総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「虍部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 虍部」 [部首索引


虍6+0=総画数6 U+864D [コ、ク/]
◆とら、とらがしら、とらかんむり、部首名
漢字林(非部首部別)
虍6+2=総画数8 U+4588 [ギャク/しいた・げる] 虐𧆧𧆩䖋𧆱𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
虍6+2=総画数8 U+864E [コ、ク/とら] 𧆞虝𧇂
◆トラ(虎)、ネコ科ヒョウ属の動物の総称、同「俿」「乕」
◆勇猛(ユウモウ)なさま、猛猛(たけだけ)しいさま
◆凶暴なさま
漢字林(非部首部別)
虍6+2=総画数8 U+864F [ロ、ル、リョ/とりこ] 虜虜
◆生きたまま捕(つかま)える、また捕まえて縄(なわ)を掛ける、生け捕り(いけどり)にする、殺して捕まえるのは「獲」、「【康熙字典:申集中:虍部:虜】…《漢書·晉灼註》生得曰虜斬首曰獲…」
◆奴隷(ドレイ)、使用人
◆敵の蔑称(ベッショウ)、「【荀子:卷第十九:大略篇】…氐羌之虜也…[†「氐(テイ)」「羌(キョウ)」はいずれも古代中国西方の少数民族]」 {三国時代}
漢字林(非部首部別)
𧆛虍6+2=総画数8 U+2719B [ケン、ゲン/]
◆未詳、「【崇文總目:卷二:春秋纂要十卷(闕)】僞唐人姜𧆛嗣撰以春秋左氏公糓三家之傳學者抄集之文」「【隸釋:卷十:外黃令髙彪碑】…外黄令聖朝宗𧆛特加禮饋(闕)以(闕)刀祖錢三萬(闕七字)」「【中華字海:虍部:𧆛】同"虔"」
虍6+3=総画数9 U+4589 [ク/] 𧆜
◆トラ(虎)が吼(ほ)える、同「虖」
漢字林(非部首部別)
虍6+3=総画数9 U+8650 [ギャク/しいた・げる] 䖈𧆧𧆩䖋𧆱𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
漢字林(非部首部別)
𧆜虍6+3=総画数9 U+2719C [ク/]
◆トラ(虎)が吼(ほ)える、同「虖」
𧆝虍6+3=総画数9 U+2719D [未詳/]
◆未詳、【字彙補:申集:虍部:𧆝】卽虐字漢魯君碑外撮强𧆝又漢陳球碑作■」
𧆞虍6+3=総画数9 U+2719E [コ、ク/とら] 虎虝𧇂
◆トラ(虎)、ネコ科ヒョウ属の動物の総称、同「俿」「乕」
◆勇猛(ユウモウ)なさま、猛猛(たけだけ)しいさま
◆凶暴なさま
漢字林(非部首部別)
虍6+4=総画数10 U+458B [ギャク/しいた・げる] 虐䖈𧆧𧆩𧆱𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
虍6+4=総画数10 U+458D [ケン、ゲン/] 虔𠧘
◆がっしりとしている、しっかりしている、固く揺るがない
◆相手を尊(とうと)び隅々まで心を配る、またそのように振る舞う、「敬虔(ケイケン)」、同「𡨊」
◆むりやり奪い取る
漢字林(非部首部別)
虍6+4=総画数10 U+8651 [リョ、ロ/おもんぱか・る]
◆(あることについて)あれこれと思いや考えを巡(めぐ)らす
◆推(お)し量(はか)る、推測する、「慮外(リョガイ、思っていたこととは違うこと、思い掛けないこと)」
漢字林(非部首部別)
虍6+4=総画数10 U+8652 [シ/]
◆「委虒(イシ)」、トラ(虎)に似て角があるという伝説上の動物
漢字林(非部首部別)
虍6+4=総画数10 U+8653 [コウ、キョウ/] 𧆬𧆟
◆虎が吼(ほ)える、またその声
◆勇ましく猛々(たけだけ)しいさま
虍6+4=総画数10 U+8654 [ケン、ゲン/] 䖍𠧘
◆がっしりとしている、しっかりしている、固く揺るがない
◆相手を尊(とうと)び隅々まで心を配る、またそのように振る舞う、「敬虔(ケイケン)」、同「𡨊」
◆むりやり奪い取る
漢字林(非部首部別)
𧆟虍6+4=総画数10 U+2719F [コウ、キョウ/] 虓𧆬
◆虎が吼(ほ)える、またその声
◆勇ましく猛々(たけだけ)しいさま
𧆠虍6+4=総画数10 U+271A0 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𧆬虍6+4=総画数10 U+271AC [コウ、キョウ/] 虓𧆟
◆虎が吼(ほ)える、またその声
◆勇ましく猛々(たけだけ)しいさま
虍6+5=総画数11 U+458F [ショ/ところ、お・る、お・く、こ] 處𧇤𠙚𠁅処处
◆腰を落ち着ける、居(い)る、止(とど)まる、またその場所
◆腰を落ち着けて留(とど)まっているさま、「処士(ショシ、能力がありながら出仕しない人))」「処女(ショジョ、嫁がずに家にいる女性)」
◆あるべきところに置く、しかるべきところに落ち着ける、「処分(ショブン」
◆(場所・時・物事・状態などの)ところ
漢字林(非部首部別)
虍6+5=総画数11 U+8655 [ショ/ところ、お・る、お・く、こ] 䖏𧇤𠙚𠁅処处
◆腰を落ち着ける、居(い)る、止(とど)まる、またその場所
◆腰を落ち着けて留(とど)まっているさま、「処士(ショシ、能力がありながら出仕しない人))」「処女(ショジョ、嫁がずに家にいる女性)」
◆あるべきところに置く、しかるべきところに落ち着ける、「処分(ショブン」
◆(場所・時・物事・状態などの)ところ
漢字林(非部首部別)
虍6+5=総画数11 U+8656 [コ、ク/] 𧆪
◆トラ(虎)が吼(ほ)える、同「𧆜」
◆大声を張り上げる、大声で呼ぶ、大声で叫ぶ、同「嘑」
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「乎」、「嗚虖、烏乎、烏呼(アア)」
◆~か、文末に付いて疑問(~か?)・反問(~であるか?、~ではないだろうか)・推測(~であろうか)などの意を表す語、同「乎」
◆~や、強調(~である)などの意を表す語、同「乎」
漢字林(非部首部別)
虍6+5=総画数11 U+8657 [キョ、コ/うつ・ろ、むな・しい、そら] 虚虛𧆳𣦄𠧝
◆外から見える部分はそれらしく見えるが中には何もないさま、中身が空っぽなさま
◆外からは見えないが内部は細り衰えているさま
◆外見は立派だが中身がそれに伴わないさま
◆あるべきものがなく空っぽなさま
◆二十八宿北方玄武の第四宿 {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
虍6+5=総画数11 U+8658 [サ、ザ/]
◆(弱々しくなく信じられない)荒々しく油断できない、「【說文解字:虍部:虘】虎不柔不信也…」
漢字林(非部首部別)
虍6+5=総画数11 U+8659 [フク、ブク/]
◆(虎が)伏せる
虍6+5=総画数11 U+865A [キョ、コ/うつ・ろ、むな・しい、そら] 虛𧆳虗𣦄𠧝
◆外から見える部分はそれらしく見えるが中には何もないさま、中身が空っぽなさま
◆外からは見えないが内部は細り衰えているさま
◆外見は立派だが中身がそれに伴わないさま
◆あるべきものがなく空っぽなさま
◆二十八宿北方玄武の第四宿 {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
𧆣虍6+5=総画数11 U+271A3 [ロ/] 𧆨𧆭𧇄𧇏𧇕
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
𧆥虍6+5=総画数11 U+271A5 [コウ、ギョウ/]
◆トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の動物)を飼(か)い馴(な)らす、「【玉篇:卷二十三:虍部第三百八十二:𧆥】胡甲切今作狎」「【龍龕手鑑:卷一:虍部第八十三:𧆥】音匣虎習貌也」
漢字林(非部首部別)
𧆧虍6+5=総画数11 U+271A7 [ギャク/しいた・げる] 虐䖈𧆩䖋𧆱𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
𧆨虍6+5=総画数11 U+271A8 [ロ/] 𧆣𧆭𧇄𧇏𧇕
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
漢字林(非部首部別)
𧆩虍6+5=総画数11 U+271A9 [ギャク/しいた・げる] 虐䖈𧆧䖋𧆱𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
漢字林(非部首部別)
𧆪虍6+5=総画数11 U+271AA [コ、ク/]
◆トラ(虎)が吼(ほ)える、同「𧆜」
◆大声を張り上げる、大声で呼ぶ、大声で叫ぶ、同「嘑」
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「乎」、「嗚虖、烏乎、烏呼(アア)」
◆~か、文末に付いて疑問(~か?)・反問(~であるか?、~ではないだろうか)・推測(~であろうか)などの意を表す語、同「乎」
◆~や、強調(~である)などの意を表す語、同「乎」
𧆭虍6+5=総画数11 U+271AD [ロ/] 𧆣𧆨𧇄𧇏𧇕
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
𧆰虍6+5=総画数11 U+271B0 [シ/]
◆同「子」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字、爵位「公・侯・伯・子・男」を「𧆷・𧇹・𧇚・𧆰・𧇙」に作ったもの、但し確認できなかった
虍6+6=総画数12 U+4590 [キン、ギン/]
◆虎の吠える声
虍6+6=総画数12 U+4591 [ベキ、ミャク/] 𧆽𧇅𧇻
◆白い虎
虍6+6=総画数12 U+865B [キョ、コ/うつ・ろ、むな・しい、そら] 虚𧆳虗𣦄𠧝
◆外から見える部分はそれらしく見えるが中には何もないさま、中身が空っぽなさま
◆外からは見えないが内部は細り衰えているさま
◆外見は立派だが中身がそれに伴わないさま
◆あるべきものがなく空っぽなさま
◆二十八宿北方玄武の第四宿 {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
虍6+6=総画数12 U+865D [コ、ク/とら] 虎𧆞𧇂
◆トラ(虎)、ネコ科ヒョウ属の動物の総称、同「俿」「乕」
◆勇猛(ユウモウ)なさま、猛猛(たけだけ)しいさま
◆凶暴なさま
𣣍欠部
𣣕欠部
𧆱虍6+6=総画数12 U+271B1 [ギャク/しいた・げる] 虐䖈𧆧𧆩䖋𣑅𣑾
◆酷(むご)い仕打ちをする、苛(いじめ)め苦しめる
𧆳虍6+6=総画数12 U+271B3 [キョ、コ/うつ・ろ、むな・しい、そら] 虚虛虗𣦄𠧝
◆外から見える部分はそれらしく見えるが中には何もないさま、中身が空っぽなさま
◆外からは見えないが内部は細り衰えているさま
◆外見は立派だが中身がそれに伴わないさま
◆あるべきものがなく空っぽなさま
◆二十八宿北方玄武の第四宿 {二十八宿}
𧆷虍6+6=総画数12 U+271B7 [コウ、ク/]
◆同「公」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字、爵位「公・侯・伯・子・男」を「𧆷・𧇹・𧇚・𧆰・𧇙」に作ったもの、但し確認できなかった
虍6+7=総画数13 U+4592 [キ/]
◆陶製の器
漢字林(非部首部別)
虍6+7=総画数13 U+4594 [カン、ゴン/]
◆虎の吠える声
◆白虎
虍6+7=総画数13 U+4595 [未詳/]
◆未詳、「【玉篇:卷二十三:虎部第三百八十三:䖕】昨古切生虎也」「【康熙字典:申集中:虍部:䖕】《唐韻》昨何切音嵯《說文》虎不柔不信也…《集韻》作虘」「【正字通:申集中:虍部:䖕】俗虘字說文虍部有虘虎部無䖕舊本誤分為二玉篇李如眞之說皆可刪」
虍6+7=総画数13 U+865C [ロ、ル、リョ/とりこ] 虜虏
◆生きたまま捕(つかま)える、また捕まえて縄(なわ)を掛ける、生け捕り(いけどり)にする、殺して捕まえるのは「獲」、「【康熙字典:申集中:虍部:虜】…《漢書·晉灼註》生得曰虜斬首曰獲…」
◆奴隷(ドレイ)、使用人
◆敵の蔑称(ベッショウ)、「【荀子:卷第十九:大略篇】…氐羌之虜也…[†「氐(テイ)」「羌(キョウ)」はいずれも古代中国西方の少数民族]」 {三国時代}
漢字林(非部首部別)
虍6+7=総画数13 U+865E [グ/おそれ]
◆先のことをあれこれと考える
◆先のことに気をめぐらして心配する
◆周代(前11世紀~前256年)の始めに設けられた山や沢(さわ)の草木・鳥獣を管理する官職名、「【前漢書:卷十九上:百官公卿表上】𠍳作朕虞育草木鳥獸(應劭曰𠍳伯益也虞掌山澤禽獸官名也師古曰𠍳古益字也虞度也主商度山川之事)」
◆古朝名、舜(シュン、五帝の一人)の代にあったとされる、現山西省運城(ウンジョウ)市平陸県付近 {山西省}
◆「騶虞(スウグ)」、獣名、姿は虎に似て体は白く黒い紋があり尾が長いという、「騶」参照
漢字林(非部首部別)
虍6+7=総画数13 U+865F [コウ、ゴウ/] 号𠳯
◆大声を出す、大声で呼ぶ、「号令(ゴウレイ)」「怒号(ドゴウ)」
◆大きな声で泣く、また鳴く、また吼(ほ)える、「号泣(ゴウキュウ)」
◆名付ける、正式な名前、「称号(ショウゴウ)」
◆正式な名前以外の呼び名、名称、「記号(キゴウ)」「屋号(ヤゴウ)」
◆数字などの後ろに添えて順番・順位を表す語、「番号(バンゴウ)」「年号(ネンゴウ)」
漢字林(非部首部別)
豕部
虍6+7=総画数13 U+F936 [ロ、ル、リョ/とりこ] 虜虏
◆生きたまま捕(つかま)える、また捕まえて縄(なわ)を掛ける、生け捕り(いけどり)にする、殺して捕まえるのは「獲」、「【康熙字典:申集中:虍部:虜】…《漢書·晉灼註》生得曰虜斬首曰獲…」
◆奴隷(ドレイ)、使用人
◆敵の蔑称(ベッショウ)、「【荀子:卷第十九:大略篇】…氐羌之虜也…[†「氐(テイ)」「羌(キョウ)」はいずれも古代中国西方の少数民族]」 {三国時代}
𧆼虍6+7=総画数13 U+271BC [シュウ、シュ/] 𧈆
◆トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の動物)の体表の赤黒の紋様(もんよう)
𧆽虍6+7=総画数13 U+271BD [ベキ、ミャク/] 䖑𧇅𧇻
◆白い虎
𧆾虍6+7=総画数13 U+271BE [キョ、ゴ/] 虡𧇽𧇆
◆神獣の名、頭は鹿に体は龍に似るという、「【後漢書:卷一下:光武帝記】…壞五銖錢更鑄小錢悉取洛陽及長安銅人鍾虡飛廉銅馬之屬以充鑄焉(…鍾虡前書音義日虡鹿頭龍身神獸也說文鐘鼓之跗以猛獸馬飾也…音義云飛廉神禽身似鹿頭如爵有角蛇尾文如豹文…)」
◆鐘(ショウ、かね)や磬(ケイ)などの楽器を吊り下げる横木(「簨、𥯗、筍シュン」という)を支える縦木(支柱)、支柱や台(足)の部分には人や獣などが彫り込まれた、同「簴」「鐻」、「簨簴、簨虡、𥯗虡、筍簴、栒虡(シュンキョ、鐘・磬・鼔などを掛ける架台)」、「【說文解字注:虍部:𧇽】鐘𡔷之柎也(木部曰柎咢足也靈臺有瞽{⿱𡔷目}傳皆曰植者曰虡橫者曰栒考工記曰梓人爲𥯗虡)飾爲猛獸」 {楽器(打楽器)}
𧆿虍6+7=総画数13 U+271BF [未詳/]
◆未詳、「【廣雅:卷三:釋詁】𧆿和也」「【漢語大字典:虍部:𧆿】【中華字海:虍部:𧆿】"庸"的讹字。」
𧇀虍6+7=総画数13 U+271C0 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:申集上:艸部:藣】…又彼義切音賁筍𧇀飾…」「【中華字海:虍部:𧇀】同"虡"」[†【中華字海】は【康熙字典】の「筍𧇀」を「筍簴シュンキョ」と同義とする]
虍6+8=総画数14 U+8660 [コウ、キョウ/]
◆虎の吼(ほ)える声
虍6+8=総画数14 U+8661 [キョ、ゴ/] 𧇽𧆾𧇆
◆神獣の名、頭は鹿に体は龍に似るという、「【後漢書:卷一下:光武帝記】…壞五銖錢更鑄小錢悉取洛陽及長安銅人鍾虡飛廉銅馬之屬以充鑄焉(…鍾虡前書音義日虡鹿頭龍身神獸也說文鐘鼓之跗以猛獸馬飾也…音義云飛廉神禽身似鹿頭如爵有角蛇尾文如豹文…)」
◆鐘(ショウ、かね)や磬(ケイ)などの楽器を吊り下げる横木(「簨、𥯗、筍シュン」という)を支える縦木(支柱)、支柱や台(足)の部分には人や獣などが彫り込まれた、同「簴」「鐻」、「簨簴、簨虡、𥯗虡、筍簴、栒虡(シュンキョ、鐘・磬・鼔などを掛ける架台)」、「【說文解字注:虍部:𧇽】鐘𡔷之柎也(木部曰柎咢足也靈臺有瞽{⿱𡔷目}傳皆曰植者曰虡橫者曰栒考工記曰梓人爲𥯗虡)飾爲猛獸」 {楽器(打楽器)}
漢字林(非部首部別)
隹部
𧇁虍6+8=総画数14 U+271C1 [コ、ク/]
◆未詳、「【五音集韻:卷二:模第九:𧇁】未見貌」
𧇂虍6+8=総画数14 U+271C2 [コ、ク/とら] 虎𧆞虝
◆トラ(虎)、ネコ科ヒョウ属の動物の総称、同「俿」「乕」
◆勇猛(ユウモウ)なさま、猛猛(たけだけ)しいさま
◆凶暴なさま
𧇄虍6+8=総画数14 U+271C4 [ロ/] 𧆣𧆨𧆭𧇏𧇕
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
𧇅虍6+8=総画数14 U+271C5 [ベキ、ミャク/] 䖑𧆽𧇻
◆白い虎
𧇆虍6+8=総画数14 U+271C6 [キョ、ゴ/] 虡𧇽𧆾
◆神獣の名、頭は鹿に体は龍に似るという、「【後漢書:卷一下:光武帝記】…壞五銖錢更鑄小錢悉取洛陽及長安銅人鍾虡飛廉銅馬之屬以充鑄焉(…鍾虡前書音義日虡鹿頭龍身神獸也說文鐘鼓之跗以猛獸馬飾也…音義云飛廉神禽身似鹿頭如爵有角蛇尾文如豹文…)」
◆鐘(ショウ、かね)や磬(ケイ)などの楽器を吊り下げる横木(「簨、𥯗、筍シュン」という)を支える縦木(支柱)、支柱や台(足)の部分には人や獣などが彫り込まれた、同「簴」「鐻」、「簨簴、簨虡、𥯗虡、筍簴、栒虡(シュンキョ、鐘・磬・鼔などを掛ける架台)」、「【說文解字注:虍部:𧇽】鐘𡔷之柎也(木部曰柎咢足也靈臺有瞽{⿱𡔷目}傳皆曰植者曰虡橫者曰栒考工記曰梓人爲𥯗虡)飾爲猛獸」 {楽器(打楽器)}
𧇇虍6+8=総画数14 U+271C7 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:申集中:虍部:𧇇】《》直音》同𨛸」「【中華字海:虍部:𧇇】同"䖕"」
𧇈虍6+8=総画数14 U+271C8 [ソ、ゾ/] 𧇿𧇣
◆粗(あら)いさま、大雑把(おおざっぱ)なさま、同「粗」
◆未詳、「【說文解字注:且部:𧇿】且往也(且往言姑且往也匆遽之意)…[†「姑且」は「ひとまず、取り敢えず」の意]」
𧇊虍6+8=総画数14 U+271CA [キ/] 虧𧇾𧟯
◆欠(か)ける、損(そこ)なう、細る、小さくなる、「本来の形や状態から一部が欠け落ちる、減ったり窪んだり穴が開いたりする」の意、同「亏」
𧇌虍6+8=総画数14 U+271CC [トウ、ズウ/]
◆同「同」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、但し確認できなかった
𧇎虍6+8=総画数14 U+271CE [コウ、ゴウ/]
◆同「合」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、但し確認できなかった
𧇥虍6+8=総画数14 U+271E5 [ハン/] 𧇨
◆トラ(虎)の体の縞(しま)模様、またそのような模様
心部
欠部
月(肉)部
虍6+9=総画数15 U+8662 [カク、キャク/] 𧇧𣂭
◆虎の五本の爪(「寽」)の痕
◆周代(前11世紀~前256年)の国名、「東虢」は現河南省鄭州(テイシュウ)市滎陽(ケイヨウ)市、「西虢」は現陝西省宝鶏(ホウケイ)市、「南虢」は現河南省三門峡(サンモンキョウ)市陝州(センシュウ)区、「北虢」は現山西省運城(ウンジョウ)市平陸(ヘイリク)県にあった {河南省} {陝西省} {山西省}
漢字林(非部首部別)
見部
𧇏虍6+9=総画数15 U+271CF [ロ/] 𧆣𧆨𧆭𧇄𧇕
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
𧇐虍6+9=総画数15 U+271D0 [シュク/]
◆黒い虎
𧇑虍6+9=総画数15 U+271D1 [ホウ、ボウ/] 虣𧇭𧇒
◆粗野な、粗野で荒々しい、凶暴な、同「暴」
◆虐(しいた)げる、力ずくで人を苦しめる
𧇒虍6+9=総画数15 U+271D2 [ホウ、ボウ/] 虣𧇭𧇑
◆粗野な、粗野で荒々しい、凶暴な、同「暴」
◆虐(しいた)げる、力ずくで人を苦しめる
𧇔虍6+9=総画数15 U+271D4 [カイ/]
◆喜ぶさま、楽しむさま、和(なご)やかで心地良いさま、同「愷」、「【龍龕手鑑:卷二:几部第三十五:𧇔】或作{⿰⿱止豆几}正苦海反同愷樂也大也康也和也」
𧇕虍6+9=総画数15 U+271D5 [ロ/] 𧆣𧆨𧆭𧇄𧇏
◆胴が膨らみ口が窄まった首が細長い瓶(かめ)、同「𦉈」
◆虎の紋様が彫り込まれた器
◆飯を盛る器
𧇖虍6+9=総画数15 U+271D6 [エイ/] 叡壡𡓝睿𥈠
◆ものの奥深くまで見通すことができるさま、ものの本質を見極めることができるさま
◆聡明なさま
◆天子を敬(うやま)って用いる語
漢字林(非部首部別)
𧇘虍6+9=総画数15 U+271D8 [ソ、ショ/] 𥛜
◆人に災いが降りかかるようにと(神に)唱え祈る、呪(のろ)う、同「謯」「詛」
𧇙虍6+9=総画数15 U+271D9 [ダン、ナン/]
◆同「男」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字、爵位「公・侯・伯・子・男」を「𧆷・𧇹・𧇚・𧆰・𧇙」に作ったもの、但し確認できなかった
𧇚虍6+9=総画数15 U+271DA [ハク、ヒャク/]
◆同「伯」、洪門(こうもん、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字、爵位「公・侯・伯・子・男」を「𧆷・𧇹・𧇚・𧆰・𧇙」に作ったもの、但し確認できなかった
皿部
虍6+10=総画数16 U+8663 [ホウ、ボウ/] 𧇭𧇒𧇑
◆粗野な、粗野で荒々しい、凶暴な、同「暴」
◆虐(しいた)げる、力ずくで人を苦しめる
漢字林(非部首部別)
虍6+10=総画数16 U+8664 [ガン、ゲン/]
◆トラ(虎)が怒る、またそのさま
漢字林(非部首部別)
虍6+10=総画数16 U+8665 [サン、セン、ゼン/]
◆ネコ(猫、ネコ科ネコ属の哺乳類)の類
◆「虥貓、虥猫(サンビョウ)」、毛色が浅い(薄い)トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類、或いはヒョウ(豹、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類
虍6+10=総画数16 U+8666 [サン、セン、ゼン/]
◆ネコ(猫、ネコ科ネコ属の哺乳類)の類
◆「虦貓、虦猫(サンビョウ)」、毛色が浅い(薄い)トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類、或いはヒョウ(豹、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類
鬲部
𧇠虍6+10=総画数16 U+271E0 [ギョウ/] 𥒳
◆「𠿕𧇠」、道が凸凹しているさま
𧇣虍6+10=総画数16 U+271E3 [ソ、ゾ/] 𧇿𧇈
◆粗(あら)いさま、大雑把(おおざっぱ)なさま、同「粗」
◆未詳、「【說文解字注:且部:𧇿】且往也(且往言姑且往也匆遽之意)…[†「姑且」は「ひとまず、取り敢えず」の意]」
𧇤虍6+10=総画数16 U+271E4 [ショ/ところ、お・る、お・く、こ] 處䖏𠙚𠁅処处
◆腰を落ち着ける、居(い)る、止(とど)まる、またその場所
◆腰を落ち着けて留(とど)まっているさま、「処士(ショシ、能力がありながら出仕しない人))」「処女(ショジョ、嫁がずに家にいる女性)」
◆あるべきところに置く、しかるべきところに落ち着ける、「処分(ショブン」
◆(場所・時・物事・状態などの)ところ
𧇧虍6+10=総画数16 U+271E7 [カク、キャク/] 虢𣂭
◆虎の五本の爪(「寽」)の痕
◆周代(前11世紀~前256年)の国名、「東虢」は現河南省鄭州(テイシュウ)市滎陽(ケイヨウ)市、「西虢」は現陝西省宝鶏(ホウケイ)市、「南虢」は現河南省三門峡(サンモンキョウ)市陝州(センシュウ)区、「北虢」は現山西省運城(ウンジョウ)市平陸(ヘイリク)県にあった {河南省} {陝西省} {山西省}
𧇨虍6+10=総画数16 U+271E8 [ハン/] 𧇥
◆トラ(虎)の体の縞(しま)模様、またそのような模様
𧇩虍6+10=総画数16 U+271E9 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𧇭虍6+10=総画数16 U+271ED [ホウ、ボウ/] 虣𧇒𧇑
◆粗野な、粗野で荒々しい、凶暴な、同「暴」
◆虐(しいた)げる、力ずくで人を苦しめる
漢字林(非部首部別)
𧇮虍6+10=総画数16 U+271EE [カ、ワ/]
◆同「和」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字、【维基百科 洪门】参照
𧇯虍6+10=総画数16 U+271EF [未詳/]
◆三合会(清代に結成された反清朝結社洪門の流れをくむ組織の一つという)で用いられた漢字というが未詳
𩲼鬼部
風部
虍6+11=総画数17 U+8667 [キ/] 𧇾𧇊𧟯
◆欠(か)ける、損(そこ)なう、細る、小さくなる、「本来の形や状態から一部が欠け落ちる、減ったり窪んだり穴が開いたりする」の意
◆簡「亏」
虍6+11=総画数17 U+8668 [ヒン、フン/] 𧈇
◆トラ(虎)の体の縞(しま)模様、またそのような模様
𧇲虍6+11=総画数17 U+271F2 [コウ、ク/] 𧇺
◆火が明るいさま、同「烘」、「【龍龕手鑑:卷一:光部第三十二:𧇺焢{⿱亠晃}】三俗火紅反正作烘火貌」「【字彙補:虍部:𧇺】火紅切與烘同火也○亦作{⿱亠晃}焢」
𧇶虍6+11=総画数17 U+271F6 [シュン/]
◆同「春」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、但し確認できなかった
𧇸虍6+11=総画数17 U+271F8 [シュウ、シュ/]
◆同「秋」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、但し確認できなかった
𧇹虍6+11=総画数17 U+271F9 [コウ、グ/]
◆同「侯」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字で、爵位「公・侯・伯・子・男」を「𧆷・𧇹・𧇚・𧆰・𧇙」に作ったものという、但し確認できなかった
𧇺虍6+11=総画数17 U+271FA [コウ、ク/] 𧇲
◆火が明るいさま、同「烘」、「【龍龕手鑑:卷一:光部第三十二:𧇺焢{⿱亠晃}】三俗火紅反正作烘火貌」「【字彙補:虍部:𧇺】火紅切與烘同火也○亦作{⿱亠晃}焢」
𧇽虍6+11=総画数17 U+271FD [キョ、ゴ/] 虡𧆾𧇆
◆神獣の名、頭は鹿に体は龍に似るという、「【後漢書:卷一下:光武帝記】…壞五銖錢更鑄小錢悉取洛陽及長安銅人鍾虡飛廉銅馬之屬以充鑄焉(…鍾虡前書音義日虡鹿頭龍身神獸也說文鐘鼓之跗以猛獸馬飾也…音義云飛廉神禽身似鹿頭如爵有角蛇尾文如豹文…)」
◆鐘(ショウ、かね)や磬(ケイ)などの楽器を吊り下げる横木(「簨、𥯗、筍シュン」という)を支える縦木(支柱)、支柱や台(足)の部分には人や獣などが彫り込まれた、同「簴」「鐻」、「簨簴、簨虡、𥯗虡、筍簴、栒虡(シュンキョ、鐘・磬・鼔などを掛ける架台)」、「【說文解字注:虍部:𧇽】鐘𡔷之柎也(木部曰柎咢足也靈臺有瞽{⿱𡔷目}傳皆曰植者曰虡橫者曰栒考工記曰梓人爲𥯗虡)飾爲猛獸」 {楽器(打楽器)}
漢字林(非部首部別)
𧈅虍8+11=総画数19 U+27205 [ケキ、キャク/] 虩𡄼𡅗
◆(トラに出会ったりトラの尾を踏んでしまったりして)恐れ慄(おのの)くさま、びくびくするさま、「虩虩(ケキケキ)」、同「覤」
◆ハエトリグモ(蠅取蜘蛛)、ハエトリグモ科のクモ(蜘蛛)、蠅虎、蠅狐(ヨウコ)
漢字林(非部首部別)
𧈇虍8+11=総画数19 U+27207 [ヒン、フン/]
◆トラ(虎)の体の縞(しま)模様、またそのような模様
魚部
虍6+12=総画数18 U+8669 [ケキ、キャク/] 𧈅𡄼𡅗
◆(トラに出会ったりトラの尾を踏んでしまったりして)恐れ慄(おのの)くさま、びくびくするさま、「虩虩(ケキケキ)」、同「覤」
◆ハエトリグモ(蠅取蜘蛛)、ハエトリグモ科のクモ(蜘蛛)、蠅虎、蠅狐(ヨウコ)
漢字林(非部首部別)
𧇻虍6+12=総画数18 U+271FB [ベキ、ミャク/] 䖑𧆽𧇅
◆白い虎
𧇾虍6+12=総画数18 U+271FE [キ/] 虧𧇊𧟯
◆欠(か)ける、損(そこ)なう、細る、小さくなる、「本来の形や状態から一部が欠け落ちる、減ったり窪んだり穴が開いたりする」の意、同「亏」
𧇿虍6+12=総画数18 U+271FF [ソ、ゾ/] 𧇈𧇣
◆粗(あら)いさま、大雑把(おおざっぱ)なさま、同「粗」
◆未詳、「【說文解字注:且部:𧇿】且往也(且往言姑且往也匆遽之意)…[†「姑且」は「ひとまず、取り敢えず」の意]」
𧈀虍6+12=総画数18 U+27200 [レイ、リョウ/たま、たましい] 霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𡀓𢩙𢩝灵㚑
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(セイ)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同「巫」
虍6+13=総画数19 U+459C [ギン、ゴン/]
◆二頭の虎が唸り争う声
𧈆虍6+13=総画数19 U+27206 [シュウ、シュ/] 𧆼
◆トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の動物)の体表の赤黒の紋様(もんよう)
𧈉虍6+13=総画数19 U+27209 [ハ、ヘ、ハク、ヒャク/] 霸覇𧟳𧟶𩄤
◆武力で支配する、また権力を握る
◆支配下にある(或いは同盟関係にある)諸侯の長(チョウ)、首領(シュリョウ)
◆新月の後に初めて見える細い月、同「𣍸」
◆月の太陽の光が当たらない(薄っすらと見える)部分、同「魄」、「死霸(死魄、シハク、新月、次第に「魄」の部分が小さくなっていくことから「死魄」)」「生霸(生魄、セイハク、満月、次第に「魄」の部分が大きくなっていくことから「生魄」)」、「【前漢書(漢書):卷二十一上:律歷志】死霸朔也生霸望也」
𪂬鳥部
𧈋虍6+14=総画数20 U+2720B [ト、ツ/]
◆「於𧈋(オト)」、トラ(虎)の別称、同「於菟」
𧈕虍6+15=総画数21 U+27215 [ロ、ル/] 罏𤴅
◆胴が膨らみ口が窄まった酒を入れる丈が長い瓶(かめ)、同「𤮧」
𧈙虍6+16=総画数22 U+27219 [シュウ、ジュ/]
◆同「壽」、洪門(コウモン、清代に結成された反清朝結社)で用いられた漢字という、但し確認できなかった
貝部
𧸾貝部
𤴅田部
虍6+21=総画数27 U+866A [シュク/] 𧇐
◆黒い虎


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 虍部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です