総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 糸部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 糸部」 [部首索引


【糸】糸6+0=総画数6 U+7CF8 [シ/いと] 【𢆯】[糸]
◆蚕の繭から取り出した繊維(忽)五本を縒(よ)ったもの、十本を縒ったものが「絲」、中国では「縫物などに使う糸」の場合は「线(線)」「丝(絲)」を使う
◆生糸、絹糸、同”絲”
◆綿などの繊維を縒ったもの、同”絲”
◆細い、極めて小さい、細く長く繋がるもの、同”絲”
◆弦楽器、またその弦、同”絲”
◆10の-4乗{数字}
◆いと、いとへん、部首名
【𠛩】刀2+糸6=総画数8 U+206E9 [キュウ/] 【𠝙𠞎𠜉】[糸リ刂𠛩]
◆罪を糾(ただ)す、問い質(ただ)す、同”糾”
【𠬹】又2+糸6=総画数8 U+20B39 [キ、ケ/ねが・う、こいねが・う、まれ] 【希𢁫】[ヌ又糸𠬹]
◆ねが・う、こいねが・う、願い望む
◆まれ、稀な、珍しい、同”稀”
【𣑇】木4+糸6=総画数10 U+23447 [サク/] 【索𡩡】[木糸𣑇]
◆引っ張る、ものを引っ張るための太い縄や綱、またそのような用途また形状のもの
◆(縄を手繰るように)捜し求める、捜査する
◆(つてを頼って)人に請い求める
◆ばらばらに解(ほぐ)れる
【絲】糸6+糸6=総画数12 U+7D72 [シ/いと] 【丝𢇁】[糸2絲]
◆蚕の繭から取り出した繊維(忽)十本を縒(よ)ったもの、五本を縒ったものが「糸」
◆生糸、絹糸
◆綿などの繊維を縒ったもの
◆細い、極めて小さい、細く長く繋がるもの
◆弦楽器、またその弦
◆10の-4乗{数字}、重量の単位{各種単位}
【䒺】艸3+糸6=総画数9 U+44BA [キン、ゴン/] 【堇菫蓳𡐳𦻍𦸨𨤬𡏳𡎸𦹆𦸧𦻋】[サ十2艹艹糸䒺]
◆スミレ(菫)、スミレ科の草の総称{スミレ}
◆粘土(ねんど、ねばつち)、粘土を塗る、粘土を塗って隙間を塞ぐ、同”墐”
◆ほんの少し、同”僅”
◆トリカブト(鳥兜)、同「烏頭(うず)」、キンポウゲ科トリカブト属の草、またトリカブト属の草の総称、強い毒性がある{トリカブト}
◆「䒺菜(きんさい)」「䒺䒺菜(きんきんさい)」、ツボスミレ(坪菫, 菫菜)、スミレ科スミレ属の草{ツボスミレ}
◆「紫䒺(しきん)」、キケマン(黄華鬘)、ケシ科キケマン属の一種{キケマン}
【𧆙】艸3+糸28=総画数31 U+27199 [ソン/] [サ十2艹艹日䒤大旲莫一6三2非7韭𩐍口糸𧆙]
◆香草名、未詳、「【字彙補:申集:艸部:𧆙】香草也」
【銯】金8+糸6=総画数14 U+92AF [/かすがい] [金糸銯]
◆[日]木材などを繋ぎ固定するための”[”字形の釘、同”鎹”
【系】糸6+1=総画数7 U+7CFB [ケイ、ゲ/] 【𦃟】[ノ糸系]
◆連なる、継ぐ、繋がる、関連する
◆簡"係""繫"
【係】人2+系7=総画数9 U+4FC2 [ケイ/かか・る、かか・わる、かかり] [イ亻ノ糸系係]
◆繋ぐ
◆関わる
◆継ぐ
◆強く束ねる
◆かかり、受け持ち
◆簡"系"
【孫】子3+系7=総画数10 U+5B6B [ソン/まご] 【孙】[子ノ糸系孫]
◆子の子
◆同じ血筋の子よりも後世代の者
◆「公孫樹」、イチョウ(銀杏)、イチョウ科イチョウ属の木{イチョウ}
【𧋬】虫6+系7=総画数13 U+272EC [未詳/] [中虫ノ糸系𧋬]
◆未詳、「【中華字海:虫部:𧋬】同”螄”」
【𩩌】骨10+系7=総画数17 U+29A4C [コン/] 【𩨬】[冂2「冎ワ冖月骨ノ糸系𩩌]
◆夏の禹帝の父の名、同”鯀”、「共工(きょうこう)」「驩兜(かんとう)」「三苗(さんびょう)」と共に四罪(しざい、四人の悪神)と呼ばれ舜帝がこれを平定したとされる
【鯀】魚11+系7=総画数18 U+9BC0 [コン/] 【鲧鮌】[ク𠂊田、丶4灬魚ノ糸系鯀]
◆大魚名、未詳
◆夏の禹帝の父の名、同”𧣙””𩩌”、「共工(きょうこう)」「驩兜(かんとう)」「三苗(さんびょう)」と共に四罪(しざい、四人の悪神)と呼ばれ舜帝がこれを平定したとされる
【鲧】魚8+系7=総画数15 U+9CA7 [コン/] 【鯀鮌】[ノフク𠂊田一鱼ノ糸系鲧]
◆大魚名、未詳
◆夏の禹帝の父の名、同”𧣙””𩩌”、「共工(きょうこう)」「驩兜(かんとう)」「三苗(さんびょう)」と共に四罪(しざい、四人の悪神)と呼ばれ舜帝がこれを平定したとされる
【䊸】糸6+3=総画数9 U+42B8 [ウ/] 【紆纡】[糸二一Lフ𠃌丂亏䊸]
◆絡み付く、巻き付く
◆曲がる
◆屈む
◆縄また綱
【𡹱】山3+䊸9=総画数12 U+21E71 [未詳/] [山糸二一Lフ𠃌丂亏䊸𡹱]
◆山が見たこともない程に険しいさま、「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】崟巖𡹱嵸巍𨝖焉(岑音𡷧𡹱疑是巃字嵸即空反𨝖音釐巃嵸巍𨝖皆山之險怪狀)」
【紂】糸6+3=総画数9 U+7D02 [チュウ、ジュウ/] 【纣】[糸十、丶寸紂]
◆鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す紐
◆組紐
◆殷(いん、約前17世紀~約前11世紀)の最後の王の名、、暴虐の限りを尽くしたとされ夏の桀と併せ「悪逆非道の暴君」の意に用いられる
【䈙】竹6+紂9=総画数15 U+4219 [チュウ、ジュウ/] [竹糸十、丶寸紂䈙]
◆竹が枯れる
【𦋝】网5+紂9=総画数14 U+262DD [ラ/] 【羅𦌴罗】[四罒糸十、丶寸紂𦋝]
◆鳥を捕(とら)える網(あみ)、魚を取る網は「綱」、「網羅(もうら、魚を捕る網と鳥を捕る網、残らず捕らえる)」「羅網(らもう、鳥を捕る網と魚を捕る網、法の網、網に掛かる、罠に掛ける)」
◆網で(鳥を)捕(とら)える
◆(網の目のようにぎっしりと、整然と)列を成して並ぶ、また並べる、「羅列(られつ)」
◆(網のように目が粗く透けるような)薄く軽い織物
【葤】艸3+紂9=総画数12 U+8464 [チュウ、ジュウ/] 【荮】[サ十2艹艹糸十、丶寸紂葤]
◆藁で物を包む
◆縄などで括(くく)った椀や皿などを数える語
【𩋰】革9+紂9=総画数18 U+292F0 [チュウ、ジュウ/] [十2廿口3革糸十、丶寸紂𩋰]
◆鞦(しりがい)、牛馬の尾の根元から渡し鞍などを固定する紐、同”紂”
【約】糸6+3=総画数9 U+7D04 [ヤク/つづ・める] 【约】[糸ノ𠃌勹、丶一勺糸ノ𠃌勹、丶一勺約]
◆小さく纏める、纏めて束ねる
◆不要な部分を省略して必要な部分だけを残す、無駄な出費を抑える
◆互いに取り決める、結んだ取り決めの目印
◆ほぼ、凡そ、大体
【喲】口3+約9=総画数12 U+55B2 [ヨ/] 【哟】[口糸ノ𠃌勹、丶一勺約喲]
◆「エッ?」というような軽い驚きや疑問を表す語
【箹】竹6+約9=総画数15 U+7BB9 [ヤク/] [竹糸ノ𠃌勹、丶一勺約箹]
◆小型の笛
◆竹の節(ふし)
【葯】艸3+約9=総画数12 U+846F [ヤク/] 【药】[サ十2艹艹糸ノ𠃌勹、丶一勺約葯]
◆雄蕊の先端にあって花粉が入っている部分{葯}
◆ヨロイグサ(鎧草、セリ科シシウド属の草)の根を乾燥させた生薬、「白芷(びゃくし)」{ヨロイグサ}
◆「芍葯(シャクヤク)」、ボタン科ボタン属 の草、根は生薬として利用される、同「芍薬」{シャクヤク}
◆「山葯(さんやく)」、ナガイモ(長芋)などの塊根(かいこん、澱粉などの養分を貯えて肥大した根)、同「山藥」「山薯(さんしょ)」「山蕷(さんよ)」「山芋(さんう)」{ナガイモ}
◆薬(くすり)、同”薬”
【紅】糸6+3=総画数9 U+7D05 [コウ、グ/べに、くれない、あか・い] 【红】[糸エ工糸エ工紅]
◆白色が混じった薄い赤色、ピンク色、赤色(淡赤から深赤まで全般を指す)
◆(女性の)美しいさま、艶(あで)やかなさま
◆「大紅、大功(だいこう)」「小紅、小功(しょうこう)」、喪服の名"功"参照
【葒】艸3+紅9=総画数12 U+8452 [コウ、グ/] 【荭】[サ十2艹艹糸エ工紅葒]
◆オオケタデ(大毛蓼)、タデ科の草
【红】糸3+3=総画数6 U+7EA2 [コウ、グ/べに、くれない、あか・い] 【紅】[くレ幺一纟エ工红]
◆白色が混じった薄い赤色、ピンク色、赤色(淡赤から深赤まで全般を指す)
◆(女性の)美しいさま、艶(あで)やかなさま
【荭】艸3+红6=総画数9 U+836D [コウ、グ/] 【葒】[サ十2艹艹くレ幺一纟エ工红荭]
◆オオケタデ(大毛蓼)、タデ科の草
【纣】糸3+3=総画数6 U+7EA3 [チュウ、ジュウ/] 【紂】[くレ幺一纟十、丶寸纣]
◆鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す紐
◆組紐
◆殷(いん、約前17世紀~約前11世紀)の最後の王の名、、暴虐の限りを尽くしたとされ夏の桀と併せ「悪逆非道の暴君」の意に用いられる
【荮】艸3+纣6=総画数9 U+836E [チュウ、ジュウ/] 【葤】[サ十2艹艹くレ幺一纟十、丶寸荮]
◆藁で物を包む
◆縄などで括(くく)った椀や皿などを数える語
【约】糸3+3=総画数6 U+7EA6 [ヤク/つづ・める] 【約】[くレ幺一纟ノ𠃌勹、丶一勺约]
◆小さく纏める、纏めて束ねる
◆不要な部分を省略して必要な部分だけを残す、無駄な出費を抑える
◆互いに取り決める、結んだ取り決めの目印
◆ほぼ、凡そ、大体
【哟】口3+约6=総画数9 U+54DF [ヨ/] 【喲】[口くレ幺一纟ノ𠃌勹、丶一勺约約喲哟]
◆「エッ?」というような軽い驚きや疑問を表す語
【药】艸3+约6=総画数9 U+836F [ヤク/] 【葯】[サ十2艹艹くレ幺一纟ノ𠃌勹、丶一勺约药]
◆雄蕊の先端にあって花粉が入っている部分{葯}
◆ヨロイグサ(鎧草、セリ科シシウド属の草)の根を乾燥させた生薬、「白芷(びゃくし)」{ヨロイグサ}
◆「芍药(シャクヤク)」、ボタン科ボタン属 の草、根は生薬として利用される、同「芍薬」{シャクヤク}
◆「山药(さんやく)」、ナガイモ(長芋)などの塊根(かいこん、澱粉などの養分を貯えて肥大した根)、同「山藥」「山薯(さんしょ)」「山蕷(さんよ)」「山芋(さんう)」{ナガイモ}
◆薬(くすり)、同”薬”
【納】糸6+4=総画数10 U+7D0D [ドウ、ノウ/おさ・める] 【纳】[糸冂人内納]
◆内に入れる、入れ物の中に入れて仕舞う
◆他からのものを受け入れる、自分から他へものを渡す
◆[日]お仕舞にする、終わりにする
【㨥】手3+納10=総画数13 U+3A25 [ドウ、ノウ/] [オ才扌糸冂人内納㨥]
◆打つ、叩(たた)く
◆手や指で押える、同”抐”
【䈫】竹6+納10=総画数16 U+422B [ドウ、ノウ/] [竹糸冂人内納䈫]
◆船を繋ぐための竹を編んで作った綱、同”笝”
【蒳】艸3+納10=総画数13 U+84B3 [ドウ、ノウ/] [サ十2艹艹糸冂人内納蒳]
◆ヤシ科ピナンガ属の植物
【𩹾】魚11+納10=総画数21 U+29E7E [ドウ、ノウ/] 【𩺈】[ク𠂊田、丶4灬魚糸冂人内納𩹾]
◆未詳、姿はスッポン(鼈、スッポン科の亀)に似るが甲羅がなく脚がないという、「【說文解字:魚部:𩹾】魚佀鼈無甲有尾無足口在腹下」
【𩺈】魚11+納10=総画数21 U+29E88 [ドウ、ノウ/] 【𩹾】[糸冂人内納ク𠂊田、丶4灬魚𩺈]
◆未詳、姿はスッポン(鼈、スッポン科の亀)に似るが甲羅がなく脚がないという、「【說文解字:魚部:𩹾】魚佀鼈無甲有尾無足口在腹下」
【紐】糸6+4=総画数10 U+7D10 [ジュウ、ニュウ、チュウ/ひも] 【纽】[糸三丑紐]
◆何本かの糸を縒り合わせたもの
◆細い糸を束ねて太くしたもの
◆結ぶ
【𦶆】艸3+紐10=総画数13 U+26D86 [ジュウ、ニュウ/] 【莥𦱙】[サ十2艹艹糸三丑紐𦶆]
◆タンキリマメ(痰切豆、マメ科タンキリマメ属の草)の種子{タンキリマメ}
【純】糸6+4=総画数10 U+7D14 [シュン、ジュン/] 【纯𥾑㝄𠄤】[糸ノ一凵山L乚𡳾屯純]
◆他の色が混じっていない単色の糸、単色の布や衣服
◆本来のもの以外の何ものも混じっていない、本来のままで何の手も加えられていない
【蒓】艸3+純10=総画数13 U+8493 [シュン、ジュン/] 【莼】[サ十2艹艹糸ノ一凵山L乚𡳾屯純蒓]
◆ジュンサイ(蓴菜)、同「蒓菜」「蓴菜」、スイレン科ジュンサイ属の水生植物、新芽は食用となる{ジュンサイ}
【紗】糸6+4=総画数10 U+7D17 [サ、シャ/うすぎぬ] 【纱】[糸小ノ丿少紗]
◆麻糸などで織った薄く軽い織物、細糸で織った目が粗く薄く軽い織物
【䔋】艸3+紗10=総画数13 U+450B [サ、シャ/] 【莎𦹈】[サ十2艹艹糸小ノ丿少紗䔋]
◆「䔋草(さそう)」◇カヤツリグサ(蚊帳吊草, 蚊屋吊草, 莎草)、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の草、また同科同属の草の称{カヤツリグサ}◇ハマスゲ(浜菅)、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の草、別名「薃葔(こうこう)」「香附(こうふ)」{ハマスゲ}
【紛】糸6+4=総画数10 U+7D1B [フン/まぎ・れる、まぎ・らわしい] 【纷】[糸ハ八刀分紛]
◆細かいものが入り乱れる、入り乱れてどうなっているのか分からなくなる
◆散り散りになる
◆旗に付け、ひらひらと靡(なび)かせる帯状の布
◆馬の尾を包む袋
【蒶】艸3+紛10=総画数13 U+84B6 [フン、ブン/] [サ十2艹艹糸ハ八刀分紛蒶]
◆「蒶薀」、積もり溜まる
【紝】糸6+4=総画数10 U+7D1D [ジン、ニン/] 【纴絍䋕】[糸ノ丿土士壬紝]
◆機織(はたおり)用の糸、またその糸を巻き付けた糸巻き
◆布を織る
【𦷺】艸3+紝10=総画数13 U+26DFA [未詳/] [サ十2艹艹糸ノ丿土士壬紝𦷺]
◆未詳、「【呂氏春秋:辯土】必厚其靹(厚深也)爲其唯厚而及之𩛒者(𩛒或作選)𦷺之堅者耕之澤其靹而後之」
【素】糸6+4=総画数10 U+7D20 [ソ、ス/もと、もと・より、しろ] 【𦃃𦃚𦅪】[十二三土龶糸素]
◆色を染める前の白い糸
◆無地の、飾り気のない、形はできているがそれから先の手が加えられていないさま
◆本来の、元のままの、何時もの通りの
【傃】人2+素10=総画数12 U+5083 [ソ、ス/] [イ亻十二三土龶糸素傃]
◆目的の場所に向かう
◆規則などに従い守る
【嗉】口3+素10=総画数13 U+55C9 [ソ、ス/] [口十二三土龶糸素嗉]
◆喉袋(のどぶくろ)、鳥類の喉(のど)の部分にある袋状の部分、ペリカンなどに見られる
【塐】土3+素10=総画数13 U+5850 [ソ、ス/] 【塑】[土十二三土龶糸素塐]
◆土を捏ねて物の形を作る、柔軟性があり容易に変形させられるが再び外力を加えなければそのままの状態を保つことができる性質のもの
【嫊】女3+素10=総画数13 U+5ACA [ソ、ス/] [女十二三土龶糸素嫊]
◆女性名用字
【𢍣】廾3+素10=総画数13 U+22363 [キョク、コク/] 【𦅽】[十二三土龶糸素一ノ丿ナ十2廾𢍣]
◆未詳、「【說文解字:素部:𦅽】素屬」「【字彙:未集:糸部:𦅽】居玉切音菊索屬」
【愫】心3+素10=総画数13 U+612B [ソ、ス/] [ハI|丨忄十二三土龶糸素愫]
◆真心、誠、素(す)のままの嘘偽りのない本心
【膆】月(肉)4+素10=総画数14 U+8186 [ソ、ス/] [月十二三土龶糸素膆]
◆喉袋(のどぶくろ)、鳥類の喉(のど)の部分にある袋、同”嗉”
【榡】木4+素10=総画数14 U+69A1 [ソ、ス/] [木十二三土龶糸素榡]
◆最後の仕上げがされていないさま、形はできているが飾りが施されていない器
【溸】水3+素10=総画数13 U+6EB8 [ソ、ス/] [シ氵十二三土龶糸素溸]
◆船に溜まった水を掻い出す道具
◆俗”溯”
【縤】糸6+素10=総画数16 U+7E24 [ソ、ス/] [糸十二三土龶糸素縤]
◆練っていない生糸の織物
【螦】虫6+素10=総画数16 U+87A6 [ソ/] [中虫十二三土龶糸素螦]
◆[韓]舟の木を食い荒らす虫
【𩔥】頁9+素10=総画数19 U+29525 [ケイ、キョウ/] 【𩒵𩓏】[十二三土龶糸素百目自𦣻貝頁𩔥]
◆(田畑の)面積の単位、一𩒵(頃)=百畝、同”頃”{各種単位}
【紡】糸6+4=総画数10 U+7D21 [ボウ、ホウ/つむ・ぐ] 【纺】[糸亠万方紡]
◆麻や繭などから繊維を取り出し撚り合わせて糸にする
【鶭】鳥11+紡10=総画数21 U+9DAD [ホウ、ボウ/] [糸亠万方紡鳥鶭]
◆「鸅鸆」、別名「鷝鴋」「澤虞」「婟澤」「護田鳥」、水のある所を好み人を見ても飛び去らずに大きな声で鳴く(水田などを守る)という鳥
【索】糸6+4=総画数10 U+7D22 [サク/] 【𣑇𡩡】[十ワ冖糸索]
◆引っ張る、ものを引っ張るための太い縄や綱、またそのような用途また形状のもの
◆(縄を手繰るように)捜し求める、捜査する
◆(つてを頼って)人に請い求める
◆ばらばらに解(ほぐ)れる
【𠋲】人2+索10=総画数12 U+202F2 [サク/] [イ亻十ワ冖糸索𠋲]
◆「㒀𠋲(ささく)」、未詳、「【集韻:卷十:入聲下:陌第二十:𠋲】㒀𠋲惡也」
【嗦】口3+索10=総画数13 U+55E6 [ソウ/] [口十ワ冖糸索嗦]
◆「哆嗦(しそう)」、身震いする、怖れや寒さで震える
◆「囉嗦(らそう)」、同「囉唆(らさ)」、話が回りくどい、話がくどく鬱陶(うっとう)しい
【𡩡】宀3+索10=総画数13 U+21A61 [サク/] 【索𣑇】[ウ宀十ワ冖糸索𡩡]
◆引っ張る、ものを引っ張るための太い縄や綱、またそのような用途また形状のもの
◆(縄を手繰るように)捜し求める、捜査する
◆(つてを頼って)人に請い求める
◆ばらばらに解(ほぐ)れる
【㮦】木4+索10=総画数14 U+3BA6 [サク、シャク/] [木十ワ冖糸索㮦]
◆「赤㮦」「白㮦」、いずれも木名、未詳
◆木の梢
【溹】水3+索10=総画数13 U+6EB9 [サク/] [シ氵十ワ冖糸索溹]
◆小雨が降るさま
◆「溹水」、川名、現「索河」、現河南省
【𥻨】米6+索10=総画数16 U+25EE8 [サク、シャク/] [米十ワ冖糸索𥻨]
◆多めの水で水を煮るまた、炊く
【𧛻】衣5+索10=総画数15 U+276FB [サク/] [ネ衤十ワ冖糸索𧛻]
◆衣擦(きぬず)れの音
【䞽】走7+索10=総画数17 U+47BD [ソク/] [土⺊上止龰走十ワ冖糸索䞽]
◆倒れる
【鎍】金8+索10=総画数18 U+938D [サク/] [金十ワ冖糸索鎍]
◆針金を撚ったり束ねたりした縄、ワイヤー
◆鉄串
【𩄜】雨8+索10=総画数18 U+2911C [サク/] 【䨛】[雨十ワ冖糸索𩄜]
◆霰(あられ)が降るさま
【𩌈】革9+索10=総画数19 U+29308 [サク/] [十2廿口3革十ワ冖糸索𩌈]
◆「𩌈𩍜」、サンダルのような爪先が出ている革製の履物
【纯】糸3+4=総画数7 U+7EAF [シュン、ジュン/] 【純𥾑㝄𠄤】[くレ幺一纟ノ一凵山L乚𡳾屯纯]
◆他の色が混じっていない単色の糸、単色の布や衣服
◆本来のもの以外の何ものも混じっていない、本来のままで何の手も加えられていない
【莼】艸3+纯7=総画数10 U+83BC [シュン、ジュン/] 【蒓】[サ十2艹艹くレ幺一纟ノ一凵山L乚𡳾屯纯莼]
◆ジュンサイ(蓴菜)、同「莼菜」「蓴菜」、スイレン科ジュンサイ属の水生植物、新芽は食用となる{ジュンサイ}
【䋈】糸6+5=総画数11 U+42C8 [ジョ、ニョ/] [女ヌ又奴糸䋈]
◆擦り切れたり破れたりした衣服
◆解(ほつ)れを繕(つくろ)う、破れを塞ぐ
【𠪓】厂2+䋈11=総画数13 U+20A93 [ド、ヌ/] 【砮𠩨】[厂女ヌ又奴糸䋈𠪓]
◆弩(ど、機械仕掛けの大型の弓)の矢の鏃(やじり)、また鏃に用いる石
【累】糸6+5=総画数11 U+7D2F [ルイ/] [田糸累]
◆同様のことが次々に繰り返され途切れずに繋がって行く、また積み重なって行く、また(血縁関係など代表されるような)その関わり
◆そうした関わりや繋がりを伝って来る煩わしいことや意に沿わないこと
◆繰り返される、次々に積み重なる
◆繁”纍”
【傫】人2+累11=総画数13 U+50AB [ルイ/] [イ亻田糸累傫]
◆疲れ果てる、同”儽”
【𡏱】土3+累11=総画数14 U+213F1 [ラ/] [土田糸累𡏱]
◆蔓を編んで作った土を運ぶための畚(もっこ)、同”虆”
【嫘】女3+累11=総画数14 U+5AD8 [ルイ/] [女田糸累嫘]
◆「嫘祖(るいそ)」、黄帝の后の名、養蚕を奨励したという
【𡻭】山3+累11=総画数14 U+21EED [ルイ/] 【𡿜𡻱𡿔】[山田糸累𡻭]
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同”𡼊”
【𡻱】山3+累11=総画数14 U+21EF1 [ルイ/] 【𡻭𡿜𡿔】[山田糸累𡻱]
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同”𡼊”
【摞】手3+累11=総画数14 U+645E [ラ/] [オ才扌田糸累摞]
◆積み重ねる、積み上がる
【䐯】月(肉)4+累11=総画数15 U+442F [ルイ/] [月田糸累䐯]
◆「䐯膗」、容姿が醜いさま、見掛けが悪いさま
【樏】木4+累11=総画数15 U+6A0F [ルイ/わりご] [木田糸累樏]
◆山道を行く時に乗る駕籠、或いは輿(こし)、同”欙”
◆わりご(破子、破籠、樏)、(仕切皿や絵具皿のような)仕切りが付いた皿状の器
◆木名、実は殻がなく皮があるという、未詳
【漯】水3+累11=総画数14 U+6F2F [トウ/] [シ氵田糸累漯]
◆「漯水」、川名、山東省
◆川名、山西省を源とする川
【㹎】牛4+累11=総画数15 U+3E4E [ルイ/] 【𤜖𤛡】[牛田糸累㹎]
◆牡牛
【𤡂】犬3+累11=総画数14 U+24842 [ルイ/] 【𤢹】[ノ2犭田糸累𤡂]
◆モモンガ(鼯鼠)やムササビ(鼺鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、「飛𤢹(ひるい)」、別名「鸓鼠、鼺鼠(るいそ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ひるい)」「飛鼠(ひそ)」「鼯鼠(ごそ)」
【𤨴】玉4+累11=総画数15 U+24A34 [未詳/] [王田糸累𤨴]
◆未詳、【龍龕手鑑:卷四:玉部第八:𤨴】舊藏作螺」
【𤮉】瓦5+累11=総画数16 U+24B89 [ルイ/] 【𤮎】[田糸累一レ、丶乙⺄瓦𤮉]
◆「𤮉甌(るいおう)」、土を捏ね型に入れ焼き固めた板状の煉瓦、敷瓦(しきがわら)
【瘰】疒5+累11=総画数16 U+7630 [ルイ、ラ/] 【癳】[ン冫广疒田糸累瘰]
◆「瘰癧(るいれき)」、リンパ節炎、リンパ節が炎症を起こし腫れる病気
【磥】石5+累11=総画数16 U+78E5 [ルイ/] 【𥗼】[石田糸累磥]
◆石がごろごろと折り重なっているさま、同”礧””𥗬”
◆「磥硌(るいらく)」、おおらかで細かいことに拘(こだわ)らないさま、同「磊落(らいらく)」
【𥛧】示4+累11=総画数15 U+256E7 [未詳/] [ネ礻田糸累𥛧]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:礻部第十一:𥛧】舊藏作螺玉篇直輙反𥛧蟄也」
【𥡜】禾5+累11=総画数16 U+2585C [ラ/] 【𥢵】[ノ木禾田糸累𥡜]
◆収穫した穀物を積み上げる
【縲】糸6+累11=総画数17 U+7E32 [ルイ/] 【缧纝𦅍】[糸田糸累縲]
◆牛馬や罪人などを繋ぐ綱また縄
◆「縲紲(るいせつ)」、罪人などを縛る縄、牢獄
【缧】糸3+累11=総画数14 U+7F27 [ルイ/] 【縲纝𦅍】[くレ幺一纟田くレ幺一纟累缧]
◆牛馬や罪人などを繋ぐ綱また縄
◆「缧绁(るいせつ)」、罪人などを縛る縄、牢獄
【蔂】艸3+累11=総画数14 U+8502 [ルイ/] 【𦿌】[サ十2艹艹田糸累蔂]
◆蔓を編んで作った籠
◆蔓を編んで作った土を運ぶための畚(もっこ)、同繁”虆”
【螺】虫6+累11=総画数17 U+87BA [ラ/つぶ、にし] [中虫田糸累螺]
◆タニシ(田螺)やカタツムリ(蝸牛)などの渦巻状の貝を背負う虫
◆渦巻き状のもの、またそのような形、「螺絲(らし、螺子ねじ)」「螺紋(らもん、指紋、螺子ねじ山)」「螺旋(らせん、渦巻いて円柱状また円錐状になる形、平面的なものは「巴」)」
◆「蠑螺(えいら、サザエ)」、サザエ科の巻貝の総称
◆「螺螄(らし)」、タニシ(田螺)などの淡水産の巻貝の総称
【𧫖】言7+累11=総画数18 U+27AD6 [ルイ/] 【讄𧮢𧬀】[言田糸累𧫖]
◆善行を重ね神に祈って福を求める
◆死者の生前の功績や徳行を述べ称える、またその言葉、死者を追悼する言葉、同”誄”
【𨄱】足7+累11=総画数18 U+28131 [ライ/] [口上止龰足田糸累𨄱]
◆「𨄱落(らいらく)」、おおらかで小さなことに拘(こだわ)らないさま、同「磊落」
【鏍】金8+累11=総画数19 U+93CD [ラ/] 【镙】[金田糸累鏍]
◆「銼鏍(ざら)」、湯を沸かす小形の釜また鍋
【镙】金5+累11=総画数16 U+9559 [ラ/] 【鏍】[ノ丿一𠂉二レモ钅田糸累镙]
◆「銼镙(ざら)」、湯を沸かす小形の釜また鍋
【𨻽】阜3+累11=総画数14 U+28EFD [シツ、シュウ、ジュウ/] 【隰𨻥𨻋𨻸𨻿】[ろ3I|丨阜阝田糸累𨻽]
◆水辺などの湿り気の多い低い土地、同”㙷”
◆新しく開墾した土地
【𩕃】頁9+累11=総画数20 U+29543 [ケン/あらわ・れる、あきら・か] 【顕顯𩔰显㫫】[田糸累百目自𦣻貝頁𩕃]
◆表に現れる、はっきりと見える
◆はっきりと示す、明らかにする
◆明らか、目立つ
◆身分や地位が高い、声望が高い
【騾】馬10+累11=総画数21 U+9A3E [ラ/] 【䯁𩧣骡驘𩦻】[馬田糸累騾]
◆ラバ(騾馬)、牡のロバ(驢馬)と牝のウマ(馬)から生まれるウマ科ウマ属の動物の名、中国では「騾子」ともいう、「【古今注:鳥獸第四】驢爲牡馬爲牝則生騾馬爲牡驢爲牝則生𩥔」
【骡】馬3+累11=総画数14 U+9AA1 [ラ/] 【騾䯁𩧣驘𩦻】[フ𠃌L2𢎘一马田糸累骡]
◆ラバ(騾馬)、牡のロバ(驢馬)と牝のウマ(馬)から生まれるウマ科ウマ属の動物の名、中国では「騾子」ともいう、「【古今注:鳥獸第四】驢爲牡馬爲牝則生騾馬爲牡驢爲牝則生𩥔」
【細】糸6+5=総画数11 U+7D30 [セイ、サイ/ほそ・い、こま・かい] 【细𥿳】[糸田細]
◆ほそ・い、幅が狭い
◆こま・かい、小さい、少し、微か
◆詳しい
【𦹀】艸3+細11=総画数14 U+26E40 [/くご] [サ十2艹艹糸田細𦹀]
◆[日]「𦹀谷地(くごやち)」、地名、青森県八戸市、確認できず
【終】糸6+5=総画数11 U+7D42 [シュウ、シュ/お・わる、お・える、つい・に] 【终𣧩𣊂𣈩𣉉𤽬𤽘𠔾𡦿𢍐𠂂】[糸ノヌ又夊夂、丶2⺀ン冫冬終]
◆尽きる、極まる、これから先はないところまで行き着く
◆最後、最後に
◆(高貴な)人の死、一般の人は「死」
【蔠】艸3+終11=総画数14 U+8520 [シュウ、シュ/] [サ十2艹艹糸ノヌ又夊夂、丶2⺀ン冫冬終蔠]
◆「蔠葵(しゅうき)」、同「蘩露(はんろ)」、ツルムラサキ(蔓紫)、ツルムラサキ科ツルムラサキ属の蔓性の草{ツルムラサキ}
【組】糸6+5=総画数11 U+7D44 [ソ、ス/く・む、くみ] 【组】[糸目且組]
◆紐を編む(太めの紐を作る)
◆紐を編んで作った扁平な紐、丸いものは「紃」
◆幾つかのものを合わせて一つに.纏める、また一つに纏まったもの
【𦋽】网5+組11=総画数16 U+262FD [チ/お・く] 【置𦋲𦌖𦌃𢍧𦋘𦌤𣇣】[四罒糸目且組𦋽]
◆支えがなくても動かないようにしてから手を離す、据(すえ)える、設ける
◆あるべき所に据える、あるべき状態にする
◆据えてそのままにする
【絇】糸6+5=総画数11 U+7D47 [ク、グ/] 【䋧𡳍】[糸ノ𠃌勹口句絇]
◆靴などの履物の先(指先の部分)の飾り紐、鼻緒(はなお)、同”𢂁””𡱺”
◆麻布を裂き縒(よ)った紐(ひも)、同”𢂁”
◆鳥獣を捕える網、同”罟””罥”
【𡳍】尸3+絇11=総画数14 U+21CCD [ク、グ/] 【絇䋧】[コノ丿尸糸ノ𠃌勹口句絇𡳍]
◆靴などの履物の先(指先の部分)の飾り紐、鼻緒(はなお)、同”𢂁””𡱺”
◆麻布を裂き縒(よ)った紐(ひも)、同”𢂁”
◆鳥獣を捕える網、同”罟””罥”
【𢳉】手4+絇11=総画数15 U+22CC9 [ク/] [糸ノ𠃌勹口句絇手𢳉]
◆同”拘”
【紫】糸6+6=総画数12 U+7D2B [シ/むらさき] [⺊上止ヒ七𠤎匕此糸紫]
◆赤味がかった青色、青味がかった赤色
【橴】木4+紫12=総画数16 U+6A74 [チャ/] [木⺊上止ヒ七𠤎匕此糸紫橴]
◆[韓]地名用字
【䔝】艸3+紫12=総画数15 U+451D [サイ/] [サ十2艹艹⺊上止ヒ七𠤎匕此糸紫䔝]
◆地面に生えるキノコ(茸)の類
【結】糸6+6=総画数12 U+7D50 [ケツ、ケチ/むす・ぶ、ゆ・う、ゆ・わえる] 【结】[糸土士口𠮷吉結]
◆糸や紐同士を解けないように固く繋ぎ合わせる
◆全体を解けないようにしっかりと括(くく)る
◆繋いだ部分の瘤状のもの(結び目)
【鐑】金8+結12=総画数20 U+9411 [ケツ/] [金糸土士口𠮷吉結鐑]
◆鎌
【𪆋】鳥11+結12=総画数23 U+2A18B [未詳/] [糸土士口𠮷吉結鴶鳥𪆋]
◆未詳、「【字彙補:亥集:鳥部:𪆋】義與擷同音未詳江暉亶爰集𪆋甘華于𩬡丘又幣名金陵志宋淳初二年賜杜呆牙簡香荼𪆋羅等」
【絕】糸6+6=総画数12 U+7D55 [ゼツ、ゼチ/た・つ、た・える] 【絶绝𢇍𠤉】[糸刀L乚巴色絕]
◆(一本の糸を二つに)断ち切る、きっぱりと分(わ)かつ
◆切れてその先が続いて行かない、途切れる
◆その先がない、その先には何もない、尽きる、滅ぶ
◆それ以上はない、非常に、極めて
【㔃】刀2+絕12=総画数14 U+3503 [ゼツ、ゼチ/] 【撧𢴭】[糸刀L乚巴色絕刀㔃]
◆断ち切る、切り離す、絶つ
【𢴭】手4+絕12=総画数16 U+22D2D [ゼツ、ゼチ/] 【撧㔃】[糸刀L乚巴色絕手𢴭]
◆断ち切る、切り離す、絶つ
【絜】糸6+6=総画数12 U+7D5C [ケツ、ケチ、ケツ、ゲチ/] [ノ三|十3丰刀㓞糸絜]
◆清(きよ)い、澄(す)んでいる、穢(けが)れがない、同”潔”
◆清める、(身を)清め整える
◆束ねる、束ねて結(ゆ)わえる
◆殷(いん、約前17世紀~約前11世紀)の始祖の名、同”偰””禼”
【㓗】冫2+絜12=総画数14 U+34D7 [ケツ、ケチ/いさぎよ・い] 【潔𣳱】[ン冫ノ三|十3丰刀㓞糸絜㓗]
◆清(きよ)い、澄(す)んでいる、穢(けが)れがない、またそのような水或いは川、同”洁”
◆余計なものが混じっていない、すっきりしている
◆余計なことにこだわらない
【噄】口3+絜12=総画数15 U+5644 [キツ、ケキ、キャク/] 【喫𡁒】[口ノ三|十3丰刀㓞糸絜噄]
◆食べる、飲む、吸う、物を口から体の中に入れる
◆打撃や衝撃を受ける
【䐼】月(肉)4+絜12=総画数16 U+443C [ケツ/] [月ノ三|十3丰刀㓞糸絜䐼]
◆「䐼䐞」、薄い膜
【𣚃】木4+絜12=総画数16 U+23683 [ケツ、ケチ/] 【㮮】[木ノ三|十3丰刀㓞糸絜𣚃]
◆「㮮槹(けっこう)」、同「桔槹」、縄の両端にそれぞれ桶と石を結わえて滑車に通した井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【潔】水3+絜12=総画数15 U+6F54 [ケツ、ケチ/いさぎよ・い] 【㓗𣳱】[シ氵ノ三|十3丰刀㓞糸絜潔]
◆清(きよ)い、澄(す)んでいる、穢(けが)れがない、またそのような水或いは川、同簡"洁"
◆余計なものが混じっていない、すっきりしている
◆余計なことにこだわらない
【𤺚】疒5+絜12=総画数17 U+24E9A [セイ、セ/] 【瘛】[ン冫广疒ノ三|十3丰刀㓞糸絜𤺚]
◆筋肉の痙攣(けいれん)、またそのような病気、(特に小児の)引き付け、同”𤸪””痸””瘲”
【𥊯】目5+絜12=総画数17 U+252AF [ケツ、ゲチ/] [目ノ三|十3丰刀㓞糸絜𥊯]
◆「䁾𥊯」、目が(傷付いて)赤いさま
【䥛】金8+絜12=総画数20 U+495B [ケツ、ゲチ/] [金ノ三|十3丰刀㓞糸絜䥛]
◆鎌の一種
◆ニッケルの旧名、現”鎳”
【絡】糸6+6=総画数12 U+7D61 [ラク/から・む] 【络】[糸ノヌ又夊夂口各絡]
◆短い糸の繊維、同”絮”、「【 說文解字:糸部:絡】絮也一曰麻未漚也」
◆短い糸(或いは糸状・筋状のもの)が縺(もつ)れる、縺れ繋(つな)がる
◆短い糸を繋げる、次々に繋げて行く、「連絡(れんらく)」
◆細い糸を横方向に繋いで行く、横方向に繋ぎ端で折り返して今度は逆方向にを繰り返して繋いで行く、縦方向は”経”
◆細い糸(或いは糸状・筋状のもの)が網状に入り組む
◆「経絡(けいらく)」、中国の医学で気血が体内を流れる経路、”経”は縦の脈(みゃく、気血の通り道)、”絡”は横の脈
【𨷀】門8+絡12=総画数20 U+28DC0 [カン、ケン/せき、かか・わる] 【關闗𨵿𨶚𨳹関关】[門糸ノヌ又夊夂口各絡𨷀]
◆門の扉を閉めて開かないようにするための閂(かんぬき)、同”閞”
◆門を閉じる、門を閉じて閂を掛ける
◆国や領地などの周りを囲った境界に設けられた出入口、その出入口に設ける構築物が「門」
◆(左右の扉を閉めて閂を掛けるように)それぞれ別のものを繋(つな)ぐ、その繋ぎ目、節目
◆互いに係(かかわ)りを持つ
【絫】糸6+6=総画数12 U+7D6B [ルイ/] [ム厶2厸3厽糸絫]
◆積み重なる、同”累”
◆穀物の重さの単位、一絫はキビ(黍)十粒
【𡼊】山3+絫12=総画数15 U+21F0A [ルイ、ライ/] 【𡽭𡾚】[山ム厶2厸3厽糸絫𡼊]
◆山が幾重にも重なり連なっているさま、同”𡻭”
【𤛡】牛4+絫12=総画数16 U+246E1 [ルイ/] 【㹎𤜖】[牛ム厶2厸3厽糸絫𤛡]
◆牡牛
【𤮎】瓦5+絫12=総画数17 U+24B8E [ルイ/] 【𤮉】[ム厶2厸3厽糸絫一レ、丶乙⺄瓦𤮎]
◆「𤮎甌(るいおう)」、土を捏ね型に入れ焼き固めた板状の煉瓦、敷瓦(しきがわら)
【𦅍】糸6+絫12=総画数18 U+2614D [ルイ/] 【縲缧纝】[糸ム厶2厸3厽糸絫𦅍]
◆牛馬や罪人などを繋ぐ綱また縄
◆「𦅍紲(るいせつ)」、罪人などを縛る縄、牢獄
【𧬀】言7+絫12=総画数19 U+27B00 [ルイ/] 【讄𧮢𧫖】[言ム厶2厸3厽糸絫𧬀]
◆善行を重ね神に祈って福を求める
◆死者の生前の功績や徳行を述べ称える、またその言葉、死者を追悼する言葉、同”誄”
【絭】糸6+6=総画数12 U+7D6D [ケン、コン/] [ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭]
◆袖や裾をたくしあげて縛る紐
【勬】力2+絭12=総画数14 U+52EC [ケン/] [ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭カ力勬]
◆勤める
◆強く健やかなさま
【潫】水3+絭12=総画数15 U+6F6B [ワン/] [シ氵ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭潫]
◆深い水が大きく広がっているさま
【𦅌】糸6+絭12=総画数18 U+2614C [トウ、ドウ/かが・る] 【縢𦪝𦂙】[糸ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭𦅌]
◆縄や紐など、またそれで(巻き付けるようにして)縛る
◆脚絆(きゃはん)、脛(すね)に巻く帯状の布
◆[日]かが・る、布の端を巻き込むように螺旋状(らせんじょう)に縫う
【𦪝】舟6+絭12=総画数18 U+26A9D [トウ、ドウ/かが・る] 【縢𦅌𦂙】[舟ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭𦪝]
◆縄や紐など、またそれで(巻き付けるようにして)縛る
◆脚絆(きゃはん)、脛(すね)に巻く帯状の布
◆[日]かが・る、布の端を巻き込むように螺旋状(らせんじょう)に縫う
【絮】糸6+6=総画数12 U+7D6E [ジョ、ショ、ソ/] [女口如糸絮]
◆採り出したときに短くなってしまったものや古くなって短くなってしまった綿の繊維、長いものは「綿」
◆裏地を付け中に綿を詰めた衣服、綿入れ
◆綿状のもの、絡み合ってもやもやしたもの
◆話がくどくどしい
【蕠】艸3+絮12=総画数15 U+8560 [ジョ、ニョ/] [サ十2艹艹女口如糸絮蕠]
◆粘り付く
【絲】糸6+6=総画数12 U+7D72 [シ/いと] 【丝𢇁】[糸2絲]
◆蚕の繭から取り出した繊維(忽)十本を縒(よ)ったもの、五本を縒ったものが「糸」
◆生糸、絹糸
◆綿などの繊維を縒ったもの
◆細い、極めて小さい、細く長く繋がるもの
◆弦楽器、またその弦
◆10の-4乗{数字}、重量の単位{各種単位}
【噝】口3+絲12=総画数15 U+565D [シ/] 【咝】[口糸2絲噝]
◆「シューッ」というような細く長い音の形容
【𣊡】日4+絲12=総画数16 U+232A1 [ケン/あらわ・れる、あきら・か] 【㬎】[日糸2絲𣊡]
◆はっきりと見える、「明るい陽の下では細い糸がはっきりと見える」の意、同”顯(顕)”
【䏈】耳6+絲12=総画数18 U+43C8 [レン/] 【聯联聨聫聮】[耳糸2絲䏈]
◆繋がり合う、繋がって一続きになる、連なる、結び付く
【蕬】艸3+絲12=総画数15 U+856C [シ/] [サ十2艹艹糸2絲蕬]
◆「菟蕬」、ネナシカズラ科ネナシカズラ属の蔓性寄生植物
【䜌】言7+絲12=総画数19 U+470C [ラン/] 【𤔪】[糸2絲言䜌]
◆縺れる、乱れる
◆縺れを解く
◆切れ目なく繋がっている
【鷥】鳥11+絲12=総画数23 U+9DE5 [シ/] 【鸶】[糸2絲鳥鷥]
◆「鷺鷥(ろし)」、白鷺(しらさぎ)、また白鷺の羽で飾った衣服
【絶】糸6+6=総画数12 U+7D76 [ゼツ、ゼチ/た・つ、た・える] 【絕绝𢇍𠤉】[糸刀クL乚巴色絶]
◆(一本の糸を二つに)断ち切る、きっぱりと分(わ)かつ
◆切れてその先が続いて行かない、途切れる
◆その先がない、その先には何もない、尽きる、滅ぶ
◆それ以上はない、非常に、極めて
【撧】手3+絶12=総画数15 U+64A7 [ゼツ、ゼチ/] 【𢴭㔃】[オ才扌糸刀クL乚巴色絶撧]
◆断ち切る、切り離す、絶つ
【蕝】艸3+絶12=総画数15 U+855D [セツ、セチ/] [サ十2艹艹糸刀クL乚巴色絶蕝]
◆天子が謁見する際の席次を示すために立てたカヤ(茅)の束
【絛】糸6+7=総画数13 U+7D5B [ジョウ、トウ/] 【绦縧】[イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸糸絛]
◆糸や紐を編んで長くした紐、組紐、特に平打(ひらうち、平たく編んだ紐)
◆「絛虫(じょうちゅう)」、サナダムシ(真田虫、条虫)、体内に寄生する条虫類の総称
【𦺰】艸3+絛12=総画数15 U+26EB0 [チョウ/] 【蓧】[サ十2艹艹イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸糸絛𦺰]
◆ギシギシ(羊蹄)、タデ科の草
◆田畑の雑草を取り除く農具、同”莜”
◆農作業に使う竹製の籠
【絹】糸6+7=総画数13 U+7D79 [ケン/きぬ] 【绢】[糸口月肙絹]
◆蚕の繭から紡いで作った生糸で織った織物
◆鳥獣を捕る網
【羂】网5+絹13=総画数18 U+7F82 [ケン/] [四罒絹羂]
◆網を張って獣を捕る
◆縄で縛る
【綏】糸6+7=総画数13 U+7D8F [スイ/] 【绥】[糸ノツ爪爫爫女妥綏]
◆車に乗って立っている時に掴まる紐
◆落ち着く、安心なさま
◆古”夊”
【䕑】艸3+綏13=総画数16 U+4551 [シュン/] [サ十2艹艹糸ノツ爪爫爫女妥綏䕑]
◆香草の一種、ショウガ科の植物、同「葰」
【綦】糸6+8=総画数14 U+7DA6 [キ、ゴ/] 【𥾟綨𥾦𥾎】[甘目ハ八其糸綦]
◆深い青色の美しい絹布、同”綥”
◆履物が脱げないように縛る紐
◆極まる
◆極めて、非常に
◆「綦巾(ききん)」、未婚の女性用の衣服、同「綥巾」
【櫀】木4+綦14=総画数18 U+6AC0 [キ、ゴ、ギ/] 【棋棊檱】[木甘目ハ八其糸綦櫀]
◆将棋や囲碁などの方形の盤(ボード)を使うゲームの総称
◆将棋を指す、囲碁を打つ
【濝】水3+綦14=総画数17 U+6FDD [キ、ゲ/] [シ氵甘目ハ八其糸綦濝]
◆「濝水」、川名、河南省
【𤪌】玉4+綦14=総画数18 U+24A8C [キ/] [王玉甘目ハ八其糸綦𤪌]
◆冕(べん、高位の人の正装用の冠)に縫い込んだ玉(ぎょく)製の飾り
【藄】艸3+綦14=総画数17 U+85C4 [キ、ゴ/] 【𦻆𦸀】[サ十2艹艹甘目ハ八其糸綦藄]
◆「紫藄(しき)」、ゼンマイ(薇)、ゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物、また同科同属のシダ類の総称、同「紫萁」「迷蕨(めいけつ)」
【維】糸6+8=総画数14 U+7DAD [イ、ユイ/] 【维】[糸ノ2隹維]
◆縄や綱などを結(ゆ)わえ引っ張って動いたりずれたりしないようにする、またその縄や綱
◆そのままでは動いてしまうものを抑え付ける、抑え付けてそのままの状態を保つ
◆糸状に繋ぐ、また繋がったもの
◆これ、これは、「維新」は「これはこれまでと違った新しいこと」の意
【濰】水3+維14=総画数17 U+6FF0 [イ、ユイ/] 【潍𣻰】[シ氵糸ノ2隹濰]
◆山東省臨沂(りんぎ)市沂水(ぎすい)県を源とする川の名、渤海(ぼっかい)に注ぐ、「濰水(いすい)」「濰河(いが)」
【𤻕】疒5+維14=総画数19 U+24ED5 [ヨウ、ユウ/] 【癰痈㿈癕】[ン冫广疒糸ノ2隹維𤻕]
◆悪性の腫れ物、”疽”よりも根の浅いもの
【羅】网5+維14=総画数19 U+7F85 [ラ/] 【𦌴𦋝罗】[四罒糸ノ2隹維羅]
◆鳥を捕(とら)える網(あみ)、魚を取る網は「綱」、「網羅(もうら、魚を捕る網と鳥を捕る網、残らず捕らえる)」「羅網(らもう、鳥を捕る網と魚を捕る網、法の網、網に掛かる、罠に掛ける)」
◆網で(鳥を)捕(とら)える
◆(網の目のようにぎっしりと、整然と)列を成して並ぶ、また並べる、「羅列(られつ)」
◆(網のように目が粗く透けるような)薄く軽い織物
【𦌴】网6+維14=総画数20 U+26334 [ラ/] 【羅𦋝罗】[冂メ2网糸ノ2隹維𦌴]
◆鳥を捕(とら)える網(あみ)、魚を取る網は「綱」、「網羅(もうら、魚を捕る網と鳥を捕る網、残らず捕らえる)」「羅網(らもう、鳥を捕る網と魚を捕る網、法の網、網に掛かる、罠に掛ける)」
◆網で(鳥を)捕(とら)える
◆(網の目のようにぎっしりと、整然と)列を成して並ぶ、また並べる、「羅列(られつ)」
◆(網のように目が粗く透けるような)薄く軽い織物
【䗽】虫6+維14=総画数20 U+45FD [イ/] [糸ノ2隹維中虫䗽]
◆小形のアブ(虻)
【綺】糸6+8=総画数14 U+7DBA [キ/] 【绮𦂶】[糸大一亅丁口可奇綺]
◆細糸で模様を織り出した絹織物
◆美しい、優美な
【𦌰】网5+綺14=総画数19 U+26330 [キ/] [四罒糸大一亅丁口可奇綺𦌰]
◆未詳
【綽】糸6+8=総画数14 U+7DBD [シャク/] 【绰繛𦅕𦈀】[糸ト卜⺊日十早卓綽]
◆ゆったりとしたさま、ゆとりがあるさま
【𥵤】竹6+綽14=総画数20 U+25D64 [トウ、チョウ/] 【䈇𥵢】[竹糸ト卜⺊日十早卓綽𥵤]
◆魚を捕る竹製の笊(ざる)のような形の籠(かご)、同”罩”
【羄】网5+綽14=総画数19 U+7F84 [トウ、チョウ/] [四罒糸ト卜⺊日十早卓綽羄]
◆上から覆い被せる形の籠、同”罩”
【綿】糸6+8=総画数14 U+7DBF [ベン、メン/わた] 【绵緜】[糸日白巾帛綿]
◆ワタ(綿)、アオイ科ワタ属の植物、白く細長い繊維が採れる、これを「木綿(もめん)」といい繭から採ったものは「真綿(まわた)」という、また長い繊維を「綿」といい短くなってしまったものを「絮」という
◆非常に細く長い繊維、またその繊維のふんわりとした塊
◆(ワタの繊維のように)細く長く続く
◆(ワタのように)ふわふわと柔らかい
【嬵】女3+綿14=総画数17 U+5B35 [メン/] 【婂】[女糸日白巾帛綿嬵]
◆女性名用字
【檰】木4+綿14=総画数18 U+6AB0 [メン/] [木糸日白巾帛綿檰]
◆トチュウ(杜仲)、トチュウ科トチュウ属の木
【矊】目5+綿14=総画数19 U+77CA [ベン、メン/] 【𥌣𥌭】[目糸日白巾帛綿矊]
◆黒目(くろめ、目の中央の黒い部分)
◆見る
【緐】糸6+8=総画数14 U+7DD0 [ハン、ボン/] [ノ丿一𠂉母毋毎每ノ糸系緐]
◆夥(おびただ)しい数の美しい飾り紐が垂れているさま、またそれが揺れながら絡み合うさま、同”繁”
【𦾴】艸3+緐14=総画数17 U+26FB4 [ハン、ボン/] 【蘩】[サ十2艹艹ノ丿一𠂉母毋毎每ノ糸系緐𦾴]
◆ハイイロヨモギ(灰色蓬)、キク科ヨモギ属の草、同「白蒿(はくこう)」{ハイイロヨモギ}
◆「𦾴露(はんろ)」、ツルムラサキ(蔓紫)、ツルムラサキ科ツルムラサキ属の蔓性の草、同「蔠葵(しゅうき)」{ツルムラサキ}
◆「𦾴縷(はんろう、ハコベ)」、ナデシコ科ハコベ属の草の総称{ハコベ}
【维】糸3+8=総画数11 U+7EF4 [イ、ユイ/] 【維】[くレ幺一纟ノ2隹维]
◆縄や綱などを結(ゆ)わえ引っ張って動いたりずれたりしないようにする、またその縄や綱
◆そのままでは動いてしまうものを抑え付ける、抑え付けてそのままの状態を保つ
◆糸状に繋ぐ、また繋がったもの
◆これ、これは、「維新」は「これはこれまでと違った新しいこと」の意
【潍】水3+维11=総画数14 U+6F4D [イ、ユイ/] 【濰𣻰】[シ氵くム厶幺糸ノ2隹维濰潍]
◆山東省臨沂(りんぎ)市沂水(ぎすい)県を源とする川の名、渤海(ぼっかい)に注ぐ、「濰水(いすい)」「濰河(いが)」
【䋶】糸6+9=総画数15 U+42F6 [シュ/] [糸百目自𦣻貝頁䋶]
◆蜀錦(しょっきん、蜀の美しい織物)の名、「【揚子雲集(揚雄):蜀都賦】爾乃其人自造竒錦紌繏𦃄䋶縿緣盧中」
◆(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同”𦄼”
【㩪】手3+䋶15=総画数18 U+3A6A [ケツ、ゲチ/] 【擷撷】[オ才扌糸百目自𦣻貝頁䋶㩪]
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同”襭”
【緜】糸6+9=総画数15 U+7DDC [ベン、メン/わた] 【綿绵】[日白巾帛ノ糸系緜]
◆ワタ(綿)、アオイ科ワタ属の植物、白く細長い繊維が採れる、これを「木綿(もめん)」といい繭から採ったものは「真綿(まわた)」という、また長い繊維を「綿」といい短くなってしまったものを「絮」という
◆非常に細く長い繊維、またその繊維のふんわりとした塊
◆(ワタの繊維のように)細く長く続く
◆(ワタのように)ふわふわと柔らかい
【㰃】木4+緜15=総画数19 U+3C03 [メン/] [木日白巾帛ノ糸系緜㰃]
◆屋根の下地(したじ)に使う板
◆同”檰”
【𥌣】目5+緜15=総画数20 U+25323 [ベン、メン/] 【矊𥌭】[目日白巾帛ノ糸系緜𥌣]
◆黒目(くろめ、目の中央の黒い部分)
◆見る
【緣】糸6+9=総画数15 U+7DE3 [エン/ふち、へり、えにし、ゆかり] 【縁缘】[糸レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖緣]
◆衣服の端(はじ)
◆面状のものの先端、物の周辺部、一般にはそこで途切れその先がないところを指す、その先も同じような状態で続いているものの境目は「辺」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆繋がり、繋がりを辿る
◆原因となるきっかけ、そのような結果を生じさせる物事、「繋がりを頼りに原因まで辿る」の意
【櫞】木4+緣15=総画数19 U+6ADE [エン/] 【橼】[木糸レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖緣櫞]
◆「枸櫞(くえん)」、同「香櫞(こうえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
【緩】糸6+9=総画数15 U+7DE9 [カン、ガン/ゆる・い、ゆる・やか、ゆる・む、ゆる・める] 【缓𦅻𦇻】[糸ノツ爪爫爫一二ナ𠂇ヌ又友爰緩]
◆ゆったりとした、きつくない
◆張り詰めていた力や締め付けていた力を抜く
◆負荷を軽くする、余裕を持たす
◆ゆっくりした、鈍(のろ)い
【藧】艸3+緩15=総画数18 U+85E7 [カン、ガン/] [サ十2艹艹糸ノツ爪爫爫一二ナ𠂇ヌ又友爰緩藧]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:緩第二十四:藧】藨也」
【緼】糸6+9=総画数15 U+7DFC [ウン、オン/] 【縕缊】[糸日皿昷緼]
◆ふんわりとした短い繊維の塊(かたまり)、縺(もつ)れたアサ(麻)の繊維、同”褞”
◆もやもやとしたさま
◆「絪縕(いんうん)」、同「氤氳」、天地の気(き、"気"参照)がもやもやと立ち籠めるさま
◆(赤に黄が混じった)茶色また朱色
【藴】艸3+緼15=総画数18 U+85F4 [ウン/] 【蘊蕴】[サ十2艹艹糸日皿昷緼藴]
◆ものが中に入り外に出ることなく次第に蓄積されるさま、また鬱積するさま
◆奥深い、含みがある、「長い時間を掛けて蓄積されたもの」の意
【缊】糸3+9=総画数12 U+7F0A [ウン、オン/] 【縕緼】[くレ幺一纟日皿昷缊]
◆ふんわりとした短い繊維の塊(かたまり)、縺(もつ)れたアサ(麻)の繊維、同”褞”
◆もやもやとしたさま
◆「絪縕(いんうん)」、同「氤氳」、天地の気(き、"気"参照)がもやもやと立ち籠めるさま
◆(赤に黄が混じった)茶色また朱色
【蕴】艸3+缊12=総画数15 U+8574 [ウン/] 【蘊藴】[サ十2艹艹くレ幺一纟日皿昷缊蕴]
◆ものが中に入り外に出ることなく次第に蓄積されるさま、また鬱積するさま
◆奥深い、含みがある、「長い時間を掛けて蓄積されたもの」の意
【缘】糸3+9=総画数12 U+7F18 [エン/ふち、へり、えにし、ゆかり] 【縁緣】[くレ幺一纟レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖缘]
◆衣服の端(はじ)
◆面状のものの先端、物の周辺部、一般にはそこで途切れその先がないところを指す、その先も同じような状態で続いているものの境目は「辺」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆繋がり、繋がりを辿る
◆原因となるきっかけ、そのような結果を生じさせる物事、「繋がりを頼りに原因まで辿る」の意
【橼】木4+缘12=総画数16 U+6A7C [エン/] 【櫞】[木くレ幺一纟レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖缘櫞橼]
◆「枸橼(くえん)」、同「香橼(こうえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
【縈】糸6+10=総画数16 U+7E08 [エイ、ヨウ/] 【萦】[火2炏ワ冖𤇾糸縈]
◆巻き付く、ぐるぐると巻き付ける、巻き取る
【瀠】水3+縈16=総画数19 U+7020 [エイ、ヨウ/] 【潆】[シ氵火2炏ワ冖𤇾糸縈瀠]
◆水が渦巻くさま、同”瀯””濴”
◆水が細々と流れるさま
【礯】石5+縈16=総画数21 U+792F [エイ/] [石火2炏ワ冖𤇾糸縈礯]
◆石
【縕】糸6+10=総画数16 U+7E15 [ウン、オン/] 【緼缊】[糸口囗人囚皿𥁕縕]
◆ふんわりとした短い繊維の塊(かたまり)、縺(もつ)れたアサ(麻)の繊維、同”褞”
◆もやもやとしたさま
◆「絪縕(いんうん)」、同「氤氳」、天地の気(き、"気"参照)がもやもやと立ち籠めるさま
◆(赤に黄が混じった)茶色また朱色
【蘊】艸3+縕16=総画数19 U+860A [ウン/] 【蕴藴】[サ十2艹艹糸口囗人囚皿𥁕縕蘊]
◆ものが中に入り外に出ることなく次第に蓄積されるさま、また鬱積するさま
◆奥深い、含みがある、「長い時間を掛けて蓄積されたもの」の意
【縛】糸6+10=総画数16 U+7E1B [ハク、バク/しば・る、いまし・める] 【缚】[糸十田由用、丶甫十、丶寸専尃縛]
◆紐や縄などを強く巻き付けて動かないようにする、拘束する
◆戒める
【嚩】口3+縛16=総画数19 U+56A9 [ハク/] [口糸十田由用、丶甫十、丶寸専尃縛嚩]
◆梵語の音写字、呪文などに使われる語
【𤒔】火4+縛16=総画数20 U+24494 [ハク/] [火糸十田由用、丶甫十、丶寸専尃縛𤒔]
◆未詳、「【字彙補:巳集:火部:𤒔】伯各切音煿見篇韻」
【縠】糸6+10=総画数16 U+7E20 [コク、ゴク/] 【𣪺𦇍】[土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ糸系縠]
◆薄く軽い皺(しぼ、縮み皺)のある織物、縮羅(しじら)や縮緬(ちりめん)の類、同”縐”、「【史記:列傳:司馬相如列傳】雜纖羅𡍮霧縠(集解郭璞曰言細如霧𡍮以覆頭)」
【瀫】水3+縠16=総画数19 U+702B [コク/] 【𣹬】[シ氵土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊ノ糸系縠瀫]
◆「瀫水」、古川名、浙江省
【縢】糸6+10=総画数16 U+7E22 [トウ、ドウ/かが・る] 【𦪝𦅌𦂙】[月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭縢]
◆縄や紐など、またそれで(巻き付けるようにして)縛る
◆脚絆(きゃはん)、脛(すね)に巻く帯状の布
◆[日]かが・る、布の端を巻き込むように螺旋状(らせんじょう)に縫う
【籘】竹6+縢16=総画数22 U+7C58 [トウ、ドウ/] 【籐】[竹糸ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭縢籘]
◆竹に似た蔓性のヤシ科の植物の総称、またその幹また枝、柔軟で器や家具などに加工される
【縣】糸6+10=総画数16 U+7E23 [ケン、ゲン/あがた] 【県县】[目L乚小県ノ糸系縣]
◆秦代(前221-前207)では「群」の下に「県」があったが漢代(前202-220)では国が直接「県」を管理した、以降は時代によって行政区の単位や大小・上下が変わっている
◆懸ける、繋ぐ
◆[日]あがた、朝廷の直轄領、地方の領地
【𠐴】人2+縣16=総画数18 U+20434 [ケ、ケン、ゲン/か・ける] 【懸悬𢝝】[イ亻目L乚小県ノ糸系縣𠐴]
◆掛ける、掛けてぶら下げる
◆長い間宙吊りのままになっている、物事が宙ぶらりんで落ち着かない
◆遠く隔たる
【𡈴】囗3+縣16=総画数19 U+21234 [未詳/] [口囗目L乚小県ノ糸系縣𡈴]
◆未詳
【懸】心4+縣16=総画数20 U+61F8 [ケ、ケン、ゲン/か・ける] 【悬𢝝𠐴】[目L乚小県ノ糸系縣心懸]
◆掛ける、掛けてぶら下げる
◆長い間宙吊りのままになっている、物事が宙ぶらりんで落ち着かない
◆遠く隔たる
【𥌭】目5+縣16=総画数21 U+2532D [ベン、メン/] 【矊𥌣】[目目L乚小県ノ糸系縣𥌭]
◆黒目(くろめ、目の中央の黒い部分)
◆見る
【𪈉】鳥11+縣16=総画数27 U+2A209 [エン/] 【䲻】[目L乚小県ノ糸系縣鳥𪈉]
◆ツバメ(燕)、ツバメ科の鳥、また同科の鳥の称
◆トビ(鳶)、タカ科トビ属の鳥
【縫】糸6+10=総画数16 U+7E2B [ホウ、ブ/ぬ・う] 【缝綘】[糸ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢縫]
◆布などを糸で繋ぎ合わせる
◆繋ぎ合わせたところ、継(つ)ぎ目
【蘕】艸3+縫16=総画数19 U+8615 [ホウ/] 【纄】[サ十2艹艹糸ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢縫蘕]
◆頭を保護するために被る兜(かぶと)、同”鑝”、「【經典釋文:卷二十八】蘕同頭蓬頭謂著兜鉾也」
【繁】糸6+10=総画数16 U+7E41 [ハン、ボン/しげ・る] 【繁】[ノ丿一𠂉母毋毎ノ丿一𠂉メヌ又攵敏糸繁]
◆夥(おびただ)しい数の美しい飾り紐が垂れているさま、またそれが揺れながら絡み合うさま
◆数が多いさま、賑やかなさま、華やかなさま、盛んなさま、勢いや活力があるさま
【㩯】手3+繁16=総画数19 U+3A6F [ハン、バン/] [オ才扌ノ丿一𠂉母毋毎ノメヌ又攵敏糸繁㩯]
◆一か所に集まる
◆取り除く、「搫」
【縮】糸6+11=総画数17 U+7E2E [シュク、スク/ちぢ・む] 【缩】[糸ウ宀イ亻一日白百佰宿縮]
◆大きなものや長いものが元の状態を維持したまま小さくなる、窄(すぼ)まる、その結果皺ができたり密度が高くなったりする
◆酒の入った袋を周りから押して小さくする、搾(しぼ)る
【𧃴】艸3+縮17=総画数20 U+270F4 [/つづら] [サ十2艹艹糸ウ宀イ亻一日白百佰宿縮𧃴]
◆[日]「𧃴川(つづらがわ)」、地名、愛媛県松山市
【縵】糸6+11=総画数17 U+7E35 [バン、マン/] 【𦆅缦】[糸日曰四罒ヌ又曼縵]
◆縫い取りや模様がない無地の布、同”𢿜”
◆緩(ゆる)い、ゆったりとした、ゆっくりとした、同”慢”
【蘰】艸3+縵17=総画数20 U+8630 [/かずら] [サ十2艹艹糸日曰四罒ヌ又曼縵蘰]
◆[日]葛(かずら)
【縷】糸6+11=総画数17 U+7E37 [ル、ロウ/] 【缕】[糸口2十口丨中女婁縷]
◆糸、縫糸(ぬいいと)
◆(糸のように)細く長い、長々と途切れなく続く、またそのようなもの、「縷縷(るる)」
◆傷み綻(ほころ)んだ布また衣服、粗末な衣服、同”褸”
【𧃒】艸3+縷17=総画数20 U+270D2 [ロウ/] [サ十2艹艹糸口2十口丨中女婁縷𧃒]
◆「𦺋𧃒」、ハコベ(繁縷)、ナデシコ科ハコベ属の草の総称
【𪈜】鳥11+縷17=総画数28 U+2A21C [ル/] [糸口2十口丨中女婁縷鳥𪈜]
◆「𪇖𪈜」、カッコウ(郭公)、カッコウ科の鳥
【縻】糸6+11=総画数17 U+7E3B [ビ、ミ/] 【䌕】[广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻𣏟糸縻]
◆牛を操るための手綱
◆繋ぐ、縛る
◆浪費する、同”靡”
【𤃰】水3+縻17=総画数20 U+240F0 [ビ、ミ/] 【𤃱】[シ氵广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻𣏟糸縻𤃰]
◆水際まで草が生えている所、草が生えている水辺、同”湄”
【醿】酉7+縻17=総画数24 U+91BF [ビ、ミ/] 【醾𨣿釄】[西酉广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻糸縻醿]
◆濾していない酒
◆繰り返し醸して造った濃厚な酒
【繇】糸6+11=総画数17 U+7E47 [ヨウ、ユウ、チュウ、ジュウ/] [タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇]
◆主人に付き従う、同”𧪬”
◆人民を徴用し無償で労働させる、同”徭”
◆草木が盛んに生い茂る
◆占いの結果が意味するところを読み解く、また解説する、同”𦅸”
【㘥】囗3+繇17=総画数20 U+3625 [ユウ、ユ/] [口囗タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇㘥]
◆囮(おとり)
【𢑂】弓3+繇17=総画数20 U+22442 [ヨウ/] 【𢑈𢐬𢑄𢐥𢑉】[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇弓𢑂]
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同”𢐲”
【𢑄】弓3+繇17=総画数20 U+22444 [ヨウ/] 【𢑈𢐬𢐥𢑉𢑂】[弓タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇𢑄]
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同”𢐲”
【櫾】木4+繇17=総画数21 U+6AFE [ユウ、ユ/] 【𣠡𣞿𣟾】[木タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇櫾]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【𣟾】木4+繇17=総画数21 U+237FE [ユウ、ユ/] 【櫾𣠡𣞿】[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇木𣟾]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【蘨】艸3+繇17=総画数20 U+8628 [ヨウ/] 【𧄎】[サ十2艹艹タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇蘨]
◆草が盛んに生い茂る
【𨙂】辵3+繇17=総画数20 U+28642 [ヨウ/] 【邎𨘺𨙃】[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ丿一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇え辶辶𨙂]
◆急ぎ足で行く
【繁】糸6+11=総画数17 U+FA59 [ハン、ボン/しげ・る] 【繁】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏糸繁繁]
◆夥(おびただ)しい数の美しい飾り紐が垂れているさま、またそれが揺れながら絡み合うさま
◆数が多いさま、賑やかなさま、華やかなさま、盛んなさま、勢いや活力があるさま
【瀿】水3+繁17=総画数20 U+703F [ハン/] [シ氵ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏糸繁繁瀿]
◆水が勢いよく溢れ出る
【蘩】艸3+繁17=総画数20 U+8629 [ハン、ボン/] 【𦾴】[サ十2艹艹ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏糸繁繁蘩]
◆ハイイロヨモギ(灰色蓬)、キク科ヨモギ属の草、同「白蒿(はくこう)」{ハイイロヨモギ}
◆「蘩露(はんろ)」、ツルムラサキ(蔓紫)、ツルムラサキ科ツルムラサキ属の蔓性の草、同「蔠葵(しゅうき)」{ツルムラサキ}
◆「繁縷(はんろう、ハコベ)」、ナデシコ科ハコベ属の草の総称{ハコベ}
【䌛】糸6+12=総画数18 U+431B [ヨウ/] [タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛]
◆付き従う
【𢑈】弓3+䌛18=総画数21 U+22448 [ヨウ/] 【𢐬𢑄𢐥𢑉𢑂】[弓タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛𢑈]
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同”𢐲”
【𢑉】弓3+䌛18=総画数21 U+22449 [ヨウ/] 【𢑈𢐬𢑄𢐥𢑂】[タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛弓𢑉]
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同”𢐲”
【𣠡】木4+䌛18=総画数22 U+23821 [ユウ、ユ/] 【櫾𣞿𣟾】[木タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛𣠡]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【𧄎】艸3+䌛18=総画数21 U+2710E [ヨウ/] 【蘨】[サ十2艹艹タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛𧄎]
◆草が盛んに生い茂る
【邎】辵4+䌛18=総画数22 U+908E [ヨウ/] 【𨙂𨘺𨙃】[タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛え辶辶邎]
◆急ぎ足で行く
【織】糸6+12=総画数18 U+7E54 [ショク、シキ、シ/お・る] 【𦃎𦀗綕𥿗织𦁓𦁋】[糸立日音一、丶弋ノ丿戈戠織]
◆経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を”十”状に交差させて布を作る、またそのようにして作り上げた布、「機織(はたおり)」
◆幾つかのものを組み合わせて一つのものに作り上げる、幾つかのものが組み合わさって一つのものになる、「組織(そしき)」
【𧄕】艸3+織18=総画数21 U+27115 [ショク、シキ/] 【蘵】[サ十2艹艹糸立日音一、丶弋ノ丿戈戠織𧄕]
◆イヌホオズキ(犬酸漿)、ナス科ナス属の草
【繠】糸6+12=総画数18 U+7E60 [ズイ、ヌイ/] [心2𢗰3惢糸繠]
◆佩(はい、腰に帯びて垂らす飾り)が垂れ下がるさま
【𧄜】艸3+繠18=総画数21 U+2711C [ズイ、ヌイ/しべ] 【蘂蘃】[サ十2艹艹心2𢗰3惢糸繠𧄜]
◆植物の生殖器官、雄蕊と雌蕊の総称、同”蕊”
【繭】糸6+12=総画数18 U+7E6D [ケン/まゆ] 【𦇂蠒絸】[サ十2艹艹冂糸中虫繭]
◆蚕の蛹(さなぎ)を包み保護しているもの
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)
◆簡”茧”
【𢺃】手3+繭18=総画数21 U+22E83 [ケン/] 【挸𢹕】[オ才扌サ十2艹艹冂糸中虫繭𢺃]
◆拭う
【𣀸】攴4+繭18=総画数22 U+23038 [ケン/] 【𥀹𣀺】[サ十2艹艹冂糸中虫繭ノ丿一𠂉メヌ又攵𣀸]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【𣀺】攴4+繭18=総画数22 U+2303A [ケン/] 【𥀹𣀸】[サ十2艹艹冂糸中虫繭ト卜⺊ヌ又攴𣀺]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【𣠷】木4+繭18=総画数22 U+23837 [ケン/] [木サ十2艹艹冂糸中虫繭𣠷]
◆棚
【𥀹】皮5+繭18=総画数23 U+25039 [ケン/] 【𣀺𣀸】[サ十2艹艹冂糸中虫繭フ乛ノ丿ヌ又皮𥀹]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【𥜲】示4+繭18=総画数22 U+25732 [セン、ケン/] [ネ礻サ十2艹艹冂糸中虫繭𥜲]
◆敬(うやま)う、恭(うやうや)しく振る舞う、同”祗”
【襺】衣5+繭18=総画数23 U+897A [ケン/] [ネ衤サ十2艹艹冂糸中虫繭襺]
◆絹綿を詰めた防寒用の衣服、麻綿は「袍」
【𨇿】足7+繭18=総画数25 U+281FF [未詳/] [口上止龰足サ十2艹艹冂糸中虫繭𨇿]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【繫】糸6+13=総画数19 U+7E6B [ケイ、ゲ/つな・ぐ、かか・る] 【繋】[車山ク刀几ヌ又殳𣪠糸繫]
◆つな・ぐ、(縄や紐などで)離れているものを結ぶ、結んで離れないようにする、結んで離れているものを関連付ける
◆かか・る、縄や紐などで結んでぶら下げる
◆簡"系"
【蘻】艸3+繫19=総画数22 U+863B [ケイ、ケ/] [サ十2艹艹車山ク刀几ヌ又殳𣪠糸蘻]
◆草名、未詳
【繯】糸6+13=総画数19 U+7E6F [カン、ゲン/] 【𦇏缳】[糸四罒一口ノ丿2レ𧘇睘繯]
◆周りに縄などを巻き付けて縛(しば)る、縛って繋(つな)ぎ止める
【𦌾】网5+繯19=総画数24 U+2633E [ケン/] [四罒糸四罒一口ノ丿2レ𧘇睘繯2𦌾]
◆鳥獣を捕える網
【繰】糸6+13=総画数19 U+7E70 [ソウ/く・る] 【缲】[糸口2吅3品木喿繰]
◆繭(まゆ)から糸を引き出す、同”繅”
◆色とりどりの糸を使って撚(よ)り上げた紐(ひも)、組紐、同”繅”
◆経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を二本ずつにして織った目の非常に細かい絹布、同”縑”
◆[日]く・る、右手と左手を交互に使って引く、途切れないように順々に(次々に)同じ動作をする
【𧅂】艸3+繰19=総画数22 U+27142 [ソウ/も] [サ十2艹艹糸口2吅3品木喿繰𧅂]
◆藻(も)、「藻類(もるい)」の他「海草(かいそう)」「水草(すいそう、みずくさ)」などの水中に生える草の総称、同”藻”
【𦆕】糸6+13=総画数19 U+26195 [ヒ/くつわ] 【轡辔𨏯𣦱𢥩𢢦𦇷𨏷】[糸2絲車𦆕]
◆馬などの家畜を操(あやつ)るための手綱(たづな)
◆馬などの家畜の頭部に着ける用具、頭絡(とうらく、頭に着ける革紐製の用具、これに銜などを取り付ける)と銜(はみ、口に咥えさせる金属製の棒状の金具とその両端に取り付けた環状の金具)とそれらを固定するための金具や紐の総称、同”勒”
◆[日]銜(はみ)、馬の口に咥(くわ)えさせる馬具で、金属製の棒(口に咥えさせる部分)とその両端の環状の金具(ここに轡や手綱を繋ぐ)から成る{馬車}
【𢥩】心4+𦆕19=総画数23 U+22969 [ヒ/くつわ] 【轡辔𨏯𦆕𣦱𢢦𦇷𨏷】[糸2車𦆕心𢥩]
◆馬などの家畜を操(あやつ)るための手綱(たづな)
◆馬などの家畜の頭部に着ける用具、頭絡(とうらく、頭に着ける革紐製の用具、これに銜などを取り付ける)と銜(はみ、口に咥えさせる金属製の棒状の金具とその両端に取り付けた環状の金具)とそれらを固定するための金具や紐の総称、同”勒”
◆[日]銜(はみ)、馬の口に咥(くわ)えさせる馬具で、金属製の棒(口に咥えさせる部分)とその両端の環状の金具(ここに轡や手綱を繋ぐ)から成る{馬車}
【轡】車7+𦆕15=総画数22 U+8F61 [ヒ/くつわ] 【辔𨏯𦆕𣦱𢥩𢢦𦇷𨏷】[糸2絲車𦆕口轡]
◆馬などの家畜を操(あやつ)るための手綱(たづな)
◆馬などの家畜の頭部に着ける用具、頭絡(とうらく、頭に着ける革紐製の用具、これに銜などを取り付ける)と銜(はみ、口に咥えさせる金属製の棒状の金具とその両端に取り付けた環状の金具)とそれらを固定するための金具や紐の総称、同”勒”
◆[日]銜(はみ)、馬の口に咥(くわ)えさせる馬具で、金属製の棒(口に咥えさせる部分)とその両端の環状の金具(ここに轡や手綱を繋ぐ)から成る{馬車}
【纂】糸6+14=総画数20 U+7E82 [サン/] 【繤】[竹目大糸纂]
◆赤色の平打紐(ひらうちひも、平たい組紐)
◆(同種の文書や記録などを)集める、また集め整理し一つに纏める、「編纂(へんさん)」、同”篹””撰”
【攥】手3+纂20=総画数23 U+6525 [サン/] [オ才扌竹目大糸纂攥]
◆手に握る
【纍】糸6+15=総画数21 U+7E8D [ルイ、ライ/] [田2畕3畾糸纍]
◆繋ぐ、次々に繋がる
◆次々に絡み付く、絡みながら繋がっていく
◆簡”累”
【儽】人2+纍21=総画数23 U+513D [ルイ/] [イ亻田2畕3畾糸纍儽]
◆気力を失うさま
◆怠ける
【𡿔】山3+纍21=総画数24 U+21FD4 [ルイ/] 【𡻭𡿜𡻱】[山田2畕3畾糸纍𡿔]
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同”𡼊”
【𡿜】山3+纍21=総画数24 U+21FDC [ルイ/] 【𡻭𡻱𡿔】[山田2畕3畾糸纍𡿜]
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同”𡼊”
【𢺢】手3+纍21=総画数24 U+22EA2 [ライ/] 【攂】[オ才扌田2畕3畾糸纍𢺢]
◆どんどんと鼓を打つ
◆石臼をごろごろと挽(ひ)く、同”擂”
【欙】木4+纍21=総画数25 U+6B19 [ルイ/かんじき] [木田2畕3畾糸纍欙]
◆山道を行く時に乗る駕籠、或いは輿(こし)、同”樏”
◆かんじき、滑り止めの金属や木製の突起を付けた山道用の履物、同”樏””梮”
◆木名、実は殻がなく皮があるという、未詳、同”樏”
【㶟】水3+纍21=総画数24 U+3D9F [ルイ/] [シ氵田2畕3畾糸纍㶟]
◆「㶟水」、古川名、現山西省
【𤜖】牛4+纍21=総画数25 U+24716 [ルイ/] 【㹎𤛡】[牛田2畕3畾糸纍𤜖]
◆牡牛
【𤫤】玉4+纍21=総画数25 U+24AE4 [ライ/] 【瓃𤫥】[王田2畕3畾糸纍𤫤]
◆玉器の名、「畾」は「雷」の意で雷雲の彫り物をした玉器という、雷雲は「不窮」の象徴
【癳】疒5+纍21=総画数26 U+7673 [ルイ、ラ/] 【瘰】[ン冫广疒田2畕3畾糸纍癳]
◆「癳癧(るいれき)」、リンパ節炎、リンパ節が炎症を起こし腫れる病気
【𥗼】石5+纍21=総画数26 U+255FC [ルイ/] 【磥】[石田2畕3畾糸纍𥗼]
◆石がごろごろと折り重なっているさま、同”礧””𥗬”
◆「𥗼硌(るいらく)」、おおらかで細かいことに拘(こだわ)らないさま、同「磊落(らいらく)」
【𥸕】竹6+纍21=総画数27 U+25E15 [ルイ/] 【虆𦶖】[竹田2畕3畾糸纍𥸕]
◆蔓また蔓性の植物
◆蔓を編んで作った土を運ぶための畚(もっこ)、同”蔂”
【纝】糸6+纍21=総画数27 U+7E9D [ルイ/] 【縲缧𦅍】[糸田2畕3畾糸纍纝]
◆牛馬や罪人などを繋ぐ綱また縄
◆「纝紲(るいせつ)」、罪人などを縛る縄、牢獄
【虆】艸3+纍21=総画数24 U+8646 [ルイ/] 【𦶖𥸕】[サ十2艹艹田2畕3畾糸纍虆]
◆蔓また蔓性の植物
◆蔓を編んで作った土を運ぶための畚(もっこ)、同簡”蔂”
【𧮢】言7+纍21=総画数28 U+27BA2 [ルイ/] 【讄𧬀𧫖】[言田2畕3畾糸纍𧮢]
◆善行を重ね神に祈って福を求める
◆死者の生前の功績や徳行を述べ称える、またその言葉、死者を追悼する言葉、同”誄”


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 糸部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です