総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「屮部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 屮部」 [部首索引


【屮】屮3+0=総画数3 U+5C6E [テツ、テチ、ソウ/] 【屮】[凵山ノ丿屮]
◆草木が芽生えるさま
◆てつ、めばえ、部首名
注解:「【漢字源:屮部:屮】ひだりの手」とあるが、「左、左手」を意味する「𠂇」の篆書体の字形からの字義と思われる、ただ「左」の篆書体は最終画を下でとめるが、「屮」は最終画を左下にはらう、{「左右」の筆順}の「左」を参照
漢字林(非部首部別)
【屮】屮3+0=総画数3 U+FA3C [テツ、テチ、ソウ/] 【屮】[凵山I|丨屮屮]
◆草木が芽生えるさま
◆てつ、めばえ、部首名
注解:「【漢字源:屮部:屮】ひだりの手」とあるが、「左、左手」を意味する「𠂇」の篆書体の字形からの字義と思われる、ただ「左」の篆書体は最終画を下でとめるが、「屮」は最終画を左下にはらう、{「左右」の筆順}の「左」を参照
漢字林(非部首部別)
【𡳾】屮3+0=総画数3 U+21CFE [ケツ、コチ/] [凵山L乚𡳾]
◆未詳、「【字彙補:寅集:屮部:𡳾】居月切音厥六書略𡳾𠂈動貌[†「【集韻:卷九:入聲上:月第十:𠄑】𠄑丩動皃」とあり「𠄑」と音義同]」
【㞢】屮3+1=総画数4 U+37A2 [シ/の、これ] 【之𠔇𡳿】[凵山I|丨屮屮一㞢]
◆~に向かって往(い)く
◆~の~、of
◆これ、この、this
◆それ、その、あれ、あの、that
漢字林(非部首部別)
【屯】屮3+1=総画数4 U+5C6F [トン、ドン、チュン/たむろ・する] [ノ丿一凵山L乚𡳾屯]
◆なかなか(上に、前に)出られないさま、思うように行かないさま、停頓(テイトン)するさま
◆同じところに留(とど)まる、人が同じところに集まり留まる
◆集落、村落、同「邨」
◆「屯駐、屯住(トンチュウ)」「駐屯(チュウトン)」、ある地に留まること、軍隊がある地に駐留(チュウリュウ)すること
◆「屯田(トンデン)」、国が人を集め耕作させた田畑、集められた人によって「民屯(一般民)」「兵屯、軍屯(戦の際には兵として徴収する兵士)」などがあった、「【康熙字典:午集上:田部:田】…明初兼行官屯民屯兵屯商屯腹屯邊屯諸法…」
漢字林(非部首部別)
【𠬢】又部
【𡳿】屮3+2=総画数5 U+21CFF [シ/の、これ] 【之𠔇㞢】[L」I|丨一丄𡳿]
◆~に向かって往(い)く
◆~の~、of
◆これ、この、this
◆それ、その、あれ、あの、that
漢字林(非部首部別)
【𡴀】屮3+2=総画数5 U+21D00 [ホウ、フウ/] 【丰𡵄𡴇】[凵山ノ丿屮二十2キ𡴀]
◆草木が盛んに茂るさま、実(みの)り豊かなさま、同「豐」
◆様子、容姿、風采(フウサイ)
漢字林(非部首部別)
【屰】屮3+3=総画数6 U+5C70 [ゲキ、ギャク/] [ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰]
◆逆(ギャク)、”→”向きに進むべきものが”←”向きに進む、進むべき道(道理や道徳など)に反する、本来の(一般的な)方向や順序が反対である、同「逆」
◆戟(ゲキ)、長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣)と戈(ほこ、”「”字形をした刃物)を付けたもので突き刺したり引っ掛けて斬るなどすることができる武器の一種 {刀剣槍}
漢字林(非部首部別)
【𡗡】大部
【𡴂】屮3+3=総画数6 U+21D02 [ハン、ヘン/] [凵山ノ丿屮凵山L乚𡳾2𡴂]
◆引く、手前に引っ張る、引き寄せる、同「攀」「扳」「𠬜」
漢字林(非部首部別)
【𡴃】屮3+3=総画数6 U+21D03 [未詳/] [一Lフ𠃌ト5一与凵山ノ丿屮𡴃]
◆未詳
【𡴄】屮3+3=総画数6 U+21D04 [未詳/] [凵山ノ丿屮ワ冖乙𡴄]
◆未詳、「【字彙補:寅集:屮部:𡴄】與巿同」
【㞣】屮3+4=総画数7 U+37A3 [フン/] 【芬𡵳𡸐】[凵山ノ丿屮ハ八刀分㞣]
◆草の芳(かぐわ)しい香りが辺りに広がるさま
漢字林(非部首部別)
【㞷】屮3+4=総画数7 U+37B7 [コウ/] 【𡴍】[凵山ノ丿屮王㞷]
◆草木が至るところに蔓延(はびこ)るさま
漢字林(非部首部別)
【𡉚】土部
【𡴆】屮3+4=総画数7 U+21D06 [ロク/] 【圥𠒶𡴪𡴫】[凵山ノ丿屮亠ハ八六𡴆]
◆「菌𡴆(キンロク)」、田などの地面に生えるキノコ(茸)の類
【𡴇】屮3+4=総画数7 U+21D07 [ホウ、フウ/] 【丰𡴀𡵄】[凵山ノ丿屮ノ三|十3丰𡴇]
◆草木が盛んに茂るさま、実(みの)り豊かなさま、同「豐」
◆様子、容姿、風采(フウサイ)
【𡴈】屮3+4=総画数7 U+21D08 [キク/] 【𠨭𠩀𠩉】[一凵山2出L乚フ𠃌𡴈]
◆しっかりと(左)手に持つ、手に取りしっかりと握る、逆(右手)は「丮」、「【正字通:子集下:厂部:𠨭】居六切音菊正譌拕持也从反丮轉注俗作挶非舉要左手𡙕持也一說敬事而拘迫不安也丮篆作■𠨭篆作𡴈合■𡴈卽鬥字」
【𡴋】屮3+5=総画数8 U+21D0B [バイ、マイ/] [凵山ノ丿屮母𡴋]
◆同「每」
◆同「苺」
漢字林(非部首部別)
【𡴌】屮3+5=総画数8 U+21D0C [コウ、キョウ/きのえ、かぶと] 【甲𠇚】[人一ソ凵山I|丨屮屮平𡴌]
◆十干(ジッカン)の一番目 {十干}
◆序列の一番、一番目
◆両肩・胴・腰を守るための(革製の)鎧(よろい)、「甲冑(カッチュウ)」は「甲(鎧、よろい)と冑(兜、かぶと)」
◆体やものを堅く覆っているもの、人間の手足の爪
【𡴍】屮3+5=総画数8 U+21D0D [コウ/] 【㞷】[凵山I|丨屮屮一㞢王ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼𡴍]
◆草木が至るところに蔓延(はびこ)るさま
【𠔖】八部
【𠭆】又部
【𠱭】口部
【𡴎】屮3+6=総画数9 U+21D0E [ゲツ、ゲチ/] 【𡶫】[凵山ノ丿屮ノコ2㠯𠂤𡴎]
◆山が高く険しいさま、山が崩れそうで危(あや)ういさま
【𡴏】屮3+6=総画数9 U+21D0F [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【青靑寈𤯞𡴑𡴐𡗡𡷉】[凵山ノ丿屮人入日㒲𡴏]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる {五行}
◆竹簡(チクカン)に記された文書・記録
【𡴐】屮3+6=総画数9 U+21D10 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【青靑寈𤯞𡴑𡴏𡗡𡷉】[凵山ノ丿屮日十早𡴐]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる {五行}
◆竹簡(チクカン)に記された文書・記録
【𡴑】屮3+6=総画数9 U+21D11 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【青靑寈𤯞𡴏𡴐𡗡𡷉】[凵山ノ丿屮人入口I|丨中𡴑]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる {五行}
◆竹簡(チクカン)に記された文書・記録
【𡴓】屮3+6=総画数9 U+21D13 [シ/おも・う、おぼ・しい、おぼ・す] 【思恖𢍄𠂺】[ノ丿屮ノ丿冂メ㐅冈一凵山L乚𡴓]
◆心の中で考える、心に感じる、心に浮かぶ
◆心に浮かべ慕う
◆[日]おぼ・しい、~と考えられる
◆[日]おぼ・す、「思う」の丁寧語
【𧈪】虫部
【芻】艸部
【𡴖】屮3+7=総画数10 U+21D16 [ナ、ナン/みなみ] 【南𡴟】[凵山ノ丿屮人ソ丷一䒑二十干𢆉𡴖]
◆みなみ、方位の一つ、背を北に向けた時に体の正面の方角
【𡴘】屮3+7=総画数10 U+21D18 [コウ、ギョウ/さいわ・い、しあわ・せ、さち] 【幸𠂷】[ノ丿人大夭ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰𡴘]
◆凶事を免れて運が良いさま、同「倖」
◆(思い掛けない)喜ばしいことや良いこと、またそれが起きること、またその状態
◆願う、希望する
◆天子の寵愛を受ける、「寵愛を受けられるのは幸い」の意
◆天子が他の地を訪れること、「天子にのお出ましいただくのは幸い」の意
漢字林(非部首部別)
【𤴗】疋部
【𡴛】屮3+8=総画数11 U+21D1B [トク、ドク、タイ、ダイ/] 【毒𡹆𤯟𧉉𦸕𥲮】[凵山ノ丿屮土士母毋毐𡴛]
◆生命や健康に害を及ぼす、またそうしたもの
◆禍(わざわい)や苦しみを齎(もたら)す、またそうしたもの
◆酷(ひど)い
【𡴜】屮3+8=総画数11 U+21D1C [シン、ジン/つつし・む] 【慎愼昚眘𦚉𡺊】[凵山ノ丿屮ハ八人日𡴜]
◆配慮すべきことに漏れがないよう心を配る、またそのように振る舞う
【𡹍】山部
【𠙢】几部
【𡴝】屮3+9=総画数12 U+21D1D [ソウ、ス/かな・でる] 【奏𡙹𡲯𢽥𡴨】[凵山ノ丿屮レ𠄌ノ丿𠂈ヌ又𠬞大十本夲𡴝]
◆かな・でる、楽器を鳴らす
◆神や君主に両手を上げて物を差し上げる、また申し上げる
【𡴟】屮3+9=総画数12 U+21D1F [ナ、ナン/みなみ] 【南𡴖】[凵山ノ丿屮人サ十2艹艹艹ト卜艹二十干⺸𠈾𡴟]
◆みなみ、方位の一つ、背を北に向けた時に体の正面の方角
【𡴠】屮3+9=総画数12 U+21D20 [未詳/] 【𡎨】[凵山ノ丿屮2艸3芔土𡴠]
◆「崇𡴠」、未詳、「【山海經廣注:中山經】又東四十五里曰衡山(郭曰今衡山在衡陽湘南縣南嶽也…南嶽姓崇名𡴠河圗云南嶽衡山君神姓丹名靈峙雲笈七籖云南嶽姓爛名洋…)[†「衡山」は道教の五岳の一つで別名を南嶽といい湖南省衡陽(コウヨウ)市南嶽区にある山の名]」
【𡴡】屮3+9=総画数12 U+21D21 [ホン/もと] 【本㮺楍𡴩】[凵山ノ丿屮木本口2𡴡]
◆木の根(ね)
◆植物や物事の生まれ始まりの部分、ものの根源また起源、「本来(ホンライ、元々、初めから)」
◆ものを支えているもの、基(もと)となるもの、拠(よ)りどころとなるもの
◆ものの中心にあるもの、中心的なもの
◆書物、「底本(テイホン、翻訳や写本などの際にその基となる書物)」
【𡴤】屮3+10=総画数13 U+21D24 [シュウ、シュ、ス/て、た] 【手𠂿】[ノ丿イ人2从仌4𠈌𠂹凵山ノ丿屮𡴤]
◆体や物体の一部で、胴から分かれ出て伸び、持つ・握る・叩く・ものを作る・操作するなどの機能を持つ部分、掌(たなごころ)と指を合わせた全体、腕の先の部分 {人体(上肢)}
◆自(みずか)ら、「自分の手で」「手ずから」の意
◆(手を使って)ものを作る、またその使い方、またその腕前、「手芸(シュゲイ)」「手法(シュホウ)」「上手(ジョウシュ、ジョウズ、うわて)」
【𡴥】屮3+10=総画数13 U+21D25 [チ、リ/] 【离𡼁】[凵山ノ丿屮亠メ㐅凵凶㐫冂ム厶禸离𡴥]
◆山林の精気から生じ人に災(わざわ)いを齎(もたら)すという妖怪(ヨウカイ)、同「魑」
◆同繁「離」
【𡴦】屮3+12=総画数15 U+21D26 [クン/かお・る] 【薫薰蘍𡽽】[凵山ノ丿屮口ソ土、丶4灬黑𡴦]
◆良い香り、良い香りが立ち籠める、良い香りのする草
◆火にかけて良い香りを立ち昇らせる、またその香り
◆香(コウ)、良い香りのするもの、香(コウ)を焚く
◆価値のある手柄、誉れ高い功績
【𡴧】屮3+12=総画数15 U+21D27 [ソウ/も、うしな・う] 【喪丧䘮𠸶𡂧𠷔𡂤𦦦𡚏】[凵山ノ丿屮⺊上止2人亠L𠃊亡𡴧]
◆死者を追悼するために家に籠って慎む
◆人が亡くなる
◆(大事なものを)失う、無くす、亡くす
【𡴨】屮3+12=総画数15 U+21D28 [ソウ、ス/かな・でる] 【奏𡙹𡲯𢽥𡴝】[凵山ノ丿屮2艸3芔凵人大十𡴨]
◆かな・でる、楽器を鳴らす
◆神や君主に両手を上げて物を差し上げる、また申し上げる
【𡴩】屮3+12=総画数15 U+21D29 [ホン/もと] 【本㮺楍𡴡】[凵山ノ丿屮木本口2吅3𠱠𡴩]
◆木の根(ね)
◆植物や物事の生まれ始まりの部分、ものの根源また起源、「本来(ホンライ、元々、初めから)」
◆ものを支えているもの、基(もと)となるもの、拠(よ)りどころとなるもの
◆ものの中心にあるもの、中心的なもの
◆書物、「底本(テイホン、翻訳や写本などの際にその基となる書物)」
【𨍔】車部
【𡴪】屮3+15=総画数18 U+21D2A [ロク/] 【圥𡴆𠒶𡴫】[凵山ノ丿屮一ハ八3𡴪]
◆「菌𡴪(キンロク)」、田などの地面に生えるキノコ(茸)の類
【𡴫】屮3+18=総画数21 U+21D2B [ロク/] 【圥𡴆𠒶𡴪】[凵山ノ丿屮亠ハ八六𡴆3𡴫]
◆「菌𡴫(キンロク)」、田などの地面に生えるキノコ(茸)の類
【𡴬】屮3+19=総画数22 U+21D2C [ハイ、ヘ/おが・む] 【拝拜𣬊𣬓𢰛𢴽𢫶】[ノ丿イ人2从仌4𠈌𠂹凵山ノ丿屮28𡴬]
◆敬意を込めて或いは服従の意を示すためにお辞儀する、手を合わせ頭を下げる
◆上位の人から物や位や命令などを戴く
◆語の頭に付けて謙譲の意を表す語
【𪔫】鼓部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 屮部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です