総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 衣部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 衣部」 [部首索引


【衣】衣6+0=総画数6 U+8863 [イ、エ/ころも、きぬ] [亠ノ丿2レ𧘇衣]
◆身に纏う着物の総称、特に上半身に纏(まと)う着物、下半身に纏う着物は「裳」
◆身に纏う
◆包み込む、覆う
◆ころも、部首名
【依】人2+衣6=総画数8 U+4F9D [イ、エ/よ・る] [イ亻亠ノ丿2レ𧘇衣依]
◆凭れ掛る、頼りにする、拠りどころにする、他のものに支えられる
◆譬(たと)える
◆よしとする、聞き入れる
【𠜆】刀2+衣6=総画数8 U+20706 [ショ、ソ/はじ・め、そ・める、はつ、うい、うぶ] 【初𥘨𥘉】[亠ノ丿2レ𧘇衣リ刂𠜆]
◆物事の起こり、物事の発端、「衣服を作り始める時にまず布を切る」の意、「初」は「物事はまず初めに~する、~の初め」、「始」は「物事はまず~から始める、~から始まる」
◆うぶ、出産する、生まれたばかりで穢れがないさま
【㕈】厂2+衣6=総画数8 U+3548 [イ/] [厂亠ノ丿2レ𧘇衣㕈]
◆覆い隠す、しまい込む、同”庡”
【哀】口3+衣6=総画数9 U+54C0 [アイ/あわ・れむ] [亠ノ丿2レ𧘇衣口哀]
◆あわ・れむ、人の不幸や苦しみに心を痛める、また心から気の毒に思う
◆悲しみ悼む
【𡘚】大3+衣6=総画数9 U+2161A [キン、コン/ふすま] 【衾𧘭】[大亠ノ丿2レ𧘇衣𡘚]
◆寝る時に体を覆うように掛ける大きな布、掛布団
◆死者を覆う布
【庡】广3+衣6=総画数9 U+5EA1 [イ/] [广亠ノ丿2レ𧘇衣庡]
◆うろつき回る
◆覆い隠す、しまい込む、同”㕈”
【扆】戸4+衣6=総画数10 U+6246 [イ、エ/] [、丶一コノ丿尸户戶戸亠ノ丿2レ𧘇衣扆]
◆屏風や衝立の類
【挔】手3+衣6=総画数9 U+6314 [リョ、ロ/たび] 【旅𣃨𢬜𣥏𣥐】[オ才扌亠ノ丿2レ𧘇衣挔]
◆(何人かと一緒に列をなして)遠くへ出掛ける
◆五百人(但し時代に依り変動がある)を単位とする軍隊の編成
◆列をなす
◆山や川の神を祭る
【𤇯】火4+衣6=総画数10 U+241EF [オン/] 【𤇷】[亠ノ丿2レ𧘇衣火𤇯]
◆(肉などに)弱火で火を通す、また炙(あぶ)る、同”煾”
◆食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”爊”
【畩】田5+衣6=総画数11 U+7569 [/けさ] [田亠ノ丿2レ𧘇衣畩]
◆[日]袈裟(けさ)、僧侶が肩から斜めに掛ける長方形の布
【䒾】艸3+衣6=総画数9 U+44BE [イ/] [サ十2艹艹亠ノ丿2レ𧘇衣䒾]
◆未詳
【銥】金8+衣6=総画数14 U+92A5 [イ/] 【铱】[金亠ノ丿2レ𧘇衣銥]
◆イリジウム(Ir)、元素名{イリジウム}
【铱】金5+衣6=総画数11 U+94F1 [イ/] 【銥】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠ノ丿2レ𧘇衣铱]
◆イリジウム(Ir)、元素名{イリジウム}
【餏】食8+衣6=総画数14 U+990F [キ、ケ/] 【饻】[人𠆢、丶ヨレノ艮良食亠ノ丿2レ𧘇衣餏]
◆1940年代の中国東北部で使われた貨幣の単位
【饻】食3+衣6=総画数9 U+997B [キ、ケ/] 【餏】[ノフクレ饣亠ノ丿2レ𧘇衣饻]
◆1940年代の中国東北部で使われた貨幣の単位
【𩛚】食9+衣6=総画数15 U+296DA [サイ、セ/] 【𩝦】[亠ノ丿2レ𧘇衣人𠆢、丶ヨレノ艮良食𩛚]
◆神を迎えるために食事などを控(ひか)えめにして心身を戒(いまし)め清める、またその際の酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事、同”齋”
【𪊬】鹿11+衣6=総画数17 U+2A2AC [ヒョウ/おもて、あらわ・す] 【表𧘝𧘦𧘰𪊘𧜫】[广コヒ七𠤎匕2比鹿亠ノ丿2レ𧘇衣𪊬]
◆衣服の外面、最も上(外側)に羽織る衣服、上着
◆外側、外側に面した部分
◆人目に触れる、またその部分
◆他の人が分かるようにする、また示す
◆主君や役所などに意志・意見を伝えるために認(したた)めた文書
◆内容を分かりやすく並べたもの
【𪗋】齊14+衣6=総画数20 U+2A5CB [シ、ジ/] 【𧞓】[亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊亠ノ丿2レ𧘇衣𪗋]
◆裳(も、下半身に穿く衣服)、またその縁を縢(かが)る
【衤】衣5+0=総画数5 U+8864 [/] [ネ衤]
◆ころもへん、部首名、「衣」が偏にある時の字形
【初】刀2+衤5=総画数7 U+521D [ショ、ソ/はじ・め、そ・める、はつ、うい、うぶ] 【𠜆𥘨𥘉】[ネ衤刀初]
◆物事の起こり、物事の発端、「衣服を作り始める時にまず布を切る」の意、「初」は「物事はまず初めに~する、~の初め」、「始」は「物事はまず~から始める、~から始まる」
◆うぶ、出産する、生まれたばかりで穢れがないさま
【𤇷】火4+衤5=総画数9 U+241F7 [オン/] 【𤇯】[ネ衤火𤇷]
◆(肉などに)弱火で火を通す、また炙(あぶ)る、同”煾”
◆食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”爊”
【䘚】衣6+2=総画数8 U+461A [ソツ、ソチ/] 【卒卆】[亠ノ丿2レ𧘇衣十䘚]
◆下級の兵士、歩兵、上官に付き従い身の回りの世話をする兵
◆終わる、尽きる
◆大夫(君主を補佐する重臣)の死、高位の人の死、「【禮記:曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆急に、突然に
【𠵒】口3+䘚8=総画数11 U+20D52 [/] [口亠ノ丿2レ𧘇衣十䘚𠵒]
◆「啐」の異体字か?
【𡸝】山3+䘚8=総画数11 U+21E1D [ソツ、ゾチ、スイ/] 【崒崪】[山亠ノ丿2レ𧘇衣十䘚𡸝]
◆山や崖が高く切り立って危険なさま
【𢜙】心3+䘚8=総画数11 U+22719 [スイ、ズイ/せがれ] 【悴忰】[ハI|丨忄亠ノ丿2レ𧘇衣十䘚𢜙]
◆憂い悩んで痩(や)せ衰える、同”顇”
◆[日]せがれ、自分の息子の謙称
【表】衣6+2=総画数8 U+8868 [ヒョウ/おもて、あらわ・す] 【𧘝𧘦𧘰𪊘𪊬𧜫】[十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表]
◆衣服の外面、最も上(外側)に羽織る衣服、上着
◆外側、外側に面した部分
◆人目に触れる、またその部分
◆他の人が分かるようにする、また示す
◆主君や役所などに意志・意見を伝えるために認(したた)めた文書
◆内容を分かりやすく並べたもの
◆繁”錶”
【俵】人2+表8=総画数10 U+4FF5 [ヒョウ/たわら] [イ亻十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表俵]
◆ばらまく、分け与える
◆[日]たわら、藁で作った穀物などを入れる袋
【婊】女3+表8=総画数11 U+5A4A [ヒョウ/] [女十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表婊]
◆「婊子」、遊女、売春婦
◆女性名用字
【㧼】手3+表8=総画数11 U+39FC [ヒョウ/] [オ才扌十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表㧼]
◆ばらまく、分け与える、同”俵”
【脿】月(肉)4+表8=総画数12 U+813F [ヒョウ/] [月十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表脿]
◆でっぷりと太っているさま
【𣷴】水3+表8=総画数11 U+23DF4 [未詳/] [シ氵十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表𣷴]
◆未詳
【裱】衣5+表8=総画数13 U+88F1 [ヒョウ/] [ネ衤十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表裱]
◆書画などの表装、平らな厚手の布や紙などの表に作品を貼り付ける、「裱装(ひょうそう)」「裱褙(ひょうはい)」「褙裱(はいひょう)」
◆襖や屏風などの表具、紙や布を張って襖や屏風にする
◆婦人用のスカーフ
【諘】言7+表8=総画数15 U+8AD8 [ヒョウ/] [言十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表諘]
◆称賛する
【錶】金8+表8=総画数16 U+9336 [ヒョウ/] [金十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表錶]
◆小型の時計、特に腕時計
◆簡”表”
【䱪】魚11+表8=総画数19 U+4C6A [未詳/] [ク𠂊田、丶4灬魚十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表䱪]
◆未詳
【哀】口部
【衬】衣5+3=総画数8 U+886C [シン/] 【襯】[ネ衤十、丶寸衬]
◆シャツや肌着のような内側に着る着物、「衬衫(しんさん)」
◆ぴったりと重なる
◆金品を施す
◆「衬托(しんたく)」、絵柄の輪郭をぼかして絵柄を際立たせる、周りに置いて主(しゅ)とするものを引き立たせる、同「渲染(せんぜん)」「烘托(こうたく)」
【𠖌】冖2+衬8=総画数10 U+2058C [カン/かんむり] 【冠𠜍𢃙𠙙】[ワ冖ネ衤十、丶寸衬𠖌]
◆髪を整えその上に被(かぶ)る、髪が解(ほつ)れないように被る
◆頭に被るものの総称、帽子状のものや細長い布を巻いて髪をまとめる頭巾(ずきん)などを含む
◆ものの頂や先頭を覆う
◆ものの先頭にあるさま
【衷】衣6+3=総画数9 U+8877 [チュウ/] [十口口丨中ノ2レ衣衷]
◆上着の下に着る衣服、内側に着る
◆包まれて見えない心の中、心からの
◆偏りがない、真ん中の
【𠂻】丿1+衷9=総画数10 U+200BB [未詳/] [ノ丿ノ丿十千十口口丨中ノ2レ衣衷𠂻]
◆未詳、”衷”の異体字か?
【衮】衣6+4=総画数10 U+886E [コン/] 【袞𧚹】[亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八ム厶公衮]
◆公式行事の際に着用する龍の模様が描かれた天子の衣服
◆三公、最も上位の三つの官職、またその人
【滚】水3+衮10=総画数13 U+6EDA [コン/たぎ・る] 【滾】[シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八ム厶公衮滚]
◆水がごぼごぼと湧(わ)き立つように流れるさま
◆湧き立つ、湧き出る
◆転がる
【磙】石5+衮10=総画数15 U+78D9 [コン/] [石亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八ム厶公衮磙]
◆地面や田畑を平らにするための石のローラー
【蓘】艸3+衮10=総画数13 U+84D8 [コン/] 【蔉】[サ十2艹艹亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八ム厶公衮蓘]
◆苗の根元に土を盛って育てる
【衰】衣6+4=総画数10 U+8870 [スイ、サイ、セ/おとろ・える] 【𠆂𠌺】[亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰]
◆少しずつ小さくなる、少しずつ減っていく、勢いや力が次第に弱る
◆粗末な麻布で作った喪服、同”縗”
【榱】木4+衰10=総画数14 U+69B1 [スイ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰榱]
◆垂木(たるき)、棟(むね)から軒(のき)に渡し屋根を支える木材、同”椽””桷”
【㲤】毛4+衰10=総画数14 U+3CA4 [スイ/] [亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰毛㲤]
◆「毿㲤」、毛が長いさま
【滖】水3+衰10=総画数13 U+6ED6 [未詳/] [シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰滖]
◆未詳、「【康熙字典:巳集上:水部:滖】《集韻》宣隹切音綏與浽同」、但し「【集韻:卷一:平聲一:脂第六:浽{⿰氵⿳亠𠀎𧘇}𩃃】浽溦小雨或作{⿰氵⿳亠𠀎𧘇}𩃃」は「滖」ではなく「{⿰氵⿳亠𠀎𧘇}」、「滖」と「{⿰氵⿳亠𠀎𧘇}」が同字なのかどうかは未詳
【簑】竹6+衰10=総画数16 U+7C11 [サ/みの] 【蓑簔𠱗𡔤】[竹亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰簑]
◆背中に羽織って雨雪を防ぐ藁などで作った雨具
◆覆う
【縗】糸6+衰10=総画数16 U+7E17 [サイ、セ/] 【缞】[糸亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰縗]
◆(敢えて)粗末な麻布で作った喪服
◆サギ(鷺)の羽で作った衣服
【缞】糸3+衰10=総画数13 U+7F1E [サイ、セ/] 【縗】[くレ幺一纟亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰缞]
◆(敢えて)粗末な麻布で作った喪服
◆サギ(鷺)の羽で作った衣服
【蓑】艸3+衰10=総画数13 U+84D1 [サ/みの] 【簔簑𠱗𡔤】[サ十2艹艹亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰蓑]
◆背中に羽織って雨雪を防ぐ藁などで作った雨具
◆覆う
【䙑】衣5+衰10=総画数15 U+4651 [スイ/] [ネ衤亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰䙑]
◆粗末な麻布で作った喪服、同”縗”
【衾】衣6+4=総画数10 U+887E [キン、コン/ふすま] 【𧘭𡘚】[人𠆢一亼ラ今亠ノ丿2レ𧘇衣衾]
◆寝る時に体を覆うように掛ける大きな布、掛布団
◆死者を覆う布
【搇】手3+衾10=総画数13 U+6407 [キン/] [オ才扌人𠆢一亼ラ今亠ノ丿2レ𧘇衣衾搇]
◆手や指で押す
【袁】衣6+4=総画数10 U+8881 [エン、オン/] 【𡋡𡊮】[土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁]
◆衣服が長いさま、衣服がゆったりとしているさま
◆姓用字
【園】囗3+袁10=総画数13 U+5712 [エン、オン/その] 【薗𡈤】[口囗土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁園]
◆周りを垣や柵などで囲った(樹木・果樹などの)畑、「【說文解字:巻六下:囗部:園】所以樹果也」
◆周りを垣や柵などで囲った広い庭、またそのような庭のある邸宅、またそのような場所
◆高く土を盛った王やその家族の墓
◆簡”园”
【媴】女3+袁10=総画数13 U+5AB4 [エン/] [女土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁媴]
◆女性名用字
【榬】木4+袁10=総画数14 U+69AC [エン、オン/] [木土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁榬]
◆糸を巻きつける器具
◆鍾磬(打楽器の一種)を吊るす架台
【溒】水3+袁10=総画数13 U+6E92 [エン/] [シ氵土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁溒]
◆水の流れるさま
【猿】犬3+袁10=総画数13 U+733F [エン、オン/さる] 【猨𧳭𤝌】[ノ2犭土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁猿]
◆サル目のうちヒト(人)を除いたものの総称
◆テナガザル科に属するサル(猿)
【𥰟】竹6+袁10=総画数16 U+25C1F [エン/] [竹土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁𥰟]
◆糸巻き、機織で糸を巻き取る道具
【瞏】网5+袁10=総画数15 U+778F [ケイ、ギョウ/] 【睘𦊷】[四罒土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁瞏]
◆驚いて目を丸くする
◆驚いたようにじっと見る
◆一人ぽっち
◆本来は「目」部
【褤】衣5+袁10=総画数15 U+8924 [エン/] 【褑】[ネ衤土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁褤]
◆佩(はい、宝石をを連ねた飾り)を付ける帶
【轅】車7+袁10=総画数17 U+8F45 [エン、オン/ながえ] 【辕】[車土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁轅]
◆車台の左右両側から前方に向かって取り付ける二本の棒、一般に大きな車に取り付けられ、その先端に車を引くための横木(「輅」「衡」という)を取り付け牛馬や人が牽(ひ)く、小形の車の場合は一本だけで「輈」という{馬車}
◆「轅門(えんもん)」、君主や領主が外出先で野営する際に二台の車を向かい合わせに並べ轅(ながえ)を立てて門としたもの、後に陣の営所の門や役所の外門を指すようになった
【辕】車4+袁10=総画数14 U+8F95 [エン、オン/ながえ] 【轅】[ナ二十キ车土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁辕]
◆車台の左右両側から前方に向かって取り付ける二本の棒、一般に大きな車に取り付けられ、その先端に車を引くための横木(「輅」「衡」という)を取り付け牛馬や人が牽(ひ)く、小形の車の場合は一本だけで「輈」という{馬車}
◆「辕门(えんもん)」、君主や領主が外出先で野営する際に二台の車を向かい合わせに並べ轅(ながえ)を立てて門としたもの、後に陣の営所の門や役所の外門を指すようになった
【遠】辵3+袁10=総画数13 U+9060 [エン、オン/とお・い] 【𨖸逺远𢕱】[土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁え辶辶遠]
◆場所や時間などが遥(はる)かに離れている、間(あいだ)が大きく空(あ)いている
◆間を離す、大きく空ける
◆関係が薄い
【鎱】金8+袁10=総画数18 U+93B1 [エン、オン/] [金土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁鎱]
◆人名用字
【袞】衣6+5=総画数11 U+889E [コン/] 【衮𧚹】[亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八口㕣袞]
◆公式行事の際に着用する龍の模様が描かれた天子の衣服
◆三公、最も上位の三つの官職、またその人
【滾】水3+袞11=総画数14 U+6EFE [コン/たぎ・る] 【滚】[シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八口㕣袞滾]
◆水がごぼごぼと湧(わ)き立つように流れるさま
◆湧き立つ、湧き出る
◆転がる
【蔉】艸3+袞11=総画数14 U+8509 [コン/] 【蓘】[サ十2艹艹亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八口㕣袞蔉]
◆苗の根元に土を盛って育てる
【䜇】言7+袞11=総画数18 U+4707 [コン/] [言亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八口㕣袞䜇]
◆言葉が不明瞭なさま
◆冗談を言う
【𨎊】車7+袞11=総画数18 U+2838A [コン/] 【輥辊】[車亠ノ丿2レ𧘇衣ハ八口㕣袞𨎊]
◆轂(こしき、車輪の中心にあって車軸を通す円筒形の部品)の均整がとれているさま
◆車輪がよく回転するさま
【𧙃】衣6+5=総画数11 U+27643 [カ/] [亠ノ丿2レ𧘇衣丁口可𧙃]
◆衣服が柔らかくしなやかなさま
【𣘨】木4+𧙃11=総画数15 U+23628 [カ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣丁口可𧙃𣘨]
◆「𣘨橠」、木の枝がしなやかに長く伸びているさま
【𧙏】衣6+5=総画数11 U+2764F [シュウ、ジュ/そで] 【袖】[亠ノ丿2レ𧘇衣田由𧙏]
◆衣服の肩から手首までの部分、衣服の腕を包む部分、またそこに物を入れる、同”褎”
【𠍡】人2+𧙏11=総画数13 U+20361 [未詳/] [イ亻亠ノ丿2レ𧘇衣田由𧙏𠍡]
◆未詳、「【漢語大字典:人部:𠍡】【中華字海:亻部:𠍡】同”袖”」
【袲】衣6+6=総画数12 U+88B2 [シ/] [亠ノ丿2レ𧘇衣タ夕2多袲]
◆衣服がしなやかで長いさま、同”袳”
【㒅】人2+袲12=総画数14 U+3485 [ケイ、ケ/] [イ亻亠ノ丿2レ𧘇衣タ夕2多袲㒅]
◆襟元を開ける
◆「偠㒅」、女性の腰付が細くしなやかなさま
◆「𠈺㒅」、大股で歩くさま
【𢄴】巾3+袲12=総画数15 U+22134 [ダ、ナ/] 【㡅𣆚𠕝𣍓𠕰】[巾亠ノ丿2レ𧘇衣タ夕2多袲𢄴]
◆書籍や文書の保管庫、同”宬”
【橠】木4+袲12=総画数16 U+6A60 [ダ、ナ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣タ夕2多袲橠]
◆「𣘨橠」、木の枝がしなやかに長く伸びているさま
【裊】衣6+7=総画数13 U+88CA [ジョウ、ニョウ/] 【袅䙚】[鳥亠ノ丿2レ𧘇衣裊]
◆紐や飾りがしなやかに揺れるさま
【嬝】女3+裊13=総画数16 U+5B1D [ジョウ、ニョウ/たお・やか] 【嫋𡠿】[女鳥亠ノ丿2レ𧘇衣裊嬝]
◆秋風で木の枝が揺れるように、また垂れた柳の枝のように、ほっそりしてしなやかなさま
【𩦫】馬10+裊13=総画数23 U+299AB [未詳/] [馬亠ノ丿2レ𧘇衣裊𩦫]
◆「驃𩦫(音未詳)」、同「騕褭(ようじょう)」、馬名、一日に万里を駆けるという駿馬(しゅんめ)
【裏】衣6+7=総画数13 U+88CF [リ/うら] 【裏裡】[亠ノ丿2レ𧘇衣田甲土里裏]
◆衣服の内側に縫い付ける生地
◆内側、表に向いていない側
◆簡”里”
【𣿞】水3+裏13=総画数16 U+23FDE [リ/] [シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣田甲土里裏𣿞]
◆「𣿞濛(りもう)」、古地名、在広東省曲江県
【𩼆】魚11+裏13=総画数24 U+29F06 [リ/こい] 【鯉鲤𩼞】[ク𠂊田、丶4灬魚亠ノ丿2レ𧘇衣田甲土里裏𩼆]
◆コイ(鯉)、コイ目コイ科コイ属の淡水魚、また同目同科同属の魚の総称
◆手紙、書簡、「コイの腹の中から手紙が出て来た」という故事(「【蔡中郎集:卷十一:飲馬長城窟行】客從遠方來,遺我雙鯉魚。呼兒烹鯉魚,中有尺素書。」)による、「尺素」は一尺の白い絹布でそこに手紙を認(したた)めたことから「手紙」の意、後に手紙はコイの形に結んだ(封した)という、「【康熙字:魚部:七:鯉】《註》古人尺素結爲鯉魚形,卽緘也。」
【裒】衣6+7=総画数13 U+88D2 [ホウ、ブ/] [亠ノEヨ臼𦥑ノ2レ衣裒]
◆たくさん集める
◆減る
【𧝘】衣5+裒12=総画数17 U+27758 [ホウ、ボウ/] 【𧞯】[ネ衤亠ノEヨ臼𦥑ノ2レ衣裒𧝘]
◆衣服の前襟
◆懐(ふところ)、着物と胸の間
◆体全体に羽織る上下が繋がった上着
【裔】衣6+7=総画数13 U+88D4 [エイ/] 【𧘉𧘊𧚞𧛨𠆘𧛲𧘯】[亠ノ丿2レ𧘇衣冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏裔]
◆衣服の裾(すそ、衣服の下の部分)、衣服の下の端
◆(飛地ではなく地続きで)遠く離れた所、辺縁の地
◆血筋が繋がった後代の子孫
【㵝】水3+裔13=総画数16 U+3D5D [エイ/] [シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏裔㵝]
◆「溶㵝」、大波が次々に打ち寄せるさま
【裘】衣6+7=総画数13 U+88D8 [キュウ、グ/] 【𧚍𣰐】[十ンく水氺、丶求亠ノ丿2レ𧘇衣裘]
◆獣の毛皮で作った服、毛皮のコート
【𣰐】毛4+裘13=総画数17 U+23C10 [キュウ、グ/] 【裘𧚍】[十ンく水氺、丶求亠ノ丿2レ𧘇衣裘毛𣰐]
◆獣の毛皮で作った服、毛皮のコート
【𩱘】鬲10+裘13=総画数23 U+29C58 [カク/] 【䙐】[一口冂ソハ八儿一I|丨T丅鬲十ンく水氺、丶求亠ノ丿2レ𧘇衣裘𩱘]
◆裏地が付いた毛皮のコート
◆打つ、叩(たた)く
【複】衣5+9=総画数14 U+8907 [フク/] [ネ衤ノ丿一𠂉日ノヌ又夊夂复複]
◆同じものや同じことが重なる、また繰り返される
◆裏地の付いた衣服、「布を重ねる」の意
◆簡”复”
【𥵩】竹6+複14=総画数20 U+25D69 [フク、ブク/] [竹ネ衤ノ丿一𠂉日ノヌ又夊夂复複𥵩]
◆箙(えびら)、矢を入れて背負う筒状の容器
【褢】衣6+10=総画数16 U+8922 [カイ、エ/] 【𧙪】[亠ノ丿2レ𧘇衣田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼褢]
◆衣服の袖(そで)、袂(たもと)
◆袂や懐(ふところ)に物を入れる、しまい込む
◆胸に抱(だ)く
【𠐤】人2+褢16=総画数18 U+20424 [カイ、ケ/] 【傀𠎺𠐦𧝛】[イ亻亠ノ丿2レ𧘇衣田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼褢𠐤]
◆並外れて大きいさま、大きくて立派なさま
◆「𠐤儡(かいらい)」◇操人形(あやつりにんぎょう)◇他に操られている者、また組織
【𤪿】玉4+褢16=総画数20 U+24ABF [カイ、ケ/] 【瓌】[王亠ノ丿2レ𧘇衣田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼褢𤪿]
◆珍しい、大変貴重な、同”瑰”
◆珠(たま)に似た美しい石
【褭】衣6+10=総画数16 U+892D [ジョウ、ニョウ/] 【䮍】[亠ノ丿2レ𧘇衣馬褭]
◆飾り紐を結(むす)んだ馬
◆「騕褭(ようじょう)」、馬名、一日に千里万里を駆けるという駿馬(しゅんめ)、「【廣韻:上聲:篠:杳】騕褭神馬日行千里。」
【㜵】女3+褭16=総画数19 U+3735 [ジョウ、ニョウ/] [女亠ノ丿2レ𧘇衣馬褭㜵]
◆「婹㜵(ようじょう)」、嫋(たお)やかで美しいさま
【𥤂】禾5+褭16=総画数21 U+25902 [ジョウ、ニョウ/] [ノ木禾亠ノ丿2レ𧘇衣馬褭𥤂]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:筱第二十九:𥤂】衡不舉也」
【褰】衣6+10=総画数16 U+8930 [ケン/] 【𧞼𧝱䙭𧛓】[ウ宀三十4土2井𠀎ハ八𡨄亠ノ丿2レ𧘇衣褰]
◆股下が二つに分かれた袴(はかま)状或いはズボン状の衣裳
◆衣服の裾(すそ)を掴(つま)んで持ち上げる、たくし上げる
【攐】手3+褰16=総画数19 U+6510 [ケン/] [オ才扌ウ宀三十4土2井𠀎ハ八𡨄亠ノ丿2レ𧘇衣褰攐]
◆衣服の裾をたくし上げる、同”褰”
【𧞼】衣5+褰16=総画数21 U+277BC [ケン/] 【褰𧝱䙭𧛓】[ネ衤ウ宀三十4土2井𠀎ハ八𡨄亠ノ丿2レ𧘇衣褰𧞼]
◆股下が二つに分かれた袴(はかま)状或いはズボン状の衣裳
◆衣服の裾(すそ)を掴(つま)んで持ち上げる、たくし上げる
【褱】衣6+10=総画数16 U+8931 [カイ、エ/] 【𧞷】[亠四罒二2ノ2レ衣褱]
◆着物の前合わせ(体の前で重ね合わさったところ)や着物と下着の間、同”懷”
◆着物の前合わせのところに物を挟(はさ)む、懐(ふところ)に物を入れる、しまい込む
【𠐦】人2+褱16=総画数18 U+20426 [カイ、ケ/] 【傀𠎺𠐤𧝛】[イ亻亠四罒二2ノ2レ衣褱𠐦]
◆並外れて大きいさま、大きくて立派なさま
◆「𠐦儡(かいらい)」◇操人形(あやつりにんぎょう)◇他に操られている者、また組織
【壞】土3+褱16=総画数19 U+58DE [カイ、エ/こわ・れる、こわ・す] 【壊𡎯𣀤𣀩𢽫𢾣】[土亠四罒二2ノ2レ衣褱壞]
◆毀(こぼ)れる、崩れる、損(そこ)なう、破れる、欠ける、潰(つぶ)れる、元来(がんらい)の或いは本来の形や状態でなくなる
◆簡”坏”
【𡾝】山3+褱16=総画数19 U+21F9D [カイ、エ/] 【㠢𡾨】[山亠四罒ンく水氺ハ小2眔ノ2レ衣褱𡾝]
◆山は高く谷は深いさま
【𡾨】山3+褱16=総画数19 U+21FA8 [カイ、エ/] 【㠢𡾝】[山亠四罒ンく水氺ハ小2眔ノ2レ衣褱𡾨]
◆山は高く谷は深いさま
【懷】心3+褱16=総画数19 U+61F7 [カイ、エ/ふところ、いだ・く、なつ・かしい、なつ・く] 【懐怀】[ハI|丨忄亠四罒二2ノ2レ衣褱懷]
◆着物の前合わせ(体の前で重ね合わさったところ)や着物と下着の間、同”褱”
◆周りが覆われている内側、心の中、腹の中
◆包み込む、胸に抱(だ)く、心に思い抱(いだ)く
◆子を孕(はら)む、妊娠する
◆胸に抱(だ)いて大切にする、馴(な)れ親しむ
◆なつ・かしい、慕(した)わしく思う、過去のことが胸に浮かぶ
【𢸬】手3+褱16=総画数19 U+22E2C [カイ、エ/] [オ才扌亠四罒二2ノ2レ衣褱𢸬]
◆壊れる、毀(こぼ)れる、同”壊”
【𣀤】攴4+褱16=総画数20 U+23024 [カイ、エ/こわ・れる、こわ・す] 【壊壞𡎯𣀩𢽫𢾣】[亠四罒二2ノ2レ衣褱ト卜⺊ヌ又攴𣀤]
◆毀(こぼ)れる、崩れる、損(そこ)なう、破れる、欠ける、潰(つぶ)れる、元来(がんらい)の或いは本来の形や状態でなくなる
【𣀩】攴4+褱16=総画数20 U+23029 [カイ、エ/こわ・れる、こわ・す] 【壊壞𡎯𣀤𢽫𢾣】[亠四罒二2ノ2レ衣褱ノ丿一𠂉メヌ又攵𣀩]
◆毀(こぼ)れる、崩れる、損(そこ)なう、破れる、欠ける、潰(つぶ)れる、元来(がんらい)の或いは本来の形や状態でなくなる
【櫰】木4+褱16=総画数20 U+6AF0 [カイ、エ/] [木亠四罒二2ノ2レ衣褱櫰]
◆エンジュ(槐、マメ科の木)の別名
◆木名、葉は丸く実はボケ(木瓜)程の大きさで赤いという
◆「櫰香」、香木名、葉は長く鋸歯があり根を燻すと良い香りがするという
【𣩹】歹4+褱16=総画数20 U+23A79 [カイ、エ/] 【𣩻】[一タ夕歹亠四罒二2ノ2レ衣褱𣩹]
◆腐る、腐って崩れる、同”壊”、「【集韻:卷七:去聲上:怪第十六:𣩻】腐也」
【𣩻】歹5+褱16=総画数21 U+23A7B [カイ、エ/] 【𣩹】[ト卜⺊タ夕歺亠四罒二2ノ2レ衣褱𣩻]
◆腐る、腐って崩れる、同”壊”、「【集韻:卷七:去聲上:怪第十六:𣩻】腐也」
【瀤】水3+褱16=総画数19 U+7024 [カイ、エ/] [シ氵亠四罒ンく水氺ハ小2眔ノ2レ衣褱瀤]
◆「瀤澤(かいたく)」、川名、未詳、「【山海經:卷三】獄法之山瀤澤之水出焉」「【說文解字:卷十二:水部:瀤】北方水也」
◆「溛瀤(わかい)」、水や泥が溜まった窪地、「【江賦】峾淪溛瀤乍浥乍堆」
【瓌】玉4+褱16=総画数20 U+74CC [カイ、ケ/] 【𤪿】[王亠四罒二2ノ2レ衣褱瓌]
◆珍しい、大変貴重な、同”瑰”
◆珠(たま)に似た美しい石
【䃶】石5+褱16=総画数21 U+40F6 [カイ/] [石亠四罒ンく水氺ハ小2眔ノ2レ衣褱䃶]
◆小石だらけで凸凹(でこぼこ)しているさま
【耲】耒6+褱16=総画数22 U+8032 [カイ、エ/] [ノ三二木未耒亠四罒ンく水氺ハ小2眔ノ2レ衣褱耲]
◆土を掘り返した後に土を細かくするための農具
【𧞷】衣5+褱16=総画数21 U+277B7 [カイ、エ/] 【褱】[ネ衤亠四罒二2ノ2レ衣褱𧞷]
◆着物の前合わせ(体の前で重ね合わさったところ)や着物と下着の間、同”懷”
◆着物の前合わせのところに物を挟(はさ)む、懐(ふところ)に物を入れる、しまい込む
【𩟮】食8+褱16=総画数24 U+297EE [カイ/] [人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿亠四罒二2ノ2レ衣褱𩟮]
◆饐(す)える、飯などの食物が傷む、同”饐”
【襄】衣6+11=総画数17 U+8944 [ショウ、ソウ、ジョウ/] 【㐮𠆝𧞻𧞜𡣿】[亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄]
◆高く挙げる、上に向かう、高みに上る
◆助ける、補佐する
◆(手を貸して)成し遂げさせる
【儴】人2+襄17=総画数19 U+5134 [ジョウ、ニョウ、ショウ/] [イ亻亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄儴]
◆先例や風習などに従う、またそれに囚われる
◆「㑌儴(きょうじょう)」、慌てふためくさま、狼狽(うろた)えるさま、同「劻勷」
【勷】力2+襄17=総画数19 U+52F7 [ジョウ、ニョウ、ショウ/] [亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄カ力勷]
◆「劻勷(きょうじょう)」、同「㑌儴」、慌てふためくさま、狼狽(うろた)えるさま
【嚷】口3+襄17=総画数20 U+56B7 [ジョウ/] [口亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄嚷]
◆大声で叫ぶ
◆喧(やかま)しいさま
【壤】土3+襄17=総画数20 U+58E4 [ジョウ、ニョウ/] 【壌】[土亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄壤]
◆耕して柔らかくした土
◆穀物が豊かに実る、またその土地、同”穰”
◆地、大地
【孃】女3+襄17=総画数20 U+5B43 [ジョウ、ニョウ/] 【嬢】[女亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄孃]
◆母、母親
◆若い未婚の女性、娘、少女
◆[日]未婚の女性に対する敬称
【忀】彳3+襄17=総画数20 U+5FC0 [ショウ、ソウ/] [ノ丿2イ彳亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄忀]
◆「忀徉(しょうよう)」、同「徜徉」「逍遙」、思いのままにあちこち歩き回る
【懹】心3+襄17=総画数20 U+61F9 [ジョウ、ニョウ/] [ハI|丨忄亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄懹]
◆憚(はばか)る
◆懼れて避ける
【攘】手3+襄17=総画数20 U+6518 [ジョウ、ニョウ/] 【𢺖𢭗】[オ才扌亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄攘]
◆譲(ゆず)る、位・場所・立場などから自ら退(しりぞ)き空いたところを人に進める、同”讓”
◆(入り込もうとするところにあるものを)退ける、(入り込もうとするものを)払い除(の)ける、、振り払う
◆(入り込んで)奪う、奪い取る、同”𣀮”
◆掻(か)き乱す、入り乱れる
【𣀮】攴4+襄17=総画数21 U+2302E [ジョウ、ニョウ/] 【𣤸𣤽𥀶】[亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄ト卜⺊ヌ又攴𣀮]
◆奪う、奪い取る、同”攘”
【曩】日4+襄17=総画数21 U+66E9 [ドウ、ノウ/] [日亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄曩]
◆以前、あまり遠くない以前、同”曏”
【䑋】月(肉)4+襄17=総画数21 U+444B [ジョウ、ニョウ/] [月亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄䑋]
◆肥える
【欀】木4+襄17=総画数21 U+6B00 [ショウ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄欀]
◆木名
【𣤸】欠4+襄17=総画数21 U+23938 [ジョウ、ニョウ/] 【𣀮𣤽𥀶】[亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄ノフ乛人欠𣤸]
◆奪う、奪い取る、同”攘”
【瀼】水3+襄17=総画数20 U+703C [ジョウ、ニョウ、ドウ、ノウ/] [シ氵亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄瀼]
◆露(つゆ)でびっしょりと濡れているさま
◆水の底に溜まった泥や塵
【爙】火4+襄17=総画数21 U+7219 [ジョウ、ニョウ/] [火亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄爙]
◆火
【獽】犬3+襄17=総画数20 U+737D [ジョウ、ニョウ/] [ノ2犭亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄獽]
◆キンシコウ(金絲猴)と同属のサル(猿)
【瓖】玉4+襄17=総画数21 U+74D6 [ショウ、ソウ/] [王亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄瓖]
◆馬の帯に飾りとして嵌(は)め込む玉(ぎょく)
【瓤】瓜5+襄17=総画数22 U+74E4 [ジョウ、ニョウ/] [亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄爪ム厶瓜瓤]
◆ウリ科の植物の実の果肉と種の部分、また種と種を包んでいる柔らかい部分
◆(ミカンなどの)皮や殻で包まれているものの中身
【𥀶】皮5+襄17=総画数22 U+25036 [ジョウ、ニョウ/] 【𣀮𣤸𣤽】[亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄フノ丿ヌ又皮𥀶]
◆奪う、奪い取る、同”攘”
【禳】示5+襄17=総画数22 U+79B3 [ジョウ、ニョウ/] [二小𡭕示亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄禳]
◆災禍(さいか)を祓(はら)い除くよう神に祈り願う
【穰】禾5+襄17=総画数22 U+7A70 [ジョウ、ニョウ/] 【穣】[ノ木禾亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄穰]
◆穀物の茎の表皮を取り除いた部分
◆穀物が豊かに実る、豊作
◆豊かなさま
◆10の28乗、但し時代によって異なる{数字}
【𥽬】米6+襄17=総画数23 U+25F6C [ジョウ、ニョウ/] [米亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄𥽬]
◆いろいろな具材を混ぜた飯、同”糅”
【纕】糸6+襄17=総画数23 U+7E95 [ショウ、ソウ、ジョウ、ニョウ/] [糸亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄纕]
◆腰に巻く帯
◆袖をたくし上げる
◆たくし上げた袖を留める帶
【蘘】艸3+襄17=総画数20 U+8618 [ジョウ、ニョウ/] 【𧅍】[サ十2艹艹亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄蘘]
◆「蘘荷(じょうか)」、ミョウガ(茗荷)、ショウガ科ショウガ属の草、蕾(つぼみ)を食用とする{ミョウガ}
【蠰】虫6+襄17=総画数23 U+8830 [ドウ、ノウ、ジョウ、ニョウ/] 【𧖗𧐀】[口丨中虫亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄蠰]
◆桑の葉を好んで食べるカミキリムシ科の昆虫の一種、クワカミキリ
◆イナゴ(蝗)やバッタ(飛蝗)などに似た小形の虫、「土𧎩(どけつ)」
◆「蟷蠰(とうのう)」、カマキリ(蟷螂)の別称
【𧟄】衣5+襄17=総画数22 U+277C4 [ジョウ、ニョウ/] [ネ衤亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄𧟄]
◆未詳、「【字彙補:申集:衣部:𧟄】金石錄太公碑引周志曰文王夢天帝服元𧟄以立于令孤之津帝曰賜汝望趙明誠曰𧟄字字書所無葢从衣不从示也」
【讓】言7+襄17=総画数24 U+8B93 [ジョウ、ニョウ/ゆず・る] 【譲𧮨让𦦬】[言亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄讓]
◆自ら退(しりぞ)き他人を先にする
◆位・場所・立場などから自ら退き空いたところを人に進める、対価を求めずに人に渡す
◆控え目に(他人の先に出ることがないように)振る舞う
◆きつく責(せ)める、咎(とが)める
【躟】足7+襄17=総画数24 U+8E9F [ジョウ、ニョウ/] [口⺊上止龰足亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄躟]
◆急に或いは急いで出掛ける
【釀】酉7+襄17=総画数24 U+91C0 [ジョウ、ニョウ/かも・す] 【醸酿】[西酉亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄釀]
◆発酵作用を利用して酒・酢・醤などを造る
◆混じり合ったり変化したりして次第に別のものが生まれる
【鑲】金8+襄17=総画数25 U+9472 [ジョウ、ニョウ/] 【镶】[金亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄鑲]
◆中空の器などの鋳型
◆象眼する
【镶】金5+襄17=総画数22 U+9576 [ジョウ、ニョウ/] 【鑲】[ノ丿一𠂉二レモ钅亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄镶]
◆中空の器などの鋳型
◆象眼する
【𩆶】雨8+襄17=総画数25 U+291B6 [ジョウ、ニョウ/] [雨亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄𩆶]
◆露(つゆ)でびっしょりと濡れているさま
【饟】食9+襄17=総画数26 U+995F [ショウ/] 【𩝾】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄饟]
◆野良仕事や軍中で食べる弁当また食糧、またそれを食べる
【驤】馬10+襄17=総画数27 U+9A64 [ソウ、ショウ/] 【骧】[馬亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄驤]
◆馬が首を立てて疾走する
◆上に挙がる
◆右後足が白い馬
【骧】馬3+襄17=総画数20 U+9AA7 [ソウ、ショウ/] 【驤】[フ𠃌L2𢎘一马亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄骧]
◆馬が首を立てて疾走する
◆上に挙がる
◆右後足が白い馬
【鬤】髟10+襄17=総画数27 U+9B24 [ジョウ、ニョウ/] 【𩰉】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄鬤]
◆髪が乱れるさま
【䙢】衣5+12=総画数17 U+4662 [ソウ/] [ネ衤䙢ハ八口ソ日2曽曾䙢]
◆上半身に着る肌着
【䙢】衣5+䙢12=総画数17 U+4662 [ソウ/] [ネ衤䙢ハ八口ソ日2曽曾䙢]
◆上半身に着る肌着
【𧝑】衣6+12=総画数18 U+27751 [テン/] 【𧝣】[亠ノ丿2レ𧘇衣エ工4㠭𧝑]
◆赤く美しい絹の衣
◆「𧝑衣(てんい)」、王后の礼服の一つで白無地のもの
【𩧝】馬10+𧝑18=総画数28 U+299DD [テン/] 【𩥇】[馬亠ノ丿2レ𧘇衣エ工4㠭𧝑𩧝]
◆馬が転がって土や泥を体に擦(なす)り付ける
【𧞻】衣6+16=総画数22 U+277BB [ショウ、ソウ、ジョウ/] 【襄㐮𠆝𧞜𡣿】[口2吅コ匚エ工メ㐅乂2爻𤕦亠ノ丿2レ𧘇衣𧞻]
◆高く挙げる、上に向かう、高みに上る
◆助ける、補佐する
◆(手を貸して)成し遂げさせる
【𧖗】虫6+𧞻22=総画数28 U+27597 [ドウ、ノウ、ジョウ、ニョウ/] 【蠰𧐀】[口丨中虫口2吅コ匚エ工メ㐅乂2爻𤕦亠ノ丿2レ𧘇衣𧞻𧖗]
◆桑の葉を好んで食べるカミキリムシ科の昆虫の一種、クワカミキリ
◆イナゴ(蝗)やバッタ(飛蝗)などに似た小形の虫、「土𧎩(どけつ)」
◆「蟷𧖗(とうのう)」、カマキリ(蟷螂)の別称
【𧮨】言7+𧞻22=総画数29 U+27BA8 [ジョウ、ニョウ/ゆず・る] 【讓譲让𦦬】[言口2吅コ匚エ工メ㐅乂2爻𤕦亠ノ丿2レ𧘇衣𧞻𧮨]
◆自ら退(しりぞ)き他人を先にする
◆位・場所・立場などから自ら退き空いたところを人に進める、対価を求めずに人に渡す
◆控え目に(他人の先に出ることがないように)振る舞う
◆きつく責(せ)める、咎(とが)める
【𧟛】衣6+24=総画数30 U+277DB [シュウ、ジュウ/おそ・う、かさね] 【襲袭𧟟㦻】[立ノEヨ臼𦥑L乚竜2亠ノ丿2レ𧘇衣𧟛]
◆攻めかかる
◆重ね着する
◆死者に着せる衣服
◆引き継ぐ
【𧟞】衣5+𧟛30=総画数35 U+277DE [フク/] 【𧜰】[ネ衤立ノEヨ臼𦥑L乚竜2亠ノ丿2レ𧘇衣𧟛𧟞]
◆裏地の付いた衣服、袷(あわせ)
◆裏地を付け間に綿を入れた衣服、同”絮””袍”


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 衣部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です