総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 戈部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 戈部」 [部首索引


戈4+0=総画数4 U+6208 [カ/ほこ]
◆"T"字に近い形の刃の付いた武器、それを長い柄(え)の先に取り付けた武器を「戟(ゲキ)」という {刀剣槍} {武器(矛・戈・戟)}
◆ほこづくり、部首名
戈4+人2=総画数6 U+4F10 [ハツ、ボチ、バツ/]
◆叩(たた)き切る、「【說文解字注:人部:伐】擊也(…尙書不愆于四伐五伐鄭曰一擊一刺曰伐詩是伐是肆箋云伐謂擊刺之按此伐之本義也…)」
◆討(う)つ、敵を討ち破る、同「傠」
◆功績や手柄(てがら)を自慢・吹聴(ふいちょう)する
戈4+刀2=総画数6 U+5212 [カ、ゲ/]
◆船を漕(こ)ぐ、船を進めるために水を搔(か)く、またその道具、櫂(かい)、同「找」
◆区切りの線を刻む(画く)、線を引いて区切る、画(かく)する、同「畫」
◆繁「劃」
◆繁「畫」
𡛏戈4+女3=総画数7 U+216CF [未詳/]
◆未詳、「【廣雅:卷三:釋詁】𡛏本作划未詳弋音」
𢌵戈4+廾3=総画数7 U+22335 [カイ、ケ/いまし・める] 戒𢦥𢦶𢦬
◆気を引き締めて用心する、憂いがないように備(そな)える
◆自ら言動を慎む
◆誡(いまし)める、強く注意して悟らせる、過(あやま)たないように教え諭す、同「誡」
戈4+戈4=総画数8 U+6214 [セン、サン、ザン/] 戋㦮
◆少ないさま、僅(わず)かなさま、小さいさま、「戔戔(センセン)」
戈7+戈4=総画数11 U+621D [ソク、ゾク、サイ、ザイ/]
◆同「賊」、「【字彙補:四:卯集:戈部:戝】同賊」「【龍龕手鑑:卷一:戈部第三十六:戝】音賊戔戔虛用財物也」「【龍龕手鑑:卷三:貝部第四:戝賊】作責反戔戝虛用財物也」
◆[日]同「財」
戈4+手3=総画数7 U+627E [カ、ゲ、ソウ、ショウ/]
◆櫂(かい)を使って船を進める、またその櫂、同「划」
◆尋(たず)ねる、探(さが)す、探し求める
◆足(た)りない分(不足分)を補(おぎな)う
𣏾戈4+木4=総画数8 U+233FE [未詳/]
◆木製の棒、「【廣韻:入聲:月第十:厥:橜】説文𣏾也一曰門梱亦作橛」「【康熙字典:卯集中:戈部:戕】…《博雅》戕戙𣏾也…」
𣧌戈4+歹5=総画数9 U+239CC [ケツ、ケチ/] 𣧆𣧡𣧵
◆死ぬ、命が尽きる、同「死」
𢦤戈4+片4=総画数8 U+229A4 [ショウ、ソウ、ゾウ/] 戕牫
◆戈(ほこ)などの刃物で傷付ける、また殺害する
◆「𢦤戙(ショウトウ)」「𢦤𢦪(ショウカ)」、木製の棒、杭(くい)
戈4+牛4=総画数8 U+726B [ショウ、ソウ、ゾウ/] 戕𢦤
◆戈(ほこ)などの刃物で傷付ける、また殺害する
◆「牫戙(ショウトウ)」「牫𢦪(ショウカ)」、木製の棒、杭(くい)
𤰭戈4+田5=総画数9 U+24C2D [シ/]
◆耕(たがや)す、同「䎩」
戈4+石5=総画数9 U+409D [タク、チャク/]
◆(とんとんと短く繰り返し)ぶつける、また打ち付ける、またその音、同「矺」「磓」、「【廣韻:入聲:盍第二十八:㿴:矺】擲地聲又竹亞切亦作䂝」
戈4+示5=総画数9 U+4100 [カ、ガ/わざわい] 禍禍祸𥚽𥚟𧙹𥚍𥙯𥚁𥚣𥛔
◆(神の祟りによってもたらされる)良くない出来事、思い掛けない災い
◆良くないことに出会う、良くないことが起きる、災厄(サイヤク、災難)に見舞われる
𦐂戈4+羽6=総画数10 U+26402 [ヨク、イキ/] 𦏵
◆空中を飛翔するための鳥の翼や虫の羽、同「翼」「𩙺」「䋚」「翅」
戈4+耳6=総画数10 U+8040 [ショク、シキ/] 職职軄
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
𦬗戈4+艸3=総画数7 U+26B17 [カ/]
◆草名、未詳
𦣣戈4+臣7=総画数11 U+268E3 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:臣部:𦣣】同"臧"」
𧥾戈4+言7=総画数11 U+2797E [ショク、シキ、シ/] 識识𧨺𧬣𢨞
◆知ったことが他とどう違うのかを理解する
◆他との違いをはっきりと見分ける、またその働き、またその能力、またその内容
◆記(しる)す、書き記す、同「誌」
◆幟(のぼり)、(旗などの)目印
𨈟戈4+身7=総画数11 U+2821F [ガ/われ、わ・が] 我𢦐𢦴㦱𢦠𢦓𢦖𠨂𩇶
◆自分の、主に所有格(my)や目的格(me)で用いられ、主格(I)では「吾」が用いられる、「我見(ガケン、私見、わたしの見解)」
◆自分、自分を指す語、同「吾」「余」「予」
戈4+金8=総画数12 U+921B [カ/]
◆鍋(なべ)、食材を煮炊きするための円形の鍋、またそのような形をした容器、同「鍋」
◆元素名コロンビウム(現ニオブNiobium、Nb)の旧名、現「鈮」
𨾓戈4+隹8=総画数12 U+28F93 [カ/] 𩾷
◆鳥名、未詳、「【正字通:亥集中:鳥部:𩾷】𩾢字之譌舊註音戈鳥名誤」
𩰭戈4+鬲10=総画数14 U+29C2D [カ/] 𢧘
◆鍋(なべ)、食材を煮炊きするための円形の鍋
戈4+魚11=総画数15 U+4C39 [ソク、ゾク/] 鰂鲗鱡𩽠
◆「鰞䰹(ウソク、ウゾク)」、イカ(烏賊、ウゾク)類の総称
𩾷戈4+鳥11=総画数15 U+29FB7 [カ/] 𨾓
◆鳥名、未詳、「【正字通:亥集中:鳥部:𩾷】𩾢字之譌舊註音戈鳥名誤」
戈4+麥11=総画数15 U+4D30 [ショク、ゾク/] 𡏜
◆「䴰䵎(ショクタン)」、「𦋅闖(ケイチン)」「䨲杰(バンケツ)」「仉䀾(ショウト)」と共に梁四公の一人、「【太平廣記:卷八十一:異人一:梁四公】梁天監中有𦋅闖(上音攜下琛去)䨲杰(上萬下桀)䴰䵎(上蜀下湍)仉䀾(上掌下覩)四公謁武帝」
𪗠戈4+齒15=総画数19 U+2A5E0 [シン/] 齔龀齓𪗕𪗥
◆乳歯が抜けて永久歯が生(は)える、「齠齔(チョウシン)」、「【龍龕手鑑:卷二:齒部第十八:{⿰齒戉}𪗥{⿰齒夫}】三俗𪗕或作齓今齔正初靳初謹二反毀齒也」
◆「童𪗠(ドウシン)」、歯の抜け代わる頃の子、童子(ドウジ)
戈4+1=総画数5 U+6209 [エツ、オチ/]
◆鉞(まさかり)、斧(おの)よりも大きく刃渡りが半月形をした重みのある刃物、同「鉞」
戉5+山3=総画数8 U+37BD [ケツ、ゲチ/]
◆未詳、「【廣韻:入聲:卷第五:月第十:䬂:㞽】山皃」
戉5+心3=総画数8 U+6034 [キツ、キチ/]
◆気が狂う、精神が錯乱する、同「㤜」
◆愚直なさま、正直過ぎて融通が利かないさま、同「戇」
𣧡戉5+歹4=総画数9 U+239E1 [ケツ、ケチ/] 𣧆𣧌𣧵
◆死ぬ、命が尽きる、同「死」
戉5+水3=総画数8 U+6CE7 [エツ、オチ/]
◆水が激しくぶつかり合って湧(わ)き上がるさま
◆「泧漷(エツカク)」、水の勢いが激しいさま、水が沸き立つように互いに激しくぶつかり合うさま
戉5+犬3=総画数8 U+72D8 [ケツ、コチ、コツ/]
◆獣が驚いて飛ぶように走るさま
戉5+目5=総画数10 U+7713 [カツ、カチ/] 𥅩
◆未詳、「【說文解字:目部:眓】視髙皃」
戉5+糸6=総画数11 U+42D0 [エツ、オチ/]
◆細い糸で美しい模様を織り込んだ絹織物、また麻布
戉5+羽6=総画数11 U+4380 [ケツ、ゲチ/]
◆さっと飛ぶさま
𧵝戉5+貝7=総画数12 U+27D5D [未詳/]
◆未詳、【漢語大字典】他は「【龍龕手鑑:卷三:貝部第四:𧵝】俗呼括反正作眓視也」を引いて「眓」とするが、【龍龕手鑑】の「𧵝」は「貝戊」であり「貝戉」ではないようである
戉5+走7=総画数12 U+8D8A [エツ、エチ、オチ/こ・える、こ・す] 𦈭𧻂
◆行く手(ゆくて)を阻(はば)んでいるものの上を跨(また)ぐようにしてその先に行く、区切りや障害となっているものの先に行く、同「逾」
◆度(ど、区切り・限度・程度・規準・規則など)の先に出る、分(ぶ、身の程、分限)を過ぎる、同「逾」
◆春秋時代(前770年~前476年)の国名、現浙江省付近にあった、「於越(オエツ)」
𧻂戉5+走8=総画数13 U+27EC2 [エツ、エチ、オチ/こ・える、こ・す] 越𦈭
◆行く手(ゆくて)を阻(はば)んでいるものの上を跨(また)ぐようにしてその先に行く、区切りや障害となっているものの先に行く、同「逾」
◆度(ど、区切り・限度・程度・規準・規則など)の先に出る、分(ぶ、身の程、分限)を過ぎる、同「逾」
◆春秋時代(前770年~前476年)の国名、現浙江省付近にあった、「於越(オエツ)」
戉5+足7=総画数12 U+47E0 [ケツ、ゲチ、エツ、オチ/] 𨃂
◆軽快なさま、軽やかに走るさま
◆飛び越える、乗り越える、同「越」
𨒋戉5+辵3=総画数8 U+2848B [エツ、オチ/]
◆乗り越える、乗り越えて行く、同「越」
戉5+金8=総画数13 U+925E [エツ、オチ/まさかり] 䤦𨬓钺𨱆
◆大きな斧(おの)、刃渡りが半月形をした重みのある刃物、また武器、また装飾を施し礼器としても用いられる、同「戉」 {刀剣槍} {武器(斧・鉞)}
◆(車の)鈴が鳴る音、「鉞鉞」、同「鉞」
戉5+金5=総画数10 U+94BA [エツ、オチ/まさかり] 鉞䤦𨬓𨱆
◆大きな斧(おの)、刃渡りが半月形をした重みのある刃物、また武器、また装飾を施し礼器としても用いられる、同「戉」 {刀剣槍} {武器(斧・鉞)}
◆(車の)鈴が鳴る音、「鉞鉞」、同「鉞」
戉5+風9=総画数14 U+4B02 [ケツ、コチ、ゲツ、ゴチ/]
◆弱い風が(そよそよと)吹くさま、「【廣韻:入聲:術第六:䎉:䬂】小風皃」
𪌝戉5+麥11=総画数16 U+2A31D [未詳/]
◆「灰𪌝」、未詳、城壁の上から風に乗せて撒き散らし敵兵から見えにくくするために使うという、「【太平御覽:卷第三百三十七:兵部六十八:灰𪌝】灰𪌝糠粃因風於城上擲之以眯敵人目因以鐵汁灑之」
戈4+1=総画数5 U+620A [ボウ、ム、ボ/つちのえ]
◆つちのえ、十干(ジッカン、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の五番目 {十干}
𡶙戊5+山3=総画数8 U+21D99 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:山部:𡶙】"㞽"的讹字」
𢏌戊5+弓3=総画数8 U+223CC [未詳/]
◆「𢏌𢼓(音未詳)」、人名、未詳、同「弘(𢎞)文」、「【伸蒙子:序】惟其所列六人之名…書弘(𢎞)文為𢏌𢼓」
𣳡戊5+水3=総画数8 U+23CE1 [未詳/]
◆未詳、【中華字海:氵部:𣳡】"泧"的讹字」
𥍥戊5+矛5=総画数10 U+25365 [ボウ、ム/ほこ] 矛𢦧𥍤𥎠𢦵𢧟𨥨𨦜
◆両刃の剣で長柄を取り付けられるようにしたもの、筒状の鞘(さや)を付け長柄を差し込めるようにしたもの、同「鉾」 {刀剣槍} {武器(矛・戈・戟)}
◆またそれを長柄の先に付けた槍状の武器
戊5+艸3=総画数8 U+8302 [ボウ、モ、ム/しげ・る]
◆草木が多くの枝や葉を盛んに伸ばして生長する
◆豊かで勢いがあるさま、盛んなさま、栄えるさま
𧉦戊5+虫6=総画数11 U+27266 [エツ、エチ、オチ/] 𧑅
◆「蟛𧉦(ホウエツ)」、小形のカニ(蟹)、海辺に棲むという、同「蟛蚏」、「【晉書:列傳第六十四:夏統】…幼孤貧養親以孝聞睦於兄弟每採{⿰禾呂}求食星行夜歸或至海邊拘螊𧑅以資養」
𨱆戊5+金5=総画数10 U+28C46 [エツ、オチ/まさかり] 鉞䤦𨬓钺
◆大きな斧(おの)、刃渡りが半月形をした重みのある刃物、また武器、また装飾を施し礼器としても用いられる、同「戉」 {刀剣槍} {武器(斧・鉞)}
◆(車の)鈴が鳴る音、「鉞鉞」、同「鉞」
戊5+馬10=総画数15 U+4B85 [未詳/]
◆未詳
𩬕戊5+髟10=総画数15 U+29B15 [ハツ、ホチ/かみ] 髮髪𩬇𩬃𨱳𩠖𩠙𩠕𩑱𡞝㛲𩑛𤕥
◆人の頭部の毛 {毛(頭部)}
◆(山に生える草木が頭に生える髪に似ていることから)草木
戊5+鬼10=総画数15 U+9B46 [キツ/]
◆突然なさま
◆「魆黒」、真っ暗なさま
𪌙戊5+麥11=総画数16 U+2A319 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:亥集下:麥部:𪌙】《奇姓通》梁四公𪌝䵎𪌝音麥○按梁四公傳作䴬䵎轉注古音䴬音頤廣韻作䴰䵎䴰音贖未審孰是存攷」[†「𪌙」と「𪌝」の混同がみられる]
𪗥戊5+齒15=総画数20 U+2A5E5 [シン/] 齔龀齓𪗕𪗠
◆乳歯が抜けて永久歯が生(は)える、「齠齔(チョウシン)」、「【龍龕手鑑:卷二:齒部第十八:{⿰齒戉}𪗥{⿰齒夫}】三俗𪗕或作齓今齔正初靳初謹二反毀齒也」
◆「童𪗥(ドウシン)」、歯の抜け代わる頃の子、童子(ドウジ)
戈4+1=総画数5 U+620B [セン、サン、ザン/] 戔㦮
◆少ないさま、僅(わず)かなさま、小さいさま、「戋戋(センセン)」
戋5+刀2=総画数7 U+522C [サン、セン/] 剗𠚿𣂧
◆削り取る、削って平らにする、同「剷」
◆刈り取る、刈り揃える
戋5+木4=総画数9 U+6808 [サン、セン/かけはし、さん、さ] 桟棧
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同「閣」、「桟道(サンドウ)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
戋5+皿5=総画数10 U+76CF [サン、セン/] 盞𥁫
◆酒や茶などを飲むための浅く小さな器 {食器}
戋5+竹6=総画数11 U+7B3A [セン/] 箋䇳
◆書物の表題や注記・覚書(おぼえがき、メモmemo)などを記すために使う小さい札や紙片
◆手紙や詩文・書画などを書くために使われる札や用紙、同「牋」
◆手紙
线戋5+糸3=総画数8 U+7EBF [セン/]
◆糸や紐(ひも)、糸や紐のように細く長いもの、またその形状や状態、同「線」「𦇫」
戋5+貝4=総画数9 U+8D31 [セン、ゼン/いや・しい、しず] 賤賎𧶤
◆値段が安い、価値が低い
◆身分や地位が低い、品格などが劣る
◆卑(いや)しい、品がない
戋5+金5=総画数10 U+94B1 [セン、ゼン/ぜに] 錢銭
◆貨幣、特に銅貨(価値の低い貨幣)、貨幣の総称
◆重量の単位、1両=10銭、1銭=10分 {各種単位}
◆刃を取り付けたシャベルshovel状の農具、同「銚」、「【說文解字:金部:錢】銚也古田器」
◆[日]貨幣の単位、1銭=1/100円
戋5+食3=総画数8 U+996F [セン、ゼン/はなむけ] 餞䬻
◆送別の際に催す酒宴、旅立つ人への品物・金銭などの贈り物は「贐」、「餞別(センベツ)」は「酒宴を催し見送る」の意だが、日本では「金品などを贈る」の意でも使われる
◆旅立つ人を見送る
◆果物のシロップsiroop[蘭]漬け、砂糖漬け
𢦍戈4+1=総画数5 U+2298D [トウ、ツ/]
◆未詳
𥁘𢦍5+皿5=総画数10 U+25058 [未詳/]
◆未詳
注解:「盏(盞)」の訛字か?
戈4+2=総画数6 U+39AE [セン、サン、ザン/] 戔戋
◆少ないさま、僅(わず)かなさま、小さいさま、「戔戔(センセン)」
㦮6+木4=総画数10 U+685F [サン、セン/かけはし、さん、さ] 棧栈
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同「閣」、「桟道(サンドウ)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
㦮6+歹4=総画数10 U+6B8B [サン、ザン/のこ・る、のこ・り、のこ・す]
◆傷付ける、害(ガイ)する、壊(こわ)す
◆踏(ふ)み付けにする、平気で人に危害を加える
◆酷(むご)い
◆必要なものを取り除いた余り、必要なものを満たすために不足している分量
㦮6+水3=総画数9 U+6D45 [セン/あさ・い] 淺𣻝𤄻
◆水面から底までの距離が小さい、深くない
◆薄っぺらな、厚みがない、奥行きがない
◆色などが薄い、或いは淡い、深みがない
◆時間的に短い、あまり時間が経(た)っていない
𥁫㦮6+皿5=総画数11 U+2506B [サン、セン/] 盞盏
◆酒や茶などを飲むための浅く小さな器 {食器}
𥒎㦮6+石5=総画数11 U+2548E [セン、サン、ゼン/]
◆山の坂道
◆桟道(サンドウ)、棒や板を横に並べて架け渡した山道
㦮6+竹6=総画数12 U+41F3 [セン/] 箋笺
◆書物の表題や注記・覚書(おぼえがき、メモmemo)などを記すために使う小さい札や紙片
◆手紙や詩文・書画などを書くために使われる札や用紙、同「牋」
◆手紙
㦮6+貝7=総画数13 U+8CCE [セン、ゼン/いや・しい、しず] 賤贱𧶤
◆値段が安い、価値が低い
◆身分や地位が低い、品格などが劣る
◆卑(いや)しい、品がない
㦮6+足7=総画数13 U+8DF5 [セン、ゼン/ふ・む]
◆踏む、足を地に着ける、足で押える、同「踏」
◆(道を、前人が通った後を)踏んで行く、同「履」「㣤」「𧗸」
◆決めた通りに(言った通りに)行う、履行(リコウ)する
㦮6+金8=総画数14 U+92AD [セン、ゼン/ぜに] 錢钱
◆貨幣、特に銅貨(価値の低い貨幣)、貨幣の総称
◆重量の単位、1両=10銭、1銭=10分 {各種単位}
◆刃を取り付けたシャベルshovel状の農具、同「銚」、「【說文解字:金部:錢】銚也古田器」
◆[日]貨幣の単位、1銭=1/100円
㦮6+食8=総画数14 U+4B3B [セン、ゼン/はなむけ] 餞饯
◆送別の際に催す酒宴、旅立つ人への品物・金銭などの贈り物は「贐」、「餞別(センベツ)」は「酒宴を催し見送る」の意だが、日本では「金品などを贈る」の意でも使われる
◆旅立つ人を見送る
◆果物のシロップsiroop[蘭]漬け、砂糖漬け
戈4+2=総画数6 U+620C [シュツ、シュチ、ジュツ/いぬ]
◆いぬ、十二支の十一番目、時間は午後八時を中心とした二時間、動物は犬を当てる {十二支}
戌6+口3=総画数9 U+3585 [シュツ、シュチ/]
◆口笛を吹くさま、口笛の音
◆虫の鳴く声
戌6+口3=総画数9 U+54B8 [カン、ゲン/]
◆悉(ことごと)く、全て、漏れなく
◆塩っぽい、塩辛い、塩味、塩分、同繁「鹹」
◆「咸池(カンチ)」◇太陽が沐浴(モクヨク)するとされた伝説上の池◇堯(ギョウ、帝堯)代の舞曲名、同「咸䪧」、別名「大咸(タイカン)」、「【周禮注疏:春官宗伯】以樂舞教國子舞雲門大卷大咸大㲈大夏大濩大武(此周所拵六代之樂黃帝曰雲門大卷黃帝…大咸咸池堯樂也…大㲈舜樂也…大夏禹樂也…大濩湯樂也…大武武王樂也…)[†「雲門大卷(ウンモンタイカン、黃帝代)」「大咸(タイカン、咸池カンチ、堯代)」「大㲈(タイショウ、大韶、舜代)」「大夏(タイカ、禹代)」「大濩(タイコ、大頀、商湯代)」「大武(タイブ、周武代)」は舞曲名で「六代大舞」と呼ばれる]」
戌6+女3=総画数9 U+5A01 [イ/おど・す]
◆(無言のうちに)人を圧(おさ)え畏(おそ)れさせるような強い力(圧力、気力、能力、権力など)、またその力で人を畏れ従わせる、「威力(イリョク、人を畏れ従わせる力)」「威勢(イセイ、人を畏れ従わせる勢い)」「威嚴(イゲン、人を畏れさせる気の力)」
𣧵戌6+歹4=総画数10 U+239F5 [ケツ、ケチ/] 𣧆𣧌𣧡
◆死ぬ、命が尽きる、同「死」
戌6+火4=総画数10 U+70D5 [ベツ、メチ、ケツ、ケチ/]
◆火や明かりが消える、消える、尽きる、なくなる、同「滅」
◆滅ぼす、消す、退治する、同「滅」
𤇳戌6+火4=総画数10 U+241F3 [キツ、ケツ、ベツ、メツ/]
◆火や明かりが消える、同「滅」
戌6+玉4=総画数10 U+73EC [ク/]
◆珂(か、白い瑪瑙)に似た玉(ギョク、大変美しい石)の名
𥅛戌6+目5=総画数11 U+2515B [ケツ、ケチ/] 𥅜
◆目を大きく見開くさま、同「瞲」「𥄵」、「【集韻:卷九:入聲上:質第五:瞲𥅛𥄵】目深皃或作𥅛𥄵亦書作𥅜」
𥅜戌6+目5=総画数11 U+2515C [ケツ、ケチ/] 𥅛
◆目を大きく見開くさま、同「瞲」「𥄵」、「【集韻:卷九:入聲上:質第五:瞲𥅛𥄵】目深皃或作𥅛𥄵亦書作𥅜」
𦐴戌6+羽6=総画数12 U+26434 [未詳/]
◆未詳
𦮠戌6+艸3=総画数9 U+26BA0 [未詳/]
◆未詳
𧧐戌6+言7=総画数13 U+279D0 [シュツ、シュチ/]
◆誘(さそ)う、誘惑する、誘い込む、引き寄せる、同「謏」「𧩮」
𧻗戌6+走7=総画数13 U+27ED7 [キツ/]
◆走る
戌6+辵3=総画数9 U+4895 [シュツ、シュチ/]
◆多くの人や動物が(一斉に、群れになって)走るさま
戌6+金8=総画数14 U+928A [シュツ、シュチ/]
◆鋸(のこぎり)などでものを挽(ひ)き切る音
◆「𨧱銊(クツシュツ)」、戸や箱などが開かないようにする金具、掛け金(かけがね)を受ける金具、受け壺(うけつぼ)、同「屈戌」
戈4+2=総画数6 U+620D [シュ、ス、ジュ/]
◆戈(ほこ)などの武器を持って国境を守る、国境の守備兵
𠲌戍6+口3=総画数9 U+20C8C [シュ、ス/]
◆犬に指示する(あることをさせる)時の掛け声、嗾(けしか)ける、同「嗾」、「【集韻:卷七:去聲上:遇第十:𠲌】使犬聲」
戍6+心3=総画数9 U+391C [キツ、ケツ/]
◆気が狂う、精神が錯乱する、同「怴」
◆気を失い倒れる
戍6+水3=総画数9 U+3CDA [イツ、イチ/]
◆水の流れるさま
𤞉戍6+犬3=総画数9 U+24789 [シュ、ス/]
◆未詳
戍6+羽6=総画数12 U+4389 [キツ/]
◆(驚いて)飛ぶように走り去るさま
戍6+艸3=総画数9 U+8357 [シュツ、ジュツ/]
◆「莪荗(ガジュツ)」、ショウガ科ウコン属の草
𧶂戍6+貝7=総画数13 U+27D82 [未詳/]
◆未詳、【漢語大字典】他は「【龍龕手鑑:卷三:貝部第四:𧵝】俗呼括反正作眓視也」を引いて「眓」とするが、【龍龕手鑑】の「𧵝」は「貝戊」であり「貝戍」ではないようである
𨹇戍6+阜8=総画数14 U+28E47 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:戌集拾遺:阜部:𨹇】古文益字見金石韻府」
𨹒戍6+阜3=総画数9 U+28E52 [未詳/]
◆未詳、「【中華大字典:阜部:𨹒】古盜字見《金石韻府》[†「𨹇」の異体字としたものと思われるが未詳]」
戈4+2=総画数6 U+620E [ジュウ、ニュウ/えびす] 𢍻
◆弓(ゆみ)や戟(ゲキ)などの武器、兵車、武器の総称
◆武器・兵士・軍隊・戦争などに関する事柄、同「𢦦」
◆えびす、西方の異民族を指す語、「西戎(セイジュウ)」、東は「夷、東夷」、南は「蠻、南蠻」、北は「狄、北狄」
𠈋戎6+人2=総画数8 U+2020B [ジュウ、ニュウ/]
◆未詳、「【廣韻:上平聲:東第一:戎:𠈋】𠈋人身有三角也」「【康熙字典:子集中:人部:𠈋】見毛詩註疏不聞𠈋人身有三角者」
𡊸戎6+土3=総画数9 U+212B8 [ジュウ、ニュウ/]
◆古地名、未詳
戎6+女3=総画数9 U+5A00 [ジュウ、シュウ、ス/]
◆古国名
𢫨戎6+手3=総画数9 U+22AE8 [ジョウ、ニョウ、ジュウ、ニュウ/]
◆手で押す、強く押す
◆手を貸して助ける
◆強く引っ張る、同「扔」
戎6+毛4=総画数10 U+6BE7 [ジュウ、ニュウ/] 𣮪
◆細く柔らかい毛
戎6+犬3=総画数9 U+72E8 [ジュウ、ニュウ/]
◆キンシコウ(金絲猴)、別名「金絲狨(キンシジュウ)」「金線猴(キンセンコウ)」、オナガザル科シシバナザル属のサル(猿)の総称
戎6+糸6=総画数12 U+7D68 [ジュウ、ニュウ/]
◆毛羽(けば、細く柔らかい毛や羽、またそのようなもの)が立った織物
戎6+糸3=総画数9 U+7ED2 [ジュウ、ニュウ/]
◆毛羽(けば、細く柔らかい毛や羽、またそのようなもの)が立った織物
戎6+羊6=総画数12 U+7FA2 [ジュウ/]
◆細く柔らかいヒツジ(羊)の毛、羊毛(ヨウモウ)
戎6+艸3=総画数9 U+8319 [ジュウ、ニュ/]
◆「茙葵(ジュウキ)」、タチアオイ(立葵)、アオイ科の草
戎6+貝7=総画数13 U+8CCA [ソク、ゾク/] 贼𧵪
◆人を脅(おびや)かす、傷付ける、危害を加える、またそのような者
◆人を脅かして奪う、盗む、またそのような者、盗人(ぬすっと)
◆他国を侵す、国に叛(そむ)く、またそのような者
戎6+貝4=総画数10 U+8D3C [ソク、ゾク/] 賊𧵪
◆人を脅(おびや)かす、傷付ける、危害を加える、またそのような者
◆人を脅かして奪う、盗む、またそのような者、盗人(ぬすっと)
◆他国を侵す、国に叛(そむ)く、またそのような者
𨠤戎6+酉7=総画数13 U+28824 [シュウ、スウ/]
◆酒名、「【集韻:卷一:平聲:東第一:𨠤】酒名」
戎6+馬10=総画数16 U+99E5 [ジュウ、ニュウ/] 𩤭
◆丈(たけ)が八尺以上ある馬(雄馬)、非常に力強い馬、七尺以上は「騋」、六尺以上は「馬」、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:駥】而弓切馬八尺也雄也」「【爾雅注疏:釋畜】絕有力駥」
◆「駥驥(ジュウキ)」、力強く健脚の馬、駿馬(シュンバ、シュンメ、名馬)
𪀚戎6+鳥11=総画数17 U+2A01A [シュウ、スウ/]
◆小形のタカ(鷹)の類
戈4+2=総画数6 U+6210 [セイ、ジョウ/な・る、な・す] 𢦩
◆為(な)す、形や状態などを変えようとする、また変わろうとする
◆本来の形や状態になる、目的・目標を持って働き、当初の目的・目標に達する、出来上がる、仕上がる、「成就(ジョウジュ)」
◆積み重なる、積み重なってある形や状態になる、またある形や状態に仕上げる
◆十里四方の耕作地(田畑)、一里四方の耕作地を「井」といい、一成=百井、「井」参照 {井田制}
◆十分の一、一成=一割、同「𧶔」
成6+土3=総画数9 U+57CE [セイ、ジョウ/しろ] 𩫨
◆外敵からの攻撃を防ぐために都市(日本の城下町に当たる)を囲むように築かれた高い壁、またその壁で囲まれた都市、二重に壁を巡(めぐ)らせてある場合は、内側を「城」、外側を「郭(カク)」外城(ガイジョウ)という
◆[日]外敵からの攻撃を防くために石垣や濠(ほり)などを廻らせた構築物、また石垣や濠(ほり)などで囲まれた一画
成6+女3=総画数9 U+5A0D [セイ、ジョウ/]
◆背がすらりと高く美しいさま、「【玉篇:卷三:女部第三十五:娍】食政切長好皃」
◆女性名用字
成6+宀3=総画数9 U+5BAC [セイ、ジョウ/] 窚𡩍𡧿
◆建物の中に多くのものを受け入れる、収容する
◆書籍や文書の保管庫
成6+山3=総画数9 U+5CF8 [セイ、ジョウ/]
◆山名、未詳
𡷫成6+山3=総画数9 U+21DEB [セイ、ジョウ/]
◆盛る、盛り上げる
成6+日4=総画数10 U+665F [セイ、ジョウ/]
◆明るい、太陽の光が充(み)ち溢れる
◆明らか
◆盛んなさま
成6+日4=総画数10 U+6660 [セイ、ジョウ/]
◆明るい、太陽の光が充(み)ち溢れる
◆明らか
◆盛んなさま
成6+玉4=総画数10 U+73F9 [セイ、ジョウ/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)の名
◆美しい珠(たま)
成6+皿5=総画数11 U+76DB [セイ、ジョウ/も・る、さか・ん]
◆器などにものを入れる、器に山のように或いは溢れんばかりにものを入れる
◆山のように積み上げる
◆これでもかこれでもかと惜しむ様子がないさま、満ち溢れるさま、豊かなさま
◆力や勢いがあるさま
𥆏成6+目5=総画数11 U+2518F [セイ、ジョウ/] 𥊱
◆(怒って)目を大きく見開く、目を大きく見開いてじっと見る、同「瞋」「䀼」
成6+穴5=総画数11 U+7A9A [セイ、ジョウ/] 宬𡩍𡧿
◆建物の中に多くのものを受け入れる、収容する
◆書籍や文書の保管庫
成6+竹6=総画数12 U+7B6C [セイ、ジョウ/おさ]
◆竹(或いは金属製)の細長い板を櫛(くし)の歯状に並べその隙間に経糸(たていと)を通す機織(はたお)り道具の一つ、仕上げる布の幅と経糸の本数(密度)を決める他、杼(ひ)を往復させながら通した緯糸(よこいと)を押さえ緯糸同士を密着させるための道具、同「筘」
成6+糸6=総画数12 U+7D7E [ショウ、ジョウ/]
◆未詳、「【玉篇:卷二十七:糸部第四百二十五:絾】市征切織緘也」
成6+至6=総画数12 U+81F9 [シュウ、ス、シュ/]
◆習う
◆進む、「【字彙:未集:至部:臹】思畱切音修習也又進也出太上老君𥓓」
成6+艸3=総画数9 U+837F [セイ、ジョウ/]
◆草名
成6+言7=総画数13 U+8AA0 [セイ、ジョウ/まこと、まこと・に]
◆真心(まごころ)、真実(シンジツ)
◆言行(ゲンコウ、言葉と行為・行動)に嘘偽(うそいつわ)りがない
◆真(まこと)に、本当に、嘘偽りなく
成6+言2=総画数8 U+8BDA [セイ、ジョウ/まこと、まこと・に]
◆真心(まごころ)、真実(シンジツ)
◆言行(ゲンコウ、言葉と行為・行動)に嘘偽(うそいつわ)りがない
◆真(まこと)に、本当に、嘘偽りなく
成6+邑3=総画数9 U+90D5 [セイ、ジョウ/]
◆古地名、現山東省内
成6+金8=総画数14 U+92EE [セイ/]
◆「阮大鋮(ゲンタイセイ)」、1587年~1646年、明代(1368年~1644年)末の人
成6+金5=総画数11 U+94D6 [セイ/]
◆「阮大铖(ゲンタイセイ)」、1587年~1646年、明代(1368年~1644年)末の人
成6+魚11=総画数17 U+9BCE [/うぐい]
◆[日]ウグイ(鯎)、コイ科ウグイ属の淡水魚、また同属の魚の総称
𢦏戈4+2=総画数6 U+2298F [サイ/] 𢦒
◆傷付く、傷付ける
◆災(わざわ)い、禍(わざわい)
𢦏6+口3=総画数9 U+54C9 [サイ/かな、や] 𠳆㦲
◆かな、句末に付いて感嘆・感動などの意を表す語、「大哉(大きいなぁ!)」「痛何如哉(何という痛さだろう!)」「幸甚至哉(何という幸せか!)」
◆や、句末に付いて疑問・反問などの意を表す語、「此何鳥哉(これは何という鳥か?)」「夫召我者而豈徒哉(わたしを召したのは何かしらの訳があってのことだろう)」
◆やっと~、「物事がやっと始まる、やっと~になる」の意を表す、同「才」
𢦏6+土3=総画数9 U+363D [サイ/]
◆草木を植(う)える、また手を加えて育てる、同「栽」
𢦏6+木4=総画数10 U+683D [サイ/] 𣒭
◆草木を植(う)える、また手を加えて育てる、「栽培(サイバイ)」、同「㘽」
◆牆(ショウ、かき、垣かき・塀へい・壁かべ・土塁ドルイなどの内と外を仕切り遮さえぎる構築物)を築く、「【急就篇:卷三】榦楨板栽度圜方(榦楨築牆之植木謂竪立者也板牆板也栽築牆也度圜方者量計所宜先立基址然後築也…)」
𢦏6+火4=総画数10 U+70D6 [サイ/わざわ・い] 災𡿧𤉣灾𤈮
◆大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など天が齎(もたら)す禍(わざわい)
◆人に困難や不幸を齎す出来事
𤱱𢦏6+田5=総画数11 U+24C71 [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載載载𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)、「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始)[†「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人]」
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
𥅰𢦏6+目5=総画数11 U+25170 [サイ/]
◆よく見る
◆目が見る方向に向いていない
𢦏6+肉6=総画数12 U+80FE [シ/] 𦛹
◆大きめに切り分けた肉の塊(かたまり)、小さいのは「臠」
𢦏6+至6=総画数12 U+81F7 [テツ、デチ、チツ、ジチ/]
◆八十歳或いは七十歳
◆入れ替わる
𢦏6+虫6=総画数12 U+86D3 [シ/] 𧉠𧍤䗹
◆毛虫、昆虫などの幼虫で毛の多いものの総称
◆イラガ(刺蛾、イラガ科の昆虫の総称)の幼虫、同「蚝」
𢦏6+衣6=総画数12 U+88C1 [サイ、ザイ/た・つ、さば・く] 𧚝
◆形に合わせて布(ぬの)を断(た)つ、布を断ち衣服に仕立てる、同「製」「𧚶」
◆断(た)つ、切る
◆切って形を整える、同「財」
◆型(かた)、形式、様式(ヨウシキ)
◆(状態や状況をよく見極め、それに合う)判断・判別・判定をする
𧧬𢦏6+言7=総画数13 U+279EC [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:言部:𧧬】同"戠"」
𢦏6+車7=総画数13 U+8F09 [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載载𤱱𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)、「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始)[†「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人]」
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
𢦏6+車4=総画数10 U+8F7D [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載載𤱱𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)、「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始)[†「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人]」
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
𨚵𢦏6+邑7=総画数13 U+286B5 [サイ/] 𨛚
◆古国名、現河南省開封(カイホウ)市・商丘(ショウキュウ)市付近 {河南省}
𢦏6+酉7=総画数13 U+9168 [サイ、ザイ/] 𨠾
◆酸味のある飲み物、酸味のある酒
𢦏6+韭9=総画数15 U+97EF [セン/]
◆野生のニラ(韮)の一種
◆(ニラの葉のように)細い、狭い
𢦏6+鳥11=総画数17 U+4CD2 [エン/]
◆トビ(鳶)、タカ科トビ属の鳥、「【正字通:亥集中:鳥部:䳒】同鳶」
◆「朱䳒(しゅえん)」、現ベトナム北部の交趾郡にあった県名
戈4+3=総画数7 U+6211 [ガ/われ、わ・が] 𢦐𢦴㦱𢦠𢦓𢦖𠨂𨈟𩇶
◆自分の、主に所有格(my)や目的格(me)で用いられ、主格(I)では「吾」が用いられる、「我見(ガケン、私見、わたしの見解)」
◆自分、自分を指す語、同「吾」「余」「予」
我7+人2=総画数9 U+4FC4 [ガ/にわか]
◆急に、突然に、がくっと、がくんと、急に状態が変わることを指す、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷二十一:小雅:賓之初筵】…側弁之俄(《箋》…俄傾貌…)[†「がくっと弁(ベン、冠や帽子)が傾く」の意]」
𠩙我7+厂2=総画数9 U+20A59 [ガ/] 峨峩𡻍𡽥
◆山が高く険しいさま
◆「𠪉𠩙(サガ)」、高低不揃(ふぞろ)いの山が連(つら)なっているさま
◆「峨嵋山(ガビサン)」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
我7+口3=総画数10 U+54E6 [ガ/]
◆吟ずる
◆「えっ?」という疑問を表す語
◆「おう」という驚きや呼び掛けを表す語
我7+女3=総画数10 U+5A25 [ガ/]
◆美しく優しく聡明なさま、またそのような女性、同「䄉」
◆「嫦娥(ジョウガ)」、神話上の月に住む女性の名、同「姮娥(コウガ)」、「嫦」参照
我7+山3=総画数10 U+5CE8 [ガ/] 峩𡻍𡽥𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「嵯峨(サガ)」、高低不揃(ふぞろ)いの山が連(つら)なっているさま
◆「峨嵋山(ガビサン)」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
我7+山3=総画数10 U+5CE9 [ガ/] 峨𡻍𡽥𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「嵳峩(サガ)」、高低不揃(ふぞろ)いの山が連(つら)なっているさま
◆「峨嵋山(ガビサン)」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
我7+手3=総画数10 U+39F4 [ガ/]
◆縒(よ)る、両掌(てのひら)で物を挟み左右の掌を逆方向に擦(こす)る、同「搓」
我7+水3=総画数10 U+6D90 [ガ/]
◆「涐水」、川名、四川省、現「大渡河」
我7+玉4=総画数11 U+73F4 [ガ/]
◆祭礼に用いる圭(ケイ)や璋(ショウ)などの礼器を両手で捧げ持つさま
我7+白5=総画数12 U+7692 [ガ/]
◆「皒皒」、白いさま
我7+目5=総画数12 U+774B [ガ/]
◆望む、遠くを望む
我7+石5=総画数12 U+786A [ガ/]
◆大きな石、岩
◆「砐硪(ゴウガ)」◇大きな石、岩、「【蕉軒隨錄:卷四:粵東舟人挽篙】…順流遇砐硪大石…」◇揺らすさま、揺れ動くさま、「【六臣註文選:卷十二:江賦】陽侯砐(五合)硪(我)以岸起洪瀾涴(…砐硪揺動貌…)」◇山が高いさま、「【龍龕手鑑:卷四:石部第九:硪】音我砐硪山之髙貌動也」
◆「石硪(セキガ)」、大きな石を持ち上げ、落とすことで土を突き固めるなどする道具
我7+示4=総画数11 U+4109 [ガ/]
◆祭礼の名、未詳
◆美しく優しく聡明なさま、またそのような女性、同「娥」
我7+羊6=総画数13 U+7FA9 [ギ/]
◆広く良い・正しいと認められていること、また経験則(多くの経験を積むことで得られる道理)に適(かな)っていること
◆人が進むべき道、則(のっと)るべき考え、「義士(ギシ、正しい道・正しいと信ずる道をかたく守り通す人)」
◆多くの人と共にすること、多くの人のためにすること、「義倉(ギソウ、作物不作などに備えるための公共の備蓄庫)」「義井(ギセイ、共同使用の井戸)」
◆良い、賢(かしこ)い
◆名目(メイモク)上の、表向きの、仮の、「義兄(ギケイ、血縁関係のない兄、姉の夫、配偶者の兄、強い結びつきのある年長者)」
◆事象や言葉の意味、「字義(ジギ、文字の意味)」「文義(ブンギ、文章の意味、また意味するところ)」
我7+艸3=総画数10 U+83AA [ガ/]
◆草名、「莪蒿(ガコウ)」、別名「𦾰蒿(リンコウ)」「蘿蒿(ラコウ)」、未詳、湿地を好み、葉はヨモギ(蓬、キク科ヨモギ属の草)に似て細く、春に生え茎は蒸せば香りも味も良く、蔞蒿(ロウコウ、タカヨモギ高蓬、キク科ヨモギ属の草)によく似るという、「【爾雅注疏:釋草】莪蘿(《疏》舎人云莪一名蘿郭云今莪蒿也亦曰𦾰蒿…陸璣云生澤田漸洳之處葉似邪蒿而細科生三月中莖可生食又可蒸香美味頗似蔞蒿是也)」「【普濟方:卷四百二十六:本草藥性異名:玉石部】…角蒿 一名莪蒿 莪 蘿蒿 䕲蒿」
◆「莪蒁(ガジュツ)」、ショウガ科ウコン属の草 {ガジュツ}
我7+虫6=総画数13 U+45B8 [ガ、ギ/] 蛾𧒎
◆ガ(蛾)、チョウ目のチョウ(蝶)類を除いた虫の総称
◆「蚕䖸(サンガ、かいこが)」、カイコ(蚕、カイコガ科カイコガ属の昆虫の幼虫)の成虫
◆大形のアリ(蟻)
◆「䖸眉(ガビ)」、ガの触角のように美しい形の眉、目元が美しいさま、美しい女性
我7+虫6=総画数13 U+86FE [ガ、ギ/] 䖸𧒎
◆ガ(蛾)、チョウ目のチョウ(蝶)類を除いた虫の総称
◆「蚕蛾(サンガ、かいこが)」、カイコ(蚕、カイコガ科カイコガ属の昆虫の幼虫)の成虫
◆大形のアリ(蟻)
◆「蛾眉(ガビ)」、ガの触角のように美しい形の眉、目元が美しいさま、美しい女性
𧚄我7+衣5=総画数12 U+27684 [ガ/]
◆着飾る
我7+言7=総画数14 U+8A90 [ガ/]
◆喜ばしい
◆詩歌を吟ずる
我7+金8=総画数15 U+92E8 [ガ/]
◆オスミウムOsmium(Os)、元素名、旧「銤」「鐭」 {オスミウム}
◆訛「鐵(鉄)」
我7+金5=総画数12 U+9507 [ガ/]
◆オスミウムOsmium(Os)、元素名、旧「銤」「鐭」 {オスミウム}
◆訛「鐵(鉄)」
𨿍我7+隹8=総画数15 U+28FCD [ガ/] 鵝鹅䳘鵞䳗
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天𨿍(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天𨿍(ショウテンガ)」
𩒰我7+頁9=総画数16 U+294B0 [ガ/]
◆俄(にわか)に頭が傾く、「【龍龕手鑑:卷四:頁部第十五:𩒰】音俄齊也又音我側弁頭也」「【正字通:戌集下:頁部:𩒰】吾何切音娥側弁也與俄通詩側弁之俄義同」
我7+食8=総画数15 U+9913 [ガ/う・える] 饿
◆食べ物が足りず腹がすいて痩(や)せて骨ばる、「飢(キ、う・える、食べ物が足りず腹をすかす)」よりも甚(はなは)だしい状態
饿我7+食3=総画数10 U+997F [ガ/う・える]
◆食べ物が足りず腹がすいて痩(や)せて骨ばる、「飢(キ、う・える、食べ物が足りず腹をすかす)」よりも甚(はなは)だしい状態
我7+馬10=総画数17 U+9A00 [ガ/] 𩣣
◆「駊騀(ハガ)」◇高く大きいさま、「【前漢書(漢書):卷八十七上:揚雄傳第五十七上】崇丘陵之駊騀兮…(…師古曰駊騀高大狀也…)」「【全唐詩(欽定全唐詩):卷二百二十 :揚旗】…駊騀揚旗(一作{⿰方(⿱𠂉巾)})旌」◇同「𩢘騀」、未詳、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:𩢘】匹可切馬行皃」「【廣韻(宋本廣韻):上聲:果第三十四:跛:駊】駊騀馬惡行又音叵」「【廣韻(宋本廣韻):上聲:哿第三十三:我:騀】駊騀馬摇頭皃」
𩣣我7+馬10=総画数17 U+298E3 [ガ/]
◆「駊𩣣(ハガ)」◇高く大きいさま、「【前漢書(漢書):卷八十七上:揚雄傳第五十七上】崇丘陵之駊騀兮…(…師古曰駊騀高大狀也…)」「【全唐詩(欽定全唐詩):卷二百二十 :揚旗】…駊騀揚旗(一作{⿰方(⿱𠂉巾)})旌」◇同「𩢘騀」、未詳、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:𩢘】匹可切馬行皃」「【廣韻(宋本廣韻):上聲:果第三十四:跛:駊】駊騀馬惡行又音叵」「【廣韻(宋本廣韻):上聲:哿第三十三:我:騀】駊騀馬摇頭皃」
𩣨我7+馬10=総画数17 U+298E8 [未詳/]
◆未詳
𩭝我7+髟10=総画数17 U+29B5D [ガ/]
◆「髲𩭝(ヒガ)」、髪が高く大きいさま[†「髲」は「髪を増やしたり膨らませたりしたい場合に付け足す髪、かもじ、そえがみ」の意]
我7+鳥11=総画数18 U+4CD7 [ガ/] 鵝鹅䳘鵞𨿍
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天䳗(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天䳗(ショウテンガ)」
我7+鳥11=総画数18 U+4CD8 [ガ/] 鵝鹅鵞䳗𨿍
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天䳘(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天䳘(ショウテンガ)」
我7+鳥11=総画数18 U+9D5D [ガ/] 鹅䳘鵞䳗𨿍
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天鵝(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天鵝(ショウテンガ)」
我7+鳥11=総画数18 U+9D5E [ガ/] 鵝鹅䳘䳗𨿍
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天鵞(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天鵞(ショウテンガ)」
我7+鳥5=総画数12 U+9E45 [ガ/] 鵝䳘鵞䳗𨿍
◆ガチョウ(鵝鳥)、野生のガン(雁、カモ科の鳥)を家禽化したもの、同「鴈」
◆「天鹅(テンガ)」、ハクチョウ(白鳥)、カモ科ハクチョウ属の鳥、コハクチョウ(小白鳥)は「小天鹅(ショウテンガ)」
戈4+3=総画数7 U+6212 [カイ、ケ/いまし・める] 𢌵𢦥𢦶𢦬
◆気を引き締めて用心する、憂いがないように備(そな)える
◆自ら言動を慎む
◆誡(いまし)める、強く注意して悟らせる、過(あやま)たないように教え諭す、同「誡」
戒7+人2=総画数9 U+3458 [カイ、ケ/] 价𠇴
◆善(よ)い、優(すぐ)れている、立派な
◆「价人(カイジン)」、手本とすべき立派な人
◆使いの者、「【宋史:宋史卷二百五十八:列傳第十七】鄰道守將走价馳書來詣」
◆価(あたい)、値打ち、同「價」
戒7+口3=総画数10 U+3591 [カイ/] 𠸴
◆怒鳴る、大声で叱る
𡯰戒7+尢3=総画数10 U+21BF0 [カイ、ケ/] 尬𡯔𡯕𡯗𡯓𠆷𡯽
◆「尷𡯰(カンカイ)」、思うように行かないさま、思うようにならずばつが悪いさま、きまりが悪いさま
戒7+心3=総画数10 U+6088 [カイ、ケ/]
◆戒(いまし)める、気を引き締めて用心する、同「戒」
◆ゆとりがない、余裕がない、急(せ)く、忙(せわ)しい、同「急」、「【爾雅注疏:釋言】悈褊急也(《注》皆急狹)」
𢬿戒7+手3=総画数10 U+22B3F [カイ/]
◆手に持つ
戒7+木4=総画数11 U+68B0 [カイ、ゲ/]
◆枷(かせ)、手枷(てかせ)や足枷(あしかせ)、桎梏(シッコク)
◆ある仕事をさせるために作られた道具、仕掛け、装置、器具、武器、「器械(キカイ、道具)」
◆兵器、「軍械(グンカイ)」
𤈪戒7+火4=総画数11 U+2422A [カイ/] 烗𤉫
◆明々(あかあか)と燃え盛るさま、同「熾」
戒7+示4=総画数11 U+7974 [カイ/]
◆祭祀の際に奏でる音楽の名
◆煉瓦や石を敷き詰めた道や階段
戒7+衣5=総画数12 U+88D3 [コク/]
◆衣服の裾
戒7+言7=総画数14 U+8AA1 [カイ、ケ/いまし・める] 诫䛺𧪖
◆戒(いまし)める、気を引き締め用心(ヨウジン、心を用いる)させる、過(あやま)たないよう強く注意(チュウイ、意を注ぐ)させる、またその言葉、同「戒」
戒7+言2=総画数9 U+8BEB [カイ、ケ/いまし・める] 誡䛺𧪖
◆戒(いまし)める、気を引き締め用心(ヨウジン、心を用いる)させる、過(あやま)たないよう強く注意(チュウイ、意を注ぐ)させる、またその言葉、同「戒」
戒7+馬10=総画数17 U+99F4 [カイ、ガイ、ゲ/]
◆激しく鼓(つづみ)を打ち鳴らす
◆(不意のことに馬が)驚(おどろ)く、ぎょっとする、びっくりする、同「駭」
𢦒戈4+3=総画数7 U+22992 [サイ/] 𢦏
◆傷付く、傷付ける
◆災(わざわ)い、禍(わざわい)
𠳆𢦒7+口3=総画数10 U+20CC6 [サイ/かな、や] 哉㦲
◆かな、句末に付いて感嘆・感動などの意を表す語、「大哉(大きいなぁ!)」「痛何如哉(何という痛さだろう!)」「幸甚至哉(何という幸せか!)」
◆や、句末に付いて疑問・反問などの意を表す語、「此何鳥哉(これは何という鳥か?)」「夫召我者而豈徒哉(わたしを召したのは何かしらの訳があってのことだろう)」
◆やっと~、「物事がやっと始まる、やっと~になる」の意を表す、同「才」
𣴮𢦒7+水3=総画数10 U+23D2E [サイ/]
◆「𣴮水」、川名、四川省、現「大渡河」
𤈮𢦒7+火4=総画数11 U+2422E [サイ/わざわ・い] 災𡿧𤉣灾烖
◆大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など天が齎(もたら)す禍(わざわい)
◆人に困難や不幸を齎す出来事
𦛹𢦒7+肉6=総画数13 U+266F9 [シ/]
◆大きめに切り分けた肉の塊(かたまり)、小さいのは「臠」
𨌏𢦒7+車7=総画数14 U+2830F [未詳/]
◆未詳
𨛚𢦒7+邑7=総画数14 U+286DA [サイ/] 𨚵
◆古国名、現河南省開封(カイホウ)市・商丘(ショウキュウ)市付近 {河南省}
𨠾𢦒7+酉7=総画数14 U+2883E [サイ、ザイ/]
◆酸味のある飲み物、酸味のある酒
𢦙戈4+3=総画数7 U+22999 [コク、ワク/あ・る、あるい・は] 或㦯𢈿
◆あ・る、不特定の人や物事、「ある時」「ある人」「ある事」
◆あるい・は、もしかしたら~、また~、他の例を挙げれば~
◆惑(まど)う
◆国、邦、同「國(国)」、「戈(ほこ)を持って外敵から守るところ」の意、「【說文解字注:戈部:或】邦也(邑部曰邦者國也…)」
𣴤𢦙7+水3=総画数10 U+23D24 [ヨク、イキ、キョク、コク/]
◆水の流れが速いさま
◆濠(ほり)、城などを囲む濠、同「洫」
戈4+4=総画数8 U+39B0 [セン/]
◆絶やす、一掃(イッソウ)する
◆鋭いさま
◆農具の一種
𣨦㦰8+歹5=総画数13 U+23A26 [セン/] 殲殱歼
◆殺す、殺し尽くす、 滅ぼす、「殲滅(センメツ)」
◆命が尽きる、死ぬ、「【毛詩正義:黃鳥】交交黃鳥止于棘…彼蒼者天殲我良人(《傳》殲盡良善也…)…」
㦰8+韭9=総画数17 U+97F1 [セン/]
◆野生のニラ(韮)の一種
◆(ニラの葉のように)細い、狭い
戈4+4=総画数8 U+39B2 [サイ/かな、や] 哉𠳆
◆かな、句末に付いて感嘆・感動などの意を表す語、「大哉(大きいなぁ!)」「痛何如哉(何という痛さだろう!)」「幸甚至哉(何という幸せか!)」
◆や、句末に付いて疑問・反問などの意を表す語、「此何鳥哉(これは何という鳥か?)」「夫召我者而豈徒哉(わたしを召したのは何かしらの訳があってのことだろう)」
◆やっと~、「物事がやっと始まる、やっと~になる」の意を表す、同「才」
㦲8+鳥11=総画数19 U+4CE3 [エン/とび、とんび] 鳶鸢𩾭𪀝𪃘
◆トビ(鳶、鴟、鵄)、別名「老鷹(ロウヨウ)」、タカ科トビ属の鳥
◆「䳣尾(エンビ)」、イチハツ(一初、一八、鳶尾)、アヤメ科アヤメ属の草
戈4+4=総画数8 U+6214 [セン、サン、ザン/] 戋㦮
◆少ないさま、僅(わず)かなさま、小さいさま、「戔戔(センセン)」
戔8+人2=総画数10 U+4FF4 [セン、ゼン/]
◆浅い、薄い
◆車の箱の前部の下に渡す横木、同「軫」
戔8+刀2=総画数10 U+5257 [サン、セン/] 刬𠚿𣂧
◆削り取る、削って平らにする、同「剷」
◆刈り取る、刈り揃える
戔8+山3=総画数11 U+37DE [サン/]
◆飛び抜けて高く聳えている山、山が高く切り立っているさま
戔8+巾3=総画数11 U+5E34 [セン、サン、ザン/]
◆ストールstoleやショールshawlなどの肩に掛け体の前で合わせるもの、同「褿」
◆嬰児(エイジ)や小児を寝かせたり包(くる)んだりするのに用いる布、同「䙁」「褿」、「【廣韻:下平聲:先:箋:帴】小兒藉也」
◆鞍(くら、人や荷を載せるために馬などの背に置く馬具)の下に敷く敷物
◆幅が一幅(時代によって異なるが約二尺二寸、一尺は時代によって異なり約23cm~30cm程)の布、古く帗舞の際に用いる舞具の絹布の幅であったという、同「帗」
戔8+彳3=総画数11 U+38E4 [セン、ゼン/]
◆踏み行く、跡を(道を)辿(たど)って行く、同「踐」「𧗸」
戔8+心3=総画数11 U+3947 [サン、ザン/]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:寒第二十五:㥇】忮也」
𢯆戔8+手3=総画数11 U+22BC6 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:手部:𢯆】【中華字海:扌部:𢯆】"棧"的訛字」
𣂧戔8+斤4=総画数12 U+230A7 [サン、セン/] 剗刬𠚿
◆削り取る、削って平らにする、同「剷」
◆刈り取る、刈り揃える
戔8+月(肉)4=総画数12 U+43FC [サン、ザン/]
◆禽獣(キンジュウ、鳥や獣)の食べ残し、同「㱚」
戔8+木4=総画数12 U+68E7 [サン、セン/かけはし、さん、さ] 桟栈
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同「閣」、「桟道(サンドウ)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
戔8+歹4=総画数12 U+6B98 [サン、ザン/のこ・る、のこ・り、のこ・す]
◆傷付ける、害(ガイ)する、壊(こわ)す
◆踏(ふ)み付けにする、平気で人に危害を加える
◆酷(むご)い
◆必要なものを取り除いた余り、必要なものを満たすために不足している分量
戔8+水3=総画数11 U+6DFA [セン/あさ・い] 浅𣻝𤄻
◆水面から底までの距離が小さい、深くない
◆薄っぺらな、厚みがない、奥行きがない
◆色などが薄い、或いは淡い、深みがない
◆時間的に短い、あまり時間が経(た)っていない
戔8+片4=総画数12 U+724B [セン/]
◆手紙や詩文・書画などを書くために使われる札や用紙、同「箋」「椾」
◆天子に上奏(ジョウソウ、意見などを具申すること)する際に使われる用紙、またその文章様式
◆手紙
戔8+玉4=総画数12 U+7416 [サン、セン/]
◆主に酒を飲むための玉(ギョク、大変美しい石)製の小さな杯(さかずき)、同「盞」
戔8+皿5=総画数13 U+76DE [サン、セン/] 𥁫盏
◆酒や茶などを飲むための浅く小さな器 {食器}
戔8+石5=総画数13 U+788A [セン、サン、ゼン/] 𥒎
◆山の坂道
◆桟道(サンドウ)、棒や板を横に並べて架け渡した山道
戔8+竹6=総画数14 U+7B8B [セン/] 䇳笺
◆書物の表題や注記・覚書(おぼえがき、メモmemo)などを記すために使う小さい札や紙片
◆手紙や詩文・書画などを書くために使われる札や用紙、同「牋」
◆手紙
戔8+糸6=総画数14 U+7DAB [セン/] 线
◆糸や紐(ひも)、糸や紐のように細く長いもの、またその形状や状態、同「線」「𦇫」
𦈻戔8+缶6=総画数14 U+2623B [サン、セン/]
◆主に酒を飲むための小さな杯(さかずき)、同「盞」
戔8+羽6=総画数14 U+4392 [サン、セン/]
◆鳥が獲物に素早く襲い掛かる
◆鳥の猛々(たけだけ)しいさま
戔8+艸3=総画数11 U+83DA [サン、セン/]
◆草名
戔10+虍6=総画数16 U+8665 [サン、セン、ゼン/]
◆ネコ(猫、ネコ科ネコ属の哺乳類)の類
◆「虥貓、虥猫(サンビョウ)」、毛色が浅い(薄い)トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類、或いはヒョウ(豹、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類
戔10+虍6=総画数16 U+8666 [サン、セン、ゼン/]
◆ネコ(猫、ネコ科ネコ属の哺乳類)の類
◆「虦貓、虦猫(サンビョウ)」、毛色が浅い(薄い)トラ(虎、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類、或いはヒョウ(豹、ネコ科ヒョウ属の哺乳類)の類
戔8+虫6=総画数14 U+45C3 [セン、ゼン/]
◆「馬䗃(バセン)」、ヤスデ(馬陸、ばりく)、ヤスデ網の節足動物の総称
𧗸戔8+行6=総画数14 U+275F8 [セン、ゼン/]
◆踏み行く、同「踐」「㣤」
戔8+衣5=総画数13 U+4641 [サン、ザン/]
◆嬰児(エイジ)や小児を寝かせたり包(くる)んだりするのに用いる布、小児や嬰児を大切に庇(かば)い守るための衣類、同「帴」「褯」
𧣴戔8+角7=総画数15 U+278F4 [サン、セン/]
◆主に酒を飲むための小さな杯(さかずき)、同「盞」
戔8+言7=総画数15 U+8AD3 [セン、ゼン/]
◆諂(へつら)う、お世辞を言う
◆言葉巧みに取り入って悪口を言い人を陥れる
◆浅はかなさま
戔8+貝7=総画数15 U+8CE4 [セン、ゼン/いや・しい、しず] 贱賎𧶤
◆値段が安い、価値が低い
◆身分や地位が低い、品格などが劣る
◆卑(いや)しい、品がない
𧶤戔8+貝7=総画数15 U+27DA4 [セン、ゼン/いや・しい、しず] 賤贱賎
◆値段が安い、価値が低い
◆身分や地位が低い、品格などが劣る
◆卑(いや)しい、品がない
戔8+足7=総画数15 U+8E10 [セン、ゼン/ふ・む]
◆踏む、足を地に着ける、足で押える、同「踏」
◆(道を、前人が通った後を)踏んで行く、同「履」「㣤」「𧗸」
◆決めた通りに(言った通りに)行う、履行(リコウ)する
戔8+車7=総画数15 U+8F1A [サン、ゼン/]
◆人が横になれるように作った車、寝台車、霊柩車、臥車(ガシャ)、同「轏」
戔8+酉7=総画数15 U+9186 [サン、セン/]
◆主に酒を飲むための小さな杯(さかずき)、同「盞」
◆やや澄んだ濁り酒
戔8+金8=総画数16 U+9322 [セン、ゼン/ぜに] 銭钱
◆貨幣、特に銅貨(価値の低い貨幣)、貨幣の総称
◆重量の単位、1両=10銭、1銭=10分 {各種単位}
◆刃を取り付けたシャベルshovel状の農具、同「銚」、「【說文解字:金部:錢】銚也古田器」
◆[日]貨幣の単位、1銭=1/100円
𨵊戔8+門8=総画数16 U+28D4A [セツ/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:薛第十七:𨵊】士列切城門版也」
𩋋戔8+革9=総画数17 U+292CB [セン/] 韉韀鞯𩌵
◆鞍(くら、人や荷を載せるために馬などの背に置く馬具)の下に敷く革製の敷物、同「𦇩」
戔8+食9=総画数17 U+991E [セン、ゼン/はなむけ] 䬻饯
◆送別の際に催す酒宴、旅立つ人への品物・金銭などの贈り物は「贐」、「餞別(センベツ)」は「酒宴を催し見送る」の意だが、日本では「金品などを贈る」の意でも使われる
◆旅立つ人を見送る
◆果物のシロップsiroop[蘭]漬け、砂糖漬け
戔8+香9=総画数17 U+99A2 [セン/] 𥴈
◆「馢香(センコウ)」、香木、香木の名
𪏊戔8+黃12=総画数20 U+2A3CA [テン/]
◆薄い黄色
戈4+4=総画数8 U+6216 [コク、ワク/あ・る、あるい・は] 𢦙㦯𢈿
◆あ・る、不特定の人や物事、「ある時」「ある人」「ある事」
◆あるい・は、もしかしたら~、また~、他の例を挙げれば~
◆惑(まど)う
◆国、邦、同「國(国)」、「戈(ほこ)を持って外敵から守るところ」の意、「【說文解字注:戈部:或】邦也(邑部曰邦者國也…)」
𠜻或8+刀2=総画数10 U+2073B [カク、ワク/] 劃𠞷𠟷𠟱
◆刀で区切りの線を刻む、区切る、画(かく)する、同「划」
或8+口3=総画数11 U+35AA [カク/]
◆「わっ」というような突然飛び出して人を驚かせる声、同「喐」
◆大笑いするさま、またその声
或8+囗3=総画数11 U+570B [コク/くに] 国囶𡇏𡇅𡇕囻𡇎𡆻𡆿𡈑㕵𢦾𤦂𢧌䆐
◆主権者の支配が及ぶ範囲、土地や人や政治体制などを含む概念で古くは君主から与えられた領地、「王(権力者)の勢力が及ぶ範囲(囗)」の意
或8+土3=総画数11 U+57DF [ヨク、イキ/] 𡌳㽣䧕𢨊
◆境界、区切り
◆境界の内側、周りを囲った内側、範囲
◆邦(くに)、領土、国土
𡌳或8+土3=総画数11 U+21333 [ヨク、イキ/] 域㽣䧕𢨊
◆境界、区切り
◆境界の内側、周りを囲った内側、範囲
◆邦(くに)、領土、国土
或8+大3=総画数11 U+369C [キョク、コク、ヨク、イキ/]
◆強大なさま、強力なさま、「【廣韻:入聲:職第二十四:域:㚜】字林云大力皃」
𡿿或8+巛3=総画数11 U+21FFF [コク、ワク/]
◆水の流れるさま
𢈿或8+广3=総画数11 U+2223F [コク、ワク/あ・る、あるい・は] 或𢦙㦯
◆あ・る、不特定の人や物事、「ある時」「ある人」「ある事」
◆あるい・は、もしかしたら~、また~、他の例を挙げれば~
◆惑(まど)う
◆国、邦、同「國(国)」、「戈(ほこ)を持って外敵から守るところ」の意、「【說文解字注:戈部:或】邦也(邑部曰邦者國也…)」
𢒖或8+彡3=総画数11 U+22496 [イク、オク/]
◆彩(いろど)りが豊かなさま、同「郁」「𢒰」「㦽」
◆盛んなさま、(草木が)盛んに生い茂るさま、同「郁」
或8+心3=総画数11 U+60D0 [ヨク、イキ、イク/]
◆心を痛める
◆あれこれと迷い悩む
或8+心4=総画数12 U+60D1 [コク、ワク/まど・う]
◆あれこれと心が乱れる、どうしてよいか分からずに迷う、判断や区別が定まらない
◆人を迷わせる
或8+手3=総画数11 U+639D [カク、キャク、コク/]
◆手で裂(さ)く、手で引き裂く、またその音、同「㩇」
或8+木4=総画数12 U+68EB [ヨク、イキ/]
◆バラ科Prinsepia属(中国では扁核木属)の木、低木で刺があり、葉は細長く、花は白の五弁花、小さな実は食べることができる、別名「蕤核(ズイカク)」「扁核木(ヘンカクボク)」「白㮃、白桵(ハクズイ)」
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称 {コナラ} {クヌギ}
或8+欠4=総画数12 U+3C32 [イク、キョク、コク/] 𣤐
◆吹く、息を吐き出す、またその声、「【說文解字:欠部:㰲】吹气也…」「【廣韻:入聲:職第二十四:洫:㰲】㰲聲吹皃」
或8+水4=総画数12 U+3CFC [ヒツ、ヒチ/] 滭𤁭𤅳
◆水が湧(わ)き出るさま
或8+水3=総画数11 U+6DE2 [ヨク、イキ、キョク、コク/] 𣴤
◆水の流れが速いさま
◆濠(ほり)、城などを囲む濠、同「洫」
𤉨或8+火4=総画数12 U+24268 [フツ/] 𤊸
◆火が盛んに燃え上がるさま
或8+玉4=総画数12 U+7419 [イキ/]
◆「孫琙」、人名
𤦂或8+玉5=総画数13 U+24982 [コク/くに] 国國囶𡇏𡇅𡇕囻𡇎𡆻𡆿𡈑㕵𢦾𢧌䆐
◆主権者の支配が及ぶ範囲、土地や人や政治体制などを含む概念で古くは君主から与えられた領地、「王(権力者)の勢力が及ぶ範囲(囗)」の意
或8+田5=総画数13 U+3F63 [ヨク、イキ/] 域𡌳䧕𢨊
◆境界、区切り
◆境界の内側、周りを囲った内側、範囲
◆邦(くに)、領土、国土
或8+禾5=総画数13 U+7A22 [イク、オク/]
◆キビ(黍)やアワ(粟)などが盛んに生育しているさま
或8+穴5=総画数13 U+7AA2 [カク、ワク/]
◆逆風の音の形容
或8+竹6=総画数14 U+4205 [ワク/]
◆糸巻き、糸車、紡(つむ)いだ糸を巻き取る道具、一般に断面が"*"字状しておりこれを回転させながら糸を巻き付ける、同「篗」
◆竹が叢(むら)がり生えているさま
或8+糸6=総画数14 U+7DCE [ヨク、イキ/]
◆子羊の革のコート、またそれを縫う
◆糸の束を数える語
或8+网5=総画数13 U+7F6D [ヨク、イキ/]
◆小魚を捕る目の細かい網、「九罭(キュウヨク)」、同「緵罟、䍟罟(ソウコ)」
𦎘或8+羊6=総画数14 U+26398 [ヨク、イキ/] 𩋉𪑝
◆子羊の革のコート、またそれを縫う
或8+耳6=総画数14 U+805D [カク、キャク/] 馘𩠲𩉕𢦛
◆戦(いくさ)で敵を倒した証(あかし)として持ち帰るために、倒した敵の左耳を切り落とす、またその耳
或8+虫6=総画数14 U+872E [ヨク、イキ/] 𧌒
◆想像上の動物の名、姿はスッポン(鼈)に似て水中から人影を見つけると毒を吐き出して殺すという
𧌒或8+虫6=総画数14 U+27312 [ヨク、イキ/]
◆想像上の動物の名、姿はスッポン(鼈)に似て水中から人影を見つけると毒を吐き出して殺すという
𧤅或8+角7=総画数15 U+27905 [ヒツ、ヒチ/] 觱𧥑𧥀
◆「𧤅篥(ヒチリキ)」、同「篳篥」、竹製の笛
◆「𧤅冹」、風が冷たいさま
或8+門8=総画数16 U+95BE [ヨク、イキ/しきみ] 阈𨵨
◆しきみ、門の地上部に渡した横木、門の扉をそれ以上外に開かないように止めるためのもの、敷居(しきい)
◆(門の)内と外の境界、区切り
或8+門3=総画数11 U+9608 [ヨク、イキ/しきみ] 閾𨵨
◆しきみ、門の地上部に渡した横木、門の扉をそれ以上外に開かないように止めるためのもの、敷居(しきい)
◆(門の)内と外の境界、区切り
或8+阜3=総画数11 U+49D5 [ヨク、イキ/] 域𡌳㽣𢨊
◆境界、区切り
◆境界の内側、周りを囲った内側、範囲
◆邦(くに)、領土、国土
𩋉或8+革9=総画数17 U+292C9 [ヨク、イキ/] 𦎘𪑝
◆子羊の革のコート、またそれを縫う
或8+首9=総画数17 U+9998 [カク、キャク/] 𩠲聝𩉕𢦛
◆戦(いくさ)で敵を倒した証(あかし)として持ち帰るために、倒した敵の左耳を切り落とす、またその耳
◆[日]首を切る、解雇する
或8+馬10=総画数18 U+4B99 [ヨク、イキ/]
◆馬名、未詳、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:䮙】于逼切馬名又音洫」
◆「䮠䮙(ヒョクヨク)」、馬が走るさま、「【集韻:卷十:入聲下:職第二十四:䮙】䮠䮙馬走皃」
或8+鬼10=総画数18 U+4C25 [ヨク、イキ/]
◆子どもの姿をしたお化け
或8+鬼10=総画数18 U+9B4A [ヨク、イキ/]
◆子どもの姿をしたお化け
或8+魚11=総画数19 U+4C5B [キョク、コク/]
◆魚名
◆四足で尾が長くよく木に登るという両生類の名、サンショウウオ(山椒魚)の類、「人魚」と呼ばれる、同「𩷍」
◆ニベ科に属する魚の称
𪂉或8+鳥11=総画数19 U+2A089 [ヨク、イキ/] 𪂵
◆ヤツガシラ(戴勝)、ヤツガシラ科の鳥、また同科の鳥の称、同「戴勝(タイショウ)」
𪂵或8+鳥11=総画数19 U+2A0B5 [ヨク、イキ/] 𪂉
◆ヤツガシラ(戴勝)、ヤツガシラ科の鳥、また同科の鳥の称、同「戴勝(タイショウ)」
𪑝或8+黑12=総画数20 U+2A45D [ヨク、イキ/] 𩋉𦎘
◆子羊の革のコート、またそれを縫う
口部
口部
𢦦戈4+5=総画数9 U+229A6 [ジュウ、ニュウ/]
◆武器・兵士・軍隊・戦争などに関する事柄、同「戎」
𩤭𢦦9+馬10=総画数19 U+2992D [ジュウ、ニュウ/]
◆丈(たけ)が八尺以上ある馬(雄馬)、非常に力強い馬、七尺以上は「騋」、六尺以上は「馬」、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:駥】而弓切馬八尺也雄也」「【爾雅注疏:釋畜】絕有力駥」
◆「𩤭驥(ジュウキ)」、力強く健脚の馬、駿馬(シュンバ、シュンメ、名馬)
𢦶戈4+5=総画数9 U+229B6 [カイ、ケ/いまし・める] 戒𢌵𢦥𢦬
◆気を引き締めて用心する、憂いがないように備(そな)える
◆自ら言動を慎む
◆誡(いまし)める、強く注意して悟らせる、過(あやま)たないように教え諭す、同「誡」
𠸴𢦶9+口3=総画数12 U+20E34 [カイ/]
◆怒鳴る、大声で叱る
𧪖𢦶9+言7=総画数16 U+27A96 [カイ、ケ/いまし・める] 誡诫䛺
◆戒(いまし)める、気を引き締め用心(ヨウジン、心を用いる)させる、過(あやま)たないよう強く注意(チュウイ、意を注ぐ)させる、またその言葉、同「戒」
彡部
木部
車部
戈4+7=総画数11 U+621A [セキ、シャク/] 𢦫
◆鉞(エツ)、斧(おの)に似た重みのある刃物、また武器、武舞(ブブ、舞劇の一つで武具を持って舞うもの)の際に使われることがあるという、同「鏚」 {武器(斧・鉞)}
◆(振り回される舞具がいかにも切れそうで)心配になる、憂える、同「慼」
◆近しい、血縁関係が近い、「親戚(シンセキ)」
◆「戚施(セキシ)」◇ヒキガエル(蟾蜍、センジョ)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称◇(ヒキガエルのように)背が曲がって頭を上げられない(顔が下を向いてしまう)人、同「面柔(メンジュウ)」◇(前のものを見るときに上目遣いになることから)媚(こ)び諂(へつら)う人
戚11+人2=総画数13 U+50B6 [シュク/]
◆親戚(シンセキ)、父母、血縁関係が近い人
◆姓用字
◆邑(むら、地方の町や村)名、また姓、「【廣韻:入聲:沃第二:傶:傶】邑名又姓」
戚11+口3=総画数14 U+35E4 [シュク、スク/] 𡄱
◆恥じる、恥じ入る、恥ずかしく思う、「㗤咨(シュクシ)」、同「嘁」
戚11+口3=総画数14 U+5601 [セイ、サイ/] 𡂔
◆恥じる、恥じ入る、恥ずかしく思う、同「㗤」
◆小さく短い音を表す語、「嘁嘁喳喳(セイセイササ、チィチィチャチャ、ひそひそ、ぼそぼそ、さらさら、かつかつ)」「嘁哩喀喳(セイリカクサ、チィリカァチャ、(話や動作が)てきぱき、きびきび)」
戚11+土3=総画数14 U+5884 [セキ、シャク/]
◆階段の段
𡠽戚11+女3=総画数14 U+2183D [シュク、スク、シャク、ソク/] 摵𢷾
◆「𡠽𡠽(シュクシュク)」◇はらはらと葉が散り落ちるさま、またその音◇もの侘(わび)しいさま
◆手首を振るようにして斜めに叩きそのまま擦(こす)るように振り抜く、(琵琶などの弦を)さっと擦(こす)るようにして弾(はじ)く、同「批」
𡻷戚11+山3=総画数14 U+21EF7 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:山部:𡻷】同"岁(歳)"」
戚11+心4=総画数15 U+617C [セキ、シャク/]
◆憂える、心配する、同「戚」
戚11+心3=総画数14 U+617D [セキ、シャク/]
◆憂える、心配する、同「戚」
戚11+手3=総画数14 U+6475 [シュク、スク、シャク、ソク/] 𢷾𡠽
◆「摵摵(シュクシュク)」◇はらはらと葉が散り落ちるさま、またその音◇もの侘(わび)しいさま
◆手首を振るようにして斜めに叩きそのまま擦(こす)るように振り抜く、(琵琶などの弦を)さっと擦(こす)るようにして弾(はじ)く、同「批」
𦟠戚11+月(肉)4=総画数15 U+267E0 [シュク、スク/] 𦢑
◆肥(こ)える、たっぷりと肉が付いている、「肥𦟠(ヒシュク)」、同「䑋」、「【方言:第二】…肥𦟠謂之䑋(肥䑋多肉)」
◆「䐚𦟠(ショクシュク)」、たっぷりと肥(ふと)って脂が乗っているさま、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:𦟠𦢑】䐚𦟠膏澤也」
戚11+木4=総画数15 U+69ED [シュク、スク、サク、シャク/]
◆カエデ(楓)、ムクロジ科カエデ属の木の総称 {カエデ}
◆木の葉が散り落ちて枝だけになるさま
戚11+石5=総画数16 U+78E9 [セキ、シャク/]
◆繊細で美しい紋様の入った玉(ギョク、大変美しい石)に似た石
◆礎(いしずえ)、建物や橋などの構築物を支えるための柱の下に敷く大きな石、同「礎」
戚11+糸6=総画数17 U+7E2C [シュク、スク/しじら] 𦈚𦇰𦄉
◆縮(ちぢ)む、皺(しわ)になる、同「縐」
◆縮羅(しじら)、皺(しぼ、縮み皺)のある絹織物、またその皺状の紋様
𦄉戚11+糸6=総画数17 U+26109 [シュク、スク/しじら] 縬𦈚𦇰
◆縮(ちぢ)む、皺(しわ)になる、同「縐」
◆縮羅(しじら)、皺(しぼ、縮み皺)のある絹織物、またその皺状の紋様
𦈚戚11+糸3=総画数14 U+2621A [シュク、スク/しじら] 縬𦇰𦄉
◆縮(ちぢ)む、皺(しわ)になる、同「縐」
◆縮羅(しじら)、皺(しぼ、縮み皺)のある絹織物、またその皺状の紋様
戚11+虫6=総画数17 U+45E9 [セキ、シャク/] 𧐶
◆ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称、別名「蟾蜍、蟾蠩(センジョ)」「蝦蟆、蝦蟇(カマ、ガマ)」
𧐶戚11+虫6=総画数17 U+27436 [セキ、シャク/]
◆ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称、別名「蟾蜍、蟾蠩(センジョ)」「蝦蟆、蝦蟇(カマ、ガマ)」
戚11+衣5=総画数16 U+4658 [シュク/]
◆素晴らしい
◆衣服が色鮮やかなさま
戚11+足7=総画数18 U+481E [シュク、スク/] 蹙𨈄𠑯𠏔
◆間近に迫る、差し迫る、切羽(せっぱ)詰る
◆窄(すぼ)む、狭まる、縮む
◆顔を顰(しか)める、額や眉間に皺を寄せる
◆畏(おそ)れてまた恐(おそ)れて身を縮める
戚11+足7=総画数18 U+8E59 [シュク、スク/] 䠞𨈄𠑯𠏔
◆間近に迫る、差し迫る、切羽(せっぱ)詰る
◆窄(すぼ)む、狭まる、縮む
◆顔を顰(しか)める、額や眉間に皺を寄せる
◆畏(おそ)れてまた恐(おそ)れて身を縮める
戚11+金8=総画数19 U+93DA [セキ、シャク/] 𨭟
◆鉞(エツ)、斧(おの)に似た重みのある刃物、また武器、武舞(ブブ、舞劇の一つで武具を持って舞うもの)の際に使われることがあるという、同「戚」 {武器(斧・鉞)}
戚11+頁9=総画数20 U+9863 [シュク、スク/] 𩖑
◆顰(しか)める、不満・不快・愁嘆・心痛などで眉間や鼻などに皺を寄せる、同「顰」
𪔯戚11+鼓13=総画数24 U+2A52F [セキ、シャク/] 𥀻𥀽
◆夜警が打ち鳴らす鼓(つづみ)、またその音、同「鼜」、「【龍龕手鑑:卷二:鼓部第四十三:鼜】俗𪔯正𥀻𫓖二今蒼厯反鼓聲又守夜鼓也」
戈4+7=総画数11 U+621B [カツ、ケチ/]
◆戟(ゲキ)、長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣)などを付けた武器 {刀剣槍}
◆堅いもので叩く、また打つ、またその音
◆習(なら)わしとなっている(以前からの、何時もの)方法ややり方、「【爾雅注疏:釋詁】典彝法則刑範矩庸恒律戛職秩常也(《疏》…戛者康誥云不率大戛…)」
戛11+口3=総画数14 U+560E [カツ、ケチ/]
◆「がぁがぁ」というような鳥の鳴く大きな声を表す語
戈4+7=総画数11 U+621C [テツ、デチ/] 𢧄㦶𢎆
◆(刃物などが)鋭利なさま
◆削(そ)ぐ、削ぎ取る
◆古国名、三苗(サンビョウ、長江中流付近にあった古国名、また民族名)の東にあったという
𡙮戜11+大3=総画数14 U+2166E [チツ、ジチ/] 𢧤𢧜
◆順序良く積み重なる、同「秩」
𦸴戜11+艸3=総画数14 U+26E34 [テツ、デチ、チ、ジ/] 苵𦼺
◆ヒエ(稗、イネ科の草)に似た雑草の名、一面に生え群がり、実はヒエよりも小さいという、同「蕛」、「【爾雅注疏:卷八:釋草】蕛苵(《疏》蕛一名苵似稗之穢草也布生於地莊子曰道在蕛稗…)」
𨫓戜11+金8=総画数19 U+28AD3 [テツ、テチ/くろがね] 鉄鐵鐡𨬿䥫𨮯銕𨦘铁
◆金属の一種、黒金(くろがね、鉄の古名)
◆黒いさま
◆堅く強いさま
◆金属製の武器
◆鉄(Ferrum[羅]、Fe)、元素名 {鉄}
𠶶口部
𡿿巛部
戈4+8=総画数12 U+621E [カツ、ケチ/]
◆戟(ゲキ)、長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣)などを付けた武器 {刀剣槍}
◆堅いもので叩く、また打つ、またその音
◆習(なら)わしとなっている(以前からの、何時もの)方法ややり方、「【爾雅注疏:釋詁】典彝法則刑範矩庸恒律戛職秩常也(《疏》…戛者康誥云不率大戛…)」
戞12+口3=総画数15 U+5620 [カツ、ケチ/]
◆「がぁがぁ」というような鳥の鳴く大きな声を表す語
戈4+8=総画数12 U+621F [ケキ、キャク、ゲキ/ほこ] 𢧢㦸
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣)と戈(ほこ、"「"字形をした武器)を付けたもので突き刺したり引っ掛けて斬るなどすることができる武器、「矛」と「戈」が一体になったものもある {刀剣槍} {武器(矛・戈・戟)}
戟12+手3=総画数15 U+64A0 [ケキ、キャク/]
◆撃(う)つ、激しく突き掛かる、「【史記:卷六十五:孫子吳起列傳:史記卷六十五考證】救鬬者不搏撠索隱按撠謂以手持撠刺人也○余有丁曰撠義當為撃非矛㦸也」
◆(ぎゅっと)抱(かか)え持つ、抱え込むようにして押さえる、「【資治通鑑:卷十三:漢記五:高皇后】見物如蒼犬撠太后掖(師古曰撠謂拘持之也…掖與腋同)」
戟12+木4=総画数16 U+6A76 [ケキ、キャク/]
◆「舟を漕ぐ楫(かじ)」か?
至部
衣部
戈4+9=総画数13 U+6220 [ショク、シキ、シ/]
◆粘土、同「埴」
◆一か所に集めて束ねる、一つに纏(まと)める、「【說文解字注:戈部:戠】…攷周易朋盍簪虞翻本簪作戠云戠聚會也…」「【字彙:卯集:戈部:戠】之弋切音職斂也」
𡑌戠12+土3=総画数15 U+2144C [ショク/] 𡑠𢨀
◆粘土、陶器を作るための柔らかい粘土、同「埴」
𡑠戠13+土3=総画数16 U+21460 [ショク/] 𡑌𢨀
◆粘土、陶器を作るための柔らかい粘土、同「埴」
戠12+女3=総画数15 U+5B02 [ショク、シキ/]
◆女性名用字、簡「𡛰」
戠12+巾3=総画数15 U+5E5F [シ/のぼり] 帜𢂴旘𣄞
◆目印のために立てる旗、日本では縦長の旗を指すことが多い
𢡠戠12+心3=総画数15 U+22860 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:心部第四:𢙺】俗𢡠正昌志反志也」
戠12+方4=総画数16 U+65D8 [シ/のぼり] 幟帜𢂴𣄞
◆目印のために立てる旗、日本では縦長の旗を指すことが多い
戠12+月(肉)4=総画数16 U+81B1 [ショク、シキ/]
◆平(ひら)たく長い(長さが一尺二寸の)干し肉、同「䐈」「脡」、「【儀禮:卷第五:鄉射禮】薦脯用籩五膱祭半膱橫于上…(…膱猶脡也…膱廣狹未聞也古文膱爲𦛹今文或作植)[†「植」は「䐈」の誤りと思われる]」「【儀禮集釋:卷十四:聘禮】薦脯五膱祭半膱橫之(鄭注膱脯如版然者或謂之脡皆取直貌…)」
◆腐(くさ)った肉、またその臭い
戠12+木4=総画数16 U+6A34 [ショク、シキ/]
◆垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同「杙」
𣽚戠12+水3=総画数15 U+23F5A [ショク、シキ/]
◆粘(ねば)る、べたべたする、同「䐈」
戠12+火4=総画数16 U+71BE [シ/] 炽𤎷𢧾𢨙𤐦𧹹𥏛
◆火の勢いが激しいさま、明々(あかあか)と燃え盛るさま
𤎷戠12+火4=総画数16 U+243B7 [シ/] 熾炽𢧾𢨙𤐦𧹹𥏛
◆火の勢いが激しいさま、明々(あかあか)と燃え盛るさま
𥋏戠12+目5=総画数17 U+252CF [未詳/]
◆未詳、「【廣韻(宋本廣韻):入聲:職第十四:職:𥋏】油敗[†「膱」の誤りか?]」
𥢧戠12+禾5=総画数17 U+258A7 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:禾部:𥢧】同"䄩(䴬)"…杙字、有字寫作樴、所以䄩同様也可以寫成𥢧」
戠12+糸6=総画数18 U+7E54 [ショク、シキ、シ/お・る] 𦃎𦀗綕𥿗织𦁓𦁋
◆経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を"十"状に交差させて布を作る、またそのようにして作り上げた布、「機織(はたおり)」
◆幾つかのものを組み合わせて一つのものに作り上げる、幾つかのものが組み合わさって一つのものになる、「組織(ソシキ)」
戠12+耳6=総画数18 U+8077 [ショク、シキ/] 聀职軄
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
戠12+虫6=総画数18 U+87D9 [ショク、シキ/]
◆カニ(蟹)の一種「【本草綱目:介之一:蟹】其殻闊而多黄者名蟙生南海中其螯最鋭斷物如芟刈也」、【漢語大字典】他ではタカアシガニ(高脚蟹、クモガニ科タカアシガニ属の世界最大のカニ)とする
◆「蟙䘃(ショクボク)」、コウモリ(蝙蝠)、コウモリ目の動物の総称、同「𧊖䘃」、別名「仙鼠(センソ)」
戠12+言7=総画数19 U+8B58 [ショク、シキ、シ/] 𧥾识𧨺𧬣𢨞
◆知ったことが他とどう違うのかを理解する
◆他との違いをはっきりと見分ける、またその働き、またその能力、またその内容
◆記(しる)す、書き記す、同「誌」
◆幟(のぼり)、(旗などの)目印
𧬣戠12+言7=総画数19 U+27B23 [ショク、シキ、シ/] 識𧥾识𧨺𢨞
◆知ったことが他とどう違うのかを理解する
◆他との違いをはっきりと見分ける、またその働き、またその能力、またその内容
◆記(しる)す、書き記す、同「誌」
◆幟(のぼり)、(旗などの)目印
𧸉戠12+貝7=総画数19 U+27E09 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷三:貝部第四:𧸉{⿰貝𢦱}𧸐】女利反肥膩皆俗正作膩」
𧹹戠12+赤7=総画数19 U+27E79 [シ/] 熾炽𤎷𢧾𢨙𤐦𥏛
◆火の勢いが激しいさま、明々(あかあか)と燃え盛るさま
戠12+身7=総画数19 U+8EC4 [ショク、シキ/] 職聀职
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
𩞡戠12+食8=総画数20 U+297A1 [シ/] 饎𩟄𩜮𩛉𩜂
◆よく調理された酒食
◆アワ(粟)やキビ(黍)などを炊く
戈4+9=総画数13 U+6222 [ソウ、シュウ/] 𢨐
◆兵器を収(おさ)める、将兵を撤収(テッシュウ)させる
◆一カ所に集める
◆止(や)む、鎮(しず)まる
戢13+山3=総画数16 U+5DAF [ソウ、シュウ/]
◆山名
戢13+手3=総画数16 U+64D1 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:葉第二十九:接擑】即涉切說文交也一曰捷也亦姓或作擑」「【字彙:卯集:手部:擑】卽葉切音接交也持也合也會也○又側八切音戢擑斂也」「【唐語林:卷三:夙慧】…臥內戴擑耳帽子…」「【成都文類:卷三十七:重修昭覺寺記】…愛河之舟擑不住中流…[†「擑」は「檝」の誤りと思われる]」
𦠾戢13+月(肉)4=総画数17 U+2683E [シュウ/]
◆肥えた肉から脂(あぶら)が出てくる、同「䐕」
戢13+木4=総画数17 U+6A9D [シュウ、ジュウ、ショウ/かじ]
◆舟を進めるために水を搔(か)く、舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーcanoeのパドルpaddleのような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に舟が進む、同「槳」、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
◆いろいろな材料を集める、同「輯」
◆[日]舵(かじ)、船尾の水中に取り付け船の進む方向を操作する道具
戢13+水3=総画数16 U+6FC8 [シュウ、ソウ/]
◆「濈濈(シュウシュウ)」、(水が)集まって来るさま
◆(集まって来た水が)穏(おだ)やかになる、静(しず)まる、同「湒」
◆(集まった水が)流れ出るさま、水の流れが速いさま、「𣹱濈(コウシュウ)」
𥊬戢12+目5=総画数17 U+252AC [シュウ/]
◆目から涙が出る
◆(睫の涙を払うように)瞬(まばた)きをする
戢13+舟6=総画数19 U+8265 [ショウ/]
◆舟を漕ぐカヌーcanoeのパドルpaddleのような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同「檝(楫)」
戢13+艸3=総画数16 U+857A [ソウ、シュウ/]
◆「蕺菜(シュウサイ)」、ドクダミ(蕺草、毒痛)、 ドクダミ科ドクダミ属の草、また同科同属の草の称、別名「魚腥草(ギョセイソウ)」 {ドクダミ}
𧥄戢13+角7=総画数20 U+27944 [シュウ/] 𧤏𧤉
◆角(つの)のあるウシ(牛)・ヒツジ(羊)などの動物が多く集まるさま
𨎵戢13+車7=総画数20 U+283B5 [シュウ、ジュウ/] 輯辑𨌖𨍾𨍣
◆輿(こし)、車台の上の人が乗る箱形の部分
◆いろいろな材料や資料を集める、収集する、また集めて整理する、また集めて纏(まと)める、「編輯(ヘンシュウ)」
◆睦(むつ)まじいさま、和(なご)やかなさま、「輯睦(シュウボク)」
戢13+雨8=総画数21 U+9735 [シュウ/] 𩆭𩇋
◆雨が激しく降るさま、またその大きな音
車部
𢧜戈4+9=総画数13 U+229DC [チツ、ジチ/] 𢧤𡙮
◆順序良く積み重なる、同「秩」
𦼺𢧜13+艸3=総画数16 U+26F3A [テツ、デチ、チ、ジ/] 苵𦸴
◆ヒエ(稗、イネ科の草)に似た雑草の名、一面に生え群がり、実はヒエよりも小さいという、同「蕛」、「【爾雅注疏:卷八:釋草】蕛苵(《疏》蕛一名苵似稗之穢草也布生於地莊子曰道在蕛稗…)」
𢧜13+金8=総画数21 U+9435 [テツ、テチ/くろがね] 鉄鐡𨬿䥫𨮯𨫓銕𨦘铁
◆金属の一種、黒金(くろがね、鉄の古名)
◆黒いさま
◆堅く強いさま
◆金属製の武器
◆鉄(Ferrum[羅]、Fe)、元素名 {鉄}
𢧜13+馬10=総画数23 U+9A56 [テツ、テチ/]
◆(鉄のように)赤みを帯びた深い黒色の毛色の馬
戈4+10=総画数14 U+6229 [セン/]
◆殺し尽くす、滅ぼす
◆~し尽くす
◆幸福、幸運
𤐦戩14+火4=総画数18 U+24426 [シ/] 熾炽𤎷𢧾𢨙𧹹𥏛
◆火の勢いが激しいさま、明々(あかあか)と燃え盛るさま
戈4+10=総画数14 U+622A [セツ、ゼチ/た・つ] 𢧵𠃲𠛍
◆断(た)ち切る、切り離す、同「擮」
◆(こちらと向こうとの間を行き来できないように)阻(はば)む、遮(さえぎ)る
◆はっきりと区切る
截14+山3=総画数17 U+5DBB [セツ、ゼチ/] 巀𡾃
◆山が高く険しいさま
◆「嶻嶭(セツゲツ)」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽(カンヨウ)市涇陽(ケイヨウ)県、別名「嵯峨山」「慈峨山」 {陝西省}
𡽱截14+山3=総画数17 U+21F71 [カイ、ケ/]
◆山が高く突き出ているさま、「【衡廬精舍藏稿:卷九:趙浚谷先生文序】彼其石之𡽱嵲崱屶與波㫪撞天下希竒也」
截14+手3=総画数17 U+64EE [セツ、セチ/] 𢷿
◆断(た)ち切る、切り離す、同「截」「𢪍」
𥵞截14+竹6=総画数20 U+25D5E [セツ、ゼチ/]
◆竹を切り削り細長くしたもの、竹籤(たけひご)、同「籤」「䉔」「𥷪」
截14+艸3=総画数17 U+4559 [セツ、ゼチ/] 𦿐
◆草を刈る、雑草を刈り取る、「【欽定授時通考:卷三十六:耘耔:鏟】鏟廣雅曰䕙鏟柄長二尺刃廣二寸以剗地除草此古之鏟也今鏟與古制不同柄長數尺首廣四寸計兩手持之但用前進攛之剗去籠草就覆其根特號敏捷今營州之東燕冀以北農家種溝田者皆用之」
截14+虫6=総画数20 U+4601 [セツ、セチ/] 蠽𧓷𧕾
◆ヒグラシ(蜩)、セミ科ヒグラシ属のセミ(蝉)
◆小形のセミ(蝉)の一種
截14+虫6=総画数20 U+8818 [セツ/]
◆ワタリガニ、ワタリガニ科のカニ(蟹)
截14+金8=総画数22 U+496B [テツ、テチ/くろがね] 鉄鐵鐡𨬿𨮯𨫓銕𨦘铁
◆金属の一種、黒金(くろがね、鉄の古名)
◆黒いさま
◆堅く強いさま
◆金属製の武器
◆鉄(Ferrum[羅]、Fe)、元素名 {鉄}
截14+髟10=総画数24 U+4C0F [セイ、セツ/] 𩯰
◆頭髪を小さく束ねる
◆婦人用の束ねた髪を止める小さな簪
截14+齒15=総画数29 U+4DAA [サツ、セチ/] 𪙻
◆歯が鋭いさま
𢧤戈4+10=総画数14 U+229E4 [チツ、ジチ/] 𡙮𢧜
◆順序良く積み重なる、同「秩」
𨮯𢧤14+金8=総画数22 U+28BAF [テツ、テチ/くろがね] 鉄鐵鐡𨬿䥫𨫓銕𨦘铁
◆金属の一種、黒金(くろがね、鉄の古名)
◆黒いさま
◆堅く強いさま
◆金属製の武器
◆鉄(Ferrum[羅]、Fe)、元素名 {鉄}
戈4+11=総画数15 U+622F [キ、ケ、ギ、ゲ/たわむ・れる、ざ・れる、おど・ける] 戲戱戏
◆面白(おもしろ)おかしく遊ぶ、手に取ってしつこく触れたり眺めたりして喜ぶ、ふざける、「戯」はそうした行為を指し言葉を弄ぶのは「謔」
◆舞踊や芝居、「愉快に楽しむもの」の意
◆戦で指揮する大将の旗印、同「麾」
◆「ああ」「はあ」という溜息
𡾠戯15+山3=総画数18 U+21FA0 [キ、ギ/] 巇𡾟𡾞
◆山が崩れそうで危(あや)ういさま、同「㚀」「隵」
◆深い裂け目、隙間(すきま)
𡾟戯16+山3=総画数19 U+21F9F [キ、ギ/] 巇𡾞𡾠
◆山が崩れそうで危(あや)ういさま、同「㚀」「隵」
◆深い裂け目、隙間(すきま)
戯16+手3=総画数19 U+3A6C [キ/] 𢹍𢶐𢸤
◆撃つ
韭部
𢧵戈4+11=総画数15 U+229F5 [セツ、ゼチ/た・つ] 截𠃲𠛍
◆断(た)ち切る、切り離す、同「擮」
◆(こちらと向こうとの間を行き来できないように)阻(はば)む、遮(さえぎ)る
◆はっきりと区切る
𢧵15+山3=総画数18 U+5DC0 [セツ、ゼチ/] 𡾃嶻
◆山が高く険しいさま
◆「巀嶭(セツゲツ)」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽(カンヨウ)市涇陽(ケイヨウ)県、別名「嵯峨山」「慈峨山」 {陝西省}
𡾃𢧵15+山3=総画数18 U+21F83 [セツ、ゼチ/] 巀嶻
◆山が高く険しいさま
◆「𡾃𡾦(セツゲツ)」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽(カンヨウ)市涇陽(ケイヨウ)県、別名「嵯峨山」「慈峨山」 {陝西省}
𢷿𢧵15+手3=総画数18 U+22DFF [セツ、セチ/]
◆断(た)ち切る、切り離す、同「截」「𢪍」
𦿐𢧵15+艸3=総画数18 U+26FD0 [セツ、ゼチ/]
◆草を刈る、雑草を刈り取る、「【欽定授時通考:卷三十六:耘耔:鏟】鏟廣雅曰䕙鏟柄長二尺刃廣二寸以剗地除草此古之鏟也今鏟與古制不同柄長數尺首廣四寸計兩手持之但用前進攛之剗去籠草就覆其根特號敏捷今營州之東燕冀以北農家種溝田者皆用之」
𧓷𢧵15+虫6=総画数21 U+274F7 [セツ、セチ/] 蠽𧕾䘁
◆ヒグラシ(蜩)、セミ科ヒグラシ属のセミ(蝉)
◆小形のセミ(蝉)の一種
𧞩𢧵15+衣5=総画数20 U+277A9 [セツ、セチ/]
◆丈の短い上着(うわぎ、上半身に纏う着物)
𩯰𢧵15+髟10=総画数25 U+29BF0 [セイ、セツ/]
◆頭髪を小さく束ねる
◆婦人用の束ねた髪を止める小さな簪
𪇲𢧵15+鳥11=総画数26 U+2A1F2 [セツ、セチ/]
◆鳥名、未詳、「【廣韻:入聲:薛第十七:蠽:𪇲】小鷄」
𪙻𢧵15+齒15=総画数30 U+2A67B [サツ、セチ/]
◆歯が鋭いさま
𢨋戈4+12=総画数16 U+22A0B [ホツ、ボチ、ボツ/]
◆迷う、戸惑(とまど)う、同「𠐲」「悖」「誖」
𠐲𢨋16+人2=総画数18 U+20432 [ホツ、ボチ、ボツ/]
◆迷う、戸惑(とまど)う、同「𢨋」「悖」「誖」
𤒓𢨋16+火4=総画数20 U+24493 [フ/]
◆火が盛んに燃え上がるさま
𧥑𢨋16+角7=総画数23 U+27951 [ヒツ、ヒチ/] 觱𧤅𧥀
◆「𧥑篥(ヒチリキ)」、同「篳篥」、竹製の笛
◆「𧥑冹」、風が冷たいさま
鳥部
戈4+13=総画数17 U+6232 [キ、ケ、ギ、ゲ/たわむ・れる、ざ・れる、おど・ける] 戯戱戏
◆面白(おもしろ)おかしく遊ぶ、手に取ってしつこく触れたり眺めたりして喜ぶ、ふざける、「戯」はそうした行為を指し言葉を弄ぶのは「謔」
◆舞踊や芝居、「愉快に楽しむもの」の意
◆戦で指揮する大将の旗印、同「麾」
◆「ああ」「はあ」という溜息
戲17+口3=総画数20 U+56B1 [ギ、キ、ケ/]
◆「ああ」というような歎く声を表す語
戲17+土3=総画数20 U+3680 [キ、ギ/]
◆丘や山などが崩れそうで危(あや)ういさま、同「隵」
◆(丘や山などが)崩れる、同「虧」「𡓰」
戲17+山3=総画数20 U+5DC7 [キ、ギ/] 𡾟𡾞𡾠
◆山が崩れそうで危(あや)ういさま、同「㚀」「隵」
◆深い裂け目、隙間(すきま)
𢋼戲17+广3=総画数20 U+222FC [キ、ギ/]
◆「廞𢋼(キンキ)」、山が険しいさま
𢹍戲17+手3=総画数20 U+22E4D [キ/] 㩬𢶐𢸤
◆撃つ
𣟵戲17+木4=総画数21 U+237F5 [キ/] 𣛼㰕
◆ヒョウタン(瓢箪)などの実の内部を刳(く)り貫いて作った杓子(シャクシ)
𧕆戲17+虫6=総画数23 U+27546 [ギ、キ/] 𧔠
◆虫名、未詳
戲17+阜3=総画数20 U+96B5 [キ、ギ/]
◆丘や山などが崩れそうで危(あや)ういさま、同「㚀」「巇」
戈4+13=総画数17 U+6234 [タイ/いただ・く] 𢨚𢨇𢎑
◆頭などの上に載(の)せる、被(かぶ)る、身に着ける
◆首(シュ、国・組織・集団の長)として高く推(お)し上げる、崇(あが)める、奉(たてまつ)る
◆[日]人からものなどを貰(もら)う、頂(いただ)く
戴17+水3=総画数20 U+703B [タイ/]
◆濁っている酒
戴17+衣5=総画数22 U+8976 [タイ/]
◆「褦襶(ダイタイ)」、不釣り合いなさま、無分別なさま、日傘
韭部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 戈部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です