼)}
◆とみ・に、急に、俄かに、「突然に」よりもゆっくりと「徐々に」よりも急速に
【噸】口3+頓13=総画数16 U+5678 [トン/] [口ノ丿一凵山L乚𡳾屯一目自𦣻貝頁頓噸]
◆トンton(tonne、t)、重量の単位、1t=1000kg=1噸、「公噸」ともいう、同「吨」 {各種単位}
◆トンton(tonnage、T)、船舶の大きさを表す単位、1T=100ft3=1噸位、同「吨」
◆簡「吨」
【预】頁6+4=総画数10 U+9884 [ヨ/あず・ける、あず・かる] 【預𩕓】[マ龴フ乛亅𠄐予一ノ冂人贝页预]
◆予(あらかじ)め、前もって、同「予」「豫」
◆関(かか)わる、関与(カンヨ)する、同「与」「豫」
◆[日]事前に金や物や人を渡しておく(或いは受け取っておく)、後でそのまま引き取る(或いは引き渡す)、或いは渡しておいたものの代わりにそれに見合うものを後で受け取る(或いは受け渡す)
【滪】水3+预10=総画数13 U+6EEA [ヨ/] 【澦】[シ氵マ龴フ乛亅𠄐予一ノ冂人贝页预滪]
◆「滟滪堆(エンヨタイ)」、長江の瞿塘峡にあった巨岩の名、四川省
【蓣】艸3+预10=総画数13 U+84E3 [ヨ/] 【蕷】[サ十2艹艹艹マ龴フ乛亅𠄐予一ノ冂人贝页预蕷蓣]
◆「薯蓣(ショヨ)」、ナガイモ(長芋)、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の草 {ナガイモ}
【頗】頁9+5=総画数14 U+9817 [ハ/すこぶ・る] 【颇】[フ乛ノ丿ヌ又皮一目自𦣻貝頁頗]
◆偏(かたよ)る、傾く、真ん中から外れてどちらか片方に寄る
◆公平でない
◆非常に、とても、かなり、「程度が大きい(多い)さま」をいう
◆少し、稍(やや)、「程度が小さい(少ない)さま」をいう
【𡽠】山3+頗14=総画数17 U+21F60 [ハ/] [山フ乛ノ丿ヌ又皮一目自𦣻貝頁頗𡽠]
◆「𡽠峩(ハガ)」、起伏が激しいさま、同「𡶆峩」、「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡽠】今普火反𡽠我山貌也」(注.「我」は「峩」)
【櫇】木4+頗14=総画数18 U+6AC7 [バ/] [木フ乛ノ丿ヌ又皮一目自𦣻貝頁頗櫇]
◆「㰋櫇果」、同「頻婆果(ヒンバカ)」、微かに香気を発する紅色の果実
【領】頁9+5=総画数14 U+9818 [レイ、リョウ/えり] 【领】[人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令一目自𦣻貝頁領]
◆項(うなじ)、首、首筋
◆衣服の首周りの部分の「えり」、衽(おくみ)の縁(へり)の部分の「えり」は「衿」、日本では「襟」を用いるが中国で「襟」は「前身頃、特に胸の部分」を指す {衣服}
◆大事な部分、要所、要点
◆率(ひき)いる、支配する、統治する、「首根っこを押えて制御する」の意
◆受け取る、引き受ける
【嶺】山3+領14=総画数17 U+5DBA [レイ、リョウ/みね] 【𡽹】[山人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令一目自𦣻貝頁領嶺]
◆山の峰、山の峰が続いているところ、尾根、尾根道
◆簡「岭」
【𡽹】山3+領14=総画数17 U+21F79 [レイ、リョウ/みね] 【嶺】[山人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令一目自𦣻貝頁領𡽹]
◆山の峰、山の峰が続いているところ、尾根、尾根道、同「岭」
【䕘】艸3+領14=総画数17 U+4558 [レイ、リョウ/] 【苓】[サ十2艹艹艹人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令一目自𦣻貝頁領䕘]
◆「䕘耳(レイジ、オナモミ)」、同「葈耳(シジ、オナモミ)」、キク科オナモミ属の草、またオナモミ属の草の総称 {オナモミ}
◆「茯䕘(ブクリョウ)」、マツホド(松塊)、サルノコシカケ科ブクリョウ属のキノコ
◆零落(おちぶ)れる
【頝】頁9+6=総画数15 U+981D [コウ、キョウ/] [亠ハメ乂父交一目自𦣻貝頁頝]
◆(顔が長い・鼻が高い・目が窪んでいるなど)顔の体裁がよくないさま
【纐】糸6+頝15=総画数21 U+7E90 [/こう] [糸亠ハメ乂父交一目自𦣻貝頁頝纐]
◆「纐纈(コウケツ、コウケチ)」、布に模様を染める技法の一つで、布の所々を糸で縛(しば)り、縛っていないところだけを染める技法、同「絞纈」
【頟】頁9+6=総画数15 U+981F [ガク、ギャク/] [ノ丿ヌ又夊夂口各一目自𦣻貝頁頟]
◆額(ひたい)、髪の生え際から眉の上まで部分、同「額」
◆「頟頟(ガクガク)」、休まずに続けるさま、「【尚書注疏:虞書:益稷】罔晝夜頟頟(・・・無晝夜常頟頟肆惡無休息)罔水行舟」
【𡾆】山3+頟15=総画数18 U+21F86 [ガク、ギャク/] 【峉㟯】[山ノ丿ヌ又夊夂口各一目自𦣻貝頁頟𡾆]
◆山が高く大きなさま
◆「岝𡾆」、山が高く険しいさま
【頡】頁9+6=総画数15 U+9821 [ケツ、ゲチ、カツ、ケチ/] 【颉】[土士口𠮷吉一目自𦣻貝頁頡]
◆鳥が上に向かって飛ぶ、同「翓」、下に向かって飛ぶのは「頏」
◆掠(かす)め取る、さっと奪い取る
◆未詳、「【說文解字注:頁部:頡】直項也(淮南修務訓王公大人有嚴志頡頏之行者無不憛悇癢心而悅其色矣此頡頏正謂強項也亢部𡕧下曰直項莽𡕧淮南之頏卽說文之𡕧也直項者頡之本義若邶風燕燕于飛頡之頏之傳曰飛而下曰頡飛而上曰頏此其引伸之義直項為頡頏故引伸之直下直上曰頡頏)」
◆「頡頏(ケッコウ)」◇鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「翓𦐄」◇力の差が殆(ほとん)どなく優劣つけ難いさま、互いが譲らず(往ったり来たりして)勝敗・優劣が決まらないさま、同「拮抗 (キッコウ)」
【擷】手3+頡15=総画数18 U+64F7 [ケツ、ゲチ/] 【撷㩪】[才扌土士口𠮷吉拮一目自𦣻貝頁頡擷]
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「襭」
【𤢺】犬3+頡15=総画数18 U+248BA [ケツ/] [ノ2犭土士口𠮷吉一目自𦣻貝頁頡𤢺]
◆犬名、イノコ(豕)の鬣(たてがみ)のような毛と鱗(うろこ)があり怒ったような顔付きをしているという、「【山海經:中山經】有獸焉名曰𤢺其狀如獳犬而有鱗其毛如彘鬣」
【纈】糸6+頡15=総画数21 U+7E88 [ケツ、ゲチ、ケチ/] 【缬】[糸土士口𠮷吉一目自𦣻貝頁頡纈]
◆布に模様を染める技法の一つ、絞り染め、「纐纈、絞纈(コウケツ、コウケチ、布の所々を糸で縛り、縛っていないところだけを染める技法)」「蜡纈、蝋纈、﨟纈(ロウケツ、ロウケチ、布に蠟で模様を描いて染料に浸し、蠟が付いていないところだけを染める技法)」「夾纈(キョウケツ、キョウケチ、模様を彫り込んだ二枚の板を強く重ね合わせ、彫り込んだところだけを染める技法)」
◆斑点(ハンテン)のような模様
◆「纈草(ケツソウ)」、カノコソウ(鹿子草)、スイカズラ科カノコソウ属の草、また同属の草の称 {カノコソウ}
【襭】衣5+頡15=総画数20 U+896D [ケツ、ゲチ/] [ネ衤土士口𠮷吉袺一目自𦣻貝頁頡襭]
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「擷」
【頢】頁9+6=総画数15 U+9822 [カツ、カチ/] [ノ丿十千口古舌一目自𦣻貝頁頢]
◆顔が短いさま
◆顔が小さいさま
【𤁪】水3+頢15=総画数18 U+2406A [カツ/] [シ氵ノ丿十千口古舌一目自𦣻貝頁頢𤁪]
◆汚れているさま、濁っているさま、「【廣韻:入聲:卷第五:鎋第十五:頢:𤁪】言不了又不淨」
◆言っていることがはっきりしないさま
【頪】頁9+6=総画数15 U+982A [ルイ/] 【𩑩】[米一目自𦣻貝頁頪]
◆よく似ている、区別しがたいほどよく似ている、同「類」、「【說文解字注:頁部:頪】難曉也(謂相佀難分別也頪類古今字類本專謂犬後乃類行而頪廢矣廣雅云頪疾也)從𩑋米(𩑋猶種也言種緐多如米也米多而不可別會意・・・)一曰鮮白皃从粉省(鮮猶新也粉者白之甚者也)」
◆真っ白なさま
【𥜛】示5+頪15=総画数20 U+2571B [ルイ/] 【禷】[二小𡭕示、ネ礻米一目自𦣻貝頁頪𥜛]
◆災害に見舞われたり出征するなどの際に(定例ではなく特別な事情がある場合に)執(と)り行われる祭礼
【纇】糸6+頪15=総画数21 U+7E87 [ライ/] 【颣】[米糸一目自𦣻貝頁頪纇]
◆節(ふし、糸を作る過程で捩れて瘤のように太くなった部分)のある糸
◆疵(きず)、欠点
【颉】頁6+6=総画数12 U+9889 [ケツ、ゲチ、カツ、ケチ/] 【頡】[土士口𠮷吉一ノ冂人贝页颉]
◆鳥が上に向かって(群れの上を、高いところを)飛ぶ、同「翓」、下に向かって(群れの下を、低いところを)飛ぶのは「頏」
◆掠(かす)め取る、さっと奪い取る
◆未詳、「【說文解字注:頁部:頡】直項也(淮南修務訓王公大人有嚴志頡頏之行者無不憛悇癢心而悅其色矣此頡頏正謂強項也亢部𡕧下曰直項莽𡕧淮南之頏卽說文之𡕧也直項者頡之本義若邶風燕燕于飛頡之頏之傳曰飛而下曰頡飛而上曰頏此其引伸之義直項為頡頏故引伸之直下直上曰頡頏)」
◆「颉颃(ケッコウ)」◇鳥が(交互に)上へ下へを繰返しながら飛ぶさま、同「翓𦐄」◇力の差が殆(ほとん)どなく優劣つけ難いさま、互いが譲らず(往ったり来たりして)勝敗・優劣が決まらないさま、同「拮抗 (キッコウ)」
【撷】手3+颉12=総画数15 U+64B7 [ケツ、ゲチ/] 【擷㩪】[才扌土士口𠮷吉拮一ノ冂人贝页颉撷]
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「襭」
【缬】糸3+颉12=総画数15 U+7F2C [ケツ、ゲチ、ケチ/] 【纈】[くレ幺一纟土士口𠮷吉一ノ冂人贝页颉缬]
◆布に模様を染める技法の一つ、絞り染め、「纐纈、絞纈(コウケツ、コウケチ、布の所々を糸で縛り、縛っていないところだけを染める技法)」「蜡纈、蝋纈、﨟纈(ロウケツ、ロウケチ、布に蠟で模様を描いて染料に浸し、蠟が付いていないところだけを染める技法)」「夾纈(キョウケツ、キョウケチ、模様を彫り込んだ二枚の板を強く重ね合わせ、彫り込んだところだけを染める技法)」
◆斑点(ハンテン)のような模様
◆「缬草(ケツソウ)」、カノコソウ(鹿子草)、スイカズラ科カノコソウ属の草、また同属の草の称 {カノコソウ}
【䫉】頁9+7=総画数16 U+4AC9 [ボウ、ミョウ/かお] 【貌𧳖𧳒𧳓㹸𨉍皃㒵】[ノ234、丶豸一目自𦣻貝頁䫉]
◆顔立ち、顔や姿の外見、またその様子
◆外に現れ出た姿、また状態、外見、外観
◆遥か遠いさま、遠くぼんやりしているさま、同「邈」
【𢤧】心4+䫉16=総画数20 U+22927 [ビョウ、ミョウ/] 【㦝】[ノ234、丶豸一目自𦣻貝頁䫉心𢤧]
◆姿形が美しいさま
【𧂀】艸3+䫉16=総画数19 U+27080 [ビョウ、ミョウ、バク、マク/] 【藐𦯦】[サ十2艹艹艹ノ234、丶豸一目自𦣻貝頁䫉𧂀]
◆小さいさま、小さく微(かす)かなさま
◆小さいもの(小さいこと)と見做(みな)す、軽(かろ)んずる、疎(おろそ)かにする、なおざりにする
◆果てしなく広がっているさま、遥(はる)か遠いさま、同「邈」、「【詩經:大雅:瞻卬】・・・藐藐昊天無不克鞏(《傳》藐藐大貌鞏固也《箋》云藐藐美也王者有美德藐藐然無不能自堅固於其位者微箴之也)・・・」
【𨘷】辵3+䫉16=総画数19 U+28637 [バク、マク/] 【邈𨗿𨙁】[ノ234、丶豸一目自𦣻貝頁䫉え辶辶𨘷]
◆遥か遠いさま、遠くぼんやりしているさま
◆軽んずる、軽視する、同「藐」
【𨙁】辵7+䫉16=総画数23 U+28641 [バク、マク/] 【邈𨘷𨗿】[ノ234、丶豸一目自𦣻貝頁䫉ノ丿3彡上止龰辵𨙁]
◆遥か遠いさま、遠くぼんやりしているさま
◆軽んずる、軽視する、同「藐」
【穎】禾部
【頣】頁9+7=総画数16 U+9823 [シン/] [匚コ巨臣一目自𦣻貝頁頣]
◆上目づかいに人を見るさま
【㶊】水3+頣16=総画数19 U+3D8A [未詳/] [シ氵匚コ巨臣一目自𦣻貝頁頣㶊]
◆未詳、「【漢語大字典:水部:㶊】同”頤”」
【頴】頁9+7=総画数16 U+9834 [エイ、ヨウ/] 【穎颖颕𩒠】[ヒ七𠤎匕二小𡭕示𥘈一目自𦣻貝頁頴]
◆穀物の穂(ほ)、また穂先
◆尖ったものの先端
◆(多くのものの中からそこだけが)抜きん出る、秀(ひい)でる
【蘏】艸3+頴16=総画数19 U+860F [ケイ、キョウ/] 【蘔】[サ十2艹艹艹ヒ七𠤎匕二小𡭕示𥘈一目自𦣻貝頁頴蘏]
◆麻製の裏地の付いていない単(ひとえ)の衣服
【頷】頁9+7=総画数16 U+9837 [カン、ゴン、ガン/うなず・く] 【颔】[人𠆢一亼ラ今口含一目自𦣻貝頁頷]
◆下頜(カコウ)、下巴(カハ)、口を開閉する際に上下に動く部分、日本でいう下顎(したあご)、同「𩩊」「頦」「顋」 {人体(頭部)}
◆うなず・く、下顎を引き頭を下げて(これを何度か繰り返して)承知・承諾の意を示す
◆顔色が黄色いさま
【𧂃】艸3+頷16=総画数19 U+27083 [カン、ゴン/] [サ十2艹艹艹人𠆢一亼ラ今口含一目自𦣻貝頁頷𧂃]
◆ふっくらと膨らんで今にも穂や花が開き出しそうなさま、蕾(つぼみ)、同「莟」
【頼】頁9+7=総画数16 U+983C [ライ/たよ・る、たの・む、たの・もしい] 【賴赖𩓃】[木口束一目自𦣻貝頁頼]
◆他に任(まか)せ切りにする、他を当てにする
◆仕事や責任などを他に押し付ける、他のせいにする
◆「無頼(ブライ)」◇他を当てにしない◇嘘ばかりで狡賢(ずるがしこ)く立ち回る者◇ならず者、悪党
◆利益、儲(もう)け
◆[日]たの・む、他にお願いする
◆[日]たの・もしい、任せても大丈夫(安心)である
【瀬】水3+頼16=総画数19 U+702C [ライ/せ] 【瀨濑】[シ氵木口束一目自𦣻貝頁頼瀬]
◆水底に砂や石が堆積して浅くなったところ、同「磧」、「浅瀬(あさせ)」
◆川や海の浅くなって流れが速いところ、同「湍」、「早瀬(はやせ)」
◆[日]立場、場所
【頽】頁9+7=総画数16 U+983D [タイ、デ、ダイ/] 【颓頹頺穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頽]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【瀩】水3+頽16=総画数19 U+7029 [タイ/] [シ氵ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頽瀩]
◆「澹瀩」、水面が小さく波立つさま
【㿗】疒5+頽16=総画数21 U+3FD7 [タイ、デ/] 【𤻊】[广ン冫疒ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頽㿗]
◆陰部の病気、男性の陰嚢(インノウ)が腫(は)れる病気、女性の外性器の病気、同「㿉」
【蘈】艸3+頽16=総画数19 U+8608 [タイ、ダイ/] [サ十2艹艹艹ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頽蘈]
◆「牛蘈(ギュウタイ)」、タデ科ギシギシ属或いはメハジキ(目弾)などのシソ科の草の一種
【频】頁6+7=総画数13 U+9891 [ヒン、ビン/しき・り] 【頻頻𩕘𩕨𩓯】[⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一ノ冂人贝页频]
◆水際、水が打ち寄せるぎりぎりの所、同「瀕」(「頻」は「瀕」の省字)
◆顰(ひそ)める、不満・不快・愁嘆・心痛などで眉間や鼻などに皺を寄せる、同「顰」
◆ぎりぎりまで近寄って並ぶ
◆しき・り、間を置かずに繰り返すこと
【濒】水3+频13=総画数16 U+6FD2 [ヒン、ビン/] 【瀕】[シ氵⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一ノ冂人贝页頻频瀕濒]
◆水際、水が打ち寄せるぎりぎりの所、「川を渡(渉)ろうとして深さを調べるためにぎりぎりのところまで寄って顔(頁)を水面に近付ける」の意、同「濱」「頻」
◆境界の間近まで迫る、面する、接する、同「頻」
【颓】頁6+7=総画数13 U+9893 [タイ、デ、ダイ/] 【頽頹頺穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿一ノ冂人贝页颓]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【𤻊】疒5+颓13=総画数18 U+24ECA [タイ、デ/] 【㿗】[广ン冫疒ノ木禾ノ丿L乚儿禿一ノ冂人贝页颓𤻊]
◆陰部の病気、男性の陰嚢(インノウ)が腫(は)れる病気、女性の外性器の病気、同「㿉」
【頻】頁9+7=総画数16 U+FA6A [ヒン、ビン/しき・り] 【頻频𩕘𩕨𩓯】[⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻]
◆水際、水が打ち寄せるぎりぎりの所、同「瀕」(「頻」は「瀕」の省字)
◆顰(ひそ)める、不満・不快・愁嘆・心痛などで眉間や鼻などに皺を寄せる、同「顰」
◆ぎりぎりまで近寄って並ぶ
◆しき・り、間を置かずに繰り返すこと
【嚬】口3+頻16=総画数19 U+56AC [ヒン、ビン/] [口⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻嚬]
◆顰(ひそ)める、(不満・不快・愁嘆・心痛などで)眉間や鼻などに皺を寄せる、同「顰」
◆「嚬嘁(ヒンセイ)」「嚬𠻏(ヒンショク)」、思い悩み気が沈むさま、「【龍龕手鑑:卷二:口部第七:■■𠻏■】四俗嘁正將六反嚬嘁也憂愁忸怩不樂也」
【𡤉】女3+頻16=総画数19 U+21909 [ヒン、ビン/しか・める、ひそ・める] 【顰颦𩖓】[女⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻𡤉]
◆しか・める、顔(額・眉間・鼻など)に皺を寄せる
◆ひそ・める、不満・不快・愁嘆・心痛などで眉間や鼻などに皺を寄せる、同「嚬」
【㰋】木4+頻16=総画数20 U+3C0B [ヒン、ビン/] [木⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻㰋]
◆「㰋櫇(ヒンバ)」、ピンポンノキ(ピンポンの木)、アオイ科ピンポンノキ属の木、また同属の木の称、またその実、同「蘋婆、頻婆」 {ピンポンノキ}
【瀕】水3+頻16=総画数19 U+7015 [ヒン、ビン/] 【濒】[シ氵⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻瀕]
◆水際、水が打ち寄せるぎりぎりの所、「川を渡(渉)ろうとして深さを調べるためにぎりぎりのところまで寄って顔(頁)を水面に近付ける」の意、同「濱」「頻」
◆境界の間近まで迫る、面する、接する、同「頻」
【蘋】艸3+頻16=総画数19 U+860B [ヒン、ビン、ヘイ、ビョウ/] [サ十2艹艹艹⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻蘋]
◆浮草、水面に浮かんでいる草の総称、同「苹」
◆デンジソウ(田字草)、デンジソウ科デンジソウ属の水草、同「苹」 {デンジソウ}
◆「蘋果(ヒンカ)」、同「苹果(ヘイカ)」、リンゴ(林檎)、バラ科リンゴ属の木の総称、またその果実 {リンゴ}
◆簡「苹」
【𧭹】言7+頻16=総画数23 U+27B79 [ヒン、ビン/] 【𧮝】[⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻言𧭹]
◆言葉数が多い
◆未詳、「【說文解字:言部:𧭹】匹也」
【𨽗】阜3+頻16=総画数19 U+28F57 [ヒン、ビン/] [ろ3I|丨阜阝⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻𨽗]
◆水際、水が打ち寄せるぎりぎりの所、同「濱」
◆顰(ひそ)める、不満・不快・愁嘆・心痛などで眉間や鼻などに皺を寄せる、同「顰」
【䫏】頁9+8=総画数17 U+4ACF [キ、コ/] 【魌】[甘目ハ八其一目自𦣻貝頁䫏]
◆「䫏頭(キトウ)」◇悪鬼や疫病などの厄(やく)を追い払うために被(かぶ)る四つ目の面(めん)、「方相(ホウソウ)」、二つ目の面は「倛」◇醜いさま
【𠐾】人2+䫏17=総画数19 U+2043E [キ、コ/] [イ亻甘目ハ八其一目自𦣻貝頁䫏𠐾]
◆鬼や疫病などの厄(やく)を追い払うために被(かぶ)る二つ目の面(めん)、同「倛」
◆(酔っているかのように)ゆらゆらと揺(ゆ)れるさま、揺れて姿勢が定まらないさま、同「僛」
【顀】頁9+8=総画数17 U+9840 [ツイ、ズイ/] [ノ2隹一目自𦣻貝頁顀]
◆おでこ、額(ひたい)が突き出ているさま
◆項(うなじ)、頸(くび)の後ろ側(背側)
◆頸椎(ケイツイ)、頸(くび)の後ろ側の骨、同「𩪀」
【𨇪】足7+顀17=総画数24 U+281EA [キ/] 【跬𨆆蹞䞨】[口上止龰足ノ2隹一目自𦣻貝頁顀𨇪]
◆半歩、片方の足で進む距離(三尺、日本でいう一歩分の距離)、右足・左足と進んで一歩(いっぽ、六尺、日本では二歩分に当たる)、「【類篇:足部:跬蹞𨇪】・・・司馬法凡人一舉足曰跬跬三尺也兩舉足曰步法六尺也・・・」
◆近いさま、僅(わず)かなさま、「跬譽(キヨ、ちょっとした一時の栄誉)」
【顃】頁9+8=総画数17 U+9843 [タン、ダン/] [火2炎一目自𦣻貝頁顃]
◆顔が長いさま
【𩧔】馬10+顃17=総画数27 U+299D4 [トウ、ドウ/] 【驣𩦜𩧖𩥱】[火2炎一目自𦣻貝頁顃馬𩧔]
◆馬が勢いよく跳(は)ねる、高く跳(と)び上がる、躍(おど)り上がる、同「騰」「䠮」
【䫕】頁9+9=総画数18 U+4AD5 [シツ、シチ/] [亠立ワ冖巾帝一目自𦣻貝頁䫕]
◆「䫕𩔄」、頭が小さいさま
【𡄶】口3+䫕18=総画数21 U+21136 [テイ、タイ/くさめ、くしゃみ、はなひ・る] 【嚔嚏𡁲㗣𠳍𠲣䶑𪖮𪖰𪖣䶍】[口亠立ワ冖巾帝一目自𦣻貝頁䫕𡄶]
◆鼻腔や咽(のど)などが刺激され吸い込んだ息が鼻や口から強い勢いで出て来ること、またそれをする
【題】頁9+9=総画数18 U+984C [テイ、ダイ/] 【题】[日一⺊上止龰𤴓是一目自𦣻貝頁題]
◆額(ひたい)、おでこ、同「頟」「顁」
◆ものの頭(最初、先頭)にあるもの
◆初めに記される短い文章、全体を表現する簡潔な文章、「問題(モンダイ)」「話題(ワダイ)」
◆見出し、タイトルtitle、テーマthema[独]、「題名(ダイメイ)」「表題(ヒョウダイ)」
◆見る、まっすぐに目を向けて見る、同「睼」「𧡨」
【禵】示4+題18=総画数22 U+79B5 [テイ、ダイ/] [ネ礻日一⺊上止龰𤴓是一目自𦣻貝頁題禵]
◆安らかで幸(しあわ)せなさま、喜ばしいさま、同「禔」
【額】頁9+9=総画数18 U+984D [ガク、ギャク/ひたい、ぬか] 【额𩓘】[ウ宀ノ丿ヌ又夊夂口各客一目自𦣻貝頁額]
◆髪の生え際から眉の上まで部分、顔の目より上の部分
◆建物の正面入口や門の上部中央に掲げる平板、額(ひたい、顔の上部)と同じような位置に掲げることから
◆予(あらかじ)め定められている数また量
【𡅅】口3+額18=総画数21 U+21145 [未詳/] [口ウ宀ノ丿ヌ又夊夂口各客一目自𦣻貝頁額𡅅]
◆未詳、音写字(他言語の音・呪文・掛け声・鳴き声・口やものから発せられる音などを表す字)のようである
【𩔊】頁9+9=総画数18 U+2950A [セン、ゼン/] [一目自𦣻貝頁2𩔊]
◆必要な物を選び揃(そろ)える、同「撰」「僎」
【𩖏】頁9+𩔊18=総画数27 U+2958F [ヒ、ビ、ヒイ/] [一目自𦣻貝頁2𩔊3𩖏]
◆「𩖏屓(ヒキ、ヒイキ)」◇カメ(亀)に似た想像上の動物、龍生九子(リュウセイキュウシ、龍が生んだ九頭の子)のうちの一頭、力が強く重いものを背負うことを好むとされ石碑・石柱などを支える姿に彫られる、同「贔屓、贔屭」◇重いものを背負い力強く踏ん張るさま
【䫧】頁9+10=総画数19 U+4AE7 [コウ/] 【𩕍𩔇】[日白大十本夲皋一目自𦣻貝頁䫧]
◆大きいさま、広いさま、同「𤅡(浩)」
◆「𩕯䫧(トウコウ)」、顔が大きいさま
【𤅆】水3+䫧19=総画数22 U+24146 [コウ、ゴウ/] 【浩澔㵆𣽋𤅡】[シ氵日白大十本夲皋一目自𦣻貝頁䫧𤅆]
◆水が一面に広がっているさま
◆広いさま、大きいさま、同「𩕍」
◆たくさんの、たっぷりの
【願】頁9+10=総画数19 U+9858 [ゲン、ゴン、ガン/ねが・う、ねが・い、ねが・わくは] 【𩕮𢥧】[厂日白日小𣌢原一目自𦣻貝頁願]
◆ひたすら欲しいと思う、望みが叶(かな)って欲しいとひたすら思う
◆望むものが手に入るようにと希(こいねが)う、希望する
◆ねが・わくは、~したい、~して欲しい、~になって(~であって)欲しい、「望んでいることは~である」の意
◆頭(あたま)、同「𩕾」
◆簡「愿」
【𢥧】心4+願19=総画数23 U+22967 [ゲン、ゴン、ガン/ねが・う、ねが・い、ねが・わくは] 【願𩕮】[厂日白日小𣌢原一目自𦣻貝頁願心𢥧]
◆ひたすら欲しいと思う、望みが叶(かな)って欲しいとひたすら思う
◆望むものが手に入るようにと希(こいねが)う、希望する
◆ねが・わくは、~したい、~して欲しい、~になって(~であって)欲しい、「望んでいることは~である」の意
◆頭(あたま)、同「𩕾」
【顚】頁9+10=総画数19 U+985A [テン/] 【顛颠㒹】[ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞一目自𦣻貝頁顚]
◆頂(いただき)、頂上、同「巓」、「白顚(ハクテン、頭髪が白いさま)」
◆ものの先端、最初、「顚末(テンマツ、始めから終わりまで)」
◆倒れる、逆(さか)さまになる、逆(ギャク)になる、同「傎」、「顚倒(テントウ、上下が逆になるさま)」
◆気が狂う、錯乱(サクラン)して気を失い倒れる、同「癲」
【𠫉】厂2+顚19=総画数21 U+20AC9 [テン/] 【厧】[厂ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞一目自𦣻貝頁顚𠫉]
◆塚(つか)、土を丸く盛り上げた墓
【巓】山3+顚19=総画数22 U+5DD3 [テン/いただき] 【巔巅嵮𡻗】[山ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞一目自𦣻貝頁顚巓]
◆山の頂(いただき)、頂上(チョウジョウ)
【癲】疒5+顚19=総画数24 U+7672 [テン/] 【癫】[广ン冫疒ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞一目自𦣻貝頁顚癲]
◆精神が錯乱(サクラン)する、錯乱して気を失い倒れる、同「瘨」
◆「癲癇(テンカン)」、発作的に痙攣(ケイレン)したり意識不明に陥(おちい)ったりする病気
【顛】頁9+10=総画数19 U+985B [テン/] 【顚颠㒹】[十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛]
◆頂(いただき)、頂上、同「巓」、「白顚(ハクテン、頭髪が白いさま)」
◆ものの先端、最初、「顚末(テンマツ、始めから終わりまで)」
◆倒れる、逆(さか)さまになる、逆(ギャク)になる、同「傎」、「顚倒(テントウ、上下が逆になるさま)」
◆気が狂う、錯乱(サクラン)して気を失い倒れる、同「癲」
【𠑘】人2+顛19=総画数21 U+20458 [テン/] [イ亻十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛𠑘]
◆転ぶ、倒れる
【𠖩】冖2+顛19=総画数21 U+205A9 [テン/] [ワ冖十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛𠖩]
◆頂(いただき)、高く遠い頂上、同「顚」「巓」「𡬅」
【𡬅】宀3+顛19=総画数22 U+21B05 [テン/] [ウ宀十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛𡬅]
◆頂(いただき)、高く遠い頂上、同「顚」「巓」「𠖩」
【巔】山3+顛19=総画数22 U+5DD4 [テン/いただき] 【巓巅嵮𡻗】[山十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛巔]
◆山の頂(いただき)、頂上(チョウジョウ)
【攧】手3+顛19=総画数22 U+6527 [テン/] [才扌十目𥃭一ハ八具真一目自𦣻貝頁顛攧]
◆躓く、転ぶ、倒れる
【颠】頁6+10=総画数16 U+98A0 [テン/] 【顚顛㒹】[十目𥃭一ハ八具真一ノ冂人贝页颠]
◆頂(いただき)、頂上、同「巓」、「白顚(ハクテン、頭髪が白いさま)」
◆ものの先端、最初、「顚末(テンマツ、始めから終わりまで)」
◆倒れる、逆(さか)さまになる、逆(ギャク)になる、同「傎」、「顚倒(テントウ、上下が逆になるさま)」
◆気が狂う、錯乱(サクラン)して気を失い倒れる、同「癲」
【巅】山3+颠16=総画数19 U+5DC5 [テン/いただき] 【巓巔嵮𡻗】[山十目𥃭一ハ八具真一ノ冂人贝页颠巓巅]
◆山の頂(いただき)、頂上(チョウジョウ)
【癫】疒5+颠16=総画数21 U+766B [テン/] 【癲】[广ン冫疒十目𥃭一ハ八具真一ノ冂人贝页颠癫]
◆精神が錯乱(サクラン)する、錯乱して気を失い倒れる、同「瘨」
◆「癲癇(テンカン)」、発作的に痙攣(ケイレン)したり意識不明に陥(おちい)ったりする病気
【類】頁9+10=総画数19 U+F9D0 [ルイ/たぐい] 【類𩔖类𩔗𩔧】[米大犬一目自𦣻貝頁頪類]
◆よく似ている、よく似たもの、よく似たものの集まり
◆性格・性質が共通しているもの、またその集まり
◆凡そ、大体、「似たもの、似ている」の意
【禷】示4+類19=総画数23 U+79B7 [ルイ/] 【𥜛】[ネ礻米大犬一目自𦣻貝頁頪類禷]
◆災害に見舞われたり出征するなどの際に(定例ではなく特別な事情がある場合に)執(と)り行われる祭礼
【蘱】艸3+類19=総画数22 U+8631 [ルイ/] [サ十2艹艹艹米大犬一目自𦣻貝頁頪類蘱]
◆草名、葉はガマ(蒲)に似て細長いという
【顡】頁9+11=総画数20 U+9861 [カイ、ガイ/] 【𩕺】[立一ノ34彡く𧰨豕豙一目自𦣻貝頁顡]
◆顔付きが愚かそうなさま、物事の認識や判断が正常にできそうもないさま
【𧅙】艸3+顡20=総画数23 U+27159 [ギ、ゲ/] 【藙𧄘𧆈】[サ十2艹艹艹立一ノ34彡く𧰨豕豙一目自𦣻貝頁顡𧅙]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木
◆ゴシュユ(呉茱萸)の実を煎(せん)じた生薬、頭痛や吐き気を抑える効果があるという
【顥】頁9+12=総画数21 U+9865 [コウ、ゴウ/] 【颢䯫】[日亠口小京景一目自𦣻貝頁顥]
◆明るく澄んだ光が降り注ぐさま、また辺り一面に満ちるさま
【灝】水3+顥21=総画数24 U+705D [コウ、ゴウ/] 【灏】[シ氵日亠口小京景一目自𦣻貝頁顥灝]
◆水が限りなく広がっているさま
◆広大なさま
◆灌仏会(カンブツエ)に使う豆の汁
【颢】頁6+12=総画数18 U+98A2 [コウ、ゴウ/] 【顥䯫】[日亠口小京景一ノ冂人贝页顥颢]
◆明るく澄んだ光が降り注ぐさま、また辺り一面に満ちるさま
【灏】水3+颢18=総画数21 U+704F [コウ、ゴウ/] 【灝】[シ氵日亠口小京景一ノ冂人贝页顥颢灝灏]
◆水が限りなく広がっているさま
◆広大なさま
◆灌仏会(カンブツエ)に使う豆の汁
【𩕍】頁9+12=総画数21 U+2954D [コウ/] 【䫧𩔇】[目自ンく水氺二2十臯一目自𦣻貝頁𩕍]
◆大きいさま、広いさま、同「𤅡(浩)」
◆「𩕯𩕍(トウコウ)」、顔が大きいさま
【𤅡】水3+𩕍21=総画数24 U+24161 [コウ、ゴウ/] 【浩澔㵆𣽋𤅆】[シ氵目自ンく水氺二2十臯一目自𦣻貝頁𩕍𤅡]
◆水が一面に広がっているさま
◆広いさま、大きいさま、同「𩕍」
◆たくさんの、たっぷりの
【顯】頁9+14=総画数23 U+986F [ケン/あらわ・れる、あきら・か] 【顕𩔰显㫫𩕃】[日くム厶幺2𢆶、丶4灬𢇁㬎一目自𦣻貝頁顯]
◆表に現れる、はっきりと見える
◆はっきりと示す、明らかにする
◆明らか、目立つ
◆身分や地位が高い、声望が高い
【灦】水3+顯23=総画数26 U+7066 [ケン/] [シ氵日くム厶幺2𢆶、丶4灬𢇁㬎一目自𦣻貝頁顯灦]
◆水が深く透き通っていて美しく光るさま
【𧖙】虫6+顯23=総画数29 U+27599 [ケン、ゲン/しじみ] 【蜆蚬䗾】[日くム厶幺2𢆶、丶4灬𢇁㬎一目自𦣻貝頁顯中虫𧖙]
◆シジミ(蜆)、シジミ科の貝の総称
◆チョウ類の蛹(さなぎ)、別名「縊女(エイニョ)」
【𩎌】革9+顯23=総画数32 U+2938C [ケン/] 【韅𩎍】[十2廿口3革日くム厶幺2𢆶、丶4灬𢇁㬎一目自𦣻貝頁顯𩎌]
◆馬の背から腹部に掛け渡す革紐 {馬車}
【𩎍】革9+顯23=総画数32 U+2938D [ケン/] 【韅𩎌】[日くム厶幺2𢆶、丶4灬𢇁㬎一目自𦣻貝頁顯十2廿口3革𩎍]
◆馬の背から腹部に掛け渡す革紐 {馬車}
【𩕺】頁9+14=総画数23 U+2957A [カイ、ガイ/] 【顡】[立十干辛一ノ34彡く𧰨豕𧱏一目自𦣻貝頁𩕺]
◆顔付きが愚かそうなさま、物事の認識や判断が正常にできそうもないさま
【𧆈】艸3+𩕺23=総画数26 U+27188 [ギ、ゲ/] 【藙𧄘𧅙】[サ十2艹艹艹立十干辛一ノ34彡く𧰨豕𧱏一目自𦣻貝頁𩕺𧆈]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木
◆ゴシュユ(呉茱萸)の実を煎(せん)じた生薬、頭痛や吐き気を抑える効果があるという
【龥】龠部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 頁部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です