総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 戸部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 戸部」 [部首索引


戸4+0=総画数4 U+6238 [コ、グ、ゴ/と、へ] 戶户
◆開閉ができる外と内の仕切り、家や部屋の出入り口の片開きの扉、門内の建物の出入り口の扉、同「㦿」「𣥘」、大きな建物の出入り口の両開きの扉は「扉」、「【康熙字典:卯集中:戶部:戶】…《六書精薀》室之口也凡室之口曰戶堂之口曰門內曰戶外曰門一扉曰戶兩扉曰門…」
◆人の住む家、またそれを数える言葉
◆[日]横方向に滑らせるようにして開閉する内と外との仕切り
戸4+口3=総画数7 U+542F [ケイ、ケ/]
◆閉じていた戸を押し開く、押し広げる、同「啓」「𢻻」
◆開(ひら)ける、明(あ)ける、明るくなる、同「啓」
◆繁「啓」
𠯖戸4+口3=総画数7 U+20BD6 [カン、ゴン/] 𢎘𠮤
◆草木の蕾(つぼみ)が今にも咲き出しそうに膨らんでいるさま
𡉴戸4+土3=総画数7 U+21274 [ロ、ル/] 壚垆
◆粘り気がない黒く固い土
◆酒を温める土製の竈(かまど)
◆(酒屋は酒を温める竈を設けていたことから)酒屋
戸4+女3=総画数7 U+5992 [ト、ツ/ねた・む]
◆自分と比較して他人がより美しい・可愛がられる・幸せである・優れていることなどを羨(うらや)み憎(にく)らしく思う、焼餅(やきもち)を焼く(妬く)、また妻(女性)のその様子、「嫉妒(シット)」「妒忌(トキ)」「妒媢(トボウ)」
戸4+巾3=総画数7 U+5E0D [コ、グ、ゴ/]
◆婦人用の頭に被るスカーフのような布
戸4+广3=総画数7 U+5E90 [リョ、ロ、ル/] 廬𡳬𠫂
◆小さく粗末な家
◆仮住まいのための小さな家、一時的に寝泊まりする小屋
◆耕作地に建てる監視や休息するための小屋
𢨯戸4+戸4=総画数8 U+22A2F [ボウ、ミョウ/]
◆扉が開かれる、開け放たれる
𢨳戸4+戸4=総画数8 U+22A33 [未詳/]
◆未詳
戸4+手3=総画数7 U+62A4 [コ、ゴ/まも・る]
◆周(まわ)りを囲んで中のものを守る、庇(かば)い守る、外からの災禍(サイカ)や危害(キガイ)などを防ぎ守る、「保護(ホゴ)」
𢻻戸4+攴4=総画数8 U+22EFB [ケイ、ケ/] 𢼄
◆閉じていた戸を押し開く、押し広げる、同「啓」
𢼄戸4+攴4=総画数8 U+22F04 [ケイ、ケ/] 𢻻
◆閉じていた戸を押し開く、押し広げる、同「啓」
戸4+日4=総画数8 U+6608 [コ、グ、ゴ/]
◆明らか、明確な
◆赤く鮮やかな紋様
戸4+月(肉)4=総画数8 U+80A9 [ケン/かた] 𦚑𦙪𢩌𡱎
◆首の付け根から腕の付け根までの部分、四足の動物の場合は両前足の付け根の間の部分 {人体(上肢)}
◆責任や任務などを担(にな)う、またそれによく耐える、「【爾雅注疏:釋詁】犯奢果毅剋捷功肩堪勝也(…《疏》皆謂得勝也舎人曰肩強之勝也…)」
𦙅戸4+月(肉)4=総画数8 U+26645 [ト、ツ/] 𦘴
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「胍𦘴(コト)」「𦘴胍(トコ)」
𦚑戸5+月(肉)4=総画数9 U+26691 [ケン/かた] 肩𦙪𢩌𡱎
◆首の付け根から腕の付け根までの部分、四足の動物の場合は両前足の付け根の間の部分 {人体(上肢)}
◆責任や任務などを担(にな)う、またそれによく耐える、「【爾雅注疏:釋詁】犯奢果毅剋捷功肩堪勝也(…《疏》皆謂得勝也舎人曰肩強之勝也…)」
戸4+木4=総画数8 U+67A6 [ロ、ル/はぜ] 櫨栌
◆枓栱(斗栱、トキョウ)、方形の木材(枓)と"U"字形の木材(栱)を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(ハクロ)」 {建物}
◆「黄枦(コウロ)」、ケムリノキ(煙の木)、ウルシ科ハグマノキ属の木、別名「ハグマノキ(白熊の木)」「スモーク・ツリー」 {ケムリノキ}
◆[日]はぜ、ハゼノキ(黄櫨の木, 櫨の木)、ウルシ科ウルシ属の木 {ハゼノキ}
戸4+水3=総画数7 U+6CAA [コ、ゴ、グ/]
◆川名、呉淞江(ゴショウコウ)の下流で上海(シャンハイ)市付近を流れる
◆上海の別称 {上海市}
◆水中に竹などを柵(さく)状に組み、入り込んだ魚などが出られないようにした仕掛け、同「籪」
戸4+火4=総画数8 U+7089 [ロ、ル/]
◆火を焚き物を温めたり焼いたりする設(しつら)え、竈(かまど)や「焜炉(コンロ)」「暖炉(ダンロ)」「囲炉裏(いろり)」、同「鑪」 {什器(爐)}
戸4+米6=総画数10 U+7C90 [/ぬか]
◆[日]「粐蒔沢(ぬかまきざわ)」、地名、秋田県秋田市
戸4+糸6=総画数10 U+42C0 [カ、ケ/]
◆履物(はきもの)、藁(わら)などを編んで作る履物、同「㞜」、「【方言:第四】屝屨麤履也…粗者謂之𡲾…西南梁益之間或謂之𡲾(…)或謂之䋀(…)…」
戸4+糸6=総画数10 U+42C6 [/かせ]
◆[日]「䋆村(かせむら)」「䋆谷(かせや)」、いずれも姓
戸4+聿6=総画数10 U+8081 [チョウ、ジョウ/]
◆始める、開始する、同「肇」
◆謀(はか)る、どうしたらよいかあれこれ考えを巡(めぐら)らす
戸4+舟6=総画数10 U+822E [ロ、ル/とも] 艫舻
◆とも、船尾(センビ)、船の進む方に向かって最後部、櫓(ロ)を漕ぐところ、船首を「舳」
◆船首(センシュ)、船の進む方に向かって先端或いは前方の部分、櫂(かい)を刺して船を進めるところ、船の進む方向を操作するところを「舳」、「【說文解字注:舟部:艫】舳船後持柁處艫船頭刺櫂處」
◆「舳舮(ジクロ)」◇船首と船尾◇船首と船尾が触れ合うほどに連なり進むさま
注解:「艫」と「舳」はいずれも「船首」「船尾」の両方の意を持つが、「船頭(セントウ)」を「船首」と読むか「船長」と読むかで混乱していることによるもののように思われる
戸4+艸3=総画数7 U+82A6 [ロ、ル/あし]
◆ジオウ(地黄)、ゴマノハグサ科ジオウ属の草、根茎は生薬として利用される、同「芐」 {ジオウ}
◆繁「蘆」
戸4+車7=総画数11 U+484E [ロ、ル/] 轤𨋤轳
◆「轆䡎(ロクロ)」◇井戸の釣瓶(つるべ)を上げ下げするための回転する円筒状(丸い棒状、或いは滑車状)の装置、同「樚櫨」◇[日]陶芸や木工芸で回転させて材料を整形したり削ったりする道具
戸4+金8=総画数12 U+9229 [ロ、ル/]
◆火を焚き物を温めたり焼いたりする設(しつら)え、囲炉裏(いろり)、同「爐(炉)」
◆炭や火種を入れる金属製の器
◆酒を温める土製の竈(かまど)、酒屋、同「壚」
◆「鑉鑪、鉀鑪(コウロ)」、矢柄(やがら、矢の棒)の名、小さく(細く)長い矢柄で途中に二つの孔を穿(うが)ったものという、同「鉀鑪(コウロ)」、「【方言:第九】箭其小而長中穿二謂之鉀鑪(今箭錍鑿空兩邊者也…)」
◆ラザホージウムRutherfordium(Rf)、元素名 {ラザホージウム}
戸4+隹8=総画数12 U+96C7 [コ、グ、ゴ/やと・う]
◆賃金を支払って人を使う、同「傭」「僱」
◆金を払って物や力を借りる
◆渡り鳥、候鳥(コウチョウ)、時候の変化を感じ取ったり農作業などの目安としたりする鳥、同「鳸」、「【說文解字:隹部:雇】九雇農桑候鳥扈民不婬者也从隹戶聲春雇鳻盾夏雇竊玄秋雇竊藍冬雇竊黃棘雇竊丹行雇唶唶宵雇嘖嘖桑雇竊脂老雇鷃也」
馿戸4+馬10=総画数14 U+99BF [リョ、ロ/] 驢𩧥𩢬驴𩢉
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称
戸4+馬3=総画数7 U+9A74 [リョ、ロ/] 驢𩧥𩢬馿𩢉
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称
𩢉戸4+馬10=総画数14 U+29889 [リョ、ロ/] 驢𩧥𩢬馿驴
◆ロバ(驢馬)、ウマ科ウマ属ロバ亜属の動物の総称
戸4+魚11=総画数15 U+9B72 [ロ、ル/すずき] 鱸鲈𩽬
◆スズキ(鱸)、スズキ科スズキ属の海水魚、「花鱸(カロ)」
◆ペルカ科ペルカ属の魚の総称
戸4+鳥11=総画数15 U+9CF8 [コ、グ、ゴ/] 𩿇
◆渡り鳥、候鳥(コウチョウ)、定まった季節に飛来し、また帰って行く鳥、時候の変化を感じ取ったり農作業などの目安としたりする鳥、「【爾雅注疏:釋鳥】春鳸鳻鶞夏鳸竊玄秋鳸竊藍冬鳸竊黃桑鳸竊脂棘鳸竊丹行鳸唶唶宵鳸嘖嘖」
𩿇戸4+鳥11=総画数15 U+29FC7 [コ、グ、ゴ/]
◆渡り鳥、候鳥(コウチョウ)、定まった季節に飛来し、また帰って行く鳥、時候の変化を感じ取ったり農作業などの目安としたりする鳥、「【爾雅注疏:釋鳥】春鳸鳻鶞夏鳸竊玄秋鳸竊藍冬鳸竊黃桑鳸竊脂棘鳸竊丹行鳸唶唶宵鳸嘖嘖」
戸4+1=総画数5 U+6239 [アク、ヤク/] 𢨩
◆狭くてそれより先に進めないさま、同「阸」「阨」
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「厄」「阨」「阸」
◆木の節(ふし)、「行き止まりになっている」の意、同「厄」「枙」
戹5+口3=総画数8 U+545D [アク、ヤク/]
◆げっぷやしゃっくりの時に発する声
◆不平不満の声
◆ニワトリ(鶏)の鳴く声
戹5+手3=総画数8 U+39D6 [アク、ヤク/]
◆押(お)さえる、(動かないように)しっかりと押さえる、抑(おさ)える、同「扼」
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「扼」「搤」「搹」「揢」「抲」
戹5+石5=総画数10 U+7828 [アク、ヤク/] 𥑉
◆「砥砨(シアク)」、周国に産する美しい玉(ギョク、宝石)の名、「【史記:列傳:范睢蔡澤列傳】且臣聞周有砥砨(《武英殿二十四史》本では{⿰石⿸尸乙})宋有結綠梁有縣藜(集解薜綜曰縣藜一曰美玉)楚有和樸(正義縣音玄劉伯莊云珎玉璞也)此四寶者土之所生良工之所失也而為天下名器」
戹5+豕7=総画数12 U+8C5F [アク、ヤク/] 䝈𧲒
◆大きな豕(いのこ、イノシシ猪)、同「𧱒」「𤜸」
戹5+車7=総画数12 U+8EF6 [アク、ヤク/くびき] 軛轭𩉴𦷖
◆車や農耕用の鋤(すき)などを曳かせるために牛馬の項(うなじ)に掛ける"へ"字状の馬具、これを縄・紐で首周りに固定し車や農耕用の鋤(すき)などを繋ぐ {馬車}
◆束縛する、拘束する
戹5+阜3=総画数8 U+9638 [アク、ヤク/] 𨹖𨸷
◆行く手が遮(さえぎ)られていて(険しい山などが迫っていて)或いは狭くてそれより先に進めないさま、同「戹」「阨」
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「厄」「戹」「阨」
𨸷戹5+阜8=総画数13 U+28E37 [アク、ヤク/] 阸𨹖
◆行く手が遮(さえぎ)られていて(険しい山などが迫っていて)或いは狭くてそれより先に進めないさま、同「戹」「阨」
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「厄」「戹」「阨」
𩚬戹5+食8=総画数13 U+296AC [ア、アク/] 𩚚𩜄
◆飢えるさま
𢨩戸4+2=総画数6 U+22A29 [アク、ヤク/]
◆狭くてそれより先に進めないさま、同「阸」「阨」
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「厄」「阨」「阸」
◆木の節(ふし)、「行き止まりになっている」の意、同「厄」「枙」
𨹖𢨩6+阜3=総画数9 U+28E56 [アク、ヤク/] 阸𨸷
◆行く手が遮(さえぎ)られていて(険しい山などが迫っていて)或いは狭くてそれより先に進めないさま、同「戹」「阨」
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「厄」「戹」「阨」
口部
戸4+3=総画数7 U+623A [シ、ジ/] 𢨪
◆(宮殿の)石段の両端に設ける石
◆門の下の横に渡し扉を止めるための敷居
◆いずれも「区切り、境、限界」の意
戺7+火4=総画数11 U+7108 [キ/] 熙煕𤋮熈凞凞𠘕𤎹𤌇
◆明るい光、明るい光が隅々まで行き渡る
◆大きく広がるさま、広く行き渡るさま
◆和(なご)む、和やかなさま、満ち足り喜ぶさま
◆幸いなこと、喜ばしいこと、同「禧」
戸4+3=総画数7 U+623B [レイ、ライ/もど・る、もと・る]
◆車の左右側の扉、「【說文解字注:戸部:戻】輜車旁推戶也(輜車者衣車也前後有蔽旁有可開之戶)」
◆[日]もど・る、元と同じ状態になる、逆方向に向かって元の場所に帰る
◆[日]もと・る、逆方向に向く、逆らう、道義や道理に反する
注解:「もど・る、もと・る」の和訓は本来「「戾」」の義だが、日本では「戻」と「戾」が同義に用いられる
戻7+口3=総画数10 U+5533 [レイ、ライ/]
◆ツル(鶴)やカリ(雁)などの甲(かん)高い鳴き声
戻7+手3=総画数10 U+6369 [レツ、レチ、レイ、ライ/ねじ・る、ね・じる、よじ・る、もじ・る]
◆両端を持って逆方向に回す、捻(ひね)る、「手(扌)を逆方向(戾)に回す」の意
◆曲げた指を伸ばす弾(はじ)く・手首を捻る・掌を返すなど手や手首を曲げ伸ばししたり回転させる動作、「手(扌)を逆方向(戾)に曲げる」の意
◆本来は「扌戾」で「扌戻」の字形は日本だけです
戻7+水3=総画数10 U+6D99 [ルイ/なみだ] 淚㴃泪
◆目から分泌される液体、またそれが流れ落ちる
◆(目から涙が出るように)ぽたぽたと滲(し)み出る
注解:「淚」が本字で「涙」は日本でのみ用いられる漢字
戻7+糸6=総画数13 U+7D9F [レイ、ライ/もじ、もじ・る]
◆草木から作った染料で染めた糸や布、「綠綟(リョクレイ)」「紫綟(シレイ)」「緺綟(カレイ、青紫色)」などがある、「【急就篇:卷二】縹綟綠紈皁紫硟(縹青白色也綟蒼艾色也東海有艸其名曰䓞以染此色因名綟云綠青黃色…)」
◆糸を捩(ね)じる、両端を持って逆方向に回す
◆[日]麻糸で織った目の粗い布、「綟織(もじおり)」「綟り織(もじりおり)」
注解:本来はの字形は{⿰糸戾}14画
戸4+3=総画数7 U+623C [ボウ、ミョウ/う] 卯𩇨𩇧𩇦𤕰𦕔
◆十二支の四番目、方角は東、時刻では午前六時を中心とした二時間、動物はウ(兎)を当てる、同「夘」 {十二支}
注解:別「丣」
𣆻戼7+日4=総画数11 U+231BB [ボウ、ミョウ/すばる] 昴𣇅𣇯
◆星名、おうし座の一部で二十八宿西方白虎七宿の第四宿 {二十八宿}
𥥺戼7+穴5=総画数12 U+2597A [コウ、キョウ、リョウ、ロウ/] 窌𥥤
◆食料や財物などを貯蔵するための地中の穴蔵(あなぐら)、同「窖」
◆奥深くがらんとしたさま
◆別「𥥹」
𦯆戼7+艸3=総画数10 U+26BC6 [ボウ、ミョウ/] 茆𦮦𦯄𦮉𦹉
◆ジュンサイ(蓴菜)、スイレン科ジュンサイ属の水草、同「𦭘」「𦽏葵(フキ)」 {ジュンサイ}
◆チガヤ(茅)・アシ(葦)・ススキ(芒)などの葉の細長いイネ科の草の総称、同「茅」
𧶻戼9+貝7=総画数16 U+27DBB [ボウ、モ、ム/] 貿𧴵𧶝𧵲𧵍贸
◆金品を交換する、売買する、交易する、またそれによって利益を得る
𨌡戼7+車7=総画数14 U+28321 [リュウ/] 𨋖𨍸
◆棺(ひつぎ)を乗せる車
◆棺(ひつぎ)の飾り、同「蔞」
𩜕戼7+食8=総画数15 U+29715 [ホウ、ヒョウ/あ・きる、あ・く、あ・くまで] 飽𩜿𩝰𩞛𩛴䭋𩛕𩛊𩝒𩝓𩛒𩝩飹饱𩛁
◆十分に食べたり飲んだりして腹がいっぱいになる、満腹になる
◆満ち足りる、満足する
◆十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる
◆あ・くまで、満足するまで
㦿戸4+4=総画数8 U+39BF [コ、グ、ゴ、カン、ケン/]
◆家や部屋の出入り口の戸(と)、小さな片開きの扉、同「𣓅」「槏」、「【說文解字注:木部:槏】戶也(通俗文云小戸曰㦿口減反集韵槏㦿𣓅三同口減切戸也按許㦿爲古文戸不爲槏)」
◆通気や採光のための窓(まど)、同「牖」、「【廣韻:上聲:豏第五十三:㦿:㦿】牖也一曰小戸苦減切」
𢧊㦿8+戈4=総画数12 U+229CA [ケイ、カイ/] 棨𣘼𣙅
◆木製の通行証、割符(わりふ)
◆王公が通行する際に先導する兵が持つ布製の鞘(さや)を被(かぶ)せた儀仗用の戟(ゲキ、長い柄の先に刃を付けた武器) {刀剣槍}
𣓅㦿8+木4=総画数12 U+234C5 [カン、ケン/]
◆家や部屋の出入り口の戸(と)、小さな片開きの扉、同「㦿」「槏」、「【說文解字注:木部:槏】戶也(通俗文云小戸曰㦿口減反集韵槏㦿𣓅三同口減切戸也按許㦿爲古文戸不爲槏)」
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:木部第一:𣓅】苦減反不安也」「【正字通:辰集中:木部:𣓅】俗㦿字舊註苦減切嵌上聲不安也誤」
㦿8+水3=総画数11 U+6DED [キョ、ゴ/]
◆「淭𣖹(キョジョ)」、熊手(くまで)、柄(え)の先に"¬"状の爪(つめ)を並べて取り付けたもので、落葉・枯草などを搔(か)き集めたりするための道具、「渠䟽(キョソ)」「竹杷(チクハ、さらい)」
戸4+4=総画数8 U+623D [コ、ゴ/] 𣶉
◆水を汲み出す、また汲み入れる
◆(田などに水を入れるための)水を汲む桶(おけ)状の(多く竹製の)道具
𣶉戽8+水3=総画数11 U+23D89 [コ、ゴ/]
◆水を汲み出す、また汲み入れる
◆(田などに水を入れるための)水を汲む桶(おけ)状の(多く竹製の)道具
戸4+4=総画数8 U+623E [レイ、ライ/] 𢨾𤟵𤡵
◆(犬が扉の下から出ようとして体を)捩(よじ)る
◆捩(ね)じ曲げる、捻(ひね)り回す
◆逆方向に向く、逆らう、道義や道理に反する、「あるべき本来の姿ではない或いはそれに反している」の意
◆至る、届く
注解:別「戻」、但し日本では「戻」と「戾」が同義に用いられる
戾8+人2=総画数10 U+3466 [レイ、ライ/]
◆怒る
◆体を捩(よじ)る
𠜺戾8+刀2=総画数10 U+2073A [レツ、レチ/]
◆裂(さ)く、二つに割(さ)く、同「列」「裂」
𡝢戾8+女3=総画数11 U+21762 [テツ、テチ/] 𡞬
◆貪(むさぼ)る、貪り食う
戾8+心3=総画数11 U+60B7 [レイ、ライ/]
◆悲しむ
𦜏戾8+月(肉)4=総画数12 U+2670F [レイ、ライ/]
◆足が不自由で体を揺らしながらが歩く
戾8+木4=総画数12 U+68D9 [レイ、ライ/]
◆琵琶(ビワ)の弦を弾(はじ)くもの、撥(ばち)
◆捩(よじ)る
戾8+水3=総画数11 U+6DDA [ルイ/なみだ] 涙㴃泪
◆目から分泌される液体、またそれが流れ落ちる
◆(目から涙が出るように)ぽたぽたと滲(し)み出る
𤟑戾8+犬3=総画数11 U+247D1 [レイ、ライ/]
◆獣名、姿はハリネズミ(針鼠)に似て体は燃えるように赤いという
戾8+目5=総画数13 U+7759 [レイ/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:㞕第十六:睙】轉視」
𥓎戾8+石5=総画数13 U+254CE [ロツ、ロチ/]
◆「𥓎矹」、岩が高く切り立って崩れ落ちそうなさま、石がごろごろと水に流されるさま
戾8+竹6=総画数14 U+4206 [タイ、ダイ/]
◆竹製の浅く大きな籠、同「簤」
戾8+艸3=総画数11 U+44DE [レイ、ライ/]
◆草名、未詳、萌黄色(もえぎいろ、黄緑色)の染料として利用されるという、ただその色については「濃く暗い黄色」など、また「草木から作った染料の総称」とするなど諸説あり、「【急就篇:卷二】縹綟綠紈皁紫硟(縹青白色也綟蒼艾色也東海有艸其名曰䓞以染此色因名綟云綠青黃色…)」「【說文解字:艸部:䓞】艸也可以染留黃」
◆「茈䓞(シレイ)」、ムラサキ(紫)、ムラサキ科ムラサキ属の草、また同科同属の草の称、根は紫色の染料として利用される、同「茈」、「【爾雅注疏:釋草】藐茈草(《疏》藐一名茈草根可以染紫之草廣雅一名茈䓞本草一名紫丹唐本注云苗似蘭香莖赤節青花紫白色而實白也)」 {ムラサキ}
戾8+虫6=総画数14 U+8727 [ルイ/]
◆大きなカエル(蛙)の一種
◆神泉に棲み雲雨をもたらすという蛇
𨁸戾8+足7=総画数15 U+28078 [レイ、ライ/]
◆「𨁸䠈」、まっすぐに歩けないさま
◆足が不自由で体を揺らしながらが歩く
戾8+金8=総画数16 U+9311 [ライ/もじ]
◆鉋(かんな)或いは木材などを平らに削る道具
◆錐の一種
戸4+4=総画数8 U+623F [ホウ、ボウ/ふさ] 𢨲
◆主屋(おもや、中庭を囲むように建てられた住居の北側の建物、正房、家主の住居)の左右(東西)両側に張り出すように建てられた部屋、「耳房(ジボウ)」 {四合院}
◆部屋、室(シツ)、「房間(ボウカン)」「閨房(ケイボウ、寝室)」
◆人の住む家、住まい、住居、「房屋(ボウオク)」「厢房(ショウボウ、中庭の東西側の長男・次男の住居)」、同「坊」
◆二十八宿東方青龍の第四宿 {二十八宿}
◆[日]多くの糸状・紐状のものの端(はし)を垂らしたもの
◆[日]多くの袋状・玉状のものを連ね垂れたもの、或いは固まり垂れるもの
◆[日]袋状のもの、ミカン類の袋や乳房(ちぶさ)など
𡍀房8+土3=総画数11 U+21340 [未詳/]
◆未詳
房8+木4=総画数12 U+6916 [ホウ、ボウ/]
◆未詳
戸4+4=総画数8 U+6240 [ソ、ショ/ところ] 㪽𠩄𢨷𢩇
◆処(ところ)、ものがある場また位置(要所・箇所など)、ことをする場また位置(住所・裁判所など)
◆~のこと、「所感(感じること)」「所存(考え思っていること)
◆~のもの、「所有(持っているもの)」「所得(得たもの)」
◆木を伐採する音、その音が発せられている所の意
所8+乙1=総画数9 U+4E7A [/]
◆[韓]韓国製漢字、音は「솔(ソル)」
所8+齒15=総画数23 U+9F6D [ソ、ショ/]
◆歯が傷付いてひどく沁みる
月(肉)部
𢨯戸4+4=総画数8 U+22A2F [ボウ、ミョウ/]
◆扉が開かれる、開け放たれる
𣇯𢨯8+日4=総画数12 U+231EF [ボウ、ミョウ/すばる] 昴𣆻𣇅
◆星名、おうし座の一部で二十八宿西方白虎七宿の第四宿 {二十八宿}
𣓠𢨯8+木4=総画数12 U+234E0 [リュウ、ル/やなぎ] 柳桺栁桞
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」 {ヤナギ}
◆星名、二十八宿南方朱雀七宿の第三宿 {二十八宿}
𩃞𢨯8+雨8=総画数16 U+290DE [レイ、リョウ/たま、たましい] 霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(セイ)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同「巫」
𢨳戸4+4=総画数8 U+22A33 [未詳/]
◆未詳
𢩕𢨳8+戸4=総画数12 U+22A55 [キョ、コ/]
◆未詳
𢻻攴部
𢼄攴部
戸4+5=総画数9 U+39C1 [コウ、キョ、コ/]
◆戸を閉める
𦳰㧁9+艸3=総画数12 U+26CF0 [キョ、コ/]
◆箱形で蓋付きの弁当箱
戸4+5=総画数9 U+6241 [ヘン/]
◆門の扉に掲げる名前などを書いた札、表札
◆横長の額(ガク)
◆薄くて平(ひら)たいさま
◆漢字の左側の部分、同「偏」、右は「旁(つくり)」、上は「冠(かんむり)」、下は「脚(あし)」
扁9+人2=総画数11 U+504F [ヘン/かたよ・る、ひとえ・に]
◆かたよ・る、真ん中から外れてどちらか片方に寄る、片寄る、傾く、「偏見(ヘンケン、片寄った考え)」
◆中央から遠く離れる、「偏僻(ヘンペキ、都から遠く離れた地)」
◆ひとえ・に、(他を顧みることなく)ひたすらに、ただそれだけ
◆漢字の左側の部分、同「扁」、右は「旁(つくり)」、上は「冠(かんむり)」、下は「脚(あし)」
𠋅扁9+人2=総画数11 U+202C5 [未詳/]
◆未詳
扁9+匚2=総画数11 U+533E [ヘン/]
◆物の薄いさま、扁平なさま
◆建物の入口や門の上部に掲げる額(ガク)
𠪂扁9+厂2=総画数11 U+20A82 [ヘン/] 𠩲𠩶
◆物の薄いさま、扁平なさま、同「匾」、「【集韻:卷六:上聲下:二十七:𠪂𠩲】𠪂虎薄皃」
𠷨扁9+口3=総画数12 U+20DE8 [未詳/]
◆未詳
𡎚扁9+土3=総画数12 U+2139A [未詳/]
◆未詳
扁9+女3=総画数12 U+5AA5 [ヘン、ベン/]
◆しなやかで軽やかなさま
◆「媥姺(ヘンセン)」、衣裳がひらひらと舞うさま、同「徶㣯(ヘツセツ)」「𠍯𠋱(へつしつ)」
扁9+尢3=総画数12 U+3788 [ハツ、ハチ/]
◆「㞈㞉(ハツサツ)」、未詳、「【集韻:卷九:入聲上:曷第十二:⿺尣差】{⿺尣扁}{⿺尣差}足大」
◆「㞈𡯢(ハツカツ)」、未詳、「【集韻:卷九:入聲上:曷第十二:⿺尣舌】{⿺尣扁}{⿺尣舌}行廣」
◆「{⿺尣扁}{⿺尢⿱白左}(ハツカツ)」、未詳、「【龍龕手鑑:卷一:尤部第三十一:{⿺尣扁}{⿺尢⿱白左}】上音禾下音活{⿺尣扁}{⿺尢⿱白左}惡行也」
𡺂扁9+山3=総画数12 U+21E82 [未詳/]
◆未詳
𢐃扁9+弓3=総画数12 U+22403 [ヘン/]
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:㒨第二:𢐃】弓反張也」
扁9+彳3=総画数12 U+5FA7 [ヘン/]
◆満遍(まんべん)なく広がる、広く隅々まで行き渡る、同「遍」「㴜」
◆遍(あまね)く、広く漏れなく、隅々まで、偏(かたよ)りなく、同「遍」
◆回数を数える語、同「遍」
扁9+心3=総画数12 U+60FC [ヘン/]
◆心が狭(せま)い、度量や見識が狭く小さい
◆ゆとりがないさま、せっかちなさま、「愝惼(エンヘン)」、同「褊」
扁9+手3=総画数12 U+63D9 [ヘン/]
◆掌で叩(たた)く、撃つ
扁9+文4=総画数13 U+6592 [ハン、ヘン/] 𣁊
◆色が交(ま)じり合っているさま、斑(まだら)なさま、「斕斒(ランパン)」
扁9+月(肉)4=総画数13 U+4414 [ヒン、ビン/]
◆膝下から足首までの肉
扁9+木4=総画数13 U+6944 [ヘン/]
◆短い角材の垂木(たるき)
◆建物の入口や門の上部に掲げる額(ガク)、同「匾」
扁9+毛4=総画数13 U+3CA2 [ヘン、ベン/]
◆領(リョウ、えり、項うなじ、首の後ろ側)の毛、髪を結(ゆ)い上げた後に結わえ切れずに項(うなじ)に残る短い毛、後れ毛(おくれげ)、「㲢㲫(ヘンホク)」、同「𣬹」、「【玉篇:卷二十六:毛部第四百十六:㲢】扶殄切㲢㲫毛𣬹也」「【廣韻(宋本廣韻):上聲:銑第二十七:辮:㲢】㲢{⿺毛菐}毛領」「【集韻:卷六:上聲下:銑第二十七:㲢】㲢{⿺毛菐}毛不理」
扁9+水3=総画数12 U+3D1C [ヘン/]
◆広く隅々まで行き渡る、同「徧」
扁9+火4=総画数13 U+7178 [ヘン/]
◆軽く炒(いた)めた後に水などを加えて煮込む料理法
扁9+片4=総画数13 U+7251 [ヘン、ベン、メン/]
◆ベッドや長椅子などに平行に並べて張る細長い板、簀子(すのこ)
◆屋根の下地(したじ)に使う細長い板、同「㰃」
扁9+牛4=総画数13 U+728F [ヘン/]
◆「犏牛(ヘンギュウ)」、牡牛(おすうし)と牝のヤクyak(チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)の交配種
扁9+犬3=総画数12 U+7335 [ヘン/]
◆カワウソ(獺、カワウソ亜科の哺乳動物)の類、同「獱」
◆「猵狙(ヘンショ)」、獣名、姿はサル(猿)に似て頭はイヌ(犬、狗)に似るという、同「獦牂(カツソウ)」、「【莊子集解:內篇:逍遙遊第一】猨猵狙以為雌(釋文猵徐敷面反郭李音偏司馬云猵狙一名獦牂似猨而狗頭憙與雌猨交)」
扁9+玉4=総画数13 U+3EDE [ヒン/]
◆「璘㻞(リンヒン)」、玉(ギョク、大変美しい石)の彩(いろどり)美しい紋様(モンヨウ)
注解:音は「【玉篇:卷一:玉部第七:㻞】鄙鄰切璘㻞」「【廣韻(宋本廣韻):上平聲:眞第十七:彬:霦】璘霦玉光色㻞上同」に従った
扁9+瓦5=総画数14 U+7502 [ヘン/]
◆小さな盆(ボン)、口が広く比較的浅い容器、小形の家畜の餌を入れる器という、「【淮南鴻烈解:卷第十七:說林訓】狗彘不擇甂甌而食」「【孔子家語:卷第二:致思】瓦甂陋器也」
扁9+疒5=総画数14 U+3FAB [ヘン/]
◆手足の先(肘から先、膝から先)に血管が網縄状に浮き出て痛みや熱を伴う病気、「【備急千金要方:卷六十八:丁腫方】凡㾫病喜發四肢其狀赤脉起如編繩急痛壯熱其發於腳喜從腨起至踝亦如編繩故云㾫病也」
扁9+石5=総画数14 U+78A5 [ヘン/]
◆水の流れが速い川に向かって傾斜している所また道、険しいさま
𥚹扁9+示4=総画数13 U+256B9 [未詳/]
◆未詳
扁9+禾5=総画数14 U+7A28 [ヘン/] 𥣰𥤓𥤍𥡐
◆「稨豆(ヘントウ)」、フジマメ(藤豆)、マメ科フジマメ属の蔓性の草、また同属の草の称、同「藊豆」「扁豆」「邊豆」 {フジマメ}
扁9+竹6=総画数15 U+7BC7 [ヘン/]
◆竹簡や木簡に書かれ綴じられた文書・手紙・記録
◆一つに纏まった詩歌や文章、首尾が完結している詩歌や文章、またそれを数える語
扁9+米6=総画数15 U+7CC4 [ヘン/]
◆米
扁9+糸6=総画数15 U+7DE8 [ヘン/あ・む]
◆竹簡や木簡を一つの纏まった文書・記録・書物になるように順に揃え結わいて綴じる、またそのための綴じ紐
◆ばらばらのものを集め順序立てて並べ一つのものに組み上げる
◆糸や紐などを順に組みながら布を織り上げる
扁9+糸3=総画数12 U+7F16 [ヘン/あ・む]
◆竹簡や木簡を一つの纏まった文書・記録・書物になるように順に揃え結わいて綴じる、またそのための綴じ紐
◆ばらばらのものを集め順序立てて並べ一つのものに組み上げる
◆糸や紐などを順に組みながら布を織り上げる
扁9+羽6=総画数15 U+7FE9 [ヘン/] 𦑮
◆(鳥が翼を羽撃かせて)軽やかに速く(素早く)飛ぶさま、軽快なさま、同「鶣」
◆ひらひらとはためく、また翻(ひるがえ)る
𦑮扁9+羽6=総画数15 U+2646E [ヘン/]
◆(鳥が翼を羽撃かせて)軽やかに速く(素早く)飛ぶさま、軽快なさま、同「鶣」
◆ひらひらとはためく、また翻(ひるがえ)る
扁9+舟6=総画数15 U+8251 [ヘン、ベン/]
◆(呉国の)外洋を航行できる大型の船、同「舶」、「【通俗文(服虔)】吳船日艑晉船曰舶長二十丈載六七百人艑音蒲殄反」「【樂府詩集:卷四十七:石城樂】大艑載三千漸水丈五餘」
扁9+艸3=総画数12 U+8439 [ヘン/] 𦽟
◆「萹茿、萹蓄(ヘンチク)」、ミチヤナギ(道柳)、タデ科ミチヤナギ属の草 {ミチヤナギ}
◆「萹𦸊(ヘンセン)」、草木が揺れ動くさま
扁9+虫6=総画数15 U+8759 [ヘン/]
◆「蝙蝠(ヘンプク、コウモリ)」、コウモリ目の動物
扁9+衣5=総画数14 U+890A [ヘン/]
◆衣服が小さく窮屈(キュウクツ)なさま
◆狭(せま)い、狭く小さい、狭苦しい
◆ゆとりがないさま、「褊急(ヘンキュウ、せっかちなさま)」、同「惼」
◆「褊褼(ヘンセン)」、衣裳が翻(ひるがえ)るさま
𧡤扁9+見7=総画数16 U+27864 [ヘン/]
◆斜視
扁9+言7=総画数16 U+8ADE [ヘン、ベン/] 谝𧫲
◆相手に取り入ろうとして或いは騙そうとして言葉巧みに話す
扁9+言2=総画数11 U+8C1D [ヘン、ベン/] 諞𧫲
◆相手に取り入ろうとして或いは騙そうとして言葉巧みに話す
扁9+足7=総画数16 U+8E41 [ヘン、ベン/] 𨇱𨆭𨆩
◆右に左に(前に後ろに)縒(よ)れるように歩くさま、蹌踉(よろ)けるように行くさま
◆「蹁蹮(ヘンセン)」◇ふらふらと蹌踉けるように歩くさま、足元が覚束(おぼつか)ないさま、同「跰𨇤」◇袖をひらひらと翻(ひるがえ)しながら舞うさま
◆膝頭(ひざがしら)、膝盖(シツガイ)、膝小僧(ひざごぞう)
扁9+車7=総画数16 U+4862 [ヘン/]
◆小さな車
扁9+辵3=総画数12 U+904D [ヘン/あまね・く]
◆広く隅々まで行き渡る、同「𨖠」「徧」
◆あまね・く、広く漏れなく、隅々まで、同「徧」
◆回数を数える語、同「徧」
扁9+金8=総画数17 U+937D [ヘン/]
◆未詳、「【康熙字典:戌集上:金部:鍽】《五音集韻》𤰞連切音鞭金鍽 又方緬切音褊義同」
扁9+馬10=総画数19 U+9A17 [ヘン/だま・す、かた・る]
◆ひらりと馬に飛び乗る、同「騙」「𩤬」
扁9+馬10=総画数19 U+9A19 [ヘン/だま・す、かた・る]
◆ひらりと馬に飛び乗る、同「騗」「𩤬」
◆だま・す、かた・る、本当ではないことを本当のことだと巧みに信じ込ませる、誑(たぶら)かす、欺(あざむ)く、「哄騙(コウヘン)」
扁9+馬3=総画数12 U+9A97 [ヘン/だま・す、かた・る]
◆ひらりと馬に飛び乗る、同「騗」「𩤬」
◆だま・す、かた・る、本当ではないことを本当のことだと巧みに信じ込ませる、誑(たぶら)かす、欺(あざむ)く、「哄騙(コウヘン)」
𩩯扁9+骨10=総画数19 U+29A6F [ヘン、ベン/]
◆未詳、「【廣韻:上聲:銑第二十七:辮:𩩯】骨𩩯生皃」
鯿扁9+魚11=総画数20 U+9BFF [ヘン/]
◆コイ科Parabramis属に属する魚、また同属の魚の総称、和名は不詳
◆魚名、学名Parabramis pekinensis、和名は未詳
扁9+魚8=総画数17 U+9CCA [ヘン/] 鯿
◆コイ科Parabramis属に属する魚、また同属の魚の総称、和名は不詳
◆魚名、学名Parabramis pekinensis、和名は未詳
扁9+鳥11=総画数20 U+9DA3 [ヘン、ベン/]
◆鳥が軽やかに速く(素早く)飛ぶさま、軽快なさま、同「翩」、「鶣𪅃(ヘンヒョウ)」
𪓎扁9+黹12=総画数21 U+2A4CE [ヘン、ベン/] 𣝜
◆履物の底の縫取り
𪖯扁9+鼻14=総画数23 U+2A5AF [ヘン/]
◆「𪖯𪖦(ヘンテイ)」、物の薄いさま、扁平なさま、同「匾𠥶」、「【龍龕手鑑:卷三:鼻部第十二:𪖯𪖦】俗上布典反下土兮反正作匾𠥶薄貌」
戸4+5=総画数9 U+6243 [ケイ、キョウ/] 𢇺
◆閂(かんぬき)、扉を閉めて開かないようにするための横木、同「𨴀」「關」
◆扉に閂を掛ける、扉や戸を閉める
𡹫扃9+山3=総画数12 U+21E6B [ケイ、キョウ/] 坰埛
◆遥(はる)か遠く離れた土地、同「冂」「冋」、都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地で都から百里以内の地を「郊」、その外を「野」、その外を「林」、その外を「坰」といった、「【爾雅:釋地】邑外謂之郊郊外謂之牧牧外謂之野野外謂之林林外謂之坰」
𨩮扃9+金8=総画数17 U+28A6E [未詳/]
◆未詳
戸4+6=総画数10 U+6246 [イ、エ/]
◆足が付いた衝立(ついたて)や折り畳みができる屏風(ビョウブ)の類
◆「斧扆(フイ)」、帝王の座位の背後に置かれる斧が描かれた衝立、斧の図を「黼(ホ)」といい「黼扆(ホイ)」とも呼ばれる {服飾(十二章紋)}
𡙤扆10+大3=総画数13 U+21664 [未詳/] 𡘚
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷三:大部第六:𡙤】古𡘚今音寛」
戸4+6=総画数10 U+6247 [セン/おうぎ、あお・ぐ] 𢄒
◆おうぎ、団扇(うちわ)、振って風を送る道具、日本では開閉できる扇子(センス)を指す
◆あお・ぐ◇揺り動かして風を送る◇嗾(けしか)ける、煽(あお)る
◆押したり引いたりして開閉する両開きの(葦製の)扉、一説に木製のものを「扉」、アシ(葦)などの草製のものを「扇」、「【康熙字典:卯集中:戸部:扉】《爾雅釋宮》闔謂之扉《又》以木曰扉以葦曰扇」
扇10+人2=総画数12 U+5093 [セン/]
◆火を煽(あお)いで燃え立たせる、人を煽(あお)り立てる、同「煽」
𠞛扇10+刀2=総画数12 U+2079B [セン/]
◆家畜などを去勢する、また去勢された家畜、同「騸」
𢄒扇10+巾3=総画数13 U+22112 [セン/おうぎ、あお・ぐ]
◆おうぎ、団扇(うちわ)、振って風を送る道具、日本では開閉できる扇子(センス)を指す
◆あお・ぐ◇揺り動かして風を送る◇嗾(けしか)ける、煽(あお)る
◆押したり引いたりして開閉する両開きの(葦製の)扉、一説に木製のものを「扉」、アシ(葦)などの草製のものを「扇」、「【康熙字典:卯集中:戸部:扉】《爾雅釋宮》闔謂之扉《又》以木曰扉以葦曰扇」
扇10+手3=総画数13 U+6427 [セン/] 𢲒
◆手で顔を叩(はた)く
◆扇(あお)ぐ、扇いで風を送る
𢲒扇10+手4=総画数14 U+22C92 [セン/]
◆手で顔を叩(はた)く
◆扇(あお)ぐ、扇いで風を送る
扇10+火4=総画数14 U+717D [セン/あお・る]
◆火に風を送って燃え立たせる
◆人を嗾(けしか)ける、唆(そそのか)す
𥰢扇10+竹6=総画数16 U+25C22 [セン/]
◆竹
◆扇(おうぎ)、団扇(うちわ)、振って風を送る道具、同「扇」
扇10+言7=総画数17 U+8B06 [セン/]
◆言葉で煽り立て人を惑わす
𧷘扇10+貝7=総画数17 U+27DD8 [未詳/]
◆未詳
扇10+車7=総画数17 U+486A [セン/]
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:綫第三十三:䡪】車扇也」
扇10+金8=総画数18 U+4947 [セン/]
◆サマリウムSamarium(Sm)の旧名、現在は「釤」
扇10+金5=総画数15 U+4982 [セン/]
◆サマリウムSamarium(Sm)の旧名、現在は「釤」
扇10+馬10=総画数20 U+9A38 [セン/]
◆馬を去勢する、去勢された馬、同「𩦐」
◆「騸樹(せんじゅ)」、接ぎ木、接ぎ木する
扇10+馬3=総画数13 U+9A9F [セン/]
◆馬を去勢する、去勢された馬、同「𩦐」
◆「骟树(せんじゅ)」、接ぎ木、接ぎ木する
戸4+7=総画数11 U+6248 [コ、グ、ゴ/]
◆主君の後に随(したが)う、主君に付き従う、供(とも)をする
◆押し止(とど)める
◆「九扈(キュウコ)」、定まった季節に飛来し、また帰って行く鳥、農作業などの目安としたりする鳥、同「九鳸」
◆「跋扈(バッコ)」、勝手気ままに振る舞うさま
◆「有扈(ユウコ)」、夏代(前21世紀~前17世紀)に現陝西省西安(セイアン)市鄠邑(コユウ)区北部一帯を領した部族名、またその地名、同「有𨝞」、「【集韻:卷五:上聲上:姥第十:扈屺𨝞】說文夏后同姓所封戰於甘者在鄠有扈谷甘亭亦姓古作屺或作𨝞」 {陝西省}
扈11+木4=総画数15 U+69F4 [コ、ゴ/]
◆書物を入れる箱または包み
◆魚を獲(と)る道具
扈11+水3=総画数14 U+6EEC [コ、ゴ、グ/]
◆川名、呉淞江(ゴショウコウ)の下流で上海(シャンハイ)市付近を流れる
◆上海の別称 {上海市}
◆水中に竹などを柵(さく)状に組み、入り込んだ魚などが出られないようにした仕掛け、同「籪」
扈11+火4=総画数15 U+71A9 [コ、ゴ/]
◆光
扈11+竹6=総画数17 U+7C04 [コ、グ、ゴ/]
◆水中に沈め魚を捕(と)る竹製の漁具
扈11+艸3=総画数14 U+8530 [コ、ゴ/]
◆「萑蔰」、眩いばかりに光り煌めくさま
隹部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 戸部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です