K'sBookshelf 辞典・用語 漢字林(非部首部別) 禾部
総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 禾部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 禾部」 [部首索引


【禾】禾5+0=総画数5 U+79BE [カ、ワ/] [ノ木禾]
◆アワ(粟)
◆イネ(稲)やアワ(粟)など実が穂状(すいじょう)になる穀物の総称
◆のぎ、部首名
【利】刀2+禾5=総画数7 U+5229 [リ/き・く] 【𥝢𥝤】[ノ木禾リ刂利]
◆刃物がよく切れる
◆都合がよい
◆効果がある
◆儲け
【㕿】口3+禾5=総画数8 U+357F [未詳/] [ノ木禾口㕿]
◆未詳
【咊】口3+禾5=総画数8 U+548A [カ、ワ、オ/やわ・らぐ、なご・む、なご・やか、あ・える] 【和】[口ノ木禾咊]
◆大き過ぎず小さ過ぎない、硬過ぎず柔らか過ぎない、暑過ぎず寒過ぎない、釣り合いが取れてちょうどよいさま、程好(ほどよ)いさま、適度なさま
◆気に掛ることも気に障ることもなく心穏やかなさま、(調和が取れて)平穏なさま、心地よいさま
◆~と~、~と一緒に
◆(他のものと調和するように)合わせる
◆足し算の答え
◆動いた時に音がするようにした飾り、軾(しょく、車の前部の手摺)に付ける鈴(すず)、同”鉌”、軛(くびき、牛馬の首に掛ける”へ”字状の馬具)に立てるように付けた飾りを「鸞」「鑾」{馬車}
◆日本
【和】口3+禾5=総画数8 U+548C [カ、ワ、オ/やわ・らぐ、なご・む、なご・やか、あ・える] 【咊】[ノ木禾口和]
◆大き過ぎず小さ過ぎない、硬過ぎず柔らか過ぎない、暑過ぎず寒過ぎない、釣り合いが取れてちょうどよいさま、程好(ほどよ)いさま、適度なさま
◆気に掛ることも気に障ることもなく心穏やかなさま、(調和が取れて)平穏なさま、心地よいさま
◆~と~、~と一緒に
◆(他のものと調和するように)合わせる
◆足し算の答え
◆動いた時に音がするようにした飾り、軾(しょく、車の前部の手摺)に付ける鈴(すず)、同”鉌”、軛(くびき、牛馬の首に掛ける”へ”字状の馬具)に立てるように付けた飾りを「鸞」「鑾」{馬車}
◆日本
【𠰓】口3+禾5=総画数8 U+20C13 [カ、ワ/] [口ノ木禾𠰓]
◆子供が(わあわあと)泣くさま、また叫ぶさま、同”啝”
【囷】囗3+禾5=総画数8 U+56F7 [キン、コン/] 【𡈀】[口囗ノ木禾囷]
◆穀物などを貯蔵するための屋根のある円形の倉、方形は「倉」
◆貯(たくわ)える
【姀】女3+禾5=総画数8 U+59C0 [カ、ワ/] [女ノ木禾姀]
◆上品で優美な女性
◆女性名用字
【委】女3+禾5=総画数8 U+59D4 [イ/ゆだ・ねる、まか・せる、くわ・しい] [ノ木禾女委]
◆まか・せる、人に任(まか)せる、任せて成すがままにさせる
◆ゆだ・ねる、他に任せたままにする、他に任せて自らは何もしない
◆曲がる、曲がったまま、きちんとしていない、「穂(禾)が弱々しく(女)垂れる、垂れたまま」の意
◆曲がったものの先(さき)、「垂れた穂先」の意、「【禮記:學記】三王之祭川也皆先河而後海或源也或委也此之謂務本」
◆ものの末端まで詳しく、細部まで確かに
【季】子3+禾5=総画数8 U+5B63 [キ/すえ] 【𡥞𡦠𩐄𩐖】[ノ木禾子季]
◆兄弟姉妹の中の最年少者、最年長者は「孟」
◆一年を四分した春夏秋冬のそれぞれの期間(四季)、その最後の月、最初は「孟」
◆時・季節・年・時代などの終わり
◆末(まつ)、最後、若い
【𡬟】寸3+禾5=総画数8 U+21B1F [シュク、スク/] 【叔𡬧𡭫𠁮𢆑𠦑】[ノ木禾十、丶寸𡬟]
◆兄弟の上から三番目、兄弟は年長者から順に「伯・仲・叔・季」といい、「叔」は上から三番目に当たる
◆(妻の立場から)夫の弟
◆父親の弟、兄は「伯」
◆「𡬟父(しゅくふ、おじ)」◇父親の弟◇[日]父母の弟、父母の妹の夫
◆「𡬟母(しゅくぼ、おば)」◇父親の弟の妻◇[日]父母の妹、父母の弟の妻
◆若い、年少の
◆末(すえ)、「叔世(しゅくせい、末世、衰退して滅びる寸前の世)」
◆拾(ひろ)い上げる、同”掓”
【柇】木4+禾5=総画数9 U+67C7 [カ、ワ/] 【𤖱𥞄】[木2ノ木禾柇]
◆棺(ひつぎ)の前後(頭や足の先に当たる部分)の板、「【廣雅:卷八:釋器】槥(衞)櫝(讀)櫬(楚覲)𣚑(導)柩棺也其當謂之𤖱」「【集韻:卷三:平聲三:戈第八:𤖱柇】博雅棺常謂之𤖱或从木通作和」
【𤇫】火4+禾5=総画数9 U+241EB [シュウ、シュ/あき、とき] 【秋穐𥡄𥡌龝𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨秌𥝛𥝚】[ノ木禾火𤇫]
◆穀物の実が成熟して収穫する季節
◆物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
【𤖱】片4+禾5=総画数9 U+245B1 [カ、ワ/] 【𥞄柇】[片ノ木禾𤖱]
◆棺(ひつぎ)の前後(頭や足の先に当たる部分)の板、「【廣雅:卷八:釋器】槥(衞)櫝(讀)櫬(楚覲)𣚑(導)柩棺也其當謂之𤖱」「【集韻:卷三:平聲三:戈第八:𤖱柇】博雅棺常謂之𤖱或从木通作和」
【盉】皿5+禾5=総画数10 U+76C9 [カ、ワ/] [ノ木禾皿盉]
◆酒の濃さや味を調整するための蓋と注ぎ口と三本(或いは四本)の脚が付いた壺状の器{酒器}
【秝】禾5+禾5=総画数10 U+79DD [レキ、リャク/] 【𥤀】[ノ木禾2秝]
◆作物が生長に適した間隔で植えられているさま
【䒩】艸3+禾5=総画数8 U+44A9 [カ、ワ/] 【萂】[サ十2艹艹ノ木禾䒩]
◆草名、未詳
◆鋤や鍬に似た柄の曲がった土を掘り起こす農具
【𧉷】虫6+禾5=総画数11 U+27277 [ショ/] 【𧑓𧒁】[ノ木禾中虫𧉷]
◆「蜲𧉷(いしょ)」「𧉷蝜(しょふ)」、ワラジムシ(草鞋虫)やダンゴムシ(団子虫)の類、別名「蛜蝛(いい)」「鼠婦、鼠𧌈(そふ)」、「【爾雅注疏:釋蟲】蛜威委黍(《注》舊説鼠𧌈別名然所未詳)」
◆「𧐍𧉷(しょうしょ)」、キリギリス科の昆虫の総称、同「蜙蝑」、別名「螽蟖(しゅうし、キリギリス)」
【訸】言7+禾5=総画数12 U+8A38 [カ、ワ/] [言ノ木禾訸]
◆和(なご)やかなさま、、穏やかなさま、「【玉篇:卷九:言部第九十:訸】胡戈切平也」
【酥】酉7+禾5=総画数12 U+9165 [ソ、ス/] 【𨣺𨢭𦢦𦣑】[西酉ノ木禾酥]
◆牛や羊などの乳に熱を加え攪拌し冷ますと表面に浮いてくるもの、またそれを更に煮詰め濃くしたもの、バターやチーズなどの類
◆ぽろぽろとした、かりかりとした、ぱりぱりとした、さくさくとした、多く高温の油で揚げた食べ物の名に使われる
【鉌】金8+禾5=総画数13 U+924C [カ、ワ/] [金ノ木禾鉌]
◆動いた時に音がするようにした飾り、軾(しょく、車の前部の手摺)に付ける鈴(すず)、同”和”、軛(くびき、牛馬の首に掛ける”へ”字状の馬具)に立てるように付けた飾りを「鸞」「鑾」{馬車}
【鞂】革9+禾5=総画数14 U+9782 [カツ、ケチ/] [十2廿口3革ノ木禾鞂]
◆藁の皮を取り去った芯の部分、同”稭”
◆実を取り除いた殻
【麇】鹿11+禾5=総画数16 U+9E87 [キン、クン、グン/] 【麏】[广コヒ七𠤎匕2比鹿ノ木禾麇]
◆キバノロ(牙獐)、シカ科キバノロ属のシカ(鹿)、同”獐””麕”
◆群れる、キバノロはよく群れをつくることから
【𪌗】麥11+禾5=総画数16 U+2A317 [キク/こうじ] 【麹麴麯𪋼𪍚𪌲𥶶𥽧粬】[十木人2从來タ夕ヌ又3麥ノ木禾𪌗]
◆米・麦・豆などを蒸して黴(かび)の一種(麹菌)を繁殖させたもの
【𪗉】齊14+禾5=総画数19 U+2A5C9 [シ/] [亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊ノ木禾𪗉]
◆神前に供える器に盛った黍(キビ)や粟(アワ)などの穀物、同”粢”
【𪗮】齒15+禾5=総画数20 U+2A5EE [未詳/] [上止人4凵歯齒ノ木禾𪗮]
◆怒りや悔しさで歯軋(はぎし)りする、同”齘”、「【方言:第二】憑𪗮苛怒也楚曰憑(憑恚盛皃楚詞曰康回憑怒)小怒曰𪗮(言噤𪗮也)陳謂之苛(相苛責也)」
【龝】龜16+禾5=総画数21 U+9F9D [シュウ、シュ/あき、とき] 【秋穐𥡄𥡌𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨秌𤇫𥝛𥝚】[ノ木禾ク[コL乚ヨメ2亀龜龝]
◆穀物の実が成熟して収穫する季節
◆物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
【龢】龠17+禾5=総画数22 U+9FA2 [カ、ワ/] 【𥤉】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ノ木禾龢]
◆調和が取れて心地よいさま、和(なご)むさま、同”和”
【利】刀部
【禿】禾5+2=総画数7 U+79BF [トク/はげ、ち・びる] 【秃𣬜】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿]
◆髪がない頭
◆草木が生えていないさま
◆抜け落ちる
◆先端が擦り減る
【痜】疒5+禿7=総画数12 U+75DC [トク/] [ン冫广疒ノ木禾ノ丿L乚儿禿痜]
◆首にできる腫れ物
◆腫れ物などで髪が抜けた頭
【䛢】言7+禿7=総画数14 U+46E2 [トク/] [言ノ木禾ノ丿L乚儿禿䛢]
◆「詆䛢」、狡賢いさま
【鋵】金8+禿7=総画数15 U+92F5 [トク/] [金ノ木禾ノ丿L乚儿禿鋵]
◆ツリウムの旧名、現”銩”
【𨿖】隹8+禿7=総画数15 U+28FD6 [トク/] 【鵚𪉍】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿ノ2隹𨿖]
◆「𨿖鶖(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【頹】頁9+禿7=総画数16 U+9839 [タイ、デ、ダイ/] 【頽颓頺穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頹]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【頽】頁9+禿7=総画数16 U+983D [タイ、デ、ダイ/] 【颓頹頺穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿一目自𦣻貝頁頽]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【颓】頁6+禿7=総画数13 U+9893 [タイ、デ、ダイ/] 【頽頹頺穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿一ノ冂人贝页颓]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【鵚】鳥11+禿7=総画数18 U+9D5A [トク/] 【𪉍𨿖】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿鳥鵚]
◆「鵚鶖(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【𪉍】鳥5+禿7=総画数12 U+2A24D [トク/] 【鵚𨿖】[ノ木禾ノ丿L乚儿禿ノフ、丶一鸟𪉍]
◆「𪉍鹙(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【秀】禾5+2=総画数7 U+79C0 [シュウ、シュ/ひい・でる] [ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀]
◆穀物の穂
◆他よりも優れている
◆上品で優美な
◆草木が盛んに茂る
【唀】口3+秀7=総画数10 U+5500 [ユウ、ユ/] [口ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀唀]
◆誘う
【𢭆】手3+秀7=総画数10 U+22B46 [チュウ/ぬき・んでる] 【抽】[オ才扌秀𢭆]
◆中にあるものを引き出す、一部を抜き出す
◆ぬき・んでる、抜け出る、秀でる
【琇】玉4+秀7=総画数11 U+7407 [シュウ、ス、シュ/] 【璓】[王ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀琇]
◆玉(ぎょく)に似て美しい石
【綉】糸6+秀7=総画数13 U+7D89 [シュウ、シュ/] 【绣】[糸ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀綉]
◆綿の一片
◆刺繍する
【绣】糸3+秀7=総画数10 U+7EE3 [シュウ、シュ/] 【綉】[くレ幺一纟ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀绣]
◆綿の一片
◆刺繍する
◆繁”繡”
【莠】艸3+秀7=総画数10 U+83A0 [ユウ、ユ、スイ/はぐさ] [サ十2艹艹ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀莠]
◆エノコログサ(狗尾草)、イネ科エノコログサ属の草
◆(エノコログサが穀物に見えるものの食用にならない上に至るところに蔓延ることから)厄介者
◆[日]はぐさ、田畑に蔓延る雑草
【蜏】虫6+秀7=総画数13 U+870F [ユウ、ユ/] [中虫ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀蜏]
◆「朝蜏(ちょうゆう)」、朝に水の上に生まれ夕べには死ぬというカイコガ(蚕蛾)に似た虫
【誘】言7+秀7=総画数14 U+8A98 [ユウ、ユ/さそ・う、いざな・う、おび・く] 【诱䛻𥤃】[言ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀誘]
◆道を示しながら先導する
◆一緒に~するよう勧める、説いて~をさせる
◆引き寄せる、引き起こす
【诱】言2+秀7=総画数9 U+8BF1 [ユウ、ユ/さそ・う、いざな・う、おび・く] 【誘䛻𥤃】[、丶レ讠ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀诱]
◆道を示しながら先導する
◆一緒に~するよう勧める、説いて~をさせる
◆引き寄せる、引き起こす
【䞬】走7+秀7=総画数14 U+47AC [トウ、ツ/す・ける、とお・る] 【透】[ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀土上止龰走䞬]
◆物を通して、また隙間を通して向こう側が見える
◆(向こう側へ)通り抜ける、突き抜ける
◆跳(と)ぶ、跳び上がる
【透】辵3+秀7=総画数10 U+900F [トウ、ツ/す・ける、とお・る] 【䞬】[ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀え辶辶透]
◆物を通して、また隙間を通して向こう側が見える
◆(向こう側へ)通り抜ける、突き抜ける
◆跳(と)ぶ、跳び上がる
【銹】金8+秀7=総画数15 U+92B9 [シュウ、シュ/さび] 【锈鏥】[金ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀銹]
◆金属の表面にできる酸化膜、錆びる
【锈】金5+秀7=総画数12 U+9508 [シュウ、シュ/さび] 【銹鏥】[ノ丿一𠂉二レモ钅ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀锈]
◆金属の表面にできる酸化膜、錆びる
【頺】頁9+秀7=総画数16 U+983A [タイ、デ、ダイ/] 【頽颓頹穨𥣧𥤒】[ノ木禾ノ丿フ𠃌2𠄎乃秀一目自𦣻貝頁頺]
◆頭髪がぱらぱらと抜け落ちる、禿(は)げる
◆(劣化・老化して)少しずつ剥(は)がれ落ちる、(脆くなって)ぱらぱらと落ちる
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる
【私】禾5+2=総画数7 U+79C1 [シ/わたくし、わたし] [ノ木禾ム厶私]
◆自分、某(それがし)
◆自分自身の、自分や自分の身内や自分の知り合いだけの、個人的な、公(おおやけ)でない
◆公のことを顧(かえり)みずに自分の利益だけを優先する、利己的な
◆(公に知られないように)隠れて、内緒で、こっそりと
【俬】人2+私7=総画数9 U+4FEC [シ/] [イ亻ノ木禾ム厶私俬]
◆「傢俬(かし)」、家具や什器
【𦮺】艸3+私7=総画数10 U+26BBA [シ/] [サ十2艹艹ノ木禾ム厶私𦮺]
◆カヤ(茅)の穂
【和】口部
【委】女部
【季】子部
【秅】禾5+3=総画数8 U+79C5 [タ、ジャ、ダ、ナ/] [ノ木禾ノ七モ乇秅]
◆穀物の束を数える単位、一秅=十稯=百筥=四百秉=四百把(一把は一握り分を束ねたもの)、「【儀禮:聘禮】四秉曰筥(・・・)十筥曰稯十稯曰秅四百秉為一秅」
◆漢代(前202年~220年)の国名、或いは県名、現山東省菏澤(かたく)市成武県付近、同”𥝾””秺””䅊””㢉”、「【集韻:卷七:去聲上:莫第十一:𥝾】漢侯國名在成武通作秺」「【廣韻:去聲:暮第十一:妒:秅】・・・縣名在濟隂或作秺」
◆「烏秅(うだ)」、中国西南部にあった古国名、現新疆ウイグル自治区カシュガル(喀什)地区の西南部、「【漢書:傳:西域傳:西域傳上】烏秅國王治烏秅城(・・・)去長安九千九百五十里戸四百九十口二千七百三十三勝兵七百四十人」
【㢉】广3+秅8=総画数11 U+3889 [タ、ジャ、ト、ツ/] 【䅊】[广ノ木禾ノ七モ乇秅㢉]
◆大きく開け放たれている部屋、同”㢉”
◆漢代(前202年~220年)の国名、また県名、現山東省菏澤(かたく)市成武県付近、同”秺””𥝾””秅”、「【廣韻:去聲:暮第十一:妒:秅】・・・縣名在濟隂或作秺」
【秇】禾5+3=総画数8 U+79C7 [ゲイ、ゲ、シュウ/] 【𥡩】[ノ木禾ノ丿⺄九、丶丸秇]
◆種を蒔(ま)く、種を蒔き育てる
【萟】艸3+秇8=総画数11 U+841F [ゲイ、ゲ/] 【藝兿㙯艺】[サ十2艹艹ノ木禾ノ丿⺄九、丶丸秇萟]
◆種を蒔(ま)く、草木を植え育てる、同”蓺”
◆(立派に育った)能力や技能、またそれによって作り出されるもの
【𩠨】首9+秇8=総画数17 U+29828 [ケイ、ケ/] 【𩠜䭬䭫𩠥𩠦】[ノ木禾ノ丿⺄九、丶丸秇ソ丷一䒑目自𦣻首𩠨]
◆「𩠨首(けいしゅ)」、同「稽首」、跪(ひざまず)き、膝の前で手を揃えて地に着け、頭をその手に乗せ、その状態を保つ礼、九拝(拝礼の作法)の内で最も丁寧なもの{姿勢(拝礼)}
【秈】禾5+3=総画数8 U+79C8 [セン/] 【𦱑】[ノ木禾山秈]
◆粳(うるち)、糯米よりも粘り気の少ない米
【𦱑】艸3+秈8=総画数11 U+26C51 [セン/] 【秈】[サ十2艹艹ノ木禾山秈𦱑]
◆粳(うるち)、糯米よりも粘り気の少ない米
【秉】禾5+3=総画数8 U+79C9 [ヘイ、ヒョウ、ヒン/] 【𦱮𥝐𥟱𣏲】[ノ木禾ヨ秉]
◆穀物の束を数える単位、一(ひと)握り分を「一秉」
◆片手で手に握る、握り持つ、両手は「兼」
【㨀】手3+秉8=総画数11 U+3A00 [ヘイ、ヒョウ/] 【抦】[オ才扌ノ木禾ヨ秉㨀]
◆手に握る、(片手に)しっかりと握り持つ、同”柄””秉”
【棅】木4+秉8=総画数12 U+68C5 [ヘイ、ヒョウ/え、がら] [木ノ木禾ヨ秉棅]
◆手に握る、握って自由に操る、またその力、権力、同”柄”
◆柄(え)、器物に取り付けて手で握るための棒、同”柄”
【𤖉】爿4+秉8=総画数12 U+24589 [ヘイ、ビョウ/や・む、やまい] 【病𤵣】[Lノ「爿ノ木禾ヨ秉𤖉]
◆体調や精神状態が正常でなくなる
◆不調なさま、普段の或いは正常な状態でないさま
◆体や心を痛める、憂える、苦しむ
【𥟱】禾5+秉8=総画数13 U+257F1 [ヘイ、ヒョウ、ヒン/] 【秉𦱮𥝐𣏲】[ノ木禾ヨ秉2𥟱]
◆穀物の束を数える単位、一(ひと)握り分を「一秉」
◆片手で手に握る、握り持つ、両手は「兼」
【𦱮】艸3+秉8=総画数11 U+26C6E [ヘイ、ヒョウ、ヒン/] 【秉𥝐𥟱𣏲】[サ十2艹艹ノ木禾ヨ秉𦱮]
◆穀物の束を数える単位、一(ひと)握り分を「一秉」
◆片手で手に握る、握り持つ、両手は「兼」
【𥝕】禾5+3=総画数8 U+25755 [ボウ、モウ/のぎ、すすき] 【芒𦬆䅒𪌁】[ノ木禾亠L𠃊亡𥝕]
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同”茫”
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草{ススキ}
【𦱐】艸3+𥝕8=総画数11 U+26C50 [未詳/] [サ十2艹艹ノ木禾亠L𠃊亡𥝕𦱐]
◆作物のできが悪い、穀物が稔らない、不作
【𥝢】禾5+3=総画数8 U+25762 [リ/き・く] 【利𥝤】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢]
◆刃物がよく切れる
◆都合がよい
◆効果がある
◆儲け
【剓】刀2+𥝢8=総画数10 U+5253 [リ/] 【剺𠞲𠢐𢾨𢍛】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢刀剓]
◆切る、二つに切り割(さ)く
【㥎】心4+𥝢8=総画数12 U+394E [リ/] 【𢤂悡】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢心㥎]
◆恨む
◆怠(なま)ける
【棃】木4+𥝢8=総画数12 U+68C3 [リ/なし] 【梨梸】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢木棃]
◆ナシ(梨)、バラ科ナシ属の木の総称、またその実
【𣮋】毛4+𥝢8=総画数12 U+23B8B [リ、ボウ、モウ/] 【氂𣯛𣯷㲠𣭭𣯕】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢毛𣮋]
◆ヤク(yak)、チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類、「犛牛、旄牛、牦牛(ぼうぎゅう)」、同”牦”
◆ヤクの尾、ヤクの尾で作った旗の先に付ける飾り
◆動物の長い毛
◆細いさま
◆敷物などに使う厚手の毛織物
【犂】牛4+𥝢8=総画数12 U+7282 [レイ、ライ、リ/すき、からすき] 【犁𥝫𤛼𤛺𤛿】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢牛犂]
◆牛に引かせて土を起すためのスコップ(先の尖った匙状の道具)に似た農具
◆田畑の土を掘り返す、耕す
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧””黎”
【睝】目5+𥝢8=総画数13 U+775D [リ/] [ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢目睝]
◆目を閉じる
【䊍】米6+𥝢7=総画数13 U+428D [リ/] 【𪐅𥣥】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢米䊍]
◆一般の人々、庶民、同”黎”
◆濃くとろみのある粥、同”饘”
【菞】艸3+𥝢8=総画数11 U+83DE [レイ、ライ/] 【黎𪏭㴝𪏯𪏱𥡚𦴙】[サ十2艹艹ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢菞]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(れいぞく、リーぞく)」「黎民(れいみん)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(れいみん)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
【䖿】虫6+𥝢8=総画数14 U+45BF [リ/] 【𧑇蟍】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢中虫䖿]
◆「𧎿䖿(しつり)」、ムカデ(百足)、ムカデ綱の節足動物の総称、また多足の虫、別名「蜈蚣(ごこう)」
【𨛫】邑7+𥝢8=総画数15 U+286EB [レイ/] 【𨝟𨞃𨟀】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢口日L乚巴邑𨛫]
◆殷代(約前17世紀~約前11世紀)の古国名、現山西省長治市付近
【錅】金8+𥝢8=総画数16 U+9305 [レイ、リ/] 【鑗鏫鋫】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢金錅]
◆剥ぐ、剥ぎ取る
【𨿯】隹8+𥝢8=総画数16 U+28FEF [リ/] 【鵹𪇺𪆜𩁟𩁄】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢ノ2隹𨿯]
◆「𨿯黄(りこう)」、同「黄𨿯、黄鸝(こうり)」「黄鶯(こうおう)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称
【鯬】魚11+𥝢8=総画数19 U+9BEC [レイ、リ/] 【𩸢𩼽𩻳䱘𩻌𩺸】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢ク𠂊田、丶4灬魚鯬]
◆魚名、未詳、一説にジギョ(鰣魚、ニシン科シャッド亜科の海水魚)、「【爾雅注疏:釋魚】鯬鯠(《注》未詳)」「【正字通:亥集中:魚部:鯠】郎才切音來鰣魚別名爾雅鯬鯠郭注未詳」
◆「鯬鯠(れいらい)」、魚名、未詳、ナマズ(鯰、ナマズ目の淡水魚)の類、「【集韻:卷二:平聲二:咍第十六:鯠】鯬鯠魚名魾也」
【𩸢】魚11+𥝢8=総画数19 U+29E22 [レイ、リ/] 【鯬𩼽𩻳䱘𩻌𩺸】[ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢𩸢]
◆魚名、未詳、一説にジギョ(鰣魚、ニシン科シャッド亜科の海水魚)、「【爾雅注疏:釋魚】鯬鯠(《注》未詳)」「【正字通:亥集中:魚部:鯠】郎才切音來鰣魚別名爾雅鯬鯠郭注未詳」
◆「𩸢鯠(れいらい)」、魚名、未詳、ナマズ(鯰、ナマズ目の淡水魚)の類、「【集韻:卷二:平聲二:咍第十六:鯠】鯬鯠魚名魾也」
【鵹】鳥11+𥝢8=総画数19 U+9D79 [リ/] 【𪇺𪆜𩁟𩁄𨿯】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢鳥鵹]
◆「鵹黄(りこう)」、同「黄鵹、黄鸝(こうり)」「黄鶯(こうおう)」、コウライウグイス(高麗鶯)、コウライウグイス科の鳥の総称
【䴻】麥11+𥝢8=総画数19 U+4D3B [リ/] [ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢十木人𠆢2來タ夕ヌ又3麥䴻]
◆「𪌈䴻」、麦などを加工した乾燥食品
【𪐅】黍12+𥝢8=総画数20 U+2A405 [リ/] 【䊍𥣥】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢ノ木禾人𠆢ンく水氺黍𪐅]
◆一般の人々、庶民、同”黎”
◆濃くとろみのある粥、同”饘”
【黧】黑12+𥝢8=総画数20 U+9EE7 [リ、レイ、ライ/] 【䵩𪑤𪒅𪒨𪒁𪒺𪒚】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢口ソ土、丶4灬黑黧]
◆くすんで黒味がかった黄色
◆浅黒い、薄暗い
【秋】禾5+4=総画数9 U+79CB [シュウ、シュ/あき、とき] 【穐𥡄𥡌龝𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨秌𤇫𥝛𥝚】[ノ木禾火秋]
◆穀物の実が成熟して収穫する季節
◆物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
【偢】人2+秋9=総画数11 U+5062 [シュウ/] [イ亻ノ木禾火秋偢]
◆「偢睬(しゅうさい)」、気を付ける、注意を払う、同「理睬(りさい)」
【𠩾】厂2+秋9=総画数11 U+20A7E [未詳/] [厂ノ木禾火秋𠩾]
◆未詳
【啾】口3+秋9=総画数12 U+557E [シュウ、シュ/] 【𠷘𠿈】[口ノ木禾火秋啾]
◆幼子(おさなご)のか弱い声、幼子の弱々しく泣く声
◆か弱い声、か細い鳴き声
【媝】女3+秋9=総画数12 U+5A9D [シュウ/] [ノ木禾火秋女媝]
◆女性名用字
【㡑】巾3+秋9=総画数12 U+3851 [ショウ/] [ノ木禾火秋巾㡑]
◆髪を束ねる布、整えた髪が解(ほつ)れないように頭に巻く布、同”幧”
【𢃸】巾3+秋9=総画数12 U+220F8 [スウ、シュ/] [巾ノ木禾火秋𢃸]
◆皺(しぼ、縮み皺)のある織物、またその布を使った衣服、同”縐””𧛸”、「【字彙補:寅集:巾部:𢃸】側救切音縐衣不伸也」
【愀】心3+秋9=総画数12 U+6100 [ショウ、シュウ、ジュ/] [ハI|丨忄ノ木禾火秋愀]
◆(悲しみで)表情が変わる、表情を引き締める
【愁】心4+秋9=総画数13 U+6101 [シュウ、ジュ/うれ・える] 【𢝲𢛱】[ノ木禾火秋心愁]
◆もの悲しく思う、侘びしい、秋の心情
◆憂える、あれこれ思いを巡らして心を悩ませる
【揪】手3+秋9=総画数12 U+63EA [シュウ、シュ/] 【揫𢱀】[オ才扌ノ木禾火秋揪]
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
【揫】手3+秋9=総画数12 U+63EB [シュウ、シュ/] 【𢱀揪】[ノ木禾火秋手揫]
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
【楸】木4+秋9=総画数13 U+6978 [シュウ、シュ/] [木ノ木禾火秋楸]
◆トウキササゲ(唐楸)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{トウキササゲ}
◆「楸子(しゅうし)」、イヌリンゴ(犬林檎)、バラ科リンゴ属の果樹、実は小さい{イヌリンゴ}
◆「楸枰(しゅうへい)」、碁や将棋などで使う四角で表面が平らな盤(ばん)
【湫】水3+秋9=総画数12 U+6E6B [シュウ、シュ、ショウ/くて] 【𣹌湬】[シ氵ノ木禾火秋湫]
◆窪地(くぼち)で湿気がある所、水の少ない(水のなくなった)池
◆「湫湫(しゅうしゅう)」、気分が落ち込むさま、物悲しいさま
【湬】水4+秋9=総画数13 U+6E6C [シュウ、シュ、ショウ/くて] 【湫𣹌】[ノ木禾火秋水湬]
◆窪地(くぼち)で湿気がある所、水の少ない(水のなくなった)池
◆「湬湬(しゅうしゅう)」、気分が落ち込むさま、物悲しいさま
【煍】火4+秋9=総画数13 U+714D [ショウ、シュウ/] [火ノ木禾火秋煍]
◆色が変わる
【甃】瓦5+秋9=総画数14 U+7503 [スウ、シュ/] 【𤭰㼙】[ノ木禾火秋一レ、丶乙⺄瓦甃]
◆井戸を作るために積む煉瓦、また煉瓦積みの井戸
◆煉瓦、煉瓦を積む
【瞅】目5+秋9=総画数14 U+7785 [シュウ/] 【矁】[目ノ木禾火秋瞅]
◆注意深く見守る
【篍】竹6+秋9=総画数15 U+7BCD [シュウ/] [竹ノ木禾火秋篍]
◆警告や合図のために鳴らす笛また喇叭(ラッパ)、ホイッスル
【䋺】糸6+秋9=総画数15 U+42FA [シュウ/] 【𦂏】[糸ノ木禾火秋䋺]
◆鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す紐、同”緧”、革製は”鞦”
【𦂎】糸6+秋9=総画数15 U+2608E [シュク/] [糸ノ木禾火秋𦂎]
◆縮羅(しじら)、細かい縮み皺がある絹織物、またその皺の紋様、同”縬”
【萩】艸3+秋9=総画数12 U+8429 [シュウ、シュ/はぎ] 【𦵒】[サ十2艹艹ノ木禾火秋萩]
◆ヨモギ(蓬)、キク科ヨモギ属の草の総称{ヨモギ}
◆トウキササゲ(唐楸)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木、同”楸”{トウキササゲ}
◆[日]ハギ(萩)、マメ科ハギ属の草また木の総称{ハギ}
【𧇸】虍6+秋11=総画数17 U+271F8 [シュウ、シュ/] [⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿L乚儿2虎ノ木禾火秋𧇸]
◆洪門(こうもん、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、同”秋”、但し確認できなかった
【蝵】虫6+秋9=総画数15 U+8775 [シュウ、シュ/] 【蠤蟗】[ノ木禾火秋中虫蝵]
◆「𧊒蝵」、クモ(蜘蛛)、或いはクモ(蜘蛛)の一種
【踿】足7+秋9=総画数16 U+8E3F [シュク、スク/] [口⺊上止龰足ノ木禾火秋踿]
◆間近に迫る、差し迫る、同”蹙”
◆踏み付ける、踏み付けて行く、同”䠓”
【𨍊】車7+秋9=総画数16 U+2834A [シュウ、シュ/] [車ノ木禾火秋𨍊]
◆輻(ふく、や、車輪のスポーク)、輪(わ、車輪の外周部)を支えるために轂(こしき、車輪の中央部の部品)から放射状に取り付ける木、スポーク(spoke){車輪}
【醔】酉7+秋9=総画数16 U+9194 [シュウ、ジュ/] [ノ木禾火秋西酉醔]
◆酒造りを管理する人、またその頭(かしら)、杜氏(とうじ、とじ)、同”酋”
◆酒を搾(しぼ)り出す、同”𨡲””篘”
【𨡲】酉7+秋9=総画数16 U+28872 [シュウ、シュ/] [ノ木禾火秋西酉𨡲]
◆酒を搾(しぼ)り出す、同”醔””篘”
【鍫】金8+秋9=総画数17 U+936B [ショウ/くわ] 【鍬锹】[ノ木禾火秋金鍫]
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベル状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、日本で「鍬(くわ)」と呼ばれる農具は中国では「鋤」という{農具(鋤鍬類)}
【鍬】金8+秋9=総画数17 U+936C [ショウ/くわ] 【锹鍫】[金ノ木禾火秋鍬]
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベル状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、日本で「鍬(くわ)」と呼ばれる農具は中国では「鋤」という{農具(鋤鍬類)}
【锹】金5+秋9=総画数14 U+9539 [ショウ/くわ] 【鍬鍫】[ノ丿一𠂉二レモ钅ノ木禾火秋锹]
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベル状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、日本で「鍬(くわ)」と呼ばれる農具は中国では「鋤」という{農具(鋤鍬類)}
【𨺹】阜3+秋9=総画数12 U+28EB9 [ショウ/] [ろ3I|丨阜阝ノ木禾火秋𨺹]
◆窪地(くぼち)で湿気がある所、水の少ない(水のなくなった)池、同”湫”
【䨂】隹8+秋9=総画数17 U+4A02 [シュウ/] [ノ木禾火秋ノ2隹䨂]
◆ニワトリ(鶏)の雛、雛(ひよこ)
【鞦】革9+秋9=総画数18 U+97A6 [シュウ、シュ/しりがい] [十2廿口3革ノ木禾火秋鞦]
◆尻繋(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す革紐、同”鞧”、糸製は”䋺”
◆「鞦韆(しゅうせん)」、ぶらんこ
【𩘌】風9+秋9=総画数18 U+2960C [ソウ、シュ/] 【颼䬒𩘦飕】[几𠘨ノ中虫風ノ木禾火秋𩘌]
◆「𩘌𩘌(そうそう)」◇さぁっと(涼しい、或いは冷たい)風が吹き抜けるさま、またその音の形容◇冷たい雨が降る音の形容◇寒いさま、涼しいさま
◆「𩘌飀、𩘌飂(そうりゅう)」、冷たい風が木々の葉を揺らし大きな音を立てながら吹くさま、またその音、「【御定全唐詩:卷八:九月十日偶書】紅葉颼飀競鼓聲」
【鬏】髟10+秋9=総画数19 U+9B0F [シュウ、シュ/] [「Eム厶長镸ノ丿3彡髟ノ木禾火秋鬏]
◆頭髪を結う
【鰍】魚11+秋9=総画数20 U+9C0D [シュウ、シュ/かじか、いなだ] 【鳅𩹤】[ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾火秋鰍]
◆ドジョウ(泥鰌)、ドジョウ科の淡水魚、また同科の魚の総称、同”鰌””鰼”
◆「鯕鰍(きしゅう)」、シイラ(鱰)、シイラ科シイラ属の海水魚、また同科同属の魚の総称
◆[日]カジカ(鰍、鮖)、カジカ科カジカ属の魚、また同科或いは同属の魚の総称、同「杜父魚(とふぎょ)」
◆[日]イナダ(鰍)、アジ科の魚でブリ(鰤)の幼魚の名
【鳅】魚8+秋9=総画数17 U+9CC5 [シュウ、シュ/かじか、いなだ] 【鰍𩹤】[ノフク𠂊田一鱼ノ木禾火秋鳅]
◆ドジョウ(泥鰌)、ドジョウ科の淡水魚、また同科の魚の総称、同”鰌””鰼”
◆「鯕鳅(きしゅう)」、シイラ(鱰)、シイラ科シイラ属の海水魚、また同科同属の魚の総称
◆[日]カジカ(鰍、鮖)、カジカ科カジカ属の魚、また同科或いは同属の魚の総称、同「杜父魚(とふぎょ)」
◆[日]イナダ(鰍)、アジ科の魚でブリ(鰤)の幼魚の名
【𩹤】魚11+秋9=総画数20 U+29E64 [シュウ、シュ/かじか、いなだ] 【鰍鳅】[ノ木禾火秋ク𠂊田、丶4灬魚𩹤]
◆ドジョウ(泥鰌)、ドジョウ科の淡水魚、また同科の魚の総称、同”鰌””鰼”
◆「鯕𩹤(きしゅう)」、シイラ(鱰)、シイラ科シイラ属の海水魚、また同科同属の魚の総称
◆[日]カジカ(鰍、鮖)、カジカ科カジカ属の魚、また同科或いは同属の魚の総称、同「杜父魚(とふぎょ)」
◆[日]イナダ(鰍)、アジ科の魚でブリ(鰤)の幼魚の名
【鶖】鳥11+秋9=総画数20 U+9D96 [シュウ、シュ/] 【鹙𪃩𪀖】[ノ木禾火秋鳥鶖]
◆「鵚鶖(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【鹙】鳥5+秋9=総画数14 U+9E59 [シュウ、シュ/] 【鶖𪃩𪀖】[ノ木禾火秋ノフ𠃌、丶一鸟鶖鹙]
◆「𪉍鹙(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【𪃩】鳥11+秋9=総画数20 U+2A0E9 [シュウ、シュ/] 【鶖鹙𪀖】[ノ木禾火秋鳥𪃩]
◆「鵚𪃩(とくしゅう)」◇頭頂部に毛がなく首は長く体は青黒いという大形の水鳥◇頭の禿げた人(馬鹿にして言う言葉)
【䵸】黽13+秋9=総画数22 U+4D78 [シュウ、シュ/] 【𪓰𪓵】[ノ木禾火秋匚コL乚Eヨ黽䵸]
◆「鼁䵸(きょしゅう)」、ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称、別名「𪓰𪓿(しゅうし)」「蟾蜍、蟾蠩(せんじょ)」「蝦蟆、蝦蟇(かま、ガマ)」
【秌】禾5+4=総画数9 U+79CC [シュウ、シュ/あき、とき] 【秋穐𥡄𥡌龝𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨𤇫𥝛𥝚】[火ノ木禾秌]
◆穀物の実が成熟して収穫する季節
◆物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
【𠷘】口3+秌9=総画数12 U+20DD8 [シュウ、シュ/] 【啾𠿈】[口火ノ木禾秌𠷘]
◆幼子(おさなご)のか弱い声、幼子の弱々しく泣く声
◆か弱い声、か細い鳴き声
【𢝲】心4+秌9=総画数13 U+22772 [シュウ、ジュ/うれ・える] 【愁𢛱】[火ノ木禾秌心𢝲]
◆もの悲しく思う、侘びしい、秋の心情
◆憂える、あれこれ思いを巡らして心を悩ませる
【𢱀】手4+秌9=総画数13 U+22C40 [シュウ、シュ/] 【揫揪】[火ノ木禾秌手𢱀]
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
【𣹌】水3+秌9=総画数12 U+23E4C [シュウ、シュ、ショウ/くて] 【湫湬】[シ氵火ノ木禾秌𣹌]
◆窪地(くぼち)で湿気がある所、水の少ない(水のなくなった)池
◆「𣹌𣹌(しゅうしゅう)」、気分が落ち込むさま、物悲しいさま
【𤭰】瓦5+秌9=総画数14 U+24B70 [スウ、シュ/] 【甃㼙】[火ノ木禾秌一レ、丶乙⺄瓦𤭰]
◆井戸を作るために積む煉瓦、また煉瓦積みの井戸
◆煉瓦、煉瓦を積む
【𦂏】糸6+秌9=総画数15 U+2608F [シュウ/] 【䋺】[糸火ノ木禾秌𦂏]
◆鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す紐、同”緧”、革製は”鞦”
【𦵒】艸3+秌9=総画数12 U+26D52 [シュウ、シュ/はぎ] 【萩】[サ十2艹艹火ノ木禾秌𦵒]
◆ヨモギ(蓬)、キク科ヨモギ属の草の総称{ヨモギ}
◆トウキササゲ(唐楸)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木、同”楸”{トウキササゲ}
◆[日]ハギ(萩)、マメ科ハギ属の草また木の総称{ハギ}
【科】禾5+4=総画数9 U+79D1 [カ/しな、とが] [ノ木禾、丶2⺀十斗ノ木禾、丶2⺀十斗科]
◆穀物の生産量や品質の良し悪しの程度を幾つかに区分し順に並べたもの、等級
◆罪の軽重に従い量刑を定める、またそれを適用する(科する)
◆分類し同等のものを一つに纏(まと)める、また纏めて順に並べる
◆丸い穴、窪み、同”坎”
◆(演劇などでの)動作、仕草(しぐさ)
【嵙】山3+科9=総画数12 U+5D59 [/やましな] [山ノ木禾、丶2⺀十斗科嵙]
◆[日]山科(やましな)、山と科の合字
【𢱃】手3+科9=総画数12 U+22C43 [カ/] [オ才扌ノ木禾、丶2⺀十斗ノ木禾、丶2⺀十斗科𢱃]
◆「犐(か、角のない牛)」の訛字
【犐】牛4+科9=総画数13 U+7290 [カ/] 【㸯】[牛牜ノ木禾、丶2⺀十斗科犐]
◆角(つの)のない牛、同”㸰”
◆「郭犐(かくか)」、牛の一種
【萪】艸3+科9=総画数12 U+842A [カ/] [サ十2艹艹ノ木禾、丶2⺀十斗科萪]
◆「萪藤」、海辺に生える蔓性の植物
◆海蔥(かいそう)、ユリ科の草
【蝌】虫6+科9=総画数15 U+874C [カ/] [中虫ノ木禾、丶2⺀十斗科蝌]
◆「蝌蚪(かと)」、オタマジャクシ、カエル(蛙)の子
【𤇫】火部
【𥝤】禾5+4=総画数9 U+25764 [リ/き・く] 【利𥝢】[ノ木禾ノ𠃌勹23勿𥝤]
◆刃物がよく切れる
◆都合がよい
◆効果がある
◆儲け
【𦴙】艸3+𥝤9=総画数12 U+26D19 [レイ、ライ/] 【黎𪏭㴝𪏯𪏱𥡚菞】[サ十2艹艹ノ木禾ノ𠃌勹23勿𥝤𦴙]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(れいぞく、リーぞく)」「黎民(れいみん)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(れいみん)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
【𩃻】雨8+𥝤9=総画数17 U+290FB [レイ、ライ/] 【𩆲】[雨ノ木禾ノ𠃌勹23勿𥝤𩃻]
◆未詳、「【字彙:戌集:雨部:𩃻】見周宣王石鼓文薛作霧郭云恐是籕文霾字」
【秝】禾5+5=総画数10 U+79DD [レキ、リャク/] 【𥤀】[ノ木禾2秝]
◆作物が生長に適した間隔で植えられているさま
【厤】厂2+秝10=総画数12 U+53A4 [レキ、リャク/] [厂ノ木禾2秝厤]
◆(農作業の時期や方法などが)理に適(かな)っている
◆暦(こよみ)、「暦」は元「曆」で農作業の適切な時期(「厤」)を示したもの
【𥕆】石5+秝10=総画数15 U+25546 [レキ、リャク/] 【礰】[石ノ木禾2秝𥕆]
◆「礔𥕆(へきれき)」、突然切り裂くように響き渡る激しい雷、同「霹靂」
◆「𥕆礋(れきたく)」、田畑の土を解(ほぐ)し同時に平らに均(なら)すための農具、板を筒状(断面が”〇”字状)に組み突起を付け、これを転がすように作ったもの、同「𥖪礋(らくたく)」、同じような用途の農具に「碌碡(ろくどく、細長い板を断面が”×””*”字状になるように組んだもの)」がある
【䔉】艸3+秝10=総画数13 U+4509 [レキ/] [サ十2艹艹ノ木禾2秝䔉]
◆草木が疎らなさま
◆俗”蒜”
【租】禾5+5=総画数10 U+79DF [ソ、ス/] [ノ木禾目且租]
◆年貢、支配者に納める田畑などからの収穫物
◆古代の税(租・庸・調)の一つで穀物などの収穫物、「庸」は労役、「調」は穀物以外の布などの現物
◆金銭を払って借りる
【蒩】艸3+租10=総画数13 U+84A9 [ソ、ショ、ス/] [サ十2艹艹ノ木禾目且租蒩]
◆茅(かや)などの藁(わら)の敷物、同”藉”
◆ドクダミ(蕺草)、 ドクダミ科の草
【秦】禾5+5=総画数10 U+79E6 [シン、ジン/はた] 【𥘿𥠼𥢮𣜈𥣠】[三人大夫𡗗ノ木禾秦]
◆周代後期の戦国時代(前475年~前221年)に諸国を統一して建った王朝{中国歴代王朝版図}
◆五胡十六国時代の国名、同名の国が三つあり、区別するために前秦・後秦・西秦と呼ばれる{中国歴代王朝版図}
◆中国陕西省の別称
【嗪】口3+秦10=総画数13 U+55EA [シン、ジン/] [口三人大夫𡗗ノ木禾秦嗪]
◆有機化合物の-zineを表す語
【嫀】女3+秦10=総画数13 U+5AC0 [シン、ジン/] [女三人大夫𡗗ノ木禾秦嫀]
◆女性名用字
◆古国名、未詳、同”㜪”、「【玉篇:卷三:女部第三十五:㜪嫀】二同色臻切有㜪國」
【搸】手3+秦10=総画数13 U+6438 [シン/] [オ才扌三人大夫𡗗ノ木禾秦搸]
◆集まる、集める
◆琴瑟(きんしつ)の音
【榛】木4+秦10=総画数14 U+699B [シン/はしばみ] 【樼𣐽】[木三人大夫𡗗ノ木禾秦榛]
◆ハシバミ(榛)、カバノキ科ハシバミ属の木、英名を「ヘーゼル(hazel)」といい実は「ヘーゼル・ナッツ」として有名
◆木や草が乱雑に叢(むら)がり生える
◆[日]ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【殝】歹4+秦10=総画数14 U+6B9D [シン/] [一タ夕歹三人大夫𡗗ノ木禾秦殝]
◆(命が)尽きる
【溱】水3+秦10=総画数13 U+6EB1 [シン/] [シ氵三人大夫𡗗ノ木禾秦溱]
◆「溱溱」、盛んなさま
【獉】犬3+秦10=総画数13 U+7349 [シン/] [ノ2犭三人大夫𡗗ノ木禾秦獉]
◆「獉狉」、草木が鬱蒼と生い茂って野獣が出てきそうなさま
【瑧】玉4+秦10=総画数14 U+7467 [シン/] [王三人大夫𡗗ノ木禾秦瑧]
◆玉(ぎょく)の名
【𥠼】禾5+秦10=総画数15 U+2583C [シン、ジン/はた] 【秦𥘿𥢮𣜈𥣠】[三人大夫𡗗ノ木禾秦ノ木禾2秝𥠼]
◆周代後期の戦国時代(前475年~前221年)に諸国を統一して建った王朝{中国歴代王朝版図}
◆五胡十六国時代の国名、同名の国が三つあり、区別するために前秦・後秦・西秦と呼ばれる{中国歴代王朝版図}
◆中国陕西省の別称
【縥】糸6+秦10=総画数16 U+7E25 [シン/] [糸三人大夫𡗗ノ木禾秦縥]
◆水の流れが速いさま
【臻】至6+秦10=総画数16 U+81FB [シン/] [一ム厶𠫔土至三人大夫𡗗ノ木禾秦臻]
◆目的とした所や時間に行き着く、到着する
◆多く(の人が)集まる
【蓁】艸3+秦10=総画数13 U+84C1 [シン/] 【𦳳】[サ十2艹艹三人大夫𡗗ノ木禾秦蓁]
◆草が盛んに生い茂るさま
【螓】虫6+秦10=総画数16 U+8793 [シン、ジン/] [中虫三人大夫𡗗ノ木禾秦螓]
◆小形で額が四角いセミ(蝉)の一種
◆「螓首」、額(ひたい)が広いさま
【𧤛】角7+秦10=総画数17 U+2791B [シン/] [ク用角三人大夫𡗗ノ木禾秦𧤛]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:準第十七:𧤛】阻引切角齊謂之𧤛」
【轃】車7+秦10=総画数17 U+8F43 [シン/] 【𨍬】[車三人大夫𡗗ノ木禾秦轃]
◆大きな車の床に敷いた木や竹で作った簀子(すのこ)
◆目的とした所や時間に行き着く、到着する、同”臻”
【𩌘】革9+秦10=総画数19 U+29318 [タツ、タチ/] 【𩌉𩋅】[十2廿口3革三人大夫𡗗ノ木禾秦𩌘]
◆鞭(むち)で打つ、鞭打つ、同”韃”
【秫】禾5+5=総画数10 U+79EB [シュツ、ジョツ、ズチ/] [ノ木禾十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮秫]
◆粘り気のあるアワ(粟)またコウリャン(高粱)の一種
【䢤】辵3+秫10=総画数13 U+48A4 [シュツ、ジュツ/の・べる] 【述】[ノ木禾十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮秫え辶辶䢤]
◆既に道筋が付いているものや頼りになるものに沿って行く、先例などに従う、同”循”
◆先人の事績を受け継ぎ伝える、そのために文章に書き表す、或いは言葉で言い表す
◆考えや思いを文章や言葉で言い表す
【秮】禾5+5=総画数10 U+79EE [カツ、ガチ/] 【秳𥞸𥟴】[ノ木禾ム厶口台秮]
◆穀物の実が搗いても潰れない(ほど殻が厚く硬い)さま
◆穀物の芽が生まれ出るさま、同”活”
【𤹇】疒5+秮10=総画数15 U+24E47 [未詳/] [ン冫广疒ノ木禾ム厶口台秮𤹇]
◆未詳、「【字彙補:午集拾遺:疒部:𤹇】音義未詳呂氏春秋有執蹠𤹇而上視者〇字疑誤」「【漢語大字典:疒部:𤹇】同”枱”」「【中華字海:疒部:𤹇】同”耜”」
【移】禾5+6=総画数11 U+79FB [イ/うつ・る] [ノ木禾タ夕2多移]
◆ものを今あるところから別のところに動かす、位置を変える、「穀物の苗を苗床から田畑に移し植える」の意
【𠗺】冫2+移11=総画数13 U+205FA [イ/] 【𣻗𠗄】[ン冫ノ木禾タ夕2多移𠗺]
◆氷室(ひむろ)
◆「𠗺門(いもん)」、氷室の門、同”謻””誃”
【𡻣】山3+移11=総画数14 U+21EE3 [イ/] [山ノ木禾タ夕2多移𡻣]
◆「崣𡻣(いい)」、山道がうねうねと曲がりくねっているさま、「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
【𣻗】水3+移11=総画数14 U+23ED7 [イ/] 【𠗺𠗄】[シ氵ノ木禾タ夕2多移𣻗]
◆氷室(ひむろ)
◆「𣻗門(いもん)」、氷室の門、同”謻””誃”
【熪】火4+移11=総画数15 U+71AA [イ/] [火ノ木禾タ夕2多移熪]
◆「燫熪」、火が消えないさま
【簃】竹6+移11=総画数17 U+7C03 [イ/] [竹ノ木禾タ夕2多移簃]
◆楼閣の横に並んで建つ小さな建物
【謻】言7+移11=総画数18 U+8B3B [イ/] 【𧩀】[言ノ木禾タ夕2多移謻]
◆「謻臺(いだい)」、周代洛陽にあった建物の名
◆「謻門(いもん)」、同「旁門(ぼうもん)」「掖門(えきもん)」、正門の両脇にある小門、また正門以外の門
◆「謻門(いもん)」、同「𠗺門」、氷室の門
【𪅨】鳥11+移11=総画数22 U+2A168 [未詳/] [ノ木禾タ夕2多移鳥𪅨]
◆小形のハト(鳩)、ハト科の鳥、未詳、「【方言:第八】鳩・・・其小者謂之𪅨鳩(今■鳩也)
【𥞫】禾5+6=総画数11 U+257AB [ショ/きび] 【黍𥞆】[ノ木禾米𥞫]
◆キビ(黍)、イネ科キビ属の穀物、また同属の草の称、「黍稷(しょくしょく)」{キビ}
◆「蜀黍(しょくしょ、)」、モロコシ(唐黍, 蜀黍)、イネ科モロコシ属の穀物、また同属の植物の総称、同「高粱(こうりょう、コーリャン)」{モロコシ}
◆度量衡の単位、黍の実は大きさや重さがほぼ一定であるため単位として用いたという、一粒(黍)=一分(度、長さ)、千二百粒(黍)=一龠(量、容量)、千二百粒(黍)=十二銖(衡、重量)、「【漢書:卷二十一上:律曆志上】度者分寸尺丈引也所以度長短也・・・一黍之廣度之九十分黃鐘之長一爲一分・・・量者龠合升斗斛也(・・・)所以量多少也・・・以子穀秬黍中者千有二百實其龠・・・權者銖兩斤鈞石也所以稱物平施知輕重也・・・一龠容千二百黍重十二銖・・・」
【𥼄】米6+𥞫11=総画数17 U+25F04 [フウ、ブ、フ/] 【粰】[米ノ木禾米𥞫𥼄]
◆米粉や小麦粉を捏(こ)ねて紐状に作り(輪状にして)油で揚げた食べ物、「𥼄𥹷(ふうりゅう)」、同”饊”
◆濃くとろみのある粥、同”饘”
◆穀物の実を覆う殻(から)、籾殻(もみがら)、籾糠(もみぬか)、同”稃””𥞂”
【稊】禾5+7=総画数12 U+7A0A [テイ、ダイ/] [ノ木禾ソ弓弔ノ丿𢎨弟稊]
◆イヌビエ(犬稗)、イネ科の草
◆ヒエ(稗)に似た雑草
【蕛】艸3+稊12=総画数15 U+855B [テイ、ダイ/] 【𧀾】[サ十2艹艹ノ木禾ソ弓弔ノ丿𢎨弟稊蕛]
◆ヒエ(稗、イネ科の草)の一種、またヒエに似た雑草
【稌】禾5+7=総画数12 U+7A0C [ト、ツ、ショ、ジョ/] 【䅷】[ノ木禾人𠆢一亼二小余稌]
◆モチイネ(糯稲)、イネ科イネ属の一年生作物、糯米(もちごめ)がとれる稲、同”𥺌”{モチイネ}
◆イネ(稲)、イネ科イネ属の一年生作物、またイネ属の植物の総称、同”𥺌”{イネ}
◆ナガイモ(長芋)、同「薯蕷(しょよ)」、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の草、またヤマノイモ属の植物の総称{ナガイモ}
【𦺪】艸3+稌12=総画数15 U+26EAA [ショ/] [サ十2艹艹ノ木禾人𠆢一亼二小余稌𦺪]
◆「𦺪藇(しょよ)」、同「藷藇」「薯蕷」、ナガイモ(長芋)、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の草、またヤマノイモ属の植物の総称{ナガイモ}
【稍】禾5+7=総画数12 U+7A0D [ソウ、ショウ/やや] [ノ木禾ハソ小月肖稍]
◆足りないことはないが十分ではない
◆やや、少し、ちょっと
◆穀物の穂が少しずつ出始めるさま
◆小さい
【𡡏】女3+稍12=総画数15 U+2184F [ソウ、ショウ/] 【娋】[ノ木禾ハソ小月肖稍女𡡏]
◆少しずつ侵(おか)す
◆姉
【潲】水3+稍12=総画数15 U+6F72 [ソウ、ショウ/] [シ氵ノ木禾ハソ小月肖稍潲]
◆雨が斜めに降り懸(か)る、また降り付ける
◆米や野菜などの食材や食器を洗った後の水、同”泔”
◆「潲水(そうすい)」、米や野菜などの食材や食器を洗った後の食材の切れ端や残飯などが混じった水、家畜の餌にする
【𥳓】竹6+稍12=総画数18 U+25CD3 [ソウ、ショウ/] [竹ノ木禾ハソ小月肖稍𥳓]
◆飯を入れる竹製の箱、五升ほどの大きさという、同”䈰”
【蕱】艸3+稍12=総画数15 U+8571 [ソウ、ショウ/] [サ十2艹艹ノ木禾ハソ小月肖稍蕱]
◆(花や葉が散り落ち)疎(まば)らで物寂しいさま、同”萷”、「【重訂直音篇:直音巻四:艸部二百一:萷】蕭疎貌蕱同上」
【黍】黍部
【稑】禾5+8=総画数13 U+7A11 [リク、ロク/] [ノ木禾土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴稑]
◆遅く植えて早く成熟する穀物、早く植えて遅く成熟するものは「穜」
【𦽂】艸3+稑13=総画数16 U+26F42 [リク、ロク/] 【𦸐】[サ十2艹艹ノ木禾土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴稑𦽂]
◆「蔏𦽂(しょうりく)」、ヤマゴボウ(山牛蒡)、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の草{ヤマゴボウ}
【稗】禾5+8=総画数13 U+7A17 [ハイ、ベ/ひえ] 【𥟑】[ノ木禾ノ田甶十2卑卑稗]
◆ヒエ(稗)、イネ科ヒエ属の植物、実を食用とする
◆(ヒエの実のように)小さいさま、取るに足らないさま
【薭】艸3+稗13=総画数16 U+85AD [/ひえ] [サ十2艹艹ノ木禾ノ田甶十2卑卑稗薭]
◆[日]「薭田(ひえだ)」、神社また地名
【稚】禾5+8=総画数13 U+7A1A [チ、ジ/いとけな・い] [ノ木禾ノ2隹稚]
◆まだよく育っていない、まだ小さい、幼い、若い
◆幼児
【𡦠】子3+稚13=総画数16 U+219A0 [キ/すえ] 【季𡥞𩐄𩐖】[ノ木禾ノ2隹稚子𡦠]
◆兄弟姉妹の中の最年少者、最年長者は「孟」
◆一年を四分した春夏秋冬のそれぞれの期間(四季)、その最後の月、最初は「孟」
◆時・季節・年・時代などの終わり
◆末(まつ)、最後、若い
【稜】禾5+8=総画数13 U+7A1C [ロウ、リョウ/] [ノ木禾土ハ八圥ノ丿ヌ又夂夌稜]
◆二つの面が合わさってできる線状の出っ張り、盛り上がった筋
【薐】艸3+稜13=総画数16 U+8590 [リョウ、ロウ/] [サ十2艹艹ノ木禾土ハ八圥ノ丿ヌ又夂夌稜薐]
◆「菠薐(はりょう、ホウレンソウ)」、アカザ科の野菜
【稟】禾5+8=総画数13 U+7A1F [ヒン、リン/] 【禀】[亠口囗2回㐭ノ木禾稟]
◆俸給、「㐭」は倉庫・「禾」は穀物を表し「食糧を倉庫から出して与える」の意
◆授かる、上位者から下位者に授ける
◆下位者が上位者に報告する
【凜】冫2+稟13=総画数15 U+51DC [リン/] 【凛】[ン冫亠口囗2回㐭ノ木禾稟凜]
◆凍り付くほどに寒い
◆身を引き締める
【壈】土3+稟13=総画数16 U+58C8 [ラン/] 【𡒄】[土亠口囗2回㐭ノ木禾稟壈]
◆「坎壈(かんらん)」、穴に落ちて動けないさま、思うようにならないさま
【廩】广3+稟13=総画数16 U+5EE9 [リン/] 【廪𢈺㐭𥠌】[广亠口囗2回㐭ノ木禾稟廩]
◆穀物また米を保管する円形の倉庫、方形は「倉」
◆蓄える
【懍】心3+稟13=総画数16 U+61CD [リン/] 【懔𢤭】[ハI|丨忄亠口囗2回㐭ノ木禾稟懍]
◆懼(おそ)れる、恐れてびくびくする
◆敬う、畏まる
【檁】木4+稟13=総画数17 U+6A81 [リン/] 【檩】[木亠口囗2回㐭ノ木禾稟檁]
◆建物正面に向かって左右方向に渡した横木、桁(けた)
【澟】水3+稟13=総画数16 U+6F9F [リン/] [シ氵亠口囗2回㐭ノ木禾稟澟]
◆水が冷たく清いさま
【燣】火4+稟13=総画数17 U+71E3 [ラン/] 【燷】[火亠口囗2回㐭ノ木禾稟燣]
◆黄色、焦(こ)げたような黄色
【癛】疒5+稟13=総画数18 U+765B [リン/] 【癝𤺡】[ン冫广疒亠口囗2回㐭ノ木禾稟癛]
◆寒さで粟立つ、凍り付くほどに寒い、同”凛”
◆寒さで病気になる
【𦼹】艸3+稟13=総画数16 U+26F39 [ヒン、リン/] [サ十2艹艹亠口囗2回㐭ノ木禾稟𦼹]
◆藤(ふじ)、蔓性の植物
【𨎹】車7+稟13=総画数20 U+283B9 [リン/] 【𨎺𨏸】[車亠口囗2回㐭ノ木禾稟𨎹]
◆「輡𨎹(かんりん)」、同「轗軻(かんか)」◇車が窪みに嵌(はま)ってなかなか進めないさま◇思うようにならないさま
【䅥】禾5+9=総画数14 U+4165 [カツ、カチ/] [ノ木禾日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷䅥]
◆穀物の苗が高く伸びるさま、立派に育った穀物の苗
◆糠(ぬか)
【藒】艸3+䅥14=総画数17 U+85D2 [ケツ/] 【𦿋】[サ十2艹艹ノ木禾日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷䅥藒]
◆「藒車(けっしゃ)」、同「芞藇(きよ)」、香草名、古く脱臭や防虫に用いたとされ、一説に葉は黄色で白い花が咲くという
【稨】禾5+9=総画数14 U+7A28 [ヘン/] 【𥣰𥤓𥤍𥡐】[ノ木禾、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁稨]
◆「稨豆(へんとう)」、フジマメ(藤豆)、マメ科フジマメ属の蔓性の草、また同属の草の称、同「藊豆」「扁豆」「邊豆」{フジマメ}
【藊】艸3+稨14=総画数17 U+85CA [ヘン/] [サ十2艹艹ノ木禾、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁稨藊]
◆「藊豆(へんとう)」、フジマメ(藤豆)、マメ科フジマメ属の蔓性の草、また同属の草の称、同「稨豆」「扁豆」「邊豆」{フジマメ}
【稫】禾5+9=総画数14 U+7A2B [ヒョク、ヒキ/] [ノ木禾一口田畐稫]
◆「稫稄」、穀物がびっしりと茂るさま
【𤐧】火4+稫14=総画数18 U+24427 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾一口田畐稫火𤐧]
◆焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤐸】火4+稫14=総画数18 U+24438 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾一口田畐稫、丶4灬𤐸]
◆焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【稱】禾5+9=総画数14 U+7A31 [ショウ/とな・える、たた・える] 【称穪】[ノ木禾ノツ爪爫爫冂土冉爯稱]
◆~と言う、~と述べる
◆~と呼ぶ、~という名で呼ばれる
◆ものの軽重や能力を量る、釣り合う、釣り合いが取れる
◆高く持ち上げる
◆褒める
【䕝】艸3+稱14=総画数17 U+455D [ショウ/] [サ十2艹艹ノ木禾ノツ爪爫爫冂土冉爯稱䕝]
◆ゴマ(胡麻)、ゴマ科の草
【穀】禾5+9=総画数14 U+7A40 [コク/] 【穀糓𣫗𣫋𥝻𥡛𥞤】[土士ワ冖ノ木禾ク刀几ヌ又殳殼穀]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
◆簡”谷”
【濲】水3+穀14=総画数17 U+6FF2 [コク/] 【瀔】[シ氵土士ワ冖ノ木禾ク刀几ヌ又殳穀濲]
◆「濲水」、河南省を源とする川
【稸】禾5+10=総画数15 U+7A38 [キク/] [ノ木禾亠くム厶幺玄田畜稸]
◆集めて蓄(たくわ)える、堆(うずたか)く蓄える、同”蓄””𧁃”
【𧁃】艸3+稸15=総画数18 U+27043 [キク/] [サ十2艹艹ノ木禾亠くム厶幺玄田畜稸𧁃]
◆冬に備えて野菜を蓄(たくわ)える、同”蓄””稸”
【稽】禾5+10=総画数15 U+7A3D [ケイ、ケ/] 【𥡴𥟵𥞞𥡞𥡳】[ノ木禾一ノ丿ナL乚尢、丶尤ヒ七𠤎匕日旨稽]
◆留(とど)まる、同じ状態を続ける
◆「稽首(けいしゅ)」、跪(ひざまず)き、膝の前で手を揃えて地に着け、頭をその手に乗せ、その状態を保つ礼、九拝(拝礼の作法)の内で最も丁寧なもの{姿勢(拝礼)}
◆よく調(しら)べ考える、よく調べ吟味する、よく調べ較(くら)べ合わせる
◆「稽古(けいこ)」◇昔のことをよく調べそれに学ぶこと◇[日]学問や武芸などを習い鍛えること
【鑙】金8+稽15=総画数23 U+9459 [ケイ、ケ/] [金ノ木禾一ノ丿ナL乚尢、丶尤ヒ七𠤎匕日旨稽鑙]
◆堅固なさま
【稾】禾5+10=総画数15 U+7A3E [コウ/わら] 【稿稁】[亠口冂口冋2高ノ木禾稾]
◆穀物の茎、穀物の実を取った後の茎を乾燥させたもの、藁(わら)
◆詩文や図画の下書き
【藳】艸3+稾15=総画数18 U+85F3 [コウ/わら] 【藁】[サ十2艹艹亠口冂口冋2高ノ木禾稾藳]
◆穀物の実を取った後の茎を乾燥させたもの
◆「藳本(コウホン)」、セリ科の草
【黎】黍部
【穀】禾5+10=総画数15 U+FA54 [コク/] 【穀糓𣫗𣫋𥝻𥡛𥞤】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ木禾穀]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
【瀔】水3+穀15=総画数18 U+7014 [コク/] 【濲】[シ氵土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ木禾穀穀瀔]
◆「瀔水」、河南省を源とする川
【穌】禾5+11=総画数16 U+7A4C [ソ、ス/] 【稣】[ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌]
◆死後の世界から帰って来る、同”蘇”
【㢝】广3+穌16=総画数19 U+389D [ソ、ス/] [广ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌㢝]
◆「廜㢝(とそ)」、同「屠蘇」、粗末な家、病除けのために正月に飲む酒
【𦢦】月(肉)4+穌16=総画数20 U+268A6 [ソ、ス/] 【酥𨣺𨢭𦣑】[月ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌𦢦]
◆牛や羊などの乳に熱を加え攪拌し冷ますと表面に浮いてくるもの、またそれを更に煮詰め濃くしたもの、バターやチーズなどの類
◆ぽろぽろとした、かりかりとした、ぱりぱりとした、さくさくとした、多く高温の油で揚げた食べ物の名に使われる
【櫯】木4+穌16=総画数20 U+6AEF [ソ、ス/] [木ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌櫯]
◆緋色の染料になるという木
【蘇】艸3+穌16=総画数19 U+8607 [ソ、ス/よみがえ・る] 【蘓𧁨苏】[サ十2艹艹ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌蘇]
◆黄泉(よみ、死者の世界)から帰って来る、死者が生き返る、同”甦”
◆滞(とどこお)っていたものが流れ始める、醒(さ)める、回復する
◆シソ(紫蘇)などのシソ科シソ属の草{シソ}
◆「屠蘇(とそ)」、病除けのために正月に飲む酒
【𨣺】酉7+穌16=総画数23 U+288FA [ソ、ス/] 【酥𨢭𦢦𦣑】[西酉ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌𨣺]
◆牛や羊などの乳に熱を加え攪拌し冷ますと表面に浮いてくるもの、またそれを更に煮詰め濃くしたもの、バターやチーズなどの類
◆ぽろぽろとした、かりかりとした、ぱりぱりとした、さくさくとした、多く高温の油で揚げた食べ物の名に使われる
【積】禾5+11=総画数16 U+7A4D [セキ、シャク/つ・む] 【𥢼积𥡯】[ノ木禾十二三土龶目ハ貝責積]
◆(刈り取った穀物を)集めて次々に重ねて行く、上へ上へと重ねて行く
◆堆(うずたか)く蓄(たくわ)える、貯(た)める
◆数学で掛け算の結果
◆「疳積(かんしゃく)」、慢性的な栄養失調などにより次第に痩せて腹が出る乳幼児の胃腸の病気、同「疳癪」
【廭】广3+積16=総画数19 U+5EED [セキ、シャク/] [广ノ木禾十二三土龶目ハ貝責積廭]
◆未詳
【癪】疒5+積16=総画数21 U+766A [セキ、シャク/] [ン冫广疒ノ木禾十二三土龶目ハ貝責積癪]
◆「疳癪(かんしゃく)」、慢性的な栄養失調などにより次第に痩せて腹が出る乳幼児の胃腸の病気、同「疳積」
◆子どもが突然引き付けを起こしたり泣き出したりする症状
◆[日]胸や腹などが突然激しく痛む症状、さしこみ
◆[日]突然腹を立てる
【穎】禾5+11=総画数16 U+7A4E [エイ、ヨウ/] 【颖頴颕𩒠】[ヒ七𠤎匕百目自𦣻貝頁頃ノ木禾穎]
◆穀物の穂(ほ)、また穂先
◆尖ったものの先端
◆(多くのものの中からそこだけが)抜きん出る、秀(ひい)でる
【蘔】艸3+穎16=総画数19 U+8614 [ケイ、キョウ/] 【蘏】[サ十2艹艹ヒ七𠤎匕百目自𦣻貝頁頃ノ木禾穎蘔]
◆麻製の裏地の付いていない単(ひとえ)の衣服
【穐】禾5+11=総画数16 U+7A50 [シュウ、シュ/あき、とき] 【秋𥡄𥡌龝𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨秌𤇫𥝛𥝚】[ノ木禾ク日田2L乚甩亀穐]
◆穀物の実が成熟して収穫する季節
◆物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
【蘒】艸3+穐16=総画数19 U+8612 [/はぎ] 【蘒】[サ十2艹艹ノ木禾ク日田2L乚甩亀穐蘒]
◆[日]姓用字
【𥡝】禾5+11=総画数16 U+2585D [ケン/] [ノ木禾ヨ秉2𥡝]
◆同”兼”
◆同”謙”
【𢋯】广3+𥡝16=総画数19 U+222EF [レン/かど] 【廉㢘𠪊𤎉亷𠔳𠪕】[广ノ木禾ヨ秉2𥡝𢋯]
◆建物の外と内を区切る境目、外(あちら、向こう側)と内(こちら、手前側)との区切り・境目
◆建物や部屋の角(かど)また隅(すみ)、「向こう側と手前側の区切り・境目となるところ」の意
◆けじめ、「守るべきことかどうかの区切り・境目」の意
◆自らをしっかりと戒(いまし)めけじめを守る
◆無闇(むやみ)に利益を追い求めない、度を越した欲がない
◆[日]かど、限定的な或いは特定の事柄・理由
【穛】禾5+12=総画数17 U+7A5B [サク/] 【𥼚】[ノ木禾ノ2隹、丶4灬焦穛]
◆早く収穫できる穀物の品種、早稲(わせ)、遅く成熟する品種は「稰」
【䕴】艸3+穛17=総画数20 U+4574 [サク、ソク/] 【𧂒𧄝】[サ十2艹艹ノ木禾ノ2隹、丶4灬焦穛䕴]
◆トリカブト(鳥兜)などのキンポウゲ科トリカブト属の草の根、毒性は強いが適量であれば薬用となる、同「附子(ぶし、ぶす)」、「【集韻:卷九:入聲上:覺第四:𧂒䕴𧄝】藥艸博雅𧂒蒵䓯附子也或从禾从米」{トリカブト}
【𥣞】禾5+14=総画数19 U+258DE [チョウ、テキ/] 【䊮】[ノ木禾羽羽ノ2隹翟𥣞]
◆穀物
【𧅈】艸3+𥣞19=総画数22 U+27148 [チョウ、ジョウ、タク、ダク/] 【藋𧅛】[サ十2艹艹ノ木禾羽羽ノ2隹翟𥣞𧅈]
◆シロザ(白藜)、ヒユ科アカザ属の草{シロザ}
◆「蒴𧅈(さくだく、ソクズ)」、レンプクソウ科ニワトコ属の草{ソクズ}
◆「藜𧅈(れいちょう)」、どうにか食べられる草、貧しい者が食用とする草
【龝】龜部
【穰】禾5+17=総画数22 U+7A70 [ジョウ、ニョウ/] 【穣】[ノ木禾亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄穰]
◆穀物の茎の表皮を取り除いた部分
◆穀物が豊かに実る、豊作
◆豊かなさま
◆10の28乗、但し時代によって異なる{数字}
【𧅼】艸3+穰22=総画数25 U+2717C [ジョウ、ニョウ/] 【䖆】[サ十2艹艹ノ木禾亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄穰𧅼]
◆「𧅼葇(じょうじゅう)」、未詳、シソ科シソ属の草で小さいものという、「【方言:第三】蘇亦荏也・・・其小者謂之䖆葇」
◆未詳、「【廣韻:上聲:養第三十六:壤:䖆】䖆菜爲𦵔」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 禾部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です