総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [新漢字辞典] 「三画」

「総画数索引」

1画 2画 3画 4画 5画 6画 7画 8画 9画 10画
11画 12画 13画 14画 15画 16画 17画 18画 19画 20画-
番外 付録


【万】 一1+2=総画数3 U+4E07 [バン、モン、マン、ボク、モク/よろず]
◆千の十倍
◆数え切れないほど多いさま、極めて多いさま
◆あらゆる、どんなものも、全て
◆決して、絶対に、「萬萬(バンバン)」
◆「万俟(ボクキ)」、姓、同「𢄏俟」、「万俟卨(ボクキセツ、1083年~1157年、宋代の人)」
【杤】木4+3=総画数7 U+6764 [/とち、とちのき]
◆[日]トチノキ(橡、栃、栃の木)、ムクロジ科トチノキ属の木、また同属の木の総称
【丈】 一1+2=総画数3 U+4E08 [チョウ、ジョウ/たけ]
◆長さの単位
◆たけ、高さ
◆年長者また老人に対する敬称
◆父親また既婚男性
【仗】人2+3=総画数5 U+4ED7 [チョウ、ジョウ/]
◆剣や戟(ゲキ、長い柄の先に刃物を取り付けた武器)などの手に持つ兵器の総称
◆「儀仗(ギジョウ)」、式典などの際に掲げ持つ武器など、またそれを持つ兵
◆頼(たよ)る、頼(たの)みにする
【吏】口3+3=総画数6 U+540F [リ/]
◆役人、特に実務を担う下級の役人
【杖】木4+3=総画数7 U+6756 [チョウ、ジョウ/つえ]
◆歩行を助けるための長い棒、棒を突いて体を支える
◆頼(たよ)る、頼りにする
◆長い棒、罪人を打ち据(す)えるための棒、突いたり叩(たた)いたりする武器としての棒
【三】 一1+2=総画数3 U+4E09 [サン/み、みつ、みっ・つ]
◆数の名、三番目
【丰】丨1+3=総画数4 U+4E30 [ホウ、フウ/]
◆草木が盛んに茂るさま、実(みの)り豊かなさま、同「豐」
◆様子、容姿、風采(フウサイ)
◆繁「豐」
【上】 一1+2=総画数3 U+4E0A [ショウ、ジョウ/あ・がる、うえ、うわ、かみ、のぼ・る]
◆位置・場所・地位などが高い、高い方にある
◆高い方に移る、昇る、登る
◆順序・時間などが前、前の方にある
◆前の方に移る
◆等級・品質などが高い、優れている
◆殿様、皇帝、君主、民(たみ)の上に立つ人
【卡】卜2+3=総画数5 U+5361 [ソウ、カ/]
◆関所、地方の要所に設けた人の検査や税の徴収を行う所
◆阻む
【下】 一1+2=総画数3 U+4E0B [カ、ゲ/お・りる、くだ・る、さ・がる、した、しも、もと]
◆位置・場所・地位などが低い、低い方にある
◆低い方に移る、降りる、落ちる
◆順序・時間などが後(あと)、後の方にある
◆後の方に移る、後(うし)ろの方へ退く
◆等級・品質などが低い、劣っている
◆支配・管理されている状態にある、「天下」「配下」
◆他からの影響・教授を受ける位置にいる、「門下」
【圷】土3+3=総画数6 U+5737 [/あくつ]
◆[日]低い土地
◆[日]姓用字
◆[日]「下圷(しもあくつ)」、地名、茨城県東茨城郡
【閇】門8+3=総画数11 U+9587 [ヘイ、ハイ/し・める、と・ざす、と・じる]
◆ものが出入りするところ(門・戸・窓・穴など)から出たり入ったりできないようにする、塞ぐ、「密閉」「閉塞」
◆中に入れて外に出られないようにする、「幽閉」
◆しっかりと止める、そこまでで止める、止めて動かないようにする、「閉会」「閉鎖」
【雫】雨8+3=総画数11 U+96EB [ダ、ナ/しずく]
◆未詳
◆[日]しずく、滴(したた)り落ちる水滴また液体
【颪】風9+3=総画数12 U+98AA [/おろし]
◆山から吹き降(お)りる風
【与】 一1+2=総画数3 U+4E0E [ヨ/あた・える、くみ・する、あずか・る]
◆上位の者が下位の者に物などをやる、授(さず)ける、同「賜予(シヨ)」
◆同じ目的を持った仲間に加わる、また加わって共に行動する、組する、同「與」
◆関(かか)わる、関与(カンヨ)する、同「與」「預」「豫」
◆~とand~、同じもの(同じ意味を持つ語)を繋(つな)ぐ語、同「與」
【写】冖2+3=総画数5 U+5199 [シャ/うつ・す、うつ・る]
◆別の場所に移(うつ)す、他に移す
◆書く、描く、「墨や絵の具を紙などに移す」の意
◆元になるものに倣(なら)って別のものに書く、或いは描く
【个】 丨1+2=総画数3 U+4E2A [カ、コ/]
◆人数や個数など同じ物の数を指す語、またその一つ一つを指す語、「一个(イッカ、一人、一個)」、同「個」
◆一つ、ただ一つ、同「独」「単」
◆繁「個」
注解:「个」は「竹(个个)」の片方を象(かたど)ったもので「一つ」を意味する
【不】一1+3=総画数4 U+4E0D [フ、ブ/]
◆~でない、~できない、~しない、not、no
【丸】 丶1+2=総画数3 U+4E38 [カン、ガン/まる、まる・い、まる・める、たま]
◆球状または円形、またそのような形のもの、またそのような形にする
◆角(かど)が尖(とが)っていない、またそのような形のもの、またそのような形にする
◆球状のものを数える語
◆全体、全て、すっかり
【㞍】尸3+3=総画数6 U+378D [/しり]
◆[日]姓用字
【笂】竹6+3=総画数9 U+7B02 [/うつぼ]
◆[日]「笂井(うつぼい)」、地名、群馬県前橋市
【紈】糸6+3=総画数9 U+7D08 [ワン/]
◆純白でしなやかな輝くように美しい薄絹、高級な絹
◆「紈絝(ワンコ)」、同「紈袴」「紈褲」◇上質な絹のズボンjupon[仏]状の衣裳◇苦労することもなく絹のスボンを穿(は)くような富家の子ども
【釻】金8+3=総画数11 U+91FB [キュウ、グ/つく、かん]
◆弩(いしゆみ)の弦を番(つが)え、矢を発射するための機具、弩牙(ドガ)、同「釚」、「【康熙字典:戌集上:金部:銶】…通作釻」
◆[日]物を引っ掛けるための金具、箪笥などの取っ手や、釜・鍋などを吊り上げるために耳に通す環状の金具
【之】 丶1+2=総画数3 U+4E4B [シ/の、これ]
◆~に向かって往(い)く
◆~の~、of
◆これ、この、this
◆それ、その、あれ、あの、that
【乏】丿1+3=総画数4 U+4E4F [ホウ、ボウ/とぼ・しい]
◆貯(たくわ)えが底を突く、金や物や力が尽きる、同「匱」
◆空(あ)く、空(から)になる
◆矢を遮(さえぎ)る盾(たて)、また衝立(ついたて)
注解:「正」を左右に反転させた字で「本来の或いは普段・普通の状態や様子でない」の意
【芝】艸3+3=総画数6 U+829D [シ/しば]
◆「芝草(シソウ)」「霊芝(レイシ)」「木霊芝(モクレイシ)」、万年茸(マンネンタケ)、マンネンタケ科の茸(キノコ)、また同科のキノコの称、同「神草(シンソウ)」
◆日傘(ひがさ)、「華芝(かし、華やかな日傘)」、傘をキノコの傘に見立てたことから
◆[日]シバ(芝)、イネ科シバ属の草
【久】 丿1+2=総画数3 U+4E45 [キュウ、ク/ひさ・しい]
◆長い時間が経っている
◆長い間同じような状態で続いている
◆灸を据える、同「灸」
【杦】木4+3=総画数7 U+6766 [/すぎ]
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木、同「杉」
【灸】火4+3=総画数7 U+7078 [キュウ、ク/やいと]
◆モグサ(艾)を乾燥させたものをつぼ(腧穴、ゆけつ、気血が出入・合流・分岐などするところで、そこに体の異常が現れるとされる)に据えて燃やす療法
【玖】玉4+3=総画数7 U+7396 [キュウ、ク/]
◆玉(ギョク、美しい石)に似て美しい黒色の石、同「㺵」
◆「九」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと)
【疚】疒5+3=総画数8 U+759A [キュウ、ク/やま・しい]
◆気が咎める
◆長患(ながわずら)い
【粂】米6+3=総画数9 U+7C82 [/くめ]
◆[日]くめ、姓名・地名に用いられる、「久」と「米」を組み合わせた字とされる
◆同「齋」、「齋」の異体字である「夈」の異体字
【羑】羊6+3=総画数9 U+7F91 [ユウ、ユ/]
◆進むべき道に誘(いざな)う、正しい道に導く、同「誘」
◆「羑里(ユウリ)」、古地名、現河南省安陽市湯陰(トウイン)県
【及】 丿1+2=総画数3 U+53CA [キュウ、ゴウ/およ・ぶ、およ・ぼす、およ・び]
◆~の状態が継続してここに(今に)至る、同「迨」
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)になる、~に至(いた)る、同「迨」「逮」
◆~(の状態、の場所、の段階)に達する、~に到(いた)る、~に届く、同「逮」
◆並びに、~と~、and
注解:「前にいる人の背に手が付くさま」を象った字
【伋】人2+4=総画数6 U+4F0B [キュウ/]
◆孔子の孫の名
◆「伋伋」、嘘を言って騙すさま
【吸】口3+3=総画数6 U+5438 [キュウ、コウ/す・う]
◆口や鼻から気体(空気など)や液体(液状のもの)を体の中に取り込む、同「噏」、出すのは「呼」
◆「吸吸(キュウキュウ)」◇雲が動くさま、「【楚辭:卷十四:思古】…雲吸吸以湫戾(吸吸雲動皃也…浮雲吸吸巻戾而隨重愁思也…)」◇忙(せわ)しく(繰り返し)吸い込むさま
【岌】山3+4=総画数7 U+5C8C [ギュウ、ゴウ/]
◆山が高く聳(そび)えるさま、「岌嶪(ギュウギョウ)」
◆「岌岌(キュウキュウ)」◇山が高く聳えるさま◇山が高く危(あや)ういさま、危険なさま
【扱】手3+3=総画数6 U+6271 [ソウ、ショウ、キュウ、コウ/しご・く、こ・く、あつか・う]
◆挟(はさ)む、狭いところに差し入れる、同「插(挿)」
◆引く、手前に引く、引き上げる
◆搔(か)き集める、一カ所に集める、また集め取る、集めて片付ける、「【禮記注疏(禮記正義):卷一:曲禮上】…以箕自鄕而扱之(《注》扱讀曰吸謂収糞時也箕去棄物以鄕尊者則不恭)」
◆拝礼して手を地に着ける
◆[日]しご・く、こ・く◇長いものを片手でぐっと握(にぎ)り、他方の手でそれを引く◇厳(きび)しく訓練する
◆[日]あつか・う、処理する、操作する
【极】木4+4=総画数8 U+6781 [キュウ、ゴウ、キョク、ゴク/]
◆ロバ(驢馬)に荷物を背負わせるために背に置く木の板
◆繁「極」
【汲】水3+4=総画数7 U+6C72 [キュウ、コウ/く・む]
◆井戸の水などを(たくさんある液体の少しを)器で掬(すく)う、大きな容器に入っている液体を小さな器に掬い入れる
◆「汲取(キュウシュ)」、(水や人や知識などを)掬い上げる、吸(す)い上げる
◆「汲汲(キュウキュウ)」、力を(気を)抜くことなく励(はげ)むさま、ひたすら一つのことだけに力を(気を)注ぐさま、同「孳孳、孜孜(シシ)」◇せかせかと慌(あわ)ただしいさま
【笈】竹6+4=総画数10 U+7B08 [キュウ、ゴウ/]
◆(書物などを入れる)竹製などの背負い箱、「【抱朴子:內篇:極言】…彼莫不負笈隨師…」(†笈を負わずして師に従うことなかれ)
【級】糸6+3=総画数9 U+7D1A [キュウ、コウ/]
◆品質や地位などの程度
◆上下の順序、同「𨸚」「階」
◆切り取った敵の首(くび)
【乞】 乙1+2=総画数3 U+4E5E [キツ、コツ/こ・う]
◆他人に物を請(こ)い求める
【仡】人2+3=総画数5 U+4EE1 [キツ、コチ、ギツ、ゴチ/]
◆高くまっすぐに立つ
◆屹然(キツゼン)としたさま、毅然(きぜん)としたさま
◆「仡佬(キツロウ)」、中国西南部の少数民族名、同「犵狫」
【吃】口3+3=総画数6 U+5403 [キツ、コチ/ども・る]
◆ども・る、言葉や声が閊(つか)える・同じ言葉を繰り返すなど、淀(よど)みなく話すことが難(むずか)しい
◆食べる、飲む、吸う、物を口から体の中に入れる、同「喫」
◆受け入れる
【屹】山3+3=総画数6 U+5C79 [ギツ、ゴチ、キツ/]
◆周りの山よりもひときわ高く聳え立つさま
◆高く聳えどっしりとして動かないさま
【紇】糸6+3=総画数9 U+7D07 [コツ、ゴチ/]
◆品質の劣る糸
◆「叔梁紇」、人名、孔子の父の名
◆「迴紇」、古代中国の西北部に住んでいた少数民族の名
【訖】言7+3=総画数10 U+8A16 [キツ、コチ/]
◆完了する、全て終わる
◆最後まで行き着いて止まる、またそれまでの間ずっと、同「迄」
◆全て
◆つまるところ、結局
【迄】辵4+3=総画数7 U+8FC4 [キツ、コチ/まで]
◆継続・連続している動作・状態・時間・空間などの区切りとなるところ、行き着くところ、尽きるところ、またその間づっと
◆結局は、所詮(しょせん)
【也】 乙1+2=総画数3 U+4E5F [ヤ/なり、や]
◆~なり、~である、句末に付けて断定・肯定を表す
◆~や、~か?、~であろうか、句末に付けて疑問・疑義を表す
◆~や~、~は~、前句を受け説明・解釈・強調などを表す、「【論語:學而】孝弟也者其爲仁之本與(孝弟なるものや仁の為る本か、親や年長者を敬うことは仁の根本であろう)」
◆~また~、~も同様に~
【他】人2+3=総画数5 U+4ED6 [タ/ほか]
◆別の、それ以外の、よそ(余所、他所)の、other、同「它」
◆自分以外の人、あの人
【匜】匚2+3=総画数5 U+531C [イ/]
◆手洗い用の注ぎ口の付いた器
【地】土3+3=総画数6 U+5730 [チ、ジ/つち]
◆重い陰気が(下に沈み)集まるところ、万物が居並ぶ(存在する)ところ、軽い陽気が(上に浮き)集まるところを「天(テン)」、「【說文解字注:土部:地】元气初分輕清陽爲天重濁侌爲地萬物所陳𠛱也…」
◆(「天」に対する語で)下にあるもの、足元に広がっているところ、天に覆(おお)われているところ
◆ものを下から支えているもの、ものの拠(よ)りどころになるもの、またそのような場所
◆海や川などの水がある所を除いた部分、土が露(あら)わになっているところ(水に覆われていないところ)、陸
【弛】弓3+3=総画数6 U+5F1B [シ、チ/ゆる・める、ゆる・む、たる・む]
◆ぴんと張っていた弦を緩(ゆる)める、張り詰めていた力や気を抜く
【池】水3+3=総画数6 U+6C60 [チ、ジ/いけ]
◆水を引き入れるための水路、また水を引き入れて溜(た)めておくところ、水溜め(みずため)、「【禮記注疏(禮記正義):卷十五:月令】是月也毋竭川澤毋漉陂池…(《注》…畜水曰陂穿地通水曰池《音義》…澤障曰陂停水曰池…)」
◆城市(ジョウシ、城壁で囲まれた町)の外側に巡(めぐ)らせた水堀(みずぼり)、空堀(からぼり)は「隍」
【虵】虫6+3=総画数9 U+8675 [シャ、ジャ、イ、タ、ダ/へび]
◆ヘビ(蛇)、ヘビ亜目の爬虫類の総称
◆(ヘビのように)くねくねしたさま
◆「委虵、逶虵(イイ、イタ)」、緩(ゆる)やかに(まっすぐではなく)上へ下へ或いは右に左に曲がりながら続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迱」「逶迤(イイ)」「迤邐(イリ)」「邐迤、邐迆(リイ)」
【釶】金8+3=総画数11 U+91F6 [シ、セ、シャ、ジャ/]
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣を柄の先に付けた槍のような武器)、同「鉈」「鍦」「𥍸」
【馳】馬10+3=総画数13 U+99B3 [チ、ジ/は・せる]
◆馬を速く駆(か)けさせる、疾駆(シック)させる、また疾駆する、同「䮈」、「【集韻:卷一:平聲一:支第五:馳𧂓䮈】陳知切說文大驅也」
◆縦横(ジュウオウ、北へ南へ東に西)に駆ける、(思いを)遠くまで至(いた)らせる、広く伝える、「【淮南鴻烈解:卷第十一:齊俗訓】…馳騖千里不能易其處…」
◆(思いを)遠くまで至(いた)らせる、広く行き渡らせる、広める、「【玉篇:卷二十三:馬部第三百五十七:馳】丈知切走奔也天子道也」
【髢】髟10+3=総画数13 U+9AE2 [テイ、ダイ/かもじ]
◆かもじ、髪形を調(ととの)えるために足りない所に添える髪、上から被るようにして或いは髪の中に詰めるようにして増やしたり膨らませたり垂らしたりする
【于】 二2+1=総画数3 U+4E8E [ウ/]
◆「ああ」などの嘆息の声、同「亏」
◆詩歌のリズムを整えるために用いる語、「ここに」と読む
◆~において(on、in)、~(場所)で(at)、~(場合)に(on、in)、同「於」、「【毛詩正義:小雅:鶴鳴】鶴鳴于九皐聲聞于野…」(†岸辺(皐)のいたるところで(九)で(于)ツルが鳴く、その声は(そこから離れた)野で(于)も聞こえる)
◆~(場所・場合)より、~から
◆~(対象)に、~に対し
◆~(対象・目標)に、~に向かって
◆繁「於」
注解:別「干」
【吁】口3+3=総画数6 U+5401 [ク、ウ/]
◆「うっ、うぁ、うぉ」「おう、おぉ」「あぁ」などの驚きや嘆き・悲しみなどの声
◆「うん」「えっ」などの疑い怪(あや)しむ声
【宇】宀3+3=総画数6 U+5B87 [ウ/]
◆屋根で覆(おお)われた家、また大きな建物
◆陽射しや雨を防ぐための建物から外に張り出した屋根、庇(ひさし)、同「㡰」「𢉠」
◆天地(上下)・四方に広がる空間・世界、時間的な広がりは「宙」
◆大きな広がり、広く覆う
【汙】水3+3=総画数6 U+6C59 [オ、ウ/けが・す、よご・す、きたな・い]
◆淀んで濁った水
◆澄んでいない、穢れる、異物が混じる
◆不潔な
◆行いが正しくない
◆泥を塗って面目を失わせる
注解:別「汗」
【盂】皿5+3=総画数8 U+76C2 [ウ/]
◆飯や水を盛る二つの取っ手が付いた丸く深めの器
◆丸く深めの器、碗(ワン)
【盱】目5+3=総画数8 U+76F1 [キョウ、コ/]
◆眉を吊り上げ目を大きく見開く
◆仰ぎ見る
【竽】竹6+3=総画数9 U+7AFD [ウ/]
◆十数~三十数本の竹管を円状に並べた大型の笙(ショウ)
注解:別「竿」
【紆】糸6+3=総画数9 U+7D06 [ウ/]
◆曲がる、折れ曲がる、曲がりくねる、「紆回(ウカイ)」
◆絡(から)む、縺(もつ)れる、巻き付く、「紆軫(ウシン、絡み合うさま、縺れるさま)」「紆結(ウケツ、絡み合って解けないさま)」
【芋】艸3+3=総画数6 U+828B [ウ/いも]
◆澱粉などの養分を貯えて肥大した根茎、塊根(カイコン)、塊根を食用とする植物の総称
◆サトイモ(里芋)、サトイモ科サトイモ属、サトイモ科の植物、中国では「芋(ウ)」或いは「芋艿(ウダイ)」という
◆草が盛んに生い茂るさま
注解:別「芉」
【迂】辵4+3=総画数7 U+8FC2 [ウ/]
◆まっすぐの道を避けて遠回りして行く、回り道する
◆「迂闊(ウカツ)」◇遥(はる)か遠いさま、遠く離れているさま、「【中論:夭壽】…天道迂濶闇昧難明…」◇本質と(実際と)掛け離れているさま
注解:別「迀」
【亡】 亠2+1=総画数3 U+4EA1 [ボウ、モウ/ほろ・びる、な・くなる]
◆それまでそこにあったものが減ったり衰えたりして最後には無くなってしまう、滅びる
◆(そこにいた)人が死ぬ
◆(そこにした人が)姿を消す、逃げる
【妄】女3+3=総画数6 U+5984 [ボウ、モウ/みだ・りに]
◆馬鹿げた、非現実的な、根拠もなくいい加減な
◆みだ・りに、考えもなしに、手当たり次第に
【忘】心4+3=総画数7 U+5FD8 [ボウ、モウ/わす・れる]
◆知っていたこと・覚えていたこと・為すべきことを思い出せない、失念する
【忙】心3+3=総画数6 U+5FD9 [ボウ、モウ/せわ・しい、いそが・しい]
◆せわ・しい、急(せ)かされて心にゆとりがない、同「慌」
◆いそが・しい、すべきことが多く他のことに手が回らない
【肓】月(肉)4+3=総画数7 U+8093 [コウ/]
◆心臓と横隔膜に挟まれた部分、体の内の奥まっていて手(鍼、治療用の針)も届かず見定めることもできず治療ができないところ
◆「膏肓(コウコウ)」、手の施(ほどこ)しようがないさま、「【春秋左傳正義:成公:成公十年】醫至曰疾不可爲也在肓之上膏之下攻之不可達之不及藥不至焉不可為也(《注》達針)」
【盲】目5+3=総画数8 U+76F2 [モウ、ミョウ/めくら、めしい]
◆(視力が失われて)目が見えない、またそのような人、同「盳」「𥇋」「朚」「𤷐」
◆物事をはっきりと理解・判断できない、道理に暗い
◆しっかりと考える(吟味する)ことなしに、「盲信(モウシン)」
◆[日]管状(筒状)のものの一方が塞(ふさ)がっているさま
【罔】网5+3=総画数8 U+7F54 [モウ、ボウ/]
◆網(あみ)、糸や紐を格子状に目を粗く編んだ魚鳥獣を捕(と)らえる道具、同「网」「網」
◆身動きができないように網を被(かぶ)せる、同「網」
◆(網が被せられているように)ぼんやりするさま、よく見えないさま、無知なさま
◆根拠のない話で(事実を隠して)人を騙(だま)す、「事実を網で覆い隠す」の意、同「誷」
◆~でない、~しない、not、no、同「不」
【芒】艸3+3=総画数6 U+8292 [ボウ、モウ/のぎ、すすき]
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同「茫」
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草
【虻】虫6+3=総画数9 U+867B [モウ、ミョウ、ボウ/あぶ]
◆アブ(虻)、ハエ目アブ科の昆虫の総称、同「蝱」
【邙】邑3+3=総画数6 U+9099 [ボウ、モウ/]
◆「邙山」、山名、河南省
【凡】 几2+1=総画数3 U+51E1 [ハン、ボン/およ・そ、おおよそ]
◆(突出した物事・状態を除いた)一般的な、平均的な、ありふれた、普通の
◆およ・そ、おおよそ、(特異・特殊なもの除いた)ほぼ全て、大体、押し並(な)べて
【帆】巾3+3=総画数6 U+5E06 [ハン、ボン/ほ]
◆風を受けて舟を進めるために張る布、またそれに風を受けて走るさま
【汎】水3+3=総画数6 U+6C4E [ハン、ホン/]
◆風に任(まか)せて漂う、水面にぷかぷかと浮かぶ、同「泛」
◆水が堤などを越えて溢れ一面を覆う、同「氾」
◆遍(あまね)く、広く、広範囲に、同「氾」
【刃】 刀2+1=総画数3 U+5203 [ジン、ニン/は、やいば]
◆剣(つるぎ、両刃のまっすぐな刀)や刀(かたな、片刃の刃物)などの物を切る鋭く研(と)がれた部分
◆剣や刀で切る、「自刃(ジジン、自ら自分を切ること)」
【仞】人2+3=総画数5 U+4EDE [ジン、ニン/]
◆長さ(長さ・深さ・高さなど)の単位、1仞=7尺、或いは8尺(時代によって多少の変化がある)
【忍】心4+3=総画数7 U+5FCD [ジン、ニン/しの・ぶ]
◆耐(た)える、厳しさや辛(つら)さに耐える、粘り強く持ち堪(こた)える
◆「残忍(ザンニン)」、人に苦痛を与えても平気なさま
◆[日]しの・ぶ、人目を避ける
【訒】言7+3=総画数10 U+8A12 [ジン、ニン/]
◆口ごもる
【靭】革9+3=総画数12 U+976D [ジン、ニン/]
◆しなやかな上に、折り曲げに強く、簡単に裂(さ)けたり破れたりしないさま、「強靭(キョウジン)」、同「韌」
【刄】 刀2+1=総画数3 U+5204 [ジン、ニン/は、やいば]
◆剣(つるぎ、両刃のまっすぐな刀)や刀(かたな、片刃の刃物)などの物を切る鋭く研(と)がれた部分
◆剣や刀で切る、「自刃(ジジン、自ら自分を切ること)」
【仭】人2+3=総画数5 U+4EED [ジン、ニン/]
◆長さ(長さ・深さ・高さなど)の単位、1仞=7尺、或いは8尺(時代によって多少の変化がある)
【扨】手3+3=総画数6 U+6268 [/さて]
◆[日]さて、話題を変える時の言葉、同「扠」
【籾】米6+3=総画数9 U+7C7E [未詳/もみ]
◆未詳、「【字彙補:未集:米部:籾】女梨切音尼見金鏡」「【康熙字典:未集備考:米部:籾】《搜眞玉鏡》音尼」
◆[日]穀物の実の殻(から)
◆[日]殻が付いたままの米
【衂】血6+3=総画数9 U+8842 [ジク、ニク/]
◆鼻血、鼻からの出血、同「𧖷」
◆挫(くじ)ける、意欲が萎(しぼ)む
【釼】金8+3=総画数11 U+91FC [ケン、コン、ジツ、ニチ/]
◆両刃(もろは)のまっすぐな刀、剣(けん、つるぎ)、同「剣」
◆鈍い、切れ味が悪い
【靱】革9+3=総画数12 U+9771 [ジン、ニン/]
◆しなやかな上に、折り曲げに強く、簡単に裂(さ)けたり破れたりしないさま、「強靭(キョウジン)」、同「韌」
【勺】 勹2+1=総画数3 U+52FA [シャク、ジャク/]
◆液体を汲(く)み取る、掬(すく)う
◆液体を汲み取る椀状の器、その柄(え、持ち手、取っ手)を「杓(シャク)」という
◆容量の単位、1勺=1/10合
◆[日]面積の単位、1勺=1/100坪
【圴】土3+3=総画数6 U+5734 [シャク/]
◆土に付いた跡
【妁】女3+3=総画数6 U+5981 [シャク/]
◆「媒妁(バイシャク)」、同「媒酌」、結婚する二人の仲を取り持つ
【扚】手3+3=総画数6 U+625A [チョウ、シャク、テキ、チャク/]
◆素早く撃つ
◆引く
【杓】木4+3=総画数7 U+6753 [シャク、ジャク、ヒョウ/]
◆勺(シャク、液体を汲み取る椀状の器)の柄(え、持ち手、取っ手)、また柄のついた勺、同「𣏐」
◆北斗七星の柄の部分の星
【灼】火4+3=総画数7 U+707C [シャク/]
◆炙(あぶ)る、焼く、燃やす
◆灸を据える
◆明々(あかあか)と燃え盛るさま、明るいさま
【的】白5+3=総画数8 U+7684 [テキ、チャク/まと]
◆弓で矢を射(い)る時の目標とするもの、同「㢩」「墑」
◆額(ひたい)の部分だけが白い馬、またその額の白い部分、女性が額に施(ほどこ)す(赤い点状の)装飾
◆(弓の的の中央は目立つように白くしてあることから)明らか(な)、はっきりと見える、はっきりしている、よく目立つ、同「旳」「𤾠」
◆狙(ねら)ったところに当たる、当てる
◆~の~、「我的(ウォダ、わたしの~)」、~のような~、「似的(シィダ、~のような~、~らしい~)」、~な~、「別的(ビィェダ、~とは別な~)」
【約】糸6+3=総画数9 U+7D04 [ヤク/つづ・める]
◆束ねる、纏(まと)めて束ねる、小さく纏める、同「𠣩」
◆結ぶ、結び目、「約定(ヤクジョウ、互いに結び合う取り決め、約束)」
◆不要な部分を省略して必要な部分だけを残す、簡略にする
◆無駄な出費を抑える
◆ほぼ、凡(おおよ)そ、大体
【芍】艸3+3=総画数6 U+828D [シャク、ジャク/]
◆「芍薬(シャクヤク)」、ボタン科ボタン属 の草、根は生薬として利用される
◆イヌクログワイ(犬黒慈姑)、別名「シログワイ(白慈姑)」、同「𦽏茈(フシ)」「荸薺(ホツシ)」、カヤツリグサ科ハリイ属の草
【豹】豸7+3=総画数10 U+8C79 [ホウ、ヒョウ/]
◆ヒョウ(豹)、ネコ科ヒョウ属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
◆「豹貓(ヒョウビョウ)」、ベンガルヤマネコ、ネコ科ベンガルヤマネコ属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
◆「豹変(ヒョウヘン)」◇君子(立派な人)は毛が生え変わったヒョウ(豹)の斑紋のようにはっきりしている(改めるべきはすぐさま改める)こと、【周易:易經:䷰革】君子豹變其文蔚也小人革面順以從君也」◇[日]すぐさま態度を変えること
【酌】酉7+3=総画数10 U+914C [シャク/く・む]
◆酒を汲(く)む、大きな容器に入っている酒を小さな器で掬(すく)う、酒を注(つ)ぐ、大きな容器に入っている酒を小さな器に注(そそ)ぐ、同「斟」
◆酒を注(つ)ぐ、互いに酒を注ぎ合う
◆「斟酌(シンシャク)」◇互いに酒を注ぎ注がれする(酌み交わす)◇他人の立場や事情・心情などを汲(く)み取る
【釣】金8+3=総画数11 U+91E3 [チョウ/つ・る、つり]
◆鉤(かぎ、先を曲げた金具)に引っ掛ける、また引っ掛けて魚を獲(と)る、同「魡」
◆(餌をぶら下げて)誘(おび)き出す、誘き出して手に入れる
◆吊(つ)る、吊り下げる
【靮】革9+3=総画数12 U+976E [テキ、チャク/]
◆面懸(おもがい)や手綱などの馬を操るための革紐
【千】 十2+1=総画数3 U+5343 [セン/ち]
◆百の十倍
◆数や回数が非常に多いさま
【仟】人2+3=総画数5 U+4EDF [セン/]
◆千人を単位とする集団や部隊、またその長、五人は「伍」、十人は「什」、百人は「佰」
◆千、「千」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと)
【刋】刀2+3=総画数5 U+520B [セン/]
◆切る
◆別「刊」
【瓩】瓦5+3=総画数8 U+74E9 [チェンゥア/キログラム]
◆キロワットkilowatt(kW) 、仕事率(工率)や電力などの単位、1kW=1000W、「瓩」は旧単位で現在は「千瓦」
◆[日]キログラムkilogram(kilogramme、kg)、重量の単位、1kg=1000g、「瓦(グラムgram)」と「千(倍)」を組み合わせた和製の漢字、中国では「千克」「公斤」「兛(旧単位)」
注解:「チェンゥア」は「千瓦」の読み
【秊】禾5+3=総画数8 U+79CA [デン、ネン/]
◆穀物が稔(みの)る、同「年」
◆農作物を収穫してから次の収穫期までの期間、同「年」
【竏】立5+3=総画数8 U+7ACF [/キロリットル]
◆[日]キロリットルkL、体積の単位、1000000mL=100000cL=10000dL=1000L=100daL=10hL=1kL
【粁】米6+3=総画数9 U+7C81 [セン/キロメートル]
◆[日]キロメートルkilometer(kilometre, km)、長さの単位、1hm=1000m、「米(メートル)」と「千(倍)」を組み合わせた和製の漢字、中国では「千米」「公里(台湾)」
【重】里7+2=総画数9 U+91CD [チョウ、ジュウ/おも・い、かさ・なる、え]
◆層になる、上に載る、下になったものに上から大きな力が掛かる、負担が大きい
◆再び、繰り返して、何度も、何層にも
◆何層にも心配りがされていて手厚い、丁寧な
◆何層にも注意や配慮が必要な、大切な、主要な
◆非常に、甚だしい
【阡】阜3+3=総画数6 U+9621 [セン/]
◆南北に通じる畦(あぜ)道、また小道、東西は「陌」
◆墓に通じる道
◆草の盛んに茂るさま、同「芊」
◆[日]千、「千」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと)
【叉】 又2+1=総画数3 U+53C9 [サ、シャ/また]
◆交差(交叉)する、”X”字状になる、またそのような形になるもの
◆(フォークなどのように)一か所から幾つかに枝分かれしたもの、先端が”<””⊂””∈”字状などに分かれるもの、またそれで突く、刺す
◆「夜叉(やしゃ)」「藥叉(やくしゃ)」、インド神話に登場する悪鬼
【扠】手3+3=総画数6 U+6260 [サ、シャ/さて]
◆物を突き刺して取るフォークfork状の道具、またそれで突き刺す、また突き刺して取る
◆簎(やす)、柄の先に先端を尖らせた”⊂””∈”字状の金属(古くは骨など)を取り付けた突いて魚介を獲(と)るための漁具、またこれを使って魚介を獲る、同「簎」
◆[日]さて、話題を変える時の言葉、同「扨」
【杈】木4+3=総画数7 U+6748 [サ、シャ、サイ、セ/]
◆”Y”字形に分岐した枝
◆棒の先端を”<””⊂””∈”字状にした道具
◆先端を尖らせ突いて魚を獲る簎(やす)
◆刈り取った穀物などを掬ったり持ち上げたりする農具(ピッチフォークpitchfork)
【釵】金8+3=総画数11 U+91F5 [サイ、セ、サ/かんざし]
◆先が二つに分かれている簪(かんざし)、棒状のものは「笄」「簪」
【靫】革9+3=総画数12 U+976B [サイ、セ、サ、シャ/うつぼ、ゆぎ]
◆矢を入れる革製の筒状容器
【口】 口3+0=総画数3 U+53E3 [コウ、ク/くち]
◆動物の食べたり声を発したりするための器官
◆ものが出入りするために空(あ)けた(空いた)ところ、(口のように)全体の内の一部空いたところ
◆言葉、言葉を発する、語る
◆(一人或いは一頭に一つしかないことから)人や動物を数える語
◆くち、くちへん、部首名
【中】丨1+3=総画数4 U+4E2D [チュウ/なか]
◆ものとものの間にあってどちらにも偏(かたよ)らない位置
◆上下・高低・大小などの間(あいだ)に位置する人や物や場所、同「仲」
◆始点(出発地)から終点(目的地)までの範囲の間、半(なか)ば、「途中(トチュウ)」
◆閉じられた範囲・領域の内側、同「内」
◆ある範囲に含まれるもの、またその全て
◆(物の真ん中に)当てる、当たる
注解:「中(𠁧𠁦𠁩)」はたなびく旗(口)とその真ん中に立つ旗竿(丨)を象ったもので「物の真ん中」、また旗のたなびく方向で風向きを「当てる」の意味を持つ
【兄】儿2+3=総画数5 U+5144 [ケイ、キョウ/あに]
◆同じ親を持つ自分よりも先に生まれた男子、同「哥哥(カカ)」、自分よりも後から生まれた男子は「弟」
◆年長また同世代の男子に対する敬称
【加】力2+3=総画数5 U+52A0 [カ、ケ/くわ・える]
◆付け足す、付け足して増やす
◆(実際にはないことを付け足して)大袈裟に言う
【占】卜2+3=総画数5 U+5360 [セン/うらな・う、し・める]
◆卜(うらな)う、吉凶を予想する、同「卜」
◆幾つかの選択肢の中から一つを決め選ぶ
◆自分のものにする、「占拠(せんきょ)」
【回】囗3+3=総画数6 U+56DE [カイ、エ/まわ・る、まわ・す、まわ・り、かえ・る、かえ・す、めぐ・る]
◆円を描(えが)くように動く、一周して(一巡して)元に戻る、同「廻」「迴」、「回復(カイフク)」「回帰(カイキ)」
◆元に戻す、元に返す、「回答(カイトウ)」
◆(首を回して)振り返る、「回顧(カイコ)」
◆周りを囲(かこ)む
◆背(せ)を向ける、背(そむ)く、違(たが)える、同「違」
◆同じことが繰り返される物事の数、同「度」
【如】女3+3=総画数6 U+5982 [ジョ、ニョ/ごと・く、し・く]
◆ごと・く、~のよう、~と程度や様子が同じよう、~と同じと言ってよい
◆し・く、及ぶ、至る、届く、「同様、同程度」の意
【扣】手3+3=総画数6 U+6263 [コウ、ク/]
◆逸(はや)る馬を引いて抑(おさ)える、引っ張って止める
◆こんこん・とんとんと短く軽く繰り返し叩(たた)く、同「叩」
◆差し引く、同「控」
◆留具(とめぐ)、合わせ目を繋ぎ留めるもの、ボタンbutton(釦)・バックルbuckle・紐など、同「釦」、「紐扣、鈕扣(ジュウコウ、ボタン)」
【杏】木4+3=総画数7 U+674F [コウ、ギョウ、アン、キョウ/あんず]
◆アンズ(杏、杏子)、バラ科サクラ属の果樹、食用や薬用に用いる
◆「銀杏(ぎんなん、イチョウ)」、イチョウ科の木、またその実
【束】木4+3=総画数7 U+675F [ショク、ソク/たば、たば・ねる、つか、つか・ねる]
◆(長いものを)縛(しば)って一つにする、一つに纏(まと)める、同「捒」
◆縛って一つにしたものの数を表す語
◆縛る、縛ってばらばらにならないようにする、自由を制限する
◆[日]つか、長さの単位、指四本をくっつけた時の幅
【知】矢5+3=総画数8 U+77E5 [チ/し・る]
◆(矢のように素早く、矢が的の中央に当たるように的確に)認識する、見定める、「察知(サッチ)」「知識(チシキ)」、「智」は「見知ったことを理解しその正邪を正しく判断すること」
◆相手を深く理解し親しく交わる、「知己(ちき、自分のことを良く知り理解してくれる人、親友、理解者)」
◆司(つかさど)る、主管する、「知事(ちじ、物事を良く知る人、物事を良く知り司る人、地方行政府の長)」
【釦】金8+3=総画数11 U+91E6 [コウ、ク/ぼたん]
◆器の口を金銀や玉(ギョク、美しい石)で飾る、またその飾りの付いた器
◆留金(とめがね)、合わせ目を繋ぎ留める金具、同「扣」
◆かんかんと短く繰り返し叩(たた)く
【鳴】鳥11+3=総画数14 U+9CF4 [メイ、ミョウ/な・く、な・る]
◆鳥の声、また声を出す
◆物が音を出す、物の音がする
【土】 土3+0=総画数3 U+571F [ト、ツ、ド/つち]
◆泥や細かい砂などから成るもの
◆生(セイ)あるものを生み出すもの、「【說文解字:巻一三下:土部:土】地之吐生物者也二象地之下地之中物出形」
◆地に根差したもの、その地に根差したもの
◆五行(木火土金水)の一つ
◆つち、部首名
【冉】冂2+3=総画数5 U+5189 [ゼン、ネン/]
◆毛が柔らかく垂れるさま
◆柔らかなさま、しなやかなさま
◆ゆっくりと進むさま
【去】厶2+3=総画数5 U+53BB [キョ、コ/さ・る]
◆今いるところから離れる、また離れて別のところへ行く
◆時(時間・月日・時代など)が過ぎる、過ぎてしまった時、「過去(カコ)」
◆今あるものを別のところに移す、また移してそこをあける、取り除く
◆ものを今あるところから別のところに移す、しまう、収蔵する、同「弆」
【吐】口3+3=総画数6 U+5410 [ト、ツ/は・く]
◆口から物や息などを外に出す、声も出る場合は「嘔」、声だけは「噦」
◆内にあるものを外に出す、気持ちを言葉に出す、逆は「呑」
【圭】土3+3=総画数6 U+572D [ケイ、ケ/]
◆君主が執(と)り行う式典の際などに諸侯や重臣が手に持つ細長い五角形(細長い板の先端が山形になった形)をした板状の礼器、諸侯を封ずる際に証しとして与えたもの、位によって大小や品質が違っていた
◆容量の単位
◆「圭臬(けいげつ)」、日時計、標準、基準
【寺】寸3+3=総画数6 U+5BFA [シ、ジ/てら]
◆仏僧が修行や仏事を行う所
◆役人が執務する所、役所
◆主君のすぐ近くに仕える、またその人、同「侍」
【庄】广3+3=総画数6 U+5E84 [ソウ、ショウ/]
◆未詳、「【廣韻:下平聲:耕第十三:輣:庄】平也亦作{⿸广主}」
◆田舎、田舎の家、田舎の集落、同「莊」
◆繁「莊」
【肚】月(肉)4+3=総画数7 U+809A [ト、ツ、ズ/はら]
◆(人や動物の)腹、体の前の胸の下から骨盤までの胃や腸のある部分、同「腹」
◆腹のように円(まる)く膨れる、またそのような形
◆腹の中、腹の中にある考えや思い
◆食用や薬用に用いる動物の胃袋
【杜】木4+3=総画数7 U+675C [ト、ズ/もり]
◆ヤマナシ(山梨)、バラ科ナシ属の果樹、野生のナシ(梨)
◆「杜梨(トウリ)」、トウマメナシ(唐豆梨)、バラ科ナシ属の果樹
◆「杜仲(トチュウ)」、トチュウ科トチュウ属の木
◆塞(ふさ)ぐ、閉(と)ざす、行き来ができないようにする、「杜絶(トゼツ)」、同「堵」「𢾅」
◆「杜撰(トサン、ズサン)」、根拠のない作り物、いい加減なさま(†「杜撰」は「杜黙(トモク、宋代の詩人)の詩」の意、その詩が韻(イン)を踏んでいないなど誤りが多いことから「いい加減なさま」の意で用いられる)、「【野客叢書:卷二十:杜撰】…杜默為詩多不合律故言事不合格為杜撰…」
◆[日]もり、神社の森
【汢】水3+3=総画数6 U+6C62 [/ぬた]
◆[日]「汢の川(ぬたのかわ)」、地名、高知県高岡郡
【牡】牛4+3=総画数7 U+7261 [ボウ、ム、モ、ボ/おす]
◆獣の父性、獣の母性は「牝(ヒン、めす)」、鳥の父性は「雄(ユウ、おす)」、鳥の母性は「雌(シ、めす)」
◆錠前の鍵穴に刺し込む鍵(かぎ)、穴状の部分に刺し入れるもの、刺し入れる穴を「牝」
◆丘、地の突き出たところ、地の裂け目を「牝」
【社】示4+3=総画数7 U+793E [シャ、ジャ/やしろ]
◆土地の神、土地の神を祀った所
◆同種また同じ目的を持つ人から成る集まり
【社】示5+3=総画数8 U+FA4C [シャ、ジャ/やしろ]
◆土地の神、土地の神を祀った所
◆同種また同じ目的を持つ人から成る集まり
【士】 士3+0=総画数3 U+58EB [シ、ジ/]
◆男子
◆実務を担う下級の役人
◆学徳や知能に秀でた人
◆事を理解できる人、事を成し遂げられる人
◆爵位の一つ
◆兵(つわもの)、侍(さむらい)
◆さむらい、部首名
注解:周代(前11世紀~前771年)では諸侯(国王に諸国の領有が認められた者、国王の臣下)の家臣の位階が「大夫」と「士」に決められ、「士」は実務を担う下級の役人を指した、周代後期になると才能・知識のある在野の人が「士」として取り立てられるようになり、更に秦代・漢代になると「士」はその能力から政治的にも大きな力を持つようになって、次第に貴族階級に加えられるようになった
【仕】人2+3=総画数5 U+4ED5 [シ、ジ/つか・える]
◆身分の高い人に付き従う、またその用をする
◆官職に就く、またその業務や任務を担い行う
◆為(な)す、為(な)すべき事
【吉】口3+3=総画数6 U+5409 [キツ、キチ/よし]
◆善(よ)い、幸運な、喜ばしい、逆は「凶」
◆良い、めでたい、好ましい
【志】心4+3=総画数7 U+5FD7 [シ/こころざし、こころざ・す]
◆こころざし、心が指し示す方向、遂げようとする思いや考え
◆こころざ・す、思いや考えを成し遂げようとする
◆書き留めた文書、記録、同「誌」
◆繁「誌」
◆[日]こころざし、相手(特に死者)に贈る気持
【夂】 夂3+0=総画数3 U+5902 [チ/]
◆歩みが遅い、遅れる
◆ふゆがしら、部首名
【処】几2+3=総画数5 U+51E6 [ショ/ところ、こ]
◆腰を落ち着ける、居る、止(とど)まる、またその場所
◆あるべきところに置く、また落ち着ける
◆ところ、場所
【各】口3+3=総画数6 U+5404 [カク/おのおの]
◆めいめい、一人一人、それぞれ、一つ一つ、別々
【条】木4+3=総画数7 U+6761 [チョウ、ジョウ/]
◆細長い小枝
◆細長いもの、筋(すじ)状のもの
◆道筋
◆細かく分けて(一行にして)記述した文章、項目
◆[日]~の事、~によって
【夕】 夕3+0=総画数3 U+5915 [セキ、ジャク/ゆう、ゆう・べ]
◆陽が沈み始める頃、日没の頃、日暮れ、傍晚(ボウバン、晚が間近の頃)、陽が沈み切った頃を「晩」
◆夜、同「昔」
◆「七夕(シチセキ、たなばた)」、陰暦七月七日の夜
◆ゆう、ゆうべ、部首名
【匇】勹2+3=総画数5 U+5307 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:勹部:匇】同”匆”」
【名】口3+3=総画数6 U+540D [メイ、ミョウ/な]
◆人に付ける呼称、また動物・もの・出来事などを呼んだり指し示したり識別したりするためにその各々に付ける呼称、「名称(メイショウ)」
◆呼称を付ける、「命名(メイメイ)」
◆広く知れ渡っているさま、評判、「有名(ユウメイ)」「名声(メイセイ)」
注解:「薄暗がり(夕)の中で人に自分であることを告げる(口)」の意
【多】夕3+3=総画数6 U+591A [タ/おお・い]
◆数や度量(ドリョウ、ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
【汐】水3+3=総画数6 U+6C50 [セキ、ジャク/]
◆夜間(或いは夕)の太陽や月の引力によって生じる海水の定期的な満ち引き、昼間(或いは朝)は「潮」
【飧】食9+3=総画数12 U+98E7 [ソン/]
◆夕食、夕食に出される料理、朝食は「饔」
◆食べ物や飲み物、飲み食いする、食事、同「餐」
【大】 大3+0=総画数3 U+5927 [タイ、ダイ、タ、ダ/おお、おお・きい、おお・いに]
◆形・数・量・力・程度などが比較しようとしているもの以上である(長い、重い、太い、強い、多い)、以下は「小」
◆太い
◆優れているさま、立派なさま
◆おお・いに、盛んに、非常に
◆だい、部首名
【因】囗3+3=総画数6 U+56E0 [イン/よ・る、ちな・む]
◆基(もと)づく、土台となるものの上に順々に積み重なっていく
◆物事がそうなるに至った理由や事情、「全て物事は基となるものに様々な物事が繋がり積み重なった結果」の意
◆繋がり、縁(えん)、引き継ぐ
◆ちな・む、~に依る、~に繋がる、~に関連する
【尖】小3+3=総画数6 U+5C16 [セン/とが・る]
◆上が小さく下が大きいさま、先が細く手元(てもと)が太いさま、「夵(エン、上が大きく下が小さい、先が太く手元が細い)」の逆の意
【戻】戸4+3=総画数7 U+623B [レイ、ライ/もど・る、もと・る]
◆車の左右側の扉、「【說文解字注:戸部:戻】輜車旁推戶也(輜車者衣車也前後有蔽旁有可開之戶)」
◆[日]もど・る、元と同じ状態になる、逆方向に向かって元の場所に帰る
◆[日]もと・る、逆方向に向く、逆らう、道義や道理に反する
注解:「もど・る、もと・る」の和訓は本来「「戾」」の義だが、日本では「戻」と「戾」が同義に用いられる
【突】穴5+3=総画数8 U+7A81 [トツ、ドチ/つ・く]
◆犬が穴から急に飛び出す、また飛び出てくる
◆急に、不意に
◆つ・く、撞(つ)く、(棒状のものを正面から)まっすぐに当てる
◆そこだけ凸状に飛び出ているさま、またそのような形
注解:本字U+7A81は{⿱穴犬}が本来の字形で、{⿱穴大}とするのは日本だけのようである
【美】羊6+3=総画数9 U+7F8E [ビ、ミ/うつく・しい]
◆綺麗な、姿形が良い
◆善(よ)い、良い、優(すぐ)れている
◆美味しい、味が良い、甘い
◆褒(ほ)める、称賛する
【耷】耳6+3=総画数9 U+8037 [トウ/]
◆大きな耳、大きな耳朶(みみたぶ)
◆(耳朶が)垂れる、同「𦔮」
【臭】自6+3=総画数9 U+81ED [シュウ/にお・い、くさ・い]
◆鼻で感じ取るものの総称、不快な匂い、犬の通った後に残る匂いの意
◆嫌な感じがする
【釱】金8+3=総画数11 U+91F1 [テイ、ダイ、タイ、ダイ/]
◆足枷(あしかせ)、罪人の足に嵌める鉄製の輪また鎖、首枷は「鉗」
◆車輪の脱落を防ぐために軎(エイ、車軸両端の円筒状の部品)と車軸を固定するための轄(くさび)、同「轄」
【女】 女3+0=総画数3 U+5973 [ジョ、ニョ、ニョウ/おんな、め]
◆男と対になる人間の性の一方
◆未婚の女性、既婚は「婦」
◆妻(めあ)わせる、嫁がせる
◆あなた、同「汝」
◆弱々しい
◆二十八宿北方玄武の一つ
◆おんな、部首名
【安】宀3+3=総画数6 U+5B89 [アン/やす・らか、やす・い、いずく・んぞ]
◆やす・らか、心が乱されるようなこともなく静かで穏やかなさま、あるべき状態に落ち着いているさま
◆[日]やす・い、値段に比べてものの価値が高い
◆いずく・んぞ、どうして~なのか
【𡚴】山3+3=総画数6 U+216B4 [/あけび、あけん、あざむく、あ]
◆[日]地名用字、{和製漢字の辞典:山部:𡚴}参照
【汝】水3+3=総画数6 U+6C5D [ジョ、ニョ/なんじ]
◆(同輩または後輩に対して)あなた、君、you、二人称代名詞
◆川名、河南省洛陽(ラクヨウ)市嵩(スウ)県付近を源とする淮河(ワイガ)の一支流、「汝水(ジョスイ)」
【籹】米6+3=総画数9 U+7C79 [ジョ、ニョ/]
◆「粔籹(キョジョ)」、糫餅(まがりもち)、米粉などに蜜(ミツ、甘味料)を加えを捏(こ)ねて紐(ひも)状の麺(メン)に作り、環状などにしたり捻(ひね)ったりした後、油で揚げた食べ物、同「膏環、膏糫、膏𪍺(コウカン)」、「【齊民要術:卷九:膏環(一名粔籹)】用秫稻米屑水蜜溲之強澤如湯餅麵手搦團可長八寸許屈令兩頭相就膏油煮之」
◆[日]「粔籹(おこし)」、蒸した糯米(うるちまい)などに水飴・砂糖などを加え固めた菓子
【要】襾6+3=総画数9 U+8981 [ヨウ/かなめ、い・る]
◆体の中心、腰
◆物事の中心となるもの、非常に大切な物事また場所
◆どうしてもなくてはならない、しなければならない
【子】 子3+0=総画数3 U+5B50 [シ/こ、ね]
◆母親から産まれるもの、古くは男女を問わず「子」といったが、現代中国では男の子(息子)を指す
◆新しく産まれる(生まれる)ものの元となるもの、植物の種や実、動物の卵など
◆元となるものから産まれる(生み出される)もの、利息(リソク)
◆小さいものや道具など指す語、「匣子(コウシ、小箱)」「椅子(イス)」「帽子(ボウシ)」
◆~人、~する人、「仙子(センシ、仙人、仙女)」「舟子(シュウシ、ふなびと、舟を操る人)」
◆男性、男性に対する敬称・美称、あなた
◆学徳に優(すぐ)れた人に対する敬称、「孔子(コウシ)」「孟子(モウシ)」「老子(ロウシ)」、いずれも「子」は先生の意
◆五等の爵位(公・侯・伯・子・男)の第四位
◆農暦11月(新暦で11月下旬~1月上旬頃)、陽気(ヨウキ、万物が動き出そうとする気)の頃、「【說文解字:子部:子】十一月陽气動萬物滋入以爲偁象形凡子之屬皆从子…」
◆十二支の一番目、時刻では夜の十二時を挟んで前後二時間、方角では北、動物ではネズミ(鼠)
【仔】人2+3=総画数5 U+4ED4 [シ/こ]
◆小さい、小さく細(こま)かい
◆幼い、小さな子供
◆背負ったもの(為すべきこと)によく耐えるさま、同「克」
◆「仔肩(シケン)」、肩に背負った荷、為すべきこと、任務
【好】女3+3=総画数6 U+597D [コウ/この・む、す・く、す・き、よ・い、よしみ]
◆自分にとって快(こころよ)く受け入れることができること(事・言)やもの(物・者)、その逆が「悪」、「好悪(コウオ)」
◆良い、善(よ)い、心地良い、丁度良い、勝手(かって、都合や利便)が良い、状態が良い、「良好(リョウコウ)」
◆(相手の言動を受け入れ了承・同意の意で)良い、宜(よろ)しい
◆容姿が良い、美しい、愛(あい)らしい
◆愛する、可愛(かわい)がる、気に入る
◆(互いに相手を受け入れて)仲が良い、またそのような関係、「友好(ユウコウ)」
◆中央に孔(あな)のあいた輪状の玉器(璧ヘキ・環カン・瑗エンなど)の孔
【孖】子3+3=総画数6 U+5B56 [シ/]
◆双生児、双子(ふたご)
◆盛んに生長する
【斈】文4+3=総画数7 U+6588 [カク、ガク/まな・ぶ]
◆(教えを受けながら、見て倣いながら)知識や技術などを身に付ける、習得する、またその内容、知識や技術などを授(さず)けることを「教」
◆教えを受け知識や技術などを習得するために設けられた場所
◆知識や技術などを習得した人、また習得しようと修練している人
【李】木4+3=総画数7 U+674E [リ/すもも]
◆スモモ(李)、バラ科サクラ属の果樹、またその果実、同「𣒶」
◆裁判官、牢獄を管理する役人法務
【耔】耒6+3=総画数9 U+8014 [シ/]
◆苗の根元に土を盛る
【宀】 宀3+0=総画数3 U+5B80 [ベン、メン/]
◆屋根、屋根などのように上が突き出ていて下を覆っている形、覆う
◆うかんむり、部首名
【字】子3+3=総画数6 U+5B57 [シ、ジ/あざな、あざ]
◆子を生む、生まれた子を慈(いつく)しみ育てる、同「𡥜」
◆あざな、成人時に名付ける本名以外の名、男子は二十歳で成人とし初めて冠を被り、女子は許嫁(キョカ、いいなずけ、親同士が結婚の約束をすること)を以て成人とし初めて笄(こうがい、髪に刺す簪の類)を刺し、字(あざな)が与えられた、同「𡥜」、「【禮記注疏(禮記正義):卷一:曲禮上】男女異長(…)男子二十冠而字(…)…女子許嫁笄而字(注以許嫁爲成人)…」
◆言葉や音を表すための符号、古くは象形文字(ものの形を象った字、「宀」「子」もその一つ)や指事文字(形のないものを表す字、「一」「二」「上」「下」など)を「文」といい、それらを組み合わせたもの(「字」を例にとれば「宀」「子」)を「字」といった、後には「文」「字」の区別はなくなり「字」が用いられる、「【說文解字:序】…倉頡之初作書蓋依類象形故謂之文其後形聲相益即謂之字…」
◆[日]あざ、町村の小区画
【牢】牛4+3=総画数7 U+7262 [ロウ/]
◆家畜を飼うための屋根のある小屋
◆罪人を閉じ込める監獄
◆しっかりした、堅固な
◆祭礼に際に供える家畜
【寸】 寸3+0=総画数3 U+5BF8 [ソン、スン/]
◆長さの単位
◆長さ
◆非常に短い、僅か、少し
◆すん、すんづくり、部首名
【付】人2+3=総画数5 U+4ED8 [フ/つ・く、つ・ける]
◆手ずから授(さず)ける、直接手を取って与える、同「仅」
◆渡し与える、渡して任せる、委(ゆだ)ねる
◆[日]他のものに加える、また添える、また足す、同「附」
【吋】口3+3=総画数6 U+540B [トウ/インチ]
◆叱る
◆インチinch、長さの単位
【団】囗3+3=総画数6 U+56E3 [タン、ダン、トン/]
◆集まって一つになる、集まって円状の塊(かたまり)になる、一つに纏(まと)まる
◆同じものが寄せ集まる、また寄せ集まって塊となったもの、「集団」「団体」
【守】宀3+3=総画数6 U+5B88 [シュ、ス/まも・る、もり、かみ]
◆まも・る、危険や損失などを被らないように番をする、保護する
◆まも・る、法律や規則に従う
◆まも・る、そのままの状態を保つ
◆もり、かみ、古代の官名
【忖】心3+3=総画数6 U+5FD6 [ソン/]
◆相手の心中(思いや考え、またその深浅・軽重などの度合)を推(お)し測る(量る)、「忖度(ソンタク)」
【肘】月(肉)4+3=総画数7 U+8098 [チュウ/ひじ]
◆上臂(ジョウヒ、日本でいう上腕)と前臂(ゼンヒ、日本でいう前腕)を繋ぐ関節の部分
【村】木4+3=総画数7 U+6751 [ソン/むら]
◆都から遠く離れた田舎(いなか)の集落、同「邨」「屯」
◆田舎染みたさま
【紂】糸6+3=総画数9 U+7D02 [チュウ、ジュウ/]
◆尻繋(しりがい、鞦)、牛馬などの背から尻に掛けて渡す帯、同「緧」「𦃈」「䋺」、革製は「𩋰」「鞧」「鞦」
◆殷(イン、約前17世紀~約前11世紀)の最後の王の名、暴虐の限りを尽くしたとされ、桀(ケツ、夏の王)と併せ「悪逆非道の暴君」の意に用いられる
【耐】而6+3=総画数9 U+8010 [タイ、ダイ、ナイ/た・える]
◆粘り強く厳しさや辛(つら)さなどを我慢する、また持ち堪(こた)える
◆能(よ)くする
◆懲らしめのために頬髭を剃る、またその刑、同「耏」
【討】言7+3=総画数10 U+8A0E [トウ/う・つ]
◆反乱や暴動を鎮圧する
◆罪を責めて殺す
◆問い質す
◆尋ね調べる
【辱】辰7+3=総画数10 U+8FB1 [ジョク、ニク、ノク/はずかし・める]
◆恥をかかせる
◆恥じる
◆忝(かたじけな)い
【酎】酉7+3=総画数10 U+914E [チュウ、ジュウ/]
◆複数回発酵させた濃い酒
【小】 小3+0=総画数3 U+5C0F [ショウ/ちい・さい、お、こ]
◆形・数・量・力・程度などが比較しようとしているもの以下である、以上は「大」、細かい、短い、軽い、弱い、少ない
◆幼い
◆しょう、部首名
【肖】月(肉)4+3=総画数7 U+8096 [ショウ/に・る、あやか・る]
◆(子が親などに)似る、(姿形が)似ている、「不肖(フショウ、親に似ない、親に似ず至らない、親に似ず愚か、私の謙譲語)」
◆元になるものに似せる、「肖像(ショウゾウ)」
◆小さい
◆[日]あやか・る、あるものに似せる、あるものと同じようになる
【釥】金8+3=総画数11 U+91E5 [ショウ/]
◆愛らしい、美しい、穢れがない、またそのような金或いは金属
【雀】隹8+3=総画数11 U+96C0 [ジャク、シャク、サク/すずめ]
◆スズメ(雀)、スズメ科の鳥
◆小躍りする
【斎】齊8+3=総画数11 U+658E [サイ、セ/]
◆神を迎えるために食事や身なりや行動を控(ひか)えめにして心身を慎(つつし)み清める、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事、同「𩝦」
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
【齋】齊14+3=総画数17 U+9F4B [サイ、セ/]
◆神を迎えるために食事や身なりや行動を控(ひか)えめにして心身を慎(つつし)み清める、またそのための部屋
◆酒や魚肉などを避(さ)けた簡素な食事、同「𩝦」
◆僧が(午前中に)摂(と)る食事
【屮】 屮3+0=総画数3 U+FA3C [テツ、テチ、ソウ/]
◆草木が芽生えるさま
◆てつ、めばえ、部首名
注解:「【漢字源:屮部:屮】ひだりの手」とあるが、「左、左手」を意味する「𠂇」の篆書体の字形からの字義と思われる、ただ「左」の篆書体は最終画を下でとめるが、「屮」は最終画を左下にはらう、の「左」を参照
【出】凵2+3=総画数5 U+51FA [シュツ、スイ/だ・す、で・る、い・ず]
◆内側や裏側などの見えないところ(私的なところ)から外側や表側などの見えるところ(公のところ)に移る、また動かす、逆は「入」
◆境目・区切り・限界を越えて向こう側に行く
◆生まれる、それまでになかったものが形となって現れる
【山】 山3+0=総画数3 U+5C71 [サン、セン/やま]
◆地面が”△”状に高く盛り上がったところ、またその形や様子
◆土を丸く盛り上げた墓
◆十二章紋の一つ
◆やま、やまへん、やまかんむり、部首名
【仙】人2+3=総画数5 U+4ED9 [セン/]
◆世俗を離れ山の奥深くに入りそこに住む人、不老不死で天空を駆けることができるとされる
◆世俗を超越した(能力を持つ)人
◆死んだ人
【圸】土3+3=総画数6 U+5738 [/まま]
◆[日]「圸ノ上(ままのうえ)」、地名、山形県長井市
【杣】木4+3=総画数7 U+6763 [/そま]
◆[日]木材を切り出す山
【汕】水3+3=総画数6 U+6C55 [サン、セン/]
◆魚が水中を泳ぐさま
◆水中に沈め掬(すく)い上げて魚を捕る笊(ざる、浅めの籠)状の漁具
【疝】疒5+3=総画数8 U+759D [サン、セン/]
◆腹部の痛みを伴う病気の総称、「疝気(センキ)」
【秈】禾5+3=総画数8 U+79C8 [セン/]
◆米粒が細長い粳(うるち、粘り気の少ない米)、インディカindica種、同「籼」
【訕】言7+3=総画数10 U+8A15 [サン、セン/]
◆人を悪く言う、皮肉(ひにく)る、馬鹿にする、同「姍」
【豈】豆7+3=総画数10 U+8C48 [ガイ、キ、ケ、カイ/あに]
◆あに、どうして~であろうか、どうして~なのか理屈や道理に合わない、決して~ではない、「【論語注疏:卷七:述而】子曰若聖與仁則吾豈敢」(†子は「どうして私が聖人や仁徳者だといえるのでしょう、決してそんなことはありません」と言われた)
◆(責務から解放されて、背負うものがなくなって)心が安らぐさま
◆喜ぶさま、楽しむさま、和(なご)やかで心地良いさま、「豈楽、愷樂(ガイラク)」
◆「豈弟(ガイテイ)」、穏(おだ)やかで和(やわ)らぐさま、同「愷悌」
【辿】辵4+3=総画数7 U+8FBF [テン/たど・る]
◆確認しながら或いは探しながら一歩一歩(ゆっくりと)進む
【閊】門8+3=総画数11 U+958A [/つかえ・る]
◆[日]潜り抜けられない、通れずに行き止まる
注解:「山は大きいので門を潜(くぐ)り抜けられない」の意
【巛】 巛3+0=総画数3 U+5DDB [セン/]
◆川、「𡿨」や「巜」よりも幅が広く深い水の通り道、本同「川」
◆髪が乱れるさま
◆まがりがわ、かわ、さんぼんがわ、部首名
【災】火4+3=総画数7 U+707D [サイ/わざわ・い]
◆大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など天が齎(もたら)す禍(わざわい)
◆人に困難や不幸を齎す出来事
【巡】辵3+3=総画数6 U+5DE1 [シュン、ジュン/めぐ・る]
◆視察しに行く、(視察地を)見て回る
◆順に沿って一回りする
【邕】邑7+3=総画数10 U+9095 [ヨウ、ユ/]
◆四周を川や堀で囲んだ町
◆塞ぐ、同「壅」
◆調和して心地よいさま、同「雍」
【川】 巛3+0=総画数3 U+5DDD [セン/かわ]
◆水の流れる道、「𡿨」や「巜」よりも幅が広く深い水の通り道、同「巛」
◆平原、平らな土地
◆四川省の略称
◆かわ、さんぼんがわ、部首名
【圳】土3+3=総画数6 U+5733 [シン/]
◆水を通すために畝(うね)と畝の間に作った細い水路、同「畎」
【訓】言7+3=総画数10 U+8A13 [クン、キン/おし・える]
◆分かりやすく説明し教える、順を追って教え悟らせる
◆上位者の下位者に対する教えや指示
◆字句の意味や読み
◆[日]漢字の日本での読み
【釧】金8+3=総画数11 U+91E7 [セン/くしろ]
◆宝石に孔をあけ紐を通した腕輪
【順】頁9+3=総画数12 U+9806 [シュン、ジュン/したが・う]
◆従うべき道筋や道理、また基準や規則
◆道筋(道や道理や規則など)に沿って進む、道理や規則に沿う
◆川や風の流れに逆らわずに進む、逆らわずに従う
【馴】馬10+3=総画数13 U+99B4 [シュン、ジュン/な・れ、な・らす、な・れる]
◆人の指示に従うように(馬を)訓練する、訓練によって従うようになる
◆従順な
◆慣れる
【工】 工3+0=総画数3 U+5DE5 [コウ、ク/たくみ]
◆物作りに秀でた人
◆物を作る技術や仕事、またそれに従事する人
◆こう、たくみ、部首名
【仝】人2+3=総画数5 U+4EDD [トウ、ドウ/]
◆同じ、同「同」
注解:別「㒰」
【㓛】刀2+3=総画数5 U+34DB [コウ、ク/]
◆価値のある行いやその結果、功績、同「功」、「【廣韻:上平聲:東第一:公:功】功績也說文曰以勞定國曰功…俗作功」
【功】力2+3=総画数5 U+529F [コウ、ク/いさお]
◆積み重ねて得た成果、価値のある行いやその結果
◆優れた働き
◆「女功(ジョコウ)」、女性の仕事、針仕事や糸紡(いとつむ)ぎ・機織(はたおり)など、同「女紅」
◆麻製の喪服の名、従兄弟などの場合は「大功(タイコウ)」、祖父母などの場合は「小功(ショウコウ)」を着用する、亡くなった人の近遠の順に「斬縗、斬衰(ザンサイ)」「纃縗、齊衰(シサイ)」「大功」「小功」「緦麻(シマ)」があり「五服(ゴフク)」と呼ばれる
【式】弋3+3=総画数6 U+5F0F [ショク、シキ/]
◆決まり、一定の方法や型
◆目的や作法・次第が決まっている行事
◆数学などの解法を示したもの
◆挨拶をする際に掴まったり寄り掛かったりする車の前部の手摺、同「軾」
【扛】手3+3=総画数6 U+625B [コウ/]
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「舁」「掆」「𢱫」
【攻】攴4+3=総画数7 U+653B [コウ、ク/せ・める]
◆こちらから敵に突き掛かる、襲(おそ)い掛かる
◆人の過失を突く、また責める
◆隅々まで手を加え美しく仕上げる、深く突っ込んで学ぶ
【肛】月(肉)4+3=総画数7 U+809B [コウ/]
◆直腸の先から尻の穴までの部分、尻の穴、「肛門(コウモン)」
◆「胮肛(ホウコウ)」、腫(は)れる、脹(ふく)れる
【杠】木4+3=総画数7 U+6760 [コウ/]
◆長い棒、棹(さお)、同「槓」
◆丸太(まるた、角材や板に加工していない枝を切り払っただけの木)を渡した橋
【杢】木4+3=総画数7 U+6762 [/もく]
◆[日]木工(こだくみ、もっこう)、木材を加工する職人
【汞】水4+3=総画数7 U+6C5E [コウ、グ/]
◆水銀(Hydrargyrum、Hg)、元素名、旧「澒」
【江】水3+3=総画数6 U+6C5F [コウ/え]
◆大きな川
◆中国最長の川である「長江」の別称、これに対し「河」は「黄河」を指す
◆中国北部では川を「河」、南部では「江」と呼ぶことが多いという
【矼】石5+3=総画数8 U+77FC [コウ/]
◆まじめで正直なさま
◆川を渡るために水の中に並べた石
【空】穴5+3=総画数8 U+7A7A [コウ、クウ/そら、から、あ・く、あ・ける、す・く、うつ・ろ、むな・しい]
◆(中に)何もない、何も含まれていない、虚(うつ)ろなさま
◆何もないところ、天と地の間(あいだ)
【紅】糸6+3=総画数9 U+7D05 [コウ、グ/べに、くれない、あか・い]
◆(やや)白色が混じった赤色、濃いピンクpink色、赤色(淡赤から深赤まで全般を指す)
◆(花や女性の)美しいさま、艶(あで)やかなさま
◆「女紅(ジョコウ)」、女性の仕事、針仕事や糸紡(いとつむ)ぎ・機織(はたおり)など
◆「大紅(ダイコウ、大功)」「小紅(ショウコウ、小功)」、麻製の喪服の名、「功」参照
【缸】缶6+3=総画数9 U+7F38 [コウ、ゴウ/]
◆胴が膨らんだ瓶(かめ)
【虹】虫6+3=総画数9 U+8679 [コウ、グ/にじ]
◆大気中の水滴に光が反射・屈折して円弧を描くもの、外側が赤で内側が紫になるもを「虹」「主虹(シュコウ)」といい、その外側に薄くできる虹を「霓(ゲイ)」「副虹(フクコウ)」といい色の並びは逆になる、空を行く大蛇に見立てたことから虫偏となった
◆アーチarch状の橋(はし)
【訌】言7+3=総画数10 U+8A0C [コウ、グ/]
◆仲間同士で言い争う、内輪揉め(うちわもめ)する、「內訌(ナイコウ)」
◆(組織が)乱れる、乱れ崩(くず)れる
【貢】貝7+3=総画数10 U+8CA2 [コウ、ク/みつ・ぐ]
◆君主に税として農作物などの生産品を差し出す
◆推挙する
【邛】邑3+3=総画数6 U+909B [キョウ、グ/]
◆小高い丘(おか)
◆三国時代の蜀(ショク、221~263年)に属した国名、現四川省西南部にあったという、「【後漢書:卷四十三:公孫述傳】蜀地肥饒兵力精強遠方士庶多往歸之卭笮君長(卭笮皆西南夷國名笮音昨見西南夷傳)皆來貢獻」
◆「邛崍山(キョウライサン)」、山名、同「崍山(ライサン)」、四川省西部
◆「臨邛(リンキョウ)」、後の「邛崍(キョウライ)」、古地名、現市名、四川省成都(セイト)市邛崍市
【釭】金8+3=総画数11 U+91ED [コウ、ク/]
◆車輪の軸受、轂(こしき、車輪中央にある円筒形の部品)と車軸の摩耗を減らすために轂の中央に嵌(は)める輪状の金具、この金具の位置に車軸に被(かぶ)せる輪状の金具を「鐗」、同「𨊧」
◆壁の横木の連結部分を飾る金属製の金具
◆鏃(やじり)、矢柄(やがら)の先端に取り付ける鋭く尖らせた部品
【項】頁9+3=総画数12 U+9805 [コウ、ゴウ/うなじ、うな]
◆うなじ、頸(くび、頭と胴の間にあって頭を支える部分)の後ろ側(背側)、同「脖」、前側は「頸」
◆基準を定めて区分したその一つ一つ、「項目(コウモク)」
【己】 己3+0=総画数3 U+5DF1 [キ、コ/おのれ、つちのと]
◆おのれ、自分
◆つちのと、十干(ジッカン)の六番目
◆[日]おのれ、相手を罵って言う言葉
◆おのれ、き、つちのと、部首名
【包】勹2+3=総画数5 U+5305 [ホウ、ヒョウ/つつ・む、くる・む]
◆薄い膜状のもので全体を覆う、覆って周りから見えないようにする、覆って中身を保護する
【妃】女3+3=総画数6 U+5983 [ヒ、ハイ、ヘ/]
◆天子の正妻、同「后」
◆后(きさき、正妻)の次の位の妻
◆皇太子の正妻
◆女神(ジョシン、めがみ)、女性の神
【屺】山3+3=総画数6 U+5C7A [キ、コ/]
◆禿山(はげやま)、草木の生えていない山、同「𡴾」「峐」、草木が生い茂る山を「岵」、「【爾雅注疏:卷七:釋山】多草木岵無草木峐(《疏》峐當作屺…)」
◆「屺岵(キコ)」、父母、「【毛詩正義:國風:魏風:陟岵】陟彼岵兮瞻望父兮(《傳》山無草木曰岵《箋》云孝行行役思其父之戒乃登彼岵山以遙瞻望其父所在之處)…陟彼屺兮瞻望母兮(《傳》山有草木曰屺《箋》云此又思母之戒而登屺山而望之也)…」「【說文解字注:山部:岵】山有艸木也(…釋名曰…山無草木曰屺…毛詩魏風傳曰山無草木曰岵山有草木曰屺與爾雅互異…)」
【异】廾3+3=総画数6 U+5F02 [イ/]
◆挙げる
◆止(や)む、止(と)める、止まる、同「已」
◆繁「異」
【忌】心4+3=総画数7 U+5FCC [キ、ゴ/い・まわしい、い・む、いみ]
◆憎(にく)む、嫌(きら)う
◆嫌って避ける、憚(はばか)る、「忌諱(キキ)」、同「誋」「𢭄」
◆「忌日(キジツ)」、親の命日、行動や言葉を慎(つつし)む日
【改】攴4+3=総画数7 U+6539 [カイ/あらた・める、あらた・めて]
◆新しくなる、新しくする
◆変わる、変える
◆変えて新たにやり直す、よりよい状態また正しい状態に変える、誤りや過ちを正してやり直す
◆新たにもう一度
【杞】木4+3=総画数7 U+675E [キ、コ/]
◆「枸杞(クコ)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる
◆「杞柳(キリュウ)」、イヌコリヤナギ(犬行李柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木
◆周代(前11世紀~前256年)の国名、現河南省開封市杞県付近、同「㠱」「𠶵」
【紀】糸6+3=総画数9 U+7D00 [キ、コ/のり]
◆糸口、糸や物事の端緒
◆布の経糸(たていと)の数の単位、【西京雜記】によれば1紀=2𥿮=4升=8䌰=40絲(40本)、但し【儀禮】に1升=80縷とあり、いずれも布幅が示されていない、「【西京雜記:第五】五絲為䌰倍䌰為升倍升為𥿮倍𥿮為紀倍紀為緵倍緵為襚」「【儀禮注疏:喪服】…布八十縷為升…」
◆物事の始めから順を追うための手順、決まりごと、「紀律(キリツ)」「綱紀(コウキ)」
◆一巡する年代の単位、区切りとなる年代の単位、十二支では一紀=十二年、一世紀=百年
◆物事の始まりから順を追って(年代順に)記す、またそのように記されたもの
【記】言7+3=総画数10 U+8A18 [キ、コ/しる・す]
◆印(しるし)、目印
◆書き留める、書き付ける、書き著(あらわ)す、書き留めたもの
◆忘れずに覚えている
【起】走7+3=総画数10 U+8D77 [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ]
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
【配】酉7+3=総画数10 U+914D [ハイ、ヘ/くば・る]
◆多くの人また物に一つのものを分ける、また割り当てる
◆形や状態を整える
◆酒の色合いを整える
◆結婚する
【巳】 己3+0=総画数3 U+5DF3 [シ、ジ/み]
◆み、十二支の六番目 、動物では蛇を当てる、時間では九時から十一時
【囘】冂2+3=総画数5 U+56D8 [カイ、エ/まわ・る、まわ・す、まわ・り、かえ・る、かえ・す、めぐ・る]
◆円を描(えが)くように動く、一周して(一巡して)元に戻る、同「廻」「迴」、「回復(カイフク)」「回帰(カイキ)」
◆元に戻す、元に返す、「回答(カイトウ)」
◆(首を回して)振り返る、「回顧(カイコ)」
◆周りを囲(かこ)む
◆背(せ)を向ける、背(そむ)く、違(たが)える、同「違」
◆同じことが繰り返される物事の数、同「度」
【圯】土3+3=総画数6 U+572F [イ/]
◆橋(はし)、土橋(どばし、つちばし)、また橋の名、「【廣韻:上平聲:之第七:飴:圯】土橋名在泗州」
注解:別「圮」「𡉏」
【汜】水3+3=総画数6 U+6C5C [シ、ジ/]
◆溢(あふ)れ出た水が元の川に流れ込む
◆流れずに淀んでいる小さな川
【祀】示5+3=総画数8 U+7940 [シ、ジ/まつ・る]
◆神や先祖を敬い礼を尽くす、またそのための祭礼、祭り
【巾】 巾3+0=総画数3 U+5DFE [キン、コン/はば]
◆ものを拭(ふ)いたりするための長方形の布、「手巾(しゅきん、手拭)」「佩巾(はいきん、帯に挟んで垂らす手拭)」
◆(整えた髪を包むために)頭に巻く長めの布、「幘巾(さくきん、整えた髪を包む頭巾)」
◆[日]はば、「幅」の省画字
◆はば、はばへん、部首名
【凧】几2+3=総画数5 U+51E7 [/たこ]
◆[日]風を利用して空に揚げて遊ぶ遊具
【匝】匚2+3=総画数5 U+531D [ソウ/]
◆周り、周る、同「帀」
◆急に走り出す、急に飛び出す
【吊】口3+3=総画数6 U+540A [チョウ/つ・る、つる・す]
◆つ・る、つる・す、ぶらさげる、上部を固定して(上に掛けて)下に垂らす
◆穴あき銅銭千枚を紐に通して結(ゆ)わえたもの、「一吊」という
◆弔(とむら)う、古「弔」、古典では「吊」が専ら「弔、とむらう」の意で用いられる
【干】 干3+0=総画数3 U+5E72 [カン/ほ・す、ひ・る]
◆他の領域に入り込む、侵(おか)す、犯(おか)す
◆求める、欲しいものを得ようとする
◆相手の攻撃を防ぐ、くい止める、盾(たて)となる、盾
◆「欄干(ランカン)」、長い横木を渡した手摺(てすり)、同「欄杆」<
◆物事の主要なまた重要な部分、同「幹」
◆「十干(ジッカン)」、「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」を指し、古来、順序や順位などを表す数詞として用いられた
◆ほ・す、ひ・る、乾く、日差しに当たって水分が蒸発する、同「乾」
◆繁「乾」
◆かん、ほす、部首名
注解:別「于」
【刊】刀2+3=総画数5 U+520A [カン/]
◆版木や石などに文字を刻む
◆誤りや不要な部分を削り取る、削って修正する
◆出版する
【奸】女3+3=総画数6 U+5978 [カン/]
◆正義や道義に反する、道理に背く
◆悪事を行なう、悪人
◆姦通する、同「姦」
◆繁「姦」
【幵】干3+3=総画数6 U+5E75 [ケン/]
◆平ら、並び立っているものや枝分かれしたものの先が揃っている
◆「䍐幵」、古代中国の部族名
【扞】手3+3=総画数6 U+625E [カン、ガン/]
◆防ぐ、くい止める、同「仠」「捍」「㪋」
◆弓籠手(ゆごて)、弾いた弓の弦が当たって傷付かないように腕に着ける防具、同「捍」
◆(麺打ちのように)丸い棒を圧(お)し転がすようにして平らに延(の)ばす、同「擀」
【旱】日4+3=総画数7 U+65F1 [カン、ガン/ひでり]
◆長い間雨が降らず干上がる
◆陸、陸地、「干上がって水がないところ」の意
【肝】月(肉)4+3=総画数7 U+809D [カン/きも]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、多機能の臓器
◆人や動物の最も大切な臓器、物事の大切なもの、根幹となるもの、「【釋名:釋形體】肝幹也五行屬木故其體狀有枝幹也凡物以大為幹也」「【老子道德經:成象】谷神不死(谷養也人能養神則不死也神謂五臟之神也肝藏魂肺藏魄心藏神腎藏精脾藏志五藏盡傷則五神去矣)」
◆[日]きも、度胸、臆(おく)することない心
注解:別「䏏」
【杆】木4+3=総画数7 U+6746 [カン/]
◆長く真っ直ぐ(まっすぐ)な(丸い)木の棒、「旗杆(キカン、旗竿)」
◆「欄杆(ランカン)」、長い横木を渡した手摺(てすり)、同「欄干」
◆盾(たて)、「干(カン、盾)」に「木」を加えた字、「【正字通:辰集中:木部:杆】…劉敞曰杆盾也劉説是杆卽干古作干俗加木泥」
◆木名、未詳、「【玉篇:卷十二:木部第一百五十七:杆】公旦切檀木也」「【類篇:木部:杆】居寒切僵木也又居案切柘也」
【汗】水3+3=総画数6 U+6C57 [カン、ガン/あせ]
◆体温を調節するなどのために体表から分泌される液体、物の表面に付着する水滴、またそれが出る
◆蒙古(モウコ)・鮮卑(センピ)・柔然(ジュウゼン)など中国北方民族の長の称号、「成吉思汗(ジンギスカン、モンゴル帝国の初代皇帝)」
注解:別「汙」
【玕】玉4+3=総画数7 U+7395 [カン/]
◆「琅玕(ロウカン)」◇珠(たま、真珠)に似た美しい石◇美しい緑色の竹
【竿】竹6+3=総画数9 U+7AFF [カン/さお]
◆(竹の)まっすぐで長い棒
◆長い竹筒
◆竹簡(チクカン)、文書を書くための竹製の札(ふだ)、同「簡」
注解:別「竽」
【罕】网4+3=総画数7 U+7F55 [カン/]
◆鳥を捕るための長い柄の付いた小さな網
◆旌旗(セイキ)
◆稀(まれ)な
【訐】言7+3=総画数10 U+8A10 [ケツ、ケチ、コチ/]
◆隠し事や過(あやま)ちを暴(あば)き面と向かって言う、同「訨」
【軒】車7+3=総画数10 U+8ED2 [ケン、コン/のき]
◆重心を後寄りにして前部が持ち上がるようにした車、大夫(タイフ)以上の高位の人が乗る車、重心を前寄りにして後部が持ち上がる車を「輊」
◆屋根の建物から外に張り出した部分、またその先端の反(そ)り上がった部分
◆反り上がる、高揚する
【邗】邑3+3=総画数6 U+9097 [カン、ガン/]
◆現江蘇省にあった国名
【骭】骨10+3=総画数13 U+9AAD [カン/]
◆脛(すね)、小腿(ショウタイ、膝から足首までの部分)の前側の部分
◆脛骨(ケイコツ)、同「𧿂」
◆肋骨(ロッコツ、あばらぼね) 、「【廣韻:去聲:翰第二十八:旰:骭】脅也」
【鼾】鼻14+3=総画数17 U+9F3E [カン、ガン/いびき]
◆睡眠中の鼻息(ビソク、はないき)の音、寝息(ねいき)の音、同「嚊」
【幺】 幺3+0=総画数3 U+5E7A [ヨウ/]
◆小さいさま、細く小さいさま、同「么」
◆幼いさま、未熟なさま
◆簡「么」
◆いとがしら、部首名
【麼】麻11+3=総画数14 U+9EBC [バ、マ/]
◆細かい、小さい、微(かす)か、同「尛」「𤹳」
◆「什麼(ジュウマ、シュンマァ)」、同「什么」◇(よく分からないことや人について尋ねて)どんな~?、どのような~?◇(よく分からないことや人について)何か、誰か、何処か
◆「怎麼(シンマ、センマァ)」、同「怎么」、なぜ(why)、どのようにして(how)、なに(what)
◆簡「么」
【广】 广3+0=総画数3 U+5E7F [ゲン、ゴン、コウ/]
◆建物の大きく広がった屋根
◆広い、広々としている、広大な、同「廣」
◆繁「廣」
◆まだれ、部首名
【応】心4+3=総画数7 U+5FDC [ヨウ、オウ/こた・える]
◆相手からの問い掛けや働き掛けに対して自分の意思を態度で示す、言葉で返すのは「答」
◆相手の求めを受け入れる
◆当然~すべき、当然~であろう
【龐】龍16+3=総画数19 U+9F90 [ホウ、ボウ/]
◆高い建物
◆高く大きなさま、大きくどっしりとしているさま
◆入り乱れるさま、乱雑なさま
【廾】 廾3+0=総画数3 U+5EFE [キョウ、ク/]
◆両手
◆恭(うやうや)しく両手を(頭よりも高く)上げる、「奉(たてまつ)る」「賜(たまわ)る」などの際の動作をいう、同「𠬞」
◆にじゅうあし、部首名
【冊】冂2+3=総画数5 U+518A [サク、シャク、サツ/]
◆文書や手紙を記すための木や竹の細長い札(竹簡や木簡)を綴じたもの、文書や書物
◆綴じられた書物や文書を数える単位
◆符命(フメイ)、天子の意であることの証(あかし、署名や押印)のある札(ふだ、文書)、天子が下す命令書・指示書・辞令書、特に諸侯の領土・爵位・官位などの任免の文書、同「策」、「【說文解字:冊部:冊】符命也諸矦進受於王也象其札一長一短中有二編之形…」(†「諸矦」は「諸侯」)
【卅】十2+2=総画数4 U+5345 [ソウ/さんじゅう]
◆三十、「十」を三つ並べ「三十」を表す
【卉】十2+3=総画数5 U+5349 [キ、ケ/]
◆草(くさ)、「芔」が本字
【戒】戈4+3=総画数7 U+6212 [カイ、ケ/いまし・める]
◆気を引き締めて用心する、憂いがないように備(そな)える
◆自ら言動を慎む
◆誡(いまし)める、強く注意して悟らせる、過(あやま)たないように教え諭す、同「誡」
【竎】立5+3=総画数8 U+7ACE [ホウ/]
◆登る
【羿】羽6+3=総画数9 U+7FBF [ゲイ、ゲ/]
◆唐代の神話上の人物、別名「大羿(タイゲイ)」、弓の名手とされ、帝夋(テイシュン)の十人の子が順に太陽となり地を照らしていたが、いつしか十人が一度に地を照すようになって激しい日照りが続いたため、九個の太陽を弓で射落としたといわれる、妻は嫦娥(ジョウガ、大変美しく聡明な月に住む神話上の女性で地上に降り大羿の妻となったが、後に不老不死の薬を盗んで飲み月に逃げたという)
◆ 夏代の有𥨪(ユウキュウ)国の国主、別名「后羿(コウゲイ)」「夷羿(イゲイ)」、後に家臣の寒浞(カンサク)に討たれたという、一説では弟子の逄蒙(ホウボウ)に討たれたともいう
【舁】臼6+3=総画数9 U+8201 [ヨ/]
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「𢱫」「掆」
注解:本字は本来{⿱𦥑廾}、「𦥑」「廾」はいずれも「両手」「両手で持ち上げる」の意
【弋】 弋3+0=総画数3 U+5F0B [ヨク、イキ/いぐるみ]
◆鳥を獲(と)るために長い紐を結わえ付けた矢、これを弓で射(い)って紐を鳥に絡めて獲る、またその矢を射る
◆小さい杭
◆しきがまえ、部首名
【代】人2+3=総画数5 U+4EE3 [タイ、ダイ/か・わる、しろ、よ]
◆元々あったものを退けて別のものを同じところに置く、入れ替わる
◆家や位などを継いでその地位にある間
【杙】木4+3=総画数7 U+6759 [ヨク、イキ/]
◆垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同「樴」「橛」
【鳶】鳥11+3=総画数14 U+9CF6 [エン/とび、とんび]
◆トビ(鳶、鴟、鵄)、別名「老鷹(ロウヨウ)」、タカ科トビ属の鳥
◆「鳶尾(エンビ)」、イチハツ(一初、一八、鳶尾)、アヤメ科アヤメ属の草
◆[日]土木・建築工事などの仕事をする職人、また火消し、火消し人、火消し道具、いずれも棒の先にトビの嘴(くちばし)のような金属製の鈎(かぎ)を取り付けた道具を使うことから
【弓】 弓3+0=総画数3 U+5F13 [キュウ、ク、クウ/ゆみ]
◆矢を射る道具
◆”(”字状の形、半円またそれに近い形
◆土地を測量する際の長さの単位
◆ゆみ、部首名
【夷】大3+3=総画数6 U+5937 [イ/えびす]
◆えびす、東方の異民族を指す語、「東夷(トウイ)」、西は「戎、西戎」、南は「蠻、南蠻」、北は「狄、北狄」
◆自国(民族)以外の国(民族)を卑(いや)しめて呼ぶ語
◆外国、外国人
◆平らかにする、平定する
◆大きな起伏も遮(さえぎ)ろうとするものもなく平らなさま、揺れ乱れることなく平安なさま
◆低くする、姿勢を低くする、同「跠」
【穹】穴5+3=総画数8 U+7A79 [キュウ、ク/]
◆半球状に広がった大きな空間、天空
◆窮(きわ)まる
【芎】艸3+3=総画数6 U+828E [キュウ、ク/]
◆「川芎(センキュウ)」、セリ科ハマゼリ属の草、根茎は薬用
◆「芎藭(キュウキュウ)」、センキュウ(川芎)の根茎を乾燥させた生薬の名
◆「芎蕉(キュウショウ)」、同「香蕉(コウショウ)」「甘蕉(カンショウ)」、バナナbanana、バショウ科バショウ属の植物のうち果実を食用とする植物、またその果実
【躬】身7+3=総画数10 U+8EAC [キョウ、ク/]
◆身(み)、体(からだ)、身体(しんたい)、同「身」
◆自身(じしん)、自身で、自(みずか)ら、同「身」
◆(お辞儀をするように)背を曲げて前に屈む
【彡】 彡3+0=総画数3 U+5F61 [サン、セン/]
◆長い毛がふさふさとしているさまの象形
◆さんづくり、部首名
【丯】丨1+3=総画数4 U+4E2F [カイ、ケ/]
◆役に立たない草、雑草
【杉】木4+3=総画数7 U+6749 [サン、セン/すぎ]
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木、同「柀」
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木
【衫】衣5+3=総画数8 U+886B [サン、セン/]
◆裏地の付いていない薄い上着(うわぎ、上半身に纏う着物)、単衣(ひとえ)の着物
◆「襯衫(シンサン)」、シャツshirt・ワイシャツY shirt・TシャツT shirt・ブラウスblouseなどの類
◆袖のない上着
◆衣服
【釤】金8+3=総画数11 U+91E4 [サン、セン/]
◆立って進みながら草などを掃うようにして刈る長い柄の鎌
◆サマリウムSamarium(Sm)、元素名
【須】頁9+3=総画数12 U+9808 [シュ、ス/すべか・らく]
◆顎(あご)や口周りなどの顔の毛、特に顎鬚(あごひげ)、「胡須(コシュ、あごひげ)」、同「鬚」
◆ひげのように細いさま、「須臾(シュユ、ちょっとの間)」
◆ひげのように細く柔らかく長いもの、同「鬚」、「花須(カシュ、花の蕊)」
◆(人を)待つ、待ち受ける、待ち望む、同「䇓」
◆是非とも思うようになって欲しいと思う、またそう思いながら待つ、同「需」
◆すべか・らく、是非とも~しなければならない、「必須(ヒッス)」
◆[越]「須慮(シュリョ)」、船、「【越絕書:吳內傳】越人謂船為須慮」
◆簡「须」
【才】 手3+0=総画数3 U+624D [サイ、ザイ/]
◆資質(シシツ)、素質(ソシツ)、もの本来が持つ性格や力、またそれを発揮すること、また発揮する人、「才能(サイノウ、素質と能力)」
◆僅(わず)か~、ほんの少し~、たった~、やっと~したばかり、同「財」「纔」
◆[日]「歳(サイ、とし、年齢)」の略字
【材】木4+3=総画数7 U+6750 [サイ、ザイ/]
◆切り出した木、立木は「樹」
◆さまざまな構築物や工作物などに用いられる木
◆ものを作り上げるための元となる物
◆有用なもの、有能な人
【犲】犬3+3=総画数6 U+72B2 [サイ、ゼ/]
◆毛深く尾が長いオオカミ(狼)の一種、或いは野犬の一種
◆「犲狼」、野犬やオオカミ(狼)のように貪欲で凶暴なさま
【豺】豸7+3=総画数10 U+8C7A [サイ、ゼ/]
◆毛深く尾が長いオオカミ(狼)の一種、或いは野犬の一種
◆「豺狼」、野犬やオオカミ(狼)のように貪欲で凶暴なさま
【財】貝7+3=総画数10 U+8CA1 [サイ、ザイ/]
◆金銭・品物・土地・知識・人材などの有用なもの、同「材」
◆金銭・品物・土地・知識・人材などの価値のあるもの、宝、富(とみ)
◆形を整える、同「裁」
◆僅(わず)か、たった(やっと、ほんの)~ばかり、同「才」「纔」
【閉】門8+3=総画数11 U+9589 [ヘイ、ハイ/し・める、と・ざす、と・じる]
◆ものが出入りするところ(門・戸・窓・穴など)から出たり入ったりできないようにする、塞ぐ、「密閉」「閉塞」
◆中に入れて外に出られないようにする、「幽閉」
◆しっかりと止める、そこまでで止める、止めて動かないようにする、「閉会」「閉鎖」


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です