総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「自部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 自部」 [部首索引


自6+0=総画数6 U+81EA [シ、ジ/みずか・ら、おの・ずから] 𦣹𦣼
◆みずか・ら、己(おのれ)、己の
◆おの・ずから、ひとりでに、他からの影響を受けずに、それのみの力や意志で
◆~から、~より、場所や時間の起点を表す
◆みずから、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
𦣹自6+0=総画数6 U+268F9 [シ、ジ/みずか・ら、おの・ずから] 自𦣼
◆みずか・ら、己(おのれ)、己の
◆おの・ずから、ひとりでに、他からの影響を受けずに、それのみの力や意志で
◆~から、~より、場所や時間の起点を表す
自6+1=総画数7 U+81EB [コウ、キョウ/]
◆未詳「【康熙字典:未集下:自部:臫】《篇海》居小切音絞自重之也」「【漢字源:自部:臫】自ら重んじる」「【漢語大字典:自部:臫】同"{⿰目乚}(𥃧)"」
𦣺自6+1=総画数7 U+268FA [ハク、ビャク/しろ、しろ・い、しら] 白𤼽
◆無色、雪の色、どんな色にも染まっていないさま、同「㿟」「皛」
◆曇りがないさま、汚(けが)れがないさま、清(きよ)いさま
◆何もないさま、あるがままであるさま、「白民ハクミン(無位無官の人、庶民)」
◆隠したり飾ったり偽ったりするところがないさま
◆明らかなさま、「明白メイハク」
◆包み隠さず申し述べる、正直に報告する、「告白コクハク」
𦣻自6+1=総画数7 U+268FB [シュウ、シュ、ハイ、バイ/]
◆頭と頭を支える部分、多く「頭を支える部分」の意で用いられるが本来は肩から先の頭と首を合わせた部分を指す、同「首」
◆百、十の十倍、同「百」
漢字林(非部首部別)
筆順
𦣼自6+1=総画数7 U+268FC [シ、ジ/みずか・ら、おの・ずから] 自𦣹
◆みずか・ら、己(おのれ)、己の
◆おの・ずから、ひとりでに、他からの影響を受けずに、それのみの力や意志で
◆~から、~より、場所や時間の起点を表す
𦣽自6+2=総画数8 U+268FD [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:自部:𦣽】古文惠字」
自6+3=総画数9 U+81ED [シュウ、シュ/にお・い、くさ・い] 𦤀臭
◆匂(にお)い、鼻(はな)で感じ取るものの総称
◆物が腐(くさ)ったような臭(にお)い、不快な匂い、嫌(いや)な匂い、同「臰」
筆順
邑部
𢍂廾部
𦣿自6+3=総画数9 U+268FF [ケイ、キョウ/みやこ] 京𢂋𡬱
◆高台(たかだい)、小高い丘
◆(多く高台に宮城があったことから)首都、王宮や中央政府の所在地、都みやこ、同「亰」
◆一兆の一万倍 {数字}、古くは千万(一万の千倍で「下数」と呼ばれる十進法での数) {数字}
𦤀自6+3=総画数9 U+26900 [シュウ、シュ/にお・い、くさ・い] 臭臭
◆匂(にお)い、鼻(はな)で感じ取るものの総称
◆物が腐(くさ)ったような臭(にお)い、不快な匂い、嫌(いや)な匂い、同「臰」
自6+4=総画数10 U+81EC [ゲツ、ゲチ/]
◆門の中央の地面に打ち込む短い杭(くい)、門の扉を閉めた時にそれ以上外に開かないようにするためのもの、同「闑」
◆(動かないように立てた)杭、柱、棒
◆練習用の矢の的(まと)の中心、同「槷」
◆時刻を測るために立てた棒、日時計の棒
◆基準・標準となるもの、法ホウ
漢字林(非部首部別)
自6+4=総画数10 U+FA5C [シュウ、シュ/にお・い、くさ・い] 臭𦤀
◆匂(にお)い、鼻(はな)で感じ取るものの総称
◆物が腐(くさ)ったような臭(にお)い、不快な匂い、嫌(いや)な匂い、同「臰」
漢字林(非部首部別)
𣳻水部
𦤃自6+4=総画数10 U+26903 [コウ、オウ/きみ、すめら] 皇𦤍
◆君主、偉大な王、天下を治める者、「皇帝コウテイ」「皇天コウテン(天の神、天下を治める者)」
◆大きい、偉大な、神々(こうごう)しい
◆煌々コウコウと光り輝(かがや)く、輝かしい、明々とした光が四方に広がる、同「煌」
◆祖先に対する敬称
◆「堂𦤃・堂堭ドウコウ」◇四方に壁のない広い部屋、大きな広間(ひろま)◇大きく堂々としたさま
◆[日]すめら、天下を治(おさ)める者を指す語、「天皇テンノウ(すめらぎ)」
漢字林(非部首部別)
𦤄自6+4=総画数10 U+26904 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:自部:𦤄】同"𥄕"」
𦤆自6+4=総画数10 U+26906 [ウン/くも]
◆空中の細かい水滴が集まり浮かんでいるもの、水滴が大きくなり地表付近にまで落下してくるものが「雨」「雪」 {雲}
◆(雲のように)もやもやとしたもの、たくさん集まっているさま、天空高くにあるさま
𦤇自5+4=総画数9 U+26907 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:自部:𦤇】居虧切音歸見篇海疑與皈為一字」
𦤉自6+4=総画数10 U+26909 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:自部:𦤉】床全切音船亦作{⿰自㕣}」
𦤊自6+4=総画数10 U+2690A [ジク、ニク/]
◆鼻血、鼻からの出血、同「䶊」「衄」「【字彙補:未集:自部:𦤊】與衂同○又而六切音肉鼻出血也」
𦤋自6+4=総画数10 U+2690B [ヨウ/]
◆寝息を立てる、睡眠中に鼾(いびき)をかく、同「㞒」「【類篇:自部:𦤋】倪吊切卧息」
𤯣生部
𦤌自6+5=総画数11 U+2690C [キ、ギ/] 臮𣳻𠕨𡮧
◆(過去のことが今に)及ぶ、及ぼす、(これまでのことがあって今に)至る、同「曁」「洎」
𦤍自6+5=総画数11 U+2690D [コウ、オウ/きみ、すめら] 皇𦤃
◆君主、偉大な王、天下を治める者、「皇帝コウテイ」「皇天コウテン(天の神、天下を治める者)」
◆大きい、偉大な、神々(こうごう)しい
◆煌々コウコウと光り輝(かがや)く、輝かしい、明々とした光が四方に広がる、同「煌」
◆祖先に対する敬称
◆「堂𦤍・堂堭ドウコウ」◇四方に壁のない広い部屋、大きな広間(ひろま)◇大きく堂々としたさま
◆[日]すめら、天下を治(おさ)める者を指す語、「天皇テンノウ(すめらぎ)」
自6+6=総画数12 U+81EE [キ、ギ/] 𦤌𣳻𠕨𡮧
◆(過去のことが今に)及ぶ、及ぼす、(これまでのことがあって今に)至る、同「曁」「洎」
自6+6=総画数12 U+81EF [コウ/] 皐皋𦤗
◆高い、高いところ
◆岸辺(きしべ)、湿地、沢(さわ)、「水面よりも高い陸地」の意
◆「皐月コウゲツ(さつき)」、五月(さつき)、早苗月(さなえづき)、「苗を植えるために田に水を張る月」の意
◆高く大きな声で叫ぶ、同「嘷」
漢字林(非部首部別)
自6+6=総画数12 U+81F0 [シュウ、シュ/]
◆不快な臭(にお)い、嫌(いや)な臭い、同「臭」
漢字林(非部首部別)
𦤐自6+6=総画数12 U+26910 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷三:平聲三:唐第十一:皇𦤐】說文大也从自自始也始皇者三皇大君也亦姓」
𦤒自6+6=総画数12 U+26912 [シュウ、シュ/お・わる、お・える、つい・に、しま・う、しま・い] 終𦄖终𣈩𣊜𣉉𣊂𤽬𤽫𤽘𢒣𡦿𢍐𠂂𠔾
◆途切れずに続いているものの後方の部分、始まりの部分は「始」
◆続いていたものが尽きる、これから先はないところにまで到(いた)る
◆最後に、ついに、しまいに、とうとう
◆(高貴な)人の死、同「𣧩」、一般の人は「死」
𦤓自6+6=総画数12 U+26913 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:自部:𦤓】【中華字海:自部:𦤓】同"鼻"」
𦧗舌部
辛部
𦤔自6+7=総画数13 U+26914 [ベン、メン/] 臱𦤝
◆遠くを(遠くのものを)見るさま「【廣韻:下平聲:仙第二:緜:臱】視逺之皃」
◆(遠くて、奥深くて、小さくて)よく見えないさま
𦤖自6+8=総画数14 U+26916 [サイ、ザイ/つみ、つみ・する] 罪𦋛辠𤾐𡈚
◆魚を獲(と)るための竹製の網
◆法ホウを犯す、法に反する、またそのような行為、罰せられるべき過(あやま)ち、またそのような行為をした者、またそのような者を罰する
◆過失、過ち
𦤗自6+8=総画数14 U+26917 [コウ/] 皐皋臯
◆高い、高いところ
◆岸辺(きしべ)、湿地、沢(さわ)、「水面よりも高い陸地」の意
◆「皐月コウゲツ(さつき)」、五月(さつき)、早苗月(さなえづき)、「苗を植えるために田に水を張る月」の意
◆高く大きな声で叫ぶ、同「嘷」
頁部
自6+9=総画数15 U+81F1 [ベン、メン/] 𦤔𦤝
◆遠くを(遠くのものを)見るさま「【廣韻:下平聲:仙第二:緜:臱】視逺之皃」
◆(遠くて、奥深くて、小さくて)よく見えないさま
漢字林(非部首部別)
𦤘自6+9=総画数15 U+26918 [ヨウ、ユウ/] 𠆒
◆良いものを選び用いる、同「庸」「【說文解字:亯部:𦤘】用也从亯从自自知臭香所食也」
𦤙自6+9=総画数15 U+26919 [ゲツ、ゲチ/]
◆「𣙗𦤙ゲツゲツ」、ぐらぐらして不安定なさま、危(あや)ういさま
自6+10=総画数16 U+81F2 [ゲツ、ゲチ/] 𦤞
◆「臲卼ゲツゴツ」、今にも崩れそうで危(あや)ういさま、ぐらぐらして不安定なさま
𦤜自5+10=総画数15 U+2691C [ゴ、グ/さと・る] 悟忢𢛤𠵥𠼘𥄪𢤓
◆眠りから醒(さ)める
◆それまで見えなかったものが見えるようになる、迷いから覚(さ)める、ぼんやりしていた物事をはっきりと理解する(できる)ようになる
𦤝自5+10=総画数15 U+2691D [ベン、メン/] 臱𦤔
◆遠くを(遠くのものを)見るさま「【廣韻:下平聲:仙第二:緜:臱】視逺之皃」
◆(遠くて、奥深くて、小さくて)よく見えないさま
漢字林(非部首部別)
𦤞自6+10=総画数16 U+2691E [ゲツ、ゲチ/]
◆「𦤞𠨜ゲツゴツ」、今にも崩れそうで危(あや)ういさま、ぐらぐらして不安定なさま
𦤡自6+11=総画数17 U+26921 [ユウ、オウ/]
◆食べ物が傷(いた)み臭(にお)う、またその臭い「【集韻:卷十:入聲下:業第三十一:䭂𦤡𨜀】䭂饖臭也」
𧑉虫部
𦤦自6+13=総画数19 U+26926 [カツ、カチ、エツ、オチ/]
◆物が腐(くさ)ったような嫌(いや)な臭(にお)い、同「𦤪」「餲」
𦤧自6+13=総画数19 U+26927 [サイ、ザイ/]
◆犬などの動物の臭(にお)い
◆事が露見する
𦤪自5+13=総画数18 U+2692A [カツ、カチ/]
◆物が腐(くさ)ったような嫌(いや)な臭(にお)い、同「𦤦」
𦤫自6+14=総画数20 U+2692B [ヒ、ビ/] 䫁𩓑
◆親犬が産んだ最初の子犬、人でいう長子
𦤬自6+14=総画数20 U+2692C [カイ、ガイ/]
◆「𦤬𦤧」、犬などの動物の臭(にお)い
𦤲自6+20=総画数26 U+26932 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:自部:𦤲】與佛字同〇亦作{⿺■自}(「真理に目覚めた人、覚者カクシャ」の意か?)


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 自部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です