総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 殳部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 殳部」 [部首索引


【殳】殳4+0=総画数4 U+6BB3 [シュ、ズ/] 【𢎦】[ク刀几ヌ又殳]
◆棒の先に被(かぶ)せるように装着する筒状の金属製の武器、またそれを装着した武器、近寄る敵を突いたり叩いたりする{刀剣槍}
◆るまた、ほこづくり、部首名
【伇】人2+殳4=総画数6 U+4F07 [エキ、ヤク/] [イ亻ク刀几ヌ又殳伇]
◆棄てる
◆同”役”
【𠚹】刀4+殳2=総画数6 U+206B9 [サン、セン/] 【𠚫】[ク刀几ヌ又殳リ刂𠚹]
◆刃物で刈(か)る
【𠨻】厂2+殳4=総画数6 U+20A3B [ソク、シキ/ほの・か、ほの・めかす] 【仄𠨮𠩩】[厂ク刀几ヌ又殳𠨻]
◆片方に(一方に)傾(かたむ)く、片方に寄る、偏(かたよ)る、同”側”
◆狭(せま)い、狭(せば)める、狭まる
◆[日]ほの・か、ぼんやりとしていてはっきりしないさま、ほんの僅(わず)かなさま、微(かす)かなさま
◆[日]ほの・めかす、それとなく言う
【吺】口3+殳4=総画数7 U+543A [トウ、ジュ、ニュウ/] 【𠱒】[口ク刀几ヌ又殳吺]
◆「讘吺(じょうとう)」、同「囉唆(らさ)」」、くどくどと話すが要領を得ないさま、話が回りくどいさま
◆「囁吺(しょうじゅ)」、同「囁嚅」、言い掛けては止(や)めるさま、しどろもどなさま、口籠(くちごも)るさま
【坄】土3+殳4=総画数7 U+5744 [エキ、ヤク/] 【垼】[土ク刀几ヌ又殳坄]
◆陶窯(とうよう、すえがま)の煙突
【𡚾】女3+殳4=総画数7 U+216BE [シュ、ス/] 【姝】[女ク刀几ヌ又殳𡚾]
◆美しい女性、華やかで美しい
【役】彳3+殳4=総画数7 U+5F79 [エキ、ヤク/] 【𠈧𠈿】[ノ丿2イ彳ク刀几ヌ又殳役]
◆辺境の守備をさせる、人に厳しい労働をさせる
◆労働、戦(いくさ)、またそれらの労務に服する人
◆割り当てられた任務や職務、またそれを務める人
【投】手3+殳4=総画数7 U+6295 [トウ、ズ/な・げる] 【𢫹】[オ才扌ク刀几ヌ又殳投]
◆手に持っているものを放り出す、手放す
◆持っているものを他のものに入れる、また当てる
◆棄てる、諦める
◆止まる、滞在する
【股】月(肉)4+殳4=総画数8 U+80A1 [コ、ク/また、もも] 【𦙶】[月ク刀几ヌ又殳股]
◆大腿部、腰と二本の足が繋がる部分
◆二つ或いは幾つかに分かれたもの、役割毎に分けた係、幾つかに別れた集団、資金を小口に分けた株
◆糸状に長いもの・匂いや気体などの流れなどを数える語
◆「股肱(ここう)」、天子や君主の足となり腕となり尽くしてくれる人
【杸】木4+殳4=総画数8 U+6778 [シュ、ズ/] [木ク刀几ヌ又殳杸]
◆殳(しゅ、ほこ、棒の先に被せる筒状の金属製の武器)を装着した武器、近寄る敵を突いたり叩いたりする、同”殳”{刀剣槍}
◆木名、未詳
【歿】歹4+殳4=総画数8 U+6B7F [ボツ、モチ/] 【殁𣨨𣨏】[一タ夕歹ク刀几ヌ又殳歿]
◆人が死ぬ、同”沒(没)”
【殁】歹4+殳4=総画数8 U+6B81 [ボツ、モチ/] 【歿𣨨𣨏】[一タ夕歹ク刀几又殳殁]
◆人が死ぬ、同”沒(没)”
【沒】水3+殳4=総画数7 U+6C92 [ボツ、モチ、メイ/] 【没𣴬𣳚】[シ氵ク刀几ヌ又殳沒]
◆水中に沈む、沈んで姿が見えなくなる
◆(高いところにあったものが下に落ちて)ものの陰(かげ)に隠れて見えなくなる
◆なくなる、なくす
◆「没収(ぼっしゅう)」、私有財産の所有権をなくし(取り上げ)国の所有物とすること
◆歿(ぼっ)する、人が死ぬ、同”歿”
◆~ない(存在しない)、~がない(有していない)、~しない(為さない)、音は méi(メイ)、「没有(めいゆう、有していない、存在しない)」
【没】水3+殳4=総画数7 U+6CA1 [ボツ、モチ、メイ/] 【沒𣴬𣳚】[シ氵ク刀几ヌ又殳没]
◆水中に沈む、沈んで姿が見えなくなる
◆(高いところにあったものが下に落ちて)ものの陰(かげ)に隠れて見えなくなる
◆なくなる、なくす
◆「没収(ぼっしゅう)」、私有財産の所有権をなくし(取り上げ)国の所有物とすること
◆歿(ぼっ)する、人が死ぬ、同”歿”
◆~ない(存在しない)、~がない(有していない)、~しない(為さない)、音は méi(メイ)、「没有(めいゆう、有していない、存在しない)」
【炈】火4+殳4=総画数8 U+7088 [エキ、ヤク/] [火ク刀几ヌ又殳炈]
◆煉瓦や陶器などを焼く竈(かま)の煙突
【𤓶】爪4+殳4=総画数8 U+244F6 [ハ、ベ/] 【爬】[爪ク刀几ヌ又殳𤓶]
◆(爪などで)引っ掻く
◆腹這いになる、腹を地に着け手足で地面を掻くようにして進む
◆這い登る、攀(よ)じ登る
【𤣻】玉4+殳4=総画数8 U+248FB [ボツ、モチ、モツ/] 【𤤄𤥞𤥜】[王ク刀几ヌ又殳𤣻]
◆玉(ぎょく)の名
【𤤄】玉4+殳4=総画数8 U+24904 [ボツ、モチ、モツ/] 【𤣻𤥞𤥜】[王ク刀几ヌ又殳𤤄]
◆玉(ぎょく)の名
【疫】疒5+殳4=総画数9 U+75AB [エキ、ヤク/] [ン冫广疒ク刀几ヌ又殳疫]
◆悪性の伝染病
【癹】癶5+殳4=総画数9 U+7679 [ハツ、バチ/] 【𤼧𤼯】[フ、丶ノ2癶ク刀几ヌ又殳癹]
◆足で草を踏み付ける、踏み付けて除草する
【𥍟】矛5+殳4=総画数9 U+2535F [ケキ、キャク/] 【𥍧】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ク刀几ヌ又殳𥍟]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)の一種、小型の矛
【砓】石5+殳4=総画数9 U+7813 [テツ/] [石ク刀几ヌ又殳砓]
◆山が幾重にも重なって険しいさま
【祋】示5+殳4=総画数9 U+794B [タイ/] [二小𡭕示ク刀几ヌ又殳祋]
◆殳(ほこ)、槍に似た武器
◆城や街の入口に高く掲げた羊の皮
【𥝻】禾5+殳4=総画数9 U+2577B [コク/] 【穀穀糓𣫗𣫋𥡛𥞤】[ノ木禾几ヌ又殳𥝻]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
【竐】立5+殳4=総画数9 U+7AD0 [サク、ソク/] 【䇍】[立ク刀几ヌ又殳竐]
◆ぴったりと揃っているさま、ぴったりと噛み合うさま
【羖】羊6+殳4=総画数10 U+7F96 [コ、ク/] 【𦍩】[ソ三ノ丿羊ク刀几ヌ又殳羖]
◆牡の夏羊(かよう、黒い色をした羊の名)、牝は「羭」
【般】舟6+殳4=総画数10 U+822C [ハン、バン/] 【𦨗】[舟ク刀几ヌ又殳般]
◆巡る、一巡りする、一巡りして戻って来る、元に戻る
◆(一巡り見渡した辺りの)様子、~のような、種類
◆運搬する、物を別の場所へ運ぶ、同”搬”
【芟】艸3+殳4=総画数7 U+829F [サン、セン/] [サ十2艹艹ク刀几ヌ又殳芟]
◆大きな鎌
◆鎌で草を刈る
【𦳠】艸3+殳9=総画数12 U+26CE0 [ハツ/] [サ十2艹艹ク刀几ヌ又殳𦳠]
◆除草する
【𧈻】虫6+殳4=総画数10 U+2723B [エキ、ヤク/] [中虫ク刀几又殳𧈻]
◆「𧈻𧌐(えきし)」、虫名、未詳
【𧘣】衣5+殳4=総画数9 U+27623 [シュ、ス/] 【袾】[ネ衤ク刀几ヌ又殳𧘣]
◆朱色の衣服
◆華やかで美しい、同”姝”
◆和服の身頃(みごろ)に当たる部分、衣服の袖(そで)や襟などを除いた体を覆う部分、同”裑””裀””𧘏”
【設】言7+殳4=総画数11 U+8A2D [セツ、セチ/もう・ける、しつら・える] 【设】[言ク刀几ヌ又殳設]
◆作る、作って据(す)える、拵(こしら)える
◆据え置く、必要なものを揃(そろ)えて並べ置く
◆もし~、if
【设】言2+殳4=総画数6 U+8BBE [セツ、セチ/もう・ける、しつら・える] 【設】[、丶レ讠ク刀几ヌ又殳设]
◆作る、作って据(す)える、拵(こしら)える
◆据え置く、必要なものを揃(そろ)えて並べ置く
◆もし~、if
【豛】豕7+殳4=総画数11 U+8C5B [エキ、ヤク/] 【𧱕】[一ノ34彡く𧰨豕ク刀几ヌ又殳豛]
◆豕(いのこ)、漢代に現在の河北省付近で使われた方言
【𧰵】豕7+殳5=総画数12 U+27C35 [トク、タク/] 【𢽚𢧈𢽴】[一ノ34彡く𧰨豕、丶メ豖ク刀几ヌ又殳𧰵]
◆叩(たた)く、突(つ)く
【䝘】豸7+殳4=総画数11 U+4758 [ギ、ゲ、キ/] 【毅𣫚𣫖𣪣】[ノ234、丶豸ク刀几又殳䝘]
◆堅く強いさま、意志が強く揺るがないさま
【軗】車7+殳4=総画数11 U+8ED7 [シュ/] [車ク刀几ヌ又殳軗]
◆未詳、「【康熙字典】《字彙》車竿」
【酘】酉7+殳4=総画数11 U+9158 [トウ/] [西酉ク刀几ヌ又殳酘]
◆一度濾した酒を再び醸す
【鈠】金8+殳4=総画数12 U+9220 [エキ、ヤク/] 【𨦯】[金ク刀几ヌ又殳鈠]
◆小型の矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)
【䩔】革9+殳4=総画数13 U+4A54 [タ、ダ/] 【𩊜】[十2廿口3革ク刀几ヌ又殳䩔]
◆靴の踵(かかと)の縁(へり)
◆旌旗(せいき)や鞍(くら)の縁の房状の飾り、同”𩌰”
【𩑦】頁9+殳4=総画数13 U+29466 [ボツ、モチ、モツ/] 【𩓔】[ク刀几ヌ又殳一目自𦣻貝頁𩑦]
◆頭が水中に没(ぼっ)する、沈む、同”没”
【骰】骨10+殳4=総画数14 U+9AB0 [トウ、ズ/] [冂2「冎ワ冖月骨ク刀几ヌ又殳骰]
◆骨製の賽子(さいころ)
◆同”股”
【𩵤】魚11+殳4=総画数15 U+29D64 [エキ、ヤク/] 【𩷍】[ク𠂊田、丶4灬魚ク刀几ヌ又殳𩵤]
◆四足で尾が長くが竹に登るという両生類
◆ジュゴンなどの海牛目の類
【𪕂】鼠13+殳4=総画数17 U+2A542 [ホク/] 【𪔿】[Eヨ臼レ2、丶4鼠ク刀几ヌ又殳𪕂]
◆「𪖈𪕂(ほくほく)」、ネズミ(鼠)の類
【段】殳4+5=総画数9 U+6BB5 [タン、ダン/] 【𠩻】[ノEFク刀几ヌ又殳段]
◆文章や物事などの区切り
◆積み重ね層をなしたものの、その一つ一つ
◆等級
◆金床(かなとこ)、鍛えるための台、同”碫”
【𠩻】厂2+段9=総画数11 U+20A7B [タン、ダン/] 【段】[厂ノEFク刀几ヌ又殳段𠩻]
◆文章や物事などの区切り
◆積み重ね層をなしたものの、その一つ一つ
◆等級
◆金床(かなとこ)、鍛えるための台、同”碫”
【塅】土3+段9=総画数12 U+5845 [タン、ダン/] [土ノEFク刀几ヌ又殳段塅]
◆広く平坦な土地
◆「竹鶏塅」、地名、湖南省韶山市
【腶】月(肉)4+段9=総画数13 U+8176 [タン、ダン/] [月ノEFク刀几ヌ又殳段腶]
◆干し肉
◆「腶脩」、生姜や肉桂(ニッケイ)を加えて叩いた干し肉
【椴】木4+段9=総画数13 U+6934 [タン、ダン/] [木ノEFク刀几ヌ又殳段椴]
◆シナノキ(科木)、またシナノキ科シナノキ属の木の総称、棺材に使われるという、同「杝」「柂」
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木、同”葮”
◆[日]「椴松(トドマツ)」、マツ科モミ属の木
【㱭】歹4+段9=総画数13 U+3C6D [タン、ダン/] 【毈】[一タ夕歹ノEFク刀几ヌ又殳段㱭]
◆鳥の卵が孵化しない、獣は「贕」
【煅】火4+段9=総画数13 U+7145 [タン/] [火ノEFク刀几ヌ又殳段煅]
◆刀などを鍛(きた)える、同”鍛”
【瑖】玉4+段9=総画数13 U+7456 [タン、ダン/] [王ノEFク刀几ヌ又殳段瑖]
◆玉(ぎょく)に似た美しい石
【碫】石5+段9=総画数14 U+78AB [タン/] [石ノEFク刀几ヌ又殳段碫]
◆金床(かなとこ)、金属を鍛えるための石製の台
【緞】糸6+段9=総画数15 U+7DDE [ドン、タン、ダン/] 【缎】[糸ノEFク刀几ヌ又殳段緞]
◆履物の踵(かかと)の部分に敷く厚手の布
◆光沢があり凹凸感のある模様を織り込んだ厚手の織物、薄いものは”綾”
【缎】糸3+段9=総画数12 U+7F0E [ドン、タン、ダン/] 【緞】[くレ幺一纟ノEFク刀几ヌ又殳段缎]
◆履物の踵(かかと)の部分に敷く厚手の布
◆光沢があり凹凸感のある模様を織り込んだ厚手の織物、薄いものは”綾”
【葮】艸3+段9=総画数12 U+846E [タン、ダン/] [サ十2艹艹ノEFク刀几ヌ又殳段葮]
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科の木、同”椴”
【𧎚】虫6+段9=総画数15 U+2739A [未詳/] [口丨中虫ノEFク刀几ヌ又殳段𧎚]
◆未詳
【鍛】金8+段9=総画数17 U+935B [タン/きた・える] 【锻】[金ノEFク刀几ヌ又殳段鍛]
◆金属を(熱し)叩いて質を良くする
◆修練や訓練を重ねて精神や技術を高める
【锻】金5+段9=総画数14 U+953B [タン/きた・える] 【鍛】[ノ丿一𠂉二レモ钅ノEFク刀几ヌ又殳段锻]
◆金属を(熱し)叩いて質を良くする
◆修練や訓練を重ねて精神や技術を高める
【𩋦】革9+段9=総画数18 U+292E6 [タン、ダン/] 【𩏇】[十2廿口3革ノEFク刀几ヌ又殳段𩋦]
◆履物の踵(かかと)の部分に当てる革
【𩏇】韋9+段9=総画数18 U+293C7 [タン、ダン/] 【𩋦】[ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋ノEFク刀几ヌ又殳段𩏇]
◆履物の踵(かかと)の部分に当てる革
【癹】癶部
【殷】殳4+6=総画数10 U+6BB7 [イン、オン、アン、エン/] [ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷]
◆盛大な
◆豊富な
◆栄える
◆古代(紀元前16世紀から11世紀頃)の王朝の名、別名「商(しょう)」「殷商(いんしょう)」{中国歴代王朝版図}
【慇】心4+殷10=総画数14 U+6147 [イン、オン/] [ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷心慇]
◆心を痛めるさま
◆「慇懃(いんぎん)」、丁寧なさま
【溵】水3+殷10=総画数13 U+6EB5 [イン/] [シ氵ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷溵]
◆川名、潁水(えいすい、河南省を源とする川)に流れ込む川、同”濦”
◆「溵溜(いんりゅう)」、地名、天津市
【磤】石5+殷10=総画数15 U+78E4 [イン、オン/] [石ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷磤]
◆轟くような大きい音
◆「砏磤」、雷の鳴り響くような大きな音
【蒑】艸3+殷10=総画数13 U+8491 [イン/] [サ十2艹艹ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷蒑]
◆食用にできる草の名
◆草の葉が青々としているさま
【𨍪】車7+殷10=総画数17 U+2836A [イン、オン/] 【𨏈𨏱】[車ノ丿2𠂆ヨ㐆ク刀几ヌ又殳殷𨍪]
◆車輪が転がる「ゴロゴロ」「ガラガラ」という音
【殺】殳4+6=総画数10 U+6BBA [サツ、セツ/そ・ぐ、ころ・す] 【杀殺𣪩𢁛𢽅𢿹𢽆𢼡𢿔𧤿】[メ㐅ホ木杀ク刀几ヌ又殳殺]
◆そ・ぐ、削る、削り取る、減らす、押え付けて勢いを弱める
◆ころ・す、人や動物の生命を奪う
◆~が甚だしい、~がひどい
◆寒々しいさま、荒(すさ)んでいるさま
【榝】木4+殺10=総画数14 U+699D [サツ、セツ、セチ/] 【樧𣛶】[木メ㐅ホ木杀ク刀几ヌ又殳殺榝]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木、またゴシュユ(呉茱萸)に似た赤い実の成る木、サンシュユ(山茱萸、ミズキ科ミズキ属)やショクシュユ(食茱萸、ミカン科サンショウ属、別名「カラスザンショウ(烏山椒)」)などの類と思われる、同”蔱”、「【爾雅翼:卷十一:釋木三:榝】一名藙今之茱茰也其味苦辛置之食中能去臭」{ゴシュユ}
【𣪊】殳4+6=総画数10 U+23A8A [カク、コク/] 【㱿𣪎𣪛】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊]
◆表面を覆う堅い外皮、同”殼”
◆嘔吐するさま、同”嗀”
【嗀】口3+𣪊10=総画数13 U+55C0 [コク、カク/] 【嗀𣪥】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊口嗀]
◆嘔吐する
【嗀】口3+𣪊10=総画数13 U+FA0D [コク、カク/] 【嗀𣪥】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊口嗀]
◆嘔吐する
【㜌】女3+𣪊10=総画数13 U+370C [コウ、ク/] 【𡠆】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊女㜌]
◆乳児に乳を与える女
【𡠆】女3+𣪊10=総画数13 U+21806 [コウ、ク/] 【㜌】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊女𡠆]
◆乳児に乳を与える女
【㝅】子3+𣪊10=総画数13 U+3745 [コウ、ク/] 【𣫌𡔵】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊子㝅]
◆牛や羊などの乳
【彀】弓3+𣪊10=総画数13 U+5F40 [コウ、ク/] [土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊弓彀]
◆強い弓を一杯に引く
◆弓の的、目標
【愨】心4+𣪊10=総画数14 U+6128 [カク、コク/] 【悫慤𢢢】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊心愨]
◆慎み深い、誠実な
【䐨】月(肉)4+𣪊10=総画数14 U+4428 [コク/] [土士ワ冖ク刀几ヌ又殳𣪊月䐨]
◆足の甲(こう)
【榖】木4+𣪊10=総画数14 U+6996 [コク/] [土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊木榖]
◆コウゾ(楮)、カジノキ(梶の木)、いずれもクワ科コウゾ属の木で樹皮を紙の原料とする
【𣪥】殳4+𣪊9=総画数13 U+23AA5 [コク、カク/] 【嗀嗀】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊口𣪥]
◆嘔吐する
【𣹬】水4+𣪊10=総画数14 U+23E6C [コク/] 【瀫】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊水𣹬]
◆「𣹬水」、古川名、浙江省
【㷤】火4+𣪊10=総画数14 U+3DE4 [コク/] 【𧹲】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊一火灭㷤]
◆真っ赤な太陽が昇るさま
◆燃える音
【㺉】犬4+𣪊10=総画数14 U+3E89 [コク/] 【𤠼】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊大犬㺉]
◆獣名、姿はイヌ(犬)に似て腰から上は黄色で下は黒色という
【瑴】玉4+𣪊10=総画数14 U+7474 [カク/] [土士ワ冖一王ク刀几ヌ又殳𣪊瑴]
◆二つが合わさって一つになる玉(ぎょく)、同”玨”
【𥀎】皮5+𣪊10=総画数15 U+2500E [カク/] 【㲉𣪹】[土士ワ冖冂一ク刀几ヌ又殳𣪊フ乛ノ丿ヌ又皮𥀎]
◆卵が孵(かえ)る
◆卵や穀物の殻(から)
【瞉】目5+𣪊10=総画数15 U+7789 [コウ/] 【𥊧】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊目瞉]
◆智慧がない、ぼんやりしている
【𥔳】石5+𣪊10=総画数15 U+25533 [カク/] [土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊石𥔳]
◆堅い
【穀】禾5+𣪊10=総画数15 U+FA54 [コク/] 【穀糓𣫗𣫋𥝻𥡛𥞤】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ木禾穀]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
【𥡛】禾5+𣪊10=総画数15 U+2585B [コク/] 【穀穀糓𣫗𣫋𥝻𥞤】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ木禾𥡛]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
【糓】米6+𣪊10=総画数16 U+7CD3 [コク/] 【穀穀𣫗𣫋𥝻𥡛𥞤】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊米糓]
◆殻の付いた実を食用とする作物の総称
◆(穀物=食料を与えて)養う、(穀物=食料を食べて)生きる
◆役人の俸禄
◆善い
【縠】糸6+𣪊10=総画数16 U+7E20 [コク、ゴク/] 【𣪺𦇍】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ糸系縠]
◆薄く軽い皺(しぼ、縮み皺)のある織物、縮羅(しじら)や縮緬(ちりめん)の類、同”縐”、「【史記:列傳:司馬相如列傳】雜纖羅𡍮霧縠(集解郭璞曰言細如霧𡍮以覆頭)」
【螜】虫6+𣪊10=総画数16 U+879C [コク、ゴク/] 【𧐜𧐡𧏚】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊口丨中虫螜]
◆ケラ(螻蛄)、オケラ、ケラ科の虫
◆「蝖螜(けんこく)」、スクモムシ(蠐螬)、コガネムシ(黄金虫)などの幼虫
【𧏚】虫6+𣪊10=総画数16 U+273DA [コク、ゴク/] 【螜𧐜𧐡】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊口丨中虫𧏚]
◆ケラ(螻蛄)、オケラ、ケラ科の虫
◆「蝖𧏚(けんこく)」、スクモムシ(蠐螬)、コガネムシ(黄金虫)などの幼虫
【觳】角7+𣪊10=総画数17 U+89F3 [コク、ゴク/] 【𣫅】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ク用角觳]
◆獣の角(つの)で作った大きな酒器
◆穀物の量を測る容器の名、また容量の単位、「【周禮:卷第十一:冬官考工記第六】庾實二觳厚半寸唇寸」
◆他のものと突き合わせて較(くら)べる、また競(きそ)う
◆「觳觫(こくそく)」、恐れるさま、懼(おそ)れ慄(おのの)くさま、「【孟子注疏:卷一上:梁惠王章句上】舍之吾不忍其觳觫若無罪而就死地」
【豰】豕7+𣪊10=総画数17 U+8C70 [コ、ゴ/] 【𣪨】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊一ノ34彡く𧰨豕豰]
◆貔(ひ、キツネまたヒョウに似るという白い獣)の子
◆獣名、腰から上が黄色で下が黒く体型はイヌに似た獣
◆子豚
【𧹲】赤7+𣪊10=総画数17 U+27E72 [コク/] 【㷤】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊土亠ノ丿I|丨ハ亦赤𧹲]
◆真っ赤な太陽が昇るさま
◆燃える音
【轂】車7+𣪊10=総画数17 U+8F42 [コク/こしき] 【𣫂毂𨍔】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊車轂]
◆車軸を通し輻(ふく、スポーク)を支える車輪の中心にある円筒形の部品、車輪の外側に突き出た部分を「軹端(したん)」、内側に突き出た部分を「賢端(けんたん)」という、「【周禮:卷第十一:冬官考工記第六】五分其轂之長去一以為賢去三以為軹」{車輪}
◆「轂轆(こくろく)」、車輪、ゴロゴロと転がる、同「軲轆、軲轤(ころ)」
【𩌊】革9+𣪊10=総画数19 U+2930A [キョク、コク/] 【𩌥𩍤𩏜】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊十2廿口3革𩌊]
◆革紐を巻き付け(罪人の頭を)強く締め付ける、また固く絞る
【𩌥】革9+𣪊10=総画数19 U+29325 [キョク、コク/] 【𩌊𩍤𩏜】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊十2廿口3革𩌥]
◆革紐を巻き付け(罪人の頭を)強く締め付ける、また固く絞る
【鷇】鳥11+𣪊10=総画数21 U+9DC7 [コウ、ク/] 【𪃟𪅏】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊鳥鷇]
◆卵から孵ったばかりの雛鳥
【𪕷】鼠13+𣪊10=総画数23 U+2A577 [コク/] 【𪕸】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノEヨ臼レ2、丶4鼠𪕷]
◆イタチ(鼬)の類
【𪕸】鼠13+𣪊10=総画数23 U+2A578 [コク/] 【𪕷】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノEヨ臼レ2、丶4鼠𪕸]
◆イタチ(鼬)の類
【殸】殳4+7=総画数11 U+6BB8 [ケイ、キョウ、セイ、ショウ/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸]
◆磬(けい)、石または玉(ぎょく)製の打楽器、同”磬”
◆磬(けい)の音、同”声”
【撀】手4+殸11=総画数15 U+6480 [コウ、ク/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸手撀]
◆牛や羊の乳を搾る
【㯏】木4+殸11=総画数15 U+3BCF [ケイ、キョウ、コク/] 【䅽】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸木㯏]
◆馨(かお)る、よい香りが遠くまで漂い広がる、同”馨”
◆穀物、同”穀”
【漀】水4+殸11=総画数15 U+6F00 [ケイ、キョウ/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸水漀]
◆(器を傾きを加減しながら)流れを細くして注ぐ、細い流れ
【𥊧】目5+殸11=総画数16 U+252A7 [コウ/] 【瞉】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸目𥊧]
◆智慧がない、ぼんやりしている
【磬】石5+殸11=総画数16 U+78EC [ケイ、キョウ/] 【𣫆𥓕𡔝】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸石磬]
◆石また玉(ぎょく)製の打楽器、一般には”へ”字形でこれに紐を繋ぎ吊るし叩いて音を出す{打楽器}
◆畏まって”へ”字形に腰をかがめる
◆首を絞めて殺す
◆尽きる、全てが外に出て中が空(から)になる、同”罄”
【䅽】禾5+殸11=総画数16 U+417D [ケイ、キョウ、コク/] 【㯏】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ノ木禾䅽]
◆馨(かお)る、よい香りが遠くまで漂い広がる、同”馨”
◆穀物、同”穀”
【罄】缶6+殸11=総画数17 U+7F44 [ケイ、キョウ/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ノ丿一𠂉二十干山缶罄]
◆器の中が空っぽなさま
◆尽きる、全てが外に出て中が空(から)になる、同”𥥻”
【聲】耳6+殸11=総画数17 U+8072 [セイ、ショウ/こえ、こわ] 【声】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸耳聲]
◆磬(けい、石また玉製の打楽器)、またその音
◆人や動物が口から発する音、一般には高低強弱などの抑揚がある音が連続し全体として意味を持つものを指す、意味をなさないものを「音」
◆音を出して意思を伝える
◆耳に届いて来る評判
◆漢字の読みの最初の子音、「声母(せいぼ)」「頭子音(とうしいん)」、”聲”の読み[shēng]の[sh]を「声」、[ēng]を「韻母(いんぼ)」、[ē]の上の記号は「声調(せいちょう、アクセント)」という
◆”声”は”聲”の俗字
【𧐡】虫6+殸11=総画数17 U+27421 [コク、ゴク/] 【螜𧐜𧏚】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸口丨中虫𧐡]
◆ケラ(螻蛄)、オケラ、ケラ科の虫
◆「蝖𧐡(けんこく)」、スクモムシ(蠐螬)、コガネムシ(黄金虫)などの幼虫
【𧤴】角7+殸11=総画数18 U+27934 [カク/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ク用角𧤴]
◆強く締め付ける、固く絞る、同”𩏜(𩌊)”
【謦】言7+殸11=総画数18 U+8B26 [ケイ、キョウ/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸言謦]
◆咳払いをする、またその声
【䡰】車7+殸11=総画数18 U+4870 [コウ、キョウ/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸車䡰]
◆車が堅く頑丈なさま、またしなやかで強いさま、同”𨍵”
【鏧】金8+殸11=総画数19 U+93E7 [ロウ/] 【䥢】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸金鏧]
◆「鏧鏧(ろうろう)」、鼓の音の形容
【𩏜】韋9+殸11=総画数20 U+293DC [キョク、コク/] 【𩌊𩌥𩍤】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋/三フI|丨韦𩏜]
◆革紐を巻き付け(罪人の頭を)強く締め付ける、また固く絞る
【韾】音9+殸11=総画数20 U+97FE [イン、オン/] [土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸立日音韾]
◆穏やかで和やかな声
【馨】香9+殸11=総画数20 U+99A8 [ケイ、キョウ/かお・る、かぐわ・しい] 【𡄈𤯒𪐕】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ノ木禾日香馨]
◆よい香りが遠くまで漂い広がる
◆名声や評判が伝わり広がる
◆「寧馨(ねいけい)」、このような、あのような、「寧馨児(ねいけいじ、あのような子、飛び抜けて優れている子、神童)」のように特に褒め言葉として使う
【殹】殳4+7=総画数11 U+6BB9 [エイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹]
◆外から見えないようにするための幕
◆文末に置き語調を整える助詞
【㗨】口3+殹11=総画数14 U+35E8 [キ、ケ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹口㗨]
◆笑うさま、笑い声
【嫛】女3+殹11=総画数14 U+5ADB [エイ、アイ/] [女匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹嫛]
◆「嫛婗(えいげい)」、幼い子、嬰児または幼児
◆穏和で素直なさま
【𣘦】木4+殹11=総画数15 U+23626 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹木𣘦]
◆木名、木は黒く紋があるという、別名を「烏木」「陰沈木」
【瑿】玉5+殹11=総画数16 U+747F [エイ、アイ/] 【𤧧】[匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹王玉瑿]
◆黒く美しい石、黒い玉(ぎょく)、黒い琥珀
【瞖】目5+殹11=総画数16 U+7796 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹目瞖]
◆目が物に覆(おお)われたかのように見えにくくなる、またそのような病気、白内障(はくないしょう、眼球の水晶体が白濁(はくだく)して見えにくくなる病気)
【繄】糸6+殹11=総画数17 U+7E44 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹糸繄]
◆戟(げき、槍のような長い武器)の刀身を入れる鞘
◆赤黒い色の織物
◆これ(是)、この、this
◆唯(ただ)、只(ただ)
【翳】羽6+殹11=総画数17 U+7FF3 [エイ、アイ/かざ・す、かげ・る、かげ] 【𩭅𦒭】[匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹羽羽翳]
◆日光などを遮(さえぎ)るための長い柄(え)の先に羽飾りを付けた大きな団扇(うちわ)
◆物で覆(おお)って日光などを遮る、また遮られて陰(かげ)になる
◆周りから見えないように覆って隠す
◆目が物に覆(おお)われたかのように見えにくくなる、またそのような病気、白内障(はくないしょう、眼球の水晶体が白濁(はくだく)して見えにくくなる病気)、同”瞖”
【𧜤】衣6+殹11=総画数17 U+27724 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹亠ノ丿2レ𧘇衣𧜤]
◆「𧜤袼(えいかく)」、子供の涎掛(よだれか)け
【𧫦】言7+殹11=総画数18 U+27AE6 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹言𧫦]
◆「はい」「その通り」という問いに対する返事
【贀】貝7+殹11=総画数18 U+8D00 [イ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹目ハ貝贀]
◆身分の低い女官
【醫】酉7+殹11=総画数18 U+91AB [イ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹西酉醫]
◆病気を治す、病気を治療する人、同”医””毉”
◆治療に使われる酒また液体
◆簡”医”、本来”医”と”醫”とは別字だが現在では同じ意味に用いられる
【鷖】鳥11+殹11=総画数22 U+9DD6 [エイ、アイ/] 【鹥】[匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹鳥鷖]
◆カモメ(鴎、カモメ科カモメ属の鳥)の別名、別名「水鴞(すいきょう)」
◆青黒い色
◆「鳳凰(ほうおう、想像上の瑞鳥)」の別名
【鹥】鳥5+殹11=総画数16 U+9E65 [エイ、アイ/] 【鷖】[匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹ノフ𠃌、丶一鸟鷖鹥]
◆カモメ(鴎、カモメ科カモメ属の鳥)の別名、別名「水鴞(すいきょう)」
◆青黒い色
◆「鳳凰(ほうおう、想像上の瑞鳥)」の別名
【黳】黑12+殹11=総画数23 U+9EF3 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹口ソ土、丶4灬黑黳]
◆黒子(ほくろ)
◆黒い
【殻】殳4+7=総画数11 U+6BBB [カク、コク/から] 【壳殼】[土士ワ冖几2ク刀几ヌ又殳殻]
◆表面を覆う堅い外皮、カニ(蟹)やエビ(海老)などの甲羅、卵の外皮、果実や実の表面の堅い外皮
◆「殼斗(かくと)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「山毛﨔(さんもうきょ)」{ブナ}
【慤】心4+殻11=総画数15 U+6164 [カク、コク/] 【愨悫𢢢】[土士ワ冖几2ク刀几ヌ又殳殻心慤]
◆慎み深い、誠実な
【𤠼】犬4+殻11=総画数15 U+2483C [コク/] 【㺉】[土士ワ冖几2ク刀几ヌ又殳殻犬𤠼]
◆獣名、姿はイヌ(犬)に似て腰から上は黄色で下は黒色という
【𧐜】虫6+殻11=総画数17 U+2741C [コク、ゴク/] 【螜𧐡𧏚】[土士ワ冖几2ク刀几ヌ又殳殻口丨中虫𧐜]
◆ケラ(螻蛄)、オケラ、ケラ科の虫
◆「蝖𧐜(けんこく)」、スクモムシ(蠐螬)、コガネムシ(黄金虫)などの幼虫
【𪅏】鳥11+殻11=総画数22 U+2A14F [コウ、ク/] 【鷇𪃟】[土士ワ冖几2ク刀几ヌ又殳殻鳥𪅏]
◆卵から孵ったばかりの雛鳥
【殺】殳4+7=総画数11 U+F970 [サツ、セツ/そ・ぐ、ころ・す] 【殺杀𣪩𢁛𢽅𢿹𢽆𢼡𢿔𧤿】[メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺]
◆そ・ぐ、削る、削り取る、減らす、押え付けて勢いを弱める
◆ころ・す、人や動物の生命を奪う
◆~が甚だしい、~がひどい
◆寒々しいさま、荒(すさ)んでいるさま
【𢄌】巾3+殺11=総画数14 U+2210C [サイ、セ/] [巾メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺𢄌]
◆「𢅭𢄌(らいさい)」、衣服が綻(ほころ)びるさま、同「襰𧜁」「𦇛䌈(らつとう)」
【摋】手3+殺11=総画数14 U+644B [サツ、サチ/] [オ才扌メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺摋]
◆平手で打つ、びんたする打ち
◆振り払う
◆「抹摋」、同「抹殺」、無視する、見えなくなる(存在しなくなる)程まで徹底的に滅ぼす
【樧】木4+殺11=総画数15 U+6A27 [サツ、セツ、セチ/] 【榝𣛶】[木メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺樧]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木、またゴシュユ(呉茱萸)に似た赤い実の成る木、サンシュユ(山茱萸、ミズキ科ミズキ属)やショクシュユ(食茱萸、ミカン科サンショウ属、別名「カラスザンショウ(烏山椒)」)などの類と思われる、同”蔱”、「【爾雅翼:卷十一:釋木三:榝】一名藙今之茱茰也其味苦辛置之食中能去臭」{ゴシュユ}
【𥻦】米6+殺11=総画数17 U+25EE6 [サツ/] [メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺米𥻦]
◆追放する、追い散らす
【𦃏】糸6+殺11=総画数17 U+260CF [サツ、サチ/] 【繺】[糸メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺𦃏]
◆衣服が破れる、綻(ほころ)びる、同「襰𧜁、𢅭𢄌(らいさい)」「𦇛䌈(らつとう)」
【蔱】艸3+殺11=総画数14 U+8531 [サツ/] [サ十2艹艹メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺蔱]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木、またゴシュユ(呉茱萸)に似た赤い実の成る木、サンシュユ(山茱萸、ミズキ科ミズキ属)やショクシュユ(食茱萸、ミカン科サンショウ属、別名「カラスザンショウ(烏山椒)」)などの類と思われる、同”蔱”、「【爾雅翼:卷十一:釋木三:榝】一名藙今之茱茰也其味苦辛置之食中能去臭」{ゴシュユ}
◆「蔱蘠(さっしょう)」、チョウセンニレ(朝鮮楡、ニレ科ニレ属の木)の実、煎じて生薬とする、別名「蕪荑、莁荑(ぶい)」、「【爾雅:釋草】莁荑蔱蘠」{チョウセンニレ}
【𧜁】衣5+殺11=総画数16 U+27701 [サイ、セ、サツ、セツ/] [ネ衤メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺𧜁]
◆衣服の綻(ほころ)びを繕(つくろ)う、「【廣韻:去聲:怪第十六:鎩:𧜁】衣𧘪縫也」
◆未詳、「【集韻:卷七:去聲上:怪第十六:𧜁】衣削幅也」
◆「襰𧜁(らいさい)」、衣服が綻(ほころ)びるさま、同「𢅭𢄌」「𦇛䌈(らつとう)」
【鎩】金8+殺11=総画数19 U+93A9 [サツ、セツ/] 【𨭝𨨽𨦅铩】[金メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺鎩]
◆矛(ほこ、両刃の剣)に柄(え)を取り付けた小形の武器、同”鈒”
◆長柄の先に戈(ほこ、”「”字形をした刃物)や矛(ほこ、両刃の剣)を取り付けた武器
◆傷つける、傷つく
【𣪏】殳4+7=総画数11 U+23A8F [カン/あ・えて] 【敢𠭖𢽤】[ヨ月ク刀几ヌ又殳𣪏]
◆あ・えて、(不安や周りからの反対などの)押し止めようとするものを撥(は)ね除(の)けて思うところをする、思い切って
【𠪘】厂2+𣪏11=総画数13 U+20A98 [ギン、ゴン/] 【𠪚𠪬𠪔】[厂ヨ月ク刀几ヌ又殳𣪏𠪘]
◆山が高く険しいさま
【𣪐】殳4+7=総画数11 U+23A90 [ジュウ/] 【𣫐𣪾】[コ匚L乚己2𠃬ク刀几ヌ又殳𣪐]
◆叩(たた)く
【𦒇】羽6+𣪐11=総画数17 U+26487 [トウ、ドウ/] 【翿𦒛𣫟𦒯𦒫𦒞𦐩】[コ匚L乚己2𠃬ク刀几ヌ又殳𣪐羽羽𦒇]
◆ヤク(チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)やキジ(雉)の尾を飾り付けた大きな幟(のぼり)、同”纛”
◆舞踊の舞い手が手に持ち翳して振り回すもの、「羽葆幢(うほうとう)」「羽旄(うぼう)」
◆”己口口”のような字形になることがありますが、本来は「𠃬」です
【𣪘】殳4+7=総画数11 U+23A98 [キ/] 【簋𦹧𥁬𣌽㔲㔳𠥗𣪕】[日白ヒ七𠤎匕ク刀几ヌ又殳𣪘]
◆穀物を盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器、長方形の祭器を「簠」といい、合わせて「簠簋(ふき、ほき)」という、同”匭”{食器}
【匓】勹2+𣪘11=総画数13 U+5313 [キュウ、ク/] 【𠣿𠣽𠣹䬨】[ノ𠃌勹日白ヒ七𠤎匕皀ク刀几ヌ又殳𣪘匓]
◆(祭礼などで出される)もうこれ以上は要(い)らないというほどのご馳走、また供え物
【廏】广3+𣪘11=総画数14 U+5ECF [キュウ/うまや] 【厩廄廐】[广日白ヒ七𠤎匕皀ク刀几ヌ又殳𣪘廏]
◆馬小屋
【㲃】殳4+8=総画数12 U+3C83 [キュウ、グ/] 【𣪙】[ト⺊卜ト卜⺊日ヒ七𠤎匕㫐𠧢𠧢ク刀几ヌ又殳㲃]
◆折り曲げる
◆強く撃つ
【𠣿】勹2+㲃12=総画数14 U+208FF [キュウ、ク/] 【匓𠣽𠣹䬨】[ノ𠃌勹ト⺊卜ト卜⺊日ヒ七𠤎匕㫐𠧢𠧢ク刀几ヌ又殳㲃𠣿]
◆(祭礼などで出される)もうこれ以上は要(い)らないというほどのご馳走、また供え物
【殽】殳4+8=総画数12 U+6BBD [コウ、ギョウ/] [メ㐅ナ𠂇月有肴ク刀几ヌ又殳殽]
◆混じり合わさる、入り混じる、同”淆”
◆主食(穀物を使った食べ物)以外の食べ物、おかず、同”肴”
◆骨付き肉
【𥳴】竹6+殽12=総画数18 U+25CF4 [コウ、キョウ/] 【䉰𥰹】[竹メ㐅ナ𠂇月有肴ク刀几ヌ又殳殽𥳴]
◆竹を縒(よ)って作った縄、同”筊”
◆小形の簫(しょう、竹製の縦笛)、同”筊”
◆筍(たけのこ)
【㲄】殳4+9=総画数13 U+3C84 [コウ、ク/] [土士ワ冖王ク刀几ヌ又殳㲄]
◆焼く前の瓦や陶器
【𢢢】心4+㲄13=総画数17 U+228A2 [カク、コク/] 【愨悫慤】[土士ワ冖王ク刀几ヌ又殳㲄心𢢢]
◆慎み深い、誠実な
【殿】殳4+9=総画数13 U+6BBF [テン、デン/との、どの、しんがり] 【𣪍𣪫】[コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿]
◆でんと座った(どっしりした土台の上に建つ)高く大きな建物
◆天子の居住する館、宰相が執務する建物、またそこにいる人に対する敬称
◆しんがり、(特に軍が退却する際の)最後尾の軍勢
【𠿍】口3+殿13=総画数16 U+20FCD [テン、デン/] 【𣣣】[口コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿𠿍]
◆唸(うな)る、呻(うめ)く、口をあまり開けずに或いは殆ど開けずに低い声を長く伸ばす
【壂】土3+殿13=総画数16 U+58C2 [テン、デン/] [コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿土壂]
◆大きな建物、またその基礎、同”殿”
◆水底に溜まった泥や塵、沈殿物、同”澱”
【臀】月(肉)4+殿13=総画数17 U+81C0 [トン、ドン、デン/しり] 【臋𩪔】[コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿月臀]
◆尻
◆器物などの下部・底部
【澱】水3+殿13=総画数16 U+6FB1 [テン、デン/よど・む、よどみ、おり] [シ氵コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿澱]
◆おり、水底に沈み溜まった泥、沈殿物
◆よど・む、水底に泥が溜まり流れが悪くなる、水が淀む、同簡”淀”
【𤩱】玉5+殿13=総画数18 U+24A71 [テン、デン/] 【𤩴】[コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿王玉𤩱]
◆紐(ひも)に玉(たま)を通して冕冠の両側から肩の辺りまで垂らした飾り、またそれの玉を耳に填(は)める、充耳(じゅうじ)、同”琠””瑱”{冕冠}
【𤩴】玉4+殿13=総画数17 U+24A74 [テン、デン/] 【𤩱】[王コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿𤩴]
◆紐(ひも)に玉(たま)を通して冕冠の両側から肩の辺りまで垂らした飾り、またそれの玉を耳に填(は)める、充耳(じゅうじ)、同”琠””瑱”{冕冠}
【癜】疒5+殿13=総画数18 U+765C [テン、デン/なまず] [ン冫广疒コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿癜]
◆赤や紫の斑点が次第に広がる皮膚病
【臋】肉6+殿13=総画数19 U+81CB [トン、ドン、デン/しり] 【臀𩪔】[コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿内人2仌肉臋]
◆尻
◆器物などの下部・底部
【𦽄】艸3+殿13=総画数16 U+26F44 [テン、デン/] [サ十2艹艹コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿𦽄]
◆「𦽄䕋(てんとう)」、チョウセンニレ(朝鮮楡、ニレ科ニレ属の木)の実、煎じて生薬とする、別名「蕪荑、莁荑(ぶい)」「蔱蘠(さっしょう)」、「【爾雅:釋草】莁荑蔱蘠(・・・案本草莁荑一名無姑一名𦽄䕋・・・)」{チョウセンニレ}
【𩪡】骨10+殿13=総画数23 U+29AA1 [テン、デン/] [コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿冂2「冎ワ冖月骨𩪡]
◆尻、同「臀」
◆腰の部分の骨、同”𡱂”
【𪒮】黑12+殿13=総画数25 U+2A4AE [デン/] [口ソ土、丶4灬黑コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿𪒮]
◆同”澱”
【毀】殳4+9=総画数13 U+6BC0 [キ/こわ・す、こわ・れる、こぼ・つ] 【毁𣪷𢾌】[ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀]
◆壊(こわ)す、壊れる、破(やぶ)る、破れる、欠ける、傷付ける、損(そこ)なう
◆謗(そし)る、人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる
◆悲しみや心労で衰弱する、体を壊す
【𡒂】土3+毀13=総画数16 U+21482 [キ/] [土ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𡒂]
◆壊(こわ)す、壊れる、破(やぶ)る、破れる、同”毀”
◆悲しみや心労で衰弱する、体を壊す、同”毀”、「【明文衡:巻九十五】喪亂家𡒂母又死無誰為教恒恐其失」
【𡢕】女3+毀13=総画数16 U+21895 [キ/] 【𡢶𡢝】[女ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𡢕]
◆謗(そし)る、人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、同”毀”
【𡢶】女3+毀13=総画数16 U+218B6 [キ/] 【𡢕𡢝】[女ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𡢶]
◆謗(そし)る、人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、同”毀”
【㩓】手4+毀13=総画数17 U+3A53 [キ/] 【𢶙】[ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀手㩓]
◆毀(こわ)す、壊(こわ)す、傷付ける
【𢶙】手3+毀13=総画数16 U+22D99 [キ/] 【㩓】[オ才扌ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𢶙]
◆毀(こわ)す、壊(こわ)す、傷付ける
【檓】木4+毀13=総画数17 U+6A93 [キ/] [木ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀檓]
◆カホクザンショウ(華北山椒)、別名「花椒(かしょう)」、ミカン科サンショウ属の木
【燬】火4+毀13=総画数17 U+71EC [キ/] 【㷐𤐘𤌋𤈦】[火ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀燬]
◆火、激しく燃える火
◆燃やす、焼く
【𥵓】竹6+毀13=総画数19 U+25D53 [キ/] 【𥶵𥸋𥸃】[竹ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𥵓]
◆米を搗(つ)く、玄米(げんまい)を搗いて精白する、同”毇”
【𥼹】米6+毀13=総画数19 U+25F39 [キ/] 【毇𥽂】[米ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀𥼹]
◆米を搗(つ)く、玄米(げんまい)を搗いて精白する、同”𥶵”
【𥽂】米6+毀13=総画数19 U+25F42 [キ/] 【毇𥼹】[ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀米𥽂]
◆米を搗(つ)く、玄米(げんまい)を搗いて精白する、同”𥶵”
【𧝷】衣6+毀13=総画数19 U+27777 [カイ、キ/] 【䙡】[ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀亠ノ丿2レ𧘇衣𧝷]
◆衣服の合わせの部分を繋ぎ止める紐、またその彩り鮮やかな紐
【譭】言7+毀13=総画数20 U+8B6D [キ/] 【䛼】[言ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀譭]
◆謗(そし)る、人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる、同”毀”
【毁】殳4+9=総画数13 U+6BC1 [キ/こわ・す、こわ・れる、こぼ・つ] 【毀𣪷𢾌】[ノEヨ臼エ工ク刀几ヌ又殳毁]
◆壊(こわ)す、壊れる、破(やぶ)る、破れる、欠ける、傷付ける、損(そこ)なう
◆謗(そし)る、人を悪く言う、悪意を持ってあれこれと言い立てる
◆悲しみや心労で衰弱する、体を壊す
【𨷕】門8+毁13=総画数21 U+28DD5 [カイ、ケ、イ/] 【䦱】[門ノEヨ臼エ工ク刀几ヌ又殳毁𨷕]
◆門を押し開く、同”闢”
◆門が(歪んでいて、或いは壊れていて)しっかり開かない、同”𨵧”、「【廣韻:上平聲:佳:咼:䦱】斜開門」「【正字通:門部:䦱】門半開也」
【𣪠】殳4+9=総画数13 U+23AA0 [ケイ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠]
◆攻める、攻撃する、同”毄”
◆繋ぐ、家畜を繋いで飼う
【墼】土3+𣪠13=総画数16 U+58BC [ケキ、キャク/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠土墼]
◆焼く前の瓦や陶器
【𡢖】女3+𣪠13=総画数16 U+21896 [ケイ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠女𡢖]
◆困難な
◆同”𢢞”
【𢢞】心4+𣪠13=総画数17 U+2289E [ケイ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠心𢢞]
◆疲れ切る
◆怖(おそ)れる、恐らく
◆難しい
【擊】手4+𣪠13=総画数17 U+64CA [ケキ、キャク、ゲキ/う・つ] 【撃击】[オ才扌車山ク刀几ヌ又殳𣪠擊]
◆(軽く繰り返すのではなく一挙に)強く打つ、また撲(なぐ)る、また叩(たた)く
◆相手に激しく突き掛かる
◆敵を攻める、また滅ぼす
【檕】木4+𣪠13=総画数17 U+6A95 [ケイ、ケ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠木檕]
◆撥釣瓶(はねつるべ)の横木
◆「檕梅(けいばい)」、サンザシ(山査子)、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
【礊】石5+𣪠13=総画数18 U+790A [カク/] 【𥖳】[車山ク刀几ヌ又殳𣪠石礊]
◆堅い
◆鞭の音
【繫】糸6+𣪠13=総画数19 U+7E6B [ケイ、ゲ/つな・ぐ、かか・る] 【繋】[車山ク刀几ヌ又殳𣪠糸繫]
◆つな・ぐ、(縄や紐などで)離れているものを結ぶ、結んで離れないようにする、結んで離れているものを関連付ける
◆かか・る、縄や紐などで結んでぶら下げる
◆簡"系"
【罊】缶6+𣪠13=総画数19 U+7F4A [ケイ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠ノ丿一𠂉二十干山缶罊]
◆器の中が空っぽなさま
【蟿】虫6+𣪠13=総画数19 U+87FF [ケイ、ケ/] 【𧒼】[車山ク刀几ヌ又殳𣪠口丨中虫蟿]
◆「蟿螽(けいしゅう)」、別名「螇蚸(けいれき)」、ショウリョウバッタ(精霊蝗虫、精霊飛蝗)などのような細長いバッタ(飛蝗)
【𧒼】虫6+𣪠13=総画数19 U+274BC [ケイ、ケ/] 【蟿】[口丨中虫車山ク刀几ヌ又殳𣪠𧒼]
◆「𧒼螽(けいしゅう)」、別名「螇蚸(けいれき)」、ショウリョウバッタ(精霊蝗虫、精霊飛蝗)などのような細長いバッタ(飛蝗)
【轚】車7+𣪠13=総画数20 U+8F5A [ケキ、キャク/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠車轚]
◆並走する車の轄(車輪の楔)がぶつかり合う
◆そのため車や舟がゆっくり進む
【毄】殳4+10=総画数14 U+6BC4 [ケキ、キャク/] [車口軎ク刀几ヌ又殳毄]
◆攻める、攻撃する
◆攻めて追い払う
◆ぶつかり合う、衝突する
【𡁒】口3+毄14=総画数17 U+21052 [キツ、ケキ、キャク/] 【喫噄】[口車口軎ク刀几ヌ又殳毄𡁒]
◆食べる、飲む、吸う、物を口から体の中に入れる
◆打撃や衝撃を受ける
【𥖳】石5+毄14=総画数19 U+255B3 [カク/] 【礊】[車口軎ク刀几ヌ又殳毄石𥖳]
◆堅い
◆鞭の音
【穀】禾部
【毅】殳4+11=総画数15 U+6BC5 [ギ、ゲ、キ/] 【𣫚𣫖䝘𣪣】[立一ノ34彡く𧰨豕豙ク刀几ヌ又殳毅]
◆堅く強いさま、意志が強く揺るがないさま
【藙】艸3+毅15=総画数18 U+85D9 [ギ、ゲ/] 【𧄘𧅙𧆈】[サ十2艹艹立一ノ34彡く𧰨豕豙ク刀几ヌ又殳毅藙]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木
◆ゴシュユ(呉茱萸)の実を煎(せん)じた生薬、頭痛や吐き気を抑える効果があるという
【穀】禾部
【毇】殳4+12=総画数16 U+6BC7 [キ/] 【𥼹𥽂】[ノEヨ臼米䊆ク刀几ヌ又殳毇]
◆米を搗(つ)く、玄米(げんまい)を搗いて精白する、同”𥶵”
【𥶵】竹6+毇16=総画数22 U+25DB5 [キ/] 【𥸋𥸃𥵓】[竹ノEヨ臼米䊆ク刀几ヌ又殳毇𥶵]
◆米を搗(つ)く、玄米(げんまい)を搗いて精白する、同”毇”
【縠】糸部
【𣪾】殳4+12=総画数16 U+23ABE [ジュウ/] 【𣫐𣪐】[コフ弓エ工2𢏚口句𠷎ク刀几ヌ又殳𣪾]
◆叩(たた)く
【𦒯】羽6+𣪾16=総画数22 U+264AF [トウ、ドウ/] 【翿𦒛𣫟𦒫𦒇𦒞𦐩】[コフ弓エ工2𢏚口句𠷎ク刀几ヌ又殳𣪾羽羽𦒯]
◆ヤク(チベット周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)やキジ(雉)の尾を飾り付けた大きな幟(のぼり)、同”纛”
◆舞踊の舞い手が手に持ち翳して振り回すもの、「羽葆幢(うほうとう)」「羽旄(うぼう)」
【𣫖】殳4+14=総画数18 U+23AD6 [ギ、ゲ、キ/] 【毅𣫚䝘𣪣】[立十干辛一ノ34彡く𧰨豕𧱏ク刀几又殳𣫖]
◆堅く強いさま、意志が強く揺るがないさま
【𧄘】艸3+𣫖18=総画数21 U+27118 [ギ、ゲ/] 【藙𧅙𧆈】[サ十2艹艹立十干辛一ノ34彡く𧰨豕𧱏ク刀几又殳𣫖𧄘]
◆ゴシュユ(呉茱萸)、ミカン科サンショウ属の木
◆ゴシュユ(呉茱萸)の実を煎(せん)じた生薬、頭痛や吐き気を抑える効果があるという
【𣫞】殳4+16=総画数20 U+23ADE [サク、ザク/のみ] 【鑿𨯳𨰢𣫫𨰒𪚆𣫩𣪲𣪻凿】[ソ业2ソ丷一䒑二十干𢆉丵ノEヨ臼ク刀几ヌ又殳𣫞]
◆木や石・岩などに孔(あな)を穿(うが)つ、穴を掘り向こう側まで貫き通す
◆孔(あな)
◆のみ、木や石などに孔(あな)を穿(うが)ったりする道具
◆明らかなさま、確かなさま、「奥深くまで掘り探って内部や細部を明らかにする」の意
【糳】米6+𣫞20=総画数26 U+7CF3 [サ、サク/] 【𥽿𥽦】[ソ业2ソ丷一䒑二十干𢆉丵ノEヨ臼ク刀几ヌ又殳𣫞米糳]
◆米を搗(つ)く、搗いて精白する、同”毇”
【𥽿】米6+𣫞20=総画数26 U+25F7F [サ、サク/] 【糳𥽦】[ソ业2ソ丷一䒑二十干𢆉丵ノEヨ臼ク刀几ヌ又殳𣫞米𥽿]
◆米を搗(つ)く、搗いて精白する、同”毇”
【鑿】金8+𣫞20=総画数28 U+947F [サク、ザク/のみ] 【𨯳𨰢𣫫𨰒𪚆𣫞𣫩𣪲𣪻凿】[ソ业2ソ丷一䒑二十干𢆉丵ノEヨ臼ク刀几ヌ又殳𣫞金鑿]
◆木や石・岩などに孔(あな)を穿(うが)つ、穴を掘り向こう側まで貫き通す
◆孔(あな)
◆のみ、木や石などに孔(あな)を穿(うが)ったりする道具
◆明らかなさま、確かなさま、「奥深くまで掘り探って内部や細部を明らかにする」の意


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 殳部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です