総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「雨部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 雨部」 [部首索引


【雨】雨8+0=総画数8 U+96E8 [ウ/あめ、あま] 【𠕒𠕘𠕲𩁼㲾】[雨]
◆上空(の雲から)から地上に降ってくる水滴、またそれが落ちて来る
◆(雨や雪が)降る
◆あめ、あめかんむり、部首名
漢字林(非部首部別)
【雩】雨8+3=総画数11 U+96E9 [ウ/] 【𦏻】[雨二一Lフ𠃌丂亏雩]
◆夏の旱(ひでり)の時に羽飾りを付けて踊り祈る雨乞いの祭礼
◆虹(にじ)
漢字林(非部首部別)
【雪】雨8+3=総画数11 U+96EA [セツ、セチ/ゆき、すす・ぐ] 【䨮】[雨ヨ雪]
◆ゆき、空中の水蒸気が結晶となって降ってくるもの
◆(雪のように)白いさま
◆すす・ぐ、穢れや恥を洗い清める
漢字林(非部首部別)
【雫】雨8+3=総画数11 U+96EB [ダ、ナ/しずく] [雨下雫]
◆未詳
◆[日]しずく、滴り落ちる水滴また液体
【𩁻】雨8+3=総画数11 U+2907B [レイ、リョウ/] [雨女𩁻]
◆女性名字
【𩁼】雨8+3=総画数11 U+2907C [ウ/あめ、あま] 【雨𠕒𠕘𠕲㲾】[タ夕雨𩁼]
◆上空(の雲から)から地上に降ってくる水滴、またそれが落ちて来る
◆(雨や雪が)降る
【䨌】雨8+4=総画数12 U+4A0C [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨔𩅒𩅟𩄉𩆗𩇌】[雨二一ノ丿L乚儿兀元䨌]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【雬】雨8+4=総画数12 U+96EC [フ/] [雨木ホ雬]
◆霧
【雭】雨8+4=総画数12 U+96ED [ソウ、シュウ/] [雨ノフヌ又乃及雭]
◆小雨の降る音
【雮】雨8+4=総画数12 U+96EE [ボク、モク/] [雨毛雮]
◆鳥の羽がしっとりとしているさま
【雯】雨8+4=総画数12 U+96EF [ブン、モン/] [雨文雯]
◆美しい模様を成す雲
【雰】雨8+4=総画数12 U+96F0 [フン/] [雨ハ八刀分雰]
◆霧や雲などのように空中を漂う細かい水滴、同”氛”
◆もやもやとしたさま、或いはそのようなもの
【雱】雨8+4=総画数12 U+96F1 [ホウ/] 【䨦𣃪】[雨亠万方雱]
◆雨や雪が一面に降るさま、雨や雪が激しく降るさま、同”霶”
【雲】雨8+4=総画数12 U+96F2 [ウン/くも] 【𦤆】[雨二一ム厶𠫔云雲]
◆空中の細かい水滴が集まり浮かんでいるもの、降ってくるものは「雨」
◆(雲のように)もやもやとしたもの、たくさん集まっているさま、天空高くにあるさま
◆簡”云”
漢字林(非部首部別)
【雳】雨8+4=総画数12 U+96F3 [レキ/] 【靂𩆝】[雨厂カ力历靂雳]
◆「霹雳(へきれき)」、同「礔礰」、突然切り裂くように響き渡る激しい雷
【𩂆】雨8+4=総画数12 U+29086 [ホウ、フ/] [雨不𩂆]
◆霧
◆雨が止まないさま
【𩂇】雨8+4=総画数12 U+29087 [イン、オン/] 【𩃬霠𩃛𩄈霒】[雨人𠆢一亼ラ今𩂇]
◆雲が太陽を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
【𩂉】雨8+4=総画数12 U+29089 [シュ、ス、ジュ/] 【需】[雨一人大天𩂉]
◆(雨降りに合って早く止まないかと)待ち望む
◆欲しいものや必要なもの、またそれを得たいと思う、また思いながら待つ
【𩂊】雨8+4=総画数12 U+2908A [未詳/] [雨王𩂊]
◆未詳、【中華字海】は「同”璽”」とする
【𩂪】雨8+4=総画数12 U+290AA [未詳/] [雨月𩂪]
◆未詳、字形も「雨月」や「雨䏌」などの混乱が見られる
【䨎】雨8+5=総画数13 U+4A0E [オウ/] 【霐】[雨弓ム厶弘䨎]
◆奥深く薄暗いさま
【雴】雨8+5=総画数13 U+96F4 [チュウ/] [雨立雴]
◆「雴霫」、大雨が降るさま
【雵】雨8+5=総画数13 U+96F5 [オウ/] [雨大央雵]
◆「雵雵」、白い雲が湧き昇さま
◆花が散るように降る雪
【零】雨8+5=総画数13 U+96F6 [レイ、リョウ/こぼ・れる、ぜろ] 【𩆖𡈍】[雨人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令零]
◆細かい雨が静かに降る、細かい水の粒がぽとぽとと滴り落ちる
◆落ちる、衰える、萎(しお)れる、寂(さび)れる、無(な)くなる
◆小さい、少ない、非常に小さい
◆数字のゼロ{数字}
漢字林(非部首部別)
【雷】雨8+5=総画数13 U+96F7 [ライ/かみなり、いかずち] 【𩄣靁𩇓䨓𩂩𤴑𤴌𤴐】[雨田雷]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
漢字林(非部首部別)
【雸】雨8+5=総画数13 U+96F8 [ガン/] [雨十2廿甘雸]
◆霜
【雹】雨8+5=総画数13 U+96F9 [ハク、ボク/ひょう] 【䨌䨔𩅒𩅟𩄉𩆗𩇌】[雨ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包雹]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
漢字林(非部首部別)
【雺】雨8+5=総画数13 U+96FA [ブ、ム、ボウ/] [雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛雺]
◆霧
◆霧が立ち籠め薄暗くぼんやりしているさま
【電】雨8+5=総画数13 U+96FB [デン、テン/] 【𩃓𩂬𩂵𩃿𩅎𩅏电】[雨田L乚甩電]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【雼】雨8+5=総画数13 U+96FC [トウ、ドウ/] [雨石雼]
◆岩屋(いわや)、住居用の洞穴、同”宕”
【雽】雨8+5=総画数13 U+96FD [コ/] [雨ノソ乎雽]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【雾】雨8+5=総画数13 U+96FE [ブ、ム/きり] 【霧霚】[雨ノヌ又夊夂カ力雾]
◆地表付近で空気中の水蒸気が凝結し無数の小さな水滴となって浮かんでいるもの、(気象学上では視程が1km以下のもの、1km以上10km未満のものは「靄」)
◆霞んでぼんやりしているさま、見通しが悪いさま
【𩂔】雨8+5=総画数13 U+29094 [フツ、ブチ、ブツ/] [雨ナ大犬ノ丿メ友犮𩂔]
◆未詳、【康熙字典】に「《集韻》雨貌」とあり
【𩂗】雨8+5=総画数13 U+29097 [ホツ、ボツ/] [雨山2出𩂗]
◆【康熙字典】に「《集韻》雲貌」とあり
【𩂘】雨8+5=総画数13 U+29098 [/] [雨田甲𩂘]
◆【康熙字典】に「《字彙補》古文陝字」とあり
【𩂙】雨8+5=総画数13 U+29099 [レイ、リョウ/] [雨人𠆢タ夕𩂙]
◆「𩂙中(れいちゅう)」、関名、中国南東部にあったという
【𩂜】雨8+5=総画数13 U+2909C [ショ/ところ、こ] 【処处處䖏𧇤𠙚𠁅𩂫】[雨ノ𠃌勹23勿、丶メ匆𩂜]
◆腰を落ち着ける、居る、止(とど)まる、またその場所
◆あるべきところに置く、また落ち着ける
◆ところ、場所
【𩂡】雨8+5=総画数13 U+290A1 [ワ、エ/] [雨ノ丿2𠂆I|丨イ爪ム厶瓜𩂡]
◆窪(くぼ)み、同”窊”
【䨓】雨8+6=総画数14 U+4A13 [ライ/かみなり、いかずち] 【雷𩄣靁𩇓𩂩𤴑𤴌𤴐】[雨口囗2回䨓]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
【䨔】雨8+6=総画数14 U+4A14 [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌𩅒𩅟𩄉𩆗𩇌】[雨光䨔]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【䨖】雨8+6=総画数14 U+4A16 [セイ、サイ/は・れる] 【霽霁𩄄𩃟】[雨ナ𠂇月有䨖]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
【雿】雨8+6=総画数14 U+96FF [チョウ/] [雨ンノ丿L乚く儿兆雿]
◆遠く離れているさま、遠く霞んでいるさま
【需】雨8+6=総画数14 U+9700 [シュ、ス、ジュ/] 【𩂉】[雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需]
◆(雨降りに合って早く止まないかと)待ち望む
◆欲しいものや必要なもの、またそれを得たいと思う、また思いながら待つ
漢字林(非部首部別)
【霁】雨8+6=総画数14 U+9701 [セイ、サイ/は・れる] 【霽䨖𩄄𩃟】[雨文ノ丿I|丨齐霽霁]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
【𩂣】雨8+6=総画数14 U+290A3 [ラク/] [雨ノヌ又夊夂口各𩂣]
◆雨が降る
【𩂥】雨8+6=総画数14 U+290A5 [イン/] [雨口囗大因𩂥]
◆未詳、「【廣韻:去聲:震:印:𩂥】氣行」「【集韻:卷七】𩂥氣流行謂之𩂥」
【𩂩】雨8+6=総画数14 U+290A9 [ライ/かみなり、いかずち] 【雷𩄣靁𩇓䨓𤴑𤴌𤴐】[雨口2吅𩂩]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
【𩂫】雨8+6=総画数14 U+290AB [ショ/ところ、こ] 【処处處䖏𧇤𠙚𠁅𩂜】[雨タ夕ノヌ又夊夂2𩂫]
◆腰を落ち着ける、居る、止(とど)まる、またその場所
◆あるべきところに置く、また落ち着ける
◆ところ、場所
漢字林(非部首部別)
【𩂬】雨8+6=総画数14 U+290AC [デン、テン/] 【電𩃓𩂵𩃿𩅎𩅏电】[雨日田L乚电一𩂬]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【𩂳】雨8+6=総画数14 U+290B3 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨二ソ业亚𩂳]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩂴】雨8+6=総画数14 U+290B4 [サク、シャク/] 【𩂺】[雨木冂巾朿𩂴]
◆小雨が(細かい雨が)降るさま、同”洓”
【𩂵】雨8+6=総画数14 U+290B5 [デン、テン/] 【電𩃓𩂬𩃿𩅎𩅏电】[雨コノ丿尸コ匚L乚己巳𩂵]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【䨘】雨8+7=総画数15 U+4A18 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩄧𩅤𩃝𩃂】[雨目見䨘]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【䨙】雨8+7=総画数15 U+4A19 [イン/] 【霪𩆍𣽮】[雨シ氵ノ丿土士壬䨙]
◆「霖(りん、三日以上降り続く長雨)」よりも更に長く(十日以上も)降り続く雨
【霂】雨8+7=総画数15 U+9702 [モク、ボク/] [雨シ氵木沐霂]
◆霧のように細かい雨
【霃】雨8+7=総画数15 U+9703 [チン、ジン/] [雨シ氵ワ冖ノ丿L乚冘沈霃]
◆雲に覆われて晴れない日が続くさま
【霄】雨8+7=総画数15 U+9704 [ショウ/] 【䨭㲵】[雨ハソ小月肖霄]
◆空、天空
◆宵(よい)、夜
◆雪や霰などが融け始め水を含んだような状態であるさま
【霅】雨8+7=総画数15 U+9705 [ショウ/] [雨言霅]
◆雷光が走り雷鳴が轟くさま
◆叩き付けるような激しい雨が降るさま
◆大勢ががやがやと一斉に喋るさま
漢字林(非部首部別)
【霆】雨8+7=総画数15 U+9706 [テイ、ジョウ/] 【𩄫𨗒𨗠𨖝】[雨ノ丿千土士壬𡈼フヌ又廴廷霆]
◆激しい雷鳴、轟(とどろ)く
◆稲妻、雷光
【震】雨8+7=総画数15 U+9707 [シン/ふる・える] 【𩆉𩇒】[雨厂二レノ辰震]
◆激しい雷でものががたがたと振動するさま、怒りや恐れなどで体が小刻みに揺れ動くさま、ものが小刻みに揺れ動くさま
◆八卦(はっか、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ{卦}{方位}
【霈】雨8+7=総画数15 U+9708 [ハイ/] [雨シ氵一十巾亠巾市巿霈]
◆滝のような雨が降るさま、大雨
【霉】雨8+7=総画数15 U+9709 [バイ、ビ、ミ/] [雨ノ一𠂉母毋毎每霉]
◆黴(かび)
◆黴が生えて物が使えなくなる
【霊】雨8+7=総画数15 U+970A [レイ、リョウ/たま、たましい] 【𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨二ソ业亚霊]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩂹】雨8+7=総画数15 U+290B9 [エキ、ヤク/] [雨ノ丿2イ彳ク刀几ヌ又殳役𩂹]
◆大雨
【𩂺】雨8+7=総画数15 U+290BA [サク、シャク/] 【𩂴】[雨木口束𩂺]
◆小雨が(細かい雨が)降るさま、同”洓”
【𩂻】雨8+7=総画数15 U+290BB [ショウ/] [雨耳L乚耴𦔮𩂻]
◆「𩂻霎」、小雨
【𩃃】雨8+7=総画数15 U+290C3 [スイ/] [雨ム厶2ノヌ又夊夂𩃃]
◆小雨、雨が細々と降るさま
【𩃆】雨8+7=総画数15 U+290C6 [未詳/] [雨ハI|丨忄二レLフ一彑互𢗝𩃆]
◆未詳
【𩃏】雨8+7=総画数15 U+290CF [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨ヨ雪ヨ火灵𩃏]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【䨛】雨8+8=総画数16 U+4A1B [サク/] 【𩄜】[雨木ノ丿2𠂆T斤析䨛]
◆霰(あられ)が降るさま
【霋】雨8+8=総画数16 U+970B [セイ、サイ/] [雨十ヨ女妻霋]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる、雲が取れて晴れ上がる、同”霽”
【霌】雨8+8=総画数16 U+970C [シュウ/] [雨冂土口吉周霌]
◆【康熙字典】に「《篇海》雲雨貌」とあり
【霍】雨8+8=総画数16 U+970D [カク/] [雨ノ2隹霍]
◆俄雨(にわかあめ)、突然降り出して間もなく止む雨、「さっ」と降り出し「ぱっ」と止む雨
◆僅かの間、一時的な、瞬間的な
漢字林(非部首部別)
【霎】雨8+8=総画数16 U+970E [ソウ、ショウ/] [雨立女妾霎]
◆俄雨(にわかあめ)
◆小雨
【霏】雨8+8=総画数16 U+970F [ヒ/] 【䬠】[雨一6三2非霏]
◆雨と雪が入り混じって舞い降るさま
【霐】雨8+8=総画数16 U+9710 [オウ/] 【䨎】[雨シ氵弓ム厶弘泓霐]
◆奥深く薄暗いさま
【霑】雨8+8=総画数16 U+9711 [テン/うるお・う、うるお・す] [雨シ氵ト卜⺊口占沾霑]
◆雨に濡れる
◆潤う
【霒】雨8+8=総画数16 U+9712 [イン、オン/] 【𩃬霠𩃛𩄈𩂇】[雨二一ム厶𠫔云雲人𠆢一亼ラ今霒]
◆雲が太陽を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
【霓】雨8+8=総画数16 U+9713 [ゲイ、ゲ/] [雨ノEヨ臼ノ丿L乚儿兒霓]
◆虹の外側にできる薄い虹、副虹(ふくこう)、色の並びは虹と逆になる、古く虹は天空を横切る大蛇に見立てたもので、虹にも雄雌があると考えられ、色が鮮やかなものを雄で「虹」「主虹(しゅこう)」、薄いものを雌で「霓(げい)」「副虹(ふくこう)」といった
【霔】雨8+8=総画数16 U+9714 [シュ、ス/] [雨シ氵、丶王主注霔]
◆降る時期や量が万物にとってちょうど良い雨、同”澍”
【霕】雨8+8=総画数16 U+9715 [トン/] [雨二一ム厶𠫔云雲ノ一凵山L乚𡳾屯霕]
◆雲が雄大なさま
【霖】雨8+8=総画数16 U+9716 [リン/] [雨木2林霖]
◆長く(三日以上)降り続く雨、十日以上も続く雨は「霪」
漢字林(非部首部別)
【霗】雨8+8=総画数16 U+9717 [/] [雨シ氵人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令泠霗]
◆「𩆼」の異体字か?
【霙】雨8+8=総画数16 U+9719 [エイ、オウ、ヨウ/みぞれ] 【𩅊𩄪】[雨サ十2艹艹大央英霙]
◆雨交じりの雪
◆雪が花弁(はなびら)のようにひらひらと舞うように降るさま、「英(はなぶさ)」は「花」の意
【𩃂】雨8+8=総画数16 U+290C2 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩄧𩅤𩃝䨘】[雨オ才扌ノ一𠂉メヌ又攵𩃂]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【𩃓】雨8+8=総画数16 U+290D3 [デン、テン/] 【電𩂬𩂵𩃿𩅎𩅏电】[雨ノEヨ臼L乚𩃓]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【𩃕】雨8+8=総画数16 U+290D5 [ソウ/] [雨Lノ「爿木牀𩃕]
◆急に降り始める雨
【𩃗】雨8+8=総画数16 U+290D7 [エン/] [雨大日田L乚电奄𩃗]
◆黒い雲が空を覆うさま、雲が空を覆い今にも雨が降り出しそうなさま、同”渰”
【𩃘】雨8+8=総画数16 U+290D8 [タン、ダン/] 【𩅂】[雨十田虫𩃘]
◆玉のような露(つゆ)がびっしりと付いているさま、同”漙”
【𩃛】雨8+8=総画数16 U+290DB [イン、オン/] 【𩃬霠𩄈霒𩂇】[雨日人𠆢一亼ラ今昑𩃛]
◆雲が太陽を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
【𩃝】雨8+8=総画数16 U+290DD [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩄧𩅤𩃂䨘】[雨木ノ一𠂉メヌ又攵枚𩃝]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【𩃞】雨8+8=総画数16 U+290DE [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸2𢨯𩃞]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩃟】雨8+8=総画数16 U+290DF [セイ、サイ/は・れる] 【霽霁䨖𩄄】[雨日ノ丿2𠂆T斤昕𩃟]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
【𩃠】雨8+8=総画数16 U+290E0 [タイ、ダイ/] 【靆霴𩃷叇】[雨二一ム厶𠫔云雲冂人入内內𩃠]
◆「靉靆(あいたい)」◇厚い雲が空を覆い薄暗いさま◇小さいものが見えにくいときに掛ける眼鏡
【𩃬】雨8+8=総画数16 U+290EC [イン、オン/] 【𩃬霠𩃛𩄈霒𩂇】[雨二一ム厶𠫔云人𠆢一亼ラ今𩃬]
◆雲が太陽を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
【䨟】雨8+9=総画数17 U+4A1F [ワ、エ/] [雨シ氵土2圭洼䨟]
◆水や泥が溜(た)まった窪(くぼ)み、窪みに溜まった水や泥水、「【集韻:卷三:平聲三:九】䨟蹄涔也」
【䨠】雨8+9=総画数17 U+4A20 [アイ/もや] 【靄霭】[雨日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷䨠]
◆水蒸気や煙などの霧状のものが空気中に立ち籠めるさま、霧よりも薄いもの、気象学上では視程が1km以上10km未満の状態、1km未満は「霧」
【䨢】雨8+9=総画数17 U+4A22 [タン、ドン/] 【霮𩅾】[雨甘目匚ノL乚兀匹甚䨢]
◆「䨢䨴」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【䨣】雨8+9=総画数17 U+4A23 [カク、コウ/] [雨十2廿口3革䨣]
◆革が雨に濡れる
【䨨】雨8+9=総画数17 U+4A28 [ツイ、ズイ/] [雨ノコ2㠯𠂤え辶辶追䨨]
◆雷(かみなり)
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)
【霘】雨8+9=総画数17 U+9718 [トウ、ドウ/] [雨シ氵冂一口同洞霘]
◆「霟霘」、水が波立ちながら勢いよく流れるさま
【霚】雨8+9=総画数17 U+971A [ブ、ム/きり] 【霧雾】[雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄霚]
◆地表付近で空気中の水蒸気が凝結し無数の小さな水滴となって浮かんでいるもの、(気象学上では視程が1km以下のもの、1km以上10km未満のものは「靄」)
◆霞んでぼんやりしているさま、見通しが悪いさま
【霛】雨8+9=総画数17 U+971B [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨弓2弜3𢏝霛]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【霜】雨8+9=総画数17 U+971C [ソウ、ショウ/しも] 【𩅪】[雨木目相雨木目相霜]
◆しも、地表付近の水蒸気が地表や物に接触して氷結したもの
◆白いさま
◆白く冷たいさま、汚(けが)れないさま、高潔なさま
◆年(とし)、年数、年齢
漢字林(非部首部別)
【霝】雨8+9=総画数17 U+971D [レイ、リョウ/] [雨口2吅3𠱠霝]
◆雨や水滴がぽたぽたと滴り落ちる、同”零”
漢字林(非部首部別)
【霞】雨8+9=総画数17 U+971E [カ、ゲ/かすみ、かす・む] [雨コ口二コヌ又叚霞]
◆空中の微細な水滴や粒子のために先が見えにくいさま、またぼんやりと見えるさま
◆朝夕に空中の微細な水滴や粒子のために日光を受けて赤く見える現象、朝焼けや夕焼け
【霟】雨8+9=総画数17 U+971F [コウ、グ/] [雨シ氵十2艹一龷ハ八共洪霟]
◆「霟霘」、水が波立ちながら勢いよく流れるさま
【霠】雨8+9=総画数17 U+9720 [イン、オン/] 【𩃬𩃛𩄈霒𩂇】[雨立人𠆢一亼ラ今霠]
◆雲が太陽を覆(おお)う、雲が日光を遮(さえぎ)る、日が陰(かげ)る
【𩃵】雨8+9=総画数17 U+290F5 [ゼン、ネン/] [雨氿木シ氵九木染𩃵]
◆雨に濡れる、湿(しめ)る
【𩃷】雨8+9=総画数17 U+290F7 [タイ、ダイ/] 【靆霴𩃠叇】[雨二一ム厶𠫔云雲イ人亻一、丶弋代𩃷]
◆「靉靆(あいたい)」◇厚い雲が空を覆い薄暗いさま◇小さいものが見えにくいときに掛ける眼鏡
【𩃸】雨8+9=総画数17 U+290F8 [ヒ/] 【靅】[雨弓ノ丿I|丨弗𩃸]
◆「靉𩃸」、雲が厚く空を覆うさま
【𩃻】雨8+9=総画数17 U+290FB [レイ、ライ/] 【𩆲】[雨ノ木禾ノ𠃌勹23勿𥝤𩃻]
◆未詳、【康熙字典】に「《字彙》見《石鼓文》第九鼓。郭云:恐是籀文霾字。鄭云:卽沴字。」とあり、「風を受けて舞う、はためく」の意か?
【𩃼】雨8+9=総画数17 U+290FC [フン/] [雨石ハ八刀分砏𩃼]
◆霧や雲などのように空中を漂う細かい水滴、同”氛””雰”
【𩃽】雨8+9=総画数17 U+290FD [ヨ/] [广十2艹一龷ハ八共雨𩃽]
◆「𩃽𪋮」、シカ(鹿)に似た大型の獣の名
【𩃿】雨8+9=総画数17 U+290FF [デン、テン/] 【電𩃓𩂬𩂵𩅎𩅏电】[雨E」厂ヨ彐𢑚𩃿]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【𩄀】雨8+9=総画数17 U+29100 [ロウ、ル/] 【靇𩆇𩆈】[雨大一日田用L乚甩𩄀]
◆「𩄀𩄀(ろうろう)」、雷の轟く音の形容
【𩄄】雨8+9=総画数17 U+29104 [セイ、サイ/は・れる] 【霽霁䨖𩃟】[雨三人大夫𡗗日春𩄄]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
【𩄅】雨8+9=総画数17 U+29105 [未詳/] [雨日皿昷𩄅]
◆未詳
【𩄆】雨8+9=総画数17 U+29106 [セイ、ショウ/] [雨日生星𩄆]
◆未詳、【龍龕手鑑·卷二】に「𩄆■二俗音星正作醒」とあり、「雨が上がってすっきりと晴れる」の意か?
【𩄇】雨8+9=総画数17 U+29107 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨四罒王𦊄𩄇]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩄉】雨8+9=総画数17 U+29109 [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌䨔𩅒𩅟𩆗𩇌】[雨タ夕フ日𩄉]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【𩄋】雨8+9=総画数17 U+2910B [ジュ、ニュウ/ぬ・れる] 【濡𣽈𣽉渪】[雨シ氵一冂I|丨2𦉫𦓐而洏𩄋]
◆ものの表面に水や水滴が付く
◆水が染(し)み込む、水分を含んで柔らかい、しっとりする
◆滞(とどこお)る
【𩄌】雨8+9=総画数17 U+2910C [未詳/] [雨コノ丿尸一ム厶𠫔土至屋𩄌]
◆未詳
【𩄫】雨8+9=総画数17 U+2912B [テイ、ジョウ/] 【霆𨗒𨗠𨖝】[雨ノ一𠂉二十干山缶え辶辶𩄫]
◆激しい雷鳴、轟(とどろ)く
◆稲妻、雷光
【䨥】雨8+10=総画数18 U+4A25 [コク、カク/] 【𩆀】[雨ノ2隹ヌ又隻䨥]
◆大雨
【䨦】雨8+10=総画数18 U+4A26 [ホウ/] 【雱𣃪】[雨立ワ冖亠万方2旁䨦]
◆雨や雪が一面に降るさま、雨や雪が激しく降るさま、同”霶”
【䨩】雨8+10=総画数18 U+4A29 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨二小𡭕示田申神神䨩]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【䨪】雨8+10=総画数18 U+4A2A [バイ、マイ、メ/] 【霾𩇁】[雨土田甲土里埋䨪]
◆風に吹き上げられた砂埃(すなぼこり)、またその砂埃が降り落ちる
【霡】雨8+10=総画数18 U+9721 [バク、ミャク/] 【霢䨫】[雨月二水霡]
◆霧のように細かい雨
【霢】雨8+10=総画数18 U+9722 [バク、ミャク/] 【霡䨫】[雨月ノ234レ脈霢]
◆霧のように細かい雨
【霣】雨8+10=総画数18 U+9723 [イン/] 【䆬𩆆䨶𩆹𩇂】[雨口目ハ貝員霣]
◆雷と共に降る雨
◆高い所から落ちる、落下する、同”隕”
【霤】雨8+10=総画数18 U+9724 [リュウ、ル/] 【𩅸𩅑𩆞𩅐】[雨ノ丿2レ𠂎刀田留霤]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”溜”
◆家屋の軒(のき)
漢字林(非部首部別)
【霥】雨8+10=総画数18 U+9725 [ボウ、ム/] [雨ワ冖二一ノ34彡く𧰨豕冡霥]
◆雷鳴
【𩄗】雨8+10=総画数18 U+29117 [カ、ケ/] [雨ノ丿⺊上止𠂛ノソ乎𩄗]
◆引き裂く、切り裂く
【𩄜】雨8+10=総画数18 U+2911C [サク/] 【䨛】[雨十ワ冖糸索𩄜]
◆霰(あられ)が降るさま
【𩄟】雨8+10=総画数18 U+2911F [ガイ/] 【皚皑】[雨山一口ソ丷一䒑豆豈𩄟]
◆雪や霜のように真っ白いさま
【𩄣】雨8+10=総画数18 U+29123 [ライ/かみなり、いかずち] 【雷靁𩇓䨓𩂩𤴑𤴌𤴐】[雨田2𩄣]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
【𩄤】雨8+10=総画数18 U+29124 [ハ、ヘ、ハク、ヒャク/] 【霸覇𧟲𧟳𧟶𧈉䩗䩻】[雨羊月𦍤𩄤]
◆春秋時代(前770年~前476年)の諸侯の中で首領的な立場の領主、領袖、長(おさ)
◆武力で権力を握る、また支配する
◆力で勝ち取る
【𩄧】雨8+10=総画数18 U+29127 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩅤𩃝𩃂䨘】[雨米ノ一𠂉メヌ又攵敉𩄧]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【𩄪】雨8+10=総画数18 U+2912A [エイ、オウ、ヨウ/みぞれ] 【霙𩅊】[雨一田由火𩄪]
◆雨交じりの雪
◆雪が花弁(はなびら)のようにひらひらと舞うように降るさま、「英(はなぶさ)」は「花」の意
【𩅊】雨8+10=総画数18 U+2914A [エイ、オウ、ヨウ/みぞれ] 【霙𩄪】[雨ソ丷田火𩅊]
◆雨交じりの雪
◆雪が花弁(はなびら)のようにひらひらと舞うように降るさま、「英(はなぶさ)」は「花」の意
【䨫】雨8+11=総画数19 U+4A2B [バク、ミャク/] 【霢霡】[雨十木人𠆢2來タ夕ヌ又3麥䨫]
◆霧のように細かい雨
【䨭】雨8+11=総画数19 U+4A2D [ショウ/] 【霄㲵】[雨二一ム厶𠫔云雲ハソ小月肖䨭]
◆空、天空
◆宵(よい)、夜
◆雪や霰などが融け始め水を含んだような状態であるさま
【䨮】雨8+11=総画数19 U+4A2E [セツ、セチ/ゆき、すす・ぐ] 【雪】[雨ノ三|十3丰2ヨ彗䨮]
◆ゆき、空中の水蒸気が結晶となって降ってくるもの
◆(雪のように)白いさま
◆すす・ぐ、穢れや恥を洗い清める
【霦】雨8+11=総画数19 U+9726 [ヒン/] [雨木2林ノ丿3彡彬霦]
◆玉(ぎょく)が光り輝くさま
【霧】雨8+11=総画数19 U+9727 [ブ、ム/きり] 【雾霚】[雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄ノヌ又夊夂カ力务務霧]
◆地表付近で空気中の水蒸気が凝結し無数の小さな水滴となって浮かんでいるもの、(気象学上では視程が1km以下のもの、1km以上10km未満のものは「靄」)
◆霞んでぼんやりしているさま、見通しが悪いさま
【霨】雨8+11=総画数19 U+9728 [イ/] [雨コノ丿尸二𡰥二小𡭕示十、丶寸尉霨]
◆雲がもくもくと湧き起こるさま
【霩】雨8+11=総画数19 U+9729 [カク/] 【𩇑𩇊】[雨亠口了亨子享ろ3I|丨邑阝郭霩]
◆雨が上がり雲が切れる、雲が取れて空が広がる
◆(塞いでいたものがなくなって)大きく開(ひら)ける、大きく広がる
【霪】雨8+11=総画数19 U+972A [イン/] 【䨙𩆍𣽮】[雨シ氵ノツ爪爫爫ノ丿土士壬㸒淫霪]
◆「霖(りん、三日以上降り続く長雨)」よりも更に長く(十日以上も)降り続く雨
【霫】雨8+11=総画数19 U+972B [ソウ、シュウ/] [雨羽羽白習霫]
◆雨が降る音
◆「雴霫」、大雨が降るさま
【霬】雨8+11=総画数19 U+972C [イ/] [雨田十2艹一龷ハ八共異霬]
◆人名
【霭】雨8+11=総画数19 U+972D [アイ/もや] 【靄䨠】[雨、丶レ讠日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷谒靄霭]
◆水蒸気や煙などの霧状のものが空気中に立ち籠めるさま、霧よりも薄いもの、気象学上では視程が1km以上10km未満の状態、1km未満は「霧」
【𩅂】雨8+11=総画数19 U+29142 [タン、ダン/] 【𩃘】[雨一十由田𤰔ム厶叀十、丶寸専專𩅂]
◆玉のような露(つゆ)がびっしりと付いているさま、同”漙”
【𩅅】雨8+11=総画数19 U+29145 [ホウ/] 【霶】[雨シ氵ノ丿2一ナ二十干3并幷洴𩅅]
◆雨や雪が激しく降るさま、同”雱”、「𩅅霈(ほうはい)」
【𩅆】雨8+11=総画数19 U+29146 [/] 【䨴𩅥】[雨日ノヌ又夊夂え辶辶𩅆]
◆「霮𩅆」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【𩅇】雨8+11=総画数19 U+29147 [未詳/] [雨立口咅ろ3I|丨邑阝部𩅇]
◆未詳、「【字彙補:雨部】𩅇與蔀同乾坤鑿度一炁之𩅇名混沌」、但し【易緯乾坤鑿度】では確認できなかった
【𩅈】雨8+11=総画数19 U+29148 [未詳/] [雨立日十早章𩅈]
◆【康熙字典】に「《古三墳》川雲流。《註》聖人以防備水患也。」とあり
【𩅌】雨8+11=総画数19 U+2914C [チン/] [雨ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚大𩅌]
◆未詳
【𩅎】雨8+11=総画数19 U+2914E [デン、テン/] 【電𩃓𩂬𩂵𩃿𩅏电】[雨田ノ丿2レ𠂎I|丨フ𠃌卩卯𩅎]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【𩅏】雨8+11=総画数19 U+2914F [デン、テン/] 【電𩃓𩂬𩂵𩃿𩅎电】[雨田人ム厶2厸𩅏]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【𩅐】雨8+11=総画数19 U+29150 [リュウ、ル/] 【霤𩅸𩅑𩆞】[雨口2吅𩂩田L乚甩𩅐]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”溜”
◆家屋の軒(のき)
【𩅑】雨8+11=総画数19 U+29151 [リュウ、ル/] 【霤𩅸𩆞𩅐】[雨口2吅𩂩口2吅田㽞𩅑]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”溜”
◆家屋の軒(のき)
【𩅒】雨8+11=総画数19 U+29152 [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌䨔𩅟𩄉𩆗𩇌】[雨ノEヨ臼𦥑文𩅒]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【𩅕】雨8+11=総画数19 U+29155 [シン/] [雨シ氵ヨワ冖巾帚㴆𩅕]
◆雨が(水が)じわじわと滲(し)み込む、同”浸””寖”
【𩅖】雨8+11=総画数19 U+29156 [ケイ/] [刀口召雨くム厶幺大𩅖]
◆未詳
【霮】雨8+12=総画数20 U+972E [タン、ドン/] 【𩅾䨢】[雨シ氵甘目匚ノL乚兀匹甚湛霮]
◆「霮䨴」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【霯】雨8+12=総画数20 U+972F [トウ、ドウ/] [雨フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登霯]
◆大雨
【霰】雨8+12=総画数20 U+9730 [サン、セン/あられ] 【䨷𩆥𩄧𩅤𩃝𩃂䨘】[雨十2艹一龷月ノ一𠂉メヌ又攵散霰]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【霱】雨8+12=総画数20 U+9731 [イツ、イチ/] [雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏矞霱]
◆瑞雲(ずいうん)、めでたい事の前兆とされる彩雲
【霳】雨8+12=総画数20 U+9733 [リュウ、ル/] [雨ろ3I|丨阜阝ノヌ又夊夂一生㚅隆隆霳]
◆「霻霳(ほうりゅう)」、雷神
【霴】雨8+12=総画数20 U+9734 [タイ、ダイ/] 【靆𩃷𩃠叇】[雨二一ム厶𠫔云雲ヨンく水氺隶霴]
◆「靉靆(あいたい)」◇厚い雲が空を覆い薄暗いさま◇小さいものが見えにくいときに掛ける眼鏡
【𩅝】雨8+12=総画数20 U+2915D [アン、オン/] [雨二一ム厶𠫔云雲大日田L乚电奄𩅝]
◆雲に覆われて暗いさま、同”黤”
【𩅟】雨8+12=総画数20 U+2915F [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌䨔𩅒𩄉𩆗𩇌】[雨日2昍3晶𩅟]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【𩅤】雨8+12=総画数20 U+29164 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩆥𩄧𩃝𩃂䨘】[雨木2林木ノ一𠂉メヌ又攵枚𩅤]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【𩅥】雨8+12=総画数20 U+29165 [/] 【䨴𩅆】[雨ろ3I|丨阜阝ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸隊𩅥]
◆「霮𩅥」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【𩅩】雨8+12=総画数20 U+29169 [レキ、リャク/] 【靋】[雨厂ノ木禾2秝厤𩅩]
◆雨が降り続いて止まないさま
【𩅪】雨8+12=総画数20 U+2916A [ソウ、ショウ/しも] 【霜】[雨シ氵木目相湘𩅪]
◆しも、地表付近の水蒸気が地表や物に接触して氷結したもの
◆白いさま
◆白く冷たいさま、汚(けが)れないさま、高潔なさま
◆年(とし)、年数、年齢
【𩅯】雨8+12=総画数20 U+2916F [コウ/] [雨土ノ耂ヒ七𠤎匕老2䎜𩅯]
◆未詳
【𩅴】雨8+12=総画数20 U+29174 [コン/] [雨シ氵ワ冖車軍渾𩅴]
◆未詳
【𩅵】雨8+12=総画数20 U+29175 [アク/] [雨シ氵コノ丿尸一ム厶𠫔土至屋渥𩅵]
◆雨に濡(ぬ)れる
【𩅶】雨8+12=総画数20 U+29176 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸3𩅶]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩅸】雨8+12=総画数20 U+29178 [リュウ、ル/] 【霤𩅑𩆞𩅐】[雨一匚ノ丿I|丨コ丣田畱𩅸]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”溜”
◆家屋の軒(のき)
【露】雨8+13=総画数21 U+9732 [ロ、ル、ロウ/つゆ] [雨口⺊上止龰足ノヌ又夊夂各路露]
◆大気中の水蒸気が物に付着して水滴となったもの
◆屋根などの覆いがない、屋外
◆覆い隠すものがなく雨や露などが直接当たる
◆覆い隠すものがなく外から見える、また見えるようにする
漢字林(非部首部別)
【霵】雨8+13=総画数21 U+9735 [シュウ/] 【𩆭𩇋】[雨口耳咠一、丶弋ノ丿戈戢霵]
◆激しい雨が降るさま、またその音
漢字林(非部首部別)
【霶】雨8+13=総画数21 U+9736 [ホウ/] 【𩅅】[雨シ氵立ワ冖亠万方2旁滂霶]
◆雨や雪が激しく降るさま、同”雱”、「霶霈(ほうはい)」
【霷】雨8+13=総画数21 U+9737 [ヨウ/] [雨日日一旦万ノ𠃌勹23勿昜暘霷]
◆農暦(中国の旧暦の一つ)の十月、同”陽”
【霸】雨8+13=総画数21 U+9738 [ハ、ヘ、ハク、ヒャク/] 【𩄤覇𧟲𧟳𧟶𧈉䩗䩻】[雨十2廿口3革月䩗霸]
◆春秋時代(前770年~前476年)の諸侯の中で首領的な立場の領主、領袖、長(おさ)
◆武力で権力を握る、また支配する
◆力で勝ち取る
漢字林(非部首部別)
【霹】雨8+13=総画数21 U+9739 [ヘキ、ヒャク/] [雨コノ丿尸口𡰪立十干辛辟霹]
◆引き裂く、切り裂くような激しい雷
◆「霹靂(へきれき)」、同「礔礰」、突然切り裂くように響き渡る激しい雷
【霺】雨8+13=総画数21 U+973A [ビ/] [雨ノ丿2イ彳山一ノ丿L乚儿兀𡵉ノ一𠂉メヌ又攵𣁋微霺]
◆小雨、同”溦”
【霻】雨8+13=総画数21 U+973B [ホウ、フ/] 【靊】[雨十2日曰曲一口ソ丷一䒑豆豊霻]
◆雲が厚いさま
◆「霻霳(ほうりゅう)」、雷神
【靀】雨8+13=総画数21 U+9740 [モウ/] [雨サ十2艹艹ワ冖𫇦二一ノ34彡く𧰨豕冡蒙靀]
◆小雨、霧雨
【𩅢】雨8+13=総画数21 U+29162 [カク、ギャク/] 【覈】[雨白亠万方ノ一𠂉メヌ又攵敫𩅢]
◆(覆われて見えないものを)調べて明らかにする
【𩅽】雨8+13=総画数21 U+2917D [ドウ、ノウ/] 【𩇀】[雨十2日曰曲厂二レノ辰農𩅽]
◆霧が深いさま、同”濃”
【𩅾】雨8+13=総画数21 U+2917E [タン、ドン/] 【霮䨢】[雨二一ム厶𠫔云雲甘目匚ノL乚兀匹甚𩅾]
◆「𩅾䨴」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【𩆀】雨8+13=総画数21 U+29180 [コク、カク/] 【䨥】[雨シ氵ノ2隹ヌ又隻𩆀]
◆大雨
【𩆆】雨8+13=総画数21 U+29186 [イン/] 【霣䆬䨶𩆹𩇂】[雨目Lノ「爿」片鼎𩆆]
◆雷と共に降る雨
◆高い所から落ちる、落下する、同”隕”
【𩆇】雨8+13=総画数21 U+29187 [ロウ、ル/] 【靇𩆈𩄀】[雨立ノEヨ臼𦥑L乚𩆇]
◆「𩆇𩆇(ろうろう)」、雷の轟く音の形容
【𩆈】雨8+13=総画数21 U+29188 [ロウ、ル/] 【靇𩆇𩄀】[雨人ソ一ノEヨ臼𦥑L乚𩆈]
◆「𩆈𩆈(ろうろう)」、雷の轟く音の形容
【𩆉】雨8+13=総画数21 U+29189 [シン/ふる・える] 【震𩇒】[雨日一火一、丶弋ノ丿戈𩆉]
◆激しい雷でものががたがたと振動するさま、怒りや恐れなどで体が小刻みに揺れ動くさま、ものが小刻みに揺れ動くさま
◆八卦(はっか、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ{卦}{方位}
【𩆍】雨8+13=総画数21 U+2918D [イン/] 【霪䨙𣽮】[雨シ氵タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃滛𩆍]
◆「霖(りん、三日以上降り続く長雨)」よりも更に長く(十日以上も)降り続く雨
【𩆎】雨8+13=総画数21 U+2918E [リュウ、ル/] [雨シ氵ノ丿2レ𠂎刀田留溜𩆎]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”霤”
【䨲】雨8+14=総画数22 U+4A32 [ドウ、ヌ/] 【𩆟】[雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需ク口日ノ丿L乚儿免、丶兔䨲]
◆子を産む、出産する、同”娩”
◆生まれたばかりの赤子(あかご)の子、子兎(こうさぎ)、同”嬎”
◆「䨲杰(どうけつ)」、「𦋅闖(けいちん)」「䴰䵎(しょくたん)」「仉䀾(しょうと)」と共に梁四公子の一人
【䨳】雨8+14=総画数22 U+4A33 [カイ/] [雨目見2覞䨳]
◆【說文解字】に「見雨而比息」とあり
【䨴】雨8+14=総画数22 U+4A34 [タイ/] 【𩅥𩅆】[雨ソ业ソ三王羊𦍌2丵十、丶寸對䨴]
◆「霮䨴」、雲が厚く覆うさま、雨が降るさま
【霼】雨8+14=総画数22 U+973C [キ、ケ/] [雨二一ム厶𠫔云雲ノ一𠂉三乙気气米氣霼]
◆「靉霼」、空が雲で厚く覆われ薄暗いさま
【霽】雨8+14=総画数22 U+973D [セイ、サイ/は・れる] 【霁䨖𩄄𩃟】[雨亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊霽]
◆雨や雪が止んですっきりと晴れ上がる
◆それまで閊えていたりわだかまっていたものが取れてすっきりする
【霾】雨8+14=総画数22 U+973E [バイ、マイ、メ/] 【䨪𩇁】[雨ノ234、丶豸田甲土里貍霾]
◆風に吹き上げられた砂埃(すなぼこり)、またその砂埃が降り落ちる
【霿】雨8+14=総画数22 U+973F [ボウ、ム/] [雨マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄目瞀霿]
◆霧
◆薄暗くぼんやりしているさま
◆愚かなさま
【𩆑】雨8+14=総画数22 U+29191 [サン/] [雨西酉ム厶ハ八圥ノ丿ヌ又夂夋酸𩆑]
◆霧雨
◆小雨
【𩆒】雨8+14=総画数22 U+29192 [レイ、リョウ/] 【𩆻】[雨口2吅3𠱠霝口囗メ㐅龱𩆒]
◆「天𩆒(てんれい)」、頭蓋骨、或いは頭頂骨
【𩆓】雨8+14=総画数22 U+29193 [バン、マン/] [雨シ氵日曰四罒ヌ又曼漫𩆓]
◆雨露が濃いさま
【𩆕】雨8+14=総画数22 U+29195 [レイ、リョウ/] [雨口2吅3𠱠霝十2卄4卌𩆕]
◆未詳、【康熙字典】に「《字彙補》玉名」、【漢語大字典】に「《龍龕手鑑》”靈”的古文」とあり
【𩆖】雨8+14=総画数22 U+29196 [レイ、リョウ/こぼ・れる、ぜろ] 【零𡈍】[雨口2吅3𠱠霝人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令𩆖]
◆細かい雨が静かに降る、細かい水の粒がぽとぽとと滴り落ちる
◆落ちる、衰える、萎(しお)れる、寂(さび)れる、無(な)くなる
◆小さい、少ない、非常に小さい
◆数字のゼロ{数字}
漢字林(非部首部別)
【𩆗】雨8+14=総画数22 U+29197 [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌䨔𩅒𩅟𩄉𩇌】[雨田2𩄣日𩆗]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【𩆜】雨8+14=総画数22 U+2919C [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨口2吅3𠱠霝王玉𩆜]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩆝】雨8+14=総画数22 U+2919D [レキ/] 【靂雳】[雨厂木2林𠩵心厯𩆝]
◆「霹靂(へきれき)」、同「礔礰」、突然切り裂くように響き渡る激しい雷
【𩆞】雨8+14=総画数22 U+2919E [リュウ、ル/] 【霤𩅸𩅑𩅐】[雨口2吅3𠱠霝田𩆞]
◆家屋の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)から雨が滴り落ちる、雨垂れ、同”溜”
◆家屋の軒(のき)
【𩆟】雨8+14=総画数22 U+2919F [ドウ、ヌ/] 【䨲】[ク口日ノ丿L乚儿免、丶兔雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需𩆟]
◆子を産む、出産する、同”娩”
◆生まれたばかりの赤子(あかご)の子、子兎(こうさぎ)、同”嬎”
◆「𩆟杰(どうけつ)」、「𦋅闖(けいちん)」「䴰䵎(しょくたん)」「仉䀾(しょうと)」と共に梁四公子の一人
【䨶】雨8+15=総画数23 U+4A36 [イン/] 【霣䆬𩆆𩆹𩇂】[雨ム厶目Lノ「爿」片鼎䨶]
◆雷と共に降る雨
◆高い所から落ちる、落下する、同”隕”
【靁】雨8+15=総画数23 U+9741 [ライ/かみなり、いかずち] 【雷𩄣𩇓䨓𩂩𤴑𤴌𤴐】[雨田2畕3畾靁]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
【𩆤】雨8+15=総画数23 U+291A4 [サン、セン/] [雨シ氵十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟月潸𩆤]
◆雨の降るさま
【𩆥】雨8+15=総画数23 U+291A5 [サン、セン/あられ] 【霰䨷𩄧𩅤𩃝𩃂䨘】[雨木2林ヨ彐ノ一𠂉メヌ又攵𩆥]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【䨷】雨8+16=総画数24 U+4A37 [サン、セン/あられ] 【霰𩆥𩄧𩅤𩃝𩃂䨘】[雨ト卜⺊ヌ又攴木2林月𢿨䨷]
◆雨粒が凍り氷の粒となったもの、日本では氷の直径が5mm未満のもので直径が5mm以上のものは「雹(ひょう)」、中国では「霰」を「軟雹」、「雹」を「冰雹」ともいう
◆[日]あられ、餅を小さく切った食べ物、またそれを焼いたもの
【靂】雨8+16=総画数24 U+9742 [レキ/] 【𩆝雳】[雨厂ノ木禾2秝厤⺊上止歴歷靂]
◆「霹靂(へきれき)」、同「礔礰」、突然切り裂くように響き渡る激しい雷
【靃】雨8+16=総画数24 U+9743 [カク、スイ/] [雨ノ2隹2雔靃]
◆鳥が「さっ」「ぱっ」と飛ぶ時の音の形容
◆「靃靃(すいすい)」、細く弱々しいさま
◆「靃靡(すいび)」、草が弱々しく靡(なび)くさま
漢字林(非部首部別)
【靄】雨8+16=総画数24 U+9744 [アイ/もや] 【霭䨠】[雨言日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷謁謁靄]
◆水蒸気や煙などの霧状のものが空気中に立ち籠めるさま、霧よりも薄いもの、気象学上では視程が1km以上10km未満の状態、1km未満は「霧」
【靅】雨8+16=総画数24 U+9745 [ヒ/] 【𩃸】[雨二一ム厶𠫔云雲弓ノ丿I|丨弗目ハ貝費靅]
◆「靉靅」、雲が厚く空を覆うさま
【靆】雨8+16=総画数24 U+9746 [タイ、ダイ/] 【霴𩃷𩃠叇】[雨二一ム厶𠫔云雲ヨンく水氺隶え辶辶逮靆]
◆「靉靆(あいたい)」◇厚い雲が空を覆い薄暗いさま◇小さいものが見えにくいときに掛ける眼鏡
【靇】雨8+16=総画数24 U+9747 [ロウ、ル/] 【𩆇𩆈𩄀】[雨立月ヒコL乚三龍靇]
◆「靇靇(ろうろう)」、雷の轟く音の形容
【靈】雨8+16=総画数24 U+9748 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨口2吅3𠱠霝エ工人2巫靈]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
◆簡”灵”
漢字林(非部首部別)
【𩆭】雨8+16=総画数24 U+291AD [シュウ/] 【霵𩇋】[雨シ氵口耳咠一、丶弋ノ丿戈戢濈𩆭]
◆激しい雨が降るさま、またその音
【𩆮】雨8+16=総画数24 U+291AE [レイ、リョウ/] [雨口4大、丶器器𩆮]
◆器の名
◆古”靈”
【𩆲】雨8+16=総画数24 U+291B2 [レイ、ライ/] 【𩃻】[雨ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ノ𠃌勹23勿𪏵𩆲]
◆未詳、【康熙字典】に「《字彙》見《石鼓文》第九鼓。郭云:恐是籀文霾字。鄭云:卽沴字。」とあり、「風を受けて舞う、はためく」の意か?
【𩆽】雨8+16=総画数24 U+291BD [ボウ、ム/] [雨ハI|丨忄サ十2艹艹四罒ワ冖タ夕夢懜𩆽]
◆未詳、【漢語大字典】に「《龍龕手鑑》𩆽雨也」とあり
【靉】雨8+17=総画数25 U+9749 [アイ/] 【叆𨙤】[雨二一ム厶𠫔云雲ノツ爪爫爫ワ冖心ノヌ又夊夂𢖻愛靉]
◆「靉靆(あいたい)」◇厚い雲が空を覆い薄暗いさま◇小さいものが見えにくいときに掛ける眼鏡
【𩆵】雨8+17=総画数25 U+291B5 [シ、セン/] [雨ク𠂊田、丶4灬魚羊鮮𩆵]
◆小雨、雨か降り始める
【𩆶】雨8+17=総画数25 U+291B6 [ジョウ、ニョウ/] [雨亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄𩆶]
◆露(つゆ)でびっしょりと濡れているさま
【𩆹】雨8+17=総画数25 U+291B9 [イン/] 【霣䆬𩆆䨶𩇂】[雨ム厶目ハ貝Lノ「爿」片𩆹]
◆雷と共に降る雨
◆高い所から落ちる、落下する、同”隕”
【𩆺】雨8+17=総画数25 U+291BA [キ/] 【羇覉𧠄】[雨十2廿口3革大丁口可奇䩭𩆺]
◆旅の途中で一時的に寄宿する、同”羈”
【𩆻】雨8+17=総画数25 U+291BB [レイ、リョウ/] 【𩆒】[雨口2吅3𠱠霝口囗ノ木禾囷𩆻]
◆「天𩆻(てんれい)」、頭蓋骨、或いは頭頂骨
【𩆼】雨8+17=総画数25 U+291BC [レイ、リョウ/] 【𤅫】[雨口2吅3𠱠霝シ氵人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令泠𩆼]
◆細かい雨が静かに降る、細かい水の粒がぽとぽとと滴り落ちる、同”零”
【靊】雨8+18=総画数26 U+974A [ホウ、フ/] 【霻】[雨ノ三|十3丰26山𠁳一口ソ丷一䒑豆豊豐靊]
◆雲が厚いさま
◆「靊霳(ほうりゅう)」、雷神
【𩇀】雨8+18=総画数26 U+291C0 [ドウ、ノウ/] 【𩅽】[雨E冂メヨ厂二レノ辰𩇀]
◆霧が深いさま、同”濃”
【𩇁】雨8+18=総画数26 U+291C1 [バイ、マイ、メ/] 【霾䨪】[雨田人𠆢ノ丿I|丨介界2𩇁]
◆風に吹き上げられた砂埃(すなぼこり)、またその砂埃が降り落ちる
【𩇂】雨8+18=総画数26 U+291C2 [イン/] 【霣䆬𩆆䨶𩆹】[雨口目ハ貝員Lノ「爿」片𩇂]
◆雷と共に降る雨
◆高い所から落ちる、落下する、同”隕”
【𩇇】雨8+18=総画数26 U+291C7 [コン/] [雨土ノ耂ヒ七𠤎匕老2䎜3𦓈𩇇]
◆ぼんやりする、ぼうっとする、同”惛”
【䨹】雨8+19=総画数27 U+4A39 [シュク/] [雨イ人亻I|丨ノ一𠂉メヌ又攵口ソ土、丶4灬黑儵䨹]
◆(雷などが)突然に、忽ちに
【靋】雨8+19=総画数27 U+974B [レキ、リャク/] 【𩅩】[雨シ氵厂ノ木禾2秝厤⺊上止歴歷瀝靋]
◆雨が降り続いて止まないさま
【靌】雨8+19=総画数27 U+974C [ホウ、ホ/] 【𩇉】[雨ウ宀王ノ一𠂉小尓目ハ貝寳靌]
◆珍しく貴重なもの、宝(たから)、同”寶”
【靍】雨8+19=総画数27 U+974D [/つる] [雨ノ2隹鳥靍]
◆[日]ツル(鶴)
【靎】雨8+19=総画数27 U+974E [/つる] [雨金鳥鵭靎]
◆[日]ツル(鶴)
【𩇉】雨8+20=総画数28 U+291C9 [ホウ、ホ/] 【靌】[雨ウ宀王ノ一𠂉二十干山缶目ハ貝寶𩇉]
◆珍しく貴重なもの、宝(たから)、同”寶”
【靏】雨8+21=総画数29 U+974F [/つる] [雨ワ冖ノ2隹隺鳥鶴靏]
◆[日]ツル(鶴)
【𩇊】雨8+21=総画数29 U+291CA [カク/] 【霩𩇑】[雨亠口囗2回高子𩫃口日L乚巴邑𩇊]
◆雨が上がり雲が切れる、雲が取れて空が広がる
◆(塞いでいたものがなくなって)大きく開(ひら)ける、大きく広がる
【𩇋】雨8+21=総画数29 U+291CB [シュウ/] 【霵𩆭】[雨シ氵シ氵耳3聶灄𩇋]
◆激しい雨が降るさま、またその音
【𩇌】雨8+21=総画数29 U+291CC [ハク、ボク/ひょう] 【雹䨌䨔𩅒𩅟𩄉𩆗】[雨3ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包𩇌]
◆空中の水蒸気が凍り氷の粒となって降るもので直径が5mm以上のもの、5mm未満のものは「霰(あられ)」
【𩇎】雨8+21=総画数29 U+291CE [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝灵㚑】[雨口2吅3𠱠霝大口2吅土𩇎]
◆直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
◆神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
◆生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
◆舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
【𩇑】雨8+24=総画数32 U+291D1 [カク/] 【霩𩇊】[雨亠口囗2回高凵I|丨丁3𩫖口日L乚巴邑𩇑]
◆雨が上がり雲が切れる、雲が取れて空が広がる
◆(塞いでいたものがなくなって)大きく開(ひら)ける、大きく広がる
【䨺】雨8+28=総画数36 U+4A3A [タイ、ダイ/] [雨二一ム厶𠫔云雲3䨺]
◆【康熙字典】に「《玉篇》雲貌」とあり
【𩇒】雨8+30=総画数38 U+291D2 [シン/ふる・える] 【震𩆉】[雨メ㐅乂2爻火4二一ム厶𠫔云一口冂ソハ八儿T丅鬲𩇒]
◆激しい雷でものががたがたと振動するさま、怒りや恐れなどで体が小刻みに揺れ動くさま、ものが小刻みに揺れ動くさま
◆八卦(はっか、「乾兌離震巽坎艮坤」)の一つ{卦}{方位}
【靐】雨8+31=総画数39 U+9750 [ヘイ、ヒョウ/] [雨田雷3靐]
◆雷の鳴り響く音
【𩇓】雨8+32=総画数40 U+291D3 [ライ/かみなり、いかずち] 【雷𩄣靁䨓𩂩𤴑𤴌𤴐】[雨田4口囗2回2𤴐𩇓]
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
【𩇔】雨8+40=総画数48 U+291D4 [ノウ/] [雨二一ム厶𠫔云雲3䨺4𩇔]
◆雲が広がるさま
【䨻】雨8+44=総画数52 U+4A3B [ホウ、ヒョウ/] [雨田雷3靐4䨻]
◆雷の鳴り響く音
◆(銃などの)非常に大きな音


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 雨部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です