総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「丿部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 丿部」 [部首索引


丿丿1+0=総画数1 U+4E3F [ヘツ、ヘチ/]
◆筆画の一つ、右上から左下へはらう書き方、「掠(リャク)」という、現代では「撇(ヘツ)」「長撇」 {永字八法}
◆の、部首名
漢字林(非部首部別)
丿1+0=総画数1 U+4E40 [フツ、ホチ/]
◆筆画の一つ、左上から右下へはらう形、「磔(タク)」という、現代では「捺(ナツ)」 {永字八法}
丿1+0=総画数1 U+4E41 [イ、キュウ、ゴウ/]
◆移(うつ)ろう、ものの位置が変わる、(時が)流れる、同「移」
注解:「𠂆(エイ、こちらに移って来る)」とは逆に「向こうに移って行く」の意
漢字林(非部首部別)
丿1+1=総画数2 U+3405 [ゴ/いつ、いつ・つ] 五𠄡
◆数の名、五番目の数、真ん中の数 {数字}
◆五人を一組とした軍隊の編成単位、同「伍」
◆工尺譜(コウセキフ、コウシャクフ、楽譜の表記法の一つ)で「ラ」の音を表す {音階}
漢字林(非部首部別)
丿1+1=総画数2 U+4E42 [ガイ、ゲ/]
◆草木を刈(か)る、同「刈」「艾」「芟」
◆治(おさ)める、物事をあるべき状態にする、同「䢃」
◆「乂安(ガイアン)」、世が治まって安らかなさま
◆「俊乂(シュンガイ)」、ひときわ有能な人
漢字林(非部首部別)
丿1+1=総画数2 U+4E43 [ダイ、ナイ/すなわ・ち、なんじ、の] 𠄎𢎗𢎧𠄕𠧤𢏩
◆すなわ・ち、つまり~、要するに~、従って~、~であるから~、~して~、so、therefore、同「迺」
◆汝(なんじ)、あなた、君、you
◆[日]「の」「~の~」に当てる漢字、「の」は「乃」の草体から作られたひらがな、同「廼」
漢字林(非部首部別)
丿1+1=総画数2 U+4E44 [/しめ]
◆[日]閉(し)める
◆[日]合計
◆[日]封書の封じ目に記す記号
乙部
𠂆丿1+1=総画数2 U+20086 [エイ/]
◆曳(ひ)く、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る
注解:「乁(イ、向こうに移って行く)」とは逆に「綱を肩に掛け頭を下げ足を踏ん張って引くさま」の形象で「こちらに移って来る」の意
漢字林(非部首部別)
𠂇丿1+1=総画数2 U+20087 [サ/]
◆左、左手、同本「左」
漢字林(非部首部別)
𠂈丿1+1=総画数2 U+20088 [ケツ、ケチ/]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:銑第二十七:{⿰歺㐱}塡𠂈】徒典切說文盡也或作填古作𠂈」「【字彙補:寅集:屮部:𡳾】居月切音厥六書略𡳾𠂈動貌」
漢字林(非部首部別)
𠂉丿1+1=総画数2 U+20089 [/]
◆漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
𠂊丿1+1=総画数2 U+2008A [/]
◆漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
丶部
丿1+2=総画数3 U+4E45 [キュウ、ク/ひさ・しい] 乆镹
◆長い時間が経っている
◆長い間同じような状態で続いている
◆灸を据える、同「灸」
漢字林(非部首部別)
丿1+2=総画数3 U+4E46 [キュウ、ク/ひさ・しい] 久镹
◆長い時間が経っている
◆長い間同じような状態で続いている
◆灸を据える、同「灸」
漢字林(非部首部別)
丿1+2=総画数3 U+4E47 [タク、チャク/]
◆草の葉
◆託(たく)する、他人(ひと)に任(まか)せる、委(ゆだ)ねる、同「託」「仛」「侂」「托」
漢字林(非部首部別)
丿1+2=総画数3 U+4E48 [ヨウ、バ、マ、モ/]
◆小さいさま、細く小さいさま、同「幺」
◆繁「幺」
◆繁「麽」
◆繁「麼」
漢字林(非部首部別)
丿1+2=総画数3 U+4E4A [/]
◆[韓]口訣字(コウケツジ、漢文中に置き、読解を助けるための字)、音は「호(ホ)」
漢字林(非部首部別)
丿1+2=総画数3 U+4E61 [キョウ、コウ、ゴウ/さと] 郷鄉鄕鄊𨝅𨞰𨞸
◆都から離れた土地、(特に地方の)町村、田舎
◆出生地、「故郷(コキョウ、ふるさと)」
◆中国周代では12,500戸を単位とする行政区画、「【前漢書:卷二十四上:食貨志上】五家爲鄰五鄰爲里四里爲族五族爲黨五黨爲州五州爲鄉鄉萬二千五百戶也」
◆向く、面する、同「向」
◆窓、北側に面した窓、同「向」
漢字林(非部首部別)
十部
丿1+2=総画数3 U+53CA [キュウ、ゴウ/およ・ぶ、およ・ぼす、およ・び] 𢎜
◆~の状態が継続してここに(今に)至る、同「迨」
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)になる、~に至(いた)る、同「迨」「逮」
◆~(の状態、の場所、の段階)に達する、~に到(いた)る、~に届く、同「逮」
◆並びに、~と~、and
注解:「前にいる人の背に手が付くさま」を象った字
漢字林(非部首部別)
𠁽丶部
𠂋丿1+2=総画数3 U+2008B [/]
◆漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
𠂍丿1+2=総画数3 U+2008D [バン、モン、マン、ボク、モク/よろず] 萬𥝄𥝅万㸘𠃡
◆千の十倍 {数字}
◆数え切れないほど多いさま、極めて多いさま
◆あらゆる、どんなものも、全て
◆決して、絶対に、「萬萬(バンバン)」
𠂎丿1+2=総画数3 U+2008E [/]
◆漢字の構成部分、「卩(セツ、割符の片方)」を左右反転させたもので「卯卿」などの一部を構成する
漢字林(非部首部別)
𢌬廾部
丿1+3=総画数4 U+4E4C [オ、ウ/からす] 烏𠂶
◆カラス(烏、鴉)、カラス科カラス属の鳥、また同属の鳥の称、同「烏鴉(オア、オウ)」「孝鳥(コウチョウ)」
◆(カラスが黒いことから)黒い、また黒色
◆いずく・んぞ、どうして~、どうして~か、疑問や反問の語
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「於」「𥾪」「𤚶」、同「烏乎、烏呼(アア)」
漢字林(非部首部別)
丿1+3=総画数4 U+4E4F [ホウ、ボウ/とぼ・しい] 𠓟𣥄𠂜
◆貯(たくわ)えが底を突く、金や物や力が尽きる、同「匱」
◆空(あ)く、空(から)になる
◆矢を遮(さえぎ)る盾(たて)、また衝立(ついたて)
注解:「正」を左右に反転させた字で「本来の或いは普段・普通の状態や様子でない」の意
漢字林(非部首部別)
十部
屮部
丿1+3=総画数4 U+9FB5 [/]
◆漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
𠂏丿1+3=総画数4 U+2008F [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:丿部:𠂏】【中華字海:丿部:𠂏】同"奶"」
𠂑丿1+3=総画数4 U+20091 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:丿部:𠂑】同"奏"」
注解:「卩」の篆書字を左右反転させた形に似ており、「𠁾」と同義で、「卪」と対になる「割符の片方」の意か?
漢字林(非部首部別)
𠂒丿1+3=総画数4 U+20092 [/]
◆漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
𠂖丿1+3=総画数4 U+20096 [テイ、ダイ/]
◆弟(おとうと)、同じ親を持つ自分よりも後から生まれた男子、同「弟」
𡈼土部
𧘇丿1+3=総画数4 U+27607 [/]
◆「衣」などの漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
丿1+4=総画数5 U+4E4D [サ、ジャ/なが・ら] 𠆦
◆急に、突然に
◆「乍~乍~」、~するかと思えば急に~する、~であるかと思えば急に~である
◆[日]なが・ら、~ではあるが、~しつつ、幾つかの動作を同時に行うことを指す
漢字林(非部首部別)
丿1+4=総画数5 U+4E4E [コ、ゴ/か、や] 𠂞
◆~か、文末に付いて疑問(~か?)・反問(~であるか?、~ではないだろうか)・推測(~であろうか)などの意を表す語、同「虖」
◆~や、強調(~である)などの意を表す語、同「虖」、「断乎(ダンコ、断固、断じて~である)」「確乎(カッコ、确乎、確固、確かに~である)
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「於」「𥾪」「𤚶」、「烏乎、烏呼(アア)」
◆~で、~に、場所や状態を指す語、同「於」
漢字林(非部首部別)
丿1+4=総画数5 U+4E50 [ラク、ガク/たの・しい、たの・しむ] 楽樂𣠋
◆音を奏(かな)でる、「音楽(オンガク)」
◆調和が取れて心地よい、心や体を煩(わずら)わせるものが何もなく安らかで快い、悦(よろこ)ばしい
漢字林(非部首部別)
𠂔丿1+4=総画数5 U+20094 [シ/] 𪩲
◆止める、盛んに上に伸びようとする草木に「ノ」を加えて「伸びを止める」の意を表す、同「𠥽」
漢字林(非部首部別)
𠂕丿1+4=総画数5 U+20095 [シ/や]
◆弓を使って離れている獲物を仕留めるための棒状の武器、竹製の矢は特に「箭(セン)」という {弓箭}
◆まっすぐなさま、まっすぐに進むさま
◆きっぱりと(ずばりと)言う、誓(ちか)う[†「どこまでもまっすぐ」の意]
◆まっすぐに並ぶさま
◆糞(くそ)、大便、「馬矢(バシ)」「遺矢(イシ)」、同「屎」
漢字林(非部首部別)
𠂗丿1+4=総画数5 U+20097 [シュウ、ス/す] 州𠄓𠃕𠛏𠚴𣧓
◆川の中にできた陸地、同「洲」
◆大きな陸地、大陸
◆行政区画の単位、「州(領土、支配地)」の外を「殥」、その外を「紘」、更にその外を「垓」という
注解:【異體字字典(中華民國教育部)】に依って「州」の異体字とした
𠂘丿1+4=総画数5 U+20098 [アク、ヤク/] 𠂬𢀴𠨗𠨳
◆木の節(ふし)、同「厄」「枙」
𠂜丿1+4=総画数5 U+2009C [ホウ、ボウ/とぼ・しい] 乏𠓟𣥄
◆貯(たくわ)えが底を突く、金や物や力が尽きる、同「匱」
◆空(あ)く、空(から)になる
◆矢を遮(さえぎ)る盾(たて)、また衝立(ついたて)
注解:「正」を左右に反転させた字で「本来の或いは普段・普通の状態や様子でない」の意
𠂝丿1+4=総画数5 U+2009D [未詳/]
◆未詳
𠂞丿1+4=総画数5 U+2009E [コ、ゴ/か、や]
◆~か、文末に付いて疑問(~か?)・反問(~であるか?、~ではないだろうか)・推測(~であろうか)などの意を表す語、同「虖」
◆~や、強調(~である)などの意を表す語、同「虖」、「断乎(ダンコ、断固、断じて~である)」「確乎(カッコ、确乎、確固、確かに~である)
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「於」「𥾪」「𤚶」、「烏乎、烏呼(アア)」
◆~で、~に、場所や状態を指す語、同「於」
漢字林(非部首部別)
𠂟丿1+4=総画数5 U+2009F [キン、コン/]
◆未詳、「【字彙補:子集:丿部:𠂟】古欽切音今出海篇」
𠂠丿1+4=総画数5 U+200A0 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:丿部:𠂠】同"釆"」
𠂡丿1+4=総画数5 U+200A1 [ホウ、フウ、フ/かぜ、かざ] 風风凮凬𠙊凨𠙈𠙗飌
◆大気の流れや揺らぎ {風}
◆(風に乗って)どこからともなく届いて来る話や様子
◆(風のように自然に広まる)一般的な習慣や傾向
◆譬える、似たもの
◆かぜ、部首名
漢字林(非部首部別)
丿1+5=総画数6 U+3406 [イン/] 𠂣
◆身を反(かえ)す、体をくるりと逆に向ける、帰る
◆帰依(キエ)する、「【說文解字:㐆部:㐆】歸也…(徐鍇曰古人所谓反身修道故曰㱕也)」
注解:「身」を左右反転させた字形で「体を逆に向ける、帰る」の意を持つ
漢字林(非部首部別)
丿1+5=総画数6 U+4E51 [シュウ、シュ、ギン、ゴン/]
◆大勢の人、多くの人、同「𧰨」「㐺(衆)」
注解:「衆」の脚(あし、漢字の下部)などを構成する
漢字林(非部首部別)
丿1+5=総画数6 U+4E52 [ピン/]
◆「ピン」という弾けるような音を表す語
◆「乒乓球」、ピンポン、卓球
丿1+5=総画数6 U+4E53 [パン/]
◆「ポン」「バン」という破裂する音を表す語
◆「乒乓球」、ピンポン、卓球
丿1+5=総画数6 U+4E54 [キョウ、ギョウ/] 喬𠳮
◆(木などが)高い、高い木の枝の先が小さくびっしりと枝分かれして広がるさま
◆驕(おご)る、高慢なさま
漢字林(非部首部別)
𠂢丿1+5=総画数6 U+200A2 [ハイ、ヘ/]
◆本流から枝分かれした流れ、同「派」
漢字林(非部首部別)
𠂣丿1+5=総画数6 U+200A3 [イン/]
◆身を反(かえ)す、体をくるりと逆に向ける、帰る
◆帰依(キエ)する、「【說文解字:㐆部:㐆】歸也…(徐鍇曰古人所谓反身修道故曰㱕也)」
注解:「身」を左右反転させた字形で「体を逆に向ける、帰る」の意を持つ
𠂤丿1+5=総画数6 U+200A4 [タイ、テ/]
◆土が高く盛り上がった丘(おか)、小さな阜(おか)、同「阜」
漢字林(非部首部別)
𠂥丿1+5=総画数6 U+200A5 [未詳/]
◆未詳、「【五音集韻:卷一:冬第二:𠂥】從也」
注解:別「𠂨」
𠂦丿1+5=総画数6 U+200A6 [ヨウ、ユウ/もち・いる] 用𤰃𤰆𠂵
◆人や物、或いはその特性や能力を使う、また使ってあることを行う、また役立たせる
◆働かせる、発揮させる、またそのために必要な特性・能力・金銭など
◆以(もっ)て
𠂨舟部
𠂩丿1+5=総画数6 U+200A9 [シ、ジ/]
◆氏(シ、うじ)、同「氏」参照、「【康熙字典:辰集下:氏部:氏】…《古今印史》𠂩承旨切族下所分也古者姓統族族統𠂩適出繼位之餘凡側出者皆曰𠂩…」
𠂭丿1+5=総画数6 U+200AD [/]
◆「鹵」などの漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
𤰃用部
丿1+6=総画数7 U+4E55 [コ、ク/]
◆人名用字、同「虎」「𢁺」、「【金石文字辨異:卷七:虎:乕】漠衡方碑將繼南仲邵乕之軌」
漢字林(非部首部別)
𠂯丿1+6=総画数7 U+200AF [カイ、ケ/そむ・く] 乖𠁰𦮃𦭅𠁬
◆反対方向に離れて行く、「背骨のように中央を境にしてそれぞれ反対方向に向かう、離れて行く」の意
◆背を向ける、背(そむ)く
◆あるべき姿や道から外れる、また反している
◆[俗](特に子供に対して)お利口な、賢(かしこ)い
丿1+7=総画数8 U+4E56 [カイ、ケ/そむ・く] 𠂯𠁰𦮃𦭅𠁬
◆反対方向に離れて行く、「背骨のように中央を境にしてそれぞれ反対方向に向かう、離れて行く」の意
◆背を向ける、背(そむ)く
◆あるべき姿や道から外れる、また反している
◆[俗](特に子供に対して)お利口な、賢(かしこ)い
漢字林(非部首部別)
土部
𠂲丿1+7=総画数8 U+200B2 [ソウ/なつめ] 棗枣𡗭栆𠐇𢄀𣕿
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木、またナツメ属の木の総称、またその実 {ナツメ}
◆「酸𠂲(サンソウ)」、サネブトナツメ(核太棗、酸棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木 {サネブトナツメ}
◆[日]なつめ、抹茶を入れる容器、容器の形がナツメ(棗)の実に似ていることから
𠂳丿1+7=総画数8 U+200B3 [ソウ、ス/ふさ、す・べる、すべ・て] 總緫𦀙縂总𥾜
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「総」「揔」「惣」
◆すべ・て、全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「総」「揔」「惣」
◆ふさ、長い糸や紐の一方を束ね、もう片方を垂らしたもの、束ねていない方を「房」、同「総」
◆「𠂳角(ソウカク、あげまき)」、髪を束ねて紐で結(ゆ)わえ角(つの)のように突き立てる(結わえた先が垂れない)結い方、多く男児の髪の結い方、同「総角」、同「𩮀」「𩭤」
漢字林(非部首部別)
𠂵用部
𠂶丿1+7=総画数8 U+200B6 [オ、ウ/からす] 烏乌
◆カラス(烏、鴉)、カラス科カラス属の鳥、また同属の鳥の称、同「烏鴉(オア、オウ)」「孝鳥(コウチョウ)」
◆(カラスが黒いことから)黒い、また黒色
◆いずく・んぞ、どうして~、どうして~か、疑問や反問の語
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「於」「𥾪」「𤚶」、同「烏乎、烏呼(アア)」
𦙍月(肉)部
丿1+8=総画数9 U+4E57 [ショウ、ジョウ/の・る、の・せる] 乘椉𠅞𠓲𣔕
◆高台(たかだい、周りからは一段と高く人や物が乗ることができるようなところ)に登(のぼ)る、馬や車・舟などの台(ダイ)に上(あ)がる
◆(人が乗るための)馬や車・舟など(乗り物)
◆よい機会を捕(と)らえ(上に乗って)これを利用する
◆掛け算をする、掛け算
◆車一台を馬四頭で引く馬車・兵車(ヘイシャ)、また広く乗り物を指す、同「𨍱」「𨌤」
◆四つで一組になるもの、「【管子:卷一:乘馬】…一乘者四馬也…」
◆史書、歴史書
◆仏教の教えの一つ、「大乗」「小乗」
漢字林(非部首部別)
目部
月(肉)部
𠂷丿1+8=総画数9 U+200B7 [コウ、ギョウ/さいわ・い、しあわ・せ、さち] 幸𡴘
◆凶事を免れて運が良いさま、同「倖」
◆(思い掛けない)喜ばしいことや良いこと、またそれが起きること、またその状態
◆願う、希望する
◆天子の寵愛を受ける、「寵愛を受けられるのは幸い」の意
◆天子が他の地を訪れること、「天子にのお出ましいただくのは幸い」の意
漢字林(非部首部別)
𣶒丿1+8=総画数9 U+23D92 [エン/ふち] 淵渊渕㴊𣷬渁𣾜渆𣷨𣴺𣴸㶜𣾬𤀵𠝃囦𡇋𠀯𡆼
◆深く水を湛(たた)えているところ、水底が凹状に落ち窪んで深くなっているところ、深み
◆(学問や思慮などが)深いさま、奥深いさま
◆ものが多く集まる、「窪んでいるところに水が集まってくる」の意
漢字林(非部首部別)
丿1+9=総画数10 U+4E58 [ショウ、ジョウ/の・る、の・せる] 乗椉𠅞𠓲𣔕
◆高台(たかだい、周りからは一段と高く人や物が乗ることができるようなところ)に登(のぼ)る、馬や車・舟などの台(ダイ)に上(あ)がる
◆(人が乗るための)馬や車・舟など(乗り物)
◆よい機会を捕(と)らえ(上に乗って)これを利用する
◆掛け算をする、掛け算
◆車一台を馬四頭で引く馬車・兵車(ヘイシャ)、また広く乗り物を指す、同「𨍱」「𨌤」
◆四つで一組になるもの、「【管子:卷一:乘馬】…一乘者四馬也…」
◆史書、歴史書
◆仏教の教えの一つ、「大乘」「小乘」
漢字林(非部首部別)
𠂹丿1+9=総画数10 U+200B9 [スイ、ズイ/] 𠃀𠣔
◆(草木の葉が)垂れる、ぶら下がる、「【廣韻:上平聲:支第五:𡍮:𠃀】草木葉縣」
漢字林(非部首部別)
𠂺丿1+9=総画数10 U+200BA [未詳/] 𠃼
◆未詳、「【集韻:卷一:平聲:之第七:思恖𠂺𠃼】新茲切說文容也一曰念也一曰于思多鬚貌」
𠂻丿1+9=総画数10 U+200BB [未詳/]
◆未詳、「【(漢石經殘字攷)干禄字書:平聲】𠂻衷…(上俗下正)」
𠂼丿1+9=総画数10 U+200BC [テン、デン/]
◆閂(かんぬき)
𠂽丿1+9=総画数10 U+200BD [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 畏𤱖𤰲𤰰𤰣
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
𠂾丿1+9=総画数10 U+200BE [ヒ、ビ/]
◆一段と盛り上げた土盛り、また小さな丘、同「坏」「坯」
𠂿丿1+10=総画数11 U+200BF [シュウ、シュ、ス/て、た] 手𡴤
◆体や物体の一部で、胴から分かれ出て伸び、持つ・握る・叩く・ものを作る・操作するなどの機能を持つ部分、掌(たなごころ)と指を合わせた全体、腕の先の部分 {人体(上肢)}
◆自(みずか)ら、「自分の手で」「手ずから」の意
◆(手を使って)ものを作る、またその使い方、またその腕前、「手芸(シュゲイ)」「手法(シュホウ)」「上手(ジョウシュ、ジョウズ、うわて)」
𠃀丿1+10=総画数11 U+200C0 [スイ、ズイ/] 𠂹𠣔
◆(草木の葉が)垂れる、ぶら下がる、「【廣韻:上平聲:支第五:𡍮:𠃀】草木葉縣」
𠃁丿1+10=総画数11 U+200C1 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𠃂丿1+10=総画数11 U+200C2 [ヒ、ビ/] 岯𨸹𨸿𡶌
◆山が更に一段と盛り上がっているさま
𠃄丿1+11=総画数12 U+200C4 [ユ/] 愈𢠚𠏚𡩗
◆増々(ますます)、いよいよ
◆勝(まさ)る
◆病気が癒える
𠃈丿1+22=総画数23 U+200C8 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:丿部:𠃈】【中華字海:丿部:𠃈】同"陸"」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 丿部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です