総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「弓部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 弓部」 [部首索引


弓3+0=総画数3 U+5F13 [キュウ、ク、クウ/ゆみ]
◆矢を射る道具 {武器(弓箭)}
◆"("字状の形、半円またそれに近い形
◆土地を測量する際の長さの単位
◆ゆみ、部首名
注解:別「𢎗」
漢字林(非部首部別)
𢎗弓3+0=総画数3 U+22397 [ダイ、ナイ/すなわ・ち、なんじ、の] 乃𠄎𢎧𠄕𠧤𢏩
◆すなわ・ち、つまり~、要するに~、従って~、~であるから~、~して~、so、therefore、同「迺」
◆汝(なんじ)、あなた、君、you
◆[日]「の」「~の~」に当てる漢字、「の」は「乃」の草体から作られたひらがな、同「廼」
注解:別「弓」
𢎘弓2+0=総画数2 U+22398 [カン、ゴン/] 𠮤𠯖
◆草木の蕾(つぼみ)が今にも咲き出しそうに膨らんでいるさま
漢字林(非部首部別)
弓3+1=総画数4 U+38A7 [ケン/] 𢎚𢎥
◆一つの書物が幾つかの巻物(まきもの)や冊子(サッシ)や篇(ヘン、首尾が完結した文章)に分かれている時にその数を数える語、同「巻」「𢎠」
弓3+1=総画数4 U+5F14 [チョウ/とむら・う] 𢎣𢎨
◆他人の苦悩や不幸に対して同情や慰めの言葉を掛ける
◆亡くなった人に最後の言葉を掛ける、同「吊」、遺族に労(いた)わりや慰めの言葉を掛けるのは「唁」、「【玉篇:卷三:人部第二十三:弔】丁叫切弔生曰唁弔死曰弔又音的至也」
◆吊る、吊るす、俗「吊」
漢字林(非部首部別)
弓3+1=総画数4 U+5F15 [イン/ひ・く] 𢪉㧈
◆(弓の弦を)手繰り寄せる
◆手前に寄せる、手前に寄せて受ける、手前に寄せて導く
◆退く
◆長さの単位 {各種単位}
漢字林(非部首部別)
弓3+1=総画数4 U+5F16 [コ、ゴ/て]
◆[日]て、助詞、「引いて」「寄って」「下がって」「貸して」などの「て」
漢字林(非部首部別)
𢎚弓3+1=総画数4 U+2239A [ケン/] 㢧𢎥
◆一つの書物が幾つかの巻物(まきもの)や冊子(サッシ)や篇(ヘン、首尾が完結した文章)に分かれている時にその数を数える語、同「巻」「𢎠」
𢎛弓3+1=総画数4 U+2239B [セツ、セチ/] 卪𢎟
◆割符(わりふ)の片方、一つの札を二つに割って互いに持ち合い、使いの者や代理の者を立てる際にこれを持たせ、二つの札が合うことで真正な者であることの証(あかし)とする、同「卩」
𢎜弓3+1=総画数4 U+2239C [キュウ、ゴウ/およ・ぶ、およ・ぼす、およ・び]
◆~の状態が継続してここに(今に)至る、同「迨」
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)になる、~に至(いた)る、同「迨」「逮」
◆~(の状態、の場所、の段階)に達する、~に到(いた)る、~に届く、同「逮」
◆並びに、~と~、and
𢎝弓3+1=総画数4 U+2239D [タン、ダン/] 𢎫𢎩𢎬
◆弓を弾(ひ)く、弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を放つ、同「彈」
𢎞弓3+1=総画数4 U+2239E [コウ、グ/ひろ・い、ひろ・める] 弘𣧀
◆広い、大きく広がっている、度量や容量などが大きい
◆広がる、広める、大きく広げる
𢎟弓3+1=総画数4 U+2239F [セツ、セチ/] 卪𢎛
◆割符(わりふ)の片方、一つの札を二つに割って互いに持ち合い、使いの者や代理の者を立てる際にこれを持たせ、二つの札が合うことで真正な者であることの証(あかし)とする、同「卩」
𢎠弓3+1=総画数4 U+223A0 [ケン、ゴン、カン/]
◆弓状に曲げる、同「𢑆」、「【集韻:卷五:上聲上:阮第二十:𢑆𢎠】弓曲謂之𢑆或作𢎠」
◆一つの書物が幾つかの巻物(まきもの)や冊子(サッシ)や篇(ヘン、首尾が完結した文章)に分かれている時にその数を数える語、同「巻」「㢧」、「【龍龕手鑑:卷四:雜部第五十九:𢑆𢎠】古文音巻書卷」
弓3+2=総画数5 U+5F17 [フツ、ホチ/ず、ドル]
◆ず、「不」と同じ「~でない、~しない」の意の否定の助字、「弗知(知らず、知らない)」「弗學(学ばす、学ばない)」
◆[日]ドル、通貨の単位、ドルの略記号「$」に当てたもの
漢字林(非部首部別)
弓3+2=総画数5 U+5F18 [コウ、グ/ひろ・い、ひろ・める] 𢎞𣧀
◆広い、大きく広がっている、度量や容量などが大きい
◆広がる、広める、大きく広げる
漢字林(非部首部別)
𢎙弓2+2=総画数4 U+22399 [カン、ゲン/]
◆(「𢎘」よりも更に)草木の蕾がはちきれそうに膨らんでいるさま
𢎣弓3+2=総画数5 U+223A3 [チョウ/とむら・う] 弔𢎨
◆他人の苦悩や不幸に対して同情や慰めの言葉を掛ける
◆亡くなった人に最後の言葉を掛ける、同「吊」、遺族に労(いた)わりや慰めの言葉を掛けるのは「唁」、「【玉篇:卷三:人部第二十三:弔】丁叫切弔生曰唁弔死曰弔又音的至也」
◆吊る、吊るす、俗「吊」
𢎤弓3+2=総画数5 U+223A4 [シャ、ジャ/]
◆射(い)る、弓を引き絞って番(つが)えた矢を放つ、敵や的(まと)に向かって矢や弾(たま)などを放つ、同「射」
𢎥弓3+2=総画数5 U+223A5 [ケン/] 㢧𢎚
◆一つの書物が幾つかの巻物(まきもの)や冊子(サッシ)や篇(ヘン、首尾が完結した文章)に分かれている時にその数を数える語、同「巻」「𢎠」
𢎦弓3+2=総画数5 U+223A6 [シュ、ズ/]
◆棒の先に被(かぶ)せるように装着する筒状の金属製の武器、またそれを装着した武器、近寄る敵を突いたり叩いたりする {武器(刀剣槍)}
𢎧弓3+2=総画数5 U+223A7 [ダイ、ナイ/すなわ・ち、なんじ、の] 乃𠄎𢎗𠄕𠧤𢏩
◆すなわ・ち、つまり~、要するに~、従って~、~であるから~、~して~、so、therefore、同「迺」
◆汝(なんじ)、あなた、君、you
◆[日]「の」「~の~」に当てる漢字、「の」は「乃」の草体から作られたひらがな、同「廼」
𢎨弓3+2=総画数5 U+223A8 [チョウ/とむら・う] 弔𢎣
◆他人の苦悩や不幸に対して同情や慰めの言葉を掛ける
◆亡くなった人に最後の言葉を掛ける、同「吊」、遺族に労(いた)わりや慰めの言葉を掛けるのは「唁」、「【玉篇:卷三:人部第二十三:弔】丁叫切弔生曰唁弔死曰弔又音的至也」
◆吊る、吊るす、俗「吊」
漢字林(非部首部別)
𢎩弓3+2=総画数5 U+223A9 [タン、ダン/] 𢎫𢎬𢎝
◆弓を弾(ひ)く、弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を放つ、同「彈」
𢎪弓3+2=総画数5 U+223AA [タン/]
◆「𢎪安」、人名
弓3+3=総画数6 U+38A9 [テキ、チャク/]
◆弓で矢を射(い)る時の的(まと)、また的の中心、同「的」
大部
弓3+3=総画数6 U+5F19 [オ、ウ/] 𢎰
◆目標に向けて弓をいっぱいに引き絞る
◆引く、張る
◆指揮する
弓3+3=総画数6 U+5F1A [未詳/]
◆未詳、「【字彙:寅集:弓部:弚】徒回切音頹弟靡困窮貌一曰遜伏也[†「【集韻:卷二:平聲:灰第十五:弟】弟靡不窮皃一曰遜伏」を引いたものと思われるが、【集韻】は「弚」ではなく「弟」]」
弓3+3=総画数6 U+5F1B [シ、チ/ゆる・める、ゆる・む、たる・む] 㢮𢐋𢐏
◆ぴんと張っていた弦を緩(ゆる)める、張り詰めていた力や気を抜く
弓3+3=総画数6 U+5F1C [キョウ、ゴウ/]
◆弓が強いさま、強靭(キョウジン)なさま、また強力なさま
漢字林(非部首部別)
𡗝大部
𢎫弓3+3=総画数6 U+223AB [タン、ダン/] 𢎩𢎬𢎝
◆弓を弾(ひ)く、弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を放つ、同「彈」
𢎬弓3+3=総画数6 U+223AC [タン、ダン/] 𢎫𢎩𢎝
◆弓を弾(ひ)く、弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を放つ、同「彈」
𢎭弓3+3=総画数6 U+223AD [キン、コン/]
◆弓弭(ゆはず)、弓の両端の弦をかける部分 {武器(弓箭)}
𢎮弓3+3=総画数6 U+223AE [テイ、タイ/] 氐𢎶
◆低い、同「低」
◆物事の根元の部分、底部、容器などの底、「低いところにある」の意、同「底」
◆古代中国の少数民族の名、現陝西省南部・甘粛省南部・四川省北部一帯に居住していたという {陝西省}
◆二十八宿東方青龍の一つ {二十八宿}
𢎯弓3+3=総画数6 U+223AF [イ/えびす] 夷𡗝
◆えびす、東方の異民族を指す語、「東夷(トウイ)」、西は「戎、西戎」、南は「蠻、南蠻」、北は「狄、北狄」
◆自国(民族)以外の国(民族)を卑(いや)しめて呼ぶ語
◆外国、外国人
◆平らかにする、平定する
◆大きな起伏も遮(さえぎ)ろうとするものもなく平らなさま、揺れ乱れることなく平安なさま
◆低くする、姿勢を低くする、同「跠」
𢎰弓3+3=総画数6 U+223B0 [オ、ウ/]
◆目標に向けて弓をいっぱいに引き絞る
◆引く、張る
◆指揮する
𢎲弓3+3=総画数6 U+223B2 [未詳/]
◆未詳
𢎳弓3+3=総画数6 U+223B3 [未詳/]
◆未詳、「【管子:卷第十九:地貟】…五猶土之次曰五𢎳五𢎳之狀如䑕肝其種青梁黒莖黒秀蓄殖果木不如三土以十分之五𢎳土之次曰五殖…」
𢎵弓3+3=総画数6 U+223B5 [コ/]
◆未詳、「【字彙補:寅集:弓部:𢎵】懐徒切音弧見篇韻序」
𢎶弓3+3=総画数6 U+223B6 [テイ、タイ/] 氐𢎮
◆低い、同「低」
◆物事の根元の部分、底部、容器などの底、「低いところにある」の意、同「底」
◆古代中国の少数民族の名、現陝西省南部・甘粛省南部・四川省北部一帯に居住していたという {陝西省}
◆二十八宿東方青龍の一つ {二十八宿}
弓3+4=総画数7 U+38AC [コウ、オウ/]
◆「弸㢬(ホウコウ)」◇弓を一杯に引き絞る音、「【廣韻:下平聲:耕第十三:宏:彋】弸彋開張也」◇帷帳(イチョウ、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす幕)が翻(ひるがえ)るさま、またその音、「【廣韻:下平聲:庚第十二:橫:彋】弸彋帷帳起皃」
弓3+4=総画数7 U+5F1D [ハ、ヘ/]
◆弓柄(ゆづか)、弓の中央の手で握る部分、同「弣」 {武器(弓箭)}
弓3+4=総画数7 U+5F1E [シン/] 𢏓吲𣢀
◆歯を見せずに(口を閉じたまま)微笑む(ほほえむ)、歯が見える程に口を開けて微笑むのは「哂」、「【康熙字典:丑集上:口部:哂】古文听…○按廣韻弞哂分見哂專訓笑弞訓笑不壞顏似微有別集韻合爲一非」「【說文解字注:欠部:弞】不壞顏曰𣢇(各本篆作弞…今按曲禮𥬇不至矧注云齒本曰矧大𥬇則見此然則笑見齒本曰矧大笑也不壞顏曰𣢇小笑也…)」
弓3+4=総画数7 U+5F1F [テイ、ダイ、デ/おとうと]
◆同じ親を持つ自分よりも後から生まれた男子、同「𠂖」、先に生まれた男子は「兄」
◆年長者や兄姉を敬い従う、同「悌」
◆「弟靡(テイビ)」、逆らうことなく従う、「【莊子集解:內篇】因以爲弟靡(釋文弟音頹弟靡不窮之貌…列子作茅靡)」
◆師の教えを受ける者
漢字林(非部首部別)
弓3+4=総画数7 U+5F20 [チョウ/は・る]
◆弓や弦楽器の弦(ゲン、つる)を弛(たる)まないように掛ける、二点間に糸や網などを渡す
◆弛(ゆる)みがないようにぴんと伸ばす、皺(しわ)にならないようにぴんと延(の)ばす
◆(弦を張った弓のように)大きく膨(ふく)らむ、大きく延ばす、大きく広げる
◆(強く張った弦のように)ぴんとしているさま、動作や状態がまっすぐで揺らぎがないさま
◆(弓や琴、網や幕など)ぴんと伸ばした(延ばした)ものを数える語
◆二十八宿南方朱雀の一つ {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
𢎷弓3+4=総画数7 U+223B7 [ホウ、ボウ/] 𢐊
◆未詳、「【玉篇:卷十七:弓部第二百五十八:𢐊】平忙切弦急」
𢎹弓3+4=総画数7 U+223B9 [ケツ、ケチ/]
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「夬」「弽」「韘」
𢎺弓3+4=総画数7 U+223BA [ケン、ゲン/つる] 弦𢏛𢏸𢐁
◆弓(キュウ、ゆみ)に張る糸 {武器(弓箭)}
◆琴(キン、こと)・瑟(シツ)などの弦楽器に張る糸、同「絃」
◆半円形の月、旧暦八日の半月を「上弦」、旧暦二十二・二十三日の半月を「下弦」
◆"("字状の弓(ゆみ)のような形の先端同士を結ぶ線、直角三角形の斜辺
◆脈(ミャク、血液が血管を流れる際の規則的な動き)の一つ、「脈弦(ミャクゲン)」
𢎼弓3+4=総画数7 U+223BC [トウ、ドウ/] 弢𡸅𩎢
◆弓や剣などを入れる革製の袋、同「韜」
◆旌(飾りのついた旗や幟)を入れる袋
𢎿弓3+4=総画数7 U+223BF [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:弓部:𢎿】同"考"」
漢字林(非部首部別)
弓3+5=総画数8 U+38AE [シ、チ/ゆる・める、ゆる・む、たる・む] 弛𢐋𢐏
◆ぴんと張っていた弦を緩(ゆる)める、張り詰めていた力や気を抜く
弓3+5=総画数8 U+38B1 [/]
◆[韓]口訣字(コウケツジ、漢文中に置き、読解を助けるための字)、同「厼」、音は「며(ミョ)」
弓3+5=総画数8 U+5F21 [ケツ、ゴチ、チョウ/]
◆力強いさま、同「𢏷」
◆人名、未詳、書家のようである、「【御定佩文齋書畫譜:卷六十:弡伯旅匜】銘十有二字按弡字依前弡仲簠當作張匜(考古圖)其名曰張伯作旅彞張伯不知何世人(先秦古器記)右匜銘劉原父既以前一簠為張仲所作又以此匜為張伯器曰仲之兄也尢無所據原父學號稱精博惟以意推之故不能無失爾(金石録)」
弓3+5=総画数8 U+5F22 [トウ、ドウ/] 𡸅𢎼𩎢
◆弓や剣などを入れる革製の袋、同「韜」
◆旌(飾りのついた旗や幟)を入れる袋
弓3+5=総画数8 U+5F23 [フ/]
◆弓柄(ゆづか)、弓の中央の手で握る部分 {武器(弓箭)}
弓3+5=総画数8 U+5F24 [テイ、タイ/]
◆朱色の漆塗りの弓、模様を彫り込んだ弓
◆舜帝の弓
弓3+5=総画数8 U+5F25 [ビ、ミ/や、いや] 彌𢐶𢑀𢏏
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
漢字林(非部首部別)
弓3+5=総画数8 U+5F26 [ケン、ゲン/つる] 𢎺𢏛𢏸𢐁
◆弓(キュウ、ゆみ)に張る糸 {武器(弓箭)}
◆琴(キン、こと)・瑟(シツ)などの弦楽器に張る糸、同「絃」
◆半円形の月、旧暦八日の半月を「上弦」、旧暦二十二・二十三日の半月を「下弦」
◆"("字状の弓(ゆみ)のような形の先端同士を結ぶ線、直角三角形の斜辺
◆脈(ミャク、血液が血管を流れる際の規則的な動き)の一つ、「脈弦(ミャクゲン)」
漢字林(非部首部別)
弓3+5=総画数8 U+5F27 [コ、ゴ/]
◆木の弓
◆弓なり(弓状)に曲がった形
漢字林(非部首部別)
弓3+5=総画数8 U+5F28 [ショウ/] 𢐕
◆弓の弦が弛む
弓3+5=総画数8 U+5F29 [ド、ヌ、ノ/いしゆみ、おおゆみ]
◆機械仕掛けの弓 {武器(弓箭)} {武器(弩)}
弓3+5=総画数8 U+5F2A [ケイ/]
◆ラジアンradian、弧度、正円で半径と同じ長さの弧の両端と中心を結ぶ角度、57度17分45秒
矢部
𢏇弓3+5=総画数8 U+223C7 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢏌弓3+5=総画数8 U+223CC [未詳/]
◆「𢏌𢼓(音未詳)」、人名、未詳、同「弘(𢎞)文」、「【伸蒙子:序】惟其所列六人之名…書弘(𢎞)文為𢏌𢼓」
𢏍弓3+5=総画数8 U+223CD [フツ/]
◆未詳、「【字彙補:寅集:弓部:𢏍】夫末切音弗見篇韻」
𢏏弓3+5=総画数8 U+223CF [ビ、ミ/や、いや] 彌𢐶𢑀弥
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
𢏓弓3+5=総画数8 U+223D3 [シン/] 弞吲𣢀
◆歯を見せずに(口を閉じたまま)微笑む(ほほえむ)、歯が見える程に口を開けて微笑むのは「哂」、「【康熙字典:丑集上:口部:哂】古文听…○按廣韻弞哂分見哂專訓笑弞訓笑不壞顏似微有別集韻合爲一非」「【說文解字注:欠部:弞】不壞顏曰𣢇(各本篆作弞…今按曲禮𥬇不至矧注云齒本曰矧大𥬇則見此然則笑見齒本曰矧大笑也不壞顏曰𣢇小笑也…)」
弓3+6=総画数9 U+38B2 [ソン/たつみ] 巺𢌴𢁅
◆食材を吟味し調(ととの)えられたご馳走、ご馳走を供える、同「饌」「巽」、「【說文解字注:丌部:巺】具也(孔子說易曰巺入也巺乃愻之假借字愻順也順故善入許云具也者巺之本義也)」
漢字林(非部首部別)
弓3+6=総画数9 U+38B3 [ロ、ル/]
◆玈弓(ロキュウ)、黒い弓、同「玈」、「【正字通:寅集下:弓部:㢳】玈字之譌舊註與玈同引漢書㢳弓誤漢書本作玈擧要弓衣亦非」
弓3+6=総画数9 U+38B4 [セイ、サイ/にし] 西卥𠧧
◆太陽が沈む方角・方向、またその方向に向く、またその方向に向かう、昇る方角を「東」
◆中国から太陽が沈む方向の地域、欧州や米州
漢字林(非部首部別)
弓3+6=総画数9 U+38B5 [キョウ、コウ、ショウ/]
◆弓が強靭なさま
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「弽」「韘」「玦」、同「射決(シャケツ)」「扳指(ハンシ)」 {武器(弓)}
弓3+6=総画数9 U+38B6 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
漢字林(非部首部別)
弓3+6=総画数9 U+5F2D [ビ、ミ/はず] 𢏱
◆弓の両端の弦(つる)を掛けるところ、弓弭(ゆはず) {武器(弓箭)}
◆角弓(つのゆみ)、角(つの)を嵌(は)め込んで飾った弓
◆ここで止(や)めて終わりにする、これまでのことを終わりにする、同「㥝」「納」
◆安らかなさま、「【史記:卷四十六:田敬仲完世家】…夫治國家而弭人民者…」
漢字林(非部首部別)
弓3+6=総画数9 U+5F2E [ケン/]
◆連弩(レンド)、連続して射ることができる弩(ド、クロスボウcrossbowに似た機械仕掛けの弓)
◆巻(ま)く、筒状に丸める
弓3+6=総画数9 U+5F2F [ワン、エン/]
◆弓に矢を番(つが)えて引く
◆弓なりに曲がる
漢字林(非部首部別)
𠔘弓3+6=総画数9 U+20518 [フツ、ホチ/] 髴𨱰
◆髪が乱れるさま、乱れた髪
◆婦人の首飾り、同「䭮」
◆「髣𠔘(ホウフツ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「彷彿」「㧍拂」「眆䀟」「髣𩭬」
𠨓弓2+6=総画数8 U+20A13 [未詳/]
◆未詳、「【正字通:子集下:卩部:𠨓】選本字論次成書也」「【漢語大字典:弓部:𠨓】【中華字海:弓部:𠨓】同"𠨎"」
𢏔弓3+6=総画数9 U+223D4 [シュン、ジュン/]
◆(親や兄弟姉妹がいない)一人ぽっち、独(ひと)り、同「惸」「𡞦」「煢」
漢字林(非部首部別)
𢏖弓3+6=総画数9 U+223D6 [ゲイ、ゲ/] 羿𦐧𢏗𢏘
◆唐代の神話上の人物、別名「大羿(タイゲイ)」、弓の名手とされ、帝夋(テイシュン)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(ジョウガ、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
◆ 夏代の有𥨪(ユウキュウ)国の国主、別名「后羿(コウゲイ)」「夷羿(イゲイ)」、後に家臣の寒浞(カンサク)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ホウボウ)に討たれたともいう
𢏗弓3+6=総画数9 U+223D7 [ゲイ、ゲ/] 羿𦐧𢏖𢏘
◆唐代の神話上の人物、別名「大羿(タイゲイ)」、弓の名手とされ、帝夋(テイシュン)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(ジョウガ、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
◆ 夏代の有𥨪(ユウキュウ)国の国主、別名「后羿(コウゲイ)」「夷羿(イゲイ)」、後に家臣の寒浞(カンサク)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ホウボウ)に討たれたともいう
𢏘弓3+6=総画数9 U+223D8 [ゲイ、ゲ/] 羿𦐧𢏖𢏗
◆唐代の神話上の人物、別名「大羿(タイゲイ)」、弓の名手とされ、帝夋(テイシュン)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(ジョウガ、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
◆ 夏代の有𥨪(ユウキュウ)国の国主、別名「后羿(コウゲイ)」「夷羿(イゲイ)」、後に家臣の寒浞(カンサク)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ホウボウ)に討たれたともいう
𢏚弓3+6=総画数9 U+223DA [チュウ、ジュウ/] 疇畴𤲮𢑔𢑜
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇(ハンチュウ)」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
漢字林(非部首部別)
𢏛弓3+6=総画数9 U+223DB [ケン、ゲン/つる] 弦𢎺𢏸𢐁
◆弓(キュウ、ゆみ)に張る糸 {武器(弓箭)}
◆琴(キン、こと)・瑟(シツ)などの弦楽器に張る糸、同「絃」
◆半円形の月、旧暦八日の半月を「上弦」、旧暦二十二・二十三日の半月を「下弦」
◆"("字状の弓(ゆみ)のような形の先端同士を結ぶ線、直角三角形の斜辺
◆脈(ミャク、血液が血管を流れる際の規則的な動き)の一つ、「脈弦(ミャクゲン)」
𢏝弓3+6=総画数9 U+223DD [シュウ、ス/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𢏟弓3+6=総画数9 U+223DF [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:弓部第二十九:𢏟】狂強二音」「【字彙補:寅集:弓部:𢏟】音義與强同」
𢏢弓3+6=総画数9 U+223E2 [未詳/] 𢏣
◆[喃]弓なりに曲がる
𢏣弓3+6=総画数9 U+223E3 [未詳/] 𢏢
◆[喃]弓なりに曲がる
𢏳弓3+6=総画数9 U+223F3 [ホウ、ヒョウ/]
◆弦(つる)をぴんと張る、強く弾く
弓3+7=総画数10 U+38B8 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
弓3+7=総画数10 U+5F2B [シン/]
◆強い弓
弓3+7=総画数10 U+5F2C [イ/]
◆弓の名
弓3+7=総画数10 U+5F30 [ソウ、ショウ/]
◆弓の両端の部分 {武器(弓箭)}
弓3+7=総画数10 U+5F31 [ジャク、ニャク/よわ・い、よわ・る、よわ・まる、よわ・める] 𢐅
◆(何かをするために必要な)力が十分でない、力が足りない、力が劣(おと)っている、力強さがない
◆やや足りない、やや及ばない
◆衰(おとろ)える、力強さがなくなる
◆しなやかなさま、柔らかいさま
◆若い、幼い
漢字林(非部首部別)
弓3+7=総画数10 U+5F32 [ケン、エン/]
◆角弓(つのゆみ)、角(つの)を嵌(は)め込んで飾った弓
◆弓の弦
弓3+7=総画数10 U+5F33 [ケイ/]
◆ラジアンradian、弧度、正円で半径と同じ長さの弧の両端と中心を結ぶ角度、57度17分45秒
𢏨弓3+7=総画数10 U+223E8 [ヘツ、ヘチ/] 彆㢼𥏟𡚂𡙼
◆弓の両端(弦を掛ける所)の外側に反(そ)っている部分
◆「𢏨扭(ヘツジュウ)」、同「别扭」◇素直でない、ひねくれている◇意見が合わない
𢏩弓3+7=総画数10 U+223E9 [ダイ、ナイ/すなわ・ち、なんじ、の] 乃𠄎𢎗𢎧𠄕𠧤
◆すなわ・ち、つまり~、要するに~、従って~、~であるから~、~して~、so、therefore、同「迺」
◆汝(なんじ)、あなた、君、you
◆[日]「の」「~の~」に当てる漢字、「の」は「乃」の草体から作られたひらがな、同「廼」
弓3+8=総画数11 U+38BA [ケン、ゲン/]
◆弦(ゲン)、弓(キュウ、ゆみ)の弦(つる)、同「弦」、「【龍龕手鑑:卷一:弓部第二十九:㢺】俗弦正音賢弓弦也又姓」
弓3+8=総画数11 U+38BC [ヘツ、ヘチ/] 彆𢏨𥏟𡚂𡙼
◆弓の両端(弦を掛ける所)の外側に反(そ)っている部分
◆「㢼扭(ヘツジュウ)」、同「别扭」◇素直でない、ひねくれている◇意見が合わない
弓3+8=総画数11 U+5F34 [チョウ/]
◆模様を彫り込んだ弓、天子の弓
弓3+8=総画数11 U+5F35 [チョウ/は・る]
◆弓や弦楽器の弦(ゲン、つる)を弛(たる)まないように掛ける、二点間に糸や網などを渡す
◆弛(ゆる)みがないようにぴんと伸ばす、皺(しわ)にならないようにぴんと延(の)ばす
◆(弦を張った弓のように)大きく膨(ふく)らむ、大きく延ばす、大きく広げる
◆(強く張った弦のように)ぴんとしているさま、動作や状態がまっすぐで揺らぎがないさま
◆(弓や琴、網や幕など)ぴんと伸ばした(延ばした)ものを数える語
◆二十八宿南方朱雀の一つ {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
弓3+8=総画数11 U+5F36 [キョウ、ゴウ/] 𢐻摾
◆鳥獣が通る道に網を仕掛ける、またその仕掛け、[†「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:弶摾】其亮切字林施罟於道一曰以弓罥鳥獸或作摾」とある、「罥」を参照]
◆弓や網で鳥獣を捕(とら)える、同「𢐷」
弓3+8=総画数11 U+5F37 [キョウ、ゴウ/つよ・い、つよ・まる、つよ・める、し・いる、こわ・い、あなが・ち] 强𧖑
◆堅(かた)く曲がったり歪(ゆが)んだり弛(ゆる)んだりすることがないさま、どんな力にも揺(ゆら)らがないさま
◆力や勢いがあるさま、体力・気力が漲(みなぎ)っているさま
◆勤(つと)める、勉(つと)める、力を尽くす、力を出し切る、「勉強(ベンキョウ)」
◆猛々(たけだけ)しい
◆力づくで~、無理に~
◆あなが・ち、必ずしも
◆~に勝(まさ)る
◆「強䖹(キョウヨウ)」、米穀類に棲(す)み付く小さな黒褐色の虫、コクゾウムシ(穀象虫)の類、同「蚚」「蛄䗐(コシ)」、「【爾雅注疏:釋蟲】強蚚(《疏》强蟲名也一名蚚好自摩捋者蓋蠅類)」
漢字林(非部首部別)
弓3+8=総画数11 U+5F38 [ホウ、ビョウ/]
◆弓が強靱(キョウジン)なさま
◆弓が一杯に引き絞られたさま、張り詰める、漲る、満ちる
◆弓の弦
◆「弸彋(ホウコウ)」◇弓を一杯に引き絞る音、「【廣韻:下平聲:耕第十三:宏:彋】弸彋開張也」◇帷帳(イチョウ、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす幕)が翻(ひるがえ)るさま、またその音、「【廣韻:下平聲:庚第十二:橫:彋】弸彋帷帳起皃」
弓3+8=総画数11 U+5F39 [タン、ダン/はじ・く、ひ・く、はず・む、たま] 彈弾
◆弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を射(い)る、弦楽器を鳴らす、弦を引いたり引っ掛けたりしたした後にぱっと放す動き、またそれによって起こる振動や音を指す
◆跳(は)ね返る
◆たま、鉄砲などの玉、(弾丸のような)丸いもの
◆厳しく糺(ただ)す
𢏯弓3+8=総画数11 U+223EF [コ/]
◆弓
𢏱弓3+8=総画数11 U+223F1 [ビ、ミ/はず]
◆弓の両端の弦(つる)を掛けるところ、弓弭(ゆはず) {武器(弓箭)}
◆角弓(つのゆみ)、角(つの)を嵌(は)め込んで飾った弓
◆ここで止(や)めて終わりにする、これまでのことを終わりにする、同「㥝」「納」
◆安らかなさま、「【史記:卷四十六:田敬仲完世家】…夫治國家而弭人民者…」
𢏲弓3+8=総画数11 U+223F2 [ショウ/] 弽𢏼𢐇
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「韘」「㢵」「玦」、同「射決(シャケツ)」「扳指(ハンシ)」 {武器(弓)}
◆[日]弓懸(ゆがけ)、弓を射るときに弦(つる)を引く手に着(つ)ける手袋状の防具、同「弽」「韘」
𢏶弓3+8=総画数11 U+223F6 [未詳/]
◆弓
𢏷弓3+8=総画数11 U+223F7 [ケツ、ゴチ/]
◆力強いさま、同「弡」、「【字彙:寅集:弓部:𢏷】同弡」
𢏸弓3+8=総画数11 U+223F8 [ケン、ゲン/つる] 弦𢎺𢏛𢐁
◆弓(キュウ、ゆみ)に張る糸 {武器(弓箭)}
◆琴(キン、こと)・瑟(シツ)などの弦楽器に張る糸、同「絃」
◆半円形の月、旧暦八日の半月を「上弦」、旧暦二十二・二十三日の半月を「下弦」
◆"("字状の弓(ゆみ)のような形の先端同士を結ぶ線、直角三角形の斜辺
◆脈(ミャク、血液が血管を流れる際の規則的な動き)の一つ、「脈弦(ミャクゲン)」
𢏺弓3+8=総画数11 U+223FA [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢏼弓3+8=総画数11 U+223FC [ショウ/] 弽𢐇𢏲
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「韘」「㢵」「玦」、同「射決(シャケツ)」「扳指(ハンシ)」 {武器(弓)}
◆[日]弓懸(ゆがけ)、弓を射るときに弦(つる)を引く手に着(つ)ける手袋状の防具、同「弽」「韘」
𢏽弓3+8=総画数11 U+223FD [イ/な・す、な・る、ため、たり] 爲為为𤔡𤓸𦥮𨤒
◆サル(猿)の一種、未詳、「母猴(ボコウ)」
◆~をする、~を行う
◆~に働きかける
◆(~をして、~を行って)~を作る、~に作り上げる、形作る
◆(~をして、~をすることで)~にする、~になる
◆~になる、~となる、~に変わる
◆(~のために)~する
◆~のせいで、~が原因で
◆(~は、~を)~とする
𢏾弓3+8=総画数11 U+223FE [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:玈𪒓𢏾】黒弓春秋傳賜晉侯玈弓矢千或作𪒓𢏾通作盧」「【五音集韻:卷七:語第六:𢏾】弓衣也」
弓3+9=総画数12 U+38BD [ジ、ニ/] 𩱓
◆小麦粉や米粉などに水などを加え蒸して柔らかくした食べ物、同「餌」
漢字林(非部首部別)
弓3+9=総画数12 U+5F3A [キョウ、ゴウ/つよ・い、つよ・まる、つよ・める、し・いる、こわ・い、あなが・ち] 強𧖑
◆堅(かた)く曲がったり歪(ゆが)んだり弛(ゆる)んだりすることがないさま、どんな力にも揺(ゆら)らがないさま
◆力や勢いがあるさま、体力・気力が漲(みなぎ)っているさま
◆勤(つと)める、勉(つと)める、力を尽くす、力を出し切る、「勉強(ベンキョウ)」
◆猛々(たけだけ)しい
◆力づくで~、無理に~
◆あなが・ち、必ずしも
◆~に勝(まさ)る
◆「强䖹(キョウヨウ)」、米穀類に棲(す)み付く小さな黒褐色の虫、コクゾウムシ(穀象虫)の類、同「蚚」「蛄䗐(コシ)」、「【爾雅注疏:釋蟲】強蚚(《疏》强蟲名也一名蚚好自摩捋者蓋蠅類)」
漢字林(非部首部別)
弓3+9=総画数12 U+5F3B [ヒツ、ビチ/] 弼𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
弓3+9=総画数12 U+5F3C [ヒツ、ビチ/] 弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
弓3+9=総画数12 U+5F3D [ショウ/] 𢏼𢐇𢏲
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「韘」「㢵」「玦」、同「射決(シャケツ)」「扳指(ハンシ)」 {武器(弓)}
◆[日]弓懸(ゆがけ)、弓を射るときに弦(つる)を引く手に着(つ)ける手袋状の防具、同「弽」「韘」
弓3+9=総画数12 U+5F3E [タン、ダン/はじ・く、ひ・く、はず・む、たま] 彈弹
◆弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を射(い)る、弦楽器を鳴らす、弦を引いたり引っ掛けたりしたした後にぱっと放す動き、またそれによって起こる振動や音を指す
◆跳(は)ね返る
◆たま、鉄砲などの玉、(弾丸のような)丸いもの
◆厳しく糺(ただ)す
𠷎口部
𢏮弓3+9=総画数12 U+223EE [エン/]
◆弓の中央から端の間の曲がっている所、端を「簫」、中央を「弣」 {武器(弓箭)}
𢐀弓3+9=総画数12 U+22400 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢐁弓3+9=総画数12 U+22401 [ケン、ゲン/つる] 弦𢎺𢏛𢏸
◆弓(キュウ、ゆみ)に張る糸 {武器(弓箭)}
◆琴(キン、こと)・瑟(シツ)などの弦楽器に張る糸、同「絃」
◆半円形の月、旧暦八日の半月を「上弦」、旧暦二十二・二十三日の半月を「下弦」
◆"("字状の弓(ゆみ)のような形の先端同士を結ぶ線、直角三角形の斜辺
◆脈(ミャク、血液が血管を流れる際の規則的な動き)の一つ、「脈弦(ミャクゲン)」
𢐃弓3+9=総画数12 U+22403 [ヘン/]
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:㒨第二:𢐃】弓反張也」
𢐅弓3+9=総画数12 U+22405 [ジャク、ニャク/よわ・い、よわ・る、よわ・まる、よわ・める]
◆(何かをするために必要な)力が十分でない、力が足りない、力が劣(おと)っている、力強さがない
◆やや足りない、やや及ばない
◆衰(おとろ)える、力強さがなくなる
◆しなやかなさま、柔らかいさま
◆若い、幼い
𢐇弓3+9=総画数12 U+22407 [ショウ/] 弽𢏼𢏲
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、同「韘」「㢵」「玦」、同「射決(シャケツ)」「扳指(ハンシ)」 {武器(弓)}
◆[日]弓懸(ゆがけ)、弓を射るときに弦(つる)を引く手に着(つ)ける手袋状の防具、同「弽」「韘」
𢐈弓3+9=総画数12 U+22408 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
弓3+10=総画数13 U+38C2 [ゲキ、ギャク/]
◆弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)を束ねる、また束ねた弓を包む布あるいは袋
弿弓3+10=総画数13 U+5F3F [ケン/]
◆弓が強い
◆難しい、事がうまくできない、また運ばない
弓3+10=総画数13 U+5F40 [コウ、ク/] 𠥚
◆弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)を一杯に引く
◆弓の的(まと)、狙(ねら)いとするところ、目的とするところ
漢字林(非部首部別)
弓3+10=総画数13 U+5F41 [未詳/]
◆未詳
弓3+10=総画数13 U+5F42 [ハツ、ホツ、ホチ/た・つ、あば・く] 発發𤼲𤼦
◆矢を放つ、外(離れて行く方向)に向かって勢いよく飛び出る
◆動いていなかったものが勢いよく動き出す、物事が動き出す、物事が始まる、行動を起こす
◆隠れていたものが突然に現れ出る
◆隠れていたものが表に現れ出る、現れてぱっと大きく広がる
◆広く公(おおやけ)にする
𢐊弓3+10=総画数13 U+2240A [ホウ、ボウ/] 𢎷
◆未詳、「【玉篇:卷十七:弓部第二百五十八:𢐊】平忙切弦急」
𢐋弓3+10=総画数13 U+2240B [シ、チ/ゆる・める、ゆる・む、たる・む] 弛㢮𢐏
◆ぴんと張っていた弦を緩(ゆる)める、張り詰めていた力や気を抜く
𢐏弓3+10=総画数13 U+2240F [シ、チ/ゆる・める、ゆる・む、たる・む] 弛㢮𢐋
◆ぴんと張っていた弦を緩(ゆる)める、張り詰めていた力や気を抜く
𢐑弓3+10=総画数13 U+22411 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
弓3+11=総画数14 U+38C3 [シュク、イク/ひさ・ぐ] 鬻𩱙𩱯𩱱𩱯𢑎𢑍
◆粥(かゆ)、米麦などの穀物を多めの水で柔らかく炊いたもの或いは煮たもの、同「粥」
◆ひさ・ぐ、(生活をするためにものを)売る、同「粥」
弓3+11=総画数14 U+5F43 [ヒツ、ヒチ/]
◆弓で矢を射る
◆弓の弦
弓3+11=総画数14 U+5F44 [コウ、ク/]
◆弓弭(ゆはず)、弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)の両端の弦(つる)を掛ける部分 {武器(弓箭)}
◆環状のもの◇指貫(ゆびぬき、指を保護するために指に嵌める環状の道具)の類◇指輪
弓3+11=総画数14 U+5F45 [/なぎ]
◆[日]姓用字、「草彅(くさなぎ)」
漢字林(非部首部別)
𠼡口部
𢐓弓3+11=総画数14 U+22413 [ショウ、ソウ/] 鏘锵𨪙
◆金や玉(ギョク、大変美しい石)などがぶつかり合って鳴る音、高く澄んだ音や声、淀みなく鳴る音や声、またその音や声の形容、「鏘鏘(ショウショウ)」
𢐕弓3+11=総画数14 U+22415 [ショウ/]
◆弓の弦が弛む
𢐙弓3+11=総画数14 U+22419 [コウ、ク/]
◆弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)を一杯に引く、同「彀」、「【字彙補:寅集:弓部:𢐙】古候切音覯張弓也○亦作{⿱𣪊弓}」
𢐚弓3+11=総画数14 U+2241A [カク、キャク/つか・む] 摑掴𢹖𢮎𢧷𧤯
◆(耳や頬の辺りを)平手で殴る、びんたを食らわす
◆[日]つか・む、手の中に包み入れて握る、掌と指全体を使って握る
𢐜弓3+11=総画数14 U+2241C [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐡𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢐝弓3+11=総画数14 U+2241D [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𤾊白部
弓3+12=総画数15 U+5F46 [ヘツ、ヘチ/] 𢏨㢼𥏟𡚂𡙼
◆弓の両端(弦を掛ける所)の外側に反(そ)っている部分
◆「彆扭(ヘツジュウ)」、同「别扭」◇素直でない、ひねくれている◇意見が合わない
弓3+12=総画数15 U+5F48 [タン、ダン/はじ・く、ひ・く、はず・む、たま] 弾弹
◆弓の弦(ゲン、つる)を大きく引き絞って矢を射(い)る、弦楽器を鳴らす、弦を引いたり引っ掛けたりしたした後にぱっと放す動き、またそれによって起こる振動や音を指す
◆跳(は)ね返る
◆たま、鉄砲などの玉、(弾丸のような)丸いもの
◆厳しく糺(ただ)す
弓3+12=総画数15 U+5F49 [カク/]
◆弩(ド、機械仕掛けの弓)や弓をいっぱいに引き絞る、同「彍」
𢐠弓3+12=総画数15 U+22420 [ハン、ボン、イク/] 𢐲𢐮
◆養生(ヨウジョウ)する、弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢑈」
漢字林(非部首部別)
𢐡弓3+12=総画数15 U+22421 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐈𢐝𢐤㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢐤弓3+12=総画数15 U+22424 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢐧弓3+12=総画数15 U+22427 [ケイ、ギョウ/]
◆弓矯(ゆだめ)、弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)の形を整えたり歪みを直す道具、同「檠」
鬲部
弓3+13=総画数16 U+5F47 [ショウ/]
◆弓の両端の曲がっている部分、弓弭(ゆはず) {武器(弓箭)}
弓3+13=総画数16 U+5F4A [キョウ、ゴウ、コウ/]
◆(弓が)堅(かた)い、強靭(キョウジン)な
◆(堅い弓を引くことができるほど)力が強い、屈強(クッキョウ)な
◆強力な、強大な
漢字林(非部首部別)
弓3+13=総画数16 U+5F4B [コウ、オウ/]
◆「弸彋(ホウコウ)」◇弓を一杯に引き絞る音、「【廣韻:下平聲:耕第十三:宏:彋】弸彋開張也」◇帷帳(イチョウ、目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす幕)が翻(ひるがえ)るさま、またその音、「【廣韻:下平聲:庚第十二:橫:彋】弸彋帷帳起皃」
𢐥弓3+13=総画数16 U+22425 [ヨウ/] 𢑈𢐬𢑄𢑉𢑂
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
𢐨弓3+13=総画数16 U+22428 [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 炒㶤𤊛𤈓𤑡
◆鍋などに油を引き食材を入れて掻(か)き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと時間をかけて食材に火を通することではなく高温でさっと火を通すこと、「煎」参照
漢字林(非部首部別)
𢐪弓3+13=総画数16 U+2242A [未詳/]
◆「挻𢐪(音未詳)」、鬼仙(キセン、道教の「五仙、天仙・神仙・地仙・人仙・鬼仙」の一と思われる)の名、「【酉陽雜俎《欽定四庫全書》本:卷十四:諾皐記上】太真科經有鬼仙丙戌鬼名日𪚣生 丙午日鬼名挻𢐪 乙卯日鬼名天陪 戊午日鬼名耳述 壬戌日鬼名𨕌 辛丑日鬼名䢑 乙酉日鬼名聶左 丙辰日鬼名夭𨗑 辛卯日鬼名𢣱 酉䖝鬼名髪廷𨑺 厠鬼名頊天竺(一曰笙)語忘敬遺二鬼名婦人臨產呼之不害人長三寸三分上下烏衣 馬鬼名賜 虵鬼名𠋙石圭(一曰𠪨) 井鬼名瓊 衣服鬼名甚遼 神{𨝒-阝}鬱壘領萬鬼[†《崇文書局叢書》本は「神茶鬱壘領萬鬼」、《摛藻堂四庫全書薈要》本は「神荼鬱壘領萬鬼」]」
𢐫弓3+13=総画数16 U+2242B [シュク、イク/かゆ] 粥𥼫𥺞
◆米などの穀物を多めの水で柔らかく炊いたもの或いは煮たもの、同「鬻」
◆鬻(ひさ)ぐ、(生活をするためにものを)売る、同「鬻」
𩰲鬲部
弓3+14=総画数17 U+5F4C [ビ、ミ/や、いや] 𢐶𢑀弥𢏏
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
漢字林(非部首部別)
𢐬弓3+14=総画数17 U+2242C [ヨウ/] 𢑈𢑄𢐥𢑉𢑂
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
𢐭弓3+14=総画数17 U+2242D [キ/よろこ・ぶ] 喜𡔯𠶮𠺇㐂
◆悦(よろこ)ぶ、嬉(うれ)しい、またそのような事柄
◆楽しい、心が安らぐ、楽しむ
◆めでたい、またそのような事柄
𢐮弓3+14=総画数17 U+2242E [ハン、ボン、イク/] 𢐲𢐠
◆養生(ヨウジョウ)する、弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢑈」
𧱶豕部
弓3+15=総画数18 U+5F4D [カク/]
◆弩(ド、機械仕掛けの弓)や弓をいっぱいに引き絞る、同「彉」
◆「彍騎(カクキ)」、唐代(618年~907年)の首都宿衛兵の名、「【文獻通考:卷五十八:職官考十二:宣徽院】…而益以潞州長從兵共二十萬號長從宿衛歲一番命左丞蕭嵩興州剌史共選之明年更號曰彍騎也…」
𢐲弓3+15=総画数18 U+22432 [ハン、ボン、イク/] 𢐮𢐠
◆養生(ヨウジョウ)する、弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢑈」
𢐳弓3+15=総画数18 U+22433 [ヘツ、ヘチ/]
◆未詳、「【太平廣記:卷二百五十三:嘲誚:侯白】陳朝嘗令人聘隋不知其使機辯深淺乃密令侯白變形貌著故弊衣為賤人供承客謂是微賤甚輕之乃傍臥放氣與之言白心頗不平問白曰汝國馬價貴賤報云馬有數等貴賤不同若從伎倆筋腳好形容不惡堪得乘騎者直二十千已上若形容麄壯雖無伎倆堪䭾物直四五千已上若彌(音卜結反)尾燥蹄絶無伎倆傍臥放氣一錢不直使者大驚問其姓名知是侯白方始愧謝(出啓顔録)」
𢐴弓3+15=総画数18 U+22434 [ホウ、ブ、ブウ/おおとり] 鳳鳯凤鴌𠤈𧱶𪆍𪈵
◆想像上の瑞鳥(ズイチョウ、現れるとめでたいことがあるといわれる鳥)の雄、雌は「凰」、「【說文解字:鳥部:鳳】神鳥也天老曰鳳之象也鴻前麐後{⿰䖝它}頸魚尾鸛{⿰桑鳥}鴛思龍文虎背燕頷雞喙五色備舉出於東方君子之國翺翔四海之外過崐崘飲砥柱濯羽弱水莫宿風穴見則天下大安寕」
◆天子や皇帝の事柄を指す語
𢐶弓3+15=総画数18 U+22436 [ビ、ミ/や、いや] 彌𢑀弥𢏏
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
𢐷弓3+15=総画数18 U+22437 [キョウ、ゴウ/]
◆弓や網で鳥獣を捕(とら)える、同「弶」、「【龍龕手鑑:卷一:弓部第二十九:𢐷弶】其上反取獸弶也」
漢字林(非部首部別)
田部
𢐸弓3+16=総画数19 U+22438 [ロ、ル/]
◆玈弓(ロキュウ)、黒い弓、同「玈」
𢐹弓3+16=総画数19 U+22439 [セン/] 饘𥼷
◆濃くとろみのある粥(かゆ)、同「䭈」「䊕」、薄いものは「粥」
𢐻弓3+16=総画数19 U+2243B [キョウ、ゴウ/] 弶摾
◆鳥獣が通る道に網を仕掛ける、またその仕掛け、[†「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:弶摾】其亮切字林施罟於道一曰以弓罥鳥獸或作摾」とある、「罥」を参照]
◆弓や網で鳥獣を捕(とら)える、同「𢐷」
𢐼弓3+16=総画数19 U+2243C [ショ、シャ/に・る、に・える] 煮煮煑𤆯𤑜𤑨䰞𩱰
◆湯やスープsoupに入れてよく熱を通す
𢐽弓3+16=総画数19 U+2243D [エン、イン/] 𦎣𦏍𦏚
◆ヒツジ(羊)が群れてぎっしりと寄り集まるさま
◆黒いヒツジ(羊)、同「𦏉」
𤯽弓3+16=総画数19 U+24BFD [未詳/]
◆死ぬ、「【字彙補:寅集:弓部:𤯽】與死同」
𢑀弓3+17=総画数20 U+22440 [ビ、ミ/や、いや] 彌𢐶弥𢏏
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
𢑂弓3+17=総画数20 U+22442 [ヨウ/] 𢑈𢐬𢑄𢐥𢑉
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
𢑃弓3+17=総画数20 U+22443 [ビ、ミ/] 㣆𡓭
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「彌」「瓕」
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま、同「彌」
◆玉(ギョク、大変美しい石)名、同「瓕」
𢑄弓3+17=総画数20 U+22444 [ヨウ/] 𢑈𢐬𢐥𢑉𢑂
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
𢑆弓3+18=総画数21 U+22446 [ケン、ゴン/]
◆弓状に曲げる、同「𢎠」、「【說文解字:卷十二下:弓部:𢑆】弓曲也」
𢑈弓3+18=総画数21 U+22448 [ヨウ/] 𢐬𢑄𢐥𢑉𢑂
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
𢑉弓3+18=総画数21 U+22449 [ヨウ/] 𢑈𢐬𢑄𢐥𢑂
◆弓から外した弦を物に巻き付けて絡まないようにする、同「𢐲」
弓3+19=総画数22 U+38C6 [ビ、ミ/] 𢑃𡓭
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「彌」「瓕」
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま、同「彌」
◆玉(ギョク、大変美しい石)名、同「瓕」
弓3+19=総画数22 U+5F4E [ワン、エン/]
◆弓に矢を番(つが)えて引く
◆弓なりに曲がる
漢字林(非部首部別)
𩱒鬲部
弓3+20=総画数23 U+5F4F [キャク、カク/]
◆弓の弦を素早く張る
𢑋弓3+21=総画数24 U+2244B [セン、ゼン、シン、ジン/] 鬵𩱩𩱕𩰿𩱠
◆上が大きく下が窄(すぼ)まった大きな甑(ソウ、こしき、釜状で底が開いている蒸し器)、或いは甗(ゲン、鬲の上に甑を乗せたもの) {食器}
𩱠鬲部
𢑌弓3+22=総画数25 U+2244C [コウ、キョウ/] 𩱧𩱋𩱁
◆五味(ゴミ、甘辛酸鹹苦)が調和した羹(あつもの、野菜を或いは野菜を主として肉を加えたスープsoup)、同古「羹」
𢑍弓3+25=総画数28 U+2244D [シュク、イク/ひさ・ぐ] 鬻𩱙𩱯𩱱𩱯𢑎㣃
◆粥(かゆ)、米麦などの穀物を多めの水で柔らかく炊いたもの或いは煮たもの、同「粥」
◆ひさ・ぐ、(生活をするためにものを)売る、同「粥」
𢑎弓3+29=総画数32 U+2244E [シュク、イク/ひさ・ぐ] 鬻𩱙𩱯𩱱𩱯𢑍㣃
◆粥(かゆ)、米麦などの穀物を多めの水で柔らかく炊いたもの或いは煮たもの、同「粥」
◆ひさ・ぐ、(生活をするためにものを)売る、同「粥」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 弓部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です