総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [新漢字辞典] 「十七画」

「総画数索引」

1画 2画 3画 4画 5画 6画 7画 8画 9画 10画
11画 12画 13画 14画 15画 16画 17画 18画 19画 20画-
番外 付録


【厳】 厂2+15=総画数17 U+53B3 [ゲン、ゴン/おごそ・か、いか・めしい、いか・つい、きび・しい]
◆堂々としたさま、圧倒されるさま、気圧(けお)されるさま
◆妥協を許さないさま、人を寄せつけないさま
◆ぴったりとして隙がないさま
◆激しいさま、甚(はなは)だしいさま
【巌】山3+17=総画数20 U+5DCC [ガン、ゲン/いわお、いわ]
◆いわお、いわ、ごつごつした大きな岩、同「岩」「壧」
◆ごつごつした岩が高く切り立っているさま、同「礹」
◆「嶄巌(ザンガン)」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
【嬰】 女3+14=総画数17 U+5B30 [エイ、ヨウ/]
◆生まれたばかりの(女の)子、同「孆」、「嬰児(えいじ、みどりご)」
◆玉(ギョク、美しい石)に似た小さな石を連ねて作った首飾り、同「瓔」
◆(赤子を抱くように手を)周りに回す、(首飾りのように首の)周りに巻く、廻(めぐ)らす
◆触れる、触(さわ)る
◆(病などに)取り付かれる
【嚶】口3+17=総画数20 U+56B6 [オウ、ヨウ/]
◆鳥の鳴く声
◆「嚶嚶(オウオウ)」◇二羽の鳥が呼応するように鳴くさま◇互いに意気投合するさま
【櫻】木4+17=総画数21 U+6AFB [オウ、ヨウ/さくら]
◆サクラ(桜)、バラ科サクラ属などの植物の称
◆「櫻桃(オウトウ)」、カラミザクラ(唐実桜)、別名シナミザクラ(支那実桜)、バラ科サクラ属の木、またその実(さくらんぼ、さくらんぼう、桜桃、桜ん坊)、日本では果実を食用とするサクラ類の植物を指す、
◆「毛櫻桃(モウオウトウ)」、ユスラウメ(山桜桃、梅桃、桜桃)、バラ科スモモ属の木、またその実
【瓔】玉4+17=総画数21 U+74D4 [エイ、ヨウ/]
◆玉(ギョク、美しい石)に似た美しい石
◆「瓔珞(ヨウラク)」、美しい珠(シュ、たま)を連ねた首飾り、同「纓絡」
【癭】疒5+17=総画数22 U+766D [エイ、ヨウ/]
◆首にできる瘤(こぶ)状の腫物(はれもの)
◆瘤状に突起したもの
【纓】糸6+17=総画数23 U+7E93 [エイ、ヨウ/]
◆冠の顎紐(あごひも)、冠の両側から垂らし顎の下で結ぶ
◆許嫁(いいなずけ)の印として女性が身に着ける飾り紐
◆房状の飾り紐
◆「纓絡(エイラク、ヨウラク)」◇美しい珠(シュ、たま)を連ねた首飾り、同「瓔絡」◇世俗の柵(しがらみ)、柵のようになかなか通り抜けられない世俗との関わり
◆[日]冠の後ろ付ける尾状の飾り、立纓(リュウエイ、ぴんと立てたもの)や垂纓(スイエイ、途中から下に垂れるもの)などがある
【鸚】鳥11+17=総画数28 U+9E1A [オウ、ヨウ、イン/]
◆「鸚鵡(オウム)」、オウム科の鳥の総称
◆「鸚鵡螺(オウムガイ)」、オウムガイ科の巻貝、また同科の貝の総称
【彌】 弓3+14=総画数17 U+5F4C [ビ、ミ/や、いや]
◆遥(はる)か遠いさま、はるか遠くまで続いているさま
◆大きく広がるさま、隅々まで広がるさま
◆遠くまで、隅々まで、余すところなく、遍(あまね)く
◆久しい、長い間変わることなく続いている、同「镾」
◆いよいよ、益々(ますます)
◆「阿彌陀佛、阿弥陀仏(アミダブツ、Amitābha、Amitāyus[梵])」「彌勒菩薩、弥勒菩薩(ミロクボサツ、Maitreya[梵])」などの梵語の音写に用いる字
◆張っていた弓の弦(つる)を弛(ゆる)める、同「㣆」「瓕」
【瀰】水3+17=総画数20 U+7030 [ビ、ミ/]
◆水が一面に満ち広がるさま、同「濔」
【獼】犬3+17=総画数20 U+737C [ビ、ミ/]
◆「獼猴(ビコウ)」、オナガザル科マカク属に属するサル(猿)の総称
【應】 心4+13=総画数17 U+61C9 [ヨウ、オウ/こた・える]
◆相手からの問い掛けや働き掛けに対して自分の意思を態度で示す、言葉で返すのは「答」
◆相手の求めを受け入れる
◆当然~すべき、当然~であろう
【軈】身7+17=総画数24 U+8EC8 [/やが・て]
◆間もなく
【擧】 手4+13=総画数17 U+64E7 [キョ、コ/あ・げる、あ・がる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って]
◆(ものを手で頭よりも上に)持ち上げる、手を高く上げる、「挙手(キョシュ)」
◆(問題点などを)取り上げる
◆(人などを)取り立てる、「推挙(スイキョ)」
◆事を起こす、行(おこな)う
◆(国や場所を)占領する
◆行い、行為
◆全て、悉(ことごと)く、残らずに、「挙国(キョコク、国を挙げて、国民全て)」
【欅】木4+17=総画数21 U+6B05 [キョ、コ/けやき]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称
◆「欅柳(キョリュウ)」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木、同「柜柳」
◆「山毛﨔(サンモウキョ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(カクト)」
【襷】衣5+17=総画数22 U+8977 [/たすき]
◆[日]袖をたくし上げる紐、肩から腋の下に斜めに掛ける紐、子供を背負う紐
【斂】 攴4+13=総画数17 U+6582 [レン/]
◆集める(集まる)、一か所に集める(集まる)、一つに纏(まと)める(纏まる)、「收斂(シュウレン)」
◆収穫する、収穫物を刈り(採り)一カ所に集める、また集めて納(おさ)める、「收斂(シュウレン)」、「【莊子:雜篇:讓王】…春耕種形足以勞動秋收斂身足以休息」
◆民から税を徴収する、「【周禮:卷第三:地官司徒】巡野觀稼以年之上下出斂灋(斂法者豊年從正凶荒則{⿰扌貟}…)」
【瀲】水3+17=総画数20 U+7032 [レン/]
◆波打際(なみうちぎわ)
◆「瀲灩(レンエン)」、波にゆったりと浮かんで漂うさま、水が満ち溢れるさま
【檗】 木4+13=総画数17 U+6A97 [ハク、ヒャク/]
◆「キハダ(黄檗)」、ミカン科キハダ属の木
【蘗】艸3+17=総画数20 U+8617 [ハク、ヒャク/]
◆「キハダ(黄蘗)」、ミカン科キハダ属の木
【爵】 爪4+13=総画数17 U+7235 [シャク、サク/]
◆三本の足と注ぎ口が付いた祭礼用の酒器
◆「公・侯・伯・子・男」の五階級からなる貴族の位階
◆雀(すずめ)
【嚼】口3+18=総画数21 U+56BC [シャク、ザク/か・む]
◆噛(か)む、同「𪚅」
◆「咀嚼(ソシャク)」、繰り返し噛む、噛み砕く、同「齟𪚅」
【盪】 皿5+12=総画数17 U+76EA [トウ、ドウ/とろ・ける、とろ・かす]
◆揺れ動く、揺り動かす、同「蕩」
◆揺すって器の汚(よご)れを洗い流す、きれいに取り除く、一掃する、同「蕩」
◆簡「荡」
◆[日]とろ・ける、とろ・かす、固体のもの(固いもの)が柔らかくなる
【蘯】艸3+17=総画数20 U+862F [トウ、ドウ/とろ・ける、とろ・かす]
◆揺(ゆ)れ動く、揺り動かす、同「盪」
◆(揺すって)器の汚れを洗い流す、きれいに取り除く、一掃する、同「盪」
◆当てもなくふらふらとするさま、勝手気ままなさま、酒色や道楽に溺れるさま
◆「蕩蕩(トウトウ)」、ゆらゆらと揺れながら大きく広がっているさま
◆[日]とろ・ける、とろ・かす、固体のもの(固いもの)が柔らかくなる
【縮】 糸6+11=総画数17 U+7E2E [シュク、スク/ちぢ・む、ちぢ・まる、ちぢ・れる、ちぢ・み]
◆縄を巻いてぎゅっと締め付ける、周りから締め付けて小さくする、「収縮(シュウシュク)」
◆酒の入った袋を周りから締め付けて小さくする、搾(しぼ)る
◆大きく広がっているものが元の形を維持したまま小さくなる(狭まる)、窄(すぼ)まる、その結果皺ができたり密度が高くなったりする、「萎縮(イシュク、弱り小さくなる、衰え弱る)」
◆足りなくなる、不足する、「贏縮、盈縮(エイシュク、あり余り或いは足りない、大きい或いは小さい、広がり或いは狭まる、伸縮)」
【𧃴】艸3+17=総画数20 U+270F4 [/つづら]
◆[日]「𧃴川(つづらがわ)」、地名、愛媛県松山市
【縵】 糸6+11=総画数17 U+7E35 [バン、マン/]
◆縫い取りや模様がない無地の布、同「𢿜」
◆緩(ゆる)い、ゆったりとした、ゆっくりとした、同「慢」
【蘰】艸3+17=総画数20 U+8630 [/かずら]
◆[日]鬘(かずら)、つる草や花などで作った髪飾り、【広辞苑:蘰かずら】
◆[日]姓用字
【繁】 糸6+11=総画数17 U+FA59 [ハン、ボン/しげ・る]
◆(馬の鬣たてがみの)房状の飾り、同「緐」「𥿋」
◆数や回数が多いさま、夥(おびただ)しいさま
◆盛んなさま、勢いや活力があるさま、「繁華(ハンカ◇花が咲き乱れるさま◇賑にぎやかなさま)」
【蘩】艸3+17=総画数20 U+8629 [ハン、ボン/]
◆ハイイロヨモギ(灰色蓬)、キク科ヨモギ属の草、同「白蒿(ハクコウ)」
◆「蘩露(ハンロ)」、ツルムラサキ(蔓紫)、ツルムラサキ科ツルムラサキ属の蔓性の草、同「蔠葵(シュウキ)」
◆「繁縷(ハンロウ、ハコベ)」、ナデシコ科ハコベ属の草の総称
【聴】 耳6+11=総画数17 U+8074 [テイ、チョウ/き・く]
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
【廰】广3+17=総画数20 U+5EF0 [テイ、チョウ/]
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
【襄】 衣6+11=総画数17 U+8944 [ショウ、ソウ、ジョウ/]
◆高く挙げる、上に向かう、高みに上る
◆助ける、補佐する
◆(手を貸して)成し遂げさせる
【壤】土3+17=総画数20 U+58E4 [ジョウ、ニョウ/]
◆耕して柔らかくした土
◆穀物が豊かに実る、またその土地、同「穰」
◆地、大地
【孃】女3+17=総画数20 U+5B43 [ジョウ、ニョウ/]
◆母、母親
◆若い未婚の女性、娘、少女
◆[日]未婚の女性に対する敬称
【攘】手3+17=総画数20 U+6518 [ジョウ、ニョウ/]
◆譲(ゆず)る、位・場所・立場などから自ら退(しりぞ)き空いたところを人に進める、同「讓」
◆(入り込もうとするところにあるものを)退ける、(入り込もうとするものを)払い除(の)ける、振り払う
◆(入り込んで)奪う、奪い取る、同「𣀮」
◆掻(か)き乱す、入り乱れる
【曩】日4+17=総画数21 U+66E9 [ドウ、ノウ/]
◆以前、あまり遠くない以前、同「曏」
【禳】示5+17=総画数22 U+79B3 [ジョウ、ニョウ/]
◆災禍(サイカ)を祓(はら)い除くよう神に祈り願う
【穰】禾5+17=総画数22 U+7A70 [ジョウ、ニョウ/]
◆穀物の茎の表皮を取り除いた部分
◆穀物が豊かに実る、豊作
◆豊かなさま
◆10の28乗、但し時代によって異なる
【蘘】艸3+17=総画数20 U+8618 [ジョウ、ニョウ/]
◆「蘘荷(ジョウカ)」、ミョウガ(茗荷)、ショウガ科ショウガ属の草、蕾(つぼみ)を食用とする
【讓】言7+17=総画数24 U+8B93 [ジョウ、ニョウ/ゆず・る]
◆自ら退(しりぞ)き他人を先にする
◆位・場所・立場などから自ら退き空いたところを人に進める、対価を求めずに人に渡す
◆控え目に(他人の先に出ることがないように)振る舞う
◆きつく責(せ)める、咎(とが)める
【釀】酉7+17=総画数24 U+91C0 [ジョウ、ニョウ/かも・す]
◆発酵作用を利用して酒・酢・醤などを造る
◆混じり合ったり変化したりして次第に別のものが生まれる
【鑲】金8+17=総画数25 U+9472 [ジョウ、ニョウ/]
◆中空の器などの鋳型
◆象眼する
【驤】馬10+17=総画数27 U+9A64 [ソウ、ショウ/]
◆馬が首を立てて疾走する
◆上に挙がる
◆右後足が白い馬
【闌】 門8+9=総画数17 U+95CC [ラン/たけなわ、た・ける]
◆たけなわ、盛りを過ぎた頃、半ばを過ぎた頃
◆遮(さえぎ)る
◆門の前の柵(さく)、欄干(ランカン)、手摺や柵などの防護用の遮蔽物、同「欄」
◆妄(みだ)りに、勝手に、恣(ほしいまま)に
◆「闌入(ランニュウ)」、勝手に入る、許しを得ずに入り込む
【欄】木4+17=総画数21 U+F91D [ラン/]
◆橋の両側や廊下・窓・寝台などの縁に設ける手摺(てすり)
◆区切りを示す仕切り、また囲い、枠(わく)
◆新聞や雑誌などの枠などで仕切られた部分
【瀾】水3+17=総画数20 U+703E [ラン/]
◆大きな波
◆幾重にも繰り返し打ち寄せる波
◆水面にできる波紋、漣(さざなみ)
注解:古く「瀾」と「漣」とは同音同義だったが、後に異音異義となり、「瀾」は「漣(レン、さざなみ)」の義では使われなくなった、「【說文解字注:水部:漣】瀾或從連(古闌連同音故瀾漣同字後人乃別為異字義異音)」
【爛】火4+17=総画数21 U+721B [ラン/ただ・れる]
◆形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同「燗」
◆形が崩れる、柔らかくなって元の形がなくなる、ぐじゃぐじゃになる、ふにゃふにゃになる
◆明るく光り輝くさま、同「𠓖」
【襴】衣5+17=総画数22 U+8974 [ラン/]
◆衣(上半身に着る衣服)と裳(ショウ、腰から下に穿く衣服)が別れていない単(ひとえ)の衣服、「襴衫(ランサン)」
◆[日]裳や裾(すそ、丈の長い衣服の帯よりも下の部分)の先に継ぎ足した部分、足の運びを良くするため広がるように大きめに作る
【霜】 雨8+9=総画数17 U+971C [ソウ、ショウ/しも]
◆しも、地表付近の水蒸気が地表や物に接触して氷結したもの
◆白いさま
◆白く冷たいさま、汚(けが)れないさま、高潔なさま
◆年(とし)、年数、年齢
【孀】女3+17=総画数20 U+5B40 [ソウ、ショウ/やもめ]
◆やもめ、夫を亡くして独りになった女性、寡婦(カフ)、同「嫠」
【鮮】 魚11+6=総画数17 U+9BAE [セン/あざ・やか]
◆新たに捌いたばかりの魚や肉
◆新しく瑞々(みずみず)しいさま、艶々(つやつや)として干乾(ひから)びたり腐ったりしていないさま
◆くすみや汚(けが)れがないさま、他とは明らかに違ってはっきりしているさま
◆稀な、極めて少ない、同「尟」
【癬】疒5+17=総画数22 U+766C [セン/]
◆白禿瘡(しらくも、同「白癬」)や田虫(たむし)などの皮膚病の総称
【蘚】艸3+17=総画数20 U+861A [セン/こけ]
◆コケ(苔、蘚)、コケ植物の総称
【龠】 龠17+0=総画数17 U+9FA0 [ヤク/]
◆三孔(或いは六孔・七孔)の縦笛、合奏の際に音を合わせるための笛という、「排簫(ハイショウ)」の前身とされる、同「籥」
◆漢代の容量の単位、 1合=2龠
◆やく、部首名
【籥】竹6+17=総画数23 U+7C65 [ヤク/]
◆何本かの竹筒を並べた縦笛、「排簫」の前身とされる 、同「龠」、後に一本で音孔のあるものも「籥」と呼ばれ、ほぼ「簫」と同義に用いられる
◆ふいごの息を吹き込むための竹筒
◆閉じた扉や戸を開けるための道具、鍵(かぎ)、「鑰匙(ヤクシ)」、同「籥」
◆子供が書写の練習に使う竹製の板、表面に白泥を塗り、練習後にこれを削って再び使えるようにしたもの、同「䉉」「笘」、「【說文解字注:竹部:籥】書僮竹笘也(笘下曰潁川人名小兒所書寫爲笘按笘謂之籥亦謂之觚葢以白墡染之可拭去再書者其拭觚之布曰幡)[†「觚」は「䉉」]」
【鑰】金8+17=総画数25 U+9470 [ヤク/かぎ]
◆扉や戸を閉じて開かないようにする、錠(ジョウ、中国では「鎖」)をおろす、
◆閂(かんぬき、閉じた門扉が開かないようにするために扉の内側に渡す横棒)に設けた穴と地上部に設けた穴に渡す縦棒、閂を固定するための縦棒、同「𨷲」
◆扉や戸を閉じて開かないようにするための道具(中国では「鎖」、日本では「錠前」)
◆「鑰匙(ヤクシ)」、同「籥」
◆鍵となるところ、枢要なところ、重要なところ


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です